« コマニの文化的景観 | トップページ | ヴァロンゴ埠頭の考古遺跡 »

2017年11月12日 (日)

ロス・アレルセス国立公園

オセアニアと北中米は今回、登録はありませんでした。

よって、次は2017年に登録された、南米の世界遺産シリーズ!

2017年に登録された、アルゼンチンの世界自然遺産です。
アルゼンチン南部・チュブ州、その中のアンデス山脈南部とパタゴニア地方北部の辺りにある自然保護区が世界遺産に登録されています。
この地域は活火山地帯にあたり、南極に近いながら、ブナやヒノキ等からなる温帯林の森林が3/4を占めるという独特な環境にあります。
この中で、南米大陸には珍しい有袋類であるチロエオポッサム等、多彩な動植物が暮らしています。
また、40〜70年に1度、一斉に開花するという特徴を持つ固有種のコリウエ竹等も自生しています。

IUCN・国際自然保護連合はパタゴニアの森林等の自然美、そしてそこに暮らす生物の多様性を評価し、登録するよう勧告したようです。
尚、ロス・アレルセス自然保護区の中にロス・アレルセス国立公園があるようで、今回の登録はロス・アレルセス自然保護区全域をカバーしているらしいです。






髪切りに行ったら、近くに片頭痛持ちのお客さんがいて、その話の内容がだいぶ「それな。」状態だった。
片頭痛歴はもしかしたら、あっちの方が長いかもしれんが。
物心付いた頃つってたし。
俺は少なくとも小学校3〜5年くらいからだったと思うし。








F1ブラジルGP予選!!

去年、引退表明していたものの、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグ引退に伴うバルテリ・ボッタス移籍によってウィリアムズから復帰していたフェリペ・マッサが、2度目の引退を表明しました。
マッサ的には今のマシンは昔に似ていてドライブが楽しいらしく、まだ続けたかったみたい。
だけど、ウィリアムズは2018年のドライバーラインナップを中々確定させてなかったし、業を煮やして引退…という事でしょう。
後任は大怪我からの復帰を目指すロバート・クビサか、リザーブドライバーのポール・ディ・レスタが濃厚。
後はレッドブルファミリーを解雇されたダニール・クビアト、ザウバーを解雇されるっぽいパスカル・ウェーレインも候補。
裏を返せば、ドライバー決定を遅くしてマッサが引退してくれれば、上記のドライバーと契約出来るようになる、という判断だったのでしょう。
残念ながら。
確かに、契約は1年契約だったけど、1年走ったらもう良いらしい。


という事で、マッサ最後の母国GP。
良い結果が出せると良いのだけれど…。

まずは、ペナルティから。
ここでも結構ペナルティを受けるドライバーがいます。
主にルノーパワーユニット勢ですけどね…。。


まずはリチャルド。
プレスリリースではコントロールエレクトロニクスって書いてあるけど、実際はMGU-Hのような…。
8基目の使用で、10グリッド降格。

次はガスリー。
全部で25グリッド降格ペナルティです。
まず、FP1で8基目のMGU-Hを使用して10グリッド降格ペナルティ。
その後、FP2で9基目のMGU-H使用により10グリッド、7基目のターボチャージャー使用により5グリッド。

そして、ハートレー。
彼は先週、上海でのWECで2位に入り、チームメイトのティモ・ベルンハルト(ドイツ)、アール・バンバー(ニュージーランド)と共に2017年ワールドチャンピオンに輝いています。
こっちもプレスリリースではコントロールエレクトロニクスって書いてあるけど、実際はMGU-Hのような…。
8基目の使用で、10グリッド降格。


さて、かなり曇ってるねぇ…。
金曜フリー走行では晴れてたのに。
後、予選の直前に雨が降ったっぽい。

DC先生含むレッドブル関係者が談笑してる。

コックピット内のマッサ、国際映像に猛烈アピール。
両手サムアップ、手を合わせる、両手サムアップ、投げキッス、両手サムアップwww


Q1
真っ先にメルセデス勢が出てきた。
その前方のガレージから出てきたのはエリクソン。
メルセデス勢はスーパーソフトでスタートしているようです。

ストロール、ガレージで作業中。
FP3でトラブルでストップして修理しています。
何やら、ギアボックストラブルだとか…?

…おっと、ハミルトンがセクター2で態勢崩して滑って行ってる!
あー!!
壁に当たってしまった…!!

これは…
やってしまった…!!
4度目のチャンピオンを獲得して、ヘルメットの上部のチャンピオンを示す星印が1つ増えたハミルトン。
来季に向けてもやる気十分だっただろうに…ちょっと、プッシュし過ぎたんでしょうか?

赤旗!!

ストロールはこの赤旗が助けになったかな?
エンジンカバーを付けようとしている所かな?

ハミルトンがガレージに戻ってきました。
観客の大歓声に迎えられています。


なんだ今の観客…www
背中にネジ巻きついた、ピンクタイツの踊り子みたいな…w

さぁ、リスタート!
ピットレーンは既に長蛇の列ですねぇ。
おっ、ストロールも準備完了かな?

フェラーリはソフトタイヤでQ1を戦うようです。
ベッテルがトップタイム。
ホームストレートでサインツJr.のトーを使ったかな?

FP3に続き、再び映るウィリアムズのガイコツ。

残り10分。
フェルスタッペンの無線。
…何、ダウンシフトの時にパワーユニットの調子が良くない感じがする?
その割にはリチャルドを上回る4番手だが。

ストロール、やっぱりFP3走れなかったのは大きいか…タイムが伸びない。

残り5分切った。
グロージャン、Tウイングの右側がない。
何処かで落とし物したか?
…それにしても、不思議なデザインのTウイングだな。
ハースのTウイングにありがちなガタガタはしてないし。

グロージャン、7番手!
…もしかして、壊れた方が速いやつ?

マグヌッセンが14番手。
ウェーレインは15番手でギリギリ。
ハートレーが15番手に。
ヴァンドールンは12番手。
エリクソンは18番手。
ガスリーは17番手。
さて、残り2分だ!


んー、マッサも出たか。
大丈夫そうではあるんだけどなぁ…。

チェッカー!
マッサは4番手にまで伸ばしてきました!
ハートレーはタイム更新ならず、15番手のまま。
ストロールはタイムを伸ばすも、18番手でノックアウト。
ガスリーは17番手でノックアウト。

マッサ弟。
マッサより老けてる言われてる…w


Q2
ボッタスが真っ先にコースへ。

…ん、ピット辺りで雨がパラついてきた?


ハミルトンはインタビューに臨んでいます。

あー、オンボードカメラにも雨粒が…。
大丈夫かなぁ…。
そんな中、ボッタスが1分8秒901を記録し、トラックレコード更新!
勿論トップタイムである。

グリッド降格ペナルティがあるリチャルドはQ2をソフトタイヤでアタックするようです。
マシン性能的にもQ3には進出できるだろうから、皆とは反対の作戦で行こうという事です。

マッサは5番手。
少し流れたり、タイヤスモーク上げたりしてた…。
ちょっと扱い難そうだな…頑張れ!

フェルスタッペン、ピットレーン入り口で止まる。
リプレイ。
アロンソと連なってピットに入ったけど、そこで重量計測指示のシグナルが点灯。
それを見た時、アロンソが重量計測へ。
でも、タイミング的にそれがアロンソへのものか、フェルスタッペンへのものか分からなくて、フェルスタッペンもピットレーンで止まったようだ。
無線でも困惑してる様子が窺える。

さて、ハートレーはまだタイムを記録していないね。
ペナルティあるから、タイムを出しても意味がないという事でしょうか。

1周回ってはピットレーン通過…を繰り返すハートレー。
スタート練習とかピットイン練習とかでしょうか?


残り4分切って、フォースインディア勢がコースへ。
少し早いけど、ラストアタックですね。

残り3分を切ると、続々とコースへ。


オコンが7番手。


残り2分、マッサ以外が出てきた。
マッサはQ1で2セットのスーパーソフト使ってたから、タイヤを温存するのかな?
タイム的には行けそうなんだけど、トップ含め周りが出ているのが気になる…。


あれ、残り1分58秒の所でタイム表示止まってるな…。
ペレスが7番手。
ハートレーはガレージへ戻っていて、マシンから降りていました。
タイムはなしです。

ヒュルケンベルグが7番手。
グロージャンは9番手でギリギリだ。
マグヌッセンは13番手。
アロンソが6番手。
ヴァンドールンは13番手。
サインツJr.がギリギリ10番手。
リチャルドはピットへ。現在5番手である。
チェッカー!
ボッタスがトップ!
フェルスタッペンは3番手。
ペレスは9番手。
オコンは11番手だ。
ベッテルがトップに。
ライコネンは4番手。

ベッテル、トラックレコードを更新する1分8秒494を記録!

リプレイ。
グロージャン無線。
11位だよって言われて「あ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"…」
と深い落胆。

もういっちょ、リプレイ。
ライコネン無線。
ピー。ピー。ピー。
よっぽど納得いかなかったのか、「もう1周できる?」と聞いているようです。

国際映像にマッサが映ると歓声上がるって。


Q3
ボッタス、やはり真っ先にコースへ。

歴代インテルラゴスの複数回ポール獲得者にマッサが記されています。
3回獲得していて、歴代トップタイ。
…まぁ、こういった記録の類いは近いうちに抜かれるんだろうけれど。


残り9分。
マッサ以外がコース上。
トップ5はベッテル、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、リチャルドの順ですか。


残り8分、マッサが出たぞ。
んー、1コーナーで少しステア修正…。
暴れるマシンを押さえ込んでるって感じだ。。
あー、セクター2でサインツJr.に引っ掛かってやめた…。
これは、ラストアタックにかけるしかないか…。

やっぱり観客にもウィリアムズ帽やウィリアムズTシャツの人がいますね。

んー、ピットレーンの辺り、雨来たか…?
電光掲示板にレイン表示…。
これはマズいかな…さっきのより強いらしい。。


残り3分切った辺りから出る準備。
皆出ますよね、うん。


残り2分、トップ3チームがコースに。
さぁ、ラストアタックです。

ライコネン、アタック中!
セクター1辺りは全体ベストらしい!
ヒュルケンベルグは7番手。
サインツJr.は8番手。
チェッカー!!
アロンソが7番手。
マッサは結局10番手。
トップのベッテルはタイム更新ならず。
ライコネンは3番手。
フェルスタッペンは4番手。
ボッタスがタイム更新、トップに躍り出ました!!
1分8秒322、勿論コースレコード更新!!
ポールポジション獲得です!!

アロンソ無線。
「イエスッ!イエスッ!!」
かなり感触良かったようだ。

今日はグリッドインタビューじゃなくて、ピットレーンインタビューなのか。
…あれ、フェラーリ勢、指示間違えられてたのかな?
グリッドにマシン止めてるけど。

ボッタス無線。
珍しく熱い叫びだった!

ハミルトン、ゆっくりとピットレーンを歩く。
にやっと笑ってボッタスとハグ。

インタビュワーはジョニー・ハーバート。

ボッタス、準備中。
ハーバート「キャップつけて。」

ハーバート「セバスチャン。」
ベッテル「個人的な質問?」
ハーバート「何kg?」
ベッテル「それはプライバシーな質問だよ。貴方の体重は?」
ハーバート「85kgかな?」
ベッテル「僕より重いね!」
ハーバート「ヘルメットなしで85kg。」

ベッテル「最後、ブレーキ怖じ気付いちゃったかな?」


ハーバート「キミ、満足?」
ライコネン「まぁまぁ。」


ハーバート「バルテリ何処行った?」
直後、背後から現れるボッタス。


ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
7番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
9番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはロマン・グロージャン/ハース
13番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
15番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ

16番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
17番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG


ストロールはギアボックス交換によって5グリッド降格ペナルティを受けました。


スターティンググリッドはこうなる筈…。
ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
6番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはカルロス・サインツJr./ルノー
9番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10番手からはエステバン・オコン/フォースインディア

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
14番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
15番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー

16番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
17番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはブレンドン・ハートレー/トロロッソ
20番手からはピエール・ガスリー/トロロッソ

|

« コマニの文化的景観 | トップページ | ヴァロンゴ埠頭の考古遺跡 »

コメント

お、今回もプレイなされるのですね。
しかもダブルパックとはやるな!俺も今回もニャビーにしましたよ。
ネクロズマは好きなポケモンなので活躍に期待してます。

発売に備えて3DSも大分傷んでたので新品に引越ししました。
無印のプレイ時間もギリギリで最高になりました、1年しかなかったので...。
ついでにHNもちょっと変えたり、ちょっと厨二っぽい?
キャラ名がほぼ入ってるよりこっちの方がいいと思いまして。

知り合いからシン・ゴジラの地上波をぜひ観て欲しいと言われたので
その時にアニゴジの存在も知りました。
自分から見ても挑戦的な感じなので上映側も様子見なのかもしれませんね。
シン・ゴジラの方はかなり楽しめましたよ、内閣総辞職ビームって...w

マッサ選手は今回が最後の母国レースなのですね。
涙でサムズアップってかっこいいじゃないですか!

投稿: 炎樹 | 2017年11月17日 (金) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロス・アレルセス国立公園:

« コマニの文化的景観 | トップページ | ヴァロンゴ埠頭の考古遺跡 »