« うちの記念日 | トップページ | 暁の水平線に »

2018年3月16日 (金)

鶴は墜ちぬ

完全に花粉症っぽいなぁ…。
くしゃみが…鼻水が…。

外に出ると、たまーに目が痛くなる時もある。
ハウスダストだけじゃないでしょ、原因…。







お船の冬イベ。


いよいよ最終海域、7海域目です…!!
エンガノ岬沖の太平洋で再編成を行った敵艦隊との決戦を行うという、史実にはなかったif作戦…第二次エンガノ岬沖海戦。
因みに、米艦隊の再編成はモチーフになった状況が実際にあったとかなかったとか。


この海域も多段作戦で、作戦は2段階。
どちらも敵艦隊旗艦を撃滅する事が目的となります。

ボスは2体共非常に強力で装甲が固く、タフ。
その為、史実艦である「栗田艦隊」、「志摩艦隊」、「西村艦隊」、「小沢艦隊」所属の艦を中心に編成を組んで行く事になります。
史実艦には特効があって、与えるダメージが増えるんで…。
12隻編成の連合艦隊で挑むのだけれど、以外と自由度が少ないので、悩ましい所。


そして、いきなりのギミック。
特定マスで勝利しなければ、ボス艦隊と戦えないのであった。
…増援とかで駆けつけた的なイメージ?


18_winter_e7_map1
ボスへのルート。

まずは連合艦隊「空母機動部隊」で上からスタートし、空母棲姫の艦隊(画像だと砲塔で半ば隠れてるけど)を撃破。
途中、まだ姿が見えないのにラスボスが空襲仕掛けてくるのクレイジーだな…w

そして、今度は連合艦隊「水上打撃部隊」で下からスタート。
こっちのルートでは基地航空隊の基地に敵艦載機が空襲しにくるので、防空を行う。迎撃した時に制空権を「航空優勢」以上にすればいよいよボス艦隊の出現である。
尚、空襲防空は難易度上げると2回達成する必要があるらしい。
俺は丙なので1回でおk。

ボスは3回撃沈すれば突破できるけど、道中に潜水新姫率いる潜水艦隊や空母棲姫率いる機動部隊が待ち構えている為、中々の苦行。
水上打撃部隊での攻略だけれども、航空戦が激しいうえに防空巡洋艦もうようよしているので、難しい航海となる。


因みに、基地航空隊は基地からボスまでの距離がめっちゃ遠いので、大型飛行艇「二式大艇」に先導してもらわないと、どんな航空機も自力でボス艦隊の元に赴く事ができないという…。

ところが、弊鎮守府には「二式大艇」が2セットしかない。
その為、「二式大艇」を組み込んだ2部隊はボスに、残りの1部隊は対潜哨戒機による潜水艦隊攻撃へと向かわせた。


18_winter_e7_senkansuikikai
ボスは戦艦 戦艦水鬼改。

2015年冬イベのラスボス、戦艦水鬼。その強化版だ。
…衣装がフラメンコっぽい。


火力も然る事ながら、非常に固く、とてもタフ。
それに加え、弱体化ギミックやこちらの火力アップギミック等が存在しない。史実艦に火力アップ特効があるとはいえ、それでも万全ではないようだ。
そして、海域開放初期は夜戦時に友軍艦隊も駆けつけてこなかった為、自力で…基地航空隊・自軍支援艦隊・自軍本隊のみで倒さねばならなかったとか。
その為、実質のラスボスと言われていたみたいだ。


だが、難易度が低い為、比較的楽に倒せた。
辿り着ければ全然行けそうなんだな…そう、辿り着ければ。

問題は道中でした。
空母おばさんこと、空母棲姫が…彼女が鬼門だったわ。
彼女の攻撃で大破撤退を余儀なくされる事が多く、ボスに辿り着かない!

…あ、潜水新姫ちゃんに大破させられた時も1回だけあったね。


18_winter_e7_senkansuikikai_kai
何とかボスに辿り着き、遂にラスト…戦艦 戦艦水鬼改-壊。
中破した方が能力が上がる、例のやつ。

…「かいかい」ってゴロが面白いなw


難易度「甲」だと、随伴に戦艦棲姫を2人伴い、15年冬を彷彿とさせるトリプルダイソンとなる。
戦艦棲姫には基地航空隊による特効があるけど、連合艦隊だから、中々攻撃当たらないだろうし、大変だろうなぁ…。


18_winter_e7_1_1
夜戦突入時。

第一艦隊の編成は特効を持つ栗田艦隊所属の金剛、榛名。
それに加え、速力「高速」で高火力・高耐久のアイオワとローマを加えた。
ローマは戦艦のテンプレ装備にしたり、旗艦にして二式水戦を積んで制空補助をさせてみたり、ちょっと試行錯誤してた。
制空権争い担当は軽空母の千歳と千代田。艦上戦闘機満載、千代田にはT字不利を回避する為に彩雲を積み込み。
割と制空権争いに余裕がありそうだったので、途中から千歳に艦上攻撃機を1つ搭載。
小沢艦隊だし、特効あるやろと。
…結果、あんまり戦果上がりませんでした。

第二艦隊は夜戦を行う重要な立ち位置。
旗艦に防空担当の秋月。小沢艦隊所属なので、特効ある筈。
夜戦火力と開幕雷撃目当てで雷巡の大井、北上、それに軽巡枠として、開幕雷撃できる阿武隈。
阿武隈も史実艦だ。
鳥海、雪風は共に史実艦特効があるので、最後の締めをお願いしている。


18_winter_e7_1_2
友軍艦隊攻撃後。
戦艦水鬼改-壊が小破から中破に変わった。
これは行けそうだ。


18_winter_e7_1
戦艦水鬼改-壊の攻撃で阿武隈が大破したが、最後は鳥海さんが締め!


ラスト編成1発目で突破成功!!


18_winter_e7_map1_end
マップにラスボス艦隊が出現。
今度は連合艦隊「空母機動部隊」で挑む。


…と、その前にルート追加ギミックを解除しておこうと思う。


18_winter_e7_map2_0
「水上打撃部隊」で北上し、潜水新姫率いる潜水艦隊を撃破。


18_winter_e7_map2_1
更に、「空母機動部隊」で道中の空襲戦で制空権争い「航空優勢」以上確保、その次の敵艦隊を撃破して、ルート追加成功。
空襲戦を1戦回避できるようになった…!

因みに、難易度上がると、撃破しなければならない敵艦隊が増えたり、ラスボスが仕掛けてくる空襲戦での「航空優勢」以上確保が増えたりと条件多くなります。


18_winter_e7_map2_2
取り敢えず、そのままラスボスの元へ。


18_winter_e7_map2_3
2回目以降は若干近道に。
因みに、ホントの最短ルートを通るには速力が関係してくるけど、装備枠を圧迫する事になるので、現実的じゃないのである。

道中は水上打撃部隊ルートとは違って、姫級が出てこなかった為、ちょっと気が楽だった。
水上艦に混ざって潜水艦出てくるけど、開幕雷撃してこないし。
ボス前の艦隊に対しては史実艦特効で威力上がってるっぽいし。

難易度上げると、空母艦隊戦で空母棲姫出てくるらしいけど…。

後、水上打撃部隊ルート以上に防空巡洋艦がうようよしている(対峙する艦隊全てにいるし、艦隊によっては2隻いる場合も…)ので、道中の段階から既に艦攻や艦爆の損耗が激しい。
サラトガの一番搭載数多い装備枠に乗せといた艦攻が、ボス戦まで終えて帰ってきたら全滅してた事もあったしな。


18_winter_e7_shinkaikakuseiki
遂に登場…ラスボス、正規空母 深海鶴棲姫。
「深海」を冠する3人目の深海棲艦。

見た目は捷一号作戦で沈んだ艦である空母 瑞鶴と瑞鳳、戦艦 武蔵がハイブリッドされている感じ。
後、髪の先端が5つに分かれているのは、瑞鶴が第五航空戦隊、五航戦所属だったからだろうか。
まぁ、捷一号の頃には一航戦だったのだけれど。
髪形は彼岸花っぽいね…今までの海域バナーやゲージデザインには良く彼岸花の意匠が取り入れられていたので、それモチーフだろう。
艦これ1期最後のイベントに相応しいボスなのかもしれんな…。


18_winter_e7_2_1
編成。

第一艦隊には瑞鶴、瑞鳳、金剛の史実艦を編成。
後はアイオワ、サラトガ、加賀。
瑞鳳は艦上戦闘機、艦上爆撃機、艦上攻撃機、彩雲。瑞鶴には艦戦×2、艦爆、艦攻。
いずれも、制空優勢以上で最上級空母カットインを出せる構成。
史実艦特効で、ダメージ上がるからね。
加賀は艦戦満載して制空担当。サラトガは艦攻を1部隊だけ積み、後は艦戦。

第二艦隊は防空担当の史実艦・初月を旗艦に据え、北上、阿武隈、鳥海、雪風と1つめのボスと同じメンツ。
それに栗田艦隊所属の史実艦、妙高を編成。
鳥海は夜戦連撃装備+夜戦装備の照明弾で安定性を重視、妙高は主砲2つに魚雷の大ダメージが期待出来るカットイン装備で雪風と共に撃沈を狙いに行く。


深海鶴棲姫は固いので、撃沈できる要員を複数用意しておきたいのだ。
因みに、難易度上げると史実艦による特効の効果がアップするギミックが解除できるようだ。
解除するの面倒くさいけど、昼戦での史実戦艦やら史実空母やらのダメージがめちゃめちゃ増えるようなので、凄い有効なのだと思う。


ボス艦隊はボス本体の他に随伴の軽空母が3隻。
その為、非常に制空権争いがシビア。
搭載数が多い加賀やサラトガを半ば制空担当のみに絞っても尚厳しいくらいなので、相当やべぇ。
難易度丙でもこれなので、甲はもっとヤバい事だろう。

ここで制空権を取れなければ、かなり厳しい戦いになる…。
戦艦や空母のカットインが使えなくなって大きく攻撃力が削がれる。
そして、おそらく深海鶴棲姫は空母カットインを使ってくるだろうし、相手戦艦も連撃してくる。


基地航空隊と機動部隊艦載機の損耗が激しいけれども、道中撤退は1回くらいだったかな、かなり順調に突破に向けて戦力ゲージを削って行けました。


…ところで、この戦力ゲージ、凄い良いデザインだな。
2羽の鶴が舞ってるよ。
多分、翔鶴、瑞鶴を示しているのだろう。

ゲージを水面に見立てると、水面下と水上に鶴がいる構図になる…という解釈を見た事ある。
史実では、翔鶴は捷一号作戦より前に撃沈されているし、瑞鶴はこの捷一号作戦で撃沈された。
そして、ボスの容姿は瑞鶴に似ている。

色々と考えさせられる所だな…。
ラスボスとのバトル、続きます。






続きからコメント返信!!



炎樹さん:お祝いありがとうです!!
もう13年も前なのか…。


おぉ、そうか、ルーピン先生の誕生日w
そうでしたね、マリオの日でもありますね…任天堂とも縁の深い日ですよねぇ。


年内って事は、かなり開発が進んでるって所でしょうかね…。
桜井さんのツイッターで何かを発表する可能性もあるのかなぁ。
そういえば、「イカちゃんのマリカー参戦はスマブラ参戦への試験だった…?」みたいなツイートあったなぁ。
F-ZEROは中々本編ないよなぁ…という事で、「メイドイン」新作おめでとうございます!
日本語フルボイスwww
滾ってますねぇwww


コメント、ありがとうございました〜!!

|

« うちの記念日 | トップページ | 暁の水平線に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴は墜ちぬ:

« うちの記念日 | トップページ | 暁の水平線に »