« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月29日 (土)

マルタの御加護

いやぁ、9月後半はジェットコースターのような日々だった…。
勤務時間が夜、昼、朝、夜とコロコロ変わるうえに、気候もコロコロ変わるからね。
うーん、体調管理が大変だね…。








お船の秋イベ。

さて、いよいよ4海域目のボスです!

18_summer_e4_senkyoseiki
入渠中駆逐艦 船渠棲姫。

元ネタはイタリア駆逐艦、マエストラーレだと思われる。
マエストラーレはジェノヴァで入渠中に休戦し、その後自沈処分となっています。

水上艦の為、普通に魚雷攻撃が当たったりするけど、入渠中…設備内にいる為か、対陸上用装備も有効という変わった特性を持つボス。
更に、修理中だからか、砲塔系装備を持っていないようだ。
その為、攻撃時にステータスや装備が見れないのであった。


18_summer_e4_aquila
このボスにも夜戦開始時に友軍艦隊が来て攻撃してくれます。
ドロップ艦のスウェーデン軽(航空)巡・ゴトランドや突破報酬のマエストラーレ等が一足先に見られるのである。

画像は正規空母アクィラを旗艦とするイタリア艦隊。
因みに、アクィラは夜間航空機等の夜間用装備を持っていないらしく、何もしないまま去って行く。


18_summer_e4_mm_nokoshi
妖怪ミリ残し。

前哨戦の時から既にボスを倒し切れなくて、1回多く出撃しないと最終形態にならなくなっちゃいました。
ゲージはボスにダメージを与える毎に減って行くので、1ダメージくらい多くダメージを与えられてたら、出撃回数少なくて済んだのに。

…まぁ、4回くらいボスにアタックして、1回しかボスを倒せてないのはちょっと厳しいけれどねぇ。。
対陸上用装備に特効乗ると言っても、そこまで強力な特効じゃなさそうだし、ボスに中々大ダメージが与えられない…。


18_summer_e4_senkyoseiki_kai
…という訳で、最終形態の入渠中駆逐艦 船渠棲姫-壊。
元々入渠してんだから壊じゃんってツッコミしたい。


そして、ツイッター上の知り合い甲提督程じゃないけど、ここからちょっと泥沼に。
ボス単独にする事は出来ても、中破や小破にするのが精一杯。
編成変えたり、装備変えたり、順番変えたりしてたけれど…どれも効果はなく、ボスが倒せない〜よ〜。
後一歩所か、十歩くらい必要そう。
基地航空隊と決戦支援で魚雷艇を落とせるか、昼戦で集積地を排除、もしくは大破に相当する損壊状態にはしておかないと厳しくて。
できれば、夜戦までにボス単体にしておきたいんだけどね。

最終形態に入って、敵編成に軽空母が加わった事により、基地航空隊の練度もモリモリ剥げていたので、練度上げ直しも実施。
練度を上げておけば基地航空隊の攻撃がより有効に作用しやすくなるので。


後、試行回数が増えているのだから、そういった機会が増えるのも分かるけど、道中での大破撤退率も増加。
ボスからの空襲戦×2とボス前にいる戦艦レ級艦隊が厳しいですね。
戦艦レ級は見た目は幼い感じだけれど、高耐久・高装甲・高火力のバケモノ戦艦。
そのスペックは通常の艦艇ながら、鬼級や姫級といったボス艦艇並。
開幕航空攻撃、昼戦砲撃×2、雷撃戦と兎に角攻撃機会が多いうえに、そのいずれもが高威力。
また、今回は編成していないけど、潜水艦がいた場合は対潜攻撃までしてくる。しかも、こちらも一撃で中大破させてくるレベルの高火力。
更に、上位種のレ級eliteでは開幕雷撃も放ってくるという凶悪さ。
その異名は誰が読んだか、超弩級重雷装航空戦艦。
弾着観測射撃と夜戦カットイン攻撃と空母カットイン攻撃以外は何でもしてくるな。
一応倒せない事はないんだけど…通過する事が目的の道中戦で正面から殴り合いしたい相手ではないですね。
そんなのが甲難易度でelite固定、乙難易度以下でもノーマルとeliteがランダムで出現ってやべーよ。
幸い、警戒陣があるので、攻撃がかわしやすいのが救い。


さて、基地航空隊の練度も上げ直したし、再度挑むかーとか思って、そこから更に2回道中撤退したりして。
例のイベントの為に出勤する電車内でやっていた3回目。

軽微な損傷のまま道中を突破し、ボスへ。
ボス前レ級艦隊、この局面で初めてレ級elite編成引いたのにはビビりましたけどね…。
警戒陣でやり過ごせたのはラッキー。

基地航空隊の攻撃と決戦支援が魚雷艇撃沈を含む中々良い戦果を上げて昼戦へ。
第一艦隊の残存勢力は3隻、いずれも高耐久・高回避な艦が残っていたものの、雷撃戦までもつれ込みつつも全滅させる事に成功。
残っていた相手1隻からの雷撃は当たらなくて良かったわ…。

第二艦隊との砲戦では、対陸上用装備の皐月が2回ある攻撃機会のそのどちらも集積地を攻撃して撃破に成功。


18_summer_e4_last1
あ、これ理想的な状態で夜戦入れるわ。
伊勢が大破して夜戦攻撃不可能だけど、まだサポートの役割あるし。


18_summer_e4_last2
友軍艦隊攻撃終了時。

来たのは戦艦イタリア、戦艦ローマ、駆逐艦マエストラーレ、駆逐艦リベッチオのイタリア艦隊。
戦艦2隻は攻撃ミスったけど、マエストラーレが連撃を華麗にクリーンヒットさせて行って、ボスが大破。
残り耐久力は37。
これは…行けるかもしれない!

皐月、羽黒が更にダメージを与えて行って、長門の連撃で行けるかななんて思ってました。


18_summer_e4_last3
トドメを刺したのは文月でした!
こちらも対陸上用装備で固めていたから、その特効補正入ったかな?

スマホでやってる関係で、スクショのタイミングズレましたが…。


18_summer_e4_2_clear
いやぁ、やっと来たよ…!
電車内なので、心の中でガッツポーズ。


18_summer_e4_s9_osprey
報酬装備、S9 Osprey。
報酬では珍しく、★5まで改修入ってる。

イギリス生まれでスウェーデン海軍でも採用されていた水上偵察機。
この海域からドロップするスウェーデン軽(航空)巡・ゴトランドの持参装備でもあります。

実際にゴトランドに配備されていた機体らしい。
羊が描かれているのは、ゴトランドの命名元であるゴトランド島は羊の放牧が行われているかららしい。
市章も羊だし、ゴトランド原産のゴットランドシープって種類もいるらしいし。


因みに、日本に配備されるとかで度々話題になっているのはオスプレイ。
これの読み方はオスプリ。
命名元は同じミサゴってタカ目の猛禽類だけれどね。


18_summer_e4_maestrale
報酬艦、Maestrale級駆逐艦1番艦Maestrale。
イタリア駆逐艦、マエストラーレ。
うちの鎮守府にいるリベッチオはマエストラーレ級3番艦である。


18_summer_e4_malta
ようやくイタリア港湾拠点解放できた…。


18_summer_e4_genova_wind2
弊鎮守府にもようやくジェノヴァの風が吹きました。


…「ジェノヴァの風」とかいう、爽やかさと南欧の暖かな気候を感じさせる作戦名のくせに内容が酷かった。。

ログ残してないけど、多分最終形態入ってから10回以上は出撃してるんじゃないかなぁ。
道中大破撤退も多いので、自分史上試行回数最多かもしれん。

いやぁ、辛かったね。


E3_2_kouryaku1_20180925181812298
前哨戦の編成。
重巡、伊勢には三式弾持たせて対集積地を意識。
長門は徹甲弾で火力底上げしつつ弾着観測射撃できるようにしています。

伊勢は他に夜戦用装備を持たせたり、機銃を持たせたりとサポート役も兼ねてました。
戦艦としては高い回避を利用して、警戒陣でもあんまり回避力が上がらない4番目に据置。
耐久力もこの編成だと長門に次ぐ2番目なので、他の艦より耐えてくれる。

白露は対陸上用装備と対魚雷艇の見張員を持ってました。
皐月は対陸上用装備と機銃を持たせて、軽度ながらも対空カットインしつつ集積地やボスへの特効狙い。

天城は空襲戦含めて制空権を取る為とボス戦でのT字不利を回避する為、艦戦と彩雲を装備。
攻撃機積めてません。


E3_2_kouryaku2_20180928193246409
攻略時の編成。
白露を抜いて文月を投入。
文月は内火艇+戦車11連隊+ロケランを装備して集積地絶対破壊するガール化。
皐月は戦車11連隊を文月に移したので、大発中戦車×2。対地能力は若干落ちていました。
皐月と文月はキラキラ維持の為、ちょくちょく順番入れ替えてました。
警戒陣を使うので、回避の高くて脆い駆逐艦はこの位置。どっちかは旗艦で保護。
個人的には、対空カットインのボーナスが入るから、皐月をずっと旗艦でも良かったんじゃないかとは思ってる。
文月旗艦もそれなりにメリットはあるんだけどね。ボス2巡目で集積地攻撃してくれてワンパン期待してたの。
実際そうは上手くいかなかったけど。

攻撃の手数が欲しかった為、天城を艦戦3、艦攻1の構成にして攻撃できるように。
防空巡洋艦やら航空戦やらでの損耗が怖かったけど、何とかなりましたね。
彩雲積めないうえに、空襲戦で制空権取れないけど、結果何とかなりました。
レ級やボスでも制空権は航空優勢取れたし。

長門は徹甲弾を抜いて三式弾にした…と思ってたけど、そのままだったっぽい。
夜戦連撃できて、ボスを倒せる力がありそうだったので、編成の最後尾に移動。
ボス前レ級マスやボスマスで2巡目の初っぱなに強力な攻撃を繰り出せなくなったり、警戒陣とは言えダメージを結構受けたりというデメリットはあるけれども、何とかしてもらいました。

基地航空隊編成は4海域目に入ってから全く編成変えてないので、割愛。


さて、最終作戦海域、5海域目だ。
3つの作戦と3つ目の作戦に入る為のギミックがある、これまたボリュームのある海域だぞ…。






続きからコメント返信!!

続きを読む "マルタの御加護"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

ジェノヴァの風

寒いな…10月下旬から11月上旬くらい、だっけ?

それに、また台風来てるのか。
週明けに…来そう……。








スマスペ、しずえさん戦!!
しかも、むらびとのダッシュファイターじゃないという。
マジか。

一部似た技はあるようだけれど、全然違う…つか、明らか非戦闘員w
戦えるんだなぁ…w

いやぁ、どんどんキャラが増えて行くねw
最終的にどうなるんだ、これw

後、容量どうなってるんですかねw








お船の秋イベ。

4海域目はインド洋から紅海・スエズ運河を超えて地中海へ!
2つの作戦から成るこの海域は、まずキプロス島沖から出発し、西を目指す輸送作戦からスタート。


18_summer_e4_map1_2
キプロス沖から出て、リビアの首都・トリポリで揚陸。
そのまま沖のマルタ島近海で敵勢力と対峙します。

「アレクサンドリア港襲撃」がモデルだと言われていますが…場所、違うよね??
エジプトのアレクサンドリア、スルーしてるし。


18_summer_e4_senkankaki_2
ボスはケツダイソンこと、戦艦 戦艦夏姫。
いつもより、バカンス中の方が強いのです。


18_summer_e4_118_summer_e4_2
最後のセット。
調子乗ってたら、護衛退避使わざるを得なかったけど…無事、殲滅!


18_summer_e4_clear1
という訳で、輸送作戦成功!


Kouryaku_e4_1_20180923002751323
編成。
この作戦は6艦の通常編成でも、輸送連合艦隊編成でもこなす事ができました。
ここでは戦力をより充実させられる連合艦隊を採用。
…使える艦少ないのにね。

輸送部隊本隊の第一艦隊に輸送装備である大発動艇系列を載せられる艦を集中。
…間違えて輸送系装備が特二式内火艇しか載らない白露改二編成したまま出撃しちゃいましたけれど。
それから、道中の軽空母隊への対応として、護衛空母「大鷹」を起用。
旗艦には万が一大破艦が出た時の為に、護衛退避できる司令部を装備。
司令部があると、戦闘で大破した艦1隻を護衛の駆逐艦1隻をつけて艦隊から離脱させる事ができます。
戦力は落ちるけど、大破艦を轟沈させる事なく、艦隊は次に進めます。

第二艦隊はボス戦での主力なので、夜戦装備や対空を兼ねた装備に。
更に、1戦目に登場する高回避の魚雷艇対策と対空を兼ねて機銃も持たせています。
輸送連合は駆逐艦が主体になりがちなので、できるだけやられないようにする必要があります。

ここに、更に道中支援・決戦支援を入れて手厚くしています。


このおかげで、A勝利判定でも3回で輸送作戦が済みます。


Kouryaku_e4_2_20180923005451360
最後は輸送装備を積まなくても良いくらいまでゲージが減っていたので、より確実にボス艦隊に勝てるように装備変更。
第一艦隊にも対空装備を。
…まぁ、軽空母艦隊に皐月がやられたんだけどね。


Kitikouku_e4_1_20180923005312194
基地航空隊は3部隊のうち2部隊が出撃可能。
基地への空襲があるので、出撃出来ない1部隊は防空隊としています。
出撃する2隊はいずれも戦闘機1、攻撃機3のノーマルな編成でボスに集中。
この海域は今の所、ずっとこんな感じです。


18_summer_e4_map2
輸送作戦を終えると、新たなスタートと新たなルートが出現。
新たなスタートはイタリア沖、イオニア海からですね。
このスタートから出るには、6隻編成の通常艦隊を組む必要があります。

ゲージも2つ目の作戦のものに変わったものの、この時点ではボスに行く事ができません。
ここで、ボスの元に向かう為のギミックを解除します。


18_summer_e4_map3_2
まず、最初に向かったのは最も西の端。
サルディニア島を過ぎた辺りのアルジェリア沖。
ここで潜水艦隊を倒します。


R_kouryaku_20180924004827541
目的の艦隊はそこまで脅威ではないので、駆逐艦2隻に先制対潜装備するだけで行けました。
道中は空襲とかあるので、他の艦はちゃんと色々装備しています。
後は警戒陣で突破です。


18_summer_e4_map4
次に向かったのは、イタリア本土。
ナポリですね。
ここにいる港湾棲姫-壊を中心とする敵勢力を撃破します。


O_kouryaku_20180924012032085
旗艦含めて陸上型の敵が多い為、駆逐艦は対陸上用装備。
戦艦には三式弾。
空母には艦攻…を積んでみましたが、ボス戦の開幕航空攻撃時に全滅しました。。

こちらも空襲以外の道中は警戒陣で突破。


18_summer_e4_map5
ギミックを解除したので、新たなルートが出現しました。
やっと、ボスまで行けるように。


ボス…の前に、ちょっと寄り道。
連合艦隊、水上部隊を組んで、Sマスへ進みます。
スクショ取り忘れました。

キプロス沖から出発して、Aマス→Bマス→Cマス→Eマス→Fマス→Gマス→Sマスと進んで行きます。
終着点では集積地夏姫-壊を中心とする陸上勢力が待ち構えています…ここはタラントですかね。
空襲も受けている、イタリア海軍の重要拠点だったような。

…とすると、逆に空襲している立場になるのか。


S_kouryaku_20180924015925480
編成。

道中は中々に苛烈です。
1戦目が久々登場の潜水夏姫率いる潜水艦隊。
その為、駆逐2隻に先制対潜装備を積ませています。

2戦目は新鋭重巡と防空巡洋艦の巡洋艦隊。

続く3戦目は空母夏鬼率いる空母艦隊。
この辺りって、サントリーニ島辺りだな。
この空母艦隊とボスの陸上型に対抗する為、重巡・戦艦には三式弾を装備。
駆逐艦も主に対空装備を施しています。

ここを越えれば、目的地に着いたも同然。
後は基地航空隊と道中支援、対陸上用攻撃で攻撃するだけです。


…旗艦の集積地夏姫落とし損ねたけど。
まぁ、A勝利したから良いか。
そうすると、ボスへの新たなルート…キプロス島とサルディーニャ島を迂回するルートが出現。


18_summer_e4_map6
遂に、ボスへ。
作戦名「ジェノヴァの風」にもある通り、ここはイタリアのジェノバである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

西への憧れ

ここ数日、涼しかったり暑かったり安定しませんね…。
体調崩さないよう、気を付けないと。
そして、皆さんもお気を付けを。。







お船のイベント。

前段作戦の最終作戦海域となる、第3海域です。
3つの作戦からなる、ちょっとボリュームのある海域です。


18_summer_e3_map1
舞台はインド洋!

まずはアンダマン海のプーケット島沖からスタートして、アンダマンニコバル諸島とスマトラ島の間を通過してインド洋へ進出、セイロン島南部の港湾部を目指します。


18_summer_e3_kouwankaki
ボスは港湾要塞 港湾夏姫。
要塞も夏モードです。

このボスは陸上型のボスなので、対地装備で挑みます。

ボスの随伴は対空・火力の強力な砲台やら鬼回避の魚雷艇やらがいるので、中々厄介な布陣。
それらをサクッと蹴散らせるかでも結果が変わってきます。
よって、基地航空隊とボス支援艦隊の補助が必須。


18_summer_e3_kouwankaki_kai
最終形態では、港湾要塞 港湾夏姫-壊に変化。
科白は変わりませんが、ふざけんなって思いは変わらないでしょう。


18_summer_e3_clear1
夜戦にまでもつれ込みましたが、無事に破壊成功。


Kouryaku1_2018091900270295
対地攻撃はロケラン装備の利根型と三式弾装備の陸奥がメイン。
駆逐艦2隻は随伴の魚雷艇向けの装備にしています。


Kitikouku1_20180919002454851
基地航空隊は2部隊ともボスへ派遣。
厄介な随伴潰しと制空補助の為、2部隊共に戦闘機1、攻撃機3というスタンダードな構成。


さて、次の作戦です。

18_summer_e3_map2
今度は更に西、リゾート地として人気のモルディブ方面へ。


18_summer_e3_hakutisuiki_vmode
ボスは泊地棲鬼 泊地水鬼 バカンスmode。

めっちゃバカンス満喫してるのに、コメントがいつものと変わらないせいで変な風になっている…w
飛ぶ気、ないですよね?w

泊地なので、元々は陸上型のボスですが、今回は海にぷかぷかしてバカンスしている為か、水上型に変更されています。
その為、対陸上用装備に特効はなく、魚雷等の艦艇用装備が当たるようになっています。

…まぁ、空母の攻撃が最も効果的なんだけれどね。


18_summer_e3_hakutisuiki_vmode2
泊地棲鬼 泊地水鬼 バカンスmodeの最終形態。
特に「-壊」とかじゃないけど、「-壊」みたいなイラストに変更されています。

…バカンスを邪魔されて怒ったのか、本気を出してる感ありますね。


18_summer_e3_clear2
昼戦にて終了。
空母特効強い。


Kouryaku2_2018092002361898
攻略編成。
空母は全員空母カットインを出せるように、艦戦、艦爆、艦攻を積んだ構成に。


ボスは非常に固いので、第二艦隊は夜戦を前提に編成。
夜戦用装備を積んだり、夜戦カットイン艦×2と雷巡を用意したり。
道中とボス戦での防空力強化も両立するような構成になっています。


基地航空隊は編成撮り忘れたまま変更しちゃったので、なし。
航空隊の基地からボスまでが長いので、2部隊共に二式大艇を編成して行動範囲を延長。
後はボスの航空力が高めなので、戦闘機1と攻撃機2という編成にしていました。


18_summer_e3_map3
いよいよこの海域、最後の作戦。
2つ目の作戦と同じ場所に新たなボス艦隊が出現しています。

道中の編成は2つ目の作戦と変わらないんですが…。
何故かボス前で大破撤退する事が多く。
中々苦戦しましたね…。
一方、ボスに到達できればボスも空母カットインによる特効が入るので、楽だったんですが。


18_summer_e3_goeidokkanki
ボスは軽空母 護衛独還姫。
この海域の報酬艦をモチーフにしています。
読み方は良く分からないので、「どっかん姫」とか呼ばれているようです。

その絵師ネタから、この第3作戦を「芋ゲージ」なんて呼ばれる事例もあるようで。
第1作戦を「第一ゲージ」、第2作戦を「第二ゲージ」とかって表現するので、それに合わせて表現ですね。
一体何ばふ艦なんだ…。

このボスは2つ目の作戦で戦った泊地水鬼よりも固く、しかも空母であるので非常に強力な航空戦力を持っています。
最高難易度の甲作戦だと、随伴も強力なので、かなり大変そう。


18_summer_e3_goeidokkanki_kai
軽空母 護衛独還姫-壊。

前哨戦は艦載機の目玉が見切れていたのに、最終形態になると目玉がほぼ見えるようになってる。
これはダメージによって若干沈み込んでいるって表現なのかな?


18_summer_e3_clear3
完全にタイミングを逸した…。
特効の入る空母カットインによって、無事撃沈。
昼で終わりましたね…。


18_summer_e3_97kankou_931kuu_zyuk_2
報酬、九七式艦攻(九三一空/熟練)。
対潜能力の高い艦上攻撃機。
護衛空母や基地航空隊に良いですね!


18_summer_e3_shinyou
報酬艦、大鷹型軽空母4番艦 神鷹。
しんよう。

空母の中でも、大鷹やガンビア・ベイといった、所謂護衛空母に属する艦。
元々は日本に寄港していたドイツの貨客船「シャルンホルスト」で、第二次世界大戦の勃発によって、ドイツに帰れなくなっていたそうな。

その後、太平洋戦争が勃発し、シャルンホルストの乗員は本国へ帰国。
動かす人がいなくなった為、日本軍に徴用されてそのまま使用される予定だった所、ミッドウェー海戦で日本の主力4空母が全滅。
日本は初め、ドイツに建造中止されていたグラーフ・ツェッペリンの譲渡を打診していたが、これは受け入れられなかったそうだ。
大型艦を無事にドイツからイギリス勢力下のインド洋を通って日本に回航できるか疑問であった事が要因と言われているらしい。
その代わりとして、日本にいたシャルンホルストの譲渡が行われ、空母へと改装されて神鷹となった…との事。

神鷹は船団護衛中に潜水艦によって撃沈されています。
1番艦の大鷹や海防艦も船団護衛中に潜水艦によって沈められているし、やられる側とやる側は表裏一体なんだなぁと。


18_summer_e3_indian_sea
インド洋を制圧し、更に西へ迎えるようになりました。


Kouryaku3_e3_201809210345
編成。
空母の艦爆・艦爆・艦攻のカットイン攻撃が最も効果的だというので、そういう編成に。
それから、ボスや随伴軽空母の昼戦攻撃を受けられるので、潜水艦を編成。
折角なので、水上戦闘機を持ってもらって、空母が担い切れていない制空権争いに参加してもらいました。
第2艦隊は夜戦装備や対空カットイン、夜戦でのフィニッシャーで構成。
多摩ちゃんには制空権争いに参加してもらっているけれど、参加するのは筑摩でも良かったかもしれんな、これ。

…まぁ、殆ど昼の間に済んでしまったんですけどね。


Kitikoukuu_e3_20180921034335907
基地航空隊は2部隊共にボスに向かいました。
一番初めに攻撃を開始する関係で、敵艦隊の一番強力な航空勢力や対空砲火とぶつかるので、損耗が非常に激しい。
特に大艇と陸攻への損害が大きいです。
少しでも被害を抑える為、第一航空隊に戦闘機隊を2部隊用意。
第二にも戦闘機隊を配備しているものの、第三中隊がボロッボロに…。


18_summer_dai3zi_seihoudatuu18_summer_rengoukantai_nishihe
…という訳で、第三次西方打通作戦成功。
再び、欧州へと向かえる事になりました。

ここまでで既に制限札の付き方が激しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

ピマチオウィン・アキ

2018年に登録された、オセアニアの世界遺産シリーズはなし。
という事で、次は2018年に登録された、北中米の世界遺産シリーズ。


2018年に登録された、カナダの世界複合遺産です。
ピマチョウイン・アキとも言うようで、おそらく、先住民の言葉だろけど、「生きる土地」を意味するとか。
カナダの中部、マニトバ州とオンタリオ州に跨がる自然保護区で、河川、湿地、湖沼、森林が広がっているのだそうだ。
また、バーナーズ川、ブラッドヴェイン川、ピジョン川、ポプラー川との4つの河川の水源地でもあるとの事。
こうした豊かな自然環境の中に、アメリカグマ、アカギツネ、イタチの仲間であるクズリやイイズナ等の絶滅危惧種や固有種等が暮らしているようです。
そして、この地には7000年も前から、狩猟採取民族であるアニシナアベ族が暮らしています。「野生の人々」という意味を持つアニシナアベ族は、創造神からの贈り物としてこの自然を畏敬しており、彼等の遺跡や住居、祭祀場等もこの地に点在しているようです。
そうした自然環境と先住民の文化、双方が評価されて複合遺産となったんだとか。

以前、2013年に申請した際は、勧告・決議共に「登録延期だったようです。前回の2016年は「登録」勧告が出されていましたが、カナダ側の事情で登録先送り申請をしていたそうです。







そう言えば、今月前半からローソンコラボやってました。


Kncl_18_akimaturi
今回もコンプリート!

萩風ちゃん可愛い。


会社近くのローソンは穴場なので、当日昼くらいに行っても全然余裕なのでした。
ホント、それくらいだな、今の環境の良い事って…。





Kncl_18_akimaturi3
そして、第二段。

Kncl_18_akimaturi2Kncl_18_akimaturi4
海防艦・日振と大東の甘口カレーパン(ハンバーグ入り)、リシュリューのシュークリーム、二航戦グラスのマンゴーゼリー。


足柄のカツカレーパンもそうだったけど、海防艦カレーパンは結構ボリュームあるから、仕事中の夜食に良い。


第二段始まった途端に第一段下げちゃうのね。
期間短かったなぁ。


Karaage_ev
…所で、からあげクンのパッケージがイーブイになってて吹いたんだけどw








某小説!

・殺人鬼の過去
・絞首刑とかはいつものやつ
・斬首刑は身分の高い人に
・ギロチンとかそうだったよね
・公衆の面前でもリクルート(隠語)するのね
・これって契約なのか
・花吹雪
・ぱりーんってなった
・巫女だー
・日本刀獣巫女
・何度も再生するって厄介だよね
・鏡像現象
・吹っ飛んだ刀も手元に戻ってくるよ!
・噛み付きと神憑き
・自滅したー
・青のスマホ、ブラックアウトしたらあかんやつでは
・終焉組
・羽化した彼女
・物語の結末ね
・さて、青はどうしたかな?
・強い決意という所を見ると…
・終焉の神は抜けられなかった
・終焉の神の前に立ち塞がる、新たな相手(?)






続きからコメント返信!!

続きを読む "ピマチオウィン・アキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

2018年に登録された、日本の世界文化遺産です。
長崎県と熊本県に残る、日本におけるキリスト教の歴史を物語る12件の構成資産からなる世界遺産です。
キリスト教が日本に伝来したのは、欧州が大航海時代に入った、16世紀。その後、江戸幕府によって禁教政策が敷かれた事により、密かにキリスト教への信仰を続ける人々、「潜伏キリシタン」が誕生しました。
彼らは長崎や天草地方の各地に「潜伏」、生活条件が厳しいながらも、既存の社会や宗教と共生しつつ信仰を続け、独特の伝統を作り上げたそうです。
天主堂、城跡、潜伏キリシタン縁の集落群等からなる構成資産からは伝来と繁栄、禁教期の弾圧、250年間もの潜伏、奇跡とも言える復活等、世界にも類を見ない、日本独特のキリスト教の流れが見て取れるのだそうです。

構成資産は以下。
長崎市
・大浦天主堂(国宝)
・外海(そとめ)の出津(しつ)集落(重要文化的景観「長崎市外海の石積集落景観」)
→重要文化財の出津教会堂、旧出津救助院を含む。
・外海の大野(おおの)集落(重要文化財・大野教会堂を含む)

南島原市
・原城跡(はらじょうせき/はるのじょうせき)(国指定史跡)

佐世保市
・黒島(くろしま)の集落(重要文化的景観「佐世保市黒島の文化的景観」)
→重要文化財の黒島天主堂を含む。

平戸市
・平戸島(ひらどじま)の聖地と集落(重要文化的景観「平戸島の文化的景観」)
→安満岳(やすまんだけ)と春日(かすが)集落。
・平戸島(ひらどじま)の聖地と集落(重要文化的景観「平戸島の文化的景観」)
→中江ノ島(なかえのしま)。

北松浦郡(きたまつうらぐん)小値賀町(おぢかちょう)
・野崎島(のざきじま)の集落跡(重要文化的景観「小値賀諸島の文化的景観」)
→野首(のくび)集落跡・舟森(ふなもり)集落跡、両集落を結ぶ信仰の道、旧野首教会堂を含む。

南松浦郡(みなみまつうらぐん)新上五島町(しんかみごとうちょう)
・頭ヶ島(かしらがしま)の集落(重要文化的景観「新上五島町崎浦の五島石集落景観」)
→重要文化財、頭ヶ島天主堂を含む。

五島市
・久賀島(ひさかじま)の集落(重要文化的景観「五島市久賀島の文化的景観」)
→重要文化財、旧五輪教会堂を含む。
・奈留島(なるしま)の江上(えがみ)集落
→江上天主堂とその周辺:重要文化財、江上天主堂を含む。

熊本県天草市
・天草の﨑津(さきつ)集落(重要文化的景観「天草市﨑津・今富(いまとみ)の文化的景観」)


各資産が構成資産として含まれている理由は下記。
・原城跡
→潜伏キリシタンの伝統が生まれる契機となった出来事があった地である為。
・平戸、天草の﨑津、外海の出津集落と大野集落
→潜伏キリシタンが他の宗教との共生を様々な形で行い、密かに信仰を維持している集落である為。
・黒島、頭ヶ島、久賀島、奈留島の各集落、野崎島の集落跡
→進行組織を維持する為に、離島移住という形を取ったうえで形成された離島部の集落である為。
・大浦天主堂
→潜伏キリシタンの伝統の終焉となった出来事が起こった場所である為。また、各地の潜伏キリシタン集落と関係があった(関係ができた?)事も含まれた理由。


前回の申請では、イコモスからの指摘を踏まえて審議前に申請取り下げが行われました。今回は、前回のイコモスからの指摘を踏まえてテーマを再考したものを申請し、登録される事となりました。

尚、「潜伏キリシタンは禁教期に離島等に潜伏しながらキリスト教の教えを守り抜いていた人々の事で、「隠れキリシタン」は禁教前から仏教徒を装う等して信仰を隠していた人々の事だそうです。


これで2018年に登録された、アジアの世界遺産シリーズ終わり。







お船のイベント。

2海域目はマレー半島とインドネシアのスマトラ島の間、マラッカ海峡を行きます。


18_summer_e2_map1_2
スタートはシンガポール辺りですかね。
まずは物資輸送である。


18_summer_e2_clear1
毎回大きな被害を出しながらも、輸送完了。


201809121419317
輸送隊本体の編成と、ボス支援艦隊の編成。
ボス支援は2隊を交互に使ってました。

道中支援は入れなかったものの、警戒陣があるのでそれ程困りませんでした。


Nq_20180912140337359
基地航空隊。

道中の潜水艦対策に1隊だけ対潜哨戒機を入れています。
後は陸攻。


18_summer_e2_map2
第2海域後半戦。
マレーシア有数の観光地・ペナン島辺りから出て、タイ有数のリゾート地であるプーケット島へ。


18_summer_e2_syuusekitiseiki_vmode
ボス、兵站集積地 集積地棲姫 バカンスmode。

…お前、引き篭もりちゃうんかったんか。。
何プーケット島にバカンスしに来てるんwww


18_summer_e2_kishinami
新規実装艦、夕雲型駆逐艦15番艦・岸波。
クールそう。


18_summer_e2_syuusekitiseiki_vmode_
最終形態、兵站集積地 集積地棲姫 バカンスmode-壊。

夏休みを邪魔されてパニくってるのか、怒ってるのか。


18_summer_e2_clear218_summer_e2_clear3
スクショのタイミングズレてしまったけれど、1300くらいのダメージが出てます。
ボスは昼戦終わった時点で、既に大破に相当する損壊状態だったんだけどねw


道中がかなり厳しい海域なのだけれど、ボスまで行ければ「ダメージコンテスト」なんて言われていました。
…まぁ、その通りだねw
攻撃手が中破してようが、昼で安定して200〜300ダメージくらいは出せちゃうんだし。

ツイッターのフォロワーで1900ダメージとか出した人もいたり。
オーバーキルも良いとこだw


18_summer_e2_kataparuto
という事で、無事にカタパルト入手。
もっとくれても良いのよ。


18_summer_e2_12_7cmrensouhou_bgata_
報酬装備、12.7cm連装砲B型改四(戦時改修)+高射装置。
装備名長いw

駆逐艦用の対空・対艦両用主砲ですかね。


18_summer_e2_zeroshikisuizyouteisat
報酬装備、零式水上偵察機11型乙(熟練)。
高性能水上偵察機、2機目です。


18_summer_e2_kaikyoudakkann_clear4
マラッカ海峡の制海権を奪還!
更に西へと進みます。


U_20180914140701132
編成。
ボスに陸上型が多いので、基本的に対陸上用装備で挑んでいます。
これによって、道中厳しんですけどね。

ボス支援は前半戦と一緒。
道中支援は基地航空隊を対潜に回す余裕がなくなったので、道中の潜水艦対策に対潜支援。
ボス前の水上艦隊にも航空機による航空支援が行われます。
敵編成に軽空母とか防空巡洋艦がいるので、撃墜される機が多くてボーキサイトの消費量が多くなりますが…。


Nq_20180914140526140
基地航空隊。

対潜哨戒機を戦闘機に交代。
1隊をボス前、もう1隊をボスへ派遣。
ボスでは随伴の補給艦、駆逐艦を蹴散らしてくれる事に期待してました。
上手く行けば砲台にも大打撃を与えられるので、良いですね。









F1シンガポールGP予選!!

その前に、2019年のドライバーラインナップについてのお話。
色々と言われていたフェラーリがドライバーラインナップを発表!
現在、複数年契約をしているセバスチャン・ベッテルのペアが誰になるかで長い事噂が立っていましたが、遂に決定が公表されました。
キミ・ライコネン、離脱。
そして、ザウバーからフェラーリの育成ドライバー、シャルル・ルクレールが昇格!
来年はベッテルとルクレールのペアとなります!
ルクレールはF1参戦2年目でビッグチームのシートに座る事になりますが、これは非常に早い!
今までで最もフェラーリ昇格が早かったジャン・アレジでさえ、3年目です。
俺の推し、フェリペ・マッサは4年目。あのミハエル・シューマッハは6年目から。

一方、フェラーリのシートを失ったライコネンはザウバーと2年契約を結んだと発表されています!
ライコネンとルクレールがスワップした形だ。
2001年にザウバーからデビューしたライコネンは、古巣に戻ってきた事に。
少なくとも、2年はF1で走るだろうけど、デビューチームでキャリアを終えようとしているかもしれませんね…。
ザウバーで始まり、ザウバーで終わるか…。

しかし、ルクレールの今の所のサクセスストーリーには期待してるんだけど、来年以降は先頭争いするライコネン見れないかもしれないのかぁ。
ちょっと寂しい。
ザウバーは中段で戦えるようにはなってきてるけど、来年以降も先頭争いに絡める可能性は低そうだしなぁ…。

やってきました、初代ナイトレースの地!!

観客がパタパタ扇いでる。
暑そう。

チーム側では…ドライアイスだwww


マリーナ・ベイ地区の象徴のひとつ、マリーナ・ベイ・サンズ。
そういや、今回はマーライオン映らないね。
いやぁ、やっぱりシンガポールの夜景はえぇわぁ~。


Q1
公道だからか、路面が非常にバンピーなのが特徴。
殆どがハイパーソフトでアタックする中、メルセデス2台はウルトラソフト。

残り間もなく3分。
おっ、グロージャンがタイムを上げて4番手。
フェルスタッペンより上に来ている。
グロージャンは市街地レース好きだったかな。
それもあるのかも。

チェッカー!
ヒュルケンベルグは7番手!
ガスリーは13番手。
ルクレールが9番手だ!
ヴァンドールンは16番手でノックアウト。
アロンソは8番手。
ハートレーは16番手でノックアウトだ。
エリクソンが12番手!

最後にマグヌッセンが押し出されてノックアウトに!
ハミルトンはQ1を14番手で通過。
ウルトラソフトじゃキツいか?

リプレイ。
ストロールがオーバーランしてました。
それから、アロンソはリアタイヤがウォールに接触!
シロトキンも接触し、こちらは火花が。
ホイールも接触しているという所か。

盛り上がる観客。


Q2
ライコネン、ウルトラソフトでコースへ!
ベッテルもウルトラソフトで、ハミルトンはハイパーソフト。

ライコネン、アタック中止。
サインツJr.やザウバー勢が前にいて、タイムを失ったと感じたからだろう。
一度ピットへ戻ったけど…残り時間的に、タイヤ選択はハイパーソフトかな。
気付いたら、ベッテルも10番手だし、こちらもハイパーソフトかな。

ルクレールのリプレイ。
リアタイヤがウォールに接触!
割と激しそうだったけど、大丈夫っぽい。

残り5分、フェラーリ勢がコースへ。
勿論、ハイパーソフトだ。

まずはライコネンがトップタイム。
ベッテルは5番手。
セクター3のトラフィックは中々だったな…。

チェッカー!
ボッタスが3番手。
ルクレールは11番手でノックアウトだ。
オコンが8番手。
アロンソは10番手。
グロージャンは8番手。
ヒュルケンベルグが9番手。
エリクソンはタイム更新ならず、14番手。
サインツJr.もタイム更新ならず12番手。

アロンソは最終的に11番手だったけど、11番手狙いが成功したかな?
そして、アロンソの彼女のリンダ・モルセッリ。

サインツJr.も12番手スタートは良いのでは。
決勝は2ストップかなって言ってるくらいだったし、タイヤ選べるのは良いのでは。
無線。
ピー。

フォースインディア勢、2台揃ってQ3進出!
速いのは直線だけじゃない!


Q3
ハミルトンが真っ先にコースへ。
トップ3チームも含めてすぐ動いた。

メルセデスのガレージにいるジョージ・ラッセル。
トトは笑顔です。

ハミルトン、全体ベストを揃えて1分36秒015!
非常に速いタイムだ!

ボッタスが2番手!
それを上回るベッテル!
フェルスタッペンが2番手に食い込んできた!
ハミルトンとの差は0.3秒。

残り3分半。
ラストアタックの時間です!
ライコネン、セクター1自己ベストも、ハミルトンより少し遅れている!
ベッテル、セクター1全体ベスト!
ライコネンはセクター2も自己ベスト!
ハミルトン、セクター1でミスがあって、アタックを止めています。

ライコネンは5番手。
セクター3遅かったし、全然でしたね…。
ボッタスは4番手。
リチャルドは6番手。
ベッテルは何とか3番手。
フェルスタッペンは…2番手。

ハミルトン、ポール獲得!!
良い歓声だ!

インタビュワーはブランドルおじさん。

ハミルトン「マジックのようなラップでした。どうまとめたか覚えていません!」

フェルスタッペン「エンジンも色々あって」
去年みたいにならないよう…。

ベッテル「理想的じゃないですよね。バタバタでした。」
アウトラップのトラフィックは理想的ではないけれど、そのせいにはできないね。
かなりフラストレーションが溜まってるような表情。

キャコマ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはロマン・グロージャン/ハース
9番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
13番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
14番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
15番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
18番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
19番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
20番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ







シンガポールGP決勝!!
やっぱり、ナイトレースは独特の雰囲気だ。
マリーナ・ベイ・サンズ。

映るルクレールファン。
あれ、日本人…?
SEKAI NO OWARIがライブやってる筈だから、日本人も多い事だろう。

イギリスのバンド、シンプリー・レッド…のボーカル、ミック・ハックネルかな?
他にも、色んなゲストも来ている筈ー。

…おっ、ベルギー人元レーシングドライバーのジャッキー・イクスだ!
珍しいな…。
彼はF1で8回の優勝を成し遂げていますが、圧巻なのが耐久レース、ル・マン24時間での6度の優勝。
この事から、ル・マンキングと呼ばれているようです。

因みに、F1での初優勝はフェラーリでの事。


ハミルトンのマシンがドライアイスで冷却されてる。
めっちゃ煙吹き出てて面白いwww


シンガポール国歌。
…マイクの音量少し小さくない?

いつもの「I ❤️ SG」の屋上文字出なかったな。


フライングマン登場!
…見にくいなwww
蛍光スーツ着てるけど、色味変わるっぽくて、見にくくなる時がある。

冷やしメルセデスの次は、冷やしフォースインディア。
皆似たような事やってるっぽい。


マリーナ・ベイ・サンズのプールからコースを見下ろす。


…おっ、ストロールはソフトタイヤスタートか!
グリッドで唯一の選択…これは見物だ!


シグナルが…ブラックアウト!
1コーナーど大きなタイヤスモーク上がったけど、大丈夫だな…。

あーっと!!
3コーナーでオコンがクラッシュ!!
ペレスと接触して押し出され、壁に当たってしまったー!!
審議になったけど、4周目にお咎めなしの判定。
ペレスもイン側にそんなにスペースなかったみたいだしな…。

オーバーテイクポイントである、6コーナーを含むフルスロットル区間でベッテルがフェルスタッペンに仕掛けています!
フェルスタッペンをかわして2番手に浮上!
そして、セーフティカーだ!

…ん、シロトキンのフロントウイングになんか輪っかが引っ掛かってるよ?
オコンがクラッシュした時に外れたホイールの何かか。
結構しっかりウイングの構造物に嵌まっちゃってるなぁ。
4周目にピットインして、輪っかを外しました。
やっぱり危ないしね、外すよね。
それと同時にソフトタイヤに交換しています。

フェルスタッペン無線。
ピー。


5周目、リスタート!
取り敢えず、順位は変わらずだな。


13周目…えっ、雨?!
レース中初の降雨か?!


15周目、ベッテルがピットイン!
ハミルトンへのアンダーカット狙いか?
ウルトラソフト…2ストップだろうか。

…ハミルトンより先に動いちゃって良かったのでしょうか?


16周目、ハミルトンがピットイン!
こちらはソフトタイヤ!
ペレスを挟んで、ベッテルの前で戻っています。
ベッテルはペレスに引っ掛かっちゃってるのが痛いなぁ~。


18周目、フェルスタッペンがピットイン!
発進時にエンストしかかってるような…。
でも、タイヤ交換自体はハミルトンやベッテルより速いぞ!

さぁ、ベッテルとの位置関係は…?!
微妙だ…
フェルスタッペンがコースに復帰してすぐにサイド・バイ・サイド!!
3コーナーはフェルスタッペンぎイン側を抑えるカタチだが…フェルスタッペンが前だ!!
フェルスタッペン、2番手に復帰!


25周目、雨…強くなってる?
なってないかな?
まぁ、熱帯地方とは言え、夜間はスコールあんまりないだろうしな。


27周目、ガスリー対ルクレール!
来年トップチームに移籍する2人の対決、ルクレールがガスリーをかわして9番手に上がっています。


33周目、中段争いは激しいね!
シロトキン、ペレス、ヒュルケンベルグのバトルだ。


34周目、シロトキン対ペレス!
ペレスがシロトキンに仕掛けて行った!
そこで仕掛けるんだな…サイド・バイ・サイド!
あーっと、接触だ!!
ペレスがシロトキンにぶつかって、パーツが飛び散ってる!
ペレス、左リアをパンク!
シロトキンもパーツが壊れてペースが落ちています!
ヒュルケンベルグがその間に2台の前に出ています。
ペレス、ピットイン。
この接触は36周目に審議となりました。

…ハートレー、マグヌッセンの前に出たかな?
後方でもバトルが行われているようです。


37周目、14番手争いが激しい!
今度はシロトキン、グロージャン、ガスリーの3台だ。
シロトキンとグロージャンが激しくバトル!
そこにトップ争いのハミルトンとフェルスタッペンも来ています!
グロージャンに青旗が出されるものの、当人はシロトキンへのアタックに集中している模様。
ハミルトンが抜きあぐねています。
フェルスタッペンも追い付いてきて、ハミルトンに仕掛けようしたりしていて、かなりヒヤヒヤもの。
…あー、危ない危ない!
グロージャンがコーナーをオーバーランしながらシロトキンをかわしていった!
これでようやくハミルトンがシロトキンの前に出られました。
グロージャンもかわして、ハミルトンはトップを維持。
後ろのフェルスタッペンはもう少し楽にこの塊を抜けています。

ハミルトンもフェルスタッペンも無線で困惑しているけどね。
フェルスタッペンに至ってはピーって。


39周目、審議が出ています。
…ん、マグヌッセンとハートレー?
あっ、シロトキンとグロージャンも出ましたね。

43周目にマグヌッセンとハートレーはお咎めなしとなっています。
何かあったんでしょうね。
44周目にはグロージャンに5秒ペナルティ。
青旗無視はやっぱり怒られますよね。
シロトキンにはペナルティなし。

40周目、ペレスにドライブスルーペナルティ!
あーあーあー、折角2台揃ってQ3に入ったのに、フォースインディアは今回はダメそうですね。
41周目にペナルティ消化。
最後尾の19番手でコースに復帰しています。


43周目、マグヌッセンがハートレーをかわして17番手。
先程からバトルしているようだ。


45周目、アロンソがファステスト!
しかも、ソフトタイヤだ。
どれだけ前のマシンがタイヤを労って走ってる事か…。


46周目、シロトキンとハートレーに審議。
ハートレーがシロトキンを攻めた時、ハートレーはコーナーでウォールに追いやられていたからのようです。
ほぼ停止寸前まで減速したハートレー、良くシロトキンにも壁にも接触しなかったな…。

47周目にシロトキンに5秒ペナルティ。
と同時にピットインしていますね。
ペナルティを消化しつつ、タイヤ交換だ。


50周目、リチャルドがファステスト!
前にはボッタス、ライコネンがいます。
リチャルドは
先程からファステストを出していますね。


52周目、今度はマグヌッセンがファステストだ。
珍しい。

54周目、ボッタスのピー。


60周目、ハートレー対ペレス。
16番手争いだ。
ペレスの方がペース良さそうだな…。


61周目、ファイナルラップ!
ハートレーとペレスがやりあってるようですね。
ペレスがハートレーをかわして、16番手。
すぐに2秒くらい差をつけている…。


ハミルトン、優勝!!
シンガポールの優勝回数最多タイとなる4勝目をポール・トゥ・ウィンで飾りました!

バンバン打ち上げる花火。
チェッカー受けるマシンがいる毎に上がるから、凄い豪勢。

マシン止めた場所の下、映像が表示されてるのか!
壁も映像流れてる!
優勝者専用の特設ステージみたいだ。
FP2から準備してたやつですね…。


疲れたかな、座り込むハミルトン。
座り込み取材だwww

ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン!

元気なレッドブル陣営。
フェラーリ陣営はかなり静か。

表彰台。
いつもの。
からいつもの。

シャンパンファイト!
こんな状況でもまず飲むベッテル。
しかし、表情は固い。

EDの最後でようやくマーライオン出た。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はダニエル・リチャルド/レッドブル
7位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8位はカルロス・サインツJr./ルノー
9位はシャルル・ルクレール/ザウバー
10位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

ここまでがポイント獲得。

11位はマーカス・エリクソン/ザウバー
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はピエール・ガスリー/トロロッソ
14位はランス・ストロール/ウィリアムズ
15位はロマン・グロージャン/ハース
16位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
17位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ
18位はケビン・マグヌッセン/ハース
19位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ

リタイアは…
エステバン・オコン/フォースインディア


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(281Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(241Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(174Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(171Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(148Pt)
6位:リチャルド/レッドブル(126Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(53Pt)
8位:アロンソ/マクラーレン(50Pt)
9位:マグヌッセン/ハース(49Pt)
10位:ペレス/フォースインディア(46Pt)
11位:オコン/フォースインディア(45Pt)
12位:サインツJr./ルノー(38Pt)
13位:ガスリー/トロロッソ(28Pt)
14位:グロージャン/ハース(27Pt)
15位:ルクレール/ザウバー(15Pt)
16位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
17位:ストロール/ウィリアムズ(6Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(6Pt)
19位:ハートレー/トロロッソ(2Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(1Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(452Pt)
2位:フェラーリ(415Pt)
3位:レッドブル(274Pt)
4位:ルノー(91Pt)
5位:ハース(76Pt)
6位:マクラーレン(58Pt)
7位:フォースインディア(32Pt)
8位:トロロッソ(30Pt)
9位:ザウバー(21Pt)
10位:ウィリアムズ(7Pt)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

梵浄山

2018年に登録された、中国の世界自然遺産です。
中国のほぼ中央部、貴州省の北東部・銅仁地区に位置する山です。多分日本語読みは「ぼんじょうさん」とかで良いと思う。
世界自然遺産・武陵源に程近い武陵山脈に属しており、最高峰の鳳凰金頂は標高2570m。
降水量が多く、20本程の河川が流れ出すという中国きっての水源で、川による浸食作用が渓谷、滝、湿地といった美しい景観を作り出しているのだとか。
また、降水量の多さと共に湿度も高い為、森林が発達。低地では亜熱帯林が広がり、常緑樹林、落葉樹林広葉樹林、針葉樹林、高山では低木帯と様々な環境が広がる。
そんな環境だからか、生物圏保護区にも指定されているとかで、レッドリストで絶滅寸前種に指定されているチュウゴクオオサンショウウオ、同じく絶滅危惧種のコビトジャコウジカといった希少な生物も住まうという。

国際自然保護連合、IUCNは生物多様性の面でこの案件の価値を認めていたが、保護や管理状況の観点から、「情報照会」を勧告していました。
ですが、これも多くの案件と同じく、逆転で登録されたようですね。

因みに、中国の自然遺産はこれで13件目で、アメリカとオーストラリアを抜いて、自然遺産保有数で1位となっています。







残暑厳しいけど、セミの声は段々と聴かなくなってきたね。
陽気が鈴鹿の季節に近付いてきたなぁ…。








…という訳で、始まりました!!
お船の夏イベント!!

晩夏イベントとなる予定が、色々とズレて初秋イベントに。
それにも関わらず、深海側はバカンスしてたり、艦娘側は水着だったりしてて中々にカオスです。

2期の1発目から全5海域とは中々にヘヴィ。
運営の言ってる、大規模寄りの中規模ってのも引っ掛かるんだよな。
アレだよな、4海域目とか5海域目とか、ゲージが3つくらい出てくるやつだな…。


さて、まずは第1海域。
最初はいつも対潜哨戒だと思ってたので、勿論難易度は最高難易度の「甲」で。
ま、護衛空母・大鷹さんを軸に随伴艦の水上艦艇潰しの軽空母と対潜艦で固めて、道中警戒陣で突破すれば楽勝っしょ…とか考えてました。

運営「戦艦と空母は使用不可」
…あ、大鷹さん使えないw
じゃあ、軽巡に練習巡洋艦入れてちょっと重めの水雷戦隊で行ってみようか。


18_summer_e1_map
マップ。
軽巡+練習巡洋艦編成だと、左側の遠いスタート位置からになってしまいました。
しかも、Eマスで大破撤退。
あー、重巡flagship2隻編成相手は警戒陣でも事故率高そうだなぁ…。

…という事で、軽巡+小型艦艇(駆逐艦+海防艦)の対潜掃討隊に。
後、6隻入れると件のEマスを通るようになるらしいので、5隻編成。

最短ルートは道中・駆逐艦や補給艦主体の対水上艦隊戦、ボスは随伴艦に水上艦である駆逐艦がいまーす!

…この条件だと、結構キツいんじゃね?
道中は警戒陣で強行突破するとして、ボス…。
敵駆逐艦の砲撃で中破とかさせられたら、対潜火力落ちるな…。
これ、場合によってはボス戦での支援艦隊入れた方が良いな。
元々は随伴駆逐艦の攻撃が気になったら砲撃支援入れようと思ってたけど、状況変わったかも。
戦艦なしの5隻編成という環境上、そもそもボス倒せるか怪しいから、敵艦隊全滅を目指すより、対潜支援入れて潜水艦を倒す方向に絞った方が良さそうだな…。


18_summer_e1_sensuishinseiki_vmode18_summer_e1_sensuishinseiki_vmode_
という訳で、ボスは潜水艦 潜水新棲姫 バカンスmode。
前哨戦と最終形態で科白が違います。

この新鋭姫級潜水艦は先制雷撃を放ってくるうえに、回避能力も高くて中々に厳しい相手。
初っぱなから倒し損ねたりして、上手くは行かないものですね。

随伴艦に潜水艦eliteが2、3隻、駆逐艦が2隻。
最終形態になると、潜水艦が3隻固定になり、うち1隻はflagshipに格上げ。
…ま、先制対潜が当たればどうってことはないのですけれど。

最終形態時はボスのHPも増えるので、対潜支援を入れました。
随伴の潜水艦3隻中、1隻でもこの支援で撃沈できてれば少し楽になりますね。

対潜支援と先制対潜攻撃だけで潜水艦の随伴艦を全滅させて、ボスを先制雷撃の火力が落ちる中破まで持っていけるのが理想ですが、上手く行くとって感じだな。


18_summer_e1_last
無事に突破しました!

が、初回含めて2回ボスを倒し損ね、1回は1マス目で大破撤退。更に、パソコンのスペックが落ちてきているからでしょうか、2度、アプリケーションダウンでやり直しが発生しました。
1度は1マス目で、2度目はボス…しかも、最終形態と戦っている最中でした。
1海域目の最終形態だけで試行回数は3回か…。

この海域の試行回数は全部で9回くらいかな?
1海域目としては多いですね…。


前哨戦は軽巡、海防艦、駆逐艦×3。うち、駆逐艦1を除く4艦が先制対潜可能。
1隻先制対潜できないのが混ざっているのは、うちの鎮守府事情から。
先制対潜させやすい駆逐艦は他の場面でも有用な艦や、今回の舞台となる欧州出身艦が多く、今後の為に温存させておきたかったから。

流石に、最終形態では5隻で先制対潜しないと倒し損ねかねないと思ったので、軽巡、海防艦×2、駆逐艦×2に変更。
防御面は更に脆くなるけど、これで無事に突破できました。
…まぁ、最終形態は支援も入れたし、より対潜攻撃に集中出来るようにはなってたのかな…?


18_summer_e1_clear118_summer_e1_clear2
試行回数は多かったけど、あんまり燃料弾薬の消費が激しくない艦隊だったので、良かった。


…あ、報酬はいっぱい貰えましたw


18_summer_e1_22gou_suizyoudentan_ka
新装備?
22号対水上電探改四(後期調整型)。
小型艦艇向け水上レーダーの上位装備。
能力的に、結構強力そうだなぁ。


18_summer_e1_toku2shiki_naikatei
弊鎮守府初獲得の特二式内火艇。
対陸上用装備。
この他に、対陸上攻撃用ロケランも獲得しています。

この先、対陸上作戦が多いぞっていうメッセージでしょうか?
第2海域は最初の輸送作戦で陸上の深海棲艦を相手にしそうだし、早速使い所がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

山寺(サンサ)、韓国の山地僧院

2018年に登録された、韓国の世界文化遺産です。
韓国各所に点在する、7ヶ所の伝統的な山寺からなる世界遺産です。
それぞれが大乗仏教の寺院であり、金堂、塔、講堂、僧院、中央に配されたマダンと呼ばれる庭園からなる伽藍(がらん)構成と呼ばれる構造を有しているそうです。
創建は7世紀から9世紀頃との事ですが、その多くは李氏朝鮮の時代に改修されているそうです。

イコモスは当初、申請された7つのうち、慶尚南道・梁山市の通度寺(Tongdosa)、慶尚北道・栄州市の浮石寺(Buseoksa)、忠清北道の法住寺(Beopjusa)、全羅南道の大興寺(Daeheungsa)のみについて登録を勧告していました。
ですが、審議において残りの慶尚北道・安東市の鳳停寺(Bongjeongsa)、忠清南道・公州市の麻谷寺(Magoksa)、全羅南道・順天市の仙岩寺(Seonamsa)についても登録される事となりました。
どのような経緯で全て登録されたのだろう…頑張ったんだろうけれど。






この1週間、色々ありました。

主に関西周辺に甚大被害を被った、台風。
北海道全道の停電を引き起こした、地震。

日常生活にはそれらのダメージはありませんでしたが、仕事には非常に、非常に影響を与えまして…。
カントーにいる割には、この1週間、帰れるか帰れないかの瀬戸際の連続でした。

いやぁ、疲れたね…。
繁忙期とはまた違う種の疲れだ。

来週は久々に例のイベント週間なんだが…関西・北海道が共に復旧した時の反動が今から怖い。
大丈夫かな…。






お船のゲーム、第二期になって初のイベント。
そのメンテナンス中…いつも11時からメンテ開始だけど、今回は午後から。
何となく、そんな予感がしていたけど…まだメンテ中です。
いつもの事だけどね。

どうやら、母体となるDMM GAMESの鯖が北海道にあったらしいとかいう未確認の情報もあり、その影響でメンテ開始が遅れたのかな…?
メンテ明けが遅れているのも、その影響なのかも…?


それはそうと、そろそろノーパソも寿命かなぁ。
起動するのとか、ゲーム進行が遅くなってきた…。






続きからコメント返信!!

続きを読む "山寺(サンサ)、韓国の山地僧院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

アハサー・オアシス、進化する文化的景観

2018年に登録された、サウジアラビアの世界文化遺産です。
サウジアラビア東部にある同国最大の州・東部州に位置する、オアシス地帯における世界遺産です。
東部州はおろか、世界最大のオアシスで、その面積は約11万7千㎢。250万本のナツメヤシが生育しています。東をペルシャ湾、南をルブアルハリ沙漠、西をダフナー沙漠(南にもかかってる気がする)、北をクウェートに囲まれています。
水が豊富に得られる土地だった為、有史以前より人類が居住しており、アル・ホフーフ遺跡(多分構成遺産)からは6000年前の陶磁器が出土しているそうです。
この辺りは昔から農業が盛んで、泉や井戸、灌漑設備、ヤシ園等が整えられていました。その他、状況に応じて用途変更されてきたという排水池や運河等といった設備もあり、これらがこのオアシス都市に考古遺跡として、また、現在も使われ続けている建造物として併存しているようです。
そういった、気候変動等に対応してオアシス文化の形態を変えて行った歴史は自然と寄り添ったものであり、まさに「進化する文化的景観」と言えるでしょう。

サウジアラビアはこのオアシスを自然と人間の共生の枠に留まらない、新たな文化的景観「地球文化的景観」であるとして推薦しましたが、イコモスは価値の証明がされていないとして、「不登録」を勧告。オアシスの多くが過去50年の都市設計によって、歴史的資産と分断されてしまって、連続性が見られない為としていたようです。
ですが、逆転で登録された模様したのは…頑張ったのでしょう。






Zw_mini
ゾイドワイルドミニ。
ガチャポンのやつ、嫁がやってきてくれましたw

ガノンタスのアーマーの処理が凄いね。
差し替えパーツなしで、通常状態とワイルドブラスト状態を再現出来るのが良く出来てる!








F1イタリアGP予選!!


その前に、今年で契約が満了するF1日本GPの開催継続される事が発表されました!!
2021年までの、3年契約です。

合わせて、2019年の暫定年間カレンダーも発表。
今年のような3連戦はなくなりましたが、その代わり、8月と12月の頭にもレースがあるという組み方に。
まぁ、21戦あるし、仕方ないけどねぇ〜。
これはまた関係者、大変だ。




ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは10グリッド降格ペナルティ。
前戦ベルギーGPのオープニングラップでの多重クラッシュの原因となった為。
更に、パワーユニット一式を交換し、グリッド最後尾からのスタートとなりました。
6基目のターボチャージャー、5基目のエンジンとMGU-H、4基目のMGU-K、コントロールエレクトロニクス、エナジーストア。

レッドブルのダニエル・リチャルドもパワーユニット一式を交換し、グリッド最後尾からのスタートに。
6つの構成要素、全てが4基目です。
こちらはルノーの最新版のパワーユニットを搭載。パフォーマンスは上がるとの事だが、信頼性が確立されてないとされているものです。
フェルスタッペンもパワーユニットを交換しましたが、ペナルティはなし。

尚、ヒュルケンベルグのパワーユニットは信頼性が高い、現行バージョンだそうだ。


また、金曜日のFP2開始直後に大クラッシュを喫したザウバーのマーカス・エリクソンはシャシーと共にパワーユニットも交換。
4基目のエンジンを使用した為、10グリッド降格ペナルティを受けている。


ヨーロッパラウンドの最終戦!
フェラーリの聖地、モンツァは曇り。
雨、降りそうかな?
ポツポツ来てるとか。
降水確率は80%。


めっちゃアイスっぽいの売れてるやん。


物凄い雨降ってる所が近くにあるぞ。

サインツJr.、24歳の誕生日!


Q1
大盛り上がりの観客!
でかいフェラーリ旗が3つ、観客席で揺れる。

ベッテルが出ると、凄い歓声が!
ライコネン、履いてるタイヤセットからバイブレーション出てると言っていたけど、トップタイム!
最後のホームストレートは他車のスリップ使ってたしね。

ベッテルが2度目のアタックでトップタイム。
残りは10分。

ジャン・トッドがルノーのガレージにいる。
チーム代表のジェローム・ストールと会話中。

ベッテルがセクター1、セクター2全体ベストでタイムを削ってきた!
トップタイム更新!

残り6分。
リチャルドがコースイン。
新しいパワーユニットの試しがてら、取り敢えずのタイム計測か?
全く手抜きせず、4番手タイム!

ルクレール、エリクソンがタイムを更新して順位をあげている。

…ボッタスとフェルスタッペンが同タイムwww

残り2分。
ハートレーは18番手。
ちょっと、厳しいか…?

ペナルティを受ける予定のヒュルケンベルグもコースインしています。

チェッカー!
エリクソンはタイム更新できず、15番手。
ギリギリです。
ストロールが10番手!
ヴァンドールンは17番手でノックアウト。
ヒュルケンベルグが10番手に飛び込んできた!
ハートレーは結局、18番手のままでした。
一方のガスリーは11番手!
シロトキンが11番手だ!

ペレスがまさかのノックアウト。
ザウバーもダブルノックアウトを喫しています。
一方で、ウィリアムズが2台揃ってQ2進出!
0.01秒の中にひしめく中段勢。
ちょっとしたミスや他車に引っ張って貰えるか等で容易に順位が変わる世界。

ヴァンドールンの無線。
ピー。


晴れ間が見えてきた。

…あ、エミリア嬢来てるんだな。
横顔のまま…あ、微笑んだ。


Q2
ハース、2台揃ってコースイン。
どうやら、引っ張り合うようだ。

ウィリアムズ、今年はまだQ3進出がない。
ってテロップ。
チーム副代表のクレアはそのテロップを見たのか、何とも言えない表情。

マグヌッセン、グロージャンの引っ張り役として、アタック中。
…ん、シケインでミスって少しコースオフした…。
後ろでアタックしていたグロージャンはそのままアタックを続行。

メルセデス勢も引っ張り合いの練習しているようです。
…おぉ、ハミルトンが速い!
1分19秒798!
コースレコード近くなってきた!

ベッテルもセクター2が全体ベスト!
セクター3も全体ベストで、トップタイム!

うん、オコンは6番手。
トップ3チームの次に速いね!

ボッタス、ピットレーンでハーフスピン。
通過直前に重量計測に呼ばれて曲がろうとしたら、濡れてる路面にリアを滑らせたようだ。

ガスリー、ハースに行く手を塞がれる。
無線で「最低!」と言っています。
ガスリーは現在、10番手タイム。
Q2通過なるか?

ジャン・トッド、今度はメルセデスのガレージ。
チーム代表のトト・ヴォルフと会話中。

ウィリアムズのリザーブドライバー、ロバート・クビサ。
ガレージ内のマシンのラジエーターに装着するパーツをガレージの外に置いてます。
何故クビサがやってるのか…。

残りは間もなく2分半。
ラストアタックです。
続々とコースインするので、大混雑しています!

ベッテルがセクター1を全体ベストで通過!
ここでチェッカー!

ベッテル、セクター2は遅かったけど、タイム更新、トップタイムを維持しています!
シロトキンが10番手に飛び込んできた!
ガスリーがタイムを更新、9番手だ!
おぉ、ストロールが7番手に入ってきた!
グロージャンは速いな…6番手だ!
フェルスタッペンはボッタスを上回って4番手!
オコンは7番手タイム。
サインツJr.はタイム更新ならなかったものの、9番手でQ2通過!

ガスリー、マグヌッセンを僅かに上回ってQ3進出!
マグヌッセンはラストアタックの時、1コーナーと2コーナーでアロンソとやりあってたのね。
…2コーナーの立ち上がりで少し接触してない?
アロンソの無線「1コーナーで俺とレースしたかったみたいよ。」


ストロールが8番手でQ3進出!
去年のモンツァ以来となるQ3進出のようですね。
ウィリアムズがQ3にまで残ったのは、今季初だ。

ガスリーはチームの母国でQ3進出ですね!
…おっ、ガスリーのファンだ。

マグヌッセンとアロンソの件で、ハースのチーム代表、ギュンター・シュタイナーとマクラーレンのチーム代表、ザク・ブラウンがピットレーンで緊急会議だ。

リプレイ見ると、アロンソは結構アグレッシブだったような気がする。
この件は予選後審議だそうだ。


Q3
ガスリーは新品のスーパーソフトが1セットだけしかないけど、他の中段勢は2セット使えるとか。
…おっ、ガスリーが早々とコースインしてる。
中古タイヤでバンカータイム出すのかな?

ん、ガスリーの彼女かな?


フェラーリ2台がコースに入った!
その後ろで、メルセデス勢もコースイン。
おっと、メルセデス2台の間にサインツJr.が入り込んでる。

…どうやら、サインツJr.を抜いたようだ。

フェラーリはベッテルが前、ライコネンが後ろ。
メルセデスはハミルトンが前、ボッタスが後ろ。
どちらのチームも引っ張り合うようですね。
まずはハミルトンがセクター1全体ベスト!
セクター2はベッテルが全体ベストを記録。
ベッテル、1分19秒497!
ライコネンがそれを上回って、1分19秒459!
ハミルトンが更に上回った!
1分19秒390…トラックレコード更新!
喜ぶメルセデスファン!

1回目のアタックはハミルトン、ライコネン、ベッテル、ボッタス、フェルスタッペンの順だ。

ストロールはまだコースインしていないようだ。
彼も新品スーパーソフトを1セットだけしか持ってなかったのかな?

ベッテルは2コーナーで少し飛び出したらしい。
タイム抹消されるかも?

残りは2分半。
各車、ラストアタックへ!

再び連なって出ていくメルセデス勢とフェラーリ勢。
メルセデスはボッタスが前、ハミルトンが後ろ。
フェラーリは…再びベッテルが前、ライコネンが後ろだ?!
ベッテルはハミルトンに引っ張ってもらうようだ。

ジャン・トッド、最後はフェラーリのガレージ。
新CEO、ルイス・カミレリと並んで。

チェッカー!
ハミルトン、セクター1は自己ベストよりも遅れている。
フェラーリ勢がセクター1を自己ベストで通過中!
ボッタス、セクター2で全体ベスト!

フェルスタッペンは5番手だ。
ボッタスは4番手タイムでした。
ハミルトン、セクター1とセクター3で遅れるも、タイム更新!
1分19秒294にまでタイムを削った!
おおっと、ベッテルがハミルトンを上回った!
1分19秒280!
おおっ!!
ライコネンがセクター3全体ベストでベッテルのタイムを上回った!
1分19秒119、トラックレコード更新!!
そして、2004年にモンツァでファン・パブロ・モントーヤによって記録されていた、F1の平均周回速度記録も更新しました!
因みに、モントーヤの記録は262.242km/h。ライコネンは263.588km/hでした!

ライコネン、イタリアでは12年振りのポールポジション獲得!!
フェラーリは地元で18年振りのフロントロー独占!!
ティフォシ達の大歓声に包まれるスタンド!!
スオミの人達も大喜び!

ライコネン夫人のミントゥ夫人…泣いてるの?

ベッテルのリプレイ。
シケイン出口で少し砂利にタイヤを落としてる。
中段勢とか、レッドブルとかもそうだったけど、結構ここにタイヤ落としてるドライバー多かったよね。
ライコネンはここを綺麗に曲がっていってたしなぁ。


トップ3以外のチームでの最高位、所謂ベスト・オブ・ザ・レストを獲得したのは、グロージャン!
オコンはサインツJr.にも上回られていました。

マシンがこのコースに合ってないガスリー、マシンの戦闘力がないストロールはスタートに注意が必要なポジションです。
そんな中、Q3に進んだのは良い事なのだけれど。


ライコネンのロータス時代のTシャツを着てるファン。
「放っといてくれ」Tシャツだったかな?
「自分がやってる事は分かってる」って書いてある。


そして、やっぱり淡々としてるライコネンである。
それでこそアイスマン。


インタビュワーはポール・ディ・レスタ!

帽子を交換するライコネン。
ライコネン「ここでポールポジションを取れるのは最高です。」

ベッテル、少し怒ってる?


記念撮影の後、ミック・シューマッハからタイヤを受け取るライコネン。
ミックはF3に参戦。
チャンピオン争いに絡み中のようだ

最近のモンツァでは、ポール・トゥ・ウィンの確率が高いようだ。
これ、ライコネン優勝あるかも…?!
楽しみ!


ポールポジションからはキミ・ライコネン/フェラーリ
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
10番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

11番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
12番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
17番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
18番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン


ヒュルケンベルグ、リチャルド、エリクソンがペナルティを受けています。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはキミ・ライコネン/フェラーリ
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
10番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

11番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
12番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
15番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー

16番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
17番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
20番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー








F1イタリアGP決勝!!
モンツァは曇り空…ピットレーンでは雨がポツポツという話も。

フェラーリの紅に混じって、オレンジ色の応援団もおりますな。

フェラーリファンの子が持ってるの…四つ葉のクローバーだ。

ロズベルグもグリッドにいるな…。
インタビューかな?

キックボードでピットレーンを進むハミルトン。


アロンソへのお別れの横断幕。
観客席の後ろにセルジオ・マルキオンネ元フェラーリCEOの写真が…。


イタリア国歌!!
独唱…表彰台のとはまた違ったしっとりした感じになってる。

そして、やっぱ戦闘機飛ぶよね!
イタリア国旗カラーのスモーク!

曲芸飛行隊を見上げるケビンの父、ヤン・マグヌッセン。

歌が始まるんです?
イタリア国旗カラーのドレスなんだが…兎に角高いwwwあれ、中どうなってるのかな?
ツイッターではトリプル小林幸子とかwww
しかも、歩いて退場www


ハミルトンを風刺?したゲートフラッグ。
かなり毒のある風刺だ。


シグナルが…ブラックアウト!!
後方で接触が…!
ハートレーがホームストレート上でストップ!
ヴァンドールンとエリクソンに挟まれて、右フロントタイヤがバースト…したらしい…。

1、2コーナーをライコネンがトップで通過!
3コーナーを立ち上がって…ハミルトンがベッテルに仕掛ける!
アウト側から並びかけて行った…そのままターンイン!
って、あー!
当たってしまった!!
ベッテルがスピン!!
最後尾に…。
しかも、ベッテルはパーツ飛んだな…。
ハミルトンは大丈夫そうだ。

セーフティカー!

ベッテル、フロントウイングが片方傾いてしまっている。

ヒュルケンベルグ、リチャルド、ベッテルがピットイン!
ベッテルはソフトタイヤのようだ…このままチェッカーまで行けるのか…?!

アロンソが3つポジションを上げて10番手。
ガスリーは11番手にまで下がっている。

ベッテルとハミルトンの接触は審議になりましたが、6周目にお咎めなし。


4周目、リスタート!
ハミルトンがホームストレートでライコネンをかわしてトップに躍り出た!
しかし、ライコネンも負けていない!
3コーナー立ち上がって、再びハミルトンをかわしてトップ奪還!!
凄い歓声だ!!

リプレイ。
マグヌッセンとペレスが接触…ペレスの左フロントがマグヌッセンのフロアをゴリゴリ削っている。
マグヌッセンはコーナーカットから戻ってきてスピードが出てなかったようで、スピードに乗っていたペレスが追い付き、かわそうとしていたが…接触。


8周目、ルクレールとガスリーがサイド・バイ・サイドのバトル!
後ろにはリチャルドとベッテルがいます。
ルクレールがガスリーをかわして13番手に!
混戦模様です!


9周目、ルクレールがコーナーでタイヤをロック!
すかさずガスリーが前に出ました!
リチャルドもそれに続き、ベッテルもルクレールへのオーバーテイクを狙っています。

あっと、アロンソのポジションがどんどん落ちてる…スローダウンか?
ピットロードに入ってきました…スピード全然ないですね。
どうやら、トラブルのようだ…ここでリタイア。

ガスリーとリチャルドがバトルしています!
あっと、1コーナーで当たってるよ!
リチャルドのかな、パーツ飛んだな…。

シロトキン、ペレスから順位を守る!
ウィリアムズは8番手、9番手だ。
中段は大混戦…目まぐるしくアクションが起きています!


15周目、ベッテルがシロトキンをかわして10番手に。
ポイント圏内に復帰してきたけれども、無線でアンダーステアが出ていると報告しています。
接触でマシンバランスが変わってしまったか?


19周目、フェルスタッペンとボッタスのバトル。
フェルスタッペン、1コーナーでミスってコーナーカット。
2人共、ブレーキでタイヤをロックさせていました。

先頭のライコネンとハミルトンは全然距離が開かないな。
ライコネンからしたら、逃げを打ちたい筈だが…。


21周目、メルセデスとフェラーリのピットが動いた!
ライコネンとハミルトンが同時にピットだな!
…いや、ハミルトンは残った!
ライコネンだけがピットイン。
タイヤ交換時間は2.2秒、速いぞ!
後は、ソフトタイヤが持つか…?

ハミルトンはハンマータイムに突入!
しかし、まだ入らない!
今の所、ハミルトンはピットインしたら2番手ポジションだ。


24周目、ライコネンが雨の報告してる!
ベッテル、オコンをかわして5番手に。
しかし、かなりバトルしてきたので、タイヤが持つか…。

あーっと!!
リチャルドのパワーユニットがブロー!
そして、コース脇でストップ!
ルノーのパワーユニット、スペックCの信頼性問題でしょうか…?

黄旗!!


27周目、カメラにも雨粒が…。
でも、路面は濡れなさそうだ。
そんな中、フェルスタッペンがピットイン。
ベッテルはこれで4番手に浮上。
タイヤが心配…。


28周目、先頭を走るボッタスの無線。
2番手のライコネンをブロックするよう指示が飛んでいます。
これはハミルトンのサポート役に回れって事で…今季は今後もずっとそうなのかな?

ここでハミルトンがピットイン!
タイヤ交換時間は2.4秒と良いタイム。
ライコネン、ファステストを出しながらホームストレートを駆け抜ける!
ハミルトンはライコネンの後ろだ!
凄い歓声!


30周目、ベッテルが2度目のピットイン!
リアタイヤに筋が見えてたし、やっぱりダメですか。
スーパーソフトタイヤを履いて、ウィリアムズ勢の後ろ、10番手でコースに復帰。
前のマシンはこれからピットストップするのが多いから、そこそこの順位にまでは挽回できる。

んー、ライコネン、ちょっとリアが辛いか?
最終コーナーのパラボリカでリアがスライドしてる…それに、リアタイヤに筋っぽいのが見えるな。
ブリスターが出来てるっぽい。
その間にハミルトンが差を詰めてきています!
5秒くらい後ろだったのが、2秒くらいになってる。


34周目、ハミルトンが1コーナーで左フロントをロック!
フラットスポットできているけど…数周したらほぼ直ったっぽいな。
影響なさそうです。


36周目、祈るティフォシ。
中々ボッタスをかわせないライコネン。
ライコネンのリアタイヤは結構来てるね…みるみるうちに酷くなってきてる。

ここで、ライコネンを蓋していたボッタスがピットイン!
フェルスタッペンの後ろ、4番手で復帰しています。
ここからフェルスタッペンとの激しいバトルに突入していく事となります。

ガスリーはピット入ってから結構順位下がってるな…16番手。
何かあったかな?


43周目、ボッタスが1コーナーでコースオフ!
リプレイでは、フェルスタッペンとタイヤ同士が接触して弾き出された所が映っていました。
44周目に審議となり、46周目にフェルスタッペンに5秒ペナルティが課されました。


45周目、トップ争いが遂に動く!
ホームストレートでハミルトンがライコネンに仕掛けた!
並んだ…1コーナーでイン側を守るライコネン。
だけど、2コーナーでイン側になったハミルトンがライコネンの前に出た!!
ライコネン、2番手に後退…静かな観客席。

ライコネンのタイヤはもうかなり痛んでるから、ハミルトンについていけない。


48周目、フェルスタッペンの無線。
ピーピーー。
ついでにピー。

ピットウォール「ペナルティあるから、飛ばしていけよ。」
フェルスタッペン「何で?!」

そして、再三行われているフェルスタッペン対ボッタスのバトル!
ボッタスが仕掛けるが…フェルスタッペンはヤル気満々!
ペナルティあるからと言って、抜かせる気はないらしい。

ハミルトンとライコネンの差はもう6秒。
ライコネンの左リアタイヤの状態が非常に悪くなってきた。
これ、タイヤ壊れないかな…完走できるか心配になってきた。

そして、ハミルトンにトラブルが起こらなければ勝負は決まったな。
そして、表彰台では大ブーイングだろうね。

ライコネンは長い事優勝から遠ざかっていたし、久々に優勝した所見たかったんだけどなぁ~。
フェラーリの地元だしね。


52周目、ライコネンの無線。
エンジニアから縁石乗るなって言われてるけど、バリバリ乗ってるwww
ホームストレートで抜かされたシロトキンを再び抜いてるしwww
周回遅れに抜かされるって、あんまりないからかな。


53周目、ファイナルラップ!
フェルスタッペンはボッタスを抜かせていません!
その間にベッテルが近付いているので、このままのギャップでチェッカー受けたら、フェルスタッペンはベッテルの後ろの5位になります。

ライコネン、どうやらタイヤは持ちそうだ…。


ハミルトン、トップでチェッカー!
ライコネンはキャリア100回目の表彰台も、優勝できず。
うーん、残念。。

グロージャンがトップ3チーム以外の中での最上位…ベスト・オブ・ザ・レストの地位を獲得!
ハースのマシンが調子良いのは分かってたけど、彼も序盤戦でのノーポイント続きが嘘みたいに復調してきましたな。
マグヌッセンはペレスとの接触で壊れたマシンのまま粘りの走りでチェッカーを受けたようです。
最下位でしたが、1周しか周回遅れにされていません。
ハースはこれでコンストラクターズランキングでルノーと同点に!

予選日に23歳の誕生日を迎えたサインツJr.は9位入賞!
この2ポイントがなければ、ルノーはコンストラクターズランキングでハースに4位を奪われる所でした!

新生フォースインディアが2戦連続でダブル入賞!
予選ではペレスがQ1敗退したりしたけど、中々調子良さそうなリザルトを残しています!

ストロールも10番手に入り、低迷するウィリアムズに貴重な1ポイントをもたらしました!
チームメイトのシロトキンは惜しくも11番手とポイント圏外。
F1初ポイントはお預けとなりました。

エリクソンは27歳のバースデーを16位で完走!
最下位じゃない!

ヴァンドールンは13位完走も、まだまだ苦しそうね。
そもそも、マクラーレンのドラッグの多いマシンはモンツァ向きではないけれど。


ハミルトン、最後はモンツァ公園を散歩してた感覚でしたかね。
ボッタスと並走してウイニングラン!
それなりに歓声受けてるね。

ドライバー・オブ・ザ・デイはライコネン!
勝負には負けたが、ファンからの人気はやっぱり凄かった!
ハミルトンとの息の詰まる攻防に対するお疲れ様の意味もありそう。

ピットに戻ってきたハミルトン、大喜び!
んー、歓声の量はやっぱりいつもより少ないね。


インタビュワーは予選に引き続き、ポール・ディ・レスタ。

まずはフェラーリを讃えるハミルトン。
ボッタスの仕事も最後に讃えた。
いやぁ、イギリスでもそうだったけど、ボッタスは凄い仕事人だなぁ~。

ライコネン、リアタイヤについて。
苦笑した…?


表彰台控え室。
歓声に混じってブーイングも聞こえる。


表彰台。
ライコネンへの歓声が凄い!
ハミルトンへの歓声あんまりないな…まぁ、ブーイングはそりゃあるでしょ。


いつものイギリス国歌。
からのいつものドイツ国歌。
…いつもの煙やめーやwww
表彰台見えないwww

国歌終わりは歓声上がるのね。


トロフィ授与。
ハミルトンへは歓声とブーイングが半々。
ライコネンへの割れんばかりの歓声!!
ボッタスへもブーイング入ってるな…。

シャンパンファイト!!
まず飲むスオミの人達。
それから、いつもの表情でファンにぶっかけるライコネン。
フェラーリ旗にサインしてる!
映像には映ってなかったと思うけど、この後フェラーリ旗がライコネンに直撃したらしいwww

かいさーん!
…ん、歓声上がってるね。

おぉ!!
表彰台インタビュワーにマッサが来たのか!!
マッサは相変わらず髪がやべぇ。

2008年のチャンピオン争いを含め、ハミルトンと何度も戦ってきたマッサ。
そのマッサがレースウィナーのハミルトンにインタビュー。

やべぇ、マッサとライコネンが並んでる!!
これは良いものだ…。
観客をめっちゃ盛り上げるマッサwww
やっぱり、長くフェラーリにいただけあって、マッサもテンション上がってるなwww

表彰台下が赤で染まってる…!
ライコネンも心なしか、笑顔が多い気がする。
機嫌は悪くないみたいだ。

ライコネンへのインタビューを終え、マッサがイタリア語でファンにクローズの挨拶!
当然ながら、通訳の人は英語しか訳せないので、何て言ってるか分からないのであるが。

表彰台インタビューはトップ2だけなんだな。
ボッタスともチームメイトだったから、インタビューして欲しかったんだけれど。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はキミ・ライコネン/フェラーリ
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はロマン・グロージャン/ハース
7位はエステバン・オコン/フォースインディア
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はカルロス・サインツJr./ルノー
10位はランス・ストロール/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
12位はシャルル・ルクレール/ザウバー
13位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15位はピエール・ガスリー/トロロッソ
16位はマーカス・エリクソン/ザウバー
17位はケビン・マグヌッセン/ハース

リタイアは…

ダニエル・リチャルド/レッドブル
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ


フェルスタッペンは5秒加算ペナルティがあります。


最終結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はキミ・ライコネン/フェラーリ
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6位はロマン・グロージャン/ハース
7位はエステバン・オコン/フォースインディア
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はカルロス・サインツJr./ルノー
10位はランス・ストロール/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
12位はシャルル・ルクレール/ザウバー
13位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15位はピエール・ガスリー/トロロッソ
16位はマーカス・エリクソン/ザウバー
17位はケビン・マグヌッセン/ハース

リタイアは…

ダニエル・リチャルド/レッドブル
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ


レース後、ルノーの申し立てでハースが失格処分に!
マシンの底部、フロアがレギュレーション違反であると判定。

これにより、6位でフィニッシュしていたグロージャンが結果から除外。
最終結果が繰り上がっています。
その為、ウィリアムズのシロトキンがF1キャリア初となるポイントを獲得!
更に、新生フォースインディアはコンストラクターズランキングでトロロッソを抜いて7位となりました!
尚、マグヌッセンは失格になっていませんが、これは同じフロアを使ってなかったのか、どのみちポイント獲得できていないからなのか…。


更に最終結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はキミ・ライコネン/フェラーリ
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6位はエステバン・オコン/フォースインディア
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はカルロス・サインツJr./ルノー
9位はランス・ストロール/ウィリアムズ
10位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はシャルル・ルクレール/ザウバー
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14位はピエール・ガスリー/トロロッソ
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はケビン・マグヌッセン/ハース

リタイアは…

ダニエル・リチャルド/レッドブル
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ

失格処分は…
ロマン・グロージャン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(256Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(226Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(164Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(159Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(130Pt)
6位:リチャルド/レッドブル(118Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(52Pt)
8位:マグヌッセン/ハース(49Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(46Pt)
10位:オコン/フォースインディア(45Pt)
11位:アロンソ/マクラーレン(44Pt)
12位:サインツJr./ルノー(34Pt)
13位:ガスリー/トロロッソ(28Pt)
14位:グロージャン/ハース(27Pt)
15位:ルクレール/ザウバー(13Pt)
16位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
17位:ストロール/ウィリアムズ(6Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(6Pt)
19位:ハートレー/トロロッソ(2Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(1Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(415Pt)
2位:フェラーリ(390Pt)
3位:レッドブル(248Pt)
4位:ルノー(86Pt)
5位:ハース(76Pt)
6位:マクラーレン(52Pt)
7位:フォースインディア(32Pt)
8位:トロロッソ(30Pt)
9位:ザウバー(19Pt)
10位:ウィリアムズ(7Pt)






イタリアGP後、マクラーレンがストフェル・ヴァンドールンの2018年シーズン末での離脱を発表。
続けて、育成ドライバーのイギリス人、ランド・ノリスが加わる事を発表。
2019年のラインナップはカルロス・サインツJr.とランド・ノリスのコンビとなります。
ノリスは数多くのカートチャンピオンシップやジュニア・フォーミュラシリーズに参戦し、2018年シーズンはF1の下位カテゴリー、F2に参戦。
残り4戦時点でランキング2位につけています。

これは、事実上のヴァンドールンの解雇なのでは…。
と思ったが、ヴァンドールンと育成ドライバーのノリスをどちらもF1にいさせる為の苦肉の策かもしれない。
ヴァンドールンが別のチームに移籍すれば、だが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

カルハットの都市遺跡

2018年に登録された、オマーンの世界文化遺産です。

オマーン東部のアラビア海…オマーン湾沿いにある城郭都市遺跡です。
カルハットはポルトガルが進出してくる前、紀元前500年頃からある都市で、ホルムズ王国の主要都市として、11世紀〜15世紀に繁栄していました。
この城郭都市は海岸沿いの断崖に築かれていたらしいですが、航空写真だと良く分かりませんねw
オマーン湾…広義のペルシャ湾と捉えていいものですかねぇ。
海沿いの都市なので、アラブ、ペルシャ、インド、中国、東アフリカ等を結ぶインド洋交易を行っていて、建築様式であるとか、出土品からそれらの文化がこの都市に影響を与えていた事が分かるとの事。
16世紀初めに進攻したポルトガルによって町が破壊され、17世紀には完全に放棄されたとか。

イコモスは構成資産の範囲を修正する必要がある等の理由で、「情報照会」を勧告していました。
その勧告に従ったのかどうかは分かりませんが、登録されていますね。






8月も終わりですね…。。


Hyakumi
お土産で貰った、百味ビーンズ!!







ネギタレ艦隊2018年8月末版です。
前回は18年7月末でしたね…。

2期に移行して、若干並び順変わったりしています。
殆どは、艦型順、竣工順、進水順とかそんな感じで並び直っただけみたいですが。
タブで艦型選択ができるようになりましたが、通常のソート順では海外艦が最後尾にまとめて表示されているのが、少し見難いかも…。
後、補助艦が艦種順に並んでないのは少し見難いかなぁ…と思った次第。


正規空母
赤城改(あかぎ) Lv.88
加賀改(かが) Lv.87
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.85
飛龍改二(ひりゅう) Lv.85
Intrepid改(イントレピッド) Lv.85
瑞鶴改(ずいかく) Lv.83
雲龍改(うんりゅう) Lv.81
天城改(あまぎ) Lv.81
葛城改(かつらぎ) Lv.81
Aquila改(アクィラ) Lv.81
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.81
翔鶴改(しょうかく) Lv.80
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.80

装甲空母
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.87

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.97
大鷹改(たいよう) Lv.90→Lv.91
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.85
瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.85
大鷹(たいよう) Lv.76→Lv.85
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.85
千歳航改二(ちとせ) Lv.83
千代田航改二(ちよだ) Lv.83
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.82
祥鳳改(しょうほう) Lv.82
飛鷹改(ひよう) Lv.81
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.81
鳳翔改(ほうしょう) Lv.81
龍鳳改(りゅうほう) Lv.80

水上機母艦
千歳甲(ちとせ) Lv.81→Lv.85
千代田甲(ちよだ) Lv.80→Lv.85
秋津洲改(あきつしま) Lv.81→Lv.85
瑞穂改(みずほ) Lv.80→Lv.81
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.81
神威改(かもい) Lv.43→Lv.54

航空戦艦
日向改(ひゅうが) Lv.88
扶桑改二(ふそう) Lv.82
山城改二(やましろ) Lv.82

改装航空戦艦
伊勢改二(いせ) Lv.88

戦艦
金剛改二(こんごう) Lv.89
榛名改二(はるな) Lv.85
Italia(イタリア) Lv.85
比叡改二(ひえい) Lv.84
Гангут два (ガングート) Lv.84
霧島改二(きりしま) Lv.83
Iowa改(アイオワ) Lv.83
武蔵改(むさし) Lv.82
陸奥改(むつ) Lv.82
Warspite改(ウォースパイト) Lv.82
大和改(やまと) Lv.81
長門改(ながと) Lv.81
Roma改(ローマ) Lv.81
Richelieu改(リシュリュー) Lv.80

重巡洋艦
那智改二(なち) Lv.88→Lv.89
Zara due(ザラ) Lv.89
Pola改(ポーラ) Lv.89
摩耶改二(まや) Lv.88
古鷹改二(ふるたか) Lv.85
加古改二(かこ) Lv.85
青葉改(あおば) Lv.84→Lv.85
衣笠改二(きぬがさ) Lv.85
妙高改二(みょうこう) Lv.82→Lv.85
足柄改二(あしがら) Lv.85
羽黒改二(はぐろ) Lv.83→Lv.85
高雄改(たかお) Lv.85
愛宕改(あたご) Lv.85
鳥海改二(ちょうかい) Lv.85
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.80→Lv.85
鈴谷(すずや) Lv.1
熊野(くまの) Lv.1

航空巡洋艦
最上改(もがみ) Lv.84→Lv.85
三隈改(みくま) Lv.84→Lv.85
鈴谷改二(すずや) Lv.84→Lv.85
熊野改二(くまの) Lv.84→Lv.85
利根改二(とね) Lv.84→Lv.85
筑摩改二(ちくま) Lv.84→Lv.85

軽巡洋艦
五十鈴改二(いすず) Lv.91→Lv.92
天龍改二(てんりゅう) Lv.86→Lv.87
阿武隈改二(あぶくま) Lv.86
大淀改(おおよど) Lv.86
龍田改二(たつた) Lv.85
由良改二(ゆら) Lv.83→Lv.85
鬼怒改二(きぬ) Lv.85
球磨改(くま) Lv.81→Lv.84
夕張改(ゆうばり) Lv.83
多摩改二(たま) Lv.81
川内改二(せんだい) Lv.81
矢矧改(やはぎ) Lv.81
長良改(ながら) Lv.80
名取改(なとり) Lv.80
神通改二(じんつう) Lv.80
那珂改二(なか) Lv.80
阿賀野改(あがの) Lv.80
能代改(のしろ) Lv.80

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.89
大井改二(おおい) Lv.86
木曾改二(きそ) Lv.86

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99
鹿島改(かしま) Lv.99

駆逐艦
如月改二(きさらぎ) Lv.91
睦月改二(むつき) Lv.90
雷改(いかづち) Lv.90
電改(いなづま) Lv.90
秋月改(あきづき) Lv.90
Верный(ヴェールヌイ) Lv.87
初月改(はつづき) Lv.86
Ташкент改(タシュケント) Lv.86
弥生改(やよい) Lv.84→Lv.85
文月改二(ふみづき) Lv.85
望月改(もちづき) Lv.84→Lv.85
吹雪改二(ふぶき) Lv.85
叢雲改二(むらくも) Lv.85
綾波改二(あやなみ) Lv.81→Lv.85
潮改二(うしお) Lv.85
暁改二(あかつき) Lv.80→Lv.85
初春改二(はつはる) Lv.85
白露改二(しらつゆ) Lv.85
時雨改二(しぐれ) Lv.85
村雨改二(むらさめ) Lv.80→Lv.85
夕立改二(ゆうだち) Lv.83→Lv.85
五月雨改(さみだれ) Lv.85
江風改二(かわかぜ) Lv.85
山雲改(やまぐも) Lv.85
雪風改(ゆきかぜ) Lv.85
長波改二(ながなみ) Lv.85
涼月改(すずつき) Lv.85
島風改(しまかぜ) Lv.85
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.85
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.85
長月改(ながつき) Lv.83→Lv.84
菊月改(きくづき) Lv.83→Lv.84
皐月改二(さつき) Lv.81→Lv.82
三日月改(みかづき) Lv.81→Lv.82
春雨改(はるさめ) Lv.80
海風改(うみかぜ) Lv.80
山風改(やまかぜ) Lv.80
涼風改(すずかぜ) Lv.80
朝潮改二(あさしお) Lv.80
荒潮改二(あらしお) Lv.80
朝雲改(あさぐも) Lv.80
天津風改(あまつかぜ) Lv.80
萩風改(はぎかぜ) Lv.80
秋雲改(あきぐも) Lv.80
風雲改(かざぐも) Lv.80
Libeccio改(リベッチオ) Lv.80
卯月改(うづき) Lv.75→Lv.76
水無月改(みなづき) Lv.72→Lv.73
浦風改→浦風丁改(うらかぜ) Lv.55→Lv.69
浜風改→浜風乙改(はまかぜ) Lv.50→Lv.67
磯風改(いそかぜ) Lv.52→Lv.65
神風改(かみかぜ) Lv.62
松風改(まつかぜ) Lv.51→Lv.55
時津風改(ときつかぜ) Lv.51→Lv.55
沖波改(おきなみ) Lv.55
清霜改(きよしも) Lv.51→Lv.55
旗風改(はたかぜ) Lv.50→Lv.54
敷波改(しきなみ) Lv.50
子日改(ねのひ) Lv.50
若葉改(わかば) Lv.50
陽炎改(かげろう) Lv.50
黒潮改(くろしお) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
谷風改(たにかぜ) Lv.50
野分改(のわき) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
舞風改(まいかぜ) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
初雪改(はつゆき) Lv.49
霞改(かすみ) Lv.47
不知火改(しらぬい) Lv.41
曙改(あけぼの) Lv.40
初霜改(はつしも) Lv.40
満潮改(みちしお) Lv.40
朧改(おぼろ) Lv.38
漣改(さざなみ) Lv.38
浜波改(はまなみ) Lv.33
高波改(たかなみ) Lv.31
狭霧改(さぎり) Lv.30
藤波改(ふじなみ) Lv.30
早霜改(はやしも) Lv.30
白雪(しらゆき) Lv.1
深雪(みゆき) Lv.1
磯波(いそなみ) Lv.1
大潮(おおしお) Lv.1
霰(あられ) Lv.1

海防艦
択捉改(えとろふ) Lv.63
国後改(くなしり) Lv.62
佐渡改(さど) Lv.61
松輪改(まつわ) Lv.57→Lv.60
対馬改(つしま) Lv.48→Lv.49
日振→日振改(ひぶり) Lv.36→Lv.41
大東→大東改(だいとう) Lv.36→Lv.40

潜水艦
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.80
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.77

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊8改 Lv.77
伊58改 Lv.77
伊13改 Lv.76
伊14改 Lv.76
伊401改 Lv.76
伊26改 Lv.76

補給艦
神威改母(かもい) Lv.85
速吸改(はやすい) Lv.85

その他
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.85
工作艦 明石改(あかし) Lv.80
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.80→Lv.83






久々に、艦種順。


正規空母
赤城型
1番艦 赤城改(あかぎ) Lv.88

加賀型
1番艦 加賀改(かが) Lv.87

蒼龍型
1番艦 蒼龍改二(そうりゅう) Lv.85

飛龍型
1番艦 飛龍改二(ひりゅう) Lv.85

翔鶴型
1番艦 翔鶴改(しょうかく) Lv.80
2番艦 瑞鶴改(ずいかく) Lv.83

雲龍型(改飛龍型)
1番艦 雲龍改(うんりゅう) Lv.81
2番艦 天城改(あまぎ) Lv.81
3番艦 葛城改(かつらぎ) Lv.81

Graf Zeppelin級(グラーフ・ツェッペリン級)
1番艦 Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.80

Aquila級(アクィラ級)
1番艦 Aquila改(アクィラ) Lv.81

Essex級(エセックス級)
5番艦 Intrepid改(イントレピッド) Lv.85

Ark Royal級(アークロイヤル級)
1番艦 Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.81


装甲空母
大鳳型(たいほう型)
1番艦

Lexington級(レキシントン級)
2番艦 Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.87


軽空母
鳳翔型
1番艦 鳳翔改(ほうしょう) Lv.81

龍驤型
1番艦 龍驤改二(りゅうじょう) Lv.82

龍鳳型
1番艦 龍鳳改(りゅうほう) Lv.80

祥鳳型
1番艦 祥鳳改(しょうほう) Lv.82
2番艦 瑞鳳改二(ずいほう) Lv.85
2番艦 瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.85

飛鷹型
1番艦 飛鷹改(ひよう) Lv.81
2番艦 隼鷹改二(じゅんよう) Lv.81

春日丸級(かすがまる級)・大鷹型
1番艦 大鷹改二(たいよう) Lv.97
1番艦 大鷹改(たいよう) Lv.90→Lv.91
1番艦 大鷹(たいよう) Lv.76→Lv.85

千歳型
1番艦 千歳航改二(ちとせ) Lv.83
2番艦 千代田航改二(ちよだ) Lv.83

Casablanca級(カサブランカ級)
19番艦 Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.85


水上機母艦
神威型
1番艦 神威改(かもい) Lv.43→Lv.54

千歳型
1番艦 千歳甲(ちとせ) Lv.81→Lv.85
2番艦 千代田甲(ちよだ) Lv.80→Lv.85

瑞穂型
1番艦 瑞穂改(みずほ) Lv.80→Lv.81

秋津洲型
1番艦 秋津洲改(あきつしま) Lv.81→Lv.85

Commandant Teste級(コマンダン・テスト級)
1番艦 Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.81


改装航空戦艦
伊勢型
1番艦 伊勢改二(いせ) Lv.88


航空戦艦
扶桑型
1番艦 扶桑改二(ふそう) Lv.82
2番艦 山城改二(やましろ) Lv.82

伊勢型
2番艦 日向改(ひゅうが) Lv.88


戦艦
金剛型
1番艦 金剛改二(こんごう) Lv.89
2番艦 比叡改二(ひえい) Lv.84
3番艦 榛名改二(はるな) Lv.85
4番艦 霧島改二(きりしま) Lv.83

長門型
1番艦 長門改(ながと) Lv.81
2番艦 陸奥改(むつ) Lv.82

大和型
1番艦 大和改(やまと) Lv.81
2番艦 武蔵改(むさし) Lv.82

Bismarck級(ビスマルク級)
1番艦

Vittorio Veneto級(ヴィットリオ・ヴェネト級)
2番艦 Italia(イタリア) Lv.85
4番艦 Roma改(ローマ) Lv.81

Iowa級(アイオワ級)
1番艦 Iowa改(アイオワ) Lv.83

Queen Elizabeth級(クイーン・エリザベス級)
2番艦 Warspite改(ウォースパイト) Lv.82

Richelieu級(リシュリュー級)
1番艦 Richelieu改(リシュリュー) Lv.80

Гангут級(ガングート級)
1番艦 Гангут два (ガングート) Lv.84


航空巡洋艦
最上型
1番艦 最上改(もがみ) Lv.84→Lv.85
2番艦 三隈改(みくま) Lv.84→Lv.85
3番艦 鈴谷改二(すずや) Lv.84→Lv.85
4番艦 熊野改二(くまの) Lv.84→Lv.85

利根型
1番艦 利根改二(とね) Lv.84→Lv.85
2番艦 筑摩改二(ちくま) Lv.84→Lv.85


重巡洋艦
古鷹型
1番艦 古鷹改二(ふるたか) Lv.85
2番艦 加古改二(かこ) Lv.85

青葉型
1番艦 青葉改(あおば) Lv.84→Lv.85
2番艦 衣笠改二(きぬがさ) Lv.85

妙高型
1番艦 妙高改二(みょうこう) Lv.82→Lv.85
2番艦 那智改二(なち) Lv.88→Lv.89
3番艦 足柄改二(あしがら) Lv.85
4番艦 羽黒改二(はぐろ) Lv.83→Lv.85

高雄型
1番艦 高雄改(たかお) Lv.85
2番艦 愛宕改(あたご) Lv.85
3番艦 摩耶改二(まや) Lv.88
4番艦 鳥海改二(ちょうかい) Lv.85

最上型
3番艦 鈴谷(すずや) Lv.1
4番艦 熊野(くまの) Lv.1

Admiral Hipper級(アドミラル・ヒッパー級)
3番艦 Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.80→Lv.85

Zara級(ザラ級)
1番艦 Zara due(ザラ) Lv.89
3番艦 Pola改(ポーラ) Lv.89


重雷装巡洋艦
球磨型
3番艦 北上改二(きたかみ) Lv.89
4番艦 大井改二(おおい) Lv.86
5番艦 木曾改二(きそ) Lv.86


軽巡洋艦
天龍型
1番艦 天龍改→天龍改二(てんりゅう) Lv.86→Lv.87
2番艦 龍田改二(たつた) Lv.85

球磨型
1番艦 球磨改(くま) Lv.81→Lv.84
2番艦 多摩改二(たま) Lv.81

長良型
1番艦 長良改(ながら) Lv.80
2番艦 五十鈴改二(いすず) Lv.91→Lv.92
3番艦 名取改(なとり) Lv.80
4番艦 由良改二(ゆら) Lv.83→Lv.85
5番艦 鬼怒改二(きぬ) Lv.85
6番艦 阿武隈改二(あぶくま) Lv.86

夕張型
1番艦 夕張改(ゆうばり) Lv.83

川内型
1番艦 川内改二(せんだい) Lv.81
2番艦 神通改二(じんつう) Lv.80
3番艦 那珂改二(なか) Lv.80

阿賀野型
1番艦 阿賀野改(あがの) Lv.80
2番艦 能代改(のしろ) Lv.80
3番艦 矢矧改(やはぎ) Lv.81
4番艦

大淀型
1番艦 大淀改(おおよど) Lv.86


練習巡洋艦
香取型
1番艦 香取改(かとり) Lv.99
2番艦 鹿島改(かしま) Lv.99


駆逐艦
神風型
1番艦 神風改(かみかぜ) Lv.62
2番艦
3番艦
4番艦 松風改(まつかぜ) Lv.51→Lv.55
5番艦 旗風改(はたかぜ) Lv.50→Lv.54

睦月型
1番艦 睦月改二(むつき) Lv.90
2番艦 如月改二(きさらぎ) Lv.91
3番艦 弥生改(やよい) Lv.84→Lv.85
4番艦 卯月改(うづき) Lv.75→Lv.76
5番艦 皐月改二(さつき) Lv.81→Lv.82
6番艦 水無月改(みなづき) Lv.72→Lv.73
7番艦 文月改二(ふみづき) Lv.85
8番艦 長月改(ながつき) Lv.83→Lv.84
9番艦 菊月改(きくづき) Lv.83→Lv.84
10番艦 三日月改(みかづき) Lv.81→Lv.82
11番艦 望月改(もちづき) Lv.84→Lv.85

吹雪型
1番艦 吹雪改二(ふぶき) Lv.85
2番艦 白雪(しらゆき) Lv.1
3番艦 初雪改(はつゆき) Lv.49
4番艦 深雪(みゆき) Lv.1
5番艦 叢雲改二(むらくも) Lv.85
9番艦 磯波(いそなみ) Lv.1
10番艦

綾波型
1番艦 綾波改二(あやなみ) Lv.81→Lv.85
2番艦 敷波改(しきなみ) Lv.50
5番艦
6番艦 狭霧改(さぎり) Lv.30
7番艦 朧改(おぼろ) Lv.38
8番艦 曙改(あけぼの) Lv.40
9番艦 漣改(さざなみ) Lv.38
10番艦 潮改二(うしお) Lv.85

暁型
1番艦 暁改二(あかつき) Lv.80→Lv.85
2番艦 Верный(ヴェールヌイ) Lv.87
3番艦 雷改(いかづち) Lv.90
4番艦 電改(いなづま) Lv.90

初春型
1番艦 初春改二(はつはる) Lv.85
2番艦 子日改(ねのひ) Lv.50
3番艦 若葉改(わかば) Lv.50
4番艦 初霜改(はつしも) Lv.40

白露型・改白露型
1番艦 白露改二(しらつゆ) Lv.85
2番艦 時雨改二(しぐれ) Lv.85
3番艦 村雨改二(むらさめ) Lv.80→Lv.85
4番艦 夕立改二(ゆうだち) Lv.83→Lv.85
5番艦 春雨改(はるさめ) Lv.80
6番艦 五月雨改(さみだれ) Lv.85
7番艦 海風改(うみかぜ) Lv.80
8番艦 山風改(やまかぜ) Lv.80
9番艦 江風改二(かわかぜ) Lv.85
10番艦 涼風改(すずかぜ) Lv.80

朝潮型
1番艦 朝潮改二(あさしお) Lv.80
2番艦 大潮(おおしお) Lv.1
3番艦 満潮改(みちしお) Lv.40
4番艦 荒潮改二(あらしお) Lv.80
5番艦 朝雲改(あさぐも) Lv.80
6番艦 山雲改(やまぐも) Lv.85
9番艦 霰(あられ) Lv.1
10番艦 霞改(かすみ) Lv.47

陽炎型
1番艦 陽炎改(かげろう) Lv.50
2番艦 不知火改(しらぬい) Lv.41
3番艦 黒潮改(くろしお) Lv.50
4番艦
7番艦 初風改(はつかぜ) Lv.50
8番艦 雪風改(ゆきかぜ) Lv.85
9番艦 天津風改(あまつかぜ) Lv.80
10番艦 時津風改(ときつかぜ) Lv.51→Lv.55
11番艦 浦風改→浦風丁改(うらかぜ) Lv.55→Lv.69
12番艦 磯風改(いそかぜ) Lv.52→Lv.65
13番艦 浜風改→浜風乙改(はまかぜ) Lv.50→Lv.67
14番艦 谷風改(たにかぜ) Lv.50
15番艦 野分改(のわき) Lv.50
16番艦 嵐改(あらし) Lv.50
17番艦 萩風改(はぎかぜ) Lv.80
18番艦 舞風改(まいかぜ) Lv.50
19番艦 秋雲改(あきぐも) Lv.80

夕雲型
1番艦 夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
2番艦 巻雲改(まきぐも) Lv.50
3番艦 風雲改(かざぐも) Lv.80
4番艦 長波改二(ながなみ) Lv.85
6番艦 高波改(たかなみ) Lv.31
11番艦 藤波改(ふじなみ) Lv.30
13番艦 浜波改(はまなみ) Lv.33
14番艦 沖波改(おきなみ) Lv.55
16番艦 朝霜改(あさしも) Lv.50
17番艦 早霜改(はやしも) Lv.30
19番艦 清霜改(きよしも) Lv.51→Lv.55

秋月型
1番艦 秋月改(あきづき) Lv.90
2番艦
3番艦 涼月改(すずつき) Lv.85
4番艦 初月改(はつづき) Lv.86

島風型
1番艦 島風改(しまかぜ) Lv.85

Z1型
1番艦 Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
3番艦 Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50

Maestrale級(マエストラーレ級)
3番艦 Libeccio改(リベッチオ) Lv.80

J級
1番艦 Jervis改(ジャーヴィス) Lv.85

Ташкент級(タシュケント級)
1番艦 Ташкент改(タシュケント) Lv.86

John C.Butler級(ジョン・C・バトラー級)
DE-413 Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.85


海防艦
占守型(しむしゅ型)
1番艦
2番艦 国後改(くなしり) Lv.62

択捉型
1番艦 択捉改(えとろふ) Lv.63
2番艦 松輪改(まつわ) Lv.57→Lv.60
3番艦 佐渡改(さど) Lv.61
7番艦 対馬改(つしま) Lv.48→Lv.49
10番艦

日振型
1番艦 日振→日振改(ひぶり) Lv.36→Lv.41
2番艦 大東→大東改(だいとう) Lv.36→Lv.40


潜水空母
巡潜3型
2番艦 伊8改 Lv.77

巡潜乙型
3番艦 伊19改 Lv.78
7番艦 伊26改 Lv.76

巡潜乙型改二
3番艦 伊58改 Lv.77

潜特型(伊400型潜水艦)
1番艦
2番艦 伊401改 Lv.76

巡潜甲型改二
1番艦 伊13改 Lv.76
2番艦 伊14改 Lv.76


潜水艦
海大VI型
1番艦 伊168改 Lv.78

UボートIXC型・呂号潜水艦
呂500 Lv.77

Guglielmo Marconi級(グリエルモ・マルコーニ級)
4番艦 伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.80

三式潜航輸送艇
まるゆ改 Lv.77


補給艦
神威型
1番艦 神威改母(かもい) Lv.85

改風早型(改かざはや型)
1番艦 速吸改(はやすい) Lv.85


その他
特種船丙型揚陸艦 あきつ丸改 Lv.80→Lv.83
工作艦 明石改(あかし) Lv.80
大鯨型潜水母艦 1番艦 大鯨(たいげい) Lv.85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »