« ティムリカ・オヒンガの考古遺跡 | トップページ | 様々な終戦 »

2018年8月 9日 (木)

バーバートン・マコンジュワ山脈

2018年に登録された、南アフリカの世界自然遺産です。

南アフリカ東部、スワジランドとの国境部にある山脈です。スワジランドから見たら、北西の方面に位置します。
この辺りにある地層は、地表に露出したものとしては世界最古級のものらしく、約36億年くらい前に形成された古代地殻「バーバートン・グリーンストーン・ベルト」で構成されているとの事。
当時は巨大な隕石の衝突が相次いだ「後期重爆撃期」と呼ばれる時代を終えたばかりで、地表の形成が始まった辺りという貴重な時期の地層が残っているようです。
また、地球上に水が大量に形成されて生命も拡散している時代で、シアノバクテリアによる酸素の生成、それによる大気組成の変化が起きた時期でもあるんだとか。

この地は地球と生命の謎を解明するのに貢献している土地として、地質学的に価値があるという事で推薦されましたが、保護状況の面等から「情報照会」を勧告されていました。
こちらもまた、その辺がクリアされたのでしょうか。


これで2018年に登録された、アフリカの世界遺産シリーズ終わり。








台風は!大丈夫です!
色々あったけど、行動には特に影響受けなかったようだ。
良かった良かった。
…仕事は知らん。


それよか、スマブラダイレクト凄かった!
内容についてはまた後日。








F1は夏休み中ですが、大きな出来事が…。

レッドブルに所属しているドライバー、ダニエル・リチャルドが今季末でレッドブルを離脱する事が明らかになりました。
彼は今年で契約が切れるんだけど、レッドブルとは再契約しないという決断に。
そして、合わせてルノーに2年契約で加入する事が発表されました。
現在、ルノーはニコ・ヒュルケンベルグとレッドブルからリースしているカルロス・サインツJr.というドライバーラインナップ。
来年からはヒュルケンベルグとリチャルドのペアで戦う事となります。

さて、空いたレッドブルのシートはどうなるのか。
普通に行けば、サインツJr.が戻ってきて座る事になると思いますが、トロロッソのピエール・ガスリーを昇格させるという道もあります。
この場合、サインツJr.はトロロッソかな。
はたまた、別のチーム…たとえば、マクラーレンのアロンソとかが加入する可能性も。
この場合でも、サインツJr.は空いたシートに座る事になるのではないかと思います。
結構評判良いと思うんで。

いずれにしても、今後の動向にも注目です。








Zw_zoiko
………ゾゾッ?!

お、お前はゾイ子…!!
生きていたのか…っ!!








Zw_grachiosaurus
…という事で、ブラキオサウルス種のゾイド、グラキオサウルスが届きました!!
ゾイドワイルド7月の新商品の1つ!!

いやぁ、箱、でかいですねぇw
タカトミキットで久々にでか箱見たよ…w
ウルトラザウルス、クリアデスザウラー、ギルドラゴンに次ぐ4番目かな。


Zw_cap0
因みに、今回も限定キャップが特典で付いてきました。

前回はフリーダムブルーだったけど、今回はデスメタルブラックだ!!
2種コンプだ!!


Zw_cap2
中身。
真っ黒くてイイねぇwww


Zw_grachiosaurus0
中身。
…ひとつひとつのパーツが大きいから、結構余裕あるなw


Zw_grachiosaurus1
グラキオは電動で動かしている時に自動的にワイルドブラストします。
その為、連動ギミック中に不具合を起こした時の対処法が付属していたり。

しかも、動画でも解説してるよって書いてある。
至れり尽くせりだなぁ〜。


Zw_grachiosaurus2
中身。
流石、現行のラインナップの中では一番巨大なキット。
モーターユニットもでかいなぁ〜。

A袋は大袋の中に4つの小包装が。
B袋は大袋の中に2つの小包装が入っています。
スケールが…w


Zw_grachiosaurus3
全部出してみました。
危うく全部並べられない所だった…w

でかいけれどパーツ数が少ない辺り、本当に子供でも手軽に組み立てられるから良いよね。


Zw_grachiosaurus4
Zw_grachiosaurus5Zw_grachiosaurus6
まずは骨格復元完了!

これだけでかいのに、20分かからずに組み上がっちゃうの凄いよね…!
こんな簡単なのに、完成するとこの大きさ。
こりゃ、子供にとっても達成感ありそう〜。

因みに、俺のだけなのか分からんけど、首の左右のパーツが少し浮いちゃうんだよね。
噛み合わせがあんまり良くないのか…?


Zw_grachiosaurus7Zw_grachiosaurus8
復元書の「画竜点睛」的順番を無視して、先に目を入れてみた。

…グラキオは骨格状態だったら目入れない方が好みだなw


Zw_grachiosaurus9
Zw_grachiosaurus10Zw_grachiosaurus11
アーマー装着!!

骨格状態でも恰好良かったけど、アーマー装着すると更に恰好良いな…!!

尻尾と首のアーマーの取り付けがちょっとし難かったかなぁ。
ここだけ接続するピンの形状が違ってね…。
外見上ちゃんとしてそうだけど、グラグラしたりしてるから…ちゃんとハマってるのか良く分からん。。

後、ワイルドブラスト時に使用する武装の「ハンマーボーン」を取り付ける時が一番怖かった…w
嵌めるの、結構固かったからね…。


いざ動かそうと思ったら、単三電池が1本しかなくて断念…。。
もう1本ないとダメか。。




オマケ。
Zw_grachiosaurus12


Zw_grachiosaurus13

|

« ティムリカ・オヒンガの考古遺跡 | トップページ | 様々な終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーバートン・マコンジュワ山脈:

« ティムリカ・オヒンガの考古遺跡 | トップページ | 様々な終戦 »