2022年12月 1日 (木)

早くも師走

毎年早い早い言ってるような気がするけどね。

さて、気付いたらもう11月が過ぎ去っていた…あんまり記事更新してなかったですね。。



22_11_8_imakane
秋なんで、この季節だー!
と今金ポテトを買い溜めしていたのでした。
ほんのり甘くて美味しいんだよね。




22_12_1_shiawase_noukou
…なんて書こうとしてたけど、もはやこの季節になってしまいまして。
しあわせ濃厚バタ~、すっかり冬の定番になりましたな。
ここ数年は「濃厚」がデフォルトになってますし。

これも例年買い溜めするんだよねぇ。





22_11_18_sv122_11_18_sv2
…という訳で、ポケモンスカバイを発売日に買いました!!
この日は仕事だったから、帰ってからしかできなかったけど。

いや、引き取りの関係上、早く会社着いたから少しやったけど、最初のキャラメイクだけで時間なくなったので…w


バイオレットをやっております。
ゆっくりなので非常にアレですが…今の所、チャンピオンロードはバッジ5個、スターダストがバッジ3個、レジェンドルートがバッジ3個です。
パーティレベルは大体45前後。
最初に選んだのはクワッスです。




22_11_23_tyurai
おちごと…
ちゅらい…







ネギタレ艦隊2022年11月末版です。
前回は22年10月末でしたね…。


正規空母
葛城改(かつらぎ) Lv.98
赤城改二(あかぎ) Lv.95→Lv.96
Intrepid改(イントレピッド) Lv.96
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.96
加賀改二(かが) Lv.95
飛龍改二(ひりゅう) Lv.95
Hornet改(ホーネット) Lv.95
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.94
Aquila改(アクィラ) Lv.94
雲龍改(うんりゅう) Lv.93
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.93
天城改(あまぎ) Lv.92
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
飛龍→飛龍改(ひりゅう) Lv.22→Lv.53(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.51(サブ)
天城(あまぎ) Lv.50(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.50(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.48(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
翔鶴改(しょうかく) Lv.37(サブ)
瑞鶴改(ずいかく) Lv.30(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.14→Lv.22(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.13→Lv.17(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.1(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)

装甲空母
大鳳改(たいほう) Lv.97
翔鶴改二甲(しょうかく) Lv.96
瑞鶴改二甲(ずいかく) Lv.96
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.96
Victorious改(ヴィクトリアス) Lv.92
大鳳改(たいほう) Lv.41(サブ)

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.99(MAX)
大鷹改(たいよう) Lv.98
祥鳳改(しょうほう) Lv.96
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.96
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.96
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.95
飛鷹改(ひよう) Lv.95
神鷹改二(しんよう) Lv.95
龍鳳改(りゅうほう) Lv.94
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.94
鳳翔改(ほうしょう) Lv.93
大鷹(たいよう) Lv.93
千歳航改二(ちとせ) Lv.92
千代田航改二(ちよだ) Lv.91→Lv.92
神鷹改(しんよう) Lv.92
Gambier Bay Mk.II(ガンビア・ベイ) Lv.92
雲鷹改二(うんよう) Lv.90
神鷹(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Langley改(ラングレー) Lv.68→Lv.85
千代田航改二(ちよだ) Lv.52(サブ)
千歳航改二(ちとせ) Lv.50(サブ)
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.46(サブ)
神鷹(しんよう) Lv.31→Lv.34(サブ)

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.98
陸奥改二(むつ) Lv.97
Richelieu改(リシュリュー) Lv.97
大和改二(やまと) Lv.96
武蔵改二(むさし) Lv.96
Washington改(ワシントン) Lv.96
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.96
金剛改二(こんごう) Lv.95
比叡改二(ひえい) Lv.95
榛名改二(はるな) Lv.95
霧島改二(きりしま) Lv.95
長門改二(ながと) Lv.95
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.95
Conte di Cavour nuovo(コンテ・ディ・カブール) Lv.95
Italia(イタリア) Lv.95
Roma改(ローマ) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Iowa改(アイオワ) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
Гангут два (ガングート) Lv.95
大和改二重(やまと) Lv.94
Maryland改(メリーランド) Lv.90
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.82(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.81(サブ)
Iowa改(アイオワ) Lv.81(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.81(サブ)
長門改(ながと) Lv.80(サブ)
陸奥改(むつ) Lv.80(サブ)
大和→大和改(やまと) Lv.80(サブ)
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Colorado改(コロラド) Lv.80(サブ)
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.80(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.80(サブ)
Richelieu改(リシュリュー) Lv.59→Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.80(サブ)
Гангут два (ガングート) Lv.80(サブ)
Richelieu改(リシュリュー) Lv.45→Lv.66(サブ)

航空戦艦
扶桑改二(ふそう) Lv.96
山城改二(やましろ) Lv.96
伊勢改(いせ) Lv.80
日向改(ひゅうが) Lv.80

改装航空戦艦
伊勢改二(いせ)○ Lv.109→Lv.112
日向改二(ひゅうが)○ Lv.111→Lv.112

重巡洋艦
那智改二(なち)○ Lv.108
羽黒改二(はぐろ) Lv.98
鳥海改二(ちょうかい) Lv.98
Zara due(ザラ) Lv.98
Pola改(ポーラ) Lv.98
足柄改二(あしがら) Lv.97
摩耶改二(まや) Lv.96
妙高改二(みょうこう) Lv.94
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.94
衣笠改二(きぬがさ) Lv.93
古鷹改二(ふるたか) Lv.92
加古改二(かこ) Lv.92
青葉改(あおば) Lv.92
愛宕改(あたご) Lv.92
Houston改(ヒューストン) Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
Northampton改(ノーザンプトン) Lv.90
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.47(サブ)
Pola改(ポーラ) Lv.40(サブ)
Pola改(ポーラ) Lv.40(サブ)

航空巡洋艦
三隈改(みくま) Lv.96
利根改二(とね) Lv.96
筑摩改二(ちくま) Lv.96
鈴谷改二(すずや) Lv.94
熊野改二(くまの) Lv.93
最上改(もがみ) Lv.91
三隈改(みくま) Lv.42→Lv.43(サブ)
鈴谷改(すずや) Lv.35(サブ)
熊野改(くまの) Lv.35(サブ)
三隈改(みくま) Lv.33(サブ)
三隈改(みくま) Lv.31(サブ)

特殊改装航空巡洋艦
最上改二特(もがみ) Lv.96

軽巡洋艦
由良改二(ゆら)○ Lv.112
天龍改二(てんりゅう) Lv.99(MAX)
龍田改二(たつた) Lv.98→Lv.99(MAX)
阿武隈改二(あぶくま) Lv.98
矢矧改二乙(やはぎ) Lv.97
多摩改二(たま) Lv.96
鬼怒改二(きぬ) Lv.96
神通改二(じんつう) Lv.96
五十鈴改二(いすず) Lv.95
那珂改二(なか) Lv.94
大淀改(おおよど) Lv.94
球磨改二丁(くま) Lv.93
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.93
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.93
名取改(なとり) Lv.92
川内改二(せんだい) Lv.92
Gotland改(ゴトランド) Lv.92
Perth改(パース) Lv.92
長良改(ながら) Lv.91
能代改二(のしろ) Lv.91
Sheffield改(シェフィールド) Lv.91
De Ruyter改(デ・ロイテル) Lv.91
球磨改(くま) Lv.90
阿賀野改(あがの) Lv.90
矢矧改(やはぎ) Lv.90
酒匂改(さかわ) Lv.90
Honolulu改(ホノルル) Lv.90
Helena改(ヘレナ) Lv.90
Sheffield改(シェフィールド) Lv.58(サブ)
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.47(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.47(サブ)
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.45→Lv.46(サブ)
Perth改(パース) Lv.46(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.45(サブ)
Perth改(パース) Lv.45(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.39(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
能代改(のしろ) Lv.35(サブ)
阿武隈(あぶくま) Lv.21(サブ)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.95

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.97
Atlanta改(アトランタ)Lv.53(サブ)

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.97
夕張改二(ゆうばり) Lv.95
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.95

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.98
大井改二(おおい) Lv.97
木曾改二(きそ) Lv.96
北上改二(きたかみ) Lv.57(サブ)
大井改二(おおい) Lv.57(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.56(サブ)
大井改二(おおい) Lv.53(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.12(サブ)
鹿島(かしま) Lv.5(サブ)
鹿島(かしま) Lv.4(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.117
電改(いなづま)○ Lv.117
睦月改二(むつき) Lv.99(MAX)
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
弥生改(やよい) Lv.99(MAX)
卯月改(うづき) Lv.99(MAX)
皐月改二(さつき) Lv.99(MAX)
水無月改(みなづき) Lv.98→Lv.99(MAX)
文月改二(ふみづき) Lv.99(MAX)
長月改(ながつき) Lv.99(MAX)
菊月改(きくづき) Lv.99(MAX)
三日月改(みかづき) Lv.99(MAX)
望月改(もちづき) Lv.99(MAX)
山風改二丁(やまかぜ) Lv.98
Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.98
潮改二(うしお) Lv.97
Верный(ヴェールヌイ) Lv.97
秋月改(あきづき) Lv.97
涼月改(すずつき) Lv.97
Ташкент改(タシュケント) Lv.96→Lv.97
白露改二(しらつゆ) Lv.96
海風改二(うみかぜ) Lv.96
江風改二(かわかぜ) Lv.96
照月改(てるづき) Lv.96
Johnston改(ジョンストン) Lv.96
Janus改(ジェーナス) Lv.96
時雨改二(しぐれ) Lv.95
村雨改二(むらさめ) Lv.95
荒潮改二(あらしお) Lv.95
風雲改二(かざぐも) Lv.95
初月改(はつづき) Lv.95
Samuel B.Roberts Mk.Ⅱ(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.95
吹雪改二(ふぶき) Lv.94
綾波改二(あやなみ) Lv.94
夕立改二(ゆうだち) Lv.94
山風改二(やまかぜ) Lv.94
朝潮改二丁(あさしお) Lv.94
雪風改(ゆきかぜ) Lv.94
長波改二(ながなみ) Lv.94
Fletcher改 Mod.2(フレッチャー) Lv.94
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.94
冬月改(ふゆつき) Lv.92→Lv.93
松改(まつ) Lv.93
神風改(かみかぜ) Lv.92
有明改(ありあけ) Lv.92
朝潮改二(あさしお) Lv.92
島風改(しまかぜ) Lv.92
竹改(たけ) Lv.92
桃改(もも) Lv.92
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.92
Libeccio改(リベッチオ) Lv.92
天霧改二丁(あまぎり) Lv.91
暁改二(あかつき) Lv.91
涼風改(すずかぜ) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.91
浦風丁改(うらかぜ) Lv.91
磯風乙改(いそかぜ) Lv.91
浜風乙改(はまかぜ) Lv.91
谷風丁改(たにかぜ) Lv.91
秋雲改二(あきぐも) Lv.91
Grecale改(グレカーレ) Lv.91
Scirocco改(シロッコ) Lv.91
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
天霧改→天霧改二(あまぎり) Lv.73→Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
春雨改(はるさめ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
朝雲改(あさぐも) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.90
天津風改(あまつかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
清霜改(きよしも) Lv.90
梅改(うめ) Lv.90
藤波改(ふじなみ) Lv.73→Lv.88
雪風改(ゆきかぜ) Lv.86
江風改二(かわかぜ) Lv.82(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.75(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.74(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.74(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.74
Z3 zwei<マックス・シュルツ> Lv.73
浦風丁改(うらかぜ) Lv.71(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.71(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
Z3 zwei<マックス・シュルツ> Lv.70(サブ)
磯風乙改(いそかぜ) Lv.68(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.63
Ташкент改(タシュケント) Lv.63(サブ)
巻波改(まきなみ) Lv.55→Lv.61
玉波改(たまなみ) Lv.59→Lv.60
Johnston改(ジョンストン) Lv.60(サブ)
Janus改(ジェーナス) Lv.59(サブ)
黒潮改(くろしお) Lv.58
涼月改(すずつき) Lv.57(サブ)
涼月改(すずつき) Lv.57(サブ)
曙改(あけぼの) Lv.56
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.56(サブ)
朝風改(あさかぜ) Lv.55
松風改(まつかぜ) Lv.55
初雪改(はつゆき) Lv.55
薄雲改(うすぐも) Lv.51→Lv.55
浦波改(うらなみ) Lv.51→Lv.55
朧改(おぼろ) Lv.55
漣改(さざなみ) Lv.51→Lv.55
子日改(ねのひ) Lv.51→Lv.55
若葉改(わかば) Lv.55
初霜改(はつしも) Lv.51→Lv.55
満潮改(みちしお) Lv.51→Lv.55
霞改(かすみ) Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
野分改(のわき) Lv.54→Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Fletcher改(フレッチャー) Lv.55(サブ)
Janus改(ジェーナス) Lv.55(サブ)
不知火改(しらぬい) Lv.51→Lv.54
有明改(ありあけ) Lv.53(サブ)
松改(まつ) Lv.53(サブ)
神風改(かみかぜ) Lv.52(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.51→Lv.52
舞風改(まいかぜ) Lv.51
岸波改(きしなみ) Lv.51
朝霜改(あさしも) Lv.51
春風改(はるかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
夏雲改(なつぐも) Lv.50
早潮改(はやしお) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.50
早波改(はやなみ) Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
早霜改(はやしも) Lv.50
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.50(サブ)
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.50(サブ)
照月改(てるづき) Lv.47(サブ)
照月改(てるづき) Lv.47(サブ)
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
初月改(はつづき) Lv.44(サブ)
薄雲改(うすぐも) Lv.40(サブ)
峯雲改(みねぐも) Lv.38(サブ)
大潮改(おおしお) Lv.36→Lv.37
磯波改(いそなみ) Lv.35→Lv.36
白雪改(しらゆき) Lv.35
深雪改(みゆき) Lv.34→Lv.35
天霧改(あまぎり) Lv.35(サブ)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
霰改(あられ) Lv.34
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
狭霧(さぎり) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
海風改(うみかぜ) Lv.30(サブ)
江風改(かわかぜ) Lv.30(サブ)
風雲改(かざぐも) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
Libeccio改(リベッチオ) Lv.30(サブ)
霞改(かすみ) Lv.27
島風(しまかぜ) Lv.11(サブ)

海防艦
占守改(しむしゅ) Lv.72
国後改(くなしり) Lv.71
択捉改(えとろふ) Lv.71
八丈改(はちじょう) Lv.70
石垣改(いしがき) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.70
佐渡改(さど) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
平戸改(ひらと) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
御蔵改(みくら) Lv.70
日振改(ひぶり) Lv.70
大東改(だいとう) Lv.70
第四号海防艦改(だいよんごうかいぼうかん) Lv.70
倉橋→倉橋改(くらはし) Lv.37→Lv.45

潜水艦
伊168改 Lv.96
まるゆ改 Lv.96
伊47改 Lv.91
伊203改 Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
Scamp改(スキャンプ) Lv.90
UIT-25<ルイージ・トレッリ> Lv.82
U-511改<さつき1ごう> Lv.81
Luigi Torelli<ルイージ・トレッリ> Lv.80
伊47改 Lv.50(サブ)

潜水空母
伊13改 Lv.94
伊401改 Lv.93→Lv.94
伊400改 Lv.93
伊14改 Lv.92
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.90
伊19改 Lv.84→Lv.85
伊8改 Lv.84
伊14改 Lv.53(サブ)
伊13改 Lv.46(サブ)
伊13改 Lv.45(サブ)
伊401改 Lv.38(サブ)
伊400改 Lv.37(サブ)
伊401改 Lv.36(サブ)

水上機母艦
日進甲(にっしん) Lv.97
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.95
千歳甲(ちとせ) Lv.93
千代田甲(ちよだ) Lv.93
瑞穂改(みずほ) Lv.91
秋津洲改(あきつしま) Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
日進改(にっしん) Lv.49(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.45(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.43(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.40(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

補給艦
速吸改(はやすい) Lv.91
神威改母(かもい) Lv.90
神威(かもい) Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.91
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.90
潜水母艦 長鯨改(ちょうげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.91
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1→Lv.2(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
特務艦 宗谷(そうや) Lv.90
灯台補給船 宗谷(そうや) Lv.82→Lv.90
南極観測船 宗谷(そうや) Lv.80→Lv.84
特設護衛空母 山汐丸改(やましおまる) Lv.90







2022年F1第22戦アブダビGP予選!!

ベッテル、現役最後のグランプリ。
特別ヘルメットはファンの写真が沢山貼られています。

トワイライト…というよりも、日が落ちてるか。
ナイトセッションだ。


Q1
ラティフィ、アルファタウリ勢、アストンマーティン勢、アルボンが真っ先にコースイン。
アストンマーティンのガレージにはパパベッテル。

ベッテルへの感謝のメッセージカードを掲げる観客。

ミック、最終コーナーでリアを大きくスライドさせるも2番手タイム。
ハースのガレージにはヤン・マグヌッセン。

残り13分。
ここら辺で上位チームもコースインしています。

フェラーリ・ワールドあるのにポールポジション取れてないフェラーリ。

フェルスタッペンの無線。
「ヘッドレスト壊れたからチェックしてくれ。」

ミック、特別ヘルメット。
ベッテルのヘルメットデザインを使用!

残り3分50秒、各車が続々とコースイン!
…ピットロード出口に向かうのが凄いゆっくり。

前との間隔開ける為にほぼ最終コーナーで止まってる…。

アタック中のベッテル、セクター3に突入!
アタックを控えたマシンの間を抜けて行く…怖い!
ベッテル、5番手!

ラティフィは14番手、ギリギリ…。
周は9番手、ハミルトンと同タイムだ!
チェッカー!
ミックは10番手!
ストロールは12番手!
アルボンは17番手でノックアウト。
ボッタスも16番手で届かず。
ノリスは5番手!
マグヌッセンは14番手でギリギリに。
アロンソが14番手。
角田は10番手!

ベッテルのリプレイ。
アタックを控えた集団に対して白旗振られてる。

ベッテル、ミックはお見事!
ガスリー、アルファタウリ最後の予選はQ1で敗退。
ラティフィもF1最後の予選でした。

ボッタスは集団に埋もれてしまったので、しっかりタイヤを暖められなかったようだ。

アルピーヌガレージのビクター・マルタンス。
F3チャンピオン。


Q2
メルセデス勢が真っ先にコースイン!

ハミルトンの無線。
ブレーキトラブルが解決できず。

トトカメラ。

フェラーリガレージにマッサ!!
カメラには気付かず。

ハミルトン、新品タイヤでのアタックで2番手!
ラッセルはフェラーリ勢を上回って4番手。

最近良くエンジニアが紹介されておる…。
川井ちゃんは前から紹介してましたが!

ベッテル、セクター1全体ベストで通過!
ベッテル、最終コーナーで横滑りしながらも5番手!
ミックは8番手だ!
周は11番手でノックアウト。
角田は8番手!
オコンが6番手!
リチャルドが8番手!
アロンソは9番手!
チェッカー!
ルクレールは2番手!
ノリスは6番手!
フェルスタッペンが4番手タイム。

アロンソ、アルピーヌでの最後の予選はQ2敗退。
重量計測に呼ばれたアロンソの後ろにはアロンソトリビュート画面が。

ミックはF1での最後の予選を13番手で終えました。
うーん、惜しい。。
一方のベッテルはQ3進出!!

角田は調子良さそうだったけど、Q3進出ならず。

周は特別ヘルメットですね。
陶磁器みたい。

パリピのボートwww
川井ちゃんパリピとか言うのwww


Q3
メルセデス勢、引き続き真っ先にコースイン!
フェラーリ勢も続いた!

ペレスの無線。
一緒に出る筈が、フェルスタッペンが出てこないから確認の無線でした。
フェルスタッペンは少し問題があって、出るのが遅くなっています。

サインツJr.がセクター1、セクター2全体ベスト!
ペレスがセクター2全体ベストを更新!
最終コーナーで少し滑って2番手。
フェルスタッペンがトップタイム!

ベッテル、リチャルドがアタックへ。
これがキャリア最後の予選アタックですね…。
ベッテル、7番手!

リチャルドは…8番手!

残りは2分半。
残りの8台がコース上にいます。
今シーズン最後、ラストアタックです!

ルクレール、2番手!
ノリスは7番手!
サインツJr.、セクター1で自己ベストを更新できず、3番手。
ここでチェッカー!
フェルスタッペン、トップタイム更新!
ペレスは2番手だ!
ハミルトンはセクター3でミスがあって5番手、ラッセルは6番手だ。

レッドブル、2018年メキシコGP以来のフロントロー独占!
セカンドローはフェラーリ勢、サードローはメルセデス勢とキッパリとチーム毎に分かれました。

健闘を称え合うレッドブル勢。


チェココール!

インタビュワーはDC先生!
フェルスタッペン、冷静にコメント。

ペレス。
フェルスタッペンに言及してる。
ドライバーズランキング2位争いは訊かれるよね。

ルクレール。
チームとしてドライバーズ、コンストラクターズ2位を目指す、とコメント。
レッドブルとフェラーリのバトル、どうなるかな?

談笑してるフェルスタッペンとルクレール。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
3番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
4番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
7番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
12番手からは角田裕毅/アルファタウリ
13番手からはミック・シューマッハ/ハース
14番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
15番手からは周冠宇/アルファロメオ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
18番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
19番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ


リチャルドは前戦での接触で、3グリッド降格ペナルティ。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
3番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
4番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
7番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ

11番手からは角田裕毅/アルファタウリ
12番手からはミック・シューマッハ/ハース
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
15番手からは周冠宇/アルファロメオ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
18番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
19番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ




2022年F1第22戦アブダビGP決勝!!


拍手で送り出されるベッテル。
パパベッテルも見ています。

リチャルドもご両親が…!

アストンマーティンのシャツを着ているヒュルケンベルグ。
来季はハースから復帰だ。

ガスリー、スタッフや角田に出迎えられてガレージ入り。

ザウバー御大もグリッド上に!
ホーナーと握手。

ベッテルと熱田さん。

石油王みたいな衣装の人、草むらに座るんだ…。

オレンジアーミー大応援団。

ウサイン・ボルトも来ているようだ。

ベッテルへのメッセージカードを持つ観客。

マクラーレンのクルー、カウボーイハット被ってる。

キャコマ。

カルロスパパ。
ローレンスもいるし、父兄参観だらけ!

フラビオ・ブリアトーレ、テロップ出たわ。

ベッテル、パドックの仲間達を紹介してサーキット1周マラソン!
Tシャツ配られてる!
ミックと一緒に走ってる。
ルクレールも参加してたのかぁ。

川井ちゃん、友達だから参加しないといけないwww
年齢的に辛いwww


UAE国歌!!
エディハドの旅客機!!
後ろから航空機…UAE国旗カラースモーク!!

チェココールが…www

おぉ、ベッテルが描かれてるwww

ベッテルに花道…!
各ドライバー一人ひとりに握手。

準備を進めるベッテル。
一瞬熱田さんが見切れるwww
ベッテルは299戦目のレースへ。

リチャルド、マシンに乗る時もヘッドフォン。

アロンソ、ベッテルに何やら話しかけているようだ。

OPが特別ベッテル仕様だ!!
トリがベッテル、ラストレースに向かって準備をするイメージですかね?!


表彰台がベッテル仕様。


マグヌッセン、ボッタスはハードタイヤ。
ガスリーはソフトタイヤ?!
狙うねぇ。

フォーメーションラップ!
ホームストレートでチェココール!

シグナルが…ブラックアウト!!
クリーンなスタート!

フェラーリ勢に割って入ったハミルトン、バックストレート1本目でサインツJr.にインに飛び込まれ、コースオフ。
ハミルトン、縁石で結構跳ねた!


4周目、ハミルトンにポジション譲れ指示。
サインツJr.が4番手、ハミルトンは5番手。
次の周、改めてサインツJr.を抜いて4番手に。

その後ろではラッセルがノリスをかわして6番手に復帰。


8周目、サインツJr.がハミルトンを捕らえて4番手!
ベッテルはオコンとバトルを演じています!

次の周、ラッセルがハミルトンをかわして5番手。
ハミルトンの無線。
「パワーを失ってるんだけど、どうなってるんだ?」


16周目、ピットインしたラッセルのタイヤ交換時間が遅い。
5.2秒…。
右リアが遅くなっていました。
そしてアンセーフリリース。


21周目、ラッセルに5秒のタイムペナルティ。
アンセーフリリースで。

フェルスタッペンの3.4秒タイヤ交換リプレイ。
左リアが少し遅いようだ。


24周目、11番手争い!
ボッタスに角田とアロンソが仕掛ける!
アロンソがイン側で2台をパス!
角田が2本目のバックストレートでアロンソをかわして11番手!
次の周、アロンソがポジションを取り返した!


26周目、ベッテルがピットイン!
1ストップらしいけど、タイヤ交換時間4.1秒は遅いな…。

ガスリー、ブレーキダスト凄くて心配になる。


28周目、ここでアロンソがピットイン。
トラブルか…?
うーん、マシントラブルでリタイア…。。


32周目、シャキール・オニール来てんじゃん。
今回はホームストレート。


34周目、ルクレールの無線。
「ペレスの逆をやれ!」
ここでペレスがピットイン、ルクレールはステイアウト!


36周目、ウィリアムズガレージのローガン・サージェント。

ルクレールにプランC!
1ストッパーでペレスの前に留まる作戦か。


39周目、黄旗!
ミックとラティフィが接触!
2台共コースに復帰。

ラティフィの左リアがパンクしてる…!

川井ちゃん「2人ともさぁ、良い思い出作りしなよ。」

ミックとラティフィのリプレイ。
ミックがラティフィのリアを突っついてスピン。
ラティフィはリアウイングがバリアに接触しています。
しかし、綺麗なシンクロターンでした。


42周目、ミックに5秒タイムペナルティ。


44周目、ベッテルが周をかわして10番手!


46周目、ペレスがハミルトンをかわして3番手に復帰。
前のルクレールとは9.3秒差。
さて、どうなる?


48周目、フェルスタッペンの無線。
「こっちのタイヤ(ハードタイヤ)は問題ない。チェコにがーんと行けぇって伝えてくれ。」


49周目、ストロールがベッテルの前に。
ベッテルは11番手。
うーん、キツいなぁ。。


50周目、ルクレールの無線。
「放っといてくれ。」


51周目、ハミルトンの無線。
「タイヤが落ちてきた。」
1ストッパーのルクレールにとっては悲報か。

フェラーリのガレージ、ロバート・シュワルツマン。


52周目、ペレスの無線。
「全てを出し尽くせ!」


55周目、メルセデスガレージの子。
マックス・ラウダ…!!


56周目、ハミルトンのギアボックス破損!
スローダウン…。

何とかガレージに到着。
チェッカーを受けられず…。


58周目、ファイナルラップ!!
いつの間にかラティフィがガレージに…クローズアップされん。

ペレスはルクレールのDRS圏内に近付けない…!


フェルスタッペン、ポール・トゥ・ウィン!!
ルクレール、逃げ切った…!
ドライバーズランキング2位獲得!
ペレスは惜しくも3位で、ドライバーズランキングも3位に。

花火が打ち上がる中、リチャルドとベッテルが9位10位でチェッカー、ポイント獲得!!


ファステストラップはノリス!

フェルスタッペン、ルクレール、ペレスがホームストレートでドーナツターン!

ベッテルがホームストレートに!
ドーナツターン!
大歓声!!
セブコール!!


インタビュワーはJB!!

ペレス。
シーズン頑張ったので、また来年!

ルクレール。
スタートから最後までに110%出しました。
来年はもう一歩進めたいと思います。

レッドブル勢がベッテルと話してる。

フェルスタッペン。
シーズン15勝。
晴れやかな顔である。

ベッテル!
大歓声!
「勿論、もう数ポイント取りたかったですけどね!」
ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテル!!
「戦略がスローでしたね。」
「最後の数周、ダニエルと戦えてお互いにポイント取れて良かったです。」
「他のドライバーにも何か残せたら…。」

ベッテルはレースディレクターやってくれないかなぁ…。
このハードスケジュールから抜けられるから辞めるんだもんね…。

ベッテルのお別れ映像。
最後が日本GPの前夜祭じゃん!!


表彰台控室。
レッドブル勢がお話中。
ルクレールもいたわ。

ん、ミックやリチャルドもドーナツターンしてたのね!


表彰台待ち、シュワルツマンがおる。
ケリーさん。

表彰台!
オランダ国歌!!
オーストリア国歌!!

ファイト!!
ペレスにかけるフェルスタッペン。

チェッカー後、お互いに健闘を讃えてるリチャルドとベッテル良いなぁ。


ハミルトンはキャリア初のシーズン未勝利に終わりました。
そして、ドライバーズランキングもキャリア最低の6位。


アロンソ、ベッテルのヘルメットデザインを取り入れた特別ヘルメットだったのか!


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
5位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はエステバン・オコン/アルピーヌ
8位はランス・ストロール/アストンマーティン
9位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
10位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位は角田裕毅/アルファタウリ
12位は周冠宇/アルファロメオ
13位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
14位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
15位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
16位はミック・シューマッハ/ハース
17位はケビン・マグヌッセン/ハース
18位完走扱いはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
19位完走扱いはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(454Pt)
2位:ルクレール/フェラーリ(308Pt)
3位:ペレス/レッドブル(305Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(275Pt)
5位:サインツJr./フェラーリ(246Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(240Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(122Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(92Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(81Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(49Pt)
11位:リチャルド/マクラーレン(37Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(37Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(25Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(18Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(759Pt)
2位:フェラーリ(554Pt)
3位:メルセデスAMG(515Pt)
4位:アルピーヌ(173Pt)
5位:マクラーレン(159Pt)
6位:アルファロメオ(55Pt)
7位:アストンマーティン(55Pt)
8位:ハース(37Pt)
9位:アルファタウリ(35Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)





さて、早くも2023年のドライバーラインナップが確定したので、表記しておきましょう…。

レッドブル
No.1 マックス・フェルスタッペン/オランダ
No11. セルジオ・ペレス/メキシコ

フェラーリ
No.16 シャルル・ルクレール/モナコ
No.55 カルロス・サインツJr./スペイン

メルセデスAMG
No.63 ジョージ・ラッセル/イギリス
No.44 ルイス・ハミルトン/イギリス

アルピーヌ
No.31 エステバン・オコン/フランス
No.10 ピエール・ガスリー/フランス

マクラーレン
No.4 ランド・ノリス/イギリス
オスカー・ピアストリ/オーストラリア

アルファロメオ
No.77 バルテリ・ボッタス/フィンランド
No.24 周冠宇/中国

アストンマーティン
No.18 ランス・ストロール/カナダ
No.14 フェルナンド・アロンソ/スペイン

ハース
No.20 ケビン・マグヌッセン/デンマーク
No.27 ニコ・ヒュルケンベルグ/ドイツ

アルファタウリ
No.22 角田裕毅/日本
No.19 ニック・デ・フリース/オランダ

ウィリアムズ
No.23 アレクサンダー・アルボン/タイ
ローガン・サージェント/アメリカ

| | コメント (1)

2022年11月16日 (水)

高地に湿地に峠道に市街地に

またちょっと間が開いてしまいました…忙しかったのとかそこら辺。
例年そうだけど、12月は忙しいかも…。






お船。
ハロウィンのカボチャ集めが終わり、間髪入れずに秋刀魚漁の季節になりました。

22_11_9_i203
…という事で、潜水艦 伊203。
秋刀魚焼きに加わりました。


21_11_9_yamashiomaru
特設護衛空母 山汐丸。
差分ですね。


22_11_9_kiso_kaini
重雷装巡洋艦 木曽改二。
まさかのジャージwww
良い笑顔だwww

22_11_13_kiso
こちらは軽巡洋艦版の木曽。
バリバリの部屋着である。


22_11_9_sanma
今季初の秋刀魚漁獲である。
初物は縁起が良いからね!!






さて、この週末、愛知県・岐阜県でWRC…世界ラリー選手権の最終戦、ラリー・ジャパンが開催されていたので、行ってきました!!
日本での開催は実に2010年以来12年振り。
それまでの6回は北海道で開催されていましたが、第7回となる今回は初の本州開催。
愛知県はWRCに参戦するトヨタのお膝元であり、国内ラリーにおいても新城ラリー等で大会運営実績があるから復活の舞台になったんじゃないかなぁ…なんて。
本当はもっと早く開催する予定だったけど、新型コロナの影響で2年間中止。
3年目となる今年、ようやく開催に漕ぎつけました。

色々と問題点もあったけど、来年度以降に生かして行ければ良いんだろうと思うし、復活初年度としては良かったのでは。
…FIAに盛大に怒られたりはあったけどなぁ。
個人的には、日本の狭い山道や神社の目の前や田畑を進むステージ設定は日本感あって良かったと思うし、曰くつきの伊勢神トンネルなんかはやっぱりホーンテッドトンネルとして話題になってて話題性もあったと思う。
トンネル通過後にマシンが炎上して全焼なんていう如何にもなトラブルもあって、更に話題になりましたね…。
くねくねで落ち葉や側溝もあって、非常にテクニカルだったようですけれど。
後、雨降ったら落ち葉が濡れて凄い滑りやすくなる。

とは言え、どうにも日本国内のイベント感が拭えない雰囲気はあったな。
一応世界選手権なんだけどね…。
海外に比べると、競技区間の道端にぽろっと観客がいる事もないしね。
セレモニーもSUPER GTとかみたいに長いからというのもあるかも。
F1とかWECとかはセレモニーの類、サクッと終わらせるもんなぁ。


22_11_13_rally_japan1
…という事で、日曜の朝に新幹線で出発。
今回もN700Aさんです。

WRCは木曜日にセレモニアルスタートがあって、その後にオープニングSS(スペシャルステージ、ラリーにおける競技コースの事)がある事が多いです。
本格的な走行は金曜日~日曜日の午後までの3日間で行われ、日曜日の夕方~夜辺りにあるセレモニアルフィニッシュで幕を閉じるという感じになります。

ラリー・ジャパンの場合、岡崎市内のSSやステージ間移動の「リエゾン」以外は殆どが峠道とかでの走行なので、自動車で移動できない俺は非常に観戦難易度が高く…。
SS観戦ツアーとかもあるようなので、今後はそれも視野かなぁ。後は市街地SSの観戦チケット購入も選択肢だな。
まぁ、今回はF1ブラジルG…サンパウロGPとも被っていたので、日曜日のセレモニアルフィニッシュを主眼にチケットを取りました。
明け方にサンパウロGPのスプリントを観戦して、そのまま家を出て新幹線に乗ったというスケジュールでございます。

んで、名古屋に着くと取り敢えず昼ご飯。


22_11_13_rally_japan2
はい、喫茶マウンテン!!
道中で寄れるからね、仕方ないね!!
会場でも出店あるので、抑えめにしましたよ。
偉い!!

朝は晴れてたけど、名古屋に着く頃にはすっかりどんより曇り空でした。
午後から雨予報なのよね。


22_11_13_rally_japan322_11_13_rally_japan4
という事で、会場着。
会場は豊田市にある豊田スタジアム。
軽巡洋艦「矢矧」の名の元になった矢作川の畔にあるスタジアムで、Jリーグの名古屋グランパスの本拠地でもあります。

今回はここがサービスパーク(サーキットレースで言うピットとかパドックがある場所)に指定されています。
まぁ、ドライバー達はもう出発しちゃってていない訳ですが。 
朝早く来たら、整備中のマシンを見れたり、ドライバーに会えたりできるんですよね。

最寄りの豊田市駅に着いた時には既に雨降ってしまっていました…。
うーん…今年のモータースポーツ活動は3回全て雨に降られてしまいましたぞ。。
冬の鈴鹿ファン感謝デー、10月のF1、今回のWRCと全部雨。
全部気温低め。

今回はスタジアム内の大型モニターで観戦するとは言え、オープンスタジアムだから場所によっては普通に濡れるんですよね。
後、風向きで普通に吹き込んでくる。
ポンチョ使えばあんまり気にしなくても済んだんだけれどもね。
持ってきてたけど、何か使わなかったわ。


22_11_13_rally_japan522_11_13_rally_japan6
ご飯。
大鶏排と魯肉飯、台湾飯ですね。
魯肉飯はたまに見かけるけど、大鶏排はあんまり馴染みがないな…台湾料理における唐揚げのようです。
人気なの…?

スタジアム周辺の飲食店は愛知県、岐阜県の料理がなかったなぁ…近隣の他の会場ならあったみたいなんだけど。
雨だったし、着いたの昼頃だったから流石にそっちまでは行けんかったわ。

…この日、油しか採ってないw


22_11_13_rally_japan7
ラリー観に行ったのに、それっぽいのがないから取り敢えず。
トヨタのGR ヤリス ラリー1。
最高峰クラスであるWRC1に唯一参戦する日本人ドライバー、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組が母国で3位表彰台を獲得!
トヨタ勢では唯一の表彰台になった訳だけど、いやぁ…色々なトラブルが起こる中、堅実な走りで走り切ってくれましたね!
いやぁ、おめでたい!!
優勝はヒュンダイのティエリー・ヌービル/マルティン・ヴィダーフ組。2位は同じくヒュンダイのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組。
タナックはトヨタ時代に勝田の師匠だった為、今でも仲が良いようで。
今回も自分が走り終わった後、開口一番勝田が表彰台に上がれるかどうかを確認していたくらいのようです。

結構長いだろうとは思ったけど、セレモニーは19時くらいまでかかりましたな。
17時スタートだったから、2時間だ。
その間に雨は降ったり止んだりしてて、最終的には止みました。


22_11_13_rally_japan8
…という訳で、夕飯は喫茶マウンテン!!

また油。


この日は遅くなるだろうと踏んでいたので、ホテルを取っておりました。

という訳で、月曜日!
平日です!!

22_11_14_rally_japan1
ポケセンナゴヤにお邪魔。
…色違いムゲンダイナプレゼントの事忘れてて、Switch持ってきてなかったよ。。

モタスポショップ2件梯子したりしてました。


22_11_14_rally_japan2
お昼は毎回恒例、住よしのきしめん!
今回はみそ(玉子入り)きしめんにしてみました。
汁、サラサラなのに味噌濃くて良かった。


22_11_14_rally_japan3
帰りもN700Aさんです。
午前中は晴れ間があったけど、昼から曇ってたのであんまり良い景色ではなく…。


22_11_14_rally_japan4
今回、岐阜成分全くなかったので、せめてもと思って飛騨牛弁当。
飛騨牛美味しい。


22_11_14_rally_japan522_11_14_rally_japan6
シンカンセンスゴクカタイアイス。
ベルギーチョコをチョイス。

行きは車内販売の来るタイミングが愛知県入ってからだったので断念していましたが、帰りは見事に購入成功。
ミッションコンプリート。




2022年F1第20戦メキシコシティGP決勝!!


ハミルトンはミハエル・シューマッハとジェンソン・バトンの306戦を越えて歴代4位となる307戦目。
1位は352戦で尚も更新中のフェルナンド・アロンソ。次が349戦のキミ・ライコネンで、322戦のルーベンス・バリチェロと続きます。
来季中にバリチェロの記録も超えますね。

ルクレールはF1参戦100戦目のメモリアル。


マグヌッセンの無線。
「何か壊れた。」
ギアボックスか…?

ノリスの無線。
ブレーキに違和感。


バナナがいるな…ルクレールファンかな?

グリッド上にグティエレス。

ペレス、予選で電気系トラブル。
インフォメーションがステアリングに表示されず。

アルボンとノリスが談笑中。
その横ではオコンとストロールが談笑。


メキシコ国歌!
児童合唱団かな?

勿論、ペレスが最前列!

何か鳥が飛んでる?!
ワシか?!

エルマノス・ロドリゲス・サーキットは60周年目!
チェコ・コール!


ニューウェイさんはメルセデスのマシンを視察中。


タイヤ紹介からBGMがアレンジに変わったwww

メルセデス勢、ミディアムタイヤを選択…!


マグヌッセンのレコノサンスラップ時のトラブルはホイールがちゃんと装着されてなかったからのようだ。
取り敢えず、走れるの良かった。


週末の観客動員数は39万5902人。

久々のトトカメラ。

シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、良い滑り出しだ。
ペレスは少し遅れたか…?
メルセデス勢がフェルスタッペンを追うが、仕掛けるにまで至らず。
ラッセルは位置取りが悪く、ハミルトンが2番手に。
ペレスが4コーナーでラッセルをかわして3番手!
凄い歓声!!
ボッタスは順位を落として8番手。


9周目、リチャルドが周をかわして12番手。
今週末、割とノれてるリチャルド。
その後ろで、ガスリーとストロールがニアミス。


12周目、ストロールの無線。
ピー。
「そこら中で滑りまくってる!
全然グリップがない!」

ストロール、アルボンにプッシュされて無線でグチグチ言ってるらしい。


18周目、ガスリーに5秒タイムペナルティ。
ストロールに仕掛けた際に押し出して抜き、そのまま順位を戻さなかったから。


24周目、ソフトタイヤの性能が落ちてきたペレスがピットイン!
まずはペレスからか。
…あっと、左リアが抜けない。
タイヤ交換時間は5秒。
6番手で復帰。
これは…どうか?


26周目、フェルスタッペンがピットイン!
3番手で復帰。

ミディアムタイヤのメルセデス勢はスティントを伸ばすようです。


27周目、ペレスがルクレールをかわして5番手に。
大歓声!!


28周目、フェルスタッペンの無線。
ピー。
シフト操作時にラグがあるようだ。

ハミルトンの無線。
エンジンのパワーカットがあるとの報告。

アンジェラ嬉しそう。
フィンガーズクロス?
お祈りみたいな。


30周目、ハミルトンがピットイン!
ハードタイヤだ!!
ラティフィに続いて2人目の使用者に。

サインツJr.、ピットイン。
右フロントの装着が少し遅くなった。


32周目、ラッセルの無線。
ミディアムで引っ張ってソフトに繋ぐ作戦で行くようだ!

ノリスもハードタイヤを選択。
ハミルトンが自己ベスト出してるのを見たからか?
ノリスのタイヤ交換時間、2.2秒と早い!


34周目、ラッセルがピットイン!
ハードタイヤに替えた。
ペレスの後ろ、4番手で復帰だ。

見守るペレスパパ。


38周目、ハミルトンの無線。
「このタイヤはミディアム程良くない!」
ボノ「ミディアムはスティントの最後でドロップオフがあるからね。」


39周目、ソフトタイヤで引っ張っていたベッテルがピットイン!
16番手だ。

アロサイだ。
またイチャついてる。


ボッタスやアロンソといったミディアムで伸ばしていたメンツが皆ハードタイヤを選択。
ガスリーはソフトタイヤか。

ラッセルの無線。
「このタイヤ、良くない。
スライドしまくってる。」

ハミルトンの無線。
「このタイヤ、良くない。」
ボノ「さっきのミディアムは最後の方でドロップオフしたから。
連中も苦しむかもしれないよ。」

文句を言ってる割にはペースの良いメルセデス勢。


リチャルドと周はミディアムタイヤで引っ張り中。
それ以外は皆1回以上ピットインしています。
2回やったのはストロールくらいかな?


46周目、リチャルドがピットイン!
ここでタイム出なかったけど、1.8秒の最速タイヤ交換を叩き出した模様。
タイヤは勿論ソフトタイヤ!

周がオコンとボッタスにかわされて10番手。
ここで周はピットインしてソフトタイヤに。
これで全員1回はピットイン。


49周目、ハミルトンの無線。
まだパワーのカットがあるらしい。


51周目、11番手争いで角田とリチャルドが接触!
角田、浮き上がって弾き飛ばされる!
フロントウイングが破損、フロアも壊れている!
ピットインして、フロントウイングを交換…いや、外れない。

リプレイ。
サイドポッドが破損してる…これはダメですね。。


54周目、リチャルドに10秒ペナルティ。


58周目、リチャルドはボッタスをかわして9番手!
フレッシュなソフトタイヤだから、ノリスと順位を入れ替えていました。

川井ちゃん「アルボンさん」


61周目、リチャルドがかっ飛んでます。
アロンソをかわして8番手。

アロンソの無線。
「信じられない、信じられない。
何ていうシーズンなんだ。」


62周目、リチャルドがオコンをかわして7番手!
リアを滑らせつつまだ猛プッシュ中!
このペースがあるなら角田に無理に仕掛けなければ良かったな…勿体無い。。


64周目、ラティフィがアルボンに周回遅れにされている。
チームメイト感の差が…。。


65周目、ノリスがボッタスをかわして10番手。
その前ではアロンソが1コーナーを直進してストップ。
エンジントラブルだ。

バーチャルセーフティカー!

悔しそうなアロンソ。
それでも大歓声で迎えた観客に拍手で応える。

リプレイ。
マシンを降りた直後、腕を大きく振って悔しさを露に。
その後、タイヤバリアに項垂れる。


66周目、バーチャルセーフティカー終了。

ラッセルの無線。
「ストレートでデブリを踏んだからパンクするかも。タイヤを替えようよ。」
エンジニア「ステイアウトだ、ステイアウト。」


69周目、ここでガスリーがアルボンをかわして11番手!


70周目、ここでラッセルがピットイン!
ソフトタイヤでコースに復帰。
ファステストを狙います!


71周目、ファイナルラップ!!
フェルスタッペン、ポール・トゥ・ウィンで14勝目!!
1シーズン最多勝利数記録を更新!!
2位にハミルトン、3位にペレスで2021年と同じオーダーになりました!

ファステストラップポイントはラッセル!

リチャルドは10秒加算ペナルティを受けましたが、後続を10秒以上引き離してのフィニッシュとなったので、順位に変動はありません。
凄い!

ボッタス、10位入賞で久々にポイント獲得!
6番手スタートだった事を考えると、少し残念でもありますが…少なくとも、ポイントは取れた!


ペレス、スタジアムセクションの大観衆にご挨拶!
大歓声!!


ドライバー・オブ・ザ・デイはリチャルド!


ご機嫌なペレスパパ。
チェココール!!

フェルスタッペン、ペレスパパを見つけて熱い握手!


インタビュワーはマルク・ジェネ!
ペレスパパ、ハミルトンともはしゃいでるwww

手振ってるなwww

ハミルトンは190回目の表彰台登壇なんだって!

おっ、子ペレスきたー!!

本日の主役はペレスだな!
最後はスペイン語で!
海老塚さん、スペイン語も通訳できるのか!


表彰台控室。
じっとハイライト映像を見つめるハミルトン。


ハミルトンとペレスが談笑しながら表彰台に向かう。

スタジアムセクションにお客さんが入ってきた!!
集まってる集まってる!

表彰台!
3位から既に下から上がってくるんだwww
メキシコ国旗持って嬉しそうなパパペレス!
優勝者は勿論マシンと共に上がってくる!


オランダ国歌!!
からのオーストリア国歌!!

優勝者へのトロフィ授与はカルロス・スリムの息子さんか。
カルロス・スリムはペレスをキャリア初期から支えていた支援者。

フェルスタッペンのエンジニア、ジャンピエール・ランビエーズがチーム関係者枠で登壇しているようだ。

ペレスへのトロフィ授与、大歓声!


ファイト!!
ペレス、真っ先に表彰台プレゼンター陣にかけにいくの流石www


表彰台がDJブースに早変わり!
パーティタイム!!


フェルスタッペン、ハミルトンが2019年に獲得した413ポイントを越えて史上最多ポイントを獲得!


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
5位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
6位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
7位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
8位はエステバン・オコン/アルピーヌ
9位はランド・ノリス/マクラーレン
10位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ

ここまでがポイント獲得!

11位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
12位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
13位は周冠宇/アルファロメオ
14位はセルジオ・ベッテル/アストンマーティン
15位はランス・ストロール/アストンマーティン
16位はミック・シューマッハ/ハース
17位はケビン・マグヌッセン/ハース
18位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
角田裕毅/アルファタウリ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(416Pt)
2位:ペレス/レッドブル(280Pt)
3位:ルクレール/フェラーリ(275Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(231Pt)
5位:ハミルトン/メルセデスAMG(216Pt)
6位:サインツJr./フェラーリ(212Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(111Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(82Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(71Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(47Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(36Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(35Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(24Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(696Pt)
2位:フェラーリ(487Pt)
3位:メルセデスAMG(447Pt)
4位:アルピーヌ(153Pt)
5位:マクラーレン(146Pt)
6位:アルファロメオ(53Pt)
7位:アストンマーティン(49Pt)
8位:ハース(36Pt)
9位:アルファタウリ(35Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)




2022年F1第21戦ブラジルG…サンパウロGP予選!!

スプリントフォーマットのレース週末です。

ブラジルのレジェンド、エマーソン・フィッティパルディだ。

開始直前に軽く雨があった模様。


サインツJr.は6基目のICEを投入し、5グリッド降格ペナルティ。

食中毒から復帰のランド・ノリス。

コースはモヤってる。
路面はしっかり湿っているようだ。


ウエット宣言出てるのかな?
降水確率は60%。

凄い大きいセナの像がある。


Q1
ハース勢を先頭に、アルファタウリ勢やストロール、ルクレール、アルファロメオ勢と待機列を形成。

フェラーリは10分後に雨が降ると予測。

ホームストレートに入る前の路面が改修。
排水用の溝が追加されています。
明らかに色が違うから、効果ありそう。

ルクレール、リアを滑らせながらインフィールドを攻めています。

フェラーリ勢に代わり、レッドブル勢がワンツー。
ここでアロンソがトップタイム!

アストンマーティンガレージのフェリペ・ドルゴビッチ。
ウィリアムズガレージにはローガン・サージェント。

残り9分。
ガスリーがソフトタイヤを履いた!

ここでマグヌッセンが3番手。
トラックリミット違反でタイム取り消し。
代わりにミックが3番手!
ここでハミルトンがトップタイム!

残り6分半。
角田が5番手タイム!

ガスリー、ここは自己ベストを更新できず。
しかし、次のラップでセクター1全体ベスト!
セクター2も全体ベストで繋いだ…トップタイム!

ルクレールはソフトタイヤに交換!
…ん?
タイヤを間違えた?
タイヤが来ない?
何か待ちが発生しています。

ソフトタイヤに替えたアルボンが2番手!
それを上回ってノリスが2番手!
ラッセルも2番手、リチャルドは5番手とソフトタイヤ勢がタイムを出してきています。
ここでアロンソがトップタイム!
ベッテルが3番手!
ここでラティフィがトップタイム!
ノリスが上回った、トップタイム!
フェルスタッペンは2番手タイム、ラッセルが2番手!
ガスリーら再び2番手タイム!
残りは30秒!
ここでアルボンがトップタイム!
ペレス、タイムアップギリギリで5番手!
チェッカー!
リチャルドが5番手!
アロンソがトップタイム!
角田は16番手でノックアウト。
ベッテルは2番手!
ガスリーが4番手!
ミックは18番手でノックアウト。
マグヌッセンは4番手だ!
ハミルトンがトップ!
フェルスタッペンは4番手。
ボッタスは17番手でノックアウト。
おぉ、ノリスがトップタイムだ!
ストロールは10番手でQ2進出!

ルクレールの無線。
角田の事はユウキと言っている。

ノリス、決勝日が誕生日。
その前に食中毒は中々。


Q2
マグヌッセン、ストロール、ガスリーと待機列が出来ていました。
レッドブルのような上位チームも並んでましたね。
雨が降ってくる前にドライ用タイヤでタイム出しときたいようです。

ノリスがトップタイム、アルボンは4番手。
アロンソが3番手。
ガスリーが3番手に。

マッサ、フェラーリのガレージ内から戦況を見守る。

残り10分。
マグヌッセンがセクター1全体ベストで来ている。
4番手タイム!

最終コーナー方面から雨が降り始めているらしい。

アロンソ、セクター2全体ベストでトップタイム!
残り8分、ここでフェルスタッペンがトップタイム!
ルクレールも3番手に上がります。

アストンマーティン勢がここでピットイン。
まだドライタイヤのようだ。

残り5分45秒、ラッセルが3番手!
ハミルトンは…4番手!
残りは5分。

サインツJr.の無線。
降雨が激しくなってきたようだ。
ベッテル、ストロール共にタイムを更新できず。

ここでベッテルが8番手!
ノリス2番手!
フェルスタッペンはトップタイム更新!

ベッテルのリプレイ。
鳥に当たらなくて良かった。

残りは2分。
サインツJr.、2番手タイム!

マグヌッセンが7番手タイム!
残り1分。

11番手のアルボンはピットイン。
ここでアタック終了です。

チェッカー!
リチャルド14
ガスリー12
ベッテル13
最後は順位変動しなかったな。

ガスリーのリプレイ。
ポジション争いでアロンソとレースのようなサイド・バイ・サイドを展開。


だいぶ空が暗くなってきた。
市街地では既に雨が降っているかも。


Q3
マグヌッセン、フェラーリ勢、レッドブル勢、アルピーヌ勢、メルセデス勢とほぼ全車が待機列。
ルクレール、インターミディエイトを履いている!!

ルクレールの無線。
むちゃくちゃ不安そう。

ルクレールに付き合われてるペレス。
ルクレールはルクレールで全力プッシュしてるから、リアがフラフラしてる。
…ルクレール、流石に入ったわ。

リプレイ。
あっ、アタック前にBox指示出るも、指示が遅い!
もうピット入り口過ぎてる!

ラッセル、コースオフしてグラベルに捕まってしまっている!!

8分10秒の所で赤旗!
ルクレール、めちゃくちゃタイミング悪い…。

マグヌッセン、フェルスタッペン、ラッセル、ノリス、サインツJr.、オコン、アロンソ、ハミルトン、ペレス、ルクレール。

ラッセル、マシンから脱出。
結構雨が降ってきてる。

ラッセルのリプレイ。
一度グラベルを突っ切ったのに、急いでターンしようとしてリアが滑り、スピン。
リアがグラベルにハマってしまう…という。

マグヌッセン無線。
「まだセレブレイトしないでよ。」

キャコマ。
テロップ出てる。

8分後、再開。
グリーンライトで雨粒がくっきりと映ってる。
ペレスがインターミディエイトでコースイン。
最終コーナーで水飛沫。
ペレスがピットに戻ってきました。
これはあかんようだ。

組長、笑顔で電話してる。
盛り上がる観客!

ルクレールがピットウォールへ。
これはおこだろうなぁ。

小松さん、笑顔!
マグヌッセンはまだマシンの中にいるが、喜び爆発!

残り3分半。
ハミルトンがコースイン。
残りの週末に向けてのテストか。
ラッセルは観客にご挨拶。

ハミルトン、観客に迎えられながらピットへ。

ハースのガレージは大盛りあがり!!
組長、嬉しそう!!
組長と抱き合うマグヌッセン!!
締めちゃいそうだwww

マグヌッセン、そしてハース、初のポールポジション獲得!!
これはおめでたい、おめでとう!!

フェルスタッペンはもうインタビュー待機中。

マグヌッセンをマッサが出迎えてる。
そしてフェルスタッペンと握手。

インタビュワーはナオミ・シフ。

マグヌッセンとラッセルが談笑。
マグヌッセン、泣いてるでしょ!

フェルスタッペンとラッセルが互いに健闘を讃え合う。
ラッセルは苦笑いだね。

トリはマグヌッセン!
観客からもお祝いが!
ハース、シュタイナー、チームクルーに感謝!
スプリントの24ラップ、どう戦って来るのか!

ピレリのポールポジションアワードのタイヤはマッサから!
ベテランドライバーペア。

シフからも改めてお祝いされてる。


SSRカード、ケビン・マグヌッセン!
マグヌッセンのポールラップリプレイ!
綺麗にまとめて見事なポールポジション獲得!!
本当におめでとう!!


ED。
オンボードの時にハローに表示する速度とかギアとか順位とかのグラフィックが…www


ポールポジションからはケビン・マグヌッセン/ハース
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
4番手からはランド・ノリス/マクラーレン
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
7番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
9番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
10番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ

11番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
12番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
13番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
14番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からは周冠宇/アルファロメオ
18番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
19番手からは角田裕毅/アルファタウリ
20番手からはミック・シューマッハ/ハース




2022年F1第21戦ブラジルG…サンパウロGPスプリント!!

エマーソン・フィッティパルディ。

天気はドライのようだ。
ハース的には雨が良かったのでは?


ローガン・サージェント、来季に向けてフリー走行2回目に出走。
スーパーライセンスの取得要項をちゃくちと満たしつつあります。

角田の瞬発力トレーニングは複数のボタンの中から光ったボタンを押すやつ。
何かバラエティであるやつ。

サインツJr.は今週末、161戦目。
出走数でアイルトン・セナに並びました。

ギュンター組長、笑顔。
ライコネンに放っといてくれと言われた人こと、マーク・スレード。
今はマグヌッセンのエンジニア。

ハミルトンのパーソナルフィジオ、アンジェラ・カレンはすっかりテロップ常連に。


フェルスタッペンとラティフィのみがミディアムタイヤ!

フィッティパルディはマクラーレン。
マッサとバリチェロがフェラーリに。


シグナルが…ブラックアウト!!
マグヌッセン、スタート決めた!
フェルスタッペンはラッセルに詰められるが、ここはフェルスタッペンがポジションキープ!
バックストレート、かなり詰まってる!
バックストレートエンドでアロンソとオコンが並んでる!
アロンソ、オコンに押し出されて挙動を乱す!
あわや接触…こわっ!


3周目、ハミルトンがオコンをかわして6番手!
そしてフェルスタッペンがマグヌッセンをかわしてトップに!


4周目、DRS使えるように。
マグヌッセンはラッセル、サインツJr.にかわされています。

アロンソのリプレイ。
バックストレートエンドも接触してんのか。
ホームストレートでスリップ使った時にオコンに接触してフロントウイング翼端板なくしてたのね。

ミックは素晴らしいスタートを決めて15番手。
アロンソがピットインして14番手に。


9周目、ペレスがマグヌッセンをかわして6番手。
マグヌッセンはこの辺りで留まりたい所。

ストロール、バックストレートでチームメイトのベッテルに対して鬼ブロック。
ベッテルは左側をダートに落としています。
ベッテル、無線で「OK」。
ホームストレートでベッテルがストロールをかわした!
ストロールの押し出しは記録されています。


12周目、ラッセルがフェルスタッペンに仕掛けている!
バックストレートでサイド・バイ・サイド!
フェルスタッペン、イン側にポジションを置いて何とかトップを維持。

おっと、黄旗。
アルボンが1コーナーでストップしています。
マーシャルが様子を見てる。

動き出したか、黄旗解除。

フェルスタッペンの無線。
デブリに当たったかもしれない。


15周目、ここで遂にラッセルがトップに!
その後ろではハミルトンが3番手のサインツJr.とバトルを展開!
サインツJr.も中々激しいブロックしてる。


17周目、ストロールに10秒タイムペナルティ。
アメリカでアロンソとクラッシュしたくらいだしな。


19周目、サインツJr.がフェルスタッペンに仕掛ける!!
あーっと、S・ド・セナで接触!!
フェルスタッペン、サインツJr.のリアタイヤでフロントウイング翼端板を破損!

次の周でハミルトンがフェルスタッペンをかわして3番手に!
凄い歓声!!
マグヌッセン、ノリスにかわされて8番手。
その後ろではベッテルがガスリーをかわして9番手。

…スタートでなんかあった?

サインツJr.、無線でタイヤが終わったと報告。
エンジニアは後ろのハミルトンも苦しんでる、と元気付ける。


23周目、ペレスの無線。
フェルスタッペンを抜いて良いか訊いてる。


24周目、ファイナルラップ!
ラッセル、トップでチェッカー!
サインツJr.、逃げ切って2位!
マグヌッセン、

メルセデス勢がレースのフロントロー独占!
セカンドローにはレッドブル勢!
久々にメルセデスとレッドブルの対決だ。
マグヌッセン、8位チェッカーで貴重な1ポイントを獲得!

ハミルトンの無線。
ラッセルの勝利を祝っています!

マッサからメダルを授与されるハミルトン。
サインツJr.にもマッサからメダル授与。
ラッセルがコールされると、ハミルトンのこの笑顔!
ラッセルもマッサからメダル授与!

インタビュワーは予選に引き続きナオミ・シフ。

サインツJr.、フェルスタッペンと接触した感触はないんだね。
接触したなら申し訳ないって言ってる。

ハミルトン、もうニヨニヨしてるじゃん!
ポルトガル語勉強中。

レース後、オコン車かな…アルピーヌから出火。
ダメージはどれくらいだろうか。。


ED。
おっ、バーニー来てるのか!
ホーナー、ペレスとお話し中。

スタート直後のハースのガレージ。
盛り上がってるね!
ピエトロ・フィッティパルディも楽しそう!


1位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
2位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はセルジオ・ペレス/レッドブル
6位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
7位はランド・ノリス/マクラーレン
8位はケビン・マグヌッセン/ハース

ここまでがポイント獲得。

9位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
11位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位はミック・シューマッハ/ハース
14位は周冠宇/アルファロメオ
15位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
16位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
17位は角田裕毅/アルファタウリ
18位はエステバン・オコン/アルピーヌ
19位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ


サインツJr.はパワーユニット交換によって5グリッド降格ペナルティ。
ストロールはスプリントでチームメイトを押し出した為、10秒加算ペナルティ。
アロンソはスプリントのホームストレートでオコンと接触した為、5秒加算ペナルティ。

また、オコンはスプリント終了後の火災があったので、ダメージによってはグリッドが下がるかもしれません。
そもそも、サイドポッドに穴開いてたし…。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはミック・シューマッハ/ハース
13番手からは周冠宇/アルファロメオ
14番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ

16番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
17番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
18番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(421Pt)
2位:ペレス/レッドブル(284Pt)
3位:ルクレール/フェラーリ(278Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(239Pt)
5位:ハミルトン/メルセデスAMG(222Pt)
6位:サインツJr./フェラーリ(219Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(113Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(82Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(71Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(47Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(36Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(35Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(25Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(705Pt)
2位:フェラーリ(497Pt)
3位:メルセデスAMG(461Pt)
4位:アルピーヌ(153Pt)
5位:マクラーレン(148Pt)
6位:アルファロメオ(53Pt)
7位:アストンマーティン(49Pt)
8位:ハース(37Pt)
9位:アルファタウリ(35Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)




2022年F1第21戦ブラジルG…サンパウロGP決勝!!

晴れてんな…。
雨の予報はなくなったのか。

ホームストレートでサンバのリズム。


オコンはスプリント終わりにマシンが炎上してパワーユニット交換。
既に使った事のあるものなので、ペナルティはありません。

レコノサンスの前にベッテルへの表彰式あったのか!

マグヌッセン。
キャコマ。

エマーソン・フィッティパルディ。

マッサ、カメラ切り替わるまで待ってから両手でサムズアップ。
ロングバージョン!!

星型のエリア。
ハイネケンのやつかな?


一瞬だけぼっちルクレール映ったかな?

サインツJr.とマグヌッセンが談笑中。


ブラジル国歌!!
ブラジルを代表する女性歌手だそうです!
表彰台で聞けなくなって久しいなぁ…。

トロフィ、ハイネケントロフィだわ。

ハミルトンにブラジル名誉市民の表彰があるらしいです。
ブラジルって、シーズン最終戦とか後半にあるから、そういうセレモニー入る事あるよね。
…マッサの引退セレモニーもあったしね。

ノリス、23歳の誕生日。

サインツJr.、生着替え。

リチャルド、ブラジル仕様レーシングブーツ。

セナファンのおじさん。


角田はシャシー、フロントとリアのウイングを交換し、ピットレーンスタート。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはミック・シューマッハ/ハース
13番手からは周冠宇/アルファロメオ
14番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

16番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
17番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
18番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
ピットレーンスタートは角田裕毅/アルファタウリ


フェラーリ勢、ミディアムスタート!
アルボンはハードタイヤか!

シグナルが…ブラックアウト!!
ラッセル好スタート!
ノリス、ペレスの前を伺うが、ここはペレスがキープ。

マグヌッセンがスピン!
あっと、リチャルドに接触!!
クラッシュだ!!

セーフティカー!

リプレイ。
リチャルドがマグヌッセンを突いてしまい、マグヌッセンがスピン。
リチャルドはその横を抜けようとして接触、リタイア。

マグヌッセンの無線。
「ごめんね…。」
これはクルーもがっかりだよな…。


4周目、リチャルドはガレージに戻ってきています。
マグヌッセンはまだクラッシュ現場に居残り。
所在無さげな佇まい。
希望持ってたのに…。

ルクレールの無線。
エンジンに違和感との事。
チーム側は把握しているようだが…緩和できんもんか。


5周目、アルボンがピットイン!
早々にハードタイヤを交換したか。


6周目、この周でセーフティカーが戻ります。
マイランダーさーん!!


7周目、リスタート!
3番手のフェルスタッペン、前のハミルトンを狙ってる…!
1コーナーで仕掛ける!!
あーっと、2コーナーで接触!!
パーツが飛んだ!!
両者、一時スローダウンしてポジションを下げています…。

今度は3番手争いのルクレールとノリスが接触!!
ルクレールがスピンしてウォールにクラッシュ!!
動いてる!

黄旗!!

おっと、グリーン。
ルクレールがコースに復帰しています。

フェルスタッペンは8番手、ハミルトンは9番手。
ルクレールは最後尾の18番手。

フェルスタッペン、フロントウイングにダメージあるのでピットイン!
ルクレールも入ってきました。

フェルスタッペンとハミルトンの接触は記録されています。

ベッテルが5番手、その後ろはガスリー、ミック、ハミルトンと続きます。


9周目、サインツJr.がノリスをかわして3番手!
ハミルトンはミックをかわしています。
ハミルトンは次の周でガスリーをかわして6番手にまで戻してきています。

ハミルトンとフェルスタッペンの接触は審議。
ノリスとルクレールの接触も審議中。


13周目、フェルスタッペンに5秒タイムペナルティ。
ノリスにも5秒タイムペナルティ。


14周目、ハミルトンがベッテルをかわして5番手!
ノリスとの差も縮めています。

フェルスタッペンの無線。
5秒のタイムペナルティを受けた事を連絡されると、「俺何処に行けば良かったんだよ。
まぁ、もう関係ないけど。」
と返答。


15周目、ハミルトンがノリスをかわして4番手!
前はサインツJr.だ!


17周目、ベッテルがノリスをかわして5番手!
ここで周がピットイン。
ドリンクシステムに問題を抱えているとの事。


18周目、サインツJr.がピットイン!
右リア、凄い煙出てる。
少し遅くなって4.1秒。
…ふむ、挟まった捨てバイザーを除去する目的だったか。
ピットアウト後もまだ少し煙が出ている…ブレーキの温度が高いようだが、その後最速タイム出した。


24周目、ここでペレスがピットイン!
タイヤ交換時間は2.0秒、これは早い!
ボッタスの後ろ、6番手で復帰。

フェルスタッペンとノリス、ピットインでタイムペナルティ消化。
フェルスタッペンは右リアの作業少し遅くなっています。


27周目、ミックに記録。
ピットレーンインシデントのようです。


28周目、ボッタスがガスリーをかわして7番手。
ガスリーの後ろにはベッテルもいます。
次の周、ベッテルがガスリーをかわして8番手。


30周目、アルファロメオにピットレーンインシデントでレース後審議。
ミックとの話だったら、アンセーフリリースで罰金とかかな?

オコンがガスリーをかわして8番手に。
アルファタウリのペースがない感じか…?

だいぶ曇ってきてる。
ハミルトンは雨降るかどうかを訊いたりしていましたが、今の所降る予定はなさそうだ。
…まぁ、盆地だから突然雨雲が生まれる事もあるけど。


36周目、アロンソがピットイン。
左リア抜けなかったな…作業遅れ。


45周目、ハミルトンがペレスをかわして2番手!
ペレスはサインツJr.との3位争いに主眼か。


46周目、ノリスがピットイン。
少し遅かったな…今回、作業遅延多いかな。

トップチームが相次いでピットイン。
ピットインしたペレスに反応してメルセデスはハミルトンを


52周目、ロベルト・カルロスだ!
あっと、ノリスがストップ!
パワーロス!!

黄旗!!

バーチャルセーフティカー!

3ストップ作戦のアロンソがピットイン、ガスリーもだ!
アロンソは9番手で復帰。
続いて、サインツJr.がピットイン!
ペレスの後ろ、4番手で復帰。

一息つくノリス。
ピットウォールで見つめるリチャルド。
マクラーレンは店じまいです。

セーフティカーに切り替わった。

ラッセルの無線。
チームメイトとバトルするのかどうかを訊いてる。
返答は「大人のレースをしなさい」との事。

しょんぼりしてるノリス。


59周目、周回遅れを同一周回に戻します。
…ん?
アルボン、角田、ラティフィ、周が前に出る筈が…角田に指示が出てない?

オコンの無線。
ベッテルに集中しなさい、という指示ですが…新しいタイヤのアロンソとレースさせてくれよという話。


60周目、リスタート!
上位勢の中に紛れる周回遅れの角田。
リスタートしてから手動スローダウンして位置調整…。

オコン、ベッテルに仕掛けて前に!
ベッテルは1コーナーでボッタスに突っかかっちゃってるなぁ。。
アロンソもベッテルの前に出ています!
そして、アロンソはオコン、ボッタスをかわして6番手にまで浮上!
オコン、あっさり抜かさせてる感。


63周目、サインツJr.がペレスをかわして3番手!
フェルスタッペン、ホームストレートでオコンとボッタスをまとめてかわして7番手!


64周目、ルクレールがペレスを捕らえて4番手!
更にアロンソがペレスに接近しています!

ペレス、ホームストレートエンドで鬼ブロックし、アロンソを抑えるが…バックストレートでアロンソが前に!
アロンソ、5番手!


67周目、レッドブルはペレスとフェルスタッペンの順位を入れ替えました。
フェルスタッペンには「アロンソとルクレールからポイント奪ってこい」と指示が飛んでいます。

リプレイ。
ミックとガスリーのバトル!
1コーナーでガスリーが前に出るが、続く2コーナーでミックがクロスラインを取ってポジションキープ。

レッドブルはドライバーズタイトルの為に、フェルスタッペンが前をかわせなかったら順位を戻す予定との事。
そして、フェラーリも同じ事考えているようですが…こちらは表彰台かかってるからなぁ。。


70周目、エマーソン・フィッティパルディがチェッカー準備中。


71周目、ファイナルラップ!!
ルクレール、無線で順位入れ替えして欲しいって。
エンジニアからはリスキー言われて拒否されてる。
フェルスタッペンにはエンジニアからペレスと順位入れ替えるよう指示飛んでるけど、やらなそう。

ラッセル、初優勝はポール・トゥ・ウィン!!
そして、ファステストラップポイントも獲得!!
メルセデスは今季初優勝!
無線で大はしゃぎのラッセル!!

ハミルトンが2位に入り、メルセデスがワンツーフィニッシュ!
ドライバー・オブ・ザ・デイはハミルトン!!

ラッセル、歓喜のガッツポーズ!
地面に手を叩きつけて喜んでる。

チームクルーに叩かれまくってヘルメットズレてるラッセル。


インタビュワーはマッサ!!
ばっちり国際映像に映るマッサ。

背景にバリバリ映るラッセル。

サインツJr.。
7番手から3位入賞で満足そう。
ラッセルにもお祝い。
自身も今季初優勝挙げたからな。

ハミルトン。
これでブラジリアンなイギリス人にwww
まずはラッセルにお祝い。
オーバーテイクの度に大歓声だったもんね…お礼をポルトガル語で言ってる。

ラッセルとマッサのハイタッチ!
もうやりきったって顔してる。
最後のセーフティカー後、難しいシーンだったけど弾き飛ばしたね!
ラッセルの人生振り返り。

リプレイ。
フェルスタッペンの無線。
「二度とそんな事を頼まないでくれ」と強い表現でペレスとの順位入れ替えを拒否してる。
これでドライバーズタイトルはルクレールとペレスが同点。
勝利数でルクレールが2位になっています。

ラッセル、表彰台控室でトトと通話してる。
そのままハミルトンもトトと会話。


表彰台!!
何かテント張られてる。

今季初のイギリス国歌!!
ラッセル、泣いてる…!
こちらも今季初のいつもの…ドイツ国歌!!
来季のシートが決まっているデ・ブリースも笑顔。

トロフィ授与。
ラッセル、大喜び!
チーム側登壇者はラッセルのエンジニア!
ハミルトンも笑顔!

ファイト!
ラッセルはサインツJr.にかけるけど、ハミルトンは勿論ラッセルにかける!

サインツJr.は大体インタビューとかセレモニーとかだとキリッとしてるからな。

オーレー・オレ・オレ・オレ セナ!

ペレスのリプレイ。
これは流石に皮肉の一つも出るわ。


ルクレール、クラッシュ時にフロントをウォールにぶつけてるのに良く大丈夫だったなぁ。


次回は1週間後のアブダビ!
シーズン最終戦です…南米から中東で1週間、中々だな。。


優勝はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7位はセルジオ・ペレス/レッドブル
8位はエステバン・オコン/アルピーヌ
9位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
10位はランス・ストロール/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
13位は周冠宇/アルファロメオ
14位はミック・シューマッハ/ハース
15位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位は角田裕毅/アルファタウリ

リタイアは…
ランド・ノリス/マクラーレン
ダニエル・リチャルド/マクラーレン
ケビン・マグヌッセン/ハース


ガスリーは最後順位下がってました。
何かあったっけ…おかしいな、チェッカー直後までガスリーが12番手表示だった筈だけど…レース後のラップチャート見ると、65周目には周にかわされてる事になってるし、その後ミックにもかわされてる事になってる。


優勝はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7位はセルジオ・ペレス/レッドブル
8位はエステバン・オコン/アルピーヌ
9位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
10位はランス・ストロール/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12位は周冠宇/アルファロメオ
13位はミック・シューマッハ/ハース
14位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
15位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位は角田裕毅/アルファタウリ

リタイアは…
ランド・ノリス/マクラーレン
ダニエル・リチャルド/マクラーレン
ケビン・マグヌッセン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(429Pt)
2位:ルクレール/フェラーリ(290Pt)
3位:ペレス/レッドブル(290Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(265Pt)
5位:ハミルトン/メルセデスAMG(240Pt)
6位:サインツJr./フェラーリ(234Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(113Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(86Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(81Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(49Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(36Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(35Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(25Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(14Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(719Pt)
2位:フェラーリ(524Pt)
3位:メルセデスAMG(505Pt)
4位:アルピーヌ(167Pt)
5位:マクラーレン(148Pt)
6位:アルファロメオ(55Pt)
7位:アストンマーティン(50Pt)
8位:ハース(37Pt)
9位:アルファタウリ(35Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "高地に湿地に峠道に市街地に"

| | コメント (0)

2022年11月 1日 (火)

すっ飛びそう

先週の金曜日からちょっと体が不調でして…。
明け方に右手の小指付近が痺れて、そのまま寝るまでの数十分痺れっぱなし。
起きたら、手と腕に力が入りにくい状態に…。
それから右肩に力を加えると肩に針で刺したような痛みが出たり、腕が痺れたり。
指の動きに違和感があって、キーボードもちょっと打ちづらかった。
数日後、更に、右足も親指を中心に同じく長い間痺れまして…ちょっとヤバいと思って病院には行きました。

取り敢えず、頭の方の問題ではないそうですが、念の為見てもらおうかなぁ…。






F1の事。

アウディ、アルファロメオを運営するザウバー・モータースポーツとの提携を発表!
チームは2026年からアウディのワークスチームになり、チーム名はアルファロメオからアウディに替わる見込み。


前戦アメリカGPにおけるアロンソのペナルティが取り消しに!

優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
4位はセルジオ・ペレス/レッドブル
5位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
9位はケビン・マグヌッセン/ハース
10位は角田裕毅/アルファタウリ

ここまでがポイント獲得。

11位はエステバン・オコン/アルピーヌ
12位は周冠宇/アルファロメオ
13位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
14位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
15位はミック・シューマッハ/ハース
16位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
17位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
ランス・ストロール/アストンマーティン
バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
カルロス・サインツJr./フェラーリ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(391Pt)
2位:ルクレール/フェラーリ(267Pt)
3位:ペレス/レッドブル(265Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(218Pt)
5位:サインツJr./フェラーリ(202Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(198Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(109Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(78Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(71Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(46Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(36Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(29Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(24Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(656Pt)
2位:フェラーリ(469Pt)
3位:メルセデスAMG(416Pt)
4位:アルピーヌ(149Pt)
5位:マクラーレン(138Pt)
6位:アルファロメオ(52Pt)
7位:アストンマーティン(49Pt)
8位:ハース(36Pt)
9位:アルファタウリ(35Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)




2022年F1第20戦メキシコシティGP予選!!

契約者が国から市に変わったので、メキシコシティGPと呼称されています。

フェルスタッペン、チャンピオン記念の金ピカヘルメット。
22金の金箔を貼ってるとかなんとか。
残り3戦は全部このヘルメットを使用するとの事。

母国GP、ペレス!
勿論、特別ヘルメットだ。

ペレスへの応援が凄い!

ベッテルはマテシッツ追悼ヘルメット。
レッドブル缶デザイン。
久々にベッテルのヘルメットに赤牛ロゴが復活!


Q1
まずはハース勢が真っ先にコースイン。

残り13分30秒、大歓声!!
ペレスがコースインだ。
にこにこパパペレス。

タイヤの準備に苦しんだフェルスタッペン、何とかトップタイム!
ルクレール、ボッタス、ハミルトン、サインツJr.と続きます。
アルピーヌ勢はオコン7番手、アロンソ8番手とここでも好調。
ペレスは早めにタイムを出した事もあって、10番手タイムだ。

ペレス、2回目のアタックへ。
6番手タイム。

残り3分。
ミック、6番手もトラックリミット違反でタイム取り消し。
メルセデス勢はアタック出るんだな。
ボッタスも出てる。
レッドブル勢とフェラーリ勢のみガレージ。
ペレスは2回走ってるけど。

チェッカー!
ガスリーは12番手!
ミックは14番手とギリギリだ!
アルボンは18番手でノックアウト。
リチャルドは13番手!
ベッテルは16番手で届かず。
ストロールは18番手でノックアウト。
ここでハミルトンがトップ!
ラッセルは6番手。
周が14番手に上げてミックがノックアウト!

アストンマーティン勢、ウィリアムズ勢がノックアウト。
ミックは惜しかったなぁ…。


おっ、ハミルトンファン。

ノリス、ヘルメットがピカピカしてる。
特別仕様ですね。


Q2
アルファタウリのガレージにガイコツ。
テロップ出てるwww

12分43秒、ハミルトンがコースイン。
次いでラッセルも。

メルセデスガレージには母国のエステバン・グティエレス。

レッドブル勢は中古タイヤでのアタックで、フェルスタッペン3番手、ペレス5番手。
ボッタス、再び3番手!

おっと、オコンが5番手!
アルピーヌのガレージには育成ドライバーのジャック・ドゥーハン。

ペレスが12番手に落ちています。
残り5分の所でコースイン!
チェココール!!

メルセデス勢以外がコースインしています。
ペレス、3番手!

メルセデス勢もコースインしているようです。

フェルスタッペンが3番手!
サインツJr.が2番手!
マグヌッセンは14番手でノックアウト。
チェッカー!
周は12番手でノックアウト。
ガスリーは14番手でノックアウト。
角田は13番手でノックアウト。
アロンソはギリギリ10番手!
リチャルド、11番手で惜しくもノックアウト。

アルファタウリ勢がノックアウト。


Q3
ペレスが先頭でコースイン!
サインツJr.、ルクレールのフェラーリ勢が続きます。

大歓声を受けながらのアタックです!
まずは1分18秒153。
フェルスタッペン、セクター1全体ベストでトップタイム!
1分17秒947、唯一の17秒台だ。
ボッタスがフェラーリ勢の間に入る4番手!
ハミルトンは2番手だ!
ラッセル、セクター2全体ベストで2番手!

ハミルトン、トラックリミット違反でタイム取り消し。
パパハミルトン。

少しタイミングを遅らせたアロンソ、7番手。


残り4分15秒、ラストアタックへ!
ペレス、サインツJr.、ルクレールがコースイン!

ペレスファン、頭にレーシングポイントのマシン載ってるな。

ペレス、伸びず3番手。
サインツJr.は4番手!
ルクレールは5番手。
ノリスが6番手。
オコンは9番手。
フェルスタッペン、トップタイム更新!
ボッタスは5番手!
ハミルトンは3番手!
ラッセルは2番手。

ラッセル、トラックリミット違反でタイム取り消し。
最後のスタジアムセクションに入る前に膨らんでしまった!
悔しそうな無線!
ピットに着いても悔しそう。

メインテーマ、生演奏なの?


インタビュワーはペヤング先生!
フェルスタッペン。
メキシコの人達はフェルスタッペンも応援してるよね。
ペレスに関して、「彼は明日頑張りますよ!」

ラッセル。
悔しさの滲む笑顔。
ポール行けると思ったと。
「僕が至らなくて申し訳ない。」

ハミルトン。
まずは観客に挨拶。
DC先生、中々やらしい質問を…。
「ジョージも2番手ですよね、彼から学ぶ事は?」って。


ホーナーの顔パネルもあるのかwww

ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からは周冠宇/アルファロメオ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはミック・シューマッハ/ハース
17番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
18番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
19番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ


ストロールは前戦アメリカGPでのアロンソとの接触により、3グリッド降格ペナルティ。

マグヌッセン、6基目のICE投入で5グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からは周冠宇/アルファロメオ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
17番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
18番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
20番手からはランス・ストロール/アストンマーティン







ネギタレ艦隊2022年10月末版です。
前回は22年9月末でしたね…。


正規空母
葛城改(かつらぎ) Lv.98
Intrepid改(イントレピッド) Lv.96
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.96
赤城改二(あかぎ) Lv.95
加賀改二(かが) Lv.95
飛龍改二(ひりゅう) Lv.95
Hornet改(ホーネット) Lv.95
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.94
Aquila改(アクィラ) Lv.94
雲龍改(うんりゅう) Lv.93
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.93
天城改(あまぎ) Lv.92
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
飛龍改→飛龍改二(ひりゅう) Lv.76→Lv.77(サブ)
蒼龍改(そうりゅう) Lv.31→Lv.68(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.51(サブ)
天城(あまぎ) Lv.50(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.50(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.48(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
翔鶴改(しょうかく) Lv.37(サブ)
瑞鶴改(ずいかく) Lv.30(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.18→Lv.22(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5→Lv.14(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.13(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.1(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)

装甲空母
大鳳改(たいほう) Lv.97
翔鶴改二甲(しょうかく) Lv.96
瑞鶴改二甲(ずいかく) Lv.96
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.96
Victorious改(ヴィクトリアス) Lv.91→Lv.92
大鳳改(たいほう) Lv.41(サブ)

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.99(MAX)
大鷹改(たいよう) Lv.98
祥鳳改(しょうほう) Lv.96
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.96
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.96
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.95
飛鷹改(ひよう) Lv.95
神鷹改二(しんよう) Lv.95
龍鳳改(りゅうほう) Lv.94
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.94
鳳翔改(ほうしょう) Lv.93
大鷹(たいよう) Lv.93
千歳航改二(ちとせ) Lv.91→Lv.92
神鷹改(しんよう) Lv.92
Gambier Bay Mk.II(ガンビア・ベイ) Lv.92
千代田航改二(ちよだ) Lv.91
雲鷹改二(うんよう) Lv.90
神鷹(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Langley→Langley改(ラングレー) Lv.22→Lv.68
千代田航改二(ちよだ) Lv.52(サブ)
千歳航改二(ちとせ) Lv.50(サブ)
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.46(サブ)
神鷹(しんよう) Lv.29→Lv.31(サブ)

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.98
陸奥改二(むつ) Lv.97
Richelieu改(リシュリュー) Lv.97
大和改二(やまと) Lv.96
武蔵改二(むさし) Lv.96
Washington改(ワシントン) Lv.96
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.96
金剛改二(こんごう) Lv.95
比叡改二(ひえい) Lv.95
榛名改二(はるな) Lv.95
霧島改二(きりしま) Lv.95
長門改二(ながと) Lv.95
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.95
Conte di Cavour nuovo(コンテ・ディ・カブール) Lv.95
Italia(イタリア) Lv.95
Roma改(ローマ) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Iowa改(アイオワ) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
Гангут два (ガングート) Lv.95
大和改二重(やまと) Lv.94
Maryland改(メリーランド) Lv.90
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.82(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.81(サブ)
Iowa改(アイオワ) Lv.81(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.81(サブ)
長門改(ながと) Lv.80(サブ)
陸奥改(むつ) Lv.80(サブ)
大和(やまと) Lv.70→Lv.80(サブ)
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Colorado改(コロラド) Lv.80(サブ)
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.80(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.80(サブ)
Гангут два (ガングート) Lv.80(サブ)
Richelieu→Richelieu改(リシュリュー) Lv.37→Lv.59(サブ)
Richelieu→Richelieu改(リシュリュー) Lv.1→Lv.45(サブ)

航空戦艦
扶桑改二(ふそう) Lv.96
山城改二(やましろ) Lv.96
伊勢改(いせ) Lv.80
日向改(ひゅうが) Lv.80

改装航空戦艦
日向改二(ひゅうが)○ Lv.111
伊勢改二(いせ)○ Lv.109

重巡洋艦
那智改二(なち)○ Lv.107→Lv.108
羽黒改二(はぐろ) Lv.98
鳥海改二(ちょうかい) Lv.98
Zara due(ザラ) Lv.98
Pola改(ポーラ) Lv.98
足柄改二(あしがら) Lv.97
摩耶改二(まや) Lv.96
妙高改二(みょうこう) Lv.94
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.94
衣笠改二(きぬがさ) Lv.93
古鷹改二(ふるたか) Lv.92
加古改二(かこ) Lv.92
青葉改(あおば) Lv.92
愛宕改(あたご) Lv.92
Houston改(ヒューストン) Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
Northampton改(ノーザンプトン) Lv.90
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.47(サブ)
Pola改(ポーラ) Lv.40(サブ)
Pola改(ポーラ) Lv.40(サブ)

航空巡洋艦
三隈改(みくま) Lv.96
利根改二(とね) Lv.96
筑摩改二(ちくま) Lv.96
鈴谷改二(すずや) Lv.94
熊野改二(くまの) Lv.93
最上改(もがみ) Lv.91
三隈改(みくま) Lv.42(サブ)
鈴谷改(すずや) Lv.35(サブ)
熊野改(くまの) Lv.35(サブ)
三隈改(みくま) Lv.33(サブ)
三隈改(みくま) Lv.31(サブ)

特殊改装航空巡洋艦
最上改二特(もがみ) Lv.96

軽巡洋艦
由良改二(ゆら)○ Lv.111→Lv.112
天龍改二(てんりゅう) Lv.99(MAX)
龍田改二(たつた) Lv.98
阿武隈改二(あぶくま) Lv.98
矢矧改二乙(やはぎ) Lv.97
多摩改二(たま) Lv.95→Lv.96
鬼怒改二(きぬ) Lv.96
神通改二(じんつう) Lv.96
五十鈴改二(いすず) Lv.95
那珂改二(なか) Lv.94
大淀改(おおよど) Lv.94
球磨改二丁(くま) Lv.93
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.93
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.93
名取改(なとり) Lv.92
川内改二(せんだい) Lv.92
Gotland改(ゴトランド) Lv.92
Perth改(パース) Lv.92
長良改(ながら) Lv.91
能代改二(のしろ) Lv.91
Sheffield改(シェフィールド) Lv.91
De Ruyter改(デ・ロイテル) Lv.91
球磨改(くま) Lv.90
阿賀野改(あがの) Lv.90
矢矧改(やはぎ) Lv.90
酒匂改(さかわ) Lv.90
Honolulu改(ホノルル) Lv.90
Helena改(ヘレナ) Lv.90
Sheffield改(シェフィールド) Lv.58(サブ)
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.47(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.47(サブ)
Perth改(パース) Lv.46(サブ)
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.45(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.45(サブ)
Perth改(パース) Lv.45(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.39(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
能代改(のしろ) Lv.35(サブ)
阿武隈(あぶくま) Lv.17→Lv.21(サブ)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.95

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.97
Atlanta改(アトランタ)Lv.53(サブ)

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.97
夕張改二(ゆうばり) Lv.95
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.95

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.98
大井改二(おおい) Lv.97
木曾改二(きそ) Lv.96
北上改二(きたかみ) Lv.57(サブ)
大井改二(おおい) Lv.57(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.56(サブ)
大井改二(おおい) Lv.53(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.12(サブ)
鹿島(かしま) Lv.2→Lv.5(サブ)
鹿島(かしま) Lv.1→Lv.4(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.117
電改(いなづま)○ Lv.117
睦月改二(むつき) Lv.99(MAX)
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
弥生改(やよい) Lv.99(MAX)
卯月改(うづき) Lv.99(MAX)
皐月改二(さつき) Lv.99(MAX)
文月改二(ふみづき) Lv.99(MAX)
長月改(ながつき) Lv.99(MAX)
菊月改(きくづき) Lv.99(MAX)
三日月改(みかづき) Lv.99(MAX)
望月改(もちづき) Lv.99(MAX)
水無月改(みなづき) Lv.98
山風改二丁(やまかぜ) Lv.97→Lv.98
Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.97→Lv.98
潮改二(うしお) Lv.97
Верный(ヴェールヌイ) Lv.97
秋月改(あきづき) Lv.97
涼月改(すずつき) Lv.97
白露改二(しらつゆ) Lv.96
海風改二(うみかぜ) Lv.96
江風改二(かわかぜ) Lv.96
照月改(てるづき) Lv.95→Lv.96
Johnston改(ジョンストン) Lv.96
Janus改(ジェーナス) Lv.96
Ташкент改(タシュケント) Lv.96
時雨改二(しぐれ) Lv.95
村雨改二(むらさめ) Lv.95
荒潮改二(あらしお) Lv.95
風雲改二(かざぐも) Lv.95
初月改(はつづき) Lv.95
Samuel B.Roberts Mk.Ⅱ(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.95
吹雪改二(ふぶき) Lv.93→Lv.94
綾波改二(あやなみ) Lv.94
夕立改二(ゆうだち) Lv.94
山風改二(やまかぜ) Lv.94
朝潮改二丁(あさしお) Lv.94
雪風改(ゆきかぜ) Lv.94
長波改二(ながなみ) Lv.94
Fletcher改 Mod.2(フレッチャー) Lv.93→Lv.94
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.94
松改(まつ) Lv.93
神風改(かみかぜ) Lv.92
有明改(ありあけ) Lv.92
朝潮改二(あさしお) Lv.92
冬月改(ふゆつき) Lv.92
島風改(しまかぜ) Lv.92
竹改(たけ) Lv.92
桃改(もも) Lv.92
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.91→Lv.92
Libeccio改(リベッチオ) Lv.92
天霧改二丁(あまぎり) Lv.91
暁改二(あかつき) Lv.91
涼風改(すずかぜ) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.91
浦風丁改(うらかぜ) Lv.91
磯風乙改(いそかぜ) Lv.91
浜風乙改(はまかぜ) Lv.91
谷風丁改(たにかぜ) Lv.91
秋雲改二(あきぐも) Lv.91
Grecale改(グレカーレ) Lv.91
Scirocco改(シロッコ) Lv.91
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
春雨改(はるさめ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
朝雲改(あさぐも) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.90
天津風改(あまつかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
清霜改(きよしも) Lv.90
梅改(うめ) Lv.90
雪風改(ゆきかぜ) Lv.85→Lv.86
江風改二(かわかぜ) Lv.81→Lv.82(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.75(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.74(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.74(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.74
天霧改(あまぎり) Lv.44→Lv.73
藤波改(ふじなみ) Lv.66→Lv.73
Z3 zwei<マックス・シュルツ> Lv.73
浦風丁改(うらかぜ) Lv.71(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.71(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
Z3 zwei<マックス・シュルツ> Lv.70(サブ)
磯風乙改(いそかぜ) Lv.68(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.62→Lv.63
Ташкент改(タシュケント) Lv.63(サブ)
Johnston改(ジョンストン) Lv.60(サブ)
玉波改(たまなみ) Lv.58→Lv.59
Janus改(ジェーナス) Lv.59(サブ)
黒潮改(くろしお) Lv.58
涼月改(すずつき) Lv.57(サブ)
涼月改(すずつき) Lv.56→Lv.57(サブ)
曙改(あけぼの) Lv.56
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.56(サブ)
朝風改(あさかぜ) Lv.52→Lv.55
松風改(まつかぜ) Lv.55
初雪改(はつゆき) Lv.55
朧改(おぼろ) Lv.53→Lv.55
若葉改(わかば) Lv.53→Lv.55
霞改(かすみ) Lv.52→Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
巻波改(まきなみ) Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Fletcher改(フレッチャー) Lv.55(サブ)
Janus→Janus改(ジェーナス) Lv.16→Lv.55(サブ)
野分改(のわき) Lv.52→Lv.54
有明改(ありあけ) Lv.52→Lv.53(サブ)
松改(まつ) Lv.52→Lv.53(サブ)
神風改(かみかぜ) Lv.52(サブ)
薄雲改(うすぐも) Lv.51
浦波改(うらなみ) Lv.51
漣改(さざなみ) Lv.51
子日改(ねのひ) Lv.51
初霜改(はつしも) Lv.51
満潮改(みちしお) Lv.51
不知火改(しらぬい) Lv.51
親潮改(おやしお) Lv.51
舞風改(まいかぜ) Lv.51
岸波改(きしなみ) Lv.51
朝霜改(あさしも) Lv.51
春風改(はるかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
夏雲改(なつぐも) Lv.50
早潮改(はやしお) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.50
早波改(はやなみ) Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
早霜改(はやしも) Lv.50
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.50(サブ)
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.50(サブ)
照月改(てるづき) Lv.47(サブ)
照月改(てるづき) Lv.47(サブ)
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
初月改(はつづき) Lv.44(サブ)
薄雲改(うすぐも) Lv.40(サブ)
峯雲改(みねぐも) Lv.38(サブ)
大潮改(おおしお) Lv.36
白雪改(しらゆき) Lv.35
磯波改(いそなみ) Lv.35
天霧改(あまぎり) Lv.35(サブ)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
深雪改(みゆき) Lv.34
霰改(あられ) Lv.34
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
狭霧(さぎり) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
海風改(うみかぜ) Lv.30(サブ)
江風改(かわかぜ) Lv.30(サブ)
風雲改(かざぐも) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
Libeccio改(リベッチオ) Lv.30(サブ)
霞改(かすみ) Lv.27
島風(しまかぜ) Lv.9→Lv.11(サブ)

海防艦
占守改(しむしゅ) Lv.72
国後改(くなしり) Lv.71
択捉改(えとろふ) Lv.71
八丈改(はちじょう) Lv.70
石垣改(いしがき) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.70
佐渡改(さど) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
平戸改(ひらと) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
御蔵改(みくら) Lv.70
日振改(ひぶり) Lv.70
大東改(だいとう) Lv.70
第四号海防艦改(だいよんごうかいぼうかん) Lv.69→Lv.70
倉橋(くらはし) Lv.26→Lv.37

潜水艦
伊168改 Lv.95→Lv.96
まるゆ改 Lv.96
伊47改 Lv.91
伊203改 Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
Scamp改(スキャンプ) Lv.90
UIT-25<ルイージ・トレッリ> Lv.82
U-511改<さつき1ごう> Lv.81
Luigi Torelli<ルイージ・トレッリ> Lv.80
伊47改 Lv.50(サブ)

潜水空母
伊13改 Lv.94
伊400改 Lv.93
伊401改 Lv.93
伊14改 Lv.92
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.90
伊8改 Lv.84
伊19改 Lv.84
伊14改 Lv.53(サブ)
伊13改 Lv.46(サブ)
伊13改 Lv.45(サブ)
伊401改 Lv.38(サブ)
伊400改 Lv.37(サブ)
伊401改 Lv.36(サブ)

水上機母艦
日進甲(にっしん) Lv.97
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.95
千歳甲(ちとせ) Lv.93
千代田甲(ちよだ) Lv.93
瑞穂改(みずほ) Lv.91
秋津洲改(あきつしま) Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
日進改(にっしん) Lv.49(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.45(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.43(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.40(サブ)
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

補給艦
速吸改(はやすい) Lv.91
神威改母(かもい) Lv.90
神威(かもい) Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.91
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.90
潜水母艦 長鯨改(ちょうげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.91
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
特務艦 宗谷(そうや) Lv.81→Lv.90
灯台補給船 宗谷(そうや) Lv.80→Lv.82
南極観測船 宗谷(そうや) Lv.80
特設護衛空母 山汐丸改(やましおまる) Lv.90

| | コメント (1)

2022年10月29日 (土)

秋の伏兵

何だか寒くなるペース早いような…?
悩ましいですね。。
体調も崩してるし。







22_10_21_kozukata_baum122_10_21_kozukata_baum2
貰った、不来方バウム。
醤油のもろみを使った、少し和風なバウムクーヘン。
微かに香るのが良い。


22_10_22_burger
こちらは嫁の手作りバーガー。
バンズになりそうな丸パンがなかったので、コッペパンで代用。


22_10_24_poteto_apple_pie_ice
ポテトアップルパイアイス。
井村屋ですね。

秋はこういう美味しい甘味が多いのが良いよね。






お船。
ハロウィンの季節だからね。

22_10_15_mogami_kai22_10_15_mogami_kaini
航空巡洋艦 最上改と最上改二特。
最上改二はまだいないけど、専用差分があるようです。


22_10_15_yamashiomaru
特設護衛空母 山汐丸。
何だか自信ついてきた感じ…?


22_10_15_minegumo
駆逐艦 峯雲。
同じ第9駆逐隊に所属していた朝雲、山雲に続いての冬服版実装です。

22_10_15_natsugumo
駆逐艦 夏雲。
こちらも冬服版で、第9駆逐隊は全員冬服に。


22_10_15_maestrale
駆逐艦 マエストラーレ。
コスプレですね。
天使だ…2番艦のグレカーレは小悪魔だし、対比されてますね。


22_10_15_hayanami
駆逐艦 早波。
こちらもコスプレ。
夕立と同じ路線のコスプレです。


22_10_15_abukuma
軽巡 阿武隈。
赤ずきんちゃんですねぇ。
…なんで赤ずきんちゃんを選んだんだろうねぇ。


22_10_16_kabocha
という訳で、今秋はカボチャ集め!
取り敢えず、調理してケーキに!
最中アイスと三式弾改もついてくる!!(

…ハロウィンが終わったら秋刀魚漁の時期だなぁ。






2022年F1第19戦アメリカGP予選!!

その直前、レッドブルの共同オーナーであるディートリッヒ・マテシッツが亡くなりました。
レッドブルブランドを作り出した優しきオーナー。
大の乗り物好きで、中でも航空機コレクションは有名でした。

22_10_23_red_bull_rip
という事で、追悼…。


トゥギャザーしましょう。

チアリーディング。

ブラピが来てるらしい…今回はフェラーリガレージか?

ストロール、特別ヘルメット。
アストンマーティンの翼がヘルメットの横に大きく描かれてる。


アップになったどでかい星条旗。
白い星が透けちゃうのか、見えない。
そしてそのどでかい旗がしっかり見える程の強風。

もうCOTAでの開催は10年かぁ。


Q1
早速2台がコースインしている所が映し出されます。
チームの母国であるハースのミック・シューマッハと、ウィリアムズのアレクサンダー・アルボン。

リチャルド、特別ヘルメットかな?
ピューマかな?

残り13分、全車コースインしています。

残り8分。
サインツJr.は左リアの温度センサーが機能してないようで。
アタック前のタイヤ温度管理でハンデになるかも…?
ここでトップタイムだ。
ティフォシが凄い絶叫してるwww

フェルスタッペンの無線。
「ハースがライン上にいて危ない。」

ウィリアムズのガレージにローガン・サージェント。
彼が来季のシート候補。
まだスーパーライセンスは取得できてない。

アルボンの無線。
「ハミルトン邪魔。」

残り3分40秒、ラストアタックに入って行きます!
レッドブル勢とフェラーリ勢以外がコース上。

ウィリアムズのガレージにジェイミー・チャドウィック。
Wシリーズ3連覇。

ベッテルは8番手!
角田は9番手!
ガスリーは8番手だ!
チェッカー!
リチャルドは13番手と辛いタイム。
オコンは更に辛くて14番手。
マグヌッセンは13番手、これは辛そうだ。
ノリスが8番手に浮上!
ボッタスが11番手!
タイム取り消しで最下位になっていた周は10番手だ!
ストロールは14番手、ギリギリ!
アルボンがギリギリの15番手だ。
ラティフィはタイム更新できず20番手。

ミックのリプレイ。
1コーナーでスピン…。。
ハースは母国で2台共にQ1落ちという辛い展開。

中段勢ではオコンとリチャルドがノックアウト。
鈴鹿で予選5番手だったうえに、新型フロアを使っているオコンがこのリザルトとは。

ハミルトン、トラックリミット違反でタイム取り消しも4番手のまま。


広いランオフエリアでチアリーディングしてる。


Q2
アルボンが真っ先にコースイン!

トラックサイド広告にZOOMがあるなぁ。

強風があるからかもしれないけど、ウィリアムズのマシン、かなり挙動が乱れてるように見える。

ガスリーのリプレイ。
無線でピー。
1コーナーでフロントが両方ともロック。
アルファタウリのブレーキトラブルはまだ解消されてないのか…。

ベッテルのリプレイ。
セクター1で挙動を乱して少し膨らんでいます。

フェルスタッペン、ルクレール、サインツJr.は中古タイヤでのアタック。

割とでかいカヴァリーノ・ランパンテ持ってるティフォシ…風強い中で持ってるの凄い。

残り4分。
アルボンがコースイン!

ルクレールは既にマシンを降りてQ3に備えます。

残り2分10秒、6番手のハミルトンが中古タイヤでコースイン。
様子見も兼ねてるかな?
ラッセルと…おっと、フェルスタッペンも出た。

だいぶ日が落ちてきてるな…。

アルボンが8番手!
角田は9番手。
チェッカー!
ガスリーは10番手とギリギリ。
ベッテルは9番手だ。
ストロールが7番手!
ノリスは9番手とギリギリ。
角田はトラックリミット違反でタイム取り消し、最下位。
ボッタスは9番手、通過ですね。
アロンソはタイム更新ならず、7番手のまま。
周は9番手タイム!
ハミルトンは5番手に上げてきました。

…おっと、周がトラックリミット違反でタイム取り消し。
14番手だ。
ノリスが10番手に昇格、Q3に進んでいます。

マクラーレンのピットウォールにアレックス・パロウ。

ガスリーの無線。
「何で同じトラブルが起きるんだ!
2レース連続だぞ! 」

ここでも「ダンケ セブ」が。

ペレスの等身大パネルを掲げる観客www
メキシコから近いもんね。


Q3
ボッタスを先頭に続々とコースイン。
フェルスタッペンは中古タイヤで行きます。
フェラーリ勢は新品タイヤ。

ストロールは1アタックか。

風速8mとかあるらしい。
凄い強いぞ…?

ハミルトンがセクター2全体ベストで3番手!
フェラーリ勢とレッドブル勢に割って入っています。

キャミソール姿のティフォシ、流石に寒そう。

残り4分40秒、一足早くフェルスタッペンがコースへ。
新品タイヤでのラストアタックだ。

ストロールは7番手で予選アタックを終えます。

残り3分10秒、ラストアタック!
フェルスタッペン、もう1周準備してからアタックするようだ。
まぁ、丁度ラストアタック勢がコースに入ってるし…路面温度低いし。

チェッカー!
セクター1全体ベストはルクレールだ!
ノリスが8番手!
ペレスが2番手だ!
セクター2全体ベストはフェルスタッペン!
ルクレールがトップタイム更新!
サインツJr.がトップタイム更新!
フェルスタッペンは3番手。
ハミルトンは5番手。

ルクレールの無線。
ピー。
セクター3ミスってた?


フェラーリ勢に大きな歓声!


インタビュワーはインディカーのレジェンドドライバー、ダニカ・パトリック!

フェルスタッペン。
まずは亡くなったマテシッツについてのコメント。
決勝レースは彼に捧げる弔いレースになる。

ルクレールにもマテシッツの事訊くの?

サインツJr.。
「レッドブル、レースで強いですよね。いつも前に行かれちゃいますし。」
サインツJr.にはマテシッツの事訊かないの?


パロウと話してるフェルスタッペン。
ルクレールも加わった。
彼ら、同い年っぽい。

ピレリのポールポジションアワードのタイヤ贈呈はパロウでしたか!


ペレスの応援団がチェココール!


ED曲で去年だか一昨年の曲流れてて懐かしい。


ポールポジションからはカルロス・サインツJr./フェラーリ
2番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
7番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ

11番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
12番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
14番手からは周冠宇/アルファロメオ
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
18番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ


パワーユニット交換により、グリッド降格が出ています。
ルクレールは10グリッド、ペレス、アロンソ、周が5グリッド降格。
ペレスはホームグランプリ前に消化って感じですかね。

更に、角田はギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
オコンはスチュワードの許可なしでパワーユニット交換し、ピットレーンスタート。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはカルロス・サインツJr./フェラーリ
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
5番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
8番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
9番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
10番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

11番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
12番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
13番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

14番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
15番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

16番手からはミック・シューマッハ/ハース
17番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18番手からは周冠宇/アルファロメオ
19番手からは角田裕毅/アルファタウリ
ピットレーンスタートからはエステバン・オコン/アルピーヌ


2022年F1第19戦アメリカGP決勝!!

ピットレーンのブラピ。
今日は何処で見るのか。

エマーソン・フィッティパルディ。

アロンソとサインツJr.がいちゃいちゃしてる。

レッドブルはクルー全員がジーンズ姿。
ジーンズを愛用していたマテシッツ追悼の為。

観客席に日の丸掲げてるファンいるな。

ディートリッヒ・マテシッツの追悼。
愛称はDIDI。
おっ、DC先生だ。
まずはご挨拶。
先頭にレッドブル関係者と新旧レッドブルファミリーが並ぶ。
ヘルムート・マルコ博士、クリスチャン・ホーナー、エイドリアン・ニューウェイのチーム首脳陣と、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス、アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅、サインツJr.、リチャルド、ベッテル、アルボン。
アルボンだけ見切れてるけど…。
様々な試みを行ってきたレッドブルの共同創業者らしい追悼イベントですね。

そして、アメリカ国歌!!
カントリー歌手との事!
ばっちばちにキメてるなぁ!
レザースーツだわ。
腰に手を当てて歌えるの凄い。

追悼時の位置のまま国歌を聴くレッドブルファミリー。


イギリスの歌手、エド・シーラン。
ステファノ・ドメニカリとお話してる。

ガスリーは特別ヘルメットかな。

ストロールのクルーにカウボーイハット被ってる人いる。

チームの母国であるマグヌッセン、アメリカ仕様のレーシングスーツだ。
足の部分に星条旗デザイン。
マシンにも星が50個あるらしい。

そういや、ウィリアムズは特別カラーリングじゃなかった。

週末の観客動員数は44万人。
去年より4万人多い。

叫ぶ観客。

ガスリーの無線。
マテシッツの追悼レース、良い走りをしたいよね。


ハース勢、アルピーヌ勢がハードタイヤスタート。
その他はミディアムタイヤ。


シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、スタート良いぞ!
サインツJr.、1コーナーでスピン!!
ラッセルと接触!

…ん?
ペレスとボッタス、ぶつかった?

サインツJr.、無線でパンク!!
これはピットインだわ。。

ベッテルが素晴らしいスタートで5番手!
ストロールもサインツJr.とラッセルの接触に乗じて3番手だ!


2周目、サインツJr.はガレージに…リタイアです。。

ラティフィのリプレイ。
高速コーナーで挙動を乱してスピン。
強風の影響か?
これでラティフィは最後尾に。


6周目、ラッセルに5秒ペナルティ。
ペレス、右側のフロントウイング翼端板が破損。
やっぱりオープニングラップ辺りでぶつかってた…そうだね。
リプレイ来たわ。

サインツJr.は冷却水の水漏れ…接触で漏れたか。


14周目、ペレスとバトルしていたラッセルがピットイン。
ペナルティを消化して9番手で復帰。


15周目、ペレスがピットイン。
フロントウイング替えない。
ノリスもピットイン。
ボッタスのアンダーカットを許すも、タイヤのライフ差があるので後半勝負か。


16周目、ストロールがピットイン。
タイヤ交換が少し遅くなって、3.8秒。
リアタイヤかな…?


18周目、黄旗。
ボッタスがグラベルでストップ!!
無線で「リアを失った。」と言っているので、風を受けたか?

セーフティカー!
ルクレール、ベッテル、アロンソ、オコン、アルボン、ハース勢がピットイン!
アルボンはほぼ最後尾になってるけど、どう挽回できるか。

角田は11番手だけど、真後ろのオコンはタイヤ替えたばっかだから辛いだろうなぁ。


22周目、リスタート!
ベッテルがストロールの前、6番手!
角田はノリスをかわして10番手に浮上している。

あっ、アロンソがクラッシュ!!
そしてストロールもクラッシュしている…?!

セーフティカー!

アロンソ、ピットに戻ってきた。
良く戻ってきたな…。
ストロールはコース上でストップ。

リプレイ。
アロンソがストロールに仕掛けた所、ストロールがアロンソ側に寄って接触。
アロンソはフロントが浮き上がってあわやテイクオフしかかる。
その後ウォールに接触してるから、かなりダメージでかいのでは。

かなりデブリが飛び散ってる!
後続のガスリー、ミック、ノリスにデブリがぶつかってる。。

アロンソとストロールの接触はレース後審議。


26周目、リスタート!
流石に慎重だ。

アルファタウリ勢、ガスリーが7番手で角田が8番手、これはチャンス。

ガスリーに記録。
セーフティカーとの間を10車身以上開けてしまったようだ。


29周目、ルクレールがペレスに仕掛ける!
ルクレールは少しオーバーランしてるから、順位戻さないとですね。
お互いにタイヤスモーク上げてた。


30周目、ルクレールがペレスの前に!
今度はブレーキを遅らせてインを突いた。


31周目、ガスリーに5秒ペナルティ。
うーむ、残念。


33周目、ガスリーがピットイン。
ペナルティ消化して17番手、最下位。

アロンソ凄いな、オーバーテイクしてる。
右側のミラーのステーがぐらぐらしてるけど。


34周目、角田とミックがピットイン。
角田はミディアムをちゃんと使えなかったか。


35周目、ノリスがピットイン。
角田のギリギリ後ろ。


36周目、フェルスタッペンがピットイン。
あっと、ここでタイヤ交換で痛恨のミス!!
11.1秒…ハミルトンが前!
更に、後からピットインしたルクレールにも前に出られた!

フェルスタッペンの無線。
「ビューティフォー…ピービューティフォー。」
皮肉のコメント。

フェルスタッペンとルクレールはミディアムタイヤ。
フェルスタッペンはハードタイヤのハミルトンに追い付けばかわせるだろうけど、まずはルクレールをかわさないといけないね。

フェルスタッペンのピットインリプレイ。
左タイヤ外すのも少し遅れたし、装着も遅れた。
そして、ホイールガンもちゃんと締まってない感じだった?


39周目、ガスリーは5秒ペナルティをちゃんとこなせなかったの?

ペレス、タイヤ交換時間3.8秒…ラッセルに前に出られるが、すぐに抜き返す。
これでベッテルがトップに。
そして、リードラップ3500周を達成!
凄いぞ!


41周目、ハミルトンがベッテルをかわしてトップ!
3番手はフェルスタッペン。
トップ3のワールドチャンピオン獲得数合計13回。


42周目、ベッテルがピットイン!
ハードタイヤ…あれ、左フロント遅い。
16.8秒、これは残念…13番手だ。。

マグヌッセン、黄旗無視?


44周目、ラティフィに5秒ペナルティ。
ミックを押し出したからかな?


46周目、ノリスがオコンをかわして8番手!
角田、周、アルボンと立て続けに抜いて行って、ペースが良いようだ。


47周目、ブラピ。
メルセデスのガレージかな?


49周目、アロンソがマグヌッセンをかわして6番手。
何か飛んだ…と思ったら、ぐらぐらしてたミラーだわ。


50周目、ベッテルが角田と周をかわして10番手!
そしてフェルスタッペンがハミルトンを捕らえてトップ!
左のフロントカウルが動いてない?
食い下がるハミルトン、マシン性能違い過ぎるけど、良いバトルだった。


52周目、ベッテルがアルボンとバトル!
9番手だ!
角田は周をかわして11番手!
アルボン、周、ガスリーが連なる!


53周目、ハミルトンがセクター1全体ベスト!
ここからまだ行くのか?!

角田とアルボンがバトルを演じているようです。


55周目、ラッセルがピットイン!
ファステストラップ狙いだ!


アップルのCEO、ティム・クックがチェッカーを振るようです。


56周目、ファイナルラップ!
ミックにトラックリミット違反で審議。

ノリスがアロンソをかわして6番手!
ガスリーがアルボンかわして11番手ですね。


フェルスタッペン、トップでチェッカー!
2年連続でのアメリカ優勝で通算勝利数33勝、固有カーナンバーと同じ!
花火!!
ハミルトン、惜しくも2位。
ルクレール、何とか3位獲得。

マグヌッセン対ベッテルの8番手争いは超接近戦!
抜きつ抜かれつのサイド・バイ・サイド…!!
ここでミックに5秒加算ペナルティ…。
ベッテルとマグヌッセンの激しいバトルはベッテルが先行して最終コーナーを迎えた!
ベッテル、8位チェッカー!
良い挽回、そして良いバトルだった!

レッドブル、コンストラクターズタイトル獲得!!
2013年以来、5度目のダブルタイトル獲得です!
2台でウイニングランをランデブー。

フェルスタッペンの無線。
ホーナー「君はワールドチャンピオン。俺達もワールドチャンピオン!」
マテシッツに捧げる勝利!

ファステストラップポイントはラッセル!
ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテル!


ピットに戻ってきました。

フェルスタッペン、ケリー・ピケとハグ。
…おぉ、アンソニー・ハミルトンも来てるのか。
パパ。

ハミルトン、やっぱりがっかりしてるね…。
角田がフェルスタッペンを祝福してった。
チェココール凄いwww

ホーナーさんが祝福して回ってる。

フェルスタッペンはマイアミに続き、COTAでも優勝!
同一シーズンでアメリカ2勝は1981年のアラン・ジョーンズ以来41年振りだとか。

そして、フェルスタッペンは1シーズンにおける優勝数が13回に。
これは2004年のミハエル・シューマッハ、2013年のベッテルに並ぶ最多記録です。


インタビュワーはDC先生!

ルクレール、3位でもニコニコしてる。
顔赤い、かなりタフなレースだったようだ。
DC先生「大人気みたいだね!」
ルクレール「はい、ホントに嬉しいです!
フェラーリドライバーとして人気があるんでしょうけどね!」

ハミルトン。
水分補給中。疲れてるみたいだね。
そしてこちらも大人気なのである。
観客、過去最高の動員数だよね。
そして、マテシッツへの追悼コメントも。

フェルスタッペン。
追悼レース、かなり辛い展開だったけど良く優勝できたわ。
このメンバーだと、話題の中心はマテシッツになるよねぇ。


またゴツいのに乗ったゴツい人がトロフィ持ってきたのかwww
去年だったかもいたよね。
元NBA選手のシャキール・オニール。


表彰台控室。
アロンソのテイクオフシーンで驚く一同。

ハミルトン「すんげぇ遠くからブレーキングしてきたな。」
思わず笑うフェルスタッペン。


ゴツいのにレッドブルのクルーが乗ってるwww


表彰台!
やっぱヘルムート・マルコ博士が登壇だね。

オランダ国歌!
オーストリア国歌!
ニッコニコのマルコ博士。
これはもう嬉しいだろうな!

ファイト!!
マルコ博士、めっちゃハミルトンにかけるじゃんwww


ベッテルのリプレイ。
チェッカーを受けた瞬間、大きくガッツポーズ!!
こちらもマテシッツ追悼レースで素晴らしいリザルトだった。


ストロールはアロンソとの接触により次戦で3グリッド降格ペナルティ。


ED。
珍しいトト・ヴォルフの出勤風景。
マリオ・アンドレッティだ!


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
4位はセルジオ・ペレス/レッドブル
5位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
9位はケビン・マグヌッセン/ハース
10位は角田裕毅/アルファタウリ

ここまでがポイント獲得。

11位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
12位はエステバン・オコン/アルピーヌ
13位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
14位は周冠宇/アルファロメオ
15位はミック・シューマッハ/ハース
16位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
17位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
ランス・ストロール/アストンマーティン
バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
カルロス・サインツJr./フェラーリ


ガスリーはレース中の5秒ペナルティをしっかり消化されなかった為、10秒加算ペナルティ。
ミックはトラックリミット違反で5秒加算ペナルティ。
アロンソは30秒加算ペナルティでポイント圏外へ。
右側ミラーがぐらぐらして危なかったからのようだ。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
4位はセルジオ・ペレス/レッドブル
5位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
8位はケビン・マグヌッセン/ハース
9位は角田裕毅/アルファタウリ
10位はエステバン・オコン/アルピーヌ

ここまでがポイント獲得。

11位はアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
12位は周冠宇/アルファロメオ
13位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
14位はミック・シューマッハ/ハース
15位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
16位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
17位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
ランス・ストロール/アストンマーティン
バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
カルロス・サインツJr./フェラーリ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(391Pt)
2位:ルクレール/フェラーリ(267Pt)
3位:ペレス/レッドブル(265Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(218Pt)
5位:サインツJr./フェラーリ(202Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(198Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(109Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(79Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(65Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(46Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(38Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(29Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(26Pt)
14位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:角田/アルファタウリ(13Pt)
17位:ミック/ハース(12Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(656Pt)
2位:フェラーリ(469Pt)
3位:メルセデスAMG(416Pt)
4位:アルピーヌ(144Pt)
5位:マクラーレン(138Pt)
6位:アルファロメオ(52Pt)
7位:アストンマーティン(51Pt)
8位:ハース(38Pt)
9位:アルファタウリ(36Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

3年振りの3日目

さぁ、遂にF1日本GP決勝レース日です!!

今年はチケットが全て売り切れているという事、スタートセレモニー時に岸田総理が来場するのに伴って手荷物検査がある事からここ4日間で最も早めに出発しました。
…つっても、20分くらいしかかからないけど。


今回も所要時間の関係、駅からサーキットまでの諸々を考えて近鉄白子駅降車をチョイス。
白子からは基本バスなのですが、流石に本気出してて待機列はいるもののスムーズに旅客されているようでした。
道路も通行止めとかあったりしたけど、スムーズに流れて、ここまで特にトラブルなく到着。

手荷物検査、金属探知機による検査は全く並んでおらず、すんなりと入場できました。


22_10_9_ryuuhou
昨日に引き続き、竜鳳さんの中落カルビ串ともも串。
朝食ですw
美味しかった…。

まだ9時前なのにグランドスタンド前の広場は人でいっぱい。
チームグッズ販売とかは軒並み売り切れててすげぇってなりました。

食べ物に関してはまだ本格的に混む前に購入。
時間があったので、特設ステージへ。

ハースのチーム代表、ギュンター・シュタイナー組長のトークショー見れたの良かった!
両手で手を振る組長可愛い。

組長が海外でどれくらい人気あるのか分からないけど、日本では熱烈なファンがいましたw
「結婚してくれー!!」とかあったしw
組長の顔がプリントされたTシャツ着てる人とか、顔のお面被ってる人とかいたり。

トークショーが終わると、すぐにグランドスタンドの自席へ移動。
ホンダ所有マシンによるデモランを観ました!
昨日は1周しかできなかったけど、現代マシン勢は2周できてたので良かった!
最後はRA272とNSX-GTが一緒にホームストレートに帰って来たし。


22_10_9_panini
ドミニク・ドゥーセの店のパニーニ!
カマンベールチーズとハムだったかな。

美味しい…!


22_10_9_quiche
こちらはドミニク・ドゥーセの店のキッシュ。
ほうれん草とか入ってる。

こっちも美味しい!

22_10_9_vet
アストンマーティン、セバスチャン・ベッテルのガレージ。
マシンに寄せ書き国旗が置かれています。


あっという間にドライバーパレード!

22_10_9_rib_jet
ハースのミック・シューマッハが乗るクラシックカーがバッチバチにキマっている…www
RIB-JETという、世界に1台だけらしい…珍車だwww

前回もそうだったけど、応援席があるレッドブルとアルファタウリのドライバー達はS字前で車から降りてインタビュー。
そのインタビューの最中、角田裕毅がチームメイトのピエール・ガスリーに蹴り入れてたみたいでワロタ。

パレード後半になると、徐々に雨が降り始めました。
ガスリーは雨が気になりすぎてフードを被り、顔が見えない状態にw
サーキット実況で「忍者みたい」とか言われてましたw

それから短時間の間に雨脚が強くなり、路面はウェット路面へ。
レコノサンスラップが始まり、スタート進行がどんどん進みます。

ここで新幹線→近鉄アーバンライナーと乗り継いでやってきた、岸田総理が表彰台に登壇。
挨拶を述べました。
岸田総理、色々言われているけど、政治的な好き嫌い/認める認めないは別にして、政府の長がこういう世界的イベントに顔を出すって大事だと思うんだよね。
やっとF1に来てくれた。
色々と、改善されたら良いなぁ…。

生憎の天気だったけど、ホンダジェットが飛来!!
低い所飛んでくれたし、良かった…やっぱ何か飛ばしたいよね!!

岸田総理はそのままグリッドに降りて、グリッドウォーク。
F1のCEO、ステファノ・ドメニカリの案内でグリッドを練り歩いていました。

スポーツ庁長官の室伏さんも来てるっぽい?
これは良いぞ。

そして、国家独唱!
誰をゲストとしてお招きするのかは今回は水樹奈々!!
コブシの効いた素晴らしい国家独唱でした!!
流石、大舞台に慣れてらっしゃる…鳥肌立ったよ。。
衣装も日本らしくて良かったし、ステージも折り紙とか意識したデザインになってて素敵だった。
後は、ホンダジェットのフライバイが欲しいくらいだねw

そうこうしているうちに、場内はグリッド紹介へ。
その途中から公式のOPが始まりまして、そのままコース紹介、タイヤ紹介、スターティンググリッドと進みます。


ガスリーはピットレーンスタートに変更。
フロントとリアのウィングをいじり、サスペンションセットアップを変更した為。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
3番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
6番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
7番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からは周冠宇/アルファロメオ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
17番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
18番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ピットレーンスタートからはピエール・ガスリー/アルファタウリ

タイヤは全車インターミディエイトです!


いつ見ても、フォーメーションラップとレースのスタート時はドキドキするね…!
たとえ推しがいなくても、凄い高揚感だよ。

いよいよ始まる…これが最後だ。
シグナルが…ブラックアウト!!

ポールスタートのフェルスタッペンが若干出遅れて、2番グリッドのルクレールがすかさずかわしにかかる!
サイド・バイ・サイドで1コーナーに入り、アウト側のフェルスタッペンがしっかりとルクレールを抑えてポジションをキープ!
…と、1コーナーでアストンマーティンが1台スピンしているという報が入り、グラスタがざわつきます。

何と、ベッテルがアロンソと接触してスピンしていたのでした…落胆の声に包まれる場内。
国歌の時に相合傘していた2人が…!!
ここからレースは1周目から大波乱!
セクター3の130Rを過ぎた辺りでは3番手を走っていたフェラーリのサインツJr.が単独スピンを喫して、ウォールに激突!
その際に剥がれたロレックスのコース脇看板が吹っ飛んでアルファタウリのガスリーのフロントウィングに引っかかってしまいました…。
更に、ウィリアムズのアルボンがマシントラブルでコース脇にストップ、リタイアとなってしまいます。

コンディションは黄旗から赤旗中断に。
雨も雨量が多くなっているので、インターミディエイトでは役不足になりつつあったし、2台のマシン回収及びウォールの修復もしないとだから仕方ない。

ここから再開時間がのびのびに。
午前中とは違って風も出てきているので、寒くなってきます。

22_10_9_lasagna
…という事で、ドミニク・ドゥーセの店のラザニア!
十分温まった状態で提供してくれるから、熱いまま食べれます!

美味しい!

レースコントロールからのアナウンス待ち中はマクラーレンの2人やベッテル、角田が挨拶に顔を出してくれたり、アストンマーティンのメカニックがパフォーマンスしてくれたりと楽しませてくれたり、体を動かさせてくれたりしていました。

14時開始のレースなので、本来終わってるくらいの時間である16時15分に遂に再開!
3時間ルールがあるので、17時にはレース終了。
予定周回数を走り切れないので、17時になるまでできるだけ走る形式に変更されています。

22_10_9_sc
まずはセーフティカー先導で周回。
タイヤは全車フルウェットです。
それから、ローリングスタートでリスタート!

フェルスタッペンはリスタートも上手く決めてルクレールを寄せ付けさせず、その後もどんどん差を開いていきます。
一方のルクレールは暫く単独2番手を走っていましたが、終盤になって3番手のレッドブル、ペレスがどんどんとギャップを縮めていきます。
レース終盤にみるみるうちにペレスが近付くと、最終ラップの最後…シケインでルクレールがオーバーラン!
シケインをカットしますが、そのままペレスに順位を譲らずに2位でチェッカー!
しかし、これは有利状況を作ったとして、5秒加算ペナルティを受けて3位に降格してしまいます。

また、4番手のオコンと5番手のハミルトンに

オープニングラップで接触によるスピンを喫したベッテルはリスタートするなりピットイン。
フルウェットタイヤからインターミディエイトへと交換!
すると、これが功を奏して良いタイムを刻みます。
これを見た他チームが一斉に動き、ベッテルは6番手にまで巻き返し!
終盤はアロンソとのバトルになりますが、じわじわとにじり寄られつつ後ろに留めていました。

22_10_9_finish
チェッカー直後のベッテルとアロンソ。
ギリギリポジションをキープしたベッテルは6位入賞!

ハミルトンはオコンを捕えて4番手を狙っていましたが、オコンの素晴らしいブロックもあり、順位を奪えず5番手でチェッカー。
良いバトルでした!

他車が続々とインターミディエイトに履き替えに行く所で敢えてステイアウトしたミックはその後、インターミディエイト勢にどんどんと追い抜かれて後退。
流石にたまらずインターミディエイトへと交換し、ポイント圏外に落ちてしまいました。

一方、ベッテルと同じく早めにインターミディエイトへと交換したラティフィはポイント圏内でレースを進めます。
マシンの性能差もあって、段々と落ちて行きますが、9位でチェッカーを受けて今シーズン初ポイント獲得!
これで今季のドライバーは全員ポイント獲得しました!

角田はピットストップのタイミングと遅いタイミングでピットインしたミックによって、10番手を走行。
しかし、後ろから来たラッセルにかわされてポイント圏外へ。
そのままスタート位置と同じ13位でチェッカーを受けています。
完走できたし、それは良かった…。


フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンを達成!
鈴鹿初制覇です!!
ペレスも3位でレッドブルがダブル表彰台獲得!


ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテル!
ファステストラップは周冠宇!


インタビュワーは予選に引き続き、ジョニー・ハーバートでした。

表彰台!
オランダ国歌、オーストリア国歌を生で聞きました。

岸田総理がワンチャントロフィ授与とかあるかと思ったけど、ありませんでしたね。。

チーム側の登壇者はまさかの浅木さん!!
ホンダのパワーユニット開発責任者で、トークショーにも出てくれていましたが…まさか、ここでw
レッドブルも粋な事するなぁ~。
勿論、レッドブル勢2名にたっぷりファイトでかけられてましたが。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はエステバン・オコン/アルピーヌ
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
7位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
9位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位は角田裕毅/アルファタウリ
14位はケビン・マグヌッセン/ハース
15位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
16位は周冠宇/アルファロメオ
17位はミック・シューマッハ/ハース
18位はピエール・ガスリー/アルファタウリ

リタイアは…
カルロス・サインツJr./フェラーリ
アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ


ルクレールに5秒加算ペナルティ。
これにより、ペレスが2位に繰り上がり。

そして、レース成立と見なされてフルポイントが入った事により、フェルスタッペンのワールドチャンピオンが決定しました!!
2年連続、2度目も戴冠です!!
おめでとうございます!

表彰台でのワールドチャンピオンインタビュワーはジェンソン・バトンでした!


22_10_9_ver_2time_wc


結果。
優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はセルジオ・ペレス/レッドブル
3位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
4位はエステバン・オコン/アルピーヌ
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
7位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
9位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位は角田裕毅/アルファタウリ
14位はケビン・マグヌッセン/ハース
15位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
16位は周冠宇/アルファロメオ
17位はミック・シューマッハ/ハース
18位はピエール・ガスリー/アルファタウリ

リタイアは…
カルロス・サインツJr./フェラーリ
アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(366Pt)
2位:ペレス/レッドブル(253Pt)
3位:ルクレール/フェラーリ(252Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(207Pt)
5位:サインツJr./フェラーリ(202Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(180Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(101Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(78Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(65Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(46Pt)
11位:ベッテル/アストンマーティン(32Pt)
12位:リチャルド/マクラーレン(29Pt)
13位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(22Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(11Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(619Pt)
2位:フェラーリ(454Pt)
3位:メルセデスAMG(387Pt)
4位:アルピーヌ(143Pt)
5位:マクラーレン(130Pt)
6位:アルファロメオ(52Pt)
7位:アストンマーティン(45Pt)
8位:ハース(34Pt)
9位:アルファタウリ(34Pt)
10位:ウィリアムズ(8Pt)





帰りにホームストレートウォークに参加。
走り終えたばっかりのマシン、ポディウム、各チームのガレージ撤収作業等を見ました。

また、東コースウォークに参加しようとしたけど、誰でも参加可能だったので長蛇の列ができており、今回は断念。
18時回ってて既に辺りも暗かったしね。


22_10_9_tonteki122_10_9_tonteki2
帰りに名物のトンテキを。
キャベツの裏にオレンジが載ってるw

| | コメント (1)

2022年10月 9日 (日)

3年振りの2日目

予報では気温が上がるとの事でしたが、朝は流石にひんやり。

22_10_8_nana
朝のナナちゃん。
マスクはレインボーですね…。


22_10_8_urban_rinner
今回もアーバンライナー!


22_10_8_shiroko
撮ってなかったね…白子駅。

流石にバスの本数増えているようで、列はそこそこ。
あるけど、バンバンバスが来ている様子。


22_10_8_ryuuhou
やきとり竜鳳さんの牛串。
柔らかくて美味かった。


22_10_8_vet
フリー走行3回目が終わった後にスタート練習へと向かうベッテル。

金曜日が雨だったので、初のドライ路面でのフリー走行。
開始時から皆積極的にコースインしていました。

少し風が強い…旗がハッキリ見えるくらい。


22_10_8_pastrami_sandwich
ドミニク・ドゥーセの店のパストラミサンドイッチ。


22_10_8_vanilla_canel
ドミニク・ドゥーセの店のバニラカヌレ。

22_10_8_nama_choco_canel
こちらは生チョコカヌレ。

外はカリっとしていて、中はしっとり。
撮り忘れたけど、クロワッサンとかフレンチトーストも食べました。


22_10_8_suzukara
鈴から。
カリカリ。


22_10_8_yellow_bull
イエローブル!!


22_10_9_qualifying
予選前の光景。
昼頃は一時日が出たものの、曇りがちに。

後、割と風が強め。
1コーナーよりシケインの方が影響あったっぽい。




…という事で、第18戦日本GP予選!!

今朝、アルピーヌが移籍するフェルナンド・アロンソの後任として、ピエール・ガスリーの起用を発表。
オールフランス体制に。
遂にガスリーはアルファタウリから離れるのか…。

アルファタウリにはメルセデスの育成ドライバー、ニック・デ・ブリースが加入すると発表されています!
この前活躍したばかりだしねぇ~!
ようやくF1のシートを獲得。


ちょっと予想より気温も路面温度も低い。
つか、フリー走行より落ちてるかも。

風はフリー走行3回目より若干弱まっている様子。
風向きは一緒だね。


Q1
まずはウィリアムズのニコラス・ラティフィ、アルファタウリ勢がコースイン。
アルファタウリはガスリー、角田裕毅の順だ。
フェラーリのシャルル・ルクレールは何やら作業中。

角田、まずはガスリーを上回るタイムを記録。
メルセデス勢も早めにコースに出てきてるな…。

続いて、レッドブル勢もアタック開始。

残り11分、ここでマクラーレンのランド・ノリスがトップタイム更新。
続いて、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイム!

フェラーリのカルロス・サインツJr.、セクター2が全体ベストだ!
チームメイトのシャルル・ルクレールがセクター2の最速タイムを更新、そして3番手タイムを記録しています。

残り8分、アルピーヌ勢が調子良いようです。
常に上位にいる。

ここでリプレイ。
ノリスがデグナー2つ目で少し飛び出しています。


残り6分、ここでアロンソが4番手!
これは凄い…。

さて、アルファタウリ勢は何処までアジャストできてるかな?
残りは3分半、ラストアタックへ入ります!
アルファタウリ勢、3セット目のソフトタイヤ使ってそう。

んー…ウィリアムズのニコラス・ラティフィ、前にいるアレクサンダー・アルボンに近くない?大丈夫?

チェッカー!
おっと…ガスリー、ヘアピンでタイヤをロック。
うーん、Q1敗退だ。。

ベッテルがギリギリQ1を通過!!
凄い!

ハースのミック・シューマッハもQ1を突破、凄いぞ!
これは組長もニッコリやな!


Q2!
サインツJr.が真っ先にはコースへ。
はっやーい!

続いて、ベッテル、ノリス、角田、アルピーヌのエステバン・オコン、ミックがコースイン。

ノリス、セクター1決まってるなぁ!
先程から全体ベストを出しています、

残り7分。
アルピーヌ勢は相変わらずはえぇ。
おっと、ここでマクラーレンのダニエル・リチャルドが5番手に入った!

残り5分、麺屋…アルファロメオのバルテリ・ボッタスが出た。

フェルスタッペンはラストアタックなし。
…ここまでワンアタックのみですね!


残り3分、ベッテルが良いぞ!
残れるか…?

ここでレッドブルのセルジオ・ペレスがセクター1全体ベスト!
セクター2も良いね…ペレスがトップタイム更新!

チェッカー!
…おぉ、ベッテル残がった!!凄いぞ!!
アロンソは2番手だ…速い!!

角田は残念ながらQ2敗退。
アルファタウリ勢はフロントブレーキのトラブルを抱えていました。
sの中で、角田は頑張った。

ダニエル・リチャルド、惜しくも11番手…!
リチャルド、無線でピー。

リチャルドのリプレイ。
タイヤをロックさせています…。


トップタイムをマークしたペレス、これはアジャストしてきたか?
Q3が楽しみ!!


15:48
Q3開始!

まずはフェルスタッペンがセクター1全体ベスト!
トップタイム!

…おっと、西ストレート付近でノリスがフェルスタッペンに当たりそうになった!
ノリスはダートに落としてこれを回避。
フェルスタッペン、これペナルティとか大丈夫かな?
アタック中のノリスが後方から来たので避けようとしたら、同じ方向に動いてしまった。

残り8分。
一通りアタックを終えた頃合いを見計らって、ベッテルがアタック開始。
やるぅ、6番手!!

残り4分。
フェルスタッペンとノリスのニアミスは予選後審議。
さぁ、ラストアタックの時間です!

ベッテルはこれでアタックは終わり。
無線で「アリガトウ、スズカ!」
…これには場内大盛り上がり!!

さぁ、ルクレールがラストアタックしていますよ!
セクター2全体ベストだ!

チェッカー!!
…うーん、フェラーリ勢はどちらもセクター3で失速。
ペレスはタイム更新するも届かず、フェルスタッペンはタイム更新ならず。

フェルスタッペン、ポールポジション獲得!!


22_10_9_top3
トップ3!
この後、インタビューに進んで行きます。


フェルスタッペンがリア気にしてたけど、何やらパーツが吹っ飛んだらしい。。
ディフューザーか何かかな?


インタビュワーはジョニー・ハーバート!


フェルスタッペンの審議は戒告で済んだようです。
順位確定!

ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
3番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
6番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
7番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からは周冠宇/アルファロメオ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
17番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
18番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ






22_10_9_end_of_session
予選セレモニー終わった後。
西日が出ています、

この後、グランドスタンドで前夜祭。
アストンマーティン、アルファタウリ、フェラーリのドライバーが来て、トーク会がありました。
オタク棒…ペンラ振って応援!


22_10_9_f_burger
夕飯はハンバーガー。
車輪上のパスタが入った、Fバーガー。
ソースはシャンパン風味。

美味しかった。
後2つは食べれる。

| | コメント (0)

2022年10月 8日 (土)

3年振りの1日目

金曜日、フリー走行日です!!


22_10_7_urban_rinner
今回は近鉄で向かいます。
アーバンライナー。
見た事ない型式…。


22_10_7_shiroko
白子駅に到着!

雨降っていますが、バス待ちの列が凄い…!
ロータリー近くの駐車場にまで待機列が形成されていました。

…まだ金曜だけど。。
2019年の土曜日くらいはあるんじゃないだろうか。


22_10_7_haas
最終コーナーを曲がり、ピットに戻るハースのマシン。
遠くて見えないけど、多分ケビン・マグヌッセン。


22_10_7_vet
アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルのガレージ。
双眼鏡通して。

22_10_7_zho
こちらはアルファロメオの周冠宇のガレージ。
こちらも双眼鏡を通して。


22_10_7_dominipue
ドミニク・ドゥーセの店のチキンパイとカヌレ2種。
カヌレ見えないけど…w


22_10_7_tsu
アルファタウリの角田裕毅。
フリー走行2回目終了後。

22_10_7_fp2_end
フリー走行2回目が終わってチェッカーフラッグが振られている所。
アストンマーティンはランス・ストロールだったかな…ベッテルかも。
レッドブルはマックス・フェルスタッペン。


22_10_7_mountain
夜喫茶マウンテン2回目!!

22_10_7_roba_rice
ロバライス。
メニュー載ってないけど、作ってくれました。
メニューにないからか、ナタデココがありませんでした。

22_10_7_project_parfait
プロジェクトパフェ。

カッサータがふんだんに使われています。
美味しい。
一番下はラズベリーソースかな…。

| | コメント (0)

2022年10月 7日 (金)

3年振りの0日目

午後の早い時間には戻ろうと思ってたけど、何だかんだ夕方までいてしまったわ。
木曜は何のイベントもなかったのにな、不思議だな…。

割と気温低かったけど、動くと半袖でも結構汗ばむ。。
昼頃、何度か雨がパラついたけど、強くならず。
夕方には一時的に晴れ間さえ見えたので、少し暑くなりました。




朝、遅くまで作業していたので、起きるのがギリギリに。
乗ろうと思ってた電車に1分間に合わなかったので、臨時で最寄り駅に止まる特急へ。
…ナビタイム、臨時停車も反映されるのね。

22_10_6_nannki
…という事で、特急「南紀」。
普段は2両なんですね。
まぁ、ディーゼルだし。


…という事で、無事最寄り駅、鈴鹿サーキット稲生駅へ到着。
駅前の歩道にF1の幟を立てている最中でしたね。

時間があるので、関係者出入り口で時間潰し。
すると、マクラーレンのランド・ノリスが出勤してきました。
写真撮ってたw
その後に今度はマクラーレンのチーム代表、アンドレアス・ザイドルが出勤。
自分で運転されていましたね…。

そろそろメインゲートに向かうか、と歩き始めた所、交差点の所でフェラーリを目撃。
その直後、カルロス・サインツJr.の目撃情報を見つけたので、おそらくサインツJr.の出勤車っぽい。


22_10_6_main_gate22_10_6_welcomgate
…という事で、メインゲートとウェルカムゲート。

冬に引き続き、生憎の曇天である。。
雨は降っていません。

グランドスタンド裏の広場はまだ設営中。
今回はチケットも売り切れたみたいだし、金曜日から買い物は厳しいかもしれん…。

22_10_6_ferrari
イタリアのスパークリングワインメーカー、フェッラーリのブース。
2021年から表彰台セレモニーで使われるようになりました。
今までシャンパン使ってたからシャンパンファイトだったけど、今回のはスプマンテファイトと言うらしいね。
スパークリングワインを指すイタリア語だから…。

22_10_6_grand_stand122_10_6_grand_stand2
グランドスタンドからの眺め。
いやぁ、帰ってきましたねぇ~。

22_10_6_seb22_10_6_ver
チームのガレージ。
今シーズンでF1を引退する、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテル。
それから、ディフェンディングチャンピオン、レッドブルのマックス・フェルスタッペン。

イベント事はなくても、ドライバー達はいつも通りの仕事始め。
コースウォークに向かうハースのミック・シューマッハ一行、コースウォークから戻ってくるウィリアムズのニコラス・ラティフィ一行を確認。
アストンマーティンのドライバーペア、ベッテルとランス・ストロールは一緒にコースに向かったりしてましたね。
メルセデスAMGのルイス・ハミルトンやレッドブルのセルジオ・ペレスはガレージ前でスタッフと話をしていたりとか。

そして、初の母国GPとなる角田裕毅がチームのプロモーションの一環としてグランドスタンドに登場。
辺りは騒然となっていました。
割と間近で見れたわ。


22_10_6_shirunashi_tantanmen22_10_6_iseudon
汁なし四川担々麺と伊勢うどん。
こういったものは金曜日以降並びそうなので、先に食べておく…。


22_10_6_suzuka_machu_picchu122_10_6_suzuka_machu_picchu2
鈴鹿のマチュピチュこと、Jエリア。

ホントはここら辺まで観に行くつもりはなかったけど、ちょっとルートの確認してたら近くを通るもんだからつい…。


22_10_6_safety_car22_10_6_medical_car
セーフティカーとメディカルカーのテスト走行。
セーフティカーはベルント・マイランダーさん、メディカルカーはアラン・ヴァン・デル・メルヴェさんがドライブ。
何周か連続走行したり、ピットインとピットアウトを繰り返したりと入念に走り込んでいました。


22_10_6_isetetudou
帰りも伊勢鉄道の路線を使うよ!

ホンマもんの伊勢鉄道車両。
鈴鹿仕様ですな。
地元の女子学生が「今日人多いね~」とか「何かイベントあったっけ?」とか言ってました。


22_10_6_tori122_10_6_tori2
割と遅くなったので、名古屋駅で夕飯。
鶏。
名古屋コーチンもあるよ!

| | コメント (0)

2022年10月 5日 (水)

3年振り

全然綺麗に終えられなかったけど、まぁ仕方ない。




22_10_5_n700a
今日のN700Aさん。

…という事で、また西へ。
ずっと西だな!!


生憎の空模様だけど、静岡中部からは雲から青空も垣間見えました。

…勿論、富士山は見えません。


22_10_5_shinkansensugokukataiice
シンカンセンスゴクカタイアイス。
ベルギーチョコレート。


という事で、名古屋へ。
今年は木曜日何もないんだけど…まぁ、情報入る前にホテル取ってたし、そのままにしました。
木曜日はゆっくりかなぁ~。


22_10_5_mountain122_10_5_mountain2
夕飯は喫茶マウンテン!!

| | コメント (0)

2022年10月 4日 (火)

復活の煌めき

一瞬秋めいてきた…と思ったら、結構気温上がったね。
湿度がそこまでじゃないから、過ごしやすいは過ごしやすいけれど。




22_10_3_hdj_kanjuku_beniharuka
完熟紅はるか!!

マロンも食べたよ。
秋アイス。







2022年F1第17戦シンガポールGP予選!!

イタリアGP土曜日朝に虫垂炎で入院したアルボンが復活!
もう大丈夫なのか?
しかし、復帰1戦目が高温多湿な中で行われる市街地コースで、大体チェッカーまでに2時間近くかかるとは。
いや、半分タイ人なんだけど…普段はイギリス住みだしな。


珍しくFP3で雨が降ったのか。
例年、雨が降っても早い時間だったんだが…路面濡れてるじゃん。
しかも、結構降ったみたいだな。

アルボン、ベッテルが特別ヘルメット持ち込んでる。

ホームストレートとか乾いてるように見える。

メルセデス勢、マクラーレン勢はインターミディエイトでピット出口にスタンバイ。


Q1
1コーナーとかまだ結構濡れてるわ。
まだ全面濡れてる箇所もあるな。

残り13分30秒。
まだアルファロメオ勢がピットに留まっています。
後はコース上。

残り12分30秒、アルファロメオ勢もコースイン。

マグヌッセンとルクレールのリプレイ。
コーナーを止まりきれず、エスケープゾーンに駐車。

残り6分30秒、ストロールが5番手。
雨絡み結構上位に来るよね。

アルボンのリプレイ、タイヤが空転して止まらない。

マクラーレン、エンジンカバーのアンドロイドロゴがChromeロゴになってる。

ここでマグヌッセンが6番手、ミックが10番手!
残りは2分30秒。

リア滑らせながらゴリゴリに攻めたアルボン、16番手。

角田、8番手!
ここでチェッカー!
ガスリーは11番手!
ここでセクター2とセクター3で黄旗。
ベッテルは11番手タイムを記録!

リチャルドは16番手止まりでノックアウト。
マグヌッセンは7番手!
最後のミックは14番手!!
Q1突破!

ボッタスとリチャルドがノックアウト。

ノックアウトされたオコンの無線。
ブレーキがなくなってしまったようだ。

ベッテルのリプレイ。
コーナーでフラついてリアがウォールにタッチ!


マリーナベイ・サンズ。


Q2
注目のタイヤはまだインターミディエイト。
セクター2以降、まだ結構濡れてるしね。

ルクレール、ナイトレースを意識したのか、金色のピカピカヘルメットだ。

残り6分。
ルクレールの無線。
ソフトタイヤに履き替えるようだ。

…うん、インターミディエイトのままだわ。
新しいインターミディエイトに履き替えです。

おっ、アストンマーティン勢がソフトタイヤに履き替えたぞ?

残り3分。
周もソフトタイヤできている!

ストロールのリプレイ。
濡れてる所で滑ってオーバーラン。
アストンマーティン勢、セクター1でさえ自己ベスト更新してない。
これはソフトタイヤ早かったか。。

チェッカー!

角田が6番手!
マグヌッセンは8番手だ!
アロンソ、セクター2ファステスト!
ミックは13番手でノックアウト。
ガスリーは6番手に来た!
アロンソが5番手だ!

あれ、ラッセル落ちてる…。
セクター3でマグヌッセンに上回られてノックアウトか。
トトカメラ。

ベッテルのリプレイ。
止まりきれずにオーバーラン…。

無線。
落ちちゃった、落ちちゃった…ピーー

アルファタウリ勢がQ3進出!


Q3
フェルスタッペンがソフトタイヤで行った!
サインツJr.もだ!
ルクレールは…土壇場でタイヤを交換。
インターミディエイトつけてたのか…ソフトタイヤに交換だ。
川井ちゃん「こういう事やるからねぇ、皆のネタになるんですよ。」

角田とマグヌッセンはインターミディエイト、それ以外はソフトタイヤ。

湿度が高いから路面が乾くのが遅い。

まずトップに立ったのはインターミディエイトの角田。
それをソフトタイヤのハミルトンが更新。
他のマシンはまだ慎重な走りをしているようだ。
マグヌッセンがピットインしてソフトタイヤに履き替えている。

マッサ!
マッサがいる!!
フェラーリのガレージ。

残り5分20秒、アロンソがトップタイム!
ルクレール、ハミルトンと更新。
ガスリーがセクター3でオーバーラン。

フェルスタッペン、セクター1は良いけど、セクター2とセクター3で少しフラついている。
2番手タイム。

角田はソフトタイヤに替えてアタック準備中。

残り1分40秒。
ルクレールがセクター2全体ベスト!
フェルスタッペンはセクター1全体ベストだ!
トップはアロンソ!
ルクレール、ここでトップタイム!
フェルスタッペン、セクター2も全体ベストだ!
…ん?
フェルスタッペン、アタックをやめた。

サインツJr.2番手!
ここでチェッカー!

ペレスが2番手!
ノリスが4番手!
アロンソ、4番手!
ハミルトンはセクター2で全体ベスト!
おっと、ハミルトンは3番手。
マグヌッセンは8番手。
角田は9番手。
ガスリーは7番手。
フェルスタッペン、再度アタックしているようだ。
セクター1は自己ベストを更新できてないが、セクター2は自己ベスト更新!
あれ…?!
アタックをやめてピットイン…無線で「何で?!」って言ってる。

ルクレール、ポールポジション獲得!
3年に時を経て連続ポール!

フェルスタッペンの無線。
ピーー
ピーー
ピー

ピー

フェルスタッペン、激おこぷんぷん丸。
燃料サンプル不足になるからか?

インタビュワーはナオミ・シフ。
ルクレール、ポール厳しいと思ってたらしい。
久々にニコニコ顔だわ。

ペレス。
「良いスタートでシャルルにアタックします。優勝を目指しますよ。」

ハミルトン。
暑そう。
3年振りのご挨拶。
前の二人速いけど、もしかしたらパーフェクトラップなら行けるかなと思いました。
最後のラップでグリップがなかったので残念ですが、セカンドローで頑張ります。

ハミルトン、デビュー以来毎年1回はポールポジション獲得していたけど、今年ははまだ0。
千載一遇のチャンスだったかもしれないので、内心悔しいだろうなぁ。


ポール決まった時、ルクレールはもうガレージにいたんだな。

ピレリのポールポジションアワードのタイヤ贈呈は…ん?
日本人。
丹下憲孝…コクーンタワーとかを手掛けた建築家か!
しかし、何でシンガポールで??


ルクレールのポールラップ。
セクター2、セクター3の濡れてる部分が多いとこはやっぱり挙動乱れてるなぁ…何度もヒヤヒヤした。


ラッセル、Q2終了後かなんかの車検で三角コーン轢いてた。


ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
5番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からは角田裕毅/アルファタウリ

11番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはミック・シューマッハ/ハース
14番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
15番手からは周冠宇/アルファロメオ

16番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
17番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
18番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
19番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ




2022年F1第17戦シンガポールGP決勝!!


3年振りのシンガポール…めっちゃ雨降ってるやん!!
このコースでこの雨はやべぇな。
レコノサンスラップの開始もディレイだ。


金曜日に25歳の誕生日を迎えたフェルスタッペン。
バースデーウィークにドリアン食わされるとは。


メルセデスのフロアにサイン。
ベストウィッシュ!

雷雨だったわ。


日本時間20時42分、セーフティカーがコースイン!
セーフティカーで盛り上がる観客!

セーフティカーのリアビューカメラ。

キャコマ。
組長と談笑してる。

日本時間20時55分、21時25分にピットレーンオープンでレコノサンスラップ開始。

マイランダーさん!!

フェラーリガレージ前にマッサ!
サムズアップ!

串焼きの屋台。

一躍時の人、ニック・デ・ブリース。
今回はメルセデスのTシャツ。

ストロール、カメラに手振ってる。

アルピーヌのガレージはBGM流してる。


21時25分、ピットレーンオープン、レコノサンスラップ開始!
結構水煙出るなぁ。
フェラーリはインターミディエイト使ってるのか…凄いな。
フェルスタッペン、インターミディエイトに替えた。
スタートでどっちを使うか試すんだ。

…フェルスタッペン、左フロントがロックしてオーバーラン。

各車、念入りに下見している。
ピットレーンクローズするまで皆試しまくる訳ですね。

21時35分、ピットレーンクローズ。
スタート進行に進みます。

ペレスの無線。
「このタイヤ(インターミディエイト)にはウエット過ぎる。」

ローレンスとホーナーが話してるの珍しくない?
悪い意味で話題の人。

キャコマ。
マグヌッセンと打ち合わせ中。

スタートライン前にいるまっさん!!
今度はいつものハンドサイン。

ウエットに喜ぶ病み上がりのアルボン。

アロンソ、マイランダーさんとお話。
情報得てるのかな?


シンガポール国歌!!
シンガポール軍の演奏に、シンガポールエアラインのキャビンクルーが歌う。

ベッテルへの餞別のメッセージ。


ラッセル、パワーユニット交換でピットレーンスタート。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはセルジオ・ペレス/レットブル
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
5番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レットブル
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からは角田裕毅/アルファタウリ

11番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
12番手からはミック・シューマッハ/ハース
13番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
14番手からは周冠宇/アルファロメオ
15番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ

16番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
17番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
18番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ピットレーンスタートからはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG

全員インターミディエイトタイヤを選択!
ウエットは持たないと見たか。


22時05分、1時間5分遅れでフォーメーションラップ開始!

アロンソは史上最多、350戦目のスタートだ!
無線でエンジニアから「スペシャルなレースにしよう!」


シグナルが…ブラックアウト!!
ペレス、加速が良かった!
トップだ!
ハミルトン、サインツJr.と軽く接触してコースから少し膨らむ。
4番手だ。

フェルスタッペンは行き場を失って1コーナーカット、ポジションを落としてる。
マグヌッセンとバトルになってるから、凄い慎重になってる。


2周目、フェルスタッペンの無線。
マグヌッセンのフロントウイングの左側翼端板がプラプラしてるのを報告。

フェルスタッペンのタイヤと当たって壊れたっぽい。


アルボンのリプレイ。
スピン。
ガッって音したから、リアをウォールに当たってない?


7周目、マグヌッセンにオレンジボールフラッグ。
黄旗!

周がストップ!
ラティフィは左リアがパンク…接触か?

周の家族来てたのに。。

リプレイ。
周とラティフィがバトル中、周がウォールとラティフィにサンドイッチされてしまった!


8周目、セーフティカー!
ラティフィがピットイン。
左リアがぐらぐらしちゃってるからダメだね…。

セーフティカーのリアビュー再び。


リプレイ。
ボッタス、止まり切れずにオーバーランするラッセルにフロンウイングが接触、左翼端板が壊れた。

マイランダーさん!!


11周目、リスタート!
フェルスタッペン、長らくブロックされていたベッテルをかわして8番手に。


12周目、周とラティフィの接触は調査。

フェルスタッペンはノリスとアロンソに近付いて、5番手争いに!


14周目、アロンソはノリスから離されつつある。


16周目、ノリスの無線。
「目標は、インターを誰よりも長く持たせる事だ!」

ノリス、タイヤの溝が削れてスリック化してきてるようだ。


22周目、黄旗!
角田が順位下げてる…。
おろ、アロンソがストップ!!
エンジントラブルだ。

バーチャルセーフティカー!

角田のリプレイ。
少しオーバーランした後、アンチストール入ってスピード出ない。

ラッセル、ピットイン!
ミディアムタイヤ!!

リアが滑ってる滑ってる!
ドリフト!!

フェルスタッペンの無線。
「ラッセルがミディアムに替えたよ。」
「それは勇気あるなぁ!」


23周目、バーチャルセーフティカー終了!
ラッセル大丈夫か…?

アロンソ、観客に…。


26周目、黄旗!
あー、アルボンがウォールに刺さっとる…。
自走したけど、これは…。

やっぱりバーチャルセーフティカー!


27周目、アルボンがピットイン。
あー、リタイアか。。

バーチャルセーフティカー終わり!
グリーンフラッグになったけど、まだウォールにフロントウイング刺さってた。
抜けた。


28周目、オコンがストップ!
黄旗。

リプレイ。
何か壊れた音した…盛大にバルサンしたから、エンジン?
じゃあ何か漏れてたのはエンジンオイルか。


バーチャルセーフティカー!
フェラーリ陣営が動いたけど、ここはピットに入らず。


30周目、バーチャルセーフティカー終わり!

フェルスタッペンのリプレイ。
タイヤをロックして止まれなかった。

ノリス「今の危なかった。」


33周目、ハミルトンがウォールに刺さってる!!
フェルスタッペンの前、5番手で復帰。
フロントウイングの支柱折れてる…。

フェルスタッペンの無線。
「マグヌッセンみたいだ。」

アルファタウリ勢、マグヌッセンがミディアムタイヤに替えてる。


35周目、ルクレール入った!
…タイヤ交換時間5.3秒。

ラッセルがファステストきた!

ハミルトンも入りました。
フロントウイング交換。

ペレスもピットイン!
ポジション防衛成功だな。


黄旗!
角田がウォールに刺さってる!!
あー、止まらん。

セーフティカー!!

マシンを降りた角田、悔しそうな表情!

ノリスここでピットイン!
これは得した。
リチャルドもピットインで、マクラーレンはダブルストップ。

リチャルドは6番手にまで上げてきているぞ。
そして、ソフトタイヤを投入!

ハミルトンは9番手。
表彰台を狙うつもりが…。


38周目、凄いチェココール。
セーフティカーのリアビュー。


ルクレールのヘルメットカメラ。
バイザーがちょい開き。

残り時間表記に。
残り38分。

フェルスタッペンの無線。
右リアのブレーキに捨てバイザーが挟まっているようだが、ブレーキ温度は問題ないようだ。


残り34分、リスタート!
フェルスタッペン、ノリスに仕掛けて大きくオーバーシュート!!
8番手に下がっている!
フラットスポット出来てる…。

ペレスに記録。
セーフティカー時の違反。

フェルスタッペン、ピットインして14番手。

ラッセル、スローダウン!
右リアがパンク!

ミックとの接触で空気が抜けた!


ん?
ミックがスローダウン!
残り29分!

ドライではルクレールの方が速そう。
ペレス、パワーユニットのドライバビリティに苦労。
加減速どちらも何かおかしいようだ。


残り28分、DRSが使用可能に!
ペレスに接近しているルクレール、これは大きな武器になるかもしれない!


残り24分、少しペレスとルクレールの差が広がってきたか?
ドライバビリティの問題は少し落ち着いてきたか?


残り19分。
ここでフェルスタッペンがマグヌッセンをかわして11番手。
これはポイント圏内にまで戻ってこれそう。


残り18分。
ルクレール、少し挙動を乱してペレスのDRS圏外に出てしまいました。
3番手を争うノリスもサインツJr.のDRS圏外になっています。


残り13分。
フェルスタッペンがボッタスをかわして10番手!
ポイント圏内に復帰してきました。

ペレスの審議はレース後…。。

フェルスタッペンは更にガスリーをかわして9番手に浮上。


残り3分、ここでラッセルがファステスト!
フェルスタッペンはベッテル、ハミルトンの7番手争いに追いついています。
チャンピオンが3人並んでる!
合計12回じゃん。


残り1分30秒、ハミルトンがベッテルに仕掛けてる!
…あっと、そのラインはいけない。
水溜りを踏んでしまい、膨らんだ!!
その隙にフェルスタッペンがハミルトンをかわして8番手に!

トップ争いはペレスがルクレールを引き離し、6秒差にまで広がっています。
これで5秒加算ペナルティを食らってもポジションがキープできますね。


残り0分、ペレスが次にフィニッシュラインを通過したらファイナルラップです!

フェルスタッペンがベッテルをかわして7番手!
スタート位置から1つ順位を上げています。
割と近い位置にストロールがいるけど、流石に仕掛けるまで近付くのは無理か。

ペレス、ルクレールから7.5秒リードしてのトップチェッカー!!
花火も上がるよ!!
モナコに続いてシーズン2勝目、どちらも雨絡みの市街地サーキットでの優勝です!

いやぁ、しかし、終盤の猛チャージは凄かったな…これ、最後に向けてタイヤを残してたのか?
アタックされながらタイヤ残してるとは、流石のタイヤマネジメント力だ。

フェラーリはツー・スリーフィニッシュを確保。
最近辛そうだったマクラーレン、アストンマーティンがダブル入賞!!


ドライバー・オブ・ザ・デイはペレス!


花火は綺麗ですねぇ〜。

ペレスのマシンが優勝者特別エリアに運ばれてる。


ファステストラップポイントはラッセル!
ポイント圏外なので、ポイント獲得はなし。


ペレスの優勝を祝福するフェルスタッペン。


インタビュワーはディ・レスタ!

サインツJr.。
オールバックになってる。
「教訓として、ここは乾きにくいって覚えとかないとね。」

座り込んでるルクレールとペレス。
熱帯の国だからね、キツいよなぁ。

ルクレール。
スタートの加速時にホイールスピンしてしまったと。
スタートの反応自体はペレスと同タイムだったもんね。

ペレス。
…ん?
女性が「ペレス10秒加算」って言ってるのが聞こえた。
ディ・レスタへの情報伝達でしょうか。
確かにルクレールの無線でも同じ事言ってたけど…。
「フェルスタッペンのチャンピオン獲得が日本になるの、ホンダにとっても良いと思います。」
続・レッドブル内では普通に参戦継続してる事になってるホンダ。


表彰台控室。
和気藹々。

長いレースだったから記者会見中止ねwww
あー、日本へのフライトの時間があるからか。

疲れた声。


表彰台!
メキシコ国歌!
1シーズンで複数回優勝は初めて!
まだ4勝目だもんね。

オーストリア国歌!
…ん?
いつもと何か違うから、シンガポール軍の生演奏なのかな??


ファイト!!
…の瞬間、カメラが止まったwww


EDでマッサ。


ペレスに5秒加算ペナルティ。
セーフティカーの終わり際、まだセーフティカーのランプが点灯している間に10車身以上離れた為。

でも、ルクレールとのギャップが5秒以上あるから、ポジションキープ!
優勝が確定です!


後、ラティフィに次戦5グリッド降格ペナルティ。
周との接触。
後ろ見ないで寄せてたしね…。


次…今週末はいよいよ日本GP!
今年も現地に行くので、多分いつものダイジェストにはならんと思う。


優勝はセルジオ・ペレス/レッドブル
2位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
3位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
4位はランド・ノリス/マクラーレン
5位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
6位はランス・ストロール/アストンマーティン
7位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
8位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
9位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
10位はピエール・ガスリー/アルファタウリ

ここまでがポイント獲得。

11位はバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
12位はケビン・マグヌッセン/ハース
13位はミック・シューマッハ/ハース
14位はジョージ・ラッセル/メルセデスAMG

リタイアは…
角田裕毅/アルファタウリ
エステバン・オコン/アルピーヌ
アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
周冠宇/アルファロメオ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(341Pt)
2位:ルクレール/フェラーリ(237Pt)
3位:ペレス/レッドブル(235Pt)
4位:ラッセル/メルセデスAMG(203Pt)
5位:サインツJr./フェラーリ(202Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(170Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(100Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(66Pt)
9位:アロンソ/アルピーヌ(59Pt)
10位:ボッタス/アルファロメオ(46Pt)
11位:リチャルド/マクラーレン(29Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(24Pt)
13位:ガスリー/アルファタウリ(23Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(22Pt)
15位:ストロール/アストンマーティン(13Pt)
16位:ミック/ハース(12Pt)
17位:角田/アルファタウリ(11Pt)
18位:周/アルファロメオ(6Pt)
19位:アルボン/ウィリアムズ(4Pt)
20位:ニック・デ・ブリース/ウィリアムズ(2Pt)
21位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
22位:ニコ・ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(579Pt)
2位:フェラーリ(439Pt)
3位:メルセデスAMG(373Pt)
4位:マクラーレン(129Pt)
5位:アルピーヌ(125Pt)
6位:アルファロメオ(52Pt)
7位:アストンマーティン(37Pt)
8位:ハース(34Pt)
9位:アルファタウリ(34Pt)
10位:ウィリアムズ(6Pt)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧