« 不沈の輝き | トップページ | フルメタル装甲車 »

2019年4月13日 (土)

新たなスタート

この前選挙があったけど、仕事で行けなかったので、期日前投票していました。
その成果です。
御査収ください。


Giratina_origin_forme_1

 


…という訳で、駅にギラティナ オリジンいたので、捕まえてみました。
固体値微妙でしたけど。


Night_giratina_origin_forme_1
夜道のギラティナ オリジン。
中々様になっています。


Night_misdreavus_smeargle_1
夜道のムウマ…と思ったら、何か出やがったぞwww







もうすぐQMAが新作になるようなので、久々に…またしても久々にやってきました。
つっても、専らモタスポ検定ばかりやっていたけど。


19_motospo_best
という訳で、モタスポ検定自己ベスト更新。

過去作含めてモタスポ検定やってきた中では、そこそこの点数かなぁ。


Meron_books
メロンブックスさん…w

前まで見た事なかったぞ、この問題…www
まぁ、並べ替えだし、有名処だし、正解率はかなり高かったですけどね。








F1中国GP予選!!
F1GP開催1000回目の記念大会です。


何なんだ、レーシングポイントのあのピンクいブースは…。
白い衝立に照明がピンクいのアレだな。


空は霞がかっているけど、天候は晴れ。
割と穏やかそうな雰囲気。


フェラーリガレージにいる歌手で俳優でレーシングドライバーのジミー・リン。
漢字で書くと林志穎らしいのだが、台湾の人 らしい。


フリー走行3回目の終盤に、トロロッソのアルボンが最終コーナー立ち上がりでスピンして大クラッシュ。
前後のウイングの破損は勿論、ギアボックスやモノコックにまでダメージがありそうな程。
これは予選までに間に合わないだろうけど、予選Q1に間に合って、テスト走行できれば良いかなくらい。
まぁ、結局ダメージが大きく、予選スキップになってしまいましたが。
これは決勝はグリッドじゃなくて、ピットレーンからのスタートかなぁ。


Q1はウィリアムズ勢が真っ先にコースイン。
開幕戦、2戦目もそうだったかな?
クビサのオンボードを見ると、まだまだステアリングの修正多いし、乗りにくそう。
彼は無線でオーバーステアが酷いと訴えています。

ジャン・トッド FIA会長がフェラーリのガレージから様子を見守っています。
序盤はメルセデスAMG勢がフェラーリ勢を上回るタイムを出しています。
フェラーリ勢のうち、ルクレールはトラフィックの影響で10番手。
彼は無線で「(こんなトラフィックの多い場所に出すなんて)良い仕事したよね。」と皮肉られています。
レッドブル勢はフェルスタッペンがフェラーリ勢の前に。
ガスリーは10番手。

残り5分切った時点でハミルトンは早くもマシンを降りてQ2に備えます。
アルファロメオのジョヴィナッツィはまだアタックしていません。
パワーユニットのトラブルがあり、ガレージから出てこられないようで…残り1分切った時点でマシンから降りています。
パワーユニット替えるとかなら、決勝はピットレーンスタートか?

チェッカー!
おっ、サインツJr.が6番手!
チームメイトのノリスを大きく上回ってきた!
ルクレールはセクター1を全体ベストでまとめ、2番手に。
ライコネン、15番手からタイムを上げて13番手!
セクター1、セクター2は自己ベストより遅かったけど、セクター3で巻き返した!
16番手のストロールはタイムを上げられず、ノックアウト。
ライコネンに代わって15番手になったペレスはタイムを上げて12番手に。

ラッセルはQ1敗退なれど、ここでもクビサを上回ってきています。
戦闘力の乏しいマシンで良いパフォーマンス。


ん、パドッククラブでバイオリン演奏してる。


Q2はメルセデスAMG勢がミディアムタイヤで早めにコースイン。
その後ろから続々とコースインしていきます。
フェラーリ勢、レッドブルのフェルスタッペンもミディアムタイヤを使用しています。

一番早くアタックに入ったのはレーシングポイントのペレスか。
ボッタスがQ1に続いてトップタイム!
ガスリーはソフトタイヤでトップから1.2秒差の6番手。
これは中々厳しいタイムだ。
グロージャンはアタック中にマシンの挙動が乱れてアタック中止。
タイムを出していません。
ライコネンは13番手、今回はちょっと厳しいかな?
フロアのチェックされてるな。

残り3分半、ボッタスがコースイン。
他のマシンもコースへ。
ボッタスは練習走行のようだ。
ハミルトンはアタックしに行ったか…?
ガスリーはアタックしない博打にに打って出たか。

チェッカー!
まずはライコネン、10番手タイム!
サインツJr.は11番手でノックアウト。
リチャルドはタイムを上げて9番手から8番手に。
グロージャンが8番手タイムで、ライコネンがノックアウト!
ペレスはライコネンを上回るも、11番手でノックアウト。
ヒュルケンベルグが7番手に飛び込んできて、押し出されたクビアトがノックアウトに。

ライコネンの無線。
ストレートでパワーを失ったと言っています。
チームメイトはパワーユニットにトラブルがあったけど…?

クビアトは0.022差で競り負けた格好ですね。


Q3はリチャルドが真っ先にコースへ。
彼は中古のソフトタイヤのようだ。
メルセデスAMG勢とルノー勢が早めに出ているね。

今度はメルセデスのガレージでトトと一緒に画面を見つめているジャン・トッド FIA会長。

ボッタスがセクター1、2全体ベストでトップタイム!
1分31秒563。
ハミルトンが0.007秒差で2番手、ベッテル、フェルスタッペン、ルクレールと並んでいます。

残り2分30秒になり、ハミルトン、ボッタスを先頭に各車がラストアタックへ。

ハミルトン、セクター1全体ベスト!
ボッタスはセクター1タイム更新ならず!
チェッカー!
ハミルトンはセクター2も全体ベストで立ち上がっています!
ボッタスがそれを更新してきた!

ハミルトン、セクター3はタイム更新ならず…届かない、2番手
ボッタス、タイムを更新してきた!
1分31秒547、ポールポジション獲得!
ボッタスは中国では初のポールポジションです。

メルセデスAMG勢がフロントロー独占、セカンドローにフェラーリ勢が並び、サードローにはレッドブル勢。
ルノー勢とハース勢も綺麗に並んでいます。
そんな中、フェルスタッペンとガスリーの差がまだ大きいのが気になるね。
前2戦に比べてだいぶ近くなってきたけど。

フェルスタッペンのリプレイ。
アタック前のバックストレートエンド、ヘアピンでベッテルに抜かれた時の無線。
ピーって言いまくり。
めちゃめちゃ怒ってます。
まぁ、アタック前の最終コーナー付近では前車を抜かないっていう紳士協定があるらしいから…。
タイヤの温度管理に非常に影響あるらしいので。


ボッタスに大歓声!
ハミルトン、ベッテルにも勿論歓声が上がってる。


グリッドインタビュー。
ブランドルおじさんがインタビュワー。

ボッタス、嬉しいと思うけど、やっぱりクールな受け答え。
ベッテル、予選3番手なれど、笑顔も見えるインタビュー。

グランドスタンドに「SEB」って書かれたでかいドイツ国旗が沢山翻ってる。


ポールポジションアワードのタイヤを渡したのはジャン・トッド FIA会長。


ポールポジションからはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはピエール・ガスリー/レッドブル
7番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
13番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
14番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
15番手からはランド・ノリス/マクラーレン

16番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ
19番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
20番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ

|

« 不沈の輝き | トップページ | フルメタル装甲車 »

コメント

GOの伝説は遭遇や捕獲が難しいと聞きますが...。
確認できないだけで種族値や個体値も設定されているのですね。

夜道のギラティナ怖いなぁ、あの世に連れていかれそうw
野犬ですね...狙ったようなこのアングル。

ここでQMAの記事を見るのは久しぶりでしょうか?
メロンwこれは健全な青少年には解けない問題ですわ...。

投稿: 炎樹 | 2019年4月14日 (日) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不沈の輝き | トップページ | フルメタル装甲車 »