« 今昔交錯 | トップページ | 良い時代を。 »

2019年4月29日 (月)

アイアンメイデン

ふぅ、長い一週間だった…。







お船のゲーム。

実装から数日。
3月末くらいに実装された、改二改装をようやく施しました。

19_4_13_hyuuga_kaisou_1
遂に日向師匠を改二に…!


19_4_13_hyuuga_kaisou2_1
色々足りなくて、かき集めてきたんだよなぁ。
試製甲板カタパルトがないのは分かってたから、任務でゲットしたし。
レベルはちょっと足りなかったから、レベル上げしたし。
設計図は1枚だけしか確保してなかったので、勲章4つ集めて設計図を2枚にしたし。

戦闘詳報と新型航空兵装資材、開発資材はあるから大丈夫だった。
…開発資材の消費数181個って、海自の護衛艦「ひゅうが」の艦番号、DDH-181からなんだね。
師匠の子孫である。


19_4_13_hyuuga_kaini_119_4_13_hyuuga_kaini_card_1
改装航空戦艦 日向改二!!

19_4_13_hyuuga_kaini2_1
伊勢改二と同じく、5スロ。

第4スロットの搭載数が伊勢改二の22より少ない11なのがちょっと不安になるけど…まぁ、何でも屋な所は一緒だからな。
第5スロットが伊勢の9に対して、11なのがあるけど、搭載数少ない所に三式弾だの徹甲弾だの積んじゃうしなぁ。
まぁ、良いか、色々考えられるからな…状況によって、だな。
素の対潜値が高いうえに、装備次第だけど、先制対潜できるのも強いか。








アゼルバイジャンGP予選!!

世界最大の湖、カスピ海に面した首都・バクーでの市街地レースです!
何かカスピ海で噴水が…www


野生のインコかな?

おっ、世界遺産の一部、乙女の塔だな。
観光地だけど、ここから観戦する人もいるのかな?

謎のジンバブエ国旗www


ガスリーは決勝でピットレーンスタートが決まっています。
フリー走行2回目終了後に計量作業に応じなかった為のペナルティです。
コールサインを見逃したっぽいが、ルール違反はルール違反、という事か。
その後、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティを受けています。
…元々ピットレーンスタートになったし、この機に替えておこうという事ですね。
パワーユニットはここでアップグレード版入れたばかりだし、どのコンポーネントもまだ使用数制限越えてないので、交換せず。


Q1
ラッセルが真っ先にコースへ。
今シーズンはウィリアムズが真っ先にコースに出る場面が多いけど、これってウィリアムズとしたら、少しでもマシンのデータを取りたいからなんだろうね。

3コーナーでハミルトンがオーバーラン、エスケープゾーンに突っ込んでいます。
バクーのエスケープゾーンは狭いとこが多いから、エスケープすると戻るのが大変。
位置取りにもよるけど、ドーナツターンして反転するか、リバースギアで戻るかになります。
前者はタイヤを痛める可能性があるし、後者は時間がかかる。
この後、ヒュルケンベルグも3コーナーでエスケープしてました。

ストロール、タイヤ跡がつくくらいの勢いでウォールを擦る。
タイヤやサスペンションへのダメージはないようだ。
…ガレージ待機中の映像で、フロントウイングの端も擦ってた事が分かる。

残り10分切って、ルクレールがトップ。
ジョヴィナッツィが4番手、アルボンが5番手だ。
アルファロメオ勢はフリー走行から最高速の伸びが良いようで。

リチャルドが15コーナーのブレーキングで盛大なタイヤスモーク。
ウォールに当たりはしなかったけど、このコーナーもミスの可能性が高い、難しいコーナーだ。
ルノーのガレージには、リザーブドライバーになったロシア人のセルゲイ・シロトキンが。

残り4分切って、ガスリーがトップタイム。
上手くレーシングポイントのスリップストリームを得られて、セクター3の直線区間で最高速が338kmにも達した。
ベッテルが4番手、ハミルトンが3番手にそれぞれタイムを上げています。
ここらでタイム計測勢が戻ってきていますね。
ヒュルケンベルグは16番手。ノックアウト圏内だ。
ストロールは14番手。ギリギリである。
グロージャンは17番手、こちらもノックアウト圏内。

残りは2分45秒。
ここでサインツJr.が4番手に。
マクラーレン勢が中々良いものの、ワークスルノーは苦戦中ですね。

フェルスタッペンがタイムを上げて4番手に。
セクター2は全体ベストです。

残り1分切った!
リチャルドのアタック中。
リアが少し流れてるな…少し姿勢乱しただけでもウォールにクラッシュする可能性があるのがこのコースのポイント。
チェッカー!

ストロールはギリギリ15番手!
ヒュルケンベルグは16番手でノックアウト。
リチャルドがギリギリ15番手に入った!

ん…クビサ!?
8コーナーで刺さってる!!
先に左フロントを僅かに接触させて、サスペンション破損、そのまま直進してクラッシュ…。
あそこは難しいコーナーだよね…例年当たる人達いるし。

赤旗!
2日連続でマシンが破損…そしてクレアの表情。。

クビサのマシン撤去中。
ウィリアムズはスペアパーツあるかな…?
あ、いすゞのトラックだ…。

Q2開始は遅延中。
強まる西日に対応する為、ヘルメットを替えるドライバーも。
バイザーが西日対応になってるものが付いてるやつ。
開始は15分後。
このアナウンスがあってから、一度マシンから降りるドライバーも。

コース上にバリアのでかいカスが落ちてる…。
マーシャルが回収~あっ、ちっちゃいの落としたwww

川井ちゃん「あっ、このおじさん、今日78歳誕生日、おめでとうございますですね。
…このおじさん言っちゃいけない。」
ヘルムート・マルコ博士の誕生日との事。
クビアトも誕生日だね。

ハミルトンが3コーナーでオーバーランしてた時のリプレイ。
後ろからベッテルきていたのね、ハミルトンがバックしてきたから、スロー走行に。

8コーナーのウォール、修復中。
あの辺りは道幅が6、7mくらいしかないとこだからなぁ…。
それに、日陰から急に直射日光入るし…登り勾配も付いてるしね。
あんなとこをあのスピードで通るの、凄いよね。

さて、開始時間出たな。
3分後だ。

ジンバブエ国旗界隈、モルドバ国旗もあるぞ…?


Q2、開始!
初めに出たのはマクラーレン勢。
フェラーリはミディアムタイヤで行くのね。

注目のフェラーリ勢、ルクレールは3番手でベッテルは9番手。
まずはフェルスタッペンがトップタイムだ。
残りは10分。

タイミングをズラしたアルファロメオ勢が出てきてる。

あーっと、ルクレールがクラッシュ!!
クビサと同じ、8コーナーだ!

赤旗!

左フロントをロックさせて刺さった…。
川井ちゃんがミスが少ないとかめっちゃ言ってたのがフラグになるとは…。

ベッテルのオンボード映像。
8コーナーで左リア接触させてるな…。

ルクレールのクラッシュのオンボード映像。
マシン降りる時、怒ってるような感じだ。
無線メッセージでもかなりフラストレーション溜めてる感じだったしね。

三菱車だ。
コース清掃中。

レーススチュワート。
川井ちゃん「こちらは、右京さんの永遠のライバル、ミカ・サロですね。」

ガスリーはマシンを降りてる。
走らない感じかな?

破損したルクレールのマシンがガレージに戻ってきたシーン。

再開は6分後。
オランダ人ファンすらジャケット着てる…日が落ちてきて、寒いんだな。
湖沿いだから風が強いだろうし。

残り7分41秒から再開。
まどのマシンもすぐにコースは出ない。
残り6分40秒、現在12番手のベッテルがコースへ!
流石にソフトタイヤだ。

残り4分半。
また8コーナーでぶつかりそうなシーンが…。
ヒュルケンベルグ、リアが滑って右リアをウォールに当てそうに。

8コーナーは慎重にアプローチするベッテル。
7番手タイムだ。
アルボンは12番手…クビアトも8番手。
トロロッソ勢はフリー走行時よりも意外と伸びないな。
路面温度下がってるのと、8コーナーが滑りやすくなってるのがあるとしても、相対的に順位が上がらないな。

チェッカー!
ベッテルは5番手!
ジョヴィナッツィが9番手だ!
アルボンは13番手でノックアウト。

リプレイ。
クビアト、右リアを壁にヒット!
火花が…リアウイングが揺れる程の衝撃だ。
15コーナーでも再び右リアを当ててたかな?
ガレージで右リアのダメージ確認されていますが、大丈夫そうだ。

メルセデスガレージ内にはオコンの姿が。


Q3
フェルスタッペンが真っ先にコースへ。
メルセデス勢が並んでコースイン。
…あっと、ガレージから出てきたジョヴィナッツィが通りがかったハミルトンに当たりそうに!

ハミルトンがトップタイム!
ベッテル、ボッタス、フェルスタッペンと続きます。

フェラーリのガレージには、ルクレールとフェラーリCEOのジョン・エルカーン。

フェルスタッペンは2度目のアタックへ。
…おぉー、2番手だ。
まだ走り続けるようですね。

クビアトは6番手だ。
残り2分半切って、一旦ガレージに戻ったメンツがコースへ。
メルセデスの2台はピットレーンの路肩で集団が過ぎてからコースイン。
…しかし、ノリス、ボッタス、ハミルトンと位置が近いようだが。
大丈夫か?

フェルスタッペンはピットに戻り、ガレージへ。
予選アタック終了のようです。

チェッカー!
ベッテル、セクター1全体ベスト!
ボッタスはセクター1自己ベストで通過、ハミルトンのセクター1はタイム更新できず。
ベッテル、セクター2は自己ベスト。
ハミルトンがセクター2の全体ベストを更新!
巻き返してきています!
ベッテル、セクター3はタイム更新できず…2番手だ。
ボッタスがトップタイム更新!!
ハミルトンはセクター3全体ベストも2番手!


ボッタス、ポールポジション獲得!!
無線で「HAHA」とクールな笑い。
メルセデスは今季3度目のフロントロー独占!


グリッドインタビュワーはポール・ディ・レスタ!

ボッタス「フェラーリは速かったですよね…。」

ハミルトン「我々にはアップグレードがない中、フェラーリは速かったですし。」

…と言いつつ、メルセデスの予選強かったよな。

ベッテル、ラストアタックはやっぱり、前走車によるトー欲しかったようだ。
ここではコンマ5秒くらいの効果があるのか。
全体のゲインで言うと、コンマ3秒くらい??


ポールポジションアワードのタイヤ贈呈はF2ドライバーのジャック・エイトケンだ!
イギリスと韓国のハーフで、イギリス国籍。
ルノーの育成ドライバー枠。
テストドライバーやってた筈。


川井ちゃん「メディアには、特にうるさいイタリアメディアにはガタガタ言われなくて済む」
フェラーリの作戦ミスはなぁ…。
ルクレールのクラッシュも日が傾いて、路面温度が落ちてきてる中でより硬い方のタイヤでコースに出したからってのが根本の要因だしね。


ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手かルイス・はハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
6番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
7番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
9番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
10番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ

11番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
12番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
13番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
14番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
15番手からはピエール・ガスリー/レッドブル

16番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
17番手からはロマン・グロージャン/ハース
18番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
19番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
20番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ


ジョヴィナッツィは3基目のコントロールエレクトロニクスを搭載した事により、10グリッド降格ペナルティ。

ガスリーは決勝をピットレーンからスタートします。
燃料流量違反で予選失格にもなりました。

スターティンググリッド。
ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手かルイス・はハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
6番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
7番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはキミ・ライコネン/アルファロメオ
9番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
10番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン

11番手からはダニエル・リチャルド/ルノー
12番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
13番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
14番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
17番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
18番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
19番手からはロバート・クビサ/ウィリアムズ

ピットレーンからはピエール・ガスリー/レッドブル





F1アゼルバイジャンGP決勝!!

快晴のバクー。
風はこれまでより少し強いようだ。
「風の町」って意味だしね。
アゼルバイジャンは石油とかも出るし、火の国と言われているみたいだけど。

…あっ、ハミルトンの左フロントにビニールが付着してる。


乙女の塔。
良く見たら、透明なアクリル板みたいなので縁に近付かせないようにしてるんだな。

ルノーのシリル・アビテブール代表とアルファロメオのフレデリック・ヴァスール代表が立ち話。
賞金分配とかの話か…?

あっ、バーニーが来てる。
テロップは出ない。
髭面になったなぁ…。
バーニーの奥さん、ファビアナ・フロシさんがロス・ブラウンと挨拶。
個人的にブラウンさんには頑張って欲しい所。
運営側から、レースを面白くして欲しいね。

ホンダの山本雅史部長とトロロッソのフランツ・トスト代表のミーティングかな?

意外と日本からのファンが多いらしいアゼルバイジャンGP。
直行便はないものの、所要時間は15時間ちょいのようだ。


アゼルバイジャン国歌!!
トロフィの除幕式だwww

めっちゃ豪華な国歌に思えるなぁ…いつもより壮大に聞こえる!
小ぶりな弦楽器はあの辺りの固有の楽器??
…と、思って調べたら、タールというそう。
弦楽器で最も複雑なのだとか。

バーニーがレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表と会話中。


ライコネン、フロントウイングの規定違反でピットレーンスタート。
過重テストでのフロントウイングのたわみが5mm以上だったので、違反になったとかそんな感じ。
フロントウイングのフラップのアジャスターも替えたとか何とか。
クビサはサスペンション替えたらしいので、ピットレーンスタートに。
予選と決勝の間にマシンのセッティングを変更したりスペックの違うパーツに交換したら、ピットレーンスタートになるからね。
予選と決勝で違うスペックのマシン走らせるのを合法にできないんで。

スターティンググリッド。
ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手かルイス・はハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはセルジオ・ペレス/レーシングポイント
6番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
7番手からはランド・ノリス/マクラーレン
8番手からはシャルル・ルクレール/フェラーリ
9番手からはカルロス・サインツJr./マクラーレン
10番手からはダニエル・リチャルド/ルノー

11番手からはアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
12番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
13番手からはランス・ストロール/レーシングポイント
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

16番手からはジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
17番手からはアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ

ピットレーンからはロバート・クビサ/ウィリアムズ
ピットレーンからはキミ・ライコネン/アルファロメオ
ピットレーンからはピエール・ガスリー/レッドブル

クビサ、ライコネンがピットレーンに並ぶ中、ガスリーはまだガレージ内に留まっています。
ミディアムタイヤの温度を高く保つ為、タイヤウォーマーをフル稼働しているものと見られます。
同じくミディアムタイヤスタートのクビサとの違いがどうなるか、楽しみですね。

また、予選Q2でのクラッシュでスタートタイヤのミディアムを壊してしまったルクレールは、どうやらペナルティ等なく新品のミディアムを投入出来ているようですね。


1001回目のレース、シグナルが…ブラックアウト!
ボッタスとハミルトンが並んで1コーナーへ!
2コーナーでもサイド・バイ・サイド!
バックストレートでボッタスが前に、トップを維持しています。

…ホームストレート、めっちゃ埃舞ってる。
風あるからだろうなぁ。

スタートリプレイ。
アルボンが少し外側に押し出されて1コーナーへ。
右フロントをウォールに当てて、マシンが少し跳ねてるな…。

リプレイには映ってなかったけど、クビサは2コーナーで膨らんでしまった模様。
ガスリーはしっかりグリップしていたようなので、ギリギリまでタイヤを暖めていた効果があったのかも?


6周目、クビサに審議。
ピットレーンの信号が青になる前に発進した…ジャンプスタート、フライングですね。
ピットレーンからのスタートでジャンプスタートというのは珍しい。
14周目にドライブスルーペナルティ。

フェラーリのCEO、ジョン・エルカーン…下向いてスマホ見てる所をすっぱ抜かれる。
こっち見てー。

クビアトがズルズルと後退。
どうやら、タイヤ苦しいらしく…堪らず早めのピットインをしていました。
ソフトタイヤ勢は結構ミディアムに履き替えてる人もいますね。


10周目、ルクレールやガスリーを筆頭にミディアム勢の勢いが良い。
ソフト勢は熱による性能劣化が起きてるようで、ミディアムに交換する人が相次いでいる。

川井ちゃん、噛む。
シリル・アビテブールって少し言いにくいよね。


20周目、ハミルトンが連続でファステスト出してる。
21周目もハミルトンがファステストを出すが、ここでフェルスタッペンがファステストを更新。
フェルスタッペンも飛ばしてますね。


23周目、ルクレールは持ってるのか持ってないのか。
路面温度的にミディアムの方が当たりのタイヤだったので、持ってるって発言した右京さん。
ところが、周りがミディアムを履き始め、上位勢に対するアドバンテージがなくなってくると、持っていないと発言。
直ぐ様総ツッコミを食らうのでした。
水物だから…と釈明していたけれど、まぁ、その通りではあるのかな。
実際、ルクレールはミディアム→ソフトと繋ぐ戦略。
ソフト→ミディアムと繋ぐ通常の戦略とは反対だ。
ソフトは路面温度が低めでも適切に働くタイヤなので、日が傾いてくるレース後半での投入は非常に効果的。
ルクレールは早めにソフトに交換したいが、ソフトを使うにはまだ路面温度が高い。
予選よりも気温が高く、路面温度の下がり方が緩やかになっており、ソフトへの交換に踏み切れないようだ。
ソフトは作動温度が低めで速い分、柔らかくて劣化しやすく、特に高温には弱いのが基本的なスペックだ。


25周目、グロージャンが15コーナーでエスケープ。
ドーナツターンして上手くコースに復帰。
リチャルドとバトルしていたけれど、順位を落としてヒュルケンベルグとのバトルへ移行。
アルボンもいたかな??


32周目、黄旗!
クビアトとリチャルドが接触か?!
…いや、うん。

クビアトがまた走り出した。
リチャルドもバックし始めたな。

リプレイ。
3コーナーでクビアトに仕掛けたリチャルド、止まり切れずにエスケープ。
クビアトはターンインしようとして、イン側のリチャルドに前を塞がれて曲がれずにストップ。

…と思ってたら。

リチャルドがバックして、止まってたクビアトに当たった!
えっ、マジか…。
今のF1のサイドミラー、まだ真後ろ見えないんだっけ?
去年辺りまで後ろの視認性悪かったから、ミラーに関するレギュレーション変わったと思ったんだけど。

リチャルドはピットに戻ってマシン底部辺りを確認していましたが、33周目にガレージへ戻ってリタイア。
クビアトも36周目にガレージに戻り、リタイア。
クビアトは予選日が誕生日だったのに、今週末はツイてない事ばかりだったね…。
この接触は34周目に審議、38周目にはレース後審議に切り替わりました。
最終的に、リチャルドへペナルティが下りました。
内容は次戦スペインGPでの3グリッド降格ペナルティです。

リプレイ。
クビアトは再び走り始めた後、パーツ落としてたみたいだ。
ルクレール辺りが踏んだみたい。
一方のリチャルドも、テールライト辺りで何かブラブラさせている…。
ヒュルケンベルグもFP3とかで同じ辺りから何かブラブラしてたような気がする。


38周目、ルノーカラーの風船がコース上に!!
こえぇ…。


39周目、ガスリーがスローダウン!
…無線では「パワーを失った」。
エスケープして、ウォールの外側でストップ。

バーチャルセーフティカー!
マシンを更に奥に移動する間だけ発令されて、それが完了した41周目にレース再開されました。

40周目、グロージャンもガレージイン。
リタイアだ。
ブレーキトラブルだそうで。


45周目、ここでボッタスがファステスト!
フェルスタッペンが持っていたファステストラップポイントの権限を奪った!


48周目、ルクレールがピットイン!
さぁ、新品ソフトを履きましたよ…ファステストラップポイント狙いにきました!
それにしても、タイヤ交換時間2.2秒は早いな。

おっと、この局面でハミルトンがファステスト出したwww
そして、ボッタスとハミルトンの差が1秒以内に!

このままボッタスが前でも、ハミルトンとボッタスはポイントが同点になるぞ。
ハミルトンが前に出たら、更にポイント差が広がります!


50周目、2コーナー前にビニールが…。
ハミルトンがめっちゃ抜く気満々でいるみたいですね!
ボッタスもエンジニアからオーバーテイクボタン(パワーユニットのハイパワーモード)の使用許可出ています。
まぁ、ハミルトンにはオーバーテイクボタン+DRSがあるから、刺されそうだけどね。
おっと、前にラッセルがいたから、ボッタスもDRS使える。
これは助かったな。


51周目、ファイナルラップ!
ここでボッタスがファステスト!
マジか、この局面で1分44秒台出せるの?!

しかし、やっぱルクレールが速かった!
セクター1をファステストで通過しているぞ!
ルクレールがラインを通過…1分43秒009でルクレールがファステスト!
ベッテルが無線でめっちゃルクレールがファステスト取ったかどうか訊いてるとかwww

ボッタス、トップでチェッカー!!
ポール・トゥ・ウィン!!
トップを走っていながら、デブリを踏んだ事によるパンクで終盤にリタイアしたボッタスが去年の雪辱を果たしました!!
メルセデスは開幕から4戦連続でワンツーフィニッシュ…これは新たな記録のようです!
今まで5戦連続ワンツーフィニッシュはハミルトンとロズベルグ時代のメルセデスで記録していましたが、開幕からというのは初。
まぁ、メルセデスは今までメルボルンあんまり得意じゃない(特にロングラン)っぽかったしなぁ。


川井ちゃん「地味ですよね、ボッタスは喜び方が。」
確かに、無線での喜び方は控え目であるがwww

ドライバー・オブ・ザ・デイはルクレール!
ファステストラップポイントも獲得!

マクラーレンのサインツJr.が今季初ポイントを獲得!
クラブ0ポイントから脱退ですね。

レーシングポイントはダブル入賞だ。
ハースやルノーが苦戦したのも意外な感じ。

そして、ピットレーンスタートだった趣味でレースしてるおじさんは、今回もポイント獲得。
競争の激しい中段勢にいながら、開幕から4戦連続でポイント獲得しているのは凄い。

尚、「趣味でレースしてる」は記者会見での彼の冗談(本気かも)から。
「おじさん」は彼が39歳の最年長ドライバーだから。


ボッタス、ステアリング片手に凱旋。
後片付けしてて気付いてないボッタスのお腹をぽんぽんするベッテル。
勝手にバイザー上げるなwww


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!
ガレージインタビューだ。

それにしても、メルセデス勢はフェラーリ速い速い言うけど、蓋開けると開幕4戦連続ワンツーフィニッシュしてるんだから、チームとして結果を最大化する能力が高いかなぁって。
ドライバーズランキング的には、2人でポイントを取り合ってるから、もどかしい感じなのかもね。

そして、ベッテルは相変わらず話が長いwww


表彰台控え室、壁にアイルトン・セナが。
5月1日が命日ですからね…。
4月30日はローランド・ラッツェンバーガーの命日。
どちらも1994年のサンマリノGP中の出来事。


表彰台下にオコン。

表彰台!
フィンランド国歌から、いつもの。
ホント、ドイツ国歌は君が代よりも聞いてるんじゃないかとさえ思えてくるね。


シャンパンファイト!!
まず飲む2人。
ハミルトンは安定のフライングシャンパンファイトだった模様www
気付いたら表彰台からいなくなってて、見失ったよwww


優勝はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はシャルル・ルクレール/フェラーリ
6位はセルジオ・ペレス/レーシングポイント
7位はカルロス・サインツJr./マクラーレン
8位はランド・ノリス/マクラーレン
9位はランス・ストロール/レーシングポイント
10位はキミ・ライコネン/アルファロメオ

ここまでがポイント獲得。

11位はアレクサンダー・アルボン/トロロッソ
12位はアントニオ・ジョヴィナッツィ/アルファロメオ
13位はケビン・マグヌッセン/ハース
14位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15位はジョージ・ラッセル/ウィリアムズ
16位はロバート・クビサ/ウィリアムズ

リタイアは…
ピエール・ガスリー/レッドブル
ロマン・グロージャン/ハース
ダニール・クビアト/トロロッソ
ダニエル・リチャルド/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ボッタス/メルセデスAMG(87Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(86Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(52Pt)
4位:フェルスタッペン/レッドブル(51Pt)
5位:ルクレール/フェラーリ(47Pt)
6位:ペレス/レーシングポイント(13Pt)
7位:ガスリー/レッドブル(13Pt)
8位:ライコネン/アルファロメオ(13Pt)
9位:ノリス/マクラーレン(12Pt)
10位:マグヌッセン/ハース(8Pt)
11位:ヒュルケンベルグ/ルノー(6Pt)
12位:サインツJr./マクラーレン(6Pt)
13位:リチャルド/ルノー(6Pt)
14位:ストロール/レーシングポイント(4Pt)
15位:アルボン/トロロッソ(3Pt)
16位:クビアト/トロロッソ(1Pt)
17位:ジョヴィナッツィ/アルファロメオ(0Pt)
18位:グロージャン/ハース(0Pt)
19位:ラッセル/ウィリアムズ(0Pt)
20位:クビサ/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(173Pt)
2位:フェラーリ(99Pt)
3位:レッドブル(64Pt)
4位:マクラーレン(18Pt)
5位:レーシングポイント(17Pt)
6位:アルファロメオ(13Pt)
7位:ルノー(12Pt)
8位:ハース(8Pt)
9位:トロロッソ(4Pt)
10位:ウィリアムズ(0Pt)

|

« 今昔交錯 | トップページ | 良い時代を。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今昔交錯 | トップページ | 良い時代を。 »