« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月26日 (日)

ラージャスターン州のジャイプル市街

2019年に登録された、インドの世界文化遺産です。

インド北西部・ラージャスターン州の東部に位置する州都、ジャイプルが世界遺産に登録されています。旧市街と新市街がありますが、おそらく旧市街の方だけでしょう。
ジャイプルはインドの首都・デリーの南西約260kmに位置する都市です。
赤い砂岩を多用したり、建物をピンク色に塗ったりしており、その町の様子から「ピンク・シティー」とも呼ばれています。
そう呼ばれる切欠は1876年にイギリス・ヴィクトリア女王の息子、アルバート王子が訪れた際に建物をピンク色に塗って歓迎した事からとの事。
町の産業としては、ジュエリー産業が特に有名で、ラージャスターン州内で豊富に採れる宝石や貴金属をマハラジャに仕えるジュエラーが加工しているようです。
因みに、ラージャスターン州はパキスタンに隣接する州で、インド最大の面積を持ちます。

ジャイプルはこの地を治めていたラージプート族の有力氏族、カチワーハー家のサワーイー・ジャイ・シング2世によって、1727年11月18日から4年をかけて建設されました。
ジャイプルの名は「ジャイの町」を意味し、「ジャイ」は創設者ジャイ・シング2世を、「プル」は「城壁に囲まれた町 」から名付けられました。
「プル」が示す通り、旧市街地は高さ6m、総延長約10kmもの赤い城壁に囲まれ、城壁都市でした。
尚、城壁には主要な門が7つ設けられていたようです。
都市区画は碁盤目状になっており、その都市計画にはモンゴルの文化やヒンドゥー教・西洋の思想等が取り入れられているとの事です。
また、ムガル帝国時代にはイスラム教建築も建てられているとか。
都市の中心にジャイ・シング2世の居城であるシティ・パレスがあり、その周囲にはヒンドゥー教の寺院が400程建てられているとの事。
また、市内にはピンクの色彩と953もの窓を備えたハワー・ハマル(別名「風の宮殿」)や、2010年に世界文化遺産に登録された天体観測施設「ジャンタル・マンタル」も所在しています。
尚、ジャンタル・マンタルは今回の案件の構成資産として、重複登録されています。

イコモスはこの案件の潜在的な価値を認めたものの、「登録延期」を勧告していました。
何故か…何でだろうね?
市内にあるジャンタル・マンタルが世界遺産に登録されているから?






Fordvsferrari
休みだったので、この前手に入らなかった、フォードVSフェラーリのパンフを入手してきました。
シンプルな表紙!


つか、もう1月も終わりだなんて…。
やべぇな。






SasebonoshigureSasebonoshigure2
「佐世保の時雨」CDも入手。

ローソンチャレン1回目に失敗し、新春ライブ物販チャレンジでも失敗し、ローソンチャレンジ2回目にも失敗していましたが…ローソンチャレンジ3回目で買えました!
ライブで聞いた時、めちゃめちゃ鳥肌立ったよね…。


Sasebonoshigure3Sasebonoshigure4
中。

| | コメント (1)

2020年1月24日 (金)

ヒルカニアの森林群

2019年に登録された、イランの世界自然遺産です。

イラン北西部に位置し、カスピ海の南部沿岸に850kmにわたって続く森林地帯に15の構成資産があります。
伐採等により森林が急速に失われているカスピ海沿岸地域においてこの地域の原生林は非常に貴重なものだとか。
その植生は多様で、温帯林や湿地林、混合林の他、高山帯やステップ、砂漠地帯もあるので、280種もの固有種や固有亜種の植物が見られるのだそう。
その多様性はイラン国内においても群を抜いているようで、イランで見られる維管束植物の44%がこの地に集中しているんだとか。
尚、イラン国土におけるヒルカニアが占める割合はせいぜい7%程みたいです。
こうした植生は動物相の多様化にも寄与しており、ペルシャヒョウを初めとした様々な動物の住み処になっているのだそう。

以前にアゼルバイジャンが文化遺産として申請していましたが、「登録延期」決議が出されていました。
今回、イランが申請したのは、自然遺産としてで、その生態系が登録基準を満たしていたという事で、登録されました。
その際、将来的にアゼルバイジャン側にも拡大し得る案件である事が示唆されています。
その場合、まず、自然遺産への登録からでしょうが、文化遺産への登録も認められて、複合遺産となる可能性も0ではないのではないでしょうか。






先日、映画に行ってきました。
2か月振りだね…まぁ、学生の頃より映画に行く回数増えたなぁとは思います。
で何を観て来たかと言うと…

20_1_19_fvf
フォードVSフェラーリ。

世界三大レースのひとつにして、世界三大耐久レースの1つであるル・マン24時間レースを題材にした映画です。
ジャンル的にはドラマ映画と言うのでしょうかね。
話の流れは史実に即してるやつ。

今回はル・マンの中でも、1966年に行われた34回大会に焦点が当たっています。
このレースでは、それまで6連覇中だったフェラーリを下し、アメリカの自動車会社・フォードのマシンが123フィニッシュして表彰台を独占した時のもので、3台が並んでフィニッシュラインを通過したという象徴的なものでした。
因みに、アメリカ車によるル・マン優勝はこの時が初めてでした。
今回の映画は、フォードはモータースポーツに関与してブランド力向上を目指し、フェラーリを買収しようするも失敗。直後にイタリアの自動車会社・フィアットがフェラーリを買収するという発表がなされ、フォードはル・マンでフェラーリを破って見返してやろうとして頑張る話です。
劇中では直後のような描写でしたが、実際に買収されたのは1969年の事。
まぁ、発表は数年前にしてても不思議じゃないんで、何とも言えないんですが…。


で、今回の主人公は1959年のル・マン勝者(アストンマーティンに唯一のル・マン優勝を届けた人)の元レーサーで、カーデザイナーのキャロル・シェルビーとメカニック兼テストドライバーのケン・マイルズ。

シェルビーは「シェルビー・アメリカン」という会社を持っており、史実ではフォードの副社長であるリー・アイアコッカと非常に親密だったようです。この関係から、良くフォードの仕事を請け負っていたようです。
第二次世界大戦ではアメリカ空軍に所属していたようで、劇中でも「B29を操縦していた」と言いながら小型機を操縦する様子が描かれています。また、F1にも参戦していた経歴があるようですね。
いやぁ、知らない人でしたわ。

マイルズは日本語版Wikiのページがない程の人なので、尚更。
劇中では40代のようで、結構歳行ってましたね…モータースポーツデビューが今と比べて遅い年齢から始まる当時においても、結構高齢な方なのではないでしょうか。
まぁ、ハコ車レースなんかは特に、今でも30代40代それ以上でも第1線で活躍しているドライバーが沢山いるので、マイルズのようなドライバーがトップドライバーだとしても、驚きはないかなぁ。
そんな彼もデイトナ24時間やセブリング12時間等の著名な耐久レースに勝ってきているし、ル・マンウィナーであるシェルビーの目に止まっているのだから、紛れもないレジェンドドライバーなんだと思います。
1966年のレースでは優勝できなかったけど、大部分でトップを独走していたようですしね。
劇中だと3台が並んでチェッカー受けてたけど、実際には1号車(ケン・マイルズ/デニス・ハルム組)と2号車(ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン組)が並んで、5号車(ロニー・バックナム/ディック・ハッチャーソン組)がその後ろにいたみたいで。
マクラーレンがチェッカー目前で誤ってマイルズを抜いてしまい、優勝してしまったとかで。
むしろ、3台並んでたのは翌年のデイトナ24時間におけるフェラーリみたいですね。


さて、映画の内容的には、凄くエンジン音が良い映画でした!
同じタイプのモタスポ映画で、ニキ・ラウダとジェームス・ハントによるF1チャンピオン争いを題材にした「RUSH」があるけど、そちらと比べるとやや専門性が高い話が多かったかなって印象。特にル・マンや耐久レース系の知識が必要な気がします。
ル・マンが行われるサルト・サーキットのレイアウトやセクションの名前、ル・マン式スタート辺りは劇中でも説明されていたけど、唐突に出てくるパイクスピークとか、デイトナとか、セブリングとか、NASCARのクルーだからピット作業が早いとかは知ってる人じゃないと分からんよなって…w
でも、勿論、人間模様もしっかりと描かれていて、そういったドラマ性も面白かったので、そういった知識がない人にでもある程度はオススメはできると思った。


エンジン音と並んでモタスポファンとして嬉しかったのが、往年のレジェンドドライバー達の名前がめっちゃ出てくる所。
ダン・ガーニー、リッチー・ギンサー、フィル・ヒル、マリオ・アンドレッティ、ブルース・マクラーレン、クリス・エイモン、デニス・ハルム、ロレンツォ・バンディーニ…。
…ロニー・バックナムは出てこなかったかなぁ。
バックナムはアメリカ人ドライバーで、1964年~1966年にかけて、ホンダのドライバーとしてF1に参戦していました。尤も、セカンドドライバー待遇でしたが。1966年~1971年までインディ500にも参戦していたとの事。

ダン・ガーニーは序盤のレースシーンに登場した、最初のビッグネームかも。ル・マンのシーンにもいました。接触してクラッシュしてましたが…。
ガーニーはアメリカ人ドライバーで、F1、インディシリーズ、NASCAR、ル・マン等様々なレースで活躍し、勝利を挙げています。F1チャンピオンは取った事ないけどね。
彼はリアウィング等に取り付ける小さなフラップ「ガーニー・フラップ」の生みの親だったり、初めてフルフェイスヘルメットを着用してF1レースに出走(1968年オランダGP)したり、スポーツ史上初めてシャンパンファイトを行ったり(1967年ル・マン24時間)した人です。
また、レーサーで唯一アメリカ大統領候補に選ばれたりもしているようですね。
因みに、ガーニーがル・マンで優勝した時のパートナーは同じアメリカ出身のこれまたレジェンドドライバー、A.J.フォイト。インディ500最多優勝タイの記録を持ち、佐藤琢磨も所属したインディカーのレーシングチーム「A.J.フォイト・レーシング」の創始者。インディカーシリーズのオーバル部門チャンピオンシップトロフィは「A.J.フォイトトロフィー」と呼ばれています。
因みに、インディ500優勝とル・マン優勝を同じ年に成し遂げたのは彼一人だけ。

リッチー・ギンサーもアメリカ人ドライバーで、劇中では名前だけ登場しました。1965年のF1メキシコGPで優勝し、ホンダのF1初勝利を記録したドライバーですので、この時はイケイケの、アメリカでも人気のあるドライバーだったのではないでしょうか。ル・マン出走経験もあるようですね。

フィル・ヒルもアメリカ人ドライバーで、こちらも名前だけ登場。おそらく1964年のル・マンでフォードを駆っていました。アメリカ人初のF1ワールドチャンピオンにして、3度のル・マンウィナーというレジェンドです。因みに、アメリカ人によるF1初優勝を記録したのもこの人。

マリオ・アンドレッティもアメリカ人ドライバーで、こちらも名前だけ。ヒルと同じタイミングで出てきたので、ル・マンでフォードを駆ってた筈。F1ワールドチャンピオン、4度のインディカーシリーズチャンピオン、デイトナ500チャンピオン。
フォイト一族同様、アンドレッティ一族もレーシング一族で、息子や孫、甥と皆レーサー経験者・現役レーサー。息子のマイケルはレーシングチーム「アンドレッティ・オートスポーツ」の創始者で、インディカーシリーズをはじめとするアメリカ国内のレースシリーズやフォーミュラEに参戦しています。
インディカーシリーズのロードコース部門チャンピオンシップトロフィは「マリオ・アンドレッティトロフィー」と呼ばれています。

ブルース・マクラーレンはニュージーランド人ドライバーで、F1ウィナーであり、ル・マンウィナー。レーシングチーム「マクラーレン」の創設者であり、F1参戦中の1963年に設立した「ブルース・マクラーレン・モーターレーシング」を前身としています。シャシーを製造し始めてコンストラクターとして参戦し始めたのは1966年から。
自チームから出走したドライバーのうちの一人。マクラーレンは今もF1で活躍している古豪チームの1つですね。

クリス・エイモンはニュージーランド人ドライバー。劇中では確か名前くらいしか出てなかったけど、同郷のマクラーレンと組んで1966年のル・マンに出走し、勝った人です。勿論、F1にも参戦しています。当時のF1において、最年少デビューを飾り、チャンピオン候補とまで見られていましたが、表彰台登壇こそあれど、優勝はできませんでした。その為、「最強の未勝利ドライバー」と呼ばれる事も。
マクラーレンやハルムと共に、ニュージーランドを代表するレーサーの一人でした。

デニス・ハルムもニュージーランド人ドライバー。劇中では結構唐突に出てたけど、1966年のル・マンにおいて、マイルズのパートナーを務めていました。また、1967年にはF1ワールドチャンピオンにも輝いています。
1968年から引退するまで、友人でもあるマクラーレンが創設したチームからF1に参戦していました。

ロレンツォ・バンディーニはイタリア人ドライバー。劇中では1966年のル・マンにおいてフェラーリのエース的立場で、マイルズの主なライバルとしてクローズアップされていました。
F1優勝は1回だけですが、ル・マン、デイトナ、セブリングと耐久レースを中心としたスポーツカーレースでは非常に活躍していたそうです。
劇中では喋らないし、殺気ムンムンでめちゃめちゃ怖い人みたいな感じでしたが(まぁ、敵対している訳だし…)、活躍していた当時、国民的な人気を誇るドライバーだったそうです。
事故死した彼を追悼する為、「ロレンツォ・バンディーニ賞」なるものが創設されました。これは「モーターレーシングの成績やスピードの速さだけでなく、キャラクターやF1へのアプローチで強い印象を与えたドライバー」に与えられる賞で、基本的には前年に活躍した若手F1ドライバーにチーム贈られるとの事…ですが、チームや関係者に贈られる事も。
この受賞者、錚々たる面々である。マッサもいるしw


さて、マイルズは1967年の新車テスト中にマシントラブルに起因する事故で亡くなっている(息子がテストに同席してた)んですが、そういったものも描かれていました。
1966年のル・マンでトップを競ったバンディーニも1967年のF1モナコGPで事故死しているので、翌年のル・マンには出走できてないんだよね。
マクラーレンも1970年にテスト中に事故死してるし、当時は本当に、ドライバーが良く事故等で命を落としていた時代でした。
当時とは比べ物にならないくらい安全対策が取られている現代においても、事故死はなくならないのだけれどね…。
因みに、ル・マンでマイルズと組んだハルムは1992年のバサースト1000のレース中に心臓発作で亡くなっているから、事故ではないけど。


んで。
ドライバーではないけど、伝説の人…フェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリは勿論出てくる訳で。
フィアットの当時の社長、ジャンニ・アニェッリも聞いた事あるくらい有名だし、ヘンリー・フォード2世やリー・アイアコッカも有名な人みたいだね。
ヘンリー・フォード2世は創業者であるヘンリー・フォードの孫みたいですね。
フォードの創業者の名前は憶えてなかったけどねぇ…ここら辺が普通に出てくる所も時代というか、題材的にそりゃそうなんだけど、凄いよね。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

バビロン

2019年に登録された、イラクの世界文化遺産です。

メソポタミア地方の古代都市遺跡であるバビロンはイラク中部、首都・バグダッドの南方90kmに位置するヒッラにあります。
名前の由来はアッカド語で「神の門」を意味する「バーブ・イリ(ム)」だそうで。
紀元前2300年頃のアッカド帝国に存在した小さな町が起源のようで、アムール人の興したバビロン第一王朝第6代・ハンムラビが紀元前18世紀にメソポタミアを統一すると、編入したこの町を大都市に作り替えて、それまでのニップルに代わり、宗教の中心都市となったとか。
バビロニア帝国が衰退すると、アッシリア帝国やカッシート、エラムといった国々の支配下となるが、貿易都市としてメソポタミア地方の中心であり続け、物資集積場でもあったようだ。
紀元前600年代になると、新バビロニア王国が誕生し、その首都となると、イシュタル門や世界の七不思議の一つに数えられる空中庭園等が建設され、再び大都会として栄えたそうです。
しかし、紀元前130年代に入ると、パルティア王国がバビロニア地方を征服。バビロンも征服されてしまったそうです。更に、都市はその間にも度重なる洪水等によって荒廃していったとされています。
そんなバビロンの発掘は1811年から1812年にかけてと1827年の調査がきっかけとなり、同年には別のチームが、更に1849年にも発掘調査が入り、都市の解明が進められました。

今回登録された都市遺跡は、紀元前626年から紀元前539年にかけての新バビロニア王国・首都時代のもの。
ユーフラテス川を跨いで建設された城郭都市で、二列構造の内壁(内側の厚さは6.5m、外側の厚さは約3.5m)とネブカドネザル2世により設置された二列構造の外壁(内側の厚さは約7m)が市街地を囲んでいたそうです。
また、街の北と南の内壁と外壁の間には、ユーフラテス川から水を引いてきた堀が、街の東部には別の二重城壁があったそうです。
そして、度々発生した洪水を防ぐ為、川沿いに険しい堤防が築かれていたようです。
バビロンには8つの城門があり、その幾つかからは市内へ続く街路が通っているみたいです。
因みに、主要な大通りである行列道路は舗装が施されており、両側の壁には神々の象徴であるライオンや霊獣ムシュフシュ(シュメール語で「恐ろしい蛇」)の像が飾られていたとか。
尚、ムシュフシュは図像や伝承に見られる生物で、毒蛇の頭とライオンの上半身、鷲の下半身、蠍の尻尾を持つ姿が一般的。しばしば竜とも呼称されるようだ。
元々はエシュヌンナという大都市の都市神に支える随獣だったが、ハンムラビがエシュヌンナを征服すると、バビロンの都市神であるマルドゥクやその子ナブーの随獣となったとか。
また、バビロニア神話の創世叙事詩「エヌマ・エリシュ」には原初の海の神・ティアマトがマルドゥクを初めとする神々と戦う為に生み出した「11の怪物」のうちの1つとして登場しています。

都市内には、都市神マルドゥクや三位一体で黄道帯の支配者でもある月の神シン、太陽神シャマシュ(マ○キン…)、金星の女神イシュタル(FG○…)等が祀られた神殿が50以上もあったんだとか。
他にも、北宮殿や冬宮殿、イシュタル寺院(神殿の事か?)、ニヌルタ寺院等様々な建物があったらしい。
また、ネブカドネザル2世の時代に建てられたエサギラ寺院には四方が91m、高さが90mという7層階段ピラミッドが築かれていたとか。エ・テメン・アン・キと呼ばれるジックラト(神殿)であるこの建物は旧約聖書における「創世記」に登場したバベルの塔のモデルになったと言われているそうです。
因みに、月の神シンはアッカド語名で、シュメール語ではナンナ。アッカドでもシュメールでも太陽神と金星の女神を子に持つとか。
太陽神シャマシュもアッカド語名。シュメール語ではウトゥ。神話ではイシュタルの双子の兄で、イシュタルの姉であるエレシュキガルの兄でもあるとか。
金星の女神イシュタルもアッカド語名で、シュメール語ではイナンナ。シャマシュと同様、神の序列の中でもかなり高い位に位置付けられているそうな。
ニヌルタは「大地の主」という意味を持つ豊穣と戦闘の神で、大地の神エンリルと風の女神ニンリルの子。

過去の委員会(1983年開催の第7回)で推薦された際、保全計画に不備がある等の理由から「登録延期」を勧告されていました。
今回の審議では「登録」の勧告となりましたが、やはり保全の関係でしょうか、危機遺産リストへの登録も勧告されました。
しかし、イラク当局が反対した事等から、危機遺産リストへの登録は見送られたようです。
…一部界隈が反応しそうな世界遺産ですね。







20_nrt1
…という事で、やっと初詣に行ってきました!!


20_nrt_koiarai20_nrt_zyouuna
こっちは鯉あらいと上うな重。

20_nrt_prin20_nrt_prin2
20_nrt_prin3
20_nrt_prin420_nrt_prin5
んで、新風堂さんのプリン、キヌノワプリン CHIBAブルーを買ってきてみました。
青いのはバタフライピー(マメ科の植物、チョウマメ)のジュレ。
花の搾り汁を利用してハーブティーやお菓子の材料に使ったりするとの事。

ハーブティーに使われるという事だけど、仄かに爽やかな風味が感じられる程度。
フレーバーティーとか苦手な人でも問題ないくらいだな。
それでも、青くて透明度の高いジュレは十分な清涼感を持っているね!
プリン部分は牛乳とブランド卵「プリンセスエッグ」の卵黄を使用したもの。
ミルクプリンのようななめらかさと、仄かな甘みが感じられます。
がっつり甘くなくてスプーンがガンガン進むわw
いやぁ、良いねぇ…あっという間になくなってしまった…!


しっかし、成田は行く度に店が変わってて面白いなぁ。
…いや、1年に1度なんだけどね。








某小説の後日談!!
何話分かあります。

・青の峰
・岩の中の水晶
・裏の原野、表の神社
・不意の黒猫
・黒猫大量発生
・うれし…じゃなくて
・ありがとうござもっふる
・理性振り切った
・黒猫の元は黒猫さん
・黒猫は因果の回収浄化係だったのかー
・根本的に悪い存在ではなさそうな?
・ダークネスな雰囲気…
・黒猫さんは悪い因果ばかりを溜め込みすぎた…
・悪い因果=厄
・因果の浄化にはどれくらいかかるのだろう?
・悪い因果なら、浄化には時間がかかりそうだが
・加護と包囲
・包囲というと、守りより攻めの印象だな
・攻撃は最大の防御…という事もあるし、時に表裏一体となるものだが…
・この地に根差す厄は包囲から漏れるのか、包囲外に新たに発生するのか…
・駅で襲ってきた厄は何処由来何だろうか
・半分になった御神鏡が1つの場所に集うと子犬君の神性が最大になるから阻止したかったと
・ダム湖の湖底に沈む古の社かぁ、神秘
・厄の力が強大になった理由が分かってない
・敵の正体が掴めない、つまり、加護…包囲の力で厄を完全に滅せられるとは限らない
・世界の改変が切欠であるが、それと厄の台頭を繋ぐ線が見えてこないね
・子犬君が大海を漂流してたのって、そもそも何でだったっけか
・浄化という病…?
・俺が眠いのは元から!
・俺の中の何が声も上げずに絶命したんだろうね!
・世迷い事
・うつけ
・脳内シアターでしたね
・4D上映?5D上映?
・鏡は渡しちゃいかんってやつ?
・段々はじめてのおつかい見てる気分に…
・不思議な少年は御神鏡に宿ってる神かな?
・プリンのどら焼き置いてくれた人www
・プリンなのか、どら焼きなのか考え始める少年
それだけは理解してほe38197い……
ほしい
役割を持つ猫達が生まれe3819f。
生まれた。
憶えている限り、あそこまで厄が強大になるような出来事などなe3818bったはず。
なかった
「どうしたんだ? 急にぼうe381a3として」
ぼうぜん?
ぼうっと?

・魔法水晶
・お兄ちゃん弟大好き過ぎるな
・殴りたい、その笑顔
・お酒くすねてきた
・碌でもなかった
・厄が狙ってる
・峠道を走るトラック
・烏発見
・手口…
・ヤのつく自由業
・厄が本気出してきてる感
・ダムで不穏な動き
・厄が神々を取り込んだ理由
・厄が本来の力を取り戻そうとしている、とは
・黒猫さん…
・十度目なの…
・猫生
・黒猫さん、もう一人の主人公みたいな感覚
・結界に穴開けるとかできるのね、白蛇さん
・そうするのはそういった因縁があるからか、厄の意志か…
・呪詛唱えられる…
・この局面でめっちゃハッキリしてしまう関係性
・箱から出てきたというアレ
・アレって…
・街に迫る何か
・下を行く人間をクッションにしないようにしないとね!
・何故人の姿で飛び降りてしまうのか…
・人間に見えないようにしているのに、皆こっち見てる
・水の中にいるようにゆらゆら揺れている
・何故か水道ちゃんのスマホ
・出たのは狸の子
・今度は狸の子に化かされているようだ
・二人でもぜんぜん大丈夫(
・そりゃ、ホラー展開で良くある、通話終了できないやつ
・スマホお亡くなり
・化けてるー
・表情も科白も一撃必殺もの…道路のお兄ちゃんはどれだけちょろいのか
・自分から味方って言う時は大概怪しい時
・鏡強い
・式神…
・人々も式神でしたか
どうやら厄に捕らわれe3819fらしい。
捕らわれたらしい
……e6849bせない……返せない……忘れ……暗い、
返せない?
……愛を、返e38195なきゃ……
返さなきゃ
「e3828fるい……?」
悪い
擬獄さんだe38191が逃げるつもりはないんだね?
だけが
『もう、心配したんですe3818bらね!
ですからね!
「白妙さん。いきなりボクのスマポンを投げ捨てるe381aaんてひどいです!」
投げ捨てるなんて
……怖がらなe38184でください。
怖がらないで
「なんe381a7……どうして、こんなことをするの……友達なのに……」
なんで…

・しれっと話に出てくる星神と海神
・鎖国してたのか
・江戸時代くらいの話しかー
・まーがれっと
・巻いた
・改変前の市
・改変前の甥っ子
・過去をあまり良く覚えていない事が反面
・脳の血管が切れてるとかくも膜下出血とかじゃありません
・記憶ストッパー
・川底の青い炎は…狐火かな?
・記憶ストッパーの彼方へ
・烏リターンズ
・やっちゃった…?
・イケナイ気配×2
「いや、さすがにそれはない……ん……e38198e38283、ないかな。」
ん……じゃ、ないかな。
『……なぜ誰も……e5bf98れ……せめて、返し……』
??
『……戻e3828cぬのなら……たe3819f……をくれ……や……、……末代……逃……e381aaい……』
戻れぬのなら…??戻さぬのなら??
た…たたり??
逃……さない??

・初手氷の世界
・頭痛とか酷くなると動けなくなるし、分かるよ…
・子犬失踪の辺り
・鳴子の結界
・改変前だと全員死んでるのね
・改変後と繋がって改変前の記憶を見る妙
・改変前には存在しない町
・鏡の子は改変前の子
・あ、落ちた
・鏡の子の様子がおかしかったのはそっちかー
・おっと
・山犬には見えなかったけど、烏には見えるのか、鏡の子
・黒い雨…いや、厄
・鏡の子じゃない鏡の子
・厄のターゲットはこの子だった
・厄がパワーアップして、強力な浄化の結界にも押し勝てそうなくらい
・鬼だな
・何だ、見えてたか
・左目…
・言葉の通じる厄かぁ
・再びボッシュート
・猫
・黒猫めちゃくちゃかっこいいな、これ
・元々黒猫の飲み込んでた厄だったのね
・シャバ
・十生
・厄神様
・ラップバトルかな?
・ツンデレだ…
・目からビーム?
・あんな姿に…
・ふむ、これは意図的に逃がした…?
・フラグはあったね、これ
まだ何も恩を返e3819bてないのに、こんな姿見たら、何かあったのかって、心配に――」
返せてないのに
「何やっe381a6るんだ……!」
何やってるんだ
「e381aaら手伝ってくれ。
 厄を払い飛ばす……私の結界を外へ広げてくれ」
なら手伝ってくれ。
擬獄さんに危害を加えず守ってe38184るようだったから、様子を見ていた
守っているようだった



さて、お船の秋冬イベントは今日で終了しました。
…いや、日付変わったけどね。

前回は最終作戦海域の第6海域の攻略を開始。
第一段作戦の輸送作戦を完了し、第二段作戦のラスボス撃破へと向かった所で終わっていますね。

その後、ラスボスの戦力ゲージを削り、後1回ラスボスを倒せば突破できる所まで行きました。
今回のラスボスも相当にタフで固いのだけれど、ここは流石に丙作戦。
ゲージ削りの時から撃破できています。

まぁ、それでも念の為、ギミックを解除しておきましょうかね。
ラスボスが最終編成に入った後にだけ解除できる、ダメージ増加ギミックです。


19_autumn_winter_e6_2_9
まずは、ボス前の艦隊を倒す。
そして、ルート開放ギミックでも行った、空母棲姫改の艦隊を倒します。
丙は解除トリガーが2つしかないから楽ねw

…あ、ついでなので、ラスボスに会っておきましょう。

19_autumn_winter_e6_2_boukuuzyunseiki_ka
沈没防空巡洋艦 防空巡棲姫-壊。

艤装から更に高角砲と思しき砲身がにょきにょき生えていますね…。
つか、艤装の目、なくなってるな…?


19_autumn_winter_e6_2_10
そして、うっかり倒す。

ギミック解除予定だったから、基地航空隊の派遣場所をボス前に集中させてたし、ネルソンタッチはボス前で使っちゃったし、ボスの陣形選択間違えて輪形陣にしたりしたけど、何か倒せました!

ギミック解除しなくて済みました!
…解除後は防空巡棲姫の科白が変わるらしいんだけど、見られずですね。

母港に戻った後、ギミック解除音鳴ったけど、多分これ倒した後でも解除可能だな…。
科白は見られないけど。
まぁ、特に、この海域で狙いたい艦はサラトガくらいだったし、サラトガだったら大型建造チャレンジでも落ちるから良いかなぁって。


19_autumn_winter_e6_2_atlanta
突破報酬、Atlanta級防空巡洋艦1番艦 Atlanta。
史実の艦種としては、軽巡洋艦ですが…防空巡洋艦として活躍した為、こういった艦種表記になっています。
ジョージア州の州都・アトランタの名を冠する艦で、ニューヨークのブルックリン生まれだそうです。

「ラッキーA」の愛称で親しまれたそうですが、第3次ソロモン海海戦で駆逐艦「暁」の探照灯照射を受けて、アメリカ重巡「サンフランシスコ」から誤射された他、「暁」、戦艦「比叡」や軽巡「長良」等の攻撃を受けました。
沈没こそ免れたものの、この戦いで大破したアトランタは海戦後に自沈処分となりました。

このアトランタ、防空巡洋艦の名の通り、非常に高い防空性能を持っているようなので、今後のイベント等での使い所に悩まされそうですね!
鬼怒や摩耶、秋月型よりも防空性能高いみたです。
…まぁ、アイオワもそうだけど、アメリカ艦って基本的に防空性能高いみたいですからねぇ。


19_autumn_winter_e6_clear19_autumn_winter_clear2
…っつー事で、秋冬イベント、クリアです!!


19_autumn_winter_result4
今回は第1~第3までが「甲」、第4及び第5は「乙」、第6は「丙」となりました。
乙や丙ではそれ相応の難易度だったような気がします。
…過去のイベントだと、「丙」ですらやべぇ時あったしな。


E6_2_kouryaku
ラスボス攻略編成。

第1艦隊はネルソンを旗艦に、特効のある比叡・霧島を配置。
この3艦で高火力のネルソンタッチを発動させます。
ネルソンタッチは主にボス前の重巡ネ級改2隻艦隊を相手に発動。
ネ級改は高火力・高耐久なので、こちらが戦艦であろうとも倒しにくい相手。
あくまでボスがゴールですので、こちらに被害が及ぶその前に、サクッと撃破を狙います。
ラスボス最終編成ではラスボスでネルソンタッチを狙う予定でしたが、その機会は訪れませんでした。
随伴には航巡2隻、そして、ルート固定要員の秋津洲を編成。
敵艦隊に航空戦力がいないので、秋津洲に水戦と大艇を装備。
また、艦隊修理施設を持たせて、泊地修理ができるようにしました。

第2艦隊はラスボス艦隊へのトドメと道中の対潜戦を想定した構成になっています。
阿武隈と大井で開幕雷撃を行い、敵艦隊へ負荷与える事も念頭に置いています。
阿武隈は運を改修していませんが、旗艦に置いて魚雷カットインの発動確率を高めました。
…まぁ、それでも体感発動率は4割くらいですが。
大井は運が低いので、連撃にしてます。
衣笠、夕立、綾波は特効持ち。
衣笠は連撃装備ですが、夕立と綾波は魚雷カットインにしてます。
夕立も運を改修していないので、見張員を装備して活動確率を高めていますが、こちらも体感4割程度かという所。
綾波も初期値の40だと頻繁には発動しないんだよねぇ。
やっぱ時雨並の50は欲しい所。
タシュケントは4スロを生かして、先制対潜と照明弾持ちにしました。


編成同じだから割愛しているけど、道中・ボス共に支援入れました。
砲撃支援です。


E6_2_kitikoukuu
基地航空隊編成。
第1部隊は対潜部隊にして、潜水艦へ。
第2・第3部隊は陸上偵察機1、陸上攻撃機3でボスへ。

ダメージ倍増ギミック解除の時だけ、第2部隊と第3部隊をボス前に派遣。
…いや、第2部隊の半分をボス前に向けた事もあったなぁ。
まぁ、いずれにしろ、ボス前が結構な脅威ですからね。




さて!
早速、新規艦の掘り作業を始めますか!

まずは第3海域のオランダ軽巡デ・ロイテルからだな。
その次は第5海域第1ボスの海防艦平戸、最後に第5海域第2ボスの駆逐艦秋霜。

今の所、新規艦はイベントでのドロップでしか入手できないけど、海外艦は尚更ドロップ設定されるイベントが限られてくる(欧州遠征に行った時とか、ハワイ周辺に行った時とか)ので、優先度高い。
海防艦と駆逐艦は現状育てきれてないんだけど、年始のライブで平戸(の声帯の妖精さん)に「拾って…ください…」と言われたから、平戸優先で。


っつー事で、第3海域のボスを周回始めました。
しかし、「甲」作戦とは言え…中々ドロップが渋いですね。。


以下、ドロップした「割と普段お目にかかれない艦娘」これくしょんをお楽しみください(

19_autumn_winter_e3_mizuho
ボス前でドロップした、瑞穂型水上機母艦1番艦「瑞穂」。

19_autumn_winter_e3_amagi
ボスでのドロップ、雲龍型空母2番艦「天城」(晴れ着mode)。

19_autumn_winter_e3_sagiri
同じくボス、綾波型駆逐艦6番艦「狭霧」。
5番艦の天霧(未所持)も落ちるらしいんだけど、こなかったですね…。

19_autumn_winter_e3_hayanami
ボス。
夕雲型駆逐艦12番艦「早波」。
比較的最近実装された感あったけど、もう1年前なのか。

19_autumn_winter_e3_akagi
ボス。
空母「赤城」(晴れ着mode)。
この後、間を置いて2隻目も落ちました。

19_autumn_winter_e3_kaga
ボス。
空母「加賀」(晴れ着mode)。
この後、定期的にドロップして、合計3隻に。

19_autumn_winter_e3_daitou
ボス。
日振型海防艦2番艦「大東」。

19_autumn_winter_e3_asagumo
ボス。
朝潮型駆逐艦5番艦「朝雲」(冬服mode)。


っつー事で、数えてないけど多分7、80周くらいしたけど、デ・ロイテル出ませんでした!!
レアリティ的には銀背景なので、狭霧・早波・大東・朝雲辺りのレア度なのですが。
金背景の加賀、ホロ背景の赤城・天城の方がレアなような…。

いや、まぁ、デ・ロイテルのドロップ率、S勝利で6%程、A勝利で3%程らしいんだけど。
ヒューストンと同じくらいのようなので、そうそう変わらんのだけどねぇ。


_20200113211345564
出なさ過ぎて、めっちゃ放置してた新春任務を終了3日前にクリアして手に入れた、一式陸攻三四型★4の熟練度が最大に上がってしまいました!!
入手時は熟練度なんて付いてなかったのにね!!

E3_kouryaku1
これは攻略完了時。

E3_hori
10~20周くらい掘った後。
流石に改修もちゃんとしてないアトランタをぶち込むのはやり過ぎた…。
道中支援入れてました。

E3_hori2
イベント終了後。
道中支援・ボス支援なし。
道中突破率は9割以上、護衛退避使用は1~2割くらい?
ボスS勝利8割程度、2割はA勝利って感じだったかな。


前の照月やローマ、前回のグレカーレもそうだったけど、逃したのなら仕方ない。
デ・ロイテル、平戸、秋霜はまたの機会に…。

…って、メンテでデ・ロイテルの節分mode入ってるのかよ、こんにゃろw




20_1_14_yuubari
そして、今日(日付変わったけどね…)のメンテで追加された、夕張の改装!


20_1_14_yuubari_kaini
夕張改二!!
艦種が兵装実験軽巡に変わってます。


更に~?
20_1_14_yuubari_kaini_toku
改装。

20_1_14_yuubari_kaini_toku_card
夕張改二特!!


そして~?
20_1_14_yuubari_kaini_tei
改装。

20_1_14_yuubari_kaini_tei_card
夕張改二丁!!


改二はバランス型。
改二特は速力が低速になる代わりに上陸用装備の運用に特化。
改二丁は対潜特化。オート先制対潜可能。

改二シリーズは副砲が積めないそう。
成程、そう来たか…。
そして、まさかの5スロ軽巡の爆誕である。
…まぁ、5スロ目は積むスペースが殆どないのか、限定的な装備しか搭載できないんだけどね。


各形態のステータス。
20_1_14_yuubari_kaini_status
改二

20_1_14_yuubari_kaini_toku_status
改二特

20_1_14_yuubari_kaini_tei_status
改二丁


コンバート改装する度に開発資材とバーナーだったかを消費するし、改修も初期値に戻るので、行く行くは3人揃えようかと思います。
…尚、設計図と戦闘詳報が2つ必要になる模様。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

シャキの歴史地区とハーンの宮殿

2019年に登録された、アジアの世界遺産シリーズ!


2019年に登録された、アゼルバイジャンの世界文化遺産です。

アゼルバイジャンの北西部に位置する都市、シャキの世界遺産です。
シャキはアゼルバイジャンの首都・バクーからは325km離れた場所にあります。
姉妹都市にはトルコのコンヤ等との事。
イラン系の人々が暮らしているようで、シルクロード西部の要衝となっており、養蚕と絹の生産で繁栄したようです。
また、2700年以上前の居住跡が残る等、長い歴史もあるようで、その中において、多くの宗主国によって統治されていたのだとか。
1世紀頃のカフカス・アルバニア王国時代においては、王国で最大の都市の一つだったようです。
その後、アラブ人による侵略、独立公国時代、モンゴル軍による統治、再びの独立、1551年のサファビー朝併合、オスマン帝国領と変遷し、1743年にはコーカサス地方のハーン国の中で最も強い封建制度を持ったシャキ・ハーン国となりました。
1805年にはロシア帝国の属国となり、1813年のゴレスターン条約により、このエリアはロシアに併合されました。また、1819年にはハーンが廃止され、シャキ州が創設されています。

歴史地区は1790年にフセイン・ハーンによって要塞化されており、宮殿コンプレックス…おそらく、宮殿を中心とした建造物群として設計されたようです。
街はマナー・ハウスを中心に、政庁、モスク、浴場、倉庫、馬小屋、キャラバンサライ、紡績・織布工場等がある他、養蚕関係の商家も建ち並んでいるようです。
これらはペルシャ建築の影響を大きく受けていますが、その中にロシア建築の要素も含まれている等、何度も宗主国が変わったコーカサス地方に見られる特徴も確認できるようてす。
ハーン宮殿は1797年に建てられた夏の離宮で、窓にヴェネツィアン・グラスが使われている等、絢爛豪華な作りのようですが、釘を使わない建築法が用いられている特徴があるんだとか。

過去に推薦した際は、「不登録」勧告を受けた後、審議にて「情報照会」となっていました。
今回の推薦でも、登録基準に合致しないという事で「不登録」を勧告されました。
しかし、過去の情報照会決議との整合性等の観点から「登録」が支持され、逆転登録となったようです。
…どうやら、今回の議長であるAbulfas Garayev議長がアゼルバイジャンの文化大臣らしく、この人がこの件の素晴らしさを力説して逆転登録に持ち込んだとかいうパワープレーが行われた模様。
なんでも、この件の審議時に議事進行役ではなく、委員国の委員として列席したそうで。
これは前代未聞なエピソードですね!






連日のように更新しているのは、↓の終了日がいよいよ迫ってきているからザクザク進めているからでして…。
取り敢えず、もうちょっと休んでたい。







お船の秋冬イベント。

その第5海域目、第2段階目です。
第1段階目で敵潜水艦隊を倒して哨戒成功。
お次は敵機動部隊を相手にします。


19_autumn_winter_e5_2_1
第2段階目では、フィリピン・ミンダナオ島の南部…モロ湾付近から出撃します。
潜水艦と戦いつつミンダナオ島とカラケロン島の間を北東に進み、第1段階目のルートへ。
更に、ここから北上し、再び第1段階目と同じルートに戻る。
今回はそのまま東へと向かい、南下して敵機動部隊の元へ。


19_autumn_winter_e5_2_kuuboseikikai
ボスは正規空母 空母棲姫改。

命中・火力共に高い空母おばさんが強化されて帰って来ました。
ちょっと見にくいけど、頭部にそれまでの改シリーズと同じく角が生えているのが見えます。
他にも、ちょくちょくノーマル版と違う所あるでしょうね。


19_autumn_winter_e5_3_nagumo_shienbutai
イベント期間も後半に差し掛かり、各ボスの元に友軍艦隊が来るようになっています。
今回は赤城改戊率いる一航戦・二航戦の南雲機動部隊でした!


19_autumn_winter_e5_2_uranami
吹雪型駆逐艦10番艦浦波。
あまりドロップしない、レアな駆逐艦ですね…2隻目です。


19_autumn_winter_e5_2_akishimo_shien
今度の友軍支援は新規実装の夕雲型駆逐艦19番艦秋霜率いる夕雲型駆逐隊。
秋霜はこのボスでドロップするようですが…最後まで来ませんでした。


19_autumn_winter_e5_2_2
ボスの最終編成。
空母棲姫は伝統的に「壊」がない深海棲艦です。
難易度「乙」だからまだこんな感じですが、「甲」だと空母棲姫改が2隻に分身するようで…いやぁ、制空値が恐ろしいね!!
因みに、「乙」でさえ制空権を取るのは大変です。


19_autumn_winter_e5_2_nitibeishien
最後の友軍艦隊は赤城改戊率いる一航戦とアメリカ機動部隊の日米混成艦隊でした。
サラは空母おばさんの攻撃でワンパン大破してました。
…つか、サラは装甲空母じゃなかった方、白サラの方ね。


19_autumn_winter_e5_2_3
妙高姉さんのカットインが出なかったりしましたが、無事に北上様がフィニッシュ。


19_autumn_winter_e5_2_5inchrensouryouyou
突破報酬、5inch連装両用砲(集中配備) ★+2。
このイベントのクリア報酬であるアメリカ防空巡洋艦「Atlanta」の初期装備で、「Atlanta改」も持ってくる装備。
改修値付いています。
高角砲のアイコンしてますが、中口径主砲。
中口径主砲カテゴリでは初の高角砲で、特殊高角砲でもあるとの事。
「Atlanta」に装備すると強力な対空カットインが発動できるらしいので、「Atlanta」の必須装備ですね。
…他にも、摩耶改二に装備すると、同艦が発動できる最高レベルの対空カットインになるらしく、かなり良い感じらしい。


19_autumn_winter_e5_clear
っつー訳で、第5海域、突破です!!
第1段階目はまだしも、第2段階目は掘りでも行きたくないなぁ…。。


19_autumn_winter_result3
難易度「乙」で。
第4海域よりも「甲」と「乙」との難易度差が激しいらしい。


E5_2_kouryaku
第5海域目第2段階目の攻略艦隊編成。

第一艦隊は特効艦の長門・陸奥・扶桑・隼鷹を軸に、強力な機動部隊を相手にすべく軽空母をもう1隻と防空巡洋艦摩耶様を編成。
本島なら、長門型はどちらも改二にしていると特殊砲撃もできるし、楽なのですが…。

第二艦隊は旗艦に防空軽巡の鬼怒を配置。
ヴェールヌイや風雲は特効を持ちますが、道中で対潜戦を2回こなすので、先制対潜装備としています。
フィニッシャーは妙高、北上様、時雨。
妙高と時雨はカットイン装備、北上様は連撃装備でまとめています。
…最終編成時、照明弾発動しなかったなぁ。。


…機動部隊を相手にするのに、こっちは空母機動部隊じゃなくて、水上打撃部隊じゃないと攻略できないと言うね。


E5_2_shien
支援艦隊編成。
道中・ボス共に砲撃支援です。
メンツ的には変わりありません。


E5_2_kitikoukuu
基地航空隊編成。
1部隊は対潜部隊にし、2戦ある対潜戦に振り分けています。
その為、基地航空隊攻撃・先制対潜で随伴の潜水艦を倒しきるくらいまでしか行かず、2戦共に高確率で旗艦である潜水新棲姫からの先制雷撃を受けやすく、損傷が多かったですが…。

もう1隊は陸戦3の陸攻1でボスへ。
先に多めの戦闘機をぶつける事で、連合艦隊本隊の航空戦で相手に制空権を渡さないようにします。
こちらの編成と相手の戦力上、制空権を「航空優勢」にすら持っていくのが大変なので、制空拮抗状態に維持するのが最適解のようでした。


いよいよ最終海域、第6海域目。
この海域も2段階作戦ですが、第1段階目が輸送作戦だったり、ギミックが2つあったりするので、長丁場になりそうです。

舞台となるのは、オセアニアの国、ソロモン諸島のソロモン海はアイアンボトム・サウンド!
日本語名だと鉄底海峡。

太平洋戦争中、この海域で日米双方の数多くの艦船が沈んでいきました。
ここで起きたのが第一次ソロモン海戦~第三次ソロモン海戦。
今回の作戦は、その第二次と第三次が主にモデルとなっているようです。

まずは、第一段階目。
輸送作戦です。

19_autumn_winter_e6_1_119_autumn_winter_e6_1_2
スタートはビスマルク諸島はニューブリテン島のワイド湾辺り。
ソロモン海を南東に進み、ブーゲンビル島の南方沖に進出。
そこから一気に北上し、ブーゲンビル島のショートランド島とモノ島沖へ。
そして、東方へと進み、ベララベラ島、コロンバンガラ島を過ぎ、サンタイザベル島南方のニュージョージア・サウンドへ。
そのまま海峡に沿って進み、ラッセル諸島を過ぎてガダルカナル島のティナ辺りで物資を荷下ろし。
その後、南に向かい、ガダルカナル島沖でボス艦隊と戦う。

基地航空隊はラバウルですね…ラバウル基地航空隊だ。


19_autumn_winter_e6_1_319_autumn_winter_e6_1_senkansuikikai
ボスは戦艦 戦艦水鬼改。
随伴はネ級とかいはするけど、特効もあるし、倒しやすい方かなぁ。


19_autumn_winter_e6_1_akitsushima
…あ、水上機母艦 秋津洲だw


19_autumn_winter_e6_1_4
ラストもこんな感じ。
それよりも、ボス前のマスで割と大破させられる事が多かったのが大変でしたね。


19_autumn_winter_e6_1_5
…という事で、輸送作戦成功。


19_autumn_winter_e6_1_6
ラスボスへのルートが開放されました。


E6_1_kouryaku
第6海域、第一段階目の攻略編成。

編成的には水上打撃部隊でも輸送護衛部隊でも行けるのだけど、メインの第二をカバーする為に水上打撃部隊で組みました。

第一は特効を持つ鈴谷と熊野を軸に、輸送用装備満載の駆逐艦で構成。
旗艦の鈴谷には司令部を積んで、道中での護衛退避使用を可能にしています。
熊野には装備枠空いたので、ドラム缶積んでます。
第二は夜戦も行う本隊なので、通常の装備。
軽巡枠は先制雷撃もできる阿武隈。
特効を持つ衣笠、夕立、綾波に鳥海と対潜寄りの雪風。
雪風も特効持ちですけどね…更に、先制対潜できる数値まで行かなかったので、砲と混載しました。
駆逐艦2隻はソナー持たせて、敵潜水艦の雷撃対策と対潜を兼ねて。


E6_1_shien
第6海域、第一段階目の支援編成。
支援は道中のみ。
砲撃支援の2艦隊を交互に使ってました。
メンツは今までと変わらず。


E6_1_kitikoukuu
第6海域、第一段階目の基地航空隊編成。
第一部隊は対潜。第二、第三部隊は全機陸攻でボスへ。
後半は第二部隊をボス前とボスに振り分けたりしていました。
ボス前が結構熱いので…。


さて、ラスボスが出現しましたが、ここでギミックを解除しましょう。
この段階のギミックを解除すると、新ルートの解放と特効強化が行われます。
例によって、難易度によって必要工数は増えますが、難易度「丙」でやっているので、少なくて済みます。
輸送作戦のボスで勝利する事、それから、マップ北東にいる空母棲姫改に勝利する事。
これで解除。
難易度上がると、空母棲姫改に2回勝つとか、ラスボス前の艦隊に勝つとか、基地空襲において制空権を「航空優勢」以上取るとか、複数の空襲戦で制空権を「航空優勢」以上取るとか条件増えます。


19_autumn_winter_e6_2_1
取り敢えず、輸送ボスに勝利しに行きました。
第二段階目に入ると、輸送ボスに辿り着くには通常艦隊か連合艦隊の輸送護衛部隊かでしか辿り着きません。
編成は大きく変えず、輸送護衛部隊で向かいます。
輸送護衛部隊で全艦速力が「高速」なので、ルートはよりブーゲンビル島寄りに変化。
潜水艦を無視して向かう事ができました。


19_autumn_winter_e6_2_senkansuikikai_kai
輸送ボスが戦艦 戦艦水鬼改-壊に変化していましたがね…。


19_autumn_winter_e6_2_2
編成も変化。
ネ級が1隻elite化している反面、輸送ワ級が入っている等、純粋に強化されている訳ではありませんでした。


19_autumn_winter_e6_2_3
という事で、撃破。
本当は旗艦残しの勝利でも条件は満たすんだけど、折角なので…。


E6_2_gimikku_kouryaku1
ギミック解除編成。

第一艦隊の文月をより耐久力の高い白露に変更。
駆逐艦は輸送装備を下ろして、主砲と電探で固めています。
輸送作戦ではドラム缶を積んでいた熊野も水偵を搭載。
第二艦隊はメンツも順番も変えていません。
装備は雪風のみ変更。
対潜戦がなくなったので、魚雷カットイン仕様に変えています。


E6_2_gimikku_kitikoukuu1
ギミック解除基地航空隊編成。
こちらも対潜の必要がないので、第一部隊を艦攻と陸攻の混成部隊に。
…陸攻の数が足りなくてな。。
第一部隊、第三部隊はボスに、第二部隊はボス前に向けています。

続いて、もう一つの解除ポイントへ。

19_autumn_winter_e6_2_4
ブーゲンビル島のエンプレス・オーガスタ湾沖で北東に針路を取り、ブーゲンビル島とショートランド島の間を抜けます。
フォーロ島やオーバウ島を抜けた所で対潜戦があり、その後北上。
チョイスル島北方を東に向かって進み、目的のポイントへ。


19_autumn_winter_e6_2_5
空母棲姫改率いる機動部隊と戦います。
相手の制空値は高いですが、基地航空隊も交えて制空優勢に持っていけます。


19_autumn_winter_e6_2_6
夜戦までもつれ込みましたが、勝利。


19_autumn_winter_e6_2_7
これでルートが開放されました。
サンタイザベル島沿いに進む新たなルートが出現。

これだけですが…1戦回避できます。


E6_2_gimikku_kouryaku2
対機動部隊版ギミック解除編成。

連合艦隊の空母機動部隊でのみ到達可能です。
第一艦隊はネルソンを旗艦に、第3、第5に戦艦と航巡を置いたネルソンタッチ編成。
ネルソンは機関を積む事で高速化。
これにより、ブーゲンビル島寄りルートを通る事が可能となります。
空母は装甲空母の2隻に空母カットイン仕様を採用。
ルート固定の為に、空母3隻ではなく、水戦満載の水上機母艦を1隻入れています。

第二艦隊は阿武隈の他、高速戦艦、航巡、雷巡、駆逐2隻で構成。
戦艦はスタンダードな構成、航巡には熟練整備員を積んで火力の底上げを図っています。
雷巡は運があまり高くない大井なので、連撃仕様。
駆逐艦は綾波に魚雷カットイン構成、タシュケントは先制対潜と照明弾構成。
…対潜戦しなくて済んだけどね。


支援は道中支援を入れてあります。


E6_2_gimikku_kitikoukuu2
対機動部隊版ギミック解除用基地航空隊編成。
第一部隊を再び対潜仕様に。
第二第三は陸戦・艦戦2の陸攻2の編成で空母機動部隊に向けています。


このポイントにはまた後程行かなければならないようなので、またこの編成を組む事でしょう。


さて、いよいよラスボスへ挑みます。
連合艦隊は水上打撃部隊に組み直して…。

19_autumn_winter_e6_2_8
第一段階目と同じルートを辿り、最後は新しく開放したルートを通過。
ボス前の艦隊が重巡ネ級改2隻という中々重い編成なのが注意所ですね。


19_autumn_winter_e6_2_boukuuzyunseiki
ラスボスは沈没防空巡洋艦 防空巡棲姫。

名前通りの対空能力や火力はもとより、非常に硬いボス。
…まぁ、大体姫水鬼級はステータスに差はあれど、等しく高火力高耐久だけどね。

両腕の艤装は何モチーフだろう…コブダイ?
モチーフはこの海域の突破報酬にもなっている、アメリカの防空巡洋艦アトランタ。
第三次ソロモン海戦の乱戦で激しく損傷し、後に自沈しています。
下半身が人魚みたいになってるけど、暁の魚雷が機関室に命中こそすれ、特に後部や足回りを破壊された感じはないんだよね。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

ブルキナファソの古代製鉄遺跡群

2019年に登録された世界遺産シリーズ、お次はアフリカの世界遺産です!


2019年に登録された、ブルキナファソの世界文化遺産です。

紀元前1000年頃から16世紀頃までの約2500年間行われていた製鉄関連の世界遺産です。
ティウガ、ヤマネ、キンディボ、ベクイ、ドゥルーラにある製鉄関連施設、鉱山、鉱山町、墓地等の遺跡群が対象となっています。
それぞれの所在地は不明ですが、そのうちのベクイは西部に位置していそうです。
同国第二の都市、ボボディウラッソの北東辺り。
その他の4件に関しても、その周辺やブルキナファソ中部付近に点在しているのではないでしょうか。それ以上北に行くとサハラ砂漠ですし、南は森林地帯になるのでその間…サヘル地域周辺ではないかと。
5つの登録エリアに15の炉が残っているようで、その中には初期の炉である自然送風炉と呼ばれる、山を抜ける風を利用した高さ2~5mくらいの炉もあるとの事。
炉はその後発展し、煙突や送風装置を備えた半地下や地下構造のものになっていったんだとか。
また、紀元前8世紀頃のものとみられる石炭も発掘されており、酸化鉄から酸素を取り除く還元剤として使われていたのではないかと考えられているようです。
それが事実であれば、高度な製鉄技術を持っていた事になり、それを示す証拠として非常な貴重な発見と言えます。

「登録」を勧告した際、名称に国名を入れるよう合わせて勧告され、その通りになったようです。


これでアフリカの世界遺産シリーズは終わり。
1件だけでしたねぇ~。






さて、随分と遅くなってしまいましたが…年末の恒例行事、コミケ!!
仕事柄、元々コミケフル出撃はかなり無理しつつでしたが、近年は余計に厳しくなってきている感じに。
五輪前限定の4日間開催になってからは、フルはとてもじゃないが…。
GW開催の次回はどうなるだろう…GWはどっかで出勤する事になるんだろうけど、被らないと良いなぁ。

…という事で、今回は。
4日目は流石に大丈夫だだろうと慢心してましたら、見事に出勤になってしまいまして。
うーん…。


1日目!!
夜勤明けでの出撃です。
思いの外、仕事が忙しくて到着が9時頃に。
まぁ、1日目はそんなに急ぎでもなかったので、何とかなりそうでした。

19_c97_1_1
後光が差してますね、聖地・逆三角形…w


1日目のメインは西館。
19_c97_1_2
…おぉ、準備会のツイートの通り、いつの間にか西館2階にローソンが出来てる!
めっちゃ綺麗!!


19_c97_1_319_c97_1_4
西1‣2ホールの様子。
1日目は一番人が少なかった訳だけど、それでもこの混雑さ。


この後、ゾイド関係のツイッターのフォロワーさんと会って、色々お話しました。
…声優沼に手招きされておったw
グリーのゾイドのゲームで同じチーム組んで人ですね。

後、2日目に会う予定のフォロワー、しょぼん氏も合流。
…いや、いるって話したら呼び寄せてたw
しょぼん氏も元々はゾイド関係の知り合いで、グリーのゾイドのゲームで所属してたチームの隊長だったんだよね。

その後、解散になったので、しょぼん氏と2日目の話合い。
他愛のない会話から、2日目協力して回ろうかって話になりまして、その打ち合わせを…
する筈でしたが。

いつの間にかお互いの艦これの鎮守府を見せ合って色々話してた。


HTML5化されて良くなったのは、誰でも外でできる事だね。
自分の状況を相手に見せられるし。


19_c97_1_senri
1日目の戦利品。


19_c97_2_1
さて、2日目。
今までの3日目の要素が3日目と4日目に分割された関係上、2日目が最も重い日になりました。


19_c97_2_2
1日目よりは早い訳ですが、それでもこの待機列。
明らかに人が増えている…。


19_c97_2_3
五輪に向けて工事中の東館。
終わった後は元の姿に戻るらしいです。
付けっぱなしで良いのに…。。

年末だからか、工事も休みなのかな。
ひっそりとしていました。


2日目は西館で艦これがメイン。
前日の通り、しょぼん氏と協力して回りました。
…しかし、ゲームのアクティブユーザーがどれだけいるのかは分からないけど、こういうイベント事になると何処からこんなに湧いてくるんだろうってくらい人が多い。

そして、粗方終わった後、西1‣2に降りてFGOも軽く見ました。
やっぱ旬のコンテンツだけあって、人がやべぇ。
その帰り際、1‣2と3‣4を繋ぐスロープの辺りで大学の友人にバッタリ遭遇。
普段は関東圏に住んでいないから、殆ど会えないんだけど、元気そうでしたねぇ~。
彼ともまた飲んだりしながらゆっくり話たいですね。
因みに、もう一人の大学の友人は大手を周回しているらしく…相変わらず苦行しているなぁw


全て終了した後、しょぼん氏と合流して仕分け作業や発送等を。
それから、谷原さんと合流し、3人で飯を食いに行きました。


東京駅の八重洲口にある「つじ半」さん。
行列が絶えないという事らしく…15時頃行ったのに並んでました。
凄い。

19_c97_2_4_tsujihan
海鮮丼「竹」。

19_c97_2_5_tsujihan2
ある程度食べたら、お出汁を入れて頂く。
漬けを2枚程残しておいて、お出汁に入れるのがお勧めとの事で。


いやぁ、美味しかったなぁ~。


その後、喫茶店でお茶して整理だの色々お話だのをして解散しました。


19_c97_2_6
2日目の戦利品。
結局、FGOは1冊のみ。
時間もそんなになかったし、人も多かったので見て回るのは断念しました。


そして、3日目。
前日までとは打って変わって、曇り空。
雨もぽつぽつと降ったりしていました。

3日目と4日目は男性向けがある関係上、更に混雑する事が考えられましたが…大幅に出遅れたので、列が伸びているという情報があったらしく。
雨の中の移動等も考えて、先に企業に行っておく事に。
待機列がたばこスペースの目の前にあったので、ちょっと辛かったですね…。

入場自体はそこそこ早く、のんびりと企業を巡りました。
ある程度見て回ったら、同人スペースの方へ。
無料のシャトルバスを利用して向かいます。

19_c97_3_1_fuel_cell_bus
降りた先に水素燃料バスが…!!
トヨタの「SORA」かなぁ。

縁があったら、乗ってみたいね。


19_c97_3_2
南館から埠頭を見ると、今日は帆船が停泊していました。


19_c97_3_3
買い物も終わったので、レストランで薬膳カレー。
…最近、コミケの度にこのレストランで薬膳カレー食べてるな。。


19_c97_3_4
更に、甘味食べたかったので、サイゼリア行って食べてきました。
プリンとメリンガータの盛り合わせ!
…その前に、半熟卵のミラノ風ドリアも食べているんだけどね。


19_c97_3_5
曇り空と逆三角形。
閉場までいて、拍手して帰りました。
これにて、今年のコミケは終了です…。タブンネ!!


19_c97_3_senri
3日目の戦利品。
本は結局マウンテン本だけでしたw

企業でお茶買ったり、SUPER GTに参戦しているPACIFIC RACING TEAMのブースで福引チャレンジしたりしました。


19_c97
そういえば、コミケ参戦初、待機列の先頭になったので、その記念。


19_c97_4_senri
それから、4日目の戦利品。
頼んでたやつね。
後、サイン入り色紙!


さて、またGWに…。






艦これの新規晴れ着グラ。
20_1_1_kazagumo
風雲。

20_1_1_hiei
比叡改二。
比叡は改二丙の実装がアナウンスされています。

20_1_1_akagi
赤城。
うちの赤城はまだ改二改装してない状態。
加賀さんと合わせてやりたいなぁ…(尚、設計図)




っつー訳で!
出来心で応募してみたら当たった、鎮守府New Year Live!2020!!

場所は横浜市西区はみなとみらい、パシフィコ横浜の国立大ホール!!
当たる訳ねーわな、ははーん…とか思いながら、昼の部・夜の部共に応募してたら、夜の部当たりまして!!
1/3に行ってきました!!
つまり、昨日ですが!!

艦これ的には昼戦の部、夜戦の部で、MCの藤田咲さん(野水伊織さんも?)的には昼は砲戦の部でしたね。


Chinjufu_new_year_live_2020_1
…という訳で、パシフィコ横浜からの眺め。
ぷかりさん橋。

無謀にも、物販に並んでみる事にしたのです。
探照灯…もとい、オタク棒…もとい、ペンライトないので。
他にも予約チャレンジ失敗したCDやらボクカワウソぬいぐるみやらありましたので!!

物販開始が9時から…という事で、それに合わせて行ってみるも、既に長蛇の列。
先が…見えない…w
取り敢えず、4列に並んで待機…そして、スタッフさん少ないのか、特に前触れもなく列移動開始。
階段を下りて、建物沿いにまで至ると、急に2列…そして1列へ。
物販入場口近くなると、スタッフさんの指示により再び2列。
中々目まぐるしいです。
屋内に入っても、めっちゃ蛇行してて列凄かったわ。

そして、このタイミングで探照灯が…完売…なんて事…。
CDはとっくに売り切れていたみたいね…。

無事、物販購入まで到達。
ざっと3時間くらいだったかな。


Chinjufu_new_year_live_2020_3Chinjufu_new_year_live_2020_2
物販入場口付近で艦娘遊撃隊登場。
遠目からですが…。
春雨、夕立、神通、那珂、今回から初参加の大淀。
霧島と榛名はいないみたいでした。

那珂ちゃんめちゃめちゃアイドルっぽかった。


Chinjufu_new_year_live_2020_4
Chinjufu_new_year_live_2020_5Chinjufu_new_year_live_2020_6
屋内に展示されていた、物販の品々。
ボクカワウソTシャツ、てっきり原作Ver.かと思ってたら、違った…www
これはこれで狂気…www


嫁と合流して、一時離脱。
コラボカレーとかたい焼きとかの出張販売やってたけど、そっちも列やべーうえに、物販終わった後だとほぼ残りも少なかったみたいなので、今回はなし。
店舗で食べれると良いなぁ…。


Chinjufu_new_year_live_2020_7
久々に見た、船の帆型ホテル、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル。
5つ星ホテルやで…。

「ゴジラVSモスラ」の最終決戦の地になったみなとみらい。


一時、新横浜に移動し、ラーメン博物館へ。
こちらも超久々です。
数十年振りかな…。

お昼時だった事もあってか、めっちゃ混んでました!
一番長い店舗で90分待ち、60分待ちが多かったですね。

そんな中で選んだのが、
Chinjufu_new_year_live_2020_8_ryus_noodl
麺や颯 RYUS NOODLE BAR。
カナダで開いているお店らしく、鶏白湯ベースに野菜ポタージュを合わせたラーメンだそうです。
俺は「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」の「特製」にトリュフオイルをトッピングで。
もう一つ、メイプルバターがついています。

組み合わせ的に非常にドロッとした濃厚なスープ。
味噌も加わっているから、更にドロッとした感じになっているんじゃないかと思います。
美味しいです!

メイプルバターはふんわりとメイプルの香りが漂うバター。
味噌にバターが合わない筈もなく。
スープに溶かすと、メイプル感は薄くなるかなって感じですが(そもそも味の濃い味噌だしね)、しっかり味変されますね。
トリュフオイルも入れると、濃厚なスープに油が混ざる事によって、サラっと行けるようになりました。
こちらのオイルも味が付いているオイルなので、味変になりますね。
3段階変化のラーメンでした!

嫁はスタンダードな「RYUS 鶏白湯塩ラーメン」。
味噌入りとは異なる、味わい。
塩味なので、よりはっきりと鶏野菜スープが感じられます。
そして、塩味なれど、ベースがこれなので、やっぱりこっちも濃厚ドロッと系スープ。
でも、やっぱりあっさりはしてましたねぇ。


昼食後、暫くぶらぶらとしてから、再びみなとみらいへ。


Chinjufu_new_year_live_2020_9Chinjufu_new_year_live_2020_10
夕暮れ時のみなとみらい。
1月なので、まだまだ日が暮れるのは早いですね。


Chinjufu_new_year_live_2020_11
ぷかりさん橋、新港埠頭方面。


Chinjufu_new_year_live_2020_12
半月とヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテル。


様子を見に行ってみると、入場待機列は長蛇の列。
まだ開場前でしたし。

そこで、ちょっとぶらぶらする事に。

Chinjufu_new_year_live_2020_13
ランドマークタワー、ヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテルと共にみなとみらいの象徴の一つ、観覧車…コスモクロック21。
数年前、12月の雨降る中、嫁と中華街やこの近辺を巡った時は時期もあってお客さん多くて乗れませんでした。


Chinjufu_new_year_live_2020_14
Chinjufu_new_year_live_2020_15
ヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテルをぐるり。


Chinjufu_new_year_live_2020_16
ランドマークタワー。
ここも随分と登ってないなぁ…。

家族でここでカニ食ったの、今でも覚えてる。


帰ってくると、余計に列は伸びてましたw
流石に入場に時間かかりそうだったし、並ぶ。
すっかり日も暮れていたなぁ…。

開場時間過ぎてちょっとすると、ザクザク列が流れ始めました。
本人確認有って聞いてたけど、これって割と流れ作業なのでは…とか思ってましたが。
ちゃんと本人確認あったわw

Chinjufu_new_year_live_2020_17Chinjufu_new_year_live_2020_18
入場してすぐに、展示スペース。

ゲーセンのブライズや一番くじの景品の試製品。
めっちゃ人いたのでちゃんと見れなかったけどね…。
時雨の水着モード胸像?とか、鈴谷とポーラの水着モードとか、由良の私服モードとかあるっぽい。
ポーラの水着モード良いなぁ…。
奴は何処行ってもどんな格好してても酒にしか目がなさそうだけど。

ボクカワウソのなりきりパーカーとかかな…ボクカワウソの快進撃は2020年も止まらなそうです…w


展示品ちゃんと見れそうになかったので、サクッと席の場所へ。
場所は2階の割と前の方。
普通にステージ見られましたね…ステージ後ろのスクリーンに映るけど、双眼鏡とかオペラグラスの類はあると便利だったかなとは思った。

以下、感想。
こういったライブは特に円盤化する事ないし、もう終わったから伏せたりしなくて良いや。
…いやぁ、凄かった!!
こういったライブは職場の友人と行った、花澤香菜さんのライブ以来なんだけど…大盛り上がりでしたね!
ゲストがガチなので、めちゃめちゃ凄かった。
会場内が暑かったわwww


・諸注意を翔鶴姉がアナウンス
・途中で入った声援に応える翔鶴姉…こういう機転が利くの凄い…
・しかし、その後で噛む翔鶴姉…可愛い
・お正月らしく、初めに「一月一日」から入る(一般の人も分かるしね!)
・続いて、「迎春の鎮守府」(一部のお正月系家具を設置すると聞ける母港BGM)
・MCがキャラの声やってくれるのゲーム系ライブの醍醐味か
・メインMCが藤田咲さん(扶桑か山城の晴れ着modeかな?/紹介は航空戦艦山城・扶桑)、野水伊織さん(晴れ着/紹介は軽巡鬼怒・阿武隈)の2人
・キャストはタニベユミさん(時雨/紹介は駆逐艦時雨・白露)、内田秀さん(ウォースパイト/紹介は戦艦ウォースパイト・軽巡パース)、宮川若菜さん(朝潮/紹介は駆逐艦朝潮・満潮)、森山由梨佳さん(平戸/紹介は海防艦平戸・駆逐艦グレカーレ)で総勢6名
・照れて「三十路越えてますが…」とか口走る藤田さん
・一瞬で山城から扶桑にスイッチしてコメントする藤田さん、やっぱ声優さん凄い…
・晴れ着の帯が昼の時とは違うらしい
・回ってー!!
・日本語の部分で噛み噛みの内田さん(周りにめっちゃ心配される)
・海防艦「平戸」コスの森山さんは今回初登壇(グレカーレも平戸も迎えられてないんだよなぁ…)
・森山さん、衣装チェックと称して先輩艦娘のセクハラを受ける
・アブルッツィもやっている事から、ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィも紹介する森山さんに対して、もう一度とリピートを要求する先輩艦娘w
・内田さん、海外艦勢の他、海防艦「御蔵」の声も担当
・内田さん、海防艦(御蔵?)の衣装で登壇したらって話に
・速攻で「いつでも準備できてます」とか言っちゃったので、これは次回イベントでのフラグが立った感じだな…
・ネルソンタッチ(意味深
・流石に晴れ着でライブに来ている人はいなかった模様…
・バンド担当の1MYBがかっこいい!!
・ドラマーのハイパー北上様めっちゃかっこいいわ…www
・専用カメラでちらちら映る
・キーボードの大和さんもめっちゃクールに弾きこなしていてヤバい
・「佐世保の時雨」を熱唱する時雨コスのタニベさんの両隣でベースの磯風とギターの睦月?が弾いてる構図カッコよかった。
・艦娘和太鼓隊の日向と最上カッコよかったなぁ
・タニベさんの1曲目は呉氏の持ち歌「君呉ハート」
・生みの親である内田さんと宮川さんがボクカワウソとキリン改二丙を連れてくる
・キリンっぽさがなくなるのを代償に、二足歩行になったキリン改二丙
・やったねキリン改二ちゃん!これでバンバンイベントに参加できるね!!(改二丙に改装されたのって、大人の事情…)
・ボクカワウソ遠目から見ると可愛い
・めっちゃキレッキレに踊りまくる呉氏(遠い所からお疲れ様です!)
・森山さんに平戸の声で「拾ってください…」なんて言われたら、平戸掘り諦める訳には行かないよなぁ!!
・尚、まだイベント完走していない模様
・あるあるがマジでプレイヤーあるあるになっている
・つか、最上と三隈に言及してるって事は、今イベントでの出来事だな…?
・声優かくし芸始まった
・テーブルクロス引き…と称した新春お祝い行事だな、これ
・ウワモノが鏡餅なもんで、しっかりテーブルに接地してるから、テーブルクロス引き成功させるのめっちゃムズいやつ
・「成功したことは…ありません!」…そりゃそうよ
・カレー機関の話(2回あった予約チャレンジ失敗したんだよねぇ…)
・ここに来て、席増設の話が
・…年内の何処かでって話したな?
・って事は、何処かでワンチャン行けそう!
・食洗器使用しつつ裏方で皿洗いしてるタニベさん…
・3年目に突入した無良提督
・すっかり大人気!
・一度退場してそれっきりかと思ったら、ちゃんと出てきました!
・あのせっまい舞台で踊りを披露するの、やっぱプロスケーターって感じで凄かったなぁ…
・翔鶴姉の後ろで披露する踊り…無良提督は動くから決して交わらないんだけど、シンクロしてるみたいで良かったなぁ
・無良提督とは今年も色々と企画してるそうで
・86のレースに出たりしてるし、将来的にSUPER GTのGT300とかに86で出たりしないかなぁ…
・Toshl提督(龍玄とし提督)、2年目
・声量半端ない…迫力凄い…これが…これがX JAPANのボーカル…熱い!!
・このライブの為に新曲引っ提げてくるの凄い
・尚、Toshlのlはiじゃなくて、Lの小文字
・黄色い声援できる?ピンクの声援は?の下りはToshlさんのライブの定番らしい!
・高崎晃さん(LOUDNESS)
・ヘビメタバンド、LOUDNESSの中心的なギタリスト
・こちらも人気のバンドみたいですね!
・濃緑のエレキがくっそかっこいい
・いやぁ…演奏がめっちゃかっこいいわ…
・そんな高崎さんとばちくそにやり合う和笛の玉置ひかりさん
・ギターに負けない熱い演奏だ…これ、玉置さんがホンマモンのシークレットゲストでは??
・晴れ着で「二羽鶴」熱唱する野水さんカッコよかったなぁ
・タニベさんのトランペットで「渚を越えて」を熱唱する野水さんもカッコよかったわ…!!
・艦娘遊撃隊のダンスがキレッキレで良かったです!!
・内容的には深海側の沈メタルが多いんだけど、これまたライブとの相性ばっちりなんだよな
・おっ、礼号作戦のボスBGMだ!!これ好きなんだよねぇ~!
・内田さん、宮川さん、森山さんで「鎮守府の朝」
・「月夜海」歌った後、感極まってMC不能になる藤田さん
・最後のキャスト紹介で高崎さんだけ紹介されなかったのって、もしかして既に会場を後にして移動してたから?
・終了後のアナウンス関係
・サンリオとC2機関コラボ2月中って意外とはえぇな
・大越さんメジャーデビューへ。誰への楽曲提供かは後日…
・新たな艦これアニメのキービジュアル(時雨・山城・満潮と長袖矢矧・時雨・北上様)
・艦アケの期間限定海域告知。アーケードにもあの防空棲姫が降臨…。
・お前のような駆逐艦がいるか!がアーケードに…
・1MYBのライブが東京、大阪、福岡で

…いやぁ、楽しかったねぇ~。


Chinjufu_new_year_live_2020_25
物販で買ったやつ。
嫁が欲しがった、ボクカワウソTシャツ。
ボクカワウソぬいぐるみ。
1MYBペンライト。

ペンライトは探照灯ゲットできなかったので、代わりにライブ用に購入。
大いに役に立ってくれました。
…振ってる最中にボタン押してライトの色が変わる事が数回ありましたがw


尚、こちらは年末に届いた、オンライン再販のキリン改二ぐるみ。
Kirin_kaini






続きからコメント返信!!

続きを読む "ブルキナファソの古代製鉄遺跡群"

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

プスコフ建築派の聖堂群

2019年に登録された、ロシアの世界文化遺産です。
ロシア西部の都市、プスコフにある12世紀から15世紀頃の建物・史跡が登録されています。
プスコフはエストニア・ラトビア・ベラルーシに接するプスコフ州の州都で、ロシアでも特に古い歴史を持つ都市の一つとされています。
ヴェリカヤ川沿いに6世紀頃から建設され始め、中世においては、ハンザ都市とのバルト海貿易で繁栄したようです。

今回登録されたのは、プスコフ建築派の教会、聖堂、修道院、要塞塔、行政施設等、17件。
聖堂群は立方体の形状、ドーム、張り出し屋根付きの玄関、鐘楼が特徴なのだとかで、最も古いものは12世紀に建築されたもののようです。
尚、教会と聖堂は庭園や外壁、フェンス等によって、自然環境と一体になるように設計されているんだとか。
因みに、プスコフ建築派は14世紀に創建されたプスコフ建築学校において、ビザンツ様式とノヴゴロドの伝統による影響を受けつつ生まれた建築様式のようで、最盛期は15世紀から16世紀頃。
ロシアで最先端の建築様式と位置付けられ、その後5世紀に渡ってロシアにおける建築様式の発展に影響を与えていたそうです。

構成資産は救世主変容大聖堂、スパソ・ミロシュスキー修道院、城塞クレムリン等。
また、クレムリ複合体:至聖三者大聖堂はプスコフ建築派が黄金時代を迎えた16~17世紀頃に再建されたものの一つのようです。

当初、18件が推薦されていましたが、プスコフ派の宗教建築の10件のみがイコモスによって「登録」勧告を出されていました。
それに伴い、登録名も当初の「古都プスコフの記念物群」から「プスコフ建築派の聖堂群」に変更するべきだとしていました。
その勧告に沿った形で登録されたようですが、構成資産を見ると、17件はあるんだよなぁ…。


これで、2019年に登録された、ヨーロッパの世界遺産シリーズは終わり。







という事で、あけましておめでとうございます!!
本年も宜しくお願い致します!!

中々更新頻度も下がってきた昨今ですが…毎年の事だけど、色々やっていきたいという気持ちは持っておこうと思います!(
色々溜まってるしね!!







…という事で、お船の秋冬イベント。
第4海域目です。

史実のバタビア沖海戦をイメージした海域です。
スラバヤ沖海戦後に起こった海戦で、インドネシア・ジャワ島のバンタム湾で発生しました。
内容的には、スラバヤ沖海戦後に退避しようとした連合軍のオーストラリア軽巡「パース」とアメリカ重巡「ヒューストン」を、上陸作戦中だった日本軍水雷戦隊が迎撃・連合軍側の2隻が撃沈されたというもの。

さて、この海域は2段階作戦です。
まずは輸送作戦。
その後、敵艦を撃滅する作戦へと移行します。


その第1段階目、輸送作戦です。
これは史実の上陸作戦にあたりますね。

19_autumn_winter_e4_1_1
ジャワ海の北方、ブリトゥン島の北部海域からスタートし、スマトラ島沖を南下。
ジャワ島のバンタムかジャカルタ付近で輸送装備を荷下ろしした後、シアシム湾とかエレッタン湾の沖合を目指します。

因みに、ブリトゥン島北部からスタートできるのは輸送護衛部隊の他、水上打撃部隊。
空母機動部隊では右側のカリマンタン島とスラウェシ島の間、マカッサル海峡からのスタートになります。
尚、基地航空隊はカリマンタン島のバリクパパン近郊のようですね。
バリクパパンの海沿いには国際空港のスルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港がありますが…。


ボスは重巡棲姫改ですが、随伴艦もそんなに強い訳ではないので、輸送作戦自体は成功させやすいです。
しっかり整えてあげたら、夜戦まで行ってボス含む全艦撃破も可能ですね。


19_autumn_winter_e4_1_2
…という事で、輸送作戦完了!
僅か3回くらいで終わったわ…w


19_autumn_winter_e4_1_3
第2段階へ移行します。
出てきたのは…スマトラ島とジャワ島の間、スンダ海峡を越えた先ですかね。
ジャワ島の西の端にあるパナイタン島の沖合ですかね。
スンダ海峡を通るルート上にクラカタウ島があるな…?
活発な火山のある島だ。


E4_kouryaku1
第1段階目の攻略艦隊編成。
連合艦隊で行きましたが、輸送護衛部隊なので、駆逐艦主体。
第1艦隊の旗艦は三隈にお願いしました。
輸送護衛という関係上、一応道中で大破した時の為に司令部を載せたけど…大丈夫だったわ。
水戦積んで、重巡が連撃できるようにしておきました。
名取は特効持ちなので、一応副砲積んでみましたが、後は特効を持つ吹雪や暁も含めて全部輸送装備にしています。

第2艦隊は道中の潜水艦対策に先制対潜艦を2隻用意。
どちらもアメリカ艦ですね…。
特効を持つ由良、叢雲、最上を編成。残りの重巡枠にプリンツを入れました。
由良には何で副砲積んでたんだっけな…。
プリンツと最上に夜戦用装備を持たせて、夜戦で旗艦撃破を狙っているのがありありと分かりますねw
最上に艦載機整備員積んでいるのは、火力を上げる為。


E4_shien1
支援艦隊編成。
道中・ボス共に砲撃支援。
輸送護衛部隊なので、道中もしっかり入れました。
決戦は入れなくても勝てますが、入れるとよりボス撃破も楽になる。


E4_kitikoukuu1
基地航空隊編成。
2部隊共全て陸攻にし、全隊ボスへ向けています。


さて、第2段階目。
スンダ海峡の先に出現した敵艦隊を撃破しに行きます。

19_autumn_winter_e4_2_119_autumn_winter_e4_2_2
今度はルートが変わり、ジャワ海の東側寄りを通過。
ジャワ島のインドラマユ近郊にある半島辺りに寄り、その後再びジャワ海へ。
その後、スマトラ島方面に向かい、第1段階のルートに合流。
上陸地点を過ぎてスンダ海峡を通り、ボス艦隊の元へと進みます。


19_autumn_winter_e4_2_bataviaoki_seiki
ボスは合同艦隊沈没巡洋艦
バタビア沖棲姫。
バタビア沖海戦において沈んだパースとヒューストンをモチーフとした深海棲艦ですね。
尚、この2艦に遅れて出発したオランダ駆逐艦エベェルトセンは入ってない模様。
海戦を見て、回避したものの、後に日本軍駆逐隊に発見されて損傷の後、座礁。
後に叢雲がによって発見され、調査の後に爆発が起きて沈没したとか。

特徴的なのが艤装の一部となっているアンモナイト…いや、オウムガイかな。
確か、東南アジアに生息していた筈だ。
話し方的にもデザイン的にも良いねぇw

撃沈された巡洋艦を元にしているからか、既に服が破れていますね。
オウムガイがデザインに入っているのもあってか、非常に硬いボスとなっています。


19_autumn_winter_e4_2_houston
ボス攻略中に新規艦のドロップ!!
Northamotpn級重巡5番艦Houston!!
ノーザンプトン級のヒューストンだ!!
この海戦で沈んだ重巡です。
アメリカ・イギリス・オランダ・オーストラリアによる合同艦隊、ABDA艦隊の中核戦力でした。
スラバヤ沖海戦ではパースを失った後、最上・三隈の重巡2隻を含む日本の艦隊と交戦を継続。
数多くの砲撃・雷撃を受けても長らく持ちこたえていましたが、駆逐艦「敷波」の雷撃がトドメとなり、沈没しました。


さて、ボスの方は…難易度を落としたからか、割と順調に撃破できていますね。
これ、最終形態次第だけど、ギミック解除しなくても良いかもしれん…。


19_autumn_winter_e4_2_bataviaoki_seiki_k
…という事で、ボスの最終形態です。
合同艦隊沈没巡洋艦
バタビア沖棲姫-壊。

オウムガイに変化はなし、本体の表情と一部の装飾に変化がありますね。
表情、本気モードって感じですね。


19_autumn_winter_e4_2_3
…という訳で、撃沈成功!

装甲破砕ギミックあったんだけど、やらずにクリアしました。
難易度「乙」でも最終形態となると重巡棲姫改が随伴してくるのね。
丁度友軍艦隊が到着したのもあったなぁ。


19_autumn_winter_e4_2_8inch_3rensouhou_m
突破報酬、8inch三連装砲 Mk.9 ★+2
装備改修+2のついた中口径砲です。
ヒューストンの初期装備砲なので、ノーザンプトン級の砲という事になりますね。
…しかし、何故回避が下がっているのか。


19_autumn_winter_e4_2_shinsyumaru
突破報酬、揚陸艦 神州丸!
しんしゅうまる。
あきつ丸に続く、陸軍の特種船です。
陸軍の虎の子であった為、存在を秘匿しようとR1、GL、MT、龍城丸等と色々な呼ばれ方をしていたようだ。

バタビア沖海戦において、他の掃海艇や輸送船、病院船が砲雷撃戦の最中に魚雷攻撃を受けて撃沈されたり、大破。
そして、神州丸も魚雷により大破着底。
後に、この魚雷は最上の放ったものである事が判明してたりする。

その後、サルベージされて修理を受け、戦線復帰。
その後、数多くの輸送作戦に従事した後、フィリピン・ルソン島から福岡の門司に向かう途中、台湾と中国の間でアメリカ空母ホーネットの艦載機による空襲に遭い、大破・放棄。
漂流中にアメリカ潜水艦アスプロにより、台湾・高雄沖で撃沈されています。


19_autumn_winter_e4_clear19_autumn_winter_clear1
バタビア沖海戦を制し、南方作戦成功しました!
次は拡張作戦です。


19_autumn_winter_result2
…という事で、第4海域は難易度「乙」でクリア。


E4_2_kouryaku
攻略編成。
軽空母2隻に戦艦1隻を加えた水上打撃部隊です。
軽空母には特効艦の龍驤。
残りは瑞鳳と榛名にしました。
軽空母2隻を入れることで、ボス前の空襲戦を楽に…ついでに、ボス戦も楽に…。
重巡枠にプリンツを続投、軽巡は特効艦の名取です。
そして、明石か秋津洲を入れるとルートをある程度楽にしつつ軽空母2隻と戦艦1隻入れられるという事なので、明石を投入。
装備は対空カットインに応急修理を入れていましたが、殆ど使わなそうだったので、途中から機銃に変えています。

第二艦隊は特効艦の由良と吹雪の他、フィニッシャーとして最上と三隈です。
それぞれ、連撃仕様にしつつできるだけ火力を上げるようにしました。
由良には連撃と先制雷撃を維持しつつ夜戦用の照明弾を持たせています。吹雪は対空カットイン+夜戦連撃。
その他、第1段階目でも使った対潜要員を継続して起用しています。


E4_2_shien
支援艦隊編成。
ボスは砲撃支援、道中は対潜航空支援です。
本隊に先制対潜艦を2艦用意しているとは言え、相手の頭数的にちょっと厳しいので、対潜支援としています。
道中の対水上艦戦に防空軽巡ツ級がいるので、大体は雲龍型の第4スロットは全滅してますが…。


E4_2_kitikoukuu
基地航空隊編成。
第1部隊を陸戦1、陸攻3に変更し、2部隊共にボスへ向けています。
最終形態以外は敵編成に空母系がいなかったので、オール陸攻でも良かった気がしますが…。


さて、次は拡張作戦。
その第5海域目です。
作戦名に「哨戒戦」と入っているので、割と行けそうに思えますが、かなり激しそうな海域です…。
この海域も2段階の作戦で成り立っていますが、どちらも敵艦隊の撃滅を目的としてます。
第1段階目は対潜哨戒で、第2段階目は敵機動部隊を撃破します。


19_autumn_winter_e5_1_1
まずは第1段階目。
これまでのインドネシア付近での作戦とは異なり、今度はフィリピンです。
フィリピン南部の島、ミンダナオ島沖が舞台。

ミンダナオ島東部のダバオ湾付近がスタート地点。
尚、これは通常艦隊・輸送護衛部隊でのみ。水上打撃部隊・空母機動部隊では島の南部、モロ湾付近からのスタートとなっています。
基地航空隊はダバオ付近にあるようですね。
太平洋上に出て、ぐるっと回ってインドネシアのモロタイ島北西沖へ。
ここでボスと戦います。


19_autumn_winter_e5_1_sensuiseikikai
ボスは司令潜水艦 潜水棲姫改。
重巡棲姫改と同じく、改良された潜水棲姫です。
通常版と比べると…重巡棲姫改と同じような角が生えており、その他艤装の鯨や魚雷鯨がひび割れてたりしてますね。
元々性格がクレイジーな感じでしたが、更にクレイジーになってますw


この海域、最短ルートで行くと、ボス含めて4戦ですが、かなりやりにくい海域です。
道中は潜水新棲姫を含む対潜戦、その後、水上艦戦が2戦続き、ボスとなります。
道中の対潜戦は本体と基地航空隊の対潜部隊で楽に突破できますが、その後の水上艦戦は警戒陣で突破すると被害が少ない傾向にある模様。
警戒陣でも当たる時は当たるので、油断は禁物です…。
そして、ボスも随伴に潜水艦2隻の他、水上艦が3隻いるという混成艦隊。
水上艦は割と曲者の艦で構成されているので、こちらの対潜要員を潰される前…開幕までに無力化した所。
元気な状態で残すと、昼戦で砲撃が飛んできて結構危険なうえに、航空戦艦も装備次第では対潜を優先するので、昼の間放置状態になるオマケつき。
排除できれば、潜水棲姫改の先制雷撃は飛んでくるものの、割と有利になります。


19_autumn_winter_e5_1_sensuiseikikai_kai
こちら、最終形態。
司令潜水艦 潜水棲姫改-壊。
艤装鯨の艦首魚雷発射孔の発光が青くなった他、艤装鯨や魚雷鯨の目の発光が強くなっています。
また、本体の右腕が見えるようになっていますね…何やら、やる気満々のようです。


19_autumn_winter_e5_1_2
水上艦含めて撃沈しました!
突破後の科白、今までクレイジーな感じだったのに、急にスンって正気になったみたいな事言うの好き。


19_autumn_winter_e5_1_3
ルート増えて、第2段階目へ。
ボスは…敵機動部隊はインドネシアのワイゲオ島北方沖のようですね…。
ワイゲオ島、ニューギニア島の象の鼻みたいなとこの先端に位置しています。


E5_1_kouryaku
攻略編成。
通常艦隊編成です。
輸送護衛部隊か通常艦隊で攻略できるのですが、輸送護衛だと頭数が多い反面、道中の水上艦戦での大破率が高そうなので…。
道中支援必須ですし。
通常艦隊ではボスで1巡しかしないので、航空戦艦を編成。
特効を持つ扶桑さんです。瑞雲を積んで、制空取るやつです。
最大スロに入れて、道中の航空戦及びツ級の対空砲火、ボスでのツ級による対空砲火対策に。
1度も全滅しなかったっすね。
開幕航空戦で攻撃するので、ボスの随伴水上艦潰しにも有用だった…筈。
軽空母枠にこれまた特効を持つ隼鷹さん。
隼鷹さんいたから、道中の水上艦戦は割と安定してました。
…何度か道中で大破撤退してるけど。

駆逐艦も特効艦で固めています。
道中の軽空母対策で浜風には対空カットイン仕様、その他の駆逐艦には対潜装備。
時雨とヴェールヌイは基礎的な対潜値が高いので、割と良い感じになるのですが、風雲はそこまで高くないので、報酬で貰った対潜+15のソナーを。
…つっても、ヴェールヌイはソナー・爆雷・爆雷投射機の3種シナジー載せられなかったけどね。


支援は道中・ボス共になし。
最終でも入れませんでした。
道中は水上艦戦を警戒陣で抜ける関係上、支援砲撃の命中率が悪い事。
対潜航空支援は敵軽空母やツ級がいるので、航空機の被害が大きく、撃破もしづらいと思ったので。
ボスも対潜陣形である単横陣を使うので、これまた支援砲撃の命中率が悪く…。


E5_1_kitikoukuu
基地航空隊編成。
東海足らない。
第1部隊を対潜部隊にして、1戦目の潜水新棲姫率いる潜水艦隊への攻撃に向けています。
第2部隊は陸攻で固めて、ボスへ。随伴水上艦を潰しにかかるやつです。
ボスの水上艦は高耐久・高回避の艦が揃っていますが、基地航空隊と開幕航空攻撃でできるだけ排除を狙いました。
3隻しかいないから、ある程度ターゲットも絞られてくるしね。
まぁ、対潜仕様の駆逐艦でも、特効持ちだから割と当たるとダメージ与えられるんだけど。


さて、仕事だのコミケ準備及び本番だのでちょっと間が空いちゃってるんだけど、第2段階目へ。
イベント終了は後約2週間だ…。
これ、終わるのかな…?!

| | コメント (1)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »