« 引き上げ | トップページ | 冷夏とは »

2020年8月30日 (日)

伝統到来

蒸し暑い事が多いけど、確実に夏が過ぎようとしているんだなぁ。
早いなぁ…。




先週末の事になるんだけど…アメリカで行われる世界三大レースの一つ、インディ500!
今年は新型コロナの影響で、例年の6月ではなく、8月に開催されました。
直前まで人数絞ってお客さん入れる予定だったみたいだけど、無観客に。

今年のインディはF1でお馴染みのマクラーレンがシュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携してアロー・マクラーレンSPとして参戦。
そして、フェルナンド・アロンソが2度目のインディ500挑戦を表明(色々あって、マクラーレンから参戦)と再び注目度の高いレースになっていました。


そのレースで、日本人最上位となる予選3番手を獲得して、フロントローからのスタートとなった佐藤琢磨。
決勝では常にトップグループに位置し、勝負所でトップに躍り出ると黄旗の影響もあり、そのまま優勝!
日本人初となるインディ500での2度目の優勝を果たしました!!

おめでとう、琢磨!!
凄い…2度目なんて本当に凄い!
複数回優勝しているのは104回の歴史の中で、琢磨を入れて僅か20人。
そのうち、2勝しているのは10人です。
アメリカの国内シリーズとは言え、世界的認知度も高いこのカテゴリーの象徴的なレースで2度の優勝…これはもう快挙ですよ!
もっと大々的に報道されても良いもんだ。

レース終了後には前回優勝した時にツイッター上でポロっと呟いていた、グリコのポーズをやっていました!
(グリコは琢磨のスポンサーで、前回の優勝時、道頓堀の例の場所にでかでかと喜ぶ琢磨を掲載。)


…まぁ、まだ全部観てないんだけどね。
終盤に差し掛かった所辺りかな、盛り上がってきたって感じの所までは観ました。
トップを争っていたスコット・ディクソンは5度のインディカーシリーズチャンピオン。
インディ500でも1度勝利を挙げているドライバーです。
そんな彼はスタートでトップに立つと、長らくペースメーカーとなっていましたが、燃費を気にしてから、トップを譲る場面も。
それでも、常にトップグループにいて、終盤は琢磨との一騎打ちといった感じでした。

インディ500は1周約4kmのオーバルコースを200周するというのもあって、通常のレースみたいに常にトップにいれば良いというものでもないのでした。
トップにいると空気抵抗を多く受けて燃費が悪くなる為、できれば中盤までは他車の後ろで過ごすのがベストだったりするようで。
だからと言って、後方に位置していると、乱気流が多く発生していてミスの原因になったり、トラブルに巻き込まれやすかったり、勝負所でトップまで到達できなかったりと良くないので、トップと僅差の2番手~5番手くらいでレースを進めておくのが良いようです。
オーバルコースでの戦い方がF1やインディのロードコースのそれとは考え方が違うという事が良く分かるなぁ。

それにしても、あんだけの長丁場、安定して走行できるのって凄いよねぇ。。


20_8_24_sat
日本時間だと夜中のレースという事もあり、ツイッターのトレンドに!!
記念にスクショ。


尚、アロンソは終始20番手付近を走行。
ペースが欠けていて振るわなかった模様。

…アロンソが出場すると琢磨が優勝する図式が出来ているな。。






お船のゲーム、夏グラこれくしょん。


20_summer_mizugi1_i47_kai
巡潜丙型潜水艦7番艦 伊47改。
新規実装となったイベントが開催されている間に限定グラが来た艦だけど、これは凄く珍しい事。
伊47を含めて3隻しかいない。


20_summer_mizugi2_fletcher_kai_mod220_summer_mizugi3_fletcher_kai_mod2_dama
Fletcher級駆逐艦1番艦 Fletcher改 mod.2。
Fletcher、Fletcher改、Fletcher改 mod.2、Fletcher Mk.Ⅱでそれぞれグラが違う。

姉妹艦であるJohnstonやJohn C.Butler級護衛駆逐艦DE-413 Samuel B.Robertsも改装前後でグラが違った事に今更気付く。


20_summer_mizugi4_kazagumo_kai220_summer_mizugi5_kazagumo_kai2damage
夕雲型駆逐艦3番艦 風雲改二。
風雲、風雲改とはグラが違う。
同じ夕雲型の巻雲や沖波も改二とそれ以前でグラが違ったり。


20_summer_mizugi6_akitsushima20_summer_mizugi7_akitsushima_damage
秋津洲型水上機母艦1番艦 秋津洲。
遂に水着modeに。


20_summer_mizugi8_shiratsuyu_kai2
白露型駆逐艦1番艦 白露改二。
白露改とグラが違う。


20_summer_mizugi9_maestrale
Maestrale級駆逐艦1番艦 Maestrale改。
Maestraleとはグラが違う。
尚、妹のGrecale(グラ差分なし)も水着modeを獲得した事により、実装されているMaestrale級3隻は全員水着グラ持ちに。


20_summer_mizugi10_houston
Northampton級重巡5番艦 Houston改。
Houstonとはグラが違う。
今回の実装はグラ差分が多い。


20_summer_mizugi11_yuubari_kai2_toku20_summer_mizugi12_yuubari_kai2_tei
夕張型兵装実験軽巡1番艦 夕張改二特(左側)、夕張改二丁(右側)。
夕張改二もグラ違うけど、育成が間に合わなかったので、改装済みのこの2艦だけ。


20_summer_mizugi13_richelieu20_summer_mizugi14_richelieudamage
Richelieu級戦艦1番艦 Richelieu。
凄い艶やか。
限定グラが来る度に洗練されてきている(と思う)あたり、流石フランス艦。


20_summer_mizugi15_i40120_summer_mizugi16_i401_damage
潜特型(伊400型潜水艦)潜水空母2番艦 伊401。
2017年実装。


20_summer_mizugi17_gotland_kai20_summer_mizugi18_gotland_kai_damage
20_summer_mizugi19_gotland_andra
Gotland級軽(航空)巡1番艦 Gotland改(上段)、Gotland andra(下段)。
まさかと思ったら、差分あった艦。


20_summer_mizugi20_ariake_kai20_summer_mizugi21_ariake_kai_damage
初春型駆逐艦5番艦 有明改。
イベント中に限定グラが来た艦3隻のうちの1隻。
残りの1隻はオランダ軽巡De Ruyter(Xmasmode)。

…レベリングの時点で駆逐艦っぽい感じだなぁとか思ってたら、改装した途端凄い事になっててびっくりしたわw







F1ベルギーGP予選!!

アルファタウリのガレージにいるガスリー。
…マスクに何か書いてるな?

雲が多いアルデンヌの森。
降水確率は…見てなかったけど、雨の予報も?


パワーユニットのハイパワーモード…通称パーティモード。
主に予選Q3等の大事な場面やレース中のオーバーテイク時に使用されるモードですが、これが禁止されると通達されています。
…あれ、ベルギーでも使えるんだっけ。
ベルギーからと聞いていたような。。
まぁ、良いや。


Q1
まずはハースがコースへ。
ウィリアムズはちょっとステイしているな。。
ハース勢がアタックを終えた頃に続々とコースイン。
コース全長長いので、早め早めに行かないとね…。
ウォームアップラップに凡そ2分前後はかかるだろうし。

1回目のアタックを終えた時点でフェラーリ勢がラッセルより下位と苦戦。
特にベッテルはジョヴィナッツィ、ライコネンのアルファロメオ勢より下位の18番手。
マグヌッセンがセカンドアタックでタイムを出したので、19番手に後退…これは厳しいぞ。。

残り3分40秒、続々とラストアタックに向かいます。
隊列の先頭はルクレールかな。
すぐ後ろにウィリアムズ勢とベッテル、アルファタウリ勢が。
…フェラーリのウォームアップラップ、遅いな?
待ちきれないアルファタウリ勢が前に出てきたりとかしています。
気付いたらガスリーが先頭になってる。
クビアトの無線「ガスリーが遅いから隊列できちゃってるよ。」
結構な団子になってるな…と、ルクレールが先頭でアタック開始。
最後にガスリーを抜いたのか。

チェッカー!
ルクレールはタイムを上げたけど、12番手…さぁ、どうか?
グロージャンは13番手だ。
ガスリーが4番手に入った!
ラッセルは12番手、ルクレールを上回ったぞ。
クビアトも5番手に入った!
ベッテルは13番手、ルクレールよりも上位だ。
ライコネンは16番手でノックアウト。

マグヌッセンはセクター2で飛び出し、アタックを止めました。
途中、短い黄旗が出たのは、これがあったからですね。

フェラーリ勢、何とかQ1突破。
ルクレールはギリギリ15番手でした。。
ウィリアムズはラッセルがQ2進出。
スパ王・ライコネンはノックアウトもチームメイトには勝利。
流石スパ王。


Q2
メルセデス勢が真っ先にコースイン!
まずはミディアムタイヤでワンツー体制に。
オコンがセクター1でファステスト!
レーシングポイント勢は伸び悩んでるな…と思ったら、ミディアムタイヤだった。
流石にソフトタイヤじゃないとダメみたい。

リチャルドの無線。
ブレーキ・バイ・ワイヤシステムに問題。
今4番手なのでQ2通過できそうですが、修理が必要ですね。。
Q3には間に合うか?

ラッセルはウォームアップラップ後に一度ガレージ戻ったようだけど、トラブルでしょうか?
アタックは間に合うか?

メルセデス勢とレーシングポイント勢だけかと思ったら、フェルスタッペンもミディアムタイヤ使ってましたね。
どうやら、そのまま通過できそうです。

ラストアタック。
レーシングポイント勢はやっぱりソフトタイヤに変えてきたね。
ストロールが早速セクター1で全体ベスト!
ラッセルもアタックできているようだ。
ペレスは6番手。
ストロールが5番手。
ラッセルは13番手。
ここでチェッカー!
ルクレールは13番手でノックアウト。
クビアトはギリギリ9番手!
ノリスが9番手に!
サインツJr.は4番手だ!
これでクビアトがノックアウト。
ベッテルは14番手でノックアウト。
フェルスタッペンはQ3の練習なので、タイムは出さず。
アルボンが3番手タイム!
メルセデス勢も練習していますね…ハミルトンがセクター2で全体ベスト!
最終コーナーのバスストップシケインでリアをスライドさせる!
何処まで攻められるか、見ていたのでしょう。

ルクレール無線。
ピー。
フェラーリ勢、ここでダブルノックアウト。
アルファタウリ勢もギリギリQ3に進出できず、ダブルノックアウトだ。

…お、ボッタスは昨日誕生日だったか。


Q3
何か居酒屋トークが繰り広げられてる。

まずはサインツJr.がセクター1でファステスト。
ハミルトンは1分41秒451、トラックレコードを更新してトップだ!
リチャルドが3番手!

残り4分切って、ラストアタックへ!
レッドブルはアルボン、フェルスタッペンの順にコースへ向かいます。
フェルスタッペンにアルボンのトーを使わせる作戦か。

ハミルトンはセクター2で全体ベストを更新!
タイムを縮めてきた…1分41秒252、勿論トラックレコードを更新です!!
チェッカー!
フェルスタッペンはタイムを更新して3番手!
ノリスはタイムを更新するも、10番手は変わらず。
オコンが6番手に入っています。

ハミルトン、ベルギーで6度目のポールポジションを獲得!
ポールタイムの1分41秒252は2018年にポルシェ919ハイブリッドEvo(レースパフォーマンスを追及した改造車)が記録した1分41秒770を上回り、再びスパ・フランコルシャンにおけるラップレコード保持をF1マシンのものとしました。

フェルスタッペンの無線。
ピー。
ERSがなくなっちゃってボッタスに僅かに及ばなかったようだ。
ハミルトンは他を圧倒する走りを見せたけど、ボッタスとは結構良い勝負しているようです。

4番手にルノーのリチャルドがきました!
ルノーは今回、結構直線速いみたいです。


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
また学ラン…www

このポールポジションをチャドウィック・ボーズマンに捧げるハミルトン。
映画「ブラックパンサー」で主演を務める等した黒人俳優さんが亡くなったというニュースがあったばかりでしたからね。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
5番手からはアレクサンダー・アルボン/レッドブル
6番手からはエステバン・オコン/ルノー
7番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
8番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
9番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
10番手からはランド・ノリス/マクラーレン

11番手からはダニール・クビアト/アルファタウリ
12番手からはピエール・ガスリー/アルファタウリ
13番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
14番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
15番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ

16番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
17番手からはロマン・グロージャン/ハース
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
20番手からはケビン・マグヌッセン/ハース






続きからコメント返信!!



炎樹さん:そうですねぇ、俺も晩夏から秋にかけて、夜に虫の声を聞くとちょっと落ち着きますねぇ。
特に、秋の夜に虫の声を聞きながらゆったりしたり、寝たりするのがリラックスしてる感あって好きです。
俺も虫の声で種類を判別できない…w
コオロギくらいか。


モモは多くの品種の旬が7月~8月のようですね…!
早いものは5月、遅いものは9月末~10月という品種もあるようで。
タピオカは丸く成形してあるので太いストローで吸えますが、わらびもちは不定形で結構大きいので…吸えずに詰まったりします。


フレッチャーもそうですが、妹のジョンストンも結構な凄さ…フレッチャー級は50隻超いるので、その殆どがこんな感じなのかと仮定すると…う~ん、とってもアメリカン。
とは言え、最近はとても駆逐艦のボディとは思えないような艦も増えてきましたがねぇ。


コメント、ありがとうございました~!

|

« 引き上げ | トップページ | 冷夏とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き上げ | トップページ | 冷夏とは »