« 3日まとめてどーん! | トップページ | 近いようで遠い »

2020年11月21日 (土)

全ての道は通ず

ちょっと間が開いてしまいましたね…。
もうすぐ繁忙期なので、その準備とかに追われていたり、新型コロナ絡みのあれこれがあったりとちょっと余裕が…といった所。

怒涛のお出かけラッシュはまだ手つけてませんが、画像を交えて簡単にでも紹介していきたい所。
来週末にはお船のイベントも始まるし。






お出かけ前に行われていた、F1エミリア・ロマーニャGP決勝!!

3度目のイタリア開催。
ちょっともやっとしてるね。
天気的には曇りだ。

解説のハミーさんにとっては、ブリヂストンにいた時の思い出が沢山あるサーキット。


レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーは笑顔。
リラックスしているのでしょうか。

ガスリーのように、ルクレールやノリスも特別ヘルメットを持ち込んでいるようですね。
他にもいそう。

アルボンの予選後インタビュー。
トラックリミットの判断基準に関して、コーナー毎に違うのはキツいよねぇ。。

あー、そういや、クビアトは今シーズン初のQ3進出だったか。
ホンダパワーユニットユーザーの4台が全てQ3に進出しているので、期待が高まりますね。


コースレイアウトを模したトロフィ。
タンブレロにあたる場所の近くにダイヤモンド…セナがクラッシュした場所を示しているのだそう。
コースオフして、ウォールにクラッシュした場所を指し示している訳ですね。

…ん、ガスリーのマシンで何か作業?
さっき無線入ってたような気がするけど、聞き逃した。。

グリッドに描かれているのはセナとローランド・ラッツェンバーガーのヘルメットだな?

イタリア国歌!
男性歌手3人による合唱。
イタリアっぽくて良いわぁ…。
ユーロファイター タイフーンの編隊によるフライバイ!!


ヨーロッパでの新型コロナ感染再拡大により、イモラは直前で無観客になってしまいましたが…サーキットは住宅地の真ん中にあるので、おそらく住人が観戦している事でしょう。

サインツJr.のヘルメット、いつもより光沢があるような…。
ジョヴィナッツィも当たり前のように特別ヘルメット。
アルファロメオ創立110周年を祝したのか、クラシックなデザイン。
アルファロメオにとっては、ザウバーとのパートナーシップ延長も発表しているし、会社としては地元になる訳だし、特別な1戦ですね!
お祝い事が多いからか、アルファロメオのエンジンカウル上部にはイタリア国旗カラーが施されています。


ガスリーのセナトリビュートヘルメットががっつり映った!
マクラーレン・ホンダ時代のセナを彷彿とさせる。

ん、ハミルトンはシートを修正しているようだ。
シートが破損していたんでしょうか、スペア持ってきてますね…。


前回開催、2006年の時のオーバーテイク回数は1回のみらしいです。
MF1レーシングのティアゴ・モンテイロがスーパーアグリの佐藤琢磨をオーバーテイクしています。


シグナルがブラックアウト!!
ガスリーは良いスタートだったけど、寄ってきたハミルトンに抑えられたな…。
その隙を突いて、リチャルドがガスリーの前、4番手に浮上しています!
フェルスタッペンがハミルトンに先行し、2番手だ。

あっと、マグヌッセンがスピン!
ベッテルと接触したようだ。
コース脇にストロールのフロントウイングが落ちてる…こちらはオコンとの接触のようです。
リプレイを見ると、接触で傾いた後、縁石を走った時の振動で落ちたようですね。

ジョヴィナッツィ、スタートで順位を上げて14番手だ!
彼は今シーズン、スタートで大きく順位を上げる事が多いね。


8周目、ガスリーに無線。
マシントラブルでリタイアか…ラジエーター破損だったとの事。。
残念。。


10周目、フェルスタッペンの無線。
メルセデスに対して、コーナーでは速いがストレートで負けてるようだ。


15周目、ソフトタイヤ勢が続々ピットイン。
リチャルド、アルボン、クビアト、サインツJr.と一時レッドブル関係者が連なる位置関係に。


17周目、クビアトがアルボンに仕掛ける!
が、ここはアルボンがブロック!
ちょっとだけクビアトのフロントウイングがアルボンに当たってる…!


20周目、ハミルトンはピットインを引っ張る作戦だな。
フェルスタッペン、ボッタスは先にピットインしています。
ハミルトンのタイヤマネージメント能力凄いからね。


23周目、ボッタスの無線。
左側フロアにダメージがある。
徐々にペースが…。


29周目、オコンがコース脇にマシンを止めてリタイア。
クラッチトラブル?
黄旗!


30周目にバーチャルセーフティカー!
ここでハミルトンがピットイン!
そしてすぐにバーチャルセーフティカー終わり。
4番手ベッテル、5番手ライコネンと恩恵が得られるかと思ったけど、実際はハミルトンだけになりました。


38周目、ボッタスの無線。
フロアのダメージの原因になったデブリはかなりでかかったらしい。
が、ボッタスは何処で拾ったのか心当たりなし。
チームも把握できてないようだ。


40周目、ベッテルがピットイン。
…おっそ!!
左リアが抜けない…交換できた…と思ったら、今度は右フロントのホイールガン抜けない。
13.1秒かかって、ジョヴィナッツィの後ろ14番手。

感想を求められたハミーさん「基本ができてないですよね。タイヤを正確に差し込んでいない。」


43周目、ボッタスがミスった!!
苦手っぽいコーナーで膨らんで、リアがグラベルに…フロアのダメージでリアが不安定になってるのもあるか。
フェルスタッペンが急接近!
DRSゾーンになっているホームストレートでボッタスをかわし、2番手に!


45周目、ライコネンはスタートタイヤのミディアムタイヤで引っ張る引っ張る。
普通にピットインすると12番手、セーフティカーが入ると10番手で復帰できる。


46周目、マグヌッセンの無線。
「頭が痛くなってきたんだけど。」
マシンの振動とかが原因か?
48周目に再び無線。
「頭痛い。」


49周目、マグヌッセンがピットイン。
リタイアだ。
公式には、ギアボックストラブルとの事。
トラブルによって振動が引き起こされ、頭痛に繋がっていました。

ここでライコネンがピットイン、12番手で復帰。
またしてもベッテルと並ぶ位置に…流石バディーズ。
今シーズン何度も見かける場面である。


51周目、黄旗!
フェルスタッペンがスピンしてグラベルでストップ!
右リアタイヤがバーストしている…?
フェルスタッペンの無線「何かがマシンて壊れた!」

セーフティカー!
フェルスタッペン、バーストしたタイヤを蹴飛ばす。

ハミルトンにピットイン指示!
その前にボッタスがピットイン。

フェルスタッペンのリプレイ。
右のフロア辺りから何か飛んだ?
振動があって、何か飛んで、フロントタイヤを両輪共ロックさせつつスピン。
何があったのか…カメラにも捉えられてない。

ペレス、クビアト、サインツJr.、ベッテルとピットイン。
ハミルトンも入ってきた。
リチャルド、ルクレール、アルボンがコースに残って、それぞれ3番手、4番手、5番手。


53周目、ラッセルがウォールにクラッシュ!
加速した時にアクセル踏みすぎて挙動を乱したようだ。
これはドライビングミス…。
クラッシュした場所は下り坂、バンプあり、木々がせり出していて影になる…と中々癖のありそうな場所でした。

ストロールのリプレイ。
ピットインの時に止まりきれず、フロントのジャッキ担当を吹っ飛ばしてしまう!
後転してすぐに立ち上がり、サブのジャッキを持って退避していたので、大丈夫そうではあるが…危険な場面だった。。

ラッセル、フェンスの所に座り込んで、茫然自失。


55周目、ベルント・マイランダーさんのターン。
彼は1999年にイモラで開催されたF3000で初めてセーフティカードライバーを務めたとの事。


58周目、リスタート!
先頭のメルセデス勢は順当にリスタートをする。
後ろは混戦!
7番手クビアトがペレスとアルボンをかわして5番手に浮上!
ラティフィはジョヴィナッツィをかわして11番手、後1つ上げられればチームとしても彼としても今シーズン初ポイントになる。

クビアトはルクレールもかわして4番手に!
前はタイヤ交換していないリチャルド!
表彰台に手が届くか…?

…っと、ペレスにアタックされていたアルボンが痛恨のスピン!!
黄旗!
真後ろにいたサインツJr.は咄嗟にブレーキをかけて、回避。
良く当たらなかったなぁ。。
アルボンはクラッシュしなかったものの、最後尾の15番手になってしまいました。

ライコネンが9番手、ジョヴィナッツィが10番手と母国GPのアルファロメオがダブル入賞チャンス。
後ろはポジションキープしているラティフィ。

ここでアルボンがピットイン。
タイヤ交換時間は1.9秒、早い!


62周目、リチャルドとクビアトの3番手争い!
ペレスもルクレールを猛プッシュし、5番手争いが激しくなっています。


63周目、ファイナルラップ!
ハミルトンが猛然とファステストラップを連発している!
因みに、ハミルトンのリードラップ数は5000周を越えたとか。

ハミルトンがファステストラップを更新しながらチェッカー!
2位にボッタスが入り、メルセデスAMGはコンストラクターズチャンピオン獲得!
7年連続は新記録!

リチャルドが3番手を守りきり、今季2度目の表彰台獲得!
クビアトは惜しくも表彰台を逃しましたが、今季最高位となる4番手を獲得!
20_11_1_ita1
ツイッターのトレンドにも。

ライコネンが9位、ジョヴィナッツィが10位を守りきって、アルファロメオがダブル入賞!
メモリアルな週末に花を添えました!

ハミルトンとボッタスがランデブー走行でチームを祝福!

ファステストラップポイントもハミルトン!
ボッタスは不運たったなぁ…。

トラックリミットを超過した為、グロージャンに5秒加算ペナルティ。
これ、ポジション1つ落としたかな。


リチャルド組は大喜び!
ピー。
今回はシューイ、忘れなさそうだね?


トトとハグするハミルトン。

ハミルトン、トトを持ち上げられるのかwww
トトもハミルトンを持ち上げるwww


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
リチャルドも予想外の3位フィニッシュ。
リチャルド「マックスがどうなったのか分からない。
クビアトが何処からか出てきた。」
ディ・レスタ「またタトゥーをつけるチャンスですね?」
リチャルド「チームの他の人がやるかも!
シューイは行けそうです!」

ボッタス、フロアのダメージは7コーナー。
デブリ見えてたのね。
流石に残念そうだよなぁ。

ハミルトン「疲れたレースでした!
スピードもありますし、スタート大変だったので。」
チームクルーへの感謝を述べるハミルトン。
「素晴らしいリーダーの元で皆良くやってくれてるんです。」
トトにもしっかり言及。
「孫に伝えたい記録」とも。

トトのインタビュー!
インタビュー中はしっかりコメント。
インタビュー終わりは手を振ってウインク、そしてにっこり!
ボッタスのデブリについて「フェラーリのものじゃないでしょうか?
これくらい(手で大きさを示す)大きなデブリがあったみたいです。」
ベッテルのフロントウイングの一部らしい。
やっぱりストロールと接触した時に落としたやつか。

リプレイもあったけど、むちゃくちゃ嬉しそうだったな、トト。


表彰台!
リチャルド、ニコニコだな?

イギリス国歌!
からの、いつもの…ドイツ国歌!
コンストラクターズチャンピオン決定お祝いだね!

トロフィ授与!
あのダイヤモンドついたやつやん!

シャンパンファイト!!
ハミルトンとチームクルーはフライングしたな?
まず飲むボッタス。

アビテブール、ニヤニヤしてない?
リチャルド注目!
おっ…リチャルドが表彰台に座ったぞ?
はい、脱いだ!!
シューズ脱いだ!!
入れましたー!!!
シューイ!!シューイ!!
これ、ハミルトンに声かけてるだろwww
あー、もう、片方も脱いじゃったじゃん!!
ルノーのクルーめっちゃ楽しそうじゃんwww
そりゃカメラ構えるよねwww
ハミルトンとシューイの共演!!
前回被害食らった時に二度とやんねーって言ってなかったっけ?www
トト、ハミルトンにシューイ許して良いの?www

そして安定のソーシャルディスタンスを保つボッタス。

20_11_1_ita2
関連ワードにシューイが…w


因みに、ドライバー・オブ・ザ・デイはライコネンでした!


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はダニエル・リチャルド/ルノー
4位はダニール・クビアト/アルファタウリ
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
7位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
8位はランド・ノリス/マクラーレン
9位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
10位はアントニオ、ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

11位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
12位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
13位はランス・ストロール/レーシングポイント
14位はロマン・グロージャン/ハース
15位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル

リタイアは…
ジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ケビン・マグヌッセン/ハース
エステバン・オコン/ルノー
ピエール・ガスリー/アルファタウリ

ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(282Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(197Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(162Pt)
4位:リチャルド/ルノー(95Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(85Pt)
6位:ペレス/レーシングポイント(82Pt)
7位:ノリス/マクラーレン(69Pt)
8位:サインツJr./マクラーレン(65Pt)
9位:アルボン/レッドブル(64Pt)
10位:ガスリー/アルファタウリ(63Pt)
11位:ストロール/レーシングポイント(57Pt)
12位:オコン/ルノー(40Pt)
13位:クビアト/アルファタウリ(26Pt)
14位:ベッテル/フェラーリ(18Pt)
15位:ニコ・ヒュルケンベルグ/レーシングポイント(10Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(4Pt)
17位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(4Pt)
18位:グロージャン/ハース(2Pt)
19位:マグヌッセン/ハース(1Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
21位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(479Pt)
2位:レッドブル(226Pt)
3位:ルノー(135Pt)
4位:マクラーレン(134Pt)
5位:レーシングポイント(134Pt)
6位:フェラーリ(103Pt)
7位:アルファタウリ(89Pt)
8位:アルファロメオ(8Pt)
9位:ハース(3Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)


フェルスタッペンは3戦あったイタリアでのレース全てでリタイアしていますね…今年はイタリアとの縁がなかったようです。。

20_11_1_ita3
オマケ。
F1観戦のお供。
新品ICEと芋ら。

ICEとは、アイスの事であり、パワーユニットの構成要素の一つである内燃機関(エンジン)の事でもある。
イモラサーキットだから芋のデザート。

ホントは芋のアイスがあれば一発だった。




続いて、F1トルコGP予選!!

ウィリアムズの臨時チーム代表、サイモン・ロバーツが新型コロナ検査で陽性になった為、欠席。
濃厚接触者はいないとの事。


最大都市、イスタンブール近郊にあるイスタンブールパークサーキット!
9年振り…もうそんな経つのか。。
最大5Gもの負荷がかかる非常に長い名物コーナー、ターン8を擁する左回りサーキットである。
近代サーキットを多く手掛けるヘルマン・ティルケの作で、アメリカのサーキット・オブ・ジ・アメリカズと並んでティルケサーキットで最高のサーキットと見なされています。
マッサの左回り得意説発祥の地。

前回のイモラに引き続き、トルコも無観客開催である。
本当は観客入れる予定だったけど、こちらも急遽変更。


セーフティカーがコースチェックしている場面から開始。
しっかり雨降ってたんだなぁ。。
2週間前に路面を再舗装したばかりなので、余計に滑りそう。。

国際映像には残っていないようだが、コースを走る犬がいたらしいです。
四足共縁石の外側、ランオフエリアに出ていたので、トラックリミット違反ですね!

アルファタウリのスタッフがピットボックスをブロアーで乾かしている…バレちゃダメなやつでは??

めちゃめちゃアヤソフィア登場。
最近、何かと話題に出る。。

もやもや、雲の中のイスタンブールパークサーキット。
降水確率は90%。


Q1
インターミディエイトとウエットで分かれてるな…。
ハミルトンはウエットだ。
…無線でパワーがないみたいだって言っているようだ。

レッドブル勢はインターミディエイト。
フェルスタッペンがコースオフしたりスピンしたり…これはウエットかな。

残り14分半、セクター2で黄旗。
アルボンはウエットに履き替えたか。

残り11分、雨足が強くなり始めてる。
フェルスタッペンもウエットタイヤに履き替えたな。
バックストレートかなり雨量多そうなんだけど。
さっきから黄旗が連発されてる。

ウエットでも滑ってるのに、インターミディエイトは難しいのでは。

残り6分56秒、赤旗中断!
フェルスタッペンが15番手でギリギリ。
ノックアウトゾーンはルクレール、グロージャン、ガスリー、ラッセル、ラティフィというラインナップ。

…フェルスタッペンのメカニックがフロントウイングを調整しているようだ。
ルクレール、バイザーが曇るのか、見えないと言っています。

コース上に川が…。

視界は良くなったので、セーフティカーがコースチェックへ…いや、待機か。
セーフティカーカメラでちらっとベルント・マイランダーさん。

アルファロメオはザウバー時代含めて500戦目のメモリアルとなる週末です。

セーフティカーがコースチェックに入ってる。
もう1周。
セーフティカーが戻ってきた。
車内で何やらお話してる。

アルファロメオもピットボックスをブロアーで乾かしてるわ。
許されてるんだっけ??

今度はコース清掃車が登場。
丁度窪地になっている部分に雨水が溜まってきているので、その除去が目的でしょう。

メルセデスもフェラーリもレッドブルも皆ブロアー使ってるwww

5分後に状況アップデートがある模様。
コース清掃車がまだ作業中だ。
ここまでで25分くらい中断されてる。

川井ちゃん「やりましょう。」

雲の隙間から青空も見え初めています。

同じチーム内でも半袖の人、着込んでる人がいたりして、千差万別。

現在のトップタイムはオコンの2分6秒115。
珍しくQ1のアタックラップがリプレイされたなぁ。

セーフティカーが再びコースチェックに入った。
水飛沫があまり飛んでいないからそろそろ行けそうだ。
話題はセーフティカーのコ・ドライバーの方へ。
川井ちゃん「隣の人、真面目な顔してるの面白くないなぁ。」
確かに、ずっと表情崩さないよね、あの人。
1周で戻ってきた。
再開時間が告知されました。
現地時間15時55分から再開。
5分後くらいかな?

再開まで約3分。
アルボン、ライコネンとピット出口に並ぶマシンがぽつぽつと出てきました。
フェルスタッペン、ルクレール、ベッテルが追加。
メルセデスパワーユニット勢はパワーユニットがオーバーヒートしてしまうから、まだガレージだな。

再開!
ライコネン、3コーナー手前でスピン!
縁石で滑ったかな?
ルクレールと近い位置でアタックへの準備を進める。

アルボンがアタックに入りました!
うおぉ、リアがフラフラしてる。
黄旗。
ルクレールがコースオフ。
グラベルに真っ直ぐ入ったし、芝生に逃れられたから抜けられましたね。

再び黄旗。
あー、グロージャンがスピンしてグラベルでストップ!
残り時間3分30秒で再び赤旗だ。
全ドライバーに残されたチャンスは1周になってしまった。

ハースのチーム代表、ギュンター・シュタイナー。
奥には小松さん。

後1分30秒程で再開。
各チームが慌ただしく準備しています!
誰か出口に並んだな…オコンがちらっと見えた。
フェルスタッペンが先頭かな?
後ろにアルボンもいる。レッドブル勢、流石だわ。
3番手に並んでいたのはライコネン。
合計で8台並んでたか。

再開!
ボッタスもすぐにコースへ向かいましたね…。
ハミルトンは最後にコースへ出ています。
最終コーナー、まだ水が溜まってて滑りやすいな。

残り1分30秒、先頭のフェルスタッペンがアタックへ!
ターン1ギリギリ!

フェルスタッペン、セクター1全体ベスト!
黄旗!
クビアトがミスったか?

チェッカー!

フェルスタッペン、トップタイム!
また黄旗だ。
アルボンも続いて2番手。
ライコネン3番手、ベッテル4番手、ルクレール5番手。
ジョヴィナッツィが8番手。
オコンはタイムが伸びなかった。6番手のまま。
リチャルドが6番手。
ガスリーが6番手に。
ミスったクビアトも当然タイムが出ないのでノックアウトだ。

ラティフィ、スピンしてコースオフ。
グラベルにハマってたか。

ハミルトン、コースオフして1コーナーのトラックリミット越えたからタイム抹消。
14番手というギリギリのタイムでQ1突破だ。

マグヌッセン無線。
「そこら中でイエロー出てるのに、皆どうやってタイムを上げたんだ?」

ハース勢とウィリアムズ勢がダブルノックアウト。
ミスったクビアトもノックアウトだ。

ラティフィのマシン撤去が行われています。


Q2
セクター2に黄旗が入ったままスタート。
ラティフィのマシン撤去が終わっておらず、まだマーシャルやクレーンがいるけど…鈴鹿のビアンキの事故を考えてしまう。

撤去作業を見たライコネンの無線。
「何でセッションスタートしたんだ?」

マクラーレン勢だけがインターミディエイトでアタックしてる。
セクター1全体ベストはライコネン。

トップタイムを出していたノリス、トラックリミット越えてタイム抹消。

フェルスタッペンがトップタイム。
ストロールが2番手。
ペレスが2番手。
ボッタス、ハミルトン、アルボンと続く。
残りは9分だ。

アルボンがトップタイム!
しかし、ストロールが速い!
トップタイム!
ペレスも3番手にきている。
…トラックリミット越えてタイム消された。

ライコネンが2番手!
ジョヴィナッツィも9番手。
残りは6分半。

フェルスタッペンがトップ。
ペレスは2番手。
ボッタスが3番手、ハミルトンが4番手だ。
残り5分。
マクラーレン勢もウエットタイヤに履き替えたか。

ジョヴィナッツィが8番手に上げた。
フェルスタッペンがトップタイムを更新し続けている。
残り4分切って、ガスリーがタイヤを交換。
新品のウエットで勝負に出た感じか。

残り1分半。
途中でウエットに替えたノリスは11番手。
サインツJr.が10番手と大幅な順位上昇が出来ていない。
フェラーリ勢がまだノックアウトゾーン。
ここでライコネンが3番手!
オコンが8番手。
アルボンが2番手に入った!
ベッテル、11番手。
ガスリーはセクター1でタイム伸びず。
チェッカー!

ガスリー、セクター2は自己ベスト。
ハミルトンが3番手!
サインツJr.は11番手でノックアウト。
ガスリー、タイムを更新するも15番手のまま。
ノックアウト。
ライコネンは6番手!
ジョヴィナッツィが5番手!
オコンが6番手!
ノリスは11番手でノックアウト。
ベッテルは12番手、ルクレールは14番手。

フェラーリ勢、マクラーレン勢がダブルノックアウト!
ヘルメットのクリアバイザーからガスリーの表情が見える。
アルファロメオ勢は去年のオーストリアGP以来となる、2台揃ってQ3進出!
クリアバイザーからジョヴィナッツィの表情が見える。

ルクレールの無線。
P1とのギャップ、6秒に驚いてる。

サインツJr.にひっかかるペレス、文句が…。
ルクレール、1コーナーで膨らんでタイム抹消。

ノリスは誕生日迎えたばかりだったんだよね。


Q3
フェルスタッペン、アルボン、ライコネン、ジョヴィナッツィが早々とピットレーン出口で待機。
そういや、レッドブルは参戦300戦目か。

レーシングポイントはインターミディエイトで勝負に出そうだ。
メルセデス勢はウエットタイヤ!
オコンはインターミディエイト?
レーシングポイントはストロールはウエット、ペレスがインターミディエイトと分けてきました。

まだ最終コーナーかなり濡れてる。

フェルスタッペン、ちょっとリアが滑ってる。
セクター1、セクター2が全体ベスト。

ペレスがセクター1全体ベスト!
フェルスタッペンがセクター1全体ベスト!
ペレスがトップタイム!
フェルスタッペン、セクター2も全体ベスト!
おっと、ここでピットイン…インターミディエイトに交換だな?

うぉぉ、ペレスがハーフスピンしてる。。

メルセデスがインターミディエイトを準備している。
ボッタス、ハミルトンが共に交換だ。

残り4分。
ライコネンが3番手。

オコンがインターミディエイトに履き替えに行く中、リチャルドはウエットタイヤのまま。
トップタイムを保持しているペレスはここの所タイムアップがない。

フェルスタッペン無線。
ピーピーピー
「このタイヤ、グリップない!!」
アルボン、3番手。
ペレスが上手くまとめてトップタイム更新!
ストロールが2番手!!
残りは1分切っているぞ。

黄旗。

チェッカー!
リチャルドは4番手!
ストロールがセクター2全体ベスト!
オコンが6番手。
フェルスタッペンはセクター1全体ベスト!
ストロール、トップタイム!!
1分47秒765!
ハミルトンは6番手!
ボッタスは9番手止まり。
フェルスタッペンも届かない、2番手!
アルボンは4番手タイム。

ストロール、初ポールポジション獲得!!
101人目のポールシッター!!
無線で大喜びのストロール!!
1997年ヨーロッパGPのジャック・ヴィルヌーブ以来、カナダ人ドライバーでは3人目!

レーシングポイントとレッドブルがフロントローとセカンドローに並びます。
メルセデスの連続ポールを止めたのはレーシングポイント!
まぁ、パワーユニット的には同じなんだけどね。


ストロール、チームクルーから祝福を受ける!
カナダ国旗持ってるクルーも。
皆から祝福されてる。


レーシングポイントのポールポジションは、フォースインディア時代の2009年ベルギーGPでジャンカルロ・フィジケラが獲得して以来かな?


インタビュワーはマーク・ウェバー…ゑ!
またこのサーキットに所縁のある人連れてきたなぁ。
レッドブル時代にベッテルと同士討ち…。

まずはペレス。
3番手奇数も十分良いスタート位置かと。

フェルスタッペン、Q2良かったけど、最終的にポールに届かなかった。
インターミディエイトの感触が良くなかった、と。
だいぶがっかりしてるよね。

ニューポールシッター、ストロール!
ヴィルヌーヴ以来、カナダ人3人目と紹介されてる。
最後のラップはプレッシャーもあった中、上手く決められたと。
「ムジェロから大変だったので、本当に嬉しいです。」

ストロール、ポールポジションアワードのタイヤに初サイン。

20_11_15_str
ツイッターでも上がってました。


ポールポジションからはランス・ストロール/レーシングポイント
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
4番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
6番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
7番手からはエステバン・オコン/ルノー
8番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
9番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
10番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

11番手からはランド・ノリス/マクラーレン
12番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
13番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
14番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
15番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
18番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
19番手からはロマン・グロージャン/ハース
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ


ラッセルはパワーユニットの年間使用数を越えた為、最後尾スタートに。
エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hが4基目となります。

サインツJr.に3グリッド降格ペナルティ。
予選中にペレスをブロックした事について。

また、ストロール、ノリス、サインツJr.に予選中の黄旗無視についての審議がある模様。
これにより、ノリスとラッセルに5グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはランス・ストロール/レーシングポイント
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
4番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
6番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
7番手からはエステバン・オコン/ルノー
8番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
9番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
10番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
12番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
13番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
14番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
15番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン

16番手からはランド・ノリス/マクラーレン
17番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
18番手からはロマン・グロージャン/ハース
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ


20_11_15_shoey
2週間経ってから気付いたんだけど、F1公式ツイッターのヘッダーがイモラでのシューイに…w




F1トルコGP決勝!!


まだ路面濡れてるやん!
…あ、決勝前に雨降ったのか!
まだ降りそうなのね。

あー、ジョヴィナッツィがグラベルでストップ!
挙動乱してコースオフ、ウォールにフロントウイングが当たってしまっている…。
自力でグラベルから抜けられればまだグリッドに付けるぞ。

ラッセル、フロントウイングが脱落したままピットへ。
無線「歩くようなスピードで走ってたのに。」
ピットに入ろうとしたら、止まれなくてウォールに衝突…。
ピットに戻った後、ピットレーンがクローズ。
クローズする前にグリッドにいなければならないので、ラッセルはピットレーンスタートですね。
…あれ、ラティフィもピットレーンスタートなの?
マシンのスペック変わったのかしら。

ジョヴィナッツィ、マシンに乗ったままクレーンに吊り上げられて、コース復帰。
マリカーでジュゲムにコース復帰させられてるみたいだ。
ジョヴィナッツィはゆっくり走ってグリッドへ向かいます。
フロントウイング、やっぱりダメージあるな…傾いてる。


予選後インタビューのやつ。
ストロール「滑る路面は僕が育ったカナダと同じだから大好きなんだよ。」
雨得意なの自覚してるんだな。
それにしても、この言い回し。
どれだけ好きかが伝わる。


トルコ国歌!!
独立行進曲!!
トルコっぽくて良いわぁ。
…あ、口パクwww

トルコ空軍のF-16 ファイティング・ファルコンが1機、フライバイを行っています!
かっこいい!!

ガスリーは年間使用制限数超えるけどパワーユニットを交換しようとしていたらしいですが…結局取りやめになったっぽい?
それでもグリッド降格ペナルティは受けるのね。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはランス・ストロール/レーシングポイント
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
4番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
6番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
7番手からはエステバン・オコン/ルノー
8番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
9番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
10番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
12番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
13番手からは ケビン・マグヌッセン/ハース
14番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
15番手からはランド・ノリス/マクラーレン

16番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
17番手からはロマン・グロージャン/ハース
18番手は欠番
19番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ

ピットレーンスタートは
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ジョージ・ラッセル/ウィリアムズ


ピットレーンスタートのウィリアムズ勢だけがインターミディエイトタイヤ。

リチャルドのエンジニア「これは荒れるぞ~。」
ちょっと楽しそうだな。

レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーは翌日が誕生日。
チームは誕生日プレゼントを渡せるでしょうか。


シグナルが…ブラックアウト!!
あー…フェルスタッペンが出遅れた!
後ろのアルボンも遅れてるな。。

そして、オコンがスピン!
目の前で回ったオコンにつられて、ボッタスもスピン。
オコンはリチャルドに引っかけられてスピンした模様…同士討ちとは。。
そして、ボッタスはオコンとはギリギリ接触してないようだけど、回避しようとして回ってしまったらしい。

ベッテルが大きく順位を上げて4番手に!

ハミルトンが膨らんで、その隙にベッテル、フェルスタッペンが前に出ました!
更にアルボンがハミルトンに仕掛けて行きます!
ハミルトンがまた膨らんだ…アルボンが前に!
メルセデス勢はタイヤの暖まりが悪いようで、苦戦していますね。


3周目、フェルスタッペンがベッテルに引っ掛かっています。
やはり戦闘力はレッドブルが上か。
ベッテルを攻めようとした所、挙動を乱した…が、耐えた!


7周目、ルクレールがピットイン!
ウエットからインターミディエイトに替えてきたぞ。


8周目、ここでハミルトンがファステストを出してきたぞ。
中段でハマってるボッタスはピットインしてインターミディエイトに。
先に替えたルクレールのペースが良さそうみたいで、それを受けての交換か。
次の周にベッテル、ハミルトン、ライコネン、マグヌッセンがピットイン。
更に10周目にはラップリーダーのストロールがピットインと続々と入ります。
翌周…11周目にはペレスも入ったな。
右フロントの交換に少し時間かかっていたか。


12周目、フェルスタッペンがピットイン。
ブレーキダクトのデブリを除去したのもあり、タイヤ交換時間は4.0秒というレッドブルにしては遅いタイム。
ペレスの後ろ、ベッテルの前で戻ったので、取り敢えずベッテルはかわせたようで。

フェルスタッペン、ベッテル、ハミルトンと面子だけ見ると見たかったバトル内容だが…これで戦闘力が拮抗してたらなぁ。
面白かったんだけどなぁ。


13周目、アルボンがピットイン。
ハミルトンの後ろ、6番手で復帰だ。

ここで黄旗。
ジョヴィナッツィがスローダウンしていました。
コース脇でストップしてリタイア……うーん、残念。。
折角クラッシュから立ち直ってたのに。。

バーチャルセーフティカー!


15周目、バーチャルセーフティカー終わり!
ハミルトンはインターミディエイトに替えてからマシンの感触良くなったんだな。

ハミルトンがベッテルに仕掛けようとしています。
一度イン側から仕掛けようとしたけどやめて…アウト側に振ったら、膨らんでしまった。
アルボンがその間にハミルトンの前に出ています。
アルボンはベッテルも抜いて、かなりペースが良さそう。
その前では、フェルスタッペンはペレスと接近戦を演じています!


18周目、フェルスタッペンがペレスに仕掛ける!!
すぐにコーナーがあるセクションだけど…ちょっと、スピード出てない?
あー、挙動を乱した!!
フェルスタッペン、スピン!!
くるくる回るけど、ウォールには当たらなかった!
アルボンがフェルスタッペンの前を通過。コース復帰してまだスピード出せない所を、ベッテルとハミルトンが抜いて行きました。
フェルスタッペンはタイヤにフラットスポットが出来てしまったので、ピットイン。
8番手で復帰しています。


21周目、フェルスタッペンに審議。
ピットアウト時に白線越えた可能性。
28周目にレース後審議になりましたが…どうやら、お咎めなしだった模様。

ここで黄旗…原因はボッタスのスピン。
彼、今17番手なんだよね…どうした。。


22周目、フェルスタッペン怒りのファステスト。
まぁ、あれはちょっと急き過ぎたのでは。。


26周目、ノリスのリプレイ。
最終コーナーでラッセルをパス。
あー、ラッセルを押し出してるねぇ…ラッセルが無線で抗議しています。


28周目、ノリスがマグヌッセンをかわしてポイント圏内に進出。
うーん、あの状況で良く行ったなぁ。


30周目、ここでDRS使えるように。
思い切って来たねぇ。
まだ濡れた所もあるから、どうなるか。


33周目、サインツJr.がリチャルドに仕掛けた!
…うおぉ、抜くのか!
リチャルドもトー使って食い下がるが、サインツJr.が前だ。
リチャルドはこのタイミングでピットインしています。


34周目、黄旗。
あー、アルボンがスピン!!
勿体無い!!
この間にハミルトンが3番手へ。
アルボンはピットインですね。。

マグヌッセンがピットレーン出口でストップ。
押し戻されてる…タイヤちゃんとハマってなかったか?
レーン後審議。
結局罰金取られたのか分からん。


38周目、ハミルトンがDRSを使ってペレスをオーバーテイク。
トップに出た!


40周目、ストロールがベッテルに仕掛ける!
しかし、コースオフ…その間にベッテルとルクレールが前に。
アルボンがホームストレートでストロールを攻めるが、かわせず。


41周目、ルクレールがベッテルの前に出て4番手。
アルボンはストロールをかわして6番手だ。

っと、グロージャンとラティフィ接触してスピン!
ボッタスも単独スピンしていた。
翌周、サインツJr.がストロールをかわして7番手に上がってきています。
ストロールはここに来てずるずると後退。


43周目、ラティフィがガレージに入ってリタイア。
先程の接触の影響でしょうか。


44周目、サインツJr.がアルボンをかわして4番手に。
ファステストも記録してるし、調子良いな。


46周目、ハミルトンがボッタスを周回遅れに。
チームメイトに対して抗議までしてる…ハミルトンはボッタスに対して、完勝してチャンピオン獲得しそうだわ。
ボッタスからすれば、青旗受けてもできるだけ抵抗したかったのだろうが…。
これ、ボッタスは来年もハミルトンに勝てそうもないかもなぁ。。


49周目、黄旗。
グロージャンがコースオフしていました…復帰したけど、スローペースだな。

リチャルドとノリスのバトル!
ノリスがアウト側から仕掛ける…あーっと、リチャルドがスピン!
ポジションキープしようとして挙動を乱したか!


51周目、ペレスがセクター2でファステストらしい。

ライコネンがコースオフしながらスピン。
それを見たアルボンがペースを落として、フェルスタッペンが釣られてペース落としたらスピン。
貰いスピンが多いな…。


52周目、ハミルトンの無線。
タイヤのブローを気にする…よっぽどイギリスでのブローがトラウマなんだな。

フェラーリの無線。
ファイナルラップに大雨?

ここでノリスがファステスト。
先程はサインツJr.だったし、マクラーレンが調子良さげ。


53周目、フェルスタッペンがアルボンの前に出ていました。
それぞれ6番手、7番手ですね。
揃ってボッタスを周回遅れにして行きました。

…うーん、結局グロージャンはリタイアか。


55周目、フェルスタッペンが最終コーナーでコースオフ。
無線でピー。

フェラーリ代表のマッティア・ビノットさんはリモートなの。
…来年の為っぽいね。


56周目、ハミルトンの無線。
大雨降るならタイヤ替えようか、との話。

ノリスがストロールをかわして8番手。
…あー、ストロールは膨らんでしまったのね。
ノリスの無線「ヒーフー!」
川井ちゃん「キミはカウボーイか!」
ノリス・スタイル?

…あ、ハミルトンはタイヤ替えないのね。
普通にピットレーンをスルーした。


58周目、ファイナルラップ!
ハミルトンが6番手スタートからトップでチェッカー!
ミハエル・シューマッハに並ぶ7度目のワールドチャンピオンを獲得!!

20_11_18_ham
その時ら辺のトレンド。

最終セクターでルクレールがペレスをかわした!
…あーっと、ルクレール、タイヤをロック!!
ペレスが再逆転!!
更に、ベッテルがルクレールの前に!!
ペレスが2位でチェッカー!
ベッテルが3位表彰台獲得!
ルクレールは4位!

20_11_18_vet_ham_alb20_11_18_luc
20_11_18_ham_vet20_11_18_alb
その時ら辺のトレンド。
アルボンも入っている…。

ハミルトンのバイザーに映像映してる!
無線…泣いてる?!

ピットに戻ってきたハミルトン。
右フロントタイヤがつるつるだ…。
チャンピオン獲得を噛み締めています!
マシンの中にいるハミルトンに真っ先に祝福しにきたのはベッテル!
ペレスも来ました!

ようやくハミルトンがヘルメット脱いだ。

トトとハグするハミルトン。


インタビュワーはブランドルおじさん。
まずはベッテル。
長いものの、楽しいレースだったと。
安定の長いコメント。
「出来ればドライでやりたかったですね。優勝も狙えたかも。」
交代でやってきたペレス「4番手じゃなかったの?」
ベッテル「シャルルをオーバーテイクしたんだよ。」

ペレスは危なかったシーンを訊かれて
「マックスとの所ですね。
ミラーが曇ってて見えなかったので。」
「もうひとつはシャルルとです。」

ハミルトンとベッテルがお話してた。
そして、ハミルトンがインタビューエリアへ。
コメントしながら泣いてるね…。

「アルボンがどんどん先に行って、このレース大変だな…と思いました。」


表彰台!!
表彰台の映像凄いな!
ベッテル、ペレス共に久々の表彰台だ!

7度のワールドチャンピオン獲得を祝したイギリス国歌!
そしてドイツ国歌。
いつものルーチンだけど、やっぱ違うね…。
ハミルトン、泣いてるよ。。

表彰台にトトが登ってる!
2位と3位の位置逆だったのか。
やっぱりトロフィを投げるハミルトン。

シャンパンファイト!!
ハミルトンがトトにフライング!
ベッテル、ファイトするの待ってるなwww

ハミルトンとトトの写真撮影タイム!


ウェバーが表彰台でチャンピオンインタビュー!
ハミルトン、マスクをパージ。
「今日は家に帰って、ワクワクしないかもしれないけど、レースを見直しながらミネストローネを飲みます。
後、ワインを1本くらい開けましょうかね。」
ロズベルグに敗れた時の事も振り返ってたのね。


虹が見えてる!!
人権問題の象徴であり、7度のワールドチャンピオンを思い起こされる。
完璧じゃないか!


ファステストラップポイントはノリスが獲得し、ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテルでした!

20_11_18_f1_motogp
MotoGPもやっていたので、タグが揃ってトレンド入り。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
5位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
6位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル
8位はランド・ノリス/マクラーレン
9位はランス・ストロール/レーシングポイント
10位はダニエル・リチャルド/ルノー

11位はエステバン・オコン/ルノー
12位はダニール・クビアト/アルファタウリ
13位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
14位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
15位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
16位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
17位はケビン・マグヌッセン/ハース

リタイアは…
ロマン・グロージャン/ハース
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
アントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(307Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(197Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(170Pt)
4位:ペレス/レーシングポイント(100Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(97Pt)
6位:リチャルド/ルノー(96Pt)
7位:サインツJr./マクラーレン(75Pt)
8位:ノリス/マクラーレン(74Pt)
9位:アルボン/レッドブル(70Pt)
10位:ガスリー/アルファタウリ(63Pt)
11位:ストロール/レーシングポイント(59Pt)
12位:オコン/ルノー(40Pt)
13位:ベッテル/フェラーリ(33Pt)
14位:クビアト/アルファタウリ(26Pt)
15位:ニコ・ヒュルケンベルグ/レーシングポイント(10Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(4Pt)
17位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(4Pt)
18位:グロージャン/ハース(2Pt)
19位:マグヌッセン/ハース(1Pt)
20位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
21位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(504Pt)
2位:レッドブル(240Pt)
3位:レーシングポイント(154Pt)
4位:マクラーレン(149Pt)
5位:ルノー(136Pt)
6位:フェラーリ(130Pt)
7位:アルファタウリ(89Pt)
8位:アルファロメオ(8Pt)
9位:ハース(3Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)






続きからコメント返信!!



炎樹さん:ただいま!!


ウツボはコラーゲン豊富らしいですね…美容を気にする方ほど食べたい動物では。
ガメラいたので、思わず…w
カメさんに限らず、動植物が外来種に脅かされている例は沢山ありますしねぇ。。
…ん?(^ω^)
何か映り込んでいますかね…?www


コメント、ありがとうございました~!

|

« 3日まとめてどーん! | トップページ | 近いようで遠い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3日まとめてどーん! | トップページ | 近いようで遠い »