« 新境地 | トップページ | ミストラル »

2018年6月19日 (火)

超高速バトル

遂に…遂に!!
トヨタがル・マン24時間レースを制した…!!

ル・マン24時間レースはF1モナコGP、アメリカのインディ500と並んで世界3大レースに数えられる格式高い大会。
世界耐久選手権、WECの1戦として組み込まれています。

トヨタはその最高峰クラス、LMP1クラスに参戦。
今年はLMP1クラスで唯一、ハイブリッド車両を有したマニファクチャラーです。
ハイブリッド車両は複雑な機構を持ちますが、非常に強力なマシンで、LMP1クラスの中であっても、特別にLMP1-Hクラスと類別される程高性能。
LMP1に参戦する他チームとはマシン性能に大きな差があるので、その差を埋める為、他チームはレギュレーションによって戦力調整が行われています。
それでも、マシン性能的にはトヨタが上なので、優勝候補筆頭として見られています。
だけれど、丸1日走り通しになるル・マンは何があるか分からないというのが常。
トヨタはこれまで、ハイブリッド車両を引っ提げて戻ってきた2012年以降も含めて19回ル・マンに挑んできたものの、制覇する事ができていませんでした。
同じハイブリッド車両を持つライバルのポルシェ、アウディを抑えて首位を快走していた2016年もそう。
あの時は、レースも残り3分となった所で、ドライブしていた中嶋一貴から「ノーパワー!ノーパワー!」と無線が入ります。
突然のトラブルによって、パワーを失ったマシンはホームストレートでスローダウンし、やがてストップ。
チェッカー目前でリタイアとなってしまいました。
その雪辱を晴らすべく臨んだ2017年も、出走した3台が揃って様々なトラブルに見舞われ、後方に沈みました。

今回、その中嶋一貴が駆るトヨタ8号車が遂にトップでル・マンのチェッカーを受けた。
それも、ポールポジションからスタートして、ポール・トゥ・ウィンで。
日本人が日本国籍のチームの日本のマシンで優勝したのは史上初なんだとか!

しかも、小林可夢偉の駆る7号車(2周遅れ)を後ろに引き連れてのワンツーフィニィッシュを達成したのだから、凄い。
2台共、ペナルティを受ける等細かいトラブルがあったけれども、ガレージでの作業が必要なトラブルの類いは全く起きず、1日中ワンツーを堅持。
確かに、LMP1-Hクラスのライバルは不在だが、ようやく勝てた…!
本当に、おめでとう!!お疲れ様でした…!!

でも、今年のWECはル・マンが2回ある特別なシーズン。
次でも勝って…そして、来年も勝って、もっともっと勝って、「ル・マンマイスター」のポルシェと並ぶ存在になって欲しい所。


ところで、今回優勝した8号車は中嶋一貴の他にフェルナンド・アロンソとセバスチャン・ブエミがドライバーを務めていました。
アロンソは現役F1ドライバーで、2度のワールドチャンピオン。
今年はF1との二足のわらじを履いてます。
ブエミも一貴も元F1ドライバー。
かなり豪華なメンバーですね…!
それに加え、ブエミはフォーミュラEのワールドチャンピオンでもあります。

アロンソはレーシングキャリアの目標として、3大レースを全て制覇する「トリプルクラウン」を目指しています。
今回の優勝で、残るは去年挑戦してエンジントラブルによりリタイアしたインディ500のみ。
インディ500を制覇すれば、史上2人目となる「トリプルクラウン」保持者となります。

…それにしても、8号車は開幕戦スパ・フランコルシャンも優勝してるから、WECのワールドチャンピオン狙えるのでは。
アロンソは目標だったル・マンで勝っちゃったから、モチベーション下がる可能性もあるけど。
今の現役F1ドライバーでル・マン勝った事あるのはニコ・ヒュルケンベルグ(しかも、スポット参戦)とブレンドン・ハートレーがいるけど、WECのワールドチャンピオンになったのはハートレーだけなんで、狙っちゃうのもありだと思う。






そんなこんなで、モタスポの話題ばっかりだよ。


取り敢えず、親族が無事そうで良かった。。






18_6_19_ise
航空戦艦 伊勢!!


18_6_19_ise_kaini218_6_19_ise_kaini3
改装航空戦艦 伊勢改二!!







F1カナダGP予選!!

快晴のモントリオール!!

フェルスタッペンはFP1~FP3まで、トップタイム!

フェラーリ、ルノーと共にパワーユニットをアップデートしてきたホンダ。
しかし、FP3でガスリーのパワーユニットにパワー低下のトラブルが発生。
予防措置として、旧スペックのパワーユニットに交換しています。


カナダの観客はホントにいつも大盛り上がりしてるよね。

運河をタンカーが通過中。


カナダのモントリオールが出身地のストロール。
今期はかなり苦しいマシンではあるが、どうか。

Q1
数台が早速コースイン!
おっと、グロージャンがガレージから出てきた時からバルサン!!
ピットレーン出口でマシンを止め、彼の予選は終了。
未だノーポイントなのに、苦しい立ち上がり。

…これ、後ろにいたエリクソンはびっくりしただろうなぁ。


エリクソンがウォールにタイヤを擦る。
その反動(?)で、危うくフェルスタッペンとも絡みそうになっています。

フェルスタッペンが3番手、リチャルドが5番手。
だけど、ホーナーさん、笑顔も見える。

エリクソンのリプレイ。
ウォールに擦った瞬間、炎が!
そして、右フロント壊れてた。

ちらっと映る、アメリカ人俳優、ジェームス・マースデン。
X-MENとかに出てる人みたいですね。

ストロール、最終コーナーでミスってシケインをカット。
見守るクビサ。
残りは1分半。
アロンソが16番手、ノックアウトゾーンにいるぞ。

チェッカー!
アロンソが14番手に順位を上げて、ガスリーがノックアウト。
ハートレーは8番手タイム!

母国GPのストロールがノックアウトされて、ウィリアムズはダブルノックアウトである。
ピットウォールで画面を見つめるパディ・ロウとロブ・スメドレー。

ベッテル、国際映像に向けてか、ゆっくりとウインク。

クビサ応援旗。
彼はここでマシンが大破する程の大クラッシュをした翌年、優勝してますからね。
彼にとっては、非常に象徴的なコースです。

グロージャン、フリー走行でウッドチャックと激突したらしい。


Q2
フェラーリ勢、メルセデス勢はウルトラソフトでセッションスタート。
遅れて出てきたレッドブル勢はハイパーソフト。
リチャルドは5番手、フェルスタッペンがトップタイム!

フェルスタッペンファン、大盛り上がり!

残り3分切って、ラストアタックの時間。
ルクレールがタイムを上げて13番手。
近年のザウバーのドライバーとしては、初となる4戦連続Q2進出。
非常に評価を上げているドライバーです。
GP2での圧勝は伊達じゃないね。

最終コーナー前、凄いトラフィック…。
ベッテルがその光景に苦言。

アロンソは14番手。
チェッカー!
ハートレーは12番手。
リチャルドがトップタイム!
コースレコード更新!

ペレスの最終コーナーカットシーン。


そして映るコースター。


Q3
真っ先にハミルトンがコースイン!
1分11秒227…そこそこか。
ボッタスが1分10秒857でコースレコード更新!
ベッテルが1分10秒776…ボッタスを0.081秒上回ってトップだ!

やっぱりストレートスピードがネックなレッドブル勢。
その中で、フェルスタッペンがハミルトンを上回る4番手タイムをマーク。
フォースインディア勢は1アタックか。

残りは間もなく2分。
各車、ラストアタックへと向かいます!

ライコネン、少しダートに乗ってしまってアタックを断念。
無線でピー。
そして、ハミルトンはヘアピンでタイヤをロック!

ハミルトンはタイムを更新するも、3番手!
ベッテル、タイムを更新、1分10秒764!
コースレコード更新して、ポールポジション獲得!
フェルスタッペンが3番手タイム!


インタビュワーはディ・レスタ!
彼、完全にインタビュワーが板についてるけど、まだ耐久レースとかやってるからね…!

フェルスタッペン、良い顔してるね。
何やかんや言われてた中、フリー走行全てトップタイム。予選も3番手。
良い仕事してるな。


ポールポジションからはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
12番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
13番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

16番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはロマン・グロージャン/ハース







F1カナダGP決勝!!


決勝も快晴だ!!
観客も大盛り上がり!!


アロンソ、300戦目の出走をチームと祝う。

ポイントも狙える12番手からのスタートでリラックスした感じのハートレー。
10番手スタートのペレスはどんな戦略でくるかな?

マイケル・ダグラスがマクラーレンの所にいるぞ?

ウィニー・ハーロウ、カナダ人のスーパーモデル。
ハミルトンの友人で、ハミルトンに招待されて来たらしい。
ハミルトンのマシンの前で記念撮影してる。


…アロンソのフロア、修理中?


ロズベルグも来てるじゃん。


カメラに笑顔で手を振るストロール。
地元の人かな?
ストロールファンの姿も映る。


グロージャンの前にいるグリッドキッズの子がコミカルで凄い良いwww
カメラから見切れてるwww

ウッドチャクぬいぐるみも応援。


カナダ国歌!!
独唱、オー・カナダ。
フィニッシュで戦闘機も飛んでる!!


ハースの母国、アメリカに近いからか、ハースファンの姿も。

少し雲が出てきたか?


ガスリーは本人の熱い希望により、一度取り止めていた新スペックのパワーユニットを搭載!
フリー走行で使っていたものではなく、新しいセットを使うので、グリッド降格ペナルティを受けます。
その為、グロージャンの前、19番手からのスタートとなりました。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
12番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
13番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

16番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
17番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
20番手からはロマン・グロージャン/ハース


シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペンが良いスタートでボッタスに並ぶ!
ボッタスが2番手を堅持!

あーっ!!
ストロールがハートレーに接触!!
ハートレー、壁に押し付けられて斜めに宙に浮いた…!!
そのままストロールと絡みながらクラッシュ!!
ストロールはハートレーとサイド・バイ・サイドになった際に、マシンがフラついたらしい。
両者共に気合い入ってただろうに、1周も出来ずにリタイアとなってしまいました…。

セーフティカー!!

ベンチに座ってがっかりしてるストロール。
ハートレーには怪我がなさそうだ。


5周目、リスタート!
あー、詰まってる詰まってる。

あーっと、ペレスが1コーナーでコースオフ!
サインツJr.と接触してハーフスピンしたのが原因のようです!
2コーナーでコースに復帰したペレスのアウト側をマグヌッセンが、イン側をアロンソが通過。
アロンソは一気にマグヌッセンとペレスの前に出ています。


6周目、オープニングラップの事故が審議に。
結局、お咎めなしのようですけどね。


7周目、ペレスの無線。
サインツJr.に対して、「ブラックフラッグもんだよ!」との事。
この件も審議。
13周目にお咎めなしになりましたが。


9周目、ルクレールと300戦錬磨のアロンソのバトル!
アロンソの技を体感して勉強してるって感じ?


12周目、ルノー勢とバトルしていたオコンがピットイン。
…4.8秒?
遅いな。
どうやら、リアジャッキが上がってなくて、作業が遅れたようだ。

ルノー勢はどっちもタイヤ交換3.8秒かかってるけど、ピットストップ前に争っていたオコンの前には出れたようです。


18周目、リチャルドがピットイン。
川井ちゃん「出る!出る!」
リチャルドがハミルトンの前、5番手で復帰!
オーバーカット成功です!


35周目、マイケル・ダグラス。


42周目、アロンソがスローダウン!
ガレージに戻り、リタイアです…。
パワーユニット周りのトラブルのようだ。


49周目、サインツJr.が最終コーナーをカット。
おっと、グロージャンとオコンが当たりそうになった…!
グロージャンが土煙を上げてピットイン。
50周くらいハイパーソフトで引っ張っていたか?

ピットインしようとしたグロージャンより、コースに留まるオコンの方がブレーキポイントが手前になる。
その為、グロージャンが追い付いちゃって行き場所なくなったようだ。
このインシデントは記録されましたが、53周目に審議の必要なしと判断されました。
グロージャンは文句言ってたけどね。


56周目、ボッタスが1コーナーで膨らんだ!
サインツJr.をかわす時にマーブルでも拾ったか?

オコンも最終コーナー立ち上がりでリアを滑らせてた。


66周目、フェルスタッペンがファステスト!
長く続いているリチャルド対ハミルトンの4位争い。
ハミルトンがヘアピンでリアをスライドさせている!


70周目、ファイナルラップ!
…って、あれ?
チェッカー振られてる??
振っているのはゲストのウィニー・ハーロウだが…。

ここでリチャルドがファステスト!

ベッテル無線。
「まだ終わってないけど、チェッカー振られてるよ?」みたいな感じでしょうか?

ベッテル、改めてチェッカー!
ポール・トゥ・ウィンで50勝目!!
ウィニー・ハーロウが改めてチェッカー振ってます。


ベッテル、無線で歌うwww


ドライバー・オブ・ザ・デイはベッテル!!


ピットに到着。
跳ねまくるベッテルwww
フェラーリ旗を振り回してお祝いwww

70周目にチェッカーが振られたので、レースは68周終了時点でフィニッシュ。
69周にリチャルドがファステストを出していましたが、取り消されてフェルスタッペンがファステストの記録を保持する事に。


インタビュワーは予選に引き続き、ディ・レスタ!

フェラーリ、カナダでの久々の優勝!
ベッテルからはジルとジャックのヴィルヌーヴ親子の話も出てましたね。

…後ろからオーレ・オレオレオレの声がwww

ボッタスもフェルスタッペンも良い顔だな。


表彰台!
いつもの…モタスポ公式テーマソング、安心と信頼のドイツ国歌!
かーらーのーイタリア国歌!
フェラーリクルーの大合唱!
盛り上がり過ぎて警備員の笛の音が…?
ファンの笛の音なのか…??

フェルスタッペンへのトロフィ授与。
レッドブルクルー大盛り上がり!!


シャンパンファイト!!
安定のまず飲むボッタス!


ベッテル、笑顔で小ジャンプ。
笑顔のまま退場。


優勝はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はキミ・ライコネン/フェラーリ
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8位はカルロス・サインツJr./ルノー
9位はエステバン・オコン/フォースインディア
10位はシャルル・ルクレール/ザウバー

ここまでがポイント獲得。

11位はピエール・ガスリー/トロロッソ
12位はロマン・グロージャン/ハース
13位はケビン・マグヌッセン/ハース
14位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ

リタイアは…

フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
ランス・ストロール/ウィリアムズ
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/フェラーリ(121Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(120Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(86Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(84Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(68Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(50Pt)
7位:アロンソ/マクラーレン(32Pt)
8位:ヒュルケンベルグ/ルノー(32Pt)
9位:サインツJr./ルノー(24Pt)
10位:マグヌッセン/ハース(19Pt)
11位:ガスリー/トロロッソ(18Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(17Pt)
13位:オコン/フォースインディア(11Pt)
14位:ルクレール/ザウバー(10Pt)
15位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
16位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
17位:エリクソン/ザウバー(2Pt)
18位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
19位:グロージャン/ハース(0Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(206Pt)
2位:フェラーリ(189Pt)
3位:レッドブル(134Pt)
4位:ルノー(56Pt)
5位:マクラーレン(40Pt)
6位:フォースインディア(28Pt)
7位:トロロッソ(19Pt)
8位:ハース(19Pt)
9位:ザウバー(12Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)

|

« 新境地 | トップページ | ミストラル »

コメント

このブログでも何度も取り上げたあの過酷なレースか。
日本勢初優勝とはめでたい、しかもワンツーフィニッシュとは。
周りにトヨタに関わってる人が多いので詳しくない自分も嬉しいっすね。

スマブラの話題が出るのを待ち伏せ(?)してたのに出てこなかったぜw
でもモタスポの話題で雷龍さん(とベッテル)が嬉しそうだから結果オーライかな。

投稿: 炎樹 | 2018年6月19日 (火) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超高速バトル:

« 新境地 | トップページ | ミストラル »