« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

ギョベクリ・テペ

2018年に登録された、トルコの世界文化遺産です。
トルコ南東部、南東アナトリア地方に位置するシャンルウルファ県の考古遺跡です。
「ギョベクリ・テペ」とは、「太鼓腹の丘」という意味で、その意味の通り、県都・シャンルウルファ郊外にある丘の上に位置していたようです。
この辺り一帯は、チグリス川とユーフラテス川の上流部に位置しており、世界最古の農業共同体が発祥した地なのだとか。共同体はその後、メソポタミア文明となったと考えられています。
遺跡には紀元前9600〜紀元前8200年の新石器時代のものと思われる巨石記念物…メガリスをはじめ、エンクロージャーと呼ばれるストーンサークルや、動物が描かれた丁字型立石(メンヒル)による直径10〜30m程のサークル等が見つかっています。
これらの構造物はいずれも紀元前1万年〜紀元前8000年の間に建てられ、祭祀に用いられていたと考えられています。

この遺跡は先土器新石器時代まで遡る事が出来るものであるようで、イコモスはその価値を認めて登録を勧告しました。
しかし、保全状況に問題があるのか、同時に危機遺産リストにも登録されています。





F1_poke
某新聞のスポーツ大百科、遂にF1回きた!!
…モータースポーツだけに、カットロトムだったw







F1ハンガリーGP予選!!
夏休み前の最後の一戦!


直前に降雨!
それでもハンガリーは大盛り上がり!!

雨は上がったけれど、路面はウエットコンディション。
降水確率は80%!

Q1
皆インターミディエイトタイヤだね。
そして、多くのマシンがピットレーン出口に並ぶ。

1コーナーは水煙凄いけど、それ以外は乾いてるね。
特にセクター2は完全に晴れ用タイヤの方が速い。

残り12分切った。
だいぶ乾いてきたなぁ。

残り11分切って、ドライタイヤに替える勢が出てきた。
しかし、雷が鳴っている!

残り8分半、ドライタイヤのサインツJr.がトップタイム!
上位勢もドライタイヤに替え始めた!

アロンソのオンボードに雨粒…再び雨が!!
ここでサインツJr.がトップに!
皆ウルトラソフトで周回を重ねてる。

残り5分、トップはライコネン。
そして、他のマシンがウルトラソフトの中、リチャルドはソフトタイヤでアタック中。
この微妙な天候の中で、18番手に位置しています。

残り3分。
リチャルドは11番手にまで上げてきています。

残り30秒、リチャルドは13番手に後退。
路面が改善してきている中、厳しいポジションです。
何でウルトラソフトじゃなかったのか…。

チェッカー!

ガスリーが11番手!
ハートレーが10番手に!
リチャルドは11番手に飛び込んできた!
マグヌッセンは10番手!

川井ちゃんのいる所(メディアセンターかな?)、停電。
落雷の影響。

金銭的に苦しいと報道されていたフォースインディア、ダブルノックアウト。
ルクレールも久々にQ2に進めず。
不調のヴァンドールンはシャシー替えてもまだ難しいか。
…と思ったら、「正常に戻った」ってコメントしてたwww

相変わらず雷鳴ってます。
少し良くなったと思ったら、また黒い雲に覆われるサーキット周辺。


Q2
マグヌッセン、グロージャンがウルトラソフトでピットレーン出口に待機。
多くのマシンがドライ用タイヤのウルトラソフトを履いて待機列を形成しています。

…ん、雷の落ちた音した?

待機列に並んでたベッテルはインターミディエイトでコースに。
こんなコンディションでも、観客は大盛り上がり。

ん、コース上が濡れてる…?
フェルスタッペンがリア滑らせてるな…。
どうやら、再び雨が降り始めているようだ。
ドライ用タイヤ勢は挙動を乱してしまっていますね…ベッテル、正解!
ドライ用タイヤ勢は皆タイヤ交換しにピットイン。

マグヌッセン、インターミディエイトで再びアタック開始。
最終コーナーで止まりきれずに膨らんだ!
タイヤが暖まってないからか、まだ不安定ですね。

ベッテル無線。
ピー。

ストロールが芝生の上に止まってた。
あら、スピンして壁に当たってフロントウイング落っことしちゃってたか…。
ストロールはコースに復帰していますが、これはガレージに戻ってノーズ交換ですね。

残り8分。
特に最終コーナー付近の雨が酷い。

ん、黄旗出てる…。
あぶねぇ、ライコネンがスピンしてた!
コースのど真ん中で、後続は誰もいなかったので助かりました。

おっ、マグヌッセンがウエットタイヤで出てきた!
…あ、ダメか。
アタックせずにピットインしてる。

残り5分切った!
エリクソンもウエットで出てきてるな…アタック開始!

リチャルド、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、アロンソもウエットタイヤで出てるぞ。
先にアタックしてるエリクソンはセクター3で自己ベスト出したけど、タイム更新ならず。
ウエットタイヤでは厳しいか…?

アロンソのオンボードリプレイ。
無線でのやり取りに川井ちゃん大爆笑。
アロンソはタイム更新出来なさそうだから、走っても無駄だと思ってます。

残り2分切った。
リチャルドはアタックしているが…13番手のまま。
セクター2は水飛沫が殆ど上がってないから、そこそこ乾いてるんだな。
そうなると、ウエットタイヤではちょった厳しいな…。

つか、気付いたらサインツJr.が2番手にいたwww

チェッカー!

アロンソはタイムを更新できず、11番手のまま。
リチャルドはタイムを上げてヒュルケンベルグを上回り、12番手でした。
彼は今回、天候への対応が後手後手になってるな…。

トロロッソ勢、ハース勢がQ3進出!
ハートレーは初めてQ3に駒を進めています。


日が暮れてきた感…。
陽気な観客達。

また雷来てるのか…。

ヒュルケンベルグには燃料入れられなかったトラブルがあった模様。


Q3
ハートレー、サインツJr.とピットレーン出口に並ぶ。
待機列、皆ウエットタイヤですね。
ウエットタイヤが活躍するのは最近中々なかったし、珍しい光景。

ハミルトン、セクター1めっちゃ速い!
…と思ったら、ライコネンがセクター1全体ベスト!
しかし、3番手止まりだ。

ハミルトンがセクター1、セクター2で全体ベストを叩き出してい!
ハミルトンがトップタイム!
ベッテルは3番手タイムだ。
残りは6分半!

視界悪くて、文句言ってるドライバーが多いとの事。

ライコネンが2番手タイム!
現時点でガスリーは5番手、ハートレーは8番手。

残り5分。
フェルスタッペンが新品のウエットタイヤに替えてきたぞ!
サインツJr.がタイムを上げて5番手に!

残り4分!
ここでライコネンがトップタイム!
ハートレー、マグヌッセンも新品ウエットタイヤに履き替えに行きました。

残り3分。
ここでメルセデス勢がピットイン!
新品ウエットタイヤに履き替えます。
おぉ、サインツJr.が3番手タイム!

ベッテル、アタック中。
3コーナーで一瞬フラついた…あそこは水の量が多そうだ。
このラップはあまり良くないな…タイヤに熱が入ってないのか?
それでもタイムを上げて4番手だ。

残り1分切った!
ボッタスがセクター1全体ベスト!
ハミルトンがそれを上回って、セクター1全体ベスト!
メルセデス勢のタイムが良さそうだ!

チェッカー!

現在トップタイムのライコネンはピットに戻った模様。
ベッテルがタイムを上げたけど、ライコネンに及ばず2番手。
ボッタスがトップタイムを更新!!
ハミルトンがトップタイムを塗り替えた!!
ガスリーはタイムを上げるも6番手のまま。


ハミルトン、ポールポジション獲得!!
メルセデス勢がフロントローを独占!!
トト、喜びを噛み締める。

…レッドブルは雨でそれ程速くなかったな。

サインツJr.が良い働きしましたね…ガスリーがその横に並ぶ。


あっ、天気は回復してきたな…。
日が射してきてる。

グリッドインタビュワーはディ・レスタだ!

ハミルトン「バレエのように爪先で立っているみたいだった。」

ハンガリーではライコネンも大人気!
フィンランド人多いからか…。
本国ではWRCやってるんだけれど、それでもこのファンの数。

ライコネンの奥さん、ミントゥ夫人とお子さんのロビン君だ。
3歳で国際映像に名前が表示されるwww


フォトセッション。
スオミの国の人達がハミルトン待ちしてる。

…ようやくハミルトン来た。
ライコネンwww
両手を前で組んでるwww

あっ、ジャン・アレジがタイヤ持ってきた。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
6番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
8番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
15番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
18番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
19番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
20番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ






続きからコメント返信!!

続きを読む "ギョベクリ・テペ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

ナウムブルク大聖堂

2018年に登録された、ドイツの世界文化遺産です。
ドイツの世界文化遺産2件目は中央部に位置するザクセン=アンハルト州ナウムブルク・アン・デア・ザーレ北西部にある大聖堂とその周辺を含む文化的景観です。
大聖堂は1028年に建設が開始され、13〜14世紀には内装・外部共にロマネスク様式や初期ゴシック様式での大幅な改修・増築が施されたようです。
大聖堂の西側内陣にはドイツ・ゴシック彫刻の代表作『ウタとエッケハルト』の像があるとの事。
これは「ナウムブルク・マイスター」としか伝わっていない、謎の彫刻家による聖堂創設者を描いた12の石像群の一つのようです。

この案件は過去に2度推薦されていましたが、1度目は登録延期、2度目は対象を大聖堂のみにするコメントを出しつつ情報照会と決議され、いずれも登録されていませんでした。
また、イコモスは当時から同時代の大聖堂と比べて、傑出した価値が証明されていないとして不登録の立場を取っていました。
しかしながら、過去2度の審議で世界遺産委員会が顕著な普遍的価値がある事を念頭に置いた決議を出していた為、今回は「判断不能」として不勧告状態となっていました。
これを踏まえて、決議案は「不登録」扱いとなっていましたが、世界遺産委員会は登録する事を決議。
どういったロビー活動があったのかは定かではありませんが、逆転で世界遺産となりました。







台風が…来る。


それはそうと、今日は珍しく3人である。
もう寝てるけどね。







Zw_0405
ゾイドワイルド、墨入れまでやってみた。


Zw_04_2Zw_04_3
ガブリゲーター。

Zw_04_1
やっぱりこのアングルだよね。


Zw_05_1Zw_05_2
ガノンタス。
小汚くなってしまった…。
墨入れ失敗ですね…。

Zw_05_3
顔。
荒が見える…けど、更に寄ると更に荒が見えるので、寄れないのです。
そうだなぁ、ガノンタスは全身の方が栄えるかなぁ。


Zw_cap
ついでに、キャップ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

ヘーゼビューとダーネヴィルケの境界遺跡群

2018年に登録された、ドイツの世界文化遺産です。
ユトランド半島にある地域圏を分ける上で重要となった土地と遺構からなる世界遺産です。
ヘーゼビューは北方ゲルマン系民族・バイキングが居住した、重要な定住地でした。この土地はシュライ・フィヨルドとして知られる、バルト海へと通じる狭いけれど航行が可能だった入り江の再奥で商業地として発展しました。その理由は、河口が北海に通じているエルベ川の支流・トゥレーネ川が近かった為、陸上輸送が容易だった事等が挙げられています。
9世紀にはデンマーク王・ゴドフレドによってユトランド半島最大の拠点として整備され、交易地として栄えました。
ダーネヴィルケはゴドフレドがヘーゼビューを取り囲むように建造した土塁で、高さは3〜6m程あったと言われています。
最終的にユトランド半島とヨーロッパ本土を分ける全長約33kmの土塁へと拡張され、これがデンマーク王国とフランク王国を分ける国境として長らく機能していたようです。
この事が、ユトランド半島が北欧文化圏に留まる一因となったとの事。

イコモスはこの案件に対し、価値そのものは認めて登録の勧告を出していたようですが、同時に名称の変更も勧告していたようで、最終的に今の名称へとなったそうです。






Garigari_choco_minto
ガリガリ君 リッチ チョコミント。

暑い時に食べると良いと聞いて、取っといたやつ。
この前、暑かった時に食べた。

ミント感が若干中くらいの強さだったけど、確かに、暑い夏に良いかも知れん。






Kncr_tukiyomi
お船のCD、月夜海。
2種類ようやく手に入れました!!

良きかな良きかな…。







F1ドイツGP予選!!

2年振りの開催、ドイツ!
雨上がりの空…まだ結構雲があるね。

メルセデス、ハミルトンとの2年契約を発表。
翌日にはボッタスとの1年契約も発表。
こちらは来年の条件次第で+1年契約延長さらるオプション付き!


リチャルドはパワーユニットを交換。
MGU-Kとエネルギーストア、コントロールエレクトロニクスが3基目となり、20グリッド分の降格ペナルティ。
15グリッド以上降格するから、無条件で最後尾スタートに。


イギリスの後だから更に目立つけど…オランダファン多いなぁ~。
しかし、この多さ。
隣だからってのもあるだろうけど、イギリスにはあんまりいなかった理由が他にもあるのか…。


ハミルトンは土曜朝から体調不良を訴えてる。
FP3は土砂降りだった事もあって、ほぼ走れなくても問題なかったけど、予選は果たして…?

コースはまだ濡れてる所もあるな…。
タイヤチョイスはどうなるかな?

数年前に開催した時、予選にも関わらずスタンドに空席が目立っていたドイツ。
今回は…2年振りだからか、グランドスタンドの客の入りはそこそこか。


ルノーのガレージ。
迷路のような複雑なデザインのフロントウイングが映ってます。


Q1
まず初めに出てきたシロトキンはウルトラソフト!
ルクレールもウルトラソフト…殆どのマシンがドライ用タイヤを選択している模様。
ピットレーンはもう大体乾いてるみたいだし、コース上もほぼ乾いてる感じ。
縁石はまだ水が溜まってるから、そこを通過すると水飛沫が上がる。
滑らないように注意だな。

…イギリスの観覧車も速かったけど、ドイツの観覧車も速いなwww
何でこうも速いんだwww

観客が何か持ってるwww
持ち手を回すと、エキゾーストノートが聞こえる…www

ヴァンドールンの無線。
シフトに問題あるらしい。
…一度ガレージに戻って調査したようだけど、ギアボックスは大丈夫だそうだ。
そんな訳で、続行。

オランダのファンかな、オレンジスモークやめいwww
残りは8分。
既にコースに出ているフェラーリ勢、メルセデス勢に続き、レッドブル勢もコースに出ています。
フェラーリ勢はタイムの更新をし合ってますね…メルセデス勢はやや苦しいか?

フェルスタッペンのリプレイ。
水飛沫と火花の共演。

おっ!
ルクレールが6番手だ…相変わらず好調だなぁ。

残り2分。
ハミルトンのリプレイ。
予選では珍しく、コーナーで膨らんでますね…。

あ、またコーナーで膨らんでる…めっちゃフロアを縁石に打ちつけてるなぁ…。
マシン跳ねてるし。

チェッカー!
…うん?!
ハミルトンがスローダウン!
油圧トラブルでギアが4速でスタックしちゃってます!
チームの母国でこの波乱とは…!

あっ…止まった。
降りてマシンを押し始めるハミルトン。
端から見ると、具合悪いんだから無理すんなとは思うんだけど、本人はアドレナリン出てるから頑張れちゃうんだろうなぁ。

黄旗!!

壁の内側への撤収終わると、マシンにもたれ掛かってぐったりするハミルトン。
具合悪いからなのか、落胆からなのか。
レーシングスーツのファスナー開けてるのも気になる…やっぱり具合悪いのか?

ハミルトンのリプレイ。
2回目にオーバーランして縁石で跳ねた時のプレイバック。
これが原因だと考えられているのでしょうか?
スタックしてすぐに無線で止まれ止まれと言われているが、ハミルトンはガレージに戻りたいのか、走り続けていますね…。
チームとしては、ギアボックス関係のトラブルはパワーユニットにもダメージを与えかねないので、センシティブになる所だと思う。
トラブルが起きてすぐでしょうか、何処かに電話するトトの姿が。
イギリスにあるファクトリーでしょうか?
メルセデスの母国でこのトラブルは…痛いなぁ。。


Q2
走れなくなったハミルトンが大きくクローズアップされていましたが、Q2は既に始まっています。
トロロッソ勢がQ1でダブルノックアウトされてた。

フェルスタッペンはソフトタイヤでアタック中。
流石にタイムが足りなさそうで、2度目のアタックはウルトラソフトでしたが…。
雨降ったから路面の改善の仕方が極端になるし、それ考えたらウルトラソフト投入も仕方ないと思う。
決勝は対メルセデスや対フェラーリを考えると、同じタイヤっつーのは厳しいものがあるけど。
様子見し辛いからね。

残りは10分…あっと、エリクソンがスピンしてコースオフ!!
グラベルの上で止まったけれども、自力で脱出。
コースに復帰する際に大量の砂利をお土産にしてきた!
コーナーの中程、アウト側に砂利が広がってるけど、コース幅狭いし、どう見ても邪魔だな…。

残り7分切った所で赤旗!
砂利掃除。

清掃車登場。
…あれ、結局人力で掃くのねwww
微妙にバンクが付いてるコーナーだからなのか、上手く掃けなかった模様。

再開。
路面温度は30℃…うわぁ、一気に上がりましたね。。
予選スタート時は28℃だったし。
これはQ3に影響するか?

ここでチェッカー!
サインツJr.が8番手に飛び込んできた!
アロンソは11番手でノックアウト。
しかし、決勝では新品タイヤ履ける勢の中では一番手前なので、ポイント獲得狙えそう。
ルクレールが8番手に!
ペレスが10番手で滑り込み、Q2通過!

リチャルドはペナルティあるし、走らない事にしたようだ。
シロトキンは自己最高かな、12番グリッドを獲得。
ルクレールはQ3進出だ!
ザウバーのマシンが大幅に戦闘力を上げてきてるのもあるけど、彼は凄いね!
フェラーリパワーユニット勢は6台中5台がQ3走ります。

フェルスタッペンファンのライオンいたwww
中身おじさんなのか…www
川井ちゃん曰く、グランドスタンド裏で頭を外した状態でチャリ乗ってたらしいんだけど、フラフラしてて危ないってwww
轢かれそうになって避けたとかwww
チャリ持ってきてるんかなwww

ハミーさんwww
当時ライバルチームだったからって、あいつがってwww


Q3
ベッテルがファーストランで1分11秒539を出し、トップタイム!
トラックレコード更新です。
ボッタスがフェラーリ勢の間に入り、それをフェルスタッペンが追う形になってます。
フェルスタッペンはやっぱりやや苦しい立場か?

ペレスはまだタイムを出していませんので、1アタックかな?

残り3分切った!
ラストアタックの時間です!
コース上は混雑してますねぇ~。

ライコネン、タイムを更新するも、2番手!
チェッカー!
ペレスは8番手だ。
ボッタス、ライコネンを上回ってトップタイムだ!!
ベッテル、セクター1、2共に全体ベストを叩き出している !
そして、トップタイム…トラックレコード更新!!

ベッテル、まずは母国でのポールポジション獲得!
ファンもスタンディングオベーション!

ベッテルのヘルメットは、母国GPの特別仕様だ!


グリッドインタビュワーはペヤング先生!
ベッテル、まずはファンに向けて、ドイツ語でコメント。

ボッタス、良い顔してるなぁ~。
戦える感触があるからかな?
フィンランド国旗結構多いな…www

ライコネン、まずは観客へ挨拶。

ベッテル父、ノルベルト・ベッテルもやってきてます。
奥さんとお子さんもスタンドから見てるのかなぁ。


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
9番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
13番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
14番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
15番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

16番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
17番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
18番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
19番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
20番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン


リチャルドがパワーユニット交換によるペナルティで最後列からスタート。
また、ガスリーもパワーユニット一式を交換して、最後尾スタートになりました。


スターティンググリッド。
ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
9番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
13番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
14番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
15番手からはエステバン・オコン/フォースインディア

16番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
19番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
20番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ






F1ドイツGP決勝!!
解説次生さんかー!

現地は晴れてる…けど、向こう側は暗い!

観客の入りは上々ね!
大体はベッテルファン、後はフェルスタッペンファン。
メルセデスのファンは…?
チケットは完売らしい。

ハースのピットウォールにある、雨雲レーダー。
…と、小松さんの後頭部。

メルセデスのホームGPなので、ディーター・ツェッチェ ダイムラー会長も勿論います。
…イギリスの時もいたよな?

ん、ノルベルト・ハウグだ。
F1関係者。
強くなる前のメルセデスのマネージングディレクターとかやってました。


ベッテルの予選後インタビュー、ホントにご機嫌だなwww
タイトルを争うライバルのハミルトンとは正反対である。


フェルスタッペンファン席…www
オレンジでいっぱいだ!


おっ、ロズベルグ。
今回はテレビのお仕事か。


国歌!!
モタスポ公式テーマソングである。
歌手の人による独唱だから、普段聞いてるのとはまた違った印象。
…何だあのトロフィのデザインwww

そういや、アクロバットチームとか軍の人とか出てこなかったね。


国歌の時、スタンドの観客がパネルを掲げてドイツ国旗作り出してたけど、フェルスタッペンファン席ではオランダ国旗が出現したwww
フェルスタッペンにとってもほぼホームみたいなもんだなwww

雨の確率、60%!
日本ではほぼ降る判定なんだよなぁ、これって。

…フランスからのお客さんかな?


リチャルドは19番手からのスタート。
だけど、かなりリラックスしてる感じ。


メルセデスのガレージから見守るロズベルグ。


シグナルが…ブラックアウト!!
クリーンなスタート。
ヒュルケンベルグがグロージャンをかわすのにタイヤスモーク上げたくらいだ。

ハミルトンがホームストレートでオコンをかわして12番手。
シロトキンは14番手にまで下げちゃってるなぁ。


2周目、ライコネンの無線。
バイザーに雨粒との報告。

4周目、ハミルトンがルクレールをかわして10番手に。
リチャルドは現在16番手。
ミディアムタイヤを選択した為か、中々前に行けないようです。


14周目、ハミルトンがマグヌッセンをかわして5番手に。
リチャルドはアロンソの後ろでスタックしていて、13番手だ。

ここでライコネンがピットイン!
ソフトタイヤか…やるなぁ。
ハミルトンの前、4番手で復帰。
フェルスタッペンへの揺さぶりと同時に、ハミルトンへの嫌がらせにもなる、凄いタイミング。


18周目、ここでリチャルドがアロンソをかわして12番手に。
暫くはサイド・バイ・サイドになっていたけど、順位の変動はなし。


19周目、ヒュルケンベルグがピットイン。
おっ、ミディアムタイヤ…?
ルノーはタイヤに厳しいが…最後まで持つのか?


29周目、ヘアピンでサインツJr.がグロージャンに軽く追突したっぽい。

ヒュルケンベルグがエリクソンとオコンのバトルを掻い潜って2台の前、9番手に。

ペレスのリプレイ。
タイヤ交換の時に右フロントの作業が遅れた!
ペレスは現在14番手だ。


28周目、ライコネンの無線。
ベッテルとのタイヤのライフ差を伝えられています。
これはファースターザンユー案件か?

リチャルド、コース脇でストップ!!
マシンに異変があったようだ。
黄旗!!


30周目、フェルスタッペンがピットイン。
これでライコネン、ベッテル、ハミルトンのトップ3に。
ハミルトンはまだピットインしていません。


32周目、ヒュルケンベルグとアロンソがバトルしてた。
アロンソ、ここでピットイン。
ミディアムタイヤをチョイス。


35周目、ベッテル無線。
文句言ってる。
ライコネンの後ろにいるのが気に入らないようだ。

ん、ヴァンドールンがスローダウン。
ガレージに戻るようです。


39周目、ライコネン無線。
実質ファースターザンユー。
フェラーリによるチームオーダーは…チームオーダー禁止の時にホッケンハイムで物議を醸したやつがありました。
ライコネン「ハッキリ言ってよ!」

無線のやり取り流してる間にライコネンとベッテルの順位が変わりました。
ベッテルがトップです。


40周目、ボッタス無線。
8分後に雨だそうで。
後5周くらいか?


42周目、ハミルトンがここでピットイン!
雨を待てなかったか…。
一応ウルトラソフトにしてるな…。

ヴァンドールンは結局続行してるっぽいね。
直ったのかな?


44周目、大粒の雨が降ってきた!!
6コーナー…ヘアピン部分だ。

ザウバーが動いた!
ルクレールが雨用タイヤ、インターミディエイトに交換!
アロンソ、ガスリーも入ってきました!
アロンソはインターミディエイト、ガスリーはウェットタイヤだ!
ガスリー陣営は大雨になると踏んでるのかな?

フェルスタッペンのリプレイ。
雨の6コーナーでオーバーラン。
この辺だけめっちゃ雨降ってるよね…。
ハミルトンもちょっと膨らんでたし。


47周目、レッドブルも動いたぞ!
フェルスタッペンはインターミディエイトですね!

ベッテルのリプレイ。
落とし物してた。
さっき国際映像に映ってたパーツはベッテルのか。

しかし、雨の範囲は思った程広がってないね。
これ、雨用タイヤ勢は6コーナーでしか恩恵受けられないからキツいやつだ。
雨用タイヤはドライの路面走るとすぐボロボロになるし。


48周目、ルクレールがドライ用タイヤ…ウルトラソフトに戻した!

ガスリーもドライ用に戻してます。
彼はコースオフしてグラベル走る場面もあったしね。


49周目、フェルスタッペンもウルトラソフトに戻しましたね。
…でも、2コーナーは降ってるんだな。
アロンソもドライ用タイヤに戻したようで、雨狙ってた人の希望は打ち砕かれた格好。
ただ、コースの一部はまだ雨が降っている状態なので、より難しいコンディションになっています。

あっと、ルクレールが雨で1回転!
しっかり1回転だけして再び走り始めたぞ。


51周目、今度はシロトキンがコースオフ!
…コースに戻りました。

周回遅れが絡みながらもライコネンとボッタスのバトル!
6コーナーとかが雨なんで、全体的にペースが落ちて、特に中段勢なんかは団子状態になってる。
あっと、ペレスがハーフスピン!
川井ちゃん「パレス」
噛んだ…?www
ペレスはシケインでハーフスピンしたから、コーナー外側の土に乗り上げちゃいました。
復帰する時に後輪でめっちゃ土巻き上げてる…。

あっと、今度はライコネンがコーナーで膨らんでコースオフ!
ボッタスが前に出た!
ライコネン無線。
ピー。
「マグヌッセンに完璧にブロックされた!」
フェラーリパワーユニット使ってるカスタマーに邪魔されたからコースオフした、という所でしょうか。


52周目、あー!!
ベッテルがクラッシュ!!
セーフティカー!!

ボッタス、ピットイン!
タイヤ準備できてない!
ウルトラソフトだ…タイヤ交換時間は15.9秒かかりました。

マシンから降りたベッテル、悔しさからか、グラベルを蹴る。
リプレイでクラッシュした後にステアリングを何度も叩いてる所が映し出されています。
セクター3の低速セクションを通過中、雨で曲がらなくなって、そのまま直進したんだな…。
無線でピー2回。

ハミルトンのリプレイ。
ピットインしようとして…コースに戻った。
ボッタスのピットストップが遅くなったからキャンセルされた?
無線でボックスボックス言われた後に、慌てて留まるよう言われて、更にやっぱり入れ…かな?
さて、コースとピットレーン入口の間にある芝生を跨いじゃってる訳だが…規約違反だよね。


54周目、ライコネンがピットイン!
これでトップ3はハミルトン、ボッタス、ライコネンの順に。

あっと、シロトキンがコース脇でストップ!
煙…オイル漏れらしい。


55周目、今度はストロールがガレージに戻ってリタイア。
ウィリアムズは店仕舞い。


56周目、マイランダータイム。
セーフティカーのドライバー。

気付いたら、雨用タイヤ履いてるのサインツJr.だけだった。
…あ、ピットインした。

フェルスタッペンファン、大盛り上がり!
4番手から表彰台圏内を狙います


58周目、リスタート!
ボッタスがハミルトンの前を伺う!
並んだ!
サイド・バイ・サイド!
ここはハミルトンが前だ。


59周目、サインツJr.に審議。
セーフティカー中のオーバーテイクしたとか。
63周目に10秒加算ペナルティを受けました。

エリクソン8番手、ハートレー9番手…ポイント獲得チャンス!

ボッタスのリプレイ。
無線で「そのポジション守ってくれる?ごめんね。」
ボッタス「分かったよ。」
メルセデス、チームオーダーでハミルトンとボッタスの争いを防止。

ハミルトンは凄いペースで飛ばしてる!


67周目、ファイナルラップ!
ハミルトン、ファステストを出しながらファイナルラップに突入しました!

そして、14番グリッドからの優勝!!
ボッタス、そしてライコネンが続きます。

アロンソはギアボックスにトラブルの兆候があったそうで、残り2周の時点でガレージに戻っているそうです。


大喜びのハミルトン。
チームの母国でのワンツーフィニッシュ!
メルセデスにとって、初めて母国でワンツーしたらしい。
2人で並走するウイニングラン。

ハミルトン、ヘルメットがハローから落ちちゃってるよ。
驚き!って表情してから、チームクルーに駆け寄った。
そして、観客へのご挨拶!


インタビュワーはペヤング先生。
ペヤング先生「14番手から優勝って思ってました?」
ハミルトン「はい、勿論!」
良い表情してるな。

ハミルトン、観客と握手してた。
ライコネンのインタビュー中にハミルトン割り込んできたwww

控え室でツェッチェ会長を持ち上げた後、お話するハミルトン。

外、めちゃくちゃ雨降ってきたwww
そんな中の表彰台。

フィンランド国旗に挟まってるユニオンジャック。
いつもの。
そしていつもの。
ドイツで聞く、いつものである。
しかし、すげぇ雨だなwww
赤旗級www

トロフィやっぱり凄いなwww

シャンパンファイト!!
まず飲むライコネン。
あっ、表彰台上がってるのツェッチェ会長じゃんwww

ライコネン捌けて、メルセデス勢だけのフォトセッション。
しっかし、すっげぇ雨だなwww

ライコネンと話してるエンジニア、何処にヘッドホンしてんだwww
耳の上だwww

ファンと優勝を祝うハミルトン。
めっちゃ雨降ってて1コーナーさえ見えないwww
川井ちゃん曰く、雷凄いらしい。
…確かに凄い雷だ。

EDでフィニッシュ時、余所見してるツェッチェ会長のシャツを引っ張るトトの姿が。
可愛いなwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
6位はロマン・グロージャン/ハース
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はエステバン・オコン/フォースインディア
9位はマーカス・エリクソン/ザウバー
10位はカルロス・サインツJr./ルノー

11位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ
12位はケビン・マグヌッセン/ハース
13位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14位はピエール・ガスリー/トロロッソ
15位はシャルル・ルクレール/ザウバー
16位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

リタイアは…
ランス・ストロール/ウィリアムズ
セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
セルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
ダニエル・リチャルド/レッドブル


サインツJr.に10秒加算ペナルティ。
尚、ハミルトンのピットインごたごたは戒告で済みました。


最終結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
6位はロマン・グロージャン/ハース
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はエステバン・オコン/フォースインディア
9位はマーカス・エリクソン/ザウバー
10位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はケビン・マグヌッセン/ハース
12位はカルロス・サインツJr./ルノー
13位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14位はピエール・ガスリー/トロロッソ
15位はシャルル・ルクレール/ザウバー
16位完走扱いはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

リタイアは…
ランス・ストロール/ウィリアムズ
セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
セルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
ダニエル・リチャルド/レッドブル


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(188Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(171Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(131Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(122Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(106Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(105Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(52Pt)
8位:アロンソ/マクラーレン(40Pt)
9位:マグヌッセン/ハース(39Pt)
10位:ペレス/フォースインディア(30Pt)
11位:オコン/フォースインディア(29Pt)
12位:サインツJr./ルノー(28Pt)
13位:グロージャン/ハース(20Pt)
14位:ガスリー/トロロッソ(18Pt)
15位:ルクレール/ザウバー(13Pt)
16位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
17位:エリクソン/ザウバー(5Pt)
18位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
19位:ハートレー/トロロッソ(2Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(310Pt)
2位:フェラーリ(302Pt)
3位:レッドブル(211Pt)
4位:ルノー(80Pt)
5位:フォースインディア(59Pt)
6位:ハース(59Pt)
7位:マクラーレン(48Pt)
8位:トロロッソ(20Pt)
9位:ザウバー(18Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

アーシヴィスイト=ニピサット : 氷と海の間のイヌイットの狩場

2018年に登録された、デンマーク(グリーンランド)の世界文化遺産です。
西グリーンランド・ケカッタに位置する地域の文化的景観で、伝統的な狩猟・漁撈生活を伝える世界遺産。
一帯は全長40kmにも及ぶ氷床が広がっており、氷河地形であるフィヨルドも存在する。
そのような北極圏の厳しい環境にありながら、この地には紀元前2500年頃から始まったサカク文化を皮切りにドーセット文化、チューレ文化、更には18世紀のデンマーク=ノルウェーによる植民地時代に至るまで、実に4200年にも渡って人々の文化的な生活が営まれてきたようです。
その構成資産には7地域が含まれており、イヌイットの狩猟場・アシヴィスイット、イヌイットの拠点であるニピサット島等があるとの事。







ようやく見つけた!!

Red_bull_drink
遂に日本でも発売されていた、レッドブル産オーガニックドリンク。
ジンジャー、コーラ、ビターレモン。
コーラはF1に参戦しているトロロッソのリアウイングの翼端板に書かれてるやつ。






某小説!
・殺人鬼は別任務か…?
・表から急に裏に?
・空のヒビ
・であいがしら
・神殿裏口警備の人達?!
・なんだ、マッチョモチか…
・サムズアップモチ
・ドヤ顔モチ
・頭下げたのかよwww
・終わりの見えない問い
・かっこいいな、影は…
・めっちゃかっこいい
・もうかっこいい
・そして違和感
・迎えに来ない関係者
・中止にならないフェスタ
・ハンドリングする人、どうした?
・勝手に始まる中継
・お前誰やねん
・お兄さんも違和感しか感じない
・流石幼馴染
・空のヒビが広がってるとか、超獣かな?
・終焉の神が戻ってきたか…
・そして、ドレスの女性
・フケイフケイ…
・さぁて、種明かしの時間かな?
・あかん…来ちゃあかん
・言わんこっちゃない
・突然の野良猫
・ロマンスなアレなのに緊急事態
・影の化け物登場、うちにいる瘴気の怪物に似てるかな?
・大暴れ!
・街灯砲台も火を吹くぜ!!
・一度はやりたくなる、こういう種類の描写
・阿鼻叫喚地獄絵図
・仲良くね!
・郵便屋さんアレだけじゃ済まなかったね
・やっぱり何か召喚しとるやん
・物見の塔が…結界アボン
・砲台、一部無効化
・影の化け物を構成する魔力は魔女からのだけじゃないのかー
・何処からだろうね?
・うさぎ馬
・ハモるなハモるなwww
・馬上ならぬう上(もはや意味が…)
・人見知り発揮してる場合か!www
・空が割れた
・完全に超獣とかUBじゃねーか!
・割れた空から化け物が顔を出せば完全に一致
・倒れた人々の魂を宝石化して喰わせてるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

カリフ都市メディナ・アサーラ

2018年に登録された、スペインの世界文化遺産です。
スペイン南部・アンダルシア州コルドバ県コルドバの西北7キロの丘に位置する都市遺跡です。
アサーラはザフラーとも言われますが、この「ザフラー」はアラビア語で「花」という意味なのだとか。
10世紀に後ウマイヤ朝のカリフだったアブド・アッラフマーン3世が首都・コルドバの離宮都市として建設した、城郭都市でした。
1500m×750mの壁に囲まれた城内に築かれていたザフラー宮殿は、王の離宮として使用されていたとか。
ザフラーの名はアッラフマーン3世寵妃の名と言われているのですが…「花」って名前の人だったんですかね?
1010年前後にあった内戦によって荒廃した為、放棄されて埋もれてしまいました。しかし、その事が幸いして、20世紀初頭に発見された際は、当時の建築の様々な特色を良く残していたらしいです。

キリスト教による国土回復運動(レコンキスタ)以前のイスラム圏の都市を伝える貴重な遺跡として評価さが登録の理由になったようです。







Screenshot_20180707005708_153089265
色違いポチエナ。






Poke_21
毎年恒例、ポケモン映画観に行きました!!

以下、感想的な。
サトシの顔可愛い系だったけど、全然気になりませんでしたね。
寧ろ、登場時のサトシがかっこ良くていつものサトシでした!
投げられたレモンを片手でキャッチするとかかっこよすぎる!
バンギラスの所も、ハンターからラルゴ達を守る所も恰好良いね。
終盤、ゼラオラのプラズマフィストを食らった場面では、また死にかけたかと思ったけど、今回は気絶だけで済んでたのが意表を突かれた感じ。
強い…これが…サトシパワーかwww

そして、R団の作画良かったな…。
ムサシは何気に衣装替わってた…半袖じゃないかwww
殆ど売り子姿だったけどな…!!

ポケモンパワーという文字通りのパワーワード。
「みんなの物語」というだけあって、主役がサトシだけじゃなかったのが凄く良かったです。
カガチさんとウソッキーの所は感動ものでした…。
すぐ嘘付くのは良くないんだけど、それがその場を凌ぐ為のハリボテの嘘だっていうのが、人間味溢れるおっさんだよなぁ…と。
それにしても、姪っ子大好き過ぎだろwww
序盤で見せた、的当て時の超絶コントロールがフラグだったとは…w
基本ダメ大人だったんだけど、あれは恰好良かったわw
後、大切なものを守る為に嘘を付くっていう科白は名言だと思う。その後、特に嘘は付いてないけどw
トリトは人間とのコミュニケーションは苦手だけど、随所で恰好良い所見せてたのが印象的。
最後の、研究仲間に協力を要請する所とかは頑張れってなった。
発電所を動かす時のヒスイさんは悟空だったわ…www
あのおばあさん恰好良過ぎだろwww
50年前の発電所の火災での出来事、それを乗り越えて街を救う…恰好良かったわ。
ツイッターのコメント、スーパーマサラ人とスーパーサイヤ人の共演は笑うwww
寄ってきたカイリキーが涎垂らしながら寝てるの、完全におっさんだよなw
EDのネイティオは寝てるのか起きてるのか…w
リサは最初にポケモンが絡まない普通の高校を描写する事で、今まで殆どポケモンと関わってなかったってのが鮮明になってたのが印象的だったし、元陸上部設定がこう活かされるとは…!
みたいなのもあった。
ラルゴの意思の強さと行動力、まだあどけない感じなのに、すげぇなぁ…。
そういう芯の強さ、フットワークの軽さの出所が子供っぽい所から来ているから、ちょっと怖いというか、危険でもある訳で…。
これも純粋故、なのだろうか…。
そして、その父のオリバー市長。事前の情報とかでは、特に絡まなそうだったけど、がっつり絡んでる。
「みんな」に相当する活躍しているのが凄い。
立場を活かしたハンターへの牽制とか、ラルゴの話を受け入れる懐の深さ(真実ありきの振舞いだったんだろうけど)とか、今まであんまり描写された事のない、大人…保護者像だったように思う。
彼は市長としても、親としても立派な人物のように思えたなぁ…。
序盤ではゼラオラの話をするんじゃないって娘を叱る場面があったから、完璧な人物ではないのは確かだけど、今まで良く見てきた所謂ダメ大人のそれとは違うと思う。
それに、叱ったのだってゼラオラや娘を守る為の行動だったのだろうし…。
まぁ、カガチさんとは結構対局にあったキャラだったと思う。
それぞれのキャラが一つの目標に向かって収束していくの凄い良い。
ポケチューバー怪しいと思ってたけど、やっぱりリサの弟のリクだったかw
リサへのオペレートが完璧過ぎたから、アレでお姉ちゃんに怪しまれたんだなw
つか、病室から放送するんじゃないよwww
最後に放送事故起こしたしwww
まぁ、その場にはいなかったけれど、彼も「みんな」の一翼を担っていたんだなってなったのは確か。


ゼラオラは受けた仕打ちからして人間を憎んでいたようだけど、ラルゴを守ったりしている辺りは憎み切れていなかったのかもしれない。
その要因は、人間を認めたルギアを見たからなのかもしれないけれど…まぁ、酷く不器用な性格だよねw
孤高の存在のようで恰好良いんだけど、素直じゃないと言うか…w
ルギアは殆ど出番なかったけど、街の謂われとかで人々の信仰の根幹の部分を担う、重要な役割。
ストーリーにはあまり絡まず、最後にチラッとしか登場していないのも、伝説のポケモンとしての立場と、人々を影で支えている存在という点をクローズアップしていたように思う。


そして、来年の予告。
あの、ダークヒーローが帰ってきますよ!!
…最初から来年の映画の方向性告知出るの、初じゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

20世紀の産業都市イヴレーア

2018年の世界遺産委員会も終わったので、新たに登録された世界遺産をば。
まずは、ヨーロッパの世界遺産シリーズから。


2018年に登録された、イタリアの世界文化遺産です。
イヴレーアはイタリア南西部、ピエモンテ州トリノ県にある都市。ドーラ・バルテア川を挟んで新市街と旧市街があり、旧市街にはローマ時代~近世の街並みが残っています。一方の新市街は工場を中心とした産業都市で、世界遺産に登録されたのはこちらの市街地。
産業都市成立の切っ掛けになったのは、1908年に創業したオリベッティ社。タイプライター、電卓、コンピューターの製造等を手掛けた会社で、戦前のイタリアの産業を支え、戦後の復興の中心ともなったそうです。
市街地には1930~60年代に築かれた同社のタイプライター・電卓・PCといった製品の工場、研究所、社宅、文化施設、庭園等があり、それらがこの世界遺産の構成資産となっています。
コンプレッソ・オリヴェッティ…と言う単語が出てきたけど、施設群をまとめてこう呼称しているのかもしれないね。
20世紀を代表する工業都市モデルとして評価された一方、イコモスは保護体制の不備等から情報照会を勧告していましたが、その部分はクリアされたのかな?






お船。


18_6_19_ise_kaini
この前載せた、伊勢改二の撮れてなかったと思ってた画像が残ってたので、上げてみる。


そして、今回のメンテナンスから実装された改二改装が…。

まずはこちら。

18_7_13_tenryukai
軽巡 天龍。
旧型の…小型軽巡。
天龍型1番艦である。


18_7_13_tenryukai2
改装ー。


18_7_13_tenryukaini18_7_13_tenryukaini2
天龍改二!!

画像撮ってないけど、初期装備が高角砲ガン積みしてたから、対空意識とかなのかも。
大発動艇載せて遠征だーとか思ってたら、アテが外れたw

後、しれっと天龍刀(?)が強化されてる…w


続いて。


18_7_13_shiratsuyukai
駆逐艦 白露。
白露型駆逐艦1番艦。

先に妹達が改二になってるのに、そのまま改装来ないで放っとかれるお姉ちゃん多いよね、このゲーム。


18_7_13_shiratsuyukai2
改装ー。


18_7_13_shiratsuyukaini18_7_13_shiratsuyukaini2
白露改二!!


18_7_13_shiratsuyukaini3
イッチバーン!!

装備の横に付いてる「★」は装備の改修度合い。
★+1〜★MAXまでの10段階。






F1イギリスGP決勝!!
史上初の3週連続開催、その3週目!!

いやぁ、決勝日も凄く良い天気です!
イギリスなのにね!!


もう戦闘機飛んでる…アクロバットチーム、レッド・アローズ。
イギリス国旗カラーのスモークを出しています。


…ん、マイケル・ダグラスかな?

グリッドにはマクラーレンの株主の一人、マンスール・オジェもいます。


それにしても、エアショーめっちゃ凄いな…。
長い事やってるし、様々な動きをしてる。


この時点で路面温度は51℃!
オーストリアの時と同じで、熱い!!


アロンソと話し込むFIA会長、ジャン・トッド。

ん、ホーナーさんの奥さん来てるのか。
元スパイス・ガールズのメンバー、ジェリ・ハリウェル。
今はジェリ・ホーナーです。

ニコラ・アダムズ、2度のボクシングオリンピックチャンピオン。
数々のVIPが訪れています!


エステバン・グティエレスもお客さんのおもてなし中。
…彼はメルセデスから良いレースシートにありつけるのでしょうか?


あっ、ハミルトンが久々に傘使ってる。

リプレイ。
ヘリから隊員がユニオンジャック持って降りてきた!
欧州、割とこんな感じだな。


イギリス国歌!!
ロイヤルな音楽隊!
豪華で良いなぁ~。


盛り上がるライコネンファン。

あっ、路面温度1℃上がったな…。

駐車場に停まってる車の数が凄い!
臨時も含めてだと思うけど、周囲にある駐車場、4箇所くらいが全部車で埋まってるんだよ。
駐車場1つ1つもサーキットに負けないくらい大きいのにね。

後、あの観覧車、やっぱスピード速いよな…。


ウィリアムズの2台、ハートレーはピットレーンスタート。

スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
8番手からはロマン・グロージャン/ハース
9番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
10番手からはエステバン・オコン/フォースインディア

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
17番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

ピットレーンスタートからは
セルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
ランス・ストロール/ウィリアムズ
ブレントン・ハートレー/トロロッソ

…ピットレーンスタート多いからか、紹介された。


ベッテルの首は大丈夫そうだ。
特に話題にもなってなかったらしいし。

…おっ、ハミルトン弟だ。

フォーメーションラップ。
おっと、ハートレー、まだピットレーンに並べてない!
ガレージ内で作業中です…まだフロントノーズ付いてない!

そんな中、シグナルが…ブラックアウト!!
おっと、ハミルトンの蹴り出しが悪い、ベッテルは良いスタートだぞ…前に出た!
1コーナーでボッタスがハミルトンの前に!
ハミルトンは3番手に後退しています!
あっと、後ろで盛大な白煙…接触か?!
…いや、ペレスがスピンしたらしい。

あーっと、3コーナーでハミルトンが膨らんだ…!
あっ、ライコネンと接触!!
ハミルトンがスピンした…!
後続が避けたおかげで、何とか戦列に復帰!
しかし、ほぼ最後尾だぞ…。

ハミルトン、無線でフロアにダメージがあると訴えている。
何処まで順位を挽回できるか…?
…というか、ダメージあったなら、元々リアが落ち着かないマシンなのに、更にリアがルーズになってそうだよね。

ハミルトンとライコネンの接触は3周目に審議、7周目にライコネンに対して10秒タイム加算ペナルティの判定に。
同じような接触だったけど、前回のベッテルの時より重いな…批判があったからか?


3周目、何気に走ってたハートレーがガレージへ戻ってきました。
リタイアです。
レコノサンスラップでマシントラブルが見つかり、急遽作業したとの事ですが、完全には直らなかったんでしょうか。


スタートのリプレイ。
ライコネンが右フロントをロックさせて、ハミルトンに接触。
ライコネンの左フロントとハミルトンの右リアが当たって、ハミルトンがスピンしました。

ペレスの1コーナーでのスピンもリプレイ。
うっわぁ、こえぇ!!
後方のマシンだけじゃなく、ピットレーンから出てきたウィリアムズにも当たりそうだった!!
…つか、スピンした時、リアがヴァンドールンに当たってないか?

グロージャンとマグヌッセンが3コーナーで接触していました。
ハミルトンを避けようとして当たったっぽくも見えますね。
マグヌッセンはフロア壊れたし、グロージャンもフロントウイング壊してる…同士討ちです。
この接触は9周目に審議入りしましたが、12周目にお咎めなしになりました。


7周目、ハミルトンは10番手にまで挽回してきています。
ポイント圏内。
…マシンは好調のようですね。


12周目、ハミルトンは6番手。
前にいるのはトップ3チームのドライバーだけです。
5番手のリチャルドは11秒前にいます。


14周目、ここでライコネンがピットイン。
10秒ストップペナルティを消化してからの作業です。
…11番手で戻りました。
クリーンエアではないですね。


17周目、フェラーリのガレージ。
予選の時にもいた、ファンジオさん達。
やっぱりファン・マヌエル・ファンジオさんの家系の方々なのか。


19周目、ルクレールがピットイン!
タイヤ交換時間は2.3秒、早いじゃん!

…ん、黄旗?!
あっ、ルクレールがグラベルで止まってる!!
えっ、まさか…アンセーフリリース?
無線では慌てて「止まれ止まれ止まれ!」と叫ばれている様子が。
どうやら、リアタイヤがちゃんと止まってなかったようです…勿体ないなぁ~。。
これでルクレールはリタイア。
今回もポイント取れそうだったのに…。

26周目にレース後審議になりました。


24周目、気付いたらハードタイヤを履いてるルノー勢。
画面には一切映ってないけど。
ハードタイヤ、どうなんだ?


26周目、ハミルトンがピットイン!
タイヤ交換、少し慎重だな。
ハミルトンが無線でダメージを訴えてたけど、特にダメージのチェックしてないっぽいし…。
ルクレールのアンセーフリリース見たから、慎重だったのか?


28周目、路面温度は54℃にまで上昇!
ここでハミルトンがファステスト!
マシンにダメージはなさそうですね。
後、めっちゃ飛ばしてるけど、路面温度的にどうなんだろう…。
タイヤのスペックが違うとは言え、メルセデスはオーストリアで高い路面温度に苦労してたし…。


31周目、リチャルドが2度目のピットイン!
新品のソフトタイヤ…これは後半に向けてカードを切ってきましたね。
しかも、タイヤ交換時間は2.2秒、早い!


39周目、エリクソンが1コーナーでクラッシュ!!
かなり高速で突っ込んでたけど、大丈夫か?!

セーフティカー!

エリクソンは無事にマシンから降りたようですね…。
クラッシュ時のリプレイ。
あー、DRS戻すの遅い!
あそこのDRSゾーンだけ、手動でDRSを戻す仕様らしいけど、スピンしてから戻してますね。
あそこはマシンが決まってれば、3コーナーの手前までDRS開きっぱなしで行けるらしいけど、今回はちょっとダメでしたね…。

さて、セーフティカー入りましたので、ピット戦略が見られますよ!
フェラーリ勢、レッドブル勢がピットに入る一方で、メルセデス勢はそのまま!!
これでボッタス、ベッテル、ハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、リチャルドの順だ!

回収されるエリクソンのマシン。
フロント部分に大きなダメージが…。
時速300km近くでタイヤバリアに刺さったからな…。
タイヤバリアも結構動いてたし。


36周目、ベッテルの無線。
「セーフティカー、ゆっくり走ってよ。」
セーフティカー遅い!は良く聞くけど、これはあんまり聞かないコメント。
トップグループに混じってた周回遅れのウィリアムズ勢がまだ隊列の後ろに追い付いてないからなのか、それともタイヤ管理上の戦略からなのか…。
何故トップグループが周回遅れが隊列の後ろに追い付いてないのを気にするかってと、争ってたり

イギリスGP、3日間でのべ34万人!
これは凄いぞ!
予選の時なんて、予選終わってすぐにサッカーW杯のイングランド対スウェーデン戦が中継されてその場で皆見てたらしいしな。
んで、決勝日の朝9時の段階で既に凄い人の入りだったらしいし、激しいなwww


38周目、リスタート!
ライコネンがフェルスタッペンをかわした!
おっと、譲らないフェルスタッペン!
サイド・バイ・サイド…フェルスタッペンが再び前に!

あっと、コースオフしたマシンがいる!!
旧1コーナーか…?!
サインツJr.とグロージャンが絡んでクラッシュしてる!!

セーフティカー!!

リプレイ。
グロージャン、姿勢崩して抜こうとしたサインツJr.に追突…。
レース後審議です!


42周目、再びのリスタート。
今度は先頭のボッタスがリスタートに向けて慎重にアプローチしているので、後ろとの間が詰まってます!

2番手のベッテルがボッタスに仕掛けた!
…あっぶね!
ボッタスがブロックしています!
結構周回重ねてるミディアムタイヤの彼は、新品ソフトタイヤのベッテルを何処まで抑えられるでしょうか?

そして、3番手のハミルトンが遅れ始めてるぞ…。
彼のミディアムタイヤ、大丈夫なのか…?!


43周目、ライコネンがフェルスタッペンをかわした!
…あっと、抜かれたフェルスタッペンが少し膨らんだ!
大丈夫か?!

先頭争いは、再びベッテルがボッタスに仕掛けています!
それに堪えるボッタス!

その後ろではライコネンがハミルトンに仕掛けています!
それに堪えるハミルトン!

シルバーアロー対跳馬!!
それぞれトップ争い、そして3番手争いをしています!
熱いぞ…熱いバトルだ!!
息の詰まる展開…!!


47周目、あっと…!!
フェルスタッペンがスピンした!!
どうした?

ベッテルがボッタスをかわしてトップに浮上!!
抜かれた瞬間のトトのこのアクションと表情。
そして、スッと真顔に。


あれ、フェルスタッペンがずるずると後退しています…スローダウンしているようです!
そして、ストップ。
どうやら、ギアボックスのトラブルのようです。

ボッタスとハミルトンが順位入れ替えをして、ハミルトンが2番手になりました。
ボッタス、今度はライコネンを抑える役目に回ります。


49周目、ライコネンがボッタスをかわして3番手!
ボッタスのすぐ後ろにはリチャルドがいます。
もうタイヤがキツそうですね…。


51周目、ガスリーが10番手に上がりました!
ペレスと接触しながらも…かわして行ってますね…。
リプレイ見ると、ペレスのパーツ飛んでる。
チェッカー後に審議になりました。


52周目、ファイナルラップ!!
ベッテルが逆転優勝!!
ハミルトン、巻き返して2位表彰台!
3位はライコネン!
ボッタスが4番手を守っています!


ドライバー・オブ・ザ・デイはハミルトン!


ベッテル、ステアリングをトロフィのように掲げる!
プロストと並ぶ51勝目です!
歴代3位タイ、かな。


インタビュワーはブランドルおじさん。
ベッテルの左首にはテーピングが見えます。
まだ完治はしてないみたいだな。

…あ、どっか、行ったハミルトン。
インタビューは表彰式後になりました。

ライコネン「ルイスに申し訳ない。」
更に、自信へのペナルティは妥当だとも語っています。

ハミルトンは控え室でしたか。
かなり悔しそうにしてる…W杯でイングランドも勝ってたから、どうしても勝ちたかったんだろうなぁ…。
ん、控え室に入ってきたライコネンとは言葉を交わしてないな…。
気まずいのかな?
ハミルトンはずっとモニター見たり、部屋の隅見たりしてて、目も合わさないですね…。


表彰台。
ハミルトンへの応援、凄いな!

いつもの!
イタリア国歌も、やっぱり他のサーキットより歌う声があまり聞こえないな。
ここはイギリスだしね。

車イスの女性が3位トロフィ授与。
表彰台から降りて、更に膝を曲げて目線合わせて受け取るライコネン。
この紳士振り…しかも、自然な流れでやったよね。

しかし、シャンパンはフライング飲みしちゃうライコネンでした。
シャンパンファイト!
フライングしたライコネンは最初から振ってますが…遠慮がちな振り方に見える。


改めて、ハミルトンへのインタビュー。
「シーズン最高のサーキットで、皆、ごめん!」
ハミルトン、悔しさを飲み込んでできるだけ普通に答えてる感じでしたね…。

尚、この後も色々あったけど、2人は和解した模様。


優勝はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7位はエステバン・オコン/フォースインディア
8位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9位はケビン・マグヌッセン/ハース
10位はピエール・ガスリー/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はランス・ストロール/ウィリアムズ
14位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
15位完走はマックス・フェルスタッペン/レッドブル

リタイアは…

カルロス・サインツJr./ルノー
ロマン・グロージャン/ハース
マーカス・エリクソン/ザウバー
シャルル・ルクレール/ザウバー
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ


ガスリー、ペレスとの接触で5秒加算ペナルティを受け、13位に降格。


最終結果。
優勝はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7位はエステバン・オコン/フォースインディア
8位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9位はケビン・マグヌッセン/ハース
10位はセルジオ・ペレス/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
12位はランス・ストロール/ウィリアムズ
13位はピエール・ガスリー/トロロッソ
14位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
15位完走はマックス・フェルスタッペン/レッドブル

リタイアは…

カルロス・サインツJr./ルノー
ロマン・グロージャン/ハース
マーカス・エリクソン/ザウバー
シャルル・ルクレール/ザウバー
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/フェラーリ(171Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(163Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(116Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(106Pt)
5位:ボッタス/メルセデスAMG(104Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(93Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(42Pt)
8位:アロンソ/マクラーレン(40Pt)
9位:マグヌッセン/ハース(39Pt)
10位:サインツJr./ルノー(28Pt)
11位:オコン/フォースインディア(25Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(24Pt)
13位:ガスリー/トロロッソ(18Pt)
14位:ルクレール/ザウバー(13Pt)
15位:グロージャン/ハース(12Pt)
16位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
17位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(3Pt)
19位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:フェラーリ(287Pt)
2位:メルセデスAMG(267Pt)
3位:レッドブル(199Pt)
4位:ルノー(70Pt)
5位:ハース(51Pt)
6位:フォースインディア(49Pt)
7位:マクラーレン(48Pt)
8位:トロロッソ(19Pt)
9位:ザウバー(16Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "20世紀の産業都市イヴレーア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

ブリティッシュ・ウェザー

もう先月の事になるんだけど…

18_6_9_osaka1
久々の新幹線、N700A<のぞみ>に乗りました。


18_6_9_osaka2
車内で朝ご飯。
見た目がクレイジーなんだけど、ミントが強めで好み。


18_6_9_osaka3
新大阪で九州新幹線見た。


…という訳で、大阪に行ってきました。
父の実家に。


18_6_9_osaka4
鉄板焼き。


18_6_9_osaka518_6_9_osaka6
ババンと!


18_6_9_osaka718_6_9_osaka8
フランメ!!


18_6_9_osaka9
更にフランメ!!


18_6_9_osaka10
いやぁ…美味しかったですわぁ。


18_6_9_osaka1118_6_9_osaka12
締めピラフ。
美味しかったなぁ〜。


18_6_9_osaka13
その後、天保山にある水族館、海遊館に行ってきました。
ひっさびさだ…小さい時以来。


18_6_9_osaka14
入口のジンベエザメ像。


18_6_9_osaka15
1、2週間くらい前はここにいずも型護衛艦2番艦「かが」が停泊してました。


18_6_9_osaka16
入ってすぐの「アクアゲート」の天井に。
ナヌカザメ…かな?


18_6_9_osaka17
「日本の森」エリアのオオサンショウウオ。
アゴで態勢固定してるのかな…w


18_6_9_osaka18
「モンタレー湾」エリアのゴマフアザラシ。


18_6_9_osaka1918_6_9_osaka20
「エクアドル熱帯雨林」エリアのピラルクーとカピバラ。


18_6_9_osaka21
18_6_9_osaka2218_6_9_osaka23
特別展示のダイオウグソクムシとオオグソクムシ。


18_6_9_osaka24

18_6_9_osaka25
「太平洋」エリアのジンベエザメ!!


18_6_9_osaka26
同じく、「太平洋」エリアのハンマーヘッドシャーク…アカシュモクザメ。


18_6_9_osaka27
同じく、「太平洋」エリアのイトマキエイ。


18_6_9_osaka28
「特設水槽」のマンボウ。
彼らは泳ぐのが下手だからなのか、良く水槽の隅とか端とかでハマってますよね。
まるで動きのバグったゲームのキャラみたいな感じで。


18_6_9_osaka29
18_6_9_osaka30
同じく、「特設水槽」にいるアオリイカとその卵。


18_6_9_osaka31
「チリの岩礁地帯」エリアのカタクチイワシとマイワシ。
きらきら。


18_6_9_osaka32
チンアナゴとニシキアナゴ。
特にチンアナゴは人気ですよねw


18_6_9_osaka3318_6_9_osaka34
何処のエリアだったかな…「瀬戸内海」エリアか「グレート・バリア・リーフ」エリアだったか?
夕方以降のライトに変わってから、何故か同じ場所をずっと上下するウツボの姿が。


ここらでちょっとカフェで休憩。
対岸の櫻島埠頭が見える場所。

18_6_9_osaka35
ディープソフト。
色がディープブルーだけど、ソーダ味なので普通に食べられます。


18_6_9_osaka36
クラゲソーダ。
何がクラゲかって言うと…


18_6_9_osaka37
クラゲゼリーが入っています。
ストローでゼリーを砕いて飲みます。


18_6_9_osaka38
「日本海溝」エリアのタカアシガニ。

18_6_9_osaka39
脚の付け根をアップで撮ってみました。


18_6_9_osaka40
「海月銀河」エリアのクラゲ万華鏡。
万華鏡っぽく見えるよう、ちょっと角度とか拘ってみたりなんだり。


18_6_9_osaka41
「北極圏」エリアのクリオネ…ハダカカメガイ。
少しだけバッカルコーン出してる個体がいたっぽい。


18_6_9_osaka42
「フォークランド諸島」エリアのイワトビペンギン。
営巣地が再現されています…が、1匹だけ水際にいて、その後何故かずっと泳いでましたw


この部屋には「モルディブ諸島」エリアのあって、ヒョウモンオトメエイ、ホシエイ、イヌザメ等と触れ合える場所となっていました。


18_6_9_osaka43
企画展「顔博」にて、メガマウスの標本。


18_6_9_osaka44
出口付近のメガロドン。
急にメガロドン。


18_6_9_osaka45
すっかり遅くなってしまいました。
本当は天保山行っときたかったけど、時間なくなりました。


18_6_9_osaka46
夕飯、せんば自由軒のインディアンカレー。
ウスターソースを入れて良く混ぜて食べます。
ご飯とカレールウをフライパンで炙り混ぜたもののようで、カレーピラフよりもしっとりしていて、面白いです。

因みに、嫁はカレーオムライス。
中のご飯もカレー味。


18_6_9_osaka47
小劇場1「…お?何かあるぞ?」

18_6_9_osaka48
小劇場2「行ってみよう」

18_6_9_osaka49
小劇場3「よいしょ…よいしょ…」

18_6_9_osaka50
小劇場4「見えた!」


18_6_10_osaka118_6_10_osaka2
次の日の朝食〜。
関西だけに、たこ焼きとかお好み焼きとかあるよ!


18_6_10_osaka318_6_10_osaka4
うわー、アメリカンな感じだ!!

…という訳で、初・USJです!!
生憎の曇り空です!!


18_6_10_osaka5
撮影スポットのジョーズさん。


18_6_10_osaka6_218_6_10_osaka7_2
18_6_10_osaka8_218_6_10_osaka9
新装開店したばかりのウォーターワールド。
最初にいるメインっぽい男性恰好良いなぁ。
女性のアクション恰好良い。
色々良い。

…ブーイングの代わりに中指立てたらどうなるんだろうか。


ウォーターワールドを出ると、次の目的地に割と足早に向かいます。
どれくらい混んでるか分からんけど、あんまり時間がなくてだな…。


…という訳で。


18_6_10_osaka1018_6_10_osaka11
何やら、遺跡みたいな岩が立ってますよ。
うーん、岩盤に何か書かれてますね。
ルーン文字……でしょうか?


周りは針葉樹っぽい樹木に覆われていますね…もう少し進んでみましょう。
それにしても、空は曇り空だから、何だか静かな雰囲気。ちょっと不気味でさえありますね。


18_6_10_osaka33
木に激突してる車がいました…。

これは、フォードアングリア…?
随分と古めかしいですね。
それにしても、木に激突したにしては綺麗だし、まだヘッドライトも点いてる。

空飛ぶフォードアングリア…。


更に、暫く木立の間を進むと、開けた場所に出ました。


18_6_10_osaka12
曇り空の元佇むゲート。


はい、ここは…!!


18_6_10_osaka34
ゲートをくぐると出迎えてくれる、特徴的な蒸気機関車。

ホグワーツ特急…!!

はい、ハリポタのアレです!!
ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター!!

USJ自体初めてだったけど、ずっとハリポタは行きたかったんですよねぇ〜。
ようやく来れたわ…。

それにしても、日曜日だと言うのに、人が少ないw
天気悪くなるからかなぁ…いやぁ、えぇのう。


18_6_10_osaka1318_6_10_osaka32
18_6_10_osaka38
ホグズミード村。
…と言いつつ、ダイアゴン横丁のお店も結構ありますね。
これはホグズミードに支店が出来たと考えれば良いのかな?

雪が被ってる屋根を見ていると、雰囲気抜群!
曇り空を背景にしていると、尚更である。


18_6_10_osaka3518_6_10_osaka36
18_6_10_osaka43
ホグズミード村のウインドウ達。
お菓子店「ハニーデュークス」のウインドウにあるバーティー・ボッツの百味ビーンズ。それから、蛙チョコレート。
それから、何の店かは記録してなかったけど、マンドラゴラ。
こいつの鳴き声を聞いたら良くて失神みたいなアレなのに、定期的に普通に鳴いてくるので害悪だなと思ったw

「ハニーデュークス」では実際にお菓子とか買えますw
後、「ハニーデュークス」と店続きになってたけど、悪戯グッズ専門店・ゾンコの「いたずら専門店」もありました。
おもちゃが買えます。

その向かいにはこれまた実際に衣装とかが買える洋服屋「グランドラグス魔法ファッション店」。
クィディッチ用具等が売ってる「バービシュ・アンド・バングズ」と繋がってます。


18_6_10_osaka3918_6_10_osaka40
オリバンダーの店。

老舗杖店です。
確かにゴチャゴチャしているけど、まだ整然とした感じがあるな。

所要時間15分くらいの、ちょっとしたアトラクションになっていました。
その為か、メインストレートから路地裏に行く通路の所に行列ができてましたね。
待ち時間は大体10分くらい。


18_6_10_osaka51
…という訳で、杖を買いました!!


18_6_10_osaka5218_6_10_osaka53
ハンノキの杖。
俺の誕生日、4月が含まれている「誕生日杖」です。
原作とかでも見なかったので、あまりメジャーじゃない樹木かな?

装飾もあってか、かなり重い。
売っている杖の中で最も重いらしい。


18_6_10_osaka54
トネリコの杖。
嫁の誕生日、2月が含まれている「誕生日杖」。
こちらは結構メジャーな樹木だと思う。
かなり軽いです。


この杖、エリア内の複数ケ所で魔法体験ができるらしく。
曇天の元、巡っちゃいましたよね…www

原作でお馴染の魔法やら、映画でお馴染の魔法やらなんやら。
ポイントは7ケ所。
「おまえのばしょ」みたいな感じにもなったな…w

…原作でロンが間違えた言い方と同じ言い方したけど、成功したわw


18_6_10_osaka30
…何だろう?

と思ってたら、野外ステージでしたw
4つの寮生が皆仲良く催し物やるんだから、微笑ましいw


18_6_10_osaka29
魔法界の名物、バタービール!!
俺がジョッキで持ってるのは、コールドバタービール。

どっちも飲みやすかったですね…より飲みやすいのはコールドの方だったかな。
これを飲みながら、屋外ステージで「フロッグ・クワイア」という催し物を見てました。
歌劇ですかね。


後、杖巡りしてる時に野外ステージで「トライウイザード・スピリット・ラリー」をやっているのを目撃。
映画でもやっていた、ボーバトンの女子生徒によるリボンダンスの場面でした。


18_6_10_osaka1418_6_10_osaka15
18_6_10_osaka1818_6_10_osaka19
18_6_10_osaka2218_6_10_osaka23
18_6_10_osaka3118_6_10_osaka37
見えました、ホグワーツ城!!
曇り空の方がイメージに合っててえぇわw

…正面のガーゴイル像を頂く門柱も撮った筈だが、見当たらないぞ。。


ここには2つ、アトラクションがあります。
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」と「ホグワーツ・キャッスルウォーク」。

まずは、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」に行ってみる事にします。
CMでやってるやつですね。

おぉ、これは凄い…。
人が少ないからか、待ち時間が概ね1時間だ…!!
普段ならもっと待つよな…!!

この頃から、僅かに雨が降り始めました。
絶好のタイミングでホグワーツ城へ入城〜。


18_6_10_osaka16
大広間…かな?

「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」の乗り場があります。


絶叫アトラクションが苦手な嫁さんは直前でやっぱりリタイア。
一人で乗ってきました!!
…映像系アトラクションなので、酔う心配もありますが。

座席に座って進んで行くアトラクションですが、宙に浮いてるので、足はぶらぶらです。
靴を落とさないように注意が必要ですね。
後、スマホも。

映像も然る事ながら、座席がぐにんぐにん動きます。
90度に倒れる事もあります。
立体的な動きで中々面白かったですねぇ〜。

…少し酔ったけどw


アトラクションから降りると、ショップ「フィルチの没収品店」に繋がっています。
ホグワーツの管理人、アーガス・フィルチが生徒から没収した品々を売っているとかいう中々にクソな設定のショップでして。

天井の梁の部分を見ると、昭和チックな懐かしいおもちゃとかが…。
魔法用具とはどう見てもかけ離れててそれはそれで面白いw

18_6_10_osaka17
店内に展示されていた、「忍びの地図」。
お土産用のものもあります。


外に出ると、ちょっと雨が降っていました。
暫くしたら止みましたが…。


…という事で、続いて、屋外コースター「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」に乗ってみます。
コースターのレールを見る限りは、割と低年齢層向けっぽそう。


で。


今回も一人で乗ります。


18_6_10_osaka20
カボチャ畑。


18_6_10_osaka21
暫くして、見えてきたハグリッドの小屋。


18_6_10_osaka58
シリウス・ブラックから貰った、あのバイクもあります。

ヒッポグリフはハグリッドが連れてきた魔法生物。
物語終盤のハグリッドの小屋周辺やカボチャ畑が象徴的な場面となっているので、こうなっているのでしょう。

…お一人様だったからか、最前列でしたw
乗る前から降りた後にかけて、またちょっとポツポツ雨が降ってきてたけど、大丈夫でした。


その後、「ホグワーツ・キャッスルウォーク」に。
城の裏手に回ります。

18_6_10_osaka24
おっ、温室だ。
「薬草学」の授業とかが行われるとこ。


裏手から城内へ。
流石は待ち時間10分…つか、待たなくても入れたし、勝手に進むという。
先に進むと、ガイドの説明聞きながら進む人達がいたし、本当はガイド待ちしてから入るんだろうな…。


18_6_10_osaka26
入口の所の像。
足下に各寮のシンボルになっている動物も。


18_6_10_osaka25
廊下。
奥に校長室に続くガーゴイル像があるな…。


18_6_10_osaka27
校長室にあった、「憂いの篩」。
記憶を追体験できる魔法具。

校長室のガラス棚の中には様々な魔法具がありましたが、暗過ぎてフラッシュなしじゃ撮れないね。


18_6_10_osaka28
「闇の魔法に対する防衛術」の教室…かな?
天井に竜の骨格標本がありますので。


各部屋には、魔法界名物の喋る肖像画であったりとか、画面に現れる色々なキャラによる緒注意・ストーリー展開等がなされていました。
喋る肖像画、「ホグワーツ・キャッスルウォーク」だと寮創設者4人による掛け合いとか見られるのな。


終点は「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」と同じ場所。
「フィルチの没収品店」から外に出ます。


アトラクションを終えた後、一度ロッカー借りにパークの入口まで戻ったり、ホグズミードをぶらぶらしたり、杖買って魔法巡りしたりと色々やりました。


そんなこんなで夕方近くなって結構良い時間になったんで、飯でも食おうかと。


18_6_10_osaka41
パブ「三本の箒」へ。
外観撮り忘れた。

後、ホッグズ・ヘッド・パブには行ってない。。


18_6_10_osaka42
飯。

嫁はローストビーフ。
ポテト、ヨークシャープディング、グレービーソースが添えられているらしいです。
飲み物は普通に烏龍茶。
イギリスの世界観でも普通にウーロン茶ある辺りは日本というか…いや、イギリスにも普通にあるのだろうか。

俺はイギリス名物、フィッシュ&チップス。
白身魚フライは柔らかかったですね。

それから、シェパーズパイ&ガーデンサラダ。
シェパーズパイは挽肉と野菜、マッシュポテトのココット焼…だそうで。
取り敢えず、伝統料理だな、うん(
美味しかったです、挽肉とマッシュポテトの組み合わせは外れない。

後、かぼちゃジュース(ペットボトル)。
成分としては、濃縮リンゴ果汁の方がカボチャより多かったですね。
後、アプリコットピューレも入ってました。
そのせいか、割と飲みやすいジュースでしたw
思ったよりドロドロした感じなかったし。


後、結構スズメが入ってくるのなw
見つけ次第追い出す店員さんと、しつこく入ってくるスズメ(多分別個体なんだろうけど…)の攻防。

後、飯喰ってる間に、外は結構雨降ってきてました。
食い終わって店を出た時には小雨になってましたが…。

そういや、ここのトイレには「嘆きのマートル」が出てくるんですね!w
トイレのデザインは世界観に合う形になってたけど、やっぱり綺麗だったなぁ。


18_6_10_osaka4418_6_10_osaka45
ふくろう便&ふくろう小屋。

こっから手紙出せる…と事前に知っていたけど。。
そういや、手紙出すのすっかり忘れてたな!!


雨に降られないうちに退散する事に。


そうそう、一度パークの出口まで戻った時に買った…
18_6_10_osaka46
スヌーピーまん。
カスタードでしたw

後、FFとかセーラームーンとかのアトラクションありましたね。
FFメインテーマ流れてて気分が高揚します(FFやった事ないけど…)。
後、安室さんブームもあってか、コナンがすげぇ並んでましたw


18_6_10_osaka47
そのまま帰るのもあれだからと、ジュラシックパークに寄る。

18_6_10_osaka48
ザ・フライング・ダイナソー。
一番迫力ある画が撮れそうな、ジュラシックパーク入口で撮りましたw

影になってるから、誰か分からないしw


その後、ミニオン・パークにも軽く足を運んだりしましたが、その後雨足が強くなり、時間も18時過ぎ…19時近くと良い感じの時間だったので、後にする事に。


18_6_10_osaka49
良く考えたら、撮ってなかったシンボル。


18_6_10_osaka50
行きがけに撮ったけど、上手く撮れてなかったので、ゲートをもう一度。
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のコースターが電飾でライトアップされてましたw


18_6_10_osaka55
18_6_10_osaka5618_6_10_osaka57
「忍びの地図」。
よっしゃ、これで構造が分かるぜー!!

…何だこれ、分からんwww


18_6_11_osaka1
3日目、晴れた!
…でも、相変わらず雨の予報なんだよなぁ。


18_6_11_osaka218_6_11_osaka3
朝食と締め。

18_6_11_osaka4
更に締め。


午後には新幹線に乗って帰りますので、それまでの時間で市内観光。


18_6_11_osaka5
…という事で。


18_6_11_osaka18
あべのハルカス!!
高層ビルとしては、日本で最も高い建物。


18_6_11_osaka6
16階〜。
この時点で既に高い。
この時点で80mくらいだから、3代目ゴジラくらい。


18_6_11_osaka7
60階〜。
約300mなので、アニゴジのゴジラ・アースとほぼ一緒ですね。

屋上には「EDGE THE HARUKAS」っつーアトラクションが。
手摺りから身を乗り出した状態で写真撮影されるらしいです。
風強い日ヤバそう。


18_6_11_osaka8
北方方面。
新大阪駅とかそっち方面です。
この奥は京都府、舞鶴とかそっちの方。

手前にあるのは大阪市立美術館、天王寺動物園等。真田幸村終焉の地と言われる安居天満宮も。
右端には四天王寺。


18_6_11_osaka9
通天閣。

18_6_11_osaka10
大坂城。

18_6_11_osaka11
かなり見難いけど、ドンキ・ホーテ道頓堀店の屋上観覧車。


18_6_11_osaka12
西方方面。
海遊館のある天保山やUSJのある桜島等。

18_6_11_osaka13
大阪ドーム…京セラドーム大阪。


18_6_11_osaka14
南方方面。
目の前には市設の霊園。
住吉区のボートレース場や堺市の工場地帯も見えます。
葛城山等の向こう側は和歌山県。

後、南東辺りかな、良く分からない白い塔があったり。
あれはなんなんだろう…。


18_6_11_osaka15
東方方面。

スタジアムはヤンマースタジアム長居…でしょうか。
向うに見える生駒山や金剛山、大和葛城山…金剛山地の向こう側は京都や奈良。


18_6_11_osaka16
58階の中庭。
台風接近中だったけど、特に風強くなくて、穏やかな感じ。
陽の光さえありましたからね、ゆったりとした時間を過ごせそうな中庭でした。


18_6_11_osaka17
あべのハルカスから降りて、通天閣と大坂城的なラブホと何かのオブジェを一緒に撮影。


18_6_11_osaka19
あべのハルカスの2階にある、謎通路。
きっと、あべのハルカスが出来る前に通路とか階段とかトイレとか何かあったんだろう。


この後、昼食べようかとなったのだけれど。
本当は、超久々に中津にあるラーメン屋、弥七で食べたかったんだけれど、待ち時間と天候と荷物と時間の関係で取りやめに。

街中で雨に濡れたらしい車を複数見たし、雲行きも怪しかったので…。
後、荷物持ったままってのも良くなさそうだったから…。
いや、時間的に言えば、食えたとは思う。
待ち時間で新大阪行って、お土産買ったり、休んだり、荷物預けたりすれば…。
でも、幾ら近いからって往復させるのもアレだし…雨降ってきたら面倒だろうし…。。

残念だけど、またの機会に。
平日に大阪を訪れる機会があれば、行こうかな…。


という事で、新大阪に早めに着いて、適当にご飯食べて、お土産とか買って、待合室で休んでました。


18_6_11_osaka20
帰りのN700A。
始発じゃなかったんで、中途半端。


18_6_11_osaka2118_6_11_osaka22
シンカンセンスゴクカタイアイス。

スジャータのなんですね。
凄い、マジで固いwww
スプーン折れそうだもんwww

この固さは…おそらく、ギンギンに冷やしているんでしょう。


18_6_11_osaka23
富士山の裾野。

裾野が見えただけでも収穫か。
大阪や名古屋は日差しも出てたけど、浜松辺りから東側に雨雲が見えてきて、ここを過ぎた辺りから一気に暗くなりました。
そして、カントーは雨。


18_6_11_osaka24
新大阪駅の「洋食YOKOO」で買った、厚切り牛カツサンド。

結局新幹線内では食べず、帰ってから食べました。
美味しかったです…肉が柔らかい!!
美味い!!


しかし、その丁度一週間後に地震があるとはな…。






Minimens
それから、USJで売っていた、MINIMENS

これが、USJのお土産屋のお兄ちゃん曰く「お土産の中で一番変わった味」との事で。


何が変わってるかって、


Minimens2
スープにバナナパウダーが入っている(しかも、成分表示でトップに位置)事なんですよね。

いやぁ、確かに黄色といえばバナナだけれどw


Minimens3
蓋を開けると、ミニオンズの乾燥ナルトがこんにちは。

しかし、それ以上にインパクト強いのが、バナナの匂いwww
インスタントカップ麺的な良くある匂いに混じって、バナナの匂いがふと香るのである。

割合的には結構入ってたし、やっぱりするもんだねwww


お湯入れて、3分。


Minimens4
あれぇ、バナナの匂いしないなぁ…。


では、食してみましょう。


ずずっ…(食)
うわぁ、意外とバナナ味。


対して、スープは仄かなバナナ味。
麺本体の方がバナナの香りが強く出てるけど、食えなくはないね。
これ、塩味ベースだからだろうなぁ…。
他の味+バナナだったら目も当てられなかったと思う…。

良かったのは、ミニオンズのカラーが黄色と青だった所か。
一般的にカップラーメンで言う所の青色はシーフード(塩ベースかミルクベース)のイメージカラーだから、助かったな…w

バナナの匂いは遠慮なくしてくるけど、食える。
変わり種のお土産として買ってこられても、ネタとして扱える範疇のものである事が分かりました。
USJのアトラクション、「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」のような狂気のブツになってなくて良かったですねwww

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

ワイルドブラスト!!

西の方の豪雨被害が…。
しかも、岡山では爆発事故あるし…。

皆様、くれぐれも気を付けて…。









さて、ちょっと前にあったパクチーブーム。
そろそろ落ち着いてきたかと思ってたけど、ここに来て遅れてパクチー商品出してくる東ハトさん…w


Pakumori
パク盛。
想像以上にパクチーで、それがスナック本体と合ってて美味しかったですw







さぁ、アニメ、ゾイドワイルドが始まりました…!!
始まる前の感覚としては、レジスタンス的な小規模の団体が国レベルの団体に挑むっていう構図、それからゾイドは「発掘するもの」っていうのがゾイドジェネシスに似ているなぁ〜と思ってたんだよね。
それでいて、子供向けという事もあって、スラゼロやフューザーズのようなゾイドバトルを主軸とした作品の軽快でノリの良い流れになるのかなって。

大体そんな感じだったけど、無印の要素やら原作バトストの要素やらも混じってた、「全部乗せ」でしたね…!!
流れとしては、始まる前の感覚が合ってたかな。
…でも、ゾイドの発掘については全く触れられてませんでしたね!!
漫画でも触れられてないらしいし、普通に野生のゾイドいるしw
でも、ジェネシス繋がりで言うと、ゾイドの食べ物??みたいなものは出てきた訳で。
ゾイドを誘き寄せる為に黒いドロドロの液体を撒いてたけど、これって燃料とかなのかなって。
だとしたら、ジェネシスにはレッゲルが出てきているので、ジェネシス感はあるんだなぁ。

それと、敵対勢力であるデスメタル帝国の尖兵は衣装も顔も個性的だったし、一般兵も衣装と仮面が個性的。
まるで、北斗の拳の「汚物は消毒だ〜〜〜〜」みたいな感じw
それと、若干間の抜けた所があったりするので、そういう所は本当に子供向けアニメの敵役って感じ。
…しかし、一般人に対ゾイド用の電磁ガン使うとかエグいなw

主人公は結構な顔芸さんだなこれw
ガッツ自体は無印の子供バンを思い起こさせるレベル。


一方で、この世界において、ゾイドは生態系の頂点であり、人間から忌み嫌われる存在。
それを示す村人(?)の赤ん坊持つ女性の話は単なる子供向けアニメに収まらない、世界観の深さがあるようにも思う。

そんな世界だからこそ。
伝説の存在であるライオン種のゾイドが一気に一般人に心を開いたのは少し展開が早過ぎるかも…とも思った。
何クール分あるのか知らないけれどね。
まぁ、ワイルドブラストは恰好良かったから良いかw


何はともあれ、取り敢えず、ゾイドですよ。
罠にハマってじたばたしてるクワーガの足が可愛かった。
後、そんなに本気出してないのか、一般人に追い付けてないクワーガは可愛い。
つか、最初に遭遇する(襲われる)のがクワガタって、デジアドかよw
いや、まぁ、誘き寄せたのはこっちなんだけどw

回想で登場した、本能開放せずとも隕石っぽいのを粉微塵にしたパパのグラキオサウルス。
非常に恰好良かったですね!!
バトストにおけるキングゴジュラスみたいな感じ。

それと、ファングタイガーは全編で恰好良かった。
クワーガを追っ払った時もそうだけど、立ち居振る舞いが既に恰好良い。
旧ゾイドからライバル関係にあったライオンとトラが肩を並べるのはやっぱり凄い良いよな。

今回出てきた中では、ファングタイガーとラプトールが発売時期公表されてなかったのに良く目立ってました。
それから、ちらっと出てきた程度ですが、アンキロサウルス種とパキケファロサウルス種は機体名すら公表されてないという…w
今後の展開に期待。
OPやED含め、過去のゾイドアニメにも通じる色々な要素があって、過去作見てる人にも楽しめるのかもしれないな、これは!

…後、ゾイドアニメ史上初らしいんだけど、1話でメインヒロインが出てこなかったw







F1イギリスGP予選!!
史上初の3連戦、その最後の1戦!!
良い天気だねぇ~。


母国GP直前にチーム代表のエリック・ブーリエが辞めたマクラーレン。
即座にマネジメント体制の見直しを発表する辺り、ブーリエ辞任は事実上の更迭と見なされているようです。
製造・エンジニアリング・物流面はマクラーレン・レーシングのCOO、サイモン・ロバーツが見るとの事。
パフォーマンスディレクターにはアロンソの元エンジニアであるアンドレア・ステラ。
アドバイザーを務めていた、元ドライバーのジル・ド・フェランが競技ディレクターに就任。

…個人的にはザク・ブラウンも辞めた方が良いんじゃないかなって。


さて、イギリスGPです。
フェラーリのベッテルは首を痛めてFP3を見送り。
予選に向けてマッサージや痛み止めを打った状態で臨む。

トロロッソのハートレーはFP3で大クラッシュ。
ブレーキング中に左フロントのサスペンション…タイヤと本体を繋いでいるロッドが全て折れてコントロールを失い、ハイスピードでタイヤバリアに突っ込みました。
本人に怪我はありませんが、マシンが損傷していて、予選出走を見送っています。

そんな訳で、予選開始直前になっても、ハートレーのガレージは障壁で閉ざされたまま。
メルセデスガレージにはクラッシュで両足を切断したF3ドライバー、ビリー・モンガーが来ています。


Q1
ガスリー、マグヌッセンが真っ先にコースへ向かっています。
フェラーリはライコネンがミディアムタイヤ、ベッテルはソフトタイヤでコースへ。

フェラーリのガレージ。
ん、ファンジオ…?
ファン・マヌエル・ファンジオの親族?

セクター2で黄旗!!
ストロールがグラベルに捕まっている!!
コーナーリング中にリアをロックさせてハーフスピン、そのままグラベルへ突っ込んだようです。
彼はこれで予選を終える事となりました。
母国レースであるウィリアムズにとっては手痛いですね…。

セッションは黄旗から赤旗に移行して中断!!
中断は5分くらいかな?

残り14分25秒からリスタート。
…おぉ、ルクレールがオコンを上回ってるな。
フォースインディアは少し苦しそうか…?

セクター3で黄旗!!
今度はシロトキンがスピンしてグラベルへ!
何とか脱出…しかし、ストロールと似たようなスピンだな。
リアが不安定なのでしょうか。

そのシロトキンに審議。
赤旗時にピットにすぐに戻らなかった為だそうで。

セクター2まで全体ベストを出していたベッテル、シロトキンの黄旗の煽りでアタックを完了できず。
仕切り直しですね。

おっ…メルセデス勢もミディアムタイヤで来たか。。

ルクレールがリチャルドを抑えて2番手の位置にいる…w
そして、ベッテルがトップタイム!!
コースレコード更新!

残りは6分。
現在、ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン、ライコネン、ルクレール、リチャルドの順。

ヴァンドールン、アタック中のリプレイ。
コーナーに深く入ってしまい、縁石で跳ねてパーツが飛んだ…。

残りは1分切った!
FIA会長のジャン・トッド、ルノーのガレージにいるね。
いつも大体フェラーリのガレージだったような…。

チェッカー!!
ガスリーが11番手に上げてきた!
ヴァンドールンは17番手でノックアウト。
シロトキンも18番手でQ2進出ならず。
サインツJr.はタイムを上げて14番手!
ペレスが12番手!
ヒュルケンベルグが8番手にジャンプアップ!
サインツJr.が押し出されて16番手に…!

サインツJr.が今季初のQ1ノックアウトを喫しました。
そして、チームの母国グランプリでウィリアムズはダブルノックアウト。
一方で、ザウバーは2台揃ってQ2進出!
ルクレールは6番手で通過…これはQ3行けるか…?


駐車場にキャンピングカーがめっちゃ停まってるwww
しかも、整然と並んでるよ!

フェラーリとフェルスタッペンのファンが目立たない、珍しいグランプリ。
それがイギリス。


Q2
まずはハミルトン、ボッタスがソフトタイヤでコースへ。
…あ、ハミルトン、セクター2でミスったな。
6コーナーかな…?

ボッタスがコースレコード更新、ベッテルがそれを上回った!
そして、ハミルトンが2回目のアタックでベッテルを上回ってトップに!
コースレコードがどんどん上書きされて行く…w

しっかし、バンピーだな…ハンガーストレートも上下にガタガタしてるよ。

そして、中段勢の激しい順位争い。
今んとこ、グロージャン、マグヌッセン、ルクレール、オコンがトップ10圏内。
以降、ヒュルケンベルグ、ペレス、アロンソ、エリクソン、ガスリーと続く。

間もなく残りは3分、ラストアタックだ!

メルセデス勢はもう1回出てきたか…。
ハミルトンに関しては、ファーストアタックで2回アタックしてるから、より良い状態のタイヤでスタートしたいしね。

国際映像はオコン。
上位勢はほぼ動きがないし、中段勢の争いが激しいしね。

おっと、中継には映ってなかったけど、ハミルトンがコースから飛び出したらしい…。
オンボード映像でのリプレイ。
ハンガーストレートの前、チャペルで飛び出していました。
その結果、他より4周古いタイヤで決勝スタートする事になってしまっています。

チェッカー!

オコンはギリギリ10番手!
アロンソは13番手でノックアウト。
ペレスも12番手でQ3進出ならず。
エリクソンは14番手。
ルクレールは9番手だ!
グロージャンは7番手!
自己ベスト更新中のガスリーはタイムを上げるも、14番手。
ヒュルケンベルグ、0.142秒差で11番手…ノックアウト!

皆、割とセクター1は自己ベスト更新して行くんだけど、セクター2とセクター3で自己ベスト更新できてないパターンが多いですね。
その中で、ガスリーは全てのセクターで自己ベスト更新したものの、10番手には及ばず。

イギリスから出られない、ビジェイ・マリヤ フォースインディア代表。
フォースインディアはここ、シルバーストンにファクトリーがあります。
母国中の母国…でも、ペレスは惜しくもQ2止まり。
オコンもハース勢やルクレールに遅れを取っているので、中々厳しいです。

路面温度52℃あるん…。


Q3
路面温度、53℃に!

そんな中、ハミルトンがコースレコードを更新!!
おっと…ベッテルが0.057秒差でトップタイムに躍り出た!!

リチャルドはフェルスタッペンから1秒以上も離されているけれど…どうやら、DRSのトラブルがあったようだ。
ソフトウェアのトラブルだそうで。
ここはDRSゾーンが3つあるから、DRS使えないのは痛いな。
下手したらハース勢に食われるのでは。

上位陣がアタック終わった後、ハース勢がアタックへ。
ルクレールはまだ出ていないので、終盤に1アタックだけするようですね。

メルセデスのガレージ、奥にエステバン・グティエレスがいるwww

残りは間もなく3分、メルセデス勢が、そしてベッテルも出た!
マグヌッセンとグロージャンがオコンを上回って7番手、8番手につけました!

大歓声の中、ハミルトンのラストアタック!!
セクター3は自己ベスト、セクター2は全体ベスト…ベッテルを上回っている!!
ハミルトン、トップタイム!!
コースレコード更新!!

チームメイトのボッタスはタイムを上げたものの、3番手だ。

あっと、ベッテルはセクター1が遅れてる!
セクター2は自己ベスト、セクター3で全体ベストを叩き出すも、2番手止まり!

ライコネンがセクター1全体ベスト!
セクター2は自己ベストなれど、他のドライバーより0.2秒は遅れてる…。
セクター3は再び全体ベストだが、及ばず3番手!

リチャルドはDRSを失いつつも6番手を守りましたね!
ルクレールはオコンを上回って9番手!

ハミルトン、観客からの大歓声に包まれ、4年連続となる母国でのポールポジション獲得!!
ホームストレートに戻ってきて、ポールを噛み締めるハミルトン。
あっ、手が…震えてる!!


インタビュワーはブランドルおじさん。
ハミルトン、感激してますね…まだ予選だけれど、フェラーリとの勝負が如何に激しいものだったかが分かります。

ベッテル、ひとまず首は大丈夫そうだ。
でもGの大きいサーキットだから、予選より決勝の方がキツい筈。
何処まで回復できるか…?

ライコネン「ターン16でロックアップしてタイムを失った。」
セクター2で大幅に遅れているものの、彼からは全体ベストを叩き出したセクター3でのミスがコメントされていました。
まだまだ縮められたという所でしょうか。


写真撮影…あれ、ハミルトンは?
ハミルトンが来て、改めて写真撮影。

ポールポジションアワードのタイヤ持ってきたのはビリー・モンガーだ!!
書き終わったペンはぽいっするのかwww


ハミルトンのオンボード映像。
マゴッツ-ベケッツ-チャペルの連続高速コーナーは本当にバンプが酷いし、そんなとこを最低6速で駆け抜けるの、マジやべぇ。

後、新装開店後はセクター3の16~18コーナーにかけてが意外とミスりやすそうな難所みたいになってるよね…って思った。
ハミルトンも17コーナー、18コーナーでステアリングの修正修正入れてたし。
それまでも結構膨らんだりとか修正入れたりとかするドライバーが多かったしねぇ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
8番手からはロマン・グロージャン/ハース
9番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
10番手からはエステバン・オコン/フォースインディア

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
17番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
18番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
19番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
20番手からはブレントン・ハートレー/トロロッソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

高原に吹く風

いやぁ、風が強い。
西の方は雨もあったんだよね、そういや、台風でしたね…。







某小説。

・私達…
・さて、新たなキーパーソンっぽいのが出て来ましたよ
・それも、3人か
・青い小鳥さん
・男2人に追われるとか事案だよな(
・虎柄…男の子…
・移動遊園地と魔女
・都市伝説みたいなアレ
・後、ブラック企業だわ
・空気を読まないへたれさん
・お前、総重量257kgでのしかかるなよ?!
・絶対だからな!!
・案の定とか言われるへたれ
・テンパって変な事言ってる…
・そういや、狙撃の機会逃したのはこの辺かな?
・盗んだバイクで走り出すのは歌だけにしよう!
・止め処なく思いを言葉に変換できるwww
・どうにでもなーれ☆
・何か急接近かーらーのー不穏エンド
・…カエルになる薬ネタだwww(超絶身内ネタ)
・家族内カースト
・へたれに純粋に面白い話は…ないっ!!
・相方は性別を超越
・カエルと言えば解剖
・そーですね!!
・突然の告白!!((
・違う、そうじゃない
・就活ん時のアピールポイントとしては、経験は結構ありますは強い
・愛読書も強いと思う
・我が身がハンバーグ
・うちのへたれの過去話だよ!
・化け物だと思われてたへたれ
・こ、告白だー!!!
・それにしても、凄いカーブボールだな…
・しかも、さらっと話進めてるしwww
・胸触ってるのにシリアス!!
・きぐるみは知ってた
・不穏な音その2
・魔女=化け物だと、そうなるな
・イイハナシダナー
・夕陽は綺麗なんだろうなぁ…
・おとんの体力…
・おっとー?!
・腕を垂直に伸ばす…指をわきわきする…
・やる気のない主人公の名前www
・鎖の砕ける音(不穏なのはこれだった)
・まさかの復活…だと…?!(契約してたの忘れてた)
・おとん降臨!!(空気読まない男共だな…www)
・一難去った…と思ったら呼び出し!!
・ですよねー
・急展開きたよー?!
・あー!!
・うちの人「ソウテイガイデ-ス」
・旅人は魔女を否定せず
・肯定もしていない
・つまり、旅人は旅人のままで
・因果の糸は複雑に
・終焉の神にも絡み付いてる糸は今後どうなるのかな?
・はい、黒幕でーす!www
・次、会った時が楽しみですね!www
・終焉の神の糸は切れたわ
・異世界だから終焉の力で物語の魔女を終わらせる事ができないのか、別の要因か…
・終焉の神に邪神言われる火の玉
・邪神でしょうか?いいえ、ちょっとばかし気紛れなだけです
・神つおい…
・小さな人影…
・黒い瞳…?
・少年…
・氷は鉱物…
・後ろの少年だぁれ?
・まだまだ続くよ!
・物語の魔女降臨
・視線…?
・終焉の神の去り際がかっこいい




・動から静へ
・厨二の弟さん、反応が可愛いなぁ
・厨二心をくすぐられるプレイス
・うさたんもそんな表情するの…www
・吟遊詩人の肖像画…www
・これは恥ずいwww
・吟遊詩人と黄色い小鳥…
・発見、魔女の真名
・真名は記録もできないのか
・水族館の床から何かきた
・ここにも何か来るのだな
・情報を喰らう影…
・静から動へ
・吟遊詩人危機一髪
・お魚さん達、実は強かった…
・影って1体じゃなかったんだな…
・ピンクの肉壁…
・目や口が沢山ついてるの、狂気
・手を引いてるのにロマンスの欠片すらない!
・肉壁、散る
・モーセかな?
・流線形の端正な馬型うさたん(顔はいつもの)
・馬型うさたんに相乗り(ロマンス)
・空に亀裂
・空が割れて超獣かUBが出てくるやつ
・へたれの壁
・既視感
・軌道修正魔法付加の銃VS蔦鉄壁
・解説:ツタ掴み→締めあげ→天空落としのコンボ
・まだ良心があるな…
・ヘタレなままwww
・魔法の弾の雨霰を避けたりナイフで弾き始めたぞ
・蔦と蔦の戦い、再び
・シールドの使い方
・目には目を、歯には歯を、蔦には蔦を
・へたれは知っている…
・止めに入ったー!
・普通の女の子だからね!
・へたれがヒロイン
・青い小鳥は抜け殻か?
・大量にクラックの入ったエメラルド
・魂本体に大ダメージ入ってるな…?
・本体よりハンカチ、大切な思い出
・更に別の場所では急展開入ってました







F1オーストリアGP予選!!

史上初となる3連戦、その2戦目はレッドブルのお膝元、オーストリアのシュピールベルクにあるレッドブルリンク!!

フェルスタッペンの熱狂的なファンも勿論います!
盛り上がってますねぇ~!


ルクレール、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
フリー走行3回目で壊れたみたいですね。


Q1
まず出てきたのはハートレー!
トロロッソもレッドブルグループのチームなので、気合い十分の筈です!

残り10分。
ルクレールのリプレイ。
コーナーで少し膨らみ、凸凹縁石に乗ってしまってフロントウイングのパーツが飛んだ…!!
通常の赤白の縁石の奥にある、黄色い縁石…ソーセージ型とかバゲット型とか言われる高さのある縁石に乗ると、このようにマシンを壊してしまう可能性が高いのです。
フリー走行からこれで各車がダメージ負ってて、各チームが注意喚起を行っていましたが…。
数年前はやっぱりここの背の高い縁石でサスペンション壊してしまうトラブルが多発した事もあったなぁ。

フェラーリだけスーパーソフトタイヤで走っていて、他はウルトラソフトタイヤ。
フェラーリ勢は3番手とか4番手辺りにいるので、2つのタイヤ間の性能差はあんまりないようだ。
フェラーリはまだスーパーソフトの手持ちがあるみたいなので、Q2も続けてスーパーソフトかな?

残り5分。
ウィリアムズのガレージ。
女性スタッフにスマホを渡すチーム代表代理、クレア・ウィリアムズ。
女性スタッフ、スマホ2台を両手に持つ事に。

…苦しんでるなぁ、フォースインディア。
中でもペレスがタイム伸び悩んでいて苦しそう。

残り2分。
ハースはこの週末も好調そう。
グロージャンが4番手に入ってきた!
ペレスはアタックしているものの、タイム更新ならず。

残りは1分!
ペレス16番手、このままだとノックアウトされてしまいます。

チェッカー!
そして黄旗!
ストロール、ギリギリ15番手に飛び込んできた!!
0.002秒差だったか?
Q2進出!!

黄旗はルクレールが飛び出したからのようですね…彼はQ2に進出しています。


エミリア嬢が見つめるボッタスのガレージ。

逆バンジーだ…www

民族衣装着た女性達。

レッドブルのガレージ。
今回は勿論、パパスタッペンも来ています。


Q2
Q1の終盤にコースオフしたルクレールが初めに動いた。

ボッタスはスーパーソフトでアタック!
…ん、アロンソはソフトタイヤでコースに?

ボッタス、ハミルトン、ライコネン、ベッテルが1分3秒台を出しています!
中でも、トップタイムのハミルトンはコースレコードを更新するタイムだ。
…最終コーナーで少しスライドしてるのに、このタイム。

おっ、レッドブル勢もスーパーソフトを投入してきた!
…フェルスタッペンは割と成功したけど、リチャルドはトップ10に食い込めてないぞ?

残り6分。
14番手だったリチャルドの2度目のアタックは9番手。
ここに来てタイムが伸び悩んでいる…。

ストロールのガレージにいるクビサ。
彼は今回、フリー走行1回目にシロトキンのマシンで走りましたね。

アロンソのガレージ。
フロントウイングの角度調整してるのが見える。
まさか、もう出ないとかはないよね…?

曇りがちなのか、ちょっとずつ路面温度下がってきてるようです。

残り2分半。
ラストアタックの時間です!

アタック中のオコンがストロールに引っ掛かった…セクター1タイム更新できてないし、やり直しですね。
時間、間に合うかな?
あっ、アロンソもウルトラソフト投入してるんだね…あっと、最終コーナーで膨らんだ!!
これはダメだ、ノックアウトだな…。
チェッカー!
ガスリーは惜しくも11番手。
リチャルドは何とか8番手。
オコンが11番手に。

アロンソのリプレイ。
最終コーナーでのミスで、フロントウイングのパーツ飛んでるのが見えます。
フロントウイング交換ですが…何ともお金の掛かる週末ですこと!

ベッテルに審議。
サインツJr.のアタックを妨害した為だって。
リプレイ…あー、これはベッテル、完全に気付いてないやつだ。。
エンジニア、これは言ってあげないと…。

ペレス、ガスリー、アロンソ、ルクレールはノックアウト。
一方で、ルノー勢とハース勢は2台共にQ3進出!


Q3
レッドブルの2台が真っ先にコースへ!
気合いが入っています…!
リチャルドは大丈夫か??

ハミルトンのアタック。
3コーナーでリアが流れてるな…スロットルを早く開けすぎたりしたのかな?

ボッタスがトップタイム、1分3秒264!
全体ベストを3つ並べて、堂々のコースレコード更新です!
続いて、ライコネンがセクター2全体ベストを叩き出して2番手タイムに。
…おぉ、グロージャンが1分3秒892で4番手タイムだ!
レッドブル勢より上だぞ?!

レッドブル勢、2回目のアタック。
ホームグランプリにも関わらず、マシン特性的にはこのコース苦手なんだけど…そんな事言ってられないよね。
うーん、フェルスタッペンもリチャルドもセクター3でタイムを失ってるな…。
依然としてグロージャンを上回れていません。
これ、6、7番手スタートはきっついだろうなぁ…。

残り2分半、さぁ…ラストアタックです!
まずはボッタスがセクター1で全体ベスト!
対するベッテルはセクター2を全体ベストで通過!
ライコネン、2番手タイム!
チェッカー!
ベッテルはボッタスに届かず、2番手!
ボッタス、タイム更新!!
1分3秒130…コースレコード更新です!
おっ、ここでハミルトンが来た!!
2番手タイムで、メルセデスがフロントロー独占!

ボッタスのポールポジション獲得に、エミリア嬢も大喜び!
両手でサムアップ!

レッドブル勢はフェルスタッペンが5番手に入った!
リチャルドはグロージャンを上回れず、7番手だ。

ボッタスの無線。
非常に嬉しそうな、喜びの「イエス!」
2年連続のポールポジションです!!

インタビュワーは勿論この人、マーク・ウェバー!
レッドブルでの元同僚、ベッテルへのインタビュー。
ちょっと悔しそうなベッテルの表情。

ボッタスへのインタビュー中に健闘を称えに来るハミルトン。
いやぁ、ボッタスは本当に嬉しそうだね!


レッドブル勢のリプレイ。
チームメイト同士で抜いたり抜かせたり…引っ張り合いを行う予定だったけど、意思疎通ミスって不発したっぽい?
特にリチャルドはイライラした様子の無線でした。


チョコアイスバー食べながらストレートを歩くボッタスwww
そういえば、ライコネンもアイス食べてたらしいな。


ポールポジションはボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
13番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
18番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー


ベッテル、サインツJr.への走行妨害により、3グリッド降格ペナルティ。
他には、ルクレールのギアボックス交換ペナルティもあります。

スターティンググリッド。
ポールポジションはボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはロマン・グロージャン/ハース
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
15番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
17番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
18番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー







F1オーストリア決勝!!
史上初の3週連続開催、その2戦目…シュピールベルクはとても天気が良さそうです!

…おぉ、国際映像がピットレーンにいるバーニー映してるぞwww

カメラに手を振る上機嫌なベルガー。

観客席がオーストリア国旗カラーに。
フェルスタッペンファンのオレンジ色席は凄いな…熱気がwww

ハミルトンの無線。
「水が漏れてる。」
何の水?
ドリンクボトル?

ヘルムート・マルコはいつものオーストリア伝統衣装風味のウェア姿。
クリスチャン・ホーナーとかのチーム首脳陣もそうなんだろうと思う。
毎年恒例だしね。
…おっ、マルコはホンダのテクニカルディレクター・田辺豊治さんかな?とお話中。
伝統衣装風味ウェアの話でしょうか?

グリッド上のエミリア嬢。

パディ・ロウとローレンス・ストロールが話してる。
ストロールもいつまでウィリアムズにコミットできるのかな…。

フェルスタッペンファンのライオンはいつもいるけど、普段何なさってるのだろう?

民族衣装な女性達。

ベッテルに比べて放っとかれる事が圧倒的に多いライコネン…今回は果たして。

フェルスタッペン応援席とオーストリア国旗応援席の盛り上がり半端ないなwww


おぉ、リチャルドの誕生日なのか!
あんなですが、まだ29歳!
俺より歳下だよ…。


オーストリア国歌!!
オーケストラだ…壮大で良い!!
ヘリがオーストリア国旗ぶら下げてるぞ!


ベッテルとライコネンのでかい顔パネルがwww

あっ、エアレースにもいたジェットマンだ!


アロンソはピットレーンスタート。
彼は3基目のMGU-Kを搭載してグリッド降格ペナルティを受けます。
ですが、それに加えて、フロントウイングを新しいスペックのものに交換したので、規定によってピットレーンスタートとなりました。

ハートレーはパワーユニット一式を交換してグリッド降格ペナルティを受け、最後尾スタートに。
戦略的なもの…らしいけど、何だろう?
前戦フランスで替えたばかりだし…。
ここもそうだけど、次のイギリスは高速サーキットだし、その後もドイツ、ハンガリー、ベルギー、イタリアと高速サーキットとかパワーユニットに厳しそうなサーキットとかは続くけれど…。


改めて、スターティンググリッド。
ポールポジションはボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはロマン・グロージャン/ハース
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
13番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
14番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
15番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

16番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
17番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ

ピットレーンスタートからはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン


…ピットレーンスタートは表示されないんだね、グリッド紹介。

ハッピーバースデー画像が出るリチャルド…何だこのクソコラみたいなグラフィックはwww
からのリチャルドの無線でピー。


シグナルが…ブラックアウト!!
ライコネンの蹴り出しが非常に良い!!
メルセデスの間に割って入っていく!
ボッタスは若干出遅れたか?
ハミルトンが1コーナーをトップで通過、ライコネンは2番手!
ボッタスはフェルスタッペンにかわされて4番手に後退!
でも、すぐにボッタスが追い上げてる!
あっと、3コーナーでライコネンが膨らんだ!
2番手はキープしてるけど、スピード上がらなさそう…。
ん、後方で土煙…接触か?
ボッタス、フェルスタッペンからポジション取り戻して3番手…ライコネンに迫る!
4コーナーでボッタスがライコネンをかわして2番手に!

更にフェルスタッペンがライコネンをかわして3番手にポジションアップ!
直前にフェルスタッペンとライコネンはタイヤ同士が接触してて、それでライコネンは少し態勢崩してましたが、これが要因ですね。
高速コーナー曲がってる時に少しでも触れるとバランス崩れるみたい。


2周目、グロージャンが6番手を走行中。
リチャルドはそのグロージャンをかわして5番手に上げています。
おっと、ヴァンドールンがピットイン。

ハミルトンの無線。
「3コーナーにデブリがある。」

確かに、アウト側にパーツが落ちてるな…オレンジ色か?
先程ピットインしたヴァンドールンのものでしょうか?
あれ、誰か踏んだな…。

スタートリプレイ。
3コーナーでヴァンドールンはガスリーのリアタイヤに接触していた事が分かりました。
結構パーツ飛び散ってるなぁ…。

ボッタスが2番手に上がった時のトトがwww
気合いの入ったダブルガッツポーズwww


10周目、ガスリーとヴァンドールンの接触は記録されました。
審議にはなっていません。


12周目、ホームストレートでヒュルケンベルグがスローダウン!
あっと、白煙…バルサン焚いた!
あー、燃えてる燃えてる!
1コーナーの先でストップ!!
リタイアです…。

14周目、えっ…ボッタスもスローダウン?!
エスケープゾーンの端に寄せてストップ。
ギアボックストラブルだと…ツイてないなぁ。。

エミリア嬢も退室。

バーチャルセーフティカー!!

16周目、再開!!


20周目、リチャルドがライコネンをかわして3番手に!
フェルスタッペンとリチャルド、チームのホームグランプリで表彰台に立てるでしょうか?


22周目、ライコネンとフェルスタッペンのオープニングラップでの接触は審議なし。
フェルスタッペンがライコネンを抜く直前のやつかな?


26周目、ハミルトンがピットイン!
ベッテルの前、4番手で復帰。
レッドブル勢、フェラーリ勢は全員ピットインを終えています。
なので、後は追い上げるしかない。
まぁ、ハミルトンはベッテルの前でフィニッシュすれば良いんだけどね…チャンピオンシップの点差を広げられるので。


28周目、ストロール対ルクレール!
ホイール・トゥ・ホイールの緊迫したバトルです!
次の周、3コーナーでルクレールがブレーキ遅らせてストロールを攻略!
上手いですねぇ~。

キミちゃんwww


36周目、サインツJr.が2度目のピットイン。
左リアタイヤの中央部分にブリスター…熱による泡立ちが出来てて、パフォーマンスが落ちていました。
…あっと、右フロントハマらない!
時間かかってる!
追加のピットストップってだけでも苦しいのに、更にタイムロスが…。

さて、晴天によって路面温度が高くなっており、サインツJr.と同じ症状のマシンが多くなってきました。
ハミルトンに追われるリチャルドもブリスターが出てるけど、どうする?

…入ったか。


39周目、ベッテルがハミルトンをかわした!
ハミルトンにもブリスターが…。
フェラーリ勢とトップを快走するフェルスタッペンは割と綺麗です。

ペレスとかも悩まされてるし、ブリスター祭りです。


47周目、エリクソンがピットイン。
彼は引っ張ってたんだっけな。
これでガスリーが10番手、ハートレーが11番手に。


52周目、ハミルトンもたまらずピットイン!
リチャルドの後ろ、5番手で復帰。

…ん?!
リチャルドから白い煙?
ギアボックストラブルだ!!
コース脇にストップ!!
お膝元で…しかも、誕生日……。。


57周目、続いてハートレーがコースオフ!!
そしてストップ…。

黄旗!!

えっ、ハートレーはパワーユニットトラブル??
新品のに乗せ替えたばっかなのに?

ベッテルがラップレコード更新!
ハミルトンがそれを更新した!


63周目、アロンソがルクレールをかわして10番手に!
ピットレーンスタートからポイント圏内にまで上がってきました!


64周目、ハミルトンがスローダウン!!
そしてストップ!!

集まる観客!!
まさかまさかのハミルトン、マシントラブル!!

黄旗!!

メルセデス勢はこれでダブルリタイアだ…。
ガッツポーズするフェラーリファンのおっさん。
ハミルトンは34レース振りのリタイアとなりました。


66周目、アロンソがガスリーもかわして8番手!
ガスリーはペース上がってないな…。
タイヤ厳しいのかな?
すぐ後ろにルクレールとエリクソンのザウバー勢が迫っています。
レッドブルのお膝元での入賞、なるか?


67周目、ライコネンがラップレコード更新!

あー…。
ガスリー、3コーナーでタイヤスモーク!!
これは抜かれる…!!
ルクレールとエリクソンに立て続けに攻略された!
11番手にまで後退!!
ルクレールは再びポイント圏内に舞い戻ってきました!!
そして、エリクソンもポイント圏内だ!


70周目、ヴァンドールンがガレージに戻ったらしい。
画面には出てないけど…あっ、リタイアした。


71周目、ファイナルラップ!!
観客の歓声が凄い!!

レッドブルリンクでフェルスタッペン、優勝!!
今季初勝利!!
レッドブルが遂に、地元で優勝した!!

ライコネンが2位、ベッテルがそれに続いて3位!
…今回は順位入れ替えませんでしたね。

最後にラップレコード更新していくライコネンwww


グロージャンとマグヌッセンが4位、5位!!
ハース勢、今季初のダブル入賞!!
フォースインディア勢、ザウバー勢も今季初のダブル入賞!!
フォースインディアは200戦目のメモリアルでのダブル入賞ですね。

その他のトピックスとしては、フェラーリのパワーユニットを搭載している6台のマシン、全てが入賞した
というものも。


フェルスタッペン無線。
ピー!!

グロージャン無線。
オーホッホッホッホッ


インタビュワーはゑ!!
フェルスタッペン「タイヤマネジメント大変でした。
本当に面倒見ないといけなかったので。」
大丈夫言うてたのは誰やwww

ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン!!


控え室。
ソファに座って水飲んでるライコネン。
重鎮って感じだ。


表彰台。
…ベッテル、何飲んでるの?www
もしかして、レッドブル缶?www

大歓声、フェルスタッペン!!


オランダ国歌!
からのオーストリア国歌!(2回目)


シャンパンファイト!!
飲むタイミング図ってるライコネン、完全にまず飲む気満々なんだけどwww

そして、まず飲むフェラーリ勢。
今いる位置から1歩も動かないのがライコネンです。


今夜は五月蝿そうな現地ファン達ですな。


民族衣装な女性達と記念撮影するフェルスタッペン。


フェルスタッペン優勝に湧く、グランドスタンドのファン達!
フェルスタッペンファンも大喜び!!
…パパスタッペンのポーズがフランスGPのトロフィに似てる。


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はライコネン/フェラーリ
3位はベッテル/フェラーリ
4位はグロージャン/ハース
5位はマグヌッセン/ハース
6位はオコン/フォースインディア
7位はペレス/フォースインディア
8位はアロンソ/マクラーレン
9位はルクレール/ザウバー
10位はエリクソン/ザウバー

ここにまでがポイント獲得。

11位はガスリー/トロロッソ
12位はサインツJr./ルノー
13位はストロール/ウィリアムズ
14位はシロトキン/ウィリアムズ
15位完走扱いはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

リタイアは…

ハミルトン/メルセデスAMG
ハートレー/トロロッソ
リチャルド/レッドブル
ボッタス/メルセデスAMG
ヒュルケンベルグ/ルノー


ストロールに青旗無視による10秒タイム加算ペナルティ。
これにより、13位でフィニッシュしていましたが、14位に後退しました。


最終結果。
優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はライコネン/フェラーリ
3位はベッテル/フェラーリ
4位はグロージャン/ハース
5位はマグヌッセン/ハース
6位はオコン/フォースインディア
7位はペレス/フォースインディア
8位はアロンソ/マクラーレン
9位はルクレール/ザウバー
10位はエリクソン/ザウバー

ここにまでがポイント獲得。

11位はガスリー/トロロッソ
12位はサインツJr./ルノー
13位はシロトキン/ウィリアムズ
14位はストロール/ウィリアムズ
15位完走扱いはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

リタイアは…

ハミルトン/メルセデスAMG
ハートレー/トロロッソ
リチャルド/レッドブル
ボッタス/メルセデスAMG
ヒュルケンベルグ/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/フェラーリ(146Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(145Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(101Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(96Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(93Pt)
6位:ボッタス/メルセデスAMG(92Pt)
7位:マグヌッセン/ハース(37Pt)
8位:アロンソ/マクラーレン(36Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
10位:サインツJr./ルノー(28Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(23Pt)
12位:オコン/フォースインディア(19Pt)
13位:ガスリー/トロロッソ(18Pt)
14位:ルクレール/ザウバー(13Pt)
15位:グロージャン/ハース(12Pt)
16位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
17位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(3Pt)
19位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:フェラーリ(247Pt)
2位:メルセデスAMG(237Pt)
3位:レッドブル(189Pt)
4位:ルノー(62Pt)
5位:ハース(49Pt)
6位:マクラーレン(44Pt)
7位:フォースインディア(42Pt)
8位:トロロッソ(19Pt)
9位:ザウバー(16Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "高原に吹く風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

本能開放!!

話題になるとやっぱり気になっちゃうよね…w


Gigamax
ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX!!

買っちゃいました☆


それにしても、このシンプルなパッケージデザイン!!
フォントの装飾こそ少し飾り付けられているけれど、色自体はかなりシンプルな色味。
ペヤングらしいフォントカラーのまま、かな?

余白多いのも大きさを強調してるよねw


Gigamaxmori
この状態では結構いけそうな気がしたw
投入する水の量多いし、湯切りの時は重かったけどw
湯切りは中身ぶちまけないようにちょっと気を付けたね…w


YabaiYabai2
これはヤバい…w


で、結局半分ちょいで諦めましたw
ラップして冷蔵庫入れて、夕飯にレンジでチンして食べましたw
これは多かった…www








既に一週間経ってしまっているんだけれど、待望のゾイド新シリーズ、ゾイドワイルドが新発売…!!
今回は新規キットだけじゃなく、先行して漫画が、そしてアニメもやります!!
まるで、俺がハマった平成ゾイド…機獣新世紀の時のようだ。。


で。


うちにも届きましたよ、新たなゾイドが!!


Zoids_wild
まずはこの2種だ!!

はい、カメとワニです。
見事に爬虫類ですねw
この2種は過去においてもお馴染のモチーフです。


Zoids_wild2
各種テクニカルデータ。
レーダーチャートに「IQ」とかいう項目があるのもポイントかな?
より生物感が出ています。


爪とか尻尾とか書かれてるのが可愛いw
もはや武装名とかじゃなくて、普通に部位名なのw


それと、今回のゾイドワイルドは搭乗者はバイクスタイルの跨がり搭乗が基本となります。
その為、パイロットではなく、ライダーという呼称。
コクピットもありません。
ワイルドらしいですねw

ライダーが剥き出しな事が多めだからか、重火器武装のゾイドは今の所いませんね。
ちょっとした遠距離攻撃用武装は搭載していても、基本は格闘戦主体っぽいです。
それもワイルドらしいですねw


このようにシリーズとしてのコンセプトもだいぶ違っていて、相棒なんだけどより兵器っぽかった従来のシリーズとは異なり、より生物としての相棒感が出ているのが特徴。
その特徴を出す為に、スケールは従来の72分の1から35分の1へ変更されています。
それによって、搭乗者がゾイドの大きさに比例して大きくなり、より乗っている様子のリアリティ感が表現しやすくなるのだとか。
まぁ、以前のシリーズのパイロットはかなり小さかったですからね。
アニメ登場キャラのデザインでパイロットを作っても、細部まで描き込んだり出来ていませんでしたし。
これはアニメ登場キャラデザインのライダーも将来的には作ると想定してるって考えて良いのかしら?

従来のゾイドと並べるのなら、72分の1スケールに改造したり、ライダーを外したりするとあんまり違和感なくなると思います。
…まぁ、ゾイド本体のスケールも違うから、本当の縮尺にはならないんだけど。


話の舞台も今までの惑星Ziではなく、地球になっているし、ゾイドも「発掘」するものとされているらしいし(ここら辺は最後のアニメになったゾイドジェネシスでも同じだったけど)。


Zoids_wild_cap
特典のゴムキャップ。
フリーダムブルーとデスメタルブラックの2種類があります。
これはアニメに登場する組織の名前を冠した特別仕様ですね。
アニメ登場機体の全機がこのキャップの姿で出てくる…訳ではなさそう??

まだ開けてないんだけど、爽やかなクリアブルーのゴムキャップなので、非常に涼やかですw


Zoids_wild3
箱を開けると、モザイク模様の内ダンボール。

Zoids_wild4
3つのセクションに分かれていて、それぞれにパーツが入っています。
まるで地層のような構成になっていて、ゾイドを「発掘する」といった感じに。


Zoids_wild6
ゾイドを「発掘する」という設定から、組み立て説明書は「復元の書」と記されています。


Zoids_wild5
見開きでパーツ一覧が載っています。
常にパーツ一覧を見ながら作れるのが優しいポイント。


という事で、まずはプロガノケリス種のガノンタスから作ります!
カメじゃなくて、敢えてのプロガノケリスとはまた良いねw
…見た感じ、割と普通のリクガメっぽいけどw


Zoids_wild_gannontoise
パーツ一覧。
今回からニッパーのいらない、ランナーレス化がされています。
モーター駆動のものに関してはプラスドライバーで電池蓋のネジを開け閉めする必要がありますが、それ以外は工具要らず。

ニッパーで切って組み立てるという工程自体が、今の子供向きではないとの事から、こうなったようですね。
その為、より発掘したてのゾイドを復元しているような感じになります。

おそらく、ゾイドを「復元」するアイディアはここから端を発したのではないかなぁ。


Zoids_wild_gannontoise2
骨格復元できました!
前方の肋骨みたいな所が面白い事になっていますが、これは…

Zoids_wild_gannontoise3
本能開放(ワイルドブラスト)状態にすると、前に倒れるんですねぇ〜。
そして、骨格の奥から大きな火砲(ガノンキャノンが)迫り出してくる!
おそらく、今作の中でも有数の大型砲を持っているんじゃないでしょうか。

カメ型ゾイドに大きな砲門、これは明らかに以前のシリーズに登場したカノントータスの系譜。シリーズを知ってる人にも嬉しい共通項ですね!
こんなのの砲撃を喰らったら、剥き出しのライダーはたまったものじゃないですね…!!

…写真がブレた。。


Zoids_wild_gannontoise4
装甲も装着して、完成…ガノンタス!!
もう、名前からガノンドロフしか出てこないですが…これは装甲車って感じのバリバリ兵器みたいな外観で玄人に人気出そうw


Zoids_wild_gannontoise5
ライダーはここに。
多分、今出てるゾイドワイルドのゾイドの中では一番安全な場所にいるライダーだよね…w


Zoids_wild_gannontoise6
装甲付けての本能開放(ワイルドブラスト)状態。
装甲を付けると、ガノンキャノンが見えなくなるんで、より隠し砲みたいでかっこいい。
そして、攻撃時が最大の弱点だな…と。

それにしても、ガノンタスのライダーはめっちゃ環境キツそうですよw
砲門の上に直跨がり。
これ、絶対砲撃したら砲身熱くなって跨がれなくなるやつw


Zoids_wild_gannontoise7
説明書に書いてあった、生態図鑑。
スイッチにも「起動骨」(ゾイドに刺激を与える骨)なんてついてて、凄く素敵な設定だと思いました。

…ん?
あの、ライダーが顔を出せる蓋、喚起弁っつーのか…。
体内の熱を逃がす…換気弁の間違いか?

ん、待てよ。
ライダーがいるのはあの弁の真下…うわぁ、の弁開けなければサウナ状態じゃん!!
多分、一番安全だけど一番キツいシートだわwww




続いて、サルコスクス種のガブリゲーターに取りかかります。
こちらも、ワニ種じゃなくて敢えてのサルコスクス種。
サルコスクス、牙は貫通はしてなかったようですが…。


Zoids_wild_gabrigator
パーツはこんな感じ。
モチーフがモチーフだけに、横長のパーツが多いですね。

因みに、今回はカメとワニしか買ってないのであれですが、ガノンタスはライオン種のワイルドライガー、ガブリゲーターはデイノニクス種のギルラプターと共通のパーツがあるようです。
後、確か動力部のデザインはこの4機全て一緒だったかと。

そういう所でコスト削減等をしつつ、4種それぞれ特徴的な動きをするようにしているのだから、凄いよなぁ〜。

まぁ、過去作のも動力部含め、共通パーツというのはありましたけどね。
主にコクピットとか、武器とかでしたけれど。


Zoids_wild_gabrigator2Zoids_wild_gabrigator4
骨格復元!
ガブリゲーター、擬音が機体名になっているので可愛らしい印象ですが…いやぁ、骨格の時点でめっちゃ恰好良い!!
何だこいつはwww


Zoids_wild_gabrigator3
個人的にはこのアングルのショットが最も恰好良いと思っています。


Zoids_wild_gabrigator5Zoids_wild_gabrigator6
装甲を装着!!
いやぁ、恰好良いなぁ…あ、尻尾の先端に装甲ないのは少し寂しいですね。

ライダーの目の前に4連装のミストディスチャージャーがあって、ここから特殊な霧を噴出するらしいんだけど…これ、風向きとかによって顔にめっちゃかかるよねw

やっぱワニの系譜のゾイドは懲罰席が当たり前なのだろうか…w


Zoids_wild_gabrigator7
装甲付けた状態でもこのショット。
このアングルは骨格・装甲装着問わず恰好良さが引き出されるな…!!
紅い目がまた良い感じだよね。


Zoids_wild_gabrigator8
本能開放(ワイルドブラスト)状態。
骨格状態で撮ってなかった…w
頭自体が前方にスライドして、大口を開けてガバガバします。
強力な牙と顎による噛み付き攻撃と、喉の奥に装備した「メタルミキサー」で敵機を粉々に砕く!

…これ、ライダーも大きく上下にがくんがくんするから、やっぱりワニの系譜のゾイドは懲罰席付きから逃れられないんじゃ。。


湿地帯や河川での奇襲攻撃が得意なゾイドであり、強力な噛み付き攻撃と尻尾攻撃を得意とする辺りは以前のシリーズに登場したバリゲーターの系譜ですね。
バリゲーターのキットは口を開けるとパイロットが剥き出しとか言う懲罰席でした。
他には、ライオン型とワニ型を使い分けできるレオゲーターというブロックスゾイドもいますが、こちらは懲罰席ではありませんでした。


Zoids_wild_gabrigator9
生態図鑑。
鰐諤。
シクスキラーファング、クランブルジョーと強そうな武装名ついている中、相変わらずの「爪」、「尻尾」。
こいつの場合、尻尾は格闘攻撃のメインとしても使うから、何かしら武装名付いてても良かったのではw


ゾイドワイルドはこの後も続々と機体が発表されています。
今の所、ブラキオサウルス種は予約しちゃいましたw
トリケラトプス種、ステゴサウルス種、アンキロサウルス種、パキケファロサウルス種辺りが気になっている所。
…見事に恐竜ラインナップだなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

ミストラル

いやぁ、風邪引いてしまいました…。
火曜日辺りから喉痛いなぁと思ってたらこれだよ…。
久々に高熱出して寝込みましたわ。




それはさておき、日本の世界遺産候補であり、イコモスから登録を勧告されていた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がめでたく、正式に世界文化遺産となりました…!!
いやぁ、おめでたい…!!

俺は時間ミスって中には入ってないんだけど、長崎に旅行に行った時に外観を見た大浦天主堂も構成資産に含まれています。
Dsc_1301
あの時見た天主堂が、世界遺産になるとは…!!







史上初!
3週連続であるよ、F1GP!!


まずはF1フランスGP予選!!
10年振りに復活、フランスGP!
場所は28年振りに開催、南仏のマルセイユ近郊にあるポール・リカール!
テストコースとして使われた事もあります。


グロージャン(スイス国籍も)、オコン、ガスリーが母国GP。
モナコ人のルクレールもほぼ母国GP。
そして、ルノーにとっても母国GPだ!


FP3で大雨!
予選前までに雨は止んで、所により晴れ。
そして、コースは乾いてる模様。

何やら難しい顔してるベッテル。

コース回りに散水装置あるのか!
ウエットコンディションのテストをする時に使用。

横に飛行場あるのな。


Q1
ストロールを先頭にトロロッソ勢、マクラーレン勢、シロトキンもコースへ。

いやぁ、風光明媚なロケーションだなぁ。

まだ1回目のアタックだけど、ルクレールが3番手…!
ハース勢も良さそうだ。

フェルスタッペン結構良い感じ。

残り3分、エリクソンが12番手!
アロンソも上げてきて13番手!

ストロールのオンボードリプレイ。
うわっ、ちょっと浮いたよ!
ちょっと膨らんで縁石の外側にあるバゲット型の縁石に乗り上げて、危うくテイクオフしそうに。

チェッカー!
オコンが11番手!
エリクソンが12番手に上げてきた!
ペレスも12番手!
アロンソは…16番手!
ノックアウト!
ヴァンドールンも18番手でノックアウト。
ハートレーは17番手。

エリクソンの無線。
第1コーナーで雨が降り始めてる?


マクラーレンとウィリアムズがダブルノックアウト!
ウィリアムズはホント、高速サーキットでもダメか。
ハートレーはトラフィックと降り始めた雨によってタイムが上がらなかったらしい。
ハートレー曰く、5、6コーナーで雨。

エリクソン、今季初となるQ2進出!!


Q2
雨が降り始めてるので、殆どのマシンがピットレーン出口に並んでいます。

レッドブル勢とメルセデス勢はスーパーソフト!
ライコネンがトップタイム!
ボッタスが更新、更にハミルトンがトップ!
グロージャンが4番手、サインツJr.が5番手タイム!
ガスリーが9番手、マグヌッセンが10番手だ。

トップも中段も混戦。
残り3分、ラストアタックの時間です!

グロージャンがピットレーンでエリクソンと並走。
グロージャンの前にエリクソン出てきて我慢できなかったか?

フェルスタッペンはスーパーソフト!

チェッカー!
マグヌッセンが5番手!
ガスリーは11番手でノックアウト。
グロージャンが5番手!
オコンがギリギリ10番手!
フェルスタッペンは4番手だ!
ここでルクレールが10番手に飛び込んできた!
ヒュルケンベルグは12番手。


ルクレール、Q3進出!!
嬉しそうなザウバーのピットウォール!
ヴァスールがめっちゃ嬉しそうwww
無線「フッフゥ~!良い気分だね!」

フォースインディアがダブルノックアウト。
ガスリーも残念ながら14番手。

フランス勢は後はグロージャンくらいか。
ルノー勢としては、サインツJr.がQ3進出。

ハミルトンはスーパーソフトで決勝をスタートするんだな!
メルセデスとしては珍しいような…。

ガレージに戻ってきたルクレール、嬉しそう!
ルクレールの応援看板を持つ観客の子。


ちょいちょい雨が来てる。


Q3
フェラーリ勢、メルセデス勢が真っ先にピットレーン出口に並ぶ。
サインツJr.も続いている!

ベッテルが先頭でアタック開始!
フェラーリ勢を上回るメルセデス勢!
まずはハミルトンがトップに。
フェルスタッペン、リチャルドがフェラーリ勢の間、4番手、5番手。

母国のグロージャンが壁に刺さってしまった…!!
頭を抱える小松さん。

赤旗!

グロージャンのリプレイ。
3コーナーで態勢崩してハーフスピン。
そのまま4コーナー外側の壁に接触。
ここまでノーポイントのグロージャンにとっては残念な結果に。
ハースに良いスピードがありそうだったので、勿体ない。。

5分くらいで再開!
グロージャンがピットレーンに戻ってきました。
カメラマンを手で抑えるグロージャン。
「もうついてくんな」とでも言いたげ。

日差しが出て来てるらしい。
早くもライコネンが出て来てるな。

残り4分切って、そろそろラストアタックの時間かな?
メルセデス勢が出てきた。
ベッテル、サインツJr.が続く。

ベッテル、ラストアタックの6コーナーで膨らむ痛恨のミス!
ボッタスがトップタイム!!
ハミルトン、トップタイム!!
セクター3でパワーを上げてきたっぽいか?
ベッテルは3番手!

フェルスタッペンが少し縁石で跳ねてる!
…おぉ、ルクレールがマグヌッセンを抑えて8番手だ!
キャリア最高位からの決勝スタートだな!
レッドブル勢は順位変わらず。
ライコネンのリプレイ。
シケインで止まり切れず、直進してしまっています。


インタビュワーはジャン・アレジとフランク・モンタニー!
ハミルトンもフランスGPは10年振りだからね。

皆清々しい感じだな。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
8番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
18番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
19番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
20番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ







F1フランスGP決勝!!

ジャン=エリック・ベルニュが来てる!
フランス人ドライバーで、元F1ドライバーだ。
今はフォーミュラEのテチーターチームで走ってるぞ!
今はランキング1位だったかな?

…おお、モナコ大公夫妻も来てるのか!!
まぁ、距離的には結構近いからな。


大人気のルクレール。
フランス人ドライバーより人が集まってるのでは?

ルノー応援席は黄色に染まってます!


フランス軍のかな、汎用ヘリコプターNH-90。
中が映ってるwww
隊員が降下してきたwww
フランス国旗出した。

フランス国旗をプロストに届けるイベントなのかwww
観客席でトリコロールがめっちゃはためいてるな!!


フランス国旗がプロストに届けられた!
そして、フランス国歌、ラ・マルセイエーズ。
久々にフランス国歌聞いたなぁ~。
戦闘機隊によるトリコロールカラースモークだ!!


ジェットマンみたいな人が飛んでるwww
その場で回転してるし、ジェットマンとは違うのか…?


マッサがホワイティングと立ち話してますね。
マッサは住まいがモナコなんで、観に来たみたい。
彼はマニクールで開催された、2008年のフランスGPで優勝しています。
つまり、フランスGP最後の優勝者。


スターティンググリッド紹介。
脱ぎかけのグラフィックになってるサインツJr.。
ハートレーはPU交換によるペナルティで最下位からのスタート。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
8番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
18番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
19番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
20番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ


シグナルが…ブラックアウト!!

…んっ、なんか後ろで接触してる!!
フォースインディアだかハースだかのパーツか?

1コーナー!
あー、ベッテルとボッタスが接触!!
ボッタスがスピン、ベッテルはフロントウイング壊した!
その後ろでも接触…。

黄旗!

あー、また後ろで接触!
2コーナー辺りか?
フォースインディアがスピンしてる!

セーフティカー!!


あー、オコンがストップしてます…最後の接触は彼でしたか。
母国GPは1周もできず。。
えっ、ガスリーもストップしてるの…?
こちらも親戚一同が観に来ているという母国GPでしたが…。

リプレイ。
2コーナーでオコンにガスリーが追突してました。
…でも、これは難しいなぁ、オコンも前の動きみて避けようとイン側に入ってたしなぁ。
そしたら、たまたま後ろにいたガスリーが行き場を失って避けられずに接触。

3周目、ボッタスとベッテルの接触は審議に。
ベッテルは10周目に5秒加算ペナルティ。
リプレイ見ると、3番グリッドからウルトラソフトタイヤでスタートしたベッテルの蹴り出しが非常に良くて、ハミルトンにも並びそうなくらいでした。
しかし、ベッテルの横にボッタスがいた為、ハミルトンに並ぶ事はできず。
1コーナーの進入では一旦下がって3番手で通過するのがセオリーですが、タイヤをロックさせてボッタスに突っ込みました。
タイヤをロックさせる程深く入る必要があったかどうかは分かりません…。

これでリタイアしなかったのは良かったけど、2台共に最後尾からの追い上げになるぞ。

頭を振り、失意のガスリー。
ガスリーとオコンの接触も審議に。
5周目にレース後審議のアナウンスがありました。

スタートリプレイ。
スタート直後にグロージャンに追突する形でオコンが接触していました。
グロージャンはその後もベッテルとかな、接触してる…ベッテルが追突する形で。
っていうか、フランス人ドライバーボッロボロじゃん!
でも、グロージャンは8番手走ってるんだよね。
2度も接触あったのに。


5周目、リスタート!
マグヌッセン対ルクレール対ライコネン!
ルクレールがマグヌッセンに仕掛けようとしてますね…近年じゃ中々見られなかった光景。
おっと、ライコネンがルクレールをかわしています。

アロンソがコースオフ…あっ、ベッテルに寄せられてスピンしてたのか。


8周目、ベッテルが怒りのオーバーテイク。
ヴァンドールン、エリクソンのホイール・トゥ・ホイールのバトルに絡んでるし…www


9周目、リチャルドがサインツJr.をかわして3番手。
7番手スタートのサインツJr.はオープニングラップの混乱を上手く潜り抜けて3番手を走行していました。
ルノーの黄色いマシンがトップ集団にいると、新鮮…2008年以来かな?


10周目、ライコネンがサインツJr.をかわして4番手に。

良く分からなくなりそうなので…
ハミルトン、フェルスタッペン、リチャルド、ライコネン、サインツJr.、マグヌッセン、ルクレール、グロージャン、ペレスがトップ10。
以下、ヒュルケンベルグ、ベッテル、ヴァンドールン、ボッタス、ハートレー、エリクソン、ストロール、シロトキン、アロンソ。


12周目、グロージャンに審議。
オープニングラップでコースをショートカットしたという事ですが、26周目にお咎めなしと判断されています。

16周目、シロトキンに審議。
セーフティカーの後ろで必要以上に遅く走った為と。
26周目に5秒タイム加算ペナルティに。
遅く走る事に対する、メリットのなさ…。

ヒュルケンベルグがグロージャンをかわして9番手に。
さぁ、母国グロージャンはポイント取れるのか?


17周目、ライコネンにギアシフトのトラブル?
でも、ファステスト出してます。


20周目、ボッタスがグロージャンをかわして10番手に。
グロージャンは遂にポイント圏外に落ちてしまいました。
ボッタスはマシンのフロアにダメージがあるようで、ベッテル程のペースが出せていませんね…。

一方のベッテルはサインツJr.をかわして5番手にまでポジションを挽回してきています。


21周目、アロンソの無線。
…ん、20分以内に雨?
確かに、向こうの空は暗い。


22周目、ハースを追い立てるザウバー。
F1の環境に慣れたのか、ルクレールの強さが顔を見せているように思います。


25周目、等と思っていたら少しコーナーで膨らんでしまったルクレール。
その後、ヒュルケンベルグにかわされてポジションダウン。

ルクレールの無線。
「タイヤがおかしいかもしれない。」
どの段階からおかしいと感じているのだろうか?
ピットウォールからは異常なしとの事。


26周目、フェルスタッペンがピットイン!
そして、ベッテルの前で復帰!
これは大きいかもしれないぞ…?
ベッテルは結構飛ばしてるけど、このままピットストップしないで走り切る可能性があるので。


30周目、ペレスがガレージに戻っています。
えっ、パワーユニットに問題が…?!
メルセデスは今回、新しいスペックのパワーユニットを導入しています。
それにトラブルが発生したとなると、このレースだけでなく、今後の流れも変える必要があるかもですね…。

フォースインディアはこれでダブルリタイアです…。
かつての直線番長も今回は苦しかった模様。


31周目、グロージャンに再び審議。
スタート直後のオコンとの接触のやつですかね?
次周にさくっと結果が出て、今度は5秒タイム加算ペナルティが。
対応早かったな…。


32周目、下位を走るアロンソ。
苦しいだろうなぁ…。

2度のF1ワールドチャンピオンのテロップと並んで、ル・マン優勝のテロップも。
だからこそ、下位を走っている姿は見たくないね…。


34周目、リチャルドがベッテルをかわして4番手に!
ベッテルより後にピットに入って、ベッテルの後ろで合流していたリチャルド。
マシンとロングストレートの事を考えると、抜けるとは思ってなかったけど…行ったねぇ。

ここで先頭を走っていたライコネンがピットイン、スーパーソフトだ!
…しかし、ライコネンへの戦略はいつも後手に回るよなぁ~。
ベッテル優先だしね。


36周目、ルクレールがアロンソをかわしています。
ルクレールとアロンソは良くバトルするねぇ。
さて、次はチームメイトのエリクソンがターゲットだ。


39周目、珍しくライコネンがベッテルの前に出ました。
やっぱり、タイヤの履歴違うからペースが全然違うね。
…しかし、フェラーリがライコネンを先に行かせる判断するとは、珍しい。
ライコネンはそのままリチャルドを追撃する態勢ですかね。


40周目、ここでボッタスがピットイン!
やっぱチェッカーまで持たないか…あっと、ピット作業でミスだ!!
右リアつける前にリアジャッキ降ろしちゃってる…大幅なタイムロスです!

次の周、当然ベッテルが動きます。
2人は同じストラテジーだし、しかもボッタスのピット作業は遅れましたから。
ベッテルは5番手で復帰。
勿論、ボッタスの前です。
ボッタスは中段勢に埋もれてしまい、上位を狙えなさそうですね…。


46周目、周回遅れのストロールのライン取りが怖い…。
リチャルドとライコネンが3番手争い中にストロールに追い付いた場面。
自分のタイムロスが出来るだけ少なくなるように、ギリギリ狙ってるように見えるストロール。
ギリギリまで譲らなかったり、リチャルドを前に出した後、ライコネンの目の前でライン上に戻ったり。
川井ちゃん「(ライコネンに)言われるよ~」。
言われてそうだよなぁ…国際映像には拾われなかったけど、絶対無線で文句言ってるよねwww

ヴァンドールンがアロンソをかわしてた。
アロンソのタイヤはかなり厳しいみたいです…こちらも早々にピットインかな?


47周目、リチャルド対ライコネンが動いた!
ミストラルストレートでライコネンがリチャルドの前に出て、3番手!
これにはアリヴァベーネも吠える!
ライコネン、キタキタ…!
やっぱり、元気のあるライコネン見たいからね。


48周目、アロンソがピットイン!
すぐにピット入れれば良いのに、対応が遅いなぁ…これじゃあ、アロンソはマクラーレンに愛想をつかすのでは?


49周目、ボッタスはまだ8番手走行中。
…おっと、シケインで態勢崩した!
危ない。

ハートレーは15番手走行中ですか…これはまずいですよ!
またシート交代とか言われちゃいます!


50周目、サインツJr.が無線でノーパワー!
一気にマグヌッセンとボッタスにかわされて8番手に下がっています…!
チェッカーまでもう少し…大丈夫か?!
つか、ルノーの地元でルノーのパワーユニットに不具合出たらアレだよね。

あーっと!!
ストロールがクラッシュしてストップしている?!
パーツが散らばってる…フロントウイング壊したか?

黄旗!

リプレイ。
左フロントがバーストしてコースオフ!!
うっわぁ…これは怖いよ!
高速走行からのブレーキング辺りでぶっ壊れたよね…。
フロントウイングはバーストしたタイヤで壊れたみたいですね。

バーチャルセーフティカー発令!!


53周目、ファイナルラップ!
バーチャルセーフティカーのままだ。
…あ、黄旗に戻った。

ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!!
10年振りのフランスウィナーはハミルトン!!
これで、彼が優勝したのは30ヶ所目。
歴代最多記録だそうです!

ライコネン、3位入賞!
久々な気がする…。

ルクレールが10位入賞しました!
2戦連続、今シーズン4回目!

母国のグロージャンはポイント獲得ならず…。
ルノーは最後、サインツJr.のパワーユニットトラブルがあったものの、ダブル入賞を果たしています!

戻ってきたハミルトン。
ハローがヘルメット置場になってる…www
ステアリングと共にポーズ!


インタビュワーは予選に続き、フランク・モンタニーとジャン・アレジ!
…そういや、モンタニーってイケナイオクスリに手出して追放処分になったんじゃ??


ハミルトンもそうですが、フェルスタッペンもハッピーサンデー。
「そんなに頑張らなくても良かったので。」

ライコネン「スタートは皆大変だったと思います。」


ここでアロンソのリプレイ。
左リアのアームが折れてるな…。
チェッカーを受けずにピットに戻ったようです。
完走…で良いんだよな??


…おっ、スージーも来てるのか。
久々に見た気がするよ。


ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテル。
…えっ、ベッテル?
確かに追い上げは凄かったけど…。


控室で1周目のリプレイ見て「クレイジー」つってる。
んー、言ったのはハミルトンかな?
直接見てなかったし。


表彰台!!
そして、いつもの!!

トロフィがトリコロールカラーゴリラなのやべぇwww
ライコネンが掲げると違和感www


シャンパンファイト!!
まず飲むライコネン!!
いやぁ、久々に見たなぁ~。
やっぱり良いよね!!


アナウンサーの竹下さんwww
「ワールドカップを観ずに!F1をご覧頂いた~」


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はケビン・マグヌッセン/ハース
7位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
8位はカルロス・サインツJr./ルノー
9位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
10位はシャルル・ルクレール/ザウバー

ここまでがポイント獲得。

11位はロマン・グロージャン/ハース
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はマーカス・エリクソン/ザウバー
14位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ
15位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
16位完走扱いはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17位完走扱いはランス・ストロール/ウィリアムズ

リタイアは…

セルジオ・ペレス/フォースインディア
エステバン・オコン/フォースインディア
ピエール・ガスリー/トロロッソ


ドライバーズランキング
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(145Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(131Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(96Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(92Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(83Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(68Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
8位:アロンソ/マクラーレン(32Pt)
9位:サインツJr./ルノー(28Pt)
10位:マグヌッセン/ハース(27Pt)
11位:ガスリー/トロロッソ(18Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(17Pt)
13位:オコン/フォースインディア(11Pt)
14位:ルクレール/ザウバー(11Pt)
15位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
16位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
17位:エリクソン/ザウバー(2Pt)
18位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
19位:グロージャン/ハース(0Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(237Pt)
2位:フェラーリ(214Pt)
3位:レッドブル(164Pt)
4位:ルノー(62Pt)
5位:マクラーレン(40Pt)
6位:フォースインディア(28Pt)
7位:ハース(27Pt)
8位:トロロッソ(19Pt)
9位:ザウバー(13Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)







ネギタレ艦隊2018年6月末版です。
前回は18年5月末でしたね…。

正規空母
赤城改(あかぎ) Lv.86→Lv.88
加賀改(かが) Lv.87
飛龍改二(ひりゅう) Lv.85
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.85
Intrepid改(イントレピッド) Lv.85
瑞鶴改(ずいかく) Lv.83
雲龍改(うんりゅう) Lv.81
天城改(あまぎ) Lv.81
葛城改(かつらぎ) Lv.81
Aquila改(アクィラ) Lv.81
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.80→Lv.81
翔鶴改(しょうかく) Lv.80
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.80

装甲空母
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.86→Lv.87

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.95→Lv.96
大鷹改(たいよう) Lv.87→Lv.88
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.85
瑞鳳改→瑞鳳改二→瑞鳳改二乙(ずいほう) Lv.69→Lv.85
Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.84→Lv.85
千歳航改二(ちとせ) Lv.83
千代田航改二(ちよだ) Lv.83
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.82
祥鳳改(しょうほう) Lv.82
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.81
飛鷹改(ひよう) Lv.81
鳳翔改(ほうしょう) Lv.81
龍鳳改(りゅうほう) Lv.80
春日丸(かすがまる)→大鷹(たいよう) Lv.9→Lv.57

水上機母艦
千歳甲(ちとせ) Lv.80→Lv.81
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.81
千代田甲(ちよだ) Lv.80
秋津洲改(あきつしま) Lv.80
瑞穂改(みずほ) Lv.80

改装航空戦艦
伊勢改→伊勢改二(いせ) Lv.85→Lv.88

航空戦艦
日向改(ひゅうが) Lv.85→Lv.88
扶桑改二(ふそう) Lv.82
山城改二(やましろ) Lv.82

戦艦
金剛改二(こんごう) Lv.89
榛名改二(はるな) Lv.85
Italia(イタリア) Lv.85
比叡改二(ひえい) Lv.84
Гангут два (ガングート) Lv.84
霧島改二(きりしま) Lv.83
Iowa改(アイオワ) Lv.83
武蔵改(むさし) Lv.82
陸奥改(むつ) Lv.82
Warspite改(ウォースパイト) Lv.82
大和改(やまと) Lv.81
長門改(ながと) Lv.81
Roma改(ローマ) Lv.81
Richelieu改(リシュリュー) Lv.80

航空巡洋艦
最上改(もがみ) Lv.84
三隈改(みくま) Lv.84
利根改二(とね) Lv.84
筑摩改二(ちくま) Lv.84
鈴谷改二(すずや) Lv.84
熊野改二(くまの) Lv.84

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.89
Pola改(ポーラ) Lv.89
摩耶改二(まや) Lv.88
那智改二(なち) Lv.87
鳥海改二(ちょうかい) Lv.85
高雄改(たかお) Lv.85
愛宕改(あたご) Lv.67→Lv.85
足柄改二(あしがら) Lv.84
羽黒改二(はぐろ) Lv.82→Lv.83
妙高改二(みょうこう) Lv.81→Lv.82
衣笠改二(きぬがさ) Lv.80
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.80
古鷹改二(ふるたか) Lv.80
加古改二(かこ) Lv.80
青葉改(あおば) Lv.80
鈴谷(すずや) Lv.1
熊野(くまの) Lv.1

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.89
大井改二(おおい) Lv.86
木曾改二(きそ) Lv.86

軽巡洋艦
五十鈴改二(いすず) Lv.90→Lv.91
阿武隈改二(あぶくま) Lv.86
大淀改(おおよど) Lv.85→Lv.86
龍田改二(たつた) Lv.84→Lv.85
天龍改(てんりゅう) Lv.85
鬼怒改二(きぬ) Lv.84
由良改二(ゆら) Lv.83
夕張改(ゆうばり) Lv.83
川内改二(せんだい) Lv.81
多摩改二(たま) Lv.81
球磨改(くま) Lv.81
矢矧改(やはぎ) Lv.81
神通改二(じんつう) Lv.80
那珂改二(なか) Lv.80
長良改(ながら) Lv.80
名取改(なとり) Lv.80
阿賀野改(あがの) Lv.80
能代改(のしろ) Lv.80

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99
鹿島改(かしま) Lv.99

駆逐艦
如月改二(きさらぎ) Lv.89→Lv.90
雷改(いかづち) Lv.90
電改(いなづま) Lv.90
睦月改二(むつき) Lv.88→Lv.89
秋月改(あきづき) Lv.89
Верный(ヴェールヌイ) Lv.87
初月改(はつづき) Lv.85→Lv.86
Ташкент改(タシュケント) Lv.85→Lv.86
江風改二(かわかぜ) Lv.82→Lv.85
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.85
Samuel B.Roberts改(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.65→Lv.85
初春改二(はつはる) Lv.83→Lv.84
吹雪改二(ふぶき) Lv.83
涼月改(すずつき) Lv.80→Lv.83
文月改二(ふみづき) Lv.82→Lv.83
雪風改(ゆきかぜ) Lv.83
白露改(しらつゆ) Lv.80→Lv.83
長月改(ながつき) Lv.82→Lv.83
望月改(もちづき) Lv.82→Lv.83
弥生改(やよい) Lv.83
五月雨改(さみだれ) Lv.81→Lv.82
菊月改(きくづき) Lv.82
時雨改二(しぐれ) Lv.81
潮改二(うしお) Lv.81
叢雲改二(むらくも) Lv.81
長波改二(ながなみ) Lv.81
島風改(しまかぜ) Lv.81
山雲改(やまぐも) Lv.81
夕立改二(ゆうだち) Lv.80
綾波改二(あやなみ) Lv.80
皐月改二(さつき) Lv.79→Lv.80
暁改二(あかつき) Lv.80
朝潮改二(あさしお) Lv.80
荒潮改二(あらしお) Lv.80
村雨改二(むらさめ) Lv.80
涼風改(すずかぜ) Lv.80
三日月改(みかづき) Lv.80
秋雲改(あきぐも) Lv.80
天津風改(あまつかぜ) Lv.80
春雨改(はるさめ) Lv.80
朝雲改(あさぐも) Lv.72→Lv.80
Libeccio改(リベッチオ) Lv.80
風雲改(かざぐも) Lv.80
海風改(うみかぜ) Lv.80
萩風改(はぎかぜ) Lv.80
山風改(やまかぜ) Lv.80
卯月改(うづき) Lv.72→Lv.73
水無月改(みなづき) Lv.69→Lv.70
神風改(かみかぜ) Lv.62
沖波改(おきなみ) Lv.54
浦風改(うらかぜ) Lv.52
磯風改(いそかぜ) Lv.52
時津風改(ときつかぜ) Lv.51
清霜改(きよしも) Lv.51
松風改(まつかぜ) Lv.51
敷波改(しきなみ) Lv.50
陽炎改(かげろう) Lv.50
黒潮改(くろしお) Lv.50
子日改(ねのひ) Lv.50
若葉改(わかば) Lv.50
舞風改(まいかぜ) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
浜風改(はまかぜ) Lv.50
谷風改(たにかぜ) Lv.50
野分改(のわき) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50
初雪改(はつゆき) Lv.49
霞改(かすみ) Lv.47
不知火改(しらぬい) Lv.41
曙改(あけぼの) Lv.40
初霜改(はつしも) Lv.40
満潮改(みちしお) Lv.40
朧改(おぼろ) Lv.38
漣改(さざなみ) Lv.38
浜波改(はまなみ) Lv.33
高波改(たかなみ) Lv.31
早霜改(はやしも) Lv.30
藤波改(ふじなみ) Lv.30
狭霧改(さぎり) Lv.30
白雪(しらゆき) Lv.1
深雪(みゆき) Lv.1
磯波(いそなみ) Lv.1
大潮(おおしお) Lv.1
霰(あられ) Lv.1

海防艦
択捉改(えとろふ) Lv.62→Lv.63
国後改(くなしり) Lv.61→Lv.62
松輪改(まつわ) Lv.47→Lv.56
佐渡改(さど) Lv.48→Lv.56
対馬→対馬改(つしま) Lv.46→Lv.47
日振(ひぶり) Lv.23→Lv.28
大東(だいとう) Lv.23→Lv.28

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.76
伊14改 Lv.76
伊401改 Lv.76

潜水艦
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.80
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.77

補給艦
神威改母(かもい) Lv.83
速吸改(はやすい) Lv.80
神威(かもい) Lv.28→Lv.30

その他
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.80
工作艦 明石改(あかし) Lv.80
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.80






続きからコメント返信!!

続きを読む "ミストラル"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »