« そうきたか | トップページ | まさかの »

2021年6月 6日 (日)

風の街

そういや、もう6月なんだね。
早いもんだなぁ…。






21_6_6_kncl_mitsukoshi
お船の三越コラボのやつ。
万年筆。
お渡し用である。

21_6_6_kncl_mitsukoshi221_6_6_kncl_mitsukoshi3
中身。

21_6_6_kncl_mitsukoshi4
うっすらと駆逐艦時雨の艦影が配されていたり(見えない)。




お船の春イベ。

前段作戦の最終作戦海域である第3海域目に突入します。
第3海域目はいよいよイベント名にある通り、ルンガ沖での戦い。
史実のルンガ沖夜戦をモチーフにしています。
従って、ルンガ沖夜戦組に特効がついていたり。

さて、この海域は全部で3段階の作戦から構成されます。
各段階の間にはルート開放ギミックが仕込まれており、前段作戦の最終作戦海域らしく割と長丁場です。
加えて、出撃制限札が3枚付与されるので、後段作戦の事も考えた編成を組みつつ、誤出撃による違う札のつけ間違いに気を付けないといけません。

作戦としては、まず輸送作戦をこなし、その後の2段階は対水上艦戦です。


…と、言う訳で。
21_spring_e3_1_1_oyodo
マップのスクショを撮る前にやったらドロップした軽巡 大淀。
ボスでドロップしました。


21_spring_e3_1_2
第1段階目。
第2海域と同じく、パプアニューギニア・ビスマルク諸島のニューブリテン島、ワイド湾沖がスタート地点。
基地航空隊も変わらずラバウルです。

ソロモン海を北上し、ブカ島の北方へ。
そこからブーゲンビル島の北岸をなぞるように進み、ショートランド泊地へ。
そこからソロモン諸島の島々の間を抜けて行きます。
コロンバンガラ島北方を通過し、ニュー・ジョージア・サウンドへ。
ガダルカナル島で物資を下した後、アイアンボトム・サウンドを突っ切ってサンタイサベル島の東岸付近でボスと戦います。


21_spring_e3_1_3
ボスは重巡ネ級改。
重巡戦隊を率いていますね。
ボスはとても固いですが、特効艦の夜戦連撃なら普通に落とせます。


21_spring_e3_1_4_oyodo
という訳で、大淀さん2隻目。
通算だと…7隻目か。


21_spring_e3_1_5_harusame
ボスでドロップした駆逐艦 春雨。
大淀さんと同じく、もう1隻ドロップしました。
撮ってないけど。
因みに、その1隻は道中でのドロップ。

春雨も現存しているだけで6隻目だな。
改修に回しちゃったのもいたと思うから、通算で7、8隻くらいはいるんじゃないかな。


21_spring_e3_1_6
という事で、輸送作戦完了。
結構回数かかったな…。


21_spring_e3_1_7
ソロモン諸島の南方に新たなルートが出現。
だけど、第2段階目のボスはまだ登場していません。
ルート開放ギミックを行い、ボスへのルートを開放します。


21_spring_e3_1_8_kouryaku
編成。
史実のルンガ沖夜戦組をメインに編成した、駆逐艦6隻の艦隊です。
長波サマに補強増設を行い、水雷戦隊司令部を搭載。
4隻にドラム缶を積むと最短ルートになるので、搭載しています。
史実艦でもある江風には大発を満載。
道中は潜水艦、空襲戦があるので、山風に先制対潜装備を、白露に対空カットイン装備を施しています。
…先制対潜艦が1艦だけなので、3隻くらいから先制雷撃されるんだけどね。

潜水艦戦、空襲戦の後に控える魚雷艇混じりの水上艦戦や夜戦は警戒陣で突破しました。
なので、水上艦戦よりも潜水艦戦や空襲戦の方が損害受けやすかったり。
勿論、魚雷艇の雷撃で警戒陣を突破されたり、駆逐艦の夜戦連撃が運悪く当たったりもありましたが。

この組は第3段階目や後段作戦でも使うようなので、メインを編成。
黒潮は…育ててなかっただけで、メイン艦です。。


21_spring_e3_1_9_kitikoukuu
基地航空隊編成。
出撃可能な2部隊に陸上攻撃機を集中させ、ボスへ。
3部隊目は防空担当です。


さて、では…ルート開放ギミックをこなして行きます。
今回のギミック解除には4か所巡る必要があります。
しかし、2回の出撃で行ける場所なので、それ程大変ではありません。

まずは1か所目。
21_spring_e3_2_1_g1_kouryaku
編成。
連合艦隊の空母機動部隊です。
第2段階目で使用する艦で編成。
第一艦隊は空母2隻、第二艦隊は軽巡1と駆逐艦2の最小編成。
要件が2か所ある空襲戦で制空権を「航空優勢」にする事なので、空母は艦戦ガン積み。
第二艦隊も対空カットイン装備で固めています。
このルートだと空襲戦しかしないしね。
基地航空隊は使っていません。


21_spring_e3_2_2
もう1戦目もクリアし、第2段階目のボスがソロモン諸島の北方に展開されました。

空母機動部隊でのルートはこの画像の1つ上のルート…B・D・O2でした。
このルートでは空襲戦をこなした後、対潜戦を2回やって対水上艦戦。
2回目の潜水新棲姫のいる対潜戦と最後の水上艦戦がギミック解除のキーです。


21_spring_e3_2_3_g2_kouryaku
編成。
サブの重巡と軽巡、先制対潜の駆逐艦と札節約の為に海防艦を編成。
重巡はいつもの装備、軽巡は1戦目の空襲戦用の対空カットイン仕様。

札の節約で普通に改修してない巡洋艦使ったりしているけど、後段作戦でもちょろっと使う札らしい。
このギミックの為だけに3種類目の札が付与される訳じゃなかったので、戦力的にちょっと悩む。

海防艦入れている関係で、基地航空隊は第1段階目で使った陸攻部隊2部隊を対水上艦戦に回しています。
防空軽巡ツ級eliteは普通に生き残ってきたんだけど、夜戦で撃沈できました。
ちょっとあぶねぇ。


という事で、第2段階目のボスを攻略しに行きます。







F1第6戦アゼルバイジャンGP予選!!

FP3の15コーナーでフェルスタッペンがクラッシュ。
タイヤをロックさせてノーズからウォールに接触。

バルコニーから観戦する子供。
めっちゃくちゃ良い場所だな、すぐ下がコースだ。


ラッセルはパワーユニット交換中。
FP3終盤にパワーを失っていたようだ。

Q1
開始から皆ピットレーンに並んでいます。
ハース勢はピットレーンに並ぶスペースがないので、横列駐車。
マゼピンの無線。
「ぐちゃぐちゃだよ…。」

メルセデス勢はミディアムタイヤでコースイン。
黄旗が多いコースなので、コース上に留まってタイムを出す作戦か。

残り14分15秒、黄旗!
ストロールがクラッシュし、コース上にストップ。
すぐに赤旗へ。
15コーナーでタイヤがロック、曲がりきれずに右側が接触。
ステアを叩いて悔しがり、片手で頭を抱えています。
無線で「アー!ごめん…。」と言っていました。

ラッセル、この間に交換を終えてコースインの準備ができたようだ。
原因はウォーターポンプのリーク。

バルコニーの両脇にある出窓みたいなのがある建築様式。
アゼルバイジャン様式らしい。

噴水。

後1分で再開とアナウンス。
ピットレーンに9台くらい並んでいます。

再開!
中断時間は11分くらいかな。
メルセデス勢はソフトタイヤに履き替えたようですね。

FIAからは16コーナーから先で減速すんなよって言われているので、15コーナーから16コーナーにかけて減速して前とのギャップを調整しています。
その規制、良いんだか悪いんだか。

フェルスタッペンがトップ、ペレスが2番手に続く。
フェルスタッペンは15コーナーで少し
残り9分22秒、黄旗…赤旗に!
ジョヴィナッツィが15コーナーでクラッシュ!!
リプレイ、全然曲がってないな…。
フロントタイヤが暖まりきってなかったからだろうか。


9分くらい中断した後に再開!
まだタイムを出してないマシンを中心にピットレーンに並んでいます。
エンジン止められない筈のメルセデスパワーユニット勢も並んでるのね。
メルセデス勢は中古のソフトタイヤでコースイン。
新品のソフトタイヤ、後2本だけだしな。

少し風が強くなった可能性が。
ビル風かな?

ライコネンの無線。
ピー
「あのバカが俺を壁に押し付けようとした。」
位置取りをしている最中、マゼピンを抜こうとした時に寄せられたようだ。

ノリスに予選後審議。
赤旗の時に何かあったらしい。

15コーナーのウォールに注目した撮り方の国際映像。
角田が8番手タイムを出しているぞ。

残り2分。
4番手タイムを出したハミルトン、ピットに戻らずそのままセカンドアタックへ。
セクター1で黄旗。
結構長かったな…1コーナーかな?

ここでラッセルが11番手!
角田は9番手。
ハミルトンはトップタイムを叩き出したぞ!

チェッカー!
ラティフィは16番手に終わり、ハース勢も17番手18番手なので、これでメンツ確定。
1回目のアタックが伸びおらず15番手にいたノリスはアタックを完了させ、5番手タイム!

ノリスの審議は赤旗が出た時にピットに入れる状況だったのに入らなかったから、との事。
ピットレーン入口の前で減速しているから、入れない事はなかった筈だが…何があったのかな?
エンジニアは「BOXBOXBOX」と伝えていたけど、ノリスは「Can't!」と言っているので、本人的にはピットレーンに入るには間に合わないと思ったのだろうか。
ピットレーン入口はシケインになってるけど、オンボード見る限りは入れそうなくらい減速できてたと思うんだけどなぁ。

ラッセルは無線でチームクルーに感謝。
今回もチームメイトを上回る予選成績を確保できました。


Q2
Q1が中断多かったので、皆早めにコースイン。

リプレイでフェルスタッペン無線。
「セバスチャンがぶっ飛んで出てきた!」
レッドブル勢の前で出てきたベッテルを見て。

ペレスがトップタイム、ルクレール、サインツJr.、フェルスタッペンと続きます。
オコン、リアがスライドしてタイヤがウォールを擦る!

メルセデス勢、タイヤの暖まりを考慮して2回目のアタック!
ハミルトンが2番手!
ボッタスは7番手。
ハミルトン、かまぼこ状の縁石に乗ってフロアを擦る。

ガスリー7番手!
フェルスタッペン、トップタイム!
こちらも2回目のアタックの方が良いようだ。

残り4分20秒。
ラッセルはタイムを上げるも15番手。
角田4番手!

15コーナーの真上から撮るアングル。
開催2年目から注目のコーナーになっているこのコーナー。
クラッシュや接触が多発するかなり難しいコーナーだけど、今回も結構事故多いから撮り方も工夫されています。

残り1分29秒、赤旗!
今度はリチャルドがクラッシュ!!
3コーナー…ここもビックブレーキのコーナーだから、クラッシュ多いんだよねぇ。
リチャルドは左フロントタイヤがロックしてウォールに突っ込んだ。
大活躍のTec Proバリア。

ベッテルの無線。
ピーーーー
ギャップを聞いて叫ぶ。
100分の3秒差、僅差だ。

角田、初のQ3進出!
2012年日本GPの小林可夢偉以来の日本人ドライバーQ3進出…。
フェルスタッペンは5周使ったタイヤで決勝スタートに。

アロンソはオコンを上回る予選結果が確定。
開幕戦以来。


ガレージに戻ってきたリチャルド、凄い汗かいてるな。


Q3
10分のQ3タイムって前のやつや。
…あ、リアルタイムでタイムが直った。

アルファタウリ勢以外がコースイン。

メルセデス勢はタイヤ暖め。
フェラーリ勢はアタック中。
ルクレール、ハミルトンのトーを使えたか、トップタイム!
サインツJr.が2番手だけど、両者の間に0.3秒程ギャップが。

残り6分。
ボッタスは7番手。
ハミルトンが2番手!
ハミルトンはボッタスのトーを使えたけど、セクター3の差は0.5秒との事。
大きいな!
そして、アルファタウリ勢がコースイン!

ガスリー、セクター1全体ベスト!
角田は8番手、ガスリーは4番手!
このタイミングでラストアタック組がコースイン。

ボッタス、トーが欲しくてスローダウン。
渋滞が…。

赤旗!
角田が3コーナーでクラッシュ!
サインツJr.もフロントウイングが壊れてストップしています。
それぞれ単独ですね…角田は曲がりきれずにウォールに突っ込んだ形。
その後ろにいたサインツJr.は前でクラッシュが発生して焦ったのか、急ブレーキかけてスピンし、エスケープゾーンのウォールにクラッシュ。

予選はこれで終了となり、ルクレールが2戦連続となるポールポジションを獲得!!
ハミルトンが2番手、フロントローを獲得!
フェルスタッペンは3番手でセカンドロー、隣に予選最高位タイのガスリーが並びます!


ルクレールとガスリー、互いに健闘を讃え合う。

インタビュワーはジョニー・ハーバート!
ルクレール、サインツJr.のクラッシュ映像を見る。
特にコメントはない。
あんまり良いラップじゃなかった、とコメント。

ハミルトン、何とか調整して2番手を獲得!
メルセデスのマシンにはキツいと言われていたし、実際キツかったようだ。

フェルスタッペン
「予選としては残念でした。」
不完全燃焼な表情。

ED。
首を振る小松さん。


ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からは角田裕毅/アルファタウリ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ


ノリスの審議の件は3グリッド降格ペナルティになりました。
不服に思っているようですが、本人の感覚的に入れないと感じたのであれば、そりゃあ不服だよなぁ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
7番手からは角田裕毅/アルファタウリ
8番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9番手からはランド・ノリス/マクラーレン
10番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ






続きからコメント返信!!



炎樹さん:リラックスしていると、上下の歯の間に若干隙間ができるらしいです。
確かに、言われてみれば…力を入れていない時は下顎が少し下がってますしね。
うーん、口内炎の位置的に多分違うような…分からん。


提督指定のスク水着てる人と、特に指定されてなさそうな水着着てる人と。
まぁ、潜水艦で潜るからそりゃあ水着着ますよね。
フーミィはクールな外見ですが、大人しい性格ですね…後、愛称の可愛らしさ。
潜水艦娘は大体元気っ子なので、珍しいタイプです。
…シザリガーはスクショのタイミングですねw
新規艦は☆が降ってくるタイミングを見計らってスクショ撮るんですが、既にいる艦なのでタイミングが適当になってますw


コメント、ありがとうございました~!

|

« そうきたか | トップページ | まさかの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうきたか | トップページ | まさかの »