« 橙色の波 | トップページ | 赤の熱狂 »

2021年9月 9日 (木)

沸き立つ砂丘

さて、前回、ワクワクチンチン状態!
という話をしましたが。

今回もガッツリ副反応出まして。
ちょっと数日ぐったりしてました。
俺の場合は筋肉痛と、1回目と同じく頭痛。それから、発熱もありました。

接種から13時間半くらいで体温がやや上昇し、36.4℃。
夜中にしては高い体温に。

15時間半で37.0℃に到達。
この時点ではまだ他の症状は筋肉痛のみ。
熱出てるけど普通に動けます。

20時間で体温は38.0℃に。
筋肉痛が左腕にも移ったり、体が怠かったり。
この頃から頭痛の兆候が現れ始める。
肩が痛いので、そこが大元だったかも。
他にも、腰痛の兆候とか鼻水出るとか細かい症状が。
この辺で先手打ってバファリン。

27時間後には体温が36.5℃まで戻ってきました。
筋肉痛も治まりつつありますが、頭痛はまだ燻っています。
後、ずっと寝てたから腰が痛い。

32時間後にはバファリンが切れたのか、体温が再び37.8℃まで上昇。
頭痛が酷くなってきました。

34時間後、37.6℃と依然体温が高めで頭痛もある事から、病院で買ったカロナールを投入。

42時間後にはカロナールの効果か、熱が平熱に。
しかし、頭痛が残っていた為、常備薬の頭痛薬を使用。

47時間後、頭痛がだいぶ緩和し、体温もいつもの感じになったので、出勤。
会社で頭痛の残りと若干の吐き気と肺(?)が痛む謎の症状。
帰宅後、体温を計測すると36.5℃とまたしても夜中にしては少々高い体温に。
翌朝の寝起きも36.1℃と寝起きにしては少し高い状態が維持されていました。
後、頭痛が残ってたので、頭痛薬飲んで二度寝。
頭痛も収まったので会社に。
その日1日も何か調子悪い感じだった。
1回目の時も頭痛治すのに3日かかり、その後の1~2日くらい何だか調子悪いって状態だったから、2回目もそんな感じになりました。

…という事で、ざっくりワクチンレポでした。







F1第13戦オランダGP決勝!!

ニキ・ラウダが最後の優勝を挙げた地。
それ以来開催されてなかった訳で。

オレンジアーミー!
予選にはノリスに求婚するファンもいたりしたけど。
セクター3の辺り、もう凄い発煙筒焚いてるwww
コースが煙いwww

オレンジアーミーとオレンジスモークを背に走るフェルスタッペンのリプレイ。

クビサのコメント。
久々のレースディスタンスに「70は長い。」。

何か歌ってるなwww

リチャルド、一瞬白煙。

ふむ、ピットの間隔が狭いからダブルピットストップ禁止なのか。

マゼピンのDIY。
シートを叩いてる?

堀池アナ、予選に引き続き噛む。

ヨス・フェルスタッペンとFIA会長、ジャン・トッドとF1CEOステファノ・ドメニカリ。

フェルスタッペンはQ3のセカンドアタック、最後のホームストレートでDRS開かないトラブルがあったのよね。

…ん、グリッドでライブやってるwww

ペレスの元に角田が。

川井ちゃん「この前のハンガリーGPでボッタスの魚雷食らってエンジン潰しちゃったんで」


オランダ国歌!!
オランダカラーの台に乗った女性歌手の生歌!
…さっきライブやってた人じゃん!
観客の歓声がライブのそれ。

ルクレールに声をかけるビノット。
国際映像にウインクするルクレール。

オレンジマシン被ってるファンおるわ。

もう発煙筒焚いてるwww
オランダ国旗カラーのフラッグが配られてた。
ストライプ系国旗の所はこれがやりやすいのが良いね。

ハントとアンドレッティは1977年。


ペレスはパワーユニット換えてピットレーンスタートに。

スターティンググリッド
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはランド・ノリス/マクラーレン
14番手からは角田裕毅/アルファタウリ
15番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

16番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
ピットレーンスタートからはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ピットレーンスタートからはセルジオ・ペレス/レッドブル

堀池アナ、グリッド紹介追い付かない。

ちょいちょいミディアムタイヤいるな。
ペレスはハードタイヤでリバースストラテジーだ。

フォーメーションラップから既に発煙筒。
ペレスはピットレーン入口で待機。ラティフィはギリギリまでガレージに。
セクター3もう煙いwww
ホームストレートも煙いwww

フェルスタッペン、斜めに停めたな。
これはガチなやつ。

シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、良い蹴り出し!
ガスリーは1コーナーで少しタイヤをロックさせるも、ポジションキープ。
ルクレールは3コーナーのフーゲンホルツをイン側から行くのか。
アロンソが7番手にまで上げてきている!

2周目、ラッセル無線。
「リチャルドが煙出してる」

スタートリプレイ。
アロンソ、オコンと並んだ時に少しダートに落として煙幕。
その後、タイヤ同士接種したかな?
3コーナーのアプローチの為にオコンの後ろからアウト側に回り込んだ時にラッセルのフロントウイングと少し当たったような。

ジョヴィナッツィのオンボードリプレイ。
アロンソが姿勢を乱して減速し、ジョヴィナッツィのフロントノーズに接触したっぽい。
ジョヴィナッツィも減速したからか、ノーズ飛ばなかった。

ミックのオンボードリプレイ。
マゼピンの際どいブロック。


5周目、DRS使えるテロップ。
実際には3周目から使えてます。


6周目、オコン無線。
「前のフェルナンドが遅い。」

ペレスのリプレイ。
1コーナーでマゼピンに仕掛けようとしてブロックされたのか、盛大にタイヤをロック。
いくらハードタイヤとは言え、これは厳しい。


8周目、フェルスタッペンが後続を引き離している。
2番手のハミルトンは3.2秒後方。


9周目、ペレスがピットイン。
タイヤの振動が酷かったのか、早々に交換。


10周目、フェルスタッペンがリードラップ1000周目!


13周目、ラティフィのリプレイ。
アウト側からマゼピンをオーバーテイク!
うん、かなりギリギリを攻めてるね…勇気あるぅ!

20周目、ハミルトン無線。
先程からピットウォールからの無線が聞こえづらいのか、繰り返してと言っている。


21周目、ハミルトンがピットイン!
右フロントが外れなくて3.6秒。
翌周、フェルスタッペンが反応してピットイン!
余裕を持ってハミルトンの前に。
タイヤはハミルトンに合わせてミディアム。
これでボッタスがトップだ。

川井ちゃん「タイヤマネジマント下手な方をワンストッパーってのも何かな、と思いますけどね、浜島さん。」
ハミーさん「もうちょっと良いタイムで走ってないと役…には…中々立たない。」
ボッタスへの辛辣なコメント。。


26周目、ボッタス無線。
「タイヤ落ちちゃってるけど、後周数はやるよ。」
フェルスタッペンの壁になる宣言か。

30周目、フェルスタッペンがボッタスをかわしてトップに!
ハミルトンは1コーナーで少しボッタスに引っ掛かってフェルスタッペンとのギャップが広がりました。

32周目、ボッタスがピットイン!
ミディアムだ!
変則の2ストッパーか。

ハミルトン無線「フェルスタッペンはめっちゃトラフィックに関してラッキーだな。」


34周目、ラッセルに5秒ペナルティ。
ピットレーンのスピード違反。
これは勿体無い。。


36周目、9番手のアロンソまでが周回遅れに。
ペレスが8番手にまで上げてきている。

37周目、セクター1に黄旗。
クビサを追っていたベッテルがフーゲンホルツでスピン!
こわっ!!
すぐ後ろから来たボッタスはタイヤをロックさせたものの、回避して接触を免れました。
その後ろからは角田かな。
ベッテルはラティフィにもかわされて15番手から17番手に後退。


39周目、ペレスが周回遅れに。
ハミルトンがペレスを周回遅れにする謎リプレイ。


40周目、ハミルトンが2度目のピットイン!
ミディアムタイヤに替えてコースに復帰するも、トラフィックの中だ…無線で嫌がってる。
翌周、フェルスタッペンも反応!
タイヤ交換時間は2.1秒!
オレンジアーミーの喜びよう!
そしてフェルスタッペンはクリーンエアである。
結果、フェルスタッペンとハミルトンの差は3.2秒に広がりました。
フェルスタッペンはハードタイヤですが…抜きにくいサーキットなので、迫られても防御できると思われる。

フェルスタッペン無線「ハードタイヤ大丈夫?」
ジャン=ピエール・ランビエーズ「フェラーリを見てる限り、そこそこのタイヤだよ。」
…それ大丈夫なやつか?!


44周目、マゼピンがガレージ仕舞われてリタイア。
ハミルトン無線「ミディアムがアドバンテージになってないよね。」
…泣き言無線だ。


46周目、オコンの無線。
最終コーナーのバンク辺りでプラスチックのバッグ…ビニール袋かプラ容器を踏んだようだ。


48周目、ハミルトン無線。
「ぜーったいこのタイヤ最後まで持たないよ!」
って良く聞く科白。


49周目、ペレスがピットイン。
ソフトタイヤでコースに戻り、12番手。
ラッセルとストロールの間に戻り、すぐにラッセルをかわして11番手だ。


50周目、角田無線。
「ノーパワー!」
エンジニア「すぐに止めろ。」
ピットに戻って、ガレージへ…リタイアです。


52周目、ハミルトン無線。
「連中は速すぎる!」
泣き言無線。

「タイヤギブアップする。」
ハミーさん「いつも通りになりましたね、発言が。」


56周目、ペレスがリチャルドをかわして10番手!
ペレス無線「行くぜっ!!次は誰だ?!」
気合い入ってるなぁ~。


58周目、いつの間にかジョヴィナッツィは15番手…。
落胆してるだろうなぁ。。

フェルスタッペン、少しタイヤパフォーマンスが落ちてきているか。
2番手のハミルトンは2.5秒後ろ、3番手のボッタスは20秒後ろ。

61周目、ハミルトン無線。
「このタイヤ落ちてきた。」
と言いつつ、タイム的にはほぼイーブンくらい何だよな。


65周目、中段勢のバトルが激しい!
ノリスとペレスの9番手争いに、サインツJr.とアロンソの6番手争い!
…またこのスペイン人共はいちゃつきおってwww


66周目、フェルスタッペンのリプレイ。
右フロントを少しロック…この局面で大丈夫か?

この間にペレスがノリスをかわして9番手!
…おっと、1コーナーで2度程接触…。
ペレスの右フロントがノリスの左エアロ辺りに接触、その後すぐにノリスの左リアタイヤと接触。
タイヤ同士の接触は割とハードに当たってるな。。


68周目、ボッタスがピットイン!
タイヤ交換時間は5.0秒…リアか何かで少し作業でもしたか?

ボッタス無線。
…え、ハミルトンにフリーストップを与える為にわざとピット作業遅らせたのか。。

ボッタス無線。
ボッタス「それなら何で入れたんだ。」
エンジニア「予防措置の為だよ。タイヤのバイブレーションもあった。」
…えー。。
ハミーさん「かわいそう…。」


70周目、残り3周!
フェルスタッペンがホームストレートを通過すると観客がウェーブ!


ボッタス無線。
「頼むから、ファステスト出さないでくれよ。」
からのボッタスファステスト!

71周目、ハミルトンがピットイン。
ファステストを狙うよ!

川井ちゃん「ボッタス歯向かった所見ると、次、出るのは確実ですよね。」

ハミーさん「ただね、セクター3はちゃんと落としてるんですよね。
落としたんだけど1、2が速すぎてファステストになっちゃったんですよね。」

ボッタスは今季でメルセデスのシートを失うと言われているからね。


72周目、ファイナルラップ!!
観客のどよめきにも近い歓声!!

スタンディングオベーション!!
そして発煙筒!!
ホームストレートが大歓声とオレンジスモークで満たされている!!
火花も盛大に吹かせてるなwww
フェルスタッペン、母国GPをポール・トゥ・ウィンで制しました!!
オランダGP20人目のウィナー!
非選手権入れてもオランダ人初の母国GP優勝者!
歴史に名を残すやつですね!
フェルスタッペン、拳を突き上げる!!

ハミルトン、ファステストをマークしてファステストラップポイント獲得!!
しかし、ホームストレートがもはや煙いwww

ボッタスが3位でチェッカー!
結局、トップ3以外は全員周回遅れでした。

ガスリーが4位でチェッカー、これは凄い!
アロンソ、サインツJr.の前に出て6位…やるなぁ。
ドライバーズパレード前に2つ上げたいねってコメントしてたけど、3つ上げたようだ。
そして、ペレスはオコンかわして8番手でのフィニッシュ。
サインツJr.とも接近していたようだ。
ラッセルは最後にガレージに戻ってリタイアしたようだが、トランスミッションのトラブルがあったとの事。


フェルスタッペン無線。
ジャンピエール・ランビエーズ「ホントに成熟したドライブだった。」
ホーナー「ホントに凄いドライブだったな!」

ハミルトンも観客に手を振っています。


フェルスタッペンがホームストレートに戻ってきました!
オレンジアーミーの大歓声に迎えられ、勝利のポーズ!
フェルスタッペン、オランダ国旗を掲げる!!

マルコ博士も山本さんもむちゃくちゃ嬉しそうだぞ!!
ホーナーとマネージャーも出迎える!

フェルスタッペン、アロンソやノリス、ルクレール、ペレス、ミックの祝福を受ける。
ストロールも祝福してたかな?


ドライバー・オブ・ザ・デイにはペレス!


インタビュワーはロバート・ドーンボス!
元F1ドライバーです!
オランダ人やったね…。

フェルスタッペン
「聞こえてますよね?
凄い期待されていたので、中々それに応えるのは難しいと思ってました。なので、今回優勝できて良かったです。」
ドライバーズランキング逆転してるしね。
コメント終わりに観客へ挨拶!
凄い歓声!!

ハミルトン。
フェルスタッペンに拍手している。
「凄いレース、凄い歓声…マックスが素晴らしい仕事しましたね、おめでとう!
私も全力でプッシュしたんですけど、レッドブルは速すぎました。
オランダで最高の体験をさせてもらいました。」
「トラフィックを毎回毎回彼は上手く抑えていて、私の方はトラフィック大変だったんですけど…彼らは本当に強かった。」
「お気に入りのトラフィックの一つですから、また来年楽しみにしています。」

ボッタス。
ちゃんと拍手されてる。
ドーンボス「ここでは何年も前にポディウム乗ってますね!」
フェルスタッペンとハミルトンがお話してる。
ファステストについて「私が1回取りましたけど、その後彼がファステスト取ったので。良い仕事でした。」
「本当に良い応援をありがとうございました!」

フェルスタッペンとセルフィーするドーンボス。
顔覚えてなかったからただのおじさんにしか見えんwww

ボッタスのザントフォールトの表彰台登壇ってマスターズF3…だけど、今回のトップ3全員そのカテゴリで表彰台経験してるのな。
ハミルトンは2005年、ボッタスは2009年と2010年、フェルスタッペンは2014年(唯一の親子揃って優勝)。
そうそうたる顔ぶれだし、何人もF1にステップアップしたドライバーいるけど、現役だと3人の他にはジョヴィナッツィくらいかな。

表彰台待ちホーナー「セーフティカー入ったらヤバいと思ってたんで、心配してたんだよ~。」

ドーンボスがオランダのロイヤルファミリー来てるって言ってて、そのロイヤルファミリーが映される。
継承権持ってた方がサーキットのオーナーだったり。

表彰台!
ザントフォールト備え付けの表彰台に装飾したのかな…木製の枠が良い感じね。

フェルスタッペン、オランダ国旗を羽織って登壇!
マントで登壇は15年ぶり2回目…www
DC先生のモナコGP(スーパーマンのコスプレで登壇)リスペクトかな??

オランダのロイヤルファミリーも拍手!


2回目のオランダ国歌!
おぉ、スタートセレモニーと同じく生歌だ!!
良いなぁ、特別感ぱねぇ!!

そしてオランダのロイヤルファミリー、ようやくテロップ。
キング ウィリアム・アレクサンダー・オブ・ザ・ネーデルランツ。

観客の盛り上がりよう!
声援に応えるフェルスタッペン!

そしてオーストリア国歌。
こちらはいつも通り。

国王の後ろに田辺さんいるやんwww


トロフィ授与!
すっげ飲み物飲みやすそうな形だな!
ハイネケングラス色!
…ちょっwwwオレンジスモークwww
誰だよ、表彰台前で発煙筒焚いてるやつはwww

ハミルトンへのブーイングない感じだから良いな。


ファイト!
ハミルトンがフライングでフェルスタッペンに集中砲火!
ボッタスは結構かかってるけどちゃんとまず飲んでからファイトに参加。
メルセデス勢から挟撃されまくるフェルスタッペンwww

母国で勝つ事の嬉しさをハミルトンは知っているし、ボッタスは母国GPがないけど、嬉しいのは分かってるだろうしねぇ。
今まで開催されなくて、開催されると思ったら1年延期もしての待望の開催。そこで優勝してるんだからねぇ。

フォトセッションだな…ん、ハミルトンwww
フェルスタッペンの背中にかけるwww
シュワシュワするだろうなぁwww


ドライバー・オブ・ザ・デイのインタビュー。
最初のフラットスポットやっぱ本人的にもやべぇと思ってたんだな。
「最後には上手くいった。」との事。

ハミルトンは軽い燃料量で1発ぶっ飛ばすのが楽しいサーキットとコメント。
フェルスタッペンもちょっと鈴鹿に似ててとっても楽しい、とコメントしていたようで。
川井ちゃん曰く、人によってはミニ鈴鹿と呼ぶ人もいるそうな。
…サーキット設計者一緒だもんねぇ。


レース終了後、すぐにライブ始まってない?www
楽しそうだなwww


堀池アナ、「セッション」を噛んだな…。


ドライバーズランキングとコンストラクターズランキングの表示なしか。


ED。
ノリスとペレスの接触のシーン。
後ろから見ると、ノリスの左リアがペレスの右フロアに接触してペレスのパーツが飛んでましたね。
これがどれくらい影響あったか分からないけど、一応オーバーテイクはできてましたね。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
8位はセルジオ・ペレス/レッドブル
9位はエステバン・オコン/アルピーヌ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
14位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15位はロバート・クビサ/アルファロメオ
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位完走扱いはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
角田裕毅/アルファタウリ
ニキータ・マゼピン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(224.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(221.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(123Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(114Pt)
5位:ペレス/レッドブル(108Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(92Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(89.5Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(66Pt)
9位:リチャルド/マクラーレン(56Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(46Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(44Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:角田/アルファタウリ(18Pt)
14位:ストロール/アストンマーティン(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(13Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:マゼピン/ハース(0Pt)
21位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(344.5Pt)
2位:レッドブル(332.5Pt)
3位:フェラーリ(181.5Pt)
4位:マクラーレン(170Pt)
5位:アルピーヌ(90Pt)
6位:アルファタウリ(84Pt)
7位:アストンマーティン(53Pt)
8位:ウィリアムズ(20Pt)
9位:アルファロメオ(3Pt)
10位:ハース(0Pt)






続きからコメント返信!!



炎樹さん:炎樹さんは腹減ったタイプですかね?
悟空は間違いなくそのパターンだろうなぁ…。
1回目から副作用引いたっぽいので、警戒していましたが…やはりという感じでした。


フォールト…テニスや卓球のフォルトかな?www
ザントさんみたいなトリッキーなサーキットでした。
そうですね、ザントフォールトはオランダの地名なので、勿論オランダ語由来です。
「ザント」は「砂」の意なのですが…フォールトは「交差点」とか「通過する」とかって意味合いのようです。
なので、直訳で「砂が通過する所」とかですかね。後は「砂が集まる所」みたいなニュアンスでも良いかもしれません。
自治体としてのザントフォールトは北海沿岸の砂浜や砂丘が広がるエリアを要する地域なので、ぴったりな名前です。


コメント、ありがとうございました~!

|

« 橙色の波 | トップページ | 赤の熱狂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橙色の波 | トップページ | 赤の熱狂 »