« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月28日 (月)

「チキンブリトーが食べたいわ。」

昨日の記事で「ここ数日寒い」みたいに書いたけど、今日は予報通り少し気温上がりました。
久々にセミが鳴いてましたね…生きてたのか。
1週間くらいは晴れ間も覗いたりするみたいだし、秋の空気が楽しめると良いですね。
…そういや、今夜は虫の鳴き声が聞こえないなぁ。


20_9_27_grandbeef_burrito
グランドビーフブリトー。

この前まで担々麺売ってた店が業態変更したらしい。
あそこの担々麺何気に好きだったんだけどなぁ。

それはさて置き、このブリトーはボリュームがそこそこあって、良い感じね。
種類も沢山あったりするし。

生地に包まれるご飯は赤いのと普通のの2種類選べるらしい。
後、店のおばちゃんにチリパウダーどれくらいかけるか訊かれて割とかけてもらったんだけど、もうちょいかけても全然大丈夫だったな。
「そんなかけるの?!」って驚かれたけど。


209_27_candied_sweet_potato_frappuccino
スタバでマロンフラペチーノとか頼もうと思ってたら、新作に置き換わってました。
大学いもフラペチーノ。

ちょっと前まで大学いもの主に蜜が好きではなく、食べられなかったんだけど、最近になってやっと食べれるようになったんだよなぁ。
これ、大学いもが直で入ってるらしい。
流石にストローで吸えるくらい細かくなってるっぽいけど。







F1ロシアGP決勝!!

予選とは違い、晴天に恵まれたソチ。
予選はQ2でポツポツ雨降ったりしたしな。

予選Q2でクラッシュしたベッテル、マシンは直っているようだ。

久々にパパスタッペン。

ハミルトン、レコノサンスラップの時に指定エリア以外でスタート練習した為、審議。

チェイス・ケアリー F1CEOと話す山本モータースポーツマネージャー。

…ん?
ペレス、ローレンス・ストロールが弁護士と話してるのが聞こえちゃったって?

キャコマ。
小松さんと話すマグヌッセン。

グリッドでアルボンとジョヴィナッツィがお話し中。
ロシア国歌!!
軍楽隊かな?
重厚で良き良き。

ライコネンはこのレースでF1参戦322戦目に。
平成の鉄人、ルーベンス・バリチェロの参戦数に並んだ!
そして、ベッテルもF1参戦250戦目。

ハミルトンの審議対象になった所のリプレイ。
ハミルトンはスタート練習するエリアにラバーが乗り過ぎてるから別の場所でやって良いか訊くと、エンジニアのボノは即座に許可を出している。


アルボンとラティフィはギアボックス交換により5グリッド降格ペナルティ。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
5番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
6番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
7番手からはエステバン・オコン/ルノー
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
10番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ

11番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
12番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
13番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
14番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
15番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル

16番手からはロマン・グロージャン/ハース
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
18番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
19番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ


シグナルが…ブラックアウト!!
ボッタスがハミルトンのトウを得て仕掛ける!
2コーナー、ボッタスは少し膨らんで縁石で跳ねている!
ハミルトンがトップを守った!
その後ろではフェルスタッペンが飛び出している…3コーナーでリチャルドがフェルスタッペンの前に!
おっと、マクラーレン2台が後方に下がってる。
黄旗!
あーっと、ストロールがスピンしてクラッシュ!
無線、ピーピー
ピーー

セーフティカー!

おっと、サインツJr.が止まってる。
2コーナーで飛び出してコースに戻る時にウォールにぶつけてクラッシュしてしまったようだ!
スタートで出遅れたからか、飛び出した後もスピード出しすぎっぽいね。
そさて、ノリスは2コーナーでミスってスローダウンしてた所にサインツJr.の事故を避けるのに更に遅くなり、最後尾に後退。

ストロールはルクレールに接触されてスピンした模様。
ルクレールの左フロントに接触してたようだけど、そちらは問題なさそう。
…しかし、レーシングポイントは2戦連続でアップデートした方のマシンがリタイアしてるなぁ。

ノリスの無線。
パワーステアリングが軽くなったり重くなったり変わるという不具合の報告。
これは走りにくい…特に市街地コースみたいなレイアウトのセクター3は大変そう。。
因みに、ノリスの正エンジニアは育児休暇中。


6周目、リスタート!
ハミルトンは上手く立ち上がってポジションキープ。
後続も混乱はなさそうです。


7周目、ここでハミルトンにペナルティ。
5秒+5秒で10秒タイムペナルティだ。
スタート練習の件ですね。
2つの違反してたのか。。


10周目、ハミルトンの無線。
ペナルティの話。
ピーー。
ハミルトン「何それ、ルールブックにあった?!」
この時点で中々後続を引き離せていないですね…。

アルボンとノリスがいるからか、ウィリアムズが良く映る。
ポジションを争ってるラッセル、アルボン、ノリスはTwitch仲間。
…キャッキャウフフしてるようにしか見えなくなった。。


16周目、ここでハミルトンがピットイン!
ペナルティを消化し、11番手でコースに復帰。
ハミルトンは無線で「これ、ホント馬鹿げてるわ。」と文句垂れています。


23周目、セーフティカー中にタイヤ交換したアルボンが11番手にまで挽回してきています。
後ろにはガスリー。
良く一緒になるね。

5番手にまで挽回してきたハミルトン。
無線で泣き言言ってます。
「早くピットに入れすぎ。タイヤマネジメント沢山しなきゃいけないじゃん。」などなど。
まぁ、ハミルトンのタイヤマネジメント能力めちゃくちゃ高いんですが。
ハミルトンじゃなくてもタイヤマネジメント好きな人ってあんまりいないような。
基本的に限界で走らせたいだろうしね。


25周目、ルノーがオコンとリチャルドの順位を入れ替えさせています。
…リチャルド、直後の2コーナーで若干膨らんでしまってますが。。
まぁ、オコンもコーナー直前で譲ってたしなぁ。
っつー事で、27周目にリチャルドが審議対象となりました。
次の周にはもう5秒タイムペナルティの裁定が下されましたが。。
32周目に流れたリチャルドの無線では、「分かった、飛ばすわ!」
と言っちゃうリチャルド。
ノれてそう。

バリチェロがブエノスアイレスで取材に応じた時のコメントが。
バリチェロの記録に並んだライコネンに対して、「ワイン飲みながら一緒に表彰台上がった時の事話そう。」との事。
ライコネンとバリチェロってあんまり接点ないような…www
元フェラーリドライバーっつーのはあるけど、中々ない組み合わせではwww

そんなバリチェロ、今はトヨタ所属っぽい。


そういや、アルボンは2回目のピットインしていましたね。
セーフティカー中に履いたハードタイヤ、持たせられなかったのか。。
同じタイミングで入ったノリスはハードタイヤで周回中。


37周目、ここでライコネンがピットイン。
…あー、左フロント締まらない。。
いや、まぁ、オーバーテイクできるペースあるか怪しいのはそうなんだけど。

ハミルトン、さっきのペナルティでペナルティポイントも食らったのか。
1件につき1ポイントずつ、合計2ポイント。
累計10ポイントになり、1戦出場停止まで後2ポイント…何気にペナルティポイント貯まってたな。

…と思ってたら、レース後にハミルトンへのペナルティポイント付与を撤回!
代わりに、チームに罰金が課されました。
エンジニアのボノに訊いてからやったから、チームの過失という判定になったのかな。


43周目、一瞬だったけどバーチャルセーフティカー!
グロージャンが壊した、2コーナーの看板を直す為でした。
グロージャンは頻繁に2コーナーで飛び出してるよなぁ。
グロージャンロードみたいになってる。
そして、バーチャルセーフティカーだったからとガスリーがピットインしたけど、ガレージに到達する前に解除されたからノリスとアルボンに先行されました。
元々9番手だったけど、11番手に後退しています。


45周目、9番手争いは接近戦に!
ノリスにアルボン、ガスリーがピッタリとくっついています!
レッドブルグループに追われるノリス…。
おっと、コーナー曲がる時のアルボンのポジション、ちょっと悪かったな。
加速が鈍ってノリスに離されています。
ガスリーが新しいタイヤのアドバンテージを使ってアルボンの前に出ました。
10番手です。


47周目、グロージャンに審議。
2コーナーの看板壊した時のですが、一瞬でお咎めなしに。
グロージャンが壊した看板はコースオフした時の誘導路を示す看板ですが、出口付近の看板とウォールの間が狭いので、川井ちゃんから大不評だったのでした。
サインツJr.がウォールに当たったのはこの間隔が狭い所だったので、サインツJr.が急いでてスピード出し過ぎてたのもあるにしろ、設定ミスではないかと。
今回のグロージャンはウォールに当たるのを懸念して少しマージン持った結果、看板破壊したっぽいので…まぁ、誘導には従ってるからな、審議になる必要もない筈なのですが。


48周目、ガスリーが2コーナーでノリスの前に出ました!
これで9番手復帰だ。
ノリスはだいぶタイヤが摩耗してきたのか、ペースが上がらないので、アルボンも行けるかもしれないな。


49周目、ノリスのタイヤが遂に終わったようだ。
コーナー曲がる際に2回立て続けにタイヤがロック。
2回目のコーナーで膨らんでしまい、アルボンに先行を許しました。
直後にピットインし、15番手に後退。
これは…アルボンの戦略が正解だったか。
アルボンはこれで10番手に上がり、ポイント圏内だ!

ここでフェルスタッペンがファステスト!
…ファステストポイント狙うには少し早い気が?


52周目、今度はガスリーがファステスト!
…と思ったら、ボッタスが直ぐ様更新!

国際映像はライコネンを沢山映しています。
歴代最多出走タイだしね!
来年から復帰するアロンソも出走回数多いから、最多出走回数記録はライコネンかアロンソかみたいになりそう。
ライコネンは来年以降の動向が不透明だったけど、アルファロメオで続ける可能性が出て来てるからなぁ。


53周目、ファイナルラップ!
クビアトはオコンに接近しているものの、抜きあぐねているようです。
オーバーテイクのチャンスはこの1周のみ。

ハミルトンが後退して以降、一度もトップを譲らなかったボッタスが安定したレース運びで今季2勝目!!
…そうか、まだ2勝目だったか。
まぁ、ボッタスはこのコース得意だからな。

ここでアルボンに5秒加算ペナルティ。
2コーナーとかかな?
まぁ、後続は周回遅れになっている程離れていたので、順位には影響ないんだけど。
アルボンはまだ同一ラップだったし。

ボッタス、無線。
ピーー
ピー
「僕を批判する人達に感謝するには良い時だね。関係者各位へ、f*** you」
みたいな感じらしい。
まぁ、ハミルトンに比べてボッタスのパフォーマンスはどうしても見劣りして見えがちだからなぁ…。
なんか、ベッテルがレッドブルで連覇してた時のマーク・ウェバーみがあるなぁ。
ウェバーみたいにチームメイトとやり合わないだろうけど、メンタリティ的に。

クビアトはオコンを攻略できなかったが、母国で8位入賞!
ガスリー、アルボンも入賞したので、ホンダPU勢4台が全員入賞!
去年のモナコGP以来かな?

ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン!


インタビュワーはジョニー・ハーバート!

ハミルトン、観客に挨拶。
ペナルティの話には「終わった事なので。」と言いつつ、話したくなさそうな感じ。
ハーバート「見事なカムバック、良い仕事でしたね?」
ハミルトン「いや、そんなに良い仕事していないので。バルテリ、おめでとう。」
結構手短だったなぁ。

ボッタスは「この勢いを維持したい。」と言いつつ、かなり落ち着いたインタビューでした。
Fワードも飛び出したチェッカー直後とは全然違いますね。


表彰台!
良く見たら、クビアトが雄叫び上げてるデザインだwww
フィンランド国歌!
かーらーのー?
いつもの!!

そういや、次回はドイツ・ニュルブルクリンクでのアイフェルGPだから、最低1回はドイツ国歌聞けるのか。
…ニュルがアイフェルGPになってるの、今の所ホッケンハイムがドイツGPに指定されているからかな?

サーキットの形の取っ手なトロフィ。
去年もだったっけ。
ハミルトン、かなり素っ気ない感じのリアクションだなぁ。

シャンパンファイト!!
まず浴びながら飲むボッタス。
浴びせられてたのが終わってから飲み直してるwww


優勝はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
5位はダニエル・リチャルド/ルノー
6位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
7位はエステバン・オコン/ルノー
8位はダニール・クビアト/アルファタウリ
9位はピエール・ガスリー/アルファタウリ
10位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル

ここまでがポイント獲得。

11位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
12位はケビン・マグヌッセン/ハース
13位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
14位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
15位はランド・ノリス/マクラーレン
16位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17位はロマン・グロージャン/ハース
18位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

リタイアは…
ランス・ストロール/レーシングポイント
カルロス・サインツJr./マクラーレン


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(205Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(161Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(128Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(65Pt)
5位:アルボン/レッドブル(64Pt)
6位:リチャルド/ルノー(63Pt)
7位:ルクレール/フェラーリ(57Pt)
8位:ストロール/レーシングポイント(57Pt)
9位:ペレス/レーシングポイント(56Pt)
10位:ガスリー/アルファタウリ(45Pt)
11位:サインツJr./マクラーレン(41Pt)
12位:オコン/ルノー(36Pt)
13位:ベッテル/フェラーリ(17Pt)
14位:クビアト/アルファタウリ(14Pt)
15位:ニコ・ヒュルケンベルグ/レーシングポイント(6Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
17位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(2Pt)
18位:マグヌッセン/ハース(1Pt)
19位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
20位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
21位:グロージャン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(366Pt)
2位:レッドブル(192Pt)
3位:マクラーレン(106Pt)
4位:レーシングポイント(104Pt)
5位:ルノー(99Pt)
6位:フェラーリ(74Pt)
7位:アルファタウリ(59Pt)
8位:アルファロメオ(4Pt)
9位:ハース(1Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

| | コメント (1)

2020年9月27日 (日)

下降気味

この前までまだアブラゼミ鳴いてたくらいだったのに、急に気温が下がったな…。
10月下旬とか11月の気温なのでは。

10月とか下手するとまだ暑くて普通に日焼けしたりするしな!(鈴鹿が大体そうだった)
でも、今はそれより寒く感じるわぁ。

また気温上がったりするのかしら…と思ったら、明日は早速気温上がりそうだな。
うーん、平年並みくらいにまでは戻る時がぽつぽつありそうね。
いやぁ秋だなぁ(






F1ロシアGP予選!!

にゃんこ大戦争がスポンサーについたウィリアムズ。
サイドポンツーン前面下部。
ちょっと見にくい場所だな…。

少しだけど観戦解禁!
ようやくサーキットに歓声が戻ってきた。

ルノーの育成ドライバー…クリスチャン・ルンガーかな?
リチャルドのガレージにいます。


アルファタウリのクビアトは母国GP!
フリー走行はここまで調子良さそうなので、予選にも期待。

しかし、曇り空…雨が降りそうだなぁ。。


Q1
ミディアムタイヤを履いたラッセルが真っ先にコースへ。
ハミルトン、ボッタスのメルセデス勢も早めにコースインしていますね。
ラッセルはアタックせずにピットへ。
コース状況の確認だったのかな?
無線でラッセルが「(FP3と比べて)コースが全然違うんだけど。」と言っています。
感触がガラッと変わったようで…路面温度低いみたいだしなぁ。

ハミルトンは2コーナーに設定されたトラックリミットを越えたので、タイム取り消し。
ガスリーやマグヌッセン、ラティフィも2コーナーで飛び出したりしてますね。
ここはホームストレートからずっとフルスロットルで来て、初めて大きくブレーキする場所だから、結構止まり切れない事も多い場所。

残り4分切って、ラストアタックへ。
皆タイミング同じなので、結構間隔詰まってるな…。
最終コーナーとその前の直角コーナーに到達する前辺りでスローダウンして前との間隔を開けている。
おや、ボッタスも出てきている…練習かな?

あれ、ライコネンが3コーナーでスローダウン。。
2コーナーで膨らんでトラックリミットを越えたうえに、その直後にスピンしてしまった模様。
ラストアタック不発…。

チェッカー!
クビアトが3番手に!
ベッテルは11番手でQ2へ。
ラッセルが13番手に入り、Q2進出!

グロージャンは16番手でノックアウト。
これが今週末のベストかぁ…ハースは相変わらず厳しいなぁ。。


Q2
最初から多くのマシンがコースイン。
メルセデス勢とフェルスタッペンはミディアムタイヤで来ましたね!

ファーストアタックを終えて、サインツJr.が2番手、ペレスが3番手とハミルトンとボッタスの間に割って入ってきた。
フェルスタッペンはその後ろの5番手。
…おっと、ハミルトンは最終コーナーのトラックリミットを越えてタイム取り消し。
このタイミングでリチャルドがトップタイムを記録!

リプレイでは、ハミルトンのマシンが4輪共縁石より外側に出ている事が見て取れます。
その前にタイムを出したボッタスはリアがスライドして縁石から出てるけど、フロントが縁石上に残ってたからセーフ。
アルファタウリ勢がトップ10内に入っているのとは対照的に、アルボンが11番手で圏外。
アルボンはタイヤ使い過ぎてるのか、最終コーナーでリアが滑ってる所しか見ないんだよなぁ。

ファーストアタックが一段落した所で、ラッセルがアタック。
13番手、中々頑張れてるなぁ。

残り4分半、ラストアタックの為にコースインしているマシンが出てきました。
ボッタスもおかわりするのね。
再度ミディアムタイヤを装着。
ハミルトンは勿論新品のミディアムタイヤでアタック。
セクター1は全体ベストで来ています。

…あーっと、ベッテルがクラッシュ!
何という事…!
14番手からタイムを上げてQ3に進めるかという所で…。
赤旗!
残り時間は2分15秒…!

自分でふっ飛んだフロントウイングを回収してお片付けするベッテル。
前にもあったな、こういう場面。

そして、ハミルトンはセクター3走行中でした…つまり、まだタイムを出していない。
残り時間的におそらくラストアタックできるが、早めにピットレーンに並んどかないと間に合わなくなる可能性が。
そして、新品タイヤはソフトタイヤしか残ってないのでレース戦略に影響が出そうです。

ルクレールの無線。
ピーーーー。
ベッテルの後ろを走っていたルクレール、ブラインドコーナーを曲がったらベッテルがクラッシュしていたので、回避。
マシンへの衝突は避けたけど、ふっ飛んでたフロントウイング踏んでしまった。

再開時間は出ていないけど、ガレージが慌ただしくなってきました。
アルボンがガレージを出た!
…おーっと、レッドブル勢とアルファタウリ勢がピットレーン出口を占拠してるwww
ハミルトンはまだガレージ内で作業中。
これ、トップ10外のストロールとハミルトンを抑えつつレッドブルグループの4台がタイムを上げたら4台共Q3進出できるのでは?
マクラーレン勢とルクレールも抑えられるとより完璧なのか。

ハミルトンがピットレーンに向かいました。
8台目くらいかな…?
この位置だと、コースに出たらどんどん前に出ないともしかしたら間に合わないかも。

…ん?
ストロールが待機列から離脱した。
エンジン止めろ?
サイドポッド冷却してるね…どうやら、パワーユニットのオーバーヒートらしい。
ガレージに引っ込みました…これはあかん、間に合わない!
レッドブルグループからすると、気にする相手が少なくなった反面、ハミルトンを後ろに留めとく壁が1枚少なくなったので、複雑な感じか。

さぁ、再開しました!
フェルスタッペンはソフトタイヤを履いてコースへ。
2コーナー辺りで早速アルボンの前に出てるな。
フェルスタッペンは状況を見てタイムを出すか出さないか決定するのでしょう。

ハミルトンはチームから急かされています。
オコンをかわしたものの、2コーナーで挙動を乱してしまい、コースオフ。
再びオコンの後ろになったばかりか、ペレスの後ろにもなってしまいました。
しかし、セクター3の皆が前との間隔を調整する所でペレスとマクラーレン…サインツJr.だったかな?を抜いてオコンの後ろへ。
オコンと距離を置きつつ、残り1秒弱でアタックに入りました!
エンジニアのボノが無線で「行かなきゃダメだ行くんだ行くんだ!」って叫んでた。
チェッカー!
マクラーレンの1台とペレスはハミルトンが前に出た事もあって、チェッカーに間に合わなかったか…。

フェルスタッペンはチェッカー前にスローダウンして、ミディアムタイヤでスタートさせる事を確定させます。
後ろのタイム的に今のタイムでQ3に進めると判断したのでしょう。
アルボンは最終コーナーでリアを滑らせながらも7番手に飛び込んだ!
ハミルトンは4番手に入り、この難局を乗り切りました!
流石ハミルトン、物凄い運だ…。
運を結果に繋ぐ力は勿論あるのだけど。

あらら、クビアトは12番手でしたか…。
ファーストアタックで10番手だったので、アルボンが上がった代わりに落ちてしまったようで。

ガレージに戻ってきたルクレールの無線。
おこだよ!
折角トップ10圏内にいたのに、終わってみればQ2敗退。
そりゃあ怒るよなぁ。


Q3
オコン、リチャルドのルノー勢を先頭にコースイン。
ガスリー、マクラーレン勢、メルセデス勢、アルボン、ペレス、ちょっと離れてフェルスタッペンと続きます。
ファーストアタックを終えてハミルトン、ボッタス、フェルスタッペンの順。
4番手にはリチャルドが僅差で続く。
ルノー勢はこの週末も中々乗っているようだ。
そして、ハミルトンとボッタスの差がほぼ0.8秒とかなりでかい感じに。
これをひっくり返すのは…ボッタスには完璧な仕事が求められるな。

残りは間もなく4分。
皆戻ってきたばっかりですが、すぐにラストアタックに向けてコースインして行きます。
ハミルトン、ピットレーン走行中にガレージから出てきたオコンに突っつかれそうになってちょっと慌てる。
1回目同様、フェルスタッペンが他のマシンとは間隔を開けて最後にコースイン。

ボッタス、セクター1自己ベスト更新もセクター2は自己ベスト更新ならず。
その後ろでハミルトンがセクター1を全体ベストで通過!
セクター2はボッタス同様、タイムを更新できていません。
ボッタスはタイム更新するも、2番手のまま。
…おっと、フェルスタッペンがすぐ後ろでアタックに入ったな?
これはホームストレートでボッタスのトウを得たかな?
オコンが6番手タイム。
ハミルトン、タイム更新!
1分31秒304でコースレコード更新だ!
ノリスは7番手。
リチャルドはタイムを更新するも、4番手のまま。
ここでチェッカー!
サインツJr.は6番手、好調ルノー勢に割って入ったか。
フェルスタッペンはセクター1を自己ベストで通過中!
おぉ…、ペレスが3番手に入った!!
アルボンは10番手に終わりました。
最後はフェルスタッペン…タイムを更新、2番手だ!!

ハミルトンがポールポジション獲得!
決勝は蹴り出しの良いソフトタイヤでスタートします。
フロントローにはフェルスタッペンが並ぶ。
ボッタスはセカンドローからペレスと並んでスタートに。
フェルスタッペンとボッタスはミディアムタイヤスタート。
実質の1コーナーである2コーナーまでがかなり長いので、ソフトタイヤスタートのペレスもかなりチャンスあるぞ!

ポールポジションアワードのタイヤの持ち方がバスケットボールを持つ時みたいになってるハミルトン。
…遊んでたのでしょうか?

インタビュワーはストフェル・ヴァンドールン!
マクラーレンの育成ドライバー出身で、メルセデスのリザーブドライバー。現在はフォーミュラEに参戦中。
インタビュワーデビューですね!
なんだあの自撮り棒的なマイクwww

ボッタス、最後にフェルスタッペンに上回られたが、そこまでショックではなさそう。
ミディアムタイヤでスタートするからだろうか。

フェルスタッペンは「2番手は意外。」と話しています。
でも、嬉しそうですな。
チームもポール取った時みたいに凄い盛り上がってたよね。

ハミルトン、まずは観客に挨拶。
ファンのサポートに感謝しつつ、「マスクしてますか?」と声かけもしてから予選内容へ。
Q2は「これまでであまり良くないセッションだった。」との事。
今シーズンこれまで、という意味合いかなぁ?
スタートからブレーキかけるまでが長いし、後ろ2台がミディアムタイヤスタートだからか、状況的に素直に喜べないって感じですかね。
まぁ、そうなった後の作戦を一杯考えてくる筈なので…。
まずはスタートに期待。

そして、ベッテルのマシンが何処までダメージを受けているか、だ。
フロントからウォールに突っ込んでいるので、パワーユニットは大丈夫だろうが…。
破損したパーツによってはピットレーンスタートになる可能性も。

ストロールの状況も気になりますね。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
5番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
6番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
7番手からはエステバン・オコン/ルノー
8番手からはランド・ノリス/マクラーレン
9番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
10番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル

11番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
12番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
13番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
14番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

16番手からはロマン・グロージャン/ハース
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
18番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ




観客入ったで思い出したけど、今年の7月、半年程開催中止になっていたF1が再開されて、実質的な開幕戦となったF1オーストリアGPが行われた翌週。
今度は同じサーキットを使用したF1シュタイアーマルクGPが行われている週末だったけど、Google Mapで開催地のレッドブルリンクを覗いたら、コース上に何だか色々なメモリアルポイントが追加されてて、記録に残したやつがあったので、出してみる。
シーズン開始にテンション上がったファンが加えたのかも。

20_7_11_redbull_link1
ライコネンの右フロントタイヤがマシンから「じゃあの。」した所。

20_7_11_redbull_link2
タイヤがグッバイして行き付いた先(右)とライコネンのマシンが止まった場所(左)。

20_7_11_redbull_link3
確か、マグヌッセンのブレーキがぶっ壊れて止まった場所。

20_7_11_redbull_link4
ノリスが初表彰台に上がった場所(右)、ピットでホイールガンのトラブルがあったんだっけな…?(左)。

20_7_11_redbull_link10
ラティフィがクラッシュした場所(右)、多分フェラーリを揶揄したやつ(真ん中)、マグヌッセンのブレーキ壊れて飛び出した場所とかだった筈(左2つ)。

20_7_11_redbull_link5
確かグロージャンがコースオフしてグラベルを走行した所(右)、アルボンがハミルトンと接触してスピンした所(右から2番目)、良く分からないけど、ハミルトンの公園(右から2番目)、ラッセルがポイント圏内に入ってきた所(右)。

20_7_11_redbull_link6
フェルスタッペンが表彰台圏内に入った所。


F1シュタイアーマルクGP翌日に見たら、また増えてた。
因みに、前のやつは削除されたっぽかったです。

20_7_13_redbull_link11
確か、表彰台フィニッシュしたノリスが歌ってた所だった筈。F1オーストリアGPの方だけどね。

20_7_13_redbull_link12
フェラーリが同士討ちした場所。F1オーストリアGPの方。

20_7_13_redbull_link7
「水が多いんだけど!」って無線があった場所だったかと。

20_7_13_redbull_link8
全部フェラーリ絡み。
下は無線で「プランCで行くよ」とかって話があった場所だったかな。
右はスタートで順位をジャンプアップさせた時の。
左はなんだったかな…。

20_7_13_redbull_link9
サインツJr.がファステストラップを決めた時の(右)。F1オーストリアGPの時のですね。
確か、ファイナルラップでファステストを叩き出して、タイムペナルティ喰らってたハミルトンから3位を奪取した時のやつかと。
左のペレスのやつは何だったか覚えてないわ。F1シュタイアーマルクGPで後方から6位フィニッシュを決めた時のやつか?

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

秋色

急に気温が低くなって、秋らしくなってきたって感じだなぁ…。
結果的に逸れたけど、台風も来たしね。

20_9_13_chocolatemarronlatte
っつー事で、スタバのチョコレートマロンラテ。
秋らしいやつ。
上に乗ったチョコチップが良いアクセントでした。


20_9_13_miso_katsu_sand
その後、コメダで味噌カツサンドを。
このカツの部分と割と縁があったりするんだけど、食べるのは初でした。
サクサクね。

本当は牛肉のバーガー食べたかったけど、なかったんだよね。
後、ミニシロノワールも売り切れてた。


20_9_10_hdj_mitsu_imo
秋らしいと言えば、これも。
ハーゲンダッツ 蜜いも。

芋感ばっちりの蜜っぽい甘さばっちりでこれは中々イケるぞ!!
って感じでした。




この前の連休の時、ポケGOでコミュニティデイやってましたね。
ポリゴン。

20_9_20_iro_porygon
3~4匹目で早速色違い登場。

20_9_20_porygon_fes
しかし、色違いは2匹に留まるのでした。






続きからコメント返信!!

続きを読む "秋色"

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

北の国から西の国から

北の国に行っていたえいるさんから、お土産貰ったよ!!

20_9_9_hokkaidou_miyage1
ジンギスカンキャラメルを頼んだのだが、頼もうかどうか悩んで結局やめたハスカップキャラメルもついてきてて流石ってなってる。
後、ビールキャラメル…お前までいるのかっ!!
こいつはとんでもねぇのが来たぞ…!


20_9_15_hokkaidou_miyage2
もう1個。
やっぱロイズと生キャラメルだよねぇ!
季節感ある生チョコ来た…!

20_9_18_hokkaidou_miyage_soup_curry
そして、スープカレーは早速頂きました。
うめぇわ…w







20_8_29_pkms_blue20_8_29_pkms_lucy
ある日のポケマス。
軽率に引いたら、グリーンとアザミさんが来たwww

20_8_29_pkms_mega
しかも、グリーンさん重なるっていう。


20_8_30_leaf
またある日のポケマス。
軽率に引いたら、リーフちゃんが出たwww

20_8_30_pkms_mega
こちらはミクリさんが重なる。




20_9_3_yuubari
お船の方では、育ててた夕張さんがやっと改二に。
これで夕張改二シリーズ3パターン揃い踏み。


20_9_17_i47
秋グラ、伊47。
鰻焼いてます。
富士スピードウェイでトヨタの痛車公開しつつ鰻焼くとかいう良く分からないイベントやるらしいけど、行きたいなぁ。


20_9_17_sagiri
秋グラ、狭霧。







F1トスカーナ・フェラーリ1000GP!!

さて、水曜日辺りにレーシングポイントのセルジオ・ペレスが声明を発表。
ペレスが今季限りでレーシングポイントを離れるという事でした。
その後、レーシングポイントもプレスリリースを発表し、公式に。

ペレスはフォースインディア時代の2018年にチームの財政難を救う為、チームの破産手続きを行ったドライバー。
その結果、ランス・ストロールの父、ローレンスが率いるコンソーシアムがチームを買収し、レーシングポイントとなった経緯があります。
チームを存続させる為とは言え、ドライバーが行動を起こしたのには当時、びっくりしました。


そして、木曜日にはレーシングポイントがペレスの後任となるドライバーを発表。
今季でフェラーリを離れるセバスチャン・ベッテルがチームに加わります!
来期、チーム名をアストンマーティンに変更するこのチームで、ベッテルはランス・ストロールとコンビを組む予定です。


さぁ、3度目の3連戦、その最後を飾るのはイタリア・ムジェロ!
2輪のMotoシリーズでは毎年イタリアGPとして開催されていますが、F1では初開催!
フェラーリ所有の超高速サーキットです。

そのフェラーリ、このレースでF1参戦1000回目のメモリアル!
それをお祝いして、フェラーリはマシンカラーリングを変更。
赤茶色っぽくなっています。
多分、昔のカラーリング。
レーシングスーツも赤茶色。
タイミングは分からないけど、チーム揃って記念撮影してたり。

メルセデスベンツのセーフティカーも今回は赤色に塗装されています。

そういや、かなり少ないけど、観客がサーキットに戻ってきました!


Q1
ラッセル、続いてラティフィのウィリアムズ勢がコースイン。
ウィリアムズの臨時チーム代表に、サイモン・ロバーツが就任しています。
チームのマネージングディレクターを務めていた人で、過去にはマクラーレンやフォースインディアでも働いていました。

ベッテルは特別ヘルメットですね。
後頭部の帯部分に「1000GP」って書いてある。
左半分はベース色が羊皮紙色みたいな感じ。
まずは10番手。

残り4分。
フェラーリのガレージにはルイス・カミレッリCEOの姿も。
ルクレールのヘルメットはフェラーリの歴代マシンが描かれてるのね。
リチャルドもマイナーチェンジしてるわ。

ここでラティフィが13番手に浮上!
路面状況が劇的に改善されているのでしょう。

残り2分切って、上位にいるボッタス、フェルスタッペン、ストロール以外がコースイン。
上位勢で唯一コースインしているハミルトンはタイヤの感触を確かめる為の練習か?

ラッセルのラストアタック!
あーっと、ちょっと膨らんだ!
リア流れてるのにスピンしないで良く堪えた…。そして12番手だ!凄い!
そしてチェッカー!
ライコネンが9番手!
ガスリーは14番手。
ベッテルが14番手に入って、ガスリーはノックアウト。

ライコネン、2戦連続のQ2進出!
そういえば、F1参戦20周年なんだよね。
凄いよ…!

ベッテルの無線。
「通った?」

ノックアウトされたジョヴィナッツィが怒りながらガレージを後に。

グロージャンも怒ってるな。
アタック前に前とのギャップを作ろうとしたら、アルファロメオ勢に抜かれたりしてるからかな?


Q2
メルセデス勢はミディアムタイヤで来るかと思ったけど、ソフトタイヤを投入してきた。
ファーストアタックを終えてハミルトン、ボッタス、フェルスタッペンの順。
フェラーリはルクレールが7番手、ベッテルが13番手。
最後にグロージャンがアタックし、14番手。
ライコネンは15番手だ。

川井さんはノリス大好き。
ノリスのヘルメットは特別ヘルメットで、ムジェロのコーナー名が入ってるらしい。
そのノリスは10番手だ。

残りは5分。
レーシングポイント勢とフェラーリ勢がラストアタックへ向かいます。
早めですね。
マクラーレン勢、ルノーのオコンも出てきたな。

コース全長が短かったり、レイアウトの問題でトラフィックの多いこのコース。
特に、中速コーナーで前にマシンがいたりするとかなりキツい。

残り2分。
上位勢はアタックしないようですね。
5番手のリチャルドもアタックしなさそうだ。

ベッテルはタイムを上げるも13番手止まり。
ライコネンがタイムを更新して13番手!
一瞬黄旗。
クビアトがコースオフしてました…Q1でラッセルがミスった所と同じ場所だな。
ラッセルと違い、長い事コースオフしてしまったのもあって、アタックを止めています。
サインツJr.が10番手!
これでノリスが11番手に落ちてノックアウトとなりました。

フェラーリはベッテルがノックアウトも、ルクレールがQ3へ。
少なくとも1台がQ3行けて良かったな。


Q3
ストロールが真っ先にピット入り口へ!
サインツJr.が続く。
オコン、ペレス以外の全車がコースイン。
そして、サインツJr.が最初にアタック。
もしかして、ピットロードでストロールの前に出てた?

ファーストアタックを終えて、ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン、アルボンの順。
中段チームではストロールが5番手、フェラーリのルクレールは7番手。

残り6分半。
ガレージで待機をしていたペレスがアタック開始!
ストロールを上回って5番手に!

1回目のアタックを終えてガレージで待機中のフェルスタッペン。
国際映像がコックピットカメラになったのを見て、表情でファンサービス。
落ち着いてるね。

残り4分、ハミルトンがコースへ。
ルクレールもそれについていった。
シークエンスをズラしたペレス以外がコースインしています。

残り2分、ハミルトンがラストアタックへ!
セクター1はタイム更新ならず。
フェルスタッペンもセクター1はタイムを更新できていません。
っと、黄旗!
ハミルトンはセクター2でファステスト!
フェルスタッペンもタイム更新しています。

ハミルトン、セクター3は伸びず、タイム更新できませんでした。
タイムは1回目の1分15秒144が最速に。
フェルスタッペンはタイムを更新するも、3番手のまま。
ルクレールはタイムを更新して5番手に浮上!
ボッタスはアタックをやめています。

リプレイはオコン。
あー、セクター1でリアが流れてスピンしていました。
これが黄旗の原因だね…。
ボッタスはこれで減速しなければならず、アタックを止めています。

ハミルトン、95回目のポールポジション獲得!
ポールポジションを獲得したサーキットとしては28ヶ所目。
メルセデスはフロントロー独占。
セカンドローにはレッドブル勢が並び、その後ろにルクレール。
久々にトップ3チームが並んだな。


ハミルトンとフェルスタッペン、何やら話ながらインタビューエリアへ。
先にインタビューエリアに案内されていた筈のボッタス、自分のマシンの所まで戻ってしまい、迷子になりかける。

インタビュワーはJB!

フェルスタッペン。
Q3で風強くなったけど、2回目のアタックで風向き変わったらしい。
それがタイム伸び悩みの要因か。

ハミルトン。
ムジェロ走行経験あったんだっけ。
こちらも風の影響を受けてタイムが伸び悩みました。

ボッタス。
フリー走行1回目からフリー走行3回目までトップタイムだったけど、予選ではハミルトンに上回れたので、相当悔しい筈。
ボッタスは大体予選まではフィーリング良いんだけどなぁ…レーススタートで後退したりして中々ハミルトンに挑戦できてないんだよなぁ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
7番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
8番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
9番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
10番手からはエステバン・オコン/ルノー

11番手からはランド・ノリス/マクラーレン
12番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
18番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはケビン・マグヌッセン/ハース


ペレスはフリー走行2回目でライコネンと接触し、1グリッド降格ペナルティ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
5番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
6番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
7番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
8番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
9番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
10番手からはエステバン・オコン/ルノー

11番手からはランド・ノリス/マクラーレン
12番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
18番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはケビン・マグヌッセン/ハース




F1トスカーナ・フェラーリ1000GP決勝!!

決勝日にミハエル・シューマッハの息子、ミック・シューマッハが父ミハエルの最後のタイトル獲得マシン、フェラーリF2004でデモ走行!
懐かしのエンジンノイズ…!!


フェルスタッペンのマシン、何かトラブルか…?
一応、グリッドには着いたが…。

ジャン・トッドFIA会長が来ているな。
ベッテルかルクレールとグロージャンを激励。

上空にはフェラーリ旗をはためかせたパラグライダーが。
イタリア空軍の人なのね。
パラグライダーはイタリア国旗カラーだ。

土曜夜に行われた、フィレンツェでのフェラーリ参戦1000回目イベントの話。
ヴェッキオ宮殿のとこだったか。
そうそう、ポンテ・ヴェッキオは橋ですな。
イベントでは、ベッテル登場で歓声が上がったらしいし、ティフォシはまだベッテルに冷たくはしてなさそうですね。

…つか、むっちゃ風強いな?!
旗がはためいている…。

反差別のVTR、いつの間にかペレスのカットが追加されてるな。
いつからだろう?

イタリア国歌!!
男性歌手の歌超良いな!
世界最高とも言われるテノール歌手、アンドレア・ボッチェリという人だった模様!
盲目の人なのね…!

イタリア空軍のユーロファイターきたー!!
ヨーロッパでしか見られない戦闘機ですからね、と森脇さん大興奮。
やっぱりメカもの大好きなんだね。

フェルスタッペンは何か応急処置でもしてたかな?
フェラーリ参戦1000回目を記念した赤いセーフティカー、グリッドの先頭にいると映えるなぁ。


いつものOPからのロケーション紹介、そしてフェラーリの紹介も。

グリッド紹介、去年あったBGMのテンポ変更が復活。
こっちの方が特別感あって好きよ。

フェルスタッペンのトラブルはソフトウェアの問題らしい。
レースで再発しなければ良いが…。

フォーメーションラップを終えて戻ってきたボッタス、ちょっと斜めに止めているな…。
これは狙っているぞ。
シグナルが…ブラックアウト!!
さぁ、ボッタスが良いスタートを切って、ハミルトンの前に出た!
ボッタスを先頭に、ハミルトン、ルクレールと続く1コーナー!
フェルスタッペンは伸びがなかったものの、4番手、後ろにアルボン!

あーっと、接触!!
黄旗!
すぐにセーフティカー!

2コーナー、3コーナー辺りで2つの事故がありました…!
まず、2コーナーで砂煙が上がる多重クラッシュ!!
そして、3コーナー手前ではサインツJr.がスピンして後続のベッテルがスローダウンするも接触!
ベッテルはフロントウイングを破損しています。
サインツJr.は最後尾で走り始めています。
2コーナーのは…フェルスタッペン、ガスリー、グロージャンがグラベルに填まっていますね。。
フェルスタッペンは後輪が空転して動けないようだ。
近くにガスリーのフロントウイングが落ちてる。
グロージャンはウォールに当たっていますが、丁度芝生があったからか、コースに復帰。
フェルスタッペンとガスリーはそのままリタイアだ。
リプレイを見ると、ガスリーがライコネンとグロージャンに挟まれて接触、接触の影響を受けたライコネンがフェルスタッペンに追突。
接触してマシンが浮き上がったガスリーもフェルスタッペンに追突してしまっていました。
グロージャンはガスリーと接触した時点でコントロールを失ってスピンしていました。

フェルスタッペン、無線でピーーーー。
怒りでステアリングを投げ捨てています。。


3周目、ラッセルの無線。
「オコンはピットインしないとダメだね。マシン燃えてるよ。」
国際映像には映らないから良く分からない…。

オープニングラップでダメージを受けた組がピットインしてフロントウイングを交換。

川井ちゃんがガスリーの前に優勝したオリビエ・パニスも優勝したモナコGPの次のレースで、オープニングラップでのリタイアを喫しているという情報を。
ある種の共通項。。


7周目、セーフティカーが戻ってリスタートです!
ボッタス、スタートラインまで溜めてから一気に加速。
あーっと、ホームストレートでクラッシュ!!
サインツJr.、マグヌッセン、ジョヴィナッツィが止まっている!
その先でラティフィもマシンが壊れてしまい、ストップだ!
またしてもセーフティカー!

グロージャン無線。
ピー。
ピーーーー。
「何だ、あのバカな動きは!俺達を殺す気か?!」
…あなた、2012年のベルギーGPで酷い追突してたよね。。
それ以来接触はあれど、あれ程のクラッシュはしてないけど。

スタートラインより遥か後方のセーフティカーラインから加速したジョヴィナッツィがラティフィの真後ろに来た所、減速したマグヌッセンを避けたラティフィに反応できず、そのままマグヌッセンに追突。
その後ろにいたサインツJr.も避け切れずに接触。
ジョヴィナッツィはその勢いのまま隣のラティフィに寄りかかり、ラティフィも巻き込み。
ボッタスがギリギリまでウェービングしていたのもあって、後続が一塊になっていたのも事故の要因の一つですかね。
そんな混雑の中、ウェービングするマシン、加速するマシンが混在していた為に発生した事故でした。
因みに、レース後の審議では、クビアトもスチュワードに呼ばれた模様。
マグヌッセン減速の元がクビアトの減速のようなので。

マシンを降りたサインツJr.は左手を気にしてる模様…一応、チームクルーには大丈夫とサインしているが。。

ホームストレートにマシンが止まっているので、ピットレーン通過せよとの通達が。


8周目、赤旗に切り替わりました!
ラティフィ、ジョヴィナッツィ、マグヌッセンのクラッシュが審議に。
再開3分前にレース後審議になっています。

現在の順位はボッタス、ハミルトン、ルクレール、アルボン、ストロール、リチャルド、ペレス、ノリス、クビアト、オコンと続き、11番手以降にラッセル、ライコネン、ベッテル、グロージャンとなっています。

最終コーナーから1コーナー方向に向いてるカメラでのリプレイ見てて思ったけど、ホームストレートでのクラッシュを避けようとライコネンとベッテルがそれぞれ左右に避けるの、バディものっぽくて画になる。

現地時間の15時55分リスタート。
日本時間では22時55分。
残りは11分。

ルノーのピットウォールにいるアラン・パーメイン。
確か、トラックサイドオペレーションディレクター。
川井ちゃんによると、お父様はきかんしゃトーマスのプロデューサーらしい。


残り3分。
ここでオコンがリタイアするとのアナウンス。
ラッセルが報告してた、ブレーキトラブルと見られる。
中断中にブレーキドラム嵌め直したりしてたから、修理してたと思ったんだけど…ダメだったようだ。

時間になりましたので、ロール・アラウンド・ラップへ。
2周連続だね。
フロントローのメルセデスはミディアムタイヤ、セカンドローのルクレールとアルボンはソフトタイヤでグリッドに向かいます。

再びのスタンディングスタート!
ハミルトン、ボッタスのトーを使って1コーナーで前に!
アルボンはポジションを大きく落として7番手!
ベッテルはグロージャンにかわされて最後尾に落ちている。
3番手を維持したルクレールは1周しただけでメルセデスに大きく離されているな…ボッタスから4秒差。
後ろにレーシングポイント勢いるし、何処まで耐えられるか。


16周目、接近戦が多発!
アルボンがペレスに迫れば、その前ではストロールがルクレールに仕掛けてサイド・バイ・サイドに。
ここはルクレールがポジションキープだ。
後方ではベッテルがライコネンをかわして11番手に上がっています。

18周目、ストロールがルクレールをかわして3番手に。
ストロールは2週連続表彰台なるか?
ルクレールは厳しい戦いになっているな…何処まで耐えられるか?
その後ろではアルボンがペレスをかわして6番手に。
アルボンのペース、結構良いのか?

翌周、リチャルドがルクレールをかわして4番手に浮上。
リチャルドもペース良いから、表彰台に挑戦できるかも?
更に翌周、アルボンがルクレールをかわして5番手に。
表彰台争いはストロール、リチャルド、アルボンかなー?
ルクレールはストレートが伸びず、かなり苦しそう。
後方のベッテルもラッセルに近付けないのはストレートスピードが不足しているからだろうか。


21周目、ルクレールはペレスにも攻略されて7番手に後退。
ペレスのペース良くないと思ってたけど、それ以上にペース無かったわ、フェラーリ。。
ルクレールは翌周にピットイン、ハードタイヤ!
川井ちゃん「決断早かったですね!マシンは遅いですけどね!」
辛辣である。。


28周目、ボッタスの無線。
「ルイスとは別のタイヤ履きたい。」
メルセデス勢もそろそろタイや交換を考え始める頃合いのようで。

ここで4番手のリチャルドがピットイン!
前を行くストロールに対するアンダーカット狙いだ!

ノリスはペレスをアンダーカットしようぜって言ってたけど、普通に抜いてったな。
やっぱりペースないのか?
フェラーリが遅すぎるからか、認知にバグが起きてるような。。

ここでライコネンがピットイン。
…あ、あれ?
どうした?
エンスト??
タイヤ交換に12.9秒。
左リア少し遅れてたけど…うーん、タイヤ交換終わった事を知らせる信号が発信できてなかったのか?
リアのジャッキ担当が左リアの人に話しかけてるっぽいから、多分…。
リアジャッキ担当がピットの信号変わらないからジャッキ降ろせなくて、左リア担当に信号送るボタン押せって言ったとか?
ライコネンの無線。
ピー。
「何があった?!」
とかそんな感じかな?


32周目、ここでボッタスがピットイン。
ハードタイヤだ!

ハミルトンはまだ走れると無線で言ってますね。
タイヤマネージメント上手いからなぁ、彼。
でも、翌周にはピットに入るんだ…。
ボッタスのアンダーカット封じかな?
選んだのはハードタイヤ…あくまでボッタスと同じストラテジーにして、ボッタスから機会を奪うって感じか?


36周目、ライコネンがグロージャンをオーバーテイク!
…すっげぇ、サイド・バイ・サイド!
つか、少しグロージャンのフロントウイングが当たってる。。
ライコネンのフロントタイヤかバージボード辺り。。
グロージャンのフロントウイング翼端板辺りのパーツが飛んでいるように見えます。
もしかしたら、ライコネンのバージボード辺りのパーツかもしれんけど。


37周目、クビアトがルクレールにアタック開始!
ルクレールはこの周でピットインしました。
…あれ、ハードタイヤだったよね?
持たないの?


40周目、ここでアルボンがファステストを出しています。
維持できるかなー?


42周目、メルセデス勢に縁石使うな令が出ました。
多分、レッドブルリンク以来。
オーストリアGPかシュタイアーマルクGPか忘れたけど。
まぁ、縁石使わない走りしてもポジションは揺るがない訳ですが。

先程とは打って変わって、リチャルドのペースが良くないな…。
まだDRS圏内ではないものの、ストロールに1秒ちょいまで迫られている。
っと、黄旗!
クラッシュ…ストロールだ!
セーフティカー!

オンボードで見ると、突然リアが滑ったと共に何かの破片が映り込んでいます。
ほぼ全開での高速クラッシュ、あれは怖い…。
ストロールは大丈夫そうだ…無線でパンクと報告しています。
リアタイヤのパンクか…縁石でやっちゃったか?
縁石に乗った状態でスピンしたようにも見えるので。。


45周目、2度目の赤旗!
ストロールのマシン撤去作業中。
何か茶色い煙が上がっている…電送系の火災らしいので、これミスったら感電案件か。

叫ぶマーシャルの方々。
ツイッターのTLではイタリア人が焦ってるので、これは大事とか言われています。
エンジンカバーのサイド部分がなくなって、中身が丸見えじゃないか…。
そして、マーシャルの消火器の投げ方www

今の順位はハミルトン、ボッタス、リチャルド、アルボン、ペレス、ノリス、クビアト、ルクレール、ラッセル、ベッテルと続くトップ10。
その後ろにライコネン、グロージャンがいます。
12台…2台生き残ってるのはメルセデスとフェラーリのみですね。

ピレリのディレクター、マリオ・イゾラがベッテルとお話してる。

シリル・アビテブールのタトゥーの話。
川井ちゃん「どうせリチャルドだから下品なデザイン選ぶじゃないですか。」
そこから発展して「あの人って歌下手じゃないですか。」
川井ちゃんのボロクソ評価www
小穴アナのフォローが効かないくらいの言い方www

現地時間17時12分スタートと告知。
後10分。
2006年のブラジルGP以来となる赤旗2回だそうで。
もっと後もあったみたいだけど。


残り3分。
ライコネンに審議。
セーフティカーの時にゼブラ帯を横切ってピットレーンに入ったやつかな?
いや、リプレイだとピットレーンに入ったタイミングの方か?

時間になったので、再びのロール・アラウンド・ラップ。
ボッタス、斜めに止まっててやる気満々!
3回目のスタンディングスタート!
リチャルドのスタートが良い!
ボッタスをかわして2番手だ!
そして、アルボンはペレスに遅れを取っている!
おっ、アルボンが抜き返した!
ハミルトン、リチャルド、ボッタス、アルボン、ペレスの順に。

ここでライコネンに5秒ペナルティ。
ピットレーンの入り方ですかね。
何気にライコネン8番手、グロージャン9番手。
スタートでフェラーリ勢を抜いていました。


48周目、ボッタスがリチャルドをかわして2番手に復帰。
メルセデスの強さ…。


50周目、ルクレールがグロージャンをかわして9番手に。

ライコネン無線はペナルティの話。
…怒ってます!


51周目、アルボンがリチャルドにアタック!
サイド・バイ・サイド…アルボンがアウト側から被せて3番手に浮上!
初の表彰台獲得が見えてきたか?
後方ではベッテルがグロージャンをかわして10番手に。
これでフェラーリ勢はポイント圏内に入ってきた!


52周目、ハミルトンがファステストラップ!
ラッセルがグロージャンをかわして11番手に。
ライコネンの5秒以内に入れば、ラッセルはF1での初ポイント獲得となります。
対するライコネンも今季初ポイントがかかっているので、ラッセルとのギャップを維持したい所。

アルボンはボッタスよりペースが良いようで、2番手も狙っています。
そして、タイ人初のF1ドライバー、プリンス・ビラのお話に。
アルボンの前にF1に参戦していたタイ人となると、彼になりますが…F1創成期に活躍した人物なのよね。


54周目、ボッタスがファステストで逃げている!
アルボンとの差がみるみる広がっています…ペース持ってたかぁ。


56周目、ライコネンとラッセルのギャップは約5.8秒に。
間にルクレールとベッテルを挟んでいますが…ポイントを獲得するのはどちらだ?


59周目、ファイナルラップ!
ここでペースを温存していたハミルトンがペースを上げてファステストを奪取!
ボッタスはアルボンから逃げるのにペース上げてしまったので、ハミルトンについていけないな。

ライコネンとラッセルのギャップは7秒くらいに広がってるな?
もしかして、ラッセルはベッテルに塞がれてるのか…と思ったが、ギャップが2.4くらいあるから、純粋についていけてなかったのかなぁ。

ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!!
90勝目、これでミハエル・シューマッハの持つ最多優勝記録に並ぶまで1勝となりました!
アルボン、初表彰台獲得!!
リチャルドが4位でチェッカー。
シリル・アビテブールはタトゥーを免れたな!
クビアトは今季最高位となる7位入賞。
ライコネンは8位でチェッカーを受け、ペナルティを入れても9位!
今季初ポイント獲得です!
フェラーリも節目となる1000GP目にダブル入賞!
2台揃ってカオスなレースを掻い潜れたな…特に後方にいたベッテル。
ラッセルは惜しくもF1初ポイントを逃しましたが、11位は今季最高位タイ。

ドライバー・オブ・ザ・デイはリチャルド!

マシンの中でヘルメットを取るハミルトン。
お客さんに挨拶、歓声が上がったぞ!!

ラッセルの無線。
「あぁ…赤旗がなければ…!!」
ラッセルはこのままF1に留まれれば、必ずチャンスが来そうです。

インタビュワーはDC先生!

アルボン。
チェッカー後の無線でもホッとした感じが出てたよね。
「それ程大変じゃありませんでした。勿論、ハイスピードコーナーは大変でしたけど。」
とコースのキツさに言及。
表彰台獲得についてはやっぱりホッとしてる感じですね。
喜びはまた後か…本当に喜ぶのは優勝した時なんだろうけど。

ボッタス。
いやぁ、また残念そうだ…。
一時期はトップに躍り出てただけに。
次戦のロシアはボッタスが得意とするサーキット。
挽回して見せて欲しい所だが、ハミルトンはロシアも強いんだよなぁ。

ハミルトン。
「1日に3レースしたくらい疲れました。」
ボッタスを抑え込んでおくのにも疲れたとは言っています。
ここ最近で一番楽に勝てなかったレースなのかも?
90勝目を喜んでますね。


表彰台!!
ハミルトンは反差別Tシャツ着ての登壇。

イギリス国歌!
かーらーのー?
いつもの!!
ドイツ国歌!!

トロフィ授与。
フェラーリ参戦1000回にしてはシンプルなトロフィだな。
アルボン、すっごい嬉しそう!

シャンパンファイト!!
ボッタスがまず飲んだか分からなかった…。

記念撮影。
アルボン、背でかいなぁ。

20_9_16_alb
という事で、アルボンがツイッターのトレンドに。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル
4位はダニエル・リチャルド/ルノー
5位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はダニール・クビアト/アルファタウリ
8位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
9位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
10位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12位はロマン・グロージャン/ハース

リタイアは…
ランス・ストロール/レーシングポイント
エステバン・オコン/ルノー
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ケビン・マグヌッセン/ハース
アントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
カルロス・サインツJr./マクラーレン
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ピエール・ガスリー/アルファタウリ

ライコネンに5秒加算ペナルティがあるので、順位に変動があります。

結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル
4位はダニエル・リチャルド/ルノー
5位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
6位はランド・ノリス/マクラーレン
7位はダニール・クビアト/アルファタウリ
8位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
9位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
10位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
12位はロマン・グロージャン/ハース

リタイアは…
ランス・ストロール/レーシングポイント
エステバン・オコン/ルノー
ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
ケビン・マグヌッセン/ハース
アントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
カルロス・サインツJr./マクラーレン
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ピエール・ガスリー/アルファタウリ


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(190Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(135Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(110Pt)
4位:ノリス/マクラーレン(65Pt)
5位:アルボン/レッドブル(63Pt)
6位:ストロール/レーシングポイント(57Pt)
7位:リチャルド/ルノー(53Pt)
8位:ルクレール/フェラーリ(49Pt)
9位:ペレス/レーシングポイント(44Pt)
10位:ガスリー/アルファタウリ(43Pt)
11位:サインツJr./マクラーレン(41Pt)
12位:オコン/ルノー(30Pt)
13位:ベッテル/フェラーリ(17Pt)
14位:クビアト/アルファタウリ(10Pt)
15位:ニコ・ヒュルケンベルグ/レーシングポイント(6Pt)
16位:ライコネン/アルファロメオ(2Pt)
17位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(2Pt)
18位:マグヌッセン/ハース(1Pt)
19位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
20位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
21位:グロージャン/ハース(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(325Pt)
2位:レッドブル(173Pt)
3位:マクラーレン(106Pt)
4位:レーシングポイント(92Pt)
5位:ルノー(83Pt)
6位:フェラーリ(66Pt)
7位:アルファタウリ(53Pt)
8位:アルファロメオ(4Pt)
9位:ハース(1Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

| | コメント (1)

2020年9月 9日 (水)

世代交代

昼間はまだ暑いけど、だんだん秋が近付いてきている気がする。
空とか見てると、ちょっとそんな風に思える時も出てきた。

…そういえば、身近で新型コロナ発症者が出ました。
いつかは来ると思ってたけど、遂にか…という感じ。
その人とはあんまり関わりはない…筈だけど、身近なだけに、ちょっと警戒はしますね。






20_8_19_happy_turn_melonbread
メロンパン ハッピーターン味!!


セブン行ったら置いてあったやつ。
ハッピーターンかどうかちょっと怪しいけど、普通に美味かったな。






ここからはモタスポのターン。

20_8_29_spa_lemon_dou
8月29日のF1ベルギーGP予選の時に飲んでいた、檸檬堂 塩レモン。
ベルギービールとかじゃなくて、レモンサワー。

この辺が飲みやすい。。




20_9_2_red_bull_max
そして、レッドブルが何やらキャンペーンを始めたらしく、取り敢えず2本買ってきてみました。
専用デザイン缶、取り敢えず写真は撮っとくよね。





この前、インディ500の記事を書きましたが、その数日後にようやくレースの後追いが完了しました。
20_8_30_sat_2ed_indy500_win1
おぉ、本当にグリコのポーズしてる…www
1回目に優勝した時、次があったらやるって言ってて、それを良く覚えてたし、良く「次」が来たよなって。
チームの状況が適切であれば、まだまだ次がありそうな感じ。

20_8_30_sat_2ed_indy500_win2
そして、やっぱりこれでしょう。

牛乳でかんぱーい!!





ツイッターのトレンド集。
19_11_26_yam
随分と前のだけど…去年のF1日本GPの時のもの。
フリープラクティス1回目にトロロッソ(現アルファタウリ)から日本人ドライバーの山本尚貴が参戦した時のもの。
当時、国内最高峰のレースカテゴリであるスーパーGTとスーパーフォーミュラで2冠を達成していたんだよね。
その時点では、F1に参戦する為に必要なスーパーライセンスを取得可能な唯一の日本人だった筈。

…現地観戦組だったけど、まぁ、白子駅でのバス待ちの列がヤバくて全然FP1に間に合わなかったけどね。
走ってる所を見れてないんだよなぁ。


19_11_26_alb
多分、同じく去年のF1日本GP辺りのやつ。
レッドブルのアルボンがトレンド入りしていたから、記念に。
去年はシーズン後半にトロロッソからレッドブルへと昇格してたんだよね。


20_8_26_gas
今年の8月26日に加工したやつ。
アルファタウリのガスリーがトレンド入り。
あんまり覚えてないんだけど、画像加工した日付の直近で言うと、F1スペインGPかなって。
予選Q2で5番手に入る活躍を見せており、決勝でも他の中段勢とバトルを展開していましたね。

…なんだっけ。
空き巣に入られたの、もうちょい前だった気がするし。。




F1イタリアGP予選!!

この週末から予選、決勝でパワーユニットのエンジンモードを変えられなくなりました。

ウィリアムズの代表代理、クレア・ウィリアムズ。
クレアはこの週末を最後にチームを離れます。
20_9_4_williams_last
これにより、ウィリアムズ家がチーム運営から完全に手を引く事となります。
…ちょっと寂しいですし、チーム売却後もウィリアムズの名前は残ってて欲しいなぁとも。

タイヤ紹介、昔のオーバルコースのバンク部分で撮影されてる。
転がらないタイヤ。

フェラーリにとっては参戦999回目の週末。
母国GPその1だ。

ヨッヘン・リント没後50年。
死去後にワールドチャンピオンになった唯一のドライバーである。


Q1
ハース勢、ウィリアムズ勢、アルファロメオ勢が真っ先にコースイン。
フェラーリ勢も早めに出てきた。
いつもの引っ張り作戦だ。
ルクレール、ベッテルの順だったが、ウォームアップでベッテルが前に。
ルクレールが無線で疑問を呈しています。

ルクレールとマグヌッセンは最終コーナーのパラボリカで少し膨らんだので、タイム取り消し。

メルセデス勢が出た瞬間に彼らに引っ張ってもらおうとぞろぞろと後ろに列が…www

ガスリーもタイム取り消し。
またパラボリカで。
2回目のアタックを行ったストロール、アルボンもタイム取り消し。
パラボリカのトラックリミットはかなり厳しいな…?

残り3分15秒、続々とラストアタックへ!
3番手のペレス、4番手のサインツJr.、5番手のフェルスタッペンはガレージ。

パラボリカでマシンが密集しとる。。
オコンのすぐ後ろにライコネン。
チェッカー!
ライコネン、オコンのすぐ後ろでうまく行かなかった為か、アタックを止めてしまいました。
その後ろのベッテルとかも全然ダメだ。

オコン、ジョヴィナッツィ、ベッテルとタイム更新ならず。
ルクレール、クビアト、ガスリーはタイム更新。
アルボンはタイム更新できてないけど、ギリギリ15番手で残った。

ベッテルはチームの母国でQ1敗退だ。
ベッテルの無線。
ピー。
「バタバタだったよ!」
めちゃめちゃ怒ってます。

尚、ライコネンはQ2進出しています。
アタック中のライコネンの無線。
ピー。
ピーー。
「ずっとブロックされてんだけど、このバカに!」
目の前のオコンに対して。
まぁ、後も似たようなものなんだけどね。

グロージャンのリプレイ。
パラボリカで挙動を乱し、チェッカー目前でアタック中止。
ピットレーン入口を進みながら両手でステアリングを叩いて怒っています。
おそらく、前走車の起こした乱気流の影響。

ラッセルの無線。
ピー。
ピ。
ピ。
目の前でオコンとライコネンが接近しているのを見ての無線。


Q2
メルセデス勢が真っ先にコースイン。
すぐ後ろにフェルスタッペン。
ルノー勢がメルセデス勢の後ろにつこうとするも、フェルスタッペンが間にいる為にバックオフ。
ライコネンだけが少し間を開けてコースイン。

ハミルトンがセクター1、2ファステストだ。
そのままトップタイム!
1分19秒092、トラックレコード更新!
ペレスが3番手、サインツJr.が4番手とフェルスタッペンを上回っています。
アルボンが10番手、11番手はクビアト。
中古のソフトタイヤを使ったルクレールは12番手だ。

前戦ベルギーGPから戻ってきてた、モーターホーム。

残り5分15秒。
Q1ラストアタック時のオコン、ライコネン、ラティフィの接近戦は予選後審議。
…あれ、ラティフィ?
ラッセルじゃなく?

各チームが態勢を整えつつ、誰か動くのを待ってる。
1分くらい見合ってるな…。

残り3分35秒、メルセデス勢が動いたのを皮切りに一気にコースイン。
メルセデス勢の前にルノー勢が。

リチャルド、オコン、ボッタス、ライコネン、ハミルトンの順。
その後ろがレッドブル勢やレーシングポイント勢でごちゃごちゃしてる。

リチャルド、少し膨らんだ!
砂利が少しコース上に…。
リチャルドはアタックを止めた。
オコンはセクター1、2とタイムを更新できてない。
そのままタイム更新ならず、12番手。
チェッカー!
セクター2に黄旗!
ボッタス、タイム更新!
1分18秒952は勿論トラックレコード更新でトップタイムだ!
ライコネン、タイムを上げるが14番手。
ストロール、アルボン、ペレスとタイム更新ならず。
サインツJr.はタイムを上げて3番手だ。
ルクレールはタイム更新するも、13番手。
クビアトもタイム更新ならず、11番手。

母国GPのフェラーリ、ここで姿を消す。
ついでに、フェラーリパワーユニット勢、全滅…。


セクター2の黄旗はマグヌッセンの飛び出しか。
その後方から来たのはクビアトだったかな?
マグヌッセンの割を食ったか?


ペレスの無線。
「何をやってるんだ、レッドブルの連中は。」
コースイン時の無線。
ハミルトンの後ろにストロール、アルボン、フェルスタッペン、ペレスと続いていました。
レッドブル勢はペレスを抜いて前に出たけど、ポジション確保の為にすぐにスローダウン。


Q3
ボッタス、ハミルトン、フェルスタッペン、アルボンの順にコースイン。
その後ろからレーシングポイント勢…ペレス、ストロールの順か。

セクター1はハミルトン、セクター2はボッタスが速い。
ハミルトン、トップタイム!
ペレスが3番手、フェルスタッペンが続く。
7番手のアルボンはまたしてもタイム取り消しに。

フェルスタッペン無線。
「前に近付き過ぎてタイムを失っている。」

ストロール無線。
ピー。
少し飛び出した時にフロアにダメージを負ったようだ。

残り5分40秒、メルセデス勢がコースイン。
アルボン、フェルスタッペンのレッドブル勢が続き、その後ろにガスリー。
これがラストアタックです。
去年の二の舞にはなりませんですかね。

流石に台数少ないのと去年の記憶があるからか、そこそこまばらに行ってるな。
ハミルトンがセクター1全体ベスト!
おっと、リチャルドがセクター1最速タイムを塗り替えた!
ハミルトンがセクター2全体ベスト!

セクター3を駆け抜け、ボッタスも1分18秒台に入れてきた!
さぁ、ハミルトンは…1分18秒887でトップタイム!
トラックレコード更新!

アルボンは7番手止まり。
フェルスタッペンはタイムを上げるも4番手のまま。
ガスリーは8番手。
ペレスはタイム更新ならず、3番手のまま。
リチャルドは5番手。
サインツJr.が3番手!
ノリスは6番手だ。
ストロールが8番手。

まだ残り時間はあるものの、もうアタックするマシンがいないので終わり。

ハミルトン、94回目のポールポジション獲得!
サインツJr.が予選最高位タイの3番手に食い込んできた!

セカンドロー獲得に沸くレーシングポイントのガレージ。


一瞬ピットロード上の電光掲示板に「ハミルトン90勝目」の表記が…www
良く見てたな、小穴アナ。


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!!

サインツJr.から。
途中、少しミスったの?

ボッタスもトーの話はするんだな。
「最終的には自分自身との戦い。」と言いつつ、ストレートでは稼ぎがなかったとも。
レースに自信。

ハミルトンはサインツJr.とお話し中。
ディ・レスタは「(サインツJr.が)フェラーリに入ったら、話す機会が増えますよね。」とコメント。
ボッタスのアタックを受けてちょっとナーバスになったとコメントしてるけど、そんな風には見えない走りだった。

トップ3は皆ややダウンフォースをつけたセッティングだったようで。
モンツァつったら、伝統的にダウンフォースを削りに削ったモンツァ用セッティングを使うってイメージだったけど、これは来年以降、セッティング方針変わっていくのかも。


そういや、母国GPのジョヴィナッツィは特別ヘルメットだったな。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
4番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはランド・ノリス/マクラーレン
7番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
8番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
9番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
10番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ

11番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
12番手からはエステバン・オコン/ルノー
13番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
14番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはロマン・グロージャン/ハース
17番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
20番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ




F1イタリアGP決勝!!

ルノーが来期からチーム名を変更する事を発表。
新たなチーム名はアルピーヌF1チーム。
アルピーヌはフランスの自動車会社で、グループ・ルノーの主要ブランドの一つ。
ル・マン24時間レースやラリーでは有名だが、F1への進出は初。
カラーリングはフランス国旗のトリコロールカラーとなるようだ。
また、パワーユニット名はルノーのままなので、少なくともルノーという名前自体はF1に残る事となる。
…カスタマーチームいないのがアレだが。


そして、そのルノーが抗議していた、レーシングポイントRP20のリアブレーキダクトの競技規則違反の件は、レーシングポイントが控訴を取り下げ。
これにより、レーシングポイントは罰則が確定。
罰金40万ユーロ(約5000万円)の支払いが発生し、コンストラクターズポイントから15ポイントが剥奪されます。


いよいよウィリアムズ家がチームに関与する最後のレースとなりました。
ウィリアムズのガレージでは、クレアが自らラティフィを送り出しています。
ラティフィの無線でもクレアが送り出してくれた事に関して言及されていますね。

ボッタス、タイヤスモークを上げて高さのある縁石に乗り上げる。
フロアにダメージがないか気になりますね…。

ホンダはトロロッソ/アルファタウリとの50回目のレース。
チームの母国でこのメモリアルを迎えて、ホンダの山本マネージングディレクターとチーム代表のフランツ・トストがマシンと共に記念撮影中。
マシンには50戦目を祝うステッカーが貼られています。


ホームストレートに軍の音楽隊…かな?

イタリア国歌!!
音楽隊が演奏、そして歌う!

航空機が来た…イタリア国境カラーのスモーク!
やっぱフライバイは楽しいわ。

さぁ、伝統のイタリアGP…超高速サーキットのモンツァで始まります!

おっ、クビアトがハードタイヤできたか…!
後方スタートのベッテルもハードタイヤですね。

シグナルが…ブラックアウト!!
サインツJr.が良いスタートを切った!
フェルスタッペンは加速が伸びず、リチャルド兄貴に先行されています。
ボッタスも加速が伸びず、ずるずると後退。
1コーナーでアルボンの右リアタイヤとガスリーの左フロントタイヤが接触!
アルボンがシケインカットしています。

ハミルトンがトップ、サインツJr.ノリスのマクラーレン勢が続きます!
ボッタスは何とか4番手に留まっているものの、ペレスにアタックされ、更に1つ後退。

更に、ボッタスはリチャルドにもかわされて6番手に。
ボッタスは無線で「パンク!」と言っています!
…あれ、ピットに入らないの?!
パンクの割にはペース悪くなってないな…?

3周目に再びボッタスの無線。
タイヤの内圧、フロントウィングに問題なし…だそうで。

8番手のフェルスタッペンが1、2コーナーでサイド・バイ・サイドになりながらストロールを攻略。
中々際どい仕掛けだった…接触しててもおかしくないぞ。

6周目、ベッテルがラッセルのアタックを受けています。
ホームストレートでラッセルがDRSを使ってベッテルに並ぶ!
並んだら若干ベッテルの方がストレートスピードは上なんだな。
…っと、ベッテルが1コーナーを曲がれずにシケインカット!
結構な勢いでエスケープゾーンを真っ直ぐ突っ切っています!
ベッテルの無線「ブレーキを失った!」
何と、この局面でのトラブル…ガレージに戻ってきて、リタイアだ。。
リプレイ見ると、コースオフした時に左リアからブレーキダクトか何かが吹っ飛んでるんだね。
実は4周目くらいからトラブルを抱えていたようで…。
当然、ケアはしてたんだろうが…いやぁ、フェラーリの母国で早々にリタイアは辛いなぁ。。


8周目、アルボンに5秒加算ペナルティが。
グロージャンとのバトル時にスペースを与えなかったからのようだ。
1コーナーのブレーキング時に寄せられてコースからはみ出てたし。
そして、セクター1で黄旗。
割と長かったけど、結局何だったか分からんな。。
そして、ノリスに迫るペレスだが、かわす事はできていませんね。

フェルスタッペンが長い事ボッタスの後ろにぴったりくっついている。
ボッタスはマシンの冷却に問題が出て、前にぴったりくっついたりしにくくなってるけど、フェルスタッペンにはそういった問題はないのだろうか。


20周目、マグヌッセンがコース脇でストップ。
もうすぐピットレーン入口だけど、持たなかったか。。
黄旗。
無線で「何か壊れた。」との事。

少し経ってからセーフティカーに。
ハミルトンとジョヴィナッツィがピットイン。
これでサインツJr.がラップリーダーに…!
…しかし、皆入らないね…ソフトタイヤ勢とかさ。


22周目、ハミルトンとジョヴィナッツィに審議。
どうやら、ピットレーンクローズの時にピットに入ってしまっていたようだ…!
成程、だから皆入らなかったのか。。
23周目にピットがオープンになると、ガンガンピットに!
殆どがダブルストップになる訳だが、上位のポジションを争っているマクラーレンとレーシングポイントにとってはここは勝負所。
マクラーレンはまず、サインツJr.がピットイン。
後方から来るノリスはピットレーン入口で少し時間調整しつつ真後ろのペレスを抑えようとする動き。
上手くペレスとルノー勢を抑えて、彼らの前に留まる事に成功しています。

結局、セーフティカーが入る前の黄旗の時にピットインしたのはガスリーだけだったか。
…まぁ、真後ろにハードタイヤ履いたクビアトがいたし、蓋をするなら入れさせるかな。
川井ちゃんがガスリーは損したなぁって言っています。
確かに、セーフティカー中の方がよりポジション失わなくて済むからなぁ。


24周目、リスタート!
ピットに入ってないストロールが2番手につけています。

…あーっと!!
ルクレールが最終コーナーのパラボリカで大きなクラッシュ!!
セーフティカー!

ルクレールの無線。
ピーーーー。

加速し始めのタイミングで挙動を乱して、高速でウォールに突っ込んだが…ルクレールは大丈夫そうだ。


26周目、ジョヴィナッツィに10秒のストップ&ゴーペナルティ。
やはりピットレーンクローズ中に入ったから。。
これはハミルトンもペナルティ食らうか?
そして、赤旗に!

クレーンが来て、ルクレールのマシンを撤去中。
…バランス崩してマシンのリアを何回も地面に打ち付けている。。
何かに引っ掛かってたっぽいとはいえ、慎重に作業してくれぇ。。
つか、前戦のジョヴィナッツィと同様、またタイヤがマシンから千切れている。。

赤旗中はタイヤが交換できるので、皆やってる感じですかね。
まだピットインしてなかったペレスはここで初のタイヤ交換。
ポジションを失わずに交換できるの美味しい!

順位はハミルトン、ストロール、ガスリー、ライコネン、ジョヴィナッツィ、サインツJr.、ノリス、ボッタス、ラティフィ、リチャルド、フェルスタッペン、オコン、クビアト、ペレス、ラッセル、アルボン、グロージャンの順。

そして、ハミルトンにも10秒ストップ&ゴーペナルティが。
ハミルトン的には引き離せば行けるかな?

ここでノリスにも審議。
ピットレーン入口でペレスを抑えた行為に対してだそう。

現地時間16:20に再開とアナウンス。
今は16:09なので11分後ですね。


後8分。
ハミルトンがキックボードを飛ばしてピットレーン先頭の自分のマシンにまで戻ってきました。
中断中、席外してたのってハミルトンくらいでは?
ペナルティの件で現場検証しに行ったり、スチュワードルームに行ったりしてたみたいですけどね。

セーフティカーが導入されてから11秒後にピットレーンクローズが宣言されているけれど、ハミルトンがその間にピットインしていれば無罪になる。
…が、12秒後くらいだったらしいので、これはダメですね。。

リスタートはフォーメーションラップやって、スタンディングスタートになるとアナウンス。


残り5分。
ノリスに関してはお咎めなしに。
タイムペナルティは5秒がアルボン、10秒がハミルトンとジョヴィナッツィ。
…そうか、10秒ペナルティは食らってから3周以内に消化しなければならないか。
…2人共最後尾だな。。


16:20になりました。
ピットレーンに並んでいた各車、再びコースイン!
フォーメーションラップではなく、ロール・アラウンド・ラップという呼び方をするらしい。
へぇ~。

ここでペレスとフェルスタッペンに審議。
あれ、スタートの時の話?
それとも、その後に何かあった?

さぁ…28周目からリスタートです!
スタンディングスタートなので、シグナルが点灯します…ブラックアウト!!
おおっ、ガスリーの蹴り出しが良いぞ!
ペレスをかわして2番手だ!
そして、ライコネンが3番手!
チームメイトのジョヴィナッツィがそれに続きます!

あーっと、ストロールが第二シケインで止まれない!
真っ直ぐ突っ込んでシケインカット!

ここで早くもハミルトンがBox!
ペナルティを消化して、最後尾で合流。
これでガスリーがラップリーダーだ!
同じくペナルティを食らっているジョヴィナッツィはまだコース上。
後続を抑えてライコネンを支援するのでしょうか?
ガスリー的にも助かるやつだね。

つか、イタリアチームやイタリア縁のチームがトップ4にいるわ。
そして、皆名前がアルファだわ。
アルファロメオはブランドとしてはイタリアメーカーだけど、チーム国籍としてはスイスだからな。

ハミルトンの無線。
「集団まで23秒だよ。」
ピーー。
さて、何処まで挽回してくるでしょうか。

フェルスタッペンとペレスはお咎めなしのようで。
どの場面の事だったんだろう?


31周目、ここでジョヴィナッツィがBox。
ペナルティを消化します。
同じタイミングでフェルスタッペンもピットのようですね…あれ、リタイア?!
パワーユニットに少し問題があったらしい。
ポジションが悪かったとは言え、ポイントを稼げるチャンスだったのだが…これは痛恨。。
パワーユニットの問題というも気になる所。。

現在はガスリーがトップ。
ライコネン、サインツJr.、ストロール、ノリス、ボッタス、リチャルド、オコン、クビアト、ペレスまでがポイント圏内だ。


34周目、サインツJr.がライコネンに仕掛ける!
1、2コーナーでサイド・バイ・サイド…!
うおぉ、サインツJr.が前に出た!
ライコネン、ソフトタイヤを履いているが、ペースが上がらない。
そもそもマシンが非力なのだけど、そこに耐久性の低いソフトタイヤ。
スタートは良かっただけに、複雑な感じ。。
何処まで耐えられるかなぁ。
ライコネンに今季初ポイント取って欲しい。。

…と思っている間に、ストロールがシケインでサイド・バイ・サイドに持ち込み、ライコネンをパスして行きます。
4番手に後退。


36周目、ノリスがホームストレートでライコネンをパス。
ライコネンは5番手。
37周目にはボッタスが1コーナーの飛び込みでライコネンをパス。
ボッタスのオーバーテイクはリチャルドばりの深いブレーキングだったなぁ。
…と思っていたら、そのリチャルド ライコネンをパス。
ライコネンは7番手にまで順位を下げています。
まだ周回数あるんだけど、ポイント圏内に留まれるか…?
ハミルトンも入って来るだろうからなぁ。。

トップのガスリーは順調そう。
サインツJr.とのギャップもまだありますが、ペース的にはサインツJr.の方が少しだけ速いか?


40周目、アルボンは下位で苦しんでるっぽい。
バトルしてるグロージャンとラッセルに追い付けないんだよね…どうした。
おっと、1コーナーでミスって加速が鈍った所を、ハミルトンにアタックされてパスされています。


42周目、ライコネン・ドライビングスクール開講。
何とか7番手に留まっているものの、これはキツい。
8番手に落ちた瞬間、次々にパスされるパターンだろうし。

ハミルトンはラッセル、グロージャンとサクサクとかわして12番手に浮上。
一番オーバーテイクに難航してたのがアルボンだった感あるくらい簡単に抜いていってるよなぁ。


43周目、ここでオコンがライコネンをかわして7番手に。
クビアトもライコネンをパスして8番手。
46周目にはちょっとやりあったけど、ペレスがライコネンをかわして9番手に。
ライコネンはハミルトンにもかわされて11番手に後退。
ライコネンの今季初ポイント見たかったんだけど、やっぱパワーサーキットでは厳しいか。。

トップではガスリーにサインツJr.が迫ってきています。
残りは5周!


51周目、ハミルトンがクビアトをかわして8番手に。
ここまでリカバリーしつつあります。
後はどれだけ行けるか。

ガスリーとサインツJr.のバトルは約1.5秒差前後で展開していましたが、少しずつ差が縮まってきています!
ガスリーもペースを上げて何とかサインツJr.をDRS圏内に入れないようにしていますが、そろそろ接近戦になりそうです。


52周目、サインツJr.の無線。
ピットから「カルロス、もうすぐ追い付くが、ミスはしないように。(2位のポジション保持も考慮しなさい)」
という無線に対し、サインツJr.は「分かってるよ。でも、俺は勝ちたい!」と返答。
もうこれ熱い勝負だわぁ…。


53周目、ファイナルラップ!
さぁ、サインツJr.が遂にガスリーのDRS圏内に入ってきました!
サインツJr.が仕掛ける素振りを見せますが、ガスリーはそれを凌いで1コーナー、2コーナーを立ち上がります。

その後ろではハミルトンがオコンをかわして7番手にまで浮上しています。
リチャルドには届くでしょうか?

サインツJr.、2か所目のDRSゾーンでもアタック!
ここも耐えるガスリー!

バックストレートではどうか?
…いや、ガスリーに近付けていない!

パラボリカを周り…ガスリー、トップでチェッカー!!
初優勝!!
109人目のグランプリウィナーの誕生だ!
おめでとう…!!

サインツJr.は惜しくも届かず2位!
しかし、キャリア最高位フィニッシュを更新しました!
3位にはストロール!
こちらは2017年のアゼルバイジャンGP以来となる最高位タイです!
2人共、お疲れ様!

ガスリーの無線。
ピーー!
これにはレッドブルクルーも大喜び!!
表彰台に急ぐアルファタウリクルーと抱き合ったりしています!

フランス人ウィナーは1996年のモナコGP以来!
リジェに所属していたオリビエ・パニスが最後だそうです。
因みに、この時のエンジンは無限ホンダエンジン。

ガスリーはドライバー・オブ・ザ・デイも獲得!


ファステストラップポイントはハミルトン!
6ポイントに+1ポイントを加算しました!

ピットに戻ってきたガスリー!
クルーにダイブ!
そして、チームメイトのクビアトや共に表彰台に乗るサインツJr.、ストロールを始め色んなドライバーから祝福されています!
同じフランス人ドライバーであるグロージャンも!
友人であるルクレールもお祝いに駆けつけていますね!

サインツJr.もアルファタウリクルーに祝福されています!
元トロロッソ所属ドライバーでしたからね、知ってるクルーが沢山いる筈ですし。

水分補給しながらクルーの方に行くガスリー。
マスクマスク!www


インタビュワーはJB!!
まずはペレス!
3位に満足はしているものの、やっぱり「ちょっと残念でした。」
との事。
赤旗後のリスタートは2番グリッドからだったからね。

山本さんと抱擁するガスリーが…!

続いて、サインツJr.。
「ちょっとがっかりです、2位。
嬉しいんですけどね…。
ピエール、優勝、凄いです。」
ハミルトンがトップにいたら2位でも満足だったとの事ですが、今回は優勝も狙えた状況だったから、悔しそうです。
嬉しいは嬉しいんだけどね。

さて、ガスリー。
「本当に信じられません…。」
レッドブルへの昇格、半年でトロロッソに降格、降格後のブラジルGPで3位に入って初表彰台…色々な事があって、それらが思い起こされている事でしょう。。
ガスリーにとって、このチームはF1のチャンスをくれて、初表彰台をくれて、初優勝をくれたチームに…!
チームとしては、セバスチャン・ベッテルが初優勝を挙げた、2008年イタリアGP以来。
当時はチーム名がトロロッソでしたけどね。
…っていうか、またイタリア、モンツァなんだよね!
チームとしての優勝2回がどちらも母国って!!


チェッカー後のラッセルとラティフィの無線がリプレイされています。
2人による、ウィリアムズ家への感謝の無線だ。
これでウィリアムズ家のF1参戦は終わるのね…。
クレアは最後まで堂々としていたなぁ。。
チームは続くが、この名前が何処まで存続するか。。


表彰台!
皆、表彰台を噛み締めてるのか、ゆっくりと表彰台への道を歩いてくるね。
ガスリーは一際ゆっくりと歩いてるような感じだけど。
連絡橋に出た時に大喜びして跳び跳ねてるwww
これ、ファンいたら凄かっただろうなぁ~!

フランス国歌!
昔は良く流れてたんだよね、これが。
そして、本日2度目のイタリア国歌!
アルファタウリクルーによるイタリア国歌合唱!いつもフェラーリクルーの合唱だから、これは新鮮だwww

シャンパンファイト!!
まず飲むストロール。

優勝を讃え合う3人。

涙のガスリー。
表彰台に腰掛け、一人優勝を噛み締めている…!
凄いカッコいい場面だった…。


20_9_7_cogla_gas_at
もう、おめでた過ぎて買っておいた専用デザイン仕様レッドブルをトロロッソシャツと共に。
寝る前だったし、観ながら1本飲んでいたので、流石に乾杯はしませんでしたが。。


凄いレースだった…。
そして、その余韻も冷めぬうちに、来週はトスカーナGP!
3回目の3連戦のラストは同じイタリアのサーキット、ムジェロだ!
何気にF1初開催です!
フェラーリ所有のサーキットで、フェラーリにとっては地元中の地元。
そして、フェラーリはこのサーキットで参戦1000回目を迎えます!
今回のようなレースにはしたくない事でしょう…!
さぁ、どうなるか。


優勝はピエール・ガスリー/アルファタウリ
2位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
3位はランス・ストロール/レーシングポイント
4位はランド・ノリス/マクラーレン
5位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6位はダニエル・リチャルド/ルノー
7位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
8位はエステバン・オコン/ルノー
9位はダニール・クビアト/アルファタウリ
10位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント

11位はニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
12位はロマン・グロージャン/ハース
13位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
14位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
15位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル
16位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

リタイアは…
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
シャルル・ルクレール/フェラーリ
ケビン・マグヌッセン/ハース
セバスチャン・ベッテル/フェラーリ


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(164Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(117Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(110Pt)
4位:ストロール/レーシングポイント(57Pt)
5位:ノリス/マクラーレン(57Pt)
6位:アルボン/レッドブル(48Pt)
7位:ルクレール/フェラーリ(45Pt)
8位:ガスリー/アルファタウリ(43Pt)
9位:サインツJr./マクラーレン(41Pt)
10位:リチャルド/ルノー(41Pt)
11位:ペレス/レーシングポイント(34Pt)
12位:オコン/ルノー(30Pt)
13位:ベッテル/フェラーリ(16Pt)
14位:ニコ・ヒュルケンベルグ/レーシングポイント(6Pt)
15位:クビアト/アルファタウリ(4Pt)
16位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(2Pt)
17位:マグヌッセン/ハース(1Pt)
18位:ラティフィ/ウィリアムズ(0Pt)
19位:ライコネン/アルファロメオ(0Pt)
20位:グロージャン/ハース(0Pt)
21位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(281Pt)
2位:レッドブル(158Pt)
3位:マクラーレン(98Pt)
4位:レーシングポイント(82Pt)
5位:ルノー(71Pt)
6位:フェラーリ(61Pt)
7位:アルファタウリ(47Pt)
8位:アルファロメオ(2Pt)
9位:ハース(1Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)




お祝いムードはツイッターのトレンドも結構入ってきてましたね。

20_9_6_gas_ham
初優勝を果たしたガスリーはハミルトンと共にトレンド入り。

20_9_7_gas
レース後にはガスリーがトレンド1位に浮上。

20_9_7_toro_rosso
そして、チームの旧名であるトロロッソもトレンド入り。
これはチームの前回優勝が2008年でトロロッソの時だからですね。
チームも2回目の優勝なんだよね…やったね!


20_9_6_rai
それから、ライコネン。
赤旗後のリスタートでは良い位置にいましたからね。
非力なマシンで奮戦するも、入賞圏内に留まれず…残念です。。

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

過ぎ去りし思い出

もう8月も終わりかぁ…。
あっという間だったなぁ。。

やっぱ、働いていると過ぎ去るのが早いのかなぁ。
加齢もあるよね。。


8月最終日は少し暑さが落ち着いた感じでした。
30℃くらいって、多分俺が子供の時くらいの最高気温だったような。。
懐かしい感じの暑さだったなぁ。

っつー訳で、夏っぽいネタ。


この前、帰りにふと足元を見たら、黒い大きめの塊がいたので、良く見てみたら…
20_8_25_stag_beetle
クワガタでした!

ノコギリクワガタかな…付近の雑木林から飛んできたのでしょうか。
それとも、飼われていたやつ…?
どちらにしても、こんな所で見かけるとは思わなかったな。。
珍しい。




お次はこれ。
20_8_17_sun_sea_summer_tinpo
夏の青い海と空を連想するデザート!
…まぁ、日本の夏は爽やかとは程遠いんだけどね。。

ちょっとハワイとかグアムとかサイパンとかパラオとかモルディブとか行ってみたいなぁ。


あ、その相方と思われる夏の夕焼けみたいな綺麗なデザートも食べましたよ。
良いよね、清涼感あって。




次はこれ。
20_8_8_pkms_summer_steven_stone
軽率に引いたら出てきた、夏大誤算。

もう時期も終わろうとしている時に出すけど、別に忘れていた訳ではなく…。
出すタイミング失ってたんだけどね。

20_8_8_pkms_summer
しかも、重なると言うね。




20_8_25_rider
FGOでは、水着紫式部。
呼符で来た。





20_8_2_kibou
もう約1か月前になるけど、日本の実験棟きぼうが接続されている国際宇宙ステーションが日本上空を通った時のやつ。

ちょっと見難かったけど、高速で移動するからアレかなって分かった。
ちらほら見に来ている人もいましたねぇ。







ここからはお船の話題。


20_8_28_oto_152mm_3rensousokusyahou_max
予てより少しずつ装備改修していた、OTO三連装速射砲が全て改修MAXになった!記念。
性能が結構良い、イタリア製副砲です。


次、水着の次は浴衣!

20_8_28_yukata_akashi
明石。


20_8_28_yukata_south_dakota
South Dakota。


20_8_28_yukata_zingei
迅鯨。




ネギタレ艦隊2020年8月末版です。
前回は20年7月末でしたね…。


正規空母
赤城改→赤城改二(あかぎ) Lv.93
加賀改→加賀改二(かが) Lv.92→Lv.93
Intrepid改(イントレピッド) Lv.90→Lv.93
雲龍改(うんりゅう) Lv.91→Lv.92
葛城改(かつらぎ) Lv.92
翔鶴改(しょうかく) Lv.90→Lv.91
天城改(あまぎ) Lv.91
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.90
飛龍改二(ひりゅう) Lv.90
瑞鶴改(ずいかく) Lv.90
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.90
Aquila改(アクィラ) Lv.90
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.90
Hornet→Hornet改(ホーネット) Lv.45→Lv.53(NEW)
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
翔鶴(しょうかく) Lv.35(サブ)
Ark Royal(アークロイヤル) Lv.1→Lv.18(サブ)
瑞鶴(ずいかく) Lv.13(サブ)
天城(あまぎ) Lv.1→Lv.10(サブ)
赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)
加賀(かが) Lv.1(サブ)
蒼龍(そうりゅう) Lv.1(サブ)
飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)

装甲空母
大鳳改(たいほう) Lv.90→Lv.93
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.93
大鳳(たいほう) Lv.1→Lv.12(サブ)

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.98
大鷹改(たいよう) Lv.96→Lv.97
祥鳳改(しょうほう) Lv.95
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.91→Lv.95
飛鷹改(ひよう) Lv.92→Lv.94
龍鳳改(りゅうほう) Lv.92
鳳翔改(ほうしょう) Lv.90→Lv.91
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.91
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.90→Lv.91
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.91
千歳航改二(ちとせ) Lv.90
千代田航改二(ちよだ) Lv.90
大鷹(たいよう) Lv.90
神鷹改二(しんよう) Lv.90
鈴谷航改二(すずや) Lv.90
熊野航改二(くまの) Lv.90
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.90
神鷹→神鷹改(しんよう) Lv.1→Lv.71

戦艦
Nelson改(ネルソン) Lv.96→Lv.97
Richelieu改(リシュリュー) Lv.95→Lv.96
陸奥改(むつ) Lv.95
Colorado改(コロラド) Lv.95
Warspite改(ウォースパイト) Lv.95
金剛改二(こんごう) Lv.93
比叡改二(ひえい) Lv.90→Lv.91
Roma改(ローマ) Lv.90→Lv.91
Iowa改(アイオワ) Lv.91
霧島改二(きりしま) Lv.90→Lv.91
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.90→Lv.91
榛名改二(はるな) Lv.90
長門改二(ながと) Lv.90
大和改(やまと) Lv.90
武蔵改(むさし) Lv.90
Italia(イタリア) Lv.90
Гангут два (ガングート) Lv.90
Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
Roma(ローマ) Lv.80(サブ)
Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.70→Lv.78(サブ)
Bismarck drei(ビスマルク) Lv.76(サブ)
Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.75(サブ)
South Dakota→South Dakota改(サウスダコタ) Lv.1→Lv.78(NEW)
陸奥(むつ) Lv.1(サブ)
大和(やまと) Lv.1(サブ)

航空戦艦
山城改二(やましろ) Lv.95→Lv.96
扶桑改二(ふそう) Lv.95
伊勢改(いせ) Lv.29
日向改(ひゅうが) Lv.25

改装航空戦艦
日向改二(ひゅうが) Lv.97
伊勢改二(いせ) Lv.96

重巡洋艦
那智改二(なち) Lv.98
羽黒改二(はぐろ) Lv.97
足柄改二(あしがら) Lv.95→Lv.96
Pola改(ポーラ) Lv.94→Lv.95
Zara due(ザラ) Lv.94
青葉改(あおば) Lv.90→Lv.92
衣笠改二(きぬがさ) Lv.91→Lv.92
妙高改二(みょうこう) Lv.92
鳥海改二(ちょうかい) Lv.91→Lv.92
高雄改(たかお) Lv.91
愛宕改(あたご) Lv.90→Lv.91
摩耶改二(まや) Lv.91
古鷹改二(ふるたか) Lv.90
加古改二(かこ) Lv.90
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.90
Houston改(ヒューストン) Lv.90
三隈(みくま) Lv.17(サブ)
熊野(くまの) Lv.2(サブ)
鈴谷(すずや) Lv.1(サブ)

航空巡洋艦
利根改二(とね) Lv.93→Lv.94
筑摩改二(ちくま) Lv.94
三隈改(みくま) Lv.90→Lv.93
最上改(もがみ) Lv.90→Lv.91
鈴谷改二(すずや) Lv.91
熊野改二(くまの) Lv.90→Lv.91
三隈改(みくま) Lv.34(サブ)

軽巡洋艦
阿武隈改二(あぶくま) Lv.96→Lv.97
天龍改二(てんりゅう) Lv.96
由良改二(ゆら) Lv.96
龍田改二(たつた) Lv.95
神通改二(じんつう) Lv.95
多摩改二(たま) Lv.94
那珂改二(なか) Lv.94
五十鈴改二(いすず) Lv.93
鬼怒改二(きぬ) Lv.93
矢矧改(やはぎ) Lv.90→Lv.92
長良改(ながら) Lv.90→Lv.91
名取改(なとり) Lv.91
川内改二(せんだい) Lv.91
大淀改(おおよど) Lv.91
Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.91
Gotland改(ゴトランド) Lv.90→Lv.91
球磨改(くま) Lv.90
阿賀野改(あがの) Lv.90
能代改(のしろ) Lv.90
Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.90
Perth改(パース) Lv.90
夕張改(ゆうばり) Lv.70→Lv.85
酒匂改(さかわ) Lv.56→Lv.63
阿武隈(あぶくま) Lv.10(サブ)
Heleena(ヘレナ) Lv.1(NEW)
De Ruyter(デ・ロイテル) Lv.1(NEW)

軽(航空)巡洋艦
Gotland andra(ゴトランド) Lv.90

防空巡洋艦
Atlanta改(アトランタ)Lv.92

兵装実験軽巡
夕張改二特(ゆうばり) Lv.91→Lv.92
夕張改二丁(ゆうばり) Lv.90

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.95
大井改二(おおい) Lv.93→Lv.94
木曾改二(きそ) Lv.92→Lv.94

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99(MAX)
鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
鹿島(かしま) Lv.8(サブ)

駆逐艦
雷改(いかづち)○ Lv.116
電改(いなづま)○ Lv.116
如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
睦月改二(むつき) Lv.98
弥生改(やよい) Lv.97
皐月改二(さつき) Lv.96→Lv.97
文月改二(ふみづき) Lv.97
三日月改(みかづき) Lv.96→Lv.97
望月改(もちづき) Lv.96→Lv.97
長月改(ながつき) Lv.96
菊月改(きくづき) Lv.96
潮改二(うしお) Lv.95→Lv.96
卯月改(うづき) Lv.94→Lv.95
Верный(ヴェールヌイ) Lv.94→Lv.95
山風改(やまかぜ) Lv.95
秋月改(あきづき) Lv.94→Lv.95
Janus改(ジェーナス) Lv.95
Fletcher改 Mod.2→Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.93→Lv.94
Ташкент改(タシュケント) Lv.94
水無月改(みなづき) Lv.93
涼月改(すずつき) Lv.92→Lv.93
綾波改二(あやなみ) Lv.92
夕立改二(ゆうだち) Lv.92
荒潮改二(あらしお) Lv.91→Lv.92
雪風改(ゆきかぜ) Lv.91→Lv.92
風雲改二(かざぐも) Lv.91→Lv.92
初月改(はつづき) Lv.91→Lv.92
吹雪改二(ふぶき) Lv.91
時雨改二(しぐれ) Lv.91
村雨改二(むらさめ) Lv.90→Lv.91
海風改二(うみかぜ) Lv.90→Lv.91
江風改二(かわかぜ) Lv.91
峯雲改(みねぐも) Lv.90→Lv.91
Johnston改(ジョンストン) Lv.91
神風改(かみかぜ) Lv.90
叢雲改二(むらくも) Lv.90
敷波改二(しきなみ) Lv.90
狭霧改(さぎり) Lv.90
暁改二(あかつき) Lv.90
初春改二(はつはる) Lv.90
白露改二(しらつゆ) Lv.90
五月雨改(さみだれ) Lv.90
朝潮改二(あさしお) Lv.90
朝潮改二丁(あさしお) Lv.90
山雲改(やまぐも) Lv.86→Lv.90
浦風丁改(うらかぜ) Lv.90
磯風乙改(いそかぜ) Lv.90
浜風乙改(はまかぜ) Lv.90
谷風丁改(たにかぜ) Lv.90
萩風改(はぎかぜ) Lv.90
長波改二(ながなみ) Lv.90
照月改(てるづき) Lv.90
Maestrale改(マエストラーレ) Lv.90
Libeccio改(リベッチオ) Lv.90
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.90
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.90
秋雲改(あきぐも) Lv.85→Lv.88
清霜改(きよしも) Lv.86→Lv.87
春雨改(はるさめ) Lv.85→Lv.86
涼風改(すずかぜ) Lv.85
朝雲改(あさぐも) Lv.85
天津風改(あまつかぜ) Lv.85
島風改(しまかぜ) Lv.85
江風改二(かわかぜ) Lv.75(サブ)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.70→Lv.71(サブ)
谷風丁改(たにかぜ) Lv.70(サブ)
Z1 zwei<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
有明→有明改(ありあけ) Lv.1→Lv.69(NEW)
浦風丁改(うらかぜ) Lv.69(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
浜風乙改(はまかぜ) Lv.67(サブ)
旗風改(はたかぜ) Lv.55→Lv.57
Johnston改(ジョンストン) Lv.57(サブ)
松風改(まつかぜ) Lv.55
陽炎改(かげろう) Lv.55
黒潮改(くろしお) Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
Fletcher→Fletcher改(フレッチャー) Lv.1→Lv.55
曙改(あけぼの) Lv.53
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.52
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.52
若葉改(わかば) Lv.51
初霜改(はつしも) Lv.51
霞改(かすみ) Lv.51
Ташкент改(タシュケント) Lv.51(サブ)
朝風改(あさかぜ) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)
初雪改(はつゆき) Lv.50
薄雲改(うすぐも) Lv.50
朧改(おぼろ) Lv.50
子日改(ねのひ) Lv.50
不知火改(しらぬい) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
野分改(のわき) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
舞風改(まいかぜ) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
浜波改(はまなみ) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
高波改(たかなみ) Lv.49
浦波改(うらなみ) Lv.48
満潮改(みちしお) Lv.47
jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
藤波改(ふじなみ) Lv.43
岸波改(きしなみ) Lv.43
漣改(さざなみ) Lv.42
早波改(はやなみ) Lv.41
早霜改(はやしも) Lv.41
照月改(てるづき) Lv.40(サブ)
照月改(てるづき) Lv.40(サブ)
朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
松(まつ) Lv.8→Lv.29
峯雲(みねぐも) Lv.28(サブ)
白雪改(しらゆき) Lv.24
深雪改(みゆき) Lv.24
磯波改(いそなみ) Lv.24
大潮改(おおしお) Lv.24
霰改(あられ) Lv.24
親潮(おやしお) Lv.1→Lv.17(NEW)
初月(はつづき) Lv.1→Lv.17(サブ)
霞(かすみ) Lv.12
山雲(やまぐも) Lv.11(サブ)
初月(はつづき) Lv.1→Lv.9(サブ)
山雲(やまぐも) Lv.1(サブ)
山雲(やまぐも) Lv.1(サブ)
親潮(おやしお) Lv.1(サブ)
親潮(おやしお) Lv.1(サブ)

海防艦
択捉改(えとろふ) Lv.70
対馬改(つしま) Lv.70
福江改(ふかえ) Lv.70
松輪改(まつわ) Lv.69
佐渡改(さど) Lv.68→Lv.69
日振改(ひぶり) Lv.69
大東改(だいとう) Lv.69
国後改(くなしり) Lv.68
八丈改(はちじょう) Lv.63→Lv.64
御蔵改(みくら) Lv.55→Lv.60
占守改(しむしゅ) Lv.42→Lv.48
石垣改(いしがき) Lv.42→Lv.47

潜水艦
まるゆ改 Lv.92
伊168改 Lv.90
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
呂500 Lv.90
伊47改 Lv52→Lv.78
Luigi Torelli(ルイージ・トレッリ) Lv.21→Lv.26(サブ)

潜水空母
伊13改 Lv.90
伊14改 Lv.90
伊400改 Lv.90
伊401改 Lv.90
伊26改 Lv.90
伊58改 Lv.83
伊19改 Lv.78
伊8改 Lv.77
伊401→伊401改 Lv.30→Lv.36(サブ)
伊13 Lv.23→Lv.29(サブ)
伊14 Lv.21→Lv.25(サブ)
伊400 Lv.17→Lv.23(サブ)
伊401 Lv.14→Lv.22(サブ)

水上機母艦
千歳甲(ちとせ) Lv.90→Lv.91
日進甲(にっしん) Lv.90→Lv.91
神威改(かもい) Lv.90
千代田甲(ちよだ) Lv.90
瑞穂改(みずほ) Lv.90
秋津洲改(あきつしま) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.90
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.42(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
神威改(かもい) Lv.35(サブ)
秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

補給艦
神威改母(かもい) Lv.90
速吸改(はやすい) Lv.90
神威(かもい) Lv.21→Lv.30(サブ)
速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)

揚陸艦
神州丸改(しんしゅうまる) Lv.90
あきつ丸改 Lv.90
あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.90
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.10(サブ)
潜水母艦 迅鯨(じんげい) Lv.1(NEW)
工作艦 明石改(あかし) Lv.90
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)





艦型順。

正規空母
赤城型
1番艦 赤城改→赤城改二(あかぎ) Lv.93
1番艦 赤城(あかぎ) Lv.1(サブ)

加賀型
1番艦 加賀改→加賀改二(かが) Lv.92→Lv.93
1番艦 加賀(かが) Lv.1(サブ)

蒼龍型
1番艦 蒼龍改二(そうりゅう) Lv.90
1番艦 蒼龍(そうりゅう) Lv.1(サブ)

飛龍型
1番艦 飛龍改二(ひりゅう) Lv.90
1番艦 飛龍(ひりゅう) Lv.1(サブ)

翔鶴型
1番艦 翔鶴改(しょうかく) Lv.90→Lv.91
1番艦 翔鶴(しょうかく) Lv.35(サブ)
2番艦 瑞鶴改(ずいかく) Lv.90
2番艦 瑞鶴(ずいかく) Lv.13(サブ)

雲龍型(改飛龍型)
1番艦 雲龍改(うんりゅう) Lv.91→Lv.92
2番艦 天城改(あまぎ) Lv.91
2番艦 天城(あまぎ) Lv.1→Lv.10(サブ)
3番艦 葛城改(かつらぎ) Lv.92

Graf Zeppelin級(グラーフ・ツェッペリン級)
1番艦 Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.90

Aquila級(アクィラ級)
1番艦 Aquila改(アクィラ) Lv.90

Lexington級(レキシントン級)
2番艦

Yorktown級(ヨークタウン級)
3番艦 Hornet→Hornet改(ホーネット) Lv.45→Lv.53(NEW)

Essex級(エセックス級)
5番艦 Intrepid改(イントレピッド) Lv.90→Lv.93

Ark Royal級(アークロイヤル級)
1番艦 Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.90
1番艦 Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.47(サブ)
1番艦 Ark Royal(アークロイヤル) Lv.1→Lv.18(サブ)


装甲空母
翔鶴型
1番艦
2番艦

大鳳型(たいほう型)
1番艦 大鳳改(たいほう) Lv.90→Lv.93
1番艦 大鳳(たいほう) Lv.1→Lv.12(サブ)

Lexington級(レキシントン級)
2番艦 Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.93


軽空母
鳳翔型
1番艦 鳳翔改(ほうしょう) Lv.90→Lv.91

龍驤型
1番艦 龍驤改二(りゅうじょう) Lv.91

龍鳳型
1番艦 龍鳳改(りゅうほう) Lv.92

祥鳳型
1番艦 祥鳳改(しょうほう) Lv.95
2番艦 瑞鳳改二(ずいほう) Lv.90→Lv.91
2番艦 瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.91→Lv.95

飛鷹型
1番艦 飛鷹改(ひよう) Lv.92→Lv.94
2番艦 隼鷹改二(じゅんよう) Lv.91

春日丸級(かすがまる級)・大鷹型
1番艦 大鷹改二(たいよう) Lv.98
1番艦 大鷹改(たいよう) Lv.96→Lv.97
1番艦 大鷹(たいよう) Lv.90
4番艦 神鷹改二(しんよう) Lv.90
4番艦 神鷹→神鷹改(しんよう) Lv.1→Lv.71

千歳型
1番艦 千歳航改二(ちとせ) Lv.90
2番艦 千代田航改二(ちよだ) Lv.90

最上型
3番艦 鈴谷航改二(すずや) Lv.90
4番艦 熊野航改二(くまの) Lv.90

Casablanca級(カサブランカ級)
19番艦 Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.90


戦艦
金剛型
1番艦 金剛改二(こんごう) Lv.93
2番艦 比叡改二(ひえい) Lv.90→Lv.91
3番艦 榛名改二(はるな) Lv.90
4番艦 霧島改二(きりしま) Lv.90→Lv.91

改金剛型
1番艦

伊勢型
1番艦
2番艦

長門型
1番艦 長門改二(ながと) Lv.90
2番艦 陸奥改(むつ) Lv.95
2番艦 陸奥(むつ) Lv.1(サブ)

大和型
1番艦 大和改(やまと) Lv.90
1番艦 大和(やまと) Lv.1(サブ)
2番艦 武蔵改(むさし) Lv.90

Bismarck級(ビスマルク級)
1番艦 Bismarck drei(ビスマルク) Lv.90→Lv.91
1番艦 Bismarck drei(ビスマルク) Lv.76(サブ)
1番艦 Bismarck zwei(ビスマルク) Lv.75(サブ)

Vittorio Veneto級(ヴィットリオ・ヴェネト級)
2番艦 Italia(イタリア) Lv.90
2番艦 Littorio(リットリオ) Lv.80(サブ)
4番艦 Roma改(ローマ) Lv.90→Lv.91
4番艦 Roma(ローマ) Lv.80(サブ)

Colorado級(コロラド級)
1番艦 Colorado改(コロラド) Lv.95

South Dakota級(サウスダコタ級)
1番艦 South Dakota→South Dakota改(サウスダコタ) Lv.1→Lv.78(NEW)

Iowa級(アイオワ級)
1番艦 Iowa改(アイオワ) Lv.91

Queen Elizabeth級(クイーン・エリザベス級)
2番艦 Warspite改(ウォースパイト) Lv.95

Nelson級(ネルソン級)
1番艦 Nelson改(ネルソン) Lv.96→Lv.97

Richelieu級(リシュリュー級)
1番艦 Richelieu改(リシュリュー) Lv.95→Lv.96

Гангут級(ガングート級)
1番艦 Гангут два (ガングート) Lv.90
1番艦 Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ) Lv.70→Lv.78(サブ)


航空戦艦
扶桑型
1番艦 扶桑改二(ふそう) Lv.95
2番艦 山城改二(やましろ) Lv.95→Lv.96

伊勢型
1番艦 伊勢改(いせ) Lv.29
2番艦 日向改(ひゅうが) Lv.25


改装航空戦艦
改伊勢型
1番艦 伊勢改二(いせ) Lv.96
2番艦 日向改二(ひゅうが) Lv.97


重巡洋艦
古鷹型
1番艦 古鷹改二(ふるたか) Lv.90
2番艦 加古改二(かこ) Lv.90

青葉型
1番艦 青葉改(あおば) Lv.90→Lv.92
2番艦 衣笠改二(きぬがさ) Lv.91→Lv.92

妙高型
1番艦 妙高改二(みょうこう) Lv.92
2番艦 那智改二(なち) Lv.98
3番艦 足柄改二(あしがら) Lv.95→Lv.96
4番艦 羽黒改二(はぐろ) Lv.97

高雄型
1番艦 高雄改(たかお) Lv.91
2番艦 愛宕改(あたご) Lv.90→Lv.91
3番艦 摩耶改二(まや) Lv.91
4番艦 鳥海改二(ちょうかい) Lv.91→Lv.92

最上型
1番艦
2番艦 三隈(みくま) Lv.17(サブ)
3番艦 鈴谷(すずや) Lv.1(サブ)
4番艦 熊野(くまの) Lv.2(サブ)

Admiral Hipper級(アドミラル・ヒッパー級)
3番艦 Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.90

Zara級(ザラ級)
1番艦 Zara due(ザラ) Lv.94
3番艦 Pola改(ポーラ) Lv.94→Lv.95

Northampton級(ノーザンプトン級)
5番艦 Houston改(ヒューストン) Lv.90


航空巡洋艦
最上型
1番艦 最上改(もがみ) Lv.90→Lv.91
2番艦 三隈改(みくま) Lv.90→Lv.93
2番艦 三隈改(みくま) Lv.34(サブ)
3番艦 鈴谷改二(すずや) Lv.91
4番艦 熊野改二(くまの) Lv.90→Lv.91

利根型
1番艦 利根改二(とね) Lv.93→Lv.94
2番艦 筑摩改二(ちくま) Lv.94


軽巡洋艦
天龍型
1番艦 天龍改二(てんりゅう) Lv.96
2番艦 龍田改二(たつた) Lv.94

球磨型
1番艦 球磨改(くま) Lv.90
2番艦 多摩改二(たま) Lv.94

長良型
1番艦 長良改(ながら) Lv.90→Lv.91
2番艦 五十鈴改二(いすず) Lv.93
3番艦 名取改(なとり) Lv.91
4番艦 由良改二(ゆら) Lv.96
5番艦 鬼怒改二(きぬ) Lv.93
6番艦 阿武隈改二(あぶくま) Lv.96→Lv.97
6番艦 阿武隈(あぶくま) Lv.10(サブ)

夕張型
1番艦 夕張改(ゆうばり) Lv.70→Lv.85

川内型
1番艦 川内改二(せんだい) Lv.91
2番艦 神通改二(じんつう) Lv.95
3番艦 那珂改二(なか) Lv.94

阿賀野型
1番艦 阿賀野改(あがの) Lv.90
2番艦 能代改(のしろ) Lv.90
3番艦 矢矧改(やはぎ) Lv.90→Lv.92
4番艦 酒匂改(さかわ) Lv.56→Lv.63

大淀型
1番艦 大淀改(おおよど) Lv.91

Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi級(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級)
1番艦 Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ) Lv.91
2番艦 Giuseppe Garibaldi改(ジュゼッペ・ガリバルディ) Lv.90

St. Louis級(セントルイス級)
2番艦 Heleena(ヘレナ) Lv.1(NEW)

Gotland級(ゴトランド級)
1番艦 Gotland改(ゴトランド) Lv.90→Lv.91

De Ruyter級(デ・ロイテル級)
1番艦 De Ruyter(デ・ロイテル) Lv.1(NEW)

Perth級(パース級)
1番艦 Perth改(パース) Lv.90


軽(航空)巡洋艦
Gotland級(ゴトランド級)
1番艦 Gotland andra(ゴトランド) Lv.90


防空巡洋艦
Atlanta級(アトランタ級)
1番艦 Atlanta改(アトランタ)Lv.92


兵装実験軽巡
夕張型
1番艦 夕張改二特(ゆうばり) Lv.91→Lv.92
1番艦 夕張改二丁(ゆうばり) Lv.90


重雷装巡洋艦
球磨型
3番艦 北上改二(きたかみ) Lv.95
4番艦 大井改二(おおい) Lv.93→Lv.94
5番艦 木曾改二(きそ) Lv.92→Lv.94


練習巡洋艦
香取型
1番艦 香取改(かとり) Lv.99(MAX)
2番艦 鹿島改(かしま) Lv.99(MAX)
2番艦 鹿島(かしま) Lv.8(サブ)


駆逐艦
神風型
1番艦 神風改(かみかぜ) Lv.90
2番艦 朝風改(あさかぜ) Lv.50
3番艦
4番艦 松風改(まつかぜ) Lv.55
5番艦 旗風改(はたかぜ) Lv.55→Lv.57
5番艦 旗風改(はたかぜ) Lv.50(サブ)

睦月型
1番艦 睦月改二(むつき) Lv.98
2番艦 如月改二(きさらぎ) Lv.99(MAX)
3番艦 弥生改(やよい) Lv.97
4番艦 卯月改(うづき) Lv.94→Lv.95
5番艦 皐月改二(さつき) Lv.96→Lv.97
6番艦 水無月改(みなづき) Lv.93
7番艦 文月改二(ふみづき) Lv.97
8番艦 長月改(ながつき) Lv.96
9番艦 菊月改(きくづき) Lv.96
10番艦 三日月改(みかづき) Lv.96→Lv.97
11番艦 望月改(もちづき) Lv.96→Lv.97

吹雪型
1番艦 吹雪改二(ふぶき) Lv.91
2番艦 白雪改(しらゆき) Lv.24
3番艦 初雪改(はつゆき) Lv.50
4番艦 深雪改(みゆき) Lv.24
5番艦 叢雲改二(むらくも) Lv.90
7番艦 薄雲改(うすぐも) Lv.50
9番艦 磯波改(いそなみ) Lv.24
10番艦 浦波改(うらなみ) Lv.48

綾波型
1番艦 綾波改二(あやなみ) Lv.92
2番艦 敷波改二(しきなみ) Lv.90
5番艦
6番艦 狭霧改(さぎり) Lv.90
6番艦 狭霧改(さぎり) Lv.31(サブ)
7番艦 朧改(おぼろ) Lv.50
8番艦 曙改(あけぼの) Lv.53
9番艦 漣改(さざなみ) Lv.42
10番艦 潮改二(うしお) Lv.95→Lv.96

暁型
1番艦 暁改二(あかつき) Lv.90
2番艦 Верный(ヴェールヌイ) Lv.94→Lv.95
3番艦 雷改(いかづち)○ Lv.116
4番艦 電改(いなづま)○ Lv.116

初春型
1番艦 初春改二(はつはる) Lv.90
2番艦 子日改(ねのひ) Lv.50
3番艦 若葉改(わかば) Lv.51
4番艦 初霜改(はつしも) Lv.51
5番艦 有明→有明改(ありあけ) Lv.1→Lv.69(NEW)

白露型・改白露型
1番艦 白露改二(しらつゆ) Lv.90
2番艦 時雨改二(しぐれ) Lv.91
3番艦 村雨改二(むらさめ) Lv.90→Lv.91
4番艦 夕立改二(ゆうだち)Lv.92
5番艦 春雨改(はるさめ) Lv.85→Lv.86
6番艦 五月雨改(さみだれ) Lv.90
7番艦 海風改二(うみかぜ) Lv.90→Lv.91
8番艦 山風改(やまかぜ) Lv.95
8番艦 山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
8番艦 山風改(やまかぜ) Lv.45(サブ)
9番艦 江風改二(かわかぜ) Lv.91
9番艦 江風改二(かわかぜ) Lv.75(サブ)
10番艦 涼風改(すずかぜ) Lv.85

朝潮型
1番艦 朝潮改二(あさしお) Lv.90
1番艦 朝潮改二丁(あさしお) Lv.90
2番艦 大潮改(おおしお) Lv.24
3番艦 満潮改(みちしお) Lv.47
4番艦 荒潮改二(あらしお) Lv.91→Lv.92
5番艦 朝雲改(あさぐも) Lv.85
5番艦 朝雲改(あさぐも) Lv.35(サブ)
6番艦 山雲改(やまぐも) Lv.86→Lv.90
6番艦 山雲改(やまぐも) Lv.35(サブ)
6番艦 山雲(やまぐも) Lv.11(サブ)
6番艦 山雲(やまぐも) Lv.1(サブ)
6番艦 山雲(やまぐも) Lv.1(サブ)
8番艦 峯雲改(みねぐも) Lv.90→Lv.91
8番艦 峯雲(みねぐも) Lv.28(サブ)
9番艦 霰改(あられ) Lv.24
10番艦 霞改(かすみ) Lv.51
10番艦 霞(かすみ) Lv.12

陽炎型
1番艦 陽炎改(かげろう) Lv.55
2番艦 不知火改(しらぬい) Lv.50
3番艦 黒潮改(くろしお) Lv.55
4番艦 親潮(おやしお) Lv.1→Lv.17(NEW)
4番艦 親潮(おやしお) Lv.1(サブ)
4番艦 親潮(おやしお) Lv.1(サブ)
7番艦 初風改(はつかぜ) Lv.50
8番艦 雪風改(ゆきかぜ) Lv.91→Lv.92
9番艦 天津風改(あまつかぜ) Lv.85
10番艦 時津風改(ときつかぜ) Lv.55
11番艦 浦風丁改(うらかぜ) Lv.90
11番艦 浦風丁改(うらかぜ) Lv.70→Lv.71(サブ)
11番艦 浦風丁改(うらかぜ) Lv.69(サブ)
12番艦 磯風乙改(いそかぜ) Lv.90
13番艦 浜風乙改(はまかぜ) Lv.90
13番艦 浜風乙改(はまかぜ)Lv.67(サブ)
13番艦 浜風乙改(はまかぜ)Lv.67(サブ)
13番艦 浜風乙改(はまかぜ)Lv.67(サブ)
14番艦 谷風丁改(たにかぜ) Lv.90
14番艦 谷風丁改(たにかぜ) Lv.70(サブ)
15番艦 野分改(のわき) Lv.50
16番艦 嵐改(あらし) Lv.50
17番艦 萩風改(はぎかぜ) Lv.90
17番艦 萩風改(はぎかぜ) Lv.35(サブ)
18番艦 舞風改(まいかぜ) Lv.50
19番艦 秋雲改(あきぐも) Lv.85→Lv.88

夕雲型
1番艦 夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
2番艦 巻雲改(まきぐも) Lv.50
3番艦 風雲改二(かざぐも) Lv.91→Lv.92
4番艦 長波改二(ながなみ) Lv.90
6番艦 高波改(たかなみ) Lv.49
11番艦 藤波改(ふじなみ) Lv.43
12番艦 早波改(はやなみ) Lv.41
13番艦 浜波改(はまなみ) Lv.50
14番艦 沖波改(おきなみ) Lv.55
15番艦 岸波改(きしなみ) Lv.43
16番艦 朝霜改(あさしも) Lv.50
17番艦 早霜改(はやしも) Lv.41
18番艦
19番艦 清霜改(きよしも) Lv.86→Lv.87

秋月型
1番艦 秋月改(あきづき) Lv.94→Lv.95
2番艦 照月改(てるづき) Lv.90
2番艦 照月改(てるづき) Lv.40(サブ)
2番艦 照月改(てるづき) Lv.40(サブ)
3番艦 涼月改(すずつき) Lv.92→Lv.93
4番艦 初月改(はつづき) Lv.91→Lv.92
4番艦 初月(はつづき) Lv.1→Lv.17(サブ)
4番艦 初月(はつづき) Lv.1→Lv.9(サブ)

島風型
1番艦 島風改(しまかぜ) Lv.85

松型
1番艦 松(まつ) Lv.8→Lv.29

Z1型
1番艦 Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.52
1番艦 Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.70(サブ)
3番艦 Z3改<マックス・シュルツ> Lv.52

Maestrale級(マエストラーレ級)
1番艦 Maestrale改(マエストラーレ) Lv.90
2番艦
3番艦 Libeccio改(リベッチオ) Lv.90

John C.Butler級(ジョン・C・バトラー級)
DE-413 Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.90

Fletcher級(フレッチャー級)
DD-445 Fletcher改 Mod.2→Fletcher Mk.II(フレッチャー) Lv.93→Lv.94
DD-445 Fletcher→Fletcher改(フレッチャー) Lv.1→Lv.55
DD-557 Johnston改(ジョンストン) Lv.91
DD-557 Johnston改(ジョンストン) Lv.57(サブ)

J級
1番艦 Jervis改(ジャーヴィス) Lv.90
1番艦 Jervis改(ジャーヴィス) Lv.46(サブ)
5番艦 Janus改(ジェーナス) Lv.95

Ташкент級(タシュケント級)
1番艦 Ташкент改(タシュケント) Lv.94
1番艦 Ташкент改(タシュケント) Lv.51(サブ)


海防艦
占守型(しむしゅ型)
1番艦 占守改(しむしゅ) Lv.42→Lv.48
2番艦 国後改(くなしり) Lv.68
3番艦 八丈改(はちじょう) Lv.63→Lv.64
4番艦 石垣改(いしがき) Lv.42→Lv.47

択捉型
1番艦 択捉改(えとろふ) Lv.70
2番艦 松輪改(まつわ) Lv.69
3番艦 佐渡改(さど) Lv.68→Lv.69
7番艦 対馬改(つしま) Lv.70
9番艦
10番艦 福江改(ふかえ) Lv.70

御蔵型
1番艦 御蔵改(みくら) Lv.55→Lv.60
6番艦

日振型
1番艦 日振改(ひぶり)Lv.69
2番艦 大東改(だいとう) Lv.69

第二号型(丁型)
2番艦


潜水空母
巡潜3型
2番艦 伊8改 Lv.77

巡潜乙型
3番艦 伊19改 Lv.78
7番艦 伊26改 Lv.90

巡潜乙型改二
3番艦 伊58改 Lv.83

潜特型(伊400型潜水艦)
1番艦 伊400改 Lv.90
1番艦 伊400 Lv.17→Lv.23(サブ)
2番艦 伊401改 Lv.90
2番艦 伊401→伊401改 Lv.30→Lv.36(サブ)
2番艦 伊401 Lv.14→Lv.22(サブ)

巡潜甲型改二
1番艦 伊13改 Lv.90
1番艦 伊13 Lv.23→Lv.29(サブ)
2番艦 伊14改 Lv.90
2番艦 伊14 Lv.21→Lv.25(サブ)


潜水艦
海大VI型
1番艦 伊168改 Lv.90

巡潜丙型
7番艦 伊47改 Lv52→Lv.78

UボートIXC型・呂号潜水艦
呂500 Lv.90

三式潜航輸送艇
まるゆ改 Lv.92

Guglielmo Marconi級(グリエルモ・マルコーニ級)
4番艦 伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.90
4番艦 Luigi Torelli(ルイージ・トレッリ) Lv.21→Lv.26(サブ)

水上機母艦
神威型
1番艦 神威改(かもい) Lv.90
1番艦 神威改(かもい) Lv.35(サブ)

千歳型
1番艦 千歳甲(ちとせ) Lv.90→Lv.91
2番艦 千代田甲(ちよだ) Lv.90

瑞穂型
1番艦 瑞穂改(みずほ) Lv.90
1番艦 瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
1番艦 瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)
1番艦 瑞穂改(みずほ) Lv.40(サブ)

日進型
1番艦 日進甲(にっしん) Lv.90→Lv.91

秋津洲型
1番艦 秋津洲改(あきつしま) Lv.90
1番艦 秋津洲改(あきつしま) Lv.35(サブ)

Commandant Teste級(コマンダン・テスト級)
1番艦 Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.90
1番艦 Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.42(サブ)


補給艦
神威型
1番艦 神威改母(かもい) Lv.90
1番艦 神威(かもい) Lv.21→Lv.30(サブ)

改風早型(改かざはや型)
1番艦 速吸改(はやすい) Lv.90
1番艦 速吸改(はやすい) Lv.25(サブ)


揚陸艦
陸軍特種船(R1) 神州丸改(しんしゅうまる) Lv.90
特種船丙型揚陸艦 あきつ丸改 Lv.90
特種船丙型揚陸艦 あきつ丸改 Lv.25(サブ)

その他
工作艦 明石改(あかし) Lv.90
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石改(あかし) Lv.35(サブ)
工作艦 明石(あかし) Lv.1(サブ)
迅鯨型潜水母艦 1番艦 迅鯨(じんげい) Lv.1(NEW)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.90
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.26(サブ)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.25(サブ)
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.10(サブ)

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »