« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

カビの如く

朝は眠い…が、朝に弱い俺には丁度良いのかも知れない。
だが、通勤電車はあかん。






Black_thunder_chocolate_mint
ブラックサンダー チョコミント。

プリティスタイルとは…w
「ミント畑からこんにちは!!」とは…w


ミント風味は控え目でした。
でも、これも良いな。








Godzilla_2_meka_godzilla_city
アニゴジ 決戦機動増殖都市を観てきました!

以下、感想。
今回は「地球連合」の中でも、異星人・ビルサルドと彼らの科学力の結晶、メカゴジラに焦点が当たる…と思ったら、違いました。
メインは主人公・ハルオの考え方の変化だった。
そこに異星人と地球人の考え方の違い、自己思考型金属のナノメタルによる対ゴジラ作戦、新たな人型種族といった要素が加わってました。
引き続き、非常にSF的!

後、パンフにメーサー戦車だのスーパーXだのF-3SY(ムーンライトSY-3を連想させる名前だ…)だの機動装甲服ジャガー(ジェットジャガーがモチーフだな?)だの出てきたの楽しい。
見たかった。


メカゴジラは前作のOPでゴジラ襲撃直前に起動しようとして失敗、喪失してましたが、まさかの復活か…と思ってた。
けど、やっぱ壊れたまんまでしたー。
劇中には頭部の一部しか出て来なかったんだけど、機体を構成するナノメタルが自己増殖やら捕食やらを繰り返して、都市を形成。
…つっても、メカゴジラ開発プラントの複製だから、工業地域みたいな感じだったけど。
メカゴジラシティと呼称されたこの都市は結構な規模で、あのゴジラ・アースが小さく見えるレベル。
…まぁ、でも、今までゴジラから雲隠れしていたのに、メカゴジラシティの要塞化が完了する前に迷彩雲取り払ってゴジラに見つかっちゃうとか、もうちょっと待てなかったのか、と。
暴走AI…つか、これはビルサルドの考え方もあるけど、どうなんよ。
結果、以前のメカゴジラみたいに不具合が出たりして準備不足のまま戦闘に。
まぁ、結末見ると、準備万端だったにしても関係なさそうでしたが。

都市対ゴジラというドリームマッチも良いけど、やっぱりゴジラとメカゴジラのバトルも見たかったなぁ~。
パンフにあったスペックによると、歴代メカゴジラ譲りの多彩な武装と、歴代メカゴジラ中最も軽そうなフットワークで立体的なバトルが楽しめたのかもしれない。

今回、メカゴジラシティの支援機となったのは、機動兵器ヴァルチャー。
戦闘にも転用できる土木作業用のパワードスーツをナノメタルで強化した機体。
メカゴジラの支援をするのは鳥の名前を冠したメカ、という流れが組まれているように思う。

空中を自由に飛び回るヴァルチャーはかっこ良かったね。
デザインは女性的な、そして動物的なスタイリッシュさがあり、主人公メカにでもなりそうな感じすらある。
パンフを見る限り、主人公メカにならないように、でも近付けるという感じだったっぽいし、そこら辺のバランスは細心の注意を払っていたみたいだ。


フツア族。
前回のエピローグから登場した、可愛い成分(…と言いつつ、長老めっちゃ目立ってたけど)。
褐色肌の野性的な種族だけど、身体能力高くて社会性がある!紐を文字のようにしてたり、実際に喋れたり、かなり知性高い。
中心となる女の子…女性?は双子。
他の種族に比べて背が低かったり、体に昆虫の燐粉のような粉がついていたり、テレパシー使えたり、彼らの崇める神(ゴジラに破れて今は卵のみ)がいたりと、双子含め、この種族は何かとシリーズお馴染みの小美人やコスモスを連想させる。
まぁ、ここまで来ると、モスラと関連あるのは決定的で、双子の前髪はモスラの触角を模してるし、パンフには彼らの集落に至る断崖はモスラが突っ込んだ跡とか書いてあるし。

人型種族だけど、劇中では人類と言えるかはまだ分からないと言われているようだ。
基本的に、人類と同じ大気中で暮らしているけど、毒霧の中でも活動できるようだし、特殊だよね。
今回では、昆虫か昆虫系怪獣の遺伝子が混じってる人類の子孫だとか、昆虫が進化して人類のニッチに入り込んだ種族だとかそんな感じで言われてるみたい。

…仕草は普通に人類なんだよなぁ。


ところで、テレパシーって、受け取り側の脳が勝手に母語に翻訳してんだね。


ビルサルド。
今回、考え方…というか、価値観が地球人やエクシフとは違う事が決定的になってしまった異星人。
好戦的…というか、軍人然とした種族だったので、そりゃあ戦いにおいては効率重視になるよな…と思いつつも、ナノメタル信仰凄い(ナノメタルは確かにだいぶ凄い)し、ゴジラを倒した暁にはナノメタルで以て、地球を自分達の星にしてしまおう感すら漂うという…。
ナノメタルがあれば大丈夫!とか、ナノメタルと一体化すれば大丈夫!みたいなアレとか、大気圏外から突っ込んでぶち抜く!1機より2機、2機より3機だ!とか、何だか第二次大戦の日本を見てる気分。最後のヴァルチャーで急降下突撃とか神風特別攻撃隊を思い浮かべる。
勝手に人をナノメタルと同化させようとして、結果ヒロイン殺すし。
タンクトップ姿で結構大きいお胸見せてたのも、キスシーンも、ビルサルドの考え方に同調してたのも、ヴァルチャーパイロットとしての活躍も全部死亡フラグだったか…。。

しかし、今回の戦いでビルサルドは主要人物が戦死したので、次回、彼らがどう動くのかが見所になりそう。


エクシフ。
こうなってくると、彼らもわかんねぇな。
彼らの星を滅ぼしたのはED後のエピローグでギドラ族だと明かされたけど、ギドラ族との関係性がまだハッキリしないんだよね。
名を口にするのは禁忌と言ってるけど、奴はゴジラよりも強大みたいな事言ってるし、畏怖っつーか、違う想いがありそうな感じ。
彼らは宣教師のような種族だけれど、意外と彼らの神がギドラだったりとかあったりして。
関係性によっては、ギドラをわざわざ地球に呼び寄せてきたりとか…ありそうだし。


ゴジラ・アース。
全高300mと、歴代最大なのだけれど、時代設定的に回りが自然物ばかりでイマイチ大きさが分からん。
メカゴジラシティにしても、規模が大きいのは分かるけど、架空の存在だからか、メカゴジラシティもゴジラ・アースもスケール感が掴みにくい…。
勿体ないような気はする。

まぁ、ゴジラ・アースは前作でハルオ達が戦っていたゴジラ・フィリウス(初代や2代目等と同じ全高50m)の直後に現れたから、如何に大きいかは推し量れはしたんだけど。
ゴジラ・フィリウスでも十分でかく感じたしね…。

そういえば、ゴジラ・アース、熱線の他に超振動波も使うんだね。
ウルトラ怪獣列伝のゴモラを思い出した。
それにしても、ゴジラ・アースの適応力は歴代ゴジラにも通じる所があるね。
ナノメタルの金属的性質、熱伝導の良さを利用して、自身を1000℃以上の高温にする搦め手を使うとは。


さて、次回はエクシフとギドラ…キングギドラ?の話になるっぽいかな?
…ところで、モスラは出るのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

豪華週末。

先日、健康診断したら、お医者さんに「利き腕どっち?」って訊かれて。
左って答えたら、「そう。首の右側が発達してるね」的な事言われました。

まぁ、肩掛け鞄、右側にやってるし。








今週末はF1モナコGP、インディ500、スーパーフォーミュラ菅生ラウンド、レッドブルエアレースと豪華だねぇ!








2018_red_bull_air_race2
今日はZOZOマリンスタジアムに行ってきました!!


……。


2018_red_bull_air_race1
……。


2018_red_bull_air_race3
じゃなくて、レッドブルエアレースに行ってきました!!


2018_red_bull_air_race6
午後から曇りの予報とかも出てたんだけど、ガッツリ晴れましたね…!!
いやぁ、良い天気です!!


2018_red_bull_air_race7
霞んではいるけどね。


2018_red_bull_air_race4
日本人パイロット、室屋義秀選手をスポンサードするタイヤブランド、FALKENのブース。
モーターショーでも見られるけど、いつも撮っちゃうよね。


2018_red_bull_air_race5
トヨタの高級車ブランド、LEXUSのブースで、寄せ書き車。
透明シールに応援メッセージ書いて、車体に貼る。


着いたのは昼くらい。
たこ焼きとか唐揚げとか勝浦担々とか食べて過ごし、13時くらいに砂浜へ移動。

…さぁ、決勝の時間ですよ!!


まずは、ラウンド・オブ14。
4戦目に後攻として登場した室屋さん!
しかし、最初のバーティカルターンでオーバーGの違反を食らって失格に…。。
先攻のオーストラリア人パイロット、マット・ホールがそれまでに飛んだパイロットが記録したタイムより1~2秒速い、55秒台を叩き出したので、プレッシャーもあったのだろう。
母国だし、気合い入りすぎたのもあるだろうし…。
母国3連覇はならず…。
残念。。


その後はペナルティもほぼ、比較的静かなレースが展開。
ラウンド・オブ・8からは風も出てきてパイロンが揺れたりしていたけど、パイロンヒットもなかったし。


最終ラウンド、ファイナル4に進出したのは
アメリカ人パイロット、マイケル・グーリアン
チェコ人パイロット、マルティン・ソンカ
カナダ人パイロット、ピート・マクロード
そして、マット・ホール

ソンカは過去2年の千葉で、いずれもファイナル4に進出している、相性の良い場所。
…まぁ、毎年コースレイアウト若干変わるから相性良いとかは言いにくいのだけれど。


さぁ、スモーク・オン!!
4人のうち、ソンカとマクロードは違反でペナルティを食らい、優勝争いから脱落。
最初に飛んだグーリアンはそこそこまとめた。
最後は好調のホール!
完璧なフライトでグーリアンを上回り、優勝!!

室屋さんとも仲が良いホールが今季2度目を飾りました!!


2018_red_bull_air_race8
ラウンド・オブ・14でのピート・マクロード。


2018_red_bull_air_race9
千葉市消防航空隊の消防ヘリ「おおとり」。
毎年来てくれてありがとう…!!


2018_red_bull_air_race10
ラウンド・オブ・8。
うーんと、ドイツ人パイロットのマティアス・ドルダラーだったか…?
マイケル・グーリアンだったかな…。

機体のカラーリングが見にくいな。。


2018_red_bull_air_race11
ラウンド・オブ・8のピート・マクロード。


2018_red_bull_air_race12
マルティン・ソンカだったかな…。。
やっぱり機体のカラーリングが見にくくて分からん。。


2018_red_bull_air_race132018_red_bull_air_race14
ピート・マクロード。


2018_red_bull_air_race152018_red_bull_air_race16
2018_red_bull_air_race17
今年も終了。
お疲れ様でした!!








F1モナコGP予選!!


伝統のモナコは快晴!!
いやぁ、もう、コース見てるだけでも楽しいですね…!
ワクワクするよ!


予選直前のFP3終了間際、2番手タイムを記録していたフェルスタッペンがクラッシュ。
修理が間に合わず、予選出走は困難か?
尚、ギアボックスも交換する必要がある模様。

フェラーリは前戦で怒られた、ハロー取り付けミラーの空力デバイス部分を撤去した模様。
でも、普通にミラーがハローについてるとこ見ると、「何だ、つけられるじゃん」って感じだ。


ザウバーのルクレールはモナコ人なので、初の母国GP!
応援の横断幕も掲げられてますね!


そして、ここでは全7種類中最も柔らかいタイヤ、ハイパーソフトが初登場!
固い順にスーパーソフト、ウルトラソフト、ハイパーソフトの3種類が指定タイヤとして選ばれています。


…おっ、マッサだ!
親友のリチャルドにエールを送ってから、ウィリアムズのガレージへ。


Q1
ハートレーを先頭に、多くのマシンがピットロードに並んで待機。
最初から17台がコース上にいます。
モナコは低速のコースで、道幅も狭いので、良く混雑します。
その為、マシンの台数が多いと、中々ちゃんとしたタイムが取れません。
そこで、早い段階からコースに入り、周回を続けてチャンスを窺うのが、ここでの常套手段になります。
コースのレイアウト的にタイヤが劣化しにくいので、何周かしてても、意外と何とかなったりする。

プールサイドシケインを過ぎた辺りの海側にあるスタンド、屋根ができてるな…。
去年こんなんあったっけ…?


残り11分半。
一瞬シロトキンがトップに。
すぐにライコネン辺りにタイム更新されたけど、こういうのもモナコっぽい。

リプレイ。
ライコネンの最初のアタック中のやつかな?
トンネルでメルセデス…ボッタスに行く手を塞がれて減速。
無線ピー。

このブロッキングはスチュワードによって記録されたようです。
Q2中に審議なし判定になりましたが。


残り3分!
ここからが最も混雑するぞ!
まず、ルクレールが7番手に!
良いですねぇ~、これはQ1突破でしょ。

残り1分40秒、これまで17番手だったボッタスがようやく良いタイムを出した!
3番手で、Q2進出決定ですね!

おっと、セクター1で黄旗…!!
長いな…あー、そのままチェッカーだ!
ん、ルクレールが1コーナーのエスケープゾーンから出てきた。
エスケープゾーンから出られるタイミングがなくて、ずっと留まっていたんでしょうか?
何にせよ、これが黄旗の原因ですかね。

16番手のハートレー、前のエリクソンとマグヌッセンに引っ掛かってタイム更新できず、Q1ノックアウト。
ポテンシャル的にはQ3行ってもおかしくないくらいだったので、惜しい所…。

ルクレールは最後、大きなタイヤロックさせて1コーナーのエスケープゾーンに突っ込んでたけど、見事Q2進出!
母国でもチームメイトを差し置いてのQ1突破は見事!
そして、シロトキンもQ2に行きました。
マシンに慣れてきたのか、段々予選パフォーマンス上がってるような気がする。


ちらっと映る美女。


Q2
ここでも、スタート前からピットロード出口に並ぶ光景が。
続々とコースインしてます。

ほう、メルセデスはハイパーソフトではなくて、ウルトラソフトでアタックか…。
メルセデスはハイパーソフトだと割とすぐダメにしちゃうらしいので、決勝での周回数を伸ばそうとしてウルトラソフトを投入。

リチャルドがニュートラックレコード更新!
1分11秒353!
彼は木曜のフリー走行からずっとトップタイム取ってるからねぇ。
今回のポールポジション候補だ。

残り8分切った!
ここでメルセデス勢が一旦ガレージへ。
ウルトラソフトじゃやっぱタイム出ないらしい…どちらも10番手以内に食い込めてないし。
ここはハイパーソフトだな…。

ハミルトン、リアタイヤのタイヤウォーマーはさっさと外すが、フロントタイヤのタイヤウォーマーは出る直前まで被せてた。
多分?ボッタスも一緒なのだろう。
リアタイヤはすぐ暖まるようだけど、フロントの暖まりは悪い…っぽい。

ガスリーの無線。
ピー。
ブロッキングか?


メルセデス勢がタイムを出した!
ハミルトンが3番手、ボッタスは5番手。
ボッタスはタイム的にもうちょい稼いでおきたい所。

アロンソの無線。
後ろを走るヒュルケンベルグがアウトラップ中だという事を知ってるアロンソ。
エンジニアより状況把握できてるwww

リチャルドが2回目のアタック!
正直、今のタイムでも十分だけど…またタイムを縮めた!
ニュートラックレコード更新、1分11秒278!
チェッカー!
ガスリーがタイムを更新するも、10番手のままだ。
後続はどうか…まず、ヴァンドールンはピットに戻ったから、11番手のままだ。
ヒュルケンベルグがタイムを更新するも、11番手!

ガスリーがQ3に進出!
サインツJr.はヒュルケンベルグを上回って、Q2突破だ!

グロージャン無線。
ピー。
ハースはそこまで良い位置ではないな…。

ルクレールはここでノックアウト。
だが、3戦連続で14番手獲得!
…そういや、ニコラス・トッドのマネジメントでしたか。
マッサと同じだわ。

シロトキンも13番手と健闘してますね!


美女のターン。


Q3
まずはハミルトンがタイムを出して、1分11秒261。
おっ…ニュートラックレコード更新だな!

その後ろから、リチャルドがめっちゃ飛ばしてる!
セクター1、セクター2全体ベストでセクター3も前方は良好!
…おっと、最終コーナーで少しだけリアがスライドしたが、どうか。
…1分10秒810!
ニュートラックレコード更新!!
これは凄いタイムが出たぞ?!
追い付ける人、いないんじゃなかろうか?

ベッテルはラスカスで少しミスって、ハミルトンの後ろ、3番手。

ライコネンがタイヤを交換しないまま2度目のアタックを実施中!
だけど、セクター1、2共に自己ベストも更新できずにピットへ戻りました。

1回目のアタックを終えたけど、リチャルドはまだコックピット内。
ラストアタックも行く感じか…?


残り3分、各車ラストアタックへ…!
やっぱり、リチャルドも出てるわ!!

ベッテルがタイム更新、ハミルトンを上回って2番手!
ボッタスは5番手止まり。
ライコネンも4番手。
ハミルトンはベッテルを逆転できず、3番手だ。

チェッカー!

さぁ、最後にリチャルド!
セクター1遅いからダメかね…うん、タイム更新ならず。
しかし、ポールポジションは獲得したので、ガッツポーズである。
リチャルド、キャリア2度目のポールはまたしてもモナコだ!!

リチャルドの無線。
ピー!!

リチャルド、更に無線でピー!


コースインタビュワーはペヤング先生!!

「やり残したものを取りに来た」とリチャルド。
初のポールを獲得した2016年は、ピットでのロスで優勝を逃しています。
今回はどうなるでしょうか。
残りもやっちまおうぜ!とやる気は満々!

…そういや、モナコでしかポール取ってないリチャルドはモナコの帝王では?!

ハミルトン、ファンにポール取れなかった事を謝る。
「全部のレースで勝てるとは思ってない。」とコメント。
取れるレースを取れればチャンピオン争いできるつってる訳で、余裕の構えかな?

…ん?
ベッテルどうした?
インタビューなし。

あぁ、既にガレージに戻ってたのか。
間に合わなかったwww

リプレイでフロントジャッキ引きながらピットロードを歩く姿が…。

サー・ジャッキー・スチュワートから、タイヤ進呈。


ポールポジションはダニエル・リチャルド/レッドブル
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
7番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
14番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
おそらく20番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル


グロージャンに前戦のクラッシュによる3グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションはダニエル・リチャルド/レッドブル
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
7番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
14番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
15番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ

16番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはロマン・グロージャン/ハース
19番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
おそらく20番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

ポップでカルチャー

最近、自分史上で最も映画観てる期間かもしれん。
パシリムも観たし、デジモンも観たし。

Ready_player_one
レディ・プレイヤー1。

監督はあのスティーヴン・スピルバーグである。
原作は「ゲームウォーズ」という小説で、オタクによるアニゲ映画etc.リスペクト物語である。

取り敢えず、端的に言うとネトゲ廃人なオタクがダイナミックオフ会するっていう内容で、バーチャル世界で好きになった女の子とそのダイナミックオフ会で会って、付き合った途端にリア充アピールし始める所とかは「くっそwくっそwww」と思ったねw

でも、感動した。特に、ラストシーンでアイアン・ジャイアントが親指を立てながらマグマに沈んで行くシーンは涙無しには見られなかった。(


ストーリー的には、「バーチャル世界に入り浸ってるけど、好きを突き詰めた状態のオタクが、バーチャル世界の開発者が仕掛けたゲームを通じて、今度はそのバーチャル世界を運営管理していく立場に転換する」という、ある種サクセスストーリーな訳で、そういった面では色々な事を考えさせられる作品かもしれませんね。
「好き」を仕事にするっていう展開だし、これってアニメやゲーム等のクリエイターや声優等の役者さんにも重なる部分があるよね。

後、ここではバーチャルの世界で、という事になるけど…ネットの世界で実名出しちゃって、現実世界で命を狙われたりする流れがあるけど、それって今でもそういう危険があるし、戒めのメッセージになるのかなぁって。
男性アバターの女性とかも出るし、現在の延長線上って感じ。


バーチャル世界は様々な小ネタやオマージュがちりばめられていて、非常に情報量が多いですw
これは何度も見ないと全てを見切れないなw
日本の作品も多いんだけど、バック・トゥー・ザ・フューチャーやスターウォーズ、スタートレック、マーベルコミックシリーズ等アメリカの作品も多く見受けられますね。

…「チャイルド・プレイ」のチャッキーってマンキンにも登場してたな?


それにしても、RX-78 ガンダムと3式機龍<メカゴジラ>の対決は熱かった!
三船敏郎モチーフのアバターが「俺はガンダムで行く」って言うのは良い科白でしたね。

ジェットジャガーやガイガンも映ってたらしいのだが…見逃した。。
デジモンの太一とアグモンもいたらしいが、見つけられなかったし。
トランスフォーマー系も見逃してた。
でも、キティパイセンは見つけたし、ミュータントタートルズとか春麗とかリュウはいたんだよね。
ブランカとかサガットとかは見逃した。
そうそう、ストリートファイターと言えば、主人公がラスボスに波動拳撃ったのは良かったねぇw

序盤のレースシーンも色々参戦してて、もう良く分からないわw
取り敢えず、F1マシンはいたw
バットモービルもいたのね。モンスタートラックに突き落とされてたけど。
後、マッドマックスの主人公の愛車(原作よろしく、鉄球で横転する)とか「マッハGoGoGo」のマッハ号とか。
ジュラシック・パーク的なノリでティラノが車を追うし、エンパイアステートビルっぽいのからキングコングが飛び降りてきて邪魔してくるしw

お祭り映画ではありましたねw






Rampage
お次はランペイジ。

アメリカのアーケードゲームを元とした、モンスター映画です。
取り敢えず、何も考えずに観る映画でしたw
始まりがくっそ壮大なんだが…w
結局あの巨大ねずみのスペック分からないしw
キングコング的な要素あったりするし、軍隊はバンバン攻撃するし、乱闘共闘が熱い!
高層ビル登るワニとか…w
いや、原作も割とそんな感じらしいけどw
…あの高層ビル、ウィリス・タワーだったのね。

後、パンフの巨獣紹介がウルトラ怪獣っぽくて良いわぁw


次はアニゴジだな。
オーバードライブも気になる。






Kuse_mania
くせマニア。
チーズ好きの嫁も食べるのを拒否る程の匂いだったらしい。

俺はあまり気にしてなかったんだけど…。


ところで、これに使われてるのって、何チーズ??







F1スペインGP決勝!!

曇っているけど、雨はどうか…?

アロンソ父。
ここはアロンソの母国、スペイン!
そして、サインツJr.にとっても母国だ。

ハートレー無線。
ピー。
FP3のはかなり大きなクラッシュだったし、そこから修理したって事は、ほぼ新車だろうからね…。
この後も無線でピーつってます。
焦げ臭いみたいな訴えもしてるようです。
おしりが熱いって。
更に、バイブレーションが出てるとか色々と問題山積。
大丈夫なのか…?

フェルスタッペンファンエリア、すげぇなwww
オレンジのTシャツだけでなく、オレンジのアフロウィッグが…www

おっ、グリッドにルパート・グリントきとる。
ロンも歳食ったよなぁ~。
そういや、彼、レース好きだったね。

グリッド上のバーバラ・パルヴィン。
ハンガリー人モデルさん。

アロンソのグリッド横に、アロンソ父とアロンソ彼女のモルセッリが来ています。

ん、日差しが出て来たな…。


スペイン国歌!!
…ん?
スペイン国旗、いつものじゃないね?
国旗左側にある国章ないけど…ほう、市民用旗なのかな?

ん、国歌がもう1本…?
カタルーニャ州歌…いや、カタルーニャ国歌か…?
カタルーニャ州は独立云々あるからなぁ。


フェルスタッペンファンに負けず劣らず、盛り上がってるサインツJr.ファン!
サインツJr.応援シートも壮観です!


スターティンググリッド紹介。
オコンとルクレール、何故着かけのグラフィックなんだwww


ここに来て降水確率80%の予報!
マジかよ、雨降るかもだな?!


シグナルが…ブラックアウト!!
3番手からスタートしたベッテルが2番手に!
ヴァンドールン、サインツJr.、エリクソン辺りが飛び出してるな…。

あっ、2コーナーでスペイン人達が少しコースオフしてるわ。

おっと…3コーナーで、でかいクラッシュだ!!
グロージャン、そしてヒュルケンベルグ…!

前のマグヌッセンが挙動乱して、それに反応したグロージャンが単独でスピン。
3コーナーのアウト側でスピンしたのに、何故かアクセル踏みっぱなしでイン側に切れ込み、通りがかったヒュルケンベルグと…その後続のガスリーも巻き込まれた!
一気に3台がリタイアだ。
解説陣から非難轟々のグロージャン。

セーフティカー!
グロージャンのオンボードリプレイ。
クラッシュで破損した左サイドポッドからオイル吹き出してるじゃん…。
凄い白煙だから、全然周りが見えない!
これ、シロトキンかな…白煙の中から徐行しながら出てきたウィリアムズがいたけど、先が見えないって勇気いるよね。

グロージャンに撃墜されたガスリーの無線。
ピー。


マッサ、癒しの笑顔。
ウィリアムズのガレージかな??


コース上は清掃中。
箒で飛び散ったパーツを、ブロワーでオイルを飛ばしてます。

リタイアしたグロージャンのリプレイ。
階段に座って黄昏る。
これは…いや、本人的には辛いんだろうけど、良いコラ素材ですね。。
このクラッシュ、6周目にレース後審議となりました。
そして、次戦のモナコGPで3グリッド降格ペナルティに。

右京さん「ちょっと、デビューした頃の悪い病気が出てきちゃった感じで…」
川井ちゃん「うん…まぁクラッシャーって呼ばれてましたよね。」


7周目、リスタート!
アロンソがオコンをかわして10番手。
彼はグロージャンがスピンした時に後ろにいたので、避ける為にコースオフ。それで順位下げてました。

ハミルトンがファステスト連発して逃げてます!
強いハミルトン久々に見たな…。
9周目に記録した1分21秒631はライコネンが2008年に記録したコースレコードを更新するタイム!
その後も次々とファステストを更新しています。
マジかよ。

おっ、ヴァンドールンに審議。
コースオフした際の通り方が悪かったみたいですね…。
土曜のエリクソンと同じか…あっ、5秒タイム加算ペナルティだ。


19周目、メルセデスのクルーがフェラーリのガレージを偵察。
ライコネンの使用済みタイヤを見てますが…超ちけぇwww
遠慮もへったくれもないなwww

川井ちゃん「うわっ…露骨に見てる。」
右京さん「ピレリの人かと思った。」


22周目、ミディアムに替えたボッタスがファステスト!
コースレコードを1分20秒台まで縮めています!


24周目、フェルスタッペンの無線。
10コーナーで雨…?
ぽつぽつあったようななかったようなくらいの感じ。
この後も主にアロンソが降雨を気にしてましたが、結局降らず。


25周目、フェルスタッペンがライコネンをかわしてます。
ライコネンは一瞬ピット入ろうとしてたけど…何だ?
ん…ホームストレートでスローダウンした!
トラブルの兆候があってピットに入ろうとしてたのか?!

ライコネンは無線で「パワーが落ちた」って訴えてます!
結局、26周目にガレージに戻ってリタイア。

ルクレールがハートレーをかわして13番手に上がっています。
ルクレール、まだポイント圏外だけど、前戦のアゼルバイジャンといい、良い走りしてますね。
対するハートレーはペース不足に苦しんでいるようだ…。
26周目にはアロンソにもかわされているし。

アロンソがポジション上げて喜ぶ、マクラーレンガレージの子供。
予選で国際映像に映ってた子が、ガレージに招待されたようです!
予選の時はマクラーレン・ホンダのTシャツだったけど、今は違うみたいね…?


28周目、エリクソンとサインツJr.の9番手争い!
後ろからルクレールとアロンソも追い付いてきた!
ザウバー勢対スペイン勢っていう構図。

オコンのリプレイ。
ピットインしてタイヤ交換しているけど…右リアが外れない!
そして、入らない!
ナットをタイヤから外してる…。
これは時間かかってるな。。

それが原因だったのでしょうか、40周目にコース脇でストップしてしまっていました。
バルサン炊いてたから、パワーユニットかなんかに負荷でもかかってたか?

このストップで、42周目にバーチャルセーフティカーが宣言されています。


44周目、アロンソがルクレールをかわした!
ホームストレートで抜いたけど、ルクレールも追いすがってるのが何だか良いね。
逆に言うと、マクラーレンのストレートスピード性能はザウバーとどっこいどっこいって感じか…?
空気抵抗が大きいマシンらしいからなぁ。

あっと、フェルスタッペンがシロトキンと接触!
フェルスタッペンのフロントウイング左側翼端板が破損した!
バーチャルセーフティカー明け絡みの判断ミスか。
でも、フェルスタッペンはそのまま行くようだ。
そして、シロトキンは単独でスピンしてました。

その後、リプレイでフェルスタッペンの翼端板がホームストレートでぶっ飛んだ所が映されました。
あっ、舞い上がったパーツがコース内に戻ってきた…避けるベッテル。
ルクレールも避けた…あー、ペレスが踏んじゃったー。。

それと関係あるのか良く分からないけど、思わず画面を指差すカルロス・サインツ父の姿が。

フロントウイング壊しても速いフェルスタッペン。
自己ベスト出してるって…www
終盤も速かったぞ!
たまにある、パーツ壊しても速いやつや!
マシンの挙動も安定してるしなぁ…。


47周目、ヴァンドールンがホームストレートでスローダウン!
そして脇に寄せてストップ。
ギアボックストラブルか?


50周目、最近微妙な作戦を採用するフェラーリに苦言を呈する解説陣。
ベッテルはバーチャルセーフティカー中だったかにもう1回ピットインして4番手走行中。
1回目のピットストップ終え時点では、ボッタスを抑えて2番手だったのにねぇ。
フェラーリは伝統的にタイヤに優しいマシンって認識だったけど、2回目のピットストップしなきゃ走り切れないくらいタイヤ持たせられないのかって。
路面温度が低いってのが不利に働いたのかもしれないけどねぇ。


56周目、ペレスは踏んだパーツを引き摺ったまま走ってるみたいだ。
それでも59周目にルクレールをかわして9番手に。


59周目、穏やかに微笑むペーター・ザウバー御大。
ルクレールが10番手走行中、まだポイント圏内だ。
このままチェッカー受ければ、2戦連続入賞。
アルファロメオと提携したとはいえ、ザウバーの非力なマシンでしっかりと中段勢に食い込むパフォーマンス。
流石、GP2で圧勝したドライバーだ。
来年のフェラーリドライバー、この子で良いって川井ちゃんに言わしめるスーパールーキーですね!


62周目、リチャルドがファステスト!
NEWトラックレコード更新、1分18秒台まできてる…。
それまで、ベッテルもファステスト出したりしてたけど、リチャルドがファステスト連発。
終盤になって、ペースがかなり良くなってるようだ。

サインツJr.の無線。
土曜にヒュルケンベルグを襲った、燃圧トラブルが発生したか…?
ストレートスピード落ちてるようだ。


65周目、ストロールかな…?
ストレートで少しふらふらしてるように見える。
真っ直ぐを保つのも難しいマシン…って訳ではないよね??


66周目、ファイナルラップ!
ハミルトンが2番手のボッタスに20秒もの大差を付けてのチェッカー!!

エリクソンをかわして12番手になっていたハートレーがチェッカーと共にスローダウン!
そしてピットレーン出口付近でストップ。
うーん、トラブルですかね…。
この先も心配になるな。。


森脇さんと川井ちゃんの「完璧でしたね。」がハモったwww


サインツJr.とアロンソがスペイン国旗はためかせてランデブー。


グリッドインタビュワーはディ・レスタ!
数年前までフォースインディアで走ってたけど、今やインタビュワーかぁ。
まぁ、ゑも似たようなものだわな。

…そういや、ディ・レスタって背でかいんだよなぁ。
ハミルトンとかと並ぶと分かるわ。


ピットに観客が雪崩れ込む!


ボッタスがにっこりしてる!
勿論、優勝したかっただろうが、前回先頭走ってたのにチェッカー直前でリタイアでしたからね…。

フェルスタッペン「フロントウイングが何処まで持つか…でも、大丈夫でした!
見た目はちょっと悪いですけど。」


表彰台控え室。
やっぱり、ハミルトンはアゼルバイジャンの時より遥かに嬉しそうだね。
「勝つならこうじゃなきゃ」って感じの。
実際、チェッカー後の無線でそんなような事言ってたし。
前回は後味悪かっただろうからねぇ。


ドライバー・オブ・ザ・デイはハミルトン!


表彰台!!
いつもの。
落ち着くわ…www


シャンパンファイト!
まず飲むボッタス。
フェルスタッペン、久々の表彰台だね!


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はケビン・マグヌッセン/ハース
7位はカルロス・サインツJr./ルノー
8位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
10位はシャルル・ルクレール/ザウバー

11位はランス・ストロール/ウィリアムズ
12位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ
13位はマーカス・エリクソン/ザウバー
14位はセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ

リタイアは…
ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
エステバン・オコン/フォースインディア
キミ・ライコネン/フェラーリ
ロマン・グロージャン/ハース
ピエール・ガスリー/トロロッソ
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(95Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(78Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(58Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(48Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(47Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(33Pt)
7位:アロンソ/マクラーレン(32Pt)
8位:ヒュルケンベルグ/ルノー(22Pt)
9位:マグヌッセン/ハース(19Pt)
10位:サインツJr./ルノー(19Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(17Pt)
12位:ガスリー/トロロッソ(12Pt)
13位:ルクレール/ザウバー(9Pt)
14位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
15位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(2Pt)
17位:オコン/フォースインディア(1Pt)
18位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
19位:グロージャン/ハース(0Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(153Pt)
2位:フェラーリ(126Pt)
3位:レッドブル(80Pt)
4位:ルノー(41Pt)
5位:マクラーレン(40Pt)
6位:ハース(19Pt)
7位:フォースインディア(18Pt)
8位:トロロッソ(13Pt)
9位:ザウバー(11Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "ポップでカルチャー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

繋がり

もう先週頭になりますが…観てきました!

Dezimon_tri_6_last
デジモンtri、第6章…最終章!!

そうっすねぇ、どう02最終話に繋いでくのかと思ってましたが、繋がりましたね…!!
西島先生の言葉が、太一達を導いた形。
そして、デジタルワールドのリブートによって記憶を失ったパートナーデジモン達の記憶は、メイクーモンの中にバックアップが保存されていたという形で戻ってきたし。
(バクモンのも戻ってくるな…)
ヒカリとテイルモンを掘り下げるうえで欠かせないであろう、ウィザーモンも重要な役割してましたね…!

でも、まだ謎が残ったりしているような気がしますが…。
メイクーモンは結局何だったのか。
イグドラシルとホメオスタシスは結局何をしたかったのか、何を考えてたのか。
ホメオスタシスは状況によって立場が若干変わっていくだろうからまだ良い(ハックモンの立場が良く分からないけど)が、イグドラシル側はもう分からんね。
そして、イグドラシル側に与する若ゲンナイも謎だらけ。
今作で盛大にキャラ崩壊みたいなの起こしてたし、最後に「次はデーモンか、ディアボロモンか…」とか言いながらデジタルワールドに戻っていくし。
それから、西島先生は太一と02組を助けた後どうなったの?とか。
姫川さんはあのクトゥルフ的なシーンで退場だったのか、出て来ませんでしたね…。
助かってれば良いのだけれど…そして、記憶を取り戻したバクモンと再開していて欲しい。

そう思うと、6章立てって、話数足りたのかなって感じはするかなぁ。
第4章辺りから疑問には思っていたんだけどね…芽心とメイクーモンの話としては、メイクーモンが死んでしまったけれど、一応収まって、島根に友達が出来たけど、元通りって所ではあるのだけれど。
後、これは無印メンバーの話なので、仕方ない部分もあるのだけれど、欲を言えば、02メンバーも絡んで欲しかったかなぁと。
まぁ、今回でようやく02メンバーがコールドスリープ状態で見つかり、現実世界に帰還した事やったくらいだからなぁ…。
欲を言えば、西島先生、姫川さん含む先代の「選らばれし子供達」の過去ももっと知りたかったなぁ。
描写したは良いけど、したっきりとかもあったしね。

最終章にも関わらず、シリアスの後にデジモン達のコミカルなシーン挟んで、またすぐシリアスとかのシリーズ通して行われていたパターンは健在でしたね!
デジタルワールドから現実世界に戻る際にピヨモンが言った「また変なラブソング聴かされたんでしょ?!」の辺りとか、テントモンの若奥様とか微笑ましいwww
現実世界で体調崩して、寝込んでたヒカリが起きた後に両肩を掴むタケルとか、状況が違ったらラブシーンなんだけど、それを汲み取ったパタモンが赤面する(でも、しっかり目見開いて見てる)とか。
ご飯のシーン、感動的なヤマトとガブモンのシーンを覗くデジモン達(目が合うと顔を逸らす他の子に対し、アグモンはガン見したまんま)とか。
ちょいちょい癒されるわぁ。

そして、子供達が多感な時期故の複雑な葛藤であったり、悩みであったりを抱え、それでも前に向いていく所もシリーズ通してあったけれど、今回も勿論入っていましたね。
特に、太一不在でリーダーシップを取る立場になったヤマトの描写は丁寧。
とは言っても、子供と違って、扱うものは正解がなかったり、実態が掴みにくかったりで大人でさえ考えるのが難しいもの。
ハッキリしない事を表現しているのだから、立ち止まったり戻ったりするのは分かるなぁ。
太一は相変わらずカッコいい現れ方するなぁ…最後、電話口で芽心に「友達だよ」って伝えるだけなのにやたら恥ずかしがってたのも、らしい。

使い回しの場面が多いのは仕方ないにしても、人物の作画、口の動きとか含めてもうちょっと頑張って欲しかったかなぁ。
でも、進化バンクで入るbrave heartはやっぱり滾るし、要所要所で挿入されるButter-flyはやっぱりグッと来るね!
EDなんて、皆で歌ってるし…しかも、間奏の所、アニメ時の中の人出て来たでしょ…?!
パートナーデジモン達の記憶が戻るシーンや、芽心やメイクーモンの「だんだん」は感動的だった…。
そして、今回も進化バンク、戦闘シーンは熱かった!
そうそう、ニュース画面に「巨大不明生物」とテロップ出ていたり、オルディネモンに対してアパッチ戦闘ヘリ、戦車、護衛艦からの攻撃が加えられたりしていた所はシン・ゴジラが思い出されて、俺的にはめちゃめちゃOKです!
彼の能力が分からないからか、アパッチは初っぱなからヘルファイアらしきミサイルぶっ放して、その後機関砲撃ってたのは少し納得行かないんだけどね。
後、ホーリーエンジェモンがデビモンと良い勝負だった所。ヴァンデモンとだったら分かるなぁ。

成熟期や完全体でアパッチを護衛したりする所も嬉しいシーンでしたね…火炎系デジモンのバードラモンが海に落ちてるのは、いたたまれかったなぁ。
そして、エンジェウーモンからオファニモンではなく、ホーリードラモンに究極進化したのはサプライズでしたね!
びっくりした!
ヒカリのまた違った決意の表れでしょうか…!

それに、オメガモンはまた違う形態に変化するし。
マーシフルモード…「慈悲深い」とか「安堵を与える」とかって意味か。
マントが天使族の翼っぽくなってたけど、意味からしたらぴったりなんだな。
…どうせなら8枚翼とかでも良かったかもなー。

後、結果的にラスボスとなった、オルディネモンは女人型だからか、アングルとか凄い拘ってたように思いました!


新たなプロジェクト……劇場……今度は02版triでしょうか?


劇場にあったポスター。
Dezimon_tri_1
第1章「再会」。

Dezimon_tri_2
第2章「決意」。

Dezimon_tri_3
第3章「告白」。

Dezimon_tri_4
第4章「喪失」。

Dezimon_tri_5
第5章「共生」。

Dezimon_tri_6
第6章「ぼくらの未来」。

Dezimon_tri_kitchen_car
劇場にあったチラシ。
コラボイベントですかね。
被り物が可愛い。






Nanaya_5_7_new_tea
その後、例によって「ななや」へ。
「ななや」に行く日は雨の確率が多いです…。

新茶(手前)、抹茶5番と7番を。
新茶、抹茶とはまた違った甘みがあって、美味しいですねぇ!!







F1スペインGP予選!!

早くもヨーロッパラウンドに突入!
伝統的にマシンへのアップデートが多い当地。
パッと見で違いが分かるのは、マクラーレンとフェラーリかな?
マクラーレンはノーズを変更。
短い突起の先端に穴が開いた、レッドブルスタイルのひょっとこノーズ。
レッドブルとは違い、短い突起の両端にあるノーズの先端部分にも穴開いてます。ノーズ上部の両端には深い溝。
ノーズ先端の両脇にあったサメのエラ形式のスリットがなくなって、デルタ型の翼状構造に。
正面から見ると、スターウォーズに出て来るキャラの顔みたい…www

フェラーリは変更されたハローの規約(ハローにサイドミラーつけて良いとかそんなやつ)を早速活用。
ハローの両脇から、耳みたいなのが生えてます!
耳の下部から、めっちゃ細い糸みたいな棒が真下に伸びていて、サイドミラーに繋がっている。
サイドミラー自体は耳から生えてるので、耳と糸の2箇所で支えるみたいな感じ。
蟹爪みたいな見た目だ…。
…さも「サイドミラーの一部でーす!」みたいなアレにしてるけど、これ、明らかに空力パーツだよね。ハローのその部分に空力パーツつけちゃダメな筈。
そして、FIAに違法って言われましたとさ。

レッドブルは他2チーム程顕著ではないけど、大きなアップデートを施しています。
サイドポンツーン辺りの処理がアップデートされ、武士の鎧みたいなバージボードに更にボードが追加されています。


さて、FP3ではハートレーが大きなクラッシュ!!
マシン本体からパワーユニットとギアボックスがもげる程の損傷具合です。
パワーユニットにクラックが入っているとの情報もあり、全好感は免れないでしょう。
パーツによっては3基目なので、年間上限使用数に達してしまいました。
また、ギアボックスは交換。
ギアボックス交換ペナルティを受けるものの、予選を見送りで最後尾スタート確定してるので、こちらは問題なさそう。
尚、本人は大丈夫そうだ。

そして、フェルスタッペンはFP3終盤にマシントラブルが発生。
予選出走に向けて修理中だ。

バルセロナはどんより曇り空。
降水確率40%…これは雨降りそうだな。


おっ、パドックにマッサとペーター・ザウバー御大!


サインツJr.応戦席は盛り上がってます!


Q1
リンダ・モルセッリ。
モデルで、アロンソの彼女。
元彼はMotoGPの生ける伝説、バレンティーノ・ロッシ。

残り7分。
ヒュルケンベルグがアタックに入るかな…ん?
最終コーナーから立ち上がった時にガリガリ言ってる…ギアボックスの不調でしょうか?
これはガレージ戻った方が良さそうか。

いつもマックス、マックス・フェルスタッペン。
予選に間に合ってアタック中…直ったばかりだというのにこの飛ばしよう。
最終コーナー辺りで少し膨らんでるけど、普通にタイム出してくるんだよなぁ…Q1でやった2回のアタック、どっちとも。

エリクソンに審議。
飛び出した時に「このルート通ってね」って通行ガイドを無視したからかな?


残り4分。
キャーコマツサーン。

すっげぇリアがスライドしてるシロトキン。
ウィリアムズは2台共に非常に苦戦中。
どっちもリアがずるずるです。

ヒュルケンベルグ、サイドコースへ。
直ったのかな…?
燃料圧の問題だったようで。

リプレイ。
ガスリーの無線。
ピー。
マグヌッセンに少し引っ掛かって。
フリー走行でもあったらしい。


チェッカー!
ヒュルケンベルグはギリギリ14番手だ!
あっと、ストロールがスピンしてクラッシュ!!
…カメラにヒビが!!
どうやら、ウォールにクラッシュした際、壁の表面をひっかけたようで、それがカメラに直撃。
ウォールにクラッシュした時、ついでに、マーシャルさんのペットボトルもぶっ飛ばしています…。

リプレイで見ると、ウィリアムズのマシン全然曲がってないんだよなぁ。

マッサがウィリアムズガレージで見守ってます。

…あっと、危なかった!
ストロールが壁の通用口から外に出た直後、やってきたクレーン車と接触しそうになった!
ヘルメットも外してたし、当たったら危険だった…。

そして、笑ってるウィリアムズのスタッフ、国際映像に映し出される。
これは…何を暗示してるんだろう?

インターバル中にコースの清掃も行われます。
それにしても、スペインの観客、凄い陽気だな!


Q2
ストロールがクラッシュした所、飛び散ったグラベルの砂利がまだ残ってる。
風もあるみたいで、少し状況はトリッキーだ。
難しい状況かな…慎重ながらも攻めないとね。


残り6分、ルクレールが良い走りしてますね。
Q3進出は難しいかもしれないけど、2戦連続でQ1突破。
これはペーター・ザウバー御大も微笑むよね!
っていうか、彼、来るの珍しいなぁ。

ソフトタイヤでタイムを出していたレッドブル勢、スーパーソフトでコースへ!
…あっ、お試しか。
スーパーソフトの在庫が余ってるし、タイム的にも十分Q2突破できるから、Q3の練習しようといった感じか。

さて、チェッカー。
アロンソ、サインツJr.共にQ3に進出!
アロンソは今季初めてQ3に駒を進めました。
マクラーレンにとっても今季初です。

ハース勢がようやく2台揃ってQ3に。
戦闘力はあるみたいなんだけどね。
そして、2台でハローの上の空力パーツが異なります。
マグヌッセンのはハースが従来から採用していたトゲトゲ。
グロージャンのは他チームのもののようなフェアリング。尚、3段式だ。

アロンソファン達。
何か、凄い声援聞こえるwww


Q3
そういや、雨降らないねー。

うぉっ、ハミルトンが速い!
特にセクター1は他よりコンマ5は速い…!

リチャルド、フェラーリ勢がソフトタイヤでアタック。
対するフェルスタッペンはスーパーソフトでアタック。

残り30秒!
ハミルトン、トラックレコード更新!
ボッタスは2番手。

チェッカー!
ベッテル、ハミルトンに届かず。
ハミルトンがポールポジション獲得!!

グリッドインタビュー。
ダビデ・バルセッキか…相変わらずのハイテンションwww

メルセデス勢、グランドスタンドに向かって挨拶。
セブ行方不明www
あっ、良い顔だな。

おっ、カルロス・サインツだ!
父サインツ。
ポールポジション記念のタイヤモニュメントを渡す役らしい。


あっ、エミリア嬢。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
8番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
12番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
13番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
14番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
15番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

16番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
19番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
20番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ


シロトキン、3グリッド降格ペナルティ。
前戦でペレスと接触した為。
しかし、ハートレーよりは前でスタートできる。
そして、ハートレーは決勝に出られそう。

スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
8番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
12番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
13番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
14番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
15番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

16番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
20番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

色々。

いやぁ、月曜日の夜辺りから、少し体調崩しちゃいまして。
最初、鼻が出てくるようになって、その後、起きるとくしゃみ連発が加わる。
それから熱がちょいと出て、体が少し怠くなる。
最後に咳。
うーん、何だったんだろう?
熱はそんなに高くなかったので、普通に動けましたが…例の日と重なってしまい、やりくりが大変でした。。






少し前の話になるんだけど…。
Syoko_syaimi
ポケセン20周年記念、しょこたんデザインシェイミのポケモンカード!!

そして、ポケセン行ったら、シェイミDLと。
ウルトラムーンしか持ってきてなかったから、ムーンも持ってきてDLしよう…と思ってたけど、結局時機を逸したかなぁ。


Monster_cuba_libre
この前出た、モンスター キューバリブレ。
日本限定らしい。

味は…あぁ、コーラだ!!
ペプシっぽい味だな。







Pacific_rim_uprising
この前の週末、パシフィック・リム:アップライジングを観てきた。

色々とカッコよかったのと、あー!!とかお前ー!!とか色々。
東京…東京??
JKとかはいるけど、スカイツリーはあるけど。
…あ、メガ東京なのねw
メガって何ぞwww

あぁ…セイバー・アテナの足技は良いですね!!

面白いんだけど、前作と比べてしまうと、何だか物足りないかなぁ…という所もあるかなー。


セリザワスケール5以上の怪獣が登場、あの規模でスケール6って…w
いや…出自的にもっと上でもありだったような。
そうすると、劇中の活躍もっと凄くなるけど。

ところで、この怪獣達、前作では電磁パルス攻撃してきたり、酸を飛ばしてきたり、今作は相手のエネルギー系攻撃を吸収してカウンター攻撃の強化に使用したりはしているけれど、熱線やそれに類するような遠距離攻撃使ってくるのっていないよなぁ。
姿形も、飛べるやつはいても、モンスターといった感じだしね。


ちびっこいの頑張りました!
そして、今回も突貫する主人公機…w






続きからコメント返信!!

続きを読む "色々。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

新興の

瑞雲教に入信します!!((


…はいっ!

なんじゃそりゃ!!


って感じですね!


世の中は大型連休!
そんな中、割と仕事してましたが、数少ない休みに友人と出掛けてきました。


Zuiun_fes1_station
京王線 京王よみうりランド駅。

京王線とかほぼ使わないなぁ…レアだわ。


目的はこれです。


よみうりランドに期間限定で展示されている…

Zuiun_fes2_zuiun1Zuiun_fes3_zuiun2
Zuiun_fes4_zuiun3
1/1、原寸大 瑞雲!!


Zuiun_fes5_hyuga1Zuiun_fes6_hyuga2
Zuiun_fes7_hyuga3
そして1/20、航空戦艦 日向!!


…はい、某お船のゲームがコラボってたので、行ってきたのでした!!

原寸大 瑞雲は去年、富士急ハイランドで初お目見え。
住まいからは少し遠かったのと、コラボ時期が初夏だったのに中々予定が合わなかったのとで観に行けなかったのです。


そもそも、瑞雲って何よって話ですが。

瑞雲とは、第二次大戦期の帝国海軍で運用されていた、水上偵察機。
艦艇に載せて運用する艦載機…偵察機の一種です。
…ですが、偵察機の割に色々求められて、スペックは以下の通り。
・最高速度は当時の主力艦上爆撃機や零戦の水上機仕様機以上
・ダイブブレーキを装備しており、艦上爆撃機のような急降下爆撃機が出来る
・空戦フラップを装備しており、艦上戦闘機程の強さではないにしろ、空戦可能
・装備機銃は当時の主力艦上爆撃機のものよりも大口径(ついでに、後方機銃も艦爆のより大口径)
・水上偵察機の例に漏れず、航続距離が長い

とまぁ、多用途水上機なのである。

今回再現されたのは、「第六三四海軍航空隊」、縮めて「六三四空」所属機。
航空戦艦 「伊勢」、「日向」の所属する「第四航空戦隊」に艦載機として配備される予定だった航空隊です。
その中でも、この瑞雲は 「伊勢」、「日向」の艦載機となる…筈でした。
筈でした。


…いやぁ、それにしても、今回行けて良かったですわぁ。
しかも、水上に浮いてるような感じになってますし。
それに、日向まで登場したしね!


Zuiun_fes8_curry
瑞雲&日向の近くにある、コラボカレーの店「レストラン ラ・ピシーヌ」へ。
一番のお目当てだった、「比叡カレー」は当日分完売でした…。
残念。。


Zuiun_fes9_curry_ashigara_zuiun
…という事で。
友人は「足柄」のカツカレー(奥)、俺は瑞雲カレー。
やっぱ瑞雲でしょwww(

Zuiun_fes10_zuiun_curry_and_zuiun
瑞雲カレーと瑞雲(焦点合ってない+看板でほぼ見えない)。

見た目以上に、意外と辛味があって、まさに「大人の為のカレー」って感じでした。
辛いものダメな人でも食べれるけど、「辛い」と知覚するくらいの辛さかな〜?


量的には足りないので、併催していた、「裏メニューフェス」へ。
まぁ、そうなるな。


Zuiun_fes11_syuwaruma_sand
イスラエル料理の店「SHAMAIM」(シャマイム)で売っていた、シュワルマサンド。
ピタパンに玉ねぎ、ひよこ豆、鶏もも肉を炒めたものが挟まっています。
スパイスやゴマペーストが入っている、との事ですが、見た目よりも薄味でしたね。

お店で食べればまた違ったのかな…。
それとも、イスラエル料理の傾向なのでしょうか?
クリーミーだけど、意外と薄味でさっぱりしてる感じだったような…。

ギリシャ旅行の時にエミレーツ航空の機内食で食ったの、どうだったかなー。
UAE料理かどうかも分からんけど、クリーミーだけど、さっぱりした味のやつがあったような。
それに近いかなー?
今回は更にさっぱり味って感じだけど。


さて、1/1瑞雲と1/20日向を見た後は、園内のスタンプラリーを行う事に。
結局やっちゃうんだよね、こういうのw
スタンプラリーは園内を巡るものと、アトラクションに乗って集めるものの2種類。
俺はアトラクションに乗る気がなかったので、園内巡りの方だけにしました。


という訳で、スタンプラリー開始!


Zuiun_fes12_warspite
まずは戦艦「Warspite」。
正面玄関から入ってまっすぐ行くだけで見つかるという難易度の低さ。

…それにしても、ウォー様、瑞雲搭載できないのになんでいるんすかね。。
中の人繋がり??
いや、どれも瑞雲搭載できないわw


Zuiun_fes13_yura
2ヶ所目、軽巡洋艦「由良」。
浴衣モード。
可愛い。
由良改二は瑞雲も搭載できるー。

坂を上るといるんだけど、結構坂の勾配がキツいのな。
山の中のテーマパークだからか、園内は結構高低差あるんだねぇ。


Zuiun_fes14_tsushima_sado
3ヶ所目、海防艦「佐渡」、「対馬」。
……。


Zuiun_fes15_sado
改めて、海防艦「佐渡」。
瑞雲祭モード。
これの中破グラフィックはとても申し訳ない気持ちになるぞ…。


Zuiun_fes38_tsushima
スタンプラリー終了後に撮った、海防艦「対馬」。
こちらも瑞雲祭モード。

それにしても、2艦共、コーヒーカップの回転軸の部分にいるなんて…。
お客さんが捌けてからじゃないと撮れないうえに、待機列の関係上、撮影位置も限定されちゃうという何気に難易度高いパネル。
運が悪いと、ずっと片方の姿ばかりを見る事になるという。

そして、子供が集まりそうなアトラクションにいる海防艦。
うーん、これは、業が深い…。


Zuiun_fes16_ise
4ヶ所目、航空戦艦「伊勢」。
伊勢改の瑞雲祭モード。
彼女も瑞雲結構好きなんだと思うんだけど、妹程入れ込んでないというか、自重しているというか…。
妹同様の書き下ろしだったら良かったのにねw


Zuiun_fes17_yuudachi_shigure
5ヶ所目、駆逐艦「夕立」、「時雨」。
夕立改二と時雨改二のイチャつき姉妹。
アトラクションの通路上(しかも階段の踊り場)にいるからか、撮影及びスタンプ待機には周囲への配慮が必要。

駆逐艦なので、瑞雲搭載出来ません(


Zuiun_fes18_shinkai_goei_seisuiki
6ヶ所目、軽空母「護衛棲水姫-壊」。
まさかの「-壊」版での登場。
死に際じゃねーか。

おあつらえ向きに、ホラー系アトラクションの横にいる。
デザインの関係上、ボリューミィかつ風に弱そうなパネルである。

…お前、軽空母だから瑞雲搭載できないんじゃ。。
まぁ、この前のイベントのボスだったけどさ。

尚、性格的に好みである。


Zuiun_fes19_space_zuiun_chyutai
アトラクション「スペースジェット中隊」改め、「スペース瑞雲中隊」。

…乗っ取りました。
乗り物のボディ部分に「634-」の識別番号が。
乗っ取ったので、機体はしっかり六三四空に編入されていましたw
まぁ、そうなるな!

それにしても、日向さんのこの顔よw
そして脈絡のない科白…テンション爆上げなのだろうw


Zuiun_fes20_tasyukento_mogami_comma
7ヶ所目、駆逐艦「Ташкент」、航空巡洋艦「最上」、水上機母艦「Commandant Teste」。
最上改は瑞雲祭モード。

元は別々の所にいたけど、割と狭いエリアに設置されていたうえに、それぞれのアトラクションの出入り口付近だったり、待機列形成している所だったりしたらしく、退避して1ヶ所に集まってました。

凄いゆっくりできる所にいられて良いですな。

この後、アトラクションスタンプラリーの時に1艦ずつ撮りました。
Zuiun_fes43_commandant_teste
水上機母艦「Commandant Teste」。

Zuiun_fes44_mogami
航空巡洋艦「最上」。

Zuiun_fes45_tashukento
駆逐艦「Ташкент」。

Ташкентだけ瑞雲装備できないけど、この前のイベントの新規艦だからいるのかな…。


Zuiun_fes21_mikuma_momonga
「MOMOnGA de くまりんこ!」

よみうりランドの誇る名物アトラクションも乗っ取られていましたw
コースターにはどうやら、立ち乗り用と従来の座り乗り用があるらしい。


Zuiun_fes22_mikuma
8ヶ所目、と言う訳で、航空巡洋艦「三隈」。
三隈改の瑞雲祭モード。

待機列の横をすり抜けて奥まった場所にいたので、ちょっと分かりにくかったですね。


Zuiun_fes22_yousei1Zuiun_fes23_yousei2
こちらも六三四空に編入されていた、「ルーピングスターシップ」。
「瑞雲熟練搭乗員 養成用機材」とあるけれど、この機体、主力張れるんじゃ…。


Zuiun_fes24_saratoga
9ヶ所目、正規空母「Saratoga」。

「改」でも「Mk.II Mod.2」でも「Mk.II」でもない、通常の「Saratoga」…通称「白サラ」である。
サラさんも瑞雲搭載できないやん、何でいるんすかw


Zuiun_fes25_agano
この辺りのエリアにあるお店「フードテラス・ループ」で見つけた、軽巡洋艦「阿賀野」。

この前のアップデートで、阿賀野型の「改」は瑞雲載せられるようになりました!


Zuiun_fes26_agano_chahan
ここのお店のコラボメニュー、「阿賀野」のエビ抜きエビチャーハン。


Zuiun_fes57_agano_chahan2
アトラクションスタンプラリーを終えた後に食べてきました!!

エビ抜きエビチャーハンなれど、レシートには「エビチャーハン」。

何でエビ抜きなんだ…ちょっと調べても阿賀野との関連性が良く分からん。。
取り敢えず、普通に美味しいチャーハンでしたw
ボイルエビ苦手な俺には良いものでしたね…!!
グリンピース嫌いだけど((


Zuiun_fes56_etorohu
エビチャーハン注文時に貰ったシール、海防艦「択捉」。

コラボメニュー頼むと、記念シール(全10種/ランダム)が貰えます!
…択捉って、瑞雲あんまり関係ないw
妹達が瑞雲祭満喫してるけどな…!!


Zuiun_fes27_hayasui
10ヶ所目、給油艦「速吸」。
「第一次瑞雲祭」の時はピースだけだったのが、今回はダブルピースに変化…w
クッソ楽しんでるなwww

この前で大道芸人の人が芸の準備してました。


ここまで、ガシガシスタンプラリーを続けていましたが、「速吸」の近くで少し休憩。


Zuiun_fes28_zuiun_float1
「Cafe Lan Lan」のコラボメニュー、瑞雲フロート!!
そして、注文時に貰った、海防艦「松輪」のシール。

この松輪、後に何処かにドロップしてしまいました…。
スタンプラリー用紙を手持ちの袋から出し入れしている時に一緒に出てきちゃったのかな…。


Zuiun_fes29_zuiun_float2Zuiun_fes30_zuiun_float3
インスタ映えのイの字もない撮り方w

瑞雲と言えば、緑。
緑の飲み物と言えば、メロンソーダですよねw
炭酸強くなかったので、全然行けました!

後、艦載機熟練度を表すんですかね、パイナップルが3つ入ってました。

Zuiun
(参考)

パイナップル3つだから、熟練度MAX越えてる模様w
もしかして、熟練度MAX手前の「///」の再現か…?


Zuiun_fes31_hyuga
11ヶ所目、航空戦艦「日向」。
日向改の瑞雲祭モード。

このクレイジーな祭りの教祖、もとい首謀者、もとい主催。
…なのに、こんな奥まった場所にいるなんてw

いや、逆に人が少ない所の方が落ち着いて瑞雲を愛でられそうだから、良いのか?!


Zuiun_fes32_kongou
12ヶ所目、戦艦「金剛」。
私服モードもとい、すき屋モードの差分。
ちゃんと牛丼とビニール袋のロゴが変わっていますwww

金剛は瑞雲搭載できないけどね…。


Zuiun_fes33_haruna_bungee
コラボアトラクションの「バンジージャンプ」。
踏みきり台まで登る階段の踊り場にパネルが設置してあるようです。
1-2階踊り場のしか見えないけど、戦艦「金剛」、「Warspite」、正規空母「Ark Royal」のようだ。
イギリス組ですね!
上には多分金剛型の「比叡」や「霧島」辺りがいるんじゃないでしょうか。
そして、バンジーの掴まる所は「金剛」、下のクッションは「榛名」だ。
「金剛」に掴まりつつ降りて、「榛名は大丈夫です!」って言ってる「榛名」に受け止められるんだぜ…。
色々ヤバいよね…www


Zuiun_fes34_akagi
13ヶ所目、正規空母「赤城」。
フリーフォール系アトラクション「クレージーストン」とのコラボ。
…瑞雲が可能な急降下爆撃の訓練かな?

赤城自体は瑞雲を搭載できませんが、赤城の所属する「第一航空戦隊」は帝国海軍自慢の精強部隊で、その艦載機体は精鋭揃いでしたからねぇ。
精鋭達からの訓練、厳しいだろうな…。


Zuiun_fes35_akitsushima
14ヶ所目、水上機母艦「秋津洲」。
急上昇系アトラクション「クレージーヒュー」とのコラボ。

秋津洲は瑞雲搭載できるけど、赤城の相方って…w


Zuiun_fes36_haruna
15ヶ所目、最後は戦艦「榛名」。
水着モード。
随分と気が早いのは、水を使ったアトラクション「ジャイアントスカイリバー」の前にいるからでしょうか…。

後、榛名も瑞雲は搭載できまセーン!!


Zuiun_fes37_gambier_bay
16ヶ所目、ホントの最後、軽空母「Gambier Bay」。
週毎に居場所が変わる、迷子の迷子のガンビア・ベイ♪ ですw
ベイベイ泣く米軽空母のガンビア・ベイ…
ベイベイ泣く、湾湾泣く、わんわん泣く……うーんこの。

そういや、お出掛けモードですね。護衛棲水姫のちびぐるみだろうか、が付いてるw
この日は奥まった場所にいました…次は何処に行くんだろうw


ガンビーもまた、瑞雲は搭載できませんが、この前のイベントでの新規艦です…。


スタンプラリーを無事に終え、この後、後回しにしていた対馬チャレンジ(コーヒーカップの所)してきたのでした!
そして、5分くらい待って、チャレンジ成功。
これでパネル系はコンプリートでしょうかね…?


そして、折角なのでアトラクションスタンプラリーもやる事に。
最初にそっちを買ってなかった俺は、用紙を買いに行くのでした。


Zuiun_fes39_zuiun_crepe
コラボメニュー、「マリオンクレープ」の瑞雲クレープ。
生地が緑色です!
…作り置きみたいです。
クッキーが瑞雲プリントクッキーだったり、意味あり気に2本刺さってるシガーロール的なお菓子(フロートとか機銃とかを模してるんですかね…?)があったり。

貰ったシールは深海艦載機【黒】。
通称「たこ焼き」。
…可愛いなwww

実は、この後に食べたエビ抜きエビチャーハンでも同じものを引いてしまい、ダブったので友人の(海防艦【択捉】)と交換したのでした。


Zuiun_fes40_commandant_teste_hontai
友人の貰ってたシール。
「マリオンクレープ」で貰った、「Commandant Teste」の帽子とスカーフ。
帽子が本体なのでしょうか…。
フランス艦は総じてオサレよね。

Zuiun_fes41_tsushima_seal
こちらは友人が「Cafe Lan Lan」で貰った、海防艦「対馬」。


コラボメニューはアトラクションスタンプラリーを終えた後の「エビ抜きエビチャーハン」で終了。
「ばくだん焼本舗」のばくだん焼 深海艦載機【黒】と深海艦載機【白】は食べ忘れました。


さて、アトラクションスタンプラリーへ。

Zuiun_fes42_shimakaze_car
1つ目はゴーカート。
駆逐艦「島風」号。

路面にガイド用のレールがついていない、普通に運転するタイプだったので、少し楽しみでしたが…まぁ、アクセルベタ踏みで行けたよねw

ゴーカートにはツーシーターで距離の短い「ファミリーコース」と、シングルシーターで距離の長い「ハイウェイロングコース」があったんだけど、「ファミリーコース」のみが今回の対象。
まぁ、この辺は色々あるんだろうけれどね。
ツーシーターに大人2名乗っていたからか、走行中に隣のレーンを走ってたシングルシーターにぶち抜かれましたw
島風「おっそーい!!」

カートのフロント部には、艦娘がいるんだけど、「島風」の他、「Ташкент」、「文月改二」、軽空母「瑞鳳改二」、軽巡洋艦「矢矧」等がいました。
…能代と酒匂は何処にいるんだろうか。


続いて、ゴムボートでパイプ下る奴「ジャイアントスカイリバー」へ。
友人が絶叫系得意ではないようなので、こういうチョイス。

こちらも階段で乗り場まで登って行くのですが、踊り場にパネルがありました。

Zuiun_fes46_yamato_2
戦艦「大和」。
水着モード。
夏の大和と言えば、ラムネよねw

大和も瑞雲装備できるんだよなぁ…。
史実で、そういう計画あったから。


Zuiun_fes47_kazagumo_2
駆逐艦「風雲」。
水着モード。

この頃から、夕方になってきたからか、気温が下がってきました。
そして、よみずいランド周辺は曇ってきて西日も遮られ、雷雲の発生までアナウンスされる状況。
そして、強風(風雲だけに?)。
いやぁ、これ、寒いよw
これは薄着の人とか、半袖のあんちゃんとか、寒かっただろうなぁwww

因みに、当然風雲は瑞雲関係ないっす。


Zuiun_fes48_murasame_2
駆逐艦「村雨」。
水着モード。

こっちも瑞雲関係なし。
こう、水系アトラクションだからですかねw


Zuiun_fes51_littorio_2
戦艦「Littorio」。
水着モード。
パレオしてるっぽいから、ItaliaじゃなくてLittorioっぽいですね。
そして、色々見切れてるという…。

イタリア戦艦は瑞雲搭載可能ですね!!
そして水着モードもあるから、まさにこの場所向き!!(


Zuiun_fes49_bungee1_2Zuiun_fes52_bungee2
Zuiun_fes54_bungee3
バンジージャンプ方面。
榛名が見える。

バンジージャンプの飛び込み台とほぼ同じくらいの高さみたいです。

Zuiun_fes50_zuiun4_2
瑞雲も見える。

Zuiun_fes53_tokyo
東京都心部(?)も見える。


Zuiun_fes55_haguro_boat
ボート。
剥がれちゃってるけど、重巡洋艦「羽黒」がおります。
涙目…中破グラフィックか?
他のボートには4枚貼られているので、妙高型が揃ってたのでしょうか。

他には…
・第六駆逐隊「暁」、「響」、「雷」、「電」
・「Commandant Teste」、水上機母艦「瑞穂」、「Gambier Bay」(と戦艦「Richelieu」?)組(絵師繋がりか?)
・「風雲」と…多分「巻雲」とかの第十戦隊
・駆逐艦「白露」と「時雨」(剥がれたのかな…いたとしたら、「夕立」や「村雨」か、「春雨」、「五月雨」の第二十七駆逐隊か)
・駆逐艦「長波」(確か)、「藤波」、「浜波」、「沖波」
・駆逐艦「野分」(未確認)、だとしたら多分、「嵐」、「萩風」、「舞風」の第四駆逐隊
・駆逐艦「浦風」、「磯風」、「浜風」、「谷風」の第十七駆逐隊
・駆逐艦「朧」、「曙」、「漣」、「潮」の第七駆逐隊
・海防艦「択捉」、「松輪」、「佐渡」、「対馬」
・正規空母「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」の第一航空戦隊+第二航空戦隊
辺りがあったかな。


所々にあるバンプでボートが跳ねるのだが、上流側に座った友人がバンプの度にぴょんぴょこ跳ねて、「腰が痛い」って言うものだから、大爆笑してました((
表情が…w


これにて、アトラクションのスタンプラリーも終了!!


Zuiun_fes58_zuiun5Zuiun_fes59_zuiun6
Zuiun_fes60_zuiun7Zuiun_fes61_zuiun8
Zuiun_fes62_zuiun9Zuiun_fes63_zuiun10
最後に、再び瑞雲。

Zuiun_fes64_hyuga4

Zuiun_fes65_hyuga5
再び日向。

Zuiun_fes66_hyuga6
背景に立ち乗り版のMOMOnGAが坂を上って行く風景が…これはシュールw


Zuiun_fes67_zuiun_hyuga1Zuiun_fes68_zuiun_hyuga2
日向から飛び立った瑞雲みたいな構図。

Zuiun_fes69
そして、撤収!!


そういえば、駅からのアクセスはゴンドラかバスだったんだけど、行きも帰りもゴンドラにしました。
そして、ここにも艦これとのコラボが。

Zuiun_fes70_gondola_zuiun
床に瑞雲。

Zuiun_fes71_2kousen
Zuiun_fes76_souryuZuiun_fes77_hiryu
天井に正規空母「飛龍」、「蒼龍」の二航戦。
後ろには「赤城」、「加賀」の一航戦。

行きは撮ってなかったけど、戦艦「大和」、「武蔵」、「長門」、「陸奥」がいました。


Zuiun_fes72_yomizui_land1Zuiun_fes73_yomizui_land2
Zuiun_fes74_yomizui_land3
ライトアップされていて、綺麗。

Zuiun_fes75_fujisan
影富士。


Zuiun_fes78_miyage
さて、友人のお土産。
実家の山形土産+神奈川の御当地エナジードリンク!


Zuiun_fes79_yomizui_goods1
グッズ。
三隈クリアファイルはカレーを食べて貰いました。
クリアファイルは全部で3種あって、食べに行った時は重巡洋艦「足柄」とこの三隈の2択でした。
第17駆のお出掛けモード版もあったらしい。


Zuiun_fes80_yomizui_goods2
アトラクションスタンプラリーでゲットした、日向の妖精さん。
缶バッチは「ランダムです」って言われながら、瑞雲がやってきましたw

日向と瑞雲、当たりの組み合わせであるw


Zuiun_fes81_yomizui_map
よみずいランドのマップ。


ここからは、スタンプラリーのスタンプ。
Zuiun_fes83_ise_yuudachi_sigureZuiun_fes84_yura_sado_tsushima
Zuiun_fes85_mogami_commandant_testeZuiun_fes86_tasyukento_mikuma
Zuiun_fes87_saratoga_akitsushimaZuiun_fes88_akagi_kongou
Zuiun_fes89_haruna_shinkai_goei_seiZuiun_fes90_warspite_hyuga
Zuiun_fes91_gambier_bay_stamp
「由良」、「佐渡」、「対馬」、「Commandant Teste」、「秋津洲」、「金剛」、「榛名」、「Warspite」、「Gambier Bay」辺りは結構良く押せたかなーと。
「日向」は…少し薄いけど、まぁまぁかな?








F1アゼルバイジャンGP決勝!!

風の町、バクー。
土曜の予選以上に強風吹くっぽい。


ライコネン、あぶねっ!
レコノサンスラップで既にクラッシュしそうになった!

グリッドで記念撮影するクビサ。


アゼルバイジャン国歌!!
トロフィがアゼルバイジャン国旗カラーだ…イイネ!!
ピアノ演奏。
歌手の人のドレスが強風でやべぇwww
…あれ、口パクなんかwww


ピットウォールに座るフェラーリ代表のアリヴァベーネさん。
…その顔何やwww


クリスティーナ・アギレラ。
アメリカのシンガーソングライターで、土曜の予選後にコンサートやったらしい。
アメリカとか、去年のアゼルバイジャンとかそうだけど、結構グランプリ週末中にコンサート開いたりとかしてるんだよね。
去年のアゼルバイジャンはハミルトンの元恋人のニコール・シャージンガーが来てたし。


さぁ、シグナルが…ブラックアウト!!
1コーナーは大丈夫だったけど、2コーナーで早速の接触!
ライコネンがオコンかな、追突してます!
その後ろではシロトキンがオコンだろうか…フォースインディアに追突してパーツが飛んでる!
ザウバーとハースも当たってるっぽいな…。
20周目にエリクソンとマグヌッセンに審議が入って、エリクソンに10秒ペナルティ入ってるから、この2台だろうか。
あーっと、3コーナーでライコネンとオコンが2度目の接触だ!!
ライコネンにド突かれて、オコンが壁にクラッシュ!
ライコネンはフロントウイングを破損しました…これはピットインだな。。
うーん、2台は並んでたから、オコンがターンインする時にイン側を閉めなけれぱ当たらなかったかな…?
すぐに切り返しの4コーナーがあるから、そっちでアドバンテージ取れそうだし。
そして、シロトキンもサスペンション壊してストップしています!
どうやら、アロンソとヒュルケンベルグに挟まれて接触したらしい。
ヒュルケンベルグは大丈夫そうだけど、アロンソは右フロントがパンク!

セーフティカー!

アロンソがピットイン!
…って、右リアもパンクしてんじゃん!
これはかなりのダメージだ…。
ピットの入口で右側の壁にマシンを擦り付けながら入ってきていましたが、これは右側が全滅してるから、右に寄ろうとしてしまっている為ですね。
左に曲がれるのかな…と思ってたけど、無事、ピットボックスへ。
そして、フロントウイングとタイヤを交換して復帰。
かなりマシンの底部…フロアを路面に引きずってたけど、ダメージはどれくらいなんだろうか。

リプレイ見ると、アロンソがシロトキンに当てられて、挙動を乱したアロンソのフロントウイングがヒュルケンベルグの左リアタイヤに当たってるんだけど。
ヒュルケンベルグ、無線でピー。
今の所、問題ないみたいだけど。

アロンソ、無線でピー!
接触した相手…シロトキンをメタメタに言ってるwww
まぁ、彼はアロンソとヒュルケンベルグに挟まれてるから、絶対的に悪い訳じゃないけどね。

セーフティカーを駆るのは、F1ではお馴染み、ベルント・マイランダーさん。
マイランダータイム。


6周目、リスタート!
各車が近いwww
そして、レッドブルの2台がやりあっていてこえぇwww
おっと、サインツJr.がリチャルドとフェルスタッペンの間に割って入った!
リチャルドの後ろにはガスリーいるし、レッドブル系ドライバーだらけだな!
因みに、ガスリーはスタートから10つポジションを上げてます!
…まぁ、この後、ストレートスピード不足で後退して行くんだけどね。。

フェルスタッペン対サインツJr.!
ウルトラソフトのサインツJr.が仕掛けるが、フェルスタッペンが防御しています!
良いねぇ、面白いよ!
次の周でサインツJr.がフェルスタッペンを、ヒュルケンベルグがリチャルドをかわしていくの、凄い楽しい!
ヒュルケンベルグはフェルスタッペンもかわしてレッドブル2台の前に出た!
現状中段チームであるルノーが、トップチームのレッドブルをかわしてるの!

7周目、フェラーリガレージのミントゥさん。
ライコネン夫人。


11周目、ヒュルケンベルグがスローダウン!
えっ…マジか…。
リアが滑って壁にヒット、ダメージを受けた模様です…ピットまで戻れず、ストップしてリタイア。
うわー、勿体ねー!!


13周目、再びレッドブル勢がやりあってます!
リチャルド対フェルスタッペンの1コーナー立ち上がり。
フェルスタッペンが少しアウト側に膨らんだから、リチャルドのスペースがなくてフロントタイヤ同士が当たってる…!
何か、MGU-Kの問題だったかな、2台共ペース上がらないみたいです。

そういや、いつの間にかガスリーが最下位になってるな…。


24周目、ペレスに5秒ペナルティ!
セーフティカー明けに、セーフティカーラインを通過する前にオーバーテイクしたからのようだ。

フェルスタッペン、無線でピー。
ハミルトンを抜けなくてイライラしてるみたい。
まぁ、ペース上がらないみたいですし?


27周目、ルクレールがアロンソをかわして10番手に!
ポイント圏内に上がってきた…そのままポジションキープできるか?
アロンソはやっぱりオープニングラップでのダメージがあるのだろうか。
マクラーレンがザウバーにかわされるとは。

そして、まだまだやり合うレッドブル勢!
マックス・アグレッシブ・フェルスタッペンwww
フェルスタッペン、インを閉めてる譲らない!!
危ない危ない危ない!!
接触はしてないか…おー、怖い怖い。


29周目、キャーコマツサーン!!


30周目、ライコネンさんが無線でおこ。
ライコネン「タイヤ冷えてんだけど、何とかなんないの?」
エンジニア「おkキミ」
ライコネン「だから、どうすれば良いか教えてくれよ!」


35周目、リチャルドが遂にフェルスタッペンをかわして4番手に!
1コーナーへの飛び込みでタイヤスモークを上げつつも、ポジションキープ!
そしてリチャルドはこの後ピットイン。38周目だったかな?
しかし、39周目にフェルスタッペンがピットインすると、リチャルドの前、4番手でコースに復帰。
リチャルドは無線で「またやらなきゃね。」。
そして、リチャルドは40周目のホームストレートでフェルスタッペンに再度仕掛けて行った!!
アウト側に振った!フェルスタッペンがすかさずアウト側をブロック!
リチャルド、今度はイン側を狙う!
フェルスタッペンが走行ライン戻した…!!
リチャルドのフロントタイヤ両輪から激しいスモーク…あー追突!!
両者、そのまま1コーナーのエスケープゾーンで停止!!
リチャルドはフロントウイング完全になくしていてレース続行不可能、フェルスタッペンはマシンに目立ったダメージはなさそうだが、動けない!

ピットウォールからガレージに引っ込むニューウェイさん…これは、完全におこだよ!
そして、ピットウォールで小さく頭を振るホーナーさん。
49周目にレース後審議になり、結局両ドライバーに責任があるとして、戒告処分。
…これは、自分のチームの事だから、何とかしろって事ですかね??

セーフティカー!
ホームストレートでのクラッシュだったからか、清掃完了するまで、ピットロードを通行する事になります。
そして、トップ含めてピットインのタイミングだ。
ペレスやエリクソンはここでペナルティ消化できるかな。

…って、あー?!
グロージャンがクラッシュしてる?!
これは…セクター2、旧市街区間の…15コーナーの前ですかね。
グロージャン、無線で「No!!No!!」とだけ。
タイヤ暖めてたら、突然リアの挙動乱して壁に刺さった…といった所か?
グロージャンの無線、ピー!!
…え?
エリクソンに当てられた?
確かにエリクソンはグロージャンの後ろ走ってたけど、リプレイ見ても、当たるような距離の所にはいなかったぞ…?
誤認かな?
無実の罪で国際映像に晒されるエリクソン、完全にとばっちり。
マシン運搬用トラックと作業中である事を示すメディカルカーが出てきて、事後処理。
世界遺産のエリアだから、クレーン車とか配備できなくて、こういう処理に。
これはマシン撤去に時間かかりそうだから…セーフティカーも長引くなぁ。

激おこのグロージャン、ガレージでグローブを壁に叩き付ける。
すぐ横にいたスタッフが思わず避けてる…。


47周目、再びのリスタート!!
おっ、現在トップのボッタスが良いリスタートだ!!
後ろにはハミルトン、ベッテル、ライコネンと続きます。
ベッテルがハミルトンに仕掛けて行く!
でも、並んだ瞬間、スピードが上がらなくてハミルトンを抜けない!!
その後方からはライコネンが接近、前を伺っています!
ベッテル、1コーナーでヘビーブレーキ!!
…あー、失敗したー!!
盛大なタイヤスモークを上げて、膨らんでしまった!!
これで順位はボッタス、ハミルトン、ライコネン、ベッテルの順に!
更に、ベッテルはタイヤにフラットスポットが出来てペース上がらないみたいだ。
後続のペレスを抑えきれず、5番手に後退!
気付いたら、ライコネンが3番手、ペレスが4番手にまで上がってきている。
序盤で接触とかあったのに。
そして、マグヌッセンがポイント圏内となる10番手走行中。
ここ最近調子良かっただけに、ちょっと後方かな?という気もするし、序盤に接触あったけど、この位置か…という気もする。

49周目…えっ、ボッタスがホームストレートエンドでスローダウン?!
あっ、右リアがパンクしてる!!
ホームストレートにあったデブリを踏んでタイヤが切れたらしい…マジかよ。。
無線は勿論ピー音入り。
そして、ガレージのトトは叫びながら両手で頭を抱える!!
次の瞬間、フッと冷静になって画面を見つめるの面白いwww
2コーナー立ち上がってピットまで戻ろうとしてるけど、これはちょっと…戻れませんね。。
これでトップ3はハミルトン、ライコネン、ペレスに。
ボッタスは無念のリタイアです…。

そして、後方ではサインツJr.がルクレールをかわして5番手に。
ルクレールは1つポジションを落としたものの、依然としてポイント圏内です!
更に、10番手争いにも変化が!
国際映像にはED含めて全く映らなかったけど。
マグヌッセンとガスリーのポイントを賭けたバトルが勃発!
ガスリーがマグヌッセンの左側から仕掛けた!
しかし、マグヌッセンが左に寄って行って、それを避けようとしたガスリーが左側…壁スレスレに。
結局、ガスリーはマグヌッセンとタイヤ同士かな、接触してました。
これにより、マグヌッセンには10秒加算ペナルティ。
ガスリーもマグヌッセンもこの後後退したようですがね。
代わって10番手に上がったのは、ハートレーでした!


51周目、ファイナルラップ!!
フラットスポットが落ち着いたのか、ベッテルがプッシュしてる!
ペレスはポジションキープできるか?!
まずはホームストレートを何とか凌ぎ、2コーナーと3コーナーの間のストレートもクリア…。
勝負は最後のホームストレートです!

ハミルトン、今季初優勝!!
メルセデスとしても今季初の優勝だけれども、トトは嬉しさ半分といった所か。
ボッタスが不運だったからね…。

2位にはライコネン!
調子は良さそうなんだけど、中々勝てない…。
尚、ハミルトンとライコネンはアゼルバイジャンの表彰台に登るのは初です!

ペレスが逃げ切って3位を獲得し、初年度となる一昨年に続き、再びアゼルバイジャンの表彰台に登壇!
今回で表彰台は8回目。これはペドロ・ロドリゲスの持っていたメキシコ人の最多表彰台登壇記録を更新するものでした。
そして、アゼルバイジャンでの最多表彰台記録も樹立!
大喜びのフォースインディアクルー!!

ルクレールがF1初入賞!!
モナコ人の入賞は1950年のモナコGPでのルイ・シロン以来だとか。
ルクレール無線。
ピー!
後ろで誰か叫んでるの聞こえるwww

去年、3位表彰台を獲得したストロールは今季初入賞を果たしました!
ウィリアムズは今季初のポイントを獲得!

ハートレーもF1初入賞!!
ニュージーランド人の入賞は1976年のクリス・エイモン以来だとか。

アロンソは7戦連続入賞!
ヴァンドールンも入賞しているので、マクラーレンはダブル入賞!!
今季3回目ですな。

…あれ、表彰台インタビューじゃないのね。
ピットインタビューだ。
インタビュワーはペヤング先生。

ライコネン、奥さんのミントゥさんとイチャイチャしてたwww


ドライバー・オブ・ザ・デイはルクレール!

表彰台!
そして、いつもの!
イギリス国歌からドイツ国歌だ!

シャンパンファイト!
まず飲まないライコネンwww
これはレアだな!!
あっ、ライコネン、シャンパンが鼻に入ったっぽいwww


カート移動。
ライコネンが笑った瞬間、カラーバーが一瞬だけ出る謎の現象。

ザウバーはお祝いにガンガンテキーラが出るwww
ロシア絡みwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はキミ・ライコネン/フェラーリ
3位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はカルロス・サインツJr./ルノー
6位はシャルル・ルクレール/ザウバー
7位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8位はランス・ストロール/ウィリアムズ
9位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
10位はブレンドン・ハートレー/トロロッソ

11位はマーカス・エリクソン/ザウバー
12位はピエール・ガスリー/トロロッソ
13位はケビン・マグヌッセン/ハース
14位完走扱いはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG

リタイアは…
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ダニエル・リチャルド/レッドブル
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
エステバン・オコン/フォースインディア
セルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(70Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(66Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(48Pt)
4位:ボッタス/メルセデスAMG(40Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(37Pt)
6位:アロンソ/マクラーレン(28Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/ルノー(22Pt)
8位:フェルスタッペン/レッドブル(18Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(15Pt)
10位:サインツJr./ルノー(13Pt)
11位:ガスリー/トロロッソ(12Pt)
12位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
13位:ルクレール/ザウバー(8Pt)
14位:ヴァンドールン/マクラーレン(8Pt)
15位:ストロール/ウィリアムズ(4Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(2Pt)
17位:オコン/フォースインディア(1Pt)
18位:ハートレー/トロロッソ(1Pt)
19位:グロージャン/ハース(0Pt)
20位:シロトキン/ウィリアムズ(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:フェラーリ(114Pt)
2位:メルセデスAMG(110Pt)
3位:レッドブル(55Pt)
4位:マクラーレン(36Pt)
5位:ルノー(35Pt)
6位:フォースインディア(16Pt)
7位:トロロッソ(13Pt)
8位:ハース(11Pt)
9位:ザウバー(10Pt)
10位:ウィリアムズ(4Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "新興の"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

合流

いやぁ、黄金週間ですね!!
あっという間に…そして、長期休暇前はマジでバタバタ。。






某小説。
・突然のオフ的な描写
・将来の事考えてるわ、メイドさん
・本当に大切な事
・このフォルダはロックされています
・思い出発掘隊
・ちゃん付けだ…
・契約書デタラメwww
・殺すと羽化させる
・これは終焉の神の力ですわぁ
・記憶改竄かな?
・懐柔
・風に吹き飛ばされそうになる物語の魔女
・このいちゃつきである…
・ちらっと精神的な成長も見えつつ
・昔話
・生家跡
・記憶の共有
・魔女を生み出さない為…星神由来の魔女を生まない為、か
・ただでさえ厄介な魔女だから、それに神性EXついてたら無理やな
・ドラ何とかより親切なような…
・名前が一緒だと、自分の事言われてないのにドキッとするよね
・炎の力を持つ神を洗濯するのだから、そりゃあ不機嫌になるわwww
・楽しかったのかwww
・原因は洗濯+高所干しか…
・遠い目…
・嫉妬かな?
・意外とマメ
・一区切りついた所で次の展開だ!
・スナイパーメイドさん
・おい、ヘタレ邪魔だ!www
・それで終わりかwww
・終焉の神カッコいいなwww
・吹雪の檻
・消えた物語の魔女の僕と終焉の神







F1アゼルバイジャンGP予選!!

今まで「F1ファンの皆さん」だったのが、「モータースポーツファンの皆さん」になった。
…ような気がする。


ヒュルケンベルグはギアボックス交換により、5グリッド降格ペナルティ。
これまで、中段勢のトップを争っていた主なプレイヤーだっただけに、ちょっと苦しくなるか?

そのヒュルケンベルグのステアリングモニターにサーキットレイアウトが映ってるw


Q1
Q2でもQ3でもそうだったけど、開始直後から多くのマシンがコースに出ていっています。
これは過去2年より開催日が早いので、気温が低いのもある。後、コース全長が長いから時間を最大限に使いたいというのもあるだろう。
滑りやすい市街地サーキットなので、黄旗や赤旗等が出やすいとか、トラフィック…渋滞が起きやすいレイアウトだからというのも理由だね。

それにしても、木葉かな…?
何やら、細かいのが風でめっちゃ舞ってる。
これはタイヤに付着して滑りやすそうだなぁ…。。


そして、開始早々、いきなりの黄旗。
これがバクー市街地サーキットだ。
あー、グロージャンがオーバーランしてましたね。
バック中。
キャーコマツサーン!!

…抜けたと思ってたんだけど、ランオフエリアでグロージャンがストップしてる。
ギアボックスがニュートラルに入ったままギアチェンジできなくなったっぽい。
これで黄旗が提示されています。

そして、15コーナーも。
ここは良く壁との接触が多い、ただでさえ難しいコーナーだけれど、今回は追い風でオーバーランしやすくなっています。
近くに建っている建物のビル風で更に酷くなってるらしいけど。
ここではペレスがオーバーランしていました。
幸い、道路をそのままランオフエリアにしている所が多いので、道幅が広めでスピンしながらのターンがしやすいのである。
そういうのもあって、黄旗は多いけど、すぐに解除されやすいという特性が。

残り2分半、ガスリーが15コーナーでオーバーランしてストップ中。
そして、ハートレーがスロー走行している…どうやら、パンクかフロントウイングの異常のようだ。
ホームストレートでマグヌッセンがルクレールにヒットしてフロントウイング翼端板等のパーツ飛ばしていたので、ハートレーはアレを踏んだのかもしれない。
さて、リプレイは…あー、ガスリーがアタック中に、スロー走行していたハートレーに突っ込みそうになって、慌てて避けたのか!
イン側を走っていたハートレーも後ろから来るガスリーに気付いて、アウト側に避けようとしていたけど、その時には既にガスリーはアウト側に避けていたから、接触しそうに…320kmでのニアミスだな!
怖い!!
避けたガスリーはそのまま縁石を跨いで走行する事になり、かなり不安定な状況のまま減速、15コーナーのエスケープゾーンで停止。
いやぁ、縁石跨いでた時、少しコントロール狂ったらハートレーと接触してたか、壁にクラッシュかだったな…!
ガスリー、勿論無線でピーが出る。

中国の時の同士討ちもそうだったけど、トロロッソはドライバーと担当エンジニア間の情報のやり取りがザルっつーか…うん、ちょっとこれチームでちゃんと話し合った方が良いな。
今回は壁でコーナーの先が見え難い所でのニアミスだったから、ハートレーもガスリーも状況分からなくて突然って感じでビビったと思うんだけど、これ、エンジニアからドライバーに的確な情報提供と指示出してたら避けられたよね…?

去年、ここで3位表彰台を獲得したストロール、最後にタイムを更新してノックアウトゾーンから15番手に!
ギリギリQ1通過です!
トロロッソがダブルノックアウト。
ガスリー、無線でピー。更にピー。
ハートレーとの件が影響したっぽいしなぁ。

ヴァンドールンがここでノックアウト。
アロンソに匹敵出来ていませんね…。

シロトキン、ピットまで戻ってきて、停車…と思ったら、何故か吹かしたかな…一瞬マシンがスナップ。
周りのエンジニアが一斉に避けていました…。


Q2
ボッタスのオンボードカメラ。
ハローの形に合わせたグラフィックだ!
速度、選択ギア、ブレーキ、アクセルの情報が表示されています。
中々スタイリッシュだけど、ハローにスポンサー入れてるチームはスポンサーが見えにくくなるから、迷惑だろうな…w
コースで最も狭い城壁の所、ギアは2速だけど、100kmオーバーで抜けてるんだよなぁ。
15コーナーとかの直角コーナーの方が90km前後くらいだから通過速度は低い。

残り8分。
ライコネンが3コーナーでストップしてる!
成程、タイヤロックさせたのか…取り敢えず、ピットには戻れるようだ。
あっ、計量?
これは時間ない中嫌だなぁ。
結果的には時間内にアタック出来たけど、ウルトラソフトでタイム出したから、決勝はウルトラソフトスタート。
すぐにタイヤが劣化する事を考えると、スーパーソフトで走りたかったとは思うけれど…。
まぁ、唯一の新品セットを使い潰してしまったしな。

シロトキンが何気に8番手。
リアが凄いずるずるしてるけどね…。
チームメイトのストロールも似たような感じだけど、7番手に順位を上げた。
割と中段で戦えているらしい、ウィリアムズ。

マクラーレンの育成ドライバー、ランド・ノリス。
そろそろF1の話出てくるかな?

リチャルドが10番手以内に入っていない…。
ギリギリ10番手に飛び込んできた!!
フォースインディアとルノーが2台揃ってQ3進出。
ウィリアムズは惜しくも2台揃ってノックアウトだ。
…まぁ、11、12番手だし、ヒュルケンベルグのペナルティの恩恵受けそうだけど。
因みに、シロトキンは予選最高位を記録。ルクレールもな。

ルノーの育成ドライバー、アルテム・マルケロフ。

話題になってる、ベッテルのステアリングについてる追加のパドルがグラフィックで強調されてる。


Q3
ファーストアタックはベッテルがトップタイム。
金曜日苦戦していた事を考えると、見事な修正力です。

イギリスのミュージシャン、ジェイケイが映る。

残り4分切って、ラストアタック!
フェラーリとレッドブルは残り2分半でコースイン。

まずは過去2年でポールを獲得しているメルセデス…ボッタス、届かない!
2番手!
ハミルトンは…2番手だ!

さぁ、ライコネンがセクター1、セクター2全体ベストで飛ばしている!!
うおっ…城壁んとこ、西陽が眩しい!
これはライコネンのポールが見られるか…?!

あー!!
最終コーナーでリアが盛大にスライドした!!
タイム更新ならず、6番手!!
これは…勿体無い!!

因みに、ベッテルはタイヤをロックさせてアタックやめました。
これでベッテルが3戦連続となるポールポジション獲得!


グリッドインタビュー。
ベッテルは一旦ピットに戻ったから、まだグリッドに到着してないw
ハミルトンもまだ準備できてないよwww

ベッテル到着。
…ん、下唇どうしたの?
「ターン3のとこでちょっとサプライズがあって。」

ボッタス、3番手だったけど、感触は良さそうか?
表情もまだ明るい感じ。

ベッテル、相変わらず話長いな…www


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
10番手からはカルロス・サインツJr./ルノー

11番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
12番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
20番手からはロマン・グロージャン/ハース


ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティを受けているヒュルケンベルグが後退します。
グロージャンもギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ…らしい。
最後尾だから、問題無いけど。


スターティンググリッド。
ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

11番手からはセルゲイ・シロトキン/ウィリアムズ
12番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13番手からはシャルル・ルクレール/ザウバー
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
20番手からはロマン・グロージャン/ハース







お船。
5周年を迎え、記念任務(クエスト)が実装されていたので、ちまちまとやってました。

記念任務最後の内容は指定された通常海域の攻略。
3つの条件のうちの1つ攻略すればOKというやつ。

1つ目は2面を全て(2-1、2-2、2-3、2-4、2-5)突破。
2つ目は5面の2海域(5-3、5-5)を突破。
3つ目は6面の6-5を突破。

編成の指定は軽巡級(軽巡、雷巡、練巡)1隻、駆逐艦か海防艦が2隻入っていれば良い。
6-5はまだ未解放、5面と2面は面倒くさそうだったけど、その中でも一番楽そうな2面でチャレンジ。

2面は全面的にルートの固定ができず、ボスに行く確率が結構低いんで、面倒くさいかなぁと思っていたんですが、思っていた程は悪くなかったですね。
良くボスまで到達できない2-3とか2-4も割と少ない回数でボスに行けたし。

18_5_1_5th_2_5_118_5_1_5th_2_5_2
2面、2-5突破。


と言う事で…

18_5_1_samuel_b_roberts
駆逐艦 Samuel B.Roberts、合流!!

John C.Butler(ジョン・C・バトラー)級駆逐艦、サミュエル・B・ロバーツ!!
アメリカ海軍第7艦隊第77任務部隊第4群第3集団、通称「タフィ3」に所属していた、駆逐艦(護衛駆逐艦)です。
タフィ3は冬イベで合流した「Gambier Bay」も所属する部隊。
航空母艦(任務内容から護衛空母とも)、駆逐艦(通常の駆逐艦の他、護衛駆逐艦も)で構成されており、主な任務は輸送船団の護衛や対潜哨戒等の後方支援活動。
その為、爆弾や魚雷等はストックをあんまり持っておらず、軽装なのだそうだ。

そんなタフィ3は捷一号作戦の際にフィリピン・サマール島の沖合で、帝国海軍の主力中の主力…第一遊撃部隊「栗田艦隊」と交戦しました。
サマール沖海戦である。
「Gambier Bay」はこの海戦で撃沈されていますが、この「Samuel B.Roberts」も撃沈されました。
しかし、その戦いぶりは武勲艦とも呼べる内容だったようです。
重巡「鳥海」との至近距離での砲戦、続いて重巡「筑摩」との砲戦。
戦艦「金剛」の砲撃で大打撃を被ると、巡洋艦隊からの砲弾が降り注ぐ中、乗員の退艦が済むまで持ち堪えて、最期は軽巡「矢矧」率いる水雷戦隊・第十戦隊の近距離砲撃により沈没。
砲弾・魚雷共にストックを殆ど持ち合わせておらず、艦自体も「ブリキ艦」なんて言われる程貧弱ながら、精強な「栗田艦隊」に果敢に立ち向かい、貴重な時間を稼ぎ出すという大仕事をやってのけた。
とても恰好良い艦ですね…!

因みに、艦名はソロモンの戦いで揚陸艇を駆って囮として活躍した、アメリカ海軍のサミュエル・ブッカー・ロバーツJr.准尉に因むそうです。
アメリカの駆逐艦は海軍士官の名前が命名基準になっていたので、人名が多いのです。







ネギタレ艦隊2018年4月末版です。
前回は18年3月末でしたね…。

正規空母
加賀改(かが) Lv.87
赤城改(あかぎ) Lv.86
飛龍改二(ひりゅう) Lv.85
蒼龍改二(そうりゅう) Lv.85
瑞鶴改(ずいかく) Lv.83
雲龍改(うんりゅう) Lv.81
天城改(あまぎ) Lv.80→Lv.81
葛城改(かつらぎ) Lv.80→Lv.81
Aquila改(アクィラ) Lv.81
Intrepid→Intrepid改(イントレピッド) Lv.49→Lv.81
翔鶴改(しょうかく) Lv.80
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.80
Ark Royal改(アークロイヤル) Lv.80

装甲空母
Saratoga Mk.II Mod.2(サラトガ) Lv.86

軽空母
大鷹改二(たいよう) Lv.94
大鷹改(たいよう) Lv.80→Lv.86
瑞鳳改二(ずいほう) Lv.84→Lv.85
千歳航改二(ちとせ) Lv.83
千代田航改二(ちよだ) Lv.83
龍驤改二(りゅうじょう) Lv.82
祥鳳改(しょうほう) Lv.82
隼鷹改二(じゅんよう) Lv.81
飛鷹改(ひよう) Lv.81
鳳翔改(ほうしょう) Lv.81
龍鳳改(りゅうほう) Lv.80
Gambier Bay→Gambier Bay改(ガンビア・ベイ) Lv.37→Lv.68
瑞鳳→瑞鳳改 Lv.1→Lv.29
春日丸(かすがまる) Lv.9

水上機母艦
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.81
千歳甲(ちとせ) Lv.80
千代田甲(ちよだ) Lv.80
秋津洲改(あきつしま) Lv.80
瑞穂改(みずほ) Lv.80

航空戦艦
伊勢改(いせ) Lv.84
日向改(ひゅうが) Lv.84
扶桑改二(ふそう) Lv.82
山城改二(やましろ) Lv.82

戦艦
金剛改二(こんごう) Lv.89
榛名改二(はるな) Lv.85
Italia(イタリア) Lv.85
比叡改二(ひえい) Lv.84
Гангут два (ガングート) Lv.84
霧島改二(きりしま) Lv.83
Iowa改(アイオワ) Lv.83
武蔵改(むさし) Lv.82
陸奥改(むつ) Lv.82
Warspite改(ウォースパイト) Lv.82
大和改(やまと) Lv.81
長門改(ながと) Lv.81
Roma改(ローマ) Lv.81
Richelieu改(リシュリュー) Lv.80

航空巡洋艦
最上改(もがみ) Lv.84
三隈改(みくま) Lv.84
筑摩改二(ちくま) Lv.83→Lv.84
鈴谷改→鈴谷改二(すずや) Lv.84
熊野改→熊野改二(くまの) Lv.83→Lv.84
利根改二(とね) Lv.83

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.89
Pola改(ポーラ) Lv.89
摩耶改二(まや) Lv.88
那智改二(なち) Lv.86→Lv.87
鳥海改二(ちょうかい) Lv.85
足柄改二(あしがら) Lv.84
羽黒改二(はぐろ) Lv.81→Lv.82
妙高改二(みょうこう) Lv.81
衣笠改二(きぬがさ) Lv.80
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.80
古鷹改二(ふるたか) Lv.80
加古改二(かこ) Lv.80
青葉改(あおば) Lv.80
高雄改(たかお) Lv.70
愛宕改(あたご) Lv.63
鈴谷(すずや) Lv.1
熊野(くまの) Lv.1

重雷装巡洋艦
北上改二(きたかみ) Lv.89
大井改二(おおい) Lv.86
木曾改二(きそ) Lv.86

軽巡洋艦
五十鈴改二(いすず) Lv.89
阿武隈改二(あぶくま) Lv.86
天龍改(てんりゅう) Lv.85
大淀改(おおよど) Lv.85
鬼怒改二(きぬ) Lv.84
由良改二(ゆら) Lv.83
夕張改(ゆうばり) Lv.83
龍田改二(たつた) Lv.81→Lv.82
川内改二(せんだい) Lv.81
多摩改二(たま) Lv.81
球磨改(くま) Lv.80→Lv.81
矢矧改(やはぎ) Lv.81
神通改二(じんつう) Lv.80
那珂改二(なか) Lv.80
長良改(ながら) Lv.80
名取改(なとり) Lv.80
阿賀野改(あがの) Lv.80
能代改(のしろ) Lv.80

練習巡洋艦
香取改(かとり) Lv.99
鹿島改(かしま) Lv.99

駆逐艦
電改(いなづま) Lv.88→Lv.89
秋月改(あきづき) Lv.89
睦月改二(むつき) Lv.87→Lv.88
Верный(ヴェールヌイ) Lv.87
如月改二(きさらぎ) Lv.86→Lv.87
雷改(いかづち) Lv.86
初月改(はつづき) Lv.85
初春改二(はつはる) Lv.83
雪風改(ゆきかぜ) Lv.83
Jervis改(ジャーヴィス) Lv.49→Lv.83
吹雪改二(ふぶき) Lv.82
江風改二(かわかぜ) Lv.82
文月改二(ふみづき) Lv.81→Lv.82
望月改(もちづき) Lv.81→Lv.82
弥生改(やよい) Lv.81→Lv.82
時雨改二(しぐれ) Lv.81
潮改二(うしお) Lv.81
叢雲改二(むらくも) Lv.81
長波改二(ながなみ) Lv.81
島風改(しまかぜ) Lv.81
五月雨改(さみだれ) Lv.81
長月改(ながつき) Lv.80→Lv.81
菊月改(きくづき) Lv.80→Lv.81
山雲改(やまぐも) Lv.81
夕立改二(ゆうだち) Lv.80
綾波改二(あやなみ) Lv.80
暁改二(あかつき) Lv.80
朝潮改二(あさしお) Lv.80
荒潮改二(あらしお) Lv.80
村雨改二(むらさめ) Lv.80
涼月改(すずつき) Lv.80
白露改(しらつゆ) Lv.80
涼風改(すずかぜ) Lv.80
秋雲改(あきぐも) Lv.80
天津風改(あまつかぜ) Lv.80
春雨改(はるさめ) Lv.80
Libeccio改(リベッチオ) Lv.80
風雲改(かざぐも) Lv.80
海風改(うみかぜ) Lv.80
萩風改(はぎかぜ) Lv.80
山風改(やまかぜ) Lv.80
皐月改二(さつき) Lv.78→Lv.79
三日月改(みかづき) Lv.77→Lv.79
Ташкент→Ташкент改(タシュケント) Lv.39→Lv.72
卯月改(うづき) Lv.70→Lv.71
朝雲改(あさぐも) Lv.71
水無月改(みなづき) Lv.66→Lv.68
神風改(かみかぜ) Lv.62
沖波改(おきなみ) Lv.54
浦風改(うらかぜ) Lv.52
磯風改(いそかぜ) Lv.52
時津風改(ときつかぜ) Lv.51
清霜改(きよしも) Lv.51
松風改(まつかぜ) Lv.51
敷波改(しきなみ) Lv.50
陽炎改(かげろう) Lv.50
黒潮改(くろしお) Lv.50
子日改(ねのひ) Lv.50
若葉改(わかば) Lv.50
舞風改(まいかぜ) Lv.50
初風改(はつかぜ) Lv.50
夕雲改(ゆうぐも) Lv.50
巻雲改(まきぐも) Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
浜風改(はまかぜ) Lv.50
谷風改(たにかぜ) Lv.50
野分改(のわき) Lv.50
朝霜改(あさしも) Lv.50
嵐改(あらし) Lv.50
旗風改(はたかぜ) Lv.50
初雪改(はつゆき) Lv.49
霞改(かすみ) Lv.47
不知火改(しらぬい) Lv.41
曙改(あけぼの) Lv.40
初霜改(はつしも) Lv.40
満潮改(みちしお) Lv.40
朧改(おぼろ) Lv.38
漣改(さざなみ) Lv.38
浜波→浜波改(はまなみ) Lv.23→Lv.33
藤波→藤波改(ふじなみ) Lv.23→Lv.30
狭霧→狭霧改(さぎり) Lv.18→Lv.30
高波(たかなみ) Lv.11→Lv.19
白雪(しらゆき) Lv.1
深雪(みゆき) Lv.1
磯波(いそなみ) Lv.1
大潮(おおしお) Lv.1
霰(あられ) Lv.1
早霜(はやしも) Lv.1
Samuel B.Roberts(サミュエル・B・ロバーツ) Lv.1(NEW)

海防艦
択捉改(えとろふ) Lv.62
国後改(くなしり) Lv.55→Lv.58
松輪改(まつわ) Lv.47
対馬(つしま) Lv.35→Lv.42
佐渡→佐渡改(さど) Lv.35→Lv.41
日振(ひぶり) Lv.17→Lv.21
大東(だいとう) Lv.17→Lv.21

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.76
伊14改 Lv.76
伊401改 Lv.76

潜水艦
伊504<ルイージ・トレッリ> Lv.80
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.77

補給艦
神威改母(かもい) Lv.83
速吸改(はやすい) Lv.80
神威(かもい) Lv.28

その他
潜水母艦 大鯨(たいげい) Lv.80
工作艦 明石改(あかし) Lv.80
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.80

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »