« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月28日 (月)

旅の想い出

8_27_game_concert
さて、週末にゲーム音楽のオーケストラコンサートに行って来ました!

…ら、会社の同僚がいました。


さて、ゲーム音楽のオーケストラコンサートは超久々です。

プログラム的にはゼル伝神トラ、MOTHER2、UNDERTALE、クロノ・クロス、テイルズ オブ ジ アビス、FFシリーズ、悪魔城ドラキュラシリーズ、幻想水滸伝シリーズ。
…という事で、やった事あるのはMOTHER2のみ。
神トラはやってないけど、シリーズお馴染みの曲に期待。
FFはVIIの「更に戦う者達」は分かる。

といった具合ですかね。


感想的にはMOTHER2関連が多くなりますね。

まず、ゼル伝メインテーマから入るんで、これはテンション上がりますね!!
鳥肌ものですよ、えぇ。
「裏の地上」なんかは人気曲でスマブラにもあるし、馴染み深かったです。

で、MOTHER2です。
今まで、こういった形で聴いた事なかったんで、感動でした…。
ずっと聴いてたいくらい!
スマデラオーケストラコンサートでは、当時開発中だったMOTHER3の開発中止発表後だったからか、MOTHER系の曲がなかったですからね。

ほぼ曲と曲の間と言って良いかな、そこにエイトメロディーズが入るの!
しかも、8分割で!
この演出には脱帽だね!

まずはマイホームの曲、「Home Sweet Home(Pollyanna)」から入ります。
そこからオネットのテーマ。
夜明けのあのイントロも勿論!
途中、めっちゃノリノリなドラッグストアの曲、「humoresque of a little dog」が入ります。
そこから、ツーソンのテーマ。間に何か入ったと思うんだけど、ヤバい、忘れた。
カオス劇場…じゃなかったような気もするし、グレートフルデッドの滝…忘れた。
んで、オネットに戻ってくると。

所変わって、次はウインターズのテーマ。
スノーウッド寄宿舎のテーマ(Snowman)から入って、ウインターズのフィールド曲へ。

マイホームからオネットの流れもそうだけど、こういう構成で聴ける事がなかったんで、凄く良かったですね。

そして、「SaturnValley」!
どせいさん。
やっぱ、外せませんね!!

そして、フォーサイドのテーマ「摩天楼に抱かれて」。
スマデラの夜景アレンジも含めて好きなんですよねぇ~、この曲!
これがオーケストラコンサートで聴けるなんて、良いなぁ~。
イントロ部分がツーソンと似てるのは気付かなかったけどね!

そして、ギーグ&ポーキー戦へ。
一般にイナクナリナサイで通ってるけど、正式名は不明。
屈指の熱い曲、そして変わるリズム!
サイケデリックだよね!
それをオーケストラでやっちゃうんだから、凄い!


最後は勿論、ギーグ戦後のフィールド曲「Because I Love You」からEDの「SMILES and TEARS」。
〆にはぴったりです!


あー、ぶきみボール戦とかの曲、地底大陸の曲とかリクエストすれば良かったかなぁ。
アンケートにリクエスト欄あったんで…。
後、嫁共々メテオスのリクエストしていなかったというね…。。






お船の夏イベ。

前段作戦、最終作戦の第4海域。
まだ後3海域あるのに、資源がヤバそうだったので、2発目のボスをちまちまと攻撃しつつ資源を少し回復する時間を取っていました。
そして、いよいよ最終形態という所で艦隊の態勢を整えつつ、更に資源回復。


17_summer_e4_senkanhutuseiki_kai_2
高速戦艦 戦艦仏棲姫-壊。

最終形態です。
ヒビ入ったくらいで、通常版との違いが分かりにくいw


17_summer_e4
フランス艦なので、右上の戦力ゲージがトリコロールカラー。

そして、流石に一番難易度低い「丙」なので、かなり楽に戦闘を進めています…。


17_summer_e4_2
撃沈。

仏棲姫との交戦中、殆ど綾波ちゃんの魚雷カットインが決まって落としてきたんで、スーパー北上様とプリンツちゃんが全く目立たないという。
開幕雷撃する北上様はまだ良いけど、プリンツちゃんなんてほぼ出番なかったからな…。
特効あるのかどうか全然見れなかったwww


17_summer_e4_richelieu
報酬、戦艦 Richelieu。
リシュリュー。
フランス戦艦である。
あなたも高速戦艦かw


17_summer_e4_clear
「敵艦隊を撃破」の「撃」辺りがソコトラ島。

次の海域はスエズ運河からグレートビター湖やスモールビター湖を通過して、いよいよ地中海へ。


17_summer_sehousaidatuu_risult1
矢印の色が違うのが出撃制限の証。
例えば、1海域目に出るとグレーの出撃制限札が出るので、2海域目以降の別の色の海域には出られません…。

さて、残る3海域中、2海域は出撃制限有の海域。
そろそろ出撃可能艦が少なくなってきました…。
特に、防空駆逐艦が足りない…。
いや、空母も戦艦も足りてないんだけど!!


17_summer_sehousaidatuu1
難易度「甲」から始めて、「乙」、「丙」へと。

17_summer_e5
タイミングズレた…。

流石に丙なんで、ボスまで到達すれば大丈夫でした。
道中が大変だったかな。
魚雷挺群がな…。


17_summer_e5_1shikirikukou_22gatako
報酬、一式陸攻二二型甲。
基地航空隊で使える、海軍の陸上攻撃機。
当鎮守府の基地航空隊打撃群のスタンダードになりつつある、一式陸攻の性能向上型です。

いやぁ、助かる。


17_summer_e5_singata_koukuuheisou_s
新型航空兵装資材

新型航空機開発に使うらしい…?
どうせ様々な任務クリアしないといけないんだろうけど。


17_summer_e5_spitfire_mk5
Spitfire Mk.V

イギリスが誇る戦闘機、その性能向上量産型だそうです。
ゲームでは陸軍戦闘機となっていますが、実際は空軍らしいです。

基地航空隊で使えるね!
…性能的にはこれより良いのがいるからなぁ。
後は航続距離がそこそこだから、出撃時にどれだけ戦闘機を配備するかによるな。
選択肢には入るだろう。


17_summer_e5_clear
…という事で、5海域目クリア。

北アフリカの陸上集積地を通るより、エーゲ海を通るルートの方が楽だね…。
ロードス島沖、サントリーニ島辺りを通ってるな。


4海域目辺りから、資材的には常にカツカツ状態です。
アイオワや大和型、正規空母を使いそうな7海域目とか大丈夫なんかな…?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

アフロディシアス

2017年に登録された、トルコの世界文化遺産です。

トルコ西部、エーゲ海に面するアイドゥン県にある、紀元前3世紀から紀元前2世紀の都市遺跡群です。
豊穰の女神・アフロティーテの名前を冠しており、そのアフロディーテを奉った神殿を中心にローマ劇場、ハドリアヌス帝の公衆浴場、アゴラと呼ばれる広場、スタジアム等が連なる都市だったそうな。
大理石の採石場が近い為、芸術文化が栄えたそうで、美しい彫刻やレリーフ等で彩られた街だったんだとか。
でも、14世紀に放棄されたんだって。栄枯盛衰…かな。

イコモスは価値の証明自体が不十分だとして、登録延期を勧告したけれど、逆転で登録されました。
この街のヘレニズムからローマ時代にかけての文化が伝わってくる所等が評価されたのでしょうか?






お船の夏イベ。

そして、前段作戦最後の海域、4海域目へ。
紅海、そしてスエズ運河へ突入するマップである。

…あ、ちゃんとソコトラ島もあるw


連合艦隊で出撃して、殲滅戦2回という資源が減るマップ…。
1発目は紅海入口での戦闘だ。

17_summer_e4_summer_vacation
…空母おばさん、お前もかwww


17_summer_e4_comma
そして、フランス水上機母艦、Commandant Teste(2人目)。


17_summer_e4_senkanhutuseiki
前段作戦の最終作戦、4海域目のボス。
高速戦艦 戦艦仏棲姫。

高速戦艦とついているけど、兎に角タフ。
HPは高いわ、装甲はぶ厚いわでかなりの難敵。
勿論、攻撃力も半端じゃない…。
お前はアメリカ戦艦か!!
フランス艦なのにアメリカ艦みたいだな!!

後、鳥さん飛ばしてくる。
水上戦闘機か水上爆撃機かな……?

一番難易度低い丙でやってるからまだ良いけど、これ一番難易度高い甲はもとより、真ん中の乙も相当やべぇんじゃ…。
姫クラスで水鬼クラス並のステータスじゃなかろうか…。
一応、鬼<姫<水鬼とグレードアップするっぽいんですがね。。








長崎旅行記3日目、1/29。

平和公園周辺を訪れています。
昼も食べ、平和公園脇の防空壕を見た後に、3日目最後となる目的地へ。


Nag180
長崎原爆資料館です。


館内に入る前に、屋上の展望台へ。
この頃になると、再び雨は止んでいました。

Nag181
今の景色と被爆後の景色。
目の前に爆心地公園があります。

爆心地を間近で見比べる、凄いロケーション…。
かなり曇ってますけどねw


さて、いよいよ館内に…っと、その前に。


Nag182
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館へ。

広島の時はあまり時間がなかったので、こういった祈念館へは行けなかったから…その分も。


Nag183Nag184
建物の屋上部。
お盆みたいだ。


Nag185
夜になると、ライトアップされて幻想的な感じに。

館内は勿論、祈りの場ですので、写真撮ってません。
昼間は天井から差し込む陽の光で神聖な空間に。
きっと、夜も幻想的な明かりに照らし出されて神聖な雰囲気になっている事でしょう…。


国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館から館内の通用口で長崎原爆資料館へ入れます。
おっ、特別展やってるな…。
被爆後の近辺の写真や被害状況等の展示みたいです。
パネルには学校の周辺での被害状況とかが示されていまして。

学校にも壁みたいなのってあったんだねぇ…とかも思いました。


さて、入場。
一般は200円。世界遺産になっている広島よりも料金は高いですね。

展示物をほぼ撮ってはいませんが…取り敢えず、撮ったのはこの辺り。


Nag186
ケネディ元駐日大使の手紙。
オバマ元米大統領の折った折り鶴と共に。


Nag187
長崎に落とされたプルトニウム型原爆「ファットマン」の模型。
色は…黄色かったのかな??

広島の「リトルボーイ」の模型は横置き展示だったけど、こちらは縦置き。
中身が見えるようになっていて、爆発する仕組みが解説されていました。


Nag188
巡航ミサイル、トマホークかな?
何故か撮った。

館内は原爆が投下されたその日「1945年8月9日」セクション、「原爆による被害の実相」セクション、「核兵器のない世界を目指して」セクションの3つにビデオルーム等の資料室があります。
広島と同じく、被爆した品々や遺品、被害の様子、原爆が市内にどのように・何処まで影響を与えたか、原爆や核兵器の仕組み等々が展示されています。
「原爆による被害の実相」セクションには被爆直後の長崎市内の様子が模型展示されていて、広島のあの人形こそなかったけれど、それはもうおどろおどろしかったですね…。
確か、小さな子が泣いていたな……。
浦上天主堂の事も展示されていました。

そして、最後の所…「核兵器のない世界を目指して」セクションには核に関する年表の他、日中戦争・太平洋戦争の事、世界の紛争に関する事等もありました。
核兵器開発や実験に携わった人々の紹介なんかもありましたね。
原爆による被害だけでなく、核に関する事柄や紛争に関する事柄から、核の問題のみならず、より広い…紛争や戦争について考えさせられる、そんな所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

シュヴァーベンジュラの洞窟群と氷河期芸術

2017年に登録された、ドイツの世界文化遺産です。
ドイツ南西部・バーデン=ヴュルテンベルク州を斜めに走るシュヴァーベンジュラ山脈という標高が低い山脈にあります。
石灰岩でできた山には過去の火山活動による、マールと呼ばれる低い環状丘や丘等の痕跡が残っているとの事。また、1500万年前の隕石によるクレーター、ネルトリンガー・リースというものもあるそうだ。
この山脈はジュラ紀の海底の地層で、それが隆起して5000万年前に地上に現れたのだとか。石灰岩の地層が「黒いジュラ紀」、「茶色のジュラ紀」、「白いジュラ紀」と3種類あるらしい。因みに、「白いジュラ紀」の堆積物の99%が炭酸カルシウムなんだって。
そんな山脈の所々に洞窟があり、そこは観光スポットにもなっているとの事。中には、ボートを使わないと入れないものもあるとか。
ドナウ川支流に流れ込む「ブラウトップ」等、地下河川から地表に流れ出る水も見所らしい。

初期の人類はこの地には約43000年前の最終氷河期に到達しており、洞窟群の中で築いた生活様式はオーリニャック文化というようです。そんな遺跡を中心にし、そこにアッシュバレーやローンリバーという所にある6つの洞窟群が世界遺産の範囲になっているようです。
これらからは動物の骨や牙から作られた人形、楽器、装飾品、宗教用具等が多数出土しており、中には「ホーレ・フェルスのヴィーナス」や「ライオンマン」等の彫像もあるそうです。
イコモスはこういった生活様式を「文化的伝統の優れた例証である」と評価したようですね。

尚、当初は推薦名が「最古の氷河期芸術のある洞窟群」となっていましたが、正式勧告前にイコモスの意見を踏まえて現在の名前に変更されたようです。






お船は夏コミ当日の朝から夏イベ始まっています。
夏コミ終わってから、ようやく始めてました。

今回は久々に大規模イベント…全7海域!
前段作戦4海域、後段作戦3海域。
何と、インドネシアからインド洋を通り、紅海、スエズ運河を通過して地中海入り。更に、地中海を渡り、ジブラルタル海峡を越えて大西洋へ進出、最終目的地はドーバー海峡。
これは大変だぞぉ〜。
出撃制限札も5種類あるしなぁ…。。
場合によっては、敵艦隊に有効なダメージを与えられる特効を持つ艦や、針路決定に重要な役割を果たす艦もいるんで、良く考えて編成組まなければ。


そんな訳で、1海域目。

17_summer_e1_sensuisinseiki
ボス、潜水艦 潜水新棲姫。
ロリ新人か…!!

ボス戦BGMが15年春イベのマップ・ボス戦BGMのアレンジですか!
あのBGM好きなんだよねぇ。
あの時と同じく、西方方面への出撃なので、こうなったと思われる。


17_summer_e1_sensuisinseiki2
ラストになると、中破しない代わりに、科白変わります。


17_summer_e1
取り敢えず、潜水艦ズを爆破して終了。
水上艦なんて知りませんw

…あ、でも、ヌ級改flagship、テメーだけはダメだ!
制空権度外視だったから、航空攻撃が邪魔過ぎる。。


17_summer_e1_clear
という訳で、クリア。


17_summer_e1_swordfish
報酬はイギリスの空母にも搭載された、艦上攻撃機 Swordfish。
和訳するとメカジキ。
第二次大戦期にあって、まだ複葉機であり、金属フレームこそ使っているけれど、その機体布張り。
当然旧式ですが、しっかり戦果挙げている所もあって、凄い。
艦これ的には、ドイツ戦艦ビスマルク、イタリア戦艦リットリオ、イタリア重巡ポーラ何かと絡みがあるようだ。
いずれも、Swordfishに魚雷を命中させられた被害者。
その他、イギリス戦艦ウォースパイトが運用していたという話もあるようで…。


後は、この前の春イベでも貰った、九五式爆雷も貰いました。


17_summer_e1_yamakaze
16年秋イベで実装された、駆逐艦 山風。
2人目。

この後の海域でのギミックに関係あるらしい、追加マス(「K」の形したスラウェシ島の下んとこ)攻略してたら出てきた。
それにしても、追加マス出すまでにまず1ヶ所港に行かないといけないし、次に出てくる港にも行かないと出てこないんだから、手間がかかるなぁ。
後、追加マス行くのに索敵値足りなくて逸れた事も1回あったな。

そして、久々に登場したPT小鬼群、相変わらず厄介な相手だな。。
特効装備持ってても中々当たらないし、砲撃戦のカスダメがじわじわしてくるし、雷撃は痛いし…。
結果として、ボス攻略よりと同じくらいの出撃数になってしまった…。


んで、2海域目…。
ボスで海防艦 択捉(2人目)を拾う…。

それにしても…道中撤退したり、ボス倒し損ねたりが多いな。。
まず、クリアまでの試行回数が最短7回ってのも多いのが資源にダメージ。


17_summer_e2
結構時間かかってしまったけれど、クリア。
夜戦突入時点で夜戦攻撃可能なのは3艦、敵艦隊の残存艦も3艦。
ちょっと危なかったんですが、比叡さんがボスをスナイプしてくれたんで、クリアできました。

17_summer_e2_clear
いやぁ、乙なのに結構手間取ったなぁ…。


17_summer_e2_hatakaze
報酬艦、神風型駆逐艦5番艦旗風。

リトル鹿島…?w

その他、これまたこの前の春イベでも手に入った二式爆雷も。
対潜装備が充実するね!


そして、3海域目。
基地航空隊設営用の物資輸送をして、その後迎撃に出てきた敵艦隊を撃滅する。
最近多い、輸送+殲滅のいつものやつ。


輸送の方のボスは戦艦3隻と中々ヘビーだけど、航空戦力がいないから、当たらなければどうという事はない。
道中の方が若干長いうえに空襲戦が2回あるのが中々…。

取り敢えず、輸送を終えて、2海域目へ。
4海域目のギミックに関係していると言われるマスへ行ってきました。
敵の新型駆逐艦がタフだな…。。


んで、3海域目へ戻って殲滅戦へ。

17_summer_e3_summer_vacation
バカンスモードの重巡棲姫。
テキストにはないけど、この後「カエレ…ッ!!」って言われますw

きっと、バカンス中だったのに、たまたま近くに来ちゃったから緊急で出撃してきたんだろうな。


道中撤退したり、ボス倒し損ねたりはしましたけど、概ね順調。
因みに、イベント開始から1週間経ちましたが、まだ3海域目で、まだ最終形態まで行けてません。
後、資材の備蓄がちょっと足りないかもですね…。


…あっ、最終形態で詰まった。。

新型駆逐艦より随伴の駆逐古姫ちゃんが良く居残りするので…。
前衛じゃないから、開幕雷撃はしてこないけど、有効打入り難くてだな。。

17_summer_e317_summer_e3_clear
むっ、クリア!

夜戦までに古姫ちゃん以外の随伴を退けておけたし、古姫ちゃんも大破してたし、夜戦要員がしっかり残ってたからいけたようなもんだな…。


17_summer_e3_skua
イギリスの艦上爆撃機 Skua。
スクア、スキュアと読み、トウゾクカモメの意。
イギリス海軍初の急降下爆撃機らしいけど、初期の機体なので、色々と性能は低いようだ。
それでも第二次大戦のイギリス軍において、敵機の初撃墜を記録する、ドイツの軽巡を急降下爆撃で世界で初めて撃沈する等の戦果は挙げているようだ。

尚、Swordfishも入手…。
でも、Skuaもそうだけど、性能が低くてちょっと使い難いなぁ…。。







長崎旅行記3日目、1/29。

浦上天主堂を出ると、時刻は大体11時過ぎ…くらいだったかな?
丁度昼ご飯時だし、ここらでご飯にしましょうかね。


お昼は事前にリサーチした、浦上天主堂近くの中華料理店にしてみます。
…と言っても、10分くらいは歩いた気がするけど。
路面電車の松山町の電停からは近いみたいですね。

着いたのは、中華料理「山東省」さん。
普通の中華料理屋といった雰囲気。
でも、やたらと漫画が沢山ありますw

ここでは長崎名物のあれを頂くとしましょうね。


Nag158_1
そうです、ちゃんぽん!!
いやぁ〜、長崎に来たら、これを食べなくちゃね!!


…え?
左のはなんだって?

唐揚げですよ、唐揚げ!
でっかいのが5つも入ってるんだぜ、凄くない?w
このお店の名物…というか、オススメのもんらしいです!(某ログ調べ

値段は忘れちまったけど、これで1000円前後だったと思う。


いやぁ〜、美味しかったね!!
良いもん喰ったわぁ〜。


「山東省」さんを後にして、再び平和公園へ向かいました。
着く頃にまたポツポツと雨が降り始めてきて、傘が必要でしたね…。

…ん?
さっきは気付かなかったけど、公園に上がるエスカレーターや階段の横に何かありますね…。

何々…?


Nag168Nag170
松山町防空壕群跡。

当時は刑務所支所があった平和公園は高台になっています。
その高台の斜面に防空壕が作られていたようですね。

Nag169Nag171
防空壕の説明の横には原爆による被爆の状況、防空壕の様子もありました。

一面焼け野原…通常の焼夷弾でも焼け野原になるけど、その比ではないくらいの被害をもたらすのが原爆。
一瞬にして、様々な建物を薙ぎ倒し、後々にまで影響を及ぼす。


…あれ、何で2枚ずつ撮ったんだっけ??


Nag172Nag173
Nag174
今は閉じられた防空壕達…。
木の扉とかで蓋されているものとかもあったけど、中が見えるものもあります。
中には、天井が崩れたのか、上から光が差し込む壕も。


Nag175Nag176
被爆時の防空壕の様子が説明されています。
看板の方には原爆で亡くなられた方を調査した時の状況が書かれていますので、そういったものが苦手な方は注意。

防空壕には防護壁がなかった為に、中にいた人でも全く何もなかった人というのは限定的のようですね。
…光と熱が防空壕の中にまで入り込んでいたという事ですかね。
防空壕の中だと、放射線はどの程度軽減されたのだろうか。


次なる目的地へ。
つっても、近いけど。

…その途中、こんなものを見つけました。


Nag177Nag178
ワシントンの桜。

ワシントンD.C.にあるポトマック川の河畔に、と贈られた桜の子孫。
日米の友好の印、そして平和を願ったものという事。

今や、ポトマック川はアメリカにおける桜の名所ですね…!


さぁ、やってきましたよ。
Nag179
次の目的地はここです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群

1996年に登録されたドイツの世界文化遺産「ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」の拡大登録です。
6件くらいの資産が追加されたっぽいです。
そもそも、この世界遺産はドイツのモダニズム建築に重要な影響を与えたという建築学校「バウハウス」に関連するものが登録されていました。
これは近代建築の四代巨匠の1角、ヴァルター・グロピウスが設計したものです。

今回はドイツ中部のザクセン=アンハルト州・デッサウにある5件とベルナウ(ベルナウ・バイ・ベルリンという、ベルリン近郊の地域みたいです)の1件の「バウハウス」関連資産が追加登録。
グロピウスの後継者、ハンネス・マイヤーが設計したデッサウのバルコニー・アクセス・ハウスという建物や、ベルナウのADGB労働組合学校等が追加されたようです。
従来のヴァイマルとデッサウに加え、ベルナウが登録された事で、登録名も変わりました。

イコモスも「従来の価値を強化する申請だ」と太鼓判でしたが、世界遺産センターから「1ヶ国の推薦件数の上限を超えている」と指摘されていました。
それでも登録されたのは、新規ではなく、拡大登録だから良いやってなったからでしょうか?





東京は19日くらい連続で雨が降っているらしいですね。
8月なのに、異例かも!








某小説。

・友人は新キャラ?
・何だか凄い
・そして、その後がそこはかとなくヤバい雰囲気
・妖しげな描写の森
・隠された古城、案内蝶
・城内の案内人
・出会い
・思い出した
・トラップって結界魔法だったのかー
・成長するまで、ずっと人形状態だったのかー
・何処で自我を取り戻したんだっけ?
・友人か、僕か
・核心きたー
・今度は黄色い方の記憶か?
・めか何とか
・大人の"先生"
・主はいなくても、魂は健在か
・宝石ごしからでも感じる視線
・この頃はまだ自我が完全に取り戻せてない?
・晩餐みたいになってる
・×赤ワイン ○生き血
・カナリアが…
・還ってきたという事かな?
・財布スられてるwww
・ツボる魔女www
・チェンジの為の衣装代の出所は…
・これには乾いた笑いしかでないwww
・起きてた
・空のサイバー妖精、気が気じゃない
・おじさん
・ヘタレ、動く
珍しく鋭いじゃねーかw






続きからコメント返信!!

続きを読む "ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

南西グリーンランド氷帽周縁部でのノース人とイヌイットの営農地域

2017年に登録された、デンマーク(グリーンランド)の世界文化遺産です。
デンマーク領である世界最大の島、グリーンランド。当地における初の世界遺産です。
グリーンランド南部の亜北極圏になる世界遺産で、カシャスルスクやイグリク等、かつて入植したノース人達の集落跡や、10世紀以降からイヌイット達が農牧業等を続けている自治体・クヤレックの文化的景観といった所の5件が構成資産です。
それぞれの構成資産には住居、農業施設、教会、農地、灌漑設備、埋葬地等が含まれているそうですよ。
こういった、地理的に離れた場所に構成資産があるものをシリアルノミネーション・サイトというようですね。

推薦書の段階では別の登録名「Kujataa – a subarctic farming landscape in Greenland」で、今の名前になったのは正式勧告前のようです。イコモスの助言を踏まえてのものだったそう。
因みに、推薦書段階の登録名にある「Kujataa」という単語は、東植民地としてノース人に知られていた地域の名前だそうで、現代グリーンランド語なんだとか。
イコモスは土地利用の許諾情況が不明瞭な事等を理由に、「情報照会」の勧告をしていましたが、その部分はクリアしたみたいですね。







いやぁ、雨だけならあれですが、気温も低いですね。
今日なんて、10月上旬とか言ってたっけな?
来週からは夏の暑さが戻ってくるらしいし、体調、気を付けないとなぁ…。。








ポケモン月。

・ポニ島
・観光客が金のタマタマを出してきたぞ!
・ゴールデン!
・色違いのタマタマだ…w
・「金色に輝くタマタマ! 6匹もキラキラと!」
・お裾分けwww
・似ているこれをつってきんのたまくれたwww
・しかも6つwww
・「きんのたまは進化してでかいきんのたまになりませんが…」
・エンドケイブへ
・おぉ、じしんとかあるw
・エンドケイブの最深部は何か出そうだね
・フェアリーのキャプテン、マツリカさん再登場
・ストーリーでは殆ど登場しなかったしね…
・スケッチ100枚は凄い
・「では待ちます。 じーっと待ってますね。」
・クレッフィ、グランブル、マシェード、プクリン、アブリボン
・バトルツリーへ
・何か2人組きた…
・何で名前知ってんのw
・レッドはともかくwww
・やっぱり無口なレッドさん
・グリーンBGMがめっちゃかっけぇwww
・腕は組むのね、レッドさんwww
・相変わらず無口だなwww
・どっちかとしか戦えないのかぁ…
・じゃあ、レッドさん!(
・グリーン「まあいいや」
・バトルツリーってパソコンとか引換所とか外なのね
・バトル施設のBGM
・でも、エスニック…いや、メキシカンかな?
・異国情緒漂うアレンジね
・UBでも狙おうかなー ←イマココ






続きからコメント返信!!

続きを読む "南西グリーンランド氷帽周縁部でのノース人とイヌイットの営農地域"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

ゲラティ修道院

2017年に縮減登録されたグルジア…ジョージアの世界文化遺産です。
世界遺産の中でも珍しい、登録範囲が減った世界遺産です。
元々は1994年に登録された「バグラティ大聖堂とゲラティ修道院」でしたが、バグラティ大聖堂の改築騒ぎで2010年危機遺産リスト入り。
バグラティ大聖堂は大規模な改築計画が持ち上がってから、「素材やデザイン、工法がオリジナルを継承しなくなる為、真正性が損なわれる」とイコモスや世界遺産委員会が度々警告。
世界遺産の価値に値しなくなるとされていましたが、その改築が行われてしまった為にこのような「縮減」登録に繋がりました。
因みに、大規模改築は鉄やコンクリートが多用されており、デザインも推測らしいです。
今回、バグラティ大聖堂が登録抹消された事により、危機遺産リストから抜け、ゲラティ修道院のみの世界遺産となりました。
ゲラティ修道院だけでも当初の登録理由である「中世グルジア建築の優れた例」を示す事が出来ると判断されたので、残れた形ですね。
既に第39回委員会で単独登録を申請していたみたいですが、管理計画等の面から「情報照会」決議になっていたようで、今回は再申請みたいですね。






今回のコミケ名言。
コミケでしか通じない単位、「1にじり」。
「地面を見せないでください!」
「(地面が)スケスケですよー!」






終戦の日…。




長崎旅行記3日目、1/29。

爆心地公園とその周辺のモニュメントを見て回り、いよいよテレビや新聞でも良く映る、あの場所へ。
平和公園へと足を運びます。


Nag149
…という事で、到着。

爆心地公園からは目と鼻の先、信号を1つ渡るだけ。

長崎の人が「平和公園」と言うと、ここの事を指すようです。
広義の「平和公園」は先程の爆心地公園やスポーツ施設等を含めたエリアの総称のようですが…。


それにしても、本格的に春節に入ったんだなぁ…と思わされました。
爆心地公園は人も少なく、かなり静かでした。
でも、こちらはツアー客が多い多い!

ここを訪れている人の殆どは外国人のようです。
特に、中国人はツアーで来ている事が多いようですね。
めっちゃ中国語が飛び交ってました…w

彼らの目に、この平和公園はどう映るのだろうか。
ひいては、今の中国の海洋進出・朝鮮半島情勢等の軍事的な動きと関連付けて見ているのか?というのは少し気になる所。
原爆に対する慰霊の場というのが大きな所だけど、戦争がなければ原爆は落とされなかった・作られなかった訳で。

戦争とは?平和とは?兵器・軍隊の存在意義等々…彼らは何を思い、何を感じて母国に帰って行くのだろう。


階段を上がって行くと、道が分岐しています…。
真ん中に進む前に、左側に進んでみました。

すると、色々なモニュメントが飾られています…。
「世界平和シンボルゾーン」という区画らしく、世界各国から贈られたモニュメントなのだそうです。
中には、旧ソ連、中国、キューバ、アメリカ等もありました。

数が多かったんで、写真は撮ってませんが…どれも平和への願いが込められた作品でした。
続いて、真ん中ルート。

Nag150
まずあったのが、「平和の泉」。
その向こう側には平和祈念像が見えます。
広島と同じように、水場から象徴的なものを臨むという構図。

こちらの泉には献花台はなかったですけどね…。


Nag151
道中にあった、「長崎の鐘」。
ちゃんと、鳴らしてきました。

この下ではおじいさんが戦争体験の語りをやっていました。


Nag152Nag154
続いて現れたのはこちら。
建物の遺構ですね…。


Nag153
長崎刑務所浦上刑務支所の跡でした。

刑務所に付随した施設ですかね。
原爆により、ほぼ吹き飛んだ建物のようです。
原爆が落とされる前は「長崎造船護国隊」として三菱の長崎造船所で労役されていた受刑者の宿舎にもなっていたとか。


Nag155
そして、平和祈念像。

神の愛と仏の慈悲を象徴しているのだとか。
右手は原爆の脅威を、左手は平和を意味しているとの事。
画像じゃ分からないけど、目は軽く閉じているようで、原爆犠牲者の冥福を祈っているという意味が込められている。

Nag157
中々見ない、平和祈念像の裏側。
結構ハトが多かった。


Nag156
平和祈念像の近くにあった、「折鶴の塔」。


続いて、平和公園を抜けて、丘の方へ。
普通に住宅街が広がっています…。


路地を歩いて5分程で少し大きな通りに。
次の目的地は目の前です。

Nag158
Nag163
浦上天主堂。

Nag164
これから見るものもそうですが、この石垣も証言者ですかね…。
一部取り換えられたりはしているようですが。

…うーん、それにしても、少し雨が降ってきてしまった。


浦上天主堂は戦後に再建されました。
原爆を受けた当時のものは爆心地公園に移設された壁がありましたが、ここには当時のものが他にも残っているようです。
それは天主堂の脇にある石垣の上に残されていました。


Nag159Nag162
Nag161
旧鐘楼。

Nag160Nag165
Nag166
元は双塔で、それぞれに鐘楼があったっぽいです。
原爆を受けた際、北側の鐘楼が崩れて転がり落ちたとの事。

こんなに大きいものが形を保ったまま崩れて…形を保てたのが不思議ではある。
鐘楼がぶっ飛ぶ前に塔が崩れて転げ落ち、崩れた塔が盾にでもなったんだろうか。


Nag167
現在の浦上天主堂。

非常に綺麗なレンガ色だなぁ。
入場無料っぽかったんで、少し入ってみました。
写真撮影はできそうになかったんですが、荘厳な内装はゼル伝時オカの「時の神殿」が似合いそうでした。
ここには被曝マリア像が安置されていましたね。
原爆から逃れられた物の1つですが…顔には原爆によるものと思われる傷…焦げ跡だったかな?がありました。

木製でありながら、難を逃れたマリア像。
キリスト教徒からしたら、とても有り難い像な事でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

15世紀から17世紀のヴェネツィア共和国防衛施設群 : スタート・ダ・テーラと西スタート・ダ・マール

2017年に登録された、イタリア、クロアチア、モンテネグロに跨がる世界文化遺産です。
15〜17世紀にヴェネツィア共和国が建設した防衛施設の世界遺産で、3ヶ国の15件が構成資産となっています。
イタリアはベルガモ、パルマノーヴァ、ペスキエーラ・デル・ガルダ(いずれも城塞都市)等に、クロアチアはザダルの防衛機構、聖ニコラ要塞等に、モンテネグロはコトルの要塞都市等に構成資産があります。
これらは外洋からの侵略に対して備えたもののようで、城壁、城塞、地下トンネル等が該当します。
構成資産15件中、9件が世界遺産「ヴェネツィアとその潟」、「スタリー・グラード平原」、「シベニクの聖ヤコブ大聖堂」、「コトルの自然と文化歴史地域」にも含まれるものとなっていました。
イコモスの勧告では、申請された15件中、6件のみに顕著な普遍的価値を認めており、名称を「16・17世紀のヴェネツィア共和国防衛施設群 : スタート・ダ・テーラと西スタート・ダ・マール」にするよう、とされていましたが、全て登録されたみたいですね。
今年の日本の世界遺産と同じような感じでしょうか。






C92の3日目。
多くの人にとって、本番となる最終日。
ここ2日間とは打って変わって、朝から晴れ間も覗くという展開。
いやぁ、待機列にいる時、暑かったわぁ…。
これぞ夏コミって感じの耐久レースだったね!

開場から40〜50分くらいして、ようやく入場。
流石3日目、人が多い…!!
発表によると、約19万人来たようです。
3日間でのべ50万人くらいかな…?

そして、ほぼ初手で声優の浅野真澄さん、漫画家の畑健二郎さんのサークルへ。
2011年の冬から出ていたけれど、今回がラストという事で、少し並ぶかな…と思っていたり。


C92_31
だいぶ並んでた。
(会場出入り口はフェンスの向こう側)

大手か企業かよって感じで。
…いや、サークル主がプロだし、十分大手っぽいんだけど。

列の最後尾で最後尾プラカード持ってた畑さんもこの列の伸びには驚いていたようで。

後、今回、今までの同人誌やWEB4コマを全て収録したという、600ページ超の大全集も売られていたんだけれども、そいつが分厚過ぎてダンボールに6部しか入らないと畑さんが話してました…w
それを聞いた皆がどよめいてましたw
確かに、列に並ぶ前に購入してた人のを見たけど、物凄い分厚くてまさしく鈍器だわ…w
あんなん、ダンボールに6冊しか入らないのも納得だわwww

そんな話を聞いた数分後、浅野さんがツイッターで大全集完売のツイート。
まぁ、そうなりますよね…www
ところで、600ページ超って冬までに読み切れるのかしら?www


C92_32
列が2列から3列になったので、結果的に短くなった、入口までの距離。

11時前くらいに並んで、ここまで来るのに11時30分くらい。
所要時間は約40〜50分。
更に30〜40分くらい並んで、買えました。
合計1時間半くらいですね、正直、こうなるとは思っていませんでしたwww

C92_34
撮影フリーのポスター。
正面から撮る余裕はなかったな…。。


そうこうしているうちに、島のサークルさんでも結構完売が目立つように。
新刊買った直後くらいに新刊完売したり、行ってみたらジャンル全然変わってたりもしたけど、まぁ、結構いけたりしたかなー。
やっぱり、山風関連の本は結構売り切れたりしてましたなぁ。
由良改二本も売り切れてたし。


C92_35
そんなこんなで、離脱。

いつもなら、閉場の拍手までまったり過ごしたりしているんですが、今回は用事がある為、さらっと。
予定よりも遅くなってしまいましたが…。。


今まで3日間行けていましたが、次回からは仕事のシフトの関係上、行けなくなるかもしれん。
そんなこんなで3日間参戦は最後かなぁー。。
やっぱり、行けないとなると寂しいですね…分かっているのに行けないとかも悔しいし。。
行けない日のは友人に頼むしかないなぁ。


C92_36
3日目の戦利品。
かなり少ないんで、おっと!見せられないよ!!なものをどう隠すかについてちょっと苦労。
金額的には3日間共に大体同じくらいになりました。

後、今回、KADOKAWA行ける隙がない+行くとしたら狙うものが開場後1時間ちょいで完売してしまうんで、諦めたってのも物足りなかった要因かな。
結局、グッズも買わなかったし、企業では本気の痛車以外何も収穫なしという。

C92_37
クリアファイルの裏。


3日目だけ太陽が本気出してきた、ちょっと気候の変動が激しい3日間だったけど、参加された方、お疲れ様でした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の三連戦

さて、初日は疲れて寝てしまいましたが…。
夏コミ、C92です!!


前回の記事との差が凄いですが…。


1日目。

C92_1
生憎の空。

出る直前に少し降って、出た時はほぼ降ってなかったんですが…霧雨が降ったり止んだりと不安定な天候。
そして、涼しいです。
過ごしやすいっちゃ過ごしやすい。

そして、今回は叶姉妹が参戦!!

C92_4
C92_2_2C92_3
狙えそうもなかったので、買い物終りに記念撮影。
既に撤収済みでしたが、入念なリサーチによる数々の伝説を残して行ったようです。

因みに、販売はプロにお任せ。
列捌きも待機人数把握からの完売宣言もスムーズだったらしい、

後、グッドルッキングガイ達は嵩張るから置いてきたとか。


C92_5
移動中に見つけた、スターミー男w

体的に、コイル男とかの人の新作でしょうねw

C92_6_2C92_7_2
まさかの「萌え萌えきゅん」ポーズwww

C92_8_2C92_9_2
因みに、声をかけた時は銃を持ってましたwww
このスターミー、只者ではない…!!www

勿論、掲載了承済みですw


他にも、ファミチキ先輩もいましたw
俺は遠目からしか見れてないんだけど、中の人は印刷関係のお仕事らしく、クオリティが凄かったらしいですw


この日は谷原参謀長と合流してまして、ご飯休憩しながら近況だの何だのの話をしてましたw
後、参謀長のフォロワーであるカメラマンとも御一緒。

帰りにまたちょっと雨に降られました…。


C92_27
1日目の戦利品。
いやぁ、気付いたら結構買ってたわ…w


C92_28C92_29
団扇の表裏。
飛龍と蒼龍の二航戦団扇。


2日目。

C92_10
企業、西3・4から西1への移動中の一コマ。

そこそこいるなぁ…。
1日目は16万人、2日目は15万人だったそうな。

C92_11
あっ、駐車場だった所、工事してるね。


2日目も生憎の空。
出る時に丁度結構な雨が降ってしまい、折畳み傘を使わざるを得ない情況。
待機列ん時が心配だったけど、雨は降らず。
寧ろ、少し日差しが出るくらい。
1日目のような風もなく、蒸し暑いです…。

しかも、帰り頃になると、青空さえ出てたからね…。
まぁ、結果的にそこまで気温上がらなかったから良いけれど。


「ポケ書」の中の人のサークル、今回も売り子さんが凄いw
グズマさんとプルメリさん。
グズマさんに売ってもらったよ!

後、何か取材受けてたよ!


企業ブースにて。
C92_12C92_13_2
C92_15_2
TYPE-MOONマクラーレン!!

C92_14_2
モンスター…かと思ったら、違ったwww
下にあるブリヂストンもちゃうわwww
スポンサーロゴがデザインはそのままに、違う名前になっている(おそらくは作品に関連した名前)www
芸が細かいwww


C92_17_2C92_18_2
C92_21_2
TYPE-MOONランボルギーニ!

C92_19_2C92_20_2
こちらはレッドブル…かと思ったら、ちょっと違ったwww


その後、所用で有楽町へ。
駅前に水槽ある!

C92_22
メガネモチノウオ…ナポレオンフィッシュだ!

C92_23
C92_24
C92_26

C92_25
オジサンもいたw

沖縄の美ら海水族館から鴨川シーワールドへ移る途中だったようだ。


C92_30
2日目の戦利品。

元々そんなに回る予定ではなかったけれど、1日目が多かったのもあって、余計に抑え気味となりました。
でも、単価的にはどっこいどっこい。






続きからコメント返信!!

続きを読む "真夏の三連戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

時は流れる

携帯変えてみた。
結局6年半くらい使ってました。
流石に挙動が怪しくなったり、アプリの更新ができなくなったり、アプリの挙動も怪しくなったり(OSのバージョン古くなって誤作動起こし始めてた?)、電池の持ちが悪くなったりしてたけど、電池の充電能力はまだ十分なんだよなぁ…。

前のOSのバージョンが4.0.4なんだけど、今は7.1.1だもんなぁ…一足飛びだわ。
一足飛び過ぎて色々仕様変わってるから慣れるのに時間かかるな…。
特に、メール売ってる時の挙動ね。




8_5
って事で、先週末は花火でした!
ので、新しいやつでちょっと撮ってみた。
流石に花火はあんまりちゃんと写ってくれないけど、前のより画質上がってるのは分かる…。

夜勤明けだったんで、眠くなっちゃったけどな…w






さて、8月6日の広島に原爆が落とされた日に更新しなかったから言及してなかったけど、8月9日は長崎に原爆が投下された日です。

8月15日の終戦の日に向けて、テレビではそういったプログラムが多くなる時期ですね…。



そんな訳で、長崎旅行記3日目、1/29。

長崎旅行、最終日です。
この日は朝から生憎の曇り空。
しかも、朝食時に観ていたニュースによると、雨さえ降るとの事。

まぁ、1日目も微妙な天気だったけど、ギリギリ持ったし…結構電撃的な長崎旅行だったけど、タイミング的にも結構良かったのかもなぁ。

さて、3日目は再び長崎市内で過ごし、夕方に飛行機で長崎を発ちます。
ホテルをチェックアウトし、まずは長崎駅へ。

午前9時頃、この時点で既に今にも泣き出しそうな空…。


まずは長崎駅のコインロッカーに荷物を預ける。
うん、ちょっと早めだったからか、全然空いているね。
これで観光中は雨が降っても大丈夫である。

取り敢えず、駅構内のお土産屋に。
くじらカツないかなぁ…と思ったけど、今日はなさそうだね。。

まずは嫁向けに「岩崎本舗」さんの冷凍「角煮まん」を購入。
5個入りで1990円+送料である。
岩崎本舗さんの店舗は長崎県内に沢山あるね。
佐世保駅構内にもあったような気がするし、長崎空港内にもあったよ。

その後、空港まで行くバスの発着場を確認しにバスターミナルへ。
長崎駅から歩道橋伝いに2階部分から入れますが、この2階部分はお土産屋。
ちょっと見て回りました。
ここで嫁に軍艦島のポストカード買っておいた(


無事にバス発着場を確認後、いよいよ路面電車で出発!

Nag138
何やら新しそうな車両。

赤迫行に乗って、約18分。
松山町電停で下車です。


まずは降りてすぐにある、公園へ立ち寄りました。
この時点で、ぽつりぽつりと雨が…。
少しだけ、折り畳み傘の出番でしたね。


Nag140
はい、ここはまさに原爆が落下した時の中心地。

現在は公園として整備されていて、「爆心地公園」となっています。
3日目のテーマは「原爆・平和」。
奇しくも、広島旅行と似たような流れになりました。1日目は「世界遺産」、2日目は「艦船」、3日目は「原爆・平和」。

それぞれ…

1日目
広島:宮島
長崎:明治日本の産業革命遺産(艦船要素あり)+α

2日目
広島:呉・江田島
長崎:佐世保

3日目
広島:原爆ドーム・平和記念公園(世界遺産要素あり)+α
長崎:平和公園近辺

まぁ、これは行き帰りの時間も含めた、各所の所要時間を勘案した結果の偶然の一致なのだけれど…。
タイムスケジュール的にこう動くのが一番しっくり且つ自分的にゆっくり見て回れるので。

各所、結構ギリギリの時もありましたけどねw


Nag120
Nag139
黒御影石の碑。
原子爆弾が落ちてきたのは、まさにこの直上でした。


Nag147
被災直前の爆心地周辺地図。

緑に囲まれた空き地とか広場とかだったんでしょうか…?
確かに、狙うポイントとしては分かりやすいのかもしれない…。
広島の時はT字橋が目標でしたしね…。

そして、周辺には住宅が並んでいました。
こんなど真ん中に落とされたのか…殆どが木造の家屋ばっかりだっただろうし、一瞬で吹き飛んだだろうなぁ…。


Nag148
遠景。

こんな風に、窪地になっています。
右側に煉瓦の建造物がありますね…。

ちょっと見に行ってみましょうかね。


Nag141Nag143
ボロボロながらも、荘厳な佇まい。
威厳すらも感じられます…。


Nag142
これは、原爆で破壊された「浦上天主堂」の壁の一部。

浦上天主堂はこの爆心地から北東500mの小高い丘に位置する、東洋一の壮大さを誇った天主堂だったそうです。
原爆によって天主堂は崩壊しましたが、かろうじて残ったものをここに移築したのだとか。


原爆の威力と被害を今に伝える者として、戦後71年経った今も静かに佇んでいます。


Nag144
天主堂の壁の一部、その近くに折り鶴の安置所がありました…。

広島やお隣の平和公園等に比べると規模は小さいですが、ここも確かに慰霊の場。

…それにしても、訪れる人も少なくて、静かな公園です。
当時の事を考えるには、良い場所かもしれませんね…。


Nag145Nag146
公園の入口付近にある、聖徳寺の灯籠。

原爆の爆風にも耐えた1対の灯籠です。
爆心地から南南東に1500m離れた場所にあるお寺さんのものみたいで、移設されたようですね。


色が変わっているのは、やっぱり原爆の影響でしょうか…?


Nag121
公園内、道路に面した所にある像。

題名があった筈だけど…忘れてしまった。。
平和の母子像とかそんな感じだったかな…?
取り敢えず、調べたら「母子像」らしいが…。

台座には、落とされた日時が刻まれています…。
朝だった広島と違い、ほぼ昼時だったんですね。


ん、公園の南南東にある小高い丘、そこにも幾つか碑とかあるようですね…。
次の場所に向かう前に、そっちを覗いて行きましょうかね。


…という事で、爆心地公園外へ。
小高い丘は下の川(しものかわ)という小川を渡ってすぐの所にあります。


Nag122Nag123
Nag124
Nag127
慰霊碑や平和像等のモニュメントが様々な所にあります。


Nag125
Nag126
中には、朝鮮人の慰霊碑も。
広島もそうだったけど、朝鮮人等の労働者や連合軍捕虜も犠牲になっていますしね…。


Nag128
小高い丘の階段、その中腹にあったモニュメントは一際目立ちます。

これは「平和の炎」というモニュメントだそうです。
トーチを象ったもの…だったと思う。


この小高い丘を東に進むと、長崎原爆資料館等がある建物に入れます。

Nag129
その道中にもモニュメント。
…あ、「平和の母子像」はこれだった。。

長崎原爆資料館等を見学して、帰る時にも通りかかったんですが、その際に「怖いな…」という感想を聞きました。
確かに、鬼気迫る表情は「怖い」と思えるでしょうね…。
でも、多分、「怖い」で片付けちゃいけないんだと思う。

必死に生きようとする人々の姿とか……。


そこから、道路の下をくぐると長崎原爆資料館に入れますが、まずは階段を登って、道路へ上がってみました。
道路を挟んで長崎原爆資料館の向かい側にもモニュメントがあります。
爆心地を望む高台に建てられたモニュメント。

Nag130
Nag131


再び、爆心地公園へ。
ちょっと、気になる文字あったんでね…。


それが、これ。


Nag132
被爆当時の地層。


Nag133Nag134
地層なんて残っているんですね…。
瓦とかレンガの破片でしょうか、瓦礫が堆積しています…。
溶けたガラスも見えるし、2枚目には金属製品でしょうか、何かの残骸も見えます。


Nag135
B-29<ボックス・カー>が投下したプルトニウム型原爆<ファットマン>の爆発直下の地層…。

土も熱によって焼けているとの記載が…確かに、超高熱に晒されている訳だから、焼けるよな…。
見分けがあまりつかなかったのが悔やまれる所。


さて、お次はいよいよ追悼記念式典も行われる平和公園へと向かいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

灼熱古都

今日は盛り沢山!







某小説!
・久々
・魔女は×7((
・「いっぱい旦那様……」ってどんな呟きw
・手籠め?
・普通に喋る弟さん
・小猫の「これはあかんパティーン」
・小猫の女の勘 #とは
・野生の勘の間違いではw
・「私達」…?
・おい、弟さんwww
・妹ちゃんになでなでされてるw
・怒濤の記憶ラッシュ
・もうどれが何のヒントになるのか分からない!
・お兄ちゃんにはおっぱいは無い
・新たな名前が…
・どっちも綴りは同じ
・必殺の厨二病キャンセル
・精神的ダメージ
・まさかのホラーゲーム実況ネタw
・2人…
・殺人シーン
・あ、何か気付かれたっぽい
・へたイエローが夢の中の少女の事か(すっかり忘れている…)
・俺のお気に入り
・うさたんパーカー
・黒い方、ということは色違いが…
・うん、うさたんは可愛いねw
・おい、この流れでうさたんパーカーのプレゼンするなw
・しかも、ピンクか…w
・まだささやかな胸部w
・包むように両手を動かしながら「ここが」とかwww
・むっつり弟さん
・初心な人をからかうのは面白い
・両頬を揉まれる小猫
・拗れてるー
・結婚した友人の前から姿を消す魔女
・これは身バレからの友人の立場が危うくなる他にも何かありますぞーw
・嫌な予感
・弟さんに高い高いしてもらう
・高い高いねだるの可愛い
・押しに負けた
・ペンダントの件
・魔女化
・魂を食い潰したら魔女になるのかぁー
・こうして語られる事実
・そして悟る
・新たな展開へ







ネギタレ艦隊2017年7月末版です。
前回は17年6月末でしたね…。

正規空母
赤城改 Lv.85
加賀改 Lv.85
飛龍改二 Lv.84
蒼龍改二 Lv.83
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.76→Lv.78
瑞鶴改 Lv.76→Lv.77
雲龍改 Lv.77
葛城改 Lv.77
天城改 Lv.76
Saratoga改(サラトガ) Lv.76
翔鶴改 Lv.76
Apuila改(アクィラ) Lv.76

軽空母
大鷹改→大鷹改二 Lv.77→Lv.85
瑞鳳改 Lv.78→Lv.80
千歳航改二 Lv.79→Lv.80
千代田航改二 Lv.79→Lv.80
龍驤改二 Lv.80
龍鳳改 Lv.75→Lv.80
隼鷹改二 Lv.80
祥鳳改 Lv.79→Lv.80
飛鷹改 Lv.80
鳳翔改 Lv.80

水上機母艦
秋津洲改 Lv.77
瑞穂改 Lv.76
千歳甲 Lv.75
千代田甲 Lv.75
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.75

航空戦艦
伊勢改 Lv.81
日向改 Lv.80
扶桑改二 Lv.80
山城改二 Lv.80

戦艦
金剛改二 Lv.84
榛名改二 Lv.83
陸奥改 Lv.82
霧島改二 Lv.82
Italia(イタリア) Lv.82
比叡改二 Lv.81
大和改 Lv.67→Lv.80
Iowa改(アイオワ) Lv.80
長門改 Lv.79
Warspite改(ウォースパイト) Lv.79
武蔵→武蔵改 Lv.27→Lv.77
Гангут два (ガングート) Lv.75

航空巡洋艦
最上改 Lv.82
三隈改 Lv.82
鈴谷改 Lv.82
熊野改 Lv.82
利根改二 Lv.78
筑摩改二 Lv.78

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.88
Pola改(ポーラ) Lv.88
摩耶改二 Lv.82
那智改二 Lv.79
鳥海改二 Lv.79
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.77
羽黒改二 Lv.76
衣笠改二 Lv.75
足柄改二 Lv.75
古鷹改二 Lv.75
加古改二 Lv.75
青葉改 Lv.75
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
北上改二 Lv.84
木曾改二 Lv.83
大井改二 Lv.81

軽巡洋艦
五十鈴改二 Lv.84→Lv.85
大淀改 Lv.84
夕張改 Lv.83
阿武隈改二 Lv.81
川内改二 Lv.75→Lv.80
神通改二 Lv.77→Lv.80
鬼怒改二 Lv.80
由良改二 Lv.80
龍田改 Lv.77→Lv.78
天龍改 Lv.77
那珂改二 Lv.75→Lv.76
球磨改 Lv.75→Lv.76
多摩改 Lv.75
長良改 Lv.75
名取改 Lv.75
阿賀野改 Lv.75
能代改 Lv.75
矢矧改 Lv.75

練習巡洋艦
香取改 Lv.99
鹿島改 Lv.99

駆逐艦
Верный(ヴェールヌイ) Lv.86
秋月改 Lv.86
睦月改二 Lv.80→Lv.81
江風改二 Lv.79→Lv.80
雷改 Lv.78→Lv.80
電改 Lv.78→Lv.80
初月改 Lv.80
時雨改二 Lv.77
如月改二 Lv.76→Lv.77
叢雲改二 Lv.76
荒潮改二 Lv.76
雪風改 Lv.76
村雨改 Lv.75→Lv.76
五月雨改 Lv.76
春雨改 Lv.76
夕立改二 Lv.75
綾波改二 Lv.74→Lv.75
初春改→初春改二 Lv.45→Lv.75
潮改二 Lv.75
吹雪改二 Lv.75
暁改二 Lv.75
朝潮改二 Lv.75
島風改 Lv.75
白露改 Lv.75
涼風改 Lv.75
天津風改 Lv.75
山雲改 Lv.75
Libeccio改(リベッチオ) Lv.75
風雲改 Lv.75
海風改 Lv.75
萩風改 Lv.75
山風改 Lv.75
文月改 Lv.73→Lv.74
望月改 Lv.72→Lv.74
長月改 Lv.72→Lv.73
菊月改 Lv.72→Lv.73
弥生改 Lv.72→Lv.73
皐月改 Lv.69→Lv.70
三日月改 Lv.68→Lv.69
神風改 Lv.60
卯月改 Lv.57→Lv.58
秋雲改 Lv.50→Lv.57
水無月改 Lv.50→Lv.53
敷波改 Lv.42→Lv.50
陽炎改 Lv.45→Lv.50
黒潮改 Lv.45→Lv.50
子日改 Lv.45→Lv.50
若葉改 Lv.45→Lv.50
舞風改 Lv.45→Lv.50
初風改 Lv.49→Lv.50
夕雲改 Lv.50
巻雲改 Lv.50
長波改 Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
浜風改 Lv.50
谷風改 Lv.50
浦風改 Lv.50
磯風改 Lv.50
時津風改 Lv.50
清霜改 Lv.50
朝雲改 Lv.50
野分改 Lv.50
朝霜改 Lv.50
嵐改 Lv.50
沖波改 Lv.50
松風改 Lv.50
霞改 Lv.47
初雪改 Lv.40→Lv.41
不知火改 Lv.41
曙改 Lv.40
初霜改 Lv.40
満潮改 Lv.40
朧改 Lv.20→Lv.27
漣改 Lv.20→Lv.27

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.76
伊401改 Lv.76
伊14改 Lv.75

潜水艦
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.76

その他
補給艦 神威改母(かもい) Lv.68→Lv.80
補給艦 速吸改 Lv.75→Lv.76
潜水母艦 大鯨 Lv.65→Lv.71
工作艦 明石改 Lv.75
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.75→Lv.80
海防艦 国後→国後改 Lv.37→Lv.41
海防艦 択捉→択捉改 Lv.37→Lv.41








F1ハンガリーGP決勝!!

このレースが終わったら、夏休みです。

マーティン・ブランドルおじさんもマッサと同じ病気かよwww
ウイルス性らしいんで、今、F1パドックで流行りつつあるみたい…かな?

現在、水泳世界大会やってるブダペスト。
なので、水泳選手も来ているようだ。
最終日らしい…。
もう少し後みたいだけど、世界柔道もここでやるみたいですね。

ハンガリー国歌!
ハンガリー人オペラ歌手、レヴェンテ・モルナールさん。
…で良いのかな?
凄いよね、グリッド上にピアノがあるよ!
バリトンの良い声でした…。

ハミルトンは国歌の最中も傘。
…あ、ヒュルケンベルグもだった。

ザウバーの新チーム代表、フレデリック・ヴァスール。

ハリウッド俳優?のアシュトン・カッチャー。
アメリカ人らしいですね。


ヨーロッパ各国の国旗が揺れる。


去年までのピレリのモータースポーツディレクター、ポール・ヘンベリーの姿も。
ピレリが冠スポンサーやってるレースだからかね。

フェラーリ印のアイスwww
あれは間違いなくライコネンファンだwww

クビアトとディ・レスタがソフトタイヤスタートだ。
後は皆スーパーソフトタイヤ。

だから、はえぇよ、フェラーリスモークwww


シグナルが…ブラックアウト!!
フェラーリが前を抑えた!
レッドブル勢がハミルトンの前に出ています。

1コーナー!
グロージャンがヒュルケンベルグに押し出されてコースオフ。

2コーナー!
おっと…フェルスタッペンとリチャルドが接触した!!
そして押し出されるリチャルド。
リチャルドがスローダウンしています…あれ、何か挙動おかしいな?
あっと、スピンした!

リチャルドのオンボード。
左フロントが濡れてる…どうやら、水漏れのようです。

リチャルド無線。
ピー。

セーフティカー!

リプレイ。
フェルスタッペンの右フロントタイヤがリチャルドの左サイドポッドに接触。
そのの瞬間にリチャルドのサイドポッドから水が漏れ出したのが分かる。
そして、漏れた水がリアタイヤにかかってスピンしたらしい。

レッドブルの接触は審議になりました。
7周目にフェルスタッペンに10秒ストップペナルティ!
この情報に、パパスタッペンもこの表情。

1コーナーでのヒュルケンベルグとグロージャンの件も審議。
13周目にお咎めなしと発表されています。


5周目、リスタート!
早速、アロンソがサインツJr.に仕掛けています!
アロンソはスタートでサインツJr.に前に出られているからね…。

あ、2コーナーかな、サインツJr.が深く入ったから、アロンソをちょっと押し出してるな…。
これで少し勢いを失ったアロンソ、ペレスに仕掛けられそう。
冷静にイン側をキープして、順位は変わらず。

ガレージのリチャルド。
表情はめっちゃおこですね…。

オーストラリア国旗を持つ女性ファン。
リチャルドのリタイアに悲しそうな感じ。


7周目、アロンソがおこのようだ。
サインツJr.がスペース残してくれなかったからみたいです。
15周目に審議となりましたが、18周目にお咎めなしとなりました。

リプレイ。
接触時のリチャルドの無線。
ピー。
リチャルド「あの負け犬野郎め!」
すげぇコメント出てきたwww


19周目、ルノーが動いた!
パーマーとヒュルケンベルグの順位を入れ替えました。
11番手にヒュルケンベルグ、12番手にパーマーだ。
ヒュルケンベルグの方がペースが良いようなので、前に行かせたようですね。


21周目、グロージャン無線。
スローパンクチャーでピットインですか…。
ソフトタイヤに替えて、チェッカーまで行くつもりのようだ。
しかし、翌周に「ゆっくり戻ってこい」との無線が…。

…あっ、止まった。
左リアのナットが閉まってなかったようです…踏んだり蹴ったりの週末ですね、グロージャンは。
これはチームにアンセーフリリースの罰金だな。

…という事で、27周目にグロージャンにアンセーフリリースの審議が入りました。


22周目、ライコネン無線。
ライコネン「ほっといてくれ」

出ました、このフレーズ!


25周目、ベッテル無線。
…え、ステアリングにトラブル?
確かに、オンボードで見ると、ストレートでステアリングを少し左に傾けている。

ん、ハミルトンに無線トラブル?
チームからハミルトンにしか通じず、ハミルトンからチームには繋がらないようだ。
ボッタスの方は大丈夫そうだ。
…え、やっぱダメなの?


31周目、ストロールがピットイン。
タイヤ交換時間は2.3秒。
中々良い。

ボッタスもピットイン。
こちらは3.5秒。
左フロントにちょっと時間かけたようです。
2回くらいホイールガン差し込んでたよね?


ピットレーンの前の所に2015年のブラジルGPで見せた、デッキチェアに座るアロンソのイラストがwww
背景は青い海…砂浜にはパラソルもあって、バカンス状態である!

リプレイ。
ライコネン無線。
ピー。
バックマーカーにおこ。

サインツJr.無線。
サインツJr.「前も後ろもタイヤ残ってない。」
ピット「頑張れ。」


36周目、ペレスのリプレイ。
タイヤ交換に時間かかったな…。
時間出ないけど。

ディ・レスタがピットイン。
タイヤ交換時間は2.6秒。
タイヤ交換練習してなかったけど、中々良いじゃない。

サインツJr.とアロンソが同時にピットイン。
うーん、アロンソとしてはチャンスを逸したか。

アロンソ、サインツJr.に仕掛けているが、抜けない。
…あっと、ミスってシケインカット。

翌周の1コーナーでサインツJr.がミスった!
オーバランしている!
アロンソ、インから前に出ようとするが、加速しないうちに…サインツJr.が来て、順位変わらず。
…おっ、今度は2コーナーでアウト側から仕掛けて行った!!
サインツJr.の前、9番手!

ライコネン無線「セブは全力で走ってるの?」
ベッテルのペースが上がっていません。
気付いたら、ベッテル、ライコネン、ボッタス、ハミルトンの接近戦に…!
大体等間隔になってます。

ハミルトンのエンジニアは何を思う。


41周目、ライコネンは結構イライラしてますねぇ。


43周目、フェルスタッペンがピットイン。
まずは、ペナルティの10秒を消化…13.7秒で発進。
タイヤ交換時間は大体3秒ちょいくらいかな?

ヴァンドールンがピットイン。
あれ、時間かかってるな…。
どうした?
ペレス、オコンのフォースインディア勢に行かれて12番手でコースへ。

ヴァンドールンのリプレイ。
あー、オーバーランしてる…本来の位置から1、2mくらいは前で止まったみたい。
あやうくフロントのジャッキの人が怪我する所だったな…まぁ、明らかに吹っ飛ばされてるんだけど。
ここのピットレーンは滑りやすいらしいが…。


45周目、ハミルトン無線。
長いw
ハミルトン「ペース良いから、それを使わせてよ」
「フェラーリはどういう訳か遅いし。」
「無線トラブルは最低だね!」
「さっきのタイヤでもっと走れたのに。」
「バルテリがフェラーリに追い付けないんなら、抜かせてよ。」
「最低でも、バルテリとバトルさせて欲しいんだけど。」
「チームーオーダー出して。」
無線復旧した途端にめっちゃ言いたい放題であるwww
ピット「一気に喋んないで。」
なんて言われる始末www


46周目、ボッタスとハミルトンが順位を入れ替えています。
リプレイ。
あ、これは完全に譲ったわ。
チームファーストなボッタスである。
一応、ハミルトンがフェラーリを抜けなかった場合、ボッタスに順位を戻す約束のようだ。

対するフェラーリはベッテルとライコネンを入れ替えないな…。
「ノーリスクで変なプレッシャーに晒すな!」って言ってたライコネンですが、メルセデスからのプレッシャーはまだまだ続きそうです。

ヒュルケンベルグのピットイン、リプレイ。
あ、右フロント外れない…ようやく外れた。
ヴァンドールン、マグヌッセンに先行され、12番手でコースに戻っています。


49周目、ライコネンの無線。
ライコネン「楽なポジションじゃないんだけど…?」
しんがりを務めているライコネン。
最強の盾になれるか?


52周目、ホナ足感染ってるね。
メルセデスのピットウォールの人とフェラーリのピットクルーの人。

1コーナーでマグヌッセンに仕掛けるヒュルケンベルグ。
しかし、抜けない。


54周目、マグヌッセンをかわせないヒュルケンベルグ。
ん、ヘリカメラに汚れと…羽アリがくっついてる?
あ、羽アリっぽいのは取れた。

ハミルトンからしたら、前を行くフェラーリ2台がトラフィックに当たった時が狙い目でしょうか。


55周目、ライコネン無線。
ライコネン「これ、最後までやるのか?」
めちゃめちゃ不満そう…。


57周目、フェルスタッペンが姿勢乱してコースオフ。
フェラーリとかもそうだけど、突然乱れるから怖いよね。

メルセデスの育成ドライバー、ジョージ・ラッセル。


59周目、ハミルトンがライコネンのDRS圏内に。
でも、近付けない。

…あ、ハミルトンが姿勢乱した。

…ん?
ヒュルケンベルグ、パンク?
大丈夫っぽい。


62周目、ディ・レスタの無線。
マシンに問題が…ガレージに戻り、リタイア。
うん、良く頑張ってたよ。。

フェラーリの育成ドライバー、シャルル・ルクレール。
今、F2でめっちゃ強いドライバーである。

ハミルトンとライコネンのギャップが少し開いています。
結局仕掛けられなかったみたいですね。

リタイアしたディ・レスタ、笑顔も見えます。

ヴァンドールンはオコンのDRS圏内に入ったけど、周回遅れにされてる間に離れてしまったな…。
差が3秒くらいになっちまった。


69周目、再びヴァンドールンがオコンのDRS圏内に。
でも、抜けないねぇ…。

ヒュルケンベルグがピットイン。
あ、ガレージに戻ってる…リタイアか。


70周目、ファイナルラップ!

マグヌッセンに5秒ペナルティ。
トラック外走行っぽいです。

もう握手してるアリヴァネーネ代表www
気が早いwww

ハミルトン、ペースを大きく落としている。
これは、ボッタスを待ってるのかな?

ベッテル、チェッカー!
ライコネンと共にフェラーリのワンツーフィニッシュ!
モナコGPに続き、今季2回目である。

ボッタス、最終コーナーでハミルトンに順位を返してもらって3位!
ハミルトンは4位、すぐ後ろにはフェルスタッペン。

アロンソ、6番手!
そしてファステストを記録!
マクラーレンはヴァンドールンも10位に入って、ダブル入賞!
ヴァンドールンは今季初ポイント獲得!
マクラーレンはポイントランキングでザウバーを上回っています。
最下位脱出!

ベッテルのオンボード。
ステアリングのトラブルは直ってないようだ。

ボッタスのオンボードリプレイ。
ハミルトンに感謝のジェスチャー。

ベッテル、ピットレーンに帰ってきた。
何故かインドっぽいポーズ。

後ろにちらっと映ったライコネン。
何だか怒ってそうだ…。

表彰台控室。
ベッテル、ライコネンと握手。
ライコネンも笑顔でした。
まぁ、仲良いからね…。

ベッテル、ライコネンに奢らないとねw
シャンパンかな?
ウォッカかな?
キャビアをつまみにウォッカとか…。

…とか言う話で勝手に盛り上がる実況解説w


表彰台。
フィンランド勢が2戦連続の表彰台。
ベッテル、インドポーズ好きだなwww

ライコネン、ハンガリーにおける表彰台登壇数最多となる8回目。

いつもの。
かーらーのー
イタリア国歌!

そこまで悪くなさそうな表情のライコネン。
機嫌直った?

シャンパンファイト!
まず飲むフィンランド勢。
ベッテルにかけられた後に飲み直すライコネンw

…って、おい、アロンソwww
ピットレーン前の地面に描かれたイラストを背にデッキチェアで休むwww
「良い休暇を」のでかいメッセージカードも持って、写真撮影www
これは良い所持ってったなwww


表彰台インタビュワーはDC先生!
ライコネン「フィンランドの人英語分かるから大丈夫。
優勝できなくてごめんなさい。
ワンツーだから許して。」

ボッタス「(条件付きでハミルトンを先に行かせた件)最後はちょっと心配でした。」

ハミルトンがボッタスに順位を返す時のデュアル画面。
チェッカー後、ボッタスのジェスチャーにサムアップで応えるハミルトン。


紺色トロピカルアロハ。


レッドブル、同士討ちしちゃいましたね。
さて、ミーティングどうなるんだろ?


優勝はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2位はキミ・ライコネン/フェラーリ
3位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
6位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
7位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はエステバン・オコン/フォースインディア
10位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニール・クビアト/トロロッソ
12位はジョリオン・パーマー/ルノー
13位はケビン・マグヌッセン/ハース
14位はランス・ストロール/ウィリアムズ
15位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー
16位はマーカス・エリクソン/ザウバー
17位感想扱いはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

リタイアは…

ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ
ロマン・グロージャン/ハース
ダニエル・リチャルド/レッドブル


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/フェラーリ(202Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(188Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(169Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(117Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(116Pt)
6位:フェルスタッペン/トロロッソ(67Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(56Pt)
8位:オコン/フォースインディア(45Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(35Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(26Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(23Pt)
12位:ストロール/ウィリアムズ(18Pt)
13位:グロージャン/ハース(18Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:アロンソ/マクラーレン(10Pt)
16位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
17位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
18位:ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ(0Pt)
23位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(357Pt)
2位:フェラーリ(318Pt)
3位:レッドブル(184Pt)
4位:フォースインディア(101Pt)
5位:ウィリアムズ(41Pt)
6位:トロロッソ(39Pt)
7位:ハース(29Pt)
8位:ルノー(26Pt)
9位:マクラーレン(11Pt)
10位:ザウバー(5Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »