2019年6月10日 (月)

良い、雨だね…。

この週末は毎年恒例、嫁のオフ会でした!
嫁のブログはサイト時代から数えて14周年を迎え、15年目に突入。
今年も友人達でワイワイしてきました。

うちのブログとは同い年で、うちの方がほんの僅かに先に開設していた訳だけど、俺が嫁ん所を知った時には既に色々な長編短編小説やイラストがアップされてて、当時から凄いと思ってました。
憧れられていたり、でも同じ方向じゃ追いつけないから路線変更したりと確実に誰かに影響を与えられている凄い人です。
確かに、書き始めると凄いペースで書くんだよね。
あの文章量をハイペースでアップするのはヤバい。

その点、俺は明確に誰かに影響を与えたって言うのがなくてだねぇ。
切欠を作った事はあるけど、紹介しただけだし、後は紹介したもののコンテンツ力の問題でした。
直接影響を与えてはないんだよねぇ。




…と、まぁ、ここん所は休みの度に出かけたりしていて、気温差とかもあるので、体調崩さないように気を付けないとなぁ…という所である。








という事で、オフ会の翌日ですけれども、またしても三浦半島に行ってきた訳です。
起きるのが遅くなってしまい、出発が昼過ぎとなる大失態でしたけどね…。
2時間半くらいはかかるんで、到着した時には既に3時半…。。


はい、艦これコラボ、シーパラのズイパラ・レッパラは終了しましたが、拡張作戦は今週末までの展開でした。
天気も微妙でしたけど、取り敢えず、行ってみるかーと行った次第。
今回の拡張作戦「最終作戦」はソレイユの丘がメインのようなので、初手でソレイユの丘へと向かいました。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio
ここに来ての新たなコラボメニュー、「瑞雲特製ベジカレー」。
もう一つ、烈風改 緊急スクランブル特製カレーも追加されてて、「こ、この局面で…!!」と思いましたねw
烈風改カレーはスクランブル繋がりで卵(スクランブルエッグ?)がトッピングされているようでした。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_16_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_2
スタンプラリー拡張作戦もあるという事なので、コラボ受付へ。
受付前にあるアーチェリー場には空母と改装航空戦艦の皆さんが。
弓だからね。
後、睦月と時雨。
どうやら、シーパラ遠征軍がソレイユの丘に廻航してきているようです。

…それにしても、伊勢改二と日向改二のパネル、シーパラ・ヴェルニー公園・ソレイユの丘にそれぞれ1組ずつ置いてあるから、すげぇよね。
流石運営鎮守府…とか思っちゃう。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_36_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_4
6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_5
廻航組の皆さん。
よみうりランド版ガンビーちゃんとか、シーパラの何処にいたんだろう?


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_6
ソレイユの丘にある温泉施設ともコラボ!
コラボセットはサクッと売り切れたようです。

時間があったら入って行きたかったなぁ~。

後、中では時雨&春雨のお茶お渡し会があったようです。
プチ撮影会も行われていた模様。

俺がソレイユの丘に着いた時に、時雨とすれ違ったんだよね。
シーパラコラボの時からずっとコスプレしてる人のようだったんだけど、口調とか声質とかを時雨っぽく寄せてたのが凄いと思った。
「気を付けて帰投してね。」って同じく帰るっぽかった提督に話しかけてた。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_7
ふれあい動物村の中にいた対馬&カピバラと浜波&アルパカのパネルが村入り口に移動してた。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_8
スタンプラリー終えて戻ってきたら、アーチェリー受付に列がw
アーチェリーやると何か貰えるからか、殆ど提督さんのようだ。

後、受付横に村雨パネル。


…左利き用の弓があるか訊けば良かったかなぁ。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_9
温泉施設入り口。
お湯が瑞雲色だったようで…w


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_10
最終作戦は金土日の3日間。
人が多く来たからか、瑞雲バーガー等が買える売店ではこんな最後尾看板が作られていましたw
そして安定のボクカワウソw


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_11
航空隊ソフト。
ソフトクリームはミルクソフトっぽい。
ソレイユの丘に売ってるミルクソフトを使用しているかもしれない。美味しい。
こちらは拡張作戦が本格化した際に登場したメニューでした。

瑞雲バーガーセットも買いました。
こちらは3回目…だったか?
クリアファイルは最終作戦用に新作が追加されていたようですが、瞬く間にハケてしまった模様。
ズイパラで貰えるクリアファイルが転用されていたので、それはありがたかったですね。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_12
対馬のカピオカコールド。
何気に新メニュー。

対になるメニューに「浜波のアルパカホット」もありましたが、短い間に結構食べたのと、ソレイユの丘から三崎港駅までの直通バスの終バスが近かった事から、断念。
タピオカって結構腹膨れるだろうしね。

そして、この局面でタピオカミルクティーを飲む事になるとは。


無事、終バスに乗って、三崎港駅へ。
バスは満員、提督率半端ない…。
京急に乗り、一路品川へ…の前に、汐入に寄り道。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_13
ヴェルニー公園へ。
もう18時回っちゃったし、遅かったかなぁ…と思ってたけど、遅かったです。
カフェレストランのコルセールも閉まっちゃったし、スタンプ台もパネルも片付けられてましたね。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_14
取り敢えず撮っておく。
DDG-171 はたかぜ型護衛艦はたかぜ。
どうやら、「乗り物フェスタ」なる催しが開催されていて、一般公開されていた模様です。

その後ろにはSS-594 おやしお型潜水艦うずしおがいるみたい。
更にその後ろにはDD-111 たかなみ型護衛艦おおなみ、AOE-423 とわだ型補給艦ときわ、DD-153 あさぎり型護衛艦ゆうぎりがいる模様。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_156_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_16
気温差激しいし、梅雨入りしたけど、バラはまだまだ咲いていました。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_176_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_18
6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_19
これで本当の本当に今回のコラボは終了。
明日には日常的な光景に戻っているんでしょうねぇ。

ソレイユの丘では17時でコラボ終了してからすぐに撤収開始し始めたようで、元に戻っていく様子を見ている居残り提督とかもいたようです。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_20
…という事で、今回の戦利品。
シーパラで回収できていなかった、択捉型海防艦佐渡、軽空母 護衛棲水姫のクリアファイル。
スタンプラリー帳の仕様はシーパラのと全く一緒。
コンプリート景品も同じステンレスマグでした。
ポストカードもあったようですが、そっちは品切れに。

シールはダブりました。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_21
クリアファイルの裏。
表と違う絵柄のを集めてみた。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_22
…という事で、スタンプラリー拡張作戦の戦績。
拡張作戦のヴェルニー公園分が間に合わなくて未完成状態に。
後、ソレイユの丘分はミスった…。


6_9_third_zuipara_reppara_extra_operatio_23
夕飯はレトルトのよこすか海軍カレー+三越コラボで買ったパックご飯(こしひかり)。

| | コメント (1)

2019年6月 3日 (月)

王が覚醒める

特に言ってなかったと思ったんだけど、春先くらいにお船のゲームが三越とコラボした件第三弾がありまして。
その第一陣が届きました!

Kncl_mitsukoshi_food1Kncl_mitsukoshi_food2
ふりかけとお麩味噌汁である!!

ふりかけは陽炎型駆逐艦「親潮」がパッケージ担当。
1862年(文久2年)創業の「日本橋鮒佐」さんのふりかけだ。

お麩味噌汁は潜水母艦「大鯨」か軽空母「龍鳳」、空母「加賀」がパッケージを担当。
1865年(慶応元年)創業、金沢の「加賀麩 不室屋」さんのふやき御汁「宝の麩」だ。


Kncl_mitsukoshi_food3
加賀麩 不室屋のお麩味噌汁は3種の味が3つずつ入っているアソートタイプ。
左から「加賀みそ」、「田舎みそ」、「赤だし」。

お麩の味噌汁って普段あんまり食べないけれど、良いよね…お湯でお麩が崩れて、中から色々な具が出てくるの。
高級感あって綺麗だし!


Kncl_mitsukoshi_food4
日本橋鮒佐さんのふりかけは3袋。
それぞれ、味が違います。
鰹節やちりめん、卵、ゴマ等が入ったスタンダード且つ日本橋の老舗4店舗がタッグを組んだ「其の一」。
5店舗の老舗がタッグを組んだ、鴨が主体の「其の二」。
4店舗の老舗と日本橋の人気天丼店がタッグを組んだ、天丼風味な「其の三」。

ご飯に!
かけて!
食べるの!!
美味しそう!!


さてさて、まだありますよ。
続いてはこちら。

Kncl_mitsukoshi_food5Kncl_mitsukoshi_food6
瓶ものですよ、瓶もの!!
宮城県大崎市の「ag-people」さんが販売する3年熟成 プレミアム山ぶどうジュース アメジストのしずくリッチテイスト。
もう、これだけで美味しそう。
普段、こういうの全然買わないし飲まないんだけど、これ見た瞬間買うわって思ったね…。
良いグラスで飲みたい。

ラベルは金剛型戦艦「霧島」が担当、私服モードなのも相まって、すっげぇ似合ってるな…!
裏のラベルにも背景に霧島さんが…!

素材として使われている山ぶどうの産地は岩手県の久慈市。
琥珀の産地とかで有名な所ですね。
…世界的に貴重なのか、日本の山ぶどうって。


Kncl_mitsukoshi_food7Kncl_mitsukoshi_food8
ちゃんとパンフレット入ってます。
高級そうな雰囲気醸し出してるパンフレットである…。


そして、これ。
Kncl_mitsukoshi_food9
箱。


Kncl_mitsukoshi_food10
横を見ると、コラボ商品だってのが分かるくらいの外装。


Kncl_mitsukoshi_food11
新潟県産こしひかりを使用したパックご飯です!

パッケージは空母「飛龍」が担当。
どうやら、MITSUKOSHI ISETANグループの独自のコラボ商品っぽいですかね?

Kncl_mitsukoshi_food12
小箱が3箱あり、その中に3個パックが入っています。
「飛龍」艦載機隊の3小隊ってイメージみたいですねぇ。

パックご飯ですが、こしひかりだからなのか、賞味期限は短め。
長期保存も考えていますが、まずは賞味切れる前の美味しい状態で食べておくのを忘れないようにしたい。









そして、観に行ってきました!!

G_kom1G_kom2
「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」!!

ハリウッド版(レジェンダリー版)ゴジラは2作続けて日本の特撮に造詣の深い監督だったので、毎回楽しみ!って感じですね。

以下感想。
制作発表からちょいちょいと情報がアップデートされて行って、その過程でモスラ・ラドン・ギドラが出る!
って話になってから、期待半分不安半分といった感じでしたが、結果非常に良かったです!
ゴジラの原点に立ち返った印象のシン・ゴジラ、ゴジラ作品の持つSF要素や他の怪獣との絡みもあったアニゴジと来て、人間ドラマもそこそこに怪獣同士の戦いをガッツリやってくれて。
それも、人間とゴジラ・モスラの共闘(人間が直接モスラと共闘した訳ではないけど、間接的に…)とか熱いものがあるね!
その共闘シーンも「ゴジラのテーマ」(元々は人類がゴジラに立ち向かう時のテーマ)をバックに行われるんだから、素晴らしい!
ツイッターで「初代からファイナルウォーズまでを詰め込んだ感じ」(意訳)とあったけど、まさにそんな感じ。
徹底してリアルテイストなんだけど、怪獣沢山活躍しててお祭り騒ぎ、怪獣と人間の交信、人間の知恵の結晶であるキーアイテムな機械の登場、そして細部を見れば過去作をオマージュした小ネタが沢山!
俺も全然把握できない!(前進基地の基地番号がその怪獣の初登場年/ギドラだけ別枠…とか)
BGMに目を向ければ、「ゴジラのテーマ」の他、ゴジラ出現の際にメインテーマのアレンジが流れたり、モスラ成虫の場面でモスラの歌の一小節が流れたり。
一方で、怪獣達の挙動は前作や同じレジェンダリーのモンスターバースシリーズ「キングコング:髑髏島の巨神」同様、明確に人間を認識した挙動。
これはアメリカの人が慣れ親しんでいるであろう、モンスター映画を彷彿とさせる。
日本特撮への愛と熱意とリスペクトを感じつつ、しっかりアメリカテイストも盛り込んできている、そしてそのバランスが凄い。
因みに、バランスは日本寄りだと思う。
そうじゃないと、ただのモンスター映画になってしまうしね。
劇中の登場人物のセリフからも、彼ら怪獣をただのモンスターだとせず、巨神(タイタン/タイタヌス)と表現しているのも非常に良い所。


人間側に関して言うと、メインとなるのが元科学者な元夫婦とその子、芹沢博士含む科学者が大活躍と科学者が頑張っている作品。
アメリカ軍はそれ程目立ってなかったけど、特務研究機関モナークお抱えの戦闘部隊所属の人達は非常に目立った活躍を見せてくれていました。
それにしても、芹沢博士の喪失は大きいですね…色々な意味で。
でも、思わず日本語で「ゴジラだ」って言うシーンとか最期の「さらば、友よ…」のシーンとか好きだなぁ…渋くてかっこいい。
「私が行く」ってのもかっこよかったし。そして、日本人であるので、「ゴジラ」を英語風の発音ではなく、日本風の発音で通していたのも個人的には非常に嬉しい。
モナークの科学者の一人、スタントン博士は皮肉屋な面があって、言動面白いし。
…まぁ、皆変態の集まりなんだけど。
まともな感性してるの、「こんな親じゃ俺でも家でするわ」って2度言ったボストン決戦の時に足ケガした隊員くらいじゃないだろうかw
チャン・ツィー演じるチェン博士は髪が短い事もあってか、VSシリーズに登場した三枝未希のオマージュのように思える。
後、ちらっとしか出なかったけど、双子らしく。
小美人感あって良いね。モスラの羽化に立ち会ってたしね。
で、同じくモスラの羽化に立ち会った博士、「キングコング:髑髏島の巨神」に登場したヒューストン・ブルックスの後年の姿という繋がり方。
一方、軍の方はあんまり良い所がなく。ステンツ提督はいつも…以前と同じでしたか。
さらっと色々行動してる事を言うけど、お前なぁって感じでw
モナークのバミューダ海域にある前進基地「キャッスル・ブラボー」にあるものだと思うけど、モニュメントに「グンペイ・イカリ」の名前があって、これ、「キングコング:髑髏島の巨神」の登場人物なんだよね。
本編始まる前にスカル・クローラーにやられて死んでしまった人だけど、彼の持っていた軍刀が活躍してた。
今回暗躍する反政府活動家で元軍人の傭兵隊長が、VSキングギドラでギドラを回収しに行った未来人のオマージュではってツイートもあるね。
もし、そうなら、ギドラを復活させたのは意図的なもんか…。
そして、物語の中心となる家族、元夫と元妻。
そのお子さんが怪獣知識にも詳しいスーパーキッズなのは、特撮だと良くある事だし、それもオマージュかな。
夫婦は大学院時代に共同で卒業研究してたくらいの仲という事らしいけど、考え方は結構違ったみたいね。
ゴジラとムートーのサンフランシスコ決戦で息子を亡くしている家族だからか、夫はゴジラ許さないマンだったし、妻は怪獣手なずけるウーマンだった。
妻の方が反政府活動家に拉致されて、その考え方に感化されて今回の引き金を引いた訳だから、今回の悪役ポジション(黒幕付き)といった感じだったけど、その行動原理は家族を守りたいからっていう事で…でも、やり方を間違えてた。
最終的に家族はまた集いかけるけど、妻は自らを囮にギドラをおびき寄せて、ゴジラが復活する時間稼ぎをすると自分の意志で決めたりしてて。
その後の展開的に、絶対あれ助かってないんだけど…どうなっただろうか。
誰も言及してなくて。
夫と子供は次回作に出演決まっているようなんだけど。


さて、兵器の方だと、V-22 オスプレイが非常に大活躍した作品でした。
輸送に哨戒に戦闘に。
その分被弾・破損・撃墜も多かったけど、むっちゃ目立っててかっこ良かったですね。
活躍していた戦闘機はF-35 ライトニングII。
ラドンやギドラと激しい空戦を行っていて目立っていた兵器です。
架空の司令船(航空機)「アルゴ」は取り回しの良さ、最高速度、頑丈さ、積載能力どれを取っても高水準で超兵器って感じ。
ラドンと比べても見劣りしない大きな船体、素敵です。
今回は空母が洋上移動手段くらいの扱いなもんだからあんまり目立ってないけど、潜水艦は活躍してました。
原子力潜水艦かね…無人探査機を3機格納してたり、高性能そう。
潮流に飲まれて岩場に船体横たえてても普通にその後動いてたし。
流石に魚雷発射管はやられたみたいだけど。
そして、登場するオキシジェン・デストロイヤー。
海でギドラと取っ組み合うゴジラには効果覿面(流石に骨にはならなかったけど)だったけど、ギドラには効果なし。
でも、魚が次々と海面に浮かび上がってきて、ちゃんと生物に効いてるんだって場面も入ってた。
やや唐突な登場なれど、対ゴジラ兵器としてオキシジェン・デストロイヤー持ってくる辺りがやべぇ。
そして、これ、デストロイア出現フラグを立てておいたという見方もできるかも。
初代では人(発明者の芹沢博士)が水中で起動し、共に犠牲になるしかなかったけど、今回はミサイルで撃ち込みという近代的な戦術が取れるようになった事に注目しました。
情緒もへったくれもないけど、人命散らさないなら良いよね!
…その後、初代の芹沢博士みたいに今回の芹沢博士も逝ってしまいましたが。。
しかも、ゴジラの力を回復させる為に核兵器を使うという画面で。
核兵器の申し子であるゴジラに、日本人が身を犠牲にしてまで核兵器を使って支援する。
業が深い…。


EDはアメリカのロックバンドであるブルー・オイスター・カルトが1977年に発表した「ゴジラ」をカバーした曲から始まり、その曲に合わせて新聞記事やツイッターのつぶやき等の形式でちょっとした後日談が流れていくスタイル。
劇中でもしれっと髑髏島の名称出てたし、髑髏島にも前進基地あるらしい(富士山にもあるんだなw)んだけど、ここで髑髏島が連発されて、明らかに次に繋がるような構成にしてくるのがズルいw
その後、エンドロールになっていく訳ですが、エンドロールの曲の最中に「モスラの歌」のインスト版が挿入され、伊福部昭版「ゴジラのテーマ」と、それのアレンジで締めくくるというズルすぎる演出が!
劇中序盤だとかなり控え目だったのに、話が進むにつれて遠慮しなくなってきて、EDとかもうそのままじゃないかとw
これは最高のリスペクトだわぁ~。
クレジットの仲にもリスペクトあるらしいしね!


そして、エンドロール後にしれっと話の続きがw
これ、EDで帰る人泣かせの奴!
日本式!
反政府活動家のおじさんがギドラの首を買い取る話。
地元漁業民か何かが案内してたけど、彼が「漁ができなくなったので」って言ってたのは明らかにオキシジェン・デストロイヤーのせい。
そして、その際、取っ組み合っている最中にギドラの首が1本食い千切られていたので、おそらくそれが引き上げられたのだと見られる。
これ、次回作がゴジラVSキングコングな訳だけど、その先も…ギドラのリベンジマッチもあるのかもしれないぞ。
反政府活動家のおじさんがギドラを再生させてとか…メカキングギドラかな?
メカキングギドラが出るなら、その後に誰かがその技術を転用してメカゴジラを作る流れも…。


そして、他怪獣達。
17体って話でしたけど、今回登場したのは、ベヒモス(象みたいなの)、シラ(蜘蛛みたいなの)、ムートー♀の3体。
ベヒモスはもっと強力そうな名前ですけど、普通にアレだな、弱そうだった。
モンスターって感じのデザインだったね。
そして、それらの怪獣は真の怪獣王となったゴジラに傅くのでした。
他にはメトシェラ、バフォメット、タイフーン、アバドン、サルゴン、バニップという名前のようで、命名元の由来は聖書・神話・UMA・悪魔なんだって。
中にはティアマトやリヴァイアサン、モケーレ・ムベンベのような気になる名前まで。
ティアマトっていうくらいなのだから、モスラと同じく雌寄りな見た目の怪獣なのかなぁ。
リヴァイアサンはマンダみたいな海龍なのかなぁ。
モケーレ・ムベンベは言い伝え通りなら、首長竜系だ。


ゴジラは前作をベースに、初代のような背びれを持ち、熱線も強力になったように感じる。
そして、大体ギドラに少し遠い所から熱線を浴びせて、ギドラの行動を阻止するという日本的な戦い方もする。
ボストンでのギドラ戦ではモスラのエネルギーをもらい受け、VSデストロイアのようなバーニング化。
ギドラの光線をものともせず、体内放射でギドラを吹き飛ばすという圧倒的な力を見せつけた。
全編通して、人類に対し、特に敵対の意志はない模様。
前作は人類とか意に介さないって感じだったけど、今作は明白に人類を意識した立ち回りをしています。
芹沢博士にエネルギーチャージしてもらって、復活した際の潜水艦に顔を近付けるシーンとか見ても、「今は」人類の味方。
それがこの後、どうなって行くのかが楽しみ。
って言うか、背びれチカチカ点滅させるのって、威嚇してるんですねw
可愛いw


モスラは「怪獣の女王」と呼称され、She(彼女)と呼ばれ、正式名称もタイタヌス・モスラと女性系の名称。
羽化シーンや洋上に姿を現した時等が実に優美だ。
残念ながら、幼虫の活躍シーンはほぼなかったものの、最初のシーンはインパクトあった。
復活組ではゴジラと並んで、ギドラに従わなかった怪獣という所から、存在として別格なのだろう。
素性を何処まで把握していたかは分からないけれど、モナークの科学者が一目で味方って判断する辺り、もうそういうオーラ漂ってるんだろう。
最終決戦では主にラドンと交戦し、鎌状の前肢で応戦。
ピンチに陥った際に使用したお尻の鋭い針がはラドンを用意に貫く強さ。
でも、ラドン戦で体力を消費したので、ゴジラにエネルギーを分け与えて消滅。
いやぁ、ゴジモスでしたねw
エネルギー与えるのはラドンもやった事あるし、GMKのモスラは、そうする事でギドラが千年竜王に覚醒する手助けを行っています。


ラドンはアメリカだと「ロダン」の名で知れている怪獣。
役者さんは勿論「ロダン」と言うけど、字幕はラドンでした。
間違いなく歴代最大の個体で、火の悪魔に相応しい威容。
火山からの復活シーンや、その後の町の上を飛んで、ソニックブームで色々吹き飛ばすシーンも然る事ながら、洋上でのライトニングIIとの空中戦では自慢の嘴や足の爪で易々と戦闘機を撃墜する活躍。
中でも、くるりときりもみ回転して翼で周囲の戦闘機隊を一掃するシーンは印象的でした。
…まぁ、ギドラにあっさり撃墜されて、その後ペコペコしてましたが。
また、ボストンでの戦いでは(確か)ゴジラには攻撃せず、ひたすらモスラと交戦してたような。
追い詰めたと思ったら返り討ちにあって戦闘不能。
決着が付いた後、ゴジラにゴマする所とか絶妙に「うん、ラドンだな」ってなる所もあって、凄くラドンでした。
ツイッターでは「スタースクリーム」とか「スネ夫」とか言われるし、ゴマ摺ってる所のイラスト描かれたりとかしてるし、愛されてるなぁw

ギドラはやはりゴジラの最大のライバルと言った立ち位置。
禍々しさと凶暴さを持ちつつ、日本版のような神々しさも持ち合わせています。
教会の十字架の背景として山の上に降り立って鳴き声を上げるシーンとか、最終決戦で幾筋もの稲妻を天に向かって放つのとか。
攻撃も電撃光線(引力光線ではないっぽい)の他、足による掴みかかり攻撃、ファイナルウォーズのカイザーギドラやアニゴジのギドラのような噛み付きからのエネルギー吸収等、やる事が増えてました。
ゴジラの巨体を持ち上げて高高度から落としたりとかも使えるように。
特に、飛んでいる最中の足による攻撃、ようやく覚えたんだねって感じ。
また、人間に対しても容赦なく光線を放っていました。
当初は地球怪獣と思われていたけれど、食い千切られた頭を復活させたりと中々に地球怪獣っぽくない挙動してたら、やっぱり隕石の乗ってやってきた地球外生命体だった事が判明したりするのが良い。
これによって、ガイガンやオルガ、スペースゴジラ等地球外怪獣登場のフラグも立てられているし。
海でのゴジラとの戦いの最中に飛んできたオキシジェン・デストロイヤー・ミサイルでゴジラが瀕死になり、怪獣王に。
芹沢博士達からは偽の王と言われたりしてたけど、他の怪獣をコントロールして地球を自分の住みやすい環境に作り替えようとしてたのは流石悪役としか。
でも、3つの首それぞれに性格と傾向があるらしく、名前もついているそうですw
真ん中がリーダー格でイチ。向かって左側がちょっと意地悪で好戦的なニ。向かって右側が好奇心が強い末っ子タイプのサン。
…だそうでw
確かに、それぞれの首の挙動見てると、性格反映してて面白い。
サンとか明らかに好奇心強い挙動してるもんなw
それぞれの首の動きが非戦闘時も戦闘時も面白くて、良いねぇ…これは日本版ギドラにはあんまり見られなかった所かも。
推しはサンだけど、モスラ成虫の糸でイチとサンがビルに張り付けられた際のニの動きも中々面白かった。
…それにしても、どうして南極で氷漬けになってたんでしょうね。
そういや、ラドンもそうだったけど、挙動は少しモンスターっぽかったですね。
彼らが生物である事の証拠か。

ここまで。


Ra_don
帰った後、嫁さんが作ってくれた、「ラ丼」。
でも、鶏肉じゃなくて牛肉だぞ!(海苔を切るの大変だったと思います)

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

拡張作戦

なんと、もう6月…いやぁ、もう2019年も半分か。
そして、暑い…。





そんな中、またお出かけしてきました。
起きるの遅くなってのもあって、現地に着いたのは11時半くらい。
ほぼお昼ですね!


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio
バラはまだ咲いていますね!


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_1
…って事で、また来ました!
横須賀に…!
ヴェルニー公園です。

この前、訪れましたが…正式に第3次瑞雲祭りの拡張作戦を完遂すべく、やってきたと言う訳。
以前の時より艦これ感が強化されているので、その違いを見るのは面白かったですねw

早速、ヴェルニー公園にあるカフェ、コルセールへ。
今日も提督を中心に列ができている…20分程で入店。

混雑が予想されていたからでしょうか、先にレジで注文と会計を済ませる形式に変わっていました。
出される料理も紙皿やプラスチック容器等に入っていて、スプーンやおしぼり、水等がセルフサービスに。
回転率上がるだろうし、洗い物の手間も省けるって感じなのかな?

セルフサービスの置き場所を確保する為か、艦これ物販が外のテラスに展開したテントん所でやってた。


…で。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_2
コラボ対象のミックスピザと珈琲。
珈琲のノベルティであるステッカーは綾波型駆逐艦「漣」ですね。

この後も色々予定詰めているので、ここでは軽食に。

食べ終えて、店の前にあるスタンプを回収。
正式に拡張作戦を完遂する、というのはこういう事…シーパラ(レッパラ!)で集めたスタンプラリー、続きがあるんで。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_3
港を見れば、アメリカ駆逐艦の姿。
DDG-63 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ステザム」しか分からないや。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_4
海上自衛隊側。
手前にいるのはLST-4002 おおすみ型輸送艦「しもきた」。
奥にはDD-111 たかなみ型護衛艦「おおなみ」がいます。その奥にAOE-423 とわだ型補給艦「ときわ」。
その更に奥にDDG-171 はたかぜ型ミサイル護衛艦「はたかぜ」がいるようです。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_5
「しもきた」に近付いてみました。
全長178m、全幅25.8m…結構大きいよ。
この前いた練習艦「かしま」は全長143m、全幅18m。護衛艦「いかづち」は全長151m、全幅17.4m。
…うん、でかいね。

補助艦艇って、戦闘艦よりでかかったりするしね。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_6
フォトスポットの操舵輪。
三笠公園にある東郷元帥のサイクルスタンドと同じ、デザインサイクルスタンドである。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_7
そう言えば撮ってなかったので、コルセール前。
人数少なくなってる…と思ったら。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_86_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_9
奥にいましたw


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_10
ポケGoやってたら出てきた、色ナイト。

水辺近くで普段会わないやついるかなーってやってたら出てきたw


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_116_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_12
6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_13
フェンスの所に横断幕(?)が増えてて凄い事になってた。
軽巡「大淀」とその他艦娘が交互に描かれていますね。
「大淀」、潜水母艦「大鯨」か軽空母「龍鳳」、最上型航巡「鈴谷」改二、祥鳳型軽空母「祥鳳」、夕雲駆逐艦「風雲」、阿賀野型軽巡「能代」(瑞雲モード)、夕雲型駆逐艦「岸波」。

ヴェルニー記念館や軍港クルーズはまたの機会に…。
まだ訪れたりクルーズやったりしてないんだよね。。

あんまり暑くない時期に行きたいね。
残念ながら、いずも型護衛艦「かが」は九州訪問でいなくなってたし…。
「いずも」も海外だった筈だしね。


…という事で、13時半くらいだったし、サクッと移動開始。
電車に乗って、更に三浦半島の先端部の方へ。
そういや、浦賀もいつか行ってみたいなぁ…。

京急の終点、三崎口駅からバスで移動。
その途中でポケGoしてたら、またしても色違いが…w

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_14
色ット。
進化させるのにアメが400個必要だから、おいそれと進化させられないのが悩み。


尚、前回に引き続き、バスは直通を逃しました。
経由のバスもなかったので、また港から歩く奴です。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_15
って訳で、再びソレイユの丘へ。

入り口に置いてあるスタンプを押せば、拡張作戦完遂です。
ここの案内所で完遂記念品を貰いました。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_166_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_17
6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_186_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_19
やっぱり前回来た時よりも強化されている、艦これ分。
1枚目は択捉型海防艦「対馬」、白露型駆逐艦「村雨」、「大淀」、夕雲型駆逐艦「浜波」。
2枚目、レストランの窓に張り付いているのは左から白露型駆逐艦「山風」、「村雨」、白露型駆逐艦「江風」、アルパカ、「大淀」、「浜波」、伊勢型航戦「伊勢」改二、給油艦「速吸」、伊勢型航戦「日向」改二。
フェンスは「大淀」とアルパカ。
3枚目は「大淀」、「山風」、「浜波」。
4枚目の「江風」は3枚目の左側に位置。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_20
ソレイユの丘の伊勢型改装航戦は今日も健在でした。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_21
レストランでコラボメニュー。
横須賀海軍カレー 改二。
カツカレーです!
結構ボリュームありました。
サラダ、牛乳がついているのは横須賀海軍カレーのフォーマット通りですね。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_22
ハーブとかの庭園かな。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_236_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_24
ちょっと小高い所から、ふれあい動物村や園内を望む。

土曜日だったので、家族連れで賑わっていまして。
気温が暑いのもあってか、水場で遊ぶ子も多く見受けられました。

子供がいる家庭はここ、結構良いかもなぁ。
BBQできちゃうしねw


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_256_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_26
気付いたら、加工房ショップ「カンパーニュ」の窓にステッカー貼ってありましたw
前回どうだったか覚えてないです…。

ここで前回も食べた、瑞雲バーガーセットをば。
これでクリアファイルは3枚入手。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_27
ミルクアイス~。
暑いからね。
くっそ溶けるの早かったけど、美味しいです。


あっという間に16時前になったので、撤退開始。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_286_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_29
ソレイユの丘の北方方面。
航空自衛隊の高射教育訓練場がある筈。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_30
海ー!
ギリギリ相模湾だと思う。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_31
長井漆山漁港から相模湾。
奥に江の島が見えています。


んで、三崎口駅に戻って、京急で金沢八景駅へ。
そこからシーサイドラインに乗って、八景島駅へ。


…という事で、シーパラにも寄ってみました。
流石に17時過ぎだったので、艦これの物販とか終わってましたけど。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_32
前回、遠方からの撮影になってしまったので…日向師匠改二。

サーフコースター リヴァイアサン、結構混んでました。
提督が多いのかな…?
アトラクション乗って貰う記念品狙いとかありそう。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_34
前回、ちゃんと撮ってなかった翔鶴型空母「瑞鶴」改二甲(エンガノ岬決戦モード)。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_35
チケット売り場近くの御神体、横にステージが設置されていました。
割と幅狭かったけどね…w
あそこで踊るのか…www

今週末が瑞雲祭りラストなので、日曜日に千秋楽ステージライブがある訳です。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_366_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_37
売店「ドルフィン」の前にいる睦月型駆逐艦「睦月」と「如月」。
お出かけモードでしょうか…?

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_38
「ドルフィン」のコラボメニュー、速吸☆レモン。
ステッカーはダブりでした。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_39
金剛型戦艦「榛名」改二(水着モード)。
…あれ、アクアライドにいたよね。
こっちに移動してきたの?
それとも、別のパネル??


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_40
対岸から烈風改を望む。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_41
鈴谷(浴衣?夏祭り?モード)。
このグラフィックを使っている事と言い、ちょっと人気の少ない場所に設置する事と言い、何か意図がありそうですねwww

鈴谷はJKキャラで結構人気あるしな。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_42
モモイロペリカン。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_43
おぉ、こんな所に…!
朝潮型駆逐艦「峯雲」。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_44
「青空クライミング ロックンロック」の軽巡「Gotland」(瑞雲モード)。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_45
「巨大立体迷路 デッ海」の速吸(瑞雲モード)。
道路沿いに阿賀野型軽巡「矢矧」(お出かけモード)、「青空クライミング ロックンロック」の受付に川内型軽巡「神通」改二、「那珂」改二も。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_46
道路沿いのゴトとクライミングのゴトを一緒に。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_47
メリーゴーランドのQueen Elizabeth級戦艦「Warspite」。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_48
吹雪型駆逐艦「吹雪」(伊勢丹モード)。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_49
潮騒料理「哉介」の階段踊り場にいる阿賀野型軽巡「阿賀野」。

6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_50
「哉介」でコラボメニュー。
北方棲姫丼。
これでクリアファイルは4枚。
拡張作戦で手に入るクリアファイルは全種コンプしたけど、シーパラで手に入るクリアファイルは数が多くてとてもじゃないけど無理だね…。


この時点で19時回ったので、ぼちぼち撤退しますかね。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_516_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_52
「シーパラダイスタワー」の麓にいる夕雲型駆逐艦「長波」改二(春の花束モード)、白露型駆逐艦「夕立」改二&「時雨」改二。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_53
さて、これで俺の第3次瑞雲祭りは終わりです。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_54
駅のポスター撮っておいた。

時間的には19時半過ぎくらい。
こうして、帰宅の途につくのであった。
電車で座れればちょっと寝れるので、割と充実した感しか残ってなくて良いねぇ。

…シーサイドライン、八景島駅の村雨アナウンスと時雨アナウンス、車両内の村雨アナウンスは聞けたんだけど、遂に翔鶴アナウンス車両には出会えず。
ちょっと残念だね。


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_55
という事で、スタンプラリー、拡張作戦も完遂!


6_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_566_1_third_zuipara_reppara_extra_operatio_57
本日の戦利品。
ソレイユの丘限定の浜波&アルパカ、それからロッククライミングしてる青葉型重巡「衣笠」。
突如として現れた謎のマスコットキャラ、「キリン改二」と「ボク、カワウソ」。
下の江風と浜波のカードは拡張作戦完遂で貰える記念品。






…と、一段落したところで。
テレビ点けたら、速報でシーサイドラインが逆走して車止めにぶつかったという事故のニュースが。。
どうやら、新杉田駅から金沢八景駅行の車両が出発した際に何らかの要因で逆走したという事らしく。
発生が20時15分頃というので、俺が八景島駅からシーサイドラインに乗った30分後くらいの出来事なのね。。
まぁ、降りるのは金沢八景駅だから、新杉田駅ではないんだけれど。
しかし、重傷者3人か…相当なインパクトがあったと見受けられる。
ツイッターの画像では、車止めの状態は良く分かんなかったんだけど、車両のワイパーが前面に飛び出しちゃってるから、結構速度速かったのかなって…。
今回の事故でケガされた方々の一日も早い回復を祈ります。


そして、明日の瑞雲祭り千秋楽は朝の物販から大変な事になってそうだな。。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

みかづきのまい

少し気温落ちたかな。
週末は天気持ってくれるのかしら?






Tounyuu_chocominto_1
キッコーマンの豆乳飲料 チョコミント!!

淡泊ながらクセがある豆乳に、一部に熱烈な人気のあるチョコミントを合わせる。
中々勇気がいる組み合わせなんじゃないかな、これ…と思いながら、手に取りました。
あんまり見ない気がしたし。
そもそも、チョコミント製品自体がこのくらいから初夏にかけての期間限定展開的な感じで市場に出回るし。
風物詩的な。


家帰ってからまじまじと見てしまったんだけど、「パックのまま凍らせてアイスにも」って文言が既に「オイオイオイ、大丈夫なのか、これ…」といった感情を出さざるを得ない謳い文句でだな。


Tounyuu_chocominto_ice
…という事で、凍らせてみました!((


Tounyuu_chocominto_ice2
まず、思ってたのと色が違う…w
もっとミントっぽい色見えるかと思ったら、めっちゃチョコの茶色!
…が豆乳で薄まってる色。

それから、めっちゃ固い!!
数日間冷凍庫に入れっぱなしにしてたけどさ……。
アイスっていうよりも、シャーベットとかき氷の中間って感じだねこりゃ。
もっと、こう乳分多いアイス感を期待してたけど、まぁ、ベースが豆乳だし、そんな事にはならなかったな。

そして、味が何だか薄い…。
豆乳っぽさはないから食べやすいんだけど、本当にチョコミント「風味」って感じで…もっと味濃い方が良いかなぁ。
チョコミントって味濃いイメージがあるし。

そして、これ書きながら2本買って、普通に冷蔵庫で冷やしたやつと味比べしたら良かったなぁ…と思った。
味の濃さとかももしかしたら違うように感じるかもしれなかったし。


取り敢えず、チョコミント製品としての完成度はイマイチかなぁ…。
豆乳感なく飲めそうなのは評価に値する所だけど、それだけだったら、もっと最適なフレーバーあると思う。
わざわざこれを買う動機になるかっていうと…うーん、薄いかな。

まぁ、話題作りという事で…。








Pokego_cresselia
会社帰りに捕まえたクレセリア。
伝説2体目だ。

| | コメント (0)

眩しい翼

ちょっと気温下がったけど、これから蒸し暑くなるんだっけ?
うーん、5月の気温ではないような。。
いいとこ6月下旬かなぁ…今年の夏、どんな暑さになるだろうか。






この前の週末、真夏日前後な気温と照り付ける太陽の下。
ちょいっとお出かけしてきました。

こんだけ暑くなるとは思ってなかった。


5_25_third_zuipara_reppara1
通常ののぼり?に混ざる特別なのぼり。

八景島シーパラダイスに来ました!!
朝早く起きて、10時過ぎくらいに到着。


5_25_third_zuipara_reppara25_25_third_zuipara_reppara3
「瑞雲を君へ」
よみうりランド以来の瑞雲、陸上で見るのは初ですね。
最初の富士急ハイランドは行かなかったし。

…それにしても、御神体だな、こりゃ。


まずは専用チケットを購入。
それから受付して、スタンプラリーの台帳買って、行動開始。

いつものコラボイベント以上に至る所に艦娘パネルがあります。
その他、アトラクションや橋の欄干等に横断幕?が取り付けられています。


5_25_third_zuipara_reppara5
そして、園内の一部のゴミ箱にもシールが貼られている…w
これは浮輪さん。


5_25_third_zuipara_reppara6
園内のアトラクション、「アクアライドⅡ」の道中。
潜水空母「伊13」。
伊13と伊14は瑞雲と同じ水上爆撃機「晴嵐」を搭載していました。


5_25_third_zuipara_reppara7
「ドルフィンファンタジー」の壁に現れていた、「キリン改二」。
イギリス戦艦「Warspite」等の声を担当する声優さんが生み出したマスコット(

他にも、「ボク、カワウソ」なんていうマスコットも生み出しています…こちらは着ぐるみになって、シーパラを徘徊する事があるらしく。
目も動くとか。


5_25_third_zuipara_reppara10
戦艦「金剛」のお料理モード。
うちの嫁がパシャパシャ写真撮ってました。


5_25_third_zuipara_reppara11
ジェットコースター「サーフコースター リヴァイアサン」の所。
壁に日向師匠改二が!

5_25_third_zuipara_reppara12
撮るの忘れて、やや遠方から。
伊勢型航空戦艦「日向」師匠改二のパネル。

地図見ながら、事前偵察の結果からスタンプを集めていきます。
途中、ちょっと道を間違えたりとか…。


5_25_third_zuipara_reppara14
「金剛」ちゃん(お出かけモード)。
メリーゴーランドの所にはイギリス所縁の戦艦がスタンバイしていました。
撮り忘れたけど、「Warspite」も…前回もメリーゴーランドの所にいたよね?


5_25_third_zuipara_reppara15
空母「赤城」のスタンプ台には改二祝いの花束が。
春イベント開始と共に赤城改二、そして赤城改二戊が実装されています。


5_25_third_zuipara_reppara16
サムことJohn C.Butler級駆逐艦「Samuel B.Roberts」。


5_25_third_zuipara_reppara17
青空クライミングの壁には夕雲型駆逐艦の姿が。
奥から「高波」、「長波」、「朝霜」、「沖波」。


5_25_third_zuipara_reppara18
ブルーフォールにいる、伊勢型航空戦艦「伊勢」改二パネル。
ブルーフォールはどう見ても緊急脱出訓練じゃなくて、急降下爆撃訓練だと思う。


一通りスタンプラリーを終えて、ご飯~。


5_25_third_zuipara_reppara19
窓から烈風改見えるよ。


5_25_third_zuipara_reppara20
バイキング。
サメナゲット…。

5_25_third_zuipara_reppara21
比叡カレーと涼月汁。
「比叡」は金剛型戦艦。「涼月」は秋月型駆逐艦。

比叡カレーは追い鷹の爪が出来ます。
カレー本体は万人が食べられそうな辛さでしたね。

涼月汁は相方の「冬月」(未実装)に因んでカボチャ入り。
汁自体も魚介系ベースのようで、美味しかったです。
…まぁ、よそいに行った時点でほぼなかったんですがね。


さて、昼食も済ませ、時間になったので、烈風改を見に行きました。
烈風改 特別展示ゾーン入場券、通称「烈風券」。
ゲームでは烈風をガン載せして制空補助させていた揚陸艦「あきつ丸」がボスにクリティカルダメージを与える事を指す「烈風拳」というスラングがあるけれど、それに准えられるので、語呂が良く聞こえるな。

烈風改観覧は30分間。
集合写真を撮るサービスもあるけれど、希望者が少ないのだとか。
…まぁ、オタクは写真撮る時、自分除外する事多いだろうし。


という事で。


5_25_third_zuipara_reppara23


5_25_third_zuipara_reppara22
烈風改に接近!!


5_25_third_zuipara_reppara285_25_third_zuipara_reppara29
という訳で、A7M3-J 烈風改!!

傑作艦上戦闘機 零戦の後継機として開発されていたA7M1 試製烈風。
そもそもが8機の試作機しか作られていない幻の戦闘機ですが、それの高高度戦闘機型…それが烈風改です。
烈風改は試作機制作準備中に終戦を迎えた為、完成品がないという幻中の幻。

ゲーム中では陸上基地で使用する局地戦闘機と紹介されていますが、高高度戦闘機型の主な目的がB-29のような重爆撃機の迎撃のようですので、まぁ合ってるんだろうなぁ。
因みに、試製烈風は艦上戦闘機ですが…多分、そんなに機体サイズ違わないと思うんだけど、でかいな。
瑞雲がコンパクトに見えるくらい…。

試製烈風を満足に搭載できる空母って、どれくらいいたのか…。

…と思ったら、艦戦版に比べ、烈風改は全長1m程伸びてたわw
1mって結構だぞwww


5_25_third_zuipara_reppara305_25_third_zuipara_reppara50
5_25_third_zuipara_reppara515_25_third_zuipara_reppara39
5_25_third_zuipara_reppara375_25_third_zuipara_reppara36
5_25_third_zuipara_reppara455_25_third_zuipara_reppara46
5_25_third_zuipara_reppara48
斜めからのビュー。
なんで斜めからの眺めって様になるんだろうね。


5_25_third_zuipara_reppara345_25_third_zuipara_reppara38
5_25_third_zuipara_reppara315_25_third_zuipara_reppara49
正面からのビュー。

主翼が若干逆ガルウイングになっているのも特徴の一つですね。
かっこいいなぁ…。


5_25_third_zuipara_reppara475_25_third_zuipara_reppara35
機体下部。
木箱で上手い事支えています。


5_25_third_zuipara_reppara275_25_third_zuipara_reppara41
5_25_third_zuipara_reppara525_25_third_zuipara_reppara53
5_25_third_zuipara_reppara54
横からのビュー。


5_25_third_zuipara_reppara435_25_third_zuipara_reppara42
製造タグ(?)もついています。
型式「烈風改(A7M3J)」
製造なんちゃら「C2機関-22なんちゃら」
所属は「鎮守府空技廠」かな。

実際の烈風改はA7M3-Jなので、あくまで烈風改をモチーフとしたif機体という事でしょうか。
C2機関はここの所の艦これ運営のチーム名とか組織名とかそういったもので使われている名称ですね。


5_25_third_zuipara_reppara40
全体的にでかいけど、機首も長いよね。
展示されている零戦を見た事あるけど、それよりも鼻が長い。


5_25_third_zuipara_reppara55
後ろからのビューも。


5_25_third_zuipara_reppara44
コクピット斜め後方に取り付けられた30mm斜銃。
この斜銃といい、翼内搭載の30mm機銃といい、重武装でした。
尚、斜銃は夜間の視認がしにくい状況下等で、敵機の真下に潜り込んで使うのが主らしい。
一部のエース級は昼間の戦闘でも使いこなしていたとか…。

これにアメリカ航空機の13mm機銃弾に対応できる防弾装備を要求されたりしていて、すっごい重武装。
エンジン性能は試製烈風辺りと変わらんだったようだけれど。

重武装で機体重量増えたし、元々大きい機体サイズも大きくなっているのに、それでいて速度や取り回し性能も高水準を求められてたんだろうから、そりゃあもう大変だよね。


更に、細かいポイントがいくつか。
塗装自体も使い込まれたかのようなサビや塗装剥げ等もあり、拘りが見て取れるんだ。
このスペースからは見えなかったけど、コクピットの操縦桿や計器類もばっちり用意してあって、(そもそも完成してなかったし、資料殆どない機体だから)再現したものとは言えるか微妙だけど、拘り方が凄い。
全力を尽くしてるって感じ。

5_25_third_zuipara_reppara24
主翼に描かれた「フムナ」の文字。
丁度、フラップの部分な訳で、稼働する部分だから、踏んでダメージ与えられたら大変ですからね。

5_25_third_zuipara_reppara26
主翼根元部分の塗装剥げ。
搭乗する為にパイロットがここに登るから、塗装が剥げる。

5_25_third_zuipara_reppara25
尾翼の数字。
「352-722」は第352海軍航空隊の722番機という意味だそうで。

更に、その下に「AI-192」と書かれていた跡が。
「AI」が赤城所属、100番台は艦戦を示す番号、92は92番機という意味のようです。
これは空母「赤城」所属の艦載機の痕跡…という事ね。

現所属の第352海軍航空隊は通称「草薙部隊」と言い、本土防衛戦闘機部隊だったようです。
担当は九州上空。


経歴からして、歴戦の機体だなぁ…。
後、もしかして、赤城艦載機時代は烈風改(艦載機型)で、配置転換と共に局地戦闘機用に改修されたってバックストーリー持ち??


後、入場後割とすぐに隣の「ふれあいラグーン」からなのか、トップガンのテーマが流れ始めたのは凄くマッチしてて良いタイミングだと思ったw
港のガントリークレーン的なやつとか凄い似合ってた。


5_25_third_zuipara_reppara56
綾波型駆逐艦「潮」と「朧」の食べ歩きパネル。


烈風改を見た後、スタンプラリーの最後のスタンプを回収しに行きました。
よみずいランド…よみうりランドでもいた、迷子のCasablanca級軽空母「Gambier Bay」を探しに。


5_25_third_zuipara_reppara57
迷子の迷子のガンビア・ベイ♪
貴女の鎮守府何処ですか♪

…という訳で、発見。
1週間毎に移動していた前回とは違い、今回はステージイベントがあった時だけ移動していたようで。

5_25_third_zuipara_reppara59
それにしても、この自信に満ち溢れた表情である。
前回の泣きそうだった表情とは全然違うね、堂々と迷ってるね!

5_25_third_zuipara_reppara58
足元の浮輪さんの方が迷子になってなさそう。


これにて、スタンプコンプ!
拡張作戦の2か所は先に行っちゃったのもあって、空欄のままだけど。


5_25_third_zuipara_reppara60
Zara級重巡「Pola」こと酔っ払いのアル重。
多分お出かけモードの中破グラだと思う。

…いやぁ、しかし、この艦ダメだこりゃw


5_25_third_zuipara_reppara61
伊勢丹モードな夕雲型駆逐艦「夕雲」姉様。


5_25_third_zuipara_reppara62
お艦。
軽空母「鳳翔」さん。
居酒屋のママだね。


ここらで一休み!
コラボ店舗の一つへ…。
時間も時間だったからか、結構並んでたな。

5_25_third_zuipara_reppara635_25_third_zuipara_reppara64
烈風ソフト!!
イチゴは胴体に描かれた日の丸のイメージでしょうか。
黒い小さなコーンは言わずもがな、斜銃ですねw


休憩後、続いて、「うみファーム」へ。

5_25_third_zuipara_reppara65
「おおわだ2」。
貸切客船だって!

5_25_third_zuipara_reppara665_25_third_zuipara_reppara67
F作業…釣りです!!

釣りとか小さい時に大阪の川でやった以来だわw

生け簀が4つくらいあって、中にアジがいます。
簡易的な釣り竿にオキアミっぽいのを付けて釣ります。
F作業モードな艦娘パネルが2名おりましたw
朝潮型駆逐艦「大潮」と綾波型駆逐艦「曙」だったかな。

タイの生け簀もあるようですが、タイはアジより大型で力も強いので、釣り竿を変更する必要があるようです。


5_25_third_zuipara_reppara69
F作業の戦果です!!
3尾。
ガンガン釣れるのですが、釣ったのは必ず食べる事になるので、抑えました。
嫁は4尾釣ってました。

いやぁ、楽しかったw
釣り上げたアジから針抜こうとしたら、暴れて針が手の平に刺さったりしたけどw

釣りはまたやりたいなw


5_25_third_zuipara_reppara70
そして、調理後の姿。

レストランプラザ2階にある「からっとキッチン」で釣り上げたアジをそのまま唐揚げにしてもらえます。
アジを塩焼きにする場合やタイを調理する場合は1階の「YAKIYA」でセルフ調理になるようだ。
BBQですよ、BBQ!


5_25_third_zuipara_reppara71
うみファームの桟橋の横断幕(?)。
ガチだよね…そういや、横須賀とかもガチ装飾になったらしいな。
前回はパネルくらいだったけど、更に艦これ色が強くなった模様。


5_25_third_zuipara_reppara72
5_25_third_zuipara_reppara73
艦娘ロード。
1枚目はLexington級空母「Saratoga」と軽巡「夕張」(ビールモード)。
2枚目のバス停の所にRichelieu級戦艦「Richelieu」(お出かけモード)と択捉型海防艦「択捉」(ビールモード)。右側に駆逐艦「Ташкент」、奥に水上機母艦「日進」(シューアイスモード)、白露型駆逐艦「時雨」(料理モード)。

本当に、至る所にパネルが設置されています。
お祭りかな…お祭りだな。


5_25_third_zuipara_reppara74
ブルーフォール周辺。
給油艦「速吸」(瑞雲モード)の姿が。
横断幕(?)に最上型航巡「熊野」改二の姿も。


5_25_third_zuipara_reppara75
階段の上から、御神体。
白露型駆逐艦「江風」(お出かけモード)、「択捉」(瑞雲祭りモード)、「伊勢」改(瑞雲祭りモード)、「日向」改(瑞雲祭りモード)の姿も。
右奥の「ドルフィンファンタジー」入り口横には最上型航巡「最上」改(瑞雲モード)も。


5_25_third_zuipara_reppara76
ドルフィンファンタジー。
いやぁ、優美だ…。

後、化粧水か何かとコラボしてて、良い匂いしてました。


5_25_third_zuipara_reppara77
マンボウ。
意外と活発に動いてましたね。


5_25_third_zuipara_reppara78
インスタ映えスポットにて、懐かしい…。。
iMac…あの丸っこいボディ、スケルトン…いやぁ、すっごい懐かしいぞw
うちにもいたわw


5_25_third_zuipara_reppara79
帰り際にイルカを見てみたら、寝てたw
ガチ寝してる。


5_25_third_zuipara_reppara805_25_third_zuipara_reppara81
5_25_third_zuipara_reppara82
改めて、御神体…水上爆撃機「瑞雲」。
偵察も観測も空戦も爆撃もできちゃうマルチロール機!

後ろにはイルカプールがあて、窓から時折イルカやベルーガが顔を覗かせます。


いよいよ、水族館へ!
本来なら、水族館だけで1日過ごせるようなアレなのだけれど、ホントにシーパラは凄いやw

5_25_third_zuipara_reppara835_25_third_zuipara_reppara84
昼寝セイウチ(♂)。
わざわざ狭い所で丸まって寝るのであった。


5_25_third_zuipara_reppara855_25_third_zuipara_reppara86
ラブカの卵。
長井漁港って、確か、ソレイユの丘最寄りのバス停にあった漁港…と思ったら、若干違った。
でも、あの辺一帯が広義の長井漁港っぽいから、ちょっと合ってるかな。
地図で見ると、バス停の北に「長井港」って書いてあるから、きっとそっちの事を指してるのかも。


5_25_third_zuipara_reppara87
5_25_third_zuipara_reppara88
フラミンゴの餌タイム。
高い所に設置するのは、アヒルに喰われないようにする為のようだ。
餌の皿に水汲んでたら、アヒルが平気な顔して皿の中に侵入してくるもんなw

アヒルは大喰らいのようで、お姉さんに「さっき食べたでしょ」って言われてたw


5_25_third_zuipara_reppara89
ベルーガのプール。


5_25_third_zuipara_reppara90
夕暮れ時…流石に19時近くだと、暗くなってきます。
これはこれで、良い眺めだ…。


さて、そろそろ飯かね。


5_25_third_zuipara_reppara915_25_third_zuipara_reppara92
鎮守府写真部の2名。
吹雪型駆逐艦「浦波」と「磯波」。


5_25_third_zuipara_reppara935_25_third_zuipara_reppara94
ライトに照らされる御神体。


はい、夕飯もコラボメニューで。

5_25_third_zuipara_reppara95
イタリアン。
ザラ姉様のパスタが遂に登場したか…そして、駆逐イ級を調理して食べるっていうアレ。


5_25_third_zuipara_reppara96
コラボメニュー、「ザラ姉様の新作パスタ ロッソセット」!
スープカップは間違えて子供用持ってきましたw

5_25_third_zuipara_reppara97
嫁さんは普通のメニュー。
4種チーズのピッツァだったかな。
クリスピー生地が良いね!!


5_25_third_zuipara_reppara98
日向師匠と御神体。

5_25_third_zuipara_reppara99
伊勢と御神体。


日が落ちると、流石に少し肌寒い。
8時も過ぎていたので、人通りもすっかり少なくなって、もう1日も終わりだなぁって感じがするよ。


5_25_third_zuipara_reppara100
ゴミ箱。
ワル雨雲ちゃんについてきてた雲だと思う。
あの羊って何処由来だったかな…。


という訳で、色々な光で光るトンネル…レインボーロード的な所通って、帰宅の途に。
帰ったら11時だわ。


5_25_third_zuipara_reppara1015_25_third_zuipara_reppara102
スタンプラリー台帳、各種チケット、マップ、祭り参加景品(ピンバッジとアクリルスタンド)。

5_25_third_zuipara_reppara1045_25_third_zuipara_reppara105
マップ開いた所。
…マップのサイズ大きかったねw


5_25_third_zuipara_reppara103
題字もしばふ先生書いてるんだな…と思ったもの。
しばふ先生は多くの吹雪型駆逐艦や鳳翔、赤城、加賀、蒼龍、飛龍等を描いている方。


スタンプラリーの台帳コーナー!
今回、目印になる艦娘パネルと台帳の背景イラストとハンコの柄が一致してない事が多くて、嫁は良く「何番…?」と言っていました。
まぁ、そうなるな。


5_25_third_zuipara_reppara106
日向改二、伊勢改二。

5_25_third_zuipara_reppara107
軽巡「Gotland」と速吸。
ゴトも速吸も瑞雲モードですね。

5_25_third_zuipara_reppara108
赤城とサム。
赤城は瑞う…烈風祭りモードかな?
パネルはいつもの姿でした。

5_25_third_zuipara_reppara109
金剛と時雨。
金剛はお出かけモードなパネルでしたけど、ハンコと台帳はお料理モードですね…。
時雨もお出かけモードかな。

5_25_third_zuipara_reppara110
金剛型戦艦「榛名」と翔鶴型空母「瑞鶴」。
榛名はパネルが水着モードでしたけど、ハンコと台帳は三越モードだった。
瑞鶴はパネルが改二か改二甲の決戦モードだったけど、ハンコと台帳は…なんだっけこれ。
コンプティークの表紙で見たような。

5_25_third_zuipara_reppara111
夕張と択捉型海防艦「佐渡」。
夕張はパネルが長良型軽巡「由良」改二(浴衣モード)でした。
これは…公式によるゆらばりなのか。。
つよい。。
佐渡様はパネルがF作業モードでしたね。
これは…何モードだっけ。

5_25_third_zuipara_reppara112
最上型航巡「三隈」(伊勢丹モード)とガンビー(お出かけモード)。
瑞雲モードな最上かと思ったら、まさかのハンコ2つあったやつ。

5_25_third_zuipara_reppara113
長門型戦艦「陸奥」改二。
パネルの隣には長門改二もいました。

5_25_third_zuipara_reppara114
そして、最上(お出かけモード)。
嫁の台帳とはこれの有無で見分けてました。


5_25_third_zuipara_reppara1155_25_third_zuipara_reppara116
スタンプラリーコンプリート景品、日向と瑞雲のステンレスマグ。


5_25_third_zuipara_reppara117
5_25_third_zuipara_reppara118
今回のクリアファイル。
夕雲型駆逐艦「早波」、潮、そして江風。
烈風アイス食べてもらったステッカーは朧でした。


開催期間最後の土日、行けたらもう1回ヴェルニー公園とソレイユの丘行っておきたいな。

| | コメント (1)

2019年5月23日 (木)

遅ればせながら

ようやく頼んでたものが店舗に届いた。
発売から1ヶ月超…どうしたんだろうか。

Kncl_ost_nami
艦これOST「波」。
光沢のあるケースが良いね、綺麗。

イベントの合間にでも、時間のある時に聴こう。






Red_bull_cola
レッドブルコーラ。
↑のOSTを引き取った時に、ローソンで見つけた。
成城石井でしか見た事なかったから、思わず買っちゃいましたw

F1では、トロロッソのリアウイングの翼端板がこれのカラーリングだ。






Shinpin_ice
F1モナコGPの木曜フリー走行2回目を見ながら、新品ICE投入。
セブンプレミアム、金のワッフルコーン。

ツイッター見て買ってみた。
コーンの下の方はサクサクじゃなくなっちゃうけど、それでもふにゃふにゃにはならないし、食べ応えあって良い。
何よりも、コーンの最後までバニラアイスたっぷりなのが良い。








某小説の後日談!

・魔女殺し
・いよいよボス前って感じになってきてますね!
・魔力が大扉の中に向かって収束してるのとかヤバい
・黒い煙は黒い魔物の亜種?
・ボス部屋、もとい王座の間
・宝石の魔女
・裏ボス出たー
・夢…?
・黒い翼は記憶を読める
・もう片方?
・僕達?
・宝石の魔女復活計画か…
・古城だけを改変後の世界に残した、という言い方
・物語の魔女の介入は予見していたか
・この復活計画は最初から織り込まれていたもの
・バックアッププランというやつだ
・それが改変前の最終決戦前に発動していた、と
・天秤…
・あの赤い糸は物語の魔女のものか?
・新たな話が出てきてるな
・交換ワープできるのって、魔法具になってたからなのかな?
・窓の外の赤いきらめき?
・宝石の魔女の心臓を移植させてる
・確かに、ファンタジーにおいてドラゴンの心臓とかは強い魔力を持つ例があるよね
・また赤い光
・黒い魔物は黒い翼起因
・情報を食うねぇ
・だからあらゆる情報を消し去れたのね
・黒い魔物は子機みたいなものかね
・何処にでも送り込めるのは高度な情報化社会の恩恵
・食らった情報を凝縮してるから黒いのかな?
・心臓移植されたら、ゼロだったのにマイナスに振り切ったとかどんなメカニズム
・魔法が効かない特異体質って、魔法をなかった事、ゼロにする体質
・それが魔女の心臓によって、マイナス…あるものを吸収する体質に変化
・うーん、多分理屈はこんな感じか?
・原因分からんからもやもやするけど
・宝石の魔女の性質か、魔女という存在の性質が作用してるのかな?
・転送されてくる身体…
・始めに現れた魔女の身体は本人のものではなかったのか
・アル…
・黒い翼って制御できなくなってくるのね
・戦闘開始か…と思ったら、様式美入ったー!!
・気を取り直して、戦闘開始
・何か戦闘までの流れが新パルテナのノリだな…
・流石、あの師匠越えを果たした旦那さん
・凄まじい反応速度と卓越した戦闘技術
・魔法効かないなら効かないなりの戦い方できてるのえぇなぁ~
・氷の壁とか、強化魔法とか
・茨の蔦は何かギミックに使おうとしているな…
・戦闘で良く落下させられるシャンデリアさん
・でかぶつが落ちてくると、人って一瞬すくむよね
・そういや、タフなのって、修行の成果の他に、魔女の心臓持ってるからもあるのでは
・何かいる
・あれではない
・宝石噛んだ
・魂に戻った
・怒濤の展開
・過去のあれこれは物語の魔法により消えたけど、同人作家な設定とか他人との関係性とかは残ってるのね
・小さな魔物の亜種、雄なのかね
・ポケモンみたいなゲット方法






続きからコメント返信!!

続きを読む "遅ればせながら"

| | コメント (0)

いよいよ…

メインで使っているMacが順調に孤島状態になりつつある。
これは、買い替えないとなぁ……。。

今まで、内臓ブラウザのSafariをメインに使用し、サブでFirefox使っていましたけれど。
数か月前にどちらのブラウザでもniftyのホームページがアクセス不能に。
直接ログイン画面に飛ぶことにより、メールボックス閲覧とブログの編集画面はできていました。
その後、Safariではブログの編集画面に入れなくなり、ブログ編集をFirefoxに移行。
で、今日弄ろうと思ったら、ログイン画面にすらアクセスできなくなりました。
これにより、Macでのメール閲覧とブログ編集もできなくなり…。
ちょっと詳しく調べてたら、nifty側のセキュリティ関連のアップデートによってアクセスできなくなった事が判明。
OSも古ければ、ブラウザのバージョンも古いMacなんだけど、いよいよそれらのサポートが打ち切られたらしく。
これは買い替えないと見れないやつだな…。

更に、サブのメールボックスで使っていたhotmailもアクセス不能になっていました。
あっ…これ、情報の受け渡しどうしよう。。

DropboxはとっくにMac側のサポートが切られてしまって、利用不可。
今まで、テキストや画像何かの受け渡しをメールでやってた訳ですが…niftyもhotmailも利用不可に。
Macが古過ぎるだけで、ケータイやWindowsだと普通に見られるんだけどね、でも、メインに色々入れてたからね…。。

という事で、軽く困窮…。
頼みの綱は現時点だとgmailさんである。
ガンバッテ…。。

…Dropbox以外のクラウドサービスにも手出してみるかなぁ。。
Dropboxも容量増やすキャンペーンとかあまり手つけられてなくて、容量低いままだし。

軒並みMacで使えなかったりして。






この前の平日に春の三浦半島行ってきたので、アップアップ。


いつもの平日と同じくらいに起きようと思ったけど、果たせず。
1時間くらい出発が遅れる。
朝のラッシュ時間は回避できたものの、依然として電車内が混んでいる…。

乗り換えたら空いてたので快適でした。


当初のルートを変更して、まずは横須賀中央駅へ。
営業開始し始めた直後の横須賀海軍カレー本舗さんに開店凸。
いつもは並んでるくらいなんだけど、流石に店内も人が少なかった…と思ったら、昼時も近付いてきた為か、どんどん人が入ってきてましたけどね。


Third_zuipara_reppara1
艦長の黒カレー。
いやぁ、美味しかった。
ちょっと辛めらしいんだけど、コーヒーのコクがあって美味しかったよ。

…あ、右上で見切れてるのは牛乳です。


食べ終わったら、ちょっと散歩。
横須賀に来たら、三笠公園かな!


Third_zuipara_reppara2
東郷平八郎元帥像の前に何か出来てたwww

サイクルスタンドらしく、東郷元帥がチャリ乗ってるように見えるというものらしい。
前来た時にはなかったよな…と思って調べてみたら、横須賀市のHPに19年3月下旬付けで記事がアップされていましたw
つい最近の事なのね。


Third_zuipara_reppara3Third_zuipara_reppara4
Third_zuipara_reppara5
世界三大記念艦、戦艦 三笠。
今回は入場せず、外から眺めるだけにしました…。

それから、また歩きます。
途中で銀行により、ピン札を用意(平日に銀行寄れるのがこの日しかなかった)。
汐入駅前へと到着。


Third_zuipara_reppara6
…あら、本当にイオンだっけ、ショッピングモールが閉鎖してた。。
外資系企業が入ってリニューアルするらしいけどね。

Third_zuipara_reppara7
…という事で、ヴェルニー公園へ。

画像の艦船、左はDDG-85 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦35番艦マッキャンベル。
右はDDG-69 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦19番艦ミリアス。
手前の潜水艦2隻は確か海上自衛隊の潜水艦だったかな。
海自の第2潜水隊群司令部があるし。
多分、おやしお型かそうりゅう型。
第6潜水隊のそうりゅう型、6番艦「こくりゅう」と9番艦「せいりゅう」かなぁ…。


Third_zuipara_reppara8Third_zuipara_reppara11
所で、ヴェルニー公園は薔薇が咲き乱れていて、非常に鮮やかな季節を迎えていました。

潮風に紛れて、薔薇の良い香りがするの。
実家近くの公園の薔薇も今頃見頃かなぁ〜。


Third_zuipara_reppara9
ヴェルニー公園の入口側にひっそりと建っている、戦艦「山城」の碑。
横須賀海軍工廠で1917年竣工、1915年進水した扶桑型戦艦2番艦。横須賀鎮守府所属。
第一遊撃部隊第三部隊・西村艦隊として参戦した捷一号作戦の最中、1944年10月25日にフィリピンのスリガオ海峡にて撃沈されて沈没しました。
スリガオ海峡の海戦では、駆逐艦「時雨」以外の西村艦隊が全艦撃沈されています。

現代では、1番艦の扶桑と共に、改修された艦橋のアンバランスさが違法建築と言われて人気です。


Third_zuipara_reppara10
その並びに佇む、戦艦「長門」の碑。
呉海軍工廠で1919年進水、1920年竣工の長門型戦艦1番艦。横須賀鎮守府所属。
長門型は大和型が登場するまで、そして、大和型が登場した後も秘匿とされていた中、国民の人気を集めた艦型です。
太平洋戦争開戦時の連合艦隊旗艦を務めていました。
戦後の1946年7月29日、賠償艦としてアメリカに引き渡され、マーシャル諸島のビキニ環礁での核実験「クロスロード作戦」により沈没。
2度目の実験の4日後の事であった。


Third_zuipara_reppara12
ヴェルニー公園、噴水からの眺め。
日差しが出ていて、少し暑いくらいでしたが…のんびり散歩するのが気持ち良いかもね。


Third_zuipara_reppara13
海上自衛隊横須賀基地所属艦の停泊地。
右から、TV-3508 練習艦かしま、DD-107 むらさめ型護衛艦7番艦いかづち。
奥向いているのはDD-116 あきづき型護衛艦2番艦てるづき。

「かしま」と「いかづち」の奥に見えるのはDD-110 たかなみ型護衛艦1番艦たかなみ。
「てるづき」の奥にレーダー設備見えるのは多分DDG-174 こんごう型護衛艦2番艦きりしま。
更にその奥にレーダー設備が見えますが、これはおそらくDD-152 あさぎり型護衛艦2番艦やまぎり。
更に、その奥にはDD-111 たかなみ型護衛艦2番艦おおなみとDD-154 あさぎり型護衛艦4番艦あまぎりがいたようです。


Third_zuipara_reppara14
Third_zuipara_reppara15
ヴェルニー公園の奥、端っこにある、戦艦陸奥の第4主砲塔。
元々、東京にある船の科学館に展示されていたものです。

戦艦陸奥は長門型戦艦の2番艦。
横須賀海軍工廠にて1918年起工、1920年進水。佐世保鎮守府所属。
姉妹艦の長門と共に日本を象徴する艦として人気を集めていましたが、1943年6月8日に広島の柱島泊地に停泊中、第3主砲〜第4主砲付近の火薬庫が爆発し、爆沈しました。


Third_zuipara_reppara16
さて、艦これコラボ拡張作戦です。
ヴェルニー公園にあるカフェレストラン「コルセール」がコラボってました。
…本来は月曜定休だったと思ったんだけど、やってるねぇ。

そして、平日にも関わらず、結構人が並んでるねぇ。
30分程並んで、店内へ。
人が多いので、相席です。


Third_zuipara_reppara17
お昼ご飯。
コルセールオリジナルよこすか海軍カレー「艦これ」mode
ゴトのスウェーデン王室御用達"北欧紅茶"(セーデルブレンド/アイス)
海軍カレーにはサラダと牛乳が付いてきます。

美味しかった…。
それにしても、何気に水物が多かったので、結構たぷたぷでしたね。


Third_zuipara_reppara18
メニュー表。
ピザは完売。

北欧紅茶はステッカーが在庫切れして終了していましたが、並んでいるうちに補充されたらしく、頼めました。

Third_zuipara_reppara19
メニュー表の裏はクリアファイル。
5種類から1つ選べます。
1のお出掛けmodeなCommandant Testeはここでしか手に入らないデザイン。

ステッカーはいつも通り、内容がランダム。


Third_zuipara_reppara20
ヴェルニー公園から対岸。
米軍横須賀基地と、海上自衛隊第2潜水隊群司令部、横須賀第1ドライドック等の船渠部。


ここから、一路京急の汐入駅へ。
目指すは三浦半島の更なる先端部。
京急の終点、三崎口駅だ。

そこから更にバスで揺られる事15分くらい。


Third_zuipara_reppara22
到着〜港!!((

長井漆山漁港という場所です…が、ここが目的地ではなく。
そこから少し歩きます。
ちょっとした坂道を登り…徒歩5分とか書いてあるの見たような気がするけど、地図とか見ても、5分じゃ着かんわ。


Third_zuipara_reppara29
っつー訳で、到着。
長井海の手公園ソレイユの丘!!
艦これコラボ拡張作戦その2。


Third_zuipara_reppara24
入口近くに案内板ありました。


Third_zuipara_reppara25Third_zuipara_reppara26
Third_zuipara_reppara27Third_zuipara_reppara28
入口を抜けると、すぐにコラボパネルが。
駆逐艦村雨、海防艦対馬、軽巡Gotland、駆逐艦浜波。
このうち、対馬と浜波はソレイユの丘仕様ですね。


Third_zuipara_reppara30
池。
ソレイユの丘に入ると、すぐに畑が広がっていました。
キャンプ場等もあるので、子供と遊ぶにはうってつけの場所ですね。
ここならブーメランとか凧揚げとかも出来そうw

ただ、上空のトンビには要注意。
これはヴェルニー公園、三笠公園等にも言える事なのですが……ミリタリー的に言うと「対空見張りを厳とせよ」ですかね。


Third_zuipara_reppara31
奥の方にネモフィラの花畑が。
まだ満開という訳ではなさそうですね。


この時点で時刻は15時過ぎ。
公園内を一通り歩いたし、残り時間を考えて、ふれあい動物村へ向かいました。


Third_zuipara_reppara32
ふれあい広場内にいる対馬のパネル。
カピバラと遊んでいます。

Third_zuipara_reppara33
その奥にはアルパカと一緒の浜波パネル。


Third_zuipara_reppara34
Third_zuipara_reppara42Third_zuipara_reppara44
カンガルーがしきりに、そして一心不乱に網の外の草をもしゃってました。
触ってみたけど、表皮結構固かったね。
筋肉質な訳だ。

カンガルーは4体いる模様。

Third_zuipara_reppara35
アルパカ。
ヒツジと仲良く暮らしてます。

Third_zuipara_reppara36
ペリカン…モモイロペリカンか?
しきりに近くにいる人の事を気にしてウロウロしてました。

Third_zuipara_reppara37
ヒツジ達。
おやつあげようとすると、途端に集まってきます。
仲間を押し退けておやつを食べようと頑張ります。
複数人から「お前もう喰っただろ」とツッコミを受ける者も。

そういや、カラスがおやつの入ったガチャポンの玉持ってどっかに行ったっけな。
有料なのですが、野晒しになっている為、容易に持っていけた模様。
カラスは頭良いな…。

Third_zuipara_reppara38
ヤギ。
八木橋を思い浮かべるな…。


Third_zuipara_reppara39Third_zuipara_reppara40
カピバラ。
柵の中とは言え、こんな堂々と寝転がっていて良いのでしょうかねぇ。
…腹側から見ると、事案のようにも見える。。

Third_zuipara_reppara41
起きたカピバラ。

Third_zuipara_reppara43
草をもしゃるカピバラ。

さっきのカンガルーもそうだったけど、人慣れしてるからか、触っても全然動じない。
カピバラの毛はタワシみたいでしたw
およそ齧歯類の毛とは思えない固さ。

カピバラは2体いました。


そろそろふれあい動物村の入場時間が16時までだったので、ボチボチ退場。
ご飯食べよ。


Third_zuipara_reppara45
改装航空戦艦伊勢改二と日向改二パネル。
一体何枚あるのだろう、このパネル。


Third_zuipara_reppara46
マローンこと駆逐艦江風のパネル。
お出掛けモード。


Third_zuipara_reppara47Third_zuipara_reppara48
Third_zuipara_reppara49Third_zuipara_reppara50
観覧車のゴンドラには、1つおきに艦娘ステッカー貼ってありました。

Third_zuipara_reppara54
川内型軽巡3姉妹。
何故かクリスマスモードな那珂ちゃん。

Third_zuipara_reppara55
フランス戦艦リシュリューとフランス水上機母艦コマンダン・テストを両脇に、センターを陣取っているアメリカ軽空母ガンビア・ベイ(迷子)。
皆さんお出掛けモードです。

Third_zuipara_reppara56
香取型練習巡洋艦の2隻。
特に鹿島は汎用的な人気がありますね。

Third_zuipara_reppara57
夕雲型駆逐艦藤波、浜波、早波。
浜波はソレイユの丘版だけれど、それを使っているからか、非常にほっこりする組み合わせに。

Third_zuipara_reppara58
翔鶴型空母瑞鶴と浮輪さん。
瑞鶴も私服系のモードですね。
浮輪さん、ガンビア・ベイちゃんのとこにいなくて良いのだろうか…。

Third_zuipara_reppara59
軽巡夕張、長良型軽巡由良、白露型駆逐艦村雨。
夕張もいつもと違うポーズしてるな…。
由良は浴衣モードかな。

Third_zuipara_reppara61
大和型戦艦の大和と武蔵に挟まれる夕雲型駆逐艦清霜。
大和は私服、清霜も限定グラ、武蔵は改二。
戦艦になりたい清霜は武蔵に憧れていたりするので、こちらも非常にほっこりする並びになっています。


Third_zuipara_reppara60
と、言う訳で、観覧車これくしょんでした。
…逆光で暗くて分からん。


Third_zuipara_reppara51
駆逐艦村雨のパネル。
お出掛けモード。

お土産屋さんの前にいる。
当日は風が少しあったけれど、急に吹いた強い風で倒れました。


さぁ、ご飯です。
流石にカレーは入らないので、今回は軽食系にします。
…いざ買おうと思ったら、同じような時間軸で動いてるらしい提督が集まってきたぞwww


Third_zuipara_reppara52
さて、艦これコラボメニュー、瑞雲バーガー!!

…え?
何処が瑞雲かって?


Third_zuipara_reppara53
シソが入ってる辺りかな?(
シソの緑とチーズの黄色で機体色カラー。
トマトの輪切りは機体に描かれた日の丸イメージでしょうか。

シソが入ってるので、和風な作りのバーガーです。
艦これも和風なテイストがふんだんに盛り込まれているので、イメージにマッチしたコラボメニューかと思います。
…パッと見で瑞雲関係なさそうだと思っちゃう辺り以外は。

ちょっと休んだり、ぶらぶらしてたらあっという間に17時。
そろそろ撤退です。


Third_zuipara_reppara62
帰りのバス停にて、港とトンビ。
集団で旋回しつつ急降下とかしたりしてるから、魚介系でもいるんでしょうかね。


バスで再び三崎口駅まで戻り、そっから京急に揺られます。
始発なので、座れる。
…そして、途中で寝ました。


まぁ、寄り道したんですが。


Third_zuipara_reppara63
八景島シーパラダイスに!!

平日の夜なので、人もまばら。
シーパラはまた後日訪れるので、色々と探索するだけ。


Third_zuipara_reppara64Third_zuipara_reppara65
Third_zuipara_reppara66
また会ったな、瑞雲!!

第三次瑞雲祭の会場がシーパラなので、ズイパラと言われています。
更に、前段・後段と開催期間が分かれており、後段には幻の戦闘機、烈風改の1/1モデルが登場。
レッパラという何とも言えないゴロのお祭りになっています。

…それにしても、この配置での瑞雲、御神体にしか見えないなw
この前に集う、緑の法被着てオタク棒持ってる人達の波を見ると、新興宗教みを禁じえなくなるよね…。


Third_zuipara_reppara67
豪華にのぼりまでw

瑞雲祭は毎回のぼりや旗、横断幕の類いが沢山用意されているんだけど、今回も例に漏れず。
それに加え、過去最大規模の艦娘パネル展開のようで…至る所に設置されててパネル巡りは非常に大変かも知れない。
スタンプラリーはまだしも、ね。

後、フードコラボしてる店舗が幾つかあるので、1度じゃ回り切れないかも。

ブラブラしているうちに、19時回ったので帰宅。

Third_zuipara_reppara68
帰り。
シーサイドラインの八景島駅にいる磯波車掌。
磯波は吹雪型駆逐艦。

そして、ホームの場内アナウンスは村雨の中の人。
車両内アナウンスも、編成によって村雨の中の人版、翔鶴の中の人版があります。
行きは村雨でした。
翔鶴は…帰りの編成がそれだった筈なんだけど、分からなかった。。
一応聞いていたものの…時間限定なのかと思ったりもしたけど、ホームのアナウンスは村雨だったしなぁ。

平日の夜の京急、上りも混んでるねぇ…。

Third_zuipara_reppara69
戦利品。
クリアファイルとステッカー。

Third_zuipara_reppara70
それから、スタンプ。
シーパラ行ってなくてスタンプ台帳なかったので、クロッキー帳に。
…まぁ、平日の17時以降にシーパラ着いたし、スタンプ台帳配られてなくても仕方ないんだけど。






続きからコメント返信!!

続きを読む "いよいよ…"

| | コメント (1)

2019年5月18日 (土)

新緑の

日差しが暑い。





Pistachio_tantan
ピスタチオ坦々麺。
美味かったけど、ちょっと高かったな。
次は汁なしを試してみようと思う。





Dashi_haba
暴君ハバネロ だしハバ。
ダシが効いてて、思いの外美味かったのでリピートした。







F1スペインGP予選!!

ヨーロッパラウンドが開幕!
第二の開幕戦とも言われるスペインGPには、各チームが大小様々なアップデートを持ち込んでいます。
チームの大多数は開発拠点がヨーロッパにあるから、パーツの輸送なんかもより迅速になります。

パワーユニットサプライヤーとしても、前戦にスペック2を投入したホンダに続き、フェラーリとルノーがスペック2を投入している模様。

冬季テストで走り慣れたサーキットなだけに、各チームの力関係がどうなるか楽しみです。


マクラーレンの…新マネージングディレクターに就任したアンドレアス・ザイドルかな?
WECの最高峰クラス、LMP1クラスでポルシェのチーム代表をしていた人だ。
アウディも強かったんだけど、やっぱポルシェは強かったなぁ~。

フェラーリのテストドライバーになったハートレー。

マクラーレンのサインツJr.は母国GP!
観客席ねは、オレンジのキャップをかぶったサインツJr.応援席も!


Q1
真っ先にコースインしたのはクビサ。
ウィリアムズは持ち込みたかったパーツが全て持ち込めなかったらしい?
間に合わなかったようで。

残り13分、黄旗!
セクター2でヒュルケンベルグがウォール近くまで突っ込んでいました…。
フロントウイングが落ちてる!
フロアに引っ掛かってるな。。
アラン・プロストは何を思うか。

ラッセルがセクター3のシケインでスピン。
復帰したその後ろには戻ってきたヒュルケンベルグが。
残り10分だ。
ガレージに戻ったヒュルケンベルグと早めに出たストロール以外だと、ハース勢がまだ出てきてないな。
それ以外はコース上だ。

フェルスタッペンがトップタイム。
それをボッタスが塗り替えたか。
メルセデスのガレージにはディーター・ツェッツェ会長も。

残り6分半、ハース勢がアタック開始。
マグヌッセンは6番手、グロージャンは9番手。
グロージャンは少し危ないかも。

最終コーナー、綿凄いな。

残り2分半。
そろそろラストアタック近いかな?
ヒュルケンベルグがタイムを更新するも、ノックアウトギリギリの15番手だ。
後1回はアタックできるか?

中段勢は大体出てきてるな。
リチャルドはタイムを上げたけど、順位は上がらず。
チェッカー!
おっ、ライコネン13番手だ!
サインツJr.は7番手。
ノリスが6番手。
ペレス14番手。


ファン・パブロ・モントーヤがレーシングポイントのガレージに。

居並ぶモーターホームの中で一際大きいレッドブルとトロロッソの新しいモーターホーム。
目立つと言えばマクラーレンも目立つかな?

風が強いようだ。


Q2
ボッタス、ハミルトン、ルクレールが真っ先にコースイン。
メルセデスはいつもの流れですね。
ルクレールが早めに出てきたのは珍しいかも?

ハミルトンが1分16秒038でコースレコード更新。
ルクレールはちょっと膨らんで何かが飛び散ってる…。
グロージャンがルクレールのタイムを上回ってる。
マグヌッセンも7番手だ。
残り6分半、ここでガスリーが5番手に。
フェルスタッペンとのギャップはあれど、中段勢を上回ってきた。

残り3分切って、ラストアタックへ。
トップと2番手のメルセデス勢もコースへ。
練習でしょうか?
7番手のルクレールは残り1分半の所でコースイン。

ノリス、ライコネンはセクター1でタイム更新ならず。
アルボンはセクター2まで自己ベスト更新してるぞ。
ノリスは7番手。
ライコネンは12番手でした。
アルボンは8番手。
チェッカー!
マグヌッセンが5番手に上げてきました。
ボッタスがトップタイム更新、1分15秒924でコースレコード更新。
母国のサインツJr.は11番手でノックアウトだ。
グロージャンが5番手。
リチャルドは9番手に飛び込んできた!
ガスリーは5番手。
ルクレールが4番手。

クビアト、リチャルドはQ3進出。
サインツJr.はミスによってエスケープロードに逃げた為、アタック中止したようだ。
アルボンも少しリアの挙動乱してたようで、それが響いたようだ。
サインツJr.は母国且つ得意なバルセロナで初めてチームメイトに負けたようです。

ボッタス、ここまでは良い感じ。
小穴アナに「髭だけじゃない」って言われてるwww


Q3
ハミルトンが真っ先にコースインだ。
3年連続ポールポジション獲得中。
クビアト、ボッタス、ベッテルとコースに入ります。

まずはボッタスがコースレコード更新となる1分15秒406でトップタイム!
2番手のハミルトンとの差はコンマ6秒。
ハミルトンは少しミスがあったものの、それでも差は大きい。

グラベルがコース上に散らばってる箇所が。
残り5分、ここでルクレールがコースイン。
フェルスタッペンとガスリーの間、5番手タイムを記録。
残り3分切って、各車がラストアタックへ向かっています。

ボッタスの奥さん、エミリア嬢も来ています。

ボッタスとベッテルはセクター1タイム更新ならず。
ハミルトンはセクター1自己ベストだ。
ボッタスはセクター2もタイム更新ならず。

川井ちゃん「ピーカンだからねぇ~。」

チェッカー!
トップ3が揃ってタイム更新ならず。
グロージャンはピットに戻り、フェルスタッペンもタイム更新できず。
ルクレールはタイム更新するも、順位は変わらず5番手だ。

ボッタス、今季3回目のポールポジション!
3戦連続!

森脇さん「ボッタス、今年凄いアップデートしてますね!」
髭生やしたから?www
ベッテルは髭生やしてもそんなでもなかったと思うけど。

グリッドインタビュー、インタビュワーはJB!
2009年ワールドチャンピオン、ジェンソン・バトンだ!
今は日本でスーパーGTに出ているぞ!
2018年チャンピオンだぞ!
2017年にインディ500に参戦したフェルナンド・アロンソに代わってモナコに出走した際、アロンソの「僕のマシンを宜しく」って無線に「任せて!ちゃんとシートにおしっこかけとくから!」って答えた英国紳士である。

JB「素晴らしかったですね!
隣の人上手くかわして!」

JB「ルイス!
どうですか?元気?」
マクラーレンでの元チームメイトである。

JB「セバスチャン!
どう?
おそらく、これ以上は厳しかったでしょうね。
セクター3厳しそうですね。」
「クルマは悪くないんですよ。でも、速さがない。」

インタビュー後、親しげに話すバトンとベッテル。

ボッタスのポールポジションラップ、非常に安定していて、リズムに乗れていたし、スムーズだったな…これは速いわ。

ED見てたら、フェルスタッペンファンのライオン(レゴマックス)いたのねwww


ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはピエール・ガスリー/レッドブル
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
10番手からはダニエル・リチャルド/ルノー

11番手からはランド・ノリス/マクラーレン
12番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
13番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント

16番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
17番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
20番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ


リチャルドは前戦での接触により、3グリッド降格ペナルティ。
ラッセルはギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。


ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはピエール・ガスリー/レッドブル
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
12番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
13番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント

16番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
17番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ
20番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ







F1スペインGP決勝!!

おっ、レッドブルのガレージ前…熱田カメラマンかな?

レーシングポイントのオーナーで、ランス・ストロールの父親であるローレンス・ストロール。
ファン・パブロ・モントーヤと話してますね。

あっ、ネイマールだ!
サッカー選手(FCバルセロナとか?)等、多くのVIPがグリッドに来ています。


旗がバタバタとはためいている…予選よりも風は強いようだ。


グリッドでアラン・プロストとジャン・アレジが話し中。


サインツJr.応援席。
盛り上がってるかなー?


エミレーツの旅客機、来るの早くない?!
まだ国歌前だよ?
…という事で、国歌!
長らく表彰台で聞けてないよなぁ…スペイン国歌。

サインツJr.のカーナンバーが入った旗がはためいてる。

…えっ、何だあのトロフィwww
どうしたのwww
去年とかのデザインの方が良かったな…www

ネイマールから激励を受けるハミルトン。
そういや、ハミルトンってFCバルセロナの試合だっけ、観に行ったりしてたよな…?
ネイマールと面会もしてたよな…。


…あのオレンジTシャツ軍団はフェルスタッペン応援団かな?
めっちゃ沢山来てるなぁ~。

おっ、元ウィリアムズのパフォーマンスエンジニア、ロブ・スメドレーだ。
そっか、FIAで仕事してるんだったっけ。


ヒュルケンベルグは予選失格でピットレーンスタート。
予選Q1でクラッシュした後にフロントウイングを交換した際、違うスペックのものを装着していたからだとか。
因みに、ピットレーンスタートが決まってからは、パワーユニット一式を新しいものに替えたそうだ。

その他、ジョヴィナッツィもラッセルと同じく、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはピエール・ガスリー/レッドブル
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
12番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
13番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント

16番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
17番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
ピットレーンからはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

フォーメーションラップ!
トト、ニッコリしてる…カメラ向けのパフォーマンスか、リラックスしてる左証なのか。


シグナルが…ブラックアウト!!
ハミルトン、ベッテルが良いスタートだ!
イン側からハミルトン、ボッタス、ベッテルが並んで1コーナーへ入った!
ベッテルがタイヤをロックさせて少し膨らんでいる…あっと、少しコースオフ!
ハミルトンとベッテルに挟まれたボッタス、少し後退…リアが暴れてるのを何とか制御しているぞ。
ハミルトンがトップで3コーナーへ!
ベッテルはタイヤにフラットスポットができて、3コーナーでフェルスタッペンに先行されています。
その後ろではルクレール対ガスリー。
ガスリーが3コーナー出口で押し出されて、このアタックは失敗。
加速が鈍ったので、グロージャンかな?ハースに並ばれていますが、このサイド・バイ・サイドのバトルはガスリーがポジションキープ。
ん、ライコネンが最下位に落ちてる…。
3コーナーでコースオフしたようです…一応、走れてるし、ウィリアムズの2台をかわしてはいるのだけれど、これはタイヤ的にもポジション的にも痛い。

ボッタスやフェルスタッペンはソフトタイヤの性能が劣化せずに、寧ろタイムが上がっています。
その後ろにいるフェラーリ勢は、タイヤにフラットスポット作ってペースの上がらないベッテルがまだルクレールの前に。
11周目にようやくポジション入れ替え。
ルクレールがベッテルの真後ろについてから3周くらい経ってたよね…この間に、フェルスタッペンはフェラーリ勢とのギャップを広げています。
ベッテルに代わり、ルクレールがフェルスタッペンを追いかけますが…どうか。

その後方では、サインツJr.とリチャルドが長い事接戦を演じています。
ルノーパワーユニットカスタマーのサインツJr.と、ワークスルノーのリチャルド…パワーユニットは同じスペックだったと思うし、持ち直してきた感のあるマクラーレンと不安なルノーというマシンの戦闘力の差もあるけど…やっぱこのサーキットは抜きにくいからね。

16周目、ベッテルのリプレイ…だけと、砂嵐だけだった。
タイヤが劣化しまくってるベッテルは早くタイヤ替えたいようで、無線でピットインを訴えています。
20周目まで許可は降りず、やっとピットイン…ん、左リアが遅れてる?何かあった?
タイヤ交換時間は4.4秒…ナットの2度締めをしていた?
26周目にピットインしたルクレールもやっぱり左リアが遅いね…これはホイールガンの不調のようだ。
41周目に行ったベッテルのピット作業では、タイヤ交換時間が2.2秒早かったので、ホイールガンを予備用と交換したと思われる。


25周目、遂にリチャルドがサインツJr.の前に出ました!
…双方ピットストップした後、気付いたら、いつの間にかまたサインツJr.が前に出てましたね。
激しいポジション争いだ。


26周目、ライコネンとクビアトのバトル。
クビアトが4コーナーでアウト側仕掛けて、オーバーテイク!
時代が時代だったら、大外刈って言われてたかも。


36周目、今度はベッテルがルクレールの前に出ています。
ルクレールはハードタイヤ、ベッテルはミディアムタイヤなので、戦略が違います。
普通に考えたら、ベッテルの方が速い筈だし、他のマシンの後ろにいてタイヤにダメージ受けやすいのは柔らかいタイヤを履いてるベッテルなので、すぐにポジション入れ替えした方が良いのですが…今回も、遅かったなぁ。
またしてもチームオーダー入るまで3周くらいかかってるっぽいし。
ベッテルは41周目に2度目のピットストップを行って、またルクレールの後ろになりました。


46周目、ストロールとノリスがクラッシュしてる!
2コーナーだ…。
1コーナーでアウト側から仕掛けたノリスがストロールの左リアを引っかけたみたい。
タイヤ同士の接触だったけど、ストロールはこれでスピンしてその場でストップ。
ノリスもコントロールを失って、グラベルに突っ込んだけど、まだ動けてる…あ、ダメージあるようで、止まったな。

黄旗からのセーフティカー!
この接触は54周目にレース後審議に。
その結果、お咎めなしになったようですが、双方のドライバーが納得していないとの話も…。

そして、ここでタイヤ交換祭りだ。
殆どのドライバーがピットインしています。
大体が2回目の筈。


ハミルトン、無線で「セーフティカー遅すぎる。」
と言っています。
めっちゃセーフティカーに近付いたり、コーナーでセーフティカーに並びかけたりしてる。
…まぁまぁ、タイヤ冷えちゃうし、気持ちは分かるけど、煽りなさんなwww


ここでリプレイ。
トロロッソはダブルストップだったか…って、クビアトのタイヤが用意されてないじゃない!
用意してたのはアルボンのタイヤ!
チーム内でのコミュニケーションミスのようだ…。
後ろに控えているアルボンも当然大幅なタイムロス。
更に、アルボンは左フロントのタイヤが準備されてなかった…。
先に入ってきたのがクビアトだったから、慌ててアルボンのタイヤを引っ込めたりしてたのだろうか。
このトラブルにより、アルボンは実に1分近くをロス。
クビアトは9番手で復帰したけど、アルボンは11番手のポイント圏外に。
トロロッソ勢はどちらも順位を落としていますが、セーフティカー中だったのがまだ救いか。
しかし、アルボンにしてみたら痛いよなぁ…抜きにくいサーキットで、コース上でオーバーテイクしないといけないし。


53周目、リスタート!
レッドブル勢は積極的に前を狙っているようですね…フェルスタッペンはちょっと出遅れたか。
ガスリーがルクレールに仕掛けていった!
しかし、ルクレールがポジションキープ!
1コーナーと2コーナーでハース勢がちょっと接触してる!
その影響でグロージャンが飛び出ています。
エスケープロードを通ってコースに復帰。
…あっと、ガスリーが3コーナーで遅れた!
後ろからマグヌッセンが仕掛けてきている!
サイド・バイ・サイド…ガスリー、堪えた!

後方では、サインツJr.がクビアトをかわして9番手に上がりました。

ハミルトンめっちゃ速いな…まだ1周しただけなのに、2番手のボッタスに約3秒差つけてる。


57周目、リスタート時と同じ感じのバトルをするハース勢。
またグロージャンがコースオフ。
さっきと同じルートでコースに復帰。
チームとしても怖いだろうなぁ…同士討ちしそうで。
2台共ポイント圏内だしね。


58周目、ホームストレートでサインツJr.がグロージャンに仕掛けた!
ホイール同士が接触、一瞬火花が!
グロージャン、またしてもエスケープ。
エスケープロードが彼専用のコースになってる…。
この接触は61周目に記録されましたが、お咎めはなかったようだ。

尚、59周目のホームストレートでサインツJr.にかわされた模様。
右京さんに「今度はグロージャンが得意なコースは使えませんね。」って言われてる。
このオーバーテイクでサインツJr.は8番手、このまま行けば母国入賞率100%を維持するぞ。


61周目、クビアトがグロージャンをかわして9番手に。
リプレイのクビアトの右ミラー、めっちゃ揺れてるんだけど。

続いて、アルボンがグロージャンをオーバーテイクしようと狙っています。
おっ、アルボンママきてるのね。
ポイント獲得できるかできないかの瀬戸際だし、どぎまぎものですね!
…そういや、決勝日は母の日だ。


66周目、ファイナルラップ!
国際映像はずっとグロージャンとアルボンのバトルを映していたけど、ハミルトンに切り替わる。
そして、ハミルトンがトップでチェッカー!
今季3勝目です!
ポールスタートのボッタスが2位でチェッカーを受け、メルセデスAMGが開幕から5戦連続ワンツーフィニッシュ!
これは史上初なのだとか!
3位にはフェラーリ勢をかわしたフェルスタッペンが入り、今季2度目の表彰台登壇だ。


そして、ファステストラップポイントもハミルトン!
彼は終盤にファステストを更新していました。
これで今後またボッタスが勝っても、1ポイントのアドバンテージはなくなりましたね。

後方では、アルボンがグロージャンへ最後のアタックを行っていたものの、オーバーテイクならず。
惜しくも11位でチェッカーを受けています。
ホンダパワーユニット勢は4台中3台がポイント獲得しています。

その他、サインツJr.が8位入賞して、母国での入賞率100番手を維持。
色々あったハース勢は今季初のダブル入賞。
グロージャンは今季初ポイント獲得となりました。
今週末は元気のなかったアルファロメオはライコネンも入賞ならず。
トップ3チームのドライバー以外で唯一全戦ポイント獲得していたのですが、それも4戦連続で途切れてしまいました。
スタートが全てだったかな…上手く行ってたとしても、ポイント取れる程の早さがあったかというと微妙だけど。


ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン!
尚、票はかなり割れたようだ。
ハミルトン、サインツJr.、マグヌッセン辺りも目立った活躍してたし。
クビアトもかな?


インタビュワーはDC先生。
開幕からの5連続ワンツーに言及するハミルトン。
通常、記録はあまり拘らない彼ですが、流石にチームとしての新記録なので、言及したのでしょうか。

ボッタス、スタートでクラッチにトラブルがあったそうで、それがポジションを失った原因だと言ってます。

インタビュー前にメルセデスのマシンを観察しているフェルスタッペン。
予選後インタビューで「4番手には飽き飽きだ」と答えていたので、3位入賞できて少し嬉しそう。
しかし、メルセデスとの差は歴然としているので、例えモナコだとしても、レッドブルが勝利を挙げるのは難しいのかもしれない。


表彰台控え室。
ダイムラーのディーター・ツェッツェ会長が訪問。
5月末で会長から身を引くらしいので、あの特徴的な髭も見納めになるのかも。
モナコは来るかなぁ…?

表彰台。
ディーター・ツェッツェ会長上がってるやんwww

いつもの。
そして更にいつもの。
ホント、君が代より聞いてるんじゃないかな、モタスポテーマソング・ドイツ国歌。

うーん、やっぱ個性的なトロフィだな…。

シャンパンファイト!
まず飲まないボッタス。
悔しかったからでしょうか。

会長を持ち上げるメルセデスの両ドライバー。
ちょっと怖いwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はピエール・ガスリー/レッドブル
7位はケビン・マグヌッセン/ハース
8位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
9位はダニール・クビアト/トロロッソ
10位はロマン・グロージャン/ハース

ここまでがポイント獲得

11位はアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
12位はダニエル・リチャルド/ルノー
13位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
15位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
16位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
17位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位はロバート・クビサ/ウィリアムズ

リタイアは…

ランス・ストロール/レーシングポイント
ランド・ノリス/マクラーレン


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(112Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(105Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(66Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(64Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(57Pt)
6位:ガスリー/レッドブル(21Pt)
7位:マグヌッセン/ハース(14Pt)
8位:ペレス/レーシングポイント(13Pt)
9位:ライコネン/アルファロメオ(13Pt)
10位:ノリス/マクラーレン(12Pt)
11位:サインツJr./マクラーレン(10Pt)
12位:リチャルド/ルノー(6Pt)
13位:ヒュルケンベルグ/ルノー(6Pt)
14位:ストロール/レーシングポイント(4Pt)
15位:アルボン/トロロッソ(3Pt)
16位:クビアト/トロロッソ(3Pt)
17位:グロージャン/ハース(1Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(0Pt)
19位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
20位:クビサ/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(217Pt)
2位:フェラーリ(121Pt)
3位:レッドブル(87Pt)
4位:マクラーレン(22Pt)
5位:レーシングポイント(17Pt)
6位:ハース(15Pt)
7位:アルファロメオ(13Pt)
8位:ルノー(12Pt)
9位:トロロッソ(6Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

| | コメント (1)

2019年5月 9日 (木)

忘れがち

当ブログ、ネタギレ・ふつうじゃないにっき が14周年を迎えました!!
忘れがちなんですけど、5月9日に始めましたので…。

いやぁ、ホント、始めた当時と今のテンションの差とか酷いですね!!
当時高校生でしたからね、しょうがないね!!
後、学校では抑制されてたからってのもあるね!!
酷いね!!

まぁ、そんなこったぁどうでも良いや。
それよりも、14周年です、14周年。
15年目…遂に擬人化キャラであるネギタレの設定年齢(15歳)に近付いて来ましたよ、来年じゃないですか。
ひぇ~。。

そして、間に合ってないな…w
いや、これからこれからw
まだだ…まだ行ける!!(何が


…思えば、こういうセルフツッコミも最近じゃめっきり見なくなりましたなぁ。


何はともあれ、15年目の当ブログも宜しくお願い致します!!









Meito_custard_pudding
メイトーのカスタードプリン。
久々に見たので、買ってしまいました。

昔から、うちで「プリン」と言えば、これでした。
甘すぎない、素朴な味が良いんですよねぇ~。

…カラメルの質感、変わった??






Tyounan_montaitio
こちらは、前から気になっていたラーメン屋さんのつけ麺。
「長男、もんたいちお」という中々面白い店名。

休日の昼下がりに行っても尚、行列が少しあったりして、結構人気な模様。
気まぐれ薬味のシステムが非常に面白く、つけ麺のつけ汁自体美味しい。
緬は卵の風味が強いと思ったけど、この感覚って初めてだったかも。
煮卵は固ゆででした(固ゆで苦手なんだよなぁ…)。

気まぐれ薬味でネギとか出てくる可能性もあるけど、これは嫁と行きたい。
他にも、色々と連れて回りたい店が結構あるんだよなぁ、この界隈。






続きからコメント返信!!

続きを読む "忘れがち"

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

しわくちゃ

いやぁ、時が経つのは早いですね!!






Anko_cream_2
Anko_cream_1
前にツイッターでやってた、ローソン合わせ。

「あんこ天国」ってパンに「プレミアムロールケーキのクリーム」を入れたやつ!
いやぁ、これはカロリーだね…w
欲しい時に良いねwww

「あんこ天国」自体、凄いあんこ詰まってて結構な重量があるので、食べ応えもあるし!
それにも関わらず、中に空洞があるのは、「お好きにどうぞ」としか思えない…w
ジャムとか入れても良いかも!!






そして、観てきましたよ…!
Detective_pikachu
「名探偵ピカチュウ」!

嫁とのスケジュールが合わなかったので、公開初日に観に行きました。
いやぁ、これは良いね…。
頭を空っぽにして観ようと思っていたけど、情報量多かった!
舞台となるライムシティの情景もニューヨークのようなメガシティなんだけど、路地とかはダウンタウンみがあるし、看板にも色々な小ネタがあったり。
第7世代までのポケモンが出てて画面がわちゃわちゃしてるし、人物も色々な人種がいるみたいで、情報量凄かったね!
しわくちゃピカチュウ可愛かったな…仕草とか、媚び売る時の大谷育江声とか。
続きは反転で。
違法バトル場での対リザードン戦で、わざの出し方忘れて力んでるピカチュウは可愛かった…リアルで劇場内がちょっとザワついたのも良かったなw
終盤で一人になった時に歌ってたのは、嫁曰く海外のアニポケの初代OPらしい。
それにしても、ピカチュウが発する下品な言葉は中の人がおっさんだからって、中々だよな…w
そのギャップが良かったw
逆に、中身がおっさんだから、ピカチュウ感ある仕草するとそれはそれで…w
折角のイケメンなのにwww
結末見ると、割と色々伏線貼られてたんだなぁ…と。
それにしても、乳首男は面白過ぎだろwww
一方で、ピジョンに乗って戦う場面とか、エレキボールやボルテッカーを放つシーンは恰好良かったね。
ホントに一番最初のシーンは研究施設とミュウツーの画面だったけど、ハリウッド製のモンスター映画とかパニック映画とかに結構良くあるシチュエーションでしたな。
ハリウッド的なのとか、日本的なのが良く混ざってて面白かったです。
最初のポッポが飛んでる映像から、既に感動ものだったよね。
バッフロン牧場とか本当にありそうな情景だったし、リアルな農村だとそんな感じになるんだろうなぁ…。
泣いている所から一転、人が近付いてきたと見るや威嚇するカラカラ。
ほねブーメランを足下に喰らう主人公とか、中盤に巨大ドタイトスから滑り落ちる所とか、終盤でメタモンがへんしんしたカイリキーに腹パン喰らう所とか、メタモンがへんしんしたバッフロンに突き飛ばされる所とか見てても、この世界の住人は体が頑丈なんだなって。
絶対怪我とかするぜ、あれw
スーパーマサラ人なだけでなく、殆どの人がそんな感じなのかもと思わされるねw
消防団のゼニガメとかアニメネタ出てきたのは嬉しかったね。
後、「10万歩目指してる」って科白はポケットピカチュウだね…懐かしいwww
そういう小ネタで言うと、ヒロインが研究所に行く時の衣装がポケGOの女主みたいだったっていう感想があったけど、確かにそうかも。帽子とか、上着とかそうだね。
ライムシティに向かう電車内で出てきたライムシティの説明とかそれっぽくて凄く良かったのと、同時に何だか胡散臭い感じもしてて好き。
モンスターボールのいらない街という触れ込みだったけど、その影響が終盤の事件に繋がった事を考えると、物語的には伏線だったし、もしかしたら黒幕は最初から狙ってたのかもとか。
そういや、メテノをパートナーにしてる人がいたら、モンスターボール持ってそうですけどね、殻が割れた時の緊急時用に。
「バトルも、トレーナーも、モンスターボールもありません」って標榜してるだけあって、あの街ではポケモンバトルが違法になってるけど、そのバトルを楽しむアンダーグラウンドな店があったりと、中々闇の部分もあったりして良く考えられてるよなぁって。
ポケモンに目を向けると、コダックもヒロインのパートナーとして出番が多かったけど、ピカチュウに足マッサージさせてる所とかは可愛かったw
後、ねんりきはやっぱり強かったな…相手にあくタイプ入ってるから効果はなさそうだが、吹き飛ばす程の力。
集団で襲ってくるエイパムとかゲッコウガのシーンとかはパニック映画みがあって怖かったなw
ゲッコウガの舌の使い方としては、やっぱりあぁなりますよねぇ…w
そして、終盤に活躍したメタモンの役者感よ…w
でも、目はあれだwww
ミュウツーもかっこよかったなぁ…基本的に考え方が恰好良かったね。
後、サイコキネシスは万能。
最後のシーンに出てきたゴルーグ、日の当たり方の関係なのか、色違いに見えたけど、どうなんだろう。
その他に出てきたポケモンとしては、色々とまぁ、感想あるんだけどw
ベロリンガのべろは舐められたくないと思ったw
プリンちゃんは一瞬だったけど、やっぱちょっとキモいなw
「無口でウザい」バリヤードの件は面白かったな…w
あっさり捕まってる割には、しっかり壁貼ってるのねw
そしてあのやり取りである。
最後に燃やされてる(パントマイム)しw
VSリザードン戦でピカチュウがコイキングが進化すれば行けるつってて、その通りになったんだけど、一拍遅かったから最早必要ない進化だったよねって…w
そういや、そこにはカメックスも出ましたね、バトルでゲンガーに負けてたけど。
その後もちょいちょい出てはいたけど。
フシギバナってどっかで出てたっけ…。
都市の描写ではバチュルやウォーグル、ワシボン、キュワワー何かも出てましたね。アパートの管理室のガラス窓に張り付いていたキモリ…。
ヤミカラスもいたっぽい??
それにしても、あのルンパッパはやっぱ♀なのかなぁ…ピカチュウが「お嬢さん」言って振り向いてたし。
人が連れてるので、ニューラやヒトカゲ、タブンネちゃんなんかもいたなぁ。警察や一般人の中にはガーディも。
街中に竹が生えてて、ヤンチャムの遊び場になってたし、その近くのベンチに座るゴロンダの姿も。
ルンパッパやプリンがいたバーにはチョロネコの姿も。
違法バトル場では、ドゴームがDJのスピーカー代わりみたいになってたな。
渡辺謙さんはブルーがパートナーでしたね…レジェンダリー繋がりで出たのだろうか。今回は字幕で見たけど、吹き替えも自分だそうだ。
回想シーンにはワニノコもいましたね。
後、カイリキーが交通整理しているのは非常に理に叶ってると思った。
カビゴンは堂々と道の真ん中で寝てたな…それにしても、もふもふだった。トトロみたいにお腹にダイブしたい。
ちらっとだけ出てくるイーブイはすぐにブースターに進化してましたな。
レアな所では、ネマシュが出たりしているのは吃驚だね。
フシギダネの群れと相まって、ちょっと幻想的な感じになってた。
ここら辺は、特に都市部の描写とかは小ネタやモブ含めて色々とネタが詰まってて一時停止しながらゆっくり眺めたい感じでしたw
そういや、血清Rの命名元って、やっぱりロケット団のRなのかな。
これ、ラストの後日談色々考えられて、観終わった後、飯喰いながら嫁と色々話してました。
そういう意味だと、想像力掻き立てられる終わり方だったし、勝手に進化したコイキングであるとか、ポケモンの働き方だとか、ポケモンの寿命だとか色々と考えさせられる話だったかなぁって。
いやぁ、レジェンダリー関わってるからそんな地雷にはならんだろうと思ってたけど、面白かったね!

| | コメント (1)

より以前の記事一覧