« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月25日 (月)

タルノフスキェ・グルィの鉛・銀・亜鉛鉱山とその地下水利システム

2017年に登録された、ポーランドの世界文化遺産です。
ポーランド南部のシロンスク県タルノフスキェ・グルィ郡にあると思われる、ポーランド最大級の鉱山及び給排水システムの世界遺産です。
15世紀以降に形成されたとか16〜19世紀にかけて採掘が行われたとかって言われているようですね。鉱山名はフリードリッヒ鉱山と言うのでしょうか。
地下10〜50m、50㎢にわたって広がっているらしく、鉛や銀、亜鉛等の他、石炭も産出していたようです。
採掘の為の施設郡で特徴的なのが、給排水システム。蒸気機関で地下水を汲み上げるというユニークなシステムだったそうです。

イコモスは価値の証明が不十分だとして、推薦範囲や力点の置き方(メインに据えるもの?)を再考しなさいと勧告していましたが、最終的に登録されたみたいですね。






Pumpkin_scone
パンプキンスコーン。


もうすぐハロウィーンですね…。







某小説。

・窓のない小さな部屋に押し込まれる
・ソファに押し倒される
・どう見ても事案です、本当に(ry
・タッチパネルをどう反応させているのか…
・誘拐犯www
・マイクを握り締める火の玉
・炎の好みがデスメタルとか誰が言った?
・ワタシデス!!
・デスメタルとデスボイスとラスボス部屋
・何か色々吹っ飛んでるイルカちゃんwww
・ソファでくつろぐ火の玉
・肩に腕を回す仕草でもするようにwww
・たらしだな…www
・カラオケ!!
・素に戻ってるwww
・笑いながらスーパーボールのように跳ね回る火の玉…ホラーだwww
・ショタとは言え、どうやって人型を抱き抱えたのか…
・暇そうな友人とおにゃのこは拉致る
・抱き抱えられて抵抗しない所が力関係を物語っている…ような…
・ほへーってwww
・カルピスをちゅーちゅーする邪神
・器用な火の玉である
・たらし…
・たらしだ…
・イルカちゃんを怒らせて遊ぶ火の玉
・髪をくしゃくしゃしてるwww
・めっちゃ挑発
・憤死www
・火の玉の大船は泥船、俺もそう思う
・とは言え、この辺りが本編での火の玉の行動原理
・白い物語の魔女と同じ方向性
・宇宙一強い泥船、とは
・そんな泥船で大丈夫か?
・選曲www
・うーっ がおー!!(デスボイス
・一応がおー!って言ってくれるイルカちゃん
・本気出し始めたwww
・犯行声明
・おせーよwww
・二人で夜まで遊び歩く…?
・条例違反疑惑www
・火の玉が近くにいるとは言え、ショタが夜ほっつき歩いてたら補導されるよなwww
・火の玉って職質されるのかなwww
・で、何してたんだろうね!!






続きからコメント返信!!

続きを読む "タルノフスキェ・グルィの鉛・銀・亜鉛鉱山とその地下水利システム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

タプタプアテア

2017年に登録された、フランスの世界文化遺産です。

太平洋上に浮かぶフランス領ポリネシアのソシエテ諸島、ライアテア島・タプタプアテア市オポア地区にある祭祀遺跡が世界遺産になっています。
同島はソシエテ諸島の中心地、タヒチ島の西にある島。
ライアテア島にある、サンゴ礁に囲まれたラグーンの近くにはマラエという祭祀遺跡が残っている。
マラエは東部ポリネシアに数多く残っている石造施設で、ピラミッド型をしているようだ。
この施設は現世と神の世界を繋ぐ聖域とされていたようで、ポリネシアにはこの他にも沢山のマラエが存在している。
特に、タプタプアテアのものは60m×40mというポリネシアで最大級のもので、オロという神を祭っていたという。
最盛期には、周辺の島々やニュージーランド等からの使節も迎える、最重要な祭祀施設として位置付けられていたらしい。
また、周囲の自然景観を含めて、神話や宗教と密接な結び付きを持っていたとか。
このマラエの他、小規模な3つのマラエや小島、泉、丘陵等も世界遺産に含まれているそうだ。
3つのマラエとは、テ・アバ・モア(聖なる水路)と呼ばれたラグーン、内陸の渓谷、聖なる山とされたテアエタプ。

フランスの海外県・海外領土ではニューカレドニア、レ・ユニオンに続く3件目の世界遺産で、自然遺産である2件とは異なり、文化遺産である。






Mattya_cheese_cake
抹茶チーズケーキ!!

凄い色…www
抹茶が濃くて、チーズも濃くて、美味しい!!

抹茶たっぷりだからか、チーズケーキ部分が少し甘めである。







F1シンガポールGP決勝!!

各車、ドライタイヤでレコノサンスラップを走っています。
でも、路面に濡れた跡があるなっぽいな…。

あっ、高層ビルの向うに稲光…!

んー、雨は降っていないみたいだが…。
また!
シンガポールフライヤーの後ろに稲光!
…いやぁ、画になるなぁ。

摩天楼の上空に怪しい雲。

降ってきた…!
観客も雨対策し始めてる。

グリッドのカメラにも水滴が…。

カメラに舌を出すマッサwww
「あっちゃー、降ってきちゃったね」って感じか?
後ろからストロールが声かけようとしてたなw


観客の多くが傘差したり、合羽着たりしています。
雨の確率は100%…完全に雨じゃん!!


雨でもシンガポール国歌!
ソロ…かな?

ドライバーの傘勢増えてた。
何気に恩恵に預かれてるマッサ。


うわぁ、雨強くなってきた…。
シンガポール開催10年目にして、初めて雨のレースだ…!!

ヒュルケンベルグ、アロンソ、ヴァンドールン、パーマー、ペレス、オコン、マグヌッセン、マッサ、ストロール、ウェーレイン、エリクソンがウェットタイヤ。
後はインターミディエイトタイヤ。


フォーメーションラップ!
…うわぁ、既に水煙やべぇ!!


シグナルが…ブラックアウト!!
ライコネン、ハミルトンの蹴り出しが良い!
アロンソも良いか?
リチャルドは鈍いな…。

ライコネン、フェルスタッペンのイン側から一気にトップを狙う!!
あまり蹴り出しが良くなかったベッテルがフェルスタッペンに寄って牽制!
…あっ!
フェルスタッペンとライコネンが接触した!
ライコネンの右リアタイヤがポッキリ逝った…!
ああっ…!
接触で弾かれたライコネンが挙動を乱してベッテルに刺さった!!
ベッテルは何とか耐えてる!
コントロールを失ったライコネン、フェルスタッペンに再度追突してそのまま1コーナーでコースオフ…。
…あっと、4番手を伺っていたアロンソに接触した!!
アロンソが弾き飛ばされてる!
飛び散るパーツ!!

ライコネンとフェルスタッペンが1コーナーでストップ。
突っ込まれたアロンソは大きく順位を落としながらも走ってる…。

…ああっ、ベッテルがスピン!
ノーズが接合部からない…サイドポッドも壊れてるな…。
サイドはライコネンと接触した時に壊れたっぽい。

セーフティカー!
シンガポールにおけるセーフティカー出動確率は100%を維持。
ピケJr.の呪いかな…?


フェルスタッペン、おこ。

ライコネン無線。
ピー。

アロンソのマシンはフロアから何かぶら下がってる状態…かなりダメージを負っているものと思われる。

ベッテルのリプレイ。
3コーナーの先かな、突然滑ってノーズからウォールに接触!
ノーズをちょっとウォールに引き摺った時に接合部から取れたようだ…。

ベッテルは走行できるけれど、これはリタイアですね…。
これからガレージに戻る事でしょう。

ホームストレート及び1コーナーにパーツが散乱しているんで、ピットレーンを走行します。
ダメージを負ったアロンソなんかはここでピットクルーにマシンの状態をチェックしてもらっているようだ。


4周目、スタートの件は審議に。
この後、ベッテル、ライコネン、フェルスタッペンがレーススチュワードに呼び出され、事情聴取されました。
レース後にお咎めなしとなりましたが…。


5周目、リスタート。
ハミルトンがトップ、2番手にリチャルド。
ヒュルケンベルグ、ペレスと続きます。
そして、パーマーがボッタスをかわして5番手に。
パーマーの今シーズン最大の見せ場でしょうか…?


9周目、マシンが壊れてるアロンソのペースが落ちています…。
あっという間に最下位に。
そして「ノーパワー」。
接触でマシンが壊れたからなのか、パワーユニットにダメージが及んでいるからなのかは不明…。

オコンをかわしてサインツJr.が8番手に。
フォースインディアをかわすトロロッソ、パワーユニットによる馬力への依存が少ないサーキットだからですかねぇ。

アロンソ、ガレージへ、そしてリタイア。
左リアのフロアとサイドポッド後部がないもんなぁ…。
これで良く走ってたな…。


マシンを降りてパドックを歩くベッテル、厳しい表情。
リプレイ。
スタートの接触の場面でしょうか、アリヴァベーネ代表の顔芸が…。

トロロッソ勢「話しかけないで!」


11周目、クビアトがマグヌッセンをかわして10番手に!
まだ序盤とは言え、ポイント圏内に入ったのは大きいですよ!!

…クビアト、クラッシュ!!
ウォールに刺さってるー!!

えーwww
何だこのフラグ立て職人は…www
「(集中したいから)話しかけないで」→マグヌッセンをかわしてポイント圏内へ進出→直後にクラッシュ
だもんなぁ…。。

セーフティカー!

リプレイ。
あぁ、コーナーで止まらないー。
そして刺さる。

うーん、コーナーへの進入時、オーバースピードだったのが原因っぽいですねぇ。。

ここでリチャルドがピットイン!
インターミディエイトからインターミディエイトに替えています。


13周目、ボッタスの無線。
…え?
ドリンクボトル不調?
高温多湿なうえに2時間レースなシンガポールでそれはキツい。。

雨は止んでいるけど、路面はまだ乾かないね…。


15周目、リスタート!
マッサ、ウェットタイヤで明らかにペースが遅い。
キツそうだな…乾くの遅かったけど、だいぶ路面の濡れてる所少なくなってきてるし。。
マッサはグロージャンにかわされて11番手に。
ポイント圏外になってしまいました。

マグヌッセンがオコンをかわして12番手。
コーナー曲がる時、だいぶウォールに寄ってたな、マグヌッセン。
すぐ後ろにいたオコンがだいぶ減速してたし…。

…あぶなっ!
マッサとマグヌッセンのタイヤが接触!
更に、コーナー曲がった時にタイヤ同士が2度目の接触!
その後、2台を同時に抜こうとしてきたオコンとのバトルでもかなりギリギリ…マグヌッセン怖いなぁ…。


18周目、流石にマッサもピットイン。
ウェットタイヤからインターミディエイトタイヤへ交換。
この時点で最下位かぁ…。
ここで替えるならスリックにしても…いや、ウィリアムズのダウンフォースレベルだと怖いや。
まだ滑っちゃうだろうなぁ。。


21周目、ヴァンドールンとストロールの8番手争い。
ストロール、予選では苦戦していたけど、レースでは元気だね。

ウェーレインはウェットタイヤで粘っているようだ。
こちらもかなりペースが遅いが…。
これは直接スリック替えるのかな?


22周目、ウェーレインがピットイン!
選んだタイヤは…インターミディエイト。
ドライタイヤの環境まで持ち堪えられず、という所かな?


25周目、マグヌッセンがピットイン!!
…おぉ、スリックタイヤ…ドライタイヤだ!!
ウルトラソフトに替えたぞ!

マッサもピットイン!
こちらもウルトラソフトだ!

この2人のタイムによって、他のマシンがドライタイヤに替えてくるかどうか…気になる所。


27周目、ストロールが入った!
ウルトラソフト!
直前の無線でウィリアムズはマッサとやり取り。
ピットウォール「スリックタイヤで行ける?」
マッサ「うん、今なら行ける。」
この無線によって、ストロールのピットインをセッティングしたようです。


28周目、サインツJr.はスーパーソフト!

ヴァンドールンもピットイン、ウルトラソフト…あっ、左リア遅れてる…!!
ポイント圏内走っている大事な時なのに、クリーンな作業ができない!!

真っ先にウルトラソフトに替えたマグヌッセンがファステストを出しています。


29周目、リチャルドとボッタスもピットイン!
ウルトラソフト!


30周目、トップを走るハミルトンもピットイン!
ウルトラソフト!

マッサがファステスト!

これにより、サインツJr.は唯一スーパーソフトを選んだドライバーになりました。
…って、エリクソンは何でソフトタイヤなん?
これまた唯一ですね。


32周目、マッサが更にファステスト!
13番手まで盛り返しては来ていますが、そろそろ他車もペース上げてくる筈だから、抜くのは難しくなってくるな…。

…ん、エリクソンがピットインしたな。
ウルトラソフトに交換した模様。
これは謎戦略になってしまいましたな…。

ハミルトンがファステスト。
2位以下を引き離しにかかっているか?


34周目、オコンがマグヌッセンをかわして11番手に。

路面が乾いてきて、ボッタスのペースが上がってきてるようです。
これはヒュルケンベルグの表彰台獲得がキツくなりそうですね…。
彼はこのレースで表彰台に上がらなければ、彼と同じドイツ人ドライバーのエイドリアン・スーティルの記録を抜いて、表彰台無登壇数で史上最多の129戦を迎えます。
つまり、参戦した129戦の間、表彰台獲得数が0という事です…。

さぁ、ボッタスかファステストだ。


36周目、サインツJr.「黙ってて!」
かなり集中していますね…彼は今、5番手という良い位置を走っていますから。


38周目、セクター2で黄旗。

あー。
エリクソンがアンダーソンブリッジで単独クラッシュしていました。
このアンダーソンブリッジ、観光名所らしいんですけど、狭いんですよね。
幅10mくらい。
そんな所で止まるもんだから、これは…。

セーフティカー!

はい、出ました!!
3度目です!!

マッサがピットイン。
新品のウルトラソフトです!

ヒュルケンベルグもピットイン。
…ん?
何かコネクタ差してる?
ケーブルでしょうか…?
え?油圧のトラブル?
4番手から大きく順位を落とし、10番手で復帰しています。

周回数表示から時間表示に。
レース時間が2時間を超えるようなら、2時間で打ち切るという2時間ルールがあります。
その2時間まで30分切ったという事ですね。

セーフティカー、戻ります。
リスタート!
マッサがマグヌッセンかわして12番手に浮上!
前はオコン…うーん、厳しそうだ。。

ボッタスのドリンクボトルは直ったらしい。

マグヌッセンがコースオフ。
危うくウォールとお友達になる所だった…。

マッサが前についていけてないなぁ…。
うーん、ダメっぽいか。


残り15分。
ヒュルケンベルグがピットイン。
ガレージに入りますね…リタイアか。。
これで表彰台無獲得記録を更新してしまいました。

JJLINが映っています。


残り11分。
マグヌッセンがスローダウン。
何、MGU-Kが壊れた?
ガレージに戻り、リタイアです…。

これで実に8台がリタイア。
サバイバルレースになっていますね…。。


残り4分。
マッサは11番手。
前のオコンを抜けば1ポイント獲得ですが、抜けない…。


ホナ足。
数年前はいつもだったのに、最近じゃ見る度に久々な感じがするなぁ…。


残り1分。
ハミルトン、ここでファステスト!
飛ばしています。

ボッタスのドリンクボトル、結局不調みたいですね…。


残り0分、この次のラップでチェッカーです。

さぁ、ファイナルラップ!
オコンとマッサの差は2.6秒。
厳しいですねぇ…。。

セクター3の観客席下を潜ろうとするハミルトンに、スタンディングオベーションの大歓声!
そしてシンガポールフライヤー。

雨に降られ、2時間レースとなった中、観客達は良く見ていました。

ハミルトン、チェッカー!!
そして花火!!
ハミルトン、夏休み以降3連勝を飾っています!
しかも、今回はライバルのベッテルが0ポイントなんで…これはワールドチャンピオン争いで優勢になってきました。

リチャルド、ハミルトンには追い付けなかったが、競争力があるサーキットで2位表彰台!
ボッタスは潜在的にメルセデスが苦手とされているサーキットで3位表彰台、ワン・スリー・フィニッシュを決めました!

来年、ルノーに移籍するサインツJr.、大喜び!
自己最高位の4位入賞です!!

パーマー、ヴァンドールンも自己最高位!
そして、パーマーは今シーズン初のポイント獲得!
来年のシートを失って初のレースで見事、ポイント獲得。
尻に火がついてからやっと運が巡ってきたという感じでしょうか。

マシンの中で既に踊るハミルトンw
ピットに戻ってきて、マシン止まり切る前からめっちゃ嬉しそうにしています。

ドリンクボトルが不調だったボッタスは大丈夫そうですね…w
流石はサウナ好きなスオミの人、強い。。


フェラーリが1周目で2台リタイアはしたのは史上初なんだとか。
2台共リタイアしたレースなら去年だっけ、メキシコを含め、何回かあったようですが。


表彰台控え室。
リチャルドとハミルトンの会話。
リチャルド「スタート直後、何処にいたの?」


マリーナ・ベイ・サンズの建物部分にチャンピオンシップトップ3のCGが…w


表彰台。
いつもの国歌。

シャンパンファイト。
まず飲むメルセデス勢w
最初からはしゃぐリチャルドwww

表彰台インタビュワーはEJおじさん。
あ、今回はシャツがピンクじゃなくて空色だ。
それだけで控え目に見える不思議…www
まぁ、ネクタイはピンクなんだけどね。


ボッタスはサンデーイブニングクルーズ?
いやいや、ドリンクボトルがだな…www

リチャルドはレースを通してギアボックスの油圧漏れと戦っていたらしい。
それでハミルトンについて行けなかったようだ。

ドライバー・オブ・ザ・デイはハミルトン。
好スタート、トラブル回避、トップ快走。
今日はハミルトンの日でしたね。

…おい、お前らwww
バーで飲んでるんじゃねーんだぞwww
雨でチャンスと見たというハミルトン。
チャンスはそれだけじゃなかったですね。

リチャルド、ご機嫌だったけど、シューイなしかw


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
5位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
6位はジョリオン・パーマー/ルノー
7位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
8位はランス・ストロール/ウィリアムズ
9位はロマン・グロージャン/ハース
10位はエステバン・オコン/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー

リタイアは…

ケビン・マグヌッセン/ハース
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
マーカス・エリクソン/ザウバー
ダニール・クビアト/トロロッソ
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
キミ・ライコネン/フェラーリ


ドライバーズランキング
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(263Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(235Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(212Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(162Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(138Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(68Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(68Pt)
8位:オコン/フォースインディア(56Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(48Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(31Pt)
12位:ストロール/ウィリアムズ(28Pt)
13位:グロージャン/ハース(26Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:アロンソ/マクラーレン(10Pt)
16位:パーマー/ルノー(8Pt)
17位:ヴァンドールン/マクラーレン(7Pt)
18位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
19位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ハース(0Pt)
22位:ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ(0Pt)
23位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(475Pt)
2位:フェラーリ(373Pt)
3位:レッドブル(230Pt)
4位:フォースインディア(124Pt)
5位:ウィリアムズ(59Pt)
6位:トロロッソ(52Pt)
7位:ルノー(42Pt)
8位:ハース(37Pt)
9位:マクラーレン(17Pt)
10位:ザウバー(5Pt)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マーライオンってソシャゲに出てこないよね…

殆ど出てこないよね…。
神とか幻獣とかが余裕で出てくるソーシャルゲームにも出てこないのは何でなん??
まぁ、これに関わらず、太平洋島嶼辺りの神話出展とかあんまりないような…。








長崎旅行記3日目、1/29。


原爆資料館を出た時点で確か、14時くらい。
さて、そろそろ松山町を後にしなければなりませんね…。
非常に後ろ髪を引かれる思いです…。

路面電車に乗って、長崎駅前へ。
…っと、そのままスルーして中心街に戻ってきました!


Nag189
やっぱり文明堂。

しかも、総本店です!
長崎と言えば、カステラだし…実家へのお土産として購入。
迷ったけど、レギュラーのカットタイプを買いました。
810円。

…さて、15時だ。
もうすぐバスの時間だな…。


Nag190
最後に、長崎港。
ジャイアント・カンチレバークレーンは変わらずに聳え立っているね…。
うん、良い眺めだ。

Nag191
Nag192
今日も停泊している豪華客船が、護衛艦がいますね。うん。

Nag193
最後に稲佐山。


Nag194
リンガーハット 長崎出島店。
あの屋根取っておきたくてな…w

到着した日の夕飯はここの2階にありました。
リンガーハットのグループ店みたいですね。


さて、いよいよバスターミナルへ。

もう一度バスターミナル2階のお土産コーナーを見て回る。

Nag136Nag137
後、入口に置いてあったやつ。
伝統芸能「長崎くんち」の龍とか山車とか!


もう時間とか覚えてないんだけれど、16時前の高速バスに乗ったんだと思う。
長崎空港へ。
バス内ではちょっとうとうとしたりしてました。


そして、長崎空港に到着。
16時半くらいかなぁ。

大村市内見えるかなぁ…と思ったけど、曇ってたうえに夕方になって見通し悪かったですね。
全然見えなかった。

まずはお土産…「こじま」の冷凍角煮まんを購入。
こちらは実家用です。
1188円。
勿論、宅急便で発送ですがw


それから、空港のお土産コーナーを見たりとぶらぶら。
決して大きな空港ではないんだけれど、キャリーケース持ちながらの移動はちょっと大変ですね。


Nag195
長崎名物、ハトシロール!
アジやエビ等のすり身をパンで挟んで揚げたもの、といったものでしょうか。
その起源は中国の広東料理みたいですね。
中国語では「蝦多士(ハートーシー)」または「炸蝦多士(ジャーハートーシー)」と書くようです。
「蝦」はエビ、「多士」はトーストの意味。「炸」は油で揚げるものに使われる言葉のようですね。

んで、これは「かまぼこ長崎一番」さんの店頭で売ってた、チーズ味。
他にもエビとプレーンがありました。
ここのは長崎県産のアジのすり身をパンで巻いたもの、のようですね。
すり身に牛豚ミンチ、玉ねぎ等が加えられているらしい。


油で揚げてあり、如何にもカリッとした感じのように思えます。
でも、以外としっとり。
揚げたすり身、不思議な味でしたね……懐かしくは感じないんだけど、素朴な味わい。
また食べてみたいかも。

ただ、食べるならチーズかプレーンねw


長崎空港の屋上、展望エリアへ。
Nag198
おぉ…何かあるwww

しかし、海上にあるんで、風が強いうえに雨もパラついているから、人もまばらでした。


Nag196Nag197
離発着する飛行機が見られます!!

屋根のある所に数人いたくらいでした…w

何か食べようと思ったけど、休んだりなんだりしている間に飛行機の時間に。
五島うどんも食べれば良かった〜。。


19時15分、長崎空港発。
もう暗いんで、相変わらず、何も見えませんw
でも、明らかにカントーより日の入りが遅い気がするよ。

帰路は気流の影響も受けず、特に普通。
飲み物飲んだかは覚えてないけど、うとうとして気付いたら羽田に着いたって感じでしたね。

着いたのは20時50分です。
流石に疲れたんで、ぐったりしながら電車に。
より乗り継ぎ回数も少なく、短時間で着く実家に行こうかとも思いましたが、頑張って帰りました。

長崎旅行記、これにて完。

いやぁ、長い事かかったなぁ…www
取り敢えず、旅行前にアップ出来たぞ!www







F1シンガポールGP予選!!
ヨーロッパラウンドを終えていよいよ終盤のフライアウェイレースへ。
まずはアジアラウンド、開催10周年のシンガポールはマリーナ・ベイ市街地コース!


…と、その前に。
最近盛んに報じられていた(実際には今シーズン始め…いや、去年とか一昨年くらいから既にわさわさやってたけど…)騒動が決着しました。


3年前に提携を発表したマクラーレンとホンダ。
今年を以て、提携解消する事となりました。

そして、マクラーレンの提携はルノーへ。
来シーズンからはマクラーレン・ルノーとなります。

一方のホンダはトロロッソと提携。
トロロッソ・ホンダになりました。
ホンダのパワーユニットを積むのはここだけ、まさかのトロロッソがワークスチーム化です。

更に、トロロッソのカルロス・サインツJr.が来年、ルノーに1年のレンタル移籍。
ジョリオン・パーマーに代わり、シートに収まる事となりました。

マクラーレンは1年目こそ我慢していたものの、2年目以降も競争力が上がらないホンダのパワーユニットに対して、業を煮やしていました。

今年の初め、ホンダがザウバーに供給する話がありました(ホンダは2つ目のチームに供給と言っていたけど、実質ザウバーがワークスチームになる予定だったんだろう)が、破談。
原因はザウバーのチーム内での揉め事で代表のモニシャ・カルテンボーンが辞め、代わりに代表になったフレデリック・ヴァスールがマクラーレンとホンダの不仲を案じた為と言われています。
ザウバーはギアボックスを製造した事がないんで、マクラーレンとホンダが離れた場合、パワーユニットはホンダのがくるけど、ホンダ用のギアボックスを製造してくれる所(この場合マクラーレン)がいなくなるのを懸念していたとか。
…まぁ、パフォーマンスの心配もあるような気がしますがね。
ホンダは続いて、トロロッソとの提携を模索していましたが、こちらは親チームのレッドブルとの間でお金の面の折り合いがつかずに破談。

ザウバーはその後、フェラーリとの提携を継続。
来年は新型パワーユニット積めるようで。
トロロッソも引き続き、ルノーのパワーユニットを積む事となっています。

一方のマクラーレンは早い段階からフェラーリ、メルセデスにパワーユニット供給を打診するも、断られています。
そこで、ホンダ継続かルノーに代えるかという話になりました。
ただ、ルノーは現在自チーム含めて3チームに供給しており、4チーム目の供給は難しいと消極的。
レギュレーションでも4チーム目以上供給するなら、FIAの許可が必要とされているんで、面倒くさい感じですかね。

加えて、マクラーレンとスタードライバーであるフェルナンド・アロンソとの契約は今年で終り。
ホンダに嫌気が差していたアロンソは「ホンダとの提携を続けるなら来年はマクラーレンと契約しない」とまで言っており、マクラーレンとしても板挟み状態でした。

そんな中、シーズン中盤くらいからこんな噂が立つようになりました。
「マクラーレンのホンダとの契約とトロロッソのルノーとの契約をスワップする」

そこに、F1から自動車企業であるホンダを撤退させたくないFIAやF1のオーナーであるリバティ・メディアも参加し、マクラーレン、ホンダ、ルノー、レッドブル、トロロッソ、FIA、リバティでの話し合いとなって行きました。

その過程で、優位に立っていたのはルノーらしいという。
まず、契約スワップを容認する代わりに、レッドブルのダニエル・リチャルドの獲得を打診。
これは流石にレッドブルも拒否したみたいで、ルノーは前から狙ってたトロロッソのカルロス・サインツJr.の獲得を打診。
レッドブル側は1年間の貸し出しとして容認した模様。
メリットが多かったからでしょうかね。

結構評価の高いサインツJr.をワークスチームに貸し出す事によって、更なる経験を積ませる事ができます。
更に、2019年シーズン前に現行ドライバーのリチャルド、フェルスタッペンのいずれかがチームを抜けた場合、呼び戻してレッドブルに乗せる事ができる。
開いたトロロッソのシートには育成ドライバーで2016年GP2チャンピオンのピエール・ガスリーを乗せる事が出来る可能性がある(ホンダ次第)。

こうして、マクラーレンはホンダとの提携を解消し、ルノーと提携。
トロロッソはルノーとの提携を解消し、ホンダと提携。
となりました。

ルノーはサインツJr.を獲得しましたが、一方で複数回テストを行っていて、ルノーから復帰可能性があったロバート・クビサの為のシートをなくす事になりましたね。
クビサは他チームからの復帰を狙っているようで。

メルセデス、フェラーリ、レッドブル、フォースインディア、ハースは来年も現行ドライバー継続。
ルノーも決まった。
マクラーレンはストフェル・ヴァンドールンが確定し、パワーユニットも決まったんで、後はフェルナンド・アロンソとの契約延長交渉を続けるだけ。
トロロッソはクビアトが残るとして、相方はガスリーかホンダの育成ドライバー・松下信治。松下君の今年のF2の成績次第になりそう。

残るはザウバーとウィリアムズだ。

ザウバーは資金豊富でスポンサーとの繋がりもあるエリクソンは残ると思われている。
後はメルセデスの育成ドライバー、ウェーレインがどうなるか。
パワーユニットを提供しているフェラーリの育成ドライバー、シャルル・ルクレールやアントニオ・ジョヴィナッツィが取って代わると思われているようだ。
その為、パーマーやクビサが狙えるかは不明。

ウィリアムズはランス・ストロールは残るとして、フェリペ・マッサが残るかどうか。
本人はもう1年走りたいようだが、他にもリザーブドライバーのポール・ディ・レスタが控えている。
パーマーの可能性は低そうだが、クビサはシートを獲得する可能性はあるようだ。


来年に向けて、賑やかになっている。


さて。
シンガポールGP予選です。


ヴァンドールンのマシンに何かサイン書いてある…。


サインツJr.ファミリーだ。


Q1
ストロールのアタック。
うーん、壁際ギリギリ…少し挙動が乱れているようだ。
ウィリアムズは慢性的にダウンフォースが足りないからなぁ、苦戦してそう。

セクター2で黄旗。
リプレイ。
グロージャンが止まらなくてコースオフしてました。
すぐに反転して復帰したけど。

アロンソ、セクター2全体ベスト!
しかし、トラフィック多いなぁ…。

クビアト「あちこちでオイルあるみたいに滑る。」
オイル処理痕あったりしますしね。
サポートレースで漏れたものでしょうか。

…あっと、アロンソのリアが滑ってた。
ん、最終コーナー少し膨らんだ。
それでも2番手。

フェルスタッペンがトップ、それを更新してリチャルドがトップに。
フェルスタッペンも滑りやすいつってます。

ハミルトンは2番手。

残り8分半。
あっ…マッサ、右リアタイヤ当てたか。。
タイヤがパンクして、ホイール割れてる…。
リプレイ。
セクター3だね…壁に押し付けちゃった。。
結構挙動乱れてたな…あの場所は滑りやすいんでしょうか?
毎年、ウォールギリギリになるけれど。

残り6分。
フェルスタッペンがトップ!
リチャルドは2番手。

オコンもマッサと同じとこで壁にタイヤを押し付けています。
軽くなんで、問題はないようですが。

ハミルトンは3番手。
何だけれど、レッドブル勢とのタイム差が大きいな…。

ピットに戻ってきたサインツJr.が盛大なバルサンを!
ちろっと火も見えた?
大丈夫か??

残り4分。
ノックアウト圏内のグロージャン、アタックへ!
グロージャンもタイヤ当ててる…。
でも、10番手!

マッサも出たぞ!

残り2分。
マグヌッセンもラストアタック。

サインツJr.、セクター1ファステスト!
トロロッソはここがチャンスと見ているようですからねぇ…。

マグヌッセン、10番手!
ストロールは15ギリギリ番手だ。
クビアトは4番手。
チェッカー!
サインツJr.が3番手に入った!
マッサは15番手、ギリギリ…。
ウェーレインは18番手でノックアウト。
パーマーは5番手。
グロージャンは13番手。
アロンソがセクター3でファステスト!
そして、3番手だ!
ヒュルケンベルグは9番手。
ストロールは18番手。

マッサのリプレイ。
最終コーナーで挙動乱れた!
マッサ無線。
ピー。
「とんでもないオーバーステアがラストコーナーであった!」
タイヤをウォールに当てた時も突然のオーバーステアだったし、これはレースに向けて心配になります…。

ストロールのリプレイ。
壁にタイヤが当たって土煙。
からの一瞬発火!

ウィリアムズは2台ともノックアウト。
辛そうです…。

コースマーシャルが、ウォールをチェック中。
ストロールが当たった所ですな。


Q2
ライコネンがアタック!
最終コーナー付近でアロンソが前に…。
でも、トップ!

JJLIN。
シンガポール生まれのシンガー。
台湾でデビューしたらしく、中華圏で人気らしい。

ベッテルがトップ!
現時点での順位はベッテル、ライコネン、ハミルトン、ボッタス、サインツJr.、クビアト。

ライコネン、やっぱりさっきのアロンソに引っ掛かった事に対して、ぶつくさ言ってたwww

フェルスタッペンのコーナリングやべぇwww
ほぼ直角にきびっ!と曲がったよwww
トップである。
リチャルドが3番手。

ヴァンドールンは6番手、メルセデス勢に割って入ってる。
アロンソは9番手でQ2通過圏内。

ヒュルケンベルグが8番手。
残りは8分だ。

グロージャン、リプレイ。
コースオフ…。
ハースのTウイングはいつ見てもふらふらしているな…。

来年の挨拶がてらルノーの前で終わりたいサインツJr.?

残り2分半、各車ラストアタックへ!

グロージャンは15番手。
アロンソが8番手。
クビアトは13番手。
チェッカー!
オコンは14番手でノックアウト。
サインツJr.が10番手に飛び込んできた!
ヒュルケンベルグは7番手!
さぁ、ライコネンがセクター1ファステストだ!
ペレスは諦めたようで、ピットに戻って行った。
ペレスの無線「何やったんだ!全くグリップがない!」
ライコネンは2番手でした。
ハミルトンが4番手。
パーマーは惜しくも11番手。
フェルスタッペンがトップ!
ベッテル、タイム更新できず4番手止まり。

レッドブル勢同士、フェラーリ勢同士のタイム差がかなり小さいですね…。

ペレスのリプレイ。
左フロントタイヤロックさせていました。
グリップ不足を訴えていた彼です。

クビアト無線。
ピー。

アロンソ無線。
ピットウォール「Q3に進んだぞ。」
アロンソ「よしよし。でも、もっとくるよ!」
川井ちゃん「ホントかよぉ〜〜〜〜〜〜〜」


Q3
ハミルトン無線。
「タイヤの温度が全部バラバラだ!」
メルセデス勢は潜在的にここ苦手だし、苦戦しそうか?

ベッテル、セクター1全体ベスト!
対するフェラーリはメルセデスとの差を縮めるチャンスだ!

ライコネン、少し挙動乱れてる…!
タイムは1分40秒069。
ハミルトンは2番手。
フェルスタッペンが1分39秒814でトップ!
40秒台を切ってきた…!
ベッテルが1分39秒669、トップに!
リチャルドは3番手だったけど、こちらも1分40秒台を切った!
フェラーリ、レッドブルに遅れを取っているメルセデス。
トトの表情が…。

残り2分半。
さぁ、ラストアタックのお時間です!

ライコネンが飛ばす!
チェッカー!
ヒュルケンベルグは7番手。
アロンソは8番手。
ヴァンドールンは9番手。

フェルスタッペンのラストアタック!
でも、トップからは遅れてる!
ベッテルが速い!
ライコネンはタイム更新ならず、4番手。
フェルスタッペンもタイム更新鳴らず、2番手。
ハミルトンは5番手に終わりました。
ベッテル、タイム更新、1分39秒491!!
リチャルドは3番手。
ボッタスは6番手でした。
サインツJr.が10番手。

ベッテル、ポールポジション獲得!!

渋い表情のトト。

ベッテルのリプレイ。
うわぁ、2回もウォールにタイヤ擦ってる!
飛び散る火花!
これでタイム削ってきたんだから、如何に攻めていたかが分かる。

ベッテル無線。
物凄い喜びよう!
「ターン19、当たるの分かってたけど、行かなきゃいけなかったんだよ、あれ!」

ポールポジションこそ取れなかったものの、ニヒルに笑うホーナー。
決勝に向けて、良い位置ではありますからね。

グリッドインタビュー。
ベッテルのマシンを見学するフェルスタッペン。

ウォールに接触したタイヤが削れてる。
しかも、リアホイール内にウォールの破片が…www

19歳最後の予選、フェルスタッペン。
次のマレーシア、その予選日が誕生日だったか。

ポールラップを叩き出したベッテルに話を聞いたというリチャルド。
ちょっと羨ましいって言ってるw

レッドブル勢のハンガリーでの1ラップ目について。
「あれは終ったこと。ここはシンガポールだから。」
とかわしています。

ベッテル「(レッドブルのマシン差して)ほら、うちのコピーつけてるじゃん!」
流石、人んところのマシンを良く観察しているだけある…w


エリクソンはギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
ですが、最下位だったので順位に変動はありません。


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
12番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

気配

空気や空が秋の気配。







某小説。

・タイトル
・キ○コ城もびっくりのザル
・モッキュ?
・キュゥ~……
・ギュッ!!
・眉間に皺寄せるモチ可愛い
・キューキュー
・声の通るタイプの見張り
・猫耳モチwww
・猫じゃねえw
・ギュ……
・もちもちと震えながら抗議の声を上げるモチ
・モチ「フーヤレヤレ┐(´ー`)┌」
・一肌脱ぐならぬモチ肌脱ぐ
・膨張するモチ!
・艶めくバディ!!筋骨隆々!!
・ぼでぃびるっ!!
・顔近いわwwwこえぇよwww
・そら悲鳴上げそうになるわwww
・ポーズ取りながら口塞いだwww
・親指立てながら頷くホラー
・筋肉に抑え込まれてるその光景はどう見ても犯罪
・ミンチ…www
・キュー からのフンヌッ!
・槍投げなるぬ人投げ
・尋常じゃないこのパワー!!
・ぶっ飛んでったwww
・見張りがめっちゃやられるフラグの科白言ってる…
・ぬるりとした動きwww
・モチの筋肉を見てwww
・得たいの知れない筋肉が猛ダッシュしてくるのとか怖すぎる!www
・ちゃんと持ち場を離れずに逃げ回る見張りwww
・偉いwww
・筋肉はお好きですかwww
・モチは何を言っておるのだwww
・見張りに同情してる影www
・最終的に格好良い場面で終ったwww


・怪しげな魔道具骨董店
・床抜けた?
・小さい娘
・魔動人形
・型番とかには何か元ネタとか意味とかあるのかな?
・地下室に隠れる魔動人形
・オーナーとマスター?
・奥様?
・オーナーは人形の持ち主かな?
・マスターは作った人?
・奥様というのは…因果とかそういうとこを考えると、魔女だろうか
・マスターと奥様は同一人物か?
・外と繋がった人形は魔女に居所を知られて回収される?
・常世の楽園…
・宝石じゃなかった
・黒き物語の魔女
・年を重ねてる姿
・13体の人形
・抱えられたら動力がなくなった
・白と黒の物語の魔女
・物語の力で対談用の椅子が…何か粋
・物の物語を凝縮すると、ぼんやりと光る
・黒き衣の祝福…葬儀屋さんか
・白と同じような事をしたって事かな?
・白よりももっと前に?
・取り敢えず、拗らせ系
・魔女は何かしら拗らせてる
・魔女の望みは叶ったが、オーナーの望みは叶わなかった
・魔女をして、宝石の魔女には会いたくない
・回収した人形からログを取り出せる?
・魔女は強大だなぁ…
・魔女の源泉は人の強い想い
・沢山の人々の共通した想いが束になったものも源泉となり得る
・かなりのヒントでは
・魔女になるのは魂を持った生き物のみ
・男や動物、物が魔女化のキーになる事もあり
・白の物語が味方になってるのは、目的が同じような方向向いてるからってだけだな
・自分の利益の為だけにしか生きられないのかぁ
・宝石は目的を達成してしまったら、その後はどうするのだろう?
・ずっと統治し続けるとは思えないが…
・それとも、人間がこの世界に存在する限り永遠に目的が存在し続ける?
・物語の魔女は自ら望んで生まれる
・物語の魔女は目的を達成すると消滅する
・魔女を殺すには2通り
・魔女を魔女ではなくするがキーポイントかな?
・突然のF1中継
・劇的!ビフォーアフター!
・吟遊詩人だし、そりゃ似た香りするよなぁ








お船~。


夏イベ終ったその日に海外空母の改二改装が実装。

そして、いつもの如く「レベル足りねー!!」になるのでした。

その後。


17_9_15_saratoga
アメリカ正規空母、Saratoga。


17_9_15_saratoga_kaisou
おっ…。





17_9_15_saratoga_mk2

17_9_15_saratoga_mk2_2
正規空母 Saratoga Mk.Ⅱ!!





17_9_15_saratoga_mk2_kaisou
ん…?





17_9_15_saratoga_mk2_mod2

17_9_15_saratoga_mk2_mod2_2
装甲空母、Saratoga Mk.Ⅱ Mod.2!!

我が鎮守府初の装甲空母です。
大鳳でもなく、翔鶴でもなく、瑞鶴でもなく、Saratogaが初でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

公園散歩

うーん、ここ1年半くらい、創作に殆ど時間使ってなかったからか、創作スイッチが錆びついてしまっているような感じが…。
どうやって創作してたっけって…。
どうやって創作意欲出してたっけって…。

今まで気分が落ち込んでる時に創作の事考えて現実逃避とかしてたけど、今は落ち込むとその事とかその他の気が重い事とか芋蔓式に考えちゃってずるずる行っちゃうもんね…。


うーん、これはマズいですね…。


元々小さかった創作の源泉、遂に完全に涸れちゃったかなぁ…?
いやだなぁ…。







F1イタリアGP決勝!!

予選日とは打って変わって、快晴のイタリア!!
既にスモーク炊いてるwww

メルセデスの非常勤会長、ニキ・ラウダとウィリアムズのスポンサーでランス・ストロールの父、ローレンス・ストロールが話してる。


イタリア国歌!!
歌手の人が太鼓叩きながら歌ってる!!
アクロバットチームが描くのは、イタリア国旗スモーク。

そして、フェラーリのでかい旗。
アクロバットチームがイタリア国旗スモーク出しながら飛んでおります。

キット・ハリントン。
イギリスの俳優。


マクラーレンは特別なオレンジスーツですね。


さて、またスターティンググリッドに変更があるようです。
まず、ヴァンドールンはパワーユニットの交換により、25グリッド降格。
内訳は
10基目のMGU-Hで10。
10基目のターボチャージャーで5。
7基目のエンジンで5。
7基目のMGU-Kで5。
…10基目って。。

ペレスとグロージャンはギアボックス交換で5グリッド降格。


ペナルティを受けるドライバーは実に9名、合計で150グリッドもの降格です…いやぁ、もう何が何だか分からんw
ペナルティ受ける順番も良く分からないから、誰が前にいるのかw


スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
3番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
8番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
9番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
12番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
13番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

16番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
19番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
20番手からはロマン・グロージャン/ハース


結局、ペレスなんてペナルティ受けてるのに本来の位置より前からスタート出来てるしw
良く分からないwww


フェルスタッペン、リチャルド、パーマー、アロンソはソフトタイヤスタート。
後はスーパーソフトでスタートするようです。


赤い煙、迷惑www
風向きは分かるみたいだけどね。


シグナルが…ブラックアウト!!
ストロールが結構良さげ。
おっと、ハミルトンがストロールを牽制しに入った!
アウト側からオコンが来ているぞ。

1コーナー!
ハミルトン、先頭!
オコンが2番手に上がって、ストロールは3番手に後退。
その後ろで少し接触…ペレスとマッサだ。
マッサは大丈夫そうだけど、ペレスは少しパーツ飛んだか?

ライコネンがボッタスをかわして4番手に。
フェルスタッペンは13番手から一気に8番手まで順位を上げています。

…おぉ、最終コーナーのパラボリカでライコネン対ボッタス!
ボッタスが並んでる…!
ホームストレートでボッタスが前に、4番手!
ライコネンがすぐ後ろについて再逆転を狙うが…ボッタスが4番手を守ってます。

…タイヤ同士当たってたんだね。

おっと、パーマーが1コーナーで止まれずにコースオフしています。


3周目、ボッタスがホームストレートでストロールをかわして3番手に浮上。

あっと、2コーナーでマッサとフェルスタッペンが接触!
ちょっとパーツ飛んでる…。
あっ、フェルスタッペンの右フロントがパンクした!
これは痛手ですね…?

リプレイ。
当たった後、曲がり切ってからフェルスタッペンが抗議してる。
フェルスタッペン無線。
ピー。

5周目に審議入り、10周目にお咎めなしになりました。


4周目、ボッタスがオコンもかわして2番手に。
これでメルセデスがワンツー、フェラーリはこの牙城を崩せるのか?
ここでベッテルがライコネンの前に出ました。
5番手ですね

5周目、スタートリプレイ。
リチャルドとエリクソンが接触したりしてたか…。
リチャルドは大丈夫そうか…?


6周目、ベッテルが4番手に上がっています。
続いて、ライコネンがストロールをかわして5番手に上がろうかという所。

どうやら、グロージャンのフロントウイング壊れてるらしい。

オコンを追うベッテル、パラボリカで少しフラつく。
乱気流かな?

おっと、ライコネンが1コーナーで曲がれずにコースオフ。


8周目、ベッテルがオコンをかわして3番手に浮上。
メルセデス勢を追撃に入ります。
ん、ライコネン、おこみたいですね…。


11周目、ヒュルケンベルグの無線。
…どうやら、無線のスイッチが入りっぱなしだったようだ。
そんな事もあるんだねぇ。

アロンソ、シフトアップが良くないらしい。
ギアの不調…で良いのかな?
さて、どうなる…。

映るヘリ。

ベルギーに続き、アロンソ対パーマーだ。
パーマーが曲がれなくてシケインカットしています。

18周目に審議になり、パーマーに5秒加算ペナルティが課されました。


16周目、クビアト対ヴァンドールンの10番手争い!
まだ序盤ですけど、熱いですねぇ…!


18、ライコネンのピットインリプレイ。
左フロントが少し時間かかってるみたいですね…。

ザウバー同士の対決。
今年は良く見るような気がする…。

ストロール、ピットイン。
タイヤ交換時間は4.4秒…あー、左リアが遅れたか。。
この遅れでオコン、ライコネン、ストロールの順になっています。


20周目、アロンソの無線。
ピットウォール「パーマーに5秒加算ペナルティだよ。」
アロンソ「ジョークかよ、ふざけんな。」
5秒ペナじゃ足りない、という事でしょうか。


22周目、マッサがピットイン。
タイヤ交換時間は3.4秒…ウィリアムズにしてはめっちゃ遅いな。。

アロンソ、まだおこのようです。


26周目、やっとライコネンがオコンの前に。
これで6番手だ。


30周目、オコン対ストロール。
ストロールがオコンに迫る!
あー、ホームストレートで行けそうだったけど、イン側閉められて行けなかったかぁ。
ここ行けたらカッコよかったんだけどなぁ。


31周目、パーマーがガレージに。
リタイアですね…。


34周目、ボッタスがピットイン。
タイヤ交換時間は2.2秒…他チームが軒並みミスってる中で、メルセデスは安定しているなぁ…。

あれ…。
ヴァンドールンのスピードが出ていないようだ…。
無線で「ノーパワー!」
新品のパワーユニット変えたばっかりなのに、またトラブルですか…?
ガレージに入って、リタイアです。
折角、次戦のシンガポールに向けてペナルティ受けないようにしようとしてたのに、またペナルティあるかも…?
シンガポールはポイント取れそうだから、ペナルティ喰らったら痛いなぁ。。

グロージャン対フェルスタッペン!
おっと、1コーナーで少し接触…!
グロージャン無線。
ピー!


37周目、ヒュルケンベルグ対クビアト!
クビアトが1コーナーでかわして11番手に浮上。
ヒュルケンベルグが諦めずに再度逆転を狙うが…ここはクビアトが前ですね。


38周目、ストロール無線。
ストロール「聞こえないよ!!」
無線聞こえない?

リチャルドがピットイン。
タイヤ交換時間は2.2秒、レッドブルも良い感じですね。

アロンソの無線。
アロンソ「パーマーは何処にいる?」
ピットウォール「リタイアした。」
アロンソ「カルマだな…。」
仏教用語で「業」とも書く基本概念の1つみたいです。
罪悪とか報いとかそんな意味合いで使ったのかな?


40周目、ストロールが1コーナーで盛大なタイヤスモークを上げています。
このタイヤで走り切る予定だし、痛めちゃあかんのでは…。


41周目、リチャルドがライコネンをかわして4番手に浮上。
うーん、マシンが決まってないのか、ライコネンの元気がないな…。


46周目、フェルスタッペンは現在11番手。
何だかんだでポイント圏内まで後1つか…。


47周目、フェルスタッペンが10番手に!
抜かれたマグヌッセンも粘る!
あっと、接触…そして、マグヌッセンが曲がれなくてシケインカットしています。
マグヌッセン、おこ!

49周目に審議入りしていますでも、すぐにお咎めなしに。


アイルランド人俳優のリアム・カニンガム。
キット・ハリントンと一緒にいます。
2人はテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で共演しているんですね。


49周目、ハミルトンが飛ばしているようですね…。
ハミルトンはハンマータイムでしょうか?
ハミルトンがハンマータイムと言うのなら、リチャルドのはデスメタルタイム…?w


52周目、エリクソン無線。
ガレージへ戻ってくるよう指示があり、リタイアです…。

アロンソもガレージに戻るよう指示が飛んでいます。
リタイアか…。


53周目、ファイナルラップ!
オコン、ストロール、マッサの6番手争いが長い事続いていましたが、まだまだ続いていますね。

ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
今季初めて2連勝を記録したドライバーとなりました。

おぉっと、マッサがストロールに仕掛ける!
サイド・バイ・サイド!!
んー、イン側のストロールが順位を守っています。
あーっと、後ろからペレスが来てた!!
あっぶねぇ!!
マッサ、ペレスをブロックして前に行かせません!!
ふぅ、危ない…。


赤いスモーク。


3位に入ったベッテルの無線。
やっぱり元気ない感じだなぁ…。
コースから飛び出した時にマシンの調子が悪くなったと話しています。

ハミルトン、イタリアGP4勝目。
ネルソン・ピケに並んで、2位タイです。
シューマッハの記録、5勝までは後1勝。
この優勝により、ドライバーズランキングでトップに立ちました。

因みに、今回は平均速度が約243kmだった模様。
これは史上5番目の速さなんだとか!

ティフォシ大はしゃぎ!!
ベッテルが辛うじて3番手に入ったのも彼らからしたら嬉しかったでしょうね。

ドライバー・オブ・ザ・デイはリチャルド。
16番手から4番手まで上げてきましたからね。


表彰台控え室。
ベッテル「今日、全然プッシュしてないでしょ?」
ハミルトン「そうだよ。」
ハミルトンによるモンツァ公園散歩か…。
略して、ハミ散歩。


表彰台。
いーつもーのー。

そして、いつも通り煙で表彰台が見えないwww
去年程じゃないが…。

危ないw
ハミルトン、トロフィ落としそうになったぞwww

ベッテルへのこの声援!!
やっぱり、ティフォシはティフォシだ。


シャンパンファイト!
皆まず飲まなかったwww
って、何だあれwww
表彰台の土台から二酸化炭素吹き出てるwww

表彰台の下からハミルトンのスマホが飛んで来たwww

表彰台インタビュワーはブランドルおじさん。
ジャン・アレジもきたwww

ハミルトンへのブーイングすげぇな…。
一応、歓声もあるけど。
つか、ハミルトン、ここでその発言するかwww
「メルセデスの方がフェラーリよりパワーがあったって事だよね!」

ベッテルとアレジの対談だーwww
あっwww
イタリア語でインタビューし始めたwww
分からない!www

ベッテルがカメラマンにwww
ベッテルカメラから、表彰台前の様子が生中継www


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はエステバン・オコン/フォースインディア
7位はランス・ストロール/ウィリアムズ
8位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
10位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル

ここまでがポイント獲得。

11位はケビン・マグヌッセン/ハース
12位はダニール・クビアト/トロロッソ
13位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
15位はロマン・グロージャン/ハース
16位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー
17位完走扱いはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
18位完走扱いはマーカス・エリクソン/ザウバー

リタイアは…
ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
ジョリオン・パーマー/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(238Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(235Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(197Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(144Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(138Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(68Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(58Pt)
8位:オコン/フォースインディア(55Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(36Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(31Pt)
12位:ストロール/ウィリアムズ(24Pt)
13位:グロージャン/ハース(24Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:アロンソ/マクラーレン(10Pt)
16位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
17位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
18位:ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ(0Pt)
23位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(435Pt)
2位:フェラーリ(373Pt)
3位:レッドブル(212Pt)
4位:フォースインディア(113Pt)
5位:ウィリアムズ(55Pt)
6位:トロロッソ(40Pt)
7位:ハース(35Pt)
8位:ルノー(34Pt)
9位:マクラーレン(11Pt)
10位:ザウバー(5Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "公園散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

西へ北へ

肉。


肉美味しいよ、肉。







お船の夏イベント、終了致しました。
いやぁ、この長丁場、厳しかったですね…。。


遂にようやく辿り着いた最終海域、鬼姫地帯を通ってボスを倒す事6回。
道中で1回撤退したから、出撃回数は7回かな…。


17_summer_e7_ousyuuseiki_kai
航空旗艦 欧州棲姫-壊。

例によって、脱げた方が強い深海棲艦の最終形態です。
でも、あんまり変わってないですね…。

これを撃滅すればイベントクリアです!


1回目は夜戦までもつれ込むも、惜しくも倒し損ねる…。
後、残り11だったのに…!!


でも、丙だし何とかなりそう。

さて、続いて、2回目の挑戦だ。
相変わらず、道中が厳しいね…。

基地航空隊を対空母夏姫2波、対ダイソン2波、ボス2波にしていたけど、ちょっと変更。
空母2波、ダイソン1波、ボス3波に。

基地航空隊はこれまた編成に悩まされるけど、結構安心出来るね。
到達さえすれば絶対来るし…攻撃が当たるとは言ってないけどw


17_summer_e7
なんと、昼戦のうちに撃沈!!

吸引力の変わらないただ一つの旗艦ガード、ケツダイソンが開幕の基地航空隊・航空戦・支援砲撃・先制雷撃のうちに沈んだので、楽だったな…。
いやしかし…。
まさか、昼で終わるとは思わなかった…。


という事で、先週の木曜にクリアしました。


17_summer_e7_ark_royal
突破報酬、イギリス空母 Ark Royal。
アークロイヤル。

夜戦でドイツ戦艦・ビスマルクに痛打を浴びせた複葉艦攻、Swordfishはこの艦の所属機でした。


17_summer_e7_clear
ドーバー海峡沖での海戦を制し、欧州救援作戦成功!!


17_summer_ousyuukyuuenn_risult117_summer_ousyuukyuuenn1
西方再打通及び地中海突破及び欧州救援作戦、完了…!!
これにて、夏イベント、完走です!!


さて、6海域目でRoma掘るか…。


17_summer_e6_roma
…おぉ、ホントに出てきたwww
いやぁ、結構かかったけどね…。
出たのは9月10日、日曜日だったし。


んじゃあ、4海域目で照月も掘りたいな…。


…掘れませんでした。
そもそも、道中だからドロップ確定じゃないし…。
道中に魚雷艇群いるから戦闘長引きやすいし、その割に結構スカもあったからなぁ。
後、旗艦の集積地夏姫倒し損ねたりも2回あった。
原因は…随伴の魚雷艇に攻撃が当たらなくて旗艦に十分なダメージを与えられなかった事。。


じゃあ、同じ4海域目の1つ目のボスで掘れる新規実装の天霧は…?
こっちならドロップ確定だし、丙作戦でも結構掘れるらしいじゃん。


…掘れませんでした。
いや、まぁ、時間の関係で、数回しかできませんでしたけど。。


じゃあ、5海域目のボスで掘れる海防艦 松輪は?


無理っしたw
いやぁ、道中長い上に結構キツいんで…ボスまで行ければ、旗艦のダイソンを落とさなくてもドロップするらしいけど…。
こちらも数回しか試せなかったしね。
サリチェフ火山のある松輪島、その名前を冠した海防艦は迎えておきたかったが…。


後、狭霧は掘る時間なかったです。。
まぁ、秋月型以外のレア駆逐艦は後のイベントで結構ドロップする事が多いし…そっちに期待。
寧ろ、海防艦の方がドロップ薄いかもな…前回逃した占守とか今回ドロップポイントなかったし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

豪勢に

9_10_lunch19_10_lunch2

9_10_lunch39_10_lunch4
ランチ。
マラサダもあるよ!





金曜ロードショーでやってた「バトルシップ」を録画しといて、嫁と観ました!
少しでも一緒に観てくれるように、と誘い文句は「パンジャンドラムが大活躍する映画だよ!」でした…。

取り敢えず、色々ツッコミ入れてたから良かった。







F1イタリアGP予選!!

雨!!
傘を差さない人も出てきてるけどね。


ミカ・ハッキネンがマクラーレンガレージに。


予選は時間通り開始だそうで。

観客席のフェラーリのでかい旗。


雨なんで、ピットレーン待機勢が多い事多い事。


Q1
ボッタス、ハミルトンを先頭にコースイン。

…あれ、さっきより雨の量多い??

フェラーリのチーム代表、セルジオ・マルキオンネ。

ボッタスのアタック!
ストレートで少し挙動が乱れています…ハイドロプレーニングが起きてるようですねぇ。
…あ、1コーナー曲がれない!

グロージャン無線。
「何処走ってるか分からない。」

クビアト無線。
「ブレーキ止まらない!」

…あっと、1コーナー前で1台滑ってるのが…!
あれは壁に当たってるな…クラッシュだ。

残り13分31秒で赤旗!

クラッシュしたのは…グロージャンだ。
ハイドロプレーニングか?
無線。
ピー。

ここまで9台がタイムを出しています。
トップはハミルトン、9台中唯一となる1分40秒台を出しています。
こんな状況でもぶっちぎってくるのはヤバい。

グロージャンのリプレイ。
白線の上でホイールスピンして態勢崩してるな…。
それでアクセル緩めたけど、もう一度アクセル開けたら滑って横向いたみたい。
滑ったのは丁度白線の上だったか…?
アクセル明けた時に白線で滑って横向いたかな?

グロージャンの左側リア、ホイールがひしゃげちゃってる…。
これはダメですね。

モンツァのストレートは再舗装されたらしいけど、あんまり荒さがないんだとか。
つまり、スムーズな路面…雨が降ると滑りやすいタイプのようだ。

5分くらい経ったかな、セーフティカーがコース確認へ。

フェラーリの副会長、ピエロ・フェラーリ。
フェラーリは70周年を迎えているようですね。

グロージャンは攻めた結果滑ったみたいだ。
彼が滑った所はハミルトンやベッテルでさえ、速度抑えてたらしい。
スピードトラップを見ると、グロージャンはハミルトンより10kmくらい速い速度を出していたようだ。

…エリクソンもグロージャン並のスピードだったかwww


リスタートは14分後くらいかな?

ライコネンのマシンのピトー管をヒートガンで暖め中。
中に水分入ったのか、暖めて水分飛ばそうとしているようだ。


マシンの中のマッサプロ。
カメラに向かってポーズ。
勿論、時計は見せる!

同じく、マシンの中のパーマーは瞑想中。
…あ、起きた。

テレビ番組、スカイF1の面々。
ジョニー・ハーバート、デイモン・ヒルというF1界のビッグネームも…。


解説による捨てバイザー談義。


さて、15分延長ですね。
コース確認中のセーフティカーがブレーキングで少しフラついてるくらいだし…。

フェルスタッペンはマシンを降りてホーナーと話。
「雲、上空を回ってるんじゃないの?」とか何とか話してるとか何とか。

エリクソンはマシン内で待機。
カメラにサムアップ。

ペレスはガレージ内の棚に腰かけてます。

マシン内にいるけど、ヘルメットを脱いでるマグヌッセン。
かーらーのーマグヌッセン応援団。
横断幕に書いてある愛称は「Kマグ」。
かーらーのー再びマグヌッセン。

オコンがマシンに乗り込みます。
シューズに水滴避けのカバーつけてたらしい。
最近はペダルの素材とか形状とかでそうでもないらしいが、昔は濡れてるとペダルが滑ったんだとか。

サインツJr.ファミリー。

ストロールは濡れたシューズを拭く派。


セーフティカーによるチェック。
最終コーナーのパラボリカでセーフティカーのリアが少し滑ってたな。
あ、セーフティカー戻ってきた。

13分半後に再度インフォメーションを行うようだ。

エリクソン、マシンから降りた。

タイヤウォーマーの最高設定温度は120℃らしい。
この温度で暖める事を「ブースト」と言い、短時間だけこの設定に出来るんだとか。
だけど、シンガポールにおけるタイヤウォーマーの設定温度180℃らしい。
フロントタイヤ暖まりにくいらしいので。


チャーリー・ホワイティングのコメント。


フェルスタッペンとピエール・ガスリーが話してます。
ガスリーはレッドブルのジュニアドライバー。
去年、F1の下位カテゴリ・GP2でチャンピオンに。今年は日本のスーパーフォーミュラに出走中。

フェラーリドライバーのイタリア人、ジャンカルロ・フィジケラがティフォシに挨拶。

セーフティカーがコース確認。
ストレートは相変わらず水が多い。


あ、更に15分後延長ですか。

ハミルトンのアタック、そのオンボードリプレイが。
…ホームストレートでの減速開始が早いね。

実況が雨男。


フェラーリガレージのアントニオ・ジョヴィナッツィ。


川井ちゃん「オコン可愛い顔してますね。」
リチャルドは無線であいつの笑った顔嫌いなんだよつってたららしい。


雨で応援旗?がべったり。
何の旗なんでしょうね?


セーフティカーが確認中。
やっぱりホームストレートの路面がびちゃびちゃ…。

ウェーレインはヘルメット脱いだ。


またしても15分後にアナウンス。


ベッテルがティフォシに挨拶。
大歓声のグランドスタンド!


バナナを食べるクビアト。
素早く栄養補給できるので、バナナを食べるというのは結構あるようだ。
バナナっていうと、フェラーリの代表時代のロス・ブラウンが有名っぽいけど。
後、去年だっけ、ニコ・ロズベルグも喰ってたな。


フェルスタッペン、ホーナーと話す。
サー・ジャッキー・スチュワートもいる。


カート大好きイタリア人の話。


何かで乾杯してるザウバークルー。

カメラを拭くザウバークルー…www
ザウバー時代の可夢偉のトレーナーらしい。


ホームストレートがキラッキラしてるな…。


フィジケラ、ベッテルと来て、ライコネンは…?
ライコネンはアイスクリーム食べてるのか寝てるのかwww
取り敢えず、カメラの前には姿を現していません。


ウィリアムズピットウォールのロブ・スメドレーとマッサ。
お天気レーダー見て話してます。


っと、ここで録画が切れた…。
結局、2時間半以上中断した後、予選再開したそうです。

中断中は笑顔のライコネンがいたり、ハミルトンとボッタスがゲームに興じたりしていた模様。
オコンがカメラマンになってみたり。フェルスタッペンもカメラマンになってみたり。ハミルトンとボッタスはまだゲームしてたり。リチャルドがカメラマンになって、メルセデスのガレージに潜入!沸き起こる笑い。そして笑顔で去っていくリチャルド。
ウィリアムズはマッサ、マッサ息子のフェリピーニョ君を交えてサッカーボールで遊ぶ。
色々あったようですね。

結果は、ハミルトンが69回目のポールポジションを獲得!
史上最多に躍り出ました!!

レッドブル勢が濡れた路面で良い走りをして、2番手3番手。
ダウンフォース結構付けたらしいストロールが自身初のセカンドロー、4番手。
オコンは予選最高位タイかな、5番手だ。

結果。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
4番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
5番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
8番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
9番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
20番手からはロマン・グロージャン/ハース

ここからペナルティがあります。

アロンソはパワーユニット交換により、35グリッド降格ペナルティ。
9基目のターボチャージャーにより10。
9基目のMGU-Hにより5。
7基目のエンジンにより5。
7基目のMGU-Kにより5。
6基目のエナジーストアにより5。
5基目のコントロールエレクトロニクスにより5。

リチャルドはパワーユニットとギアボックスの交換により、20グリッド降格ペナルティ。
6基目のMGU-Hにより10。
5基目のエンジンにより5。
5基目のターボチャージャーにより5。
ギアボックス交換で5。

フェルスタッペンはギアボックスとギアボックスの交換により、15グリッド降格ペナルティ。
5基目のエンジンにより10。
5基目のMGU-Hにより5。
ギアボックス交換で5。

サインツJr.はパワーユニットの交換により、10グリッド降格ペナルティ。
5基目のMGU-Hを使っています。

ヒュルケンベルグもパワーユニット交換により、10グリッド降格ペナルティ。
5基目のMGU-Hを使っています。

パーマーはパワーユニットの交換により、15グリッド降格ペナルティ。
5基目のターボチャージャーにより10。
5基目のMGU-Hにより5。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
3番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
8番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはダニール・クビアト/トロロッソ

11番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
12番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
13番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
14番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
15番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

16番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
17番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
20番手からはロマン・グロージャン/ハース


ストロール、史上最年少フロントロースタートとなりました。
オコンも決勝を最高位である3番手、セカンドローからのスタート。

ルノーパワーユニット勢が多くペナルティを受けているんで、ザウバー勢が大きく繰り上がっています。

ルノー勢やマクラーレンからしたら、パワーユニットのパワー不足で苦戦が予想される高速のモンツァでパワーユニット交換ペナルティ受けとくのが得策なのでしょう。
次戦のシンガポールはパワーユニットの性能の差が出難いので、より結果を期待出来るからです。






続きからコメント返信!!

続きを読む "豪勢に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

バトルシップの受難

太陽フレア来るで!!






某小説。

・登場、片割れ(?)
・「案ずるな、青き瞳の乙女よ。美しく孤独なこの檻の中から必ずや解き放つと約束しよう。その傷ついた翼を癒し、暁光の時を待つがいい。」
・くっそ…www
・皆出てきた
・全員で魔女?
・真名の手がかりを探せ!(HARD)
・キーアイテム:曰く付きのペンダント
・見た事ないもんは見えない
・けど、存在は知ってる
・男の子からヒント
・絵…肖像画
・死後に評価されるパターンのやつだ!
・男の子は黄色いカナリアの兄
・突然の暴風
・これはバレかけてるって事か?
・脱出
・久々に氷の神
・横たわる少女
・氷の棺
・それだけじゃ分からんな…
・段差でこける物語の魔女…
・僕に小脇で抱えられるwww
・って、暴れるなwww
・お姉ちゃん、おこだよ!!
・姐さんがお姉ちゃんぽい…
・明日はお姉ちゃんが降ってくるなw
・鷲掴まれるカラーひよこ
・心を落ち着かせるのに使われるカラーひよこ
・ねこといぬによるエアーもふもふ
・レンタルカラーひよこ
・とどめ #とは
・問い質されそうな子猫のピッキング
・大人げない青カラス…www
・カラーひよこ喰われそうなレベル
・おこだけど、ちゃんと言い付け守ってるの可愛い
・ハードル高い事を要求されてるへたれ
・押し込み強盗にすげ変わっていた
・可愛い魔女っ娘さん…
・カラーひよこ没収
・しまう先がまた…何でまたそこなんだwww
・後、どうやって没収したのか
・物見の塔が蔦に緊縛とかいうパワーワード
・サイバー妖精がコーヒー吹く
・表でも何か起きてました
・原子のレベルで消し去るw
・荷電粒子砲かな?
・えきさいてんぐ
・基本的に女子の方が強い鷺界隈
・姐さん、驚くのはそこじゃない
・きょぬうお姉さんの谷間に挟まれて失神
・サイバー妖精のパネルが砂嵐
・ネットに繋がなくても砂嵐
・今流行りの電磁パルスかな?
・それとも、太陽フレアかな?
・魔法障害というワード
・魔力が通信網に影響与える、か…
・裏世界の魔力が表側にも影響を…
・世界の危機だ!!(今更
・結界が破られたかも
・ノーと言える火の玉
・結界健在でお姉ちゃんはようやく一息ですねぇ
・道路のお兄さんの謎ウインク
・引く妹
・籠の中身は炎でしたか
・ヤバイもの拾って食べた疑惑www
・道路のお兄さんが口を開くと家族は退避する
・長い
・長い
・長い
・長い
・長い
・長い
・長い
・長い
・長い
・ケータイ端末で見てたら、100行以上あったw
・さて、内容は…
・炎のハイパーサボタージュタイム
・さりげないFFネタ
・ベルトの形状とか説明しなくて良いわwww
・長い中にもさりげなく重要そうな事も混ぜていく道路のお兄さん
・なんてややこしいんだ!!
・おや睡眠中の炎を見て、動揺してた雷
・やっぱ同様するんだなぁ
・魔導師のクリティカルツッコミ
・アスファルト吐いたー!!
・そして雷にトドメを刺される
・道路のお兄さんが燃え尽きたwww
・「可愛い子になんてことを」
・からの「抜け駆けしやがって」
・青い羽毛が更に青くなったよ!
・物語という性質上、嘘も付けるよねっていう疑念
・確かに言われてみれば
・突然ののろけ
・上げてから下ろす
・ジュースツケで!w
・太っ腹な炎
・明日は火の玉が降るwww
・子供達によるハイパーつんつんタイム!
・変な感触、やわらかい、意外とつるつる
・四方八方からつつかれたら、ゴルフボールみたいになっちゃうwww
・ツケなの分かっててちゃっかり追加注文を促そうとしてるwww
・そのディフェンス、ぬりかべの如し
・…あ、抜かれたwww
・TRPGかな?
・追加注文がメイン注文だった
・ぢごくえず
・漁組
・何か変なの捕らえられてた
・おっきい!太い!かたい……(意味深
・水着姿の布団屋さんください!!
・クラーケン
・和名(?)ダイマオウヨロイイカ
・十年に一度…某アイドルかな?
・クラーケンのスープ(MOTHER2感
・生足魅惑のマーメイド
・本イカから分けてもらえるの…
・茶の子とクマの水着姿くれくれ!
・かなり生臭いw
・深海性のくせにアンモニア臭しなくて美味しいのw
・帰ってきた探索組
・ぎゅっと抱き締めた…忘却してても、思う所あったのかなぁ
・「おっと靴紐が」じゃねーよwww
・ちゃんと迎えてやれよwww
・有能子猫
・真名を探せ!
・その言葉選び、分かるような分からないような…
・要はwww
・真名は青なら口にできる!
・って、連絡手段置いてっちゃうとか…!
・それなら影に…あっ
・魔法使い
・さぁ、いない人が多くなって参りました!!







お船の夏イベント。

いよいよ最終海域、7海域目。
難易度は過去最高!

まず、そのままじゃ遠回りさせられてボス所じゃないんで、ショートカットルート出現のギミックを解除します。
2ヶ所(難易度によっては4ヶ所)の戦闘マスで敵艦隊を全滅、もしくは旗艦以外撃沈すると解除。
しかも、道中の戦闘は旗艦がほぼ鬼クラスとか姫クラス…これは面倒くさい。。
潜水艦対策しつつ水姫クラスも倒すのか…。
対陸上施設艦隊だと、潜水艦対策しつつ対空しつつ手数増やしたいから開幕雷撃要員入れつつ対陸上施設…は無理w
幸いな事に、旗艦の港湾夏姫を倒さなくてもギミック解除できるから陸上対策はしてませんでした。

ショートカットルートを出現させたら、次は味方艦隊の攻撃力アップギミックを解除。
ショートカットルートを出現させるギミックの時と同じ艦隊を倒せば良いのであった。
…あー、遠回りさせられた。


さぁ、それが棲んだらいよいよボス!
道中は4戦だけど、その全てが鬼クラスとか姫クラス旗艦…これは気が気ではない。

初っぱな、わるさめちゃんこと駆逐棲姫率いる水雷戦隊。
駆逐棲姫の雷撃が痛い。

次は潜水新棲姫率いる潜水艦隊。
十分な対潜装備を揃える余裕ないんで、開幕雷撃と雷撃戦が怖い。
ボス通い中、何度も被雷して小破〜中破させられます。

3戦目は空母おばさんこと空母夏姫率いる空母機動部隊。
行動前までに中破させられれば行動不能になるんで、どうという事はないのだが、中破させられなかった時は高い命中率と攻撃力で被害はほぼ確実…。
止め損なって、大破もします。。

4戦目はケツダイソンこと戦艦夏姫率いる艦隊。
難易度丙はダイソン1体か2体だけど、甲はダイソン3体の編成もあるらしい…。
ダイソン3体ってラスボスみたいな編成だな!!
後、随伴がほぼ魚雷艇だから、航空戦と支援艦隊の攻撃を外すとほぼ当たらない…。
このおそろしい回避率!
こちらの攻撃を良く庇ってくるダイソンではあるが、そのダイソンに当てたい攻撃を更に庇ってくる魚雷艇…しかも、回避してくる。
後、その名の通り、魚雷攻撃が強いんで、雷撃戦怖い。
これはうざったい。


そんなこんなで、やっとボスですよ…。


17_summer_e7_ousyuuseiki
ラスボス、航空旗艦 欧州棲姫。
イギリスのクラシカルなメイドさんって感じの出で立ち。

イラストだとエイ型艦載機だけど、実際に飛ばしてくるのは鳥形艦載機。
航空旗艦とか行ってるけど、空母じゃなくて航空戦艦だな、ありゃ…。

4海域目のボス、戦艦仏棲姫の上位版といった感じです。
高耐久・固い・火力バカ高い。

まぁ、難易度低いんで、幸い倒し損ねてはないんだけどね。
それと、航空戦力が欧州棲姫しかいないのが楽だね、うん。

随伴にタフで火力の高いフラッグシップ戦艦が3隻いるのが面倒だけど…。
ボスまで行くと、燃料がほぼほぼ底をついてて、回避力ガタ落ちだからね、敵艦隊の攻撃はほぼ当たるんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

高き壁

涼しいと思ったら、暑くなって、また涼しくなった。






お船の夏イベ。

だいぶイベント期間も終わりが近付いてきました…まだ6海域目。

17_summer_e6_kouwankaki_
輸送作戦のボスは港湾夏姫。
5海域目の道中で航空攻撃してきてたやつ。

つか、前もいたよね…。


17_summer_e6_luigi_torelli_2
輸送作戦攻略中にボスを倒して新規実装のイタリア潜水艦、Luigi Torelliをお迎え。
ルイージ・トレッリ…もう某永遠の2番手しか思い浮かびませんね!!
緑だしw

因みに、この後日本の潜水艦になったらしいです。


…電車の中でやってたから、ドロップ時の声は聞いてない。


17_summer_e6_yusou17_summer_e6_yusou_clear
…という事で、輸送作戦完了。

連合艦隊、輸送護衛艦隊ではなく、空母機動艦隊でのクリアでした。


17_summer_e6_kouwankaki_kai
港湾夏姫-壊。

輸送作戦完了後、ボス艦隊弱体化ギミック解除の為に、再び訪れたら壊れてた。
壊の方が艦隊構成強くなっているのは何故か…。


17_summer_e6_kuubokaki
6海域目のボス、正規空母 空母夏姫。
夏の空母おばさん…。


17_summer_e6
一番低い難易度の丙だからか、昼戦で終了。

ケツダイソンは開幕航空戦で沈みました。


報酬は全難易度共通の試製甲板カタパルトと新型航空兵装資材のみ。
丙だからね…。


17_summer_e6_clear
地中海及び要衝・ジブラルタル海峡制圧。

最終作戦の7海域目は大西洋を通って、いよいよドーバ海峡へ。


17_summer_seihousaidatuu_tityukaito
後段作戦、地中海突破作戦完了。
5つの出撃制限地帯を終えて、後は全力出撃できる最終海域だ。
連合艦隊だからね、資材が吹き飛ぶね…!!

…どうも、速力が「高速」じゃないとダメみたいなんで、速力「低速」の大和型は今回は非番である。
更なる資材の消費は免れた模様。


17_summer_seihousaidatuu_tityukai_2
という事で、拡張作戦へ。

2つのギミックを解除する必要あり…と。







F1ベルギーGP決勝!!

実況は野島さん。
めっちゃ慣れない感。

ハミルトン、F1参戦200戦目。

勿論、フェルスタッペン応援団が沢山…オランダ近いしね。
パパスタッペン。


そうかぁ、ベルギーはマクラーレンの創設者、ブルース・マクラーレン初優勝の地か。
シューマッハデビューの地であり、シューマッハ初優勝の地でもある。

ルノーのアドバイザー、アラン・プロストとディレクター、シリル・アビテブール。

ピレリのアンバサダー、ジャン・アレジとマッサのマネージャー、ニコラス・トッド。
トッドはFIA会長、ジャン・トッドの息子。
後ろにパパマッサ、ルイス・アントニオ。

トッドとアレジとプロスト…www


ベルギー国歌!
飛ぶ戦闘機。
母国なのに、ヴァンドールン全然映らんwww


ペナルティを受けた5台、合わせて合計100グリッド降格ペナルティ。
凄いね…。。

ウィリアムズ勢、エリクソン、クビアト、ヴァンドールンはスーパーソフトスタート。
ウェーレインだけがソフトスタート。
後はウルトラソフトスタートです。


シグナルが…ブラックアウト!!

1コーナー、ラ・ソース!
結構クリーンなスタートだな。

…と思っていたけど、スタートリプレイ見たら1コーナー後にオコンとペレスが接触してたwww
またかよwww

オコンがペレスの右側から抜きにかかった時に、ペレスが寄ってきた!
そして、接触。
オコンは壁に押し付けられて、危うくクラッシュ案件となりました。
でも、タイヤ同士の接触だったからか、ダメージはなさそう。
結局、オコンはペレスの前に出れたし。

後、アロンソが3つ順位上げて7番手になってた。

おっ、ケメルストレートでベッテルがハミルトンに仕掛けた!
…でも、ここはハミルトンがトップを守っています

…ん、セクター1で黄旗。
何かあったか?
何も出ないけど…。


2周目、最終コーナーのバスストップシケインでヒュルケンベルグがアロンソをかわす。
あっさり行ったな…。
でも、アロンソがケメルストレートでヒュルケンベルグを再度逆転!
おっと、アロンソの後ろにいたオコンも並んで行った…スリーワイドだ!
こういうの、熱いよなぁ!

さっきまでストロールの後ろにいた筈のマッサがいつの間にか順位上げて14番手になってた。
2つ順位を上げています。
さて、ウィリアムズはセクター2苦手過ぎるみたいだけど、どうかな?
ポイント取れるかな…?


3周目、ウェーレインがピットイン。
…と思ったら、ガレージに入りました。
どうした?
リタイアか…?

森脇さん「ピンク色の2台」。


4周目、やっぱフォースインディアは速いな…。
ストレートが良く伸びる。


5周目、アロンソ無線。
「恥ずかしい恥ずかしい…」
ストレートでのパワーがないから、楽に順位を奪われてしまっています。
あまりにもスピード差ありすぎて、抵抗できず。
だからでしょうね…。

ウェーレインはマシンを降りています。
リタイアですか…。


6周目、アロンソがグロージャンにかわされて11番手に。
あっという間にポイント圏外です。


8周目、ベッテルのヘルメットは特別仕様?
んー、マイナーチェンジ版かな?

スマホ弄るパパマッサ。

あっと…!
フェルスタッペンがスローダウン!
オンボードカメラ+テレメタリー表示。
ギアが4速より上に行ってないな…。

ケメルストレートのコース脇でストップしてしまいました。
今季、マシントラブルが多いフェルスタッペン。
これにはパパスタッペンも渋い表情…。

オンボードカメラにはしきりに首を横に振るフェルスタッペンの姿が。
またか…と落胆しているのでしょう。

セクター1、2で黄旗です。

リプレイ。
ホームストレートの立ち上がりでギアが5速のままスタックしましたね…。
ギアボックス大丈夫?


10周目、ピットインするマシンが多いです。
ストロールのタイヤ交換時間は4.5秒。
これは…おっそーい!!


11周目、アロンソがピットイン。
タイヤ交換時間は4秒。
遅いね…。


12周目、マッサのピットイン。
タイヤ交換時間は2.5秒、そこそこですね。
最速ではないだろうなぁ。

ぬ、トップのハミルトンがハンマータイム入りました!
そして、ピットイン。
タイヤ交換時間は2.3秒、安定のパフォーマンスですね。


13周目、ライコネンに審議…?!
黄旗でペース落とさなかったとか。
スパ王……。。

16周目に10秒ストップペナルティを課されてしまいました。
無線で「何言ってんだ!
やつはコース脇に止まってただけじゃないか!!」
と叫ぶ無線芸人。

でも、18周目に出たオンボードリプレイには…
清々しいまでの全開でケメルストレートを颯爽と駆け抜ける姿が。

…こりゃあかんわwww


もうタイヤ交換を終えていたので、このまま走り切ってタイム加算ペナルティを受ける…

かと思いきや、18周目にピットインしてペナルティ消化。
これで4番手から8番手に後退しました。
うん、勿体無かったね…。


14周目、ペレスが一気にクビアトとグロージャンをかわしています!
今の良い動きでしたねぇ…。
グロージャンがクビアトをかわした時、グロージャンの後ろにいたペレスも一緒にクビアトをかわす。
そして、そのままグロージャンもかわして行きました。


16周目、ペレスに審議?
ターン5…?
19周目には5秒加算ペナルティに。
…あ、ターン5のシケインをカットしてましたか。
これでアドバンテージを得たと判断されたのね。
26周目にピットインして、ペナルティも消化してました。


アロンソ無線。
「話しかけるな!」


マッサ、現時点で13番手。
ちょいちょい順位上げてるっぽい。


20周目、アロンソ無線。
ピー。
現状への不満ですかね…。
アロンソ「いいよ、これテストだから…。」


27周目、アロンソがガレージに。

リプレイはアロンソとパーマーのバトル!
パーマー無線で「押し出された!」
あー、ちょっと当たってるね…これで少し押し出されるパーマー。
あっ、タイヤ同士が当たった!

オコン無線。
「なんで奴を先に入れたんだよ!」
奴とはチームメイトのペレスの事だ。


30周目、1コーナー後にオコンとペレスが接触した!!
ペレスの右リアとオコンの左側フロントウイングが当たった!
オコンのフロントウイング翼端板がごそっと飛ぶ!

ん、オー・ルージュ前でペレスが挙動を乱した…!
あらら、リアタイヤがカットされてる!

ずるずると後退するペレス。
オコンは踏ん張ってる…この接触で助かったのは2台の前を走ってたマッサかもなぁ。
フォースインディア、速いですから…同士討ちで自滅したから、楽になった筈。

ケメルストレートでペレスのタイヤ表面が取れた!
転がってく…。
そして、接触した所の路面上にはオコンのフロントウイングのパーツと破片が散乱。

セーフティカー!!

オコン無線。
ピーー!
ピー!
ピー!
激おこであ?。
「何やってんだ奴は!!」みたいな事言ってるらしい。

勿論、この接触はレーススチュワードに記録されました。

さぁ、ここでピットストップするマシンも出てきますよ!
フェラーリ勢、ウルトラソフトに替えてきた!
ポイント圏内だったマッサもウルトラソフトに替えた!
これ、後ろ走ってるオコンもピットインする事を考えたら、マッサは実質フリーストップ…順位を下げないでピットインできるんだな。

6番手のヒュルケンベルグも入ってるな。


32周目、トトの奥さん、スージー・ヴォルフだ。
元ウィリアムズのテストドライバー。


33周目、ハミルトンがイライラしているようです。
「ベッテルがウェービングしてる。」とか、「何でセーフティカーこんな遅いの?」とか…かなり神経質っぽい感じ。

…まぁ、自分は今回のタイヤの中で一番硬いソフトタイヤ。
それに対して、後ろのベッテルは一番柔らかいウルトラソフトだもんなぁ。

さぁ、この周でセーフティカーが戻ります。
ソフトタイヤを入念に暖めてベッテルの挑戦に備えるハミルトン。
ベッテルオンボード。
…おっと、危ない。
減速したハミルトンに危うくぶつかる所だった…。
でも、バクーの時とは違って、冷静なベッテル。
抗議の手を挙げてもいないです。
…いや、怒ってはいるのかもしれないけどさ。

34周目、リスタート!
あーっと、バスストップシケインで1台、盛大なタイヤスモークを上げてコースオフ!!
マグヌッセンだ!

リプレイ。
フロントタイヤが両輪共ロックしてんな…。
危うくチームメイトのグロージャンに接触する所だったな…危ない。

そして、グロージャンとマッサが接触した模様。
グロージャンの右リアタイヤにマッサのフロントウイング左側が軽く接触。
グロージャンは無線で「タイヤにダメージ!」と叫ぶも、切れたりはしてなさそう。
マッサもフロントウイング飛ばなかったし、大丈夫そう…?

ベッテルが1コーナー後にハミルトンに接近!
ぴったり後ろについたままオー・ルージュを駆け上がる!
ケメルストレートでハミルトンに仕掛けた…!!
並んだ…並んだ…!!
あー、抜けない!
ハミルトンがトップを守る!

そして、その後ろではボッタス、リチャルド、ライコネンによる三つ巴のバトルだ!
まずはリチャルドがボッタスの左側から仕掛ける!
すかさず、ライコネンもボッタスの右側に展開!
リチャルド、ライコネン、ボッタスを両サイドから抜いていく!
おっと、ボッタスの行き場所がなくなって、シケインカットした…。
3番手リチャルド、以下ライコネン、ボッタスの順に変わっています!

ボッタスのオンボードリプレイ。
色々細かいパーツ飛んでるような…?
それとも、マーブル?


…えっ、ペレスとオコンはお咎めなしなの?!


43周目、ペレスに無線。
「boxbox」…ピットイン指示ですね。
どうやら、リタイアするようです。

メルセデスクルーのホナ足だ…。


44周目、ファイナルラップ!
ハミルトンとベッテルは完全に3番手以下を置いてったな。
本気だ…本気のスプリントレースか。

それにしても、ウルトラソフト勢は良くないね。
リチャルドとライコネン以外ほぼ戦果なしじゃん。
路面温度に合わなかったのか?


ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
本気でベッテルから逃げてたんだろうし、やりきった感漂う雰囲気だね。

ドライバー・オブ・ザ・デイもハミルトン。


表彰台控え室。
ベッテル「あそこ(リスタート後のオー・ルージュ)近かったね!」
ハミルトン「俺、あそこリフトしてた(アクセル戻してた)から。」
マシンを降りた後から何となく素っ気ない感じのハミルトン。
…怒ってるのかな?


表彰台!
ハミルトン、ここでようやく喜びのポーズ!

国歌、いつもの。

かーらーのー

いつもの。


再び映るスージー。


シャンパンファイト!
まず飲むベッテル。

表彰台インタビュワーはゑ!
ぬ、これは…。


ゑの誕生日を祝うベッテル。

リチャルドはニッコニコ!
って、おい、何だその意味深なカメラへの目配せwww

インタビュー終わったら、そそくさと退場するゑwww
シューイはありませんでしたか…www


紺アロハ。
しかし、森脇さんめっちゃ満足そうな笑顔だなwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3位はダニエル・リチャルド/レッドブル
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7位はロマン・グロージャン/ハース
8位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9位はエステバン・オコン/フォースインディア
10位はカルロス・サインツJr./トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はランス・ストロール/ウィリアムズ
12位はダニール・クビアト/トロロッソ
13位はジョリオン・パーマー/ルノー
14位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
15位はケビン・マグヌッセン/ハース
16位はマーカス・エリクソン/ザウバー
17位完走扱いはセルジオ・ペレス/フォースインディア

リタイアは…
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
パスカル・ウェーレイン/ザウバー


ドライバーズランキング
1位:ベッテル/フェラーリ(220Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(213Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(179Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(132Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(128Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(67Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(56Pt)
8位:オコン/フォースインディア(47Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(36Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(34Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(27Pt)
12位:グロージャン/ハース(24Pt)
13位:ストロール/ウィリアムズ(18Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:アロンソ/マクラーレン(10Pt)
16位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
17位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
18位:ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ(0Pt)
23位 :ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(392Pt)
2位:フェラーリ(348Pt)
3位:レッドブル(199Pt)
4位:フォースインディア(103Pt)
5位:ウィリアムズ(45Pt)
6位:トロロッソ(40Pt)
7位:ハース(35Pt)
8位:ルノー(34Pt)
9位:マクラーレン(11Pt)
10位:ザウバー(5Pt)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

ストラスブール : グラン・ディルからノイシュタットまでの欧州都市の一風景

2017年に拡大登録された、フランスの世界文化遺産です。
1988年に登録された「ストラスブールのグラン・ディル」にノイシュタット地区が加わりました。
この世界遺産はフランス北東部のグラン・テスト地域圏、バ=ラン県の中心都市、ストラスブールにあります。同地域圏の首府で、バ=ラン県の県庁所在地でもあります。尚、ライン川沿いに位置しており、川の対岸はドイツの都市・ケールです。
この都市にある歴史的建造物、129棟が世界遺産の対象となっていました。これらの建物は半木造のハーフティンバー様式という北方ヨーロッパの様式で建てられています。

ノイシュタットとはドイツ語で「新市街」を意味し、普仏戦争〜第一次世界大戦までの、ストラスブールがドイツ領だった時代に形成されたのだとか。
今回はノイシュタットのレピュブリック広場周辺にあるカイザープラッツ、カイザー・ヴィルヘルムといったスポット名でしょうか…?これらを含むエリアが拡大登録され、合わせて41棟が世界遺産の仲間入りとなりました。
「プラッツ」はドイツ語で「広場」らしいので、皇帝広場という事ですね…。今回登録された建物が周りにあるんでしょうか。
「ヴィルヘルム」はドイツの人名なので、「ヴィルヘルム皇帝」という事になり、まぁ、讚えて付けられた名称なんでしょうけど、建物名なのか、広場等なのか分かりませんね…。

イコモスもお墨付き!
元々、3つの世界遺産登録基準を根拠に登録されていたようですが、そのうち2つの基準を強化するとして拡大登録を勧告していました。
ただ、残りの1つは該当しなくなるとして、適用を解除する事を明言していたようです。
因みに、その適用解除された基準は、というと…基準一覧1番目の「人類の創造的才能を表現する傑作」というもの。
新市街だからでしょうか…?









F1ベルギーGP予選!!
夏休み明けました!!

開幕シューマッハのイラスト。

ライコネン、フリー走行3回目でトラックレコードを更新したとの事。

フェルスタッペンと話すオランダ人元F1ドライバー、ギエド・ヴァン・デル・ガルデ。

スタンドにはお馴染みのフェルスタッペンファンなライオン。

フェルスタッペンは特別ヘルメットかな?


Q1
ハミルトンが真っ先に出てきた。
最近のメルセデスはホント、最初から本気出してきてますね。
タイヤはスーパーソフト。
レースでは使わないつもりのようだ。
フィーリング良くないみたいだから、ここで消費しておくのか。

ライコネン無線。
「凄い大きなバイブレーションがリアから出てる。」
横方向のバイブレーションのようだ。
タイヤ起因なら縦方向らしいんで、別の要因か?
何にせよ、ここまで好調だったスパ王に暗雲が…。。
そういや、フェラーリもスーパーソフト使ってるね。

残り12分。
ライコネン、一旦ガレージへ戻りました。
セカンドアタックでフィーリング良くなればまだチャンスありそうですね。

それにしても、フェルスタッペンへの応援が凄い!
何処でもフェルスタッペンファンの一団は見るけど、やっぱ近いからなぁ。
そのフェルスタッペンは3番手タイム。

ハミルトンのリプレイ。
リアが凄い振動してる…。
Tウイングもぶるぶるしてるし。

残り7分。
おっ、パーマーが8番手!
ここの所不運が多いのもあって結果が出ない彼。
1周が長くて一貫したパフォーマンスを出しにくいここで良いグリッドにつけたら、大したもんですね!

残り2分。
グロージャンが11番手、マグヌッセンが9番手。
ハース勢がタイムを上げてきました。
これにより、マッサが16番手に落ちてノックアウト圏内に…。。
ウィリアムズはどうにもダウンフォース足りないのか…。
セクター2が極端に苦手かな?

残り30秒。
アロンソが11番手。
ストレートでヴァンドールンに引っ張ってもらったみたい。
つまり、ストレートで前にいるヴァンドールンのスリップストリームに入り、ストレートスピードを上げたという事。
次のイタリアで、フェラーリが良く使う戦法だ。

ん、ストロールはガレージか…Q1ノックアウトだね。

チェッカー!

マッサはギリギリ15番手…良くないですねぇ。。
エリクソンは19番手でノックアウト。
クビアトも17番手でノックアウト。
サインツJr.が8番手。
マッサはQ1敗退です…。
ウェーレインは20番手。
ヒュルケンベルグが8番手。
ヴァンドールンが10番手に入りました。

うーん、ウィリアムズはダメか…。

ウェーレインのリプレイ。
…リアから何か飛んだ。


Q2
ハミルトン、また真っ先にコースへ。

ライコネンはまだバイブレーション起きてるようだ。
さっきよりマシらしいけど。

少し膨らんだり、少し挙動乱したりしてるハミルトン。
それでもトップだ。
取り敢えず、ハミルトン、ライコネン、ボッタス、ベッテルの順。

フェルスタッペンが4番手に入ってきた!
セクター2は全体ベストみたいですね。
チームメイトのリチャルドはトップ3チーム中の最後尾、6番手。

ハミルトンの無線。
ピットに戻ってきた時、ピットレーンとピットボックスの間にあるラインを出来るだけ踏まないように…との事。
決勝のスタート時に使うタイヤにペイントがついて、性能落ちるからだとか。

残り8分。
ここでパーマーが7番手に飛び込んできた!
今週末は中々良い流れですね…?

…何て思っていた、残り4分半。
ピットレーンのパーマーに何かトラブルが?
ピットクルーに押されるパーマーのマシン。
車検呼ばれて、そのままトラブル発生?
なに、クラッチを失った?

残り2分半。
再びヴァンドールンに引っ張ってもらうアロンソ。
…おぉ、近い近い。
ギリギリまでヴァンドールンのスリップストリームを使ったなぁ。
アタック開始!

…んー、セクター3でやめちゃったな。

チェッカー!
オコンが8番手。
アロンソの無線。
「ノーパワー!ノーパワー!!」
最初のは「パ」にアクセント、次は「ノー」にアクセント。
…あー、これは、おこだな。。

マグヌッセンはタイム更新できず、12番手。
サインツJr.は13番手。
グロージャンは12番手でハースはダブルノックアウト。
ペレスが8番手。
ヒュルケンベルグが9番手。
アロンソは結局ノックアウトでした。
そして、パーマーが7番手に!

パパパーマー、ジョナサン・パーマー。


ガレージでアロンソを追うカメラ。
…あ、チームスタッフ?担当エンジニア?に止められた。
かなりおこな雰囲気だったしなぁ。。


Q3
やっぱりすぐに出てくるメルセデス勢。
…おっ、フェラーリ勢も出てきた!

残り10分切って…ルノーのリア方面オンボード。
…あー、後方から白煙が!
そして芝生の上でストップ。
これにより、セクター3が黄旗に。

あー、パーマーか。。
ここまで良い流れだったのに、かわいそうに。。
ギアボックスの油圧が落ちたのが原因らしい。

フェルスタッペンの無線。
オイルこぼれてるって…パーマーのかな?

ハミルトンタイムを出したぞ!
トラックレコード更新…!!
ハミルトン、ライコネン、ボッタス、ベッテルの順になっています。

ハミルトンとライコネンのセクター2は同タイム…らしい。

「グッジョブ キミ」のプラカードを持つ少年。

残り4分。
ハミルトンが再びコースへ!
ラストアタックの時間です。

ライコネンの無線。
…え、またバイブレーション?

ハミルトン、アタック中。
セクター1はタイム更新できなかったが、セクター2で一気に巻き返してきた…!
タイム差が緑表示…つまり、ここまでのタイムはそれまでのタイムを上回っているという事!

そして、タイム更新…1分42秒553!
勿論、コースレコード更新である!

ボッタスは2番手。
オコンは7番手。
ヒュルケンベルグが7番手に。
ライコネン無線。
…ピー言った?
フェルスタッペンは4番手。
ライコネンはアタックやめたな…。
ペレスはオコンを上回って8番手。
ベッテルは2番手だ。
リチャルドは6番手。

ハミルトン、ポールポジション獲得!!
ミハエル・シューマッハと並ぶ68回目のポールは歴代最多タイです!

流石に嬉しそうだ…度々バイザーの間に手を入れてる…?
感無量って所でしょうか?


グリッドインタビュー。
ロス・ブラウンからメッセージ!
シューマッハ家からのメッセージの代読だったwww

ハミルトン「いつもイギリスから、オランダから駆けつけてくれて」
フェルスタッペンファン多いしねぇ。

シューマッハの記録に並べて嬉しい、と微笑んでいます。
「けど、彼は偉大なレーサーだ。」
自分が先人達の記録に肩を並べても、追い抜いても、必ずこのコメントをするハミルトン。
まぁ、先人達は憧れとか目標とかだっただろうしね。

ベッテル、ハミルトンと握手!
バクーでの一件とかあったけど、取り敢えずこんな関係性なのね。
ラストアタックのセクター3はアタックを諦めたライコネンのスリップストリームを使わせて貰ってたらしい。
ハミルトンには届かなかったけど、少なくともフロントローは確保して、最低限の結果は出したって感じだろうか。

ボッタスのコメント中、ハミルトンのマシンをじっくり観察するベッテル。


…あっ!!www
少年の持つプラカードが「グッジョブ ルイス」に変わってるwww


ライコネンのリプレイ。
9コーナーで膨らんでしまっています。
これでアタックを諦めたようですね。
そこから切り替えてベッテルの支援したのは良いね。
フェラーリは来年もこのペアで行く事が発表されています。

ボッタスのリプレイ。
最後のバスストップシケインで少しタイヤをロックさせてしまっていました。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
10番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはロマン・グロージャン/ハース
13番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
14番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
15番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

16番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
17番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー


ヴァンドールンはパワーユニット交換+ギアボックス交換で合計65グリッド降格ペナルティ。
金曜日に35グリッド降格。

内訳は…
8基目のターボチャージャー使用により10グリッド、8基目のMGU-H使用により5グリッド、6基目のエナジーストア使用により5グリッド、6基目のコントロールエレクトロニクス使用により5グリッド、5基目のエンジン使用により5グリッド、5基目のMGU-K使用により5グリッド。

土曜日には25グリッド降格。
9基目のターボチャージャー使用により10グリッド、9基目のMGU-H使用により5グリッド、6基目のエンジン使用により5グリッド、6基目のMGU-K使用により5グリッド。

更に、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。


ウェーレイン、エリクソンにギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。

マッサにフリー走行3回目での黄旗無視で5グリッド降格ペナルティ。

クビアトはパワーユニット交換で20グリッド降格ペナルティ。
内訳は5基目のエンジン使用により10グリッド、5基目のターボチャージャー使用により5グリッド、5基目のMGU-H使用により5グリッド。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
10番手からは フェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
15番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

16番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
19番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
20番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン







ネギタレ艦隊2017年8月末版です。
前回は17年7月末でしたね…。

正規空母
赤城改 Lv.85
加賀改 Lv.85
飛龍改二 Lv.84
蒼龍改二 Lv.83→Lv.84
Saratoga改(サラトガ) Lv.76→Lv.81
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.78→Lv.80
Aquila改(アクィラ) Lv.76→Lv.80
瑞鶴改 Lv.77
雲龍改 Lv.77
天城改 Lv.76→Lv.77
葛城改 Lv.77
翔鶴改 Lv.76→Lv.77

軽空母
大鷹改二 Lv.85
隼鷹改二 Lv.80→Lv.81
飛鷹改 Lv.80→Lv.81
瑞鳳改 Lv.80
千歳航改二 Lv.80
千代田航改二 Lv.80
龍驤改二 Lv.80
龍鳳改 Lv.80
祥鳳改 Lv.80
鳳翔改 Lv.80

水上機母艦
秋津洲改 Lv.77→Lv.80
瑞穂改 Lv.76
千歳甲 Lv.75
千代田甲 Lv.75
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.75

航空戦艦
伊勢改 Lv.81
日向改 Lv.80→Lv.81
扶桑改二 Lv.80
山城改二 Lv.80

戦艦
金剛改二 Lv.84
比叡改二 Lv.81→Lv.83
榛名改二 Lv.83
Italia(イタリア) Lv.82→Lv.83
陸奥改 Lv.82
霧島改二 Lv.82
大和改 Lv.80
武蔵改 Lv.77→Lv.80
長門改 Lv.79→Lv.80
Warspite改(ウォースパイト) Lv.79→Lv.80
Гангут два (ガングート) Lv.75→Lv.80
Iowa改(アイオワ) Lv.80
Richelieu(リシュリュー) Lv.1→Lv.20(NEW)

航空巡洋艦
鈴谷改 Lv.82→Lv.83
熊野改 Lv.82→Lv.83
最上改 Lv.82
三隈改 Lv.82
利根改二 Lv.78→Lv.79
筑摩改二 Lv.78→Lv.79

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.88
Pola改(ポーラ) Lv.88
摩耶改二 Lv.82
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.77→Lv.80
那智改二 Lv.79→Lv.80
鳥海改二 Lv.79→Lv.80
羽黒改二 Lv.76
古鷹改二 Lv.75→Lv.76
加古改二 Lv.75→Lv.76
衣笠改二 Lv.75
足柄改二 Lv.75
青葉改 Lv.75
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
北上改二 Lv.84→Lv.85
木曾改二 Lv.83→Lv.84
大井改二 Lv.81→Lv.82

軽巡洋艦
五十鈴改二 Lv.85
大淀改 Lv.84
夕張改 Lv.83
阿武隈改二 Lv.81
鬼怒改二 Lv.80→Lv.81
由良改二 Lv.80→Lv.81
川内改二 Lv.80
神通改二 Lv.80
那珂改二 Lv.76→Lv.80
阿賀野改 Lv.75→Lv.80
龍田改 Lv.78→Lv.79
球磨改 Lv.76→Lv.79
天龍改 Lv.77
多摩改 Lv.75
長良改 Lv.75
名取改 Lv.75
能代改 Lv.75
矢矧改 Lv.75

練習巡洋艦
香取改 Lv.99
鹿島改 Lv.99

駆逐艦
Верный(ヴェールヌイ) Lv.86
秋月改 Lv.86
睦月改二 Lv.81→Lv.82
江風改二 Lv.80→Lv.81
雷改 Lv.80
電改 Lv.80
初月改 Lv.80
如月改二 Lv.77→Lv.78
時雨改二 Lv.77
叢雲改二 Lv.76→Lv.77
五月雨改 Lv.76→Lv.77
秋雲改 Lv.57→Lv.77
初春改二 Lv.75→Lv.76
吹雪改二 Lv.75→Lv.76
朝潮改二 Lv.75→Lv.76
荒潮改二 Lv.76
雪風改 Lv.76
白露改 Lv.75→Lv.76
村雨改 Lv.76
春雨改 Lv.76
Libeccio改(リベッチオ) Lv.75→Lv.76
夕立改二 Lv.75
綾波改二 Lv.75
潮改二 Lv.75
暁改二 Lv.75
島風改 Lv.75
涼風改 Lv.75
文月改 Lv.74→Lv.75
望月改 Lv.74→Lv.75
弥生改 Lv.73→Lv.75
天津風改 Lv.75
山雲改 Lv.75
風雲改 Lv.75
海風改 Lv.75
萩風改 Lv.75
山風改 Lv.75
長月改 Lv.73→Lv.74
菊月改 Lv.73→Lv.74
皐月改 Lv.70→Lv.71
三日月改 Lv.69→Lv.70
神風改 Lv.60
卯月改 Lv.58→Lv.60
水無月改 Lv.53→Lv.55
沖波改 Lv.50→Lv.53
敷波改 Lv.50
陽炎改 Lv.50
黒潮改 Lv.50
子日改 Lv.50
若葉改 Lv.50
舞風改 Lv.50
初風改 Lv.50
夕雲改 Lv.50
巻雲改 Lv.50
長波改 Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
浜風改 Lv.50
谷風改 Lv.50
浦風改 Lv.50
磯風改 Lv.50
時津風改 Lv.50
清霜改 Lv.50
朝雲改 Lv.50
野分改 Lv.50
朝霜改 Lv.50
嵐改 Lv.50
松風改 Lv.50
初雪改 Lv.41→Lv.49
霞改 Lv.47
不知火改 Lv.41
曙改 Lv.40
初霜改 Lv.40
満潮改 Lv.40
朧改 Lv.27→Lv.38
漣改 Lv.27→Lv.38
旗風 Lv.1→Lv.8(NEW)

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.76
伊401改 Lv.76
伊14改 Lv.75

潜水艦
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.76

その他
補給艦 神威改母(かもい) Lv.80
補給艦 速吸改 Lv.76→Lv.80
潜水母艦 大鯨 Lv.71→Lv.75
工作艦 明石改 Lv.75→Lv.76
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.80
海防艦 択捉改 Lv.41→Lv.44
海防艦 国後改 Lv.41






続きからコメント返信!!

続きを読む "ストラスブール : グラン・ディルからノイシュタットまでの欧州都市の一風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »