« ミスティ・パープル | トップページ | 深部へ »

2021年6月15日 (火)

ソロモンの長い春

ちょっと前からケータイの充電ケーブルの絶縁ゴムが割れて中が見えている状態だったので、買い替えたのですが…。
ライトニングUSB端子が邪魔だなぁ。。
Micro USB Micro-BにライトニングUSBやUSB Type-Cのアタッチメントを付けて切り替えるタイプなんだけど、取り外したりとかできないから使わない方のアタッチメントの処理に困るという…。





…などと思っていたら、何やら両耳に違和感。。
耳抜きみたいな感じの事しても治らんから、もしかしたらあれかなぁ。
自律神経でも乱れてるかなぁ。






お船の春イベ。

前段作戦3海域を突破したので、後段作戦へ入ります。
後段作戦は全部で2海域。
割と前段作戦と後段作戦でがらっと内容が変わる(後段作戦はモチーフとなった戦いのif作戦とか全く別の作戦になる)事が多い昨今のイベント海域にあって、引き続きソロモン諸島を舞台に展開されます。

まずは第4海域から。
一応、ラバウル空襲がモチーフになっているこの海域はまさかの4段階からなる長丁場の海域です。
それに伴ってか、ラバウル沖/ビスマルク諸島沖/ソロモン諸島沖と戦域も広がっています。
難易度も前段作戦より高まっていて、かなり大変。

まずは第一段階目。
ソロモン諸島に陣取っている航空基地を叩きに行きます。


21_spring_e4_1_1
スタートは前段作戦でも設定されていた、ニューブリテン島のワイド湾沖。
基地航空隊もラバウルです。
ブーゲンビル島を北から回り込み、ソロモン諸島を突っ切ってガダルカナル島を目指します。

この海域の最初の難関がここ。
ルート上は潜水艦戦と空襲戦が続くのですが、潜水艦は特にflagshipの先制雷撃が脅威。
空襲戦は1回目の空襲戦が空母である深海海月姫率いる艦隊からの攻撃とかなり強烈。
2回目も航空基地からの攻撃になるので、油断はできません。
対潜と対空を意識しつつ、陸上基地を攻撃できる装備を持っていかなければならないので、かなり大変です。

最初は難易度甲でやっていたのですが、その最中にイベント期間が後2週間しかない事が判明。
第4海域が長い事に加え、第5海域もギミック等で時間がかかりそうな事を考慮し、難易度を乙に下げました…。


21_spring_e4_1_2_lycoris_seiki
ボスは航空基地 リコリス棲姫。

最早見慣れた姿…。
前段作戦からずっと空襲を仕掛けてきていた基地ですが、おそらくソロモン諸島の首都・ホニアラにあるホニアラ国際空港(太平洋戦争時はヘンダーソン飛行場)がモチーフでしょう。


21_spring_e4_1_3
夜戦にもつれ込む事もありましたが、ラストは昼のうちに片が付きました。


21_spring_e4_1_4
新たに2つのスタート地点が出現、第2段階目へ移行します。


21_spring_e4_1_5_kouryaku
攻略編成。
7隻編成による遊撃部隊です。
重巡2隻、航巡1隻、軽巡1隻、駆逐2隻の編成。
7隻とはいえ、対空・対潜・対地をバランス良く組み合わせるのは中々に大変ですね。

駆逐と軽巡は対地をメインに装備を構成。
軽巡は大発系を載せられ、オート先制対潜できる龍田を起用。
駆逐艦は大発系を載せられる艦を編成。そのうち1隻は対潜能力の高い朝潮改二丁にして、先制対潜できるようにしています。

航巡は特効を持つ筑摩を使っていますが、水上戦闘機を満載して制空要員に。
重巡は2隻で役割分担。
道中の空襲戦が厳しいので、対空カットインの摩耶を起用。
何気に特効艦。
同じく特効持ちの羽黒は三式弾を装備して、クローザーとしての起用。
…しかし、三式弾なので随伴の砲台や集積地には攻撃の通りが悪いのよね。
駆逐勢と軽巡が大発で砲台や集積地を吹き飛ばせばクローザーとして十分機能するのである。


21_spring_e4_1_6_kitikoukuu
基地航空隊編成。
3部隊共、陸上偵察機1、戦闘機1、陸上攻撃機2の編成でボスに集中させています。
相手は航空基地ですからね、戦闘機は必須。


続いて、第2段階目へと入ります。
今度は輸送作戦。
今回のイベントで輸送を行うのはこれで最後なので、大発が積める駆逐艦を総動員して挑みます。


21_spring_e4_2_1
今度はラバウル沖のビスマルク海からスタート。
ビスマルク海を南西へ向かい、ロング島の脇を通過。ウンボイ島とニューギニア島の間、ビシャズ海峡を通過してソロモン海入り。
フォン半島を回り込み、ラエ近郊…サラマウア辺りかな、ここで揚陸作業。
その後、ハーキュリーズ湾沖で敵艦隊と交戦。

ルート的にはビスマルク海海戦をモチーフにしているのかな?
道中は対潜と空襲が連続していました。


21_spring_e4_2_221_spring_e4_2_3
敵艦隊は重巡ネ級改を旗艦とする重巡戦隊。
難易度甲だと旗艦撃沈は難しい感じらしいけど、乙なら撃沈も可能でしたね。
旗艦も撃沈できただけあって、サクサク進めました。


21_spring_e4_2_4_kouryaku
攻略編成。
連合艦隊の輸送護衛部隊を編成する事でビスマルク海に出撃できました。
第一艦隊は輸送装備と制空を、第二艦隊は対空と対潜を意識。

第一艦隊は水母、護衛空母、駆逐4隻で構成。第二艦隊は軽巡2、駆逐4で構成。

第一艦隊の水母は大発を持たせつつ索敵値を稼ぐ為に紫雲を搭載。
Seagullは熟練度上げを目的に装備させています。
空母には艦攻1、艦戦2に加え、索敵値を稼ぐ為に彩雲を装備。
駆逐艦は今までの海域で使用していなかった大発搭載艦で揃えています。
…文月も大発満載予定だったんだけど、遠征装備から変えるの忘れてました。

第二艦隊は素で大発1つ分の輸送力を持ち、対空能力も高い鬼怒を起用。
川内は特効艦としてボス艦隊への攻撃に専念します。
勿論、夜偵持ち。
駆逐艦はオートで先制対潜できるアメリカ駆逐艦と対潜能力の高い日本駆逐艦で構成。
フレッチャー以外は対潜装備+輸送装備。
フレッチャーは索敵値稼ぎを兼ねた対空カットイン装備。
このうち、ジョンストンだけがサブ艦です。
メイン艦使わないかもなぁ…。

ビスマルク海海戦をモチーフにしてても、リコリス棲姫や深海海月姫からの空襲がないので、あんまり空襲強くなかったりはする。


21_spring_e4_2_5_kitikoukuu
基地航空隊編成。
ボスは航空戦力がないので、3部隊共陸上偵察機1と陸上攻撃機3でボスへ集中させています。
ボス編成には防空軽巡ツ級がいるので、若干被害出ますが。


続いて、第3段階目へ。
ですが、ボス出現ギミックを解除する必要があります。
ギミック解除は3か所、そして基地空襲の制空もあります。
難易度甲だとクリア回数増えたりとかですね。


21_spring_e4_3_1_g1
まずは基地航空クリア。
潜水艦1隻で基地航空隊の練度上げを兼ねてサクッとね。


続いては、こちら。
21_spring_e4_3_2_g2
輸送護衛部隊でビスマルク海からニューギニア島へ向かいます。
ダイク・アクランド湾ですね…ブナかな。
ニューギニア島輸送作戦、八十一号作戦の時に日本軍が爆撃を加えたり、連合国軍が航空機を集結させたりしている場所です。

ここにいる集積地棲姫を倒します。


21_spring_e4_3_3_g2_kouryaku
ギミック解除編成1。
輸送作戦時と同じ編成です。
今回は輸送しないので、第一艦隊を対地+魚雷艇対策に充てています。
第2艦隊は対潜・対空・索敵値稼ぎ・魚雷艇対策を兼ねています。
フレッチャーも対空カットイン仕様から対空カットインと対潜と兼ねる装備に変更。


21_spring_e4_3_4_g2_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成1。
第2段階目と変わらず、陸上偵察機、戦闘機、陸上攻撃機2の編成を3部隊、集積地棲姫の部隊に向けています。


続いてはこちら。
21_spring_e4_3_5_g3
ソロモン諸島南方沖での空襲戦で制空権を「航空優勢」以上にします。


21_spring_e4_3_6_g3_kouryaku
ギミック解除編成2。
連合艦隊の水上打撃部隊の最小編成です。
第一艦隊は軽空母に航巡2隻。
第二艦隊は軽巡に駆逐2隻。
第一の軽空母は艦戦満載、航巡は水上戦闘機と機銃で固めています。
第二艦隊は道中で潜水艦と戦うので、先制対潜できる艦で固めました。

基地航空隊は使用していません。


んで、最後のギミック。
21_spring_e4_3_7_g4
ソロモン諸島の南部、ギゾ島付近で軽巡棲姫との戦闘。


21_spring_e4_3_8_g4_kouryaku
ギミック解除編成3。
軽巡1、駆逐6の遊撃部隊編成です。
道中は激しい対潜・空襲戦があり、索敵も要求されるので、上2艦は先制対潜装備に電探という構成。
吹雪は対空カットインとして起用。朝潮は先制対潜しつつ夜戦連撃装備。秋月砲で対空高めにしています。
荒潮は対空カットイン仕様、夕雲型2隻は軽巡棲姫を念頭に置いた夜戦カットイン仕様にしてあります。


21_spring_e4_3_9_g4_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成2。
…第2段階目で使用した構成と同じような構成ですね。
まぁ、敵艦隊に航空戦力いないし。


これでギミックが解除され、ボス艦隊が出現したので、攻略に移ります。






続きからコメント返信!!



炎樹さん:はい、まみですね…!
暫く口癖が「痛い」だったので、良く色々な事に痛い痛い言ってましたw


モンスターは割と新フレーバーが登場するとそのまま定着したりしているけど、レッドブルは期間限定が多いので、レアなもんは中々手に入らなくなりますね。
実は、画像のは2本目でして、まだ飲んでないんですよねぇ。
1本目は職場で飲んじゃったので…。


割と姫級は本体は人間っぽい見た目が多いですね。
昨今は艤装が海洋生物モチーフな事が多いという特徴が…。
ボスがでかいので、報酬がでかいのも納得。
ボスがロリで、報酬がお姉さんみたいなパターンもありましたがね。
ルンガ沖重巡棲姫は結構好きなデザインですね…鳥海みたいで。


コメント、ありがとうございました~!

|

« ミスティ・パープル | トップページ | 深部へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスティ・パープル | トップページ | 深部へ »