« フランス領南方地域の陸と海 | トップページ | ブラガのボン・ジェズス・ド・モンテ聖域 »

2019年12月 6日 (金)

クシェミオンキの先史時代の縞状燧石採掘地域

2019年に登録された、ポーランドの世界文化遺産です。
おそらく、ポーランドの東部にある町、ルブリン付近に位置すると思われます。
…多分。
この辺りは縞状燧石(縞状フリント/striped flint)の産地で、紀元前3900年~紀元前1600年頃の新石器時代から青銅器時代にかけて採掘が行われていたそうです。
採掘された縞状燧石は主に斧の原料となっていたようだ。
因みに、縞状燧石は二酸化ケイ素を主成分とするチャートと呼ばれる堆積岩の一種との事。

本案件はKrzemionkiOpatowskie、Borownia、Koryciznaの3つの採掘場とGawroniecという集落が構成資産になっています。
それぞれの読みは…頑張れば読めるかも。
採掘場には地下坑道を含めた4000もの遺構が残っており、露天掘りの漏斗状採掘場もあるそうです。
これらの遺構が集落と共に先史時代における鉱山文化や、文化的景観を伝えるものであるとして評価されましたが、イコモスからは世界遺産エリアの範囲設定や管理面についての問題が指摘され、「情報照会」勧告となっていました。




某の小説後日談!

・航空機の乗り継ぎ順がサントリーニ→アテネ→ドバイ
・準備の良い道路のお兄さん
・珍しくシリアス
・存在しない町
・推理力のあるお兄さん
・すげーな?
・そういや、改編前のデータ、残ってるものなのね
・近所に墓地あるからって、ヘタレをダシに使おうとしたな
・悪い大人め!www
・梅とか蛇とか土砂崩れ
・都市伝説の解説明るい道路のお兄さん
・性悪ショタ野郎www
・怪奇現象が集って鍋パ
・この星マジで頭おかしくないですかwww
・ダムがキーポイント
・後追いでデータ消しに入るのね
・何とかなってしまう







…と、言う訳で。
まだポケモンやってますが、ここでお船のゲームの秋-冬イベが開始されていました。
冬イベとかまた別にありそうだけどね。

今回はなんと、中規模イベント…という中々の規模。
その海域数は6海域だそうで、ギミック等を入れると更に手数が多くなるんだろうなぁといった感じ。
大規模とかどうなっちゃうんだろうねって思いつつも…。

開始!
今回は南方作戦だそうで、今回はインドネシアから始まります。
第1海域から既に2段階作戦とか中々だな…。

19_autumn_winter_e1_1_1
始まりは「K」みたいな特徴的な形をしている島、スラウェシ島の南部、マカッサル。
このマカッサル沖、マカッサル海峡を南下し、フローレス海を縦断してバリ島へ向かいます。
上陸場所は中心都市のデンパサール辺りですかね。

…それにしても、集積地はたまたま上陸目標地点にいたにか、集積地がいたから上陸目標地点にしたのか。
いずれにせよ、燃やす気満々だったな。


今回、駆逐艦メインの少数の艦隊で挑むと楽にボスまで行けると聞いて、ボス編成次第で結構大変なのでは…とか思ってたんですが。

19_autumn_winter_e1_1_2
こんな感じでした。

いやぁ、確かに曲者編成なんだけど、対地装備で固めてると地上目標を攻撃する率が高くなるのか、割と集積地に攻撃が集中するんだよね…。


19_autumn_winter_e1_1_3
…という訳で、突破。
運が悪いと割かしボロボロにされがちだったけど、ストレートで突破です。


19_autumn_winter_e1_1_4
その先が出来ました。


E1_1_kouryaku
攻略編成。
朝潮、荒潮を含む第8駆逐隊に史実特効が乗るようだったので、第8駆逐隊で育っていた朝潮と荒潮を編成。
このうち、荒潮には強力な対地装備を積めるので、対地装備ガン積みした所、中破しても集積地に対して1000オーバーダメージを叩き出す無双状態。
また、第8駆逐隊は道中でも特効の乗った強火力で活躍していました。
…まぁ、トドメはマエストラーレちゃんだったんだけどね。
第8駆逐隊の残り2艦はあまり育てていなかったので、今回のイベントで特効のらなさそうなイタリア艦を動員しています。

イタリア艦は対地装備を持たせつつ対魚雷艇を意識して主砲を持たせた夜戦連撃仕様。

…まぁ、流石に駆逐艦4隻だけだとボスで安定しない感じなので、軽巡枠で阿賀野姉を駆り出しました。
ボイスでは寒くなってきたから待機するとか言ってますが、駆り出しました。
魚雷艇対策を意識した副砲持ちです。
対地装備も持たせてます。


支援は道中もボスもいらなそうだったので、使いませんでした。


19_autumn_winter_e1_2_1
…という訳で、第2段階目。
バリ島の南西、ジャワ島の湾付近に出現した新たなボスへ挑みます。
…軽巡級、軽巡ヘ級改 flagshipがボスのようです。

イベントのボスを張るだけあって、今までのヘ級 flagshipと比べると、非常に能力が上がっています。
同じ軽巡級の攻撃を昼戦はおろか、夜戦でも耐える程。
…まぁ、流石に特効持ちの手にかかればひとたまりもない訳ですけど。


19_autumn_winter_e1_2_akashi1
…っと、様子見も兼ねて向かってみた所、工作艦 明石が。
ドロップするとは聞いていたけど…初っ端か。


19_autumn_winter_e1_2_2
…という訳で、撃沈。
こちらでも第8駆逐隊は大活躍なんだけど、トドメは阿賀野姉でした。


19_autumn_winter_e1_2_akashi2
最後のドロップも明石。
1人をおにぎり改修用にすると、パーフェクト明石2人目作るにはもう一人必要だなぁ…なんて考えてました。


19_autumn_winter_e1_clear
…という事で、第1海域を突破。
報酬は撮りそびれましたが、改修更新装備もある為か、最近良く配布している対潜・対地装備の迫撃砲が貰えました。
後、泊地修理用資材とか諸々。

因みに、難易度は一番難しい「甲」でした。


E1_2_kouryaku
攻略編成。
メンツは第1段階目と変わらず、装備のみの変更。
水雷戦隊との対決だったので、主砲2本に電探のベーシックな夜戦連撃スタイルとしました。

最初は駆逐4隻で道中に軽い支援入れてやってみたんですが、道中安定しなさそうだったので、軽巡入れて支援なしにしました。
ボス前の結構強めの水雷戦隊は警戒陣で突破です。


第2海域へと続きます。
…尚、前段作戦は第4海域まである模様。
今週末に解放される後段作戦が2海域で計6海域。








F1アブダビGP決勝!!


ハミルトンのヘルメットにはワールドチャンピオンを表す星に19年のものが。

このレースがF1ラストレースになるであろう、ヒュルケンベルグとクビサ。

ジャン・アレジとジュリアーノ・アレジ。
ジュリアーノはF2で走ってるしね。

レッドブルのスタッフと話すバーニー。
パパスタッペン、ヨスもいる。

ジャン・トッドと話すアロンソ。

ピカチュウとミニオンズの被り物してるルノーファン…日本人だな?

ヒュルケンベルグ、最後の記念撮影。
クルーが被ってるのはヒュルケンベルグカツラ…?

ピエロ・フェラーリ。


UAE国歌!!
エディハド航空かな?
クロスする大型機…。
アクロバットチームでしょうか、UAE国旗カラーのスモークも。


いやぁ、良い夕日だなぁ…。
バーニーとベッテル、友人同士の会話。

ヒュルケンベルグの元にアラス・プロストが挨拶に。
Danke Nico。
177戦出走して、表彰台は0…。


フェラーリ、燃料搭載量に関して何か言われてるな。
申請と量が違う…?


シグナルが…ブラックアウト!!
ガスリーが最後尾まで落ちてる。
1コーナーでストロールがガスリーの左リアにタッチ。態勢を崩したガスリーのフロントウイングがペレスに踏まれてしまったようだ…。
破片がストロールの左フロント付近に当たってるけど、タイヤは大丈夫そうだ。
この1周でボッタスは15番手にまで上げているぞ。


2周目、ガスリーがピットインしてフロントウイング交換。
ノーズがハマらなくてかなり時間がかかっている。
この接触は審議なし。


4周目、DRSのシステムに技術的な問題発生中。
DRSが使えないようだ。
グロージャンがバッテリー関係のトラブルか?


11周目、ボッタスは10番手まで上がってきました。
ストレートスピードの速いペレスに中々仕掛けられない状況。


12周目、ボッタスがペレスをオーバーテイク!
9番手!
ここでルクレールがピットイン!
おっ、ベッテルも入った…フェラーリはダブルストップだ!
…あっと、左フロント・左リア共に遅れた!
タイヤ交換時間は6.9秒…。
ベッテルが少しタイヤスモークを上げつつもペレスをオーバーテイク!

翌周、アルボンがピットイン!
ベッテルの後方でコース復帰。

4番手のヒュルケンベルグを先頭に、ボッタス、ベッテル、アルボンが連なる。


18周目、DRS使用可能に!
直ぐ様ボッタスがヒュルケンベルグを攻略!
ベッテルはヒュルケンベルグの前に出られず。


19周目、ヒュルケンベルグがここでピットイン!
ベッテルの後ろのアルボン、DRSを使うものの、フェラーリは流石のトップスピード。
追い付けない。

ノリス、ヒュルケンベルグ、サインツJr.、リチャルドがやり合っています。
11番手…大体ポイント圏内に入るだろうけど、順位争いだ。
ライコネン対クビアト。
バックストレート2本目でクビアトが前に。

ライコネンの子、ロビン君に話しかけてるミカ・サロ…耳塞がれてるけど、聞いてるのかな?www

クビサ、右側から何か細長いパーツが…あっ、飛んだ。
ジョヴィナッツィと接触してたのね…。
あのパーツはクビサのものか、ジョヴィナッツィのものか。
24周目に記録され、26周目に審議。
28周目にお咎めなし。


25周目、ジョヴィナッツィがクビサの前に。
クビサ、めっちゃリアが滑ってる…接触の影響もあるんだろうなぁ。


29周目、ハミルトンがファステスト!


30周目、トトがガレージ前に出てきてるんだけどwww
ボッタスのピットストップを見届けてました。
…余裕なのか、パフォーマンスなのか。


32周目、ルクレール対フェルスタッペン!
周回遅れのラッセル
前にいる状態でのバトルだ!
ルクレールがラッセルを抜く時にフェルスタッペンも並んだ…!
フェルスタッペンが前に!
ボッタスがこの間にファステスト!

ルクレールが2本目のバックストレートでDRSを使いつつ逆襲を狙う。
ストレートエンドで並んだ…!
フェルスタッペンが守った!
いやぁ、この2人のバトルは怖いけど面白いな。


39周目、ルクレールがピットイン!
おっ、またベッテルがピットイン…再びダブルストップだ!

ボッタスがアルボンをかわして4番手に。
アルボンはベッテルに反応してピットインするか?

7番手のクビアトはまだピットインしていません。


41周目、ペレスがリチャルドをかわして11番手。
マクラーレンとルノーの隊列の中に割り込んできた。

ここでクビアトがピットイン。
12番手でコースに復帰。
ポイント圏内に入れるか…?


43周目、サインツJr.がピットイン。
14番手でコースに。
翌周にはリチャルドもピットイン、14番手だ。


47周目、クビアトがヒュルケンベルグをかわして9番手に。
ヒュルケンベルグはサインツJr.から順位を守れるか?


48周目、ストロールがガレージへ。
リタイアで、一足先に休暇に入ります。


54周目、ハミルトンがファステスト!
ラップレコード更新!

アルボン対ベッテル!
1本目のバックストレートエンドでアルボンが踏ん張る!
2本目はベッテルが前に、ベッテルが5番手!

55周目、ファイナルラップ!
ハミルトン、一度もリードラップを譲らずにポール・トゥ・ウィン!!
ファステストも取って、ハットトリックです!
花火が打ち上がる!

ノリスはペレスにかわされて8番手に後退。
ヒュルケンベルグは耐え切れずにサインツJr.、リチャルドに抜かれていますね。


ヒュルケンベルグ、最後にポイント獲得はならなかったけど、エンジニアと


ドライバー・オブ・ザ・デイはヒュルケンベルグ!

ハミルトン、そしてフェルスタッペンがドーナツターン!
遅れてきたルクレールは…やってなかったかな?

ハミルトンは看板のとこについたけど、フェルスタッペンとルクレールはグリッド上で止めてるなwww


インタビュワーはDC先生!
ペヤング先生久々だな!

ハミルトン、若い子達へのコメント。
期待できるって。

フェルスタッペン「休むのも重要ですよね。」

ルクレールはハミルトンとお話してた。
ファステスト出した事にビックリしてた。
ベッテルからは色々勉強させてもらったとコメントしてますね。

ハミルトン、レッドブルやフェラーリのクルーと握手。

ハミルトン、マシンで記念撮影。

ノリス、フィニッシュ後の無線で今シーズンでチームを離れるクルーへのお別れ。


表彰台控え室。
お疲れ様感。

ルクレールは10回目の表彰台登壇。
はしゃぐハミルトン。
いつもの、そしていつもので締め。

チーム側の表彰台登壇者は販売部門の重役さんらしい。
そして、トトとスージーが並んでる。


最後のシャンパンファイト!!
重役にフライングぶっかけするハミルトン。
空気を読んで重役にかけるフェルスタッペン。

ハミルトン、何処に行くwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はアレクサンダー・アルボン/レッドブル
7位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
8位はランド・ノリス/マクラーレン
9位はダニール・クビアト/トロロッソ
10位はカルロス・サインツJr./マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・リチャルド/ルノー
12位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
13位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
14位はケビン・マグヌッセン/ハース
15位はロマン・グロージャン/ハース
16位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
17位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18位はピエール・ガスリー/トロロッソ
19位はロバート・クビサ/ウィリアムズ

リタイアは…
ランス・ストロール/レーシングポイント


因みに、燃料云々の話があったフェラーリですが、チームへの罰金はあったらしいものの、ルクレールのリザルトへの影響はありませんでした。
なので、これで順位確定。
ドライバーズ、コンストラクターズの各ランキングも確定しました。


ドライバーズランキング。
1位:ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG(413Pt)
2位:バルテリ・ボッタス/メルセデスAMG(326Pt)
3位:マックス・フェルスタッペン/レッドブル(278Pt)
4位:シャルル・ルクレール/フェラーリ(264Pt)
5位:セバスチャン・ベッテル/フェラーリ(240Pt)
6位:カルロス・サインツJr./マクラーレン(96Pt)
7位:ピエール・ガスリー/トロロッソ(95Pt)
8位:アレクサンダー・アルボン/レッドブル(92Pt)
9位:ダニエル・リチャルド/ルノー(54Pt)
10位:セルジオ・ペレス/レーシングポイント(52Pt)
11位:ランド・ノリス/マクラーレン(49Pt)
12位:キミ・ライコネン/アルファロメオ(43Pt)
13位:ダニール・クビアト/トロロッソ(37Pt)
14位:ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー(37Pt)
15位:ランス・ストロール/レーシングポイント(21Pt)
16位:ケビン・マグヌッセン/ハース(20Pt)
17位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(14Pt)
18位:ロマン・グロージャン/ハース(8Pt)
19位:ロバート・クビサ/ウィリアムズ(1Pt)
20位:ジョージ・ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(739Pt)
2位:フェラーリ(504Pt)
3位:レッドブル(417Pt)
4位:マクラーレン(145Pt)
5位:ルノー(91Pt)
6位:トロロッソ(85Pt)
7位:レーシングポイント(73Pt)
8位:アルファロメオ(57Pt)
9位:ハース(28Pt)
10位:ウィリアムズ(1Pt)






続きからコメント返信!!



炎樹さん:今回は割かしザクザク進んでいるので、そこかもですね!
色違い2体は出てきました…ありがたい事に、どちらも新ポケ。
周りはクリアしてる人もいれば、まだの人もいるって感じですね。


今回も中々面白そうなのが結構いて、おじさん欲張リスになってしまうなぁ~。
ハイブリッド化石も最初は微妙だと感じたんだけど、よくよく考えてみるとちょっと面白そうと。
…リュウが足りなくて1体揃えられてないですけどw
トラバサミはね、クリアしたらちょっと本腰入れて育てようかなぁ…と。
性質的に、ノーマルフォーム程変態にならないんだけどね…(何の話だ


コメント、ありがとうございました~!

|

« フランス領南方地域の陸と海 | トップページ | ブラガのボン・ジェズス・ド・モンテ聖域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス領南方地域の陸と海 | トップページ | ブラガのボン・ジェズス・ド・モンテ聖域 »