« W=アルリ=パンジャリ自然公園群 | トップページ | ロス・アレルセス国立公園 »

2017年11月11日 (土)

コマニの文化的景観

2017年に登録された、南アフリカの世界文化遺産です。
南アフリカの北部、ボツワナやナミビアの国境に面する北ケープ州に位置するカラハリ・ゲムズボック国立公園が対象です。
この公園内で見つかった遺跡や文化的な景観が対象で、岩絵や彫刻等が確認できるそうです。
これはカラハリ砂漠やサバンナに暮らす狩猟民族のサン人(かつてはブッシュマンと呼ばれていた)のもので、石器時代以来から続く彼等の歴史や生活の様子を伝えるものです。

イコモスは当初、価値の証明がされていないとして設定範囲や何処を重視するか等を再考するよう求めていました。
しかし、こちらも担当者が頑張ったのでしょうか、逆転登録されています。


これで2017年に登録された、アフリカの世界遺産シリーズは終わり。






久々に同期飲み。
色々と話が聞けて面白かったなぁ。








今週末はF1ブラジルGPです。
やっと追い付いたw

F1メキシコGP決勝!!

マッサ父、ルイス・アントニオ。

スタジアムセクションを通過しているのはペレスかな?
凄い歓声だ。

ハミルトン無線。
何、パワーが感じられない?

メヒココール。

グリッドに何かいるなwww
メキシコの死者の祭りが近いから、仮装しているようです。

グリッドガールも死者の祭りっぽくドレスアップ。


参戦2回目のハートレー。
前回含め、ここまではあんまりツイてないようです。

久々のグティ、嫁さんと。
相変わらずのイケメンだな。
メキシコ人の元F1ドライバー、エステバン・グティエレス。
彼が残っていたら、ダブルエステバンになったのに…。
フォーミュラEも結局シートを失っちゃって、インディもシート失っちゃって、どうしてるんだろう。


マーシャルがメキシコ国旗を振る。
メキシコ地震への黙祷を。
軍楽隊が演奏するのね。
そして、メキシコ国歌!
男の子が歌ってる!!
ヘリコプターがメキシコ国旗吊り下げてる。
軍楽隊?が締め。

メキシコ国旗カラーのスモーク出してる航空機も来たぞ。


レーススチュワードもメイクアップしてるwww


サーキットレイアウトが刺繍されたペレス応援キャップ。


ハミルトン、シートが熱くなっているとか。
チャンピオンに王手をかけている彼。
ベッテルが優勝しても、5位以内に入ればチャンピオン。
ベッテルが2位だったら、4位〜9位の間に入ればチャンピオン。
ベッテルが3位以下であれば、無条件でチャンピオン。


予選で19歳の誕生日を迎えたらしい、ストロール。
若いよなぁ。


グロージャンとアロンソがスーパーソフトでスタート。
後はウルトラソフトだ。


シグナルが…ブラックアウト!!
ベッテル、まずまずのスタート。
フェルスタッペンがベッテルのトーを使って横に並びかけて行く!

1コーナー!
…あっと、ベッテルとフェルスタッペンが接触!
フェルスタッペンがトップに!
あー!!
続く2コーナーでベッテルとハミルトンが接触!!
パーツが飛んでる!
ハミルトンが芝生に出てスローダウン!!
右リアタイヤパンクしてるぞ!

ベッテルがピットイン!
フロントウイングを交換、そしてソフトタイヤに!
ソフトタイヤで走り切れるらしいぞ。

ハミルトンも入った!
ノーズ交換している間に、足回りを確認してるな…。
ソフトタイヤでコースに復帰。
ベッテルは19番手、ハミルトンは20番手。
最下位です。

オコンが3番手を走行中。
このポジションを守り切れたらすげぇ。

セクター2で黄旗。


3周目、リチャルドがストロールを抜いて9番手に浮上。

サインツJr.、タイヤのトラブルが発生したらしい。
ピットインして、ソフトタイヤに交換。


4周目、今度はマッサがピットイン。
17番手で復帰。
タイヤはソフトタイヤかな?

9周目に入った情報だと、タイヤがスローパンクチャー起こしていたらしい…。
接触のデブリでも踏んだのでしょうか。

スタートリプレイ。
ベッテル、フェルスタッペンと当たった時にフロントウイングが少し壊れたようだ。
その後の2コーナー立ち上がりでハミルトンと接触。
本格的に翼端板を吹っ飛ばしてしまいました。

んー、接触当時、右斜め後ろにボッタスいたけど、基本的に右側はフリーだったしなぁ。
特にアンダーステアとかって感じもなかったような…?
挙動も乱してなかったような…?


6周目、リチャルドがピットイン!
…ん?
ピットボックスで止まってるな…。

ハミルトン無線。
「あれ、わざとぶつけてきた?」

ベッテルはセクター3で少し態勢を乱してコースオフしている。
ソフトタイヤじゃ滑りやすいのでしょうか。


8周目、リチャルドはマシンを降りた。
リタイアですか…。
何でも、交換したばっかりのターボが壊れたとか。


9周目、オープニングラップの接触は記録されました。
ベッテル、フェルスタッペン、ハミルトンの接触ですね。

11周目に審議必要なしとの裁定。

グロージャン対アロンソのリプレイ。
並んでコーナリング…あー、接触してパーツが飛んでる!
1周目辺りにあった、セクター2の黄旗はこれが原因か?


13周目、これの審議でしょうか?
グロージャンに5秒加算ペナルティが課せられました。

…あー、コーナーをショートカットしたからですか。

ベッテルがマッサをかわした…。
マッサは防御するも、コーナーで深く入ってしまった為に、ベッテルの場所がなくなっています。
コースオフしつつも、ベッテルが前に。

フェルスタッペン、他のマシンのルノーエンジン結構壊れてるにも関わらず、ファステスト連発中。
大丈夫か?


19周目、ペレスがピットイン。
ソフトタイヤに替えています。


20周目、ペレス父かな?

ハミルトン、依然として最下位。
ベッテルは13番手にまで挽回しています。

エリクソンが9番手かぁ。
タイヤは交換してないみたいね。


22周目、ハミルトンがフェルスタッペンに周回遅れにされました。
ストレートでウェービングしているね、ハミルトン。

ヒュルケンベルグ、パワーダウン?


24周目、ベッテルがヴァンドールンをかわして11番手に。

ハミルトン無線「前のクルマに近付けないよ!」
ボッタスに周回遅れにされるハミルトン。


26周目、ヒュルケンベルグがホームストレート脇でストップ。
セクター1で黄旗だ。

オンボードリプレイ。
無線「今、クルマは安全じゃないよ!」
ERS、エネルギー回生システムのトラブルか?
そのまま降りると感電しちゃうから、ノーズからジャンプしてできるだけ離れた場所に降りている。


29周目、ハミルトンがサインツJr.をかわして17番手に。
やっと調子が出てきたか?


30周目、ハミルトンがウェーレインをかわして16番手に。
ベッテルはアロンソを追って9番手走行中。

おっ、マグヌッセンのインを突いたペレス!
6番手に浮上!
すっごい歓声!!

ベッテル、アロンソをかわして8番手。
ハミルトンのチャンピオンを阻止するには、まだ足りません。


32周目、ガスリーがグロージャンをかわした!
おーう、接触しそう…!
マッサもグロージャンをかわして行きました。

あっと…ハートレー、ストップ!!
セクター2で黄旗!

後部からちろちろと炎が出てる!


バーチャルセーフティカー!

ハートレーはデビューしてからずっと、ロクに走れてないな…。

ピットインが沢山!
上位マシン、ハミルトンもピットインしています。


33周目、コースに留まっていたベッテルとアロンソもピットイン。
ベッテルはウルトラソフトに替えています!

これで、スタート直後にタイヤを替えたドライバーのアドバンテージは消滅しました…。
取り敢えず、結構シャッフルされたから、順位整理。
フェルスタッペン、ボッタス、ライコネン、オコン、ストロール、ペレス、マグヌッセン、ベッテル、アロンソ、マッサまでがポイント圏内。
以下、ヴァンドールン、エリクソン、ガスリー、ウェーレイン、グロージャン、ハミルトン、サインツJr.。

消火マン待機中!
ハートレーのマシンのリアで。


36周目、ベッテルがコースレコードを更新するファステストを叩き出しました!
レッドブルのピットウォールではリチャルドがホーナーと話し中。

ハミルトン、グロージャンをかわして15番手に浮上。


37周目、フェルスタッペンがファステスト!
勿論、コースレコード更新。


38周目、ベッテルがマグヌッセンをかわして7番手に。
ハミルトンはウェーレインをかわして14番手です。
…さっきまで弱音言ってたハミルトン、今はあんまり言わなくなったかな?


41周目、フェルスタッペン無線。
2番手のボッタスとは12秒くらいの差がある、との事。
パワーユニットの問題もあるし、このギャップを守って安全にチェッカーを目指す時期に入ったという事だ。
…本人は普通に飛ばしちゃってるけどwww
あららー、無線で怒られてるwww


43周目、ハミルトンがガスリーをかわして13番手。

フェルスタッペンはまだ飛ばしてるのwww
若いなぁ。


46周目、ハミルトンがエリクソンをかわして12番手に。


51周目、ベッテルがペレスをかわして6番手に。
メキシコのファンとしたらちょっとがっかりでしょうけれど。


オコンは単独で走ってて誰のトーも使えてないから、スピードトラップで見ると最高速度が最下位とかいう情報。
ストレートが速いフォースインディアだが、流石に単独で走ってたらこうなるか。


52周目、ここでペレスがピットイン。
順位が入れ替わらないフリーのピットイン。
新品のタイヤに履き替えて、プッシュして順位を上げようと言う作戦かな?
…あれ、中古のウルトラソフト?


53周目、フェルスタッペンがここでファステスト!
セクター3は全体ベストでした…パワーユニット、大丈夫?

ハミルトンがヴァンドールンをかわして11番手に。
もうすぐポイント圏内に入ってくるな。


55周目、ベッテルがストロールをかわして5番手に。
ベッテルはここでファステスト!
でも、ハミルトンの優勝阻止にはまだポジションが足りません。


57周目、ハミルトン無線。
「僕、何位になれば良いの?」
ボノ(ハミルトンのエンジニア)「ベッテルは2位にならないといけないよ。」
ハミルトン「それは可能なの?」
ボノ「無理だよ。」
ボッタスが2番手を走行中なので、このまま行ったらベッテルは追い付けない筈である。

ハミルトン、マッサをかわして10番手に。
うーん、マッサ…。


58周目、エリクソンがピットイン。
あっと、白煙が…。

ベッテル、がオコンをかわして4番手に。
3番手のライコネンとの差は結構ある。
順位を入れ替えたにしても、2番手のボッタスとの差もまた大きいから、意味を為さない。

エリクソンのマシンに消火器。
リタイアだ。

エリクソンのリプレイ。
めっちゃパワーユニット燃えてた。


61周目、今のフェラーリパネル何やwww
人の顔がw


62周目、サインツJr.がピットボックスで止まってます。
リタイアか…。
今週末は踏んだり蹴ったりですね。

マグヌッセン、アロンソ、ハミルトンのバトル。


66周目、フェルスタッペンがここでファステスト!
尚も飛ばしているようですね…。

ハミルトンがアロンソに仕掛けた!
んー、ここはアロンソが前を守る!


68周目、ホームストレートエンドでまた仕掛けた!
ハミルトンのカーボンダスト凄いなぁ。
アロンソとハミルトン、サイド・バイ・サイド!
んん…ちょっと接触したか?!
アロンソがポジションキープ!
ハミルトンがまたサイド・バイ・サイドに持ち込んだ!
今度はハミルトンが前だ!
9番手。

リプレイ。
アロンソとハミルトンのバトル。
アロンソのかな、接触してフロアのパーツ飛んだっぽい。


71周目、ファイナルラップ!
フェルスタッペンは「僕が最速だよね?」って言ってたらしいけど、ベッテルがコースレコード更新中である。

フェルスタッペン、優勝!!
今季2勝目です!
飛び出るガッツポーズ。
おとんもガッツポーズ。

ハミルトンが9位でフィニッシュ!
これでワールドチャンピオンが決定しました!!
4度目のチャンピオンはイギリス人として初の事です!

ボノ、サンキューって4回言ったのwww
ホントに4回だったのか?

…まぁ、かっこいい勝ち方ではなかったけどね。。
結構、チャンピオン決定の時ってこういう事あるよね。


ハミルトン、スタジアムセクションでワールドチャンピオンお祝いのドーナツターン!
…まだシーズン終わってはないけど、パワーユニット大丈夫www
ドーナツターンはパワーユニットに負荷かかるから、チームからやめてって言われるんだよねw

ハミルトン無線。
おぉ、ブラジル人サッカー選手のネイマールからだwww

ハミルトン、勝利の凱旋!
DC先生がインタビュワー。

ビバ・メキシコ!
チームクルーとお祝いするのに忙しいハミルトンである。
もう暫く祝勝ムードにしておきたい筈だけど、半ば強引にインタビューする態勢にしたハミルトン。

フェルスタッペン「クルージングでしたよ!」
って言ってる割には飛ばしてましたけど?!
汗はかいてないようだから、楽だったのは楽だったんだろう。

ライコネンは90回目の表彰台かぁ。
そして、2戦連続の表彰台である。

ハミルトンが壁の上走ってるwww
走り回るハミルトンwww

シャンパン持ったチームスタッフにキスしてんのかな?

表彰台控え室。
静かです。

観客にアロンソファンもいるな…。


表彰台!
このフィンランド率。
真ん中だけ熱いなw

いつものじゃない!


シャンパンファイト!
まず飲むフィンランド勢。

表彰台くるりんぱしたwww

表彰台裏はDJでしたか!
目の前にいるのがライコネンだからギャップが激しいwww

このスタジアムセクションは音楽会場としても使われているそう。

ライコネン、荷物沢山持ってパドック裏に。
「もう帰って良いの?」と言わんばかりの雰囲気www
これから徹子の部屋へ移動ですね。

…あれ、ボッタスがいないwww
迷子だwww


一方のハミルトンはガレージでスタッフに挨拶。
これから徹子の部屋かな?


情熱の赤いアロハ。


ハミルトン、再びガレージ。
ん、会見場行くのかな?


ペレスが表彰台のとこで自撮りしてたwww


優勝はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はエステバン・オコン/フォースインディア
6位はランス・ストロール/ウィリアムズ
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はケビン・マグヌッセン/ハース
9位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
10位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はピエール・ガスリー/トロロッソ
14位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー
15位はロマン・グロージャン/ハース

リタイアは…
カルロス・サインツJr./ルノー
マーカス・エリクソン/ザウバー
ブレンドン・ハートレー/トロロッソ
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
ダニエル・リチャルド/レッドブル


ドライバーズランキング
1位:ハミルトン/メルセデスMAG(333Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(277Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(262Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(192Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(178Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(148Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(92Pt)
8位:オコン/フォースインディア(83Pt)
9位:サインツJr./ルノー(54Pt)
10位:ストロール/ウィリアムズ(40Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(36Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
13位:グロージャン/ハース(28Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(19Pt)
15位:ヴァンドールン/マクラーレン(13Pt)
16位:アロンソ/マクラーレン(11Pt)
17位:ジョリオン・パーマー/ルノー(8Pt)
18位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
19位:ダニール・クビアト/トロロッソ(5Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ハース(0Pt)
22位:ガスリー/トロロッソ(0Pt)
23位:ハートレー/トロロッソ(0Pt)
24位:ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ(0Pt)
25位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(595Pt)
2位:フェラーリ(455Pt)
3位:レッドブル(340Pt)
4位:フォースインディア(175Pt)
5位:ウィリアムズ(76Pt)
6位:トロロッソ(53Pt)
7位:ルノー(48Pt)
8位:ハース(47Pt)
9位:マクラーレン(24Pt)
10位:ザウバー(5Pt)

|

« W=アルリ=パンジャリ自然公園群 | トップページ | ロス・アレルセス国立公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマニの文化的景観:

« W=アルリ=パンジャリ自然公園群 | トップページ | ロス・アレルセス国立公園 »