« ナウムブルク大聖堂 | トップページ | ピュイ山地とリマーニュ断層の地殻変動地域 »

2018年7月31日 (火)

ギョベクリ・テペ

2018年に登録された、トルコの世界文化遺産です。
トルコ南東部、南東アナトリア地方に位置するシャンルウルファ県の考古遺跡です。
「ギョベクリ・テペ」とは、「太鼓腹の丘」という意味で、その意味の通り、県都・シャンルウルファ郊外にある丘の上に位置していたようです。
この辺り一帯は、チグリス川とユーフラテス川の上流部に位置しており、世界最古の農業共同体が発祥した地なのだとか。共同体はその後、メソポタミア文明となったと考えられています。
遺跡には紀元前9600〜紀元前8200年の新石器時代のものと思われる巨石記念物…メガリスをはじめ、エンクロージャーと呼ばれるストーンサークルや、動物が描かれた丁字型立石(メンヒル)による直径10〜30m程のサークル等が見つかっています。
これらの構造物はいずれも紀元前1万年〜紀元前8000年の間に建てられ、祭祀に用いられていたと考えられています。

この遺跡は先土器新石器時代まで遡る事が出来るものであるようで、イコモスはその価値を認めて登録を勧告しました。
しかし、保全状況に問題があるのか、同時に危機遺産リストにも登録されています。





F1_poke
某新聞のスポーツ大百科、遂にF1回きた!!
…モータースポーツだけに、カットロトムだったw







F1ハンガリーGP予選!!
夏休み前の最後の一戦!


直前に降雨!
それでもハンガリーは大盛り上がり!!

雨は上がったけれど、路面はウエットコンディション。
降水確率は80%!

Q1
皆インターミディエイトタイヤだね。
そして、多くのマシンがピットレーン出口に並ぶ。

1コーナーは水煙凄いけど、それ以外は乾いてるね。
特にセクター2は完全に晴れ用タイヤの方が速い。

残り12分切った。
だいぶ乾いてきたなぁ。

残り11分切って、ドライタイヤに替える勢が出てきた。
しかし、雷が鳴っている!

残り8分半、ドライタイヤのサインツJr.がトップタイム!
上位勢もドライタイヤに替え始めた!

アロンソのオンボードに雨粒…再び雨が!!
ここでサインツJr.がトップに!
皆ウルトラソフトで周回を重ねてる。

残り5分、トップはライコネン。
そして、他のマシンがウルトラソフトの中、リチャルドはソフトタイヤでアタック中。
この微妙な天候の中で、18番手に位置しています。

残り3分。
リチャルドは11番手にまで上げてきています。

残り30秒、リチャルドは13番手に後退。
路面が改善してきている中、厳しいポジションです。
何でウルトラソフトじゃなかったのか…。

チェッカー!

ガスリーが11番手!
ハートレーが10番手に!
リチャルドは11番手に飛び込んできた!
マグヌッセンは10番手!

川井ちゃんのいる所(メディアセンターかな?)、停電。
落雷の影響。

金銭的に苦しいと報道されていたフォースインディア、ダブルノックアウト。
ルクレールも久々にQ2に進めず。
不調のヴァンドールンはシャシー替えてもまだ難しいか。
…と思ったら、「正常に戻った」ってコメントしてたwww

相変わらず雷鳴ってます。
少し良くなったと思ったら、また黒い雲に覆われるサーキット周辺。


Q2
マグヌッセン、グロージャンがウルトラソフトでピットレーン出口に待機。
多くのマシンがドライ用タイヤのウルトラソフトを履いて待機列を形成しています。

…ん、雷の落ちた音した?

待機列に並んでたベッテルはインターミディエイトでコースに。
こんなコンディションでも、観客は大盛り上がり。

ん、コース上が濡れてる…?
フェルスタッペンがリア滑らせてるな…。
どうやら、再び雨が降り始めているようだ。
ドライ用タイヤ勢は挙動を乱してしまっていますね…ベッテル、正解!
ドライ用タイヤ勢は皆タイヤ交換しにピットイン。

マグヌッセン、インターミディエイトで再びアタック開始。
最終コーナーで止まりきれずに膨らんだ!
タイヤが暖まってないからか、まだ不安定ですね。

ベッテル無線。
ピー。

ストロールが芝生の上に止まってた。
あら、スピンして壁に当たってフロントウイング落っことしちゃってたか…。
ストロールはコースに復帰していますが、これはガレージに戻ってノーズ交換ですね。

残り8分。
特に最終コーナー付近の雨が酷い。

ん、黄旗出てる…。
あぶねぇ、ライコネンがスピンしてた!
コースのど真ん中で、後続は誰もいなかったので助かりました。

おっ、マグヌッセンがウエットタイヤで出てきた!
…あ、ダメか。
アタックせずにピットインしてる。

残り5分切った!
エリクソンもウエットで出てきてるな…アタック開始!

リチャルド、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、アロンソもウエットタイヤで出てるぞ。
先にアタックしてるエリクソンはセクター3で自己ベスト出したけど、タイム更新ならず。
ウエットタイヤでは厳しいか…?

アロンソのオンボードリプレイ。
無線でのやり取りに川井ちゃん大爆笑。
アロンソはタイム更新出来なさそうだから、走っても無駄だと思ってます。

残り2分切った。
リチャルドはアタックしているが…13番手のまま。
セクター2は水飛沫が殆ど上がってないから、そこそこ乾いてるんだな。
そうなると、ウエットタイヤではちょった厳しいな…。

つか、気付いたらサインツJr.が2番手にいたwww

チェッカー!

アロンソはタイムを更新できず、11番手のまま。
リチャルドはタイムを上げてヒュルケンベルグを上回り、12番手でした。
彼は今回、天候への対応が後手後手になってるな…。

トロロッソ勢、ハース勢がQ3進出!
ハートレーは初めてQ3に駒を進めています。


日が暮れてきた感…。
陽気な観客達。

また雷来てるのか…。

ヒュルケンベルグには燃料入れられなかったトラブルがあった模様。


Q3
ハートレー、サインツJr.とピットレーン出口に並ぶ。
待機列、皆ウエットタイヤですね。
ウエットタイヤが活躍するのは最近中々なかったし、珍しい光景。

ハミルトン、セクター1めっちゃ速い!
…と思ったら、ライコネンがセクター1全体ベスト!
しかし、3番手止まりだ。

ハミルトンがセクター1、セクター2で全体ベストを叩き出してい!
ハミルトンがトップタイム!
ベッテルは3番手タイムだ。
残りは6分半!

視界悪くて、文句言ってるドライバーが多いとの事。

ライコネンが2番手タイム!
現時点でガスリーは5番手、ハートレーは8番手。

残り5分。
フェルスタッペンが新品のウエットタイヤに替えてきたぞ!
サインツJr.がタイムを上げて5番手に!

残り4分!
ここでライコネンがトップタイム!
ハートレー、マグヌッセンも新品ウエットタイヤに履き替えに行きました。

残り3分。
ここでメルセデス勢がピットイン!
新品ウエットタイヤに履き替えます。
おぉ、サインツJr.が3番手タイム!

ベッテル、アタック中。
3コーナーで一瞬フラついた…あそこは水の量が多そうだ。
このラップはあまり良くないな…タイヤに熱が入ってないのか?
それでもタイムを上げて4番手だ。

残り1分切った!
ボッタスがセクター1全体ベスト!
ハミルトンがそれを上回って、セクター1全体ベスト!
メルセデス勢のタイムが良さそうだ!

チェッカー!

現在トップタイムのライコネンはピットに戻った模様。
ベッテルがタイムを上げたけど、ライコネンに及ばず2番手。
ボッタスがトップタイムを更新!!
ハミルトンがトップタイムを塗り替えた!!
ガスリーはタイムを上げるも6番手のまま。


ハミルトン、ポールポジション獲得!!
メルセデス勢がフロントローを独占!!
トト、喜びを噛み締める。

…レッドブルは雨でそれ程速くなかったな。

サインツJr.が良い働きしましたね…ガスリーがその横に並ぶ。


あっ、天気は回復してきたな…。
日が射してきてる。

グリッドインタビュワーはディ・レスタだ!

ハミルトン「バレエのように爪先で立っているみたいだった。」

ハンガリーではライコネンも大人気!
フィンランド人多いからか…。
本国ではWRCやってるんだけれど、それでもこのファンの数。

ライコネンの奥さん、ミントゥ夫人とお子さんのロビン君だ。
3歳で国際映像に名前が表示されるwww


フォトセッション。
スオミの国の人達がハミルトン待ちしてる。

…ようやくハミルトン来た。
ライコネンwww
両手を前で組んでるwww

あっ、ジャン・アレジがタイヤ持ってきた。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
6番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
8番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
15番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
18番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
19番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
20番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ






続きからコメント返信!!



炎樹さん:そうですねぇ、謎の彫刻家、マイスター…かっこいいですよねぇ。
複数人か…あぁ、それはロマンだなぁ。
似たような方向性の人であれば、複数人いても気付かないかもですね…!!


台風は結局西寄りになりましたね。
大丈夫でしたか?


墨入れは溝にインクを入れてメリハリをはっきりさせる技法ですね。
プラモにある溝は構造物と構造物の間の影の部分にあたりますので、そこを黒くする事でより立体感を出せます。
ガノンタス、魔王っぽいですよね…名前www
「カノンタス」じゃなくて、「ガ」ノンタスって所がまたw


コメント、ありがとうございました〜!!

|

« ナウムブルク大聖堂 | トップページ | ピュイ山地とリマーニュ断層の地殻変動地域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギョベクリ・テペ:

« ナウムブルク大聖堂 | トップページ | ピュイ山地とリマーニュ断層の地殻変動地域 »