« シュパイアー、ヴォルムス、マインツのユダヤ人共同体遺跡群 | トップページ | コルドゥアン灯台 »

2022年4月24日 (日)

アルスランテペの遺丘

2020年分として登録された、トルコの世界文化遺産です。

トルコ東部・マラティヤ県の北東部に位置するバッタルガーズィ近辺の遺跡が世界遺産になりました。
ユーフラテス川にあるカラカヤ・ダム湖の西部に位置し、古来よりユーフラテス川の豊富な水資源を利用できた位置にあった都市のようです。

ミリド遺跡とも呼ばれるこの遺跡は、紀元前5千年頃の後期青銅器時代から鉄器時代…ヒッタイト、古代ローマ、ビザンチン時代に至るまで、祭祀と政治の場として使われてきた痕跡が残っており、アナトリア地方最古の集落都市とも言われています。
トルコで最も大きい遺丘の一つだそうで、その発展具合が伺えますね。
また、調査によって出土品として剣が見つかったり、世界最古の王家の墓があったりと多数の歴史的遺物が発見されているようです。


ICOMOSからは特に金石併用時代の遺跡が評価されたものの、保存面の課題が指摘された為、「情報照会」と勧告されていました。
世界遺産委員会では「異なる民族・文化が共通して珍重した文化的空間であり場所の精神を伝えている」と評価され、登録されました。
登録に際して、申請名の「アルスランテペの墳丘」から現在の登録名に変わっています。

保存面の課題は…解決したのでしょうか。。
まぁ、確かに、遺跡は野外博物館になってるんで、そういう所も含めての課題なんでしょうけど。。





雨の日が多いですが、気温は割と高い事が多いですね。
夏日に近いからか、歩いただけで汗ばみます。

そんな中、ワクチン3回目を打ちました。
2回目までは土曜日に打ってたんだけど、今回は場所の兼ね合いで平日に打ちました。
その日は腕の痛みがメイン。
お腹に来たっぽい感じはあったけど、酷くはなかったので翌日仕事行けるかと思って寝ました。
翌朝、発熱してました。
最高37.5℃くらいだったけど、その日は安静にする事に。
2回目までと違い、発熱までの時間が20時間くらい経ってからという少し遅いタイミングでしたね。
後、全身痛かったわw
その日は熱が下がりきらないで、37℃台で推移。
結局、熱が下がったのは次の日の朝、出勤前ギリギリのタイミングでした。
熱下がったし、体の痛みも引いたので仕事行きましたが、その日は流石に調子悪かったですね。。
少し頭も痛くなったし。
その翌日も起きた直後くらいから少し頭痛かったけど、普通に会社行って、夜には調子が戻って来てました。

そんな訳で、ブースター接種完了です。
ファイザーなので、抗体増えるのは2週間後かな?
3回目はモデルナの方が多く配られてるって話だったんですが、日時と場所が合わず、普通にファイザーになりました。




22_4_20_legends_mantenboshi122_4_20_legends_mantenboshi2
接種翌日、37℃以上出ていながらもやっていたアルセウスでようやくマンテンボシに!

22_4_20_legends_mantenboshi3
現時点で出会えるポケモンは全部集めたよね。
因みに、天冠の山麓まだクリアしてないです。






2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP予選!!

もうヨーロッパラウンドですね!!
…いや、次戦マイアミやわ。

今季初のスプリントフォーマットです!
週末の大まかな流れは変わらず、金曜午前にフリー走行1回目、金曜午後に予選、土曜午前にフリー走行2回目、土曜午後にスプリント、日曜午後に決勝レースというスケジュールで進んで行きます。
土曜午後のスプリント時、昨シーズンは上位3名にポイントが付与されていましたが、今シーズンから上位8名までポイントが獲得できるようになりました。
1位が8ポイント、そこから1ポイントずつ少なくなって行きます。

…おぉ、塩原さん久し振り!!
ポエム聞けるぞ!!

という事で、伝統の地、イモラ・サーキットです!!
ウェット状況だけど、ティフォシが沢山!

ここはイタリア、フェラーリとアルファタウリの母国グランプリです!
今回、ここまで好調なフェラーリの母国凱旋なんで、ティフォシ達が大盛り上がりしてます!


Q1
早速2台出てるな…メルセデス勢だ。
アルファロメオの周はソフトタイヤで出ている。
メルセデスのハミルトンは無線で「ドライタイヤの路面だ」と報告しています。
メルセデス勢はインターミディエイトで出てるけどね。
おっと、アルファロメオはボッタスもソフトタイヤだったか。
レッドブル勢はインターミディエイト、他のチームはソフトタイヤか。

残り12分40秒、ここでメルセデスのラッセルがソフトタイヤに交換!

あーっと、ウィリアムズのアルボンの右リアブレーキが燃えてる!
小さな爆発…右リアタイヤがバーストしてその衝撃で部品飛んだ…。

赤旗!
アルボンはピットに帰還。

日本時間0時17分、残り時間12分6秒から再開!
皆ソフトタイヤ履いてるし、路面は乾いていくからどんどん路面の進化が起こりそう。
最後にアタックするのが良いけど、皆狙ってくだろうし、バンカータイムは出したいよね。

リプレイ。
ハースのミックがブレーキをロックさせてシケインをカット。
アタックし直したのか、13番手に上げています。
残りは5分半。

リプレイ。
今度はウィリアムズのラティフィがスピンして芝生に。
芝生は濡れてるので、そこでまた滑って止まってしまっていました。
だからさっきセクター1、2で長めの黄旗出てたのね。

残りは1分半。
ラッセルが15番手、ハミルトンが16番手とメルセデス勢がピンチ!

おぉ、ハースのマグヌッセンが3番手だ!
ハミルトンは13番手!
ラッセルも11番手!
チェッカー!
ミックは10番手!
アストンマーティンのベッテルが8番手!
レッドブルのペレスは5番手!
ハミルトンが14番手!
ラッセルが12番手!

…おぉーう、ハミルトンが15番手でギリギリ通過だ。
ハミルトンは無線で「クレイジーだよ!」と言っています。
現状、4/1000秒でQ2進出か否かを争ってましたからね。

母国GPのアルファタウリ勢がダブルノックアウト!
チェッカー直前にアタックラップ入れなかったからか…。
ルーキーの周は4番手でQ1通過していますね!
凄い!
アルピーヌはアロンソが良い順位に入っている一方、オコンはクラッチに問題があってタイムが伸ばせずQ1敗退に。


Q2
おっと、雨雲か…?
各チーム、急いでコースインさせています。
すぐに雨が降ると予想していて、1周しかアタックする猶予がないとの事。
縁石が濡れているようで、気を付けないとスピンだ。

まずはフェラーリのサインツJr.がトップタイム。
フリー走行1回目ではチームメイトのルクレールと共にタイムを出し合っていましたし、良い感じなんでしょうねぇ~。
おぉ、レッドブルのフェルスタッペンがセクター2全体ベストからのトップタイム更新!
フェラーリ、すかさずサインツJr.に「もう1周行け!」と指示!
雨が降る前にもう1回行けるかな…?

あっ…サインツJr.、クラッシュ!!
赤旗!

何という事…。。
これにはティフォシも頭を抱える!

リプレイ。
最終コーナーで攻めすぎたか、リアからスピンしてウォールにヒット!

日本時間0時50分に再開とアナウンス。
…あ、雨が降ってきた!
これは…順位は決まったわ。

予選の計時は再開したけど、めっちゃ雨降ってるから誰も出てこれない。

レゴマックス君元気そうだなwww

残り2分半、ベッテルがコースイン。
Q3の準備の為に出たのでしょう。
ルクレールも出てきてますね。
雨天のヘルメットカメラ。
雫が凄い煩わしいの分かる。

…メルセデスのチーム代表、トト・ヴォルフが何かハミルトンに怒ってる感じ?
ハミルトンはヘルメット被ってるから分からんけど…。

気付いたら、ペレス、ノリス、アロンソと様子見に出てきてましたね。
ペレスのマシンから結構水飛沫が上がってるね。

チェッカー!
2012年の日本GP以来となるメルセデス勢不在のQ3へ!


Q3
アロンソ、ボッタス、マグヌッセン、ルクレールがピットレーン出口に並んでいます。
ペレスもスタンバってたか。

ルクレール、真横にスライドしてる…。
フェルスタッペンは挙動乱して少しコースオフ。

雨は上がったらしい。
残りは10分、アタック開始!

セクター2で黄旗…マグヌッセンがコースオフしてストップしている!!
赤旗!
あー、スピンしたのか。。
でも、何処も当たってない!
何とか動けてピットに戻れました!

5分後くらいに再開とアナウンス。
日本時間1時18分です。

アロンソ、再び先頭で待機中。
むちゃくちゃやる気満々!
マグヌッセンも並んでましたね。

残り7分、アロンソがアタックを開始!
あー、ミスった!
まずはルクレールがトップタイム!
フェルスタッペン、リチャルドとノリスのマクラーレン勢が続きます。

…ん?
また雨が来るの?

フェルスタッペン、セクター1全体ベスト!
セクター2も自己ベスト!
あっと、セクター3で黄旗。
すぐ戻った。
フェルスタッペンはタイム更新してトップタイムだ。

あっと、ボッタスがストップしている!
赤旗!

マシンを降りたボッタス、消火器をご所望。

フェルスタッペンのリプレイ。
ボッタスがストップしている横を通った時、黄旗を見て少しアクセル戻してるっぽい。
通り過ぎてからはグリーンフラッグだったからアクセル踏んで、そのままアタック続行したみたいだ。
今のレギュレーションだと、黄旗区間で有意にスピードを落としていればタイム取り消しにはなりません。

再び雨が降り始めていますね…。
残りは2分58秒。
コンディション良くなれば1アタックできる時間はあるか。

サーキット脇の川の流量、結構多いかも。

日本時間1時38分に再開!
フェルスタッペン、リアを滑らせながら先頭に!
ルクレール、ペレス、アロンソが並ぶ!
少し遅れてリチャルドも加わった。

再開!
フェルスタッペン、ルクレールどちらも先頭で走りたいようだ。
ルクレールがピットレーン出てからすぐに前を伺う素振りが。

フェルスタッペン無線「グリップないんだけど。」
少し水飛沫多いな…。
そんな中、アタック開始!

セクター2で黄旗!
あーっと、ノリスがクラッシュしている!!
やってしもーた!!
ノリスはまだアタック準備中だったぞ?!

残り38秒で赤旗!
これは予選終了!
フェルスタッペンがスプリントのポールポジション獲得、ルクレールがフロントローに並びます!
セカンドローの3番手にはノリス!
トップ3の平均年齢は23.3歳との事で、若いですねぇ。


ノリスはアストンマーティンのメディカルカーでピットに戻るようですね。
送迎だ。
インタビュワーはハイテンション芸人な元ドライバー、ダビデ・バルセッキ!

フェルスタッペン、煮えきらない終わり方だったけど、割と満足そうね。

ルクレールはやっぱ少し不満そうね。
…って、イタリア語でインタビューしてるな?!
バルセッキもイタリア人だしね。
ちゃんと英語でインタビューし直してくれるバルセッキさん。
これ、ノリス待ちもあるな?

ノリス、間に合った!
クラッシュしたけど、結構充実した表情してたな。

ピレリのポールポジションアワードのタイヤ、今回はドメニカリが進呈すんのね。

リプレイ。
ルクレールの無線。
「残念だ…。」

マグヌッセン無線。
「凄い結果だ!」
ピー。

今回、11コーナーと12コーナーのアクアミネラリでクラッシュしたりコースオフしたりしてる事が多かったな。
窪地にある複合コーナーで、微妙にバンプもあるっぽくて難しいコーナーの一つみたいです。
17コーナーのリヴァッツァ1と18コーナーのリヴァッツァ2の実質的な最終コーナーも難しいコーナーで、サインツJr.はここでクラッシュでしたね。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
3番手からはランド・ノリス/マクラーレン
4番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
5番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ

11番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
12番手からはミック・シューマッハ/ハース
13番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
14番手からは周冠宇/アルファロメオ
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

16番手からは角田裕毅/アルファタウリ
17番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
18番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
20番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ




2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPスプリント!!

今回のスプリントは21周で行われます!

ノリスの無線で、「ポツポツとだけど、雨が降るかも」という話も。
2コーナー側から小さい雨雲が接近中らしい。

グリッドにエマーソン・フィッティパルディとマッサ!!
ブラジリアン同士。

元サッカー選手のファビオ・カペッロ。
イタリア人である。

マクラーレンCEOのザク・ブラウンと、ペヤング先生、ジャン・アレジが懇談中。

F1のCEO、ステファノ・ドメニカリはジモティだそうで。
古巣・フェラーリの人と話してる。


ハミルトン、予選後のインタビューでトトとの言い合い?の話を振られて、歯切れの悪い感じに。


盛り上がってるティフォシ達!
雨…降るのかなぁ。


グリッド紹介から塩原節炸裂で凄い楽しい!

ミディアムタイヤスタートはハース勢とウィリアムズのラティフィのみ。
後はソフトタイヤだ。

フォーメーションラップ!
おっと…アロンソ、動けないか…?
あぁ、良かった。
動けた。

ラティフィの無線。
「前のアルファタウリの2台、ブレーキから火が出るぞ。」
煙が凄いからですかね。


塩原ポエムない…。
シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、スタートが悪い!
ルクレールがサクッとトップを奪取して大歓声!
フェルスタッペンは2コーナーの飛び込みでノリスにも並ばれていましたが、ここはポジションキープ!
その後ろではペレスがポジションを上げて5番手に位置しています!
サインツJr.も良いスタートを切って、2つ順位を上げた8番手を走行中。
ハミルトンは2つ順位を落として15番手となっています。
角田もポジションを上げているなぁ。

…あっと、セクター2で黄旗!
あー、周がクラッシュしてる!
サイドポッドから煙が…。。

セーフティカー!
そして、ガスリーがスローダウン。
右フロントタイヤが破損している。。

リプレイ。
ガスリーの右フロントと周の左リアが接触して周がスピンクラッシュ。
割と狭いコーナーで周がガスリーに被せた形になったから接触した模様。
ガスリーの無線。
ピー。
周も無線でピー。

ここでリチャルドのスタートリプレイ。
2コーナーのブレーキング時にマグヌッセンと軽く接触しています…。
マグヌッセンは少し挙動を乱したものの、大きなパーツの破損はなさそう。


5周目、リスタート!
アロンソ、シケインの縁石で跳ねて挙動を乱す!
後ろのサインツJr.が接近するが、ここはアロンソがポジションをキープ。

ここでマグヌッセンに白黒旗。
1周目のウェービングの為。
マグヌッセンはミディアムタイヤを温めたかったのか、オープニングラップでウェービングしていましたからね…。


7周目、サインツJr.がアロンソをかわして7番手!
大歓声!!
同郷の先輩を超えて行く!

ミニマップに周のマシンの位置も残ってるwww


8周目、今度はペレスがマグヌッセンをかわして4番手に!
ペレスは3番手のノリスを捉えられそうだなぁ。
後はサインツJr.が何処まで迅速に上がってこれるかでポジション決まりそう。


9周目、ボッタスがベッテルをかわして9番手!
ベッテルはアロンソをかわして8番手に入りたかった所ですが、逆に後退してしまいました。
アストンマーティンはまだペースが悪いようだ…。


11周目、リチャルドとマグヌッセンの5番手争い!!
その間にペレスがノリスをかわして3番手!
あっさりと追いつきましたね!
そして、リチャルドもマグヌッセンをかわして5番手に!
マグヌッセンは良くブロックしていたけど、まぁミディアムタイヤっつーのもあるしなぁ。
すぐ後ろにはサインツJr.が付いてきているので、何処まで抑えられるのか。


12周目、サインツJr.がマグヌッセンをかわして6番手!
大歓声!
ハースもマラネロの敷地にファクトリーあるけど、やっぱりティフォシはフェラーリやね!

マグヌッセンは7番手に落ちましたが、それでもまだポイント獲得圏内ですよ!


14周目、サインツJr.がリチャルドをかわして5番手!
さぁ、サインツJr.が挽回してきました!
前は親友のノリス。
何処まで進出できるでしょうか。


15周目、アロンソとボッタスに審議。
ウェービングしたから、との事だが…アロンソが先に挙げられてるし、アロンソへの審議かなぁ?

リプレイ。
ミックがベッテルをかわして10番手に!
師匠を超えて行け再び。
ミックはこの位置でスプリントを終えれば決勝レースはポイント圏内からスタートできるんだよね。

審議結果が出て、アロンソに黒白旗。
やっぱウェービング取られたのはアロンソでしたか。


17周目、フェルスタッペンがルクレールの1秒以内に入ってきた!
DRS圏内だ!
長らく1.5秒前後くらいのギャップでついて行っていましたが、ここに来て差を縮めてきました!
ルクレールは右フロントにグレイニングが出ているようで、これが影響してペース落ちてるみたいですね。
途中まで快調に飛ばしてたと思ったけど、タイヤ使い過ぎたか?


19周目、サインツJr.がノリスをかわして4番手に!
これでフェラーリ・レッドブル・レッドブル・フェラーリというオーダーに。
トップのルクレールはまだ耐えています!
フェルスタッペンをホイール・トゥ・ホイールには持ち込ませていませんね。

しかし、ルクレールも随分とマシンがスライドしています。
フェルスタッペンは攻めてるのもあってか、挙動ちょっと乱す場面がちらほらと。
こちらも結構タイヤ摩耗してきてるのかも?


20周目、フェルスタッペンがルクレールに接近!!
ホームストレートで捉えた!
2コーナーの飛び込みでフェルスタッペンがトップを奪取!
レイトブレーキングだったけど、2コーナーと3コーナーのシケインを耐えて、ポジションをキープ!


21周目、ファイナルラップ!
ここでペレスがファステスト!
スプリントではファステストポイントが付かない訳ですが。。

8番手を走行しているマグヌッセンはどうやらアロンソからポジションを守れそう!
アロンソも結構タイヤ厳しいのか、ペースが上がってませんね。。


フェルスタッペン、トップでチェッカー!
決勝レースのポールポジション獲得!
ルクレールが2位でフロントローに並びます!
フェラーリは2006年のミハエル・シューマッハ以来となるイモラでのフロントロー獲得となりました!
ペレスが3位、サインツJr.が4位で決勝レースをセカンドローからスタートします!
マクラーレンが2台揃ってポイント獲得しています。
ボッタス、流石のポイント獲得。
マグヌッセンは逃げ切って1ポイント獲得です!


インタビュワーは予選に引き続きダビデ・バルセッキ!

フェルスタッペンにインタビューした後、ルクレールを捕まえて観客を盛り上げるバルセッキ!
…あれ、終わり??

談笑してるフェルスタッペン、ペレス、ルクレール。

塩原さん「甲子園球場の阪神ファンに向けた場内アナウンスのような盛り上げだけでしたか?www」
川井ちゃん「ダビデ・バルセッキはあれで仕事したと言えるんですかね。」
何て言われ方…w

ジャン・アレジがトップ3にメダルをかけてる!
相変わらず赤が似合う。


インタビュワー変わった?!
ナオミ・シフ、ルワンダとベルギーの国籍を持つ女性ドライバーだ。
女性ドライバーによるフォーミュラカーレースシリーズ、Wシリーズのアンバサダーで、イギリスのテレビ番組Sky SportsのF1担当コメンテーターも務めています。

フェルスタッペン「多分、フェラーリはスタート良いよ!」
満足げな表情でしたね。

インタビュワー「凄い応援受けてどう?」
ルクレール「凄い嬉しいです!
イタリアに来る度に応援してくれて!」
凄い応援にニッコリのルクレールでした!

ペレスも上機嫌ですわwww
良い挽回しましたからね!


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
3番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
4番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
5番手からはランド・ノリス/マクラーレン
6番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
7番手からはバルテリ・ボッタス/アルファロメオ
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

ここまでがポイント獲得。

9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはミック・シューマッハ/ハース
11番手からはジョージ・ラッセル/メルセデスAMG
12番手からは角田裕毅/アルファタウリ
13番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
14番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
16番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
17番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
18番手からはアレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からは周冠宇/アルファロメオ


ドライバーズランキング。
1位:ルクレール/フェラーリ(78Pt)
2位:サインツJr./フェラーリ(38Pt)
3位:ラッセル/メルセデスAMG(37Pt)
4位:ペレス/レッドブル(36Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(33Pt)
6位:ハミルトン/メルセデスAMG(28Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(20Pt)
8位:オコン/アルピーヌ(20Pt)
9位:ボッタス/アルファロメオ(14Pt)
10位:マグヌッセン/ハース(13Pt)
11位:リチャルド/マクラーレン(11Pt)
12位:ガスリー/アルファタウリ(6Pt)
13位:角田/アルファタウリ(4Pt)
14位:アロンソ/アルピーヌ(2Pt)
15位:周/アルファロメオ(1Pt)
16位:アルボン/ウィリアムズ(1Pt)
17位:ミック/ハース(0Pt)
18位:ストロール/アストンマーティン(0Pt)
19位:ヒュルケンベルグ/アストンマーティン(0Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
21位:ベッテル/アストンマーティン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:フェラーリ(116Pt)
2位:レッドブル(69Pt)
3位:メルセデスAMG(65Pt)
4位:マクラーレン(31Pt)
5位:アルピーヌ(22Pt)
6位:アルファロメオ(15Pt)
7位:ハース(13Pt)
8位:アルファタウリ(10Pt)
9位:ウィリアムズ(1Pt)
10位:アストンマーティン(0Pt)

|

« シュパイアー、ヴォルムス、マインツのユダヤ人共同体遺跡群 | トップページ | コルドゥアン灯台 »

コメント

出土品の剣...戦闘用じゃなくて神具の類ですかね?それとも儀仗用かな。
「世界最古の王家の墓」ってめっちゃそそるワードですね!

マンテンボシおめでとうございます。
自分はまだコロトックすら倒してないですがナナツボシまで上がりました。

投稿: 炎樹 | 2022年4月24日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュパイアー、ヴォルムス、マインツのユダヤ人共同体遺跡群 | トップページ | コルドゥアン灯台 »