« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月27日 (土)

返り咲き

繁忙期前なのに何でこんなバタバタしてんだろう…。
疲れるなぁ。




21_11_23_pumpkin_pai221_11_23_pumpkin_pai1
晩秋だけど、妻が作ったカボチャパイ。
あっという間になくなりましたw






お船の秋イベ。

東北・北海道沿岸で秋刀魚漁支援を行った第1海域に続き、後段作戦となる第2海域・第3海域が開放されました。

第1海域は秋刀魚漁支援中にクリアしたので、第2海域から攻略する事になります。
この第2海域は「南号作戦」。
シンガポールから台湾を経由し、日本本土へ輸送を行うという作戦です。
大戦末期の作戦だった為、多くの輸送船や護衛艦艇が空襲、潜水艦による襲撃を受けて損傷したり沈没したりしたそうです。

さて、この海域は2段階に分かれています。
1段階目は輸送作戦…ですが、輸送ルート出現ギミックを解除する必要があります。
ギミックの指定箇所は難易度「甲」で3か所。

21_autumn_e2_1_1_g1
スタートはベトナムのカムラン湾沖付近。
どうやら、南シナ海を舞台としたマップになっているようです。

基地航空隊は台湾。台南空港辺りでしょうか。
台南海軍航空隊が開いた台南基地が元のようです。

一旦南沙諸島付近まで進み、北上して西沙諸島付近へ。
そこから更に中国本土へ近付き、香港近海へ。


21_autumn_e2_1_2_g2
もう1か所はフィリピンのルソン島方面へ向かい、そこから中国本土方面に向かった南シナ海上。
おそらく、東沙諸島付近。

2ヶ所共潜水新棲姫率いる潜水艦隊を倒します。


21_autumn_e2_1_3_g_kouryaku1
ギミック解除編成1。
軽巡、軽空母、駆逐4。

軽巡は輸送作戦の時に輸送量が稼げて、対空カットインも出せる鬼怒を起用。
軽空母は瑞鳳。途中に空襲戦があるので、艦戦を多めに積んでいます。
艦攻は対潜強い機体を一応積んだけど、あんまり意味なかった。
駆逐艦は対空カットイン用に照月を編成。
他3隻は対潜仕様。海風は大発も積めるので、輸送作戦の時に活用できるかと思って起用。


21_autumn_e2_1_4_g_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成1。

第1部隊は局地戦闘機とロケット戦闘機で防空に。
第2部隊は東海+対潜の強い天山(九三一空)を編成し、目的の各潜水艦隊へ。
…東海3つしかないので、こんな感じになりました。


21_autumn_e2_1_5_g1
ギミック3か所目はフィリピンと台湾の間、バブヤン諸島を抜けた先。
バリンタン海峡とかルソン海峡付近ですね。
ここは2回敵艦隊を倒すとギミック達成されます。

これでギミックが解除され、輸送ルートが出現しました。
ここから輸送作戦スタートとなります。


21_autumn_e2_1_6_g1_kouryaku2
ギミック解除編成2。
今度は軽空母率いる水上艦隊との戦いなので、メンツはそのままに装備だけ変更。
駆逐艦2隻の対潜装備を対空カットイン装備に変更。
山風は基地航空隊のフォローにソナーを装備している関係で、水雷見張員・レーダー・魚雷の夜戦カットイン仕様。


21_autumn_e2_1_7_g1_kitikoukuu2
基地航空隊ギミック解除編成2。
編成変わっていません。
対潜部隊を道中2戦目の潜水艦隊へ向けています。






F1第20戦カタールGP決勝!!

3連戦の最後…ブラジルからの移動だけでも疲れちゃうよね。
しかし、良い夕陽だ…。

ピットロードを歩くアルピーヌのアドバイザー、アラン・プロストとマクラーレンのチーム代表、ザク・ブラウン。
あっ、ベッカムだ。
デンマーク代表のゴールキーパーもいるようです。
何だかサッカー関係者が多いね?
…と、夜にサッカー選手との交流があったらしいね。
楽しそうにPK合戦やってるやん。

カタール空軍のエアショー部隊による編隊飛行。
カタール国旗カラーのスモークを出しています。
この機体、ピラタスPC-21(スイス製)初等練習機だそうで…ブルーインパルスと同じ、練習機なのね。

いやぁ、それにしてもサッカー選手多いね。
そして、カタールのVIPも。

ジャン・トッドと話すレッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナー。

カタールのVIPと話すF1マネージングディレクター、ロス・ブラウン。

ベッカム、ラッセルと話してたかな?
同じイングランド出身だ。

ルクレール、ラッセルが会話中。
そこにガスリーも来た。

カタール空軍飛び回ってる!


カタール国歌!!
青少年合唱団とかかな?
前回に続き、国歌に乗るリチャルド。

さっきから度々映るサッカースタジアム。
良く見たらトロフィがワールドカップのものだ!!
来年のサッカーワールドカップがカタールで行われるからのようです。
だからサッカー選手との交流があったり、サッカー選手多く来てたりするのね。

夕方は空もハッキリとクリアに見えてたけど、日が沈むと何かモヤッてる感じに。


Q3での黄旗無視でフェルスタッペンは5グリッド降格、ボッタスは3グリッド降格ペナルティ。
それぞれダブルイエロー無視、黄旗無視によります。
サインツJr.も合わせて召喚されていましたが、お咎めなしでした。

これにより、ガスリーがF1キャリア初のフロントロースタートに。
アロンソ、ノリスがセカンドローに並びます。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
3番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
4番手からはランド・ノリス/マクラーレン
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
7番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
8番手からは角田裕毅/アルファタウリ
9番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
10番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

11番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
14番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
17番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース


ワールドカップトロフィとF1優勝トロフィが揃い踏み。
記念撮影されています。
ワールドカップトロフィ持ってるのはどちら様…?
FIFA会長とかだろうか?

スタートタイヤはソフトタイヤとミディアムタイヤが半々くらいに。
…ふむ、ペレスはミディアムタイヤを選択したか。

ハミルトンのフォーメーションラップ、最後コーナー手前くらいからかなりゆっくりに。
慎重に温めてるのかな?


シグナルが…ブラックアウト!!
ガスリーは2番手を維持して1コーナーを通過。
しかし、その後にアロンソがガスリーをオーバーテイクしています。
そして、フェルスタッペンが早くも4番手にまでポジションを上げている!
逆に、ボッタスは11番手にまでポジションを落としています。


2周目、ペレスがストロールをかわして9番手に。
ハミルトンがトップを守り、アロンソ、ガスリー、フェルスタッペンが続く。


4周目、フェルスタッペンがガスリーをかわして3番手に。
空気の渦が見える…湿度は75%なのだとか!
砂漠の中だし、日没直後なのに。


5周目、フェルスタッペンがアロンソをかわして2番手に!
ペレスは角田をかわして8番手に上げています。


7周目、ペレスがサインツJr.に仕掛ける!
1コーナーで挙動を乱してサインツJr.が再逆転。
ラインを外れると、砂でグリップしないみたい。
次の周でペレスが再度仕掛け、オーバーテイク成功、7番手だ。


9周目、ホームストレートでスリーワイドに!
角田がストロールとボッタスにかわされています。
ボッタスは上手い事、前2台のトーを得られましたね。
次の周に角田はピットインして、ミディアムにチェンジ。
ソフトタイヤが持たなかったか?


12周目、ベッカムはマクラーレンのガレージで観戦。
ガスリーは同じソフトタイヤのノリスにもかわされています…そろそろタイヤが厳しいか?


13周目、ペレスがガスリーをかわして5番手。
ガスリーは次の周にピットインしました。
アルファタウリ勢のソフトタイヤの持たなさは何だ…?


16周目、ペレスがノリスをかわして4番手に。
追い上げてきました!

ここ数周、ハミルトンがファステストを連発しています。
2番手のフェルスタッペンとの差が少し開いて来ている状態。

一方のボッタスはサインツJr.をかわして7番手を走行。
ホームストレートでオコンをかわして6番手に上がってきました。

…抜きにくいサーキットだと思われていましたが、割と抜きやすい?


18周目、ここでフェルスタッペンがピットイン!
ハードタイヤに交換、タイヤ交換時間は2.2秒と良いタイム。
アロンソの目の前で復帰。

ハミルトンは次の周でピットインしてカウンター打った!
コースに復帰した段階でフェルスタッペンとのギャップは9.3秒。
ピットイン前とギャップが変わらないんで、アンダーカットしづらい特性のサーキットのようです。


20周目、ここでペレスがピットイン。
タイヤ交換時間は2.7秒、少し時間かかったな。
12番手で復帰。
ここからピットインするマシンが何台もいる筈だけど、また抜いていく必要があります。


22周目、ボッタスがノリスを追いかけています。
ホームストレートでDRSを開いてはいるけど、ライン外してるな…冷却目的か?


26周目、ペレスがリチャルドをかわして8番手。
次はアロンソを狙います。


27周目、ルクレールとアロンソとペレスのバトル!
アロンソがルクレールに仕掛ける…おっと、ルクレールがタイヤをロック!
その間にアロンソがルクレールの前に。
ペレスがルクレールのアウト側から狙うも、少し押し出されている。

ペレスはその後、曲がりくねった区間でルクレールをかわしました。
7番手です。

サインツJr.の無線。
何かピーピー言ってるのはハウリングなのか。
一度ピットイン指示出てたけど、普通にピットレーン入口を通過。
無線トラブルでピット指示が聞こえなかったみたい?


28周目、ここでピットイン指示が聞こえたサインツJr.がピットイン!
…おっと、ルクレールも入った、ダブルピットストップだ!
フェラーリがこれやると、特に怖いんだけど…無事にクリア。


30周目、ペレスがアロンソに仕掛けた!
サイド・バイ・サイド!
互いに少し押し出しながらもバトルを展開。
ペレスが前に出ました、4番手です。


31周目、ハミルトンが飛ばせばフェルスタッペンも飛ばす。
ギャップはハミルトンがピットを終えた後より少し縮まって、約7秒。
ハミルトンも余力ありそうなので、容易に差を縮められるようには思えない感じですね。


34周目、ボッタスの無線!
パンクした!!
黄旗!
ボッタス、左フロントタイヤが壊れてコースオフ!!
何とか復帰するも、盛大な火花を上げている!!
その間にペレスとアロンソがボッタスの前に出ました、3番手と4番手だ!

ピットに戻ってこれたボッタスはノーズも交換し、11.4秒の作業時間でコースへ。
ラッセルの前、14番手で周回遅れにもなってしまっています。
しかも、割とパンクしたまま走行していたから、ボディにもダメージがあるかもしれません。


39周目、湿度は80%にまで上がっているようだ。
空気の渦が良く見える。
フェルスタッペンの無線。
「ゆっくりバイブレーションが出てる。」
タイヤに負荷がかかっている可能性があります。
さっきのボッタスのを見た後だからなぁ。。

翌周、ハミルトンも無線でゆっくりバイブレーション出てると報告しています。
どちらももう1度ピットに入りそうな雰囲気。


42周目、ここでフェルスタッペンが2度目のピットイン!
レッドブル陣営が早めに動いてきた!
タイヤ交換時間は2.1秒、かなり早いぞ?
タイヤはミディアムタイヤだ。

…おっ、ペレスも入れるのか。
ダブルピットストップだ。
ペレスは7番手で復帰。
前には1ストップ作戦のマシンが何台かいるので、追い抜いて来ないといけません。

そして、フェルスタッペンに反応してハミルトンもピットイン!
メルセデス…ハミルトン陣営はフェルスタッペンの動きを見て同じ動きをすれば良いから、戦略的には楽な戦いだ。
ファステストは現在ハミルトンが保持していますが、フェルスタッペンは後ろのアロンソに対して35秒くらいギャップあるから、順位を失わずピットインできる。
なので、最後にピット入ってのプランFができる。


46周目、ライコネンのリプレイ。
1コーナーでアウト側からラティフィに仕掛けた時に危うく接触しそうに。
ラティフィを避けながらサイド・バイ・サイドを維持し、その後オーバーテイク!
一瞬危なかったけど、流石ライコネン。
無線で悪態つきながらバトルしてたんだろうなぁ…。
川井ちゃん「引退したらこんな面白い事できなくなっちゃうよぉ〜?」

3番手を走るアロンソの無線。
「エステバン、ライオンみたいに頑張れ。」
オコンはストロールとペレスの前、5番手。
彼がこの2台を抑えてくれれば、1ストップ作戦のアロンソは表彰台フィニッシュが見えてくるという場面です。
因みに、「ライオンみたいな」ってフレーズはオコンがハンガリーGPで優勝した時に飛び出したコメントのようで。
この局面でそれを借用してくるの、凄い。


47周目、ストロールをかわしたペレスの無線。
ペレス「何でボックスしたの?」
エンジニア「表彰台狙ってるからね。
1ストップだと最後キツくなるよ。」

そのペレスがあっさりとオコンをオーバーテイク。
しかし、オコンも食らい付いて行きます!
曲がりくねった区間で何度かサイド・バイ・サイドにまで持ち込むが、逆襲までは行かず。
オコンはチームから無線で焚き付けられてたから、頑張ったが、流石に厳しかったか。


50周目、この場面でノリスがピットイン。
そしてボッタスの無線。
リタイアするようだ。

…んっ、黄旗!
あーっ…今度はラッセルの左フロントがパンク!
緊急ピットインだ。
って、左フロントが外れない!
外れた!

どうやら、ノリスのピットインもパンク起因だったようだ。
1ストップ作戦勢のタイヤが次々と限界を迎えて行く。


52周目、今度はラティフィがパンク!
やっぱり左フロント。
ノリスは分からんけど、パンクした3台に共通しているのは、いずれも左フロントという事と、周回数が30周前後で壊れている事。
後者はノリスにも当てはまるね。
後、メルセデスPU勢。

ラティフィはピットロード入口を過ぎてからタイヤが壊れた為、1周しなければいけない!
しかし、1周は持たないか…コース外でストップしてしまいました。

いずれのパンクも特に前兆なく発生しているようで…怖すぎる。
唯一の前兆がゆっくりバイブレーション起きる事だったりして?


55周目、ここでフェルスタッペンがファステスト!
そして、5位から9位までが1秒前後くらいの等間隔になっていて接戦なんだが?

ここでバーチャルセーフティカー!!
ラティフィのマシンを撤去する為ですね…意外に時間かかりそうだからかな?


56周目、この機会を逃さずフェルスタッペンがピットイン!
ソフトタイヤに履き替えます!
これは…プランF!
ファイナルラップでバーチャルセーフティカー明ければ、ファステストの更新が狙えます。
…既にファステスト持ってるけど。


57周目、ファイナルラップ!
このタイミングでバーチャルセーフティカーが終わった。
フェルスタッペンはまだファイナルラップに入る前だから、これはファステスト更新狙ってくるでしょう。

バーチャルセーフティカー入ったから、ペレスはアロンソに届かなかったねぇ…。
そして、1ストップ作戦のアロンソはこのラップを走り切れば表彰台だ、凄いぞ!

チェッカーは走り高飛びの選手が担当するようだ。
東京五輪の金メダリスト、ムタズ・エサ・バルシム選手。
イタリア代表の友人と同記録になって、金メダル分け合った人だったような。

そして、ハミルトンが金メダリストのチェッカーを受けて、ポール・トゥ・ウィン!
新サーキット初の優勝者はハミルトン!
フェルスタッペンがしっかりとファステストを記録し、2位でチェッカー!
ファステストラップポイントの+1ポイントを獲得しました!

アロンソはハードタイヤで33周する1ストップ作戦で3位入賞!
2014年ハンガリーGP以来、7年3ヶ月26日振りの表彰台です!
これは史上2番目に長い記録。
最も長い期間かかって表彰台に戻ったのは、アレクサンダー・ブルツの7年9ヶ月11日(1997年イギリスGP〜2005年サンマリノGP)だとか。

当然のように、ドライバー・オブ・ザ・デイはアロンソです!

ホームストレートの縁から盛大に上がる花火!
夜だから綺麗に映えるなぁ〜。

トップ3へ、等しく大歓声が上がります!
良いねぇ〜!

フェルスタッペンの無線。
ホーナー「最高のダメージリミテーションだったね!」

マシンを降りたフェルスタッペン、むちゃくちゃ汗かいてる。
蒸し暑かったんだな…。

サーキットの照明がコースに沿って動いてるwww
東京フレンドパークⅡのフラッシュザウルスかな?


インタビュワーはJB!

ハミルトン。
「分かりやすかったですし、ちょっと孤独でしたけど。
バトルがあるのも良いけど、今日はポイントが必要だったので良かったです。」
「緊張する1年だったので、2戦連続で優勝できて良かったです。」と1年の総括みたいなコメント。


フェルスタッペン。
「楽しいトラックですよ。楽しいですし、デグラデーション的にもタイヤに厳しいです。」
「良い気分ですよ。
最後まで厳しい戦いになると思います。」
チャンピオン決まるまで、後2戦。

アロンソ。
今回はシートにおしっこ引っ掛けられないから安心だねwww
「今日は第1ラップからルイスをかわせるかな、と頑張ったんですがね!」
「数レースギリギリの時もあったし、ソチの時もギリギリでしたけど。」
1ストップ作戦は他チームのデグラデーションを見ながらだったそうで。
バトン「F1楽しい?」
アロンソ「これを長い事待ってました!」
嬉しそうだよなぁ、7年振りだし。


ルーカスと抱き合うハミルトン。

アロンソのドライバー・オブ・ザ・デイインタビュー。
「昨日も今日も良かったですし、タイヤも上手くマネージメント出来ました!」
普通にコメントしてた。


表彰台。
合計100歳、平均年齢33歳www

イギリス国歌からのドイツ国歌。
2戦連続いつもの。

ファイト!!
フェルスタッペン、アロンソにかけに行く。
アロンソめっちゃ笑顔でフェルスタッペンにかけてるwww

アロンソ、表彰台横から何かやってるwww
ボトルを下のチームクルーに渡していました!
その光景を見ながら、森脇さんがめっちゃビビってるwww
「割れちゃう、割れちゃう!」
「あぁ、振っちゃダメ、振っちゃダメ…!」

中東なので、おそらくスパークリングワインではなくて炭酸の果実ジュースだと思われる。

川井ちゃん「キミがいたら分かったんですけどね。キミが飲まなかったら『あ、お酒じゃない。』」


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
4位はセルジオ・ペレス/レッドブル
5位はエステバン・オコン/アルピーヌ
6位はランス・ストロール/アストンマーティン
7位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
8位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
9位はランド・ノリス/マクラーレン
10位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
12位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
13位は角田裕毅/アルファタウリ
14位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
15位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
16位はミック・シューマッハ/ハース
17位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位はニキータ・マゼピン/ハース

リタイアは…
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
バルテリ・ボッタス/メルセデスAMG


ドライバーズランキングはフェルスタッペンとハミルトンの差が8点に縮まりました。
次のサウジアラビアでハミルトンが優勝+ファステストラップポイントを取り、フェルスタッペンが2位フィニッシュだと同点になります!
ノリスとルクレールの差も1点と接戦。
サインツJr.も近い位置にいるけど、流石に後2戦でノリスまでは届かないか。

そして、コンストラクターズランキングもメルセデスAMGとレッドブルの差が5点に縮まっています。
こちらはペレスとボッタスの差で決まりそうです。
同点だったアルピーヌとアルファタウリの戦いは大量得点を獲得したアルピーヌに対し、アルファタウリはノーポイントと苦しい状況に。

ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(351.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(343.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(203Pt)
4位:ペレス/レッドブル(190Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(153Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(152Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(145.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(105Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(92Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(77Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(60Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(43Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(34Pt)
14位:角田/アルファタウリ(20Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(10Pt)
17位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:ロバート・クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(546.5Pt)
2位:レッドブル(541.5Pt)
3位:フェラーリ(297.5Pt)
4位:マクラーレン(258 Pt)
5位:アルピーヌ(137Pt)
6位:アルファタウリ(112Pt)
7位:アストンマーティン(77Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(11Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

秋から冬へ

あっという間に11月も下旬…いやぁ、もう12月ですね。。
1年あっという間でした。



そして、B金剛石は今ノモセ。
湿原で遊んでから先に進む予定です。




先日食べたカレー。
21_11_20_kan_meshi

…。

21_11_20_kan_meshi2

…。

21_11_20_kan_colle


うーん、似てる。

っていう訳で、お船。
秋イベントの後段作戦が始まっているので、ぼちぼちやり始めるかなーって所です。

21_autumn_kaizyougoei_hondokinkai_no_bou
秋刀魚祭り終わったから、第1海域のイラストが差し変わってるw







F1の話。

アルファロメオは2022年にジョヴィナッツィに代えて周冠宇を起用する事を発表。
初の中国人フルタイムF1ドライバーとなりました!
これで2022年のグリッドには角田、周、アルボンとアジア人及びアジア人を方親に持つドライバーが3名並ぶ事に。

2022年のドライバーラインナップが確定しました。

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン/イギリス
ジョージ・ラッセル/イギリス

レッドブル
マックス・フェルスタッペン/オランダ
セルジオ・ペレス/メキシコ

フェラーリ
シャルル・ルクレール/モナコ
カルロス・サインツJr./スペイン

マクラーレン
ランド・ノリス/イギリス
ダニエル・リチャルド/オーストラリア

アルピーヌ
フェルナンド・アロンソ/スペイン
エステバン・オコン/フランス

アルファタウリ
ピエール・ガスリー/フランス
角田裕毅/日本

アストンマーティン
セバスチャン・ベッテル/ドイツ
ランス・ストロール/カナダ

アルファロメオ
バルテリ・ボッタス/フィンランド
周冠宇/中国

ウィリアムズ
アレクサンダー・アルボン/タイ
ニコラス・ラティフィ/カナダ

ハース
ミック・シューマッハ/ドイツ
ニキータ・マゼピン/(ロシア)




F1第20戦カタールGP予選!!

初開催!
トワイライトレースだ。
…空気がモヤッてるように見える。
砂かな?

暗くなってきて、照明で照らされるサーキット。
暗闇の中に浮かび上がる様はバーレーンを彷彿とさせる光景。
いやぁ、まぉ、地域的にとても近いんだけど。

ハミルトンは特別ヘルメット。
レインボーカラーになっているね。
これは…反人種差別のキャンペーンかな?

COTAに続き、ジョージ・ルーカスさんが。
メルセデスのガレージにいます。

盛り上がる観客。
結構入ってそうですね。


Q1
ハース勢が真っ先にコースイン。
マゼピンの無線。
「予選に間に合うように働いてくれてありがとう。」
フリー走行2回目をシャシー交換で走れてなかったうえに、直前のフリー走行3回目もパワーユニットトラブルで走れない不運も重なり、厳しい週末になっています。

…っと、マゼピンのフロントウイング翼端板が壊れてる。
前方部分が上向きになって、後部が地面を擦ってるな。。
うーん、マゼピンへの試練は続く。

他がソフトタイヤでアタックする中、ガスリーが唯一人ミディアムタイヤでアタックしています。
これは…何か意図が。
ソフトタイヤの節約?

フェルスタッペンのリア方向オンボードカメラ。
物凄い火花!
喰らいからかなり綺麗に見えます。

フリー走行に続き、アルファタウリ勢は好調を維持。
しかし、アルピーヌも負けていないですね!
アロンソがここで3番手だ!
チームメイトのオコンは8番手。
どうやら、ブレーキングで振動が起きていたようで。

残りは5分。
ここでメルセデス勢からトップを奪ったのはフェルスタッペン。
フリー走行でのリアウイングのトラブルは取り敢えずどうにかなったようだ。
DRS開くとフラップがパタパタするの。

残り1分半。
15番手のルクレールもアタック準備。
フリー走行3回目、予選1回目のアタックとリアが滑りやすい傾向が出てやや不安定な状態です。
…って、最終コーナー前の渋滞すげぇ!
ルクレール、紳士協定を破って隊列を抜く。
時間的には大丈夫だろうけど、タイヤ冷えるし、セクター2以降が乱気流で辛いだろうからね。
っと、更にリチャルドがルクレール抜いて前に出たわ。
ラストアタックに入って行きます。

チェッカー!
ライコネンは14番手でギリギリ!
ラティフィも15番手で当落ライン上だ。
ジョヴィナッツィは16番手でノックアウト。
ガスリーが5番手!
ベッテルは6番手!
サインツJr.が4番手に上げた!
ミックは18番手と健闘。
リチャルドは9番手だ。
ルクレールはセクター3で全体ベストを叩き出して10番手に滑り込んだ!
ラッセルは12番手で安定のQ2進出!
ストロールは8番手だ。
ここでハミルトンがトップに!
角田は6番手に上げている。
オコンは10番手で通過。
アロンソが6番手に入ったぞ!
苦しんでいるマゼピンは20番手で予選を終えました。

ライコネンのオンボード、車検中。
予選が見られるの、後2回か。。

角田はセカンドランでソフトタイヤの2本目を使ったらしい。
Q3行っても辛いな。

リプレイ。
ベッテルがピットレーン出口でガスリーを抜いて前に。
ガスリーの無線「セバスチャン、あれやっちゃダメなのでは?」

ノリスのリプレイ。
おっと…コーナーで前のアルピーヌに当たりそうに。

ペレス、ガレージで何やら作業。
リアウイングか?

マゼピンは無線で悔しさを爆発させています。
予選後インタビューで自分の走りに納得できず、涙する場面も。


Q2
ラッセルが真っ先にコースイン。

ステファノ・ドメニカリとジャン・トッドの元フェラーリ上層部メンツがカタールのVIP…王族?をおもてなし中。
F1のCEOとFIA会長がもてなしてるんだから、相当な人達だろうな。

アルファタウリ勢だけソフトタイヤでアタックしているようです。
他はミディアムタイヤ。

ガスリーがセクター1で全体ベストを出し、2番手に!
ハミルトンがトップタイムだ。
彼はミディアムタイヤながら、Q1のソフトタイヤでのタイムより速いタイムを出している。

あ、アロンソもソフトタイヤ使ってるな。
セクター1で全体ベストを記録し、6番手。
一通りアタックを終えて、ペレスが12番手と振るわない。

またドメニカリとトッドのおもてなしシーン。
そして残りは5分でコース上はラッセルのみ。
少しタイヤをダートに乗せて砂煙が。。

残りは3分、ラストアタックに出て行きます!
サインツJr.がミディアムタイヤで出ている!
他は皆ソフトタイヤ。
メルセデス勢とフェルスタッペンもソフトタイヤで出てるけど、Q3の練習でしょう。

うーん、サインツJr.はタイム更新できず。
後続の状況を待つだけに。
ノリスが8番手に上がり、サインツJr.は9番手だ。
ルクレールは11番手と届かず。
ストロールが11番手だ。
チェッカー!
角田は5番手タイム!
リチャルドは13番手でノックアウト。
オコンが5番手に上げている!
ベッテルは8番手だ。
おぉ、アロンソが3番手!
ペレスは11番手でノックアウト!
チェコ応援団。

サインツJr.、ギリギリ10番手で通過した!!
今回、チーム代表のマッティア・ビノットいるのに!!
(チーム代表いると駄馬になるみたいなジンクスが…。)

ペレスの車検風景。
無線。
ピー。
レッドブルは1台失ってかなり痛い状況。
しかし、チェコ応援団は盛り上がってるなwww


Q3
メルセデス勢が真っ先に動いた!

ガレージでペレスのリアウイングが検査受けてる。
DRS開き過ぎてないか、だね。

トト、割と余裕そうな表情。

ハミルトン、セクター1て少しミスっても速い!
ボッタスよりタイム良いじゃん。
フェルスタッペンが2番手。
ガスリーは相変わらず4番手と良い位置につけていいます。

フェルスタッペンのリプレイ。
リアウイングがパタパタしていない、応急処置だろうけど大丈夫なようだ。
…ん、順位がアロサイだ。

残り3分55秒。
早くもハミルトンがコースイン!
角田も向かった。
ここら辺から続々とアタックに向かって行きます。
やや間を置いて、フェルスタッペンが最後にコースイン。
オレンジアーミーの皆さんも盛り上がる!

ハミルトン、まずはセクター1全体ベスト!
セクター2も全体ベストを重ねている!
1分20秒827、速い!!
あーっと、セクター3で黄旗!
緑旗に戻った。
チェッカー!
あ、黄旗…すぐグリーンになったな。
何だ?

…ん、また黄旗出てる?
あーっと、ガスリーがホームストレートでストップ!
マシンにダメージがあるようだ。
でも旗はグリーンのままだ。

フェルスタッペンはタイムを上げたけど2番手。
ボッタスはタイムを更新できず3番手。
ハミルトンがポールポジション獲得!

ガスリーは右フロントタイヤを破損している模様。
リプレイ。
15コーナーの外側縁石でフロントウイングを破損し、その破片がタイヤを切ったようだ。
その時点までボッタスを上回っていただけに、惜しい。。


インタビュワーはDC先生!

フェルスタッペン。
「ペースはやはりなかったですね。」
「明日はスタートを上手く決めたいと思います。」

ハミルトン。
まずは観客に挨拶。
「昨夜も深夜までエンジニアに色々と協力してもらいました。」
「最後のラップはホントに最高でした!」
DC先生「身体的にもキツいみたいだけど?」
ハミルトン「水曜日からちょっと、お腹が痛くて。
でも、今日は嬉しいです!」
体調不良でこれかい、凄いな。。

ボッタス。
土曜になって急にフィーリング悪くなったらしいけど、原因分からんって話でした。
この後分析して解明するしかないね。

沙漠を照らす黄色い月、綺麗。

レッドブルとしてはペレスが後方に沈んで1対2というのが辛い所。
更に、サポートレース等もない為、偶数グリッド側の路面が汚れたままというのもスタートの蹴り出しに影響するので辛い所。
沙漠の中のサーキットだから、走らない所は砂が沢山あるしねぇ。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
8番手からは角田裕毅/アルファタウリ
9番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
10番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

11番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
14番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
17番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース






続きからコメント返信!!

続きを読む "秋から冬へ"

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

新たな伝説へ

ほぼ皆既部分日食、結局見そびれた。。
残念。。
帰る頃にはすっかり明るくなった月に煌々と照らされてた。





ここんとこ、ポケセンに行く事が多く。
21_11_10_blastoise21_11_12_gardevoir_absol
取り敢えず、カメックス、そしてサーナイトとアブソルをば。
後ミロカロスだな…。


今日も行ってきたんだけど、目的は勿論これでした。
21_11_20_brilliant_diamond
ブリリアントダイヤモンド!!
DSん時は誕生石なのでダイヤモンドを選んでいたんだけど、今回も。
会社帰りの電車でやるぜーとか思ってたんだけど、すっかり更新プログラムの存在を忘れてて結局帰ってからになるという。
しかも、定時で上がるつもりだったのにいつも通り終電だったし。

取り敢えずポッチャマです。
コリンクさんが普通にでんきショックぶっ放してくるんだが。
懐かしい…けど、気を付けないとダイヤモンドやプラチナと同じメンツになっちまうな。。


これと同時に、Pokemon fitのぬいぐるみもシンオウメンツ発売されたっぽいね。


21_11_19_tomita_seimen
帰りがけ…会社行きがけとも言う…にラーメン。
つけ麺。
濃厚魚介。





21_11_17_cos
先日の初挑戦だった時のやつ、良い感じの写真撮りそびれたので。
自分が本格的な被写体になるとは思ってなかったからね。







F1第19戦サンパウロGP決勝!!


青空が見えるぞ、良い天気!
この週末で一番気温高いのでは?

この週末、17万人が来場しているようだ!

グリッドにはマッサ!
奥さんのラファエラと仲良く。
どうやら、マッサパパもいるようだ。

レッドブルとフェラーリのマシンを見るジョー・バウアー。

フェルスタッペンのスプリント予選後コメントで罰金へのジョーク言ってるwww
「かなり大金だね。スチュワード達が美味しいディナーと良いワインを飲んでくれると嬉しいよ!」
との事www

医療機器紹介。
からのクソデカレッドブル旗。


ブラジル国歌!!
ピアノ演奏だ!!

フライバイ来た!!
スモーク・オン!!
エスカドリャ・ダ・フマサというブラジル空軍の飛行展示チームだそうで。
意味は「煙の飛行隊」。

…ブラジル国歌は表彰台で長らく聞けてないねぇ。。
マッサ以来だ。

クソデカレッドブル旗の横にクソデカフェラーリ旗。

マッサが観客を記念撮影してるwww
のをぐるりと360度撮影する国際映像。
挨拶に盛り上がる観客!


ライコネンは異なるスペックのリアウイングに交換した為、ピットレーンスタートに。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはランド・ノリス/マクラーレン
6番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
7番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
13番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ
16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはニキータ・マゼピン/ハース
ピットレーンスタートからはキミ・ライコネン/アルファロメオ

タイヤは角田のみがソフトタイヤを選択。
他はミディアム。

ブラジルでもオレンジ発煙筒が。


シグナルが…ブラックアウト!!
ノリスがスタート直後からダートに落としたからか、大きくコースオフ!
1コーナーを制したのはフェルスタッペン!
4コーナーでペレスがボッタスをかわして2番手!
ハミルトンは7番手にまで上がっています!

ノリスの無線。
どうやら、タイヤがパンクしてしまったようだ!


2周目、ノリスがピットイン!
ハードタイヤへスイッチ。
6番手に上がっていたハミルトンは更にサインツJr.をかわしています。

スタートリプレイ。
ノリスはサインツJr.を抜いた時にリアタイヤが接触してしまい、パンクしたようだ。

リプレイ。
角田がストロールに仕掛けた時に接触し、フロントウイングが脱落。
インを突こうとした所、ストロールがインを閉めたので接触。
エアロ回り結構壊してるな…。

角田無線。
「あいつ、ミラー見てないだろ!」


5周目、リプレイ見てる間にハミルトンは3番手にまで挽回してきていました。
チームメイトの前に出て、レッドブル勢の後ろにつけています。
まぁ、ボッタスはペースあんまり良くないだろうしで譲ったんだろうけど。

リプレイで譲った場面来たね。
ボッタスがホームストレートエンドに到達した頃、ハミルトンとの差は2秒くらい。
それでもボッタスはむちゃくちゃスローダウンしてハミルトンを先に行かせていました。
チームプレイっちゃチームプレイなんだけどねぇ。

ここでセーフティカー!
角田のフロントウイングが散らばっているからかな。
これはハミルトンにとって追い風だわ。
前の2台とのギャップを縮められました。


7周目、ここでラッセルがピットイン。
ハードタイヤに交換。
もう一度ハードタイヤを履く2ストップ作戦か。

セーフティカーの隊列はホームストレートを通らず、ピットレーンを通過するようです。
デブリが1コーナーにあるからね。

ハミルトンの無線。
ボッタスに対して「ついてきて!
一緒に前の連中やっつけよう!」
ハミルトンの鬼のようなペースについていけるか微妙な気がするが。。


9周目、セーフティカーがピットに戻ります。
フェルスタッペンはギリギリまでゆっくり行くねぇ。
これ、あまり早く加速するとハミルトンがトー使ってペレスに仕掛けられちゃうからだな。


10周目、リスタート!
ハミルトンは予想通り、ペレスに仕掛けようとするも、ここはペレスがポジションキープ。
その後ろではルクレールがボッタスに並びかけるが、タイヤを盛大にロック。
ボッタスをかわす事ができませんでした。


11周目、ストロールと角田の接触が審議に。
あっと…ミックがフロントウイング壊している。。
あー、パーツ飛んでるよ。

リプレイ。
1コーナーでミックが挙動を乱してライコネンと接触。
それでフロントウイングが破損してしまいました。


12周目、バーチャルセーフティカー!
ミックのフロントウイングのデブリを片付ける為ですね。
ペレスがメルセデス勢を抑えている…中々やらしいペースの落とし方。
割と規定ギリギリなのでは?
フェルスタッペンはその間にペレスとの差を広げています。
こちらはいつも通りのバーチャルセーフティカーランなのかも。


14周目、バーチャルセーフティカー終了でリスタート。
バーチャルセーフティカーがセクター2で終わったもんだから、フェルスタッペンとしてはメルセデス勢とのギャップを作れて良かったかもな。
ただ、ペレスはハミルトンに接近されてるから、ここが踏ん張り所に。


15周目、角田に10秒加算ペナルティ。
コーナーへのアプローチ時は明らかに角田の方が後ろだったな…強引に仕掛けたと見なされたのかな?

ペレスの無線。
「マックスに少し下がってDRSをくれるよう言ってくれ!」
うーん、バーチャルセーフティカーの時のもあるし、それはなさそう。
ペレスはハミルトンにDRSを使われるという苦しい立場。


18周目、ハミルトンがホームストレートでペレスをかわして2番手に浮上!
しかし、バックストレートでペレスがハミルトンを抜き返して2番手を奪取!
大盛り上がりの観客!


19周目、ハミルトンが再度ペレスに仕掛けて再び2番手に!
今度はバックストレートまどに距離が離れてしまい、ペレスの逆襲はならず。
さて、ペレスはハミルトンについていけるか?


27周目、ここでハミルトンがピットイン!
フェルスタッペンとのトップ争いにまで駒を進めたハミルトン陣営が、先に仕掛けた!!


28周目、フェルスタッペンがピットイン。
ハミルトンに対するカウンターを打っています!
スムーズに作業を終えて、ハミルトンの前でコースに復帰。
ハミルトンもフェルスタッペンもタイヤ交換時間が2.4秒でした。

ここでペレスもピットインだ。
リチャルドの後ろ、5番手で復帰。

ハミルトンがファステストを連発。
前3台に代わってトップを走るボッタスはペレスのピットストップに反応せず、ステイアウト。


…っと、ここでバーチャルセーフティカー!
あー、ストロールのエアロパーツが破損してデブリが散らばってしまったのね!
角田との接触箇所がバラバラになった模様。

さぁ、ボッタスがここでピットイン!
待ってましたと言わんばかりのドンピシャなタイミングです!
勿論、ペレスの前で戻れました。
これは…得したわ。

ここまで、角田が絡む事故の全てがレッドブルに不利に作用している。。


32周目、バーチャルセーフティカー終了。
トップグループはフェルスタッペン、ハミルトン、ボッタス、ペレスという順に変わっています。
シーズン前半戦に良く見た並び。

ん、アロンソはまだピットインしてないかな…?
上位を走っています。
サインツJr.と並んでるんで、久々にアロサイが見られました。


35周目、ここでアロンソがピットイン!
タイヤ交換作業が4.0秒とやや遅れています。

ハミルトンの無線。
ボノ「次にピットするならどっちのタイヤが良い?」
ハミルトンは無線での回答をしませんでした。
無線は誰でも聞けるから、無線で話す事によってレッドブル陣営に知られるのを防ぎたかったのでしょうか。


41周目、先程無線で「ハミルトンにアンダーカットさせないで」と話していたフェルスタッペンがピットイン!
今度はハミルトンより先に動く…が、ちと早くない?

ボッタスが先に反応したのか、ピットインだ。


43周目、フェルスタッペンがファステスト!
フェルスタッペンとボッタスに続いて、ペレスとハミルトンもピットインだ。


44周目、ボッタスがファステスト!
ハミルトンの無線。
「俺が頼んだタイヤじゃない!」
ボノ「ミディアムは摩耗早いからダメ。」
じゃあ何故訊いたし。

ボッタスの無線。
「簡単にワンツー取れたのに、あのピットで捨てちゃったよ。」
チームのストラテジーに不満がある様子。


48周目、ハミルトンとフェルスタッペンのギャップが1秒切ってきました!
ホームストレートでDRSを使って距離を詰めて行きます!
バックストレートでサイド・バイ・サイドに!
あーっ、2人共コースオフ!
フェルスタッペンがトップをキープしている!
これ、フェルスタッペンが膨らんだからアウト側のハミルトンも膨らまざるを得なくなったって感じ。
これは審議じゃないけど、記録はされてる。

その間にストロールがガレージに戻ってリタイア。


51周目、今度はリチャルドがガレージに。
リタイアになってしまいますが、マクラーレンとしては痛いな。。
対フェラーリで大幅にポイント離されてしまいそうだからね。


53周目、アロンソがオコンの前に出ています。
アロンソは7番手。
ペースの問題ですかね?

フェルスタッペンとハミルトンの件はお咎めなし。
川井ちゃん「うぉぉぉおお!!調査の必要なしです、浜島さぁん!これ、これ、トト・ヴォルフは机叩くわ。壊れるわ机!」
すっげぇテンションアゲアゲなアロハwww

ハミルトンの無線。
ボノ「審議なしだ。」
ハミルトン「勿論だ、勿論。」
大人ぁ!
…冷静なの、逆に怖いじゃん。


59周目、ハミルトンが再びフェルスタッペンに接近!
今度は1コーナー、2コーナーでピッタリと後ろにつけてる!
これは入ったな…。
バックストレートに入って早々にフェルスタッペンを捉えてトップに立つハミルトン!
大歓声!


60周目、フェルスタッペンに白黒旗。
バトル中にウェービングした為。
抜かれた時に2度程ラインズラしているので、それでしょう。

後方ではガスリーがホームストレートでオコンに仕掛けていました。
おっと、当たりそうになった!
危ない、角田とストロールの接触みたいになる所だった。


62周目、ガスリーが今度はアロンソをかわした!
スタート位置の7番手を奪回しましたが、流石に前のフェラーリ勢には届かないか。


64周目、フェルスタッペンの無線。
「ウェービングで白黒旗受けたよ。」
フェルスタッペン「手振ったんだよ。」
首位を明け渡したものの、冗談を言うくらい落ち着いているようだ。


リチャルドはエンジンのパワーロスでリタイアしたとの事。
メルセデスPU勢が少し心配になる話ですね。


69周目、ハミルトンの無線。
ハミルトン「バルテリは何処?」
ボノ「P3。」
ハミルトン「良いね!!」

トップになったから、こちらも余裕が出てきたようで。


70周目、ここでペレスがピットイン!
さぁ、今週末最後の仕事、プランFだよ!!


71周目、ファイナルラップ!
ペレスのファステストに期待。

…何か、既に花火上がってるwww


ハミルトン、逆境を跳ね除けての優勝!!
10番手スタートから優勝したのは、今シーズンではハンガリーGPのオコンに続いて2回目ですわ。

ハミルトンの通算101勝目は彼が敬愛するセナの母国で挙げました!
この勝利数、歴代のブラジル人ドライバーの優勝数を全部足したのと一緒なんだって。
随分と遠い所に来たものだなぁ。

ホームストレートではカラフルスモークが!

フェルスタッペンが2位、ボッタスが3位でチェッカー。
気付いたら、いつもの面子でしたね。

ペレスはセクター2をファステストで通過!
そして、ファステストラップ更新!!
お仕事完了!!
ファステストラップポイントを獲得したのはペレスでした!

オープニングラップで最後尾に落ちたノリスが10位入賞!
頑張ったなぁ。
そしてベッテルとライコネンは仲良く並んでまたしてもバディものに。


ドライバー・オブ・ザ・デイはハミルトン!
ブラジル国旗を掲げてウイニングランをしています。

…フェルスタッペンのバイザーに何かついてる。
オイル?マーブル?


インタビュワーはマッサ!!

フェルスタッペン。
「全てトライしたんですけど、良いバトルでしたよね。」
「ちょっと厳しかったですけど。」
2位を確保してダメージリミテーションできたからか、落ち着いてる感じ。

オーレー・オレ・オレ・オレ・セナ!

元チームメイトのマッサとの対談は何度目かな…ボッタス。
「スタートがちょっとトリッキーでした。
ファーストラップは良くなかったんですけど、その後はペース良かったです。
1ストップで行けると思っていたんですけど、2ストップになりました。
がっかりしています。
「レッドブルに対してポイント稼げて良かったです。」
VSCがホントにタイミング良くて、というコメントも。
あれはホントにドンピシャリだったよな。

ハミルトン。
マッサ「ドライバー・オブ・ザ・デイじゃなくて、ドライバー・オブ・ザ・ウィークエンドですね!」
そしてマッサカメラ。
ハミルトン「こんなに応援して頂いて、あなたが走っていた時の事を思い出しました。
ホントにプッシュしましたよ。
あなたも分かるよね。
2004年、F3バーレーンで10番手から優勝した事があると父から聞きました。」
フェルスタッペンカメラからマッサカメラ。
「兎に角、久々に優勝したのが嬉しいです!」

あなたも分かるよね、の件はレーシングドライバーだから分かるよねって意味なのか、2008年最終戦ブラジルGPを指してるのか。


表彰台!
川井ちゃん「スチュワード・オブ・ザ・イヤーですね!!」
「スチュワードに座布団1枚です。」なんてコメントもあったし、何かキレッキレだな、このアロハ。
ここの所昼夜逆転多いからかな?

ブラジル国旗と共に登壇、ハミルトン!
チーム側登壇者はセナと同じダ・シルバの名を持つブラジル人ストラテジストらしい。

イギリス国歌、ドイツ国歌の久々ないつもの。

ニューウェイさんは最近どうしたの。
キャップ被っちゃってさ。

ファイト!!
…サンバじゃねぇwww
紙吹雪もねぇwww
そしてまず飲むボッタス。
フェルスタッペンは笑顔でハミルトンとかけ合っていました。

ブラジル国旗を広げて4人で記念撮影。
その後、メルセデスの2人はストラテジストをリフトアップして記念撮影してました。


モタスポ恒例の鳥じゃなくてトカゲが映される。
まぁ、トカゲも好きだからな、モタスポ。


3週連続開催の最後はF1初開催となるカタールGP!
2輪の最高峰、Motoシリーズが開催されてるロサイル国際サーキットだ!

そして残りは3戦。
川井ちゃんに全力投球を求める野崎アナに川井ちゃんは「もうデグラデーション出てますけど…」と頑張れないアピール。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はセルジオ・ペレス/レッドブル
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
7位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
8位はエステバン・オコン/アルピーヌ
9位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

11位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
13位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
14位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15位は角田裕毅/アルファタウリ
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位はニキータ・マゼピン/ハース
18位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
ダニエル・リチャルド/マクラーレン
ランス・ストロール/アストンマーティン


ドライバーズランキングはハミルトンがフェルスタッペンとの差を14ポイントに縮めています。
フェルスタッペンにしたら1回リタイアしたらひっくり返るレベル、ハミルトンにしたら次戦でフェルスタッペンに優勝されたら苦しくなるレベルと息の詰まる戦いが続きます。
尚、ハミルトン優勝、フェルスタッペン2位が3戦続くとハミルトンが最終戦で逆転します。
ストロール、角田、ラッセル辺りも詰まってるんで、この辺も何かある…かも??

コンストラクターズランキングでは、メルセデスAMGがレッドブルに、フェラーリがマクラーレンに差をつけています。
アルピーヌとアルファタウリの争いは同点のまま最後の3戦へ向かいます。


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(332.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(318.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(203Pt)
4位:ペレス/レッドブル(178Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(151Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(148Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(139.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(105Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(92Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(62Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(50Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(42Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(26Pt)
14位:角田/アルファタウリ(20Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(10Pt)
17位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:ロバート・クビサ/アルファロメオ(0 Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(521.5Pt)
2位:レッドブル(510.5Pt)
3位:フェラーリ(287.5Pt)
4位:マクラーレン(256Pt)
5位:アルピーヌ(112Pt)
6位:アルファタウリ(112Pt)
7位:アストンマーティン(68Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(11Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (1)

2021年11月16日 (火)

思うは

もう11月も中旬なんて、びっくりしちゃうね。
1日が過ぎるの、めっちゃ早い。






21_11_13_course

21_11_13_pumpkin_momiji21_11_13_nama_momiji
いやぁ、久々でしたね。
大変だったけど、楽しかったよ。


21_11_14_cos







F1第19戦サンパウロGP予選!!

ブラジルGPてはなく、サンパウロGP。
今年最後となるスプリント予選形式の週末です。
…が、荷物やマシンを載せたカーゴの到着が遅れた事で、通常木曜日に行う週末の準備に支障が出ていました。
夜間作業解禁等で何とか間に合ったようではありますが、通常のルーチンから外れてしまっているので、信頼性面が少し心配。

解説はハミーさんと次生さん!

開幕ノリスとサインツJr.。
そしてアロンソ。

レインコート着てる観客がちらほらと。
曇りのようではあるが…。

クソでかフェラーリ旗が観客席を覆う。

ハミルトンは5基目のICE投入で5グリッド降格ペナルティが決まっています。

フェルスタッペンは特別ヘルメット!
頭頂部のライオンとかブラジル国旗カラーっぽい。
ハミルトンも特別カラーヘルメットですね。
頭頂部辺りとサイドにブラジル国旗カラーのラインがあしらわれています。


Q1
ラティフィが待機から真っ先にコースイン。
フェラーリ勢、ガスリーがその後からコースへ。
フェラーリ勢は中古のソフト…?

レッドブル勢はフェルスタッペンがトップタイム。
ペレスはセクター2で全体ベストもノリスに次ぐ3番手止まり。
ハミルトンはサスペンションの微調整など色々と課題があったようだが、トップタイム。
まぁ、FP1もトップだったしな。

フェルスタッペン、ホームストレートでむちゃくちゃ底擦ってたな。
火花の出方が凄かった!

残り8分。
ガスリーが3番手、角田が4番手とアルファタウリ勢は好調そう。
ここでサインツJr.が2番手に!
ルクレールはトラックリミットを越えてしまい、タイム抹消。
トラックリミットは予選からバックストレートエンドの4コーナーに設定されています。
ライコネンが11番手タイムを出しています。

ハミルトンはピットに戻らず、コースに留まっています。
FP1でも周回を重ねて行くに連れてタイムが上がっていたようです。
さて、セカンドアタックはセクター2でタイムを落としているものの、セクター1とセクター3は全体ベストで総合的にはタイム更新となりました。

残り1分20秒、ここでルクレールが3番手タイム!
そろそろラストアタックの時間ですね。

ラッセルは14番手タイム。
ちと厳しいか?
ベッテルが9番手に入り、これでラッセルが通過ギリギリに。
チェッカー!
ラティフィが15番手タイムを出し、ラッセルがノックアウト。
ストロールが13番手に入り、ラティフィがノックアウト。
おぉ、ジョヴィナッツィが6番手タイム!
ライコネンは13番手で通過だ。
オコンが12番手に入り、ここでストロールがノックアウト。

ラティフィが予選で初めてラッセルに勝っている…!
ラッセルはウィリアムズで初めてチームメイトに負けたか…セクター2のトラフィックが効いたかなぁ。


Q2
Q1と違い、スタート直後は皆ステイ。

残り11分40秒、ハミルトンとボッタスがコースイン。
その後ろにはガスリー。

ハミルトンがトラックリミットを超えてタイム抹消。
その間にフェルスタッペンがトップタイム!
観客の歓声が凄い!

残り7分切って、ハミルトンがセカンドアタックへ。
セクター1はタイムが伸びなかったものの、セクター2はマシンがいない状態だったのもあって全体ベスト。
セクター3も全体ベストでトップタイム!
最終コーナーは少しスライドしているものの、それでも最速なのが凄い。

残り3分15秒、アロンソを先頭にコースイン!
ラストアタックの時間です。
…全員出てますね。

アロンソ、角田はタイム更新ならず。
オコンが10番手に入った!
チェッカー!
ルクレールが4番手!
ベッテルはタイムが伸ばせず12番手。
ノリスが7番手に入り、オコンがノックアウト。
ハミルトンはトップタイムを更新しています。
ボッタスが2番手に浮上。
ライコネンは14番手止まりでした。

アルファロメオ勢がノックアウト。
コンストラクターズランキングでポイントが並んでいるアルピーヌとアルファタウリはそれぞれアロンソとガスリーがQ3進出、オコンと角田がQ2で敗退となりました。

角田のリプレイ。
1コーナーでタイヤロック。
これでセクター1伸びなかった模様。

セナの垂れ幕。

次生さんのエイドリアン・ニューウェイの話。
スーパーフォーミュラで息子のハリソンが走る時、ニューウェイさんが「(空気抵抗になるから)スポンサーのカットシールをこの場所に貼るな」とか細かく指定するんだって。
ニューウェイさん、スポンサーロゴは塗装する派だとか。
ハミーさんのニューウェイさん話は「タイヤが丸いと空気抵抗になるから、四角くして。」
だとかwww
ちょっとそれは難しいのでは。。


サッカーやってる。


Q3
やや間があって、フェラーリ勢、それからアロンソがコースイン。
メルセデス勢、レッドブル勢も出てきています。
ピットロード出てすぐにがっつりウェービングするフェルスタッペン。
フロントタイヤを温めているようだ。

まずはハミルトンがトップタイム。
フェルスタッペンはコンマ26秒落ちの2番手。
ボッタスが3番手、4番手のペレスはフェルスタッペンからコンマ5秒落ちとやや離れています。

フェルスタッペンの無線。
どうやら、タイヤがオーバーヒートしているようだ。
フロントタイヤ…?
さっきウェービングしてたけど、やり過ぎたのか?

残り2分半、ラストアタックへ。
先頭はアロンソ、フェラーリ勢が続く。
レッドブル勢の後ろにメルセデス勢、マクラーレン勢がいます。

フェルスタッペン、2コーナーでステア修正。
セクター1はタイムが伸びず。
ハミルトンもセクター1は伸びていない。

アロンソは8番手!
ルクレールが5番手!
チェッカー!
サインツJr.は4番手だ!
ガスリーが4番手を獲得!
ハミルトンはセクター2で全体ベストを叩き出している!
フェルスタッペンは2番手止まり。
ペレスは4番手!
ハミルトンがトップタイム更新!
ボッタスは3番手だ。
マクラーレンはノリスは8番手、リチャルドが9番手とフェラーリ勢に届かず。

リプレイ。
フェルスタッペンは最終コーナーでも滑ってたのね。
ペレスは惜しくもボッタスに届かなかった。

ハミルトンに歓声!


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
学ランやん。

フェルスタッペン。
2番手でも満足なようだ。
「もう少し暖かくなるでしょうし、マシンの挙動も変わるでしょうから分かりません。」

ボッタス。
「3番手てすし、まだ行けると思います。
楽しいラップ1にしたいですね。」

ハミルトン。
「マーシャルが言ってたんてすが、セナのカラーとセナのフラッグつけたら速かったので、もう少し早くつければ良かったです。」


ED。
モタスポ名物、鳥激写。
正面向いてましたね。


1番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
10番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ

11番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
12番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

16番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
17番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース



続いて、F1第19戦サンパウロGPスプリント予選!!

薄日が指しているなぁ。
ドライコンディションです。


ハミルトンはマシンの技術的な違反で予選失格になり、スプリント予選を最後尾グリッドからスタートする事に。
DRSの左右部分が必要以上に開いてしまった為。

フェルスタッペンはハミルトンのリアウイングに触れたとして、競技違反により罰金。

スターティンググリッド。
1番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
7 番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からは角田裕毅/アルファタウリ
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはニキータ・マゼピン/ハース
20番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

ハミルトンにとってはチャンピオン防衛がかなり厳しくなりました。
スプリント予選で何処まで順位を上げられるか。
決勝は5グリッド降格があるので、できるだけ上げておきたい所。

ペレスのマシンを入念に確認するFIAテクニカルデリゲートのジョー・バウアー。

うん、フェルスタッペンはガレージにいるの。
マシンは既にグリッドに並んでるけどね。


今日もはためくクソデカフェラーリ旗。

スプリント予選の周回数は24周。
タイヤ選択はざっくり2分割くらい。
奇数グリッドはソフトタイヤ、偶数グリッドはミディアムタイヤみたいな感じ。
尚、2番グリッドのボッタスはソフトタイヤ。


シグナルが…ブラックアウト!!
やはりボッタスの蹴り出しが良い!
1コーナーはボッタスがトップで通過。
更にサインツJr.もペレスをかわして3番手へ。

バックストレートでサインツJr.がフェルスタッペンに仕掛けている。
おっと、フェルスタッペンが押し出されてコースオフ。
サインツJr.が2番手に浮上しています。

ハミルトンは16番手にまで上げています。


2周目、ライコネンがスピンして最後尾に。
ジョヴィナッツィとの同士討ちか…。。


4周目、フェルスタッペンがサインツJr.をかわして2番手に浮上。
ハミルトンは角田を抜いて13番手へ。

ガスリーはルクレールとノリスにも前に行かれて7番手だ。
ノリスは誕生日!


9周目、ノリスがルクレールをかわして6番手に!
ハミルトンはアロンソをパスして11番手を走行中。
前はリチャルドだ。


10周目、ペレスは中々サインツJr.を抜けない。
サインツJr.はタイヤに苦しんでいるようだが…。


13周目、ハミルトンがリチャルドをかわして10番手に。
前はベッテル。


15周目、ハミルトンがベッテルをかわして9番手へ。
前はオコン。

フェルスタッペンはボッタスのDRS圏内に迫っている。


16周目、ハミルトンがオコンをかわして8番手。
前はガスリー。


17周目、ハミルトンがガスリーをかわして7番手。
前はルクレール。

サインツJr.、無線でタイヤが落ちてると報告。
ペレスは抜いておきたい所だな。


20周目、ハミルトンがルクレールをかわして6番手。
前はノリス。

フェルスタッペンはボッタスから1秒以上離れている。


24周目、ファイナルラップ!
ハミルトン、ノリスをかわして5番手!
大歓声!

ボッタスがトップでチェッカーを受け、ポールポジション獲得!
無線のポールが長過ぎるwww
フェルスタッペンは2番手グリッド、3番グリッドはサインツJr.。

ハミルトン無線。
「他のマシンには触るなよ?」


ボッタスの彼女、ティファニー・クロムウェルかな?

トトむっちゃ笑顔やんwww


今回はトレーラー使わず、表彰台置くスペースでセレモニーやるのね。

マッサがリース渡す係。
一人ずつ出てきてマッサがリースをかけてあげてる。

からのインタビュワー。

ボッタス。
「今日はスタートが全てでした。
ソフトタイヤで賭けに出て、スタートは上手く行って、後は最後まで行けるかという所でした。
マックスは少しコーナーで苦戦していたので、逃げ切れました。」
元チームメイトとのインタビューでした。
ボッタス、流石に嬉しそうだ。

フェルスタッペン。
「スタートはベストではありませんでした。
タイヤがミディアムでコンパウンドが固かったのもあって、楽ではありませんでした。」
「彼らはストレートが速いので、最後のコーナーでオーバーテイクするしかないんですが、今日はできませんでした。」

サインツJr.。
「はい、スタートは良かったです。スタートはこれまで課題だったので、今日は良いスタートが切れて自信がつきました。」
「今日はちょっと温度が下がって、ソフトにとってプラスだったんですが、明日はどうですかね。
違うと思うけど、色々計算して頑張ります。」
サインツJr.、嬉しそうだけど、リース持ってるフェラーリクルーのが嬉しそうだなwww

まっさん、チェコにぶつけられたり結構したしなぁ。


ED。
スピンしたライコネンと鳥。


ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
9番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
10番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
13番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ
16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース


ハミルトンは5基目のICE投入で5グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはランド・ノリス/マクラーレン
6番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
7番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

11番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
12番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
13番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ
16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(314.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(293.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(188Pt)
4位:ペレス/レッドブル(165Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(150Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(138Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(131.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(105Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(86Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(60Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(46Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(42Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(26Pt)
14位:角田/アルファタウリ(20Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(10Pt)
17位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:ロバート・クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(481.5Pt)
2位:レッドブル(479.5Pt)
3位:フェラーリ(269.5Pt)
4位:マクラーレン(255Pt)
5位:アルピーヌ(106Pt)
6位:アルファタウリ(106Pt)
7位:アストンマーティン(68Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(11Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

ランダム季節

11月になったものの、陽射しは依然として秋晴れのそれ。
そろそろ温かいものが食べたくなる季節の筈なんだけど、まだまだ暑く感じる事も多かったり。

…っていう訳で、ラーメン。
まだそこまで寒くないけど。

21_10_21_gouka_zeitakumori_miso
贅沢盛り 味噌。

21_11_8_koge_shio_toroazitama
こげ塩。
とろ味玉トッピング。

21_10_28_teniti
こちらはカップ麺。
こってりラーメンで知られる「天一」こと「天下一品」のやつ。
監修なのかどうかは分かりませんけれどね。
確かに鶏ガラベースのラーメンなのだけれど、鶏白湯で出してくる所が気になるなぁ。
行ったことないけど、店には「あっさり」と「こってり」くらいしかなさそうだし。







お船の秋刀魚祭り。

さぁ、2段階目に…と思ったけど、一丁前にギミックあるんだなぁ。
1か所だけだけど。

21_autumn_e1_2_1_g
という事で、北海道沖を進み、北方領土は択捉島近海へ。

…と思ったら、水母棲姫が待ってました。
マジか。
艦隊名が「水産物調査集団」…w

21_autumn_e1_2_2_g_kouryaku
ギミック攻略編成。
航戦1、空母2、軽巡1、駆逐2に変更。
航戦の装備は1段階目と同じ。
空母2隻はどちらも空母カットインが出来る構成に。
飛龍には射程が伸びる艦爆を、蒼龍にはフィット補正で射程が伸びる艦偵を装備し、攻撃順を早めています。
軽巡は引き続き夕張。装備も変更なし。
駆逐艦は道中に潜水艦戦がある事も考え、ソナー2積みに。
残りは見張員だったり、探照灯だったり。
秋刀魚漁ね。

まぁ、ボス考えると編成変えざるを得ないんだけれど。


21_autumn_e1_2_3
という事で、ボスが出現したので、行きました。
ボスは得撫島沖。
途中まではギミック解除しに行くのと同じルートでしたね。
ボス前に重巡ネ級elite2隻が随伴する巡洋艦隊がいて、中々に厄介。
ボスである機動部隊の随伴部隊のようです。


21_autumn_e1_2_4_goeidokkannki
ボスは軽空母 護衛独還姫。

軽空母が随伴する機動部隊である。
更に、対空砲火の強い駆逐ナ級後期型Ⅱeliteまでラインナップ。
陣形が輪形陣なので、開幕雷撃の命中率が落ちるものの、代わりに対空砲火は一層強烈に。

つか、護衛空母や軽空母とは言え、日本近海に空母出張ってくるのやべぇよなぁ…本土爆撃されんじゃん。
えぇい、基地航空隊は何をしているっ!!


21_autumn_e1_2_5_goeidokkannki_kai
最終形態はちゃんと軽空母 護衛独還姫-壊になります。

ボス前の随伴艦隊に結構追い払われたりしてて中々攻略が進みませんでしたね。
編成自体は軽空母2隻がヌ級eliteからヌ級改eliteに強化、駆逐ナ級後期型Ⅱeliteが2隻に増加と更に強烈に。


21_autumn_e1_2_6
という事で、クリア。
旗艦への決定打が1艦だけなので、割と苦戦するね。


21_autumn_e1_2_7_hoppoumeisaihoppousoubi
突破報酬、北方迷彩(+北方装備)★+6。
これ、1つしか持ってなくて多摩ちゃんにしか装備させられてないんだよねぇ。
っつー事で、キソーさんにも装備させました。


21_autumn_e1_2_8_tokudaihatudouteisennsy
突破報酬、特大発動艇+戦車大1連隊★+2。
やったぁ、対地装備増えたぞ!!


21_autumn_e1_2_9_hedgehog_syokigata_2
突破報酬、Hedgehog(初期型)★+2。
イギリス生まれの対潜装備。
爆雷系装備で、かなり高性能だったり。
史実的にはあんまり良くなかったらしいが、今の対潜装備に発展する、近代兵器の系譜。


21_autumn_e1_2_1021_autumn_e1_2_11_clear
…という事で、秋刀魚漁の漁場保全完了。
安心して秋刀魚漁できる…つっても、周回はまぁそこそこやりにくいかなぁ。
編成自体は軽空母がヌ級1隻だけになるし、駆逐もナ級がいなくなるしでかなり弱体化するんだけど、ボス自体強いからね…。
艦載機の損耗は軽減してるな。
ボス前の編成も変わらんし、ボスへの到達率ちょっと悪いかも。


21_autumn_e1_2_12_kouryaku
攻略編成。
軽巡1、航戦1、空母2、駆逐2。
空母と駆逐のメンツ替えました。

軽巡と航巡は引き続き夕張と日向を起用。
どちらも装備を変更しています。
夕張は魚雷カットイン仕様にして、開幕雷撃と秋刀魚漁用のソナーを。
5スロット目は機銃やレーダーくらいしか積めないんで、レーダーで。
日向は主砲2に瑞雲、艦爆、三式弾。
この水上爆撃機・艦爆・三式弾の組み合わせがボスに特効あるらしく。
まぁ、対空激しいから艦載機ボッコボコにされるんだけれど。
搭載数少ないとは言え、対空砲火に回避補正ついてる江草隊が全滅するくらいだし。

空母は赤城と加賀の一航戦を起用。
赤城は艦戦3、爆戦1、艦爆1で攻撃できるように調整。
爆戦なのは対空砲火回避補正持ちなのと、航空戦での制空補助ができるから。
…まぁ、1度全滅したんだけどね。
加賀は艦戦ガン積みなので、最後方に配置。

駆逐は山風が秋刀魚漁兼先制対潜用のソナーと水雷見張員を搭載。
増設に積んだ水雷見張員は魚雷、レーダーと合わせて夜戦カットインに使えます。
Fletcherは米駆逐砲を積んで対空カットインが撃てるように。後、秋刀魚漁と対潜用のソナー。
増設に水雷見張員積んで対潜値向上と秋刀魚漁支援。


21_autumn_e1_2_13_shien
支援艦隊編成。
最終形態だけボス支援入れました。
結構ガチなやつ。


21_autumn_kaettekita_tinzyuhu_sannmamatu
…しかし、このイラストは脱力するよなぁ。
およそイベント海域とは思えない。


後段作戦あるようだけど、開放はまだ先です。
前段がこんな感じだったから、かなりがっつり目な気がする。。

21_11_6_sanma_quest121_11_6_sanma_quest2
そして、今の所実装されている秋刀魚漁任務も全てこなして大漁旗もゲット。






F1第18戦メキシコシティGP決勝!!

終盤3連戦の初戦!
メキシコシティは快晴!!

ペレスパパだ。
スタジアムセクションではペレスへの応援の仕方を練習しているらしい…www

国旗持ったヘリが飛んできた!

オスカー賞のトロフィ??
誰だろう…
ライコネンのマシンと記念撮影。

珍しく(?)キャップ被ってるニューウェイ。


国旗ぶら下げたヘリ来たよ!

メキシコ国歌!!
コーラスだ!
そしてリチャルドがノッてる!
戦闘機のフライバイ!
メキシコ国旗カラースモークだ!!

発煙筒もメキシコ国旗カラー。


ボッタスの予選後コメント、ハミルトン支援を念頭に置いてるようなコメントだな。


フライバイした戦闘機はF-5。
EかFかは分からん。


ロドリゲス兄弟像。

もう終わったけど、死者の日の祭りの踊りでしょうか。
ダンサーの衣装が良い感じ。


ストロールはギアボックス交換も行っている模様。
まぁ、リアから突っ込んだクラッシュだからギアボックス交換もするわな。

Q2をソフトタイヤで通過した角田とオコン以外、全員ミディアムタイヤてスタートするようです。
路面が滑りやすいのもあってか、ハードタイヤスタートの人はいないね。

ペレスのコクピットカメラ。
からのメキシコ国旗カラー発煙筒。

メルセデスからFIAへの無線だな…何だろう。
特に気にされる訳でもなく、シグナルが…ブラックアウト!!

上位勢で出遅れたマシンはいないようです。
長いホームストレートでフェルスタッペンがボッタスのトーを使ってメルセデス勢に並びかける!
スリーワイドだ!!
メルセデス勢は2台で行く手を遮っていたものの、ボッタスの左側にスペースがありました。
ブロックに引っ掛かったのはペレスとリチャルドか。
ストレートの伸びはメルセデスに分があるようですが、1コーナーを取ったのはフェルスタッペン!
良くブレーキを堪えたなぁ〜。
イン側にスペース残してるし。
…あーっと、ボッタスがスピン!!
ペレスはボッタスのスピンを見てコース外にエスケープ!
黄旗!!
からのセーフティカー!!

リチャルドのフロントウイングがない。
どうやらボッタスと接触したようだ。
リチャルドはタイヤをロックさせた影響か、止まり切れずにボッタスの右リアと接触。
ボッタスがハーフスピンして後ろを向いてしまいました。
リチャルドはフロントウイングで引っ掛けた為に破損して外れてコースオフしています。

おっと、角田とミックもストップしている!
こちらはオコンと接触したようだ。
オコンは角田、ミックに挟まれてどちらとも接触。
接触した時に跳ねた2台の方がダメージが大きく、ストップした模様。


2周目、戻ってきたリチャルドとボッタスがピットイン!
…おっと、リチャルドのジャッキが抜けない!!
まぁ、セーフティカーが伸びれば追い付けるのだが。

ペレスが無線で「誰だ、ボッタスに当たったバカは!俺もやられる所だった!」
と言っていた模様。
母国で0周リタイアはしたくないもんねぇ。。


5周目、リスタート!
フェルスタッペンが早めに加速したからか、トップは順当にホームストレートを通過して行く。
後方で順位の変動が行われています。


6周目、ストロールがコースオフ!
リチャルドのトーを使って仕掛けたが、ブレーキで止まりきれずコースオフ。
リチャルドに押し出される形に見えたので、コースへの復帰方法に関してはお咎めなし。


10周目、ラッセルをアロンソがかわして10番手に。
ラッセルはライコネンともバトルの末に抜かれており、頑張ってはいるが…今週末は少し苦しいか。

因みに、アルファロメオ勢はどちらもポイント圏内にいる。
頑張ってるな…。

3日間で37万人?
凄い!

フェルスタッペンがファステストを連発してハミルトンを引き離しにかかっています。
その他、ハミルトンとペレス、ペレスとガスリー、ガスリーとルクレールは差が広がっているようです。


13周目、ここでストロールがピットイン!
ハードタイヤにスイッチした!


14周目、ハミルトンの無線。
「タイヤがとんでもなくタレてる!」
…と言っても、持たすのでしょう?
路面温度高いのはそうなんだけど。


16周目、ペレスの無線。
「タイヤがどんどん良くなってる!」
ハミルトンへプレッシャーかけるねぇ。

マッサとステファノ・ドメニカリが来ているようだ。
チームのガレージとかじゃなく、普通にVIP席か何かみたい?


27周目、ペレスの無線。
「近付け。」
ハミルトンに仕掛けるか?
揺さぶるなぁ。

一方のハミルトンは予定より6周伸ばす事にしているようだ。

…と、30周目にハミルトンがピットイン!
あの無線はいつのだったの?
ルクレールの後ろ、5番手で復帰。
ラッキーな事にルクレールはこの周でピットインだ。
その前のガスリーもピットインして、ハミルトンの前はクリアに。
ハミルトンのペースが上がってしまったので、オーバーカットも視野に入れていたであろうペレスには残念な展開。


38周目、ここでフェルスタッペンがピットイン!
タイヤ交換はしっかりと2.2秒で終えた。

これでペレスが暫定トップに出て、大盛り上がりの観客!!
母国でトップを走る初のメキシコ人になりました!


39周目、ストロールのピットインリプレイ。
少し停止位置をオーバーしてしまい、結果、左フロントの作業遅延に。

ペレスが無線で「マックス使ってルイス抑えて!」って言ってるくらい調子が良いらしい。
それは流石にリスク高すぎて飲めない要求だけど。


40周目、リチャルドがピットイン!
2ストッパーだ。
ミディアムタイヤに交換したぞ。

ペレスがここでピットイン。
タイヤ交換時間は2.3秒、ハードタイヤだ。
当然、ハミルトンの方が前。
しかも、ちょっと混み合ってる所に出てしまった…。


42周目、ボッタスが2度目のピットイン。
…おっと、左フロントが抜けない!
11.7秒もの時間がかかってしまいました。
15番手で復帰…これは流石にポイント取れなさそうですね。。


43周目、ペレスがファステストを記録!
ハミルトンが保持していたファステストを奪取!

ここでサインツJr.がピットイン。
これでノリスのみがまだピットインしていない事に。


45周目、フェルスタッペンの無線。
「左フロントの状態注意してくれる?」
走ってて気になる事があるのだろうか。
こういうアラート内容が細かいのもフェルスタッペンの特徴。
他にはベッテルやアロンソなんかもこういう話するそうで。

ここでノリスがピットイン!
トータル49周くらい走りました。
ピレリが算出したミディアムタイヤのライフが50周なので、ほぼそれに近似しています。
ポイント圏内の10番手で復帰。
アルファロメオ勢はライコネンが8番手を走行しているが、ジョヴィナッツィは11番手に後退している。


48周目、フェルスタッペンの無線。
ペレスのハミルトンとのギャップを気にしています。
後ろの状況を確認しているのは、余裕があるからか?
ペレスは無線で「追いつくぞ!」と言われている。
ピット前よりギャップが広がってしまってはいるが、どうなるか。
抜きにくいコースなので、近付いても辛いが…。


50周目、ペレスがファステスト更新。
じわじわとハミルトンににじり寄る。

川井ちゃん、疲れてきてハミルトンの技術的な無線内容を全て覚えきれず。
時間遅いし、接戦してるし…。


53周目、ハミルトンの無線。
「君達起きてる?!」
これは何の連絡もないからか…レッドブルへのプレッシャーか。

ここでフェルスタッペンがファステスト!
この局面で出せるのか、凄いな!


55周目、ルクレールの無線。
「カルロスの方が速いからポジション入れ替えようよ。」
フェラーリのザンユー無線。
マッサもアロンソもいるぞ。


57周目、ストロールがラッセルをかわして15番手に。
ウィリアムズはいつものポジションに…厳しいなぁ。
元々がダウンフォース少ないからかしら。

サインツJr.、無線で「シャルル、俺の前に留まろうとして結構ミスってるんだけど…。」
…と放送されている間にリプレイ。
結局入れ替えていた模様。

…今からガスリー狙うのかしら。


59周目、ハミルトンの無線。
「タイヤ落ちてきた。」
直様ペレスの無線。
「タイヤ良いぞ、バッテリーも良い、行くぞ!!」
ペレス「連中は?」
これは攻めますね!

ハミルトンはタイヤが熱くなってきているとの事。

スタジアムセクションで1秒切って、大盛り上がりする観客!
さぁ、ペレスがハミルトンのDRSゾーンに入ってきた!!
ハミルトンは最終コーナーでフラついたが、周回遅れからトーを得られる!
ペレスはタイヤの状況や冷却を考えると早めに攻略しなければならないが、タイミング的に微妙か。


64周目、周回遅れの多いハミルトンに有利な状況が続く。
周回遅れのトーを使えるので、ストレートに伸びがある。
ただ、マシンはオーバーヒート気味。
絶妙に青旗が出ないギャップで周回遅れのマシンに近付いてトーだけ得ていくのが中々有効な感じ。
そもそものペースが違うから、何周もやれないんだけどね。


65周目、ここでボッタスがピットイン!
中古のソフトタイヤ…これはファステストラップを取りに行くぞ!


68周目、急にガスリーのオンボード。
前後共大きくギャップがあるので、一人旅になっています。

ボッタス、フェルスタッペンに引っ掛かってファステストを出せず。
ボッタスはファステスト出す為にフェルスタッペンの前に出るも、青旗振られてまたフェルスタッペンの後ろに。
フェルスタッペンは無線聞いてボッタスを前に出した後、彼がそんな速くなかったから前に出て良いか再度訊いてたようで。


70周目、ボッタスが再度ピットイン!
少し間を置いて、ブレーキ冷やしてギャップ作ってもう1度ファステスト取りに行くぞ!

その間にペレスは再度ハミルトンに近付いて行きます!
最後の試みですね!


71周目、ファイナルラップ!
ペレスの無線「バッテリー使い切れ!」
しかし、ハミルトンの前にはライコネンがいるからトーが得られる!
あー、これは無理だ!抜けない!

フェルスタッペンがトップでチェッカー!
ハミルトンはポジションを守り切って2位!
ペレスは最後までプッシュしたが、惜しくも3位!
ガスリーが安定したレース運びで4位獲得!
フェラーリ勢は再びポジション入れ替わってる。
元に戻すくらいなら何で入れ替えたんだ…ガスリーに届かないくらい分かってたろうに。
ライコネンは引退表明後初のポイント獲得!!
ベッテルとバディもの状態でスタートして、バディもののままフィニッシュしたwww

おっ、ボッタスがセクター1、セクター2全体ベストで来てる!
ボッタス、ファステストを出しつつチェッカー!
コースレコード更新!!
レッドブル…フェルスタッペンから貴重な1ポイントを剥ぎ取りました!
本人はポイント圏外でのフィニッシュだからポイント貰えないけど、チームとチームメイトの為の働きですね!


ドラゴンの舌んとこがP1の停車位置www
そういうデザインだったのかwww

ドライバー・オブ・ザ・デイはペレス!
ペレスは無線で「今日はテキーラで乾杯だ!」
…3連戦なんですが、それはwww
ペレスパパが山本さんと喜びを分かち合っている!

ハミルトン、マシンから降りてこない。
無線でも全力を出し尽くしたと言っていたし、疲れているのだろうか。
スタジアムセクションに戻ってきたペレスに大歓声!!

ハミルトン、ようやくマシンから降りた。

ペレス、パパと抱き合う。
メキシコ国旗を手に、チームクルーに担ぎ上げられるペレス!
オーレ・オレ・オレ チェコ!

フェルスタッペンも担がれて声援受けてるwww
タイトル決まったみたいな騒ぎだなwww

フェルスタッペンとペレスがメキシコ国旗を掲げて観客にご挨拶、次いで写真撮影。
このペアの関係性を表してるな。


インタビュワーはDC先生!

まずはハミルトン。
「まず、マックスおめでとう。
あのマシンはかないません、手が出ませんでした。」
ペレスとのバトルは常にプレッシャーかけられて厳しかったけど楽しかったと言っています。

フェルスタッペン。
メキシコ3勝目、今シーズン9勝目!
1988年にアイルトン・セナが記録したシーズン8勝を超え、ホンダエンジンで年間最多勝利を挙げたドライバーに。
歓声上がってるねぇ。
「勿論、チームメイトのチェコがいるので、メキシコに来ると歓迎を受けます!」
当たり前だけど、大満足そうな表情ですね!

ペレスパパ、メキシコ国旗を掲げて走る!
…大丈夫か?
そして本日の主役・ペレス。
メキシコ人として、初めて母国での表彰台を獲得しました!
「ずーっと応援の声が聞こえていました!」
やっぱりもう1つ順位を上げてワンツーしたかったみたいだけど、それでも大満足だよね。
そして登場、チーフエンジニア兼お菓子責任者のリトルチェコ!
足元ちょこまかしてるの可愛いwww
ベルト辺り引っ張ってるしwww
ペレス曰くちょっと恥ずかしがり屋何だとか。
そして、観客にスペイン語でご挨拶!


表彰台!
ペレスが抱き合ってるのはメキシコシティ市長かな?

ハミルトンが登壇し、マシンと共に上がってくるフェルスタッペン!
これがメキシコだったね!
19年か18年くらいからだけど。
そしてメインテーマ流れてるwww

オランダ国歌!
からのオーストリア国歌!
早くもチェココールがwww

ファイト!!
引き画だからどうなってるか分からんwww

緑紙吹雪舞う中、むちゃくちゃ喜んでるペレスパパwww
この流れでコンサート開始?
DJもいるぞ!
ディスコみたいになるやつ!

そう言えば、アイルトン・セナがオーストラリア・アデレードで最後の勝利を挙げてから丁度28年目だそうで。
そんな日にホンダのエンジンを搭載したマシンが勝ったの、感慨深いなぁ。。


ED。
ホーナーさんのダブルガッツポーズ。
1コーナーね。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
7位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
8位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
9位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
12位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
13位はエステバン・オコン/アルピーヌ
14位はランス・ストロール/アストンマーティン
15位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
16位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
17位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18位はニキータ・マゼピン/ハース

リタイアは…
ミック・シューマッハ/ハース
角田裕毅/アルファタウリ


ドライバーズランキングはフェルスタッペンがハミルトンとの差を広げるもまだ19ポイント差。
1回リタイアするとひっくり返る点差だ。

コンストラクターズランキングは更に激しく、メルセデスAMGとレッドブルは1ポイント差、フェラーリとマクラーレンは13.5ポイント差、アルピーヌとアルファタウリは同点と非常に接戦となっています。

ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(312.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(293.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(185Pt)
4位:ペレス/レッドブル(165Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(150Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(138Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(130.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(105Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(86Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(60Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(46Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(42Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(26Pt)
14位:角田/アルファタウリ(20Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(10Pt)
17位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:ロバート・クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(478.5Pt)
2位:レッドブル(477.5Pt)
3位:フェラーリ(268.5Pt)
4位:マクラーレン(255Pt)
5位:アルピーヌ(106Pt)
6位:アルファタウリ(106Pt)
7位:アストンマーティン(68Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(11Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

お祭り騒ぎ

もう8月の事だけど、ローソンのでからあげクンの限定味があったので食べてました。
21_8_25_dekaraage_kun_karasa2bai
その名も、「辛さ2倍」。
何と比べて、なのか分からんけど、多分からあげクンレッドの辛さの2倍とかじゃないかなぁ。
普通に美味しく食べられました。
一緒に食べた、Lチキ カミソリレッドソース味の方が個人的にはスパイシーさがあって好きでしたね。
Lチキの方はジョロキア使ってるのか。
この旨味ならもうちょっと辛くても良かったかもな。







お船の秋刀魚祭り。

今年もやってきました、秋刀魚祭り!!
毎年、この時期になるとなんのゲームやってるか分からなくなるものです…。

が、今年はそこにまさかの秋イベを重ねてくるというね。
秋刀魚漁しながらイベント攻略も進めるって、何だこれ…。


という訳で、前段作戦から。
1海域のみで、2段階作戦と昨今のイベント海域と比べると非常にボリューム感が軽い感じに。
あくまでメインは秋刀魚漁という事か…。。

という訳で、攻略開始。
取り敢えず、難易度甲で進めてみます。
まずは第1段階目。


21_autumn_e1_1_1
スタートは津軽海峡。
どうやら、大湊警備府から出撃するイメージのようですね。
基地航空隊はなし。
そこから太平洋へと出て、ボス艦隊と戦います。
近海漁業…。

戦力ゲージのデザインに秋刀魚が…w
ボス艦の影が秋刀魚の尾鰭デザインになってる。

いやぁ、それにしても海域MAPのBGMがハロウィンBGMで通常戦闘BGMが艦娘音頭なのやべぇ緊張感ないな…。
ハロウィンBGM新規だけど、およそ戦闘向きじゃない感じだし…基地航空隊実装された時の海域MAPBGMと戦闘BGMを思い出すな。。


21_autumn_e1_1_2
秋刀魚漁仕様。
秋祭り屋台もあって、ごちゃごちゃしてる…w


21_autumn_e1_1_3
という事で、第1段階目クリアです。

冷静に考えると、こんな日本の近海にまで戦艦が出張ってくるの、ヤバいよね…。
いや、イベント海域だけじゃなくて、常設海域も日本近海に戦艦出てくる海域あるんだけど。


21_autumn_e1_1_4_kouryaku
攻略編成。
出撃制限札もなく、編成もかなり自由度が高いようです。
航戦1空母1軽巡1駆逐艦3で編成。
常設海域である北方海域3海域目での秋刀魚漁編成をちょっと弄ったものです。
あちらは駆逐艦2海防艦1なんだけど、海防艦の代わりに駆逐艦を投入したのがこちら。

航戦はいつもの戦艦セットに艦戦を搭載。道中の空襲戦対策です。
空母は艦戦2の空母カットイン仕様。
軽巡は開幕雷撃の撃てる夕張改二特を。
夜戦連撃しつつ開幕雷撃しつつ秋刀魚漁と対潜用のソナーを積みつつ索敵と対空アップのレーダーと搭載。
駆逐艦は秋刀魚漁用のソナーと見張員を搭載。残りは一応主砲に。
最後の親潮だけは見張員の代わりに探照灯。
これも秋刀魚漁用。






F1第18戦メキシコシティGP予選!!

標高2300m、随一の高地にあるサーキット!
空気が薄いので冷却やダウンフォースに影響が出やすいぞ。
サーキットはメキシコ政府からの支援が打ち切られたものの、メキシコシティが支援を続けているので、グランプリ名はメキシコシティGP表記に。


ここでは角田、ストロール、ノリス、オコンがパワーユニット交換で最後尾スタート。
ラッセルはギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティになります。


満員のエルマノス・ロドリゲス・サーキット!!
そして快晴だ!
2年振りね!

フランス国旗…。

ガスリー、笑顔も見えてリラックス。
ノリスはヘルメットだけじゃなくて、キャップもメキシコ仕様だ!

母国GPのペレス!
メキシコで絶大な人気、レッドブルシャツのファンも多いです!

ペレスのコクピットカメラ。
やっぱりペレスをクローズアップされる事が多い。
ラッセルもヘルメットがメキシコ国旗カラーになってる。


Q1
ラティフィが早速コースイン。
ほう、ミディアムですか。
既にギアボックスを交換していたラッセルはパワーユニットも変更したらしい。

レッドブルは2台共リアウイングを変更か?
FP3ではタイム的に悪くなかったようだが…。

残り14分、続々とコースに入り、アタックに向かいます。
アルファロメオのピットウォールにフェラーリの育成ドライバー、カラム・アイロットの姿が。

ペレスのコクピットカメラ。
スタジアムセクション入った時に凄い歓声が聞こえる!

残11分。
アタック中のペレスはスタジアムセクションに入っていきます。
おっと、セクター3で黄旗。
赤旗に!

あっと、ホームストレートでストロールがクラッシュしている!
最終コーナーで挙動を乱したようだ。

ハミルトンの無線。
「彼は大丈夫?」
ボノ「大丈夫、マシンから降りたよ。」

赤旗が出ている為、残り10分58秒でストップしています。
ペレスは損したなぁ…ノリスもみたいです。
何かリアウイングに作業してる、レッドブル陣営。
左右の両端で何かやってる。

クラッシュした所のTECPROバリアを交換するので、少し時間かかりそうです。

ストロールのマシンがガレージに戻ってきました。

レッドブルのリアウイングへの作業は予防措置のようだ。
強度を上げている?

まだ再開のアナウンスはありませんが、観客からはチェココールが!

ペレスパパ。

踊ってる観客もおる。
赤旗から15分経過しています。

ストロールのマシンは早速修復作業に入っている模様。

金曜で9万入ってるの。
凄いな。

金曜インタビューで角田は「食べ物美味しい。
タコス食べられて満足。」とコメントしたようだ。
ベッテルが「ドイツなくて寂しいなぁ…。」みたいな事言ったら、角田は「シュニッツェル。」と。
ベッテルが「シュニッツェルはオーストリアの食べ物!」とすかさず訂正。

5分後くらいに再開とアナウンス。
26分間の中断でした。

ここでライコネンに予選後審議。
赤旗が出た時にピットレーン入口に横から入ろうとして縁石を超えたけど、もう1度コース上に戻っていたからですね。

アルファタウリ勢がピットレーン出口で待機。
角田、ガスリーの順なので、角田がガスリーを引っ張る感じか。

再開!
アルファタウリ勢の横で待機していたウィリアムズ勢がアルファタウリ勢の後ろにいたハース勢に割り込むような形でコースイン。
まぁ、ウィリアムズはガレージが一番ピットレーン出口に近い所にあるみたいですしね。

…と、サインツJr.の無線。
ノーパワー!
あー、ギアが1 速にしか入らない。。
惰性で走れてるようなもんだけど、これはマズいな。

…おぉ、リカバリしたら戻った!
良かった〜。

まずはハミルトンがトップタイム、それをボッタスが更新。
ノリスがハミルトンとボッタスの間に入っています。
続いて、トップタイムを記録したのはペレス!
更にフェルスタッペンがトップタイム!

フェルスタッペンはガレージに戻ったものの、ペレスとメルセデス勢がセカンドアタックに入るようです。
まずはメルセデス勢がタイムを記録。
ボッタスが2番手、ハミルトンが3番手に上がっています。
残りは4分。

残り2分の所でペレスがタイムを更新し、3番手タイム。
この辺りから続々とラストアタックへ入って行きます。
スタジアムセクションがアタック待ちのマシンで混んでる。
15番手のサインツJr.がアタックへ入りました。

ミックが16番手。
サインツJr.は5番手!
チェッカー!
マゼピンは17番手でノックアウト。
角田かここで5番手!
ラティフィは16番手でノックアウトだ。
ガスリーが2番手タイム!
ルクレールがトップに!
これは路面が良くなってるぞ!
ラッセルは12番手タイムでQ2進出!
ライコネンが10番手に入った!
ベッテルも8番手だ!
ボッタスがトップタイム更新!

なんと、アロンソがここで敗退。
オコンはギリギリQ2進出だ。

小松さんと組長が話ししてる。

ウィリアムズ勢が予選後審議。
赤旗からの再開時に、ピットレーンの待機列に並ばないで横から入った為。


Q2
ペレス、サインツJr.、フェルスタッペン、ルクレールが真っ先にコースイン!
レッドブルはペレスにフェルスタッペンを引っ張らせようとしていたかもだが、間にサインツJr.が入っています。

ヘリカメラからもチェココールが聞こえる。

まずはリチャルドがセクター1全体ベスト。
ノリスに引っ張ってもらってトップスピードが伸びているようだ。

グリッド降格が決まっている角田とオコンはソフトタイヤでアタック。
オコンは12番手、角田は3番手だ!
角田はソフトタイヤで最後尾からスタートしてガンガン行くのか?

残りは7分。
ベッテルの無線。
「ティアオフがリアウイングに引っかかっちゃったよ。」
ティアオフは捨てバイザーの事。

残り4分25秒、ここでサインツJr.がコースイン!
ペレスも入った!
この歓声!!
ラストアタックに入っていきます。
ペレスの後ろにはフェルスタッペン。
ソフトタイヤを履いているので、Q3へ向けての練習か。

サインツJr.はもう1周調整するようだな。
ペレスはガレージに戻ってる。
最後尾スタートが決まっているノリスが10番手タイムでギリギリQ3進出範囲内。
ベッテルは11番手でノックアウト。
しかし、新品タイヤで11番手より前でスタートできるので絶好の位置でしょう。
ハミルトンがトップタイムを更新!
ガスリーが5番手に入った!
おっと、黄旗!
ジョヴィナッツィがコースオフしていた!
側面からバリアに当たっていたけど、すぐに動き始めた。
ダメージはなさそうだ。
チェッカー!
サインツJr.は黄旗でタイム記録できず。
だが、Q3には進めそうだ。
ラッセルは13番手でノックアウト。

アルファロメオ勢がダブルノックアウト。
何気にベッテルとライコネン並んでるから、またバディものに。

オコンの無線。
黄旗でバックオフしたけど、エンジニアは黄旗区間入ってなかったと言う…。

ペレス、縁石乗った時にフロントウイング左側を地面に接触。
だからアタックせずにピットインしたのかな?
国際映像が映してるけど、大丈夫そうには見える。

角田とノリスはQ3進出。
最後尾スタートが決まっている2名がQ3に進むという珍しい光景。


Q3
レッドブル勢の間にフェラーリ勢が入った。
メルセデス勢はボッタス、ハミルトンの順。
マクラーレン勢、アルファタウリ勢もチームメイト同士で引っ張り合うようだ。

フェルスタッペンのアタック。
リアが少しスライドしたように見える。
ボッタスがセクター1、セクター2を全体ベストで通過し、トップタイム!
ハミルトン、フェルスタッペン、ペレス、ガスリー、ルクレール、リチャルド、サインツJr.、角田、ノリスと続きます。

ノリスのリプレイ。
タイヤロックさせて大きくコースオフ。
タイムは出せませんでした。

レッドブル勢はリアウイングにガーニーフラップ付けてダウンフォース増強してるようです。

残りは3分。
レッドブル勢は早めに出てきている。
その後ろからメルセデス勢。

ペレスパパもソワソワ。
大歓声を受けるペレス。

ボッタス、再びセクター1で全体ベスト!
…あっと、ペレスが飛び出した!
チェッカー!
フェルスタッペン、スタジアムセクションでタイヤをロック!
最終コーナーも滑って、タイム更新できず!
ボッタスとハミルトンもタイム更新できなかったものの、フロントロー独占を決めました!

ペレスは角田に釣られてコースオフしたようだ。
角田はペレスに前を譲ろうとコースオフしたようだが、残念な結果に。

でもチェココール!
今週末一番大きいのでは?


インタビュワーはJB!

フェルスタッペン、ちょっと怒ってるね。
あのコースオフで黄旗出ると思ったからちょっとバックオフしたようだ。

ハミルトン。
「バルテリ、この数レース良い働きしてますよね。」
ハミルトンも予選でペース上がった理由はまだ分かってないようだ。
自分でも驚いているとコメント。

ボッタス。
嬉しそうだなぁ…メキシコでは初のポールポジション獲得!
スタートから長いストレートがあるから、そこをどうするか。

…お?
ファン・マヌエル・フォンジオのヘルメットを模したトロフィ?
ジャッキー・スチュワート卿から進呈。

スタジアムセクションのペイント、ドラゴンみたいだな。


結果。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
8番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
9番手からは角田裕毅/アルファタウリ
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
13番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
14番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

16番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
17番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはニキータ・マゼピン/ハース
20番手からはランス・ストロール/アストンマーティン


角田、ストロール、ノリス、オコンがパワーユニット交換によるペナルティで最後尾へ。
ラッセルもギアボックス交換に続いてパワーユニットも交換したようですが、ペナルティとしてはギアボックス交換による5グリッド降格ペナルティのみだ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
8番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
9番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ

11番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
12番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
13番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
14番手からはミック・シューマッハ/ハース
15番手からはニキータ・マゼピン/ハース

16番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
17番手からは角田裕毅/アルファタウリ
18番手からはランド・ノリス/マクラーレン
19番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
20番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

| | コメント (0)

2021年11月 6日 (土)

はっちゃけ月間

もう11月も5日か…むむむ。






フロマージュなラーメンを提供するドゥエ イタリアンが地元にできたというので、行ってきました!!
21_10_11_due_italian
まぁ、隣の駅なんで、完全な地元ではない訳ですが…それにしても、ここに出店するとはびっくり。
確かに再開発とかしてるけれども。

21_10_11_due_italian_ramen_fromage
いやぁ、ひっさびさのらぁ麺 フロマージュだわ。
普通にスープ美味しいんだよな。
オシャレだし。

…この店舗にもレモンラーメンはなかったです。
数年前に調べたら、都内の店舗でまだ売ってると出てたけど…今はどうなんだろう。






お船系の事。

21_10_31_yamato_cap
まず、クラウドファンディングの返礼品が届きました!
マスク。
丁度切れかかってたんだよね、ナイスタイミング!

…で、これは何かというと、戦艦大和の最後の艦長のお墓の整備や広く知ってもらう為の活動を行うってやつでした。
福岡県の有明海方面と立地的に自分じゃ中々訪れる事ができないけど、こういうので支援できればな、と思って。




からの、お船のゲーム。
21_11_5_johnston_halloween_damage
駆逐艦ジョンストン ハロウィンmodeのダメージグラ。
全然印象違う感じに。


21_11_5_uduki_sanma
…うーちゃん、こんなんだっけ?
と思ったら、2017年からこうだった。

全然覚えてなかった…!!







F1第17戦アメリカGP決勝!!

決勝日は18万人…!
曇りがちだけど、雨は大丈夫そうか?

1コーナーのソーセージ縁石が撤去され、トラックリミットが設定されました。
サポートレースのWシリーズで複数台が宙に浮くアクシデントがあった為。

話題はバンピーなCOTAの路面について。

…おっ、スペイン国旗だ。

メルセデスのPUの問題について。
問題解明してないから、カスタマーに話してないのか。

ペレス無線。
ドリンクが漏れてる。
バラクラバが濡れて交換したいって話。

オレンジアーミー、ここにも。

リチャルドの顔が沢山プリントされたオレンジパーカーを着た火力高めのファンが…。

池にF1マシンが浮いてるぞwww

グリッドに一際大きな人影。
4度のNBAチャンピオン、シャキール・オニール。

グリッドには前F1CEOのチェイス・ケアリー。
ラッパーもいたりして、これぞリバティ・メディアのお膝元って感じの雰囲気。

ラッセルはF1のNBAとのコラボキャンペーンでシュートを10本投げたら、1本も入らなかったとか。
身長186cm台とF1ドライバーとしては背が高いが、バスケットボール選手に囲まれると流石に「背がちっちゃくなったみたいだ」なんて思ったらしい。

オニールは続いてレッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーと記念撮影しています。
ホーナーが小さく見えるwww

おっ、エマーソン・フィッティパルディだ。


国歌!!
星条旗!!
…何か久々感あるな。

空から星条旗吊り下げた落下傘の隊員が!

テノール歌手とかなんかな?
すっごい横幅が…。
テキサス出身っぽいので、地元の人なんね。
凄い、まだ国歌終わってないのに歓声が!

そしてやってくるヘリ編隊!!
AH-64 アパッチとCH-47 チヌークだ!!

…落下傘の人、やや風で流されたか?


ハミルトン、バラクラバ内の首筋に氷嚢でも入れてる?

ノリス応援旗。

ソフトタイヤスタートのサインツJr.は予選後インタビューで「最初の数メートルは良いかもね。
その後、1コーナー過ぎたらミディアムにしたいよ!」と冗談交じりにコメント。
ノリスは予選後インタビューでサインツJr.のタイヤチョイスについて「ソフトタイヤは酷いタイヤなんだよ!」とニヤッとコメント。
相手が悪友サインツJr.だからなのか、楽しそう。


ハースのクルー、ウエスタンハット被ってるな。
母国GPだからね。

ライコネンありがとう看板!

ガスリーもスタンバイ完了。
先程までエンジンカバー開けて何やら作業していたようですが、マシンも準備が出来たようだ。

テキサス大のチアリーディング!

そしてフォーメーションラップ!
凄い歓声!!


シグナルが…ブラックアウト!!
おぉ、ハミルトンが良いスタートだ!
1コーナーはハミルトンがインを抑えてトップに!

バックストレートでサインツJr.にリチャルドとノリスのマクラーレン勢が仕掛けていきます!
サインツJr.、ストレートエンドで少し膨れながらもポジションキープ。
しかし、その後すぐにリチャルドに先行を許しています。
膨らんだから加速が鈍ってリチャルドに差されたようだ。


2周目、8番手の角田がボッタスからのアタックを防いでいる。
前戦トルコでもハミルトンを抑えていたし、今回も同じ感じでレッドブル勢を支援しようとしているのでしょう。


3周目、フェルスタッペンの無線。
「彼らはスライドしてる。」
前を行くハミルトンを指している訳ですが、これは自分の方が上手くマシンをコントロールできているというアピールか、ハミルトンについて行けてるという報告か。
この間にガスリーがボッタスをかわして9番手に上がっています。
ボッタスが角田を抜きあぐねている間にアタックして見事にポジションを奪いました。

ここでスタートリプレイ。
ストロールがラティフィに引っ掛けられてスピン、フロントウイング同士が接触していたようです。
これでストロールは苦しい立場に。

オコンがピットインしてハードタイヤにスイッチ。
フロントウイングも交換しています。
こちらは混戦の中でアルファロメオにフロントウイングを踏まれていたようです。


6周目、ここでラティフィがピットイン。
問題ないと踏んだのか、すぐにピットインしなかった彼ですが、ここでフロントウイングを交換。
やっぱ問題あったのだろうか。
…おっと、1コーナーで後ろから来たオコンとサイド・バイ・サイドに。
少しアウト側のオコンを押し出してしまっています。
接触はない模様。


8周目、ここでアロンソがピットイン。
ハードタイヤに交換してコースへ復帰しました。
ちょっとタイミング早い気がしますが、前を行くベッテルへのアンダーカット狙いか?


9周目、サインツJr.の無線。
オープニングラップの対マクラーレン勢の時にノリスをコース外から追い抜いたと判定されてるから、ノリスと順位入れ替えないといけないよって話。
サインツJr.はリチャルドに順位譲ったから良いじゃん、と返答しています。


10周目、ここで角田とラッセルがピットイン。
角田はソフトタイヤだったし、このタイミングでも頷けるな。
後ろのガスリーがペースの落ちた角田と順位入れ替えたいと無線で訴えていたのもあるかもしれない。


11周目、ここでフェルスタッペンがピットイン!
これはハミルトンへのアンダーカット狙いだ…!
ちょっと早い気がするけど、これが後々どう出るか。
更に、ノリスとガスリーもピットインしています。


12周目、ここでリチャルドとサインツJr.がピットイン。
サインツJr.はソフトタイヤで良くここまで引っ張ったな。
そこまでポジション失ってないし。

フェルスタッペンはハミルトンよりペースが良いので、アンダーカットを成功させられそうです。
元々割と調子が良いようなので、それがレースでも続いているみたいですね。


14周目、ここでハミルトンがピットイン!
そしてフェルスタッペンがアンダーカットを成功させ、トップに。
大歓声!
ハミルトンはペレスの11秒前でコースに復帰しています。
割とギャップが開きました。


15周目、何やらガスリーが順位を下げています。
うーん、スローダウンしていますね…無線で「リアに問題がある。」と報告しています。
おそらく、リアサスペンションの破損でしょうか。
これはリタイアするしかない…。
アルファタウリ勢は2台でポイントを獲得するチャンスかあっただけに、惜しい。


16周目、ここでボッタスがピットイン。
割と引っ張ってましたね…ほっとかれたのか?

ライコネンとアロンソがバチバチのバトルを展開!
あーっと、1コーナーでアロンソがライコネンを押し出した時に接触してる!
どっちのか分からないけど、盛大にエアロパーツとか飛んでる!
これは審議。


18周目、ここでベッテルがピットイン。
ストロールは接触で早々にピットインしてたのもあるけど、アストンマーティン勢は引っ張ってますねぇ。

アロンソの無線。
アロンソ「いつまで後ろ走ってれば良いんだ?」
エンジニア「今調べてるみたいよ。」
アロンソ「何を調べる必要があるんだよ!」
ライコネンと接触して以降、抜けていないアロンソ。
ライコネンが自分をコース外から抜いたと無線で主張して順位戻してもらおうと働きかけていますが、まだ審議結果出ないのでその確認。
因みに、審議結果はお咎めなしだそうで。


20周目、ここでボッタスが角田を捉えて8番手に。
ここまでボッタスを抑えていた角田だが、流石に抜かれましたか。

今週末の観客はのべ40万人だそう!
凄い!


22周目、ジョヴィナッツィ対アロンソ!
アロンソはもう1台のアルファロメオとバトルに。
ジョヴィナッツィのイン側に入ってオーバーテイクを試みるも、大きくコースオフ!
コースに復帰する時にジョヴィナッツィの前に出たが、コース外から抜かれたジョヴィナッツィはおこ。
対ライコネンでお咎めなしだったからやったようですが、これは流石に露骨過ぎたか。
24周目に無線でジョヴィナッツィにポジション戻してって言われてしまっています。


25周目、アロンソが再びジョヴィナッツィに仕掛ける!
…うーん、またジョヴィナッツィを押し出してるような。。
ジョヴィナッツィがポジションを守っています。

…おっと、1コーナーでアロンソが前に出ました。
どうやら、ジョヴィナッツィにポジション返しなさいとの無線があったようで。
あれ、ジョヴィナッツィ責なのか…優先権失ってなかったような気もするが。。


27周目、トップ争いに目を向けます。
2番手のハミルトンがだいぶトップのフェルスタッペンに迫ってきていますね。
ギャップは3.3秒差くらい。
これは結構緊迫した状況かもしれません。


28周目、ここでバーチャルセーフティカー!
…あっ、コース上のパーツ回収か。
すぐ終了しました。
少し長ければペレスはピットインしてもハミルトンの前に留まれたかもしれない、惜しい状況でした。

そのペレスの無線。
レコノサンスラップからドリンクが漏れちゃってたの、遂に空になったらしい…これはキツい。
時々雲で日差しが遮られるとは言え、レース前で気温28℃くらいあった筈だし…。


30周目、ここでフェルスタッペンが2度目のピットイン。
タイヤ交換時間は2.8秒…レッドブルにしてはここまで少し遅めだな。
ハミルトンはこれを受けて6周引っ張る事にしたらしい。
既にフェルスタッペンより3周くらい引っ張ってたから、最後のタイヤはフェルスタッペンより9周分新しい事になるね。

そして、サインツJr.もピットインしていました。
こちらはタイヤ交換時間が5.6秒と時間がかかっています。


31周目、ここでペレスがピットイン。
タイヤ交換時間は2.4秒、この週末でも良い方の作業時間かな。
そしてリチャルドがピットイン、更にノリスが続いてマクラーレンはダブルピットストップ!
ノリスの方は少し時間かかって4秒台…クルーの準備が少し遅れてしまったようだ。


36周目、ハミルトンとフェルスタッペンの差は13秒台。
ここでバーチャルセーフティカーが入ってハミルトンがピットインしたとしても、フェルスタッペンの前で戻れるくらいのギャップだ。
ハミルトンがバーチャルセーフティカー狙いで最後まで走り続けるとなると、タイヤを摩耗させていく可能性があるので、それが終盤どう出てくるかという事になってくる。
タイヤの履歴が浅くなるので、ここでピットインしても終盤にフェルスタッペンを抜ける可能性もあるという判断が難しい所。


37周目、ゲストのジョージ・ルーカス。
何処のガレージにいるのだろうか。


38周目、ここでハミルトンが動いた!
ピットインしている間にフェルスタッペンがトップに返り咲いた!
凄い歓声だ!
ハミルトンはハードタイヤを選んだか…フェルスタッペンのタイヤより7周も新しいぞ!
この履歴の差をオフセットというようで。

最後の3周にかかってる、とハミルトン陣営。
さて、フェルスタッペン陣営はどうするか。
まぁ、マシンの調子が良いみたいだし、下手な事せすに走り続けるのが良いのかなぁ。


41周目、大盛り上がりのフェルスタッペンファン。
インディ500みたいな盛り上がり方だな…www


42周目、ここでハミルトンがファステストを記録!
フェルスタッペンとの差を縮めてきています!

ここでオコンがマシントラブルによりリタイア。
そして、マゼピンとライコネンに黒白旗。
こちらはトラックリミット違反ですね。


44周目、リチャルド対サインツJr.!
マクラーレンとフェラーリのバトルはそのままコンストラクターズランキングにも響くから、激しいぞ!
…おっと、タイヤ同士が接触してサインツJr.が少し挙動を乱している!
更に、サインツJr.はちょっとフロントウイングにダメージ貰ったか? リチャルドのタイヤが一瞬フロントウイングに接触したような気もする。
サインツJr.の無線。
「これは汚い!わざとやっとんじゃない?!」


46周目、フェルスタッペンとハミルトンの差は約3秒にまで縮まってきています。
残り周回数は後10周。
圧倒的に新しいタイヤを履くハミルトンだが、追いついてからすぐ抜けるかは未知数。
一応、今週のメルセデスはストレート速かった気がするが。。


49周目、ストロールに白黒旗。
トラックリミット違反てすね。

フェルスタッペンとハミルトンの差は1.9秒差の所まで来ている!
これは緊迫した状況だぞ〜?

そして、ライコネンが何気に10番手につけています。
久々にポイント獲得のチャンス。
その後ろのジョヴィナッツィに仕掛けているのはベッテルだ。
アルファロメオは2台共ポイントのチャンスなのね、ベッテルのアタックを凌げるか?


51周目、ここでアロンソがガレージに戻ってリタイア。
どうやら、リアウイングが壊れたようで…アルピーヌは店仕舞いだ。
COTAのバンピーな路面にやられたのかな。


52周目、ベッテルがジョヴィナッツィをかわして11番手!
ライコネンとベッテルのバディものになったな…www

…とか思ってたら、53周目にライコネンがスピンしてコースオフ!
これでベッテルが10番手に…うーん、惜しい!
そして、折角のバディものだったのにぃ。。

ライコネンにはダメージなさそうどけど、失ったポジションは大きい。

 
55周目、フェルスタッペンとハミルトンの差は1.1秒差の所にまで来ています。
所々で1秒以内になる事も…チェッカーまでは後2周だ。

そして、風が強くなっているようてす…ライコネンがスピンした原因かな?


56周目、ファイナルラップ!!
フェルスタッペンとハミルトンの差は0.9秒差に!!
このまま行くと、ハミルトンはバックストレートでDRSが使えるぞ!
…という所で、フェルスタッペンがセクター1を全体ベストで通過!
ハミルトンを引き離しにかかってきました!
これでギャップは1秒以上に広がり、ハミルトンはバックストレートでDRSを使う事ができませんでした!
これは…決まったな!

そして、フェルスタッペンがチェッカー!
ポール・トゥ・ウィン!!
打ち上がる火花!
すぐにバイザーを上げるフェルスタッペン。
かなり集中していたのでしょうね。


ドライバー・オブ・ザ・デイもフェルスタッペン!


ハミルトンはファステストラップポイントを獲得!


ホーナー、フェルスタッペン待ちの時に「ハミルトンは8周新しいタイヤだった」とコメントしてます。

ホンダの山本さんと抱き合うフェルスタッペン。

川井ちゃん「森脇さんはねぇ、これで後2日くらいは使いもんにならないですよ。」
北南米は時間帯が日本と逆だからね…。。

ペレス、マシンを降りて体重測定してからやっと給水。
お疲れ様でした。

そして、湧き上がるチェココール。


インタビュワーはJB!
ハミルトン、マイアミGPに言及?
話の内容はいつも通りたけど、何だか機嫌悪そう。

ペレス。
JB「大変でしたよね、フィジカル的に」
ペレス「1周目からドリンクなくて、第2スティントの途中から体力もなくなってきて大変でした!」
いやゃ、しかし、この盛り上がり…ホームみたいにもんだな。
…マリオ?なチェコファンの姿も。

フェルスタッペン。
最後のハミルトンとの一騎打ちは楽しかった、との事。
レッドブルの200回目のポディウムなのね。
ホンダにとってはセナ以来30年振りのアメリカでの優勝です!

…何か来たwww
マッドマックスみのあるゴツいマシンwww
テロップには「EPICロングホーンカー」なる表示が…。。
乗ってるのはスタート前にも国際映像に映っていたオニール。
どうやら、トロフィを持って表彰台へ向かうようです。


表彰台!
ペレス、メキシコ国旗と共に登壇!
ホントに母国GPみたいだな…2週早いよ!

チーム側の登壇者は…あら、山本さん登壇?
初めてですね!
オニール、台に乗ってるハミルトンよりでかいのがすげぇよなぁ。

オランダ国歌!
そしてオーストリア国歌!

ゴツい車にレッドブルクルー乗ってるのwww
記念撮影してるwww

トロフィ授与、山本さん嬉しそう!
そしてチェココールすげぇなwww

ファイト!
いつもはファイトから逃げているという山本さん、今回はファイトから逃げられない!
…おぉ、自分から行ったーっ!!
フェルスタッペンとペレスからかけられる山本さん。
そしてやっぱり逃げる。

おっ、ペレスパパだ。
やっぱり嬉しそうだなぁ!

写真撮影。
山本さんが一番嬉しそうだよなwww


21_10_25_f1_america_gp
っていう事で、山本さんがトレンド入り!!


縁石カメラとかいう珍しいやつ。
コースウォークしてる人の姿がちらほら映ってる。


EDでチアリーディング演技のロング映像が。
まぁ、折角やってたしね。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
6位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
7位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
8位はランド・ノリス/マクラーレン
9位は角田裕毅/アルファタウリ
10位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
14位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
16位はミック・シューマッハ/ハース
17位はニキータ・マゼピン/ハース

リタイアは…
フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
エステバン・オコン/アルピーヌ
ピエール・ガスリー/アルファタウリ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(287.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(275.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(185Pt)
4位:ペレス/レッドブル(150Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(149Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(128Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(122.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(105Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(74Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(58Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(46Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(36Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(26Pt)
14位:角田/アルファタウリ(20Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(6Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(460.5Pt)
2位:レッドブル(437.5Pt)
3位:マクラーレン(254Pt)
4位:フェラーリ(250.5Pt)
5位:アルピーヌ(104Pt)
6位:アルファタウリ(94Pt)
7位:アストンマーティン(62Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(7Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

大人の権利

行使する日でしたね。
ちゃんと行ってきましたよ。

裁判官の方は調べ切れてませんでしたが…。。

オタク的な話は勿論、今年のF1日本GPの中止状況を鑑みて、モタスポに理解のある方が議員になって動いてくれると良いのだけれど…。。




そういえば、ケータイを替えました。
数日前から急に電池の消耗が激しくなったり、表示上はまだ50%とか40%とか30%とか出てるけどゲームやってると突然電池切れてシャットダウンしたりと挙動が怪しかったので…。

21_10_23_test
っていう訳で、新しいケータイで試し撮り。





フリトレーさん、またコラボってるよw
21_10_17_mike_popcorn_sharks_fin_soup
っていう事で、買ってみました。
今度はふかひれスープ…常温品ですね。
ふかひれかどうかは分からないけど、中華っぽかった。

ちょっと面白いよね。


コラボと言えば…
21_9_26_potetochips_famichiki121_9_26_potetochips_famichiki2
ちょっと前にカルビーがファミマとコラボってたやつ。
ファミチキ味のポテチ。

ファミチキかって言われると分からんけど、取り敢えずチキン味ではあったよね。
クリスマスシーズンとかに出てくるチキン味と似たようなイメージのもんでしたわ。







お船の話。

21_10_8_sagiri_autmun_damage
駆逐艦狭霧 秋グラのダメージグラ。


21_10_2_yamakaze_kai2_tei_damage
駆逐艦山風改二 ダメージグラ。


21_10_16_dai4gou_kaiboukan_autumn21_10_16_dai4gou_kaiboukan_autumn_damage
海防艦第四号海防艦 ハロウィンmodeとダメージグラ。


21_10_16_scirocco_autumn
駆逐艦シロッコ ハロウィンmode。
やっぱり腋。


21_10_16_i47_autumn
潜水艦伊47 ハロウィンmode。
ヴァンパイアかね。


21_10_16_hamanami_autumn
駆逐艦浜波 ハロウィンmode。
おばけ布被っちゃうけど、服装も良いね。


21_10_16_tama_autumn
軽巡多摩 ハロウィンmode。
にゃあ。


21_10_16_richelieu_autumn
戦艦リシュリュー お出かけmode。
オシャレ戦艦三越に行ってきた。


21_10_16_shinyou_autumn
空母神鷹 オクトーバーフェストmode。
何か似合うな。


21_10_16_gotland_autumn21_10_16_gotland_andra_autumn
軽巡ゴトランド オクトーバーフェストmode。
とゴトランド andraの差分。


21_10_16_grecale_autumn21_10_16_grecale_autumn_damage
駆逐艦グレカーレ ハロウィンmodeとダメージグラ。
小悪魔ですね。




21_10_27_yamakze_kaisou_2nd
山風2隻目を改装。

21_10_27_yamakze_kai2_2nd
山風改二!!
これで先行して改装していた山風改二丁と揃い踏み!
コンバート持ちを2隻揃えたのは、駆逐艦では朝潮以来です。
全艦種で言うと、瑞鳳と夕張とも揃えたので4種目かな。




更に秋グラ実装が続きます。

21_10_29_johnston_halloween
駆逐艦ジョンストン。
何かむちゃくちゃ壮大なコスプレだな…www
一応ヴァンパイアかな。


21_10_29_murasame_kai2_sanma
駆逐艦村雨改二 秋刀魚漁mode。


21_10_29_dai4goukaiboukan_sanma
海防艦第四号海防艦 秋刀魚漁mode。
…思ったよりガチ装備だなw


21_10_29_victorious_sanma
空母ヴィクトリアス 秋mode秋刀魚差分。


21_10_31_conte_di_cavour_nuovo_autumn
コンテ・ディ・カブール nuovoの秋グラ差分。




ネギタレ艦隊2021年10月末版です。
前回は21年9月末でしたね…。


正規空母
Intrepid改(イントレピッド) Lv.95
Hornet改(ホーネット) Lv.94→Lv.95
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.94→Lv.95
葛城改(かつらぎ) Lv.94
赤城改二(あかぎ) Lv.93
加賀改二(かが) Lv.93
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.92→Lv.93
飛龍改二(ひりゅう) Lv.93
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.91→Lv.93
Aquila改(アクィラ) Lv.93
雲龍改(うんりゅう) Lv.92
天城改(あまぎ) Lv.92
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.51(サブ)
天城(あまぎ) Lv.50(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.50(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.48(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
飛龍改(ひりゅう) Lv.41(サブ)
翔鶴(しょうかく) Lv.35(サブ)
瑞鶴(ずいかく) Lv.13(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.11(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.10(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.8(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.7(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.5(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)

装甲空母
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.95
大鳳改(たいほう) Lv.94
翔鶴改二甲(しょうかく) Lv.91
瑞鶴改二甲(ずいかく) Lv.91
Victorious→Victorious改(ヴィクトリアス) Lv.33→Lv.77
大鳳改(たいほう) Lv.41(サブ)

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.98→Lv.99(MAX)
大鷹改(たいよう) Lv.98
祥鳳改(しょうほう) Lv.95
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.95
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.94
飛鷹改(ひよう) Lv.94
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.93
龍鳳改(りゅうほう) Lv.93
鳳翔改(ほうしょう) Lv.92
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.92
大鷹(たいよう) Lv.91
千歳航改二(ちとせ) Lv.90
千代田航改二(ちよだ) Lv.90
神鷹改二(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Gambier Bay Mk.II(ガンビア・ベイ) Lv.90
神鷹改(しんよう) Lv.80
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.45(サブ)

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.98
陸奥改二(むつ) Lv.96
Richelieu改(リシュリュー) Lv.96
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
金剛改二(こんごう) Lv.93
Italia(イタリア) Lv.93
Roma改(ローマ) Lv.92→Lv.93
霧島改二(きりしま) Lv.92
Washington改(ワシントン) Lv.92
Iowa改(アイオワ) Lv.92
比叡改二(ひえい) Lv.91
榛名改二(はるな) Lv.91
長門改二(ながと) Lv.91
大和改(やまと) Lv.91
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.91
武蔵改(むさし) Lv.90
Гангут два (ガングート) Lv.90
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.82(サブ)
Conte di Cavour→Conte di Cavour改→Conte di Cavour nuovo(コンテ・ディ・カブール) Lv.47→Lv.81
長門改(ながと) Lv.80(サブ)
陸奥改(むつ) Lv.80(サブ)
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.80(サブ)
Гангут два (ガングート) Lv.80(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.75(サブ)
Colorado改(コロラド) Lv.74(サブ)
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.70(サブ)
Warspite(ウォースパイト) Lv.7→Lv.68(サブ)
大和改(やまと) Lv.60(サブ)

航空戦艦
山城改二(やましろ) Lv.96
扶桑改二(ふそう) Lv.95
伊勢改(いせ) Lv.80
日向改(ひゅうが) Lv.80

改装航空戦艦
伊勢改二(いせ) Lv.97→Lv.98
日向改二(ひゅうが) Lv.97→Lv.98

重巡洋艦
那智改二(なち)○ Lv.105
羽黒改二(はぐろ) Lv.97→Lv.98
足柄改二(あしがら) Lv.96
Zara due(ザラ) Lv.96
Pola改(ポーラ) Lv.96
鳥海改二(ちょうかい) Lv.94
妙高改二(みょうこう) Lv.93
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.93
古鷹改二(ふるたか) Lv.92
加古改二(かこ) Lv.92
青葉改(あおば) Lv.92
衣笠改二(きぬがさ) Lv.92
愛宕改(あたご) Lv.92
摩耶改二(まや) Lv.92
Houston改(ヒューストン) Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
Northampton改(ノーザンプトン) Lv.90
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.47(サブ)
Pola→Pola改(ポーラ) Lv.35→Lv.40(サブ)

航空巡洋艦
筑摩改二(ちくま) Lv.96
三隈改(みくま) Lv.95
利根改二(とね) Lv.95
最上改(もがみ) Lv.94
鈴谷改二(すずや) Lv.93
熊野改二(くまの) Lv.91
最上改(もがみ) Lv.90
三隈改(みくま) Lv.39(サブ)
鈴谷改(すずや) Lv.35(サブ)
熊野改(くまの) Lv.35(サブ)
三隈改(みくま) Lv.31(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)

軽巡洋艦
由良改二(ゆら)○ Lv.98→Lv.100
天龍改二(てんりゅう) Lv.99(MAX)
阿武隈改二(あぶくま) Lv.98
龍田改二(たつた) Lv.96
多摩改二(たま) Lv.95
神通改二(じんつう) Lv.95
五十鈴改二(いすず) Lv.94
鬼怒改二(きぬ) Lv.94
那珂改二(なか) Lv.94
矢矧改二乙(やはぎ) Lv.93
大淀改(おおよど) Lv.92→Lv.93
名取改(なとり) Lv.91→Lv.92
川内改二(せんだい) Lv.92
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.92
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.92
Gotland改(ゴトランド) Lv.92
Perth改(パース) Lv.92
球磨改(くま) Lv.91
長良改(ながら) Lv.91
球磨改(くま) Lv.90
阿賀野改(あがの) Lv.90
能代改二(のしろ) Lv.90
酒匂改(さかわ) Lv.90
Honolulu改(ホノルル) Lv.90
Helena改(ヘレナ) Lv.90
Sheffield改(シェフィールド) Lv.90
De Ruyter改(デ・ロイテル) Lv.90
矢矧改(やはぎ) Lv.70
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.47(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.45(サブ)
Perth→Perth改(パース) Lv.11→Lv.45(サブ)
Perth→Perth改(パース) Lv.6→Lv.45(サブ)
Sheffield(シェフィールド) Lv.12→Lv.39(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
能代改(のしろ) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.6→Lv.29(サブ)
大淀(おおよど) Lv.11→Lv.22(サブ)
阿武隈(あぶくま) Lv.12(サブ)
大井(おおい) Lv.5(サブ)
大井(おおい) Lv.5(サブ)
大井(おおい) Lv.5(サブ)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.94

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.96

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.96
夕張改二(ゆうばり) Lv.90
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.90

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.97
大井改二(おおい) Lv.97
木曾改二(きそ) Lv.95
北上改二(きたかみ) Lv.52(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.51(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.43(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.16(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.16(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14(サブ)

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.11(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.117
電改(いなづま)○ Lv.117
睦月改二(むつき) Lv.99(MAX)
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
皐月改二(さつき) Lv.98→Lv.99(MAX)
文月改二(ふみづき) Lv.99(MAX)
弥生改(やよい) Lv.98
長月改(ながつき) Lv.98
菊月改(きくづき) Lv.98
三日月改(みかづき) Lv.98
望月改(もちづき) Lv.98
卯月改(うづき) Lv.97
水無月改(みなづき) Lv.97
Верный(ヴェールヌイ) Lv.97
潮改二(うしお) Lv.96
山風改→山風改二→山風改二丁(やまかぜ) Lv.96
秋月改(あきづき) Lv.96
涼月改(すずつき) Lv.96
Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.96
Janus改(ジェーナス) Lv.96
Ташкент改(タシュケント) Lv.96
白露改二(しらつゆ) Lv.95
村雨改二(むらさめ) Lv.95
海風改二(うみかぜ) Lv.95
江風改二(かわかぜ) Lv.95
綾波改二(あやなみ) Lv.94
夕立改二(ゆうだち) Lv.94
荒潮改二(あらしお) Lv.94
風雲改二(かざぐも) Lv.94
初月改(はつづき) Lv.94
Johnston改(ジョンストン) Lv.94
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.93→Lv.94
吹雪改二(ふぶき) Lv.92→Lv.93
時雨改二(しぐれ) Lv.93
長波改二(ながなみ) Lv.93
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.93
朝潮改二丁(あさしお) Lv.92
雪風改(ゆきかぜ) Lv.92
照月改(てるづき) Lv.92
島風改(しまかぜ) Lv.92
Libeccio改(リベッチオ) Lv.92
Fletcher改 Mod.2(フレッチャー) Lv.91→Lv.92
神風改(かみかぜ) Lv.91
暁改二(あかつき) Lv.90→Lv.91
涼風改(すずかぜ) Lv.91
朝潮改二(あさしお) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.91
浦風丁改(うらかぜ) Lv.91
谷風丁改(たにかぜ) Lv.91
秋雲改二(あきぐも) Lv.91
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.91
Grecale改(グレカーレ) Lv.90→Lv.91
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
有明改(ありあけ) Lv.90
春雨改(はるさめ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
朝雲改(あさぐも) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.90
天津風改(あまつかぜ) Lv.90
磯風乙改(いそかぜ) Lv.90
浜風乙改(はまかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
清霜改(きよしも) Lv.90
松改(まつ) Lv.90
竹改(たけ) Lv.90
Scirocco改(シロッコ) Lv.90
山風改→山風改二(やまかぜ) Lv.60→Lv.86
桃改(もも) Lv.78
江風改二(かわかぜ) Lv.77(サブ)
雪風改(ゆきかぜ) Lv.74
浦風丁改(うらかぜ) Lv.73(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.72(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.71(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.70(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
藤波改(ふじなみ) Lv.61→Lv.62
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.61
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.61
Ташкент改(タシュケント) Lv.60(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.59
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.59(サブ)
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.59(サブ)
Johnston改(ジョンストン) Lv.59(サブ)
黒潮改(くろしお) Lv.58
松風改(まつかぜ) Lv.55
曙改(あけぼの) Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Janus改(ジェーナス) Lv.55(サブ)
初雪改(はつゆき) Lv.52
朧改(おぼろ) Lv.52
若葉改(わかば) Lv.52
霞改(かすみ) Lv.51→Lv.52
野分改(のわき) Lv.52
薄雲改(うすぐも) Lv.51
浦波改(うらなみ) Lv.51
子日改(ねのひ) Lv.51
初霜改(はつしも) Lv.51
満潮改(みちしお) Lv.50→Lv.51
不知火改(しらぬい) Lv.51
親潮改(おやしお) Lv.50→Lv.51
舞風改(まいかぜ) Lv.51
朝霜改(あさしも) Lv.50→Lv.51
朝風改(あさかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
天霧改(あまぎり) Lv.50
漣改(さざなみ) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
巻波改(まきなみ) Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.50
早波改(はやなみ) Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
岸波改(きしなみ) Lv.50
早霜改(はやしも) Lv.50
有明改(ありあけ) Lv.48(サブ)
jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
照月改(てるづき) Lv.45(サブ)
照月改(てるづき) Lv.44(サブ)
初月改(はつづき) Lv.42(サブ)
峯雲改(みねぐも) Lv.38(サブ)
jervis(ジャーヴィス) Lv.11→Lv.37(サブ)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
白雪改(しらゆき) Lv.31→Lv.32
磯波改(いそなみ) Lv.31→Lv.32
深雪改(みゆき) Lv.31
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
大潮改(おおしお) Lv.31
霰改(あられ) Lv.31
狭霧改(さぎり) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
海風改(うみかぜ) Lv.30(サブ)
江風改(かわかぜ) Lv.30(サブ)
風雲改(かざぐも) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
Libeccio→Libeccio改(リベッチオ) Lv.11→Lv.30(サブ)
狭霧(さぎり) Lv.1→Lv.26(サブ)
霞改(かすみ) Lv.22
山風(やまかぜ) Lv.1→Lv.4(サブ)
島風(しまかぜ) Lv.4(サブ)
海風(うみかぜ) Lv.1→Lv.3(サブ)

海防艦
占守改(しむしゅ) Lv.72
国後改(くなしり) Lv.71
八丈改(はちじょう) Lv.70
石垣改(いしがき) Lv.70
択捉改(えとろふ) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.70
佐渡改(さど) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
御蔵改(みくら) Lv.70
日振改(ひぶり) Lv.70
大東改(だいとう) Lv.70
平戸改(ひらと) Lv.60→Lv.65
第四号海防艦改(だいよんごうかいぼうかん) Lv.40→Lv.44

潜水艦
まるゆ改 Lv.95
伊168改 Lv.92
伊47改 Lv.90
伊203改 Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
UIT-25<ルイージ・トレッリ> Lv.53→Lv.56(サブ)
Luigi Torelli<ルイージ・トレッリ> Lv.7→Lv.8(サブ)

潜水空母
伊13改 Lv.94
伊14改 Lv.92
伊400改 Lv.90
伊401改 Lv.90
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.86
伊19改 Lv.81→Lv.82
伊8改 Lv.81
伊13改 Lv.45(サブ)
伊14改 Lv.45(サブ)
伊401改 Lv.38(サブ)
伊400改 Lv.37(サブ)
伊401改 Lv.36(サブ)

水上機母艦
日進甲(にっしん) Lv.95
千歳甲(ちとせ) Lv.92
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.92
千代田甲(ちよだ) Lv.91
秋津洲改(あきつしま) Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
瑞穂改(みずほ) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.42(サブ)
日進改(にっしん) Lv.40→Lv.41(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

補給艦
神威改母(かもい) Lv.90
速吸改(はやすい) Lv.90
神威(かもい) Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.90
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 長鯨→長鯨改(ちょうげい) Lv.25→Lv.65
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.90
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.4→Lv.5(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.4→Lv.5(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
南極観測船 宗谷(そうや) Lv.71→Lv.72






続きからコメント返信!!

続きを読む "大人の権利"

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »