« ミストラル | トップページ | 高原に吹く風 »

2018年7月 2日 (月)

本能開放!!

話題になるとやっぱり気になっちゃうよね…w


Gigamax
ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX!!

買っちゃいました☆


それにしても、このシンプルなパッケージデザイン!!
フォントの装飾こそ少し飾り付けられているけれど、色自体はかなりシンプルな色味。
ペヤングらしいフォントカラーのまま、かな?

余白多いのも大きさを強調してるよねw


Gigamaxmori
この状態では結構いけそうな気がしたw
投入する水の量多いし、湯切りの時は重かったけどw
湯切りは中身ぶちまけないようにちょっと気を付けたね…w


YabaiYabai2
これはヤバい…w


で、結局半分ちょいで諦めましたw
ラップして冷蔵庫入れて、夕飯にレンジでチンして食べましたw
これは多かった…www








既に一週間経ってしまっているんだけれど、待望のゾイド新シリーズ、ゾイドワイルドが新発売…!!
今回は新規キットだけじゃなく、先行して漫画が、そしてアニメもやります!!
まるで、俺がハマった平成ゾイド…機獣新世紀の時のようだ。。


で。


うちにも届きましたよ、新たなゾイドが!!


Zoids_wild
まずはこの2種だ!!

はい、カメとワニです。
見事に爬虫類ですねw
この2種は過去においてもお馴染のモチーフです。


Zoids_wild2
各種テクニカルデータ。
レーダーチャートに「IQ」とかいう項目があるのもポイントかな?
より生物感が出ています。


爪とか尻尾とか書かれてるのが可愛いw
もはや武装名とかじゃなくて、普通に部位名なのw


それと、今回のゾイドワイルドは搭乗者はバイクスタイルの跨がり搭乗が基本となります。
その為、パイロットではなく、ライダーという呼称。
コクピットもありません。
ワイルドらしいですねw

ライダーが剥き出しな事が多めだからか、重火器武装のゾイドは今の所いませんね。
ちょっとした遠距離攻撃用武装は搭載していても、基本は格闘戦主体っぽいです。
それもワイルドらしいですねw


このようにシリーズとしてのコンセプトもだいぶ違っていて、相棒なんだけどより兵器っぽかった従来のシリーズとは異なり、より生物としての相棒感が出ているのが特徴。
その特徴を出す為に、スケールは従来の72分の1から35分の1へ変更されています。
それによって、搭乗者がゾイドの大きさに比例して大きくなり、より乗っている様子のリアリティ感が表現しやすくなるのだとか。
まぁ、以前のシリーズのパイロットはかなり小さかったですからね。
アニメ登場キャラのデザインでパイロットを作っても、細部まで描き込んだり出来ていませんでしたし。
これはアニメ登場キャラデザインのライダーも将来的には作ると想定してるって考えて良いのかしら?

従来のゾイドと並べるのなら、72分の1スケールに改造したり、ライダーを外したりするとあんまり違和感なくなると思います。
…まぁ、ゾイド本体のスケールも違うから、本当の縮尺にはならないんだけど。


話の舞台も今までの惑星Ziではなく、地球になっているし、ゾイドも「発掘」するものとされているらしいし(ここら辺は最後のアニメになったゾイドジェネシスでも同じだったけど)。


Zoids_wild_cap
特典のゴムキャップ。
フリーダムブルーとデスメタルブラックの2種類があります。
これはアニメに登場する組織の名前を冠した特別仕様ですね。
アニメ登場機体の全機がこのキャップの姿で出てくる…訳ではなさそう??

まだ開けてないんだけど、爽やかなクリアブルーのゴムキャップなので、非常に涼やかですw


Zoids_wild3
箱を開けると、モザイク模様の内ダンボール。

Zoids_wild4
3つのセクションに分かれていて、それぞれにパーツが入っています。
まるで地層のような構成になっていて、ゾイドを「発掘する」といった感じに。


Zoids_wild6
ゾイドを「発掘する」という設定から、組み立て説明書は「復元の書」と記されています。


Zoids_wild5
見開きでパーツ一覧が載っています。
常にパーツ一覧を見ながら作れるのが優しいポイント。


という事で、まずはプロガノケリス種のガノンタスから作ります!
カメじゃなくて、敢えてのプロガノケリスとはまた良いねw
…見た感じ、割と普通のリクガメっぽいけどw


Zoids_wild_gannontoise
パーツ一覧。
今回からニッパーのいらない、ランナーレス化がされています。
モーター駆動のものに関してはプラスドライバーで電池蓋のネジを開け閉めする必要がありますが、それ以外は工具要らず。

ニッパーで切って組み立てるという工程自体が、今の子供向きではないとの事から、こうなったようですね。
その為、より発掘したてのゾイドを復元しているような感じになります。

おそらく、ゾイドを「復元」するアイディアはここから端を発したのではないかなぁ。


Zoids_wild_gannontoise2
骨格復元できました!
前方の肋骨みたいな所が面白い事になっていますが、これは…

Zoids_wild_gannontoise3
本能開放(ワイルドブラスト)状態にすると、前に倒れるんですねぇ〜。
そして、骨格の奥から大きな火砲(ガノンキャノンが)迫り出してくる!
おそらく、今作の中でも有数の大型砲を持っているんじゃないでしょうか。

カメ型ゾイドに大きな砲門、これは明らかに以前のシリーズに登場したカノントータスの系譜。シリーズを知ってる人にも嬉しい共通項ですね!
こんなのの砲撃を喰らったら、剥き出しのライダーはたまったものじゃないですね…!!

…写真がブレた。。


Zoids_wild_gannontoise4
装甲も装着して、完成…ガノンタス!!
もう、名前からガノンドロフしか出てこないですが…これは装甲車って感じのバリバリ兵器みたいな外観で玄人に人気出そうw


Zoids_wild_gannontoise5
ライダーはここに。
多分、今出てるゾイドワイルドのゾイドの中では一番安全な場所にいるライダーだよね…w


Zoids_wild_gannontoise6
装甲付けての本能開放(ワイルドブラスト)状態。
装甲を付けると、ガノンキャノンが見えなくなるんで、より隠し砲みたいでかっこいい。
そして、攻撃時が最大の弱点だな…と。

それにしても、ガノンタスのライダーはめっちゃ環境キツそうですよw
砲門の上に直跨がり。
これ、絶対砲撃したら砲身熱くなって跨がれなくなるやつw


Zoids_wild_gannontoise7
説明書に書いてあった、生態図鑑。
スイッチにも「起動骨」(ゾイドに刺激を与える骨)なんてついてて、凄く素敵な設定だと思いました。

…ん?
あの、ライダーが顔を出せる蓋、喚起弁っつーのか…。
体内の熱を逃がす…換気弁の間違いか?

ん、待てよ。
ライダーがいるのはあの弁の真下…うわぁ、の弁開けなければサウナ状態じゃん!!
多分、一番安全だけど一番キツいシートだわwww




続いて、サルコスクス種のガブリゲーターに取りかかります。
こちらも、ワニ種じゃなくて敢えてのサルコスクス種。
サルコスクス、牙は貫通はしてなかったようですが…。


Zoids_wild_gabrigator
パーツはこんな感じ。
モチーフがモチーフだけに、横長のパーツが多いですね。

因みに、今回はカメとワニしか買ってないのであれですが、ガノンタスはライオン種のワイルドライガー、ガブリゲーターはデイノニクス種のギルラプターと共通のパーツがあるようです。
後、確か動力部のデザインはこの4機全て一緒だったかと。

そういう所でコスト削減等をしつつ、4種それぞれ特徴的な動きをするようにしているのだから、凄いよなぁ〜。

まぁ、過去作のも動力部含め、共通パーツというのはありましたけどね。
主にコクピットとか、武器とかでしたけれど。


Zoids_wild_gabrigator2Zoids_wild_gabrigator4
骨格復元!
ガブリゲーター、擬音が機体名になっているので可愛らしい印象ですが…いやぁ、骨格の時点でめっちゃ恰好良い!!
何だこいつはwww


Zoids_wild_gabrigator3
個人的にはこのアングルのショットが最も恰好良いと思っています。


Zoids_wild_gabrigator5Zoids_wild_gabrigator6
装甲を装着!!
いやぁ、恰好良いなぁ…あ、尻尾の先端に装甲ないのは少し寂しいですね。

ライダーの目の前に4連装のミストディスチャージャーがあって、ここから特殊な霧を噴出するらしいんだけど…これ、風向きとかによって顔にめっちゃかかるよねw

やっぱワニの系譜のゾイドは懲罰席が当たり前なのだろうか…w


Zoids_wild_gabrigator7
装甲付けた状態でもこのショット。
このアングルは骨格・装甲装着問わず恰好良さが引き出されるな…!!
紅い目がまた良い感じだよね。


Zoids_wild_gabrigator8
本能開放(ワイルドブラスト)状態。
骨格状態で撮ってなかった…w
頭自体が前方にスライドして、大口を開けてガバガバします。
強力な牙と顎による噛み付き攻撃と、喉の奥に装備した「メタルミキサー」で敵機を粉々に砕く!

…これ、ライダーも大きく上下にがくんがくんするから、やっぱりワニの系譜のゾイドは懲罰席付きから逃れられないんじゃ。。


湿地帯や河川での奇襲攻撃が得意なゾイドであり、強力な噛み付き攻撃と尻尾攻撃を得意とする辺りは以前のシリーズに登場したバリゲーターの系譜ですね。
バリゲーターのキットは口を開けるとパイロットが剥き出しとか言う懲罰席でした。
他には、ライオン型とワニ型を使い分けできるレオゲーターというブロックスゾイドもいますが、こちらは懲罰席ではありませんでした。


Zoids_wild_gabrigator9
生態図鑑。
鰐諤。
シクスキラーファング、クランブルジョーと強そうな武装名ついている中、相変わらずの「爪」、「尻尾」。
こいつの場合、尻尾は格闘攻撃のメインとしても使うから、何かしら武装名付いてても良かったのではw


ゾイドワイルドはこの後も続々と機体が発表されています。
今の所、ブラキオサウルス種は予約しちゃいましたw
トリケラトプス種、ステゴサウルス種、アンキロサウルス種、パキケファロサウルス種辺りが気になっている所。
…見事に恐竜ラインナップだなw

|

« ミストラル | トップページ | 高原に吹く風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本能開放!!:

« ミストラル | トップページ | 高原に吹く風 »