« 復活の胎動 | トップページ | 侵略進攻 »

2018年3月 8日 (木)

強行軍

もう3月も2週目か…早いなぁ。。


一旦暖かくなったと思ったら、また寒くなりましたね…。
暖かかった時も、夜は冷えたし…。


そして、今年も喪中となりました。
来年も寒中見舞いでお願いします(だいぶ気が早い







お船の冬イベ。

5海域目。
ここからは全てが多段階作戦です。

まず、最初となる5海域目は2段作戦。
輸送作戦を行った後、撃滅戦を行う、「多号作戦改」。

モデルはレイテ島のオルモックに増援部隊輸送を行った、レイテ増援輸送作戦(オルモック輸送作戦)。
陸軍によるレイテ島地上戦を支援すべく、増援部隊を送り届けるというものでした。
全部で9回輸送を行ったようだ。

日本側では多号作戦と称しており、今回の海域はその作戦+αがある為、「多号作戦改」になったと思われる。

史実艦としては、
第1次に参加した重巡 青葉、軽巡 鬼怒
第2次以降に参加した駆逐艦 島風・長波・沖波・朝霜・霞・曙・潮・初春、海防艦 占守
第9次に参加した卯月

また、第5次に参加した陸軍潜航艇 まるゆも史実艦に含まれているらしい。
まるゆと占守は分からないけど、史実艦には火力上昇補正がついているとか。


まずは輸送作戦。
フィリピン中部のミンドロ島南端から南下し、パナイ島の西部を通過。
ミンダナオ島北部を東へ進み、同島に一時寄港。
その後、北上してボホール島とレイテ島の間を進み、レイテ島オルモック湾へ。
そこで輸送物資を降ろし、その後北上。パナイ島とマスバテ島の間のボスへと向かいます。


編成は史実艦である鬼怒、島風、長波、初春を軸として起用。
鬼怒には輸送用装備「大発動艇」を満載。機銃を持っているので、対空砲撃要員としても活躍。
島風と長波には輸送用装備のドラム缶を満載、初春は対空砲撃要員とした。
火力担当艦として、史実艦の足柄と那智にお願いした。
尚、装備を変更して、対空砲撃も可能にしておいた。

旗艦は水上機母艦のコマンダン・テストさん。
実装済みの水上機母艦の中で唯一、装備を4つ積めるうえに、能力も高いので起用。
誰かが大破した時に離脱させられる「遊撃部隊司令部」や輸送用装備の「大発動艇」、制空権争いができる水上戦闘機等の装備を積める。
色々と試行錯誤できるので、かなり重要なポジションの艦でした。

対陸上戦装備「特二式内火艇」があると、輸送量が大幅に増えるボーナスがついてるらしいけど、そんな装備持ってなかったので、スルーで。


史実の輸送が度々空襲による被害を被った為か、道中は激しい空襲戦が多い。
この空襲戦がかなり厄介なので、基地航空隊の戦闘機部隊を当てたり、コマンダン・テスト艦載の水上戦闘機や対空砲火要員で対応した。
軽巡や駆逐艦、魚雷艇といった小型水上艦艇も出現するが、こちらは回避陣形の警戒陣で強行突破。

道中はやはり空襲戦が厳しかった…大破撤退した事も。
でも、難易度が乙だった事もあってか、割と行けました。


18_winter_e5_yusou
輸送作戦、その最後の段。

ボスは軽巡棲姫。
軽巡 神通に似た艦です。神通が奮戦の末に沈んだコロンバンガラ島沖海戦をモチーフにした2015年秋イベが初登場。敵艦で唯一の探照灯を装備した艦。
随伴艦に軽空母がいるが、制空権を失ってもそこまでキツくはならないので、まぁやりやすかったかな?
軽空母自身がちょっとうざったいだけで、他に連続攻撃してくる艦とかもいなかったし。


18_winter_e5_yusou2
もう十分なのに、何故かやった夜戦。
(その結果、初春さんが更に怪我して資源消費が増えるという…)


18_winter_e5_yusou_clear
という訳で、輸送成功。


さて、ここからはボスを倒す事が目的の撃滅戦だ。
サマール島の北部から出撃して、ミンダナオ島の東部でボス艦隊を倒します。

…と、その前に、このボスと戦う為にはギミックを解除する必要がありました。
ホント、解除しないと前に進めないギミック増えたなぁ。

そのギミックは、基地航空隊の基地やってくる敵空襲部隊を迎え撃ち、制空権を「航空優勢」状態以上に持ち込むというもの。
輸送作戦中に1回達成すれば良いので、攻略しながら達成しました。
最初、基地航空隊2部隊のうち1部隊を防空に回したら「航空優勢」に足りず…。折角、空終戦1戦、戦闘機隊なしにしたのに…w
基地航空隊を2部隊回す事で取れました…。
その為に空襲戦2戦、戦闘機の援護なしという史実みたいな事態に…。
ボスまで行ったけど。


一番難しい難易度の甲作戦だと、それに加えて、空襲戦で「航空優勢」状態以上に持ち込む事も条件らしい。
これがまた大変そうですねぇ。
該当の空襲戦で、基地航空隊だけじゃなく、艦隊の航空戦力も増やさないと取れないらしいので。


18_winter_e5_hamanami
ボス倒したら、夕雲型駆逐艦13番艦浜波が来た!
今回の新規実装艦。
ドロップでしか出会えません。

浜波も多号作戦関係者で、島風や長波達と一緒に撃沈されている艦です。


18_winter_e5
撃滅戦、成功…!


ボスは重巡棲姫。
ダメージボイスがやたらうっさい人です…。
ガツンガツン当てるものだから、もう五月蝿いのなんのって…!!

2016年冬イベに初登場、イタリア重巡のZaraに似た意匠を持っています。
…が、Zaraはあんな五月蝿くはない。


…あ、編成は輸送時の編成から、コマンダン・テストを抜いて史実艦の潮を投入。
史実艦が多ければ最短ルートを進めるうえ、駆逐艦の編成数が多くないとボスに到達しないらしいので。
旗艦の鬼怒から島風までは全て対空砲撃要員。
長波は対空が高くなかったんで、純粋に砲撃装備。
足柄、那智も砲撃装備に。

道中は空襲戦は輪形陣、その他は警戒陣で突破してボスへ。
基地航空隊は1部隊をボス、1部隊は対潜機入れてボス前に…だけど、結局最後しか潜水艦出てこなかったんで、殆ど成果を得ず。
逆に対潜機は敵艦載機と敵防空軽巡の対空砲火でボッコボコにされています。


道中の空襲戦やボス含め、自艦隊に航空戦力が積めないというのが中々に厳しい所でした。
ボスに軽空母がいるので、そいつに制空権を取られると、空母系以外の方々がこぞって連撃とか弾着観測射撃とかの特殊攻撃してくるようになるので、被害が出やすいのです。
また、ボスの前哨戦編成では軽空母が1隻なので、基地航空隊の攻撃が刺さって倒せれば、水上艦達の特殊攻撃を防げますが…最終編成では軽空母が2隻に増えてたので、基地航空隊だけで軽空母を排除しきれませんでした。

夜戦までにボス含めて3隻くらい残ってたので、行けるか分からなかったけど、鬼怒さんが1隻倒して、直後にボスの攻撃を引き受けてくれたので、後続が安全に残りの随伴艦とボスを叩けました。
いやぁ、乙でも危ない所でしたね…。


18_winter_e5_130mm_b13rensouhou
突破報酬、130mm B-13連装砲。

ソ連の駆逐艦主砲、2本目です。


18_winter_e5_533mm_3rensou_gyorai
こちらも突破報酬、533mm 3連装魚雷。

こちらはソ連の魚雷。
対潜値+1されるんだー珍しい!

とか思ったけど、実用性は…うーん…。。


18_winter_e5_12_7rensouhou_c_gata_k
これも突破報酬、12.7cm連装砲C型改二。

満潮を改二にすると持ってくる、駆逐艦用主砲。
難易度甲だと、更に上位兵装の12.7cm連装砲D型改二が貰える。
そっちは、長波が改二になると持ってきてたっけ。


18_winter_e5_ormoc
これにて、多号作戦改完了!!
オルモック湾への増援輸送作戦成功です!


さぁ、続いては6海域目だ。
レイテ島沖での3連戦に挑みます。

|

« 復活の胎動 | トップページ | 侵略進攻 »

コメント

ゾイド復活、文面から喜びが伝わってくるぞぉ!
人気のシリーズは進展が無くてもいつか復活するものですね。
なので任天堂さんもワリオシリーズを復活させてください(泣

護衛棲水姫さん、Sっぽくていいですねぇ。
壊って割にあまり追い詰められてないような...ボスキャラのお約束か。

浜波さんめっちゃおどおどしてるw目が殆ど髪で隠れてるし内気っぽい。
こういう子もいいですねぇ...文章が変態じみてて申し訳ないですけどw

投稿: 炎樹 | 2018年3月 8日 (木) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強行軍:

« 復活の胎動 | トップページ | 侵略進攻 »