« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月29日 (水)

逆旧暦

これの前の記事で秋の味覚な話したけど、夏はまだまだ終わりじゃないようです。

21_9_29_red_bull_red1
新発売のレッドブル レッド!!
ホントの「レッド」ブルがきちゃったよw

21_9_29_red_bull_red2
スイカフレーバーらしいです(まだ飲んでない)。
この時期にめっちゃ夏って感じのフレーバーやないかいっ!!
ハイシーズンに飲みたかった感あるわ…w







…という事で、お船の夏イベは火曜日で終了しました。
1ヶ月ちょいの期間でしたが、とても小規模とは思えなかったですね…ボリュームが半端ない。
艦載機特効も中々に複雑だったし。

夏イベのレポートは続いて第1海域3段階目へと入ります。
いよいよ第1海域の最後の作戦です。


でも、まずはボス艦隊を出現させるギミックを解除する必要があります。
この第3段階目も主となるスタート位置は2つ目のスタート、アレクサンドリア沖。


21_summer_e1_3_1_g21_summer_e1_3_2_g
ひとまず、イタリア半島へと向かいます。
目指すはタラント。
タラント空襲をモチーフにしたイベント等でちょっと前から良く訪問するようになった都市ですね。
ここに居座っているのが、泊地水鬼 バカンスmode。随伴には集積地棲姫Ⅱ バカンスmodeや飛行場姫、砲台がいます。

これ、輸送作戦中に訪れると砲台がいない代わりに戦艦が2隻いるらしいです。
砲台やっつけられる装備持ってれば、輸送作戦後の方が楽かも。

難易度に関わらずここを叩けば、ギミッククリアです。
…まぁ、耐久と回避が高い集積地がいるので、全滅させるのが大変なんですけれども。


21_summer_e1_3_3_g_kouryaku
ギミック攻略編成。
重巡1、空母2、軽巡1、駆逐3の遊撃部隊です。

欧州艦3隻、蒼龍はサブ艦を使用。
特に採用する欧州艦の数でルート短くなるとかはないみたい。

ガッツリ対地装備を積んでいます。
空母は1隻…蒼龍に対地攻撃を行う機種の艦爆を積まないようにしました。
これにより、水上艦(ここでは輸送艦)か旗艦の泊地水鬼のみを狙い撃ちします。
アークは普通に対地艦爆積ませて対地攻撃の補助をさせています。
…対空砲火回避持ってる九九艦爆(江草)の熟練度落ちてるわ。


21_summer_e1_3_4_g_kitikoukuu
基地航空隊ギミック攻略編成。
戦闘機1、攻撃機3で泊地水鬼へ向けています。
うーん、やっぱ銀河の熟練度落ちるなぁ。


21_summer_e1_3_5_ninmu
ついでに、任務(クエスト)の指定ポイントになっていたので、クリアする事に成功しました。
輸送作戦の時みたいなギミック(遊撃部隊開放)に関わるものではないですが、折角なのでこなしておいた次第。


…という事で、ボス艦隊が現れたので、早速向かいました。


21_summer_e1_3_6
色々迷走したりしてたけど…地中海を西へと進み、リビアの首都・トリポリ沖からチュニジアのエッザラ沖付近へ進出。
ここで敵水雷戦隊との夜戦があり、それを越えるとボス艦隊です。
サルデーニャ島沖のティレニア海上ですね。


21_summer_e1_3_7_perth
ボスと戦っていたら、オーストラリア軽巡 Perthがドロップ。
2隻目である。


21_summer_e1_3_9
という事で、撃破しました。
最終編成になると軽空母が増えます。


21_summer_e1_3_10_305mm_46_3rensouhou2
突破報酬、305mm/46 三連装砲 ★+2。
戦艦用の大口径砲ですね。
改修値付きですが、旧式だからか、性能は控えめ。


21_summer_e1_3_11_fulmar_sentouteisatu_z
突破報酬、Fulmar(戦闘偵察/熟練)。
イギリス戦闘機の偵察機版ですね。
元々戦闘機だからか、偵察機としては対空が高いです。
後、後々多様する事になるんだけど、弊鎮守府における艦載機特効のキーになる機体でしたね。


21_summer_e1_3_12
という事で、マルタ島への輸送作戦を終えました。
いやぁ、これだけでも結構ボリュームありましたねぇ…。


21_summer_e1_3_13_kouryaku
攻略編成。
重巡1、戦艦1、軽巡2、駆逐3の遊撃部隊編成。

基本的に第2段階の輸送作戦以降に起用した艦を組み合わせています。
その為、欧州艦3隻はサブ艦です。
欧州艦には特効が乗るので、少しでも火力補強になればと採用。
プリンツ・オイゲンと萩風、村雨は夜戦カットイン仕様にしてボスの重巡ネ級改を確実に倒せるようにしています。
夜戦を想定し、龍田に照明弾を持たせました。
夜偵は…持たせ忘れた。
多摩は最終編成の軽空母対策に水戦をガン積みしています。


21_summer_e1_3_8_kouryaku_tama
尚、多摩の最終編成前仕様。
敵編成に軽空母がいないので、水戦は1つのみ。
これでウォースパイトの弾着観測射撃、プリンツ・オイゲンの昼連撃を出せるようにしています。
自身は主砲2つ積んでいるので、夜戦で連撃できます。


21_summer_e1_3_14_kitikoukuu
基地航空隊編成。
攻撃機のみで構成し、ボスに集中させました。
防空軽巡ツ級がいたり、最終編成だと軽空母がいたりしますが、そこまで被害が大きくなったりはしませんでした。


そんな訳で、時間はあまりありません。
サクッと第2海域へと進みます。

| | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

涙の数だけ強くなれる

いやぁ、陽が落ちるのも早くなってきたなぁ…。
巷で売ってる商品もすっかり秋めいてきましたね。
まだ陽射しは暑いんだけど…清々しい秋晴れがあんまりないからアレだけどね。


21_9_23_yakiimo_frappuccino_pumpkin_scon
って事で、スタバの焼き芋フラペチーノとパンプキンスコーン。

焼き芋等のさつまいも、栗、梨、秋刀魚等が出てきましたねぇ~。
…まだ柿食べてないな。。

そして秋刀魚は不漁で高い…けど、ここ最近ずっと不漁だよね。。







そんな中、お船の夏イベ、第1海域2段階目です。

続いては輸送作戦でイタリア半島沖を目指します。
…が、その前にギミックがあるのでそちらの処理をしておきましょう。


21_summer_e1_2_1
スタートは新たに出現した2つ目の所から。
エジプトのアレクサンドリア沖からのスタートかな。
エジプトとリビア沿岸を進み、北上してクレタ島沖へ。
そこからイオニア海へ向かい、目指すはバルカン半島。
ギリシャのプレベザ近郊、アクティオ空港辺りでしょうか。

ここに居座る集積地棲姫Ⅱ バカンスmode率いる部隊と戦います。
沿岸砲台の他、魚雷艇もいるので対策が必要な所。


21_summer_e1_2_2_g1_kouryaku
ギミック攻略編成1。
空母1、戦艦1、軽巡2、駆逐2。
空母は対地艦爆を積まず、艦攻と艦戦のみ。
戦艦は三式弾を積んだ対地用。
軽巡は特効のあるジュゼッペ・ガリバルディと対地大発が積める龍田。
ガリィは大発が積めないので、ロケランを積んだ連撃仕様にしています。
駆逐艦も対地大発積める睦月と如月を起用。
大発搭載艦はこの後の輸送作戦にも転用予定。

アークロイヤル、ウォースパイト、ジュゼッペ・ガリバルディはサブ艦。


21_summer_e1_2_3_g1_kitikoukuu
ギミック攻略基地航空隊編成1。
攻撃機で固めて集積地へ。
…かなりやられたから、沿岸砲台が対空仕様だったか?

集積地自体も結構対空強いんだけど。


続いて、ギミック解除の為に第2段階目ボスへ。
ここで勝てばギミック解除できます。


21_summer_e1_2_3_g2_kouryaku
ギミック解除編成2。
水母1、軽巡2、駆逐3。
普通に輸送ポイント稼げるので、大発積載可能艦にガン積みしてます。
水母は大発の他、制空確保の為に水戦を搭載。
ガリィは制空を取った上で連撃できるように標準的な装備に。

日進はサブ艦。
ガリィも1つ目のギミック編成に引き続き起用。


21_summer_e1_2_4_g2_kitikoukuu
ギミック攻略基地航空隊編成2。
ギミック1つ目と変えず、ボスに。
少し熟練度上がってきた。


21_summer_e1_2_5_g321_summer_e1_2_6_g3
…という事で、ギミック解除!
今回は任務(クエスト)として組み込まれているギミックも幾つかあるようです。

これで第3艦隊で遊撃部隊が組めるようになりました。
今後、遊撃部隊を使う場面がちょいちょいあります。

そして、早速遊撃部隊を組んでこの輸送作戦を進めて行く事にします。


21_summer_e1_2_7
ルートは2つ目のスタートからクレタ島沖へ進出、そのまま地中海を西へ進み、マルタ島へ。
物資を下したら、イタリア半島のつま先、カラブリア州の沖へと向かいます。


21_summer_e1_2_8_sennkannkaki
ボスは戦艦 戦艦夏姫率いる戦艦部隊。
戦艦夏姫含めて3隻の戦艦が待ち構えています。


21_summer_e1_2_9
という事で、輸送成功。


21_summer_e1_2_10_kouryaku
攻略編成。
ギミックで組んだ編成に駆逐艦1を追加。
夜戦で戦艦を倒しやすいように、魚雷カットイン構成にしてあります。
人選は割と適当…。

基地航空隊編成はギミック時と同じ編成でボスへ。
支援艦隊は使っていません。







F1第15戦ロシアGP決勝!!

曇りですが、路面はドライ。
風が若干強く、雨のリスクもあるとの事。
黒海上に雨雲がありますね…。

何かリアにヒモがついてるマゼピン。
グリッド上で取り除かれましたが、何だったんだろう?

FIA会長ステファノ・ドメニカリとアストンマーティンのオーナー、ローレンス・ストロール。
そして、息子の傍らにいるドミトリー・マゼピン。
石油化学企業ウラルカリの会長。

持ち手がサーキットレイアウトのトロフィ。


ロシア国歌…は流石に流せないのか。
代わりにチャイコフスキーピアノ協奏曲第一番が流されてます。
バレリーナがピアノの上で舞っています…ピアノ自体が回転してるのやべぇ。。
国歌に代わるナショナルセレモニーである。


どうやら、黒海上の雨雲が近付いてきているようだ。


ボッタスはパワーユニットを交換した事により、グリッド降格ペナルティ。
17番手スタートとなりました。

ジョヴィナッツィはギアボックス交換により5グリッド降格ペナルティのようです。

スターティンググリッド。
ポールポジションはランド・ノリス/マクラーレン
2番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
3番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
6番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
8番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
9番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
10番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

11番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
12番手からは角田裕毅/アルファタウリ
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはミック・シューマッハ/ハース
15番手からはニキータ・マゼピン/ハース

16番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
18番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
20番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル

ボッタスはフェルスタッペンを抑える役…のようになっていますが、予選で使ってたパワーユニットにトラブルの兆候があったので交換したとの事。

トップ10ではアロンソ、ペレスがハードタイヤ。
後方はちょいちょいハードタイヤいるね。
グリッド降格組はラティフィ以外がハードタイヤか。
流石にソフトタイヤ履いてるマシンはいないね。

フォーメーションラップ。
フェルスタッペンの無線。
「ESの充電がどんどんなくなってる。」
…アップデートされたESにトラブルか?!

…あ、問題なかったか。
何か設定の問題だろうか。


シグナルが…ブラックアウト!!
2コーナーを取ったのはサインツJr.!
スタートでは3番グリッドのラッセルに先行されるものの、1コーナー後の加速が良かった。
ノリス、ラッセルが続き、ハミルトンは順位を落として6番手。
5番手のアロンソは2コーナーでオーバーランしてポジションをゲインしているので、元の場所に戻る必要がありますね。
アルファタウリ勢がポジションを失っているけど、オープニングラップの密集の影響か。

ドライバーズパレードの時に「トー使わせてよ」って言い合っていたというサインツJr.、ノリス、ラッセルの3人。
そういうの良いなぁ~www


4周目、3番手のラッセルが後方を抑えている。
サインツJr.、ノリスが少し逃げています。
ボッタスは14番手、フェルスタッペンはその直後の15番手にまで上がってきています。


6周目、フェルスタッペンがボッタスをかわして14番手!
難しい13コーナーでかわしていった!
1アタックで攻略して行った…!!


9周目、フェルスタッペンがガスリーをかわして13番手に上がっている。
ガスリーには今度ボッタスを抑えるという仕事が…!
尚、その前にガスリーには「マックスがボッタスに詰められてる。」と無線が入っていたらしい。

ラティフィとジョヴィナッツィのバトルのリプレイ。
サイド・バイ・サイドでコーナーに入り、ジョヴィナッツィが押し出されています。


10周目、フェルスタッペンがルクレールの前に出ています。
ルクレールがオーバーランして挙動を乱した隙に前に出た格好だ。

リプレイ。
ルクレールがベッテルとバトル。
フェルスタッペンがルクレールの横に入ろうとしたら、ベッテルの後ろにいたルクレールがベッテルの右サイドを狙おうと寄ってきたので、減速して回避。
危うくフロントウイングが破損する所だった!

トップは変わらずサインツJr.。
ノリスがそれを追い、6秒後方にラッセルがいます。
ラッセルはストロールを抑え込んでいる。


13周目、ここでストロールがピットイン!
少し時間かかったかな、15番手で復帰。
皆グレイニングが出来ているので、そろそろピットインする時期か。

フェルスタッペンの無線。
ピー。
ラストセクターで何かが酷い、との事。

この間にノリスがトップに!
13コーナーだわ。
タイヤキツいって言ってたのに。


14周目、3番手のラッセルがピットイン!
左フロントの作業が少し遅れたか。
復帰は15番手、ストロールがアンダーカットしました!


15周目、サインツJr.がピットイン!
んんっ、左リア遅れた!
その間にルクレールがファステスト。
ストロールがそれを塗り替えた。
サインツJr.はストロールの前、13番手で復帰。

オコン、ライコネンとピットインしてきています。
この時点で降格組はフェルスタッペン6番手、ルクレール7番手、ボッタス10番手、ジョヴィナッツィ14番手、ラティフィ18番手。

シークエンス違うけど、ノリスがトップでリチャルドが2番手とマクラーレンがワンツー。
2戦連続ですね。


18周目、ノリスの無線。
「路面の進化がタイヤの劣化を隠してる。」

2番手のリチャルドがハミルトンを押さえ込んでいます。
すぐ後ろにはペレスがいるので、ハミルトンとしては無理が出来ない?
その間にフェルスタッペンがファステスト連発して上位勢に近付きつつある。
フェルスタッペンとペレスとの間にアロンソがいます。


23周目、メルセデスのクルーがピットインの準備をした!
これを見たリチャルドがピットイン!
そしてハミルトンはステイ!
リチャルド…んー、遅い!!
右フロントも少し遅かったけど、左リアも遅い感じ。
そしてシグナルか変わらないのか、足止めされてる。
14番手で復帰。
これはハミルトンの前に留まるのは難しいか…ノリスの支援ができなさそう。

一方、蓋していたリチャルドが退いたので、ハミルトンが飛ばし始めています。


27周目、サインツJr.無線。
ピー。
エンジニア「今んとこ5位だぞ。」
サインツJr.「えー!5位かよ?!」
フロントロースタートだから、そりゃ驚くよね。。
まぁ、ピット作業遅かったし。

っと、ここでハミルトンとフェルスタッペンがピットイン!
ハミルトンはリチャルドの前の9番手、フェルスタッペンはオコンの後ろの13番手。
フェルスタッペンはすぐにオコンをかわして12番手に。
…しかし、ミディアムタイヤスタートのハミルトンはまだしも、ハードタイヤスタートのフェルスタッペンはタイミング早くない?


28周目、フェルスタッペンがラッセルをかわして12番手に。
トップを走行中のノリスはこの周でピットインだ!
よしよし、タイヤ交換時間は2.9秒、4番手で復帰だ。
このタイミングでボッタスもピットインし、16番手で復帰しています。
今の所、ポイント圏内ギリギリくらいのポジションかな?
これはチームとしては中々痛い。
ライバルのレッドブルは2台が有望なポジションにいるからね。

これでトップはハードタイヤスタートのペレスに。
アロンソ、ルクレールとハードタイヤスタート勢が続く。


30周目、ハミルトンがサインツJr.をかわして6番手。
サインツJr.はガスリーを攻めあぐねていましたが、逆にポジションを落としてしまっています。
ハミルトンの無線。
トト「ルイス、これ勝てるぞ。」
ハミルトンは続いてガスリーをかわして5番手に。
これでハミルトンはペースを上げられるので、ペレスの前に留まれる筋が見えました。


33周目、ミックに無線でBOX指示。
マシントラブルを解決できず、リタイアだ。
ミックはお父さんの使ってたデザインをトリビュートしたヘルメットをベルギーで使用。
これが気に入って使い続けているようだ。

ここで6番手を走っていたガスリーがピットイン!
16番手で復帰。


36周目、今度はルクレールがピットイン。
タイヤ交換時間は4.8秒…左リアが時間かかったか。
ボッタスの前、13番手で復帰。


37周目、ペレスとアロンソがピットイン。
これで大体1回目のピットを終えたかな。
ん、ペレスは8.9秒かかっているぞ…。
リプレイが来たか。
どうやら、右リアが外れなかったらしい。
ペレスは5番手、アロンソは7番手で復帰だ。
6番手にフェルスタッペンがいるので、ペレスとフェルスタッペンは順位を入れ替えるでしょうね。


37周目、ノリスの無線。
エンジニア「ペレスがスローストップだったから3位はサインツJr.だよ。」
ノリス「分かった分かった分かった、話しかけないで。」
ハミルトンが迫ってきているので、集中したいようだ。


38周目、フェルスタッペンが2コーナーでアロンソに抜かれている。
フレッシュなタイヤとDRSによって2コーナーでかわされたようだが、フェルスタッペンのタイムがこの時だけ悪かったようだ。
何があったのか…。


40周目、ここでノリスがファステスト!
ハミルトンとの優勝争い真っ只中!
逃げ切れば26ポイント手に入るぞ!


44周目、後5分~10分でちょいと雨が降り始める可能性があるとの事。
また、ラッセルが10コーナーでポツポツ来てると報告している。

…ベッテルとライコネンはまたいちゃついてるのかwww

ペレスがリチャルドをかわして4番手に上がった!
13コーナーから14コーナーにかけて、かなりタイトなバトルでした。


46周目、観客が雨具の準備を!
フェルスタッペン無線「霧雨みたいな雨が降ってるよ。」
まだ路面的には大丈夫そうだが、ノリスとハミルトンが接近しているので、かなり緊迫した状況に。

ノリス無線。
エンジニア「観客席の傘が開いてるよ。」
ノリス「うん、そこそこ来てるね。」

予報通り、5コーナー付近から降ってきているようだ。


47周目、5コーナーでノリスが降雨の影響で少し膨らんだ!
ハミルトンとの距離が縮まるも、ハミルトンも少し慎重になっている為、ポジションは変わらず。
もうセクター2のカメラに結構雨粒ついています。


48周目、ペレスがサインツJr.をかわして3番手に上がっている!

ベッテル無線。
エンジニア「雨、酷くなると思う?」
返答ないの…??

ベッテルとストロールが順位入れ替わったり、ライコネンがボッタスにかわされてたり。
直後、セクター2で短い黄旗。
雨かな…。

5コーナーの立ち上がりでフラつくハミルトン。
って、結構降ってるじゃん、セクター2!
そしてストロールに無線でBOX指示。

ノリスがまた膨らんでる…これ、セクター2やべぇぞ。
ウエット宣言出てるし、ドライじゃ走れないわ。
ハミルトン無線。
「凄い滑りやすいんだけど、あんまり降ってるようには見えない!」
ここでライコネン、ボッタス、ラッセル、がピットイン!
マゼピンも入ってる!
ここでDRSは使用不可に。

メルセデスが用意してるねぇ…ハミルトンにBOXを指示する無線。
でもスルーした。
おっ、ラティフィ、角田も入ってる。

ここでリプレイ。
ベッテルとストロールが接触。
ベッテルがストロールをかわそうとした所、寄ってきたストロールと壁の間に挟まれた。
ダメージはなさそうだが、ストロールが見てなかったっぽい。

49周目、順位が変わりつつある。
ノリス無線。
エンジニア「滑りやすいからね。」
ノリス「黙ってて!!」
この間にフェルスタッペン、サインツJr.、リチャルドがピットインしてきます!
ストロールもピット入れた。

ノリスの無線。
「インターどうだと思う?」
ノリス「いらねぇ!」

50周目、2番手のハミルトンがここでピットイン!
無線で「もっと雨降ってくるよ」と言われています。
ノリスはステイアウト!!
セクター3ももはや全開で走れない状況なのでは…。
4コーナーも降ってるな…。

ノリスの無線。
「ハミルトン入ったよ。」
これは入れと促してるやつかな。
ハミルトンとのギャップは25.8秒!
ノリス、逃げ切れるか…?
セクター2はかなり濡れている。。


ストロールのリプレイ。
ドライタイヤのストロール、スピンしてウォールに接触!
その後、ガスリーに接触してスピンさせてる。
スピンする前からフロントウイング左側が路面に擦れてるから、この前にも何処かにぶつけてたのかな?
これであのBox無線入ったのだろうか。

ノリス、セクター3の時点でハミルトンとのギャップが19秒に。
これはもう入れない、ハミルトンとの差がなさすぎる!
とは言え、最終コーナー付近もむちゃくちゃ滑りやすい!
かなり厳しいぞ。
一方、ハミルトンは「ノリスがこのまま行くならトラブるから、落ち着いて行け。」と無線が入っています。

レースは終盤、51周目へ!
周回遅れのジョヴィナッツィをスパッと抜けないくらい加速できない。
…けど、そのジョヴィナッツィもドライタイヤなんだよな。

うわぁ、3コーナー凄い降ってる!
15番手のストロールがノリスをかわしていきます。
ストロールはインターミディエイトだからね。

ノリスは4コーナーで滑ってしまい、コースオフ。
5コーナーでもコースオフし、スピン。
この間にハミルトンがトップに!
黄旗!

アロンソがピットイン、フェルスタッペンがルクレールとアロンソをかわして3番手にまで上がってきている!
ペレスと角田もピットインしている。
ノリス無線。
ピー。
ノリスもレインタイヤに履き替える事にしましたが…まだ先は長いぞ。。

ここで再度黄旗!
4番手だったルクレールが6番手にまで順位を落としている!
更に黄旗。
ルクレール、大きく順位を落とし、11番手。
ルクレールはドライタイヤのままだったので、コースオフしてしまっていたようだ。
ウォールに突っ込まずに止まれた…!

ガスリー、オコン、ジョヴィナッツィとピットインしています。


52周目、ようやくノリスがピットイン!
6番手で復帰。
アロンソがノリスに先行し、7番手にまで落ちています。
ノリスのリプレイ。
ピットロード入口で滑ってコースに出てしまい、入口の白線を跨いで横から入る…これは審議されるのでは?


53周目、ファイナルラップ!
ハミルトンがトップで周回、2番手のフェルスタッペンまで52秒ある。
セクター3に入った辺りからハミルトンの勝利数カウンターが回り始めたwww

チェッカー!
ハミルトン、通算100勝目!!
メルセデスはソチで8年連続の優勝!
なんと、初開催から1度も負けた事ないんだよね。

そして最後尾スタートから2位チェッカーのフェルスタッペン!
5位以内でチェッカー受けられれば良いとしていましたが、最高のダメージリミテーションに。
3位はサインツJr.!
最後のゴタゴタを乗り切ってのチェッカーです!
予選トップ3で残ったのはサインツJr.だけね。
リチャルドが4位、ボッタスは5位で恵みの雨に!

ハミルトン無線。
99勝目から100勝目上げるまで結構時間かかった、と振り返っています。


ノリスはファステストラップポイントを獲得!

フェルスタッペンは笑ってるわ。
ピットインタイミングはフェルスタッペンの判断だったようだ。
素晴らしい判断だ。

…どうやら、雨止んでるみたいだな。

ハミルトン、通算100勝でも喜び方は控え目。
フェルスタッペン、ゆっくりチームクルーに近付いて2位をお祝い。
サインツJr.もゆっくりチームクルーに近付いてるわ。

マシンから降りないノリスの元にラッセルが来ていました。
そのノリスがドライバー・オブ・ザ・デイを獲得。
ノリスに暖かい声援が!
優勝への執念を感じた決断だったね…!


インタビュワーはデイモン・ヒル!

ハミルトン。
ヒル「100勝目、どんな気分ですか?」
ハミルトン「100勝目、長かったですね。」
ノリスがハミルトンの元に!
イギリスの先輩後輩だからな。
ハミルトン「ランドは凄い良い仕事してましたね。ペースも良かったし、マクラーレンの為に良く頑張っていましたし。
私の昔のチームはホントに良い仕事していて、また上手く行っていますね。
私もランドに行ってもらっては困ると思っていたので、チームが良い判断してくれて良かったです。」
イタリアGPでのクラッシュで首を痛めていたけど、まだ痛いようだ。
「マックスも良い仕事してましたよね、最後尾から2位ですから。」
雨がなければノリスは抜けなかった、と言っています。

サインツJr.、チームクルーと喜んでる最中。

フェルスタッペン。
「1周早かったらインターをダメにしていたでしょうし、タイミング良かったです。」
「レースそのものは厳しかったです。中々オーバーテイクも難しかったですし。」
「今朝、起きた時はまさかこういった結果になるとは思っていませんでした。」
チャンピオンシップではハミルトンに逆転されたけど、2位だしもう嬉しいよね。

サインツJr.
やり切った顔だな。
ヒル「暫くリードしてましたよね。ランドと良いプラン持ってたように思えたんですけど。」
「まず、ローンチが良かったんですよね。それで上手くランドをかわす事ができました。」
「ハードがどんどん悪くなっている最悪の時に雨が降ってきたけど、良いタイミングでもう一度3位になれました。」
サインツJr.だけコメント短かったwww
表情は良かったね。


表彰台。
久々のイギリス国歌。
かーらーのー、久々のいつもの。
ドイツ国歌。
ハミルトン、良い表情だなぁ~。
これは強いハミルトンの兆候だぞ。


トロフィ授与。
ハミルトン、トロフィ投げない。
サインツJr.はずっと控え目だな。


ファイト!!
ハミルトン、フライングでフェルスタッペンにかけてる。
レッドブル関係者でかけ合ってる。
やっぱトロロッソでのチームメイト同士で一緒にいる事が多いなwww
フェルスタッペンとサインツJr.、まだ仲は良好らしいしな。

終盤、角田は雨が激しくなってきた絶妙なタイミングでのピットインにも関わらずドライタイヤ履かされたらしい。
すぐにインターミディエイトに交換したようだけど、勿体なかったなぁ…。

ハミルトンのピットボードに「LH100」と表示されていました!
いつもは「LH44」だからね。


上位にいたペレスがポイントを獲得したものの大きく順位を落とし、ポイント圏外だったラッセルはポイント獲得!
アロンソがポイントを獲得でき、後方で苦しんでいたライコネンもポイント獲得!

そして、終盤にピットインしようとして滑ったノリスはお咎めなしのようですので、順位が確定しました。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
4位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
5位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7位はランド・ノリス/マクラーレン
8位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
9位セルジオ・ペレス/レッドブル
10位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はランス・ストロール/アストンマーティン
12位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
14位はエステバン・オコン/アルピーヌ
15位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
16位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
17位は角田裕毅/アルファタウリ
18位はニキータ・マゼピン/ハース
19位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

リタイアは…
ミック・シューマッハ/ハース


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(246.5Pt)
2位:フェルスタッペン/レッドブル(244.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(151Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(139Pt)
5位:ペレス/レッドブル(120Pt)
6位:サインツJr./フェラーリ(112.5Pt)
7位:ルクレール/フェラーリ(104Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(95Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(66Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(58Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(45Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(24Pt)
14位:角田/アルファタウリ(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(16Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(6Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(397.5Pt)
2位:レッドブル(364.5Pt)
3位:マクラーレン(234Pt)
4位:フェラーリ(216.5Pt)
5位:アルピーヌ(103Pt)
6位:アルファタウリ(84Pt)
7位:アストンマーティン(59Pt)
8位:ウィリアムズ(23Pt)
9位:アルファロメオ(7Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

雷おこし

涼しくなったと思ったら、陽射しが強くて涼しかったり、暑くなったり。
こうして段々秋になっていくんだな。
ついこの間桜が咲いていたと思っていたのに。

もう秋なんだな。
…それにしても、空気は涼しいんだけど陽射しが強いのって、やっぱ鈴鹿を思い出すなぁ。
今年も中止な訳なんだけどね…むぅ。。




21_9_22_full_moon_15ya
中秋の名月…十五夜で満月!!

2013年以来8年振りだとか何とか。
いやぁ、それにしても…ケータイで撮ったから、有難みも何もないなぁ…。







21_9_14_rb
アップしてなかった、レッドブルリストバンド。
乗り遅れて何とか入手したもの。
アルファタウリリストバンドは既になかったです…意外といるんだな。




F1第15戦ロシアGP予選!!
ロシアGPはちゃんとロシア名乗れるんだな。

フェルスタッペンは前戦イタリアGPでのハミルトンとの接触により3グリッド降格ペナルティでしたが、このタイミングでパワーユニット一式を交換し、最後尾スタートに。
4基目のパワーユニットを投入していますが、エナジーストアはアップデートされたものを搭載。

また、ルクレールとラティフィも新品パワーユニットを投入し、最後尾スタートだ。
ルクレールもアップデートされたパワーユニットを搭載している模様。ラティフィはICE、ターボ、MGU-Hを導入。
後半戦はこうしたパワーユニットの年間使用数上限を超過した事によるグリッド降格ペナルティが多くなってくる事でしょう。
そういや、イタリアでボッタスが既にやってましたね。


そういや、ソチでのロシアGPは来年で最後になるという事。
2023年からサンクトペテルブルク郊外の新設サーキット、オートドローム・イゴラ・ドライブで開催されるんだって。


そんな中、朝からの雷雨でF1は土曜午前中のFP3が中止。
F2やF3のレース何かも中止されています。

朝の様子のリプレイ。
リチャルド、雨でもニコニコ。

マゼピンは母国GPですね!!
お父さんのドミトリーも来てるみたい。

そしてライコネン復活!
おかえり!!

予選前までに雨は止んだようですが、路面は濡れています。
アストンマーティンのセーフティカーが下見しています。
水飛沫が上がっているので、予選は雨用タイヤを使う事になりそうです。

…最終コーナーのイン側のエスケープゾーンにかなり水溜まってるんだな。
掻き出して排水溝に流しています。


Q1
ガスリーを先頭に8台くらいがピットレーン出口に待機。
アロンソがウエットタイヤ履いてるけど、他はインターミディエイトタイヤだ。

セクター3の一部だけ路面再舗装したようで、雨で路面に油が浮いている。
かなり滑りやすそう。

残り13分。
ここで再び雨が降る予報が。
雲の端っこがサーキットにかかりそうとの事。

残り11分半。
おっと、ジョヴィナッツィがスピン!
真後ろにいたルクレールは加速する前だった事もあり、何とか避けた。
フェルスタッペンはガレージに戻って予選終了。
1度コースに出ていますが、決勝のセットアップ確認していたのだろうか。

雨が降らないまま残りは2分。
ロシアで強いメルセデス勢にペレスが食い込む形になっている上位勢。
その後ろにはガスリーだ。
ここでノックアウトゾーンにいたラッセルがタイムを更新し、15番手に。

チェッカー!
ここでノリスが4番手!
ライコネンは16番手でノックアウト。
ラッセルは11番手タイムでQ2に進出。
角田は15番手でギリギリ通過。

ウィリアムズ勢が通過し、アルファロメオとハースの2台がノックアウト。
という事で、ハースのチーム代表、ギュンター・シュタイナー組長。
そう言えば、ハースは来年もミックとマゼピンのラインナップ継続を正式発表していましたな。

ペレスのリプレイ。
2コーナーで滑ってスピン。
滑ってる時に蒲鉾型縁石に乗ってしまったし、フロアへのダメージが気になる。

ストロールの無線リプレイ。
ノリスに前を塞がれて「完全にブロックされちゃったよ。」

角田の無線リプレイ。
ピー。
前にいたのはマゼピンかな?


Q2
ガスリーが真っ先にコースイン。
ラッセルが2番目かな?

ガスリー無線「グリップがないよ。」
路面が乾き始めてるので、雨用タイヤの性能が引き出せなくなっているようだ。
これは走り続けてタイムを出すタイミングを計るしかなさそうだ。
濡れた場所を通るライン取りをしてタイヤを冷やしたりする事でタイヤの性能を保ったりしている姿も。
ペレスはQ1に比べてタイムが伸びない。
周りが上げてきているのか、ダメージがあるのか…。

チェッカー!
オコンは5番手。
ペレスが4番手。
リチャルドは7番手だ。
サインツJr.がギリギリ9番手に入った!
アロンソは3番手タイム!
ガスリーは11番手タイムでノックアウトだ。
ラッセルが9番手に飛び込んできた!!
角田はタイムを更新するも、13番手のままでノックアウト。

ベッテルの無線。
めっちゃ悔しそう。
…国際映像では流れなかったけど、どうやら続きがあるようで、角田にブロックされたようだ。

ガスリーのリプレイ。
何やらむちゃくちゃおこでハローを叩きまくってる。
…ん、重量検査呼ばれて計画が狂ったのか?

アルピーヌのガレージにダニール・クビアト。
この人も波瀾万丈よね…。。


Q3
ボッタス、ハミルトンが真っ先にコースイン。
ほう…ボッタスはハミルトンに順位譲るってコメントしてたのか。
ここはボッタスが得意としているサーキットだからなぁ、頑張って欲しい訳だが…まぁ、チームプレイですね。

ラッセルがドライ用タイヤをコールしてる。
さて、どうなるか。
ラッセルが履いたのはソフトタイヤです!
ピットアウト時にかなり滑ってるけど、だいぶ踏んでるぞ!
セクター2とかでも結構フラついてるな…これ、まともに走れるのか?

残り5分。
サインツJr.、リチャルドもソフトタイヤに!
おっと、メルセデスも用意してる。
セクター3はまだ濡れている個所が多いので、ドライ用タイヤではキツいようだ。

ハミルトン、ピットレーンで滑ってウォールに接触!
マシンの左側を当ててしまっています…あぁ、フロントウイングが折れてる!
この時点で残りは3分半。
早くコースに出ないとタイヤ温まらなくてタイム出ない気がします。
…おっと、ピットボックスからどいて、後から来たボッタスの作業を先に完了させていますね。
ちょっと時間かかるからな…。
まぁ、ピットロードはQ2てもガスリーが滑ってたからなぁ。

気付いたら全員ソフトタイヤに換えてますね。
さて、注目のラッセルは1アタック目を終えましたが、タイムが出ず。
残り40秒、国際映像はボッタスがアタックへ入るのを映しています。
そして、ハミルトンも無事にコースインしていますね。

ハミルトン無線「これ、タイヤ暖まんないわ。」
1周じゃキツそう…特にメルセデスのマシンは「冷え性」とか言われてるしな。

チェッカー!
アタック中のサインツJr.がセクター1自己ベスト、セクター2全体ベストでセクター3に入っています!
セクター3は辛いぞ…慎重に行っていますね。。
…しかし、タイムを更新した!
サインツJr.がトップ!
おっと、後続のノリスがセクター2を全体ベストで通過!
セクター3もまとめ上げて、ノリスがトップタイム更新!
後ろから来たラッセルが3番手タイムを叩き出した!

…おぉ、ノリスが初ポールポジション獲得!!
おめでとう!!
ノリスの無線。
ピーー
喜んでる!
ピーー

そして、サインツJr.もキャリア初となるフロントロー獲得!
川井ちゃんwww
そうだね、友達と一緒だわねwww

ノリスは102人目のポールシッターだそうで。
尚、マクラーレンのポールポジション獲得は2012年ブラジルGPのハミルトン以来との事。

ハミルトンのリプレイ。
セクター3でスピン、リアが軽くバリアに接触!!
リアウイングもひん曲がったりしてなさそうで良かった。

マクラーレン、フェラーリ、ウィリアムズという名門チームによるトップ3。
…1990年代かな?
予選結果で言うと、2012年スペインGPのアロンソ(フェラーリ)、ハミルトン(マクラーレン)、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)以来だそうで。

サインツJr.のリプレイ。
…おぉ、スピンしてたりしたのか。。
Q3かなぁ?

リチャルドに祝福を受けるノリス。
ノリスとラッセルが健闘を讃え合っています。

ノリスとサインツJr.の絡みはまだないですね。

インタビュワーはジョニー・ハーバート。
いやぁ、ノリスはニッコニコだわ!!
レースに向けては「あんまり楽しみじゃないですね」って言いながらニッコニコしてます。

サインツJr.、ずっと締まった表情していたけど、ようやく和らいだな。
「トラックを最大限に活かして、先に決めたんですけどね。」
と言うので、やっぱポール取れなくて悔しいのでしょう。
スタートでノリスをかわす事を目標にはしているようだけど、フェラーリのレースペースあんま良くないからか、自信はなさげ。

ラッセルもニコニコしてる!
そうね、2回目の3番手スタートだ!
「メルセデスを後ろに従えてなので、勿論厳しいでしょう!」
セカンドローはラッセルとハミルトンという、来年のチームメイト同士が並ぶオーダーに。

ピレリのポールポジションアワードのタイヤにサイン。
ノリス、嬉しそうだわぁ。

次生さんのテール・トゥ・ウィンwww


結果。
ポールポジションはランド・ノリス/マクラーレン
2番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
3番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
6番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
8番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
9番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
10番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
15番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ

16番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはニキータ・マゼピン/ハース
20番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル


パワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティを適用するとこんな感じになる筈…。

スターティンググリッド。
ポールポジションはランド・ノリス/マクラーレン
2番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
3番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
6番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
8番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
9番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
10番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
13番手からは角田裕毅/アルファタウリ
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
17番手からはニキータ・マゼピン/ハース
18番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
20番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

夏は欧州

さて、ワクチン2回目接種から2週間経ったので、確定でフルチン状態に!!
ファイザーなので、もしかしたら1週間でフルチンだったかもしれないけど…。

まぁ、取り敢えずこれでリスク下がったり症状緩和されれば良いな、と思う次第。
私用の外出は控えられても、仕事と仕事上で人と会うのは控えられませんからね…。
どうしても、そこそこ色々な人と関わる仕事なもんで、その辺心配だったから打てて良かったと思う。
長期的な副反応とかどうか分からん所があるけどね。




21_9_13_gomamisotanntannmen
唐突な胡麻味噌担々麵。






お船の夏イベ。

8月の下旬くらいから開始していた、夏イベ。
毎年恒例になった、欧州遠征を行っています。

小規模イベントという事で、全部で3海域な訳ですが…内容は濃い濃い。
各海域での作戦数が多いし、ギミックも勿論多いし、そして新たな要素として艦載機特効の複雑な組み合わせが…!!
少しは構えていましたが、これが…小規模…??


という事で、夏の大規模イベント、始まってます!!


まずは第1海域。
MA3作戦と銘打たれていますが、これは史実でイギリス・オーストラリア軍によって行われた作戦名。
3つの船団の運行を援護するといった内容でした。
なので、イベント名が「輸送増援作戦」な訳ですね。

マルタ→エジプト、ギリシャ→エジプトの船団を援護するもののようですが、取り敢えず史実艦は実装されていないようですね。
相手にしたのはイタリア駆逐艦だったとの事。
…この海域に駆逐艦の鬼姫級なんて出てこねーぞ!!www


この第1海域、全部で3段階の作戦があります。
最近第1海域から3段階とかいう事例も増えて来たなぁ…。

という事で、1段階目。
…ですが、その1段階目のボスを出現させる為のギミックがあるので、そこから始めましょう。
ギミック解除には2か所に行かなければなりません。

21_summer_e1_1_1_g1
ギミック1か所目。
これは到達するだけで良いギミックです。

今回のスタート地点はシナイ半島沖の紅海から。
基地航空隊はギリシャのクレタ島東部辺り。
イラクリオン国際空港…は少し外れてるから、ハニア国際空港辺りかなぁ。
ハニア国際空港は第二次大戦直前に、イギリス軍によって建設された軍用飛行場で、当時はマレメ空港という名前だったようです。

さて、ギミック解除です。
ルートとしては、まずスエズ運河を通り、地中海入りし、目的地へと向かいます。
目的地はキプロス…場所的には南部のラルナカ近郊ですかね。


21_summer_e1_1_2_g1_kouryaku
ギミック解除編成1。
補給艦1、軽巡1、駆逐艦4で到達可能。
道中で水上艦戦があるので、軽巡や駆逐艦は普通に主砲装備させています。
補給艦は速吸のサブ艦を選択。
改修すらしてなかったので、旗艦にしています。
この編成じゃあんまり意味ないけど、水戦積んでいます。まぁ、索敵もするし。
後は大発で弾薬多く貰おうかな、的な。
駆逐艦の人選は特効もなさそうな艦から適当に選びましたが、戦闘があるのでそれなりのレベルの艦を採用しています。


21_summer_e1_1_3_g2
続いて、ギミック2か所目へ。

今度は地中海を北上し、トルコへ。
市街地のあるフェトヒエやマルマリスか、空港のあるダラマン辺りでしょうか。
ここで集積地棲姫Ⅱ バカンスmodeと戦います。
…まだ第1段階目のボスにすらなっていないのに、いきなり大発搭載艦使わされるのか。。


21_summer_e1_1_4_g2
勝利してギミックを解除したので、ボスが出現しました。


21_summer_e1_1_5_g2_kouryaku
ギミック解除編成2。
航巡1、軽巡1、駆逐艦4の編成です。
対地と対魚雷艇をメインとしているので、ロケランや対地大発を積んでいます。
三隈は開幕航空戦の軽減に水戦を装備。照月の対空カットインも使いました。
夕張は余ったスロットに機銃積ませています。
三隈、照月、江風はサブ艦。
夕張は3隻目を使用。


21_summer_e1_1_6_shien
道中支援編成。
まだ第1段階目のボスにもなっていないのに、早くも支援を使用しました。
魚雷艇対策も兼ねているので…。

以後、この編成は主に道中支援として使っていきます。


21_summer_e1_1_7_g2_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成。
こちらも早速使用。
戦闘機1、攻撃機3の編成です。
爆装一式戦は駆逐艦や魚雷艇等の小艦艇に絶大な威力を発揮し、高い対空射撃回避能力を持っているので採用。
…したら、まさかの熟練度落ち。
一緒に配備した三四型や銀河が熟練度剥げまくってるんで、対空砲火がかなり強烈だったんですね…。
多分、随伴の沿岸砲台とか対空版だったっぽい。


取り敢えず、ギミック解除したので早速ボスへ行きましょう。

21_summer_e1_1_8
っつー訳で、クレタ島沖に出現したボスへ向かいました。


21_summer_e1_1_9_zyuuzyunnkaki
ボスは重巡洋艦 重巡夏姫。
イタリア重巡モチーフの深海棲艦のようなので、ホームに帰ってきてた訳だ。


…と、ここでゴリゴリ削ってた訳ですが。
ちょっと、忙しい周期に入ってしまい、攻略の時間が取れず長い事放置状態になってしまいました。
気付いたら9月になるじゃん、時間なさそうだな…という事で、今まで難易度甲でやってたのを難易度乙に下げて再攻略する事に。


21_summer_e1_1_10
んで、第1段階目クリア。
重巡夏姫なんで、夜戦までは縺れ込みます。


21_summer_e1_1_11_kouryaku
第1段階目突破編成。
航巡1、重巡1、軽巡1、駆逐艦3の編成。
基本的にはギミック解除編成で使った艦をメインに採用。
この海域だけでも出撃制限札が2種類あるからね…。

三隈と江風はギミック解除で使った艦なので、サブ艦です。
夕張も3隻目のやつだし。

三隈に水戦を持たせて制空を取り、重巡級2隻で昼連撃を狙っています。
高雄に偵察機を2つ積んでいるのは、索敵値を補う為…。
夕張は夜戦カットイン装備に索敵値を稼ぐ為にレーダーを装備。
駆逐艦は2隻に夜戦カットイン仕様を施しています。
三日月は夜戦装備を持たせて、被害担当艦。
余ったスロットに索敵補助の為に水上電探を装備。

…そういや、夜偵持たせ忘れたな。


21_summer_e1_1_12_kitikoukuu
基地航空隊第1段階目突破編成。
攻撃機4でボスに。
…飛龍の熟練度落ちた事にびっくり。
三四型と銀河に関しては熟練度回復しつつあるんだけどね。


続いて、第2段階目の攻略に入ります。






続きからコメント返信!!

続きを読む "夏は欧州"

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

森の魔物

ちょっと暑さが戻ってきたかなぁと思ったら、夜は冷えた!
こうして秋になっていくんですよね。

そして、雨降ったのだが…折り畳み傘持ってくの忘れたという(
ビニール傘を買ってしまった訳だが、使い所ないな…どうするか。





ひっそりとやってるポケGO。
たまにホームに送ってます。

21_7_23_irobame
2か月前のだけど、色違いスバメ。

21_7_23_diarga
後、初ディアルガ。
画像撮っていないけど、パルキアもゲットしました。

21_8_11_iroarorakoratta
色アローラコラッタ。
1ヶ月前の。

21_8_20_irobat
色ズバット。
ズバットの色違いはソウルシルバーでも手に入れています。

20_8_29_irokuron
色違いヤブクロン。
色クロン…って書くと、ベロクロンみたいだw







F1第14戦イタリアGP決勝!!


アストンマーティンのガレージにウサイン・ボルト!

スプリント予選の1周目でクラッシュしたガスリー、修復したマシンの感触が良くない模様。
しっくり来ておらず、一度ガレージで調整した後、再度確認へ。
ピットレーンクローズするギリギリまで確認。

マーシャル用のフラッグでイタリア国旗作ってるwww

リチャルド、ドライバーズパレード時にフェルスタッペンに「俺はイタリアの血が流れてるから、前に出たら遠慮しろよ!」
なんて冗談言ってたり。
フェルスタッペンの兄貴分だからな。

ジャン・アレジだ。

フェルスタッペンファンもいる。
キミTシャツを掲げるティフォシ。


イタリア国歌!!
ブラスバンドによる演奏です!
フェラーリが優勝した時の国歌を、フェラーリクルーが大合唱するのはホントに壮観。

イタリア空軍アクロバットチーム、フレッチェ・トリコローリがきたよ!!
イタリア国旗カラーのスモーク!!

スモークもう1回!!

あっと、角田のマシンがピットレーンに…ガレージに戻してる?
日本人のファンが!
アルファタウリ、母国GPなのに…。


ガスリーはギアボックスやPUを交換。
ESが規定数越えているので、ピットレーンスタートに。

ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
3番手からはランド・ノリス/マクラーレン
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
8番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
9番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
10番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
14番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15番手は欠番

16番手からはニキータ・マゼピン/ハース
17番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
ピットレーンスタートはピエール・ガスリー/アルファタウリ
ピットレーンスタートは角田裕毅/アルファタウリ


角田はブレーキトラブル。

メルセデス勢がハードタイヤで来たぞ!!
後方のクビサやガスリーなんかもそうね。

発煙筒がwww
赤いスモークである。

オレンジスモーク、イタリア国旗カラースモークも。

角田、作業間に合わず…。

シグナルが…ブラックアウト!!
リチャルドが良いスタート!
フェルスタッペンを抜いた!
2コーナーでハミルトンがノリスをかわして3番手!
ジョヴィナッツィがルクレールとサインツJr.の間に入っている!

フェルスタッペンとハミルトンのタイヤ同士が接触!
ハミルトンがシケインカットだ。

ジョヴィナッツィがスピンしてフロントウイングを失っている!
黄旗!

グリーンになってからのバーチャルセーフティカー!

ジョヴィナッツィのリプレイ。
シケインカットから復帰した後、後続のサインツJr.とタイヤ同士が接触してジョヴィナッツィがスピン。


2周目、バーチャルセーフティカー終了。
ジョヴィナッツィがピットインしてフロントウイング交換。

5周目、ガスリーがガレージに…リタイアだ。
何か問題が発生した模様。
アルファタウリ、店仕舞いだ。

ジョヴィナッツィとサインツJr.の件は審議。

ボッタスはラッセルをかわして13番手にまで上げてる。


8周目、ジョヴィナッツィに5秒加算ペナルティ。
コースへの戻り方が危ないとの判定。

9周目、ペレスはサインツJr.をかわして6番手。
ボッタスはベッテルをかわして12番手。

まだ序盤だけど、ラティフィが10番手走ってる。


15周目、オコンとベッテルのタイヤ同士が接触!!
ベッテル無線「奴は俺にスペース残さず、押し出した!
自分もリタイアする可能性があったぞ!」
どっちも良く堪えたな…でも、審議。
20周目にオコンに5秒加算ペナルティ。


21周目、フェルスタッペンが1コーナーでリアをロック。
シケインカットしています。
フェルスタッペンはリアタイヤに苦しんでいます。


23周目、リチャルドがピットイン!
タイヤ交換時間2.3秒、良いね。
フェルスタッペンは飛ばしてピットインだな。

フェルスタッペン無線。
「マクラーレンのピットストップ、とんでもなく早かったぞ!」

フェルスタッペン、ピットイン!
…あぁ、遅い!!
タイヤ交換時間は11.1秒…右フロントがちゃんと締まってなかった!!

そして、その間にハミルトンがノリスの前に出ていました。
ノリスはその周でピットイン。
ハミルトン、これはフェルスタッペンの前にいられるぞ。
…ん、ノリスのカバーに入った。

ハミルトン、結構ギリギリ。
フェルスタッペンと並んで1コーナーに!
んんっ、接触してる…フェルスタッペンのリアが浮いてるぞ。
ハミルトンの上に乗っかっちゃってる!!
フェルスタッペンのリアタイヤがハミルトンのハローの上を通過。

セーフティカー!!

フェルスタッペンは早くにマシンから降りてスタスタとガレージに戻って行きました。
ハミルトンは暫くマシンに留まった後降りましたが、途方に暮れている感じ。
インタビューでは首に痛みがあると言っていましたが、1週間休みがあって良かった…。


28周目、ハミルトンとフェルスタッペンのクラッシュはレース後審議。

尚、マクラーレンクルーは大喜び!!

リチャルド、ルクレール、ノリス、ペレス、サインツJr.、ボッタス、ストロール、アロンソ、ラッセル、ラティフィのトップ10。
いつの間にかラッセルがラティフィの前に。
しかも2台ポイント圏内。


31周目、リスタート!
ノリスがルクレールに、ボッタスがサインツJr.に仕掛けている!
フェラーリ勢、1コーナーは抑えた。
ノリス、3コーナーで右側をダートに落としている!
ルクレールをかわして2番手でマクラーレンがワンツー!

ペレスがルクレールをかわしたけど、ちょっとコーナーカットしてない?
戻さなくて…良いのか。
アナウンス出ないね。


32周目、ボッタスがサインツJr.をかわして5番手!

黄旗!
ミックがスピンしてました。
リスタートの1コーナーでミックはベッテルに軽く接触してたのね。


35周目、ボッタスがルクレールをかわして4番手!
前を走るのはリチャルド、ノリス、ペレス。


38周目、ペレスに5秒加算ペナルティ。
「ルクレールがスペース残してくれなかった!」と無線で話をしていましたが、まぁ…うん。
これでボッタスが3位だね。


40周目、マゼピンに5秒加算ペナルティ。
4コーナー…?
リプレイは1コーナーのコースオフだが。
後、スラロームの進入ミスって案内看板吹き飛ばしてた。

何か黄旗。

ザク・ブラウンのホナ足。


43周目、ボッタスがペレスをかわして3番手に。
あっと、コーナー出口ミスってペレスが再度かわした。

トトカメラ。
喜んですぐに残念!みたいな。


44周目、マゼピンがコース脇で止まってる。
黄旗。
バーチャルセーフティカー!

パワーを失ったような感じかな?

バーチャルセーフティカー終了。
え、ルクレールだけじゃなくてサインツJr.も体調悪かったの?!

モンツァの森にはマモノが棲んでる。
そんな格言、あったねぇ~。


43周目、フェラーリガレージのピエロ・フェラーリ副会長。

50周目、ボッタス無線。
「全力を出せ!」
いやぁ、ペレスに近付けないよなぁ。
ペレスもマクラーレンに蓋されてるのもあって、ボッタスとフェラーリ勢引き離せないし。


52周目、ストロールに審議。
黄旗時に速度を落とさなかったとの事で。


53周目、ファイナルラップ!
リチャルドが前、後ろにノリス!
いよいよマクラーレンのワンツーフィニッシュが近付いてきたぞ!!
エマーソン・フィティパルディがピットウォールにいる!!

リチャルド、チェッカー!!
そしてファステストも取ってきた!!
リチャルドの優勝は2018年、レッドブル時代のモナコGP以来3年振り!!
マクラーレン、2012年以来9年振りの優勝だ…長かったな。。
ノリスが2位でマクラーレンが2010年カナダGPのハミルトンとバトン以来11年振りのワンツーフィニッシュ!!

ペレスが3位でチェッカーもペナルティがあるので、表彰台はボッタスが獲得!


リチャルドの無線がぐちゃぐちゃだwww
バイザーを上げて観客にご挨拶!!

リチャルドのこの溜めてからの勝利ポーズ!
久々だわ。
そしてノリスと抱き合いました!

ドライバー・オブ・ザ・デイもリチャルド!

フィティパルディと抱き合うリチャルド!
ミックやルクレールがお祝い!


インタビュワーはDC先生!

ボッタス。
楽しかったんだろうなぁ~笑顔だね。
フェルスタッペンとハミルトンの接触はまだ見てないのね。
まさかのインタビュー中にリプレイ流すとは。
コメント求められて「分からん」って言うボッタス。
流石にすぐにコメント出来ないでしょ。。

笑顔弾けるノリス。
ノリス「ダニエルが優勝して嬉しかったです。」
DC先生「ラジオでダニエル、もう少し速くって言ってたよね?」
ノリス「勿論、優勝したかったけど、チームだからね。
それに、僕はまた優勝できるだろうし。」

笑顔弾けるリチャルド。
リチャルド「悪い事言って良いですか?」
DC先生「ダメです。」
チーム・パパイヤ…
イタリア語でコメントしてるwww
DC先生はイタリア語履修してないの。
ワールドチャンピオンじゃないけど、インタビュー長いwww
そしてシューイ宣言!!
そして国際映像がリチャルドのシューズに…。


表彰台!!
皆ハッピーな表彰台だなwww


超久々のオーストラリア国歌!!
そしていつものイギリス国歌。
…どちらも生演奏か、聞き慣れたイギリス国歌が違うものに聞こえる。

イタリア国旗横断幕!!


リチャルド、表彰台から乗り出してトロフィを掲げて見せる!!
チーム側の登壇者はザク・ブラウンだった!
ノリス、勢い良くトロフィを掲げる!
ボッタスも嬉しそう!
そしてトト夫妻。

ファイト!!
ボッタスがまず飲んだか分からんwww
ノリス、一通りかけられてから周回遅れで床ドン!

さぁ、リチャルドが表彰台に座って…ボトルのカメラ外してるwww
靴脱いだ…上からノリスが煽るようにかけてるwww
ザク・ブラウンが注いで…
シューイの時間だオラー!!

シューズ投げたったwww
もう片方のシューズを脱いだぞ?
あーもうブラウンに2杯目を注いで貰ってる。
やっぱそうなるよねー!!
ノリスに手渡されるシューズ。
煽るリチャルドwww
シューイ被害者の会加入でーす!!
おおっ、一気に行った!!
まずそう。。

えっ、3杯目?
今度の被害者はブラウン!!
表彰台の上からノリスが飲ませてるwww
ノリス「ザクも道連れじゃあぁぁぁ!!」みたいな。
リチャルドが途中からシューズ受け取ってダイレクトで飲ませに入ったぁ!!

晩夏のシューイ祭りを一歩引いてニコニコと見守るボッタス。

リチャルドは表彰台から足出して写真撮影www
全てが終わった後、カメラをボトルにつけ直す。

そうか、ノリスは最年少シューイ被害者…www


結果。
優勝はダニエル・リチャルド/マクラーレン
2位はランド・ノリス/マクラーレン
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
7位はランス・ストロール/アストンマーティン
8位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
10位はエステバン・オコン/アルピーヌ

11位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
12位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14位はロバート・クビサ/アルファロメオ
15位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
ニキータ・マゼピン/ハース
ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ピエール・ガスリー/アルファタウリ
角田裕毅/アルファタウリ


5秒加算ペナルティを受けたペレスはどうにかサインツJr.の前に留まれたようですね。

最終結果。
優勝はダニエル・リチャルド/マクラーレン
2位はランド・ノリス/マクラーレン
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はセルジオ・ペレス/レッドブル
6位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
7位はランス・ストロール/アストンマーティン
8位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
10位はエステバン・オコン/アルピーヌ

ここまでがポイント獲得。

11位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
12位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14位はロバート・クビサ/アルファロメオ
15位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
ニキータ・マゼピン/ハース
ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ピエール・ガスリー/アルファタウリ
角田裕毅/アルファタウリ


フェルスタッペンとハミルトンの接触を受けたレース後審議の結果、フェルスタッペンに次戦ロシアGPでの3グリッド降格ペナルティが課されました。
色々な意見がありますが、それはそれとして、レッドブル陣営はどう動いてくるか。
接触等の影響でパワーユニットの年間使用数が上限に達しているし、ロシアは今の所メルセデスしか勝ってないし。


フェラーリのお膝元でマクラーレンがフェラーリをコンストラクターズランキングで上回りました。
フェルスタッペンとハミルトン共倒れでドライバーズランキングは変わりませんが、コンストラクターズランキングではメルセデスAMGがレッドブルに差をつけています。

ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(226.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(221.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(141Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(132Pt)
5位:ペレス/レッドブル(118Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(104Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(97.5Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(83Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(66Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(50Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(45Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(24Pt)
14位:角田/アルファタウリ(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(15Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)
21位:マゼピン/ハース(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(362.5Pt)
2位:レッドブル(344.5Pt)
3位:マクラーレン(215Pt)
4位:フェラーリ(201.5Pt)
5位:アルピーヌ(95Pt)
6位:アルファタウリ(84Pt)
7位:アストンマーティン(59Pt)
8位:ウィリアムズ(22Pt)
9位:アルファロメオ(3Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (1)

2021年9月12日 (日)

赤と緑と

9月に入ってから(正確には8月31日の夜から)いきなり涼しくなって、まるでゲームみたいなキッパリハッキリした切り替えだなぁと思っていたのだけれど、ここ数日は少しずつ気温が高くなってきまして。
今日はちょっと蒸し暑かったなぁ…。
また夏再来したりして。

…ってな事で、アイスでも見て涼を取りましょう!

21_8_7_babystar_ramen_choco_ice_bar21_8_7_babystar_ramen_choco_ice_bar2
ベビースターラーメン チョコアイスバー。
もう1ヶ月前に食べたものですが。

去年だか一昨年だか忘れたけど、前に食べた事あるな…。
ベビースターの食感と塩味がアイスとマッチしてて結構イケるんだよね。


続いては、秋の新商品。
21_9_8_yakiimo_monaka_ice
焼いも最中アイス!!
いやぁ、秋だねぇ~。

チョコモナカジャンボとかルマンドアイスとかにも言えるんだけど、こういう最中系アイスは出来立てが一番美味しいよね…。
流通過程で時間経っちゃうから最中がしなってなっちゃう。

でも、最中を焼いもの皮に見立てるのであれば、中々近いものがある気がするので、それはそれでありだわ。
因みに、味はめちゃ美味い。
いもペーストがめちゃくちゃ濃厚で、アイスに混ぜられずにセパレートされているから味がダイレクトに来るんだよね。
アイス自体もいもが混ざっているし、こいつぁ良いぞ。


21_9_11_apple_pie_bar
続いては、ごろろん果肉 アップルパイバー。
こちらも焼いも最中アイスと同じ井村屋の商品ですね。

まだ食べてないんだけど、ツイッターで見かけたので買ってみました。

会社の人は「断面が汚くて美味しそうに見えない」、「パッケージも緑で購買意欲湧かない」と言っていましたが、果たして…w
まぁ、メインカラーを緑にした意図は汲み取れないんですがねwww
だって、クリスマスカラーじゃん。
まだ先だよ?

もしかして、緑りんごイメージ…??







F1第14戦イタリアGPスプリント予選!!

スプリント予選形式2回目!


FP2でサインツJr.がクラッシュ。
リプレイ見ると、ノーズからウォールに突っ込んでるな…。
修復は無事、間に合ったようです。

…え、ルクレール、体調悪いの?
スーパーサブ・ヒュルケンベルグの出番があるかもしれない…?

ライコネンへの応援旗。
「新型コロナが僕達のキミへのサポートを止める事はない」
…みたいな感じかな?

ヘルムート・マルコ博士とアラン・プロスト。

ミックとベッテル。
ドイツ師弟。
ベッテルはかつて、ミックの父・ミハエルにメンターしてもらっていたようですが、今度はベッテルがミックのメンターに。
ライコネンがフェルスタッペンの父・ヨスとF1でレースしていたとかもそうだけど、そういう繋がり、良いよなぁ~。

アルファロメオのチーム代表、フレデリック・ヴァスールのインタビュー。
インタビュワーはダビデ・バルセッキ?

マクラーレンのチーム代表、ザク・ブラウンのインタビュー。
インタビュワーはブランドルおじさんかな?

ブランドルおじさんがボッタスにインタビュー。

ガスリーへのインタビュー。
インタビュワーはバルセッキ。
最後にグータッチしてたな。

ノリスへのインタビュー。
インタビュワーはブランドルおじさん。

レッドブルのファンも。

ハミルトンの無線。
「レッドブルが俺達のタイヤ見た!」
まぁ、国際映像に映ってますし。

F1 CEOのステファノ・ドメニカリとマッサ。
かつてのフェラーリチーム代表とフェラーリドライバー。

スプリント予選、モンツァでは18周。
コース紹介も空撮映像。

東京五輪金メダリストのイタリア人スプリンターによるグリッドダッシュ…グリッドダッシュ?
クラウチングスタート…。

ハミルトンはソフトタイヤ、ボッタスはミディアムタイヤとメルセデスがタイヤ分けてきたな。

フォーメーションラップ。
ラッセルのヘルメットカメラ。


シグナルが…ブラックアウト!!
…っと、ハミルトンが出遅れた!
ノリスがハミルトンに仕掛けて、それをカバーしている隙にフェルスタッペンが前に。
リチャルドが躍り出てきて、フェルスタッペンと並んでいます!
1コーナーを制したのはボッタス。
2番手にはフェルスタッペン、3番手にリチャルド、4番手にノリス、5番手にガスリー、6番手にハミルトンだ。

あーっと、ガスリーがフロントウイング引きずってる!
あー、脱落と同時にコースオフ!!
クラッシュ…。。
結構左側を長い事ウォールに擦り付けてしまったな。。
全開だったので、本人はウイング落ちてる事に気付いていなかったようだ。

セーフティカー!!

更に、もう1台スピンしてグラベルに。
クビサだ…角田と接触して回ったようだ。
タイヤ同士…角田の左フロントとクビサの右リアが接触した模様。
クビサが後ろから捻じ込んで、それで接触してしまった感じか。

角田がピットイン。
フロントウイングも交換しています。
クビサとの接触時に当たったのでしょうか。

角田の無線リプレイ。
「クビサのばかー!!」

ガスリーのリプレイ。
1コーナーでリチャルドに近付きすぎて接触してますね…それでフロントウイングが壊れてしまっていました。

クビサのリプレイ。
どうやら、グラベルから脱出できたようですね。
最下位に落ちています。


4周目、リスタート!
アロンソ、ベッテルをかわして11番手。


9周目、ストロールとペレスのバトル!
サイド・バイ・サイド!
1コーナー、ペレスの居場所がなくてシケインカット。
ストロールの前に出たけど、これは順位戻さなければ。
…ん、結構引っ張るな。
チームから無線入ってる。


10周目、ペレスが再びストロールにアタック!
今度は前に。
ストロールの後ろのアロンソが明らかに隙を伺う動き!
びったりくっついて3コーナーや4コーナーのブレーキングで前に出ようと狙っています。
この動きは成功しなかったけど、流石はアロンソ…しっかり狙い時を分かってる。


12周目、ストロールとペレスの件は記録。
戻すのに時間かかったけど、一応戻してはいる…。
15周目に審議に。
やっぱ戻すの遅かったか?
17周目、お咎めなし。


18周目、ファイナルラップ!
ボッタスが危なげなくチェッカーで3ポイントとポールポジション獲得!!
2位のフェルスタッペンが2ポイント獲得してフロントロー!
3位で1ポイント獲得したのはリチャルドだ!

ボッタスはPU交換により、最後尾スタートになります。
これにより、フェルスタッペンがポールポジションからのスタート、リチャルドがフロントローに並びます!
リチャルド、2018年メキシコGP以来のフロントロースタートだ!


ボッタス、観客にご挨拶!

リチャルドに声援来てる?
人気者だわwww
…ん、リチャルドがフェルスタッペンの所行ったかな?
レッドブル時代は兄弟みたいな感じだったと言う話が。


インタビュー!
インタビュワーはバルセッキ。

リチャルド、金メダリストからメダル授与。
イタリア語でご挨拶するリチャルド。
楽しそうだよなぁ~。

フェルスタッペン。
フェルスタッペン「初めてメダル貰いました!」
ホンダは30年振りのモンツァでのポールポジションなのか。

皆銀メダルなのか。
久々のポールポジション、ボッタス!
メダリストからメダル貰えるの良いなぁ~!


…そういや、バスの上でインタビューしてたけど、バス動かなかったな。
ただのステージだったわ。


角田は今週末の最高速を記録してた。
334kmくらい…だったか?

そして、ラッセルはウィリアムズ在籍してる中で初めて予選でチームメイトに負けているな。


結果。
1位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
4位はランド・ノリス/マクラーレン
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
7位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
8位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
9位はセルジオ・ペレス/レッドブル
10位はランス・ストロール/アストンマーティン

11位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
12位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13位はエステバン・オコン/アルピーヌ
14位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
15位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
16位は角田裕毅/アルファタウリ
17位はニキータ・マゼピン/ハース
18位はロバート・クビサ/アルファロメオ
19位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
ピエール・ガスリー/アルファタウリ


スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
3番手からはランド・ノリス/マクラーレン
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
8番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
9番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
10番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
14番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ

16番手からはニキータ・マゼピン/ハース
17番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
20番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(226.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(221.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(126Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(114Pt)
5位:ペレス/レッドブル(108Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(92Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(89.5Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(66Pt)
9位:リチャルド/マクラーレン(57Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(46Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(44Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:角田/アルファタウリ(18Pt)
14位:ストロール/アストンマーティン(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(13Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:マゼピン/ハース(0Pt)
21位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(347.5Pt)
2位:レッドブル(334.5Pt)
3位:フェラーリ(181.5Pt)
4位:マクラーレン(171Pt)
5位:アルピーヌ(90Pt)
6位:アルファタウリ(84Pt)
7位:アストンマーティン(53Pt)
8位:ウィリアムズ(20Pt)
9位:アルファロメオ(3Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

赤の熱狂

今回は全編F1関係の話。


21_9_2_rai
今月初め、オランダGP前にライコネンが現役引退を発表…。

21_9_2_rai121_9_2_rai2
トレンドにもライコネン。
「今季限り」もライコネン引退ワード。

そろそろなような気はしつつ、来年は大きくマシンも変わるし後1年くらい継続しないかなぁ…と思っていたんだけど、もう今シーズン前には引退を決めていたそうで…。
F1界のアイドルが…無線芸人が…うーん、寂しいな。。


そして、オランダGPの翌日には、ボッタスのメルセデス離脱とアルファロメオ加入が発表されました。
オランダであんだけこき使われてからのこの発表…。
ライコネンの後任なので、フィンランド人でバトン繋いだ形に。

その翌日にはラッセルがメルセデスに昇格し、ボッタスの後任となる事が発表されました。
遂に、ラッセルがトップチームに昇格。
ハミルトンとどういう関係性を築く事になるんでしょうか。

その他、レッドブルに続いてアルファタウリも今のドライバーペアの継続を発表。
また、レッドブルのリザーブ兼テストドライバーのアレクサンダー・アルボンが来年、ウィリアムズから復帰する事に。
ラッセルの後任として加入ですね。
合わせてラティフィの残留も決定してます。


現在のシート状況は…

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン
ジョージ・ラッセル

レッドブル
マックス・フェルスタッペン
セルジオ・ペレス

マクラーレン
ランド・ノリス
ダニエル・リチャルド

フェラーリ
シャルル・ルクレール
カルロス・サインツJr.

アストンマーティン
セバスチャン・ベッテル
ランス・ストロール

アルピーヌ
フェルナンド・アロンソ
エステバン・オコン

アルファタウリ
ピエール・ガスリー
角田裕毅

ウィリアムズ
アレクサンダー・アルボン
ニコラス・ラティフィ

アルファロメオ
バルテリ・ボッタス
???

ハース
ミック・シューマッハ
ニキータ・マゼピン




21_8_11_rb_rb16b21_8_11_rb_rb16b_2
という訳で、もう8月の前半になるけど、レッドブルのRB16B缶ゲット。

21_8_25_at02
21_8_25_at02_2
8月の後半にはレッドブル シュガーフリーのAT02缶も回収できました。

ぬぅ、状況的に仕方ないとは言え、今年も日本でのF1、WRCが中止に…。
MotoGPもWECも中止になってるし、本当にモタスポは中々日本での世界大会再開ができないなぁ…。
スケジュール的に厳しいのもあるんだけど…その他にも要因があるようで。。

悲しい。




F1第14戦イタリアGP予選!!

今のグリッドで数少ない、来年の去就が決まっていないジョヴィナッツィの母国GP!!

メーカーとしては母国のアルファロメオ、去年に引き続き特別カラーリング!
イタリア国旗カラーが追加!

このレースでも前戦の土曜に新型コロナ陽性と判定されたライコネンに代わり、クビサが走ります。

アストンマーティンは新作が公開される007とタイアップ。
ノーズのサイドに007の文字が。


イギリスGPに続き、スプリント予選形式!
という事で、金曜予選です。


開幕ガスリー。
少し曇ってるかな?

サインツJr.応援旗!

フェラーリとアルファロメオのキャップをまとった親子。
横のファンはアルファタウリのシャツを来ててイタリア感満載。


マクラーレンファンの女性もいるな。


Q1
まずはルクレールとサインツJr.の地元・フェラーリ勢が真っ先にコースイン!

角田が少し膨らんでリアをグラベルに落としています。

残り12分、ノリスがトップタイム。
ルクレールのトーを得たようだ。

ルクレールの無線。
何かが壊れたらしい。
原因は分かっているらしい。

残り10分半。
ハミルトンがトップタイム。
ボッタスも2番手だ。

残り9分。
ルクレールがセカンドランへ。
このセッションでは直さないのかな。
…おっと、ピットレーン進んでたら目の前にマゼピンが。
ルクレールは接触を避ける為に回避行動を取っています。

リプレイでフェルスタッペン無線。
ピー ピー。
アタック中にアストンマーティンとアルピーヌ勢のトラフィックに当たってしまい、アタック中止。
「皆何してんだよ!!」
スロー走行でレーシングラインにいたりするので、怒りのジェスチャーつき。

残り7分半。
マゼピンとルクレールのピットレーンは記録されました。

わかっちゃいたが、トラフィックパラダイスだな…。

残り6分半。
ガスリーのリプレイ。
アタック中にトラフィックに当たってしまい、アタック中止。
アルファロメオ勢、フェラーリ勢、ハース勢とかなり混み合っていました。
無線でピー ピー。
「彼らは何をしてるんだ?!こんなのジョークだろ?!」
怒りのジェスチャーをしています。

残り5分。
クビサとマゼピンのインシデントが記録されました。
マゼピン多いな…。

17番手のルクレールがタイムを出して5番手に。

残り4分。
ルクレールの無線。
マシンの破損で苦しい状況に置かれているようだ。

ラッセルが11番手に上げて、角田が15番手に。

記録されたクビサとマゼピンのリプレイ。
クビサのアタック中、マゼピンがレーシングラインにいてアタック中止。
これ、ライコネンだったら「小僧」って言われてたな。。

残り1分半。
ペレス、ラッセル、ベッテル、ストロール、クビサと混み合っている状態。
ちょっと離れてオコン、ちょっと離れてジョヴィナッツィ。
ちょっと離れてまたここが混雑。
角田、リチャルド、アロンソ、ミック、マゼピン。

最終コーナー、パラボリカ前は各車が間隔調整を行う為、ぐっと近付いて混雑。
残り40秒。

そしてチェッカー!
リチャルド6番手。
ボッタスは2番手だ。
ハミルトンはピットに戻っています。

ラティフィは13番手。
ペレスが7番手に。
ベッテルは8番手、ストロールが9番手!
ラッセルは厳しいか、14番手。
クビサは18番手でチェッカーを受けています。
オコンが11番手に上げた!
おぉ、ジョヴィナッツィが5番手だ!
角田は14番手!
アロンソが12番手!
ミックは18番手だ。
ノリスが3番手に上げてきた!
マゼピンは20番手。

スロー走行するラティフィの前を横切る茶色い影!
津川さん「あっ!猫か犬いましたねぇ。」

角田、トラックリミット違反でタイム取り消し。
17番手でノックアウト。
無線。
「残念だけど、トラックリミット越えたから17番手だよ。」
「何で?!」
ご両親も来ているようだ。

ラティフィの前を横切ったのは、リプレイでウサギと判明。
当たってたらかなりダメージあったかもしれない。

ルクレール、右側のフロアかバージボード辺りで作業中。
無線であったダメージの件ね。


Q2
ペレスとフェルスタッペンの2台が真っ先にコースイン。
フェルスタッペンがペレスのトーを使う感じか。
続々とコースに向かっていきます。

ルクレールとマゼピンの記録の件はお咎めなし。

ラッセルの無線。
「ブレーキペダルがロングだよ!」
ペダルが奥に入ってしまったらしい。

1回目のアタックを終えて、中段勢も速いタイム出している。
ハミルトン、ボッタス、ノリス、リチャルド、ガスリー、フェルスタッペン、ジョヴィナッツィ、ストロール、ルクレール、ペレスがトップ10。
ペレス無線。
「トーが必要だよ。」

アロンソは1コーナーで止まりきれず、ノータイム。
セカンドランにかける事に。

残り3分25秒、メルセデス勢が出た。
各車出て来ましたね。

ここでボッタスがPU交換したという情報が。
勿論、予選前に替えている筈ではあるが。

ピットレーン、大渋滞。
各車が一斉にガレージから出てきたうえに、間隔調整でスロー走行するので、数珠繋ぎに。
フェルスタッペンの無線。
「信じられない、こいつら一体何してるんだ?」

ハミルトン無線。
「これはもうクレイジーだよ。」

リプレイ。
アストンマーティン勢が出てきたタイミングでハミルトンが前を通過。
ストロールとハミルトンが並んでどっちもスロー走行になったうえにベッテルも並んだから、ピットレーンが塞がってしまいました。
これにはハミルトンの後ろにいたフェルスタッペンもどうしようもできず、止まるしかない。
ハミルトンとストロールがスローになったので、ガレージから出かかっていたオコンがサクッと前に。
そのオコンと並ぶようにフェラーリ…サインツJr.かな?が。
…それにしても、ベッテルのエンジニアやオコンのエンジニアがマシンと接触しそうで危なかった。

ジョヴィナッツィはセクター1、セクター2と自己ベストを更新できていない。
現在7番手だが、残る事ができるか?

ピットレーンの混雑は予選後審議。
チェッカー!
ジョヴィナッツィはタイム更新ならず、7番手のまま。
ペレスはタイムを上げるが、8番手止まりだ。
フェルスタッペンが3番手に上がった!
アロンソはギリギリ10番手!
ガスリーはタイムを上げるも6番手のまま。
オコンは11番手でノックアウト。
ベッテルが9番手!
サインツJr.が8番手に入って、ベッテルがギリギリ、アロンソはノックアウト。
ストロールは11番手でノックアウト。
ルクレールが9番手でベッテルがノックアウト。
おっ、ラッセルのヘルメットカメラ。
15番手だ…。
リチャルドはタイムを更新できず、5番手のまま。
ノリスが3番手に上がった!

ペレスがギリギリ10番手で通過。
アストンマーティン勢とアルピーヌ勢がダブルノックアウト。

ベッテル無線。
ピーーーー
の後にチームに謝ってる。
「ごめんね、トラフィックあったから少しイージーなアタックになっちゃった。」
珍しく叫んでる。

ラッセルのヘルメットカメラ再び。

ふぐみたいに膨らんでるアルピーヌのエンジンカバー。
…ふぐピーヌ。。
温度に敏感なアルピーヌのルノー製パワーユニット。

陽が傾いてきてる。

ボッタスはPUほぼ丸ごと交換しているようだ。
決勝レースは最後尾スタートである。


Q3
ボッタス、ハミルトンが真っ先にコースイン。
ガスリー、ペレス、フェルスタッペンがすぐ後ろから続く。
津川さん「レッドブル3台体勢だ。ガスリー、トップスピード速いし。」

ボッタス、シケインで少しリアがアウトに膨らんだか。
おっ、ノリス、セクター1全体ベスト!
3番手だ!

1回目のアタックを終え、ハミルトンがトップ。
フェルスタッペン、ノリス、リチャルド、ボッタス、ガスリー、ルクレール、サインツJr.、ペレスと続きます。
ジョヴィナッツィはノータイム。
新品ソフトが1セットしかなくなっちゃったのかな?

残り4分20秒、マクラーレンのガレージにエマーソン・フィッティパルディ。

残り3分20秒、ペレスとフェルスタッペンのレッドブル勢が口火を切ってコースへ。
メルセデス勢が動いた。
中段勢もコースイン!

フェルスタッペン、セクター1、セクター2は自己ベスト更新ならず。
ガスリーはセクター1こそ自己ベスト更新できなかったが、セクター2は全体ベスト!
チェッカー!
ペレスは少し上げて8番手。
フェルスタッペンは全てのセクターでタイムを更新できず2番手のまま。
ガスリーは5番手!
おっと、後ろからボッタスがセクター1、セクター2全体ベストで来ているぞ!
サインツJr.が7番手!
ジョヴィナッツィは10番手だ。
ルクレールはタイムを更新するも8番手のまま。
リチャルドが3番手だ!
ボッタスがトップタイム!
ハミルトンは2番手。
ノリスが4番手に!

ボッタス、久々にトップタイム!
大喜びのボッタス!

メルセデス勢がスプリント予選のフロントローを独占。
レッドブルはレース仕様のセッティングが何処まで進められているのか注目。

フェルスタッペン、真っ先にペレスにお話ししに行ってる。

ボッタス、アンジェラともお祝いするのね。

フェルスタッペン、やってきたノリスに蹴りを入れてるwww
そしてお話。


インタビュワーはマッサ!
フェルスタッペン。
マッサ「明日どうですか?
アグレッシブに全力で行くのか、もう少し考えて決勝に備えるのか。」
インタビュワーながら、しっかり国際映像がマッサを映す。いやぁ、分かってるぅ!
フェルスタッペン「このトラックは難しいですね。
予選頑張ったんですが、3番手満足です。
決勝はもう少し詰められると思います。
明日はスプリントですので、ロングラン頑張ります。モンツァは厳しいけど、ポイントは稼ぎます。」
マッサ「お会いできて嬉しいです。頑張ってくださいね!」

ハミルトン、まずはマッサとグータッチ。
それから観客に挨拶。
遠くから歓声聞こえるな…www
かつてのタイトル争いのライバルがグータッチしてんの何か良いなぁ。
マッサ「ルイスとお会いできて嬉しいです。」
ハミルトン「えっ?良く聞こえないんだけど。」
新型コロナ対策のインタビューに移行してからちょいちょいあるけど、特にハミルトンでインタビュワーの声が聞こえない事が多いね。
ここでマッサカットイン!!
って、自ら2008年の話するのかwww
ハミルトンは2007年に1ポイント差でチャンピオンを逃し、2008年に1ポイント差でチャンピオンを獲得した。
マッサはその年に1ポイント差に泣いた。
あポイントの重みが分かってる2人だからこその、スプリント予選で得られるポイントに関する質問。
この順位のままスプリント予選を終えたら、ハミルトンはフェルスタッペンより1ポイント多く貰った状態で決勝レースに臨めるからね。
そして、フェルスタッペンとは今は3ポイント差だから…。
ハミルトン「兎に角、ポイントは1個1個稼がなければなりませんね。」
「チャンピオンシップを1ポイント差で失った事も過去にありましたし、今年は皆、色々とポイントを失った場面もありましたので、今回のレースで頑張りたいです。」
「イタリアのファンは最高です!天気も最高ですし、サーキットも最高です!」

ボッタス。
バルテリ!って叫んでるファンいるかな?
まずはニコッとしながらマッサとグータッチ。
ウィリアムズのチームメイト同士だったし!
マッサ「バルテリ、本当におめでとう!メガラップでしたよね!
明日に向けて戦う、良いワンツーになりました!」
「来年はアルファロメオに行く訳だけど、プレッシャーなく全力で頑張ったみたいですね!」
ボッタス「今後に関しても、良い気分でリラックスしてますよ!」
「来年はまたエキサイティングな事を期待してます!」
マッサカメラきた!!
マッサ「明日のスプリント、頑張ってください!
後、日曜日も期待してます!」
久々に最速タイム出したからか、インタビュワーがマッサだからか、いつもよりニコニコしてたな。

3人へのインタビュー中、必ず1回マッサカメラ入るの、ファンサでは?!?!?!


そういや、ライコネンムーヴかましてるんだよな、ボッタス。
アルファロメオに移籍を発表した直後のモンツァで最速タイムを出すフィンランド人っつー意味で。
尚、ライコネンはマクラーレンからフェラーリに移籍が決まった直後のモンツァでもポール獲得してるらしい。


森脇さん「No.2ドライバーの出来不出来が今年のチャンピオンシップに影響を与えると思っていますね。」

スプリント予選のスターティンググリッド。
1番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはランド・ノリス/マクラーレン
5番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
8番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
9番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
10番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
14番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からは角田裕毅/アルファタウリ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

沸き立つ砂丘

さて、前回、ワクワクチンチン状態!
という話をしましたが。

今回もガッツリ副反応出まして。
ちょっと数日ぐったりしてました。
俺の場合は筋肉痛と、1回目と同じく頭痛。それから、発熱もありました。

接種から13時間半くらいで体温がやや上昇し、36.4℃。
夜中にしては高い体温に。

15時間半で37.0℃に到達。
この時点ではまだ他の症状は筋肉痛のみ。
熱出てるけど普通に動けます。

20時間で体温は38.0℃に。
筋肉痛が左腕にも移ったり、体が怠かったり。
この頃から頭痛の兆候が現れ始める。
肩が痛いので、そこが大元だったかも。
他にも、腰痛の兆候とか鼻水出るとか細かい症状が。
この辺で先手打ってバファリン。

27時間後には体温が36.5℃まで戻ってきました。
筋肉痛も治まりつつありますが、頭痛はまだ燻っています。
後、ずっと寝てたから腰が痛い。

32時間後にはバファリンが切れたのか、体温が再び37.8℃まで上昇。
頭痛が酷くなってきました。

34時間後、37.6℃と依然体温が高めで頭痛もある事から、病院で買ったカロナールを投入。

42時間後にはカロナールの効果か、熱が平熱に。
しかし、頭痛が残っていた為、常備薬の頭痛薬を使用。

47時間後、頭痛がだいぶ緩和し、体温もいつもの感じになったので、出勤。
会社で頭痛の残りと若干の吐き気と肺(?)が痛む謎の症状。
帰宅後、体温を計測すると36.5℃とまたしても夜中にしては少々高い体温に。
翌朝の寝起きも36.1℃と寝起きにしては少し高い状態が維持されていました。
後、頭痛が残ってたので、頭痛薬飲んで二度寝。
頭痛も収まったので会社に。
その日1日も何か調子悪い感じだった。
1回目の時も頭痛治すのに3日かかり、その後の1~2日くらい何だか調子悪いって状態だったから、2回目もそんな感じになりました。

…という事で、ざっくりワクチンレポでした。







F1第13戦オランダGP決勝!!

ニキ・ラウダが最後の優勝を挙げた地。
それ以来開催されてなかった訳で。

オレンジアーミー!
予選にはノリスに求婚するファンもいたりしたけど。
セクター3の辺り、もう凄い発煙筒焚いてるwww
コースが煙いwww

オレンジアーミーとオレンジスモークを背に走るフェルスタッペンのリプレイ。

クビサのコメント。
久々のレースディスタンスに「70は長い。」。

何か歌ってるなwww

リチャルド、一瞬白煙。

ふむ、ピットの間隔が狭いからダブルピットストップ禁止なのか。

マゼピンのDIY。
シートを叩いてる?

堀池アナ、予選に引き続き噛む。

ヨス・フェルスタッペンとFIA会長、ジャン・トッドとF1CEOステファノ・ドメニカリ。

フェルスタッペンはQ3のセカンドアタック、最後のホームストレートでDRS開かないトラブルがあったのよね。

…ん、グリッドでライブやってるwww

ペレスの元に角田が。

川井ちゃん「この前のハンガリーGPでボッタスの魚雷食らってエンジン潰しちゃったんで」


オランダ国歌!!
オランダカラーの台に乗った女性歌手の生歌!
…さっきライブやってた人じゃん!
観客の歓声がライブのそれ。

ルクレールに声をかけるビノット。
国際映像にウインクするルクレール。

オレンジマシン被ってるファンおるわ。

もう発煙筒焚いてるwww
オランダ国旗カラーのフラッグが配られてた。
ストライプ系国旗の所はこれがやりやすいのが良いね。

ハントとアンドレッティは1977年。


ペレスはパワーユニット換えてピットレーンスタートに。

スターティンググリッド
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはランド・ノリス/マクラーレン
14番手からは角田裕毅/アルファタウリ
15番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン

16番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
ピットレーンスタートからはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ピットレーンスタートからはセルジオ・ペレス/レッドブル

堀池アナ、グリッド紹介追い付かない。

ちょいちょいミディアムタイヤいるな。
ペレスはハードタイヤでリバースストラテジーだ。

フォーメーションラップから既に発煙筒。
ペレスはピットレーン入口で待機。ラティフィはギリギリまでガレージに。
セクター3もう煙いwww
ホームストレートも煙いwww

フェルスタッペン、斜めに停めたな。
これはガチなやつ。

シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、良い蹴り出し!
ガスリーは1コーナーで少しタイヤをロックさせるも、ポジションキープ。
ルクレールは3コーナーのフーゲンホルツをイン側から行くのか。
アロンソが7番手にまで上げてきている!

2周目、ラッセル無線。
「リチャルドが煙出してる」

スタートリプレイ。
アロンソ、オコンと並んだ時に少しダートに落として煙幕。
その後、タイヤ同士接種したかな?
3コーナーのアプローチの為にオコンの後ろからアウト側に回り込んだ時にラッセルのフロントウイングと少し当たったような。

ジョヴィナッツィのオンボードリプレイ。
アロンソが姿勢を乱して減速し、ジョヴィナッツィのフロントノーズに接触したっぽい。
ジョヴィナッツィも減速したからか、ノーズ飛ばなかった。

ミックのオンボードリプレイ。
マゼピンの際どいブロック。


5周目、DRS使えるテロップ。
実際には3周目から使えてます。


6周目、オコン無線。
「前のフェルナンドが遅い。」

ペレスのリプレイ。
1コーナーでマゼピンに仕掛けようとしてブロックされたのか、盛大にタイヤをロック。
いくらハードタイヤとは言え、これは厳しい。


8周目、フェルスタッペンが後続を引き離している。
2番手のハミルトンは3.2秒後方。


9周目、ペレスがピットイン。
タイヤの振動が酷かったのか、早々に交換。


10周目、フェルスタッペンがリードラップ1000周目!


13周目、ラティフィのリプレイ。
アウト側からマゼピンをオーバーテイク!
うん、かなりギリギリを攻めてるね…勇気あるぅ!

20周目、ハミルトン無線。
先程からピットウォールからの無線が聞こえづらいのか、繰り返してと言っている。


21周目、ハミルトンがピットイン!
右フロントが外れなくて3.6秒。
翌周、フェルスタッペンが反応してピットイン!
余裕を持ってハミルトンの前に。
タイヤはハミルトンに合わせてミディアム。
これでボッタスがトップだ。

川井ちゃん「タイヤマネジマント下手な方をワンストッパーってのも何かな、と思いますけどね、浜島さん。」
ハミーさん「もうちょっと良いタイムで走ってないと役…には…中々立たない。」
ボッタスへの辛辣なコメント。。


26周目、ボッタス無線。
「タイヤ落ちちゃってるけど、後周数はやるよ。」
フェルスタッペンの壁になる宣言か。

30周目、フェルスタッペンがボッタスをかわしてトップに!
ハミルトンは1コーナーで少しボッタスに引っ掛かってフェルスタッペンとのギャップが広がりました。

32周目、ボッタスがピットイン!
ミディアムだ!
変則の2ストッパーか。

ハミルトン無線「フェルスタッペンはめっちゃトラフィックに関してラッキーだな。」


34周目、ラッセルに5秒ペナルティ。
ピットレーンのスピード違反。
これは勿体無い。。


36周目、9番手のアロンソまでが周回遅れに。
ペレスが8番手にまで上げてきている。

37周目、セクター1に黄旗。
クビサを追っていたベッテルがフーゲンホルツでスピン!
こわっ!!
すぐ後ろから来たボッタスはタイヤをロックさせたものの、回避して接触を免れました。
その後ろからは角田かな。
ベッテルはラティフィにもかわされて15番手から17番手に後退。


39周目、ペレスが周回遅れに。
ハミルトンがペレスを周回遅れにする謎リプレイ。


40周目、ハミルトンが2度目のピットイン!
ミディアムタイヤに替えてコースに復帰するも、トラフィックの中だ…無線で嫌がってる。
翌周、フェルスタッペンも反応!
タイヤ交換時間は2.1秒!
オレンジアーミーの喜びよう!
そしてフェルスタッペンはクリーンエアである。
結果、フェルスタッペンとハミルトンの差は3.2秒に広がりました。
フェルスタッペンはハードタイヤですが…抜きにくいサーキットなので、迫られても防御できると思われる。

フェルスタッペン無線「ハードタイヤ大丈夫?」
ジャン=ピエール・ランビエーズ「フェラーリを見てる限り、そこそこのタイヤだよ。」
…それ大丈夫なやつか?!


44周目、マゼピンがガレージ仕舞われてリタイア。
ハミルトン無線「ミディアムがアドバンテージになってないよね。」
…泣き言無線だ。


46周目、オコンの無線。
最終コーナーのバンク辺りでプラスチックのバッグ…ビニール袋かプラ容器を踏んだようだ。


48周目、ハミルトン無線。
「ぜーったいこのタイヤ最後まで持たないよ!」
って良く聞く科白。


49周目、ペレスがピットイン。
ソフトタイヤでコースに戻り、12番手。
ラッセルとストロールの間に戻り、すぐにラッセルをかわして11番手だ。


50周目、角田無線。
「ノーパワー!」
エンジニア「すぐに止めろ。」
ピットに戻って、ガレージへ…リタイアです。


52周目、ハミルトン無線。
「連中は速すぎる!」
泣き言無線。

「タイヤギブアップする。」
ハミーさん「いつも通りになりましたね、発言が。」


56周目、ペレスがリチャルドをかわして10番手!
ペレス無線「行くぜっ!!次は誰だ?!」
気合い入ってるなぁ~。


58周目、いつの間にかジョヴィナッツィは15番手…。
落胆してるだろうなぁ。。

フェルスタッペン、少しタイヤパフォーマンスが落ちてきているか。
2番手のハミルトンは2.5秒後ろ、3番手のボッタスは20秒後ろ。

61周目、ハミルトン無線。
「このタイヤ落ちてきた。」
と言いつつ、タイム的にはほぼイーブンくらい何だよな。


65周目、中段勢のバトルが激しい!
ノリスとペレスの9番手争いに、サインツJr.とアロンソの6番手争い!
…またこのスペイン人共はいちゃつきおってwww


66周目、フェルスタッペンのリプレイ。
右フロントを少しロック…この局面で大丈夫か?

この間にペレスがノリスをかわして9番手!
…おっと、1コーナーで2度程接触…。
ペレスの右フロントがノリスの左エアロ辺りに接触、その後すぐにノリスの左リアタイヤと接触。
タイヤ同士の接触は割とハードに当たってるな。。


68周目、ボッタスがピットイン!
タイヤ交換時間は5.0秒…リアか何かで少し作業でもしたか?

ボッタス無線。
…え、ハミルトンにフリーストップを与える為にわざとピット作業遅らせたのか。。

ボッタス無線。
ボッタス「それなら何で入れたんだ。」
エンジニア「予防措置の為だよ。タイヤのバイブレーションもあった。」
…えー。。
ハミーさん「かわいそう…。」


70周目、残り3周!
フェルスタッペンがホームストレートを通過すると観客がウェーブ!


ボッタス無線。
「頼むから、ファステスト出さないでくれよ。」
からのボッタスファステスト!

71周目、ハミルトンがピットイン。
ファステストを狙うよ!

川井ちゃん「ボッタス歯向かった所見ると、次、出るのは確実ですよね。」

ハミーさん「ただね、セクター3はちゃんと落としてるんですよね。
落としたんだけど1、2が速すぎてファステストになっちゃったんですよね。」

ボッタスは今季でメルセデスのシートを失うと言われているからね。


72周目、ファイナルラップ!!
観客のどよめきにも近い歓声!!

スタンディングオベーション!!
そして発煙筒!!
ホームストレートが大歓声とオレンジスモークで満たされている!!
火花も盛大に吹かせてるなwww
フェルスタッペン、母国GPをポール・トゥ・ウィンで制しました!!
オランダGP20人目のウィナー!
非選手権入れてもオランダ人初の母国GP優勝者!
歴史に名を残すやつですね!
フェルスタッペン、拳を突き上げる!!

ハミルトン、ファステストをマークしてファステストラップポイント獲得!!
しかし、ホームストレートがもはや煙いwww

ボッタスが3位でチェッカー!
結局、トップ3以外は全員周回遅れでした。

ガスリーが4位でチェッカー、これは凄い!
アロンソ、サインツJr.の前に出て6位…やるなぁ。
ドライバーズパレード前に2つ上げたいねってコメントしてたけど、3つ上げたようだ。
そして、ペレスはオコンかわして8番手でのフィニッシュ。
サインツJr.とも接近していたようだ。
ラッセルは最後にガレージに戻ってリタイアしたようだが、トランスミッションのトラブルがあったとの事。


フェルスタッペン無線。
ジャンピエール・ランビエーズ「ホントに成熟したドライブだった。」
ホーナー「ホントに凄いドライブだったな!」

ハミルトンも観客に手を振っています。


フェルスタッペンがホームストレートに戻ってきました!
オレンジアーミーの大歓声に迎えられ、勝利のポーズ!
フェルスタッペン、オランダ国旗を掲げる!!

マルコ博士も山本さんもむちゃくちゃ嬉しそうだぞ!!
ホーナーとマネージャーも出迎える!

フェルスタッペン、アロンソやノリス、ルクレール、ペレス、ミックの祝福を受ける。
ストロールも祝福してたかな?


ドライバー・オブ・ザ・デイにはペレス!


インタビュワーはロバート・ドーンボス!
元F1ドライバーです!
オランダ人やったね…。

フェルスタッペン
「聞こえてますよね?
凄い期待されていたので、中々それに応えるのは難しいと思ってました。なので、今回優勝できて良かったです。」
ドライバーズランキング逆転してるしね。
コメント終わりに観客へ挨拶!
凄い歓声!!

ハミルトン。
フェルスタッペンに拍手している。
「凄いレース、凄い歓声…マックスが素晴らしい仕事しましたね、おめでとう!
私も全力でプッシュしたんですけど、レッドブルは速すぎました。
オランダで最高の体験をさせてもらいました。」
「トラフィックを毎回毎回彼は上手く抑えていて、私の方はトラフィック大変だったんですけど…彼らは本当に強かった。」
「お気に入りのトラフィックの一つですから、また来年楽しみにしています。」

ボッタス。
ちゃんと拍手されてる。
ドーンボス「ここでは何年も前にポディウム乗ってますね!」
フェルスタッペンとハミルトンがお話してる。
ファステストについて「私が1回取りましたけど、その後彼がファステスト取ったので。良い仕事でした。」
「本当に良い応援をありがとうございました!」

フェルスタッペンとセルフィーするドーンボス。
顔覚えてなかったからただのおじさんにしか見えんwww

ボッタスのザントフォールトの表彰台登壇ってマスターズF3…だけど、今回のトップ3全員そのカテゴリで表彰台経験してるのな。
ハミルトンは2005年、ボッタスは2009年と2010年、フェルスタッペンは2014年(唯一の親子揃って優勝)。
そうそうたる顔ぶれだし、何人もF1にステップアップしたドライバーいるけど、現役だと3人の他にはジョヴィナッツィくらいかな。

表彰台待ちホーナー「セーフティカー入ったらヤバいと思ってたんで、心配してたんだよ~。」

ドーンボスがオランダのロイヤルファミリー来てるって言ってて、そのロイヤルファミリーが映される。
継承権持ってた方がサーキットのオーナーだったり。

表彰台!
ザントフォールト備え付けの表彰台に装飾したのかな…木製の枠が良い感じね。

フェルスタッペン、オランダ国旗を羽織って登壇!
マントで登壇は15年ぶり2回目…www
DC先生のモナコGP(スーパーマンのコスプレで登壇)リスペクトかな??

オランダのロイヤルファミリーも拍手!


2回目のオランダ国歌!
おぉ、スタートセレモニーと同じく生歌だ!!
良いなぁ、特別感ぱねぇ!!

そしてオランダのロイヤルファミリー、ようやくテロップ。
キング ウィリアム・アレクサンダー・オブ・ザ・ネーデルランツ。

観客の盛り上がりよう!
声援に応えるフェルスタッペン!

そしてオーストリア国歌。
こちらはいつも通り。

国王の後ろに田辺さんいるやんwww


トロフィ授与!
すっげ飲み物飲みやすそうな形だな!
ハイネケングラス色!
…ちょっwwwオレンジスモークwww
誰だよ、表彰台前で発煙筒焚いてるやつはwww

ハミルトンへのブーイングない感じだから良いな。


ファイト!
ハミルトンがフライングでフェルスタッペンに集中砲火!
ボッタスは結構かかってるけどちゃんとまず飲んでからファイトに参加。
メルセデス勢から挟撃されまくるフェルスタッペンwww

母国で勝つ事の嬉しさをハミルトンは知っているし、ボッタスは母国GPがないけど、嬉しいのは分かってるだろうしねぇ。
今まで開催されなくて、開催されると思ったら1年延期もしての待望の開催。そこで優勝してるんだからねぇ。

フォトセッションだな…ん、ハミルトンwww
フェルスタッペンの背中にかけるwww
シュワシュワするだろうなぁwww


ドライバー・オブ・ザ・デイのインタビュー。
最初のフラットスポットやっぱ本人的にもやべぇと思ってたんだな。
「最後には上手くいった。」との事。

ハミルトンは軽い燃料量で1発ぶっ飛ばすのが楽しいサーキットとコメント。
フェルスタッペンもちょっと鈴鹿に似ててとっても楽しい、とコメントしていたようで。
川井ちゃん曰く、人によってはミニ鈴鹿と呼ぶ人もいるそうな。
…サーキット設計者一緒だもんねぇ。


レース終了後、すぐにライブ始まってない?www
楽しそうだなwww


堀池アナ、「セッション」を噛んだな…。


ドライバーズランキングとコンストラクターズランキングの表示なしか。


ED。
ノリスとペレスの接触のシーン。
後ろから見ると、ノリスの左リアがペレスの右フロアに接触してペレスのパーツが飛んでましたね。
これがどれくらい影響あったか分からないけど、一応オーバーテイクはできてましたね。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
8位はセルジオ・ペレス/レッドブル
9位はエステバン・オコン/アルピーヌ
10位はランド・ノリス/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
12位はランス・ストロール/アストンマーティン
13位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
14位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15位はロバート・クビサ/アルファロメオ
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位完走扱いはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位はミック・シューマッハ/ハース

リタイアは…
角田裕毅/アルファタウリ
ニキータ・マゼピン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(224.5Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(221.5Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(123Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(114Pt)
5位:ペレス/レッドブル(108Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(92Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(89.5Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(66Pt)
9位:リチャルド/マクラーレン(56Pt)
10位:アロンソ/アルピーヌ(46Pt)
11位:オコン/アルピーヌ(44Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:角田/アルファタウリ(18Pt)
14位:ストロール/アストンマーティン(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(13Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:マゼピン/ハース(0Pt)
21位:クビサ/アルファロメオ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(344.5Pt)
2位:レッドブル(332.5Pt)
3位:フェラーリ(181.5Pt)
4位:マクラーレン(170Pt)
5位:アルピーヌ(90Pt)
6位:アルファタウリ(84Pt)
7位:アストンマーティン(53Pt)
8位:ウィリアムズ(20Pt)
9位:アルファロメオ(3Pt)
10位:ハース(0Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "沸き立つ砂丘"

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

橙色の波

さて、ワクチン2回目接種完了です!
これでワクワクチンチン状態だ!


21_9_4_tukemen_karaebi
っつー事で、帰りにつけ麺食べたり。
前から気になってたんだけど、たまたま近くだったもので。

後、カレー食べたりもした。

F1見終わるくらい前は前回と同じく筋肉痛くらいなもんだったんだけど、その後2時間くらいで熱が出てきましたねぇ。
まだ微熱ですが。
1回目の感じや先に2回目打った妻の感じを見ると、接種後24時間してからかな、と思っていましたが、予想より早いですね…。
回復も早ければ万々歳ですが、果たして。
今の所、筋肉痛と発熱のみですが、何処まで副反応が出るか、気にしつつ過ごす事になります。







F1第13戦オランダGP予選!!

36年振りの開催、ザントフォールト・サーキット!!
オランダの首都・アムステルダム近郊に位置するザントフォールトにあるサーキットです。
北海の沿岸部に位置する海沿いのサーキット。
…アクションゾーンの映像が古い!!
ジェームス・ハントとマリオ・アンドレッティのバトルが出てきてるし、もう一方はニキ・ラウダとアラン・プロストのマクラーレンによるチームメイトバトルだ。
偶然か、狙ったのか、ハントとラウダが揃い踏み。

そして、1年遅れたけど…遂に開催、フェルスタッペンの母国GP!!

今シーズン限りでF1引退を発表していたライコネン、新型コロナ陽性反応で欠場。
尚、ワクチンも打っているからか、無症状の模様。
代わって、リザーブドライバーのロバート・クビサが出場。
2019年最終戦アブダビGP以来の出場です。


Q1
メルセデスの2台はミディアムタイヤでのアタック。
そしてフェルスタッペンがコースイン!
オレンジアーミーのオレンジスモーク!!
ホームストレートが煙いwww

まずはフェルスタッペンがトップタイム。
ハミルトンが2番手、ボッタスが3番手です。
おっ、ガスリーが3番手。ルクレールが4番手タイムだ。
残りは10分。

メルセデス勢はコースに留まって連続アタックのようだ。
トラフィック対策かね。
ボッタスが3番手タイム。
ハミルトンはタイムを上げるも2番手のまま。

残り7分15秒。
ここでクビサが15番手タイム!
ちょっとギリギリだ。

FP3でクラッシュしたサインツJr.は修理が間に合ったようです。
セカンドアタックで8番手に上げてきている。
角田も10番手に上げてきた。
ここでラティフィが8番手だ。

残り4分、ラッセルがセクター1で全体ベスト!
凄い!
ウィリアムズ勢がベルギーGPに続いて躍動しています!

ベッテルは12番手タイム。
さぁ、ラッセルは5番手だ!
ストロールは16番手でノックアウトゾーンから抜け出せず。

残りは2分。
続々とラストアタックに入っています。
6番手のルクレールも出ているぞ…!
一方で、 7番手のアロンソはステイ。

ここでジョヴィナッツィがセクター1全体ベスト!
トラックエボリューションが凄いようだ!

チェッカー!
ルクレールがトップタイム!
サインツJr.が2番手でフェラーリがワンツー!
おぉ、リチャルドが6番手!
ジョヴィナッツィは4番手まで上げてた!
クビサは18番手でノックアウト。
土曜に急に乗ったしな…。
角田は11番手で通過。
ストロールが11番手タイム。
オコンは6番手タイムだ!
おぉ、ラティフィが5番手!
ノリスはギリギリの15番手!
…そしてペレスが落ちた!!

ベッテルのリプレイ。
アタック中に13コーナーでハース勢に前を塞がれてアタック中止。
マゼピンがミックの前に出ようとしてライン変えてベッテルをブロックする形になっていますね。
予選後審議ですね。

ペレス無線。
ピー。
ペレスはトラフィックに巻き込まれてラストアタックできなかったようですね。。
フェルスタッペンとしても、チームメイトがここでノックアウトなのは痛い所でしょう。

水上バイク。
この季節の北海って水温どれくらいなんだろう?


Q2
フェルスタッペンが真っ先にコースイン!
バンカータイム出しておくんでしょうね。
トラフィックの可能性考えたら、先にタイム出しておいて滑り止めにしておくのは良い判断かと。
それに、赤旗多いようだし、よくグラベルがコース上にバラ撒かれるようだし。

まずはフェルスタッペンがトップタイム、ハミルトンとボッタスのメルセデス勢が続く。
残りは10分。
まだタイム出してないマシンもいるけど、今の所4番手はジョヴィナッツィ。
調子が良いですね!

ザントフォールトは風の影響を受けやすいサーキットのようです。
比較的平坦で海沿いに位置しており、海風をモロに受けるんだとか。
更に、ハイスピードコーナーや回り込むようなコーナーが多いレイアウトから、風を受けてバランス崩したり、風向きが変わってバランス崩したりしやすい。

おっ、 ルクレールが2番手、サインツJr.が5番手とフェラーリ勢も来ているぞ。
ここでガスリーが3番手!
かなり良い感じだ。

ガスリー無線。
エンジニア「良いラップだった!」
ガスリー「うん、良いラップだった。」

角田はトラックリミットでも越えたか?
12番手タイムだったかと思ったのだが。

ラッセルがアタック中。
セクター1、セクター2と自己ベスト更新中でかなり良いタイムだ!
…あーっと、スピン!!
あー、クラッシュ!!黄旗!!
リアがタイヤバリアに当たってしまっている!
んー、惜しい!!

赤旗!
残り3分54秒でストップ。
この週末、5回目の赤旗のようで。

ラッセルは自走してガレージに戻っています。
赤旗の間に修復中。
最初はマシンに乗ってたけど、降りてるな…これは修復間に合わないか?

ジョヴィナッツィ、右フロントで何か作業中。
何か叩いてる音してるなぁ。

現地時間15時44分、2分後の15時46分に再開とアナウンス。
ラッセルのクラッシュでタイムを出せなかったラティフィが早くも待機中。
そして、 フェルスタッペンが出て来たぞ。
再開!
続々とガレージから出てきています。
ピットレーン出口での間隔開け、かなりエグいな…残り2分!

ああっ…ラティフィがクラッシュ!!
赤旗!

ラッセルと同じような感じで滑ったな…。
リアから激しくタイヤバリアにぶつかってるからギアボックスにダメージあるかも。

残り1分48秒とかで赤旗なので、セッション終了。
これで13番手のノリスがノックアウト!!
ジョヴィナッツィは10番手でギリギリ通過!
先程の右フロント付近を修復中ですが、Q3走れるか?

クラッシュした所のテックプロバリアが修復を終えたようです。
…テックプロの公式バンだわ。

そして、ジョヴィナッツィも直ったようですね。
Q3走れるわ。

ラッセルはリアサスにダメージがあったようで、どちらにせよ続けられなかったようです。

オレンジアーミーの中にフェラーリ旗、カヴァリーノ・ランパンテを掲げるティフォシ。

ザントフォールトは今季で一番北にあるサーキットらしい。
それまではシルバーストンだったようだ。
来年からはサンクトペテルブルクになるな。

現地時間16時2分、16時7分にQ3開始とアナウンス。
…何かDJやってる。
そしてDJブースは観客席と斜面の間、スレスレに建てられてた。

ザントフォールトのオーナーは王子。
王室関係者かな?
オレンジって名前に入っていますね…オラニエ公の英語読みか。


Q3
リチャルド、ジョヴィナッツィを先頭に続々とコースイン。
フェルスタッペンは3番目とここでも比較的早めにコースイン。

ピットレーン出口で車間距離を開ける待機列が形成されています。
フリー走行からずっとこんな感じらしく。

フェルスタッペンがアタック開始!
3コーナーのフーゲンホルツは改修されてバンクついたけど、コーナー侵入でウォールに向けて突っ込むから、オンボードで見るとヒヤッとするなぁ。
1分8秒923、まずはトップタイム!
オレンジアーミーの大歓声!!
ハミルトンのタイムがフェルスタッペンに及ばないとオレンジアーミーが歓声上がるようだ。
ルクレールが4番手、サインツJr.は5番手とメルセデス勢に及ばず。
ガスリーも4番手タイムを出したが、メルセデス勢とのギャップが少しある。
つか、ジョヴィナッツィ8番手じゃん!

頭にマシン乗せてるファン。
オレンジカラーのマシンなので実質マクラーレンでは?

残り2分半。
ピットレーン出口での待機列。
フェルスタッペンの無線。
「前のアルピーヌ止まってるんだけど。」
間隔開けたいのと、トラックエボリューション享受したいのとでギリギリになってもこんな事に。

フェルスタッペンの後からはメルセデス勢も。
ルクレールが4番手!
サインツJr.は5番手!
チェッカー!
ガスリーがフェラーリ勢を上回って4番手!
フェルスタッペンがセクター2全体ベスト!
オコンは8番手!
ジョヴィナッツィは7番手!
アロンソは9番手!
リチャルドは10番手!
フェルスタッペン、タイム更新!
1分8秒885!!
ボッタスは2番手タイム!
ハミルトン、セクター3全体ベストで2番手タイムだ!
フェルスタッペンとは0.038秒差…良く見たら、フェルスタッペンの1回目のタイムと1000分の1秒まで一緒だ!

レッドブル陣営大喜び!!
オレンジアーミー大歓喜!!
フェルスタッペン、ガマシンの中でッツポーズ!!


インタビュワーはレーサーでツイ廃芸人、ギエド・ヴァン・デル・ガルデ!
…オランダ人だしな。
元F1ドライバーだからな。

フェルスタッペン「最高の気分です!」
この大歓声!!

ハミルトン。
ブーイングあるな…ヴァン・デル・ガルデが自制促してる。
流石はヴァン・デル・ガルデ、良い動きだ。
「オレンジファンの皆さん、ありがとう!」
サーキットを好きだと言ったり、フェルスタッペンが凄かったと言ったり、考えられてるコメントだろうなぁ。

ボッタス。
こちらは歓声かな?
ボッタスもサーキットを褒めてるね。

久々の開催だし、楽しんだようで。


ピレリのポールポジションアワードのタイヤへのサイン。
大歓声にフェルスタッペンご満悦。


砂浜にフェルスタッペンへの応援メッセージ。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
7番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
13番手からはランド・ノリス/マクラーレン
14番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
15番手からは角田裕毅/アルファタウリ

16番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
17番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
18番手からはロバート・クビサ/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース

| | コメント (1)

2021年9月 1日 (水)

ハイシーズンエンド

気付けばもう9月ですよ。
残暑が厳しい…。
でも、8月の途中で梅雨と同じような天気図になったりとかしてるから何か実感湧かないまま過ぎた感はあるかなぁ。

そろそろ世界遺産のまとめでもするかー、と思いつつお船のイベントも開始してもう1週間以上経つんだよね。
…と色々と詰まっておりまして。

少しずつこなしていこうね。。







F1第12戦ベルギーGP予選!!

あっという間に3週間の夏休みが明け、後半戦に突入!
いきなりヨーロッパ3週連続開催だ。
その1戦目は最早夏休み明けが定位置となった、伝統のスパ・フランコルシャン!

因みに、ボッタスのお誕生日らしいです。

お~、雨で霞んでる!!
この週末で一番の降雨量のようです。
開始3分前、予選開始ディレイのアナウンス。
予選は現地時間15時からでした。

15時3分、ホームストレートは日差しが出てきました。
スパ・ウェザーなような、また違うような。

メルセデスは何やらリアウイングで作業。
何かテープみたいなの貼ってるかな…貼るガーニーフラップ?
いや、あのテープみたいなのはガーニーフラップの補強材なだけかもしれんけど。
ウェットコンディションになっているのを受けて、ダウンフォースをつけているようです。

アルファタウリはブロワーでピットボックスの水気を飛ばしてます。
…違反では?
レッドブルは窓拭きワイパーみたいなのでピットボックスから水を掻き出してる。
こちらは大丈夫。

15時12分に開始とアナウンスがありました。
5分後ですね。


もうすぐ開始です…あー、結構並んでるな。
ウィリアムズのラッセルが先頭、後ろにチームメイトのラティフィがいます。
一度エンジン止めるとMGU-Kを使っての再始動ができないメルセデスPUを搭載しているマクラーレンも並んでますね。
まぁ、もうすぐ開始だし…。

Q1
ウィリアムズ勢はセッション後半を見据えてか、 インターミディエイトでコースイン。
その他はウェットタイヤだ。
ウィリアムズのマシンでこの状況でインターミディエイト、少し怖いのでクラッシュしないで欲しい…。
と言ってる傍からラティフィがオーバーランして芝生に乗り上げています。。
脱出はできましたが、幸先の悪いスタート。マシンへのダメージもなければ良いのですが…。
後、タイヤのパフォーマンス悪くしたかも。

メルセデス勢は2人共同じ所でオーバーランしてますね…グリップしていないようだ。
ラティフィは一旦ピットに戻っています。
ラッセルはアタック中…セクター1、セクター2全体ベストだ!
そしてトップタイム!
やるぅ!

ウィリアムズ勢のペースを見て、オコンがピットに戻ったようだ。
こちらもどうやらインターミディエイトに替えるようです。
残りは10分だ。

残り7分半、ここで2分後に降雨の予報!
続々とインターミディエイトに替えていたけど、これで降られたらタイムでなくなるぞ。

残り2分、まだ降雨なし。
インターミディエイトを履いたマシンが続々とタイムを出しているので、順位が目まぐるしく変わっています。

残り30秒、この時点でノックアウトギリギリの15番手にいるのはリチャルド。
彼はアタック中です。
チェッカー!
リチャルドが12番手に上げてきた!
ここでフェルスタッペンがトップタイム!
ノリスがそれを上回ってトップタイム!
角田は16番手でノックアウト。
スパ王・ライコネンは19番手でした。
一時期は優勝かリタイアしかしてないなんて統計もあったんだけどね、最近はマシンの戦闘力もあって、そんな事もなくなったんだけど。
ジョヴィナッツィが16番手に入り、角田を上回っています。
彼はチームメイトも上回った!
ベッテルは6番手、ペレスは4番手に上げてきました。

ライコネンの無線。
ピー。
全然良くなかったみたい…。

ウィリアムズはラッセルが5番手、ラティフィが10番手でQ2に進出。
凄いやん!
最初からインターミディエイト作戦が功を奏したかな?
ラティフィは2セット使ってそうな感じあるけど。


Q2
再びラッセルがトップでコースイン!
ラティフィもマクラーレンの1台を挟んで3番目にコースインしています。
ウィリアムズは相変わらず早め早めに行動していますね。

…ん、5分後に降雨?
これはまた早めにタイム出しておいた方が得策か。

早めに出て行っていたメルセデス勢はアタックせずにピットイン。
どうやら、中古のインターミディエイトでコースインしていたようですが、新品インターミディエイトへ交換するみたいですね。
降雨の予報だったからそれに備えたのか?

Q1でトップタイムを叩き出したノリスはイケイケな感じで縁石を結構使ってますね。
対して、ハミルトンは縁石に乗らないように注意したドライビング。
…あれ、メルセデス勢は1回目のアタックを止めた…何があった?
タイム出なさ過ぎたから仕切り直しか?

残り4分半、ここでフェルスタッペンがトップタイム!
後続はノリス、ペレス、ベッテル、ガスリーの順。
ここまででメルセデス勢はまだノータイムです。

残り3分20秒。
ここでメルセデス勢が再び新品インターミディエイトを投入!
その前にガスリー、ラッセルも入ってましたね。

おっ、ルクレールが4番手に上げてきた!
これでハミルトンが11番手、ボッタスが12番手とトップ10から落ちてしまっています。
ジャッキー・イクスがフェラーリガレージに。
そろそろ時間的にキツくなってきましたよ。

ベッテルがセクター1全体ベスト!
どうやら、アロンソのトーを使えたようだ。
セクター2、セクター3も自己ベストで2番手タイム!

ラストアタック中のハミルトンがセクター1全体ベスト!
ここでチェッカー!
ペレスが3番手!
ストロールは結構ギリギリな9番手だ。
おぉ、ラティフィが7番手に!
ここでノリスがトップタイム!
ハミルトンは2番手に滑り込んだ!
ガスリーは3番手だ!
ボッタスがそれを上回って3番手!
オコンは9番手!
いつの間にかラッセルが8番手に上げてる!
ルクレールはタイム更新できず、10番手。
リチャルドが9番手に入り、ルクレールをノックアウトしました。
アロンソは14番手でした。

フェラーリがここでダブルノックアウト。
アルピーヌはオコンが通過してアロンソがノックアウト。
ウィリアムズはラティフィが落ちたが、ラッセルがQ3へ進出!

…ん、サインツJr.とオコンに予選後審議?
何か妨害とかですかね。

…おっと、雨が降ってる。
「5分後の雨」がこれか。遅れて来た感じかね。

ハミルトン無線。
「あれはギリギリすぎる。」

ストロール無線。
ピーーーーーーーー
ピーーー
ピーー
坊っちゃんも流石にFワードが飛び出したようです。

さて、ラッセルが先頭で待機。
予選の全セッション通じて真っ先にコース入りしています。
タイヤはウェットタイヤのようだ。

ラッセルの他はノリスとベッテルが待機中。
雨が降ったからか、3台しか待ってないな…。


Q3
レッドブルとメルセデスは何やら慌ただしく作業中。

結構雨が激しいようです。
ベッテル無線。
「これは走れない。赤旗にすべきだ。」
ノリス無線。
「アクアプレーニング起こしてる。」
それでもアタックするノリス。
ちょっと慎重に1コーナーにアプローチしたな。

あー!!
ノリスがクラッシュ!!
むちゃくちゃ回転してる…かなり大きいクラッシュだ!!
赤旗!

ベッテルがノリスの傍でマシン止めて心配してる。。
無事を確認して走っていった。
ベッテルはホントにこういう所素晴らしいんだよなぁ。

ノリス、自力でマシンを降りる。
腕ぶつけたかな…ちょっと痛そう。。

リプレイ。
3コーナーのオー・ルージュを抜けて、4コーナーのラディオン手前くらいでリアが滑ってクラッシュ。
リアが滑ったからカウンター当てたら反応しすぎて姿勢乱したっぽい。
本人曰く「ちょっと攻めすぎた」らしいけど、そこまで無茶はしてなかったようにも見える。
それでもかなりパーツ飛んだし、オイルも漏れてるし…。

ベッテルの無線リプレイ。
「だから言ったろ!レッドフラッグだって!」
(ノリスの無事を確認して)
「彼は大丈夫だ、彼は大丈夫。」

ノリスの無線リプレイ。
「俺が悪かった…止めれば良かった。」

スチュワードルームのリプレイ。
ノリスのクラッシュで慌ただしくなっている。


オレンジの粉みたいなの撒いてるな…オイル漏れの処置?
あれ、木くずなの?

中断は結構時間かかっています。
ここまでで30分くらいかなぁ?
現地時間16時17分、再び雨が降り始めました。

16時24分、結構激しい雨だな。。
観客が合羽+傘装備になってる。

16時34分、コース状況を確認していたマイランダーさんが帰還。
そしてカートコースで遊ぶ人。
こちらも凄いウェットコンディションだ。
って、グラベルにハマって出られてない人が…手を上げて助けを呼んでるwww

16時37分、グラベルにハマった人は助けられて抜け出せたようです。
助けてくれた人が手で「行けっ」ってやってるw

16時41分、再びセーフティカーがコースの確認に。
ピットボックスにブロワーかけるレッドブルのクルー。
窓拭きワイパーみたいなのも駆使。
…ブロワーはルール違反では。

16時45分に再開とアナウンス。
後2分半か…急に来たな。
ほぼ1時間くらいは中断してたかな?

観客席の後ろに出てたフレンチフライの屋台見てから川井ちゃんのフレンチフライトリビアが続々www

残り時間8分59秒から再開だ。
ピットレーン出口にスタンバイしているのはオコン。
他のマシンは少しタイミング見てるようで、待機列にはいません。

…お、残り8分切ろうかと言う所でラッセルが出た。
その後からハミルトンとボッタスが出てきた。
更にその後から出てきたレッドブル勢はインターミディエイト!
…おっと、メルセデス勢もインターミディエイトだったか。
レッドブル勢はメルセデス勢に合わせたのかな?

ハミルトン無線。
「かなり水の量が多い。」
もう雨は降らないらしいが…水飛沫凄いな。

オコンがウェットタイヤからインターミディエイトに替えた!!
ラッセルもインターミディエイトに替えに行っています。
これは水飛沫凄いけどインターミディエイトっぽい。

残り5分切った!
まずはハミルトンがトップ。
フェルスタッペン、ボッタスと続くトップ3。
この辺の人達はERSのバッテリーをチャージする為のラップを入れてからラストアタックできるな。
ペレスは連続アタックして2番手に上げてきてきた。

残り1分切って、ハミルトンとボッタスはアタックに入った!
ここでラッセルがセクター1全体ベスト!
フェルスタッペンもアタックに入っている!
チェッカー!

ラッセルはセクター2も全体ベスト!
ハミルトンがそれを上回った!

何と、ラッセルがトップタイムだ!!
フェルスタッペンがセクター2で全体ベストをマークしている!
ハミルトンは…何と、ラッセルに届かない!!
2番手!
ペレスは3番手だ!
ボッタスはペレスにも届かず、4番手!
おぉ、ベッテルが3番手に入った!
フェルスタッペンがトップタイム!!
大歓声!!
ガスリーはベッテルに続く5番手!
おぉ、リチャルドが4番手に滑り込んできたぞ!
オコンは9番手でチェッカーだ。

そしてオレンジスモークである。

ラッセルがフロントロー獲得!!
ウィリアムズのフロントロースタートは2017年イタリアGPのランス・ストロール以来だそうだ。
そして、ウィリアムズがスパ・フランコルシャンでフロントローを獲得したのは、ファン・パブロ・モントーヤとラルフ・シューマッハがフロントロー独占して以来の20年振りだとかで。

そして、ポールポジションはフェルスタッペン!
ホンダがスパでポールを獲得したのはアイルトン・セナ以来30年振りだとか。

ここで日本時間0時になり、突然の中継終了。
マジかwww
アナウンスもなく突然番組変わったwww

その後、中継復活。
しかし、インタビューは!終わっているのだよ!!


…と思ったら、インタビューのリプレイだwww

嬉しそうなラッセル。
「失うものがなかったので行きました!」
「明日が重要ですけどね。」
観客が拍手しています!!

フェルスタッペン。
ウェアのホンダロゴの下に「50戦記念」って書いてあるwww
最初キリッとしてたのに表情緩んだな。
「まぁ、お天気のせいですけどね!」って言いながらめちゃめちゃ笑ってるやんwww

ハミルトン、傘差し。
…あ、聞こえづらそう。
「厳しい予選でした。」
「マックスは良くやりましたよね。私は1回目のランは良かったんですが、2回目は良くなかったです。ジョージも素晴らしかったと思います。」
「バルテリはどうしたんでしょうね、残念です。
レッドブルは2台の位置が近いので、明日の戦略は難しいです。バルテリはペナルティありますし。」
「ウイングマンならジョージがいるじゃない」的なちょっと意地悪な質問にハミルトンは「いや、そうはならないと思います。」と答えてました。
ラッセルはメルセデスと縁が深い訳だけど、流石にウイングマンにはなるつもりないだろうなぁ…。

そういや、インタビュワーはウェバーだったのね。


ラッセルの無線リプレイ。
むちゃくちゃ嬉しそう!!
エンジニア涙声じゃね?
そしてヨースト・カピートかな?「飛び抜けたラップだった!!」とコメント。
まさしく「メガ」だね!

因みに、サインツJr.とオコンの件はお咎めなしだったようです。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
5番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
9番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
12番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
13番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
14番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
15番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

16番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
17番手からは角田裕毅/アルファタウリ
18番手からはミック・シューマッハ/ハース
19番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース


ボッタスとストロールは前戦でのクラッシュで5グリッド降格ペナルティを受けています。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
5番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはランド・ノリス/マクラーレン
10番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ

11番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
12番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
13番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
14番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
15番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

16番手からは角田裕毅/アルファタウリ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
19番手からはニキータ・マゼピン/ハース
20番手からはランス・ストロール/アストンマーティン




F1第12戦ベルギーGP決勝!!

予選に引き続き、雨…うおー、森の木々の辺りが霞んでる。
これ、予選より酷いのでは?

レコノサンスラップをやっています。
あー!!
ペレスがウォールにクラッシュ!
シケインの所でリアが流れて止まれなくなり、そのまま壁に接触。
そこまで速度早くないんだけど、接触時に右フロントのサス折れてるようだ…。
サス折れたらもうどうしようもないな…ペレスのレースは終了という事に。。


一方、グリッドではザク・ブラウンがベッテルにお礼言ってるようだ。
予選Q3でのノリスのクラッシュ時に安否確認してくれてるからね。

グリッドを歩いていたのはグロージャン!
来てたのか!!

何か、もう普通に雨降ってるなぁ…。

ミックの特別ヘルメット。
30年前に父のミハエルがデビューした時に使用していたデザインのヘルメット。
ミックもお気に入りになったようだ。
ミハエルはベルギーGPでベネトンからF1デビューを果たしています。

ハミルトン、雨が降っててもキックスケーターで移動。

ステファノ・ドメニカリCEOが眼鏡拭いた後、国際映像のレンズ拭いてるwww


ベルギー国歌!!
女性歌手のアカペラだ!!


そして、リチャルドは参戦200戦目のメモリアル!!
これはアラン・プロストに並ぶ記録だそうです。
オーストリア人としてはマーク・ウェバーに続いて2人目。


セーフティカー先導でのフォーメーションラップ、とアナウンス。
スタートを通常のスタンディングスタートにするか、セーフティカー先導のローリングスタートにするかはフォーメーションラップ中に決められそうです。

F1におけるセーフティカースタートが最初に行われたのが1997年のベルギーGP…なんだって。
うーん、流石に伝統のあるサーキット。
そういう記録もあるのね。


ノリスは予選でのクラッシュによるギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
また、ライコネンがピットレーンスタートになっています。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
5番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
9番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
10番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ

11番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
12番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
13番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
14番手からはランド・ノリス/マクラーレン
15番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

16番手からは角田裕毅/アルファタウリ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
ピットレーンスタートはキミ・ライコネン/アルファロメオ

…気付いたら、サインツJr.とアロンソのスペイン師弟が並んでるじゃんw

ライコネンはセッティングを変えてダウンフォースを増やしたので、ピットレーンスタートになったようだ。


現地時間14時59分、スタートディレイのアナウンス。
フォーメーションラップは15時10分開始。
…って、15時から開始なのに1分前にアナウンスするんじゃないよw

マシンが濡れないよう、テント張ったり、傘差したり。
ハミルトンは一旦マシンを降りています。
ガスリーはコックピットの中から国際映像にサムズアップ。

15時3分、ハミルトンがマシンに戻ってきました。
トイレかな?

15時5分、更にディレイとアナウンス。
15時15分スタートに。

…待ち時間増えたから、皆テント張ってますね。

15時8分、更にディレイ。
15時20分スタートに。
…しかし、この雨そんな短時間で止むんかね?

リチャルドの無線。
「俺、今日で200戦目なんだぜ!!」と言っていますw
スタッフからしたら「記念撮影までして祝ってもらっただろ」とツッコミを入れたくなるような内容w
待機時間できてしまって暇だろうからと、冗談飛ばして楽しませているんですね!w

15時14分、更にディレイに。
15時25分スタート。

ガスリー無線。
「誰かソーセージくれない?」
お腹減ったの?

…お、レッドブルのガレージが慌ただしくなりましたよ。
ペレスのマシンを修復するようですね。

15時25分、ここでフォーメーションラップ開始!
オレンジ発煙筒www

ハミルトン無線。
「全く見えない。特に後ろ。」

フェルスタッペン無線。
「セーフティカーが上げる水飛沫で見えない。」

ノリス無線。
「ひっどいよ。殆ど前のクルマが見えない。」

ノリスの無線、再び。
「アクアプレーニングしてるよ。」

フォーメーションラップを終えてホームストレートに戻ってきたけど、もう1周するようです。
周回数を1周減らして行われるエクストラフォーメーションラップだ。

フェルスタッペン無線。
「見えないけど、この状況ならレースしちゃって良いと思う。」

ジョヴィナッツィ無線。
「このコンディションだとドライブできないよ。」

ラッセル無線。
「オー・ルージュ過ぎてからターン5まで、全く何も見えない。テールランプすら見えないよ。」

ポールポジションのフェルスタッペンは前がクリーンになるから、視界は確保されるようですが…その後ろは全然見えないようで。
スタートせずに中断という判断に。
赤旗状態だ。

ハミルトン無線。
「ヘルメットから水漏れしてる。」
雨が激しくて、吸気口とかから雨が入り込んでるんでしょうか?

隊列はピットレーンに帰還。

フェルスタッペン無線。
エンジニア「中断だよ。」
フェルスタッペン「そこまで悪い訳じゃないよ。」
まぁ、ポールだからね。。

リチャルド無線。
「これが正しい判断だ。」

ハミルトン、ヘルメットを脱いで内部を確認してもらってる。

フェラーリはご飯が用意してあったんですね。
用意が良い。

おっ、フェルスタッペンとマイランダーさんが会話してる。
そういや、フェルスタッペンは特別ヘルメットだ。
ベースカラーが赤いヘルメット。

中断中なので、解説陣による小話が。
レース週末だと、ドライバーとかが平気で女性用トイレ使うんだ…www
まぁ、男性が多い業界故、男性用トイレは混むようだからねぇ。

西岡アナ「ミック、歩き方もお父さんに似てますよね。」
川井ちゃん「DC殴りに行きそう。」
やめてさしあげろwww

観客も飽きて大騒ぎwww

ミックのヘルメットから、ヘルメットカラーの話に。
ラルフの息子のヘルメットカラーもお父さんのヘルメットに近いカラーリングのようだ。


ガレージにいるノリスが映ったので、ノリスの話に。
予選でのクラッシュ後、病院に行く道中の車内でラッセルを応援してたらしいwww
尚、ノリスのお母さんはベルギー人なので母国GPみたいなもんらしい。

…ジョヴィナッツィはカロリーメイト的な栄養食食べてるな。
喉乾いたりしないのかな。

レッドブルとレースディレクター、マイケル・マシの無線。
ペレスのマシンをレースに復帰させたい、という話。
マシは一度断ったが、スチュワードと話し合うようです。
因みに、復帰できても1周遅れの状態からスタートのようだ。

ガスリーとエンジニアの話を静かに聴いているフランツ・トスト。

雨の中、ハイネケンをあおる観客。
まだ元気だな…。

メルセデスのガレージから顔を出してるのはダイムラーとメルセデスのCEO、オラ・ケレニウス。
来てたのね。

今季はレッドブルのリザーブ兼テストドライバー、アレックス・アルボン。
フェルスタッペンと会話しています。

ウィリアムズのクルーはホットコーヒーでブレイクかな?

観客が食べてるフレンチフライがクローズアップされたので、川井ちゃんが予選でも話してたフレンチフライの話を再燃させる。
フレンチフライと呼ばれるには、決められた太さの範囲内じゃないといけないとか。

唐突にマクラーレンCEO、ザク・ブラウンのインタビュー。
「3、40分はスタートできないだろう。」
インタビュワー「ドライバーのコメントはどう?」
ブラウン「(視界は)ゼロとの事だ。
(視聴者に向けてか)チャンネルはそのままで。」

アルボンとフェルスタッペンの会話にヘルムート・マルコ博士も加わってる。
マルコ博士はホットコーヒーでも飲んでるのかな?

今度はアルピーヌのチーム代表、マルチン・ブコウスキーのインタビュー。
「ドライバーは暖かい所にいるよ。」
「セーフティカーの後ろでもアクアプレーニングを起こしてる。視界に関しては全く見えないようだ。」
アロンソとオコンは結構仲が良いのか、並んでパイプ椅子に座ってたりします。

画面を見ている角田に椅子に座るライコネンが映ります。
ライコネン、微動だにしないのすげぇw

メディカルカーがコース下見している。
ドライバーはアラン・ファン・デル・メルヴェ。
去年のバーレーンGPで発生したグロージャンの大事故で一躍時の人になりましたな。
昔はBARやホンダでテストドライバーを務めていました。
ホンダがアメリカで陸上速度記録に挑戦した時にステアリングを握ったドライバーでもある…と去年紹介されてたなぁ。

あ、腹ペコガスリーも何か食べてる。
栄養食かな?

レッドブルはグリッドのクルーにホットコーヒーの差し入れが。

メルセデスのチーム代表、トト・ヴォルフのインタビュー。
…何か髪濡れてない?
「次の45分間はダメだね。
3番手のルイスでさえ前が見えないと言っている。」
レッドブルが一度リタイアになったペレスを復帰させようとしている件については
「…ペレス?出ても良いんじゃないの?」
割と談笑みたいになってる。

…え、モンツァのパラボリカ、アルボレートに改称したの?!
ミケーレ・アルボレートと川井ちゃん、誕生日一緒なの!
本人も知ってるってw
その時のエピソードw
エレベーター内でwww

アロンソ、ホットドリンクを受け取る。

おっ、ローレンス・ストロール。

フェルスタッペンとマルコ博士は椅子に座ってお話し中。

レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーにインタビュー。
「グリッド上にいた時より、今の方が雨強いよね。」
こちらも談笑みたいに。

ペレスのマシン、マジ修復してます。
これは…もしかしたら再開までに直るかも。

メルセデスとマシの無線。
おっ、ペレスの復帰認められたのね。
メルセデスは「スタート5分前にタイヤ装着してなかったよね?」と一応突っつく。

オコンのインタビュー。
「メカニック達とアクティブにやってるよ。
レースは視界の面から難しいね。」

マシからホーナーに無線。
ペレスがピットレーンスタートを許可されたと通達していました。

リチャルドとザク・ブラウンがお話し中。
ペレスの復帰の話らしい。

フェラーリのチーム代表、マッティア・ビノットのインタビュー。
「すぐにはスタートしないよ。
重要なのは、安全な状態でスタートする事さ。」
こちらも談笑みたいな感じで。
この人はインタビュー中しっかりマスクしてるな。

今のファステストラップはボッタス。
10位以内に入ってないので、ポイント貰えないけど。
ハーフポイント貰えるようになったら、ファステストポイントで貰えるポイントは0.5ポイントだとか。
セーフティカーランしかしてないのに、ファステストとはって感じでもあるんだがなw

ラッセル、国際映像に向けて肩を竦める。
飽きてるだろ?www

リチャルドはプロレスごっこかな?www
クルーを締める前にカメラに目配せしてる辺り、完全に悪戯モードだったわw

アロンソ、アルピーヌのチームクルーと自撮り中。

雨の話。
印象的な雨のレースの話ですね。
日本は良く雨にぶち当たるよね…おお、nice boat.の話がw

マクラーレンとマシの無線。
周回数は残り39周との事。
ディレイの回数で1周ずつ減ってくとかいう判定あったのかw

ここに来て帰る観客もちらほら。
まぁ、かなり長いからなぁ…。

雨のレースの話が続きます。
「雨の中嶋」が生まれたなったアデレードの話。
一貴じゃなくて悟さんの方ね。

…おぉ、ペレスのマシンが修復完了!
でも、まだ中断中。

椅子に座るサインツJr.、寝そうだな。

川井ちゃん、みかん星人をラディオンからオー・ルージュに向けて転がすのやめたげてよぉ!!
皆に大反対されてやらなかったようですがwww

観客、あまりの寒さに踊り出す。
体を動かさないと辛いんだな…。

ん??
オーバーテイクアワード??
そんなのが…因みに、今のトップはベッテル。
これ、1周目のゴタゴタしてる中のオーバーテイクとかも全部含むらしい。

ライコネン、おでかけから帰還して定位置に。
そして微動だにしない。

最後のハーフポイントレースは2009年のマレーシアGP。
中断中にライコネンがアイス食べてた伝説のGPですねw
その後の2013年、ロータスがこの時の事をネタにしたアイス型USBメモリ配るというw
ロータスはライコネンの無線の言葉をTシャツにしたりと何かと遊んでたからなw

おっ、マイランダーさんのサービスショットw

ベッテル、暇そう。
何か「家政婦は見た」みたいになってる。

…ライコネンの話から、何やらアイスの話に。
日本で最初のアイスは横浜で…アイスクリンですね!!

ノリス、遂に居眠り。
西岡アナ、電車で例えないで!www

さっきはラッセル、今はリチャルドがファンサービスの為にピットウォールまできています。

日本時間0時になりました。
2時間経過。
現地時間は17時。
再び強い雨が降り始めています…ルールでは後1時間で打ち切り。

…ん、計時止めちゃったから18時で足切りじゃないのか。
そんなんできちゃうのかよ。

リチャルドのインタビュー。
ちょいと冗談言ってたみたいだけど、状況を訊かれて「何も変わらないよ。」との事。

流石に17時にもなると、ちょっと暗くなって来たなぁ。
視界悪くなる前に判断した方が良い気がしてきた。

グロージャン、今日のインタビュワーだったのか。
2012年ベルギーGPのスタートでの多重クラッシュで出場停止になった伝説のやつが思い出されますね。
ペナルティポイントシステムもグロージャン起因だった筈。

ミックの歩き方の所で出てきた、ミハエル・シューマッハがDCに殴り込みに行った話の詳細。
そこから昔のドライバーは結構殴り込みしてた話に。
ネルソン・ピケとエリセオ・サラザールの話w
あれは格ゲー風のコラが作られたりしてから、割と印象深いw

メルセデスとマシの無線。
17時30分まで何もアクションないからピットウォール離れて良いらしい。

アルピーヌのクルー、何やら楽しそうw

FP2にアロンソが試した、ヘルメットカメラのリプレイ。
からの画面を見ていたアロンソ。
あんなガタガタの中ステアのスイッチとか弄ったりしてるんだよね…。
ステアに集中すると少し目線が下になるから、前が見えにくくなるな。
これはステアに集中し過ぎると前方不注意で追突とかしそう。

メディカルカードライバー、アラン・ファン・デル・メルヴェのインタビュー。
「一人だったら全然問題ない。水溜まりもないし。
ただ、誰かの後ろだったら視界が灰色になるし、無理だろう。」

川井ちゃんにハミーさんからメッセージ来たってwww
何の事かピンと来てないwww

リバージュってブリュッセルの昔の名前なのね。
それは知らんかった。

マーライオンコーナーって西岡アナ命名なの?!
すげぇ!!
普通に使ってたわw

17時29分、17時45分に状況のアップデートするよ、というアナウンス。
15分延びたね…。
後、1時間はレース時間確保するらしい。

出たwww
ファンがGoogleマップで記念碑作る奴www
去年の開幕2連戦のオーストリアん時はめちゃめちゃ記念碑立ちまくったからなwww

川井ちゃんが26時とかの呼び方に苦言www
確かに分かりにくい感あるけど。
アナウンサーの勤務表とかだと普通に26時とか書いてあるらしい。
西岡アナの残業が長い…確かにw

鈴鹿のコース図を書いてみようの企画あったわwww
ヴィタントニオ・リウッツィとパストール・マルドナドの書いたコース図が酷かったとwww
トニオ画伯に師匠画伯www
ベッテルは鈴鹿ラヴァーだけあって、かなり正確なコース図描いてたよね。
可夢偉はあんまり正確じゃなかったかなぁ…。

オーバーテイクの話に。
2000年スパのケメルストレートで周回遅れのリカルド・ゾンタをサンドイッチしたオーバーテイクは伝説。
この時、ミハエル・シューマッハをミカ・ハッキネンが抜いたんだよな。
2005年の鈴鹿でライコネンが16台抜きして優勝したのも伝説だね。

西岡アナ、ハミルトンがファイナルラップの最終コーナー手前でトヨタのティモ・グロックを抜いて初のワールドチャンピオン取ったブラジルGPは2007年ちゃう、2008年やで。
三つ巴だったのは2007年だけど!

マーシャルがボッチャやり始めたwww
…どうやら、ペタンクらしい。

水捌けマシン稼働中。
少しでもコース上の水がなくなればね。

17時45分、判断が17時55分まで延びた。

角田のインタビュー。
関西人じゃないけど冗談面白い人です。
インタビュワー「最初の30分何やってた?」
角田「眠くなったからサンドイッチ食べたりスープ飲んだりしてた。」
インタビュワーから「日本は雨が多いよね」と言われてましたね。
雨多い土地出身でもウェット得意じゃない人もおるからなぁ…マッサとか。。

サインツJr.とルクレールは二人してスマホ見てる?
チェスやってたのね。

先程川井ちゃんに突然飛んできたハミーさんのメッセージ内容把握したらしい。
鈴鹿から岡山への所要時間の話だったかw
3時間で行けるかどうかって話だったなw

フェラーリのテクニカルディレクター、ローラン・メキースのインタビュー。
「メディカルカー走らせて気象データ取りながら状況判断している。」みたいな事を話してたらしい。

17時55分、18時にアップデート。
またしても…5分延びた。

そういや、ジョヴィナッツィも寝てたみたいですねw
皆結構寝たりしてるっぽい?

アルピーヌではトランプに興じるクルーが。
手札を全世界にバラされてる…www

18時、3時間経過。
判断は18時5分に延びた。

今はやってないサーキットで今のマシンが走ってる所を見たいサーキットは何処?って質問。
西岡アナ「ラスベガス」
川井ちゃん「あれは最低でしたね。」

ラッセルのインタビュー。
「ファンの為に出て、ショーを見せたいですね。」
川井ちゃん、エディ・アーバインやゲルハルト・ベルガーみたいにへらへら冗談めかしてコメント言う人と違うってwww
リチャルドとか角田とかもそうなのではw

…あれ、オコン寝てる?
集中力の維持や回復の為に、寝るのも良いのかもね。

メディカルカーの車載カメラ。
アラン・ファン・デル・メルヴェカメラである。

…ん、可夢偉、解説参戦?!

18時7分、18時17分に再開するとアナウンス!
ドライバーの動きが慌ただしくなります!
あー、これ可夢偉の解説参戦話なしになりそうなw

…と思ったら、スタジオの技術的な問題で実現しませんでしたw
そっちかーい!!www
再開したから解説なしよじゃなくて、そっちwww
可夢偉はツイッターで「アマゾンで機材買ってスタジオに送り付ける」って呟いてたw

日没も近いので、1時間レースになります。
セーフティカー先導のフォーメーションラップ!
ピットレーンスタートのライコネン、修復を終えたペレスもコースイン。
コース状況は中止前とあんまり変わらんな。

周回数が本来の周回数の75%、33周に満たなければハーフポイントになるようです。
…走れるの?

つか、オレンジスモークやべぇなwww
これでも3割くらい帰ったらしいw

スパ・フランコルシャンの気温は13℃。
いやぁ、これは雨降ってるし、体感温度的にはもっと寒いですね。。
中断時間は2時間49分でした(多分)。

セーフティカーのマイランダーさんカメラ。

ペレス無線。
「第3セクターは良くなってきてるよ。」
でも、まだ水煙凄いよね。

フェルスタッペンでさえもセーフティカーとライン変えてるんだよなぁ。
中断前と同じ光景だ。

そして赤旗。
観客がブーイングしてる。
隊列がピットレーンに戻ってきました。

現在のファステストラップはマゼピンが保有。
何とwww
まぁ、トップ10に入ってないからポイント貰えないんだけど。

うーん、まだ計時は進んでるけど、これ時間的には終わりでは?

ボッタスは「何も見えない。」と言っていたようだ。

流石に虚無の表情になっている観客も…。

にっこりマゼピン。
ファステストラップ持ったからなのか、会話してて笑顔になってたのか。

インタビュワーがグロージャンからポール・ディ・レスタに変わったらしい。
予定があったのかな?

何か、状況が酷くなったかなぁ…更に靄が濃くなっているような。
後、流石に暗くなってきたな。

他のドライバーがマシンから降りる中、ベッテルはマシンの中で待機中。
ベッテルは中断の時もこんな感じよね。

フェルスタッペンと山本さんが記念撮影。
50戦目だしね。

ミック、国際映像に挨拶。

ライコネンは再び定位置に。
そして、またしても不動。

椅子に座っているガスリーは隣の角田と談笑?

オレンジスモークまだ焚いてる奴いるのかwww
靄ってるw

ん、ベッテルもマシンから降りた。
チーム側から再開しなさそうとか言われたかな?

残りは34分30秒。
状況も良くないし、もうこれは中止では。

…あ、終了だ。
レースは成立になった模様。

セーフティカー先導の3周しかしておらず、史上最短のレースになりました。
尚、レギュレーションでは赤旗が出る2周前の周回が最終結果に適用される筈なので、実質1周ですね。
その場合、ペレスはどうなるのか…コースに出る前だったけど、結果直ってるからDNSじゃなくて1周遅れと記録されるのかなぁ。

という訳で、フェルスタッペンが優勝、ラッセルは初表彰台、3位にハミルトン!
フェルスタッペンはベルギー初優勝です!
ウィリアムズは2017年アゼルバイジャンGPのストロール以来となる表彰台獲得!

レッドブルとマシの無線。
ポディウムやるのかの確認。
…やるんだw

インタビュワーはポール・ディ・レスタ!

フェルスタッペン。
ディ・レスタ「まぁ、優勝です。」
フェルスタッペン「はい、ポールを取るのが重要でした。
ちゃんとしたラップを取れなくて残念でした。
15時の方が視界が良かったです。15時にスタートした方が良かったんじゃないでしょうか。」

フェルスタッペンと健闘を讃え合うラッセル。
ラッセル「レースをお見せできなくて申し訳ありません。」
ディ・レスタ「ミスターサタデーと呼ばれていますけど。」
ラッセルは「えぇ、」みたいな返事だったかな。

ハミルトン。
「申し訳なかったですね…誰のせいでもないんですけれど。
最後出してもらったんですけど、コンディション良くなかったですね。
ファンの皆さんはお金返して貰える事を祈るよ。」

…という事で、観客への返金はマジで検討されているとか何とか。


表彰台!
ラッセル、ホントに嬉しそう!!
ユニオンジャックに挟まれるオランダ国旗。

オランダ国歌!
そしてオーストリア国歌!!

トロフィ授与!
ウィリアムズのクルーめっちゃ嬉しそう!
めっちゃ嬉しそうだからフライングしてるw
ラッセルめちゃくちゃ嬉しいな!

ファイト!!
割と正統派なファイトだったけど、ハミルトンは遅刻w

おっ、ラティフィも表彰台をお祝いしてたんだね!


行きも帰りも混んでるベルギー…。


ちゃんとEDやるのね。
凄い!
…おっ、新ED曲?


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
5位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
6位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
7位はエステバン・オコン/アルピーヌ
8位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
9位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
10位はカルロス・サインツJr./フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
12位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
13位はランド・ノリス/マクラーレン
14位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
15位は角田裕毅/アルファタウリ
16位はミック・シューマッハ/ハース
17位はニキータ・マゼピン/ハース
18位はランス・ストロール/アストンマーティン
19位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
20位はセルジオ・ペレス/レッドブル

ウィリアムズは2戦連続のダブル入賞!
フェラーリもダブル入賞だ!

ハーフポイントなので、
1位:12.5Pt
2位:9Pt
3位:7.5Pt
4位:6Pt
5位:5Pt
6位:4Pt
7位:3Pt
8位:2Pt
9位:1Pt
10位:0.5Pt
が加算されます。


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(202.5Pt)
2位:フェルスタッペン/レッドブル(199.5Pt)
3位:ノリス/マクラーレン(113Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(108Pt)
5位:ペレス/レッドブル(104Pt)
6位:サインツJr./フェラーリ(83.5Pt)
7位:ルクレール/フェラーリ(82Pt)
8位:リチャルド/マクラーレン(56Pt)
9位:ガスリー/アルファタウリ(54Pt)
10位:オコン/アルピーヌ(42Pt)
11位:アロンソ/アルピーヌ(38Pt)
12位:ベッテル/アストンマーティン(35Pt)
13位:角田/アルファタウリ(18Pt)
14位:ストロール/アストンマーティン(18Pt)
15位:ラッセル/ウィリアムズ(13Pt)
16位:ラティフィ/ウィリアムズ(7Pt)
17位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
18位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
19位:ミック/ハース(0Pt)
20位:マゼピン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(310.5Pt)
2位:レッドブル(303.5Pt)
3位:マクラーレン(169Pt)
4位:フェラーリ(165.5Pt)
5位:アルピーヌ(80Pt)
6位:アルファタウリ(72Pt)
7位:アストンマーティン(53Pt)
8位:ウィリアムズ(20Pt)
9位:アルファロメオ(3Pt)
10位:ハース(0Pt)







ネギタレ艦隊2021年8月末版です。
前回は21年7月末でしたね…。


正規空母
Intrepid改(イントレピッド) Lv.94→Lv.95
葛城改(かつらぎ) Lv.94
Hornet改(ホーネット) Lv.94
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.94
赤城改二(あかぎ) Lv.93
加賀改二(かが) Lv.93
飛龍改二(ひりゅう) Lv.93
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.92
雲龍改(うんりゅう) Lv.92
天城改(あまぎ) Lv.92
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.91
Aquila改(アクィラ) Lv.91
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
飛龍改二(ひりゅう) Lv.77(サブ)
蒼龍改(そうりゅう) Lv38→Lv.73(サブ)
天城(あまぎ) Lv.50(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.50(サブ)
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.50(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47→Lv.48(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.45→Lv.46(サブ)
翔鶴(しょうかく) Lv.35(サブ)
瑞鶴(ずいかく) Lv.13(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.9(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.3→Lv.8(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1→Lv.8(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1→Lv.7(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1→Lv.6(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.3→Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.1→Lv.5(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.1→Lv.5(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)

装甲空母
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.95
大鳳改(たいほう) Lv.94
翔鶴改二甲(しょうかく) Lv.91
瑞鶴改二甲(ずいかく) Lv.91
大鳳改(たいほう) Lv.41(サブ)

軽空母
大鷹改(たいよう) Lv.98
大鷹改二(たいよう) Lv.98
祥鳳改(しょうほう) Lv.95
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.95
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.94
飛鷹改(ひよう) Lv.94
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.93
龍鳳改(りゅうほう) Lv.93
鳳翔改(ほうしょう) Lv.92
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.91→Lv.92
大鷹(たいよう) Lv.91
千歳航改二(ちとせ) Lv.90
千代田航改二(ちよだ) Lv.90
神鷹改二(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Gambier Bay Mk.II(ガンビア・ベイ) Lv.90
神鷹改(しんよう) Lv.80
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.45(サブ)

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.97
Richelieu改(リシュリュー) Lv.96
陸奥改二(むつ) Lv.95
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
金剛改二(こんごう) Lv.93
Italia(イタリア) Lv.93
霧島改二(きりしま) Lv.92
Roma改(ローマ) Lv.91→Lv.92
Iowa改(アイオワ) Lv.92
比叡改二(ひえい) Lv.91
榛名改二(はるな) Lv.91
大和改(やまと) Lv.91
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.91
長門改二(ながと) Lv.90
武蔵改(むさし) Lv.90
Washington改(ワシントン) Lv.90
Гангут два (ガングート) Lv.90
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.82(サブ)
陸奥改(むつ) Lv.80(サブ)
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.80(サブ)
Гангут два (ガングート) Lv.80(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.75(サブ)
Colorado改(コロラド) Lv.50→Lv.70(サブ)
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.62→Lv.70(サブ)
長門改(ながと) Lv.50→Lv.68(サブ)
大和改(やまと) Lv.60(サブ)

航空戦艦
山城改二(やましろ) Lv.96
扶桑改二(ふそう) Lv.95
伊勢改(いせ) Lv.80
日向改(ひゅうが) Lv.80

改装航空戦艦
伊勢改二(いせ) Lv.97
日向改二(ひゅうが) Lv.97

重巡洋艦
那智改二(なち)○ Lv.105
羽黒改二(はぐろ) Lv.97
足柄改二(あしがら) Lv.96
Zara due(ザラ) Lv.96
Pola改(ポーラ) Lv.95
鳥海改二(ちょうかい) Lv.94
妙高改二(みょうこう) Lv.93
古鷹改二(ふるたか) Lv.92
加古改二(かこ) Lv.92
青葉改(あおば) Lv.92
衣笠改二(きぬがさ) Lv.92
愛宕改(あたご) Lv.92
摩耶改二(まや) Lv.92
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
Houston改(ヒューストン) Lv.91
Northampton改(ノーザンプトン) Lv.68→Lv.81
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.45(サブ)

航空巡洋艦
利根改二(とね) Lv.95
筑摩改二(ちくま) Lv.95
最上改(もがみ) Lv.94
三隈改(みくま) Lv.94
鈴谷改二(すずや) Lv.93
熊野改二(くまの) Lv.91
最上改(もがみ) Lv.90
三隈改(みくま) Lv.36→Lv.38(サブ)
鈴谷改(すずや) Lv.35(サブ)
熊野改(くまの) Lv.35(サブ)
三隈改(みくま) Lv.31(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)

軽巡洋艦
天龍改二(てんりゅう) Lv.98→Lv.99(MAX)
由良改二(ゆら) Lv.98
阿武隈改二(あぶくま) Lv.97
龍田改二(たつた) Lv.95
多摩改二(たま) Lv.95
神通改二(じんつう) Lv.95
五十鈴改二(いすず) Lv.94
那珂改二(なか) Lv.94
鬼怒改二(きぬ) Lv.93
矢矧改二乙(やはぎ) Lv.93
川内改二(せんだい) Lv.91→Lv.92
大淀改(おおよど) Lv.92
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.92
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.92
Gotland改(ゴトランド) Lv.92
Perth改(パース) Lv.92
球磨改(くま) Lv.91
長良改(ながら) Lv.91
名取改(なとり) Lv.91
球磨改(くま) Lv.90
阿賀野改(あがの) Lv.90
能代改二(のしろ) Lv.90
酒匂改(さかわ) Lv.90
Helena改(ヘレナ) Lv.90
Sheffield改(シェフィールド) Lv.90
De Ruyter改(デ・ロイテル) Lv.90
Honolulu改(ホノルル) Lv.60→Lv.80
矢矧改(やはぎ) Lv.62→Lv.70
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.46(サブ)
Helena改(ヘレナ) Lv.45(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
能代改(のしろ) Lv.35(サブ)
能代→能代改(のしろ) Lv.1→Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
阿武隈(あぶくま) Lv.12(サブ)
大井(おおい) Lv.4→Lv.5(サブ)
大井(おおい) Lv.4→Lv.5(サブ)
大井(おおい) Lv.3→Lv.5(サブ)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.94

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.96

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.96
夕張改二(ゆうばり) Lv.90
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.90

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.97
大井改二(おおい) Lv.97
木曾改二(きそ) Lv.95
北上改二(きたかみ) Lv.52(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.51(サブ)
大井改二(おおい) Lv.50(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.43(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.16(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.16(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14→Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14(サブ)

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.11(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.117
電改(いなづま)○ Lv.117
睦月改二(むつき) Lv.99(MAX)
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
文月改二(ふみづき) Lv.99(MAX)
弥生改(やよい) Lv.98
皐月改二(さつき) Lv.98
長月改(ながつき) Lv.98
菊月改(きくづき) Lv.98
三日月改(みかづき) Lv.98
望月改(もちづき) Lv.98
卯月改(うづき) Lv.97
水無月改(みなづき) Lv.97
Верный(ヴェールヌイ) Lv.97
潮改二(うしお) Lv.96
山風改(やまかぜ) Lv.96
秋月改(あきづき) Lv.96
涼月改(すずつき) Lv.96
Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.96
Janus改(ジェーナス) Lv.96
Ташкент改(タシュケント) Lv.96
白露改二(しらつゆ) Lv.95
江風改二(かわかぜ) Lv.95
綾波改二(あやなみ) Lv.94
村雨改二(むらさめ) Lv.94
夕立改二(ゆうだち) Lv.94
海風改二(うみかぜ) Lv.94
荒潮改二(あらしお) Lv.94
風雲改二(かざぐも) Lv.94
初月改(はつづき) Lv.93→Lv.94
Johnston改(ジョンストン) Lv.94
時雨改二(しぐれ) Lv.93
長波改二(ながなみ) Lv.92→Lv.93
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.93
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.93
吹雪改二(ふぶき) Lv.92
朝潮改二丁(あさしお) Lv.92
雪風改(ゆきかぜ) Lv.92
照月改(てるづき) Lv.92
島風改(しまかぜ) Lv.92
神風改(かみかぜ) Lv.91
涼風改(すずかぜ) Lv.91
朝潮改二(あさしお) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.91
浦風丁改(うらかぜ) Lv.91
谷風丁改(たにかぜ) Lv.91
秋雲改二(あきぐも) Lv.91
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.91
Libeccio改(リベッチオ) Lv.91
Fletcher改 Mod.2(フレッチャー) Lv.91
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
暁改二(あかつき) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
有明改(ありあけ) Lv.90
春雨改(はるさめ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
朝雲改(あさぐも) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.90
天津風改(あまつかぜ) Lv.90
磯風乙改(いそかぜ) Lv.90
浜風乙改(はまかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
清霜改(きよしも) Lv.90
松改(まつ) Lv.90
竹改(たけ) Lv.90
Grecale改(グレカーレ) Lv.90
Scirocco改(シロッコ) Lv.90
江風改二(かわかぜ) Lv.76(サブ)
雪風改(ゆきかぜ) Lv.74
浦風丁改(うらかぜ) Lv.72(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.72(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
藤波改(ふじなみ) Lv.61
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.61
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.60→Lv.61
旗風改(はたかぜ) Lv.58
黒潮改(くろしお) Lv.58
桃改(もも) Lv.50→Lv.58
Johnston改(ジョンストン) Lv.58(サブ)
Ташкент改(タシュケント) Lv.58(サブ)
松風改(まつかぜ) Lv.55
曙改(あけぼの) Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Janus改(ジェーナス) Lv.55(サブ)
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.47→Lv.53(サブ)
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.47→Lv.53(サブ)
初雪改(はつゆき) Lv.52
朧改(おぼろ) Lv.52
若葉改(わかば) Lv.52
野分改(のわき) Lv.52
薄雲改(うすぐも) Lv.51
浦波改(うらなみ) Lv.51
子日改(ねのひ) Lv.51
初霜改(はつしも) Lv.51
霞改(かすみ) Lv.51
不知火改(しらぬい) Lv.51
舞風改(まいかぜ) Lv.51
朝風改(あさかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
天霧→天霧改(あまぎり) Lv.18→Lv.50
漣改(さざなみ) Lv.50
満潮改(みちしお) Lv.50
親潮改(おやしお) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
巻波→巻波改(まきなみ) Lv.20→Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.50
早波改(はやなみ) Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
岸波改(きしなみ) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
早霜改(はやしも) Lv.50
有明→有明改(ありあけ) Lv.25→Lv.48(サブ)
jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
照月改(てるづき) Lv.44(サブ)
照月改(てるづき) Lv.43→Lv.44(サブ)
初月改(はつづき) Lv.42(サブ)
峯雲改(みねぐも) Lv.38(サブ)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
白雪改(しらゆき) Lv.29→Lv.31
深雪改(みゆき) Lv.28→Lv.31
磯波改(いそなみ) Lv.29→Lv.31
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
大潮改(おおしお) Lv.28→Lv.31
霰改(あられ) Lv.28→Lv.31
狭霧改(さぎり) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
海風改(うみかぜ) Lv.30(サブ)
江風改(かわかぜ) Lv.30(サブ)
風雲改(かざぐも) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
霞→霞改(かすみ) Lv.19→Lv.22
島風(しまかぜ) Lv.1→Lv.4(サブ)

海防艦
占守改(しむしゅ) Lv.70→Lv.71
国後改(くなしり) Lv.70→Lv.71
八丈改(はちじょう) Lv.70
石垣改(いしがき) Lv.70
択捉改(えとろふ) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.70
佐渡改(さど) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
御蔵改(みくら) Lv.70
日振改(ひぶり) Lv.70
大東改(だいとう) Lv.70
平戸改(ひらと) Lv.50→Lv.56
第四号海防艦→第四号海防艦改(だいよんごうかいぼうかん) Lv.26→Lv.37

潜水艦
まるゆ改 Lv.95
伊168改 Lv.91
伊47改 Lv.90
伊203改 Lv.80→Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
UIT-25<ルイージ・トレッリ> Lv.41→Lv.46(サブ)

潜水空母
伊13改 Lv.93
伊14改 Lv.91
伊400改 Lv.90
伊401改 Lv.90
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.86
伊8改 Lv.81
伊19改 Lv.81
伊13改 Lv.45(サブ)
伊14改 Lv.45(サブ)
伊401改 Lv.38(サブ)
伊400改 Lv.37(サブ)
伊401改 Lv.36(サブ)

水上機母艦
日進甲(にっしん) Lv.95
千歳甲(ちとせ) Lv.92
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.92
千代田甲(ちよだ) Lv.91
秋津洲改(あきつしま) Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
瑞穂改(みずほ) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.42(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
日進→日進改(にっしん) Lv.25→Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

補給艦
神威改母(かもい) Lv.90
速吸改(はやすい) Lv.90
神威(かもい) Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.90
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.45(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.90
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.3→Lv.4(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.3→Lv.4(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
特務艦 宗谷(そうや) Lv.26→Lv.52

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »