« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月29日 (火)

紫陽花

早いもので、もう7月に入るのかぁ…。
7月は世界遺産委員会が開かれるので、楽しみですね。
去年は新型コロナで開催中止になっていたし。

日本からは自然遺産1件と文化遺産1件が登録されそうなので、注目です。





21_6_26_miso_butter_corn_ramen
この前食べた、味噌バターコーンラーメン。
結構王道な感じの味噌ラーメンでしたね。






お船の話。
梅雨グラの季節です。

21_6_23_i203
まずは新実装の潜水艦 伊203。
梅雨の装い…私服可愛い。


21_6_23_hachizyou
次は海防艦 八丈。
普段の言動からそんな感じしてたけど、元気っ子な感じが出てて凄い。


21_6_23_oboro
駆逐艦 朧。
汚れたエプロン…園芸でアジサイ植えてたんでしょうか。


21_6_23_haruna
戦艦 榛名。
バッチリ私服にダズル迷彩傘さしてるのに、主砲は持参なのねw
これで急な遭遇戦も大丈夫です!!


21_6_23_kazagumo
駆逐艦 風雲。
暑くなってきたので、半袖版…夏服ですね。
表情も普段と違いますね。
夕雲型改二はちょいちょいと半袖版の人達が。


21_6_23_scirocco
駆逐艦 シロッコ。
レインコート!
珍しく腋じゃない。
傘の透明ビニール部分の透過具合が気合入っとる…!!


21_6_23_libeccio
駆逐艦 リベッチオ。
こっちは腋だった。
透明レインコートの透過具合よ…。


21_6_23_souya
こちらも新実装の特務艦 宗谷。
持ち物が多い故、鞄が大きい。
これ、改装段階に応じて差分ありそうだ。


21_6_23_minazuki
駆逐艦 水無月。
6月は水無月ですからね!!
迎えに来た感じ。
…いつもより美少年だな??


21_6_23_kako
…どちら様ですか??

重巡 加古。
そういやこの人髪長かったな…いや、変わりすぎだろw
でも、見えないけど足元はスニーカーな辺りが加古らしいかなぁ。

こちらも傘持っているので、お迎えですね…雰囲気的にはお迎えデートじゃん。

21_6_23_kako_drop
ドロップ時。
限定グラと科白のギャップが凄まじいw
各種ボイスも内容変わらんから、ギャップの凄まじさよ。。






F1第8戦シュタイアーマルクGP予選!!
タイトルスポンサー、BWTなのね。

晴れとるやんけ!!
雷雨とか雨とか何だったの!!

おっ、解説に次生さん。


舞い降りるレッドブルヘリ。


ボッタスはフリー走行2回目でピットレーン走行中にスピンした為、3グリッド降格ペナルティ。
マクラーレンのクルーに押してもらって無事に復帰しており、怪我人もマシンへのダメージもなし。


赤牛モニュメント。
お客さんがちょいちょい入ってる。


Q1
コース全長が短いからか、すぐにはコースインせず。
…あぁ、トラックエボリューション気にして様子見してるのか。

1分半経過してからラティフィがコースイン。
ハース勢も出ています。

ノリスが最初に1分4秒台を記録。
フェルスタッペンがトップタイム。

残り6分半、ここでラティフィが8番手!
凄いぞ!
ペレスはファーストアタックが9番手、セカンドアタックが11番手とイマイチ順位が上がってきません。

アルファロメオは誕生から111周年を迎えています。
そのお祝いに、マシンのエンジンカウルに111と記されていますね。
クアドリフォリオの代わりに書かれてるっぽいかな?

残り3分切って、ラストアタックへ。
皆4秒くらいずつ間隔開けようとスローダウンするから、8コーナー手前くらいからアタック待ちの列が凄い事にwww
これ、アタック間に合わない人出てきそうで怖いな。

無事、全車アタックに入れました。
まずタイムを上げてきたのはオコン!
11番手タイムです。
ここでラッセルが7番手に飛び込んできた!
チェッカー!
ジョヴィナッツィが9番手タイムを叩き出したぞ!
チームメイトのライコネンは17番手でノックアウト。
サインツJr.が6番手、アロンソは8番手、ストロールは6番手と目まぐるしく順位が変わります。
ルクレールがタイムを上げて5番手!
角田も4番手に食い込んできた!
ペレスは5番手タイムを出してきました!
リチャルドはタイムを上げるも14番手、ギリギリか。
ベッテルが13番手に入って、ラティフィがノックアウト!
リチャルドは15番手でギリギリ通過!


ラティフィの調子良いなとか思ってたけど、終わってみたらラッセルがQ2進出。
いやぁ、強い!

ミックのリプレイ。
1コーナーで挙動を乱してコースオフ、タイムロスです。


おっ、レゴマックス君おるやんwww
毎年必ず鈴鹿にも来てくれてたんだよね。
元気そうだな。


Q2
ボッタスが真っ先にピットレーン出口に向かい、信号が変わるとすぐにコースイン!
ミディアムタイヤでアタック。

少し後にコースインしたジョヴィナッツィもミディアムタイヤ履いてるね…感触確かめるやつなのか、タイヤ節約か?
レッドブル勢はフェルスタッペンがミディアム、ペレスがソフトとどうやらスタートタイヤを分けて来る模様。

ハミルトン、ファーストアタックは3コーナーでタイヤをロックさせて少し膨らんでしまいました。
その前にアタックしてたボッタスも3コーナーで少し曲がりにくそうにしてたので、メルセデス勢は少し苦戦気味か。
バクーやポール・リカールとかと同じように、フロントタイヤの暖めに苦戦しているのかも。
晴れてるから路面温度は高めだし、ウォームアップ時にマジックブレーキシステム使ってる筈だけど、それでも苦労しているんだろうか。


残り8分、ここでベッテルが4番手タイム!
ハミルトンが3番手タイムを出し、ストロールはベッテルを上回る4番手タイムを記録!
…っと、ガスリーがソフトタイヤでトップタイムだ!
セクター2は全体ベスト!
アロンソが7番手、角田が5番手とタイムを出して来ています!
ノリスが3番手タイム、ここでも非常に好調です!

残り5分半、ボッタスが新しいミディアムタイヤに履き替えてアタックし、3番手!
フェラーリ勢はサインツJr.10番手にルクレール11番手とノックアウトライン上で拮抗しています。
アストンマーティン勢やアロンソがここら辺に巻き込まれそうな…。

残り4分、ハミルトンも新しいミディアムタイヤでコースイン。
しかし、1コーナーとか4コーナーとかのビッグブレーキが必要な所で少し滑ってるような印象。
フロント…いや、リアかなぁ。
結果は5番手…通過はできるだろうけど、Q3に向けて何とかしたいやつだと思います。

ここでルクレールが8番手に上げてきた!
これでチームメイトのサインツJr.がノックアウトゾーンに押し出されています。
続いて、角田もタイムを更新、ルクレールを上回って7番手!
サインツJr.はタイムを上げられずに11番手のままノックアウト。
…おぉ、ここでラッセルが10番手に入った!!
サインツJr.が12番手に落ちるな…。
っと、ここでアロンソが6番手タイムを出し、ラッセルがノックアウトに。
数秒とは言え、この局面でトップ10に食い込むのは凄いなぁ…。
ストロールは10番手のままチェッカーを受けています。
チームメイトのベッテルはタイムを伸ばせず、13番手でノックアウト。
今週末はストロールが元気良さげ。
ここでノリスがトップタイム!
ソフトタイヤで記録しています!
リチャルドは14番手でノックアウト。
最後にペレスがソフトタイヤでトップタイムを更新!

サインツJr.とストロールはトラックリミット違反で最速タイム取り消しになったらしい。
ストロールは通ったけど、サインツJr.にしてみれば痛かったか。


ラッセルは惜しかった!
戦闘力が上がってきているとは言え、今のウィリアムズのマシンでここまで来るとは。
11番手は今年のポルトガルGPに並ぶ予算最高位タイだったりします。
…好位置からのスタートでも中々ポイントに結びつけられませんな。。

ストロールのリプレイ。
コーナリング時に何かパーツを飛ばしています。
…ディフューザー辺りのかなぁ?

アロンソの無線。
「ビューティフル!楽しいラップだった!」
シーズン開始時はオコンに3連続で予選順位負けたりしていたけど、ここ数戦はマシンに慣れてきたのか良い結果を出してきています。

観客席のフェルスタッペン応援団。
地元とか近場の人なのか、オランダの人なのか。


Q3
ハミルトンが真っ先にピットレーン出口に向かい、すぐにコースイン!
フロントタイヤの熱入れが課題だからでしょうね…ボッタスは待機してんな?
ハミルトンのファーストアタックはバンカータイムだろうか。

ガスリーがアタック中!
うーん、最終コーナーで少し膨らんでしまうミスもあり、2番手タイム。
ここでフェルスタッペンがトップに!
1分3秒台に入ってきました!
ペレスが3番手、ノリスがそれを上回って3番手、ボッタスは4番手とノリスが好調さをキープ。

ハミルトンはコース上に留まって、セカンドアタックしてるようですね…。
セクター3で全体ベストを出して2番手!
1周のクールラップ入れてからアタックした方が良いタイム出る時もあるよね…。
残りは4分くらい。

残り3分半の所でストロールが8番手タイムを叩き出した!

残り2分半、ラストアタックへ!

ボッタスのリプレイ。
アタック中の無線。
コーナー手前に角田がいてブレーキングが僅かに遅れています。
予選後審議に。

…皆一斉に出ていったから、8コーナー手前ですっげぇ固まってる。
ハミルトン、もうちょい後ろにいた気がするけど、かなり前でアタックし始めてるな…。
7人抜いてアタックに入ったのか。

フェルスタッペンが最後にアタックへ。
残り10秒くらいでアタックに入っていますね。
チェッカー!

ハミルトンはセクター1、セクター2と自己ベスト更新ならず。
タイヤが暖まってない可能性が…チェッカーに間に合わないと急かせれたのか、アウトラップのペースが速かったみたいだし。
…あっと、8コーナーと9コーナーの間で挙動を乱して飛び出した!
ハミルトンはアタック失敗だ…。
角田が8番手!
ルクレールは7番手だ。
ボッタスが2番手に入ってきた!
ガスリーは4番手!
アロンソは9番手。
ノリスが4番手だ!
ペレスは5番手、ノリスの前には出られず。


フェルスタッペン、ポールポジション獲得!
凄い速かったな…。

ピットに戻ってきたフェルスタッペン。
ヘルメットは特別仕様かな?
イエローの面積増えてるな…登頂部のライオンもイエローになってる。
…と思ったら、チームメイトのペレスも特別仕様らしかった。
どちらも黄色が目立ってます。

ハミルトンは納得してない感じの雰囲気。
マシンを降りてすぐにリアに回り込み、タイヤを確認してる。
問題はリアタイヤか?
コーナー立ち上がりの加速自体は悪くなさそうだったが、コーナーでの挙動はリアが滑ってるように見えた。


インタビュワーはジョニー・ハーバート!

ボッタスは「トラフィックでコンマ何秒か失いました。」とコメント。
あんまり良い感触じゃなかったのかなぁ、表情が冴えないような…。

フェルスタッペン「最後の数コーナーでトラフィックあったんですけど、良いアタックでした。」
ハーバート「楽なレースになりそう?」
「楽にはなりませんよ!」
ファーストアタックもセカンドアタックも素晴らしいラップだったようなので、自信に満ちてるような、そんな表情。

ハミルトンは「オーバーテイクのペースはないです。」とコメント。
やっぱ納得してないのか、割と手短なインタビューでした。
お客さんにはしっかり手を振っています。
…しかし、何だかんだでフロントローなんだよなぁ。


ポールポジションはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはランド・ノリス/マクラーレン
5番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からは角田裕毅/アルファタウリ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはランス・ストロール/アストンマーティン

11番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
15番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
18番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース


角田に3グリッド降格ペナルティ。
Q3でボッタスのアタックを妨害した為。


スターティンググリッド。
ポールポジションはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはランド・ノリス/マクラーレン
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
10番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

11番手からは角田裕毅/アルファタウリ
12番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
15番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
18番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
19番手からはミック・シューマッハ/ハース
20番手からはニキータ・マゼピン/ハース

| | コメント (1)

2021年6月24日 (木)

聖域再訪

ちょっと楽しみにしてたゲームが遂に遊べるように!!

21_6_24_lom
聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ!!

中学校の時に友人に紹介されてハマったやつなんですよね。
プレステのゲームで数少ない、ハマったゲーム2つのうちの1つでした。
もう一つはサルゲッチュね。

BGMとかすげぇ懐かしいなぁ…とか思いながら。
そして、見返してみると、主人公2種とか女性キャラなんかは中々凄いデザインだよな…。
つか、女主人公の衣装、重ね着してるからパッと見気付かないけど、良く良く見るとすげぇよな。






お船の春イベ。

最終海域の第5海域、その第3段階目の攻略を進めています。
ラスボスにまで到達、交戦を繰り返して最終形態になったであろう所で装甲破砕ギミックをこなしました。

いよいよ、ラスボスの最終編成と相まみえます。
道中で多少の損害を受けつつも、ボスに辿り着きました。


21_spring_e5_3_14_keizyunshinseiki_kai
ラスボス最終形態、大型軽巡洋艦 軽巡新棲姫-壊。

艤装にヒビが入っているのは、装甲破砕したからだと思われます。

随伴に第3海域のボス、任務遂行沈没巡洋艦 ルンガ沖重巡棲姫-壊が加わります。
また、第2艦隊に駆逐ナ級後期型Ⅱeliteが2隻登場し、先制雷撃を撃ってきます。

難易度甲だと、前哨戦で第1艦隊に重巡ネ級改が2隻いるし、第2艦隊は軽巡ツ級flagshipに先制雷撃してくる駆逐ナ級後期型Ⅱflagship、ナ級flagship2隻入りという駆逐艦で戦うには中々厳しそうな編成。
最終形態では第1艦隊にルンガ沖の他、ネ級改が3隻と更に駆逐艦が相手するには厳しくなっていますね…第2艦隊もナ級後期型Ⅱflagshipが3隻に増えて先制雷撃が3本か…。


21_spring_e5_3_15
夜戦でボスを撃沈!
ここで倒し切ると思っていなかったので、少しタイミングがズレました…。

取り敢えず、何とかなりましたね…乙でも割と行けちゃいましたよ。


21_spring_e5_3_16_zerosen32gata_tainanku
突破報酬、局地戦闘機 零戦32型(台南空)★+2。

第4海域目の突破報酬だった零戦21型と同じく、こちらもソロモン諸島の戦いに投入された、台南空所属の機体。
21型よりも性能良いけど、航続距離はちょっと短い。

他の台南空零戦と同じく、改修値付き。
第4海域目の難易度甲の突破報酬でこれのもうちょっと改修値ついたのが零戦21型と共に貰えたんだよね…。


21_spring_e5_3_17_so3c_seamew_kai
突破報酬、SO3C Seamew改。

2つ目ですね。


21_spring_e5_3_18_honolulu
突破報酬、Brooklyn級軽巡7番艦 Honolulu。
ホノルルだし、ハワイ育ちなので挨拶がハワイ語。
ホノルルの真珠湾を拠点としていたので、真珠湾攻撃を受けています。
今回のモチーフであるルンガ沖夜戦にも参加し、その後クラ湾夜戦、コロンバンガラ島沖海戦と一連のソロモン諸島での戦いに身を投じました。
尚、コロンバンガラ島での戦いで艦首に魚雷が命中し、大きな損傷を受けています。
何とか修理をする事ができ、戦後まで生き残りました。

風船ガム膨らませてますね…。


21_spring_e5_3_1921_spring_result2
21_spring_gekitotu_lungga_oki_yasen4
これにて、ルンガ沖夜戦完了!!

最後は難易度乙でしたが…初めて最終海域を乙で終わらせたな。
いつも丙だったからね。


21_spring_e5_3_20_kouryaku
攻略編成。
軽巡1、駆逐6の遊撃隊編成です。
軽巡はボスの夜戦で夜偵を発動させたいので、水上戦闘機の乗る多摩を採用。
3スロしかないので、残りは遊撃隊司令部にしてみました。
道中で大破艦出そうだったし、実際割と出たから単艦退避させられて良かったですね。
実はラスト編成用に軽巡枠として矢矧改二乙を用意していたんだけど、結局出番なかったですね。。
4スロあるし、補強増設に副砲積めば、砲を1つ積めば夜戦連撃できるから、3スロ自由に使えるんだよね。
んで、水上戦闘機も載せられて夜偵も積めるし、先制雷撃もできるし、司令部載せる事もできるという…出番なかったけど。

駆逐艦は役割分担しています。
ボス戦の主力となる特効艦、白露・江風・長波はカットイン仕様にして警戒陣補正の乗る後方に配置。
フレッチャーもカットイン仕様ですが、特効艦の中では少し低い、白露くらいの特効倍率だし、運が高めだけど見張員持ってなくてカットイン発動率が不安だったので、中間に位置。
アメリカ駆逐砲持たせて対空高めました。
浦風はフレッチャーと同じ特効倍率ですが、対空カットイン艦が欲しかったので、対空艦の役割に。
主砲×2なので、夜戦で連撃できます。
タシュケントは特効なしですが、4スロを活かして夜戦装備持たせています。
余ったスロットは秋月砲で埋めて対空能力を向上させています。

最終編成では夜戦の時点でカットイン艦がフレッチャー以外全滅してたし、フレッチャーも中破して火力下がっているという中々に厳しい状況でしたが、その前に何とかなりましたね。
友軍が大和率いる強力な艦隊だったのも助かりました。


21_spring_e5_3_21_shien
支援艦隊編成。
道中支援はラストのみ入れました。それまで使っていた警戒陣だと支援艦隊の火力が下がるので、単縦陣で突破。
結果、損害を被ったかもしれない…。

ボス支援は勿論、ラスト入れました。前哨戦では入れたり入れなかったり…入れなかった事の方が多いかも。


21_spring_e5_3_22_kitikoukuu
基地航空隊編成。
出撃可能な1部隊をボスに出しています。
駆逐ナ級もワンパンできる爆装隼65戦隊を送り込む為に二式大艇で足を伸ばしました。
残りの枠は素でナ級も倒せる陸上攻撃機、銀河で埋めています。


…っつー訳で、イベント海域クリアです!!
イベント終了が火曜日だった訳ですが、偶然休みだった前週の木曜日にクリアしていました。
まぁ、そんな訳で、即日新規実装艦の掘りに移行したよね。


21_spring_e5_3_23_keizyunshinseiki_kai
軽巡新棲姫の通常時装甲破砕バージョン。
今回のボスはクリアすると自動的に装甲破砕するようになっています…が、ラスボスに関してはギミッククリアしたのでアレですがね。
ラスボスへは新規実装艦を掘りに行ったので、記念に撮っておきました。


21_spring_e5_3_24_dai4goukaiboukan
第4海域第3段階目でドロップ、丁型海防艦(第二号型海防艦)2番艦 第四号海防艦。
海防艦の中でも小型な艦型。
その為、装備スロットは改装前で1個、改装後で2個。
海防艦は主に対潜で活躍する艦種だが、対潜装備3点セットのうち2セットしか装備できず、対潜火力が他の海防艦より落ちるという辛い部分も。


後、レアなのは三隈とかが掘れたなぁ。


21_spring_e5_3_25_souya
第4海域第3段階目でドロップ、耐氷型雑用運送艦…特務艦 宗谷!
今回のイベントで新規実装された艦です!
宗谷と言えば、初代南極観測船。
勿論、改装する事で南極観測船になる事もできます!
その前に灯台補給船になるんだけどね。

宗谷は改装レベルに達すると、3種類にコンバート可能という不思議な艦船です。
改装する度に特務艦→灯台補給船→南極観測船→特務艦とループします。
何だかんだで戦える明石や速吸、神威と言った補助艦艇と違い、主砲や副砲が積めず、ほぼ戦えないというマジもんの補助艦艇です。
装備も補助装備や上陸用舟艇が中心。
一応、ソナー積めるので、特務艦だと爆雷との2種シナジーが効いたり。後、特務艦は対地シナジーも可能だったり、機銃積めるので機銃と対空電探による対空カットインが出来たり。
灯台補給船だと宗谷の3形態の中で唯一大型探照灯を積めるので、夜戦のお供も可能。
南極観測船では大型ソナーや対潜ヘリが積めたりと対潜できそうな感じ。

後、太平洋戦争の激戦を潜り抜けて今も尚現存する「奇跡の船」なので、運がめちゃめちゃ高いという。
攻撃面への使い所がないのが惜しい。


21_spring_e4_4_10_nanpousenkanshinseiki_
続いて、第4海域第4段階目のボス、新型戦艦 南方戦艦新棲姫へ。
こちらもクリア後は自動的に装甲破砕されるのだが、その後会ってなかったので、記念に。
ここにも新実装の駆逐艦である夕雲型駆逐艦涼波がいるので、掘ります。


21_spring_e4_4_11_amagiri
ドロップ、綾波型駆逐艦 天霧。
2隻目である。
この人も全然ドロップしなかったんだよなぁ。。
あっさり2隻目が来たわ。


21_spring_e4_4_12_grafzeppelin
ドロップ、正規空母 Graf Zeppelin。
まさかの3隻目。
いや、最初の1隻は新実装されたイベントで迎えられていたんだけど、その後かなり時間が経ってから2隻もドロップするとは思わないじゃん。

他には長門とか大井とか蒼龍とか割とレアな艦がちょいちょい。
しかし、涼波が出てこないので、息抜きに第3海域の第3段階目ボス掘りへと切り替えます。
ここも新実装の夕雲型駆逐艦が掘れるのでね…。


21_spring_e3_3_15_makinami
…とか言って、1回目でドロップw
夕雲型駆逐艦5番艦 巻波。
割と大人しそうな見た目なのに科白は結構元気でした。

ソロモン諸島で発生したセント・ジョージ岬沖海戦で戦没しています。


…という事で、息抜き終了!
第4海域の掘りに戻ります!!www


21_spring_e4_4_13_amagiri
天霧さん3隻目来たwww


そんな訳で、戦艦4隻を編成した連合艦隊という事もあって、資材消費が重かったからそこまでヘビーに周回できず。
基地航空隊の疲労度も溜まるし、そこそこに周回していたけど、涼波は来ませんでした!

またの機会に。
まぁ、夕雲型駆逐艦ならイベントでぽろっと出てくるからな。




オマケ。
Mutsu_touch
陸奥改二にしてから初めて長門型特殊砲撃使ったので。
尚、長門改二の特殊砲撃はまだ使った事ない。


21_6_15_yahagi_kaini
軽巡 矢矧改二!!

21_6_15_yahagi_kaini_otu
矢矧改二乙!!
ラスボス戦に向けて急ぎ目で準備したけど、結局出番なく。
まぁ、超高性能艦だから出番は多いだろう。


21_6_15_noshiro_kaini
軽巡 能代改二!!

阿賀野型は短いスパンで2隻に改二改装が実装されました。
改装設計図もそうだけど、戦闘詳報も足りん。






続きからコメント返信!!

続きを読む "聖域再訪"

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

南国猛撃

んー、休み終わったなぁ。
早いね。
1か月くらい休みないかなぁ。


21_5_31_white_syouyu_ramen
5月末に食べた、白醤油ラーメン。
北海道にお店があるらしいよ。






お船の春イベ。

最終海域である第5海域、その第2段階目に入ります。
第1段階目はタフではあるものの、鬼姫級を相手にする訳ではありませんでしたが、ここからは鬼姫級が相手。
ここからが本番と言った感じでしょうか。


21_spring_e5_2_1
今度のスタートは新しく出現したブーゲンビル島北方沖から。
そのままソロモン諸島の北方を進み、サンタイサベル島とマライタ島の間から南下。
マライタ島のラフォキ付近を経由して、アイアンボトムサウンドの近く…ブエナビスタ島沖へ入ります。


21_spring_e5_2_2_senkansinseiki
ボスは新型戦艦 戦艦新棲姫。
2020年秋イベの前段作戦で登場したボスです。
前段作戦のトリを務めたボスですね。

今回、このボスへの装甲破砕ギミック等がない為、特効艦や友軍を使えるとは言え、真っ向勝負を挑まなければなりません。


21_spring_e5_2_3_helena
そんな中、セントルイス級軽巡 Helena。
昼戦ゴリラの2隻目である。

…春の花束モードですね。


21_spring_e5_2_4_senkansinseiki_kai
ボスの最終形態、新型戦艦 戦艦新棲姫-壊。
通常時と壊でグラフィックが丸ごと左右反転するという珍しいボスだったり。

難易度甲だとこの状態に入ってからがまた難関になるのでした。
編成含めてより強化されるからね。
開幕雷撃を仕掛けてくる駆逐ナ級後期型Ⅱeliteが2隻出てきたり、ダイソン1隻に加えて戦艦の徹甲弾補正が入らない重巡ネ級改が3隻いたりと…。


21_spring_e5_2_5
夜戦で風雲のカットインが決まり、突破。
この後、時雨のカットインで残っていたダイソンも倒して完全勝利しました。


21_spring_e5_2_6
最後となる第3段階目のルートが出現しましたが、途中まで。
実は第3段階目に入るまでに2段階のギミックがあり、第2段階目の攻略途中にそのうちの1つを解除していたのでした。
1つは3つ目のスタート追加ギミック、もう1つはボス出現ギミック。
スタート追加ギミックだけは第2段階目攻略中でも解除できたので、やっておいたのです。

なので、これからボス出現ギミックをこなして行くことになります。


21_spring_e5_2_7_kouryaku
攻略編成。
連合艦隊の水上打撃部隊です。
第一艦隊に戦艦4、対空カットイン要員でアトランタ、それから秋津洲。
第二艦隊は駆逐2、軽巡1、雷巡1、重巡1、日進。

第一艦隊は特効を持つ陸奥を旗艦にし、2番艦を長門にする事で長門型の特殊砲撃を使えるようにしています。
これをボス戦で使いました。
3連打攻撃なのですが、全てがボスに集中すると、それだけで撃沈する事ができたりしました。
残りの戦艦は特効を持つ大和、そしてこちらも若干特効があるワシントン。
秋津洲はルート制御+制空担当+泊地修理要員。
泊地修理のできる秋津洲か明石を艦隊に入れていると、泊地修理マスに行けて1戦減らす事ができます。
ボス前は戦闘か泊地修理の2択なので、泊地修理選ぶよね。
今までのイベントだと泊地修理後に強力なボス前座艦隊が待ち構えてる事が多くて、そこで大破撤退させられたりもあったので、あんまり修理の意味ねぇなぁみたいな感じだったけど、今回は修理したらすぐボスだから良かったね。
秋津洲にダメコン積んでるけど、寧ろ大破しやすいのはアトランタでした。
…まぁ、軽巡だからなぁ。。
編成例で重巡である摩耶を採用している事が多いけど、軽巡より多少はマシ程度だろうから、まぁ…。

第二艦隊は日進以外皆夜戦カットイン仕様です。
駆逐艦は補強増設に水雷戦隊見張員積んでカットイン率を上げています。
軽巡枠は雷巡や日進と並んで先制雷撃できる夕張を採用。
先制対潜できる数値にはならなかったけど、余ったスロットには対潜水艦用にソナーを装備。
後、空襲戦用の機銃な。
日進は弱い友軍を弾く為に編成。本隊にいる艦が編成されているパターンの友軍は来ないようになっているのでね。
折角なので、先制雷撃の他、夜戦3点セットを持って貰いました。


21_spring_e5_2_8_shien
支援艦隊編成。
最終編成時のみ、ボス支援を入れています。
…難易度乙だしね。


21_spring_e5_2_9_kitikoukuu
基地航空隊編成。
出撃可能な1部隊は勿論ボスへ。
編成内容は小型艦艇対策の65戦隊に足伸ばし+触接によるダメージ増加目的で陸上偵察機1、そして陸上攻撃機2。

さて、第3段階目の出現ギミックです。
まずはスタート出現ギミック。
上でも触れたように、第2段階目攻略中に息抜きで攻略していました。

21_spring_e5_3_1
途中まで第2段階目のボスに行くルートを通り、分岐点を北上して向かいます。
正規空母 空母棲姫改率いる空母機動部隊を相手に2回勝利すればギミック解除です。

…難易度乙でもキツかったですね。
特に、空母棲姫改が2隻いる編成は。。


21_spring_e5_3_2_kouryaku
ギミック解除編成1。
第2段階目のボスに向かう編成をベースに、少し変更を加えています。
第一艦隊の秋津洲を空母に変更。
1回目は艦攻を1スロ入れてたけど全滅したので、2回目は艦戦満載にしました。

第2艦隊は重巡を抜いて駆逐艦を入れ、駆逐艦3隻体制に。
駆逐艦は全員対空カットイン仕様に替えてあります。
それから、夜戦しなくて済みそうなので、日進の夜戦装備を水戦に変更。
雷巡と軽巡も魚雷カットイン構成から秋月砲の夜戦連撃構成に。
夜戦しなかったけど。


21_spring_e5_3_3_shien
ギミック解除支援艦隊編成。
目指す場所がボスではないので、勿論、道中支援です。
基地航空隊を入れる代わりに導入しました。
目的地、遠いし空母機動部隊だから基地航空隊の損耗激しそうだし。

難易度甲だと、それに加えて基地航空隊の制空権を2回取るのと、空襲戦で2回制空権取る事も求められていました。


続いて、ギミック2段階目。
今度はボス出現ギミックです。
ここからは第2段階目を攻略してからになりますが…指定箇所が多い多い。

21_spring_e5_3_4
まずは1つ目。
エンプレス・オーガスタ湾付近からスタートして、チョイスル島の南方沖へ。
ここの空襲戦で制空権を取ります。
先程のスタート出現ギミックでも指定されている場所だったり。


21_spring_e5_3_5_g1_kouryaku
ギミック解除編成2。
空母1と航戦2の3隻編成。
目的は空襲戦での制空権獲得なので、艦戦や水戦を積んでいます。
道中で潜水艦戦やるので、航巡には水上爆撃機積んでても良いかも。

難易度乙なので1回だけでしたが、難易度甲だと2回通う事に。
…スタート追加と合わせて4回通うのか。


21_spring_e5_3_6
続いて、ギミック2つ目。
新しくできたスタート…ショートランド泊地付近から出発して、ソロモン諸島の只中を進み、サンタイサベル島南方沖へ。
ここに何故か(?)深海日棲姫-壊の艦隊がいて、2回勝つ事を求められます。
先制雷撃してくる駆逐ナ級後期型Ⅱeliteもいるうえに、艦隊の後方に位置する艦の回避力が高まる警戒陣まで使ってきたりとちょっとめんどくさい所です。。


21_spring_e5_3_7
ギミックを解除したので、ボスが出現しました。

因みに、他にも基地航空隊の制空権を2回取る、スタート追加ギミックでも行った空母棲姫改艦隊に勝利1回、第2段階目ボスに勝利1回が解除ポイントでした。
ボスと空母棲姫改の所は第2段階目をクリアした時に真っ先に向かいました。
基地航空隊はそもそも2部隊が防空専用になっていたので、ギミック回っているうちにクリア。

因みに、難易度甲だと空母棲姫改のとこや第2段階目ボスのとこに2回通う事になります。
後、ギミック解除ポイント1つが追加されてる。
深海日棲姫-壊の艦隊の真上のポイント。
巡洋艦主体の連合艦隊のようです。


21_spring_e5_3_8_g2_kouryaku
ギミック解除編成3。
軽巡1、駆逐6の7隻遊撃隊編成です。
軽巡は先制雷撃と先制対潜できる装備にした阿武隈を起用。
道中は空襲戦や潜水艦戦があるので、そっちに寄ってみたら…深海日棲姫-壊の艦隊で割りと苦戦しましたね。
一応、後ろ2隻の駆逐艦は夜戦カットイン仕様にしていました。

そんな訳で、いよいよ第3段階目のボス…ラスボスへと向かいます。

21_spring_e5_3_9
新しくできたスタートからソロモン諸島を突っ切ってアイアンボトムサウンドの只中…ルンガ岬沖へ向かいます。
道中は空襲戦(ギミック解除でも行ったとこ)、潜水艦戦(べララベラ島とコロンバンガラ島の間)を経て水上艦戦(バングヌ島やガトカエ島沖)、夜戦(ラッセル諸島沖)と続くので中々厳しい道のり。


21_spring_e5_3_10_keizyunshinseiki
ラスボスは大型軽巡洋艦 軽巡新棲姫。
最近、新ってつく姫級ばっかだな。

モチーフはこの海域の突破報酬であり、ルンガ沖夜戦にも参加した軽巡ホノルルですかね。
だからか、ハワイ州の州花であるハイビスカスを身に着けていますね。
州花は正確にはマオ・ハウ・ヘレという黄色いハイビスカスらしいですが。
艤装はウナギかアナゴかウツボ辺りがモチーフでしょうか。
どれもハワイに縁があったり仲間が生息していたりしますが、アナゴだけはガーデンイール…チンアナゴみたいな感じの仲間がいるようなので、日本人が想像するアナゴ(マアナゴ)みたいなのとは少し違いそうです。

科白の「ダッセン」は東京急行を脱線させろ(急行列車をイメージしての言い回し)との命が下った第67任務部隊にホノルルが加わっていたからですね。


21_spring_e5_3_11_ariake
ドロップ、初春型 駆逐艦有明。
2隻目ですね。
相変わらず、ドロップは豪華なようで。


旗艦に司令部を積んで攻略を進めていたのもあって、道中での大破撤退はあまりなく、そこそこ順調に攻略を進められました。
2回くらいボスを倒し損ねたけど。
ゲージの残量から言って最終形態に入っていそうだったので、ここで装甲破砕ギミックを行う事にします。

これがまた長くて、難易度乙でも7か所、甲だと9か所巡るんですよね。
第3段階目に入る時のギミックと違って、それぞれ1回条件クリアすれば解除されるのがまだ良い所か。

1か所目はボス出現ギミックでも訪れた、第3スタート前の空襲戦。
続いて、第1段階目のボス、第2段階目のボス、スタート追加ギミックやボス出現ギミックで訪れた北の空母棲姫改の所。

21_spring_e5_3_12_g
続いてはここ。
ソロモン諸島の南方、ラッセル諸島とガダルカナル島の間。
軽空母を旗艦とする部隊なので、地味に厳しいです。


21_spring_e5_3_13_g_kouryaku
装甲破砕ギミック解除編成。
第1段階目の攻略編成をベースに、重巡2隻を駆逐2隻に変更すれば行けます。
7隻の遊撃部隊編成で行くのが望ましいですが、丁度遊撃部隊が組める第3艦隊を遠征に出してしまっていたので、6隻の通常艦隊で行きました。
この場合は幾つか編成パターンがあるようですが、航戦2、重巡2、駆逐2で編成。
駆逐は対空カットイン用に秋月、先制対潜用に松を起用。
重巡はいつもの重巡装備、航戦は主砲2をメインに2隻で装備を分けました。
扶桑は水戦と水偵で昼戦連撃仕様。
日向は艦戦を3スロ積んで昼戦連撃ができない代わりに制空のメイン担当としました。


難易度乙ではこれで装甲破砕ギミック解除完了。
難易度甲では更に別の空襲戦(チョイスル島とサンタイサベル島の間)での制空権争い、第2段階目のボス前(秋津洲や明石を編成しない事で行ける別ルート)で勝利する事が求められています。

さて、いよいよイベント海域もクライマックスです!






F1第7戦フランスGP決勝!!

曇りのフランス。

ハミルトンはソフトタイヤでレコノサンスラップへ。
無線で「このタイヤじゃダメなのか?」と疑問を呈しています。

サインツJr.、レコノサンスラップ中にタイヤをロックさせてフラットスポットを作る。
履いてるミディアムタイヤが使わないセットなら良いが…。

この前亡くなったマンスール・オジェの御家族がいらしてる。
そういや、リチャルドは「マンスール」と書かれた特別仕様のキャップをかぶって追悼していたようですね。

観客がトリコロール振りまくってる。
盛り上がってます!

ヘリから隊員が降りてきた!
トロフィ届けるやつやな。
…トロフィはちゃんとゴリラや。


フランス国歌、ラ・マルセイエーズ!!
女性歌手と吹奏楽隊。
そしてフライバイ!!
トリコロールカラースモーク!!
…ユーロファイターとかかな。


角田は予選Q1のクラッシュでフロアを交換したので、ピットレーンスタート。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
12番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
ピットレーンスタートは角田裕毅/アルファタウリ

ぼっ…ベッテル。


結構風が強いようだ。
今回のFIA車両はアストンマーティン。


シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、2コーナーで挙動を乱してランオフエリアを通過。
これでハミルトンがトップ!
ペレスは蹴り出しが鈍かったけど、4番手をキープしています。


2周目、フェルスタッペンと同じとこでノリスがコースオフ。
順位下げて、チームメイトの後ろ、10番手だ。

ライコネンが14番手に上げている…相変わらず、スタートが鬼のように強い。

ハミルトンの無線。
左リアのグリップがないとの事。
暫く抑えられたペースでのレースが続きます。


5周目、ハース勢の対決。
マゼピンがミックに並んでコーナーへ。
しかし、スペースがなかったので、ミックが接触を回避する為にコースオフ。
マゼピンが前に出ています。

ガスリーの無線。
「バランスが最悪だ!」
サインツJr.のペースが上がらないので、実際には付いていけています。
が、すぐ後ろにルクレールがいるので油断はできない。

トップ4に目を向けると、ペレスが少し離されています。
ペースが上がらないのか、意図的なのか…。

また、中段ではアロンソがフロントタイヤの劣化に苦戦し、ずるずると後退しています。
あっという間にポイント圏外にまで落ちてしまいました。

また、マクラーレン勢のペースが良く、2台揃ってルクレールの前、7番手8番手に進出しています。

15周目、ルクレールがピットイン!
このレースで最初のピットストップを行いました。
ハードタイヤを履いてコースへ、これでチェッカーまで行きます。
翌周には角田、ミックがピットイン。
更にその翌周に入ったリチャルドはガスリーをアンダーカットしようと入りましたが、コース上で抜いていたルクレールの後ろになってしまいました。
ルクレールにアンダーカットされた形です。
リチャルドのピットインに反応してその翌周にサインツJr.とガスリーがピットイン。
2台共ルクレールとリチャルドにアンダーカットされました。


20周目、トップのハミルトンがピットイン。
トップ3台では一番最後のピットインで、ボッタスに反応したフェルスタッペンに反応した形。
フェルスタッペンはボッタスの前でコースに復帰し、めちゃめちゃ飛ばしています!
ハミルトンがタイヤ交換を終えて発進した所でフェルスタッペンは最終コーナー立ち上がろうかという所。
さぁ、ハミルトンがピットロード出口からコースに合流します…フェルスタッペンが来た!!
1コーナーでフェルスタッペンが前に!
ボッタスのアンダーカットを防ぎ、ハミルトンをアンダーカットした形になりました!
フェルスタッペンがトップに返り咲きましたが、3台は接近しています…以降、フェルスタッペン対メルセデス勢の接近戦が続きます。
25周目くらいからはボッタスがハミルトンのDRS圏外になって、フェルスタッペンとハミルトンの一騎討ちという様相に。
ペレスは数周トップを走った後にピットイン。
ボッタスの18秒かそこら辺くらい後方でコースに復帰。
3台からはだいぶ離されてしまっています。

トップ3台は他を引き離していますが、それぞれがチェッカーまでタイヤ持たないと訴えています。


32周目、ここでトップのフェルスタッペンがピットイン!
中古のミディアムタイヤに替えてきた!!
メルセデス勢は…動かない!
ここで動くとレッドブル勢の後ろになっちゃうからね。


37周目、ガスリーが長い事バトルしていたサインツJr.をオーバーテイク!
8番手に浮上しました。
サインツJr.の後ろにはアロンソが迫ってきています。
翌周にはアロンソがサインツJr.をオーバーテイクして9番手!
フェラーリのレースペースが悪いのもあるけど、アロンソはハードタイヤでペースが復活したみたいだな。
5番手6番手はハードタイヤでスタートしたアストンマーティン勢だから、この後ピットインが控えているし、2つ順位上がるんだけど…その後追い上げられるからな。


40周目、ハミルトンに無線トラブルか。
数周前からフェルスタッペンも無線トラブル起きてるんだよね。
システム的なトラブルか?
ハミルトンのエンジニア、ボノがヘッドセットを替えています。
ボッタスの方は大丈夫そうだ。


44周目、フェルスタッペンがボッタスに並んだ!
ミストラルストレート後半でホイール・トゥ・ホイールのバトル…フェルスタッペンが前に出た、2番手!
トップのハミルトンとのギャップは約5秒、このタイミングでハミルトンが自己ベストを出してトップを守る態勢に入っています!

そして、ボッタスの後ろにはペースを上げてきたペレスが近付いてきていました。
ボッタス、無線でフラストレーションを露に…。
タイヤが苦しいようで、もっと早く2回目のピットストップしたかったようです。


47周目、ボッタス無線。
「タイヤ終わった。」
この無線が流れた直後の1コーナーでタイヤをロックさせています。
ボッタスとペレスの差は0.8秒程。
ストレートが伸びるペレスはDRSの射程圏内にいるので、非常に大きなチャンスになっているかと。
一方のハミルトンとフェルスタッペンはギャップが4.9秒とほぼ変わっていません。
タイム的にも拮抗しており、残り周回数から言って、ハミルトンに軍配が上がりそうな感じがあります。


49周目、ハミルトン無線。
フェルスタッペンとのギャップに対して「任せろ。」

ペレスがミストラルストレートでボッタスを捉えて3番手に浮上!
表彰台圏内に上がってきました!!
そして、フェルスタッペンとハミルトンのトップ争いは後4周という所で1.5秒差にまで詰まってきています!
ハミルトンはタイヤが厳しくなってきたのか、少しコースオフした為一気に2秒程ギャップが縮まる場面がありました。


52周目、ペレスとボッタスに審議。
ペレスがコース外追い抜きをしたと判定されたようです。

…と言う間に、フェルスタッペンがミストラルストレートでハミルトンを捉えた!!
トップを奪取!!
そしてフェルスタッペンはファステストも記録しています…このままチェッカーを受けたら、バクーの分を丸々取り戻すんですね。
ハミルトンもそうなんだけど。


53周目、ファイナルラップ!!
トトは何を思うか…冷静な感じではあるな。
後方では角田がラッセルに追い回されていましたが、オーバーテイクを許した模様。

フェルスタッペン、紆余曲折あったけどポール・トゥ・ウィン!!
2位のハミルトン共々バクーでの忘れ物を取り戻しました!!
3位は取り敢えずペレスでボッタスが4位!
マクラーレン勢、アストンマーティン勢がダブル入賞しています!
母国のガスリーも入賞、アロンソが8位で母国GPのチームにポイントをプレゼント!

フェルスタッペン無線。
ピー。
今回のストラテジーはスペインでハミルトンにやられた事そのものでしたね。
ハミルトンは2番手走行中で、フェルスタッペンはトップ走行中っていう違いはあるけど。
ハミルトンはレッドブルのもう1台を相手にしなくて良かったけど、フェルスタッペンはメルセデスの2台を相手にやったから、大変だっただろうなぁ。

フェルスタッペンはファステストラップポイントも獲得!!
26ポイントを加算しました…完全にバクーで手に入れる筈だったポイントを取り戻してるね。

ペレスとボッタスの審議はお咎めなしなので、2人の順位も確定しました!


ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン!
スタートでのミスを挽回し、リスクを負った作戦を成功させての勝利でしたからね!


フェルスタッペンとペレスがお互いの健闘を称えている!
ホンダの3連勝は1991年にマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナが記録して以来30年振りだとか。
因みに、その時の連勝記録は4。
レッドブルとしても、PU時代に3連勝したのは初めてだとか!
最後にレッドブルが連勝したのは、セバスチャン・ベッテルが9連勝した2013年に遡るようです。


ハミルトン、観客にご挨拶!
本人はあっさりしているので、ダメージリミテーションと捉えているのでしょう。
流れが向いてきた時に波に乗る準備はできていそうですね。


インタビュワーはブランドルおじさん。
フェルスタッペン、笑顔がこぼれる。
スタートの1コーナーの所が気になってるやつ。

ハミルトン。
「金曜日大変だったから、2位で満足です。」
レッドブルはバクーに続き、フランスでもストレートが速かったので、ストレートが課題と言っています。
アンダーカットが失敗した場面を指して、何故優勝できなかったのか分からない、と言ってます。
レッドブル陣営にやり返された場面では「ステイアウトするしか選択肢がなかった。」とスペインでレッドブル陣営が言っていたのと同じ事を言っていました。

ペレス。
序盤の遅いペースは風の影響だったとの事。
風、強かったもんなぁ。
しかし、ペレスのタイヤマネージメントが光る3位だったなぁ。


フェルスタッペンへのドライバー・オブ・ザ・デイインタビューだ。
ベッテルと違って真面目な受け答えでしたwww


表彰台!!
横にいるトリコロールカラーゴリラの存在感…www
そして、待機しているトロフィゴリラの群れの存在感www

オランダ国歌!!
フランス国歌時と同じく吹奏楽生演奏なのね!
そしてオーストリア国歌!

フェルスタッペンに白ゴリラ進呈。
チーム側登壇者はフェルスタッペンのエンジニア、ジャン=ピエール・ランビエーズ。
因みに、コンストラクターズトロフィはトリコロールゴリラである。
ハミルトンに青ゴリラ進呈。
ペレスに赤ゴリラ進呈。

…会場にクマのモニュメントあったから、ゴリラに取って変わったのかと思ったら、全然そんな事なかったよね。
むしろゴリラの方が目立ってるし。

ファイト!!
皆普通にファイトする人しかいないな。
レッドブル組でやりあってるwww


サーキットの隣にある滑走路に何か輸送機降りてきたwww


最終回EDが続いてるwww
そして最後は輸送機のターンが続いたwww


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はセルジオ・ペレス/レッドブル
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はランド・ノリス/マクラーレン
6位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
7位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
8位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10位はランス・ストロール/アストンマーティン

ここまでがポイント獲得。

11位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
12位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
13位は角田裕毅/アルファタウリ
14位はエステバン・オコン/アルピーヌ
15位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
16位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
17位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
18位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
19位はミック・シューマッハ/ハース
20位はニキータ・マゼピン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(131Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(119Pt)
3位:ペレス/レッドブル(84Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(76Pt)
5位:ボッタス/メルセデスAMG(59Pt)
6位:ルクレール/フェラーリ(52Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(42Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(37Pt)
9位:リチャルド/マクラーレン(34Pt)
10位:ベッテル/アストンマーティン(30Pt)
11位:アロンソ/アルピーヌ(17Pt)
12位:オコン/アルピーヌ(12Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(10Pt)
14位:角田/アルファタウリ(8Pt)
15位:ライコネン/アルファロメオ(1Pt)
16位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
17位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
18位:ミック/ハース(0Pt)
19位:マゼピン/ハース(0Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(215Pt)
2位:メルセデスAMG(178Pt)
3位:マクラーレン(110Pt)
4位:フェラーリ(94Pt)
5位:アルファタウリ(45Pt)
6位:アストンマーティン(40Pt)
7位:アルピーヌ(29Pt)
8位:アルファロメオ(2Pt)
9位:ウィリアムズ(0Pt)
10位:ハース(0Pt)

| | コメント (1)

2021年6月20日 (日)

ミストラル

そう言えば、カントー地方は梅雨入りしてましたね…もうそんな季節か。
梅雨はねぇ、涼しければ良いけど、大概気温も高めで蒸し暑いからキツいんだよねぇ。

そして、夏コミがないから、必死こいて暑さに体を慣らさなくて良くなっちゃってるのが地味に問題だったり。
いや、例年でも慣らし始めるの7月後半とかからだけど。
意識的に汗かかせて適応させるの。






お船の春イベ。
いよいよイベント終了が近付いてきました。
火曜日の午前中まで…という事で。。

さぁ、いよいよ今イベントの最終海域、第5海域です。
この海域も3段階に分かれています…全て水上艦隊と戦い、打ち勝つ必要があります。

この海域は第二次ルンガ沖夜戦…という事で、if作戦です。
史実ではルンガ沖夜戦の後、追撃戦みたいなのはなかったのでね。


さて、まずは第1段階目です。
アイアンボトムサウンドに再突入をかける訳だけど、その前に前哨戦です。

21_spring_e5_1_1
今までのニューブリテン島から更に前線に進出して、ブーゲンビル島からの出撃です。
エンプレス・オーガスタ湾沖がスタートでしょうか。
基地航空隊は基地が置かれていたブインですかね。

ソロモン諸島の南方沖を通り、ガダルカナル島東部へ。
マラパ島付近ですかねぇ…ガダルカナル島のあの付近に滑走路のあるコミュニンバインバイって地区があったので、そこかも。

ボスは初登場となる輸送ワ級Ⅱ率いる輸送連合艦隊です。
ワ級ⅡはHPが鬼姫級もある、タフな深海棲艦。
その他の能力は一回り強くなった程度ですが、命中率と対空能力の高い装備を持っており、制空権を握っている時は連撃も行ってくるようになりました。
また、装備の関係で対空カットインも行うようで、航空機の損耗が激しくなる傾向にあります。

連合艦隊を組んでいるもののそこまで硬くて強い相手はいません。
しかし、道中が長い為、割と損害を受けやすいです。
そして、最終編成では軽空母の護衛が付くのが中々厄介です。


21_spring_e5_1_2
…という事で、夜戦で仕留めました。
道中にツ級eliteが出たり、潜水艦戦や空襲戦があったりするので、そこそこ大破撤退が発生してました。


21_spring_e5_1_3
第2段階目のボスが出現。
ルート開放ギミックはないようです。


21_spring_e5_1_4_kouryaku
攻略編成。
7隻の遊撃隊編成です。
重巡5隻、航戦2隻。
重巡は基本的にいつもの重巡装備を持たせていますが、旗艦の重巡には遊撃隊司令部を装備。
ザラだけ夜偵と水偵の2つ持ちになっています。
航戦は主砲2つに水上爆撃機を基本に、日向には艦戦を、扶桑には水戦を持たせて制空用としています。
道中含め、防空軽巡や空襲戦で水上爆撃機の損耗が激しく、ボスに着く頃には全滅してるんだけど、これがないと1戦目で対潜する人がいないので持たせました。

この作戦、駆逐艦7隻でもボスに行けるらしいけれど、警戒陣が使えるとは言え道中もボスも割と厳しそうだったので、重巡主体の艦隊にしました。
第3段階目は駆逐艦が主体なので、ここで温存艦使っても大丈夫だよな、と思って。


21_spring_e5_1_5_kitikoukuu
基地航空隊編成。
この海域では出撃できるのが1部隊のみなので、2部隊は防空に回しています。
おかげで基地空襲を確定で防げるので、資源が燃やされたり、地上撃破による機体数減がなかったりとメリットになる部分も。
難易度乙なのもあってか、防空隊の損害も少なかったしね。
…3部隊とは別に防空隊枠として1部隊分、恒常的に使えれば良いのに、と思いつつ。

出撃させられる1部隊はボスに向けています。
基地から遠いので、陸上攻撃機3に大型飛行艇1を加えて延伸しています。
基本的に航続距離の長い陸上攻撃機でも、戦闘行動半径10は1機種しか到達できないもんでなぁ。
…見事に飛行艇だけ熟練度下がっちゃってますが。。







F1第7戦フランスGP予選!!

カナダGPが延期になり、代替のトルコGPも延期になって1週間早まったフランスGP。
2年振りである。
そして、3連戦の初戦です。

ルクレールはヘルメットを特別仕様にしています。
カート時代に使っていた、スパイダーマンにインスパイアされた網目模様のデザイン。
イエローがベースで、網目にはオレンジの陰入り。
登頂部はブルーだ。
カート時代はフランスGPの舞台となるポール・リカールの近くにあるサーキットに通っていたようで、ほぼ母国みたいなものである。
まぁ、モナコ人だからね。

そして、母国となるガスリーもヘルメットを特別仕様にして臨みます。
母国の国旗、普段赤い部分かな、ここがトリコロールの配色に。
アルファタウリのネイビーとも親和性良いなぁ。

そして、ここ最近上り調子のアルピーヌは母国GPである。
勿論、アルピーヌから出走するオコンも。


ハミルトン、シート交換しているようですね。

…フランス、もやもやしてるね。
雨が降りそうな曇りだ。
でも、お客さん入ってるから良いね!

Q1
ジョヴィナッツィ、ライコネンのアルファロメオ勢を先頭に、ハース勢、アルファタウリ勢が真っ先にコースイン。

14分半、早速黄旗。
角田がストップしている。
うーん、クラッシュしたようだ。

赤旗。
2コーナーでスピンし、右リアからバリアに接触。
ランオフエリアを滑ってる時、リアが凄い左右に揺れてた。
ランオフエリアのグリップが高く、少し凹凸がついてるからのようだ。

ギアが入らないようで、発進できないようだ。
マシンを降ります。
イモラ含めてQ1の一発目でクラッシュしたのは2度目。
ルーキーとは言え、中々苦しい感じになってきてるな…。

再開。
11台くらいが再開1分前から並んでたかな?

ルクレールは最終セクターのトラフィックの影響を受けたか、一通りアタックを終えた時点で16番手。
珍しくフェラーリのチーム代表、マッティア・ビノットが映る。
ルクレールは2度目のアタックを行い、11番手に。
タイヤが持つのか、ノリスやハミルトンがセカンドアタックを行っていました。
ノリスは5番手、ハミルトンは2番手に上がっています。

残りは4分。
1回目のアタックでトラックリミットを取られてタイム抹消されたストロールがコースインしています。
このタイミングでラストアタックを行う勢が続々とコースイン。
ストロールはアタックを一度中止して、クリーンなアタックを狙う。

残り35秒、黄旗!
あっと…ミックがクラッシュ!
赤旗!
Q1終了だ…ストロール、タイムを出せませんでした。
アストンマーティンのチーム代表、オットマー・サフナウアーが思わず頭を抱えてしまっています。

ミックは14番手なので、Q2進出が決定しました。
ラッセルは15番手とギリギリの所でしたが、これで通過が決定。
そのラッセルの無線。
ピーピーー。

ストロールの無線。
ピーが出ないのは育ちの良さからか…?

ミックはコーナリング中にリアの制御を失ってスピン。
そのまま左リアからウォールに当たってしまいました。
ウォールに当たった時に弾かれて左フロントも接触させて壊しているので、ミックはQ2で走る事はできません。


Q2
ガスリー、ノリスが待機していました。
その後ろからフェラーリ勢。
メルセデス勢、フェルスタッペンもコースイン。
後から出てきたペレス含めて皆ミディアムタイヤだ。
まだアルピーヌ勢が出てきていないけど、ラッセル以外はミディアムタイヤかな。

ノリスはトラックリミット違反でタイム抹消。
やっぱりアルピーヌ勢もミディアムだったか。

ノリス、タイムを出し直して7番手。
ここでハミルトンがトップタイム!
ペレス、フェルスタッペン、サインツJr.、ボッタス、ガスリーと続く。

アロンソはミディアムタイヤを3セット持っているので、Q2で2セット、Q3で1セット使う気らしい。

残りは4分。
ジョヴィナッツィがソフトタイヤでコースイン。

ほう、上位勢も出るのか。
ハミルトンは2アタックしてるから、よりマイレージの少ないタイヤにしようというのは分かるけど。
9番手のリチャルドはソフトタイヤでしたか。
ノリスはアタックせずにガレージに呼び戻されました。
何かあったようだ。

ラッセルは13番手。
ベッテルは12番手でノックアウト。
ルクレールはタイムを上げて9番手。
ジョヴィナッツィは13番手でした。
ボッタスがトップタイム!
オコンはタイムを上げるも順位変わらず11番手でノックアウト。
アロンソはタイムを上げるが、順位は変わらず8番手。

リチャルドは結果を受けてアタックを中止。
レッドブル勢もアタックを止めています。

母国のオコンがここでノックアウトに。
アロンソがQ3進出しています。
ルクレール、リチャルドは何とかQ3進出。
フェルスタッペン、セカンドアタックのセクター2がめちゃめちゃ早かったらしい。
バックストレート…ミストラルストレートだね。
レッドブルはストレートが早いらしい。

ポール・リカールのモニュメント、前はゴリラだったけど、今年は熊なのね。


Q3
ガスリー、フェラーリ勢、マクラーレン勢が早々と並んでいます。
ノリスは無事にコースインしているな…Q2のBOX指示はなんだったんだ?
リチャルドはミディアムタイヤをでコースイン。
アロンソもミディアムタイヤを使ってきたな。

フェルスタッペン、セクター1ファステスト!
ハミルトンがセクター1ファステスト!
フェルスタッペンはセクター2でファステスト!
ガスリーはトラックリミット違反でタイム抹消。

1回目のアタックを終えてフェルスタッペン、ハミルトン、ペレス、ボッタス、サインツJr.、ノリス、アロンソ、ルクレール、リチャルド、ガスリーの順。
ガスリーはラストアタックにかける事に。

フェルスタッペンの無線。
「フロントウイング見て。」
ウイングをどっかに当てた感触があったのだろう。
クルーが見てない所を見ると、大丈夫そうだ。

残りは4分。
ラストアタックの時間です。
殿はフェルスタッペン、ペレス、ボッタス、ハミルトンの順かな。

ハミルトンの無線。
フェルスタッペンのアウトラップのペースを訊いています。
メルセデス勢は割とアウトラップ遅い印象だけど…レッドブル勢に追い付いてきちゃったな。

フェルスタッペン、セクター1ファステスト!
チェッカー!

ガスリーが4番手に飛び込んできた!
ハミルトンがセクター1でファステストを塗り替える!
フェルスタッペンはセクター2でファステストだ!
ルクレールが5番手。
アロンソは8番手。
おぉ、サインツJr.が3番手に飛び込んできた!
ノリスは8番手、リチャルドは10番手とマクラーレン勢はやや苦しい展開。
フェルスタッペン、タイムを更新!
1分29秒990!
…おぉ、30秒を切ってきた!!
ペレスは2番手タイム!
ボッタスがそれを上回って2番手だ!
ハミルトンがボッタスを上回って2番手タイム!
29秒台には入らなかった!

ハミルトン無線。
「結構良いラップなんだけど、コンマ2秒負けてるんだね。」

観客の歓声、良いね!

フェラーリもはえぇな…ガスリーがフェラーリ勢に割って入ってる辺り、アルファタウリとしても良い感じのようだ。


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
フェルスタッペンは今シーズン2度目のポールポジション獲得。
「明日、決着つけます。バクーの25ポイントを取り戻さないといけないですからね。」

ボッタス。
ペースが戻ってきたからか、笑顔も見える。
一番ホッとしてるのは確かだろう。
感触的には2番手も行けたと感じている辺り、良いフィーリングだったのだろう。

ハミルトン。
バクーと同じように、予選までマシンをアジャストできてなかったようだが、その状況下で巻き返して2番手を獲得。
流石としか言いようがない。
表情もかなり良さそうだ。

フェルスタッペンのポールラップ。
ステアの修正がない、スムーズなラップだった!
速さを感じないのに、唯一の29秒台だもんなぁ。

スピードトラップではフェルスタッペンが最速、ペレスが2番手とレッドブル勢のストレートスピードがめちゃめちゃ速かった。


メルセデスガレージも喜んでたのは、週末凄い苦労してたからだろう。
それで2番手3番手ロックするんだからそりゃ嬉しいよな。


ポールポジションからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
7番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン

11番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
12番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
13番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
14番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15番手からはミック・シューマッハ/ハース

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からは角田裕毅/アルファタウリ

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

深部へ

忙しくなくなったと思ったら依然として忙しかった…。
やる事が…やる事が多い。。
ちょっと…いや、だいぶ疲れるね。これは。






お船の春イベ。

後段作戦の最初、第4海域を攻略中です。
4段階ある作戦のうち、3段階目に突入しますが、ここからは水上艦隊との戦いが続いていきます。

21_spring_e4_3_10
今回はソロモン諸島の北方へ。
ボス前でサンタイサベル島のパパトゥーラ島付近まで下りてきますが、また北上してボスへ。


21_spring_e4_3_11_sinkaikuragehime
ボスは正規空母 深海海月姫。
連合艦隊の空母機動部隊を率いています。


21_spring_e4_3_12
夜戦までもつれこみましたが、突破です。
前哨戦では昼に決着つく時もあったんですがね…。


21_spring_e4_3_13
第4段階目のボスが出現しました。
難易度甲でのみ、第1段階目のボス…リコリス棲姫を再び倒す事でギミックが解除され、ボスが出現します。
ギミック解除に第1段階目のボスが指定されているっつーのがまた厄介なのでした。


21_spring_e4_3_14_kouryaku
攻略編成。
連合艦隊の空母機動部隊です。
第一艦隊は空母3、重巡1、航巡2。
第二艦隊は軽巡1、雷巡1、重巡1、駆逐3。

第1の空母はうち2隻が中破でも動ける装甲空母。どちらも特効持ちです。
いずれの空母も空母カットイン仕様で艦戦は2積み。
重巡はいつもの重巡装備、航巡は2隻共水上戦闘機を満載し、制空補助しています。

第2は駆逐艦3隻のうち、2隻を対空カットイン仕様の秋月型に。道中含め、航空戦力による攻撃が激しいので…。
残る1隻は特効持ちの秋雲。夜戦カットイン仕様です。
雷巡は運の改修をしていないものの、魚雷カットイン装備に。
重巡と軽巡はアメリカ艦。
一応アメリカ艦は特効倍率設定されているらしい…装備はいつもの巡洋艦の装備。


21_spring_e4_3_15_kitikoukuu
基地航空隊編成。
2部隊は陸上偵察機1戦闘機1陸上攻撃機2の編成。
1部隊は戦闘機の代わりに陸上攻撃機の爆装一式戦を配備。
爆装は駆逐艦や魚雷艇に特効を持つらしいので、配備してみました。
3部隊共にボスへ向けています。


さぁ、第4海域の第4段階目に行きましょう。
敵水上艦隊との戦いに挑みます。

21_spring_e4_4_1
スタートはニューブリテン島の中部辺りから。
ソロモン諸島の南方沖を進み、ガダルカナル島とレンネル島の間に出現したボス艦隊と戦います。


21_spring_e4_4_2_nanpousenkanshinseiki
ボスは新型戦艦 南方戦艦新棲姫。
1年前の夏イベントで初登場、後段作戦の海域ボスでした。
今回もまた後段作戦の海域ボスですね。


21_spring_e4_4_3_graf_zeppelin
ドロップ、正規空母Graf Zeppelin。
何気に2隻目なんだな、グラーフ。

もうこの人も海外艦勢としては古参なんだなぁ…。


21_spring_e4_4_4_hirato
ドロップ、択捉型海防艦 平戸。
1隻目は中々来なかったけど、2隻目はポロっときたな…。


21_spring_e4_4_5_nanpousenkanshinseiki_k
ボスの最終形態、新型戦艦 南方戦艦新棲姫-壊。
マスクが取れました。
艤装の向こう側に節足のようなものが見えるようになっています。


21_spring_e4_4_6
友軍艦隊で新実装の夕雲型駆逐艦 涼波艦隊。

ここ最近、海防艦と夕雲型駆逐艦の新規実装艦と縁の薄い弊鎮守府です。


21_spring_e4_4_7
そんな訳で、友軍艦隊の時から既に良い感じだったけど、クリアです。


21_spring_e4_4_8_zerosen21gata_tainankuu
報酬、局地戦闘機 零戦21型(台南空)★+2。
基地航空隊に配備できる戦闘機。
零戦21型らしく、行動半径が7ある足の長い機体。
ネームド機でもあり、対空能力も高い優秀な装備です。

ラバウルを拠点にソロモン諸島方面で活躍した部隊をモデルにしていますが、台湾の都市である台南で結成された部隊の為、台南空と呼称されるんだとか。


21_spring_e4_4_921_spring_gekitotu_lungga_oki_yasen3
4段階と長丁場の海域でしたが、ラバウル航空隊と共に突破しました!
…乙だけど。。


21_spring_e4_4_10_kouryaku
攻略艦隊。
連合艦隊の水上打撃部隊です。
第一艦隊に戦艦3、航戦1、航巡1、水母1という重量編成。
第二部隊は駆逐2、軽巡1、雷巡2、航巡1。

第一艦隊はボス前の連合艦隊戦でネルソンの特殊砲撃、ネルソンタッチを使用する編成。
その為、特効も持つアメリカ戦艦2隻を3番目と5番目に配置しています。
航巡は特効をもつ鈴谷で標準的な重巡の装備構成。
航戦は索敵値を稼ぐ為に彩雲を積み、残りは艦戦を満載に。水母も水上戦闘機を満載してボス前やボスで制空権を争います。

第二艦隊は全員カットイン構成に。
夕張は先制雷撃をできる改二特を起用し、雷巡2隻と先制雷撃。
本当は最上も改二特にして先制雷撃4本とかにすれば良かったのだが。。
駆逐艦とか最上は特効持ち。
軽巡にも特効かかっているらしいけどね。


21_spring_e4_4_11_shien
支援艦隊編成。
どちらも最終編成時のみ使用しました。


21_spring_e4_4_12_kitikoukuu
基地航空隊編成。
3部隊共ボスに向けています。
基本的に戦闘機1、陸上攻撃機2、二式大艇or陸上偵察機。
1部隊は陸上攻撃機に足が短いものが混ざっているので、大艇。
その他は届くので偵察機にしています。


さぁ、次はいよいよ最終作戦海域、第5海域目だ。

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

ソロモンの長い春

ちょっと前からケータイの充電ケーブルの絶縁ゴムが割れて中が見えている状態だったので、買い替えたのですが…。
ライトニングUSB端子が邪魔だなぁ。。
Micro USB Micro-BにライトニングUSBやUSB Type-Cのアタッチメントを付けて切り替えるタイプなんだけど、取り外したりとかできないから使わない方のアタッチメントの処理に困るという…。





…などと思っていたら、何やら両耳に違和感。。
耳抜きみたいな感じの事しても治らんから、もしかしたらあれかなぁ。
自律神経でも乱れてるかなぁ。






お船の春イベ。

前段作戦3海域を突破したので、後段作戦へ入ります。
後段作戦は全部で2海域。
割と前段作戦と後段作戦でがらっと内容が変わる(後段作戦はモチーフとなった戦いのif作戦とか全く別の作戦になる)事が多い昨今のイベント海域にあって、引き続きソロモン諸島を舞台に展開されます。

まずは第4海域から。
一応、ラバウル空襲がモチーフになっているこの海域はまさかの4段階からなる長丁場の海域です。
それに伴ってか、ラバウル沖/ビスマルク諸島沖/ソロモン諸島沖と戦域も広がっています。
難易度も前段作戦より高まっていて、かなり大変。

まずは第一段階目。
ソロモン諸島に陣取っている航空基地を叩きに行きます。


21_spring_e4_1_1
スタートは前段作戦でも設定されていた、ニューブリテン島のワイド湾沖。
基地航空隊もラバウルです。
ブーゲンビル島を北から回り込み、ソロモン諸島を突っ切ってガダルカナル島を目指します。

この海域の最初の難関がここ。
ルート上は潜水艦戦と空襲戦が続くのですが、潜水艦は特にflagshipの先制雷撃が脅威。
空襲戦は1回目の空襲戦が空母である深海海月姫率いる艦隊からの攻撃とかなり強烈。
2回目も航空基地からの攻撃になるので、油断はできません。
対潜と対空を意識しつつ、陸上基地を攻撃できる装備を持っていかなければならないので、かなり大変です。

最初は難易度甲でやっていたのですが、その最中にイベント期間が後2週間しかない事が判明。
第4海域が長い事に加え、第5海域もギミック等で時間がかかりそうな事を考慮し、難易度を乙に下げました…。


21_spring_e4_1_2_lycoris_seiki
ボスは航空基地 リコリス棲姫。

最早見慣れた姿…。
前段作戦からずっと空襲を仕掛けてきていた基地ですが、おそらくソロモン諸島の首都・ホニアラにあるホニアラ国際空港(太平洋戦争時はヘンダーソン飛行場)がモチーフでしょう。


21_spring_e4_1_3
夜戦にもつれ込む事もありましたが、ラストは昼のうちに片が付きました。


21_spring_e4_1_4
新たに2つのスタート地点が出現、第2段階目へ移行します。


21_spring_e4_1_5_kouryaku
攻略編成。
7隻編成による遊撃部隊です。
重巡2隻、航巡1隻、軽巡1隻、駆逐2隻の編成。
7隻とはいえ、対空・対潜・対地をバランス良く組み合わせるのは中々に大変ですね。

駆逐と軽巡は対地をメインに装備を構成。
軽巡は大発系を載せられ、オート先制対潜できる龍田を起用。
駆逐艦は大発系を載せられる艦を編成。そのうち1隻は対潜能力の高い朝潮改二丁にして、先制対潜できるようにしています。

航巡は特効を持つ筑摩を使っていますが、水上戦闘機を満載して制空要員に。
重巡は2隻で役割分担。
道中の空襲戦が厳しいので、対空カットインの摩耶を起用。
何気に特効艦。
同じく特効持ちの羽黒は三式弾を装備して、クローザーとしての起用。
…しかし、三式弾なので随伴の砲台や集積地には攻撃の通りが悪いのよね。
駆逐勢と軽巡が大発で砲台や集積地を吹き飛ばせばクローザーとして十分機能するのである。


21_spring_e4_1_6_kitikoukuu
基地航空隊編成。
3部隊共、陸上偵察機1、戦闘機1、陸上攻撃機2の編成でボスに集中させています。
相手は航空基地ですからね、戦闘機は必須。


続いて、第2段階目へと入ります。
今度は輸送作戦。
今回のイベントで輸送を行うのはこれで最後なので、大発が積める駆逐艦を総動員して挑みます。


21_spring_e4_2_1
今度はラバウル沖のビスマルク海からスタート。
ビスマルク海を南西へ向かい、ロング島の脇を通過。ウンボイ島とニューギニア島の間、ビシャズ海峡を通過してソロモン海入り。
フォン半島を回り込み、ラエ近郊…サラマウア辺りかな、ここで揚陸作業。
その後、ハーキュリーズ湾沖で敵艦隊と交戦。

ルート的にはビスマルク海海戦をモチーフにしているのかな?
道中は対潜と空襲が連続していました。


21_spring_e4_2_221_spring_e4_2_3
敵艦隊は重巡ネ級改を旗艦とする重巡戦隊。
難易度甲だと旗艦撃沈は難しい感じらしいけど、乙なら撃沈も可能でしたね。
旗艦も撃沈できただけあって、サクサク進めました。


21_spring_e4_2_4_kouryaku
攻略編成。
連合艦隊の輸送護衛部隊を編成する事でビスマルク海に出撃できました。
第一艦隊は輸送装備と制空を、第二艦隊は対空と対潜を意識。

第一艦隊は水母、護衛空母、駆逐4隻で構成。第二艦隊は軽巡2、駆逐4で構成。

第一艦隊の水母は大発を持たせつつ索敵値を稼ぐ為に紫雲を搭載。
Seagullは熟練度上げを目的に装備させています。
空母には艦攻1、艦戦2に加え、索敵値を稼ぐ為に彩雲を装備。
駆逐艦は今までの海域で使用していなかった大発搭載艦で揃えています。
…文月も大発満載予定だったんだけど、遠征装備から変えるの忘れてました。

第二艦隊は素で大発1つ分の輸送力を持ち、対空能力も高い鬼怒を起用。
川内は特効艦としてボス艦隊への攻撃に専念します。
勿論、夜偵持ち。
駆逐艦はオートで先制対潜できるアメリカ駆逐艦と対潜能力の高い日本駆逐艦で構成。
フレッチャー以外は対潜装備+輸送装備。
フレッチャーは索敵値稼ぎを兼ねた対空カットイン装備。
このうち、ジョンストンだけがサブ艦です。
メイン艦使わないかもなぁ…。

ビスマルク海海戦をモチーフにしてても、リコリス棲姫や深海海月姫からの空襲がないので、あんまり空襲強くなかったりはする。


21_spring_e4_2_5_kitikoukuu
基地航空隊編成。
ボスは航空戦力がないので、3部隊共陸上偵察機1と陸上攻撃機3でボスへ集中させています。
ボス編成には防空軽巡ツ級がいるので、若干被害出ますが。


続いて、第3段階目へ。
ですが、ボス出現ギミックを解除する必要があります。
ギミック解除は3か所、そして基地空襲の制空もあります。
難易度甲だとクリア回数増えたりとかですね。


21_spring_e4_3_1_g1
まずは基地航空クリア。
潜水艦1隻で基地航空隊の練度上げを兼ねてサクッとね。


続いては、こちら。
21_spring_e4_3_2_g2
輸送護衛部隊でビスマルク海からニューギニア島へ向かいます。
ダイク・アクランド湾ですね…ブナかな。
ニューギニア島輸送作戦、八十一号作戦の時に日本軍が爆撃を加えたり、連合国軍が航空機を集結させたりしている場所です。

ここにいる集積地棲姫を倒します。


21_spring_e4_3_3_g2_kouryaku
ギミック解除編成1。
輸送作戦時と同じ編成です。
今回は輸送しないので、第一艦隊を対地+魚雷艇対策に充てています。
第2艦隊は対潜・対空・索敵値稼ぎ・魚雷艇対策を兼ねています。
フレッチャーも対空カットイン仕様から対空カットインと対潜と兼ねる装備に変更。


21_spring_e4_3_4_g2_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成1。
第2段階目と変わらず、陸上偵察機、戦闘機、陸上攻撃機2の編成を3部隊、集積地棲姫の部隊に向けています。


続いてはこちら。
21_spring_e4_3_5_g3
ソロモン諸島南方沖での空襲戦で制空権を「航空優勢」以上にします。


21_spring_e4_3_6_g3_kouryaku
ギミック解除編成2。
連合艦隊の水上打撃部隊の最小編成です。
第一艦隊は軽空母に航巡2隻。
第二艦隊は軽巡に駆逐2隻。
第一の軽空母は艦戦満載、航巡は水上戦闘機と機銃で固めています。
第二艦隊は道中で潜水艦と戦うので、先制対潜できる艦で固めました。

基地航空隊は使用していません。


んで、最後のギミック。
21_spring_e4_3_7_g4
ソロモン諸島の南部、ギゾ島付近で軽巡棲姫との戦闘。


21_spring_e4_3_8_g4_kouryaku
ギミック解除編成3。
軽巡1、駆逐6の遊撃部隊編成です。
道中は激しい対潜・空襲戦があり、索敵も要求されるので、上2艦は先制対潜装備に電探という構成。
吹雪は対空カットインとして起用。朝潮は先制対潜しつつ夜戦連撃装備。秋月砲で対空高めにしています。
荒潮は対空カットイン仕様、夕雲型2隻は軽巡棲姫を念頭に置いた夜戦カットイン仕様にしてあります。


21_spring_e4_3_9_g4_kitikoukuu
基地航空隊ギミック解除編成2。
…第2段階目で使用した構成と同じような構成ですね。
まぁ、敵艦隊に航空戦力いないし。


これでギミックが解除され、ボス艦隊が出現したので、攻略に移ります。






続きからコメント返信!!

続きを読む "ソロモンの長い春"

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

ミスティ・パープル

とっくに過ぎてしまったのだけど、6月9日は弊ブログにブログペットを設置した日でした。
こちらも16周年を迎えます…いや、忘れていた訳じゃないんだけど、普通に仕事だったからってのもあって、記事書けてなくてだなぁ。

ともあれ、引き続き宜しくお願い致します!






21_6_12_purple_bull
発売日に買ってたけど、写真撮り忘れていたパープルブル。
グレープ系の味かなぁ、飲みやすい。






お船の春イベ。

第3海域目の最終段階である第3段階目に入ります。


21_spring_e3_3_4
第1段階目とほぼ同じルートでアイアンボトムサウンドへ向かいます。
装備の関係でボス前は北寄りの航路を取っています。
その結果、魚雷艇入りの艦隊と夜戦の2戦を回避。駆逐艦との昼戦の1戦のみになっています。
警戒陣で突破する事には変わりないのですが…。


21_spring_e3_3_5_lunga_oki_yuuzyunnseiki
ボス、任務部隊沈没巡洋艦 ルンガ沖重巡棲姫。
史実のルンガ沖夜戦で二水戦に敗れて沈んだノーザンプトンがモチーフですね。
この海戦では他にも、ミネアポリス、ペンサコラ、ニューオーリンズと3隻の重巡が大破しています。
艤装は古生物のチョッカクガイの仲間がモチーフでしょうか。
大きさ的にはエンドセラスとかかな…流石にカメロケラス程の巨大種ではなさそう。
首のペンダントのようなものはフジツボモチーフですね。

東京急行は主に足の速い駆逐艦がドラム缶を搭載して行う、補給作戦の事ですね。
比較的小型の艦艇である駆逐艦が夜間に作戦行動をする事が多かった為、旧日本軍では鼠輸送と俗称されていました。
因みに、東京急行は連合国側の呼称でした。

ルンガ沖夜戦は鼠輸送を行っていた二水戦の輸送作戦を阻止しようと待ち伏せしていたアメリカ軍重巡戦隊との間で起こった海戦でした。
重巡戦隊と言っても、軽巡やフレッチャーをはじめとした駆逐艦もいましたが。


…ルンガ沖重巡棲姫、眼鏡かけてるし髪長いし、顔立ち自体も鳥海っぽいなぁ。
鳥海は第八艦隊に属した事があり、第一次ソロモン海戦を含む一連のソロモン諸島での戦いと縁の深い艦です。


21_spring_e3_3_6_colorado
ボス攻略中に戦艦 Coloradoドロップ。
ビッグ7の一角が来たな…サブビック7作れるかしら。


21_spring_e3_3_7_lunga_oki_yuuzyunnseiki
ボス最終形態、任務部隊沈没巡洋艦 ルンガ沖重巡棲姫-壊。
壊とか言いつつ別に何処も壊れてないし、艤装が光ってる分寧ろ強化されてる感しか感じない。

通常時もそうだったけど、優等生っぽい見た目ながらボイスがめちゃめちゃ好戦的。


21_spring_e3_3_8
ルンガ沖夜戦らしく、夜戦で決着。


21_spring_e3_3_9_suiraisentai_zyukurenmi
突破報酬、水雷戦隊 熟練見張員 ★+8。
2つ目だ。
今回は改修値がより高いぞ。


21_spring_e3_3_10_soc_seagull_max
突破報酬、SOC Seagull ★MAX。
これも2つ目。
改修値がMAXだわ。


21_spring_e3_3_11_so3c_seamew_kai
突破報酬、SO3C Seamew改。

SOC Seagullと同じく、アメリカ軍の水上偵察機です。
Seamewはカモメの一種。

SOC Seagullが続投されるきっかけを作った張本人。
後継機として開発されたものの様々な欠陥があった為、元に戻されました…。
イギリスにも輸出された機体だけど、やっぱり実戦に出される事は避けられたりしている模様。
そんな機体の改良型というif装備。
普通に性能良いんだわw


21_spring_e3_3_12_northampton
突破報酬、Northampton級重巡1番艦Northampton。
ノーザンプトン。
先に来ていたHoustonの姉ですね。

やっぱ眼鏡だわ。
アメリカ艦で眼鏡は初では…?
飛ばしているのはSOC Seagullですか。


21_spring_e3_3_13_clear
第3海域目、突破!!
「壊滅的打撃」はまさにルンガ沖夜戦の結果を表している表現だなぁ。


21_spring_result121_spring_gekitotu_lungga_oki_yasen2
これにて、前段作戦を成功させました!!
ここまで最高難易度の甲作戦で済ませています。


21_spring_e3_3_14_kouryaku
突破編成。
史実通り、駆逐艦のみによる編成です。
史実艦の黒潮、長波、江風、涼風を編成。
そこに特効を持つ白露、山風を合わせました。

ドラム缶を5隻に積むとルートが最短になるので積ませています。
それから、索敵値稼ぎや道中の対空・対潜を意識しつつボス撃破用の装備も…と詰め込み。
皆特効を持ちますが、役割を分けています。
江風と長波は魚雷を積んでメイン火力艦に。
運の低い江風を旗艦に配置してカットイン率を高めています。長波はフィニッシャーですね。
白露は索敵値稼ぎを兼ねた対空カットイン。夜戦で連撃も行えます。
山風は先制対潜、涼風は電探を積んで索敵要員と対水上艦武装を搭載していませんが、特効があるので普通に活躍します。
黒潮は唯一レベルが低い艦ですが、育ててなくてレベルが低い特効艦の中で、一番高レベルだったので採用。
索敵用の電探持ちつつ対空を意識した秋月砲を持たせました。


21_spring_e3_3_15_kitikoukuu
基地航空隊編成。
派遣可能な2部隊を全て陸上攻撃機にしてボスに向かわせています。
ボス艦隊には制空要員がいないし、高対空艦もいないですしね。
1部隊は極地戦闘機とロケット戦闘機を配備して防空にしているのは変わらず。


21_spring_e3_3_14_lunga_oki_yuuzyunnseik
クリア後の任務部隊沈没巡洋艦 ルンガ沖重巡棲姫-壊。

突破すると自動的に装甲破砕されるので、記念に会いに行ってみました。
装甲破砕前と違って、着衣や艤装が破損していますね。

…そして、装甲破砕ギミックあるの忘れかけていましたわ。
いや、めんどくさいからやらなかっただけなんだけど。


さて、後段作戦へ移りますかね。

| | コメント (1)

2021年6月 8日 (火)

まさかの

段々暑くなってきたので、そろそろ衣替えかな…。
衣替えって何かめんどくさいんだよねぇ。






お船の春イベ。
イベント終了時期が告知され、後2週間しかない事に驚愕している私です。
6月末くらいまであると思ってたよ。。

後段作戦始めたばかりなのだが。。


さて、今回は前段作戦の最終海域、第3海域の第2段階目のボスを攻略します。


21_spring_e3_2_421_spring_e3_2_5
ルートは第1段階目と途中まで同じ…いや、1戦空襲戦増えてるんだよね。
2回目の空襲戦からそのまま東へ進み、空母機動部隊と戦います。


21_spring_e3_2_6
という事で、昼のうちに撃沈。
いよいよ最後の第3段階目へと進みます。


21_spring_e3_2_7_kouryaku
攻略編成。
連合艦隊の空母機動部隊です。

第1艦隊は正規空母2隻に護衛空母1隻、航巡1隻。
残りは戦艦と駆逐艦にしました。
空母はギミックで使用した二航戦に空母カットイン仕様の装備を。
護衛空母は軽空母枠での採用。後のギミックで使うので、護衛空母にしていますが…艦戦2の艦攻2という装備です。
戦艦は特に意味もなく航戦…装備は普通に戦艦装備だしね。強いて言うなら、燃費軽いからかな。
航巡も後のギミックで使うので採用、サブ艦です。
制空補助の水戦を1つ持っています。
駆逐艦は対空カットイン仕様で。

第2艦隊は軽巡1、駆逐艦3隻、戦艦1隻、雷巡1隻。
ギミックで使った軽巡と駆逐艦をメインに使用。
軽巡は特効持ちです。
駆逐艦2隻はどちらも先制対潜仕様。地味に特効艦ですが、これがあるからギミック攻略時に選んだというのもあったり。
それに加えてもう1隻の駆逐艦は対空カットイン要員で初月。
こちらも特効持ち。
戦艦枠は速力が低速ながら、第二艦隊に編成できるガングートをチョイス。

駆逐艦3隻、雷巡、戦艦はサブ艦です。


21_spring_e3_2_8_kitikoukuu
基地航空隊編成。

2部隊を戦闘機1、陸上攻撃機3にしてボスへ。
相手は空母機動部隊なので、戦闘機がいると少しだけ被害軽減できますしね。
1部隊は変わらず防空です。


…という事で、いよいよこの海域の最終段階に入るのですが。
ここでまたもルート開放ギミックが入ります。
指定されているのは3か所。

ですが、そのうち2か所(空襲戦)は第2段階目を攻略しているうちに潰し済なので、残り1か所です。

21_spring_e3_3_1
っていう訳で、ルート開放しました。
ニュージョージア島南方付近の空襲戦で制空権を「航空優勢」にすると解除。


21_spring_e3_3_2_g_kouryaku
ギミック解除編成。
連合艦隊の輸送護衛部隊です。
第2段階目で使った護衛空母、航巡、軽巡、駆逐艦を使い、足りない枠を駆逐艦で埋めています。
第1艦隊は制空と対空カットイン、第2艦隊は先制対潜です。
第1艦隊は浜風のサブ艦を投入。神鷹の装備は替えたのに、三隈は装備替え忘れました。
第二艦隊は長良も先制対潜できる事にびっくりしつつ、足りない枠を海防艦で補いました。
先制対潜の事考えなくて済むし。


21_spring_e3_3_3_g_kitikoukuu
基地航空隊編成。
万全を期して、派遣可能な2部隊を戦闘機隊にして派遣。
それもあって、三隈の装備替え忘れてもクリアできました。


いよいよ、第3段階目に入っていきます。






F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝!!

開幕ポエム。
青空見えつつも雲の多いバクーです。
無観客レースですが、自宅から観戦する住民がいます。

ラッセル、レコノサンスラップの15コーナー手前で挙動を乱す。
ブレーキ・バイ・ワイヤシステムが作用しすぎた?

アゼルバイジャンでのレースで起こった事件の振り返り。


マゼピンと小松さんが話しています。


元FIA会長のマックス・モズレーとマクラーレンの大株主、マンスール・オジェに黙祷。

アゼルバイジャン国歌!
男女の歌手による国歌です。
かっこいいよね、アゼルバイジャンの国歌。


フェルスタッペンはタイヤを交換。
Q2で最速を出したタイヤに路面のペイントがついて傷んでしまったので、同じくQ2で使ったタイヤに替える事が許可されたとの事。
元々使う予定だったのは5周使ったやつだったけど、替えたのは1周しか使ってないやつらしいので、お得だね。


シグナルが…ブラックアウト!!
ペレスが1コーナーでサインツJr.をかわして5番手。に!
ストロールとミックのタイヤがぶつかるも、それ以外はクリーンなスタートだ。
ミックも少し挙動乱したけど、事故には至らず。
ペレスはガスリーもかわして4番手に浮上しました。
角田はアロンソにかわされて8番手に後退。

ここでラッセルがピットイン。
…接触でもしたか?


3周目、ハミルトンがルクレールをかわしてトップに!
ガスリーがファステストだ。

フェルスタッペン、15コーナーで縁石の内側を通る。
前のハミルトンもライン変えていたけど、何やらレーシングラインの近くに枝か何かが落ちていたようだ。


4周目、オコンがピットイン。
エンジンを止めてガレージへ…リタイアです。
リプレイ、16コーナー立ち上がりで一瞬白煙が上がっていました。
無線でパワーを失ったと訴えていました。


7周目、フェルスタッペンがルクレールをかわして2番手に!
ルクレールはハミルトンのDRSが使えなかったので、容易に差されてしまいました。
その後ろでは角田がアロンソをかわして7番手に上がっています。


8周目、今度はペレスがルクレールをかわして3番手に!
これで再びレッドブル勢が並びました。
ここら辺からちょいちょいタイヤ交換するマシンが。


10周目、角田無線。
エンジニアに「プッシュしてくれ」と言われて「黙ってて!」。
久々に角田っぽい無線が取り上げられました。
その間にルクレールがピットイン!
ライコネンの前、10番手で復帰。
角田もピットインしていて、12番手で復帰しています。

…フェラーリ勢割とピットインタイミング早いな。


11周目、黄旗。
サインツJr.が8コーナーでタイヤをロックさせてエスケープゾーンに入っていました。
一番狭い9コーナーの手前ですね。
バックして復帰していますが、かなり順位を失っています。

ここでハミルトンがピットイン。
ちょっと遅れたかな…タイヤ交換時間が4.6秒。
丁度ガスリーがピットレーンを通過していたのもあるでしょうか。


13周目、今度はフェルスタッペンがピットイン!
タイヤ交換時間は1.9秒!
悠々とハミルトンの前で復帰。
ハミルトン無線。
「何であいつめっちゃ前にいるんだ!」

続いてペレスがピットイン!
んっ…時間かかってる。。
タイヤ交換時間は4.3秒…どうにかハミルトンの前をキープしています!
そしてベッテルがラップリーダーに。
アストンマーティンがF1でリードラップ走るのは初めてだとか!

ペレス、ハミルトンからのアタックを凌いでいる。
ハミルトン無線「ペレス速いんだけど。」
ハミルトンはDRSとペレスのトーを使ってアタックを試みるも、追い抜くまでは至らない。


23周目、サインツJr.がジョヴィナッツィをかわして13番手。
長い事バトルしていたけど、ようやくかわした感じだ。

ベッテルがピットインして、再びフェルスタッペンがトップになっています。
レッドブルのワンツー体制は2016年マレーシアGP以来だとか。


25周目、黄旗。
マゼピンがタイヤをロックさせてエスケープゾーンに突っ込みかけていました。
マゼピン応援してる住人の前でやっちゃったのか…!


27周目、サインツJr.がアロンソをかわして12番手に。
先輩をかわしましたね。
着実にポジションを戻しつつあります。


31周目、ストレートでストロールが大クラッシュ!!
セーフティカー!!
そしてピットレーンクローズ。

スピードが乗っている区間でのクラッシュだから、フロントウイングの破片とか散らばってる…この位置でのクラッシュだと、タイヤのバーストか?!

息子の無事を確認したおとん。
ウォールにクラッシュした時に破片がフェンスの上に吹っ飛んでいったな。。
…うーん、左リアタイヤが突然バーストした感じだなぁ。。

ストロールは無線で赤旗の方が良いんじゃね?
って言ってる。

マイランダーさんのターン。
今回のセーフティカーはメルセデスだから、乗り慣れた方だね。
ニコニコしてる。


34周目、ピットレーンオープン。
そして、周回遅れのマゼピンがラップを取り戻します。
ここてアロンソ、ジョヴィナッツィ、ラッセル、ミックがピットイン!
他にもいるかも。
ん、ミックはピットレーンで止まったな…タイヤ締まってないか?
ピットボックスまで押し戻されて締め直してるわ。
左フロントが締まってなかったようだ。
ハース、ピットがすぐ近くで良かったわね。


36周目、リスタート!
フェルスタッペンはラインギリギリまで粘ってからのアクセルオンだ。
直前までレッドブル勢はウェービングしていましたが、後ろのハミルトンはあんまりウェービングせず。
ハミルトンがペレスに仕掛けるが、これを何とか抑えています!
ガスリーはベッテルにアタックされていますが、こちらも何とかポジションキープ!
ルクレールはブレーキでタイヤをロック…あっぶねぇ!
良く曲がれたな。。


37周目、ベッテルがガスリーをかわして4番手に浮上!
ガスリーはタイヤが暖まってないんでしょうかね?

ガスリー無線。
ピー
「不可能だ!」って言ったようですが、何だろうか。
ベッテルを後方に留めておくのは不可能だって意味かな?

何気にライコネンがボッタスをかわして12番手に上がっています。
ジョヴィナッツィもボッタスかわして13番手。
ライコネンは何か知らんけど、ジョヴィナッツィはタイヤ交換してますしね。

城壁の窓から撮影する国際映像。
ここの位置のカメラマン、楽しそうだなぁ。


43周目、ノリスの無線。
「何かバイブレーション出てるんだけど。」
右フロントからのバイブレーションのようだが、オンボード見る感じ、何か怖い動き方してる。。
バイブレーションしてても角田にアタックは出来ていますね。


45周目、久々のホナ足。
貧乏揺すり…前はレース毎に見てたんだよね、この足を。


47周目、あっーーっと!!
ホームストレートでフェルスタッペンがクラッシュだ!!
黄旗!!

ストロールと同じ、左リアのバーストだ。。

無線。
ピーーーーーー
ピーーー
頭を抱えるフェルスタッペン。
フラストレーションのあまり、マシンを降りて左リアタイヤを蹴る!

黄旗からセーフティカーに変わります。

フェルスタッペン、悔しさのあまりTec Proバリアを叩く。
ここでのタイヤバーストは一昨年だっけ、ボッタスもあったよなぁ…。。


48周目、赤旗に変わりました!
そしてラティフィに審議。

ハミルトン無線。
「フェルスタッペンは大丈夫か?」
ストレートでのクラッシュだからね…。

トラックはグリーンになったようですが、残りは3周…レースを続けるのかな?

公式発表がないからか、マシンから降りるドライバーが多い。
そんな中、ベッテルはまだマシンの中。
ベッテルは前からそうだったよな。

ハミルトンはフロントウイングを交換するようだ。

レッドブルからFIAに無線。
フェルスタッペンのクラッシュ時のレポートをしつつ赤旗&タイヤ交換の打診。
赤旗になる前の話ですかね。


ハミルトンのフロントウイングに傷が…これがあるからフロントウイング交換なんですね。
フェルスタッペンのデブリを受けたのでしょうか?

マシンから降りて待機中のサインツJr.とノリス、モナコの表彰台登壇者の2人。

ラティフィの審議はエンジニアの指示ミス起因のようです。
フェルスタッペンのクラッシュによる赤旗時、ピットレーンに入らなければならない所、ホームストレートを走ってしまった為。
コース脇にマシン回収用のトラックがいました…危ない。。

角田と話すアルファタウリのチーム代表、フランツ・トスト。
丁寧に面倒を見てる感じあるなぁ…角田は色んな人から心配されてるみたいだし。

バルコニーの住人…ポルトガル国旗持ってるね?
ポルトガル出身なんでしょうか。


マクラーレンからFIAへ無線。
ダブルイエローの時に減速してるやつ少ないからペナルティ出してくれって話。
レースディレクターのマイケル・マシがペナルティ取らないよ、と言っているようではある。

赤旗から20分くらい経って、後13分後くらいに再開とアナウンス。

メルセデスのチーム代表、トト・ヴォルフがピレリのレーシングマネージャー、マリオ・イゾラと会話中。
そこにメルセデスのエンジニアリングディレクター、アンドリュー・ショブリンも来た。

スタンディングスタートで再開するらしい。
…レースは2周か。

ハミルトンの無線。
「これはスプリントではなく、マラソンだから。」
どれくらいアグレッシブに行くかという話で、無理にペレスに仕掛けない方向で行くという感じらしいが…?
それなら、リスタートしなくて良いんじゃね?みたいな話も出てるようだ。

ここでラティフィに10秒のストップ&ゴーペナルティ。
ペナルティ消化しにピットへ入るか、レース結果から10秒引かれるかって感じかな?


日本時間の23時10分、フォーメーションラップ開始。
ん、ウィリアムズがピットレーンへ…あ、止まった。
ラッセルだな…どうした?

ハミルトン、ブレーキめっちゃ暖めてて白煙出てる!
リスタート!!
ペレスの蹴り出しが良くない、すぐにハミルトンに寄せていくが、ハミルトンがペレスに並んだ!!
あーっ!!
ハミルトン、1コーナーでオーバーラン!!
最下位にまで転落してしまった!!
そして、角田はアロンソにかわされて7番手だ。
後ろからはサインツJr.も狙ってきている…タイトな中、タイヤスモーク上げながらバトルを展開。
…ここは堪え時。

そして、ピットレーンクローズ。
ラッセルが止まってるからね。


51周目、ファイナルラップ!
ホームストレートでルクレールがガスリーをかわして3番手!
すぐにガスリーがルクレールをオーバーテイクし返して3番手に返り咲く!
2台の後ろにいるノリスもポジションアップを狙ってきています!

そして、ペレスがトップでチェッカー!!
ベッテルが2位表彰台を獲得し、3位争いはガスリーが制しました!
ホンダPU勢のダブル表彰台だ!
角田は自己最高位となる7位入賞!
そして、何気にアロンソとライコネンもポイントフィニッシュ。
ライコネンは今季初ポイント獲得です!

一方でハミルトンは連続ポイント記録が54戦で途切れました。
それでも凄い事だけどね!


ペレス、無線での歓喜もそこそこにピット出口でマシンを止める指示。
何かあったのかな…。

アストンマーティン、アルファタウリはクルーが大喜び!!


ベッテルは優勝した時みたいに陽気な無線!
ドライバー・オブ・ザ・デイはそのベッテル!

ファステストラップはフェルスタッペン。
ですが、リタイアしているのでポイント獲得者なし。

1位のボードの主は不在。
ベッテルはアストンマーティン、ガスリーはアルファタウリのクルーと喜びを分かち合う!
ガスリーは昨年のイタリアGPで優勝して以来、ベッテルは昨年のトルコGP以来の表彰台です。

ガスリーの元に親友のルクレールがやってきました。
最後までバトルしてたうちの一人でもありますね。
ベッテルのとこにはノリスが。
ルクレール、アロンソもベッテルをお祝いしていました。

ペレスがピットレーンに戻ってきました。
昨年のサクヒールGP以来となる優勝、通算2勝目です!


ハミルトンはピットレーンに戻ってきているものの、マシンに留まっています。


ペレス、大喜び!!
メキシコ国旗を…広げられてないwww

ハミルトンの無線。
「ブレーキマジック」機能を切り忘れたのか訊いています。
ブレーキマジックはメルセデスが搭載しているブレーキを暖める装置。
フォーメーションラップで起動させてタイヤを暖め、グリッドについたらスイッチ切らないといけないものらしい。
ハミルトンはオフにしたと言ってるけど、切り忘れたのでしょうか。
1コーナーのオーバーランはこの機能を切り忘れたから起きた可能性が高そうです。

ペレスは古巣、アストンマーティンのチームクルーとも喜びを分かち合っています!
アストンマーティンのチームクルーも嬉しそう!!


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
まずはガスリー。
いやぁ、やっぱり嬉しそうですね!
「これまで優勝と2位ありますが、3位は初めてです!」
そういや、初の3位なんだな。

ベッテルはアストンマーティン移籍後初の表彰台。
勿論、アストンマーティンとしても初表彰台。
この名前としては最高位だそうだ。
シルバーストンのチームとしては、去年のサクヒールGPでペレスが優勝してるけどな。
ベッテル、ノイズでコメントが聞こえてない。
かなり前のめりになってたけどね。。

そしてペレス。
「レースって、ホントに凄いですね!」
「マックスは残念でした。ホントは彼が優勝すべきでした…チームにワンツーを届けられたら良かったんですが。」
つか、ペレスも聞こえづらそうにしてるやん。
最後のリスタートでハミルトンに並ばれた時は「絶対引くもんかと思った!」との事。


最後のリスタートのリプレイ。
ジョヴィナッツィがリチャルドに追突してたんだな。。
クラッシュしなくて良かった。


表彰台!
ガスリー、腕をカウボーイみたいに振り回して大喜び!!
ベッテルも大喜び!!
ペレスはチーム側登壇者と堂々の登壇!!

メキシコ国歌!!
レア国歌だ…つか、長いんだよね。
そして、オーストリア国歌!!

ファイト!!
皆真っ当にファイトしてるな。

ベッテルは無線で「ドライバー・オブ・ザ・デイ取ったんだけど、今日のレースをまとめて!」とインタビューされて「そういうのはチームを通してよ!」「誰だ、俺の電話番号教えたのは!」と笑っていましたwww
11番手スタートから2位表彰台だし、めちゃくちゃご機嫌ですわね!


ダイジェスト。
ペレスはマシンを降りた後、左フロントを叩いて労を労っていました。


ベッテル、アロンソ、ライコネンとポイントを獲得している事について、川井ちゃんが「ただの年寄りじゃないんだな」だってwww

そういや、ホンダとしては、1992年のモナコGP・カナダGP以来の連勝なんだとか。
ペレスは油圧システムにトラブルを抱えたまま走行していたようで、チェッカー後にすぐマシンを止めたのはそれが原因だったとの事。


優勝はセルジオ・ペレス/レッドブル
2位はセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
3位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はランド・ノリス/マクラーレン
6位はフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7位は角田裕毅/アルファタウリ
8位はカルロス・サインツJr./フェラーリ
9位はダニエル・リチャルド/マクラーレン
10位はキミ・ライコネン/アルファロメオ

ここまでがポイント獲得。

11位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
12位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
13位はミック・シューマッハ/ハース
14位はニキータ・マゼピン/ハース
15位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位完走扱いはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位完走扱いはマックス・フェルスタッペン/レッドブル

リタイアは…
ランス・ストロール/アストンマーティン
エステバン・オコン/アルピーヌ


ドライバーズランキング。
1位:フェルスタッペン/レッドブル(105Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(101Pt)
3位:ペレス/レッドブル(69Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(66Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(52Pt)
6位:ボッタス/メルセデスAMG(47Pt)
7位:サインツJr./フェラーリ(42Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(31Pt)
9位:ベッテル/アストンマーティン(28Pt)
10位:リチャルド/マクラーレン(26Pt)
11位:アロンソ/アルピーヌ(13Pt)
12位:オコン/アルピーヌ(12Pt)
13位:ストロール/アストンマーティン(9Pt)
14位:角田/アルファタウリ(8Pt)
15位:ライコネン/アルファロメオ(1Pt)
16位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(1Pt)
17位:ミック/ハース(0Pt)
18位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
19位:マゼピン/ハース(0Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(174Pt)
2位:メルセデスAMG(148Pt)
3位:フェラーリ(94Pt)
4位:マクラーレン(92Pt)
5位:アルファタウリ(39Pt)
6位:アストンマーティン(37Pt)
7位:アルピーヌ(25Pt)
8位:アルファロメオ(2Pt)
9位:ハース(0Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

風の街

そういや、もう6月なんだね。
早いもんだなぁ…。






21_6_6_kncl_mitsukoshi
お船の三越コラボのやつ。
万年筆。
お渡し用である。

21_6_6_kncl_mitsukoshi221_6_6_kncl_mitsukoshi3
中身。

21_6_6_kncl_mitsukoshi4
うっすらと駆逐艦時雨の艦影が配されていたり(見えない)。




お船の春イベ。

前段作戦の最終作戦海域である第3海域目に突入します。
第3海域目はいよいよイベント名にある通り、ルンガ沖での戦い。
史実のルンガ沖夜戦をモチーフにしています。
従って、ルンガ沖夜戦組に特効がついていたり。

さて、この海域は全部で3段階の作戦から構成されます。
各段階の間にはルート開放ギミックが仕込まれており、前段作戦の最終作戦海域らしく割と長丁場です。
加えて、出撃制限札が3枚付与されるので、後段作戦の事も考えた編成を組みつつ、誤出撃による違う札のつけ間違いに気を付けないといけません。

作戦としては、まず輸送作戦をこなし、その後の2段階は対水上艦戦です。


…と、言う訳で。
21_spring_e3_1_1_oyodo
マップのスクショを撮る前にやったらドロップした軽巡 大淀。
ボスでドロップしました。


21_spring_e3_1_2
第1段階目。
第2海域と同じく、パプアニューギニア・ビスマルク諸島のニューブリテン島、ワイド湾沖がスタート地点。
基地航空隊も変わらずラバウルです。

ソロモン海を北上し、ブカ島の北方へ。
そこからブーゲンビル島の北岸をなぞるように進み、ショートランド泊地へ。
そこからソロモン諸島の島々の間を抜けて行きます。
コロンバンガラ島北方を通過し、ニュー・ジョージア・サウンドへ。
ガダルカナル島で物資を下した後、アイアンボトム・サウンドを突っ切ってサンタイサベル島の東岸付近でボスと戦います。


21_spring_e3_1_3
ボスは重巡ネ級改。
重巡戦隊を率いていますね。
ボスはとても固いですが、特効艦の夜戦連撃なら普通に落とせます。


21_spring_e3_1_4_oyodo
という訳で、大淀さん2隻目。
通算だと…7隻目か。


21_spring_e3_1_5_harusame
ボスでドロップした駆逐艦 春雨。
大淀さんと同じく、もう1隻ドロップしました。
撮ってないけど。
因みに、その1隻は道中でのドロップ。

春雨も現存しているだけで6隻目だな。
改修に回しちゃったのもいたと思うから、通算で7、8隻くらいはいるんじゃないかな。


21_spring_e3_1_6
という事で、輸送作戦完了。
結構回数かかったな…。


21_spring_e3_1_7
ソロモン諸島の南方に新たなルートが出現。
だけど、第2段階目のボスはまだ登場していません。
ルート開放ギミックを行い、ボスへのルートを開放します。


21_spring_e3_1_8_kouryaku
編成。
史実のルンガ沖夜戦組をメインに編成した、駆逐艦6隻の艦隊です。
長波サマに補強増設を行い、水雷戦隊司令部を搭載。
4隻にドラム缶を積むと最短ルートになるので、搭載しています。
史実艦でもある江風には大発を満載。
道中は潜水艦、空襲戦があるので、山風に先制対潜装備を、白露に対空カットイン装備を施しています。
…先制対潜艦が1艦だけなので、3隻くらいから先制雷撃されるんだけどね。

潜水艦戦、空襲戦の後に控える魚雷艇混じりの水上艦戦や夜戦は警戒陣で突破しました。
なので、水上艦戦よりも潜水艦戦や空襲戦の方が損害受けやすかったり。
勿論、魚雷艇の雷撃で警戒陣を突破されたり、駆逐艦の夜戦連撃が運悪く当たったりもありましたが。

この組は第3段階目や後段作戦でも使うようなので、メインを編成。
黒潮は…育ててなかっただけで、メイン艦です。。


21_spring_e3_1_9_kitikoukuu
基地航空隊編成。
出撃可能な2部隊に陸上攻撃機を集中させ、ボスへ。
3部隊目は防空担当です。


さて、では…ルート開放ギミックをこなして行きます。
今回のギミック解除には4か所巡る必要があります。
しかし、2回の出撃で行ける場所なので、それ程大変ではありません。

まずは1か所目。
21_spring_e3_2_1_g1_kouryaku
編成。
連合艦隊の空母機動部隊です。
第2段階目で使用する艦で編成。
第一艦隊は空母2隻、第二艦隊は軽巡1と駆逐艦2の最小編成。
要件が2か所ある空襲戦で制空権を「航空優勢」にする事なので、空母は艦戦ガン積み。
第二艦隊も対空カットイン装備で固めています。
このルートだと空襲戦しかしないしね。
基地航空隊は使っていません。


21_spring_e3_2_2
もう1戦目もクリアし、第2段階目のボスがソロモン諸島の北方に展開されました。

空母機動部隊でのルートはこの画像の1つ上のルート…B・D・O2でした。
このルートでは空襲戦をこなした後、対潜戦を2回やって対水上艦戦。
2回目の潜水新棲姫のいる対潜戦と最後の水上艦戦がギミック解除のキーです。


21_spring_e3_2_3_g2_kouryaku
編成。
サブの重巡と軽巡、先制対潜の駆逐艦と札節約の為に海防艦を編成。
重巡はいつもの装備、軽巡は1戦目の空襲戦用の対空カットイン仕様。

札の節約で普通に改修してない巡洋艦使ったりしているけど、後段作戦でもちょろっと使う札らしい。
このギミックの為だけに3種類目の札が付与される訳じゃなかったので、戦力的にちょっと悩む。

海防艦入れている関係で、基地航空隊は第1段階目で使った陸攻部隊2部隊を対水上艦戦に回しています。
防空軽巡ツ級eliteは普通に生き残ってきたんだけど、夜戦で撃沈できました。
ちょっとあぶねぇ。


という事で、第2段階目のボスを攻略しに行きます。







F1第6戦アゼルバイジャンGP予選!!

FP3の15コーナーでフェルスタッペンがクラッシュ。
タイヤをロックさせてノーズからウォールに接触。

バルコニーから観戦する子供。
めっちゃくちゃ良い場所だな、すぐ下がコースだ。


ラッセルはパワーユニット交換中。
FP3終盤にパワーを失っていたようだ。

Q1
開始から皆ピットレーンに並んでいます。
ハース勢はピットレーンに並ぶスペースがないので、横列駐車。
マゼピンの無線。
「ぐちゃぐちゃだよ…。」

メルセデス勢はミディアムタイヤでコースイン。
黄旗が多いコースなので、コース上に留まってタイムを出す作戦か。

残り14分15秒、黄旗!
ストロールがクラッシュし、コース上にストップ。
すぐに赤旗へ。
15コーナーでタイヤがロック、曲がりきれずに右側が接触。
ステアを叩いて悔しがり、片手で頭を抱えています。
無線で「アー!ごめん…。」と言っていました。

ラッセル、この間に交換を終えてコースインの準備ができたようだ。
原因はウォーターポンプのリーク。

バルコニーの両脇にある出窓みたいなのがある建築様式。
アゼルバイジャン様式らしい。

噴水。

後1分で再開とアナウンス。
ピットレーンに9台くらい並んでいます。

再開!
中断時間は11分くらいかな。
メルセデス勢はソフトタイヤに履き替えたようですね。

FIAからは16コーナーから先で減速すんなよって言われているので、15コーナーから16コーナーにかけて減速して前とのギャップを調整しています。
その規制、良いんだか悪いんだか。

フェルスタッペンがトップ、ペレスが2番手に続く。
フェルスタッペンは15コーナーで少し
残り9分22秒、黄旗…赤旗に!
ジョヴィナッツィが15コーナーでクラッシュ!!
リプレイ、全然曲がってないな…。
フロントタイヤが暖まりきってなかったからだろうか。


9分くらい中断した後に再開!
まだタイムを出してないマシンを中心にピットレーンに並んでいます。
エンジン止められない筈のメルセデスパワーユニット勢も並んでるのね。
メルセデス勢は中古のソフトタイヤでコースイン。
新品のソフトタイヤ、後2本だけだしな。

少し風が強くなった可能性が。
ビル風かな?

ライコネンの無線。
ピー
「あのバカが俺を壁に押し付けようとした。」
位置取りをしている最中、マゼピンを抜こうとした時に寄せられたようだ。

ノリスに予選後審議。
赤旗の時に何かあったらしい。

15コーナーのウォールに注目した撮り方の国際映像。
角田が8番手タイムを出しているぞ。

残り2分。
4番手タイムを出したハミルトン、ピットに戻らずそのままセカンドアタックへ。
セクター1で黄旗。
結構長かったな…1コーナーかな?

ここでラッセルが11番手!
角田は9番手。
ハミルトンはトップタイムを叩き出したぞ!

チェッカー!
ラティフィは16番手に終わり、ハース勢も17番手18番手なので、これでメンツ確定。
1回目のアタックが伸びおらず15番手にいたノリスはアタックを完了させ、5番手タイム!

ノリスの審議は赤旗が出た時にピットに入れる状況だったのに入らなかったから、との事。
ピットレーン入口の前で減速しているから、入れない事はなかった筈だが…何があったのかな?
エンジニアは「BOXBOXBOX」と伝えていたけど、ノリスは「Can't!」と言っているので、本人的にはピットレーンに入るには間に合わないと思ったのだろうか。
ピットレーン入口はシケインになってるけど、オンボード見る限りは入れそうなくらい減速できてたと思うんだけどなぁ。

ラッセルは無線でチームクルーに感謝。
今回もチームメイトを上回る予選成績を確保できました。


Q2
Q1が中断多かったので、皆早めにコースイン。

リプレイでフェルスタッペン無線。
「セバスチャンがぶっ飛んで出てきた!」
レッドブル勢の前で出てきたベッテルを見て。

ペレスがトップタイム、ルクレール、サインツJr.、フェルスタッペンと続きます。
オコン、リアがスライドしてタイヤがウォールを擦る!

メルセデス勢、タイヤの暖まりを考慮して2回目のアタック!
ハミルトンが2番手!
ボッタスは7番手。
ハミルトン、かまぼこ状の縁石に乗ってフロアを擦る。

ガスリー7番手!
フェルスタッペン、トップタイム!
こちらも2回目のアタックの方が良いようだ。

残り4分20秒。
ラッセルはタイムを上げるも15番手。
角田4番手!

15コーナーの真上から撮るアングル。
開催2年目から注目のコーナーになっているこのコーナー。
クラッシュや接触が多発するかなり難しいコーナーだけど、今回も結構事故多いから撮り方も工夫されています。

残り1分29秒、赤旗!
今度はリチャルドがクラッシュ!!
3コーナー…ここもビックブレーキのコーナーだから、クラッシュ多いんだよねぇ。
リチャルドは左フロントタイヤがロックしてウォールに突っ込んだ。
大活躍のTec Proバリア。

ベッテルの無線。
ピーーーー
ギャップを聞いて叫ぶ。
100分の3秒差、僅差だ。

角田、初のQ3進出!
2012年日本GPの小林可夢偉以来の日本人ドライバーQ3進出…。
フェルスタッペンは5周使ったタイヤで決勝スタートに。

アロンソはオコンを上回る予選結果が確定。
開幕戦以来。


ガレージに戻ってきたリチャルド、凄い汗かいてるな。


Q3
10分のQ3タイムって前のやつや。
…あ、リアルタイムでタイムが直った。

アルファタウリ勢以外がコースイン。

メルセデス勢はタイヤ暖め。
フェラーリ勢はアタック中。
ルクレール、ハミルトンのトーを使えたか、トップタイム!
サインツJr.が2番手だけど、両者の間に0.3秒程ギャップが。

残り6分。
ボッタスは7番手。
ハミルトンが2番手!
ハミルトンはボッタスのトーを使えたけど、セクター3の差は0.5秒との事。
大きいな!
そして、アルファタウリ勢がコースイン!

ガスリー、セクター1全体ベスト!
角田は8番手、ガスリーは4番手!
このタイミングでラストアタック組がコースイン。

ボッタス、トーが欲しくてスローダウン。
渋滞が…。

赤旗!
角田が3コーナーでクラッシュ!
サインツJr.もフロントウイングが壊れてストップしています。
それぞれ単独ですね…角田は曲がりきれずにウォールに突っ込んだ形。
その後ろにいたサインツJr.は前でクラッシュが発生して焦ったのか、急ブレーキかけてスピンし、エスケープゾーンのウォールにクラッシュ。

予選はこれで終了となり、ルクレールが2戦連続となるポールポジションを獲得!!
ハミルトンが2番手、フロントローを獲得!
フェルスタッペンは3番手でセカンドロー、隣に予選最高位タイのガスリーが並びます!


ルクレールとガスリー、互いに健闘を讃え合う。

インタビュワーはジョニー・ハーバート!
ルクレール、サインツJr.のクラッシュ映像を見る。
特にコメントはない。
あんまり良いラップじゃなかった、とコメント。

ハミルトン、何とか調整して2番手を獲得!
メルセデスのマシンにはキツいと言われていたし、実際キツかったようだ。

フェルスタッペン
「予選としては残念でした。」
不完全燃焼な表情。

ED。
首を振る小松さん。


ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
8番手からは角田裕毅/アルファタウリ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
10番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ


ノリスの審議の件は3グリッド降格ペナルティになりました。
不服に思っているようですが、本人の感覚的に入れないと感じたのであれば、そりゃあ不服だよなぁ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはシャルル・ルクレール/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
5番手からはカルロス・サインツJr./フェラーリ
6番手からはセルジオ・ペレス/レッドブル
7番手からは角田裕毅/アルファタウリ
8番手からはフェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
9番手からはランド・ノリス/マクラーレン
10番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG

11番手からはセバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
12番手からはエステバン・オコン/アルピーヌ
13番手からはダニエル・リチャルド/マクラーレン
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17番手からはミック・シューマッハ/ハース
18番手からはニキータ・マゼピン/ハース
19番手からはランス・ストロール/アストンマーティン
20番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ






続きからコメント返信!!

続きを読む "風の街"

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

そうきたか

歯医者に行ってきました。
2週間くらい前から右上の奥歯が痛かったので、診てもらった訳ですが…
虫歯等ではなく、知覚過敏じゃね?って言われました。
歯を食いしばる事が多いとかだとなるようで…確かに、仕事とかしてても結構歯に力加わってたかもなぁ。
頬杖ついたりもするし、それが要因かも。

しかし、虫歯なら治療すれば治るけど、知覚過敏は歯医者じゃ治せんだろうしなぁ。
そっちの方がちょっと面倒かも。

…そう言えば、謎の口内炎も診てもらえば良かったかなぁ。
ずっと腫れては引いてを繰り返してるんだよね。
何だろう。







お船の春イベ。

第2海域の第3段階目です。
第2段階目に引き続き、水上艦隊の撃破が目的。


21_spring_e2_3_1
スタートは新たに出現した、ソロモン諸島南方の海域から。
パプアニューギニア・ウッドラーク島の北方辺りですね。
ずっと東へ行き、レンネル島北方沖を通過してソロモン諸島東方海域へ。


21_spring_e2_3_2_kuuboseiki
ボスは正規空母 空母棲姫。
第2段階目で艦載機投げつけてきてた張本人ですね。


21_spring_e2_3_3_takanami
ボス攻略中に夕雲型駆逐艦6番艦 高波がドロップ。
ルンガ沖夜戦の史実艦なので、特効持ちですね。
因みに、2隻目。


21_spring_e2_3_4
っつー訳で、ボスを撃破。
最後はそこまでストレス溜まらない内容だったけど、兎に角カットイン出なくて倒せない事が頻発してました。
カットインさえ出れば倒せる。
通常は2隻がカットインしてくれれば良いんだけど、1隻でも行ける場合もある。


21_spring_e2_3_5_soc_seagull_8
突破報酬、SOC Seagull ★+8。
カモメ…ですね。
アメリカの水上偵察機ですが、複葉機ですね…大戦初期から採用されていたようです。
巡洋艦に搭載されていたものは、後継機に様々な問題が発生した事から、終戦まで現役だった模様。
SOCは偵察(Scout)、観測(Observation)、製造元のカーチス・ライト社を表すメーカー記号を合わせたもの。


21_spring_e2_3_6_seieisuiraisentai_shire
突破報酬、精鋭水雷戦隊 司令部 ★+4。
モデルは華の二水戦の司令部かな。
艦橋に旗艦の神通さんっぽい妖精さんいるし。

艦隊司令部施設系装備。
旗艦に装備すると、随伴艦が大破した時に単艦退避させる事ができるという凄い装備。
特定艦に装備した時のステータスアップボーナスは何か凄いね…。


21_spring_e2_3_7_clear
これにて、第2海域クリア。
…やっぱ基地航空隊はラバウル基地航空隊でしたか。


21_spring_e2_3_8_kouryaku
攻略編成。
潜水艦6隻による潜水艦隊でした。
イベント海域の攻略で潜水艦隊を動かすのは珍しい事です。
潜水艦1隻のみで出撃して基地航空隊の練度を上げるのは良くやるけどなぁ。

ボス前で索敵値が足りなくて逸れるので、伊13型と伊168に補強増設して潜水艦電探を搭載。
潜水艦は伊13型以外は2スロットしかないから、魚雷カットイン撃てるように補強増設するのであった。
伊13型は補強増設しとくと運用の幅広がるのでついでに。
潜水艦電探3つでも逸れたので、伊13に水上偵察機を搭載しています。

道中の対水上艦戦は軽巡ツ級や駆逐艦混じりの重巡戦隊なので、ツ級や駆逐艦を開幕雷撃で排除しておけば楽に通過できました。
1戦目は相手の陣形の問題で、後期型駆逐艦(と最終編成ではツ級)が残ると中破させられるけど、ボス前の相手は対潜火力がそこまで高くない単縦陣だから、後期型駆逐艦やツ級が残っても結構何とかなったりする。
後は空襲戦があるけど、潜水艦でスルーできるからね。
ボスは軽巡や駆逐艦を排除すれば後は一方的に攻撃できるからね。


21_spring_e2_3_9_kitikoukuu
基地航空隊編成。
2部隊共に陸上攻撃機で固めてボスへ。
最初は第1部隊を道中の水上艦隊戦2戦に振ってたけど、2戦目はいらんと思って、1戦目とボスとかって振り方したりしてた。
そのうち1戦目も何とかなるっしょとなって、ボス集中に。
戦闘機がいないので、空母棲姫の艦載機や軽巡ツ級の対空砲火でめちゃめちゃ被害被ります。


21_spring_gekitotu_lungga_oki_yasen_resu
前段作戦、第1海域・第2海域共に甲作戦で突破中。


第3海域に行く前に、第2海域の第3段階目ボスで新艦が落ちるらしいので、ちょっと掘ってみました。


21_spring_e2_3_10_huzinami
夕雲型駆逐艦11番艦 藤波。
5隻目。


21_spring_e2_3_11_hamanami
夕雲型駆逐艦13番艦 浜波。
3隻目。


21_spring_e2_3_12_huzinami
夕雲型駆逐艦11番艦 藤波。
6隻目。


21_spring_e2_3_13_hatizyou
占守型海防艦3番艦 八丈。
撮り忘れたけど、この後もう1隻来ました。


21_spring_e2_3_14_south_dakota
South Dakota級戦艦1番艦 South Dakota。
何隻かの大型艦が落ちると聞いてたけど、その1隻。
サブダコタ出来たわ。

春のお出かけモードですね。

他にも、長門型戦艦1番艦 長門が2隻くらい落ちてるんだよな。
1隻はサブ艦として育てる予定。


21_spring_e2_3_15_akashi
工作艦 明石。
6隻目だ。

こちらも春のお出かけモード。


21_spring_e2_3_16_nissinn
水上機母艦 日進。
サブ日進は助かる~。
尚、育てる艦が多くなりすぎて手が回らない模様。


21_spring_e2_3_17_kawakaze
白露型駆逐艦9番艦 江風。
こちらもルンガ沖夜戦の史実艦なんだよな。
改二まで育てるかはちょっと考え中。
大発乗るしなぁ。


21_spring_e2_3_18_akashi
工作艦 明石。
まさかの7隻目。


21_spring_e2_3_19_takanami
夕雲型駆逐艦6番艦 高波。
3隻目である。


21_spring_e2_3_20_i203
そしてようやく登場、新規実装艦、潜高型潜水艦3番艦 伊203!
フーミィ…まぁ、そうなるな。

海の中で一番速いと言いつつ、速力は低速…まぁ、あくまで潜水艦の中では速いってだけだしね。
回避はかなり高い模様。

潜高型の3番艦だから伊201型とも言える訳か…最新鋭潜水艦ながら、実戦に出る機会はなかったようです。
減速ギアからの騒音問題に対処する為に対策施したら逆に爆音上げながら動く潜水艦になったのは色々やべぇな。

機銃っぽいの持ってるけど、機銃装備できないらしい。

| | コメント (1)

2021年6月 1日 (火)

狭まる選択肢

一か月振りにMacを開いたら、今まで何とか開けていたgmailすらも開けなくなって、いよいよデータの受け渡しにも支障が…。
これはマジで買い替えだわな。

そして、Mac bookかmini+適当なディスプレイかは検討中。
miniの方がレイアウトの自由度高そうだし、ディスプレイの大きさ自分で決められるから良いのかもしれぬ。






お船の春イベ。

その第2海域目に突入します。
今回から、主戦場となるソロモン諸島での戦いに。

第2海域も作戦は3段階あります。
最初に輸送作戦をこなし、その後敵艦隊を叩く作戦が2つ。

中々にボリューミィです。
では、まず輸送作戦の第1段階目。
この海域では艦隊構成によってソロモン諸島の北方を進むパートと南方を進むパートに分かれます。
第1段階目では南方のパートを攻略して行きます。


21_spring_e2_1_1
スタートはパプアニューギニア・ビスマルク諸島のニューブリテン島、ワイド湾沖。
基地航空隊はラバウルでしょうか。

ソロモン諸島南方沖を東へ進み、ガダルカナル島西岸付近で物資を荷下ろし。
その後、ガダルカナル島南方、レンネル島との間で敵艦隊と戦います。

途中、べララベラ島を経由してブーゲンビル島かショートランド島辺りに寄港しているのは、第2段階目のギミックを解除するのに訪れる所な為。
…場所的にショートランド泊地かなぁ。


21_spring_e2_1_221_spring_e2_1_3
ボスは鬼・姫級の難敵、重巡ネ級改。
随伴には重巡ネ級eliteや重巡リ級flagshipもいて輸送装備の小艦艇で戦うのは中々大変。

しかし、道中が割と凌ぎ易かったのもあって、無事に輸送作戦終了。


21_spring_e2_1_4_kouryaku
攻略編成。
軽巡1、水母1、駆逐4という編成。
照月、浜風、Z1はサブ艦です。

速力が高速の艦隊で最短ルートなので、水母は高速水母の千歳型からチョイス。
千歳から下は全員輸送装備。
道中の空襲戦対策と砲撃火力に期待して照月に対空カットイン装備。
大淀は紫雲とドイツレーダー持たせて索敵値を稼ぎつつ、夜戦連撃装備。
余った1枠はドラム缶でも良かったかもだけど、空襲戦用に機銃。


21_spring_e2_1_5_kitikoukuu
基地航空隊編成。
1部隊を陸上戦闘機と局地戦闘機で固めて空襲戦に、1部隊を陸上攻撃機で固めてボスに。
駆逐艦に当たれば1撃で倒せるだろうし、重巡も1撃だったり、損傷させたりできるので、助かります。


…という事で、第2段階目へ。
今度はソロモン諸島の北方を進み、水上艦隊を叩きます。

と、その前にボス出現ギミックがあるので、解除していきます。
キーは2つ、1つは第1段階目で解除してあるので、もう1つの方ですね。


21_spring_e2_2_1
スタートはソロモン諸島・チョイスル島の北方。
そのまま東方に向かって行きます。
ソロモン諸島の最も東に位置するマキラ島の北方沖に軽空母艦隊がいて、その艦隊に2回勝利するとギミック解除されます。

21_spring_e2_2_2
ボスはマキラ島をぐるりと回りこんだ先。
第1段階目のボスに近い所にいます。
…マキラ島とレンネル島との間ですね。


21_spring_e2_2_3_zyuuzyunseiki
ボスは重巡洋艦 重巡棲姫。
最早お馴染み…。


21_spring_e2_2_4_amagiri
攻略中、ボスで綾波型駆逐艦5番艦 天霧をドロップ。
長らく不在だったので、やっとですね…。
…春の花束モードである。


21_spring_e2_2_5_oyashio
陽炎型駆逐艦 親潮もドロップ。
こちらは道中。
この艦も実装後暫く来なかったけど、ポロっと落ちたイベントで続け様に3隻来たんだよなぁ。
今回で4隻目。


21_spring_e2_2_6_zyuuzyunseiki_last
最終編成の時の重巡洋艦 重巡棲姫。
先制雷撃をしてくるようになりました。


21_spring_e2_2_7
夜戦までもつれ込んだけど、無事に撃沈。


21_spring_e2_2_8
第3段階目のボスが出現しました。
こちらは特にギミックなしで攻略開始できます。


21_spring_e2_2_9_kouryaku
攻略編成。
重巡1、戦艦1、空母2、軽空母1、駆逐1。
駆逐艦は編成しなくても行けるのだけれど、照月のサブ艦は2隻いたので、採用。
第1段階目とは別の出撃制限札が付くので、2隻目のサブ照月を採用しています。
その他、ビスマルクもサブ艦。

ビスマルク、プリンツオイゲンは順当な装備。
空母群は正規空母2隻を艦攻1、艦爆1、艦戦2の空母カットイン仕様。
軽空母は空母カットイン仕様を崩さずに艦戦を1にして、彩雲を搭載。
索敵値不足によるルート逸れを回避しています。

空母勢を下に配置しているのは、昼戦2巡目でボスへの有効打を与えやすくする為、そして夜戦で水上艦に攻撃を優先させる為。


…気付いたら、半分ドイツ艦だし、ビスマルクと縁の深いアークロイヤルを編成している辺り色々とめんどくさそうな編成である。
因みに、瑞鳳は特効持ち。


21_spring_e2_2_10_kitikoukuu
基地航空隊編成。
1部隊を3回ある空襲戦のうちの2回目と3回目に投げる為、戦闘機で構成。
手持ちの戦闘機で一番足の長い艦戦と陸上戦闘機を配置し、陸上偵察機で更に足を伸ばしています。
もう1部隊は陸上攻撃機でボスに。
敵編成に防空軽巡ツ級(最終編成ではeliteにパワーアップ)もいるけど、まぁ何とかなりましたね。
しかし、重巡棲姫もあれだね、初登場同じく基地航空隊初登場のマップだったのもあって、基地航空隊に対する耐性ない状態だったし、今回も基地航空隊に有効なのがツ級くらいだから陸攻フルでぶち当てられてるし、基地航空隊運あんまりないな…不憫。


ボスまで辿り着いてしまえば簡単、というのが第2段階目でした。
道中が厳しくて、3回の空襲戦に加えて、唯一の水上艦戦が軽空母の艦隊。
航空機の損耗が激しくなったりするし、航空機による強烈な一撃で良く道中撤退させられました。
空襲戦も1戦目は陸上基地からの攻撃、2戦目と3戦目は空母おばさんこと空母棲姫率いる空母艦隊からの攻撃だったので、2戦目と3戦目に基地航空隊を投げて緩和を図った訳です。
…1戦目の空襲戦で事故がなかった訳でもないし、ホントは道中の軽空母艦隊にも投げたかったけど、ボスにも投げたかったし、そこは妥協。


っつー訳で、次は第3段階目に入ります。





ネギタレ艦隊2021年5月末版です。
前回は21年4月末でしたね…。


正規空母
葛城改(かつらぎ) Lv.94
Intrepid改(イントレピッド) Lv.94
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.93→Lv.94
赤城改二(あかぎ) Lv.93
加賀改二(かが) Lv.93
Hornet改(ホーネット) Lv.93
雲龍改(うんりゅう) Lv.92
天城改(あまぎ) Lv.92
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.90→Lv.91
Aquila改(アクィラ) Lv.91
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.90
飛龍改二(ひりゅう) Lv.90
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.78(サブ)
飛龍改→飛龍改二(ひりゅう) Lv.75→Lv.77(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.22→Lv.67(サブ)
天城(あまぎ) Lv.50(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.45(サブ)
翔鶴(しょうかく) Lv.35(サブ)
瑞鶴(ずいかく) Lv.13(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.6(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.6(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.3(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.2→Lv.3(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)

装甲空母
大鳳改(たいほう) Lv.94
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.94
翔鶴改二甲(しょうかく) Lv.91
瑞鶴改二甲(ずいかく) Lv.90
大鳳改(たいほう) Lv.41(サブ)

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.98
大鷹改(たいよう) Lv.97
祥鳳改(しょうほう) Lv.95
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.95
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.93→Lv.94
飛鷹改(ひよう) Lv.94
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.93
龍鳳改(りゅうほう) Lv.93
鳳翔改(ほうしょう) Lv.92
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.91
大鷹(たいよう) Lv.91
千歳航改二(ちとせ) Lv.90
千代田航改二(ちよだ) Lv.90
神鷹改二(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.90
神鷹改(しんよう) Lv.79
Gambier Bay→Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.42→Lv.45(サブ)

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.97
Richelieu改(リシュリュー) Lv.96
陸奥改二(むつ) Lv.95
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
金剛改二(こんごう) Lv.93
Italia(イタリア) Lv.93
霧島改二(きりしま) Lv.92
比叡改二(ひえい) Lv.91
榛名改二(はるな) Lv.91
Roma改(ローマ) Lv.91
Iowa改(アイオワ) Lv.91
長門改二(ながと) Lv.90
大和改(やまと) Lv.90
武蔵改(むさし) Lv.90
Washington改(ワシントン) Lv.90
South Dakota改(サウスダコタ) Lv.90
Гангут два (ガングート) Lv.90
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.81→Lv.82(サブ)
陸奥改(むつ) Lv.80(サブ)
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Warspite改(ウォースパイト) Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.80(サブ)
Гангут два (ガングート) Lv.80(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.75(サブ)
大和改(やまと) Lv.60(サブ)
長門(ながと) Lv.1(サブ)
South Dakota(サウスダコタ) Lv.1(サブ)

航空戦艦
山城改二(やましろ) Lv.96
扶桑改二(ふそう) Lv.95
日向改(ひゅうが) Lv.60→Lv.80
伊勢改(いせ) Lv.64→Lv.70

改装航空戦艦
伊勢改二(いせ) Lv.97
日向改二(ひゅうが) Lv.97

重巡洋艦
那智改二(なち)○ Lv.100
羽黒改二(はぐろ) Lv.97
足柄改二(あしがら) Lv.96
Zara due(ザラ) Lv.95
Pola改(ポーラ) Lv.95
妙高改二(みょうこう) Lv.93
鳥海改二(ちょうかい) Lv.93
古鷹改二(ふるたか) Lv.92
加古改二(かこ) Lv.92
青葉改(あおば) Lv.92
衣笠改二(きぬがさ) Lv.92
愛宕改(あたご) Lv.92
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
摩耶改二(まや) Lv.91
Houston改(ヒューストン) Lv.90
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.45(サブ)

航空巡洋艦
利根改二(とね) Lv.95
筑摩改二(ちくま) Lv.95
三隈改(みくま) Lv.94
最上改(もがみ) Lv.93
鈴谷改二(すずや) Lv.92
熊野改二(くまの) Lv.91
最上改(もがみ) Lv.65→Lv.85
鈴谷改(すずや) Lv.35(サブ)
熊野改(くまの) Lv.35(サブ)
三隈改(みくま) Lv.34(サブ)
三隈改(みくま) Lv.31(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)
三隈改(みくま) Lv.30(サブ)

軽巡洋艦
天龍改二(てんりゅう) Lv.98
由良改二(ゆら) Lv.98
阿武隈改二(あぶくま) Lv.97
龍田改二(たつた) Lv.95
神通改二(じんつう) Lv.95
多摩改二(たま) Lv.94
五十鈴改二(いすず) Lv.93→Lv.94
那珂改二(なか) Lv.94
鬼怒改二(きぬ) Lv.93
矢矧改(やはぎ) Lv.93
大淀改(おおよど) Lv.92
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.92
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.92
Gotland改(ゴトランド) Lv.92
Perth改(パース) Lv.92
球磨改(くま) Lv.91
長良改(ながら) Lv.91
名取改(なとり) Lv.91
川内改二(せんだい) Lv.91
阿賀野改(あがの) Lv.90
能代改(のしろ) Lv.90
酒匂改(さかわ) Lv.90
Helena改(ヘレナ) Lv.90
Sheffield改(シェフィールド) Lv.90
De Ruyter改(デ・ロイテル) Lv.90
球磨改(くま) Lv.58→Lv.80
矢矧改(やはぎ) Lv.44→Lv.55
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.45(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
阿賀野改(あがの) Lv.35(サブ)
矢矧改(やはぎ) Lv.35(サブ)
矢矧改(やはぎ) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
大淀改(おおよど) Lv.35(サブ)
阿武隈(あぶくま) Lv.12(サブ)
大井(おおい) Lv.1→Lv.2(サブ)
大淀(おおよど) Lv.1(サブ)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.94

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.95

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.95
夕張改二(ゆうばり) Lv.90
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.90

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.96
大井改二(おおい) Lv.96
木曾改二(きそ) Lv.95
北上改二(きたかみ) Lv.50→Lv.52(サブ)
北上改二(きたかみ) Lv.50(サブ)
北上改→北上改二(きたかみ) Lv.47→Lv.50(サブ)
北上改→北上改二(きたかみ) Lv.15→Lv.50(サブ)
大井改→大井改二(おおい) Lv.14→Lv.50(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14→Lv.37(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14→Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.14→Lv.16(サブ)
大井改(おおい) Lv.14→Lv.16(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.14→Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.13→Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.13→Lv.15(サブ)
北上改(きたかみ) Lv.12→Lv.14(サブ)
北上→北上改(きたかみ) Lv.1→Lv.14(サブ)

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.11(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.116→Lv.117
電改(いなづま)○ Lv.117
睦月改二(むつき) Lv.99(MAX)
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
弥生改(やよい) Lv.98
皐月改二(さつき) Lv.98
文月改二(ふみづき) Lv.98
長月改(ながつき) Lv.98
菊月改(きくづき) Lv.98
三日月改(みかづき) Lv.98
望月改(もちづき) Lv.98
卯月改(うづき) Lv.97
Верный(ヴェールヌイ) Lv.96→Lv.97
水無月改(みなづき) Lv.96
潮改二(うしお) Lv.96
秋月改(あきづき) Lv.96
Janus改(ジェーナス) Lv.96
山風改(やまかぜ) Lv.95
涼月改(すずつき) Lv.95
Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.95
Ташкент改(タシュケント) Lv.95
綾波改二(あやなみ) Lv.94
白露改二(しらつゆ) Lv.94
村雨改二(むらさめ) Lv.94
夕立改二(ゆうだち) Lv.94
海風改二(うみかぜ) Lv.94
江風改二(かわかぜ) Lv.93→Lv.94
Johnston改(ジョンストン) Lv.94
荒潮改二(あらしお) Lv.93
初月改(はつづき) Lv.93
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.93
吹雪改二(ふぶき) Lv.92
時雨改二(しぐれ) Lv.92
雪風改(ゆきかぜ) Lv.92
風雲改二(かざぐも) Lv.92
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.92
朝潮改二(あさしお) Lv.91
朝潮改二丁(あさしお) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.91
谷風丁改(たにかぜ) Lv.91
照月改(てるづき) Lv.91
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.91
Libeccio改(リベッチオ) Lv.91
Fletcher改 Mod.2(フレッチャー) Lv.91
神風改(かみかぜ) Lv.90
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
暁改二(あかつき) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
有明改(ありあけ) Lv.90
春雨改(はるさめ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
涼風改(すずかぜ) Lv.90
朝雲改(あさぐも) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.90
天津風改(あまつかぜ) Lv.90
浦風丁改(うらかぜ) Lv.90
磯風乙改(いそかぜ) Lv.90
浜風乙改(はまかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
秋雲改二(あきぐも) Lv.90
長波改二(ながなみ) Lv.90
清霜改(きよしも) Lv.90
島風改(しまかぜ) Lv.90
松改(まつ) Lv.90
竹改(たけ) Lv.90
Grecale改(グレカーレ) Lv.90
Scirocco改(シロッコ) Lv.90
江風改二(かわかぜ) Lv.75(サブ)
雪風改(ゆきかぜ) Lv.73
浦風丁改(うらかぜ) Lv.72(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.71(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.68→Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.61
藤波改(ふじなみ) Lv.50→Lv.60
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.60
旗風改(はたかぜ) Lv.58
Ташкент改(タシュケント) Lv.58(サブ)
Johnston改(ジョンストン) Lv.57(サブ)
松風改(まつかぜ) Lv.55
曙改(あけぼの) Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
黒潮改(くろしお) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Janus改(ジェーナス) Lv.55(サブ)
朧改(おぼろ) Lv.52
若葉改(わかば) Lv.52
野分改(のわき) Lv.52
初雪改(はつゆき) Lv.51
薄雲改(うすぐも) Lv.51
浦波改(うらなみ) Lv.51
子日改(ねのひ) Lv.51
初霜改(はつしも) Lv.51
霞改(かすみ) Lv.51
不知火改(しらぬい) Lv.51
舞風改(まいかぜ) Lv.51
朝風改(あさかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
漣改(さざなみ) Lv.49→Lv.50
満潮改(みちしお) Lv.50
親潮改(おやしお) Lv.37→Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.50
早波改(はやなみ) Lv.44→Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
岸波改(きしなみ) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
早霜改(はやしも) Lv.42→Lv.50
jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
照月改(てるづき) Lv.42→Lv.44(サブ)
照月改(てるづき) Lv.40→Lv.43(サブ)
初月改(はつづき) Lv.40(サブ)
Z1→Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.25→Lv.39(サブ)
Z3→Z3改<マックス・シュルツ> Lv.25→Lv.39(サブ)
峯雲改(みねぐも) Lv.38(サブ)
桃(もも) Lv.1→Lv.38(NEW)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
親潮改(おやしお) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
狭霧改(さぎり) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
春雨改(はるさめ) Lv.30(サブ)
海風改(うみかぜ) Lv.30(サブ)
風雲改(かざぐも) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
長波改(ながなみ) Lv.30(サブ)
白雪改(しらゆき) Lv.28
深雪改(みゆき) Lv.27→Lv.28
磯波改(いそなみ) Lv.28
大潮改(おおしお) Lv.27→Lv.28
霰改(あられ) Lv.27
霞(かすみ) Lv.18
天霧(あまぎり) Lv.1→Lv.7(NEW)
島風(しまかぜ) Lv.1(サブ)

海防艦
国後改(くなしり) Lv.70
八丈改(はちじょう) Lv.70
択捉改(えとろふ) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.70
佐渡改(さど) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
御蔵改(みくら) Lv.70
日振改(ひぶり) Lv.69→Lv.70
大東改(だいとう) Lv.69
占守改(しむしゅ) Lv.66→Lv.68
石垣改(いしがき) Lv.67→Lv.68
平戸(ひらと) Lv.31→Lv.36

潜水艦
まるゆ改 Lv.92
伊168改 Lv.90→Lv.91
伊47改 Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
Luigi Torelli改→UIT-25<ルイージ・トレッリ> Lv.33→Lv.41(サブ)
伊203 Lv.1(NEW)

潜水空母
伊13改 Lv.90→Lv.91
伊14改 Lv.90→Lv.91
伊400改 Lv.90
伊401改 Lv.90
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.84→Lv.86
伊8改 Lv.78→Lv.81
伊19改 Lv.79→Lv.81
伊13改 Lv.45(サブ)
伊14改 Lv.45(サブ)
伊401改 Lv.35→Lv.38(サブ)
伊400改 Lv.37(サブ)
伊401改 Lv.36(サブ)

水上機母艦
日進甲(にっしん) Lv.95
千歳甲(ちとせ) Lv.91
千代田甲(ちよだ) Lv.90→Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
瑞穂改(みずほ) Lv.90
秋津洲改(あきつしま) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.42(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)
日進(にっしん) Lv.1(サブ)

補給艦
神威改母(かもい) Lv.90
速吸改(はやすい) Lv.90
神威(かもい) Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.90
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 迅鯨改(じんげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 迅鯨(じんげい) Lv.1→Lv.22(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.90
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)






続きからコメント返信!!

続きを読む "狭まる選択肢"

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »