« フルメタル装甲車 | トップページ | アイアンメイデン »

2019年4月24日 (水)

今昔交錯

QMAが新しくなったので、やってみましたが…ここ数年サボってたツケをめっちゃ食らっております。
形式初期化したまんまだってので、地理が出てなくてだな…。
地理を出すまでの道程は長い。。
そして、色々と忘れたりしまくってるのであった。

…あ、BGMや背景何かは懐かしくて懐かしい。
めっちゃ懐かしいな…店対の曲とか。










そして、お船のゲームが、23日に6周年を迎え、7年目に突入という事で。
ツイッターで、サービス開始から今までの年表を見たりして。

こうして見ると、提督歴も長くなったなぁと…。
断然提督歴の方が長いや。
サービス開始から1年後、2年目に入った直後の2014年4~5月くらいに着任したからね。
当時は今所属してる鹿屋基地サーバが開設して間もない頃だったか。

14年春イベがやってた時期だったかは覚えてない。
初イベは14年夏のAL/MI作戦で、艦隊規模や艦娘練度、装備、色々足りなくて前段作戦のAL作戦すら攻略できず。
対地装備もほぼなかったので、ほっぽちゃん…北方棲姫を攻略できず、ゲージ全然減らせなかった。
攻略できなかったイベントは15年夏のSN作戦があって、この2イベント以外は一応全て完走してはいる。
それにしても、SN作戦はなぁ…海域数多かったし、ラスボスの一体なにまよしのりなんだ…が硬くて、全然ゲージ割れなかったんだよな。
資材も底を尽きてたし。


で、年表にはどの艦が何年何月に実装されたかもあったので、色々考えるきっかけに。
実装されてから、入手するまでに時間がかかった艦も当然いる訳で、分かる範囲でどれくらいの間が開いているか調べてみた。

重巡 プリンツ・オイゲンは14年11月に実装、16年2月に入手で約1年。
駆逐艦 朝雲は15年2月に実装、入手が16年8月で約1年半。
駆逐艦 時津風は14年8月から16年2月で約1年半。
駆逐艦 浦波16年9月から19年1月で約2年。
戦艦 ローマは15年4月から17年8月で約2年。
空母 雲龍は14年8月から16年8月で2年。
空母 天城は15年2月から16年8月で約2年半。
潜水母艦 大鯨は14年6月から17年1月で約2年半。
駆逐艦 夕雲は13年9月から16年11月で約3年。
駆逐艦 照月は15年8月から19年1月で約3年半。
駆逐艦 早霜は14年8月から18年2月で約3年半。
戦艦 ビスマルクは14年3月から18年10月で約3年半。
戦艦 長門は13年4月から16年11月で約3年半。
戦艦 武蔵は13年11から17年6月で約3年半。
戦艦 大和は13年8月から17年6月で約4年。
空母 大鳳は13年12月から19年1月で約5年。

大鯨や陽炎型駆逐艦、夕雲型駆逐艦等のレア艦はイベントとかでポロっと出てくる感じだから、総じて入手が遅めですね。
陽炎型は特に実装も早めな事が多いから、その分期間が長いかも。
夕雲型は最近になってまたポロポロ実装されてるけど、実装が早い艦はかなり早いので、こちらも期間長め。

工作艦 明石とか潜水艦 伊401とかも割と実装から入手するまでの期間は長いと思います。

照月とかローマとか長く待った印象のある艦はいるけど、実際に一番長かったのは初期実装の長門かもね。
ドロップや建造で出る艦なのに長い間出なかった艦だ。
それ以外はやっぱり大量の資材が必要な別名溶鉱炉、大型建造でしか出ない大和と武蔵、大鳳は長いよね。


その他、まだ入手していない艦についても、特に長そうな艦を対象に、実装からどれくらいの期間入手できてないのかを調べてみた。

17年11月実装の潜水艦 伊400が約1年半
17年5月実装の海防艦 占守が約2年
16年11月実装の駆逐艦 朝風は約2年半
17年8月実装の駆逐艦 天霧は約2年半
16年5月実装の駆逐艦 親潮と駆逐艦 春風は約3年
14年4月実装の軽巡 酒勾は約5年
とまぁ、それなりに時間が経ってる事が多いですね…。
どの艦もドロップのみの入手だし、ほぼイベント海域でのドロップだったりするからね。
一部通常海域でドロップするのもいたりするけど、ドロップ自体が期間限定だったり、ホントにに一部の海域でのドロップだけだったりするし。
ドロップ率も低いしね。







少し間が空いたけど…F1中国GP決勝!!

さぁ、1950年に開始された、F1世界選手権もいよいよ1000回目のレースです!

上海はかなりもやもやした空模様だけれど、まぁ、デフォルトでこうだからな…。
という訳で、晴れです。


メルセデスのガレージには、ダイムラーのディーター・ツェッツェ会長の姿が。
他にも、レジェンドドライバーの一人、アラン・プロストがグリッドを歩いてたりします。
…まぁ、プロストはルノーの特別アドバイザーだから、大体パドックにいるけどね。

バーレーンと同じく、かなり風が強いようだ。
応援用のフラッグがバタバタはためいている…ここでは風が強いのはままある事のようだが、予選でも強風の影響でタイムが伸びなかったドライバーもいたし、またファクターの一つとなるか?


グリッドにはジャン・トッド FIA会長。
予選では、Q1はメルセデスのガレージ、Q2はルノーのガレージ、Q3はフェラーリのガレージにいたようで。
Q2のは見逃してたわ。
どうやら、プロストと一緒に画面見てたようで。


屈んで資料見てるマグヌッセン、遠目に見たらおっさんみたいだな…。


観客のノールック手振り。
頭上にお子さんがいる中でのこのアピールである。

ルノーのテストドライバー、周冠宇。
カタカナで書くと、チョウ・グアンユーとかその辺。
中国人ドライバーである。


今季の開幕戦から3戦まで、3戦連続で2台共予選でQ3に進出したチームはメルセデス、フェラーリ、ハースだって!
気にしてなかったけど、こういう統計面白い。


決勝の前に行うセレモニーの一つ、ドライバーズパレード。
ここでは2階席がオープンデッキみたいになったバスにドライバー達が乗ってサーキットを巡りますが…今回は、往年のドライバーもパレードしてたのね。
メモリアルだ。

中国国歌!!
義勇軍進行曲…1000回記念に合う国歌だと思うよね、曲調が。
…ヨーロッパじゃないし、戦闘機とかは飛ばないのね。


OP…つか、特別映像が。
チャンピオンシップを昔から現在に向かって振り返る映像でした。
歴代優勝者の中でも特に象徴的なドライバーがピックアップされてる感じ?


ノリスは特別ヘルメット。
サイドにめっちゃ「1000」って入ってる。
他にも、グロージャンやアルボン等が特別ヘルメットを持参しています。
アルボンは初期に活躍したタイ人レーサー、プリンス・ビラ(タイ王室の王子)をトリビュートしたデザインらしいです。
彼はタイ人初であり、アジア人初でもあるF1レーサーでした。

ヘルメットデザインを大幅に変えて良いのは1シーズンに1度のみですが、1000回目である今回はその枠に入らない、特別枠として、ヘルメットデザイン変更が認められています。
つまり、ここでヘルメットデザインを変えても、もう一度任意のレースでヘルメットデザインが変えられる、と。
因みに、ヘルメットデザインは全体の印象が変わらなければ良いので、ベッテルのように、毎戦マイナーチェンジする人もいます。


ハミルトンのグリッド前でトトとオコンが話してる。
その前に、オコンはブランドルおじさんとグリッドで話してたようだけど。


あらゆる所に1000って出る。
再び特別映像が。
今昔混ざってる。


グリッド紹介が不調過ぎるwww
表示されたり消えたりwww

FP3終了間際に大クラッシュを喫して予選不参加のアルボンがピットレーンスタート。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはピエール・ガスリー/レッドブル
7番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
15番手からはランド・ノリス/マクラーレン

16番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ
19番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
ピットレーンスタートからはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ


フォーメーションラップ。
あれ、フェルスタッペン、スピン?
7コーナーとかかな?
あっと、クビサもスピン!
こちらは6コーナーのヘアピンとかでしょうか。
タイヤが冷えてるからかねぇ…。
レギュレーションによって、タイヤウォーマーの温度も低くなってるし。


シグナルが…ブラックアウト!!
変なSEだな…www

ハミルトンが好スタートで前に!
最初の渦巻きコーナーを立ち上がって、ベッテルも1つ順位落としてるようだ。
ルクレールが前に出ている。

あっと、接触!
ヘアピンだな…サインツJr.がクビアトに接触、クビアトが浮きかけてそのままノリスに接触!
接触されたノリスも片側が浮いている…。

バーチャルセーフティカー!
1000回目のレースはオープニングラップからバーチャルセーフティカーだ!
結構パーツ飛んだしな…
マクラーレンは2台共ピットイン!
クビアトは大丈夫そうか?
しかし、そのクビアトは6周目にドライブスルーペナルティを食らってしまうのでした。
確かに、クビアトはちょっと外側に膨らんでたけど、悪くはなさそうなんだけどなぁ…。

マクラーレンがピットイン中にバーチャルセーフティカー終わり。
2台揃ってノーズを交換ですが…後から入ったサインツJr.のノーズが外れない!
かなりタイムロスだ。

3周目、アルボンがファステスト!
トロロッソはストレート早いらしいけど、この段階でファステスト取れるとはね。


4周目、ハミルトンはこのまま先頭を走ればリードラップが…4万周?!
16周目に訂正入って、4000周との事。
それでも凄い。
尚、達成したのは15周目でした。

スタートリプレイ、ハミルトンはしっかりグリッド上にタイヤ跡つけて、スタートでグリップするようにしてましたね。
それが活きた形か。


6周目、ガスリーがフェルスタッペンから離され気味。
ガスリーはソフトタイヤ、フェルスタッペンはミディアムタイヤ。
3周使ったタイヤとは言え、まだ性能劣化は来てないだろうし…。

そして、アルファロメオのライコネンは10番手に。
趣味でレースしてるおじさん、速いぞ!
因みに、今回の予選で、2016年ドイツGPから続いていた53戦連続Q3進出記録が途絶えたんだとか。
それでも、メモリアルな記録な事には変わりない。そして、ライコネンは気にしないだろう。

ライコネンのチームメイト、ジョヴィナッツィがピットイン。
左フロント外すのが遅れて、タイヤ交換は4.9秒くらいかかっています。
中段勢は依然として混戦なので、この1~2秒が痛い。


11周目、ルクレールに無線。
「faster than you」…後ろのベッテルを前に行かせろ、が出たね。
ベッテルが前に出るけど、フェラーリ勢の後ろにはフェルスタッペンの姿が。
これは指示が遅いかなぁ…。
一方のベッテルは、前に行ってから度々タイヤをロック。
3度くらいやってて、ペースに苦しんでいます。

その間にライコネンがヒュルケンベルグをかわして9番手に浮上。


12周目、ヒュルケンベルグがピットイン。
ここからハードタイヤで行きますか。
ハース勢もちょい前にハードタイヤに替えてるけど、果たして。
…と思ったら、ヒュルケンベルグは17周目にガレージに戻ってリタイアに。
パワーユニット関連のトラブルっぽい?


15周目、ルクレールの無線。
「(ベッテルの後ろで)たっぷり時間使っちゃってる。」
ルクレール、今日は良く無線を拾われるなぁ。
チームが戦略を協議中…だそうで。


17周目、ノリスのフロントウイングの翼端板が擦れてる…。
接触の影響でしょうか。

フェルスタッペンがピットインして、フェラーリ勢のアンダーカット狙いだ!
フェラーリ勢はベッテルがフェルスタッペンをカバーする為に次の周でピットイン。
フェルスタッペンの目の前でコースに復帰する事に成功。
しかし、どうやら、ルクレールはフェルスタッペンのアンダーカットを許したようだ。
まだピットには入ってないけど、この状況でピットインしたら、確実に抜かれる。


20周目、バックストレートのヘアピン前に陣取る熱田カメラマンの姿が。
さぁ、ベッテル対フェルスタッペンだ!
フェルスタッペンがヘアピンでインを突くが、ベッテルがクロスラインでサイド・バイ・サイドに。
あー、ちょっとフェルスタッペンを押し出してるー。
でも、これはあれかな…普通のブロックの範囲かな。

川井ちゃん「自分から動かなきゃいけなかったのに、1台抜かれ、コース上でも抜かれたら、どれだけフェラーリがカッコ悪いか。」
ひとまず、ベッテルはフェルスタッペンの攻撃を凌ぎましたね。


22周目、久々に映るメルセデス。
ボッタスのピットストップは2.3秒。
中々早いタイムですな。


25周目、再びの熱田カメラマン。


27周目、ライコネンがピットイン。
3.7秒…少し時間かかってるな。
マグヌッセンのすぐ後ろでコースイン。
そして、ヘアピンでマグヌッセンをイン側から抜いた!
10番手、ポイント圏内だ!

アルボンもジョヴィナッツィをかわして12番手に。
結構上がってきてるねぇ。

更に、熱田カメラマン。

クビアト、ピットイン。
あー、右リアがちゃんとジャッキアップされてない…。
もう一度ジャッキアップして、タイヤを交換。
つか、良くピットインするね。
接触の影響?


29周目、ライコネンがグロージャンをかわして9番手に。
ヘアピンでインを突いて、サイド・バイ・サイドの立ち上がりから抜いていった!
何か、キラッキラしてるな、ライコネン。
やっぱ趣味で走ってると違うわ。


30周目、ルクレールに無線。
ピット「プランBを考えてる」
…あるの?

アルボンもマグヌッセンをかわして11番手に上げてきてるぞ。
グロージャンをかわしたらポイント圏内かな?


32周目、ジョヴィナッツィとクビアトがピットイン。
クビアト、何回目だろう?
おっと、ノーズ交換までしてますね…そして、中々ハマらない。

35周目、ここでフェルスタッペンがピットイン!
タイヤ交換時間は2.3秒、早いぞ!
このピットストップにフェラーリが反応し、1回目と同じくベッテルからピットイン!
タイヤ交換時間、2.2秒は早い!
…しかし、これは完全にルクレールのポジションが犠牲になってしまってますね。
チームにとって最大限のポイントを持ち帰る、みたいな話はどうしたのだろうか。


36周目、メルセデスの無線。
ハミルトンがピットインしましたが、「BoxBox」を4回も連呼してるwww
言い過ぎではwww
そして、ボッタスもピットに呼ばれた!
こちらは「Box,BoxBox」でした。
これは…ダブルストップだ!
ハミルトンを3.2秒で送り出して、ボッタスを3秒で送り出す。
メルセデスにしては少し遅いので、多分ボッタスは少しタイムロスしたっぽいけど、できちゃうのが凄いよな。
安定の作業である。


38周目、ボッタスが居残り組のルクレールに追い付いた!
巧みにブロックするルクレール。
ルクレールのタイヤはだいぶ摩耗してるんだろうけど、粘りますな。
…流石にバックストレートでボッタスが前に出たけれど。
ボッタスはこれで2番手に復帰。


43周目、ベッテルにもかわされたルクレールがピットイン。
発進時に一回エンストしかけ…?一瞬だけ止まったね。
でも、ポジションには影響ないので…少しでも前のフェルスタッペンに近付きたいだろうけど。

クビアトがまたピット…と思ったら、ガレージに入っちゃった。
リタイアですね…まぁ、あんだけピット入ってたらなぁ、ポジションも良くないし。

そして、9番手のライコネンはペレスを追っています。
結構捕らえられそうな感じ。
その前にはリチャルドがいて、3台で7番手争いを展開中です。
50周目くらいに見たら、ペレスとライコネンの差が2、3秒くらいにまで広がってましたが。
1秒前後くらいだったんだけどなぁ。

アルボンは10番手を走行中。
11番手のストロールがピットインしたので、次に気を付けるのはグロージャンになります。
彼とは10秒くらい差があったけど、1周1秒ずつくらい詰められてきてる。
アルボンのペースがかなり落ちてきていますね…1ストップ作戦かな?
53周目にはその差は1秒くらいにまで縮まってきています。
55周目にはアルボンがヘアピンで少しタイヤロックさせて、膨らんでいます。
それでもまだグロージャンからポジションを守っていますが…まだ周回数あるから、目が離せないバトルになっています!


51周目、ルクレールの無線。
ギアシフトに問題が発生したっぽい…が、52周目に問題なしと再度無線が。
バーレーンであんな事あったから、ヒヤヒヤする無線だな…。


53周目、ノリスがガレージに戻ってリタイア。
ダメージの影響でしょうね。
マクラーレンは揃ってペース上がってるようには見えなかったけど…。

「スローダウングロージャン」の語呂が良い。
まぁ、後ろからフェルスタッペンが来てたから譲っただけなんだけど。


54周目、ここでガスリーがピットイン!
ソフトタイヤを選んだ、ファステストラップ狙いか!
川井ちゃん「セコい」
セコくはないwww
ファステストラップポイントが導入されたから、ポジション変わらないんなら終盤にピットストップ敢行するってのが、謎作戦じゃなくなったのよね。


56周目、ファイナルラップ!
さぁ、ガスリーがファステスト狙いでアタック中だ!
全体ベストは出てないけど、自己ベストは繋いでるぞ…?


おぉ、ガスリーがファステスト出した!
そして、ハミルトンが今季2勝目!
アラン・プロストがチェッカー振ってるわwww
振り方難しいよね、あれ。

アルボン、グロージャンとのバトルを制して10位…2戦連続入賞!
終盤は上位車に抜かれる時の青旗にも助けられたな。
アルボンは良い位置で抜かれてあんまりタイムロスしなかったのでは。
そして、アルボンがドライバー・オブ・ザ・デイ獲得!
予選のクラッシュから1ポイント獲得だからねぇ~。
競争の激しい中段勢で、しかもルーキーな訳だからね。

ハミルトンは1000回目のウィナーとなりました!
900回目も勝ってたんだっけ。
節目のGPで2回勝ったドライバーは史上初めてのようです。
まぁ、尤も、近年は年間19~21戦あるからね、昔より回数増えるのが早いのだけれど。
ハミルトンは通算で75勝目、ミハエル・シューマッハの持つ通算91勝に近付いてきました。

そして、メルセデスは1992年ウィリアムズ以来のシーズン開幕3戦で1-2フィニッシュという記録を立てました。
第4戦のアゼルバイジャンはどうなるかな?
ストレートスピードに定評のある今季のフェラーリがやや有利と見られるかもだけれど。


ハミルトン、今回は非常に嬉しそう!
ディーター・ツェッツェ会長とハグしています。


インタビュワーはブランドルおじさん。
ハミルトン、やっぱり1000戦目のレースを制したのは嬉しかったのだろう。
中国のファン、ホテルにまで追っかけしてたのね。

…あっ、トトがニヤッてした。
安堵の表情なのか、よしよし良いぞ…なのか。

ボッタス、ポールポジションから2位。
勿論、優勝できなかったし、ドライバーズランキングでハミルトンに上回られた訳だけど、少し満足そうな顔してると思う。

ベッテルへの凄い歓声…とドイツ国旗。
ルクレールとポジション入れ換えた後のタイヤロックについて言及。
リズムを失ったとの事で。


表彰台控え室へ。
通路が赤いな…。


レーシングポイントは500戦目、トロロッソは250戦目。
アルファロメオは1950年の初レースで優勝したコンストラクターだけど、この1000回目のレースでは入賞。
チームとして見ても、色々とメモリアル。


そういや、ベッテルは今季初の表彰台だね。
ハミルトン、嬉しそう。

いつもの。
からのいつもの。
…イギリス国歌の時に音声乱れたの、現地が原因?
ボッタスに耳打ちするハミルトン、ボッタスがその直後にちょっと背伸びしてハミルトンに言われたであろう方向を見てる。
何だろう。

シャンパンファイト!
まず飲む両端www

写真撮影後にまだかけられるハミルトン。


ハミルトンめっちゃ嬉しそうじゃんwww
パーソナルトレーナーのアンジェラを持ち上げてるwww


森脇さんだったかな、「ヘルムート・マルコさんが口煩いんで」
ってwww


結果表示めっちゃぶつぶつ消えたり表示されたりする。

今宮さん、アラン・プロストのチェッカーについて、「あんまりお上手じゃありませんでしたけれども」
今日は皆口が…www


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はダニール・ガスリー/レッドブル
7位はダニエル・リチャルド/ルノー
8位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
9位はキミ・ライコネン/アルファロメオ
10位はアレクサンダー・アルボン/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はロマン・グロージャン/ハース
12位はランス・ストロール/レーシングポイント
13位はケビン・マグヌッセン/ハース
14位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
15位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
16位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
17位はロバート・クビサ/ウィリアムズ
18位完走扱いはランド・ノリス/マクラーレン

リタイアは…
ダニール・クビアト/トロロッソ
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(68Pt)
2位:ボッタス/メルセデスAMG(62Pt)
3位:フェルスタッペン/レッドブル(39Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(37Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(36Pt)
6位:ガスリー/レッドブル(13Pt)
7位:ライコネン/アルファロメオ(12Pt)
8位:ノリス/マクラーレン(8Pt)
9位:マグヌッセン/ハース(8Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(6Pt)
11位:リチャルド/ルノー(6Pt)
12位:ペレス/レーシングポイント(5Pt)
13位:アルボン/トロロッソ(3Pt)
14位:ストロール/レーシングポイント(2Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(1Pt)
16位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(0Pt)
17位:グロージャン/ハース(0Pt)
18位:サインツJr./マクラーレン(0Pt)
19位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
20位:クビサ/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(130Pt)
2位:フェラーリ(73Pt)
3位:レッドブル(52Pt)
4位:ルノー(12Pt)
5位:アルファロメオ(12Pt)
6位:ハース(8Pt)
7位:マクラーレン(8Pt)
8位:レーシングポイント(7Pt)
9位:トロロッソ(4Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

|

« フルメタル装甲車 | トップページ | アイアンメイデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルメタル装甲車 | トップページ | アイアンメイデン »