« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

イングランドの湖水地方

2017年に登録された、イギリスの世界文化遺産です。
湖水地方とは、イングランド北西部ウェストモーランド・カンバーランド郡・ランカシャー地方にまたがる地域の事。湖水地方というと、風光明媚な自然のイメージですが、文化的な景観に対する評価のようですね。
イングランドの最高峰、スコーフェル山や16つの湖等を擁する湖水地方は「イングランドで最も愛されている景色」とも言われているそうです。
そうした景色は詩人等にもインスピレーションを与えていたようで、イングランドの人々の文化や思想等に根付いたものなのかもしれませんね。
そんな湖水地方は第11回の委員会で既に申請されていたみたいで、その時は複合遺産として、でした。続いて、第14回に申請された際は今回と同じ文化遺産としてでしたが、適用基準等を巡って、審議がまとまらなかった為に見送られていたようです。
だいぶ年月が経っていますが、登録されて良かった良かった。







ケータイそろそろ替えようと思ってたから出掛けようかと思っていたけど、結局寝ていました。
また今度…。







F1ハンガリーGP予選!!

夏休み前最後の1戦。
中々の風ですね…。
晴天!
路面温度は50℃くらいあるみたいです。

ハンガロリンク名物、長いストレートのウォータースライダー。
暑そうだし、気持ち良さそうw


ウィリアムズは予選でマッサの代役としてNo.40 ポール・ディ・レスタが出場。
4年振りのレース出走みたいです。
マッサは発熱があるらしく、FP3後に病院に行ったようです。
一足早く夏休みですね。

アロンソの誕生日!
36歳です。


Q1
ボッタス、ハミルトンがすぐに出てきた。
そして、ディ・レスタ。
彼はいきなりスーパーソフトで走るようです。

残り13分切った。
ペレスのリプレイ。
シケインでめっちゃリアがスライドしてる!

今の所、フェラーリ優勢っぽいな。

マクラーレン勢が7、8番手。
マグヌッセンのリプレイ。
シケインでリアがスライド。
シケインの切り返しでちゃんとライン上に留まれなくて、若干コースオフ気味。

残り5分20秒、ディ・レスタが2回目のアタックへ!

リプレイでウェーレイン無線。
「何で最後のセクターでどかないんだ!」

残り3分ちょい。
グロージャンが12番手、マグヌッセンが13番手。
ハース勢が順位を上げてきた!

サインツJr.は11番手。
オコンが11番手。
ディ・レスタはタイム更新ならず。
クビアトが10番手に。
ストロールはノックアウト圏内の16番手。
ストロールのリプレイ。
シケイン2つめでミスったかな?

残りは1分30秒。
ここでパーマーが10番手だ。
おとんのジョナサン・パーマーも見てる。

グロージャンがタイム更新して14番手。

あーっと…。
ここでクビアトがコースオフ!
黄旗!
そしてチェッカー!
マグヌッセンは16番手でノックアウト。
ウェーレインは18番手。
ディ・レスタは19番手。
エリクソンが20番手。

ディ・レスタは107%ルールをクリアして無事にレースに出走できますな。
マシンの実車に乗ったのは3年半ぶりくらいらしいので、結構なブランクがあって、ぶっつけ本番で最後尾じゃなかったの凄い!
しかも、マシン的にはハンガロリンクあんまり得意じゃなくて、セッティングもあんまり決まってなかったんだけれども…。
最終的には、チームメイトのストロールとのタイム差は0.766秒でした。
流石に負けたけど、大差じゃないのがポイント。
ディ・レスタ無線。
ピットウォール「準備0からよくやった!」

よちよち歩きの子がいますねw
ヘッドフォンはピンクいから、フォースインディア応援かな?(

ストロールのリプレイ。
アタック中にクビアトとニアミスしていました。
ストロール「トラフィックに当たったよ!」
対するクビアトの無線。
ピー。
「何でもっと早く教えてくれなかったんだ!」
と言った所でしょうか。


Q2
やっぱりメルセデス勢が真っ先にコースへ。

ハミルトン、1回目のアタック。
しかし、セクター1で度々膨らんでる。
フロントタイヤに熱があまり入ってなかったか?
このサーキットはリアタイヤがオーバーヒートしてセクター3でダメになりやすいらしく、フロントとリアの熱入れが難しいのだとか。

ベッテルがタイムを出して、1分16秒802!
初めて16秒台に入ってきた!

グロージャンのリプレイ。
あー、膨らんでる…。
グロージャンはこの週末、こういうのが多いようだ。

フェルスタッペン、ヒュルケンベルグに引っ掛かるも2番手タイム。

サインツJr.が8番手。
クビアトはギリギリの9番手。
ヴァンドールンは7番手。
アロンソが7番手。
ヒュルケンベルグは6番手。
パーマーは11番手。
マクラーレン、現時点で2台揃ってのトップ10圏内だ。
ベッテルはマシンを降りてQ3に備えていますね。

ハミルトンのおとん、アンソニー・ハミルトン来てるやん。
来てはいるんだろうけど、国際映像にあまり映ってなかったし、久々な感じだなぁ。

残り4分切って、ボッタスとハミルトンがコースへ。
3分切って、続々とコースへ出ています。

ボッタス、ラストアタック!
…あ、1コーナーでタイヤロックしてたので、やめた。

ハミルトン、セクター2全体ベスト!
そしてトップタイム!
1分16秒693はこのコースのニューレコードだ!

グロージャンは13番手でノックアウト。
サインツJr.はギリギリ10番手だ!
チェッカー!
ヴァンドールンはギリギリ9番手。
アロンソはアタックをやめて8番手のまま。
オコンは惜しくも11番手でした。
クビアトは12番手。
パーマーがタイムを更新するも、11番手。
ペレスは14番手。

ベルギー人初優勝の地、ハンガリー。
その時はティエリー・ブーツェンが優勝。


Q3
まずはボッタス、ベッテル、ヒュルケンベルグ、ハミルトンの順でコースへ。

ボッタス、最初のアタックでニューレコード更新!
ベッテル、更にそのタイムを上回って、1分16秒276!
勿論、ニューレコード更新です!
ハミルトンはタイヤが良くないらしく、ピットへ。
リチャルド、3番手タイム!

残り7分半。
フェルスタッペン、ファーストアタックは3番手!

ライコネンリプレイ。
1コーナーでタイヤロックしてました。

残り3分半。
まだノータイムのハミルトン、コースへ!

残り3分切って、他のマシンもラストアタックに入って行きます。

ハミルトン無線。
またバイブレーション…ここにきて、良くないタイヤに当たっちゃってる感じ。
とは言え、ここでタイム出さないといけないんで…。
でも、セクター1はちょっと気になってる感じするな。

ハミルトン、結局3番手。
ボッタスは2番手でした。
チェッカー!
ライコネンがセクター1を全体ベストで通過!
ヴァンドールンは9番手。
アロンソは8番手。
リチャルドは5番手。
フェルスタッペンが5番手。
ベッテル、タイム更新ならず。
ライコネンは2番手!

ベッテル、ポールポジション獲得!
もうフェラーリファンがスモーク炊いてるwww
早すぎwww

レッドブルファンの子が…www
両手でブーイングしとるwww

フェラーリ2台がグリッドに並んでいます。
グリッドインタビューですね。

3番手の位置が抜けています。
ボッタスのマシンどうしたwww
本人はグリッドに来てるけれども。


ライコネン、シケインで少しミスったようだ。

ボッタス、青いキャップ。
ハンガリーの青い空とマッチしてる。

ベッテル「数字はあまり気にしていないよ。算数あまり得意じゃないしね!」


結果。
ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
12番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
15番手からはロマン・グロージャン/ハース

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
19番手からはポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー


ヒュルケンベルグ、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
クビアト、ストロールへの妨害で3グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド
ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
9番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
10番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

11番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
19番手からはポール・ディ・レスタ/ウィリアムズ
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

1列目にフェラーリ、2列目にメルセデス、3列目にレッドブル、4列目にマクラーレンと綺麗に並びました。
ルノーとフォースインディアが交互に並んでたり、ハースが続いていたり、ウィリアムズとザウバーが交互に並んでたりと結構固まっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

カルパティア山脈などの欧州各地のブナ原生林群

第41回世界遺産委員会も終了し、2017年も世界遺産が誕生しました。
そこで、近年恒例となっていますが、2017年に登録された世界遺産を見て行きましょう…。


まずはヨーロッパの世界遺産。


カルパティア山脈などの欧州各地のブナ原生林群

アルバニア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、イタリア、ルーマニア、スロベニア、スペインに跨がる世界自然遺産です。
東カルパティア山脈に残るヨーロッパブナの原生林です。
元々はスロバキアとウクライナに跨がる世界遺産「カルパティア山脈のブナ原生林」として2007年に登録、2011年にはドイツが加わっていました。
今回はその世界遺産の拡大登録で、一気に9カ国が加わって12ヶ国に跨がる世界遺産となりました。
これで同じくヨーロッパにある世界文化遺産「シュトルーヴェの測地弧」の10ヶ国を超える、保有国数最多記録の世界遺産となります。
今回の推薦書提出の時点ではポーランドも入っていたようですが、提出後に離脱しています。
2007年の登録時から既に拡大登録への期待があったみたいですね。
今回の登録拡大にあたって、保護の為の国際協力という点では評価されていたようですが、元々登録されていた範囲に対する基準の強化という観点では、構成資産の選定が不適切ではないかと言われていたようです。
しかし、審議で逆転登録が認められました。






会社の飲み会でした〜。
つっても、俺は酒はカシスオレンジしか飲んでないけど。







ポケモン月。

・続、イーブイクエスト
・サンダース使いのオロチマルはボケてた…
・エーフィ使いのカイザーは人生も終盤に入り、お月様が見え始めたようです
・ブラッキー使いのゼロックはもうすぐ入院…彼の時間も、白み始めてるようですね
・ハノハノリゾートへ
・あっ、カヒリさん!
・10時間以上トレーニングしてん…
・リーフィア使いのルネだけビキニのお姉さんw
・エステ
・カゲトラちゃんwww
・何、老いてるの?
・金と医学の力でスタイルキープしてました
・体は正直らしいですが
・全員倒したから、カゲトラさんの元へ
・時間って奴は残酷なものだな
・こうしてイーブイ系使い達の時代は終わった
・イーブイZ
・昔はこれでブイブイ言わせてたんだろうな…
・カゲトラさんは残ったローンと老後を片付けていくそうです
・イーブイクエストは人生について考えさせられるな…
・イーブイ系という可愛いポケモンを軸にしているのに、アローラ地方において、結構な重い話でした
・子供の頃は何も感じなかっただろうけど、この歳になるとちょっと気になってくるね…






続きからコメント返信!!

続きを読む "カルパティア山脈などの欧州各地のブナ原生林群"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

初代

Naganami_onigiri
長波サマおにぎり。








ポケモン月。

・レベル上げ完了~
・いやぁ、長い事かかってたなぁ
・ポケモンリーグへ!
・あ、ハウだ
・ククイ博士、カントーのジムリーダー達にボコボコにされてたのか
・マントのドラゴン使い
・ククイ博士が真ん中に
・さて、四天王のタイプは…えーと…
・かくとう、ハラさんだね
・んーと、いわ…?じめん…?
・あく…?エスパー…?
・羽…ひこうかな?そんな島キングクイーンいなかった…
・島キング島クイーン勢揃いじゃないんだね
・じゃあ、かくとうから
・ハラさん
・何か、拳出てきた
・手の形のリング
・島キングにして四天王、オニのハラ
・どすこい!
・ハリテヤマ、ケケンカニ、ニョロボン、オコリザル、キテルグマ
・ハラさん倒した!
・ワープゾーンできた
・床が光る
・次はライチさん
・岩の間
・じゃあ、ハラさんは格闘の間か
・岩生えた
・岩のリング
・岩のリングに顔向けたらのっぺらぼうみたいになったw
・前置きなかった
・キリッ
・振り向きライチさんかっこいい
・岩エフェクトか
・ジーランス、ルガルガン 真夜中の姿、メレシー、ダイノーズ、アローラゴローニャ
・あられが降る中の勝利
・面影なし
・さぁ、次…ゴーストだった
・古代のプリンセス、アセロラちゃん!
・霧が出た
・もやもやしたの出てる
・良く分からないもののリング
・クチナシおじさんは?
・「カプに選ばれたならともかく、人に選ばれての四天王はゴメンなんだってー!」
・アセロラちゃんはクチナシおじさんの分も戦っちゃうのか
・アセロラちゃん可愛い
・ヤミラミ、ダダリン、ユキメノコ、シロデスナ、フワライド
・「アセロラちゃん……お口あんぐり!」
・ふぁー!
・アセロラちゃん、チャンピオン狙ってたのw
・目論見が木っ端微塵だね!
・あと一人!あと一人!
・突然の野球ネタ
・最後は…誰やw
・ひこうタイプ使いですか…ニューカマーですね!
・翼が広がる
・翼リング
・リングの上の縁に顔が重なるとのっぺらぼうにw
・四天王のカヒリさん
・ハノハノリゾートで名前が出てた、プロゴルファーの人か
・数年前に島巡りチャンピオンになった人
・その後はポケモンとゴルフを極める為に世界巡ってたそうな
・生まれ故郷にポケモンリーグできるから舞い戻ってきた人である
・「とくとごらんあれ!」
・しゃがんでる…カップまでの距離を測ってる時の姿勢だ
・羽ばさー!
・ずっとしゃがんでるw
・エアームド、バルジーナ、クロバット、ドデカバシ、オドリドリ めらめらスタイル
・胡散臭かったけど、ククイ博士の誘いにのって良かったwww
・四天王の先に何があるのか
・中央ワープゾーン
・ククイ博士いなくなった
・下にワープ?
・あっ、王座だ
・背景のクリスタルの向こう側に景色が…
・うーん、頂上?
・それにしては緑が多いし、海も近い
・やっぱ下にワープしたか?
・王座に座ってみた
・ククイ博士がやってきた
・「これからは君がポケモンリーグチャンピオンだぜ!」
・「と言いたい所だが、実はもう一人戦わなくてはならない!」
・って、それ、ワタルの科白やんかwww
・「そのトレーナーは勿論この僕だぜ!」
・やかましいわ!www
・「島巡りの最後を飾り、新しいリーグの門出を祝うのに相応しいポケモン勝負をしよう!!」
・イントロが初代オープニング!
・ポケモン博士のククイが勝負を仕掛けてきた!
・メガネ外したwww
・本気モードだwww
・背景めちゃめちゃ綺麗だな!
・ルガルガン 真昼の姿、ジバコイル、カビゴン、アローラキュウコン、ジュナイパー、ウォーグル
・以上、ククイ博士のゼンリョクでした
・ククイ博士の夢は叶ったようだが
・アローラのポケモンリーグ、最初のチャンピオン!
17_7_29_moon_champion
・EDへ
・お祝い会
・カキさん……www
・ファイヤーダンスしまくりwww
・木の陰で見守るグラジオさん
・皆でゼンリョクポーズ!!
・クチナシおじさんwww
・奥でやるなwww
・カキさん、またファイヤーダンスしてるw
・戦の遺跡へ
・石像に触れたら…テレパシー?
・(…ルナアーラ ヨカッタ)
・喋ったw
・(イクゾ)
・カプゥーコッコ!
・バトルだ!
・あ、普通に捕まえる事もできるのねw
・なんで主役なのにいなくなった事に気付かれないのwww
・島キングクイーンによるバトルロイヤル
・ロイヤルマスクだw
・おい、ニャースw
・お前が出るのかwww
・旦那さんっぽい感じがしつつ、やっぱり気付かない奥さん
・カキ寝てるwww
・マオに笑われているw
・母様少し良くなったのか
・祭りにくるだと…?
・何か言いかけるリーリエちゃん
・タイミング良く花火
・言わなかった
・ポケモン見せるのね
・「おお!」
・翌日
・ハウだ
・一大事だけど、チャイムは鳴らす
・おばさん
・船?
・リーリエちゃん、カントーへ
・時差ボケ
・バーネットさん、寂しいから見送らないって
・研究所のロフトはずっとリーリエに貸すそうな
・母様を治す為も…
・ハウ、めっちゃ悲しそう!
・すっごい長い手紙www
・ピッピにんぎょう貰った
・ハウめっちゃ泣いてるじゃないですかー!
・マジでED
・祖父と孫
・おい、後ろwwwコケコがwww
・ルガルガンwww涎www
・スイレンちゃん、群れたの釣れた
・ガラガラとカキさん
・徹夜組
・ミミッキュ…あの大きさは主ですか?
・おじさんとアローラペルシアン
・描いとる
・グズマとグソクムシャ
・エーテル財団メンツ
・ザオボーがキテルグマ絞められてるように見えるwww
・何気にビッケさんに手首掴まれてるしなw
・スカル団メンツ
・姉御が帽子被ってる…な?
・グラジオさん
・シュヴァルディにじゃれつかれているのか、もぐもぐされているのか
・博士夫婦
・おい、後ろのマスクwww
・リーリエとルナアーラ
・凄く良いね、これ!
・最初の頃の写真

・終了
・またしてもハウ
・ニャース、小判光るw
・ジュナイパーZ、ガオガエンZ!
・ハウのとーちゃんの話
・島キングの息子と言われたくなくて海外で仕事
・バトルツリーの話
・あの辺りって、チャンピオンじゃないと行けないんじゃ…
・そんな事なかったみたい
・無駄に光るな、ニャースw
・外に出たらあやしいおじさんからあやしいカードもらった
・退散速いwww
・そういや、メガヤスのおいちゃんが強くなったら来いつってたな…
・カゲトラのイーブイ進化系使いクエスト
・30年前とかだとそりゃあおじいちゃんおばあちゃんになっててもおかしくない
・カゲトラさん一番若いのでは…w
・ニンフィア使いのサクヤさん、去年亡くなってるって、おい!!
・そういや、スクールで門前払い喰らう部屋あったな…
・門番…お前、留年生かよ!!www
・30年くらい言うてたなwww
・校長のアスカ
・チャンピオンより強い校長のいるスクールorチャンピオンを生んだスクール
・おい校長w
・エーテルハウス
・ポリゴン貰った
・ポニの立ち入り禁止エリア行ってみるか
・例の二人組
・Zリングとメガシンカの関係性?
・で、バトル
・メガフーディン!
・我がポケモン様はビンビンでいらっしゃる
・我が心 しなしなに折れた
・おいこの野郎www
・海パンやろうは海パンから生まれませんw
・ポニの花園
・むらさきのミツ
・エーテルパラダイスへ
・ザオボーだ
・平社員に降格して、ニューザオボーへ
・あれ、母様いない
・代表代理、グラジオ
・ビッケさんだ
・あぁ、母様もカントーか
・ウツロイドの神経毒
・Zパワーの負担?
・パソコンのポケモン預かりシステム
・マサキ
・あぁ、くっついてたね…w
・つか、あれ、変身じゃなくて、くっついてたんだっけ?w
・同じ事ができれば…リスクたけーな
・タイプ:ヌルに破かれた服
・自分でファスナーつけた…裁縫もできるよ!
・あれ、ラボに行くって言ってたけど、ビッケさんいない
・いでんしのくさび、いましめのツボ、こころのしずく
・コレクションを目論んだw
・続いて、アヤシイおじさんのあやしいカードのモーテルへ
・母上への手紙が…
・ヌルを連れ出したのは皆の為
・まだまだ思いを表現しきれていないね
・誰かいるw
・国!際!警!察!ハンサム!!
・あのあやしいおじさんはお前かw
・国際警察のボス?!
・リラ…
・えっ、リラ?!
・バトルフロンティアのタワー タイクーン?
・立派に成長したねぇ
・控え目だけど
・もうこの時点でルビサファエメのかなり後という事になるな
・肩書き:国際警察 特務機関 UB対策本部部長
・あ、部長か
・ハンサムさん部下なんw
・UB パラサイト
・ハンサムさんがあっって顔してる
・機密事項
・警戒とか人々を守るとかもするけど、生態調査もするのね
・保護もしくは殲滅
・上層部
・UBの保護協力
・リラさんの表情が和らいだ
・ハンサムさん
・うちのボスはタフですよ…
・そりゃあ、元フロンティアブレーンだしな…
・ポケモントレーナー
・いきなりフーディン
・ボーマンダ!
・ビッケさんに会いに行こうとのこと
・ウルトラボール
・極秘開発したボール
・製造コスト高いん…
・リラさんにおかえりなさい言われたw
・てぇへんだwww
・その口調w
・クセかよw
・パラサイト発見
・ハンサムさんのテーマ
・ウルトラボールの製造コスト、1つウン百万w
・取り敢えず、?????発見w
・UBって固定シンボルじゃないのね、厳選大変そうだ。


メンバー
アシレーヌ♀/モントレー Lv.68 ひかえめ/からだがじょうぶ

デカグース♂/やんばる(山原) Lv.71 さみしがり/ひるねをよくする

ベトベトン(アローラの姿)♀/デトロイト Lv.67 やんちゃ/ちからがじまん

ドデカバシ♀/しらかみ(白神) Lv.66 ようき/ちからがじまん

クワガノン♂/フローレス Lv.65 うっかりや/イタズラがすき

マシェード♀/セパン Lv.67 なまいき/おっちょこちょい

ルナアーラ/がっさん(月山) Lv.66 ひかえめ/ひるねをよくする

バンバドロ♂/いわみざわ(岩見沢) Lv.65 ゆうかん/からだがじょうぶ

ルガルガン(真夜中の姿)♂/ヨンアム(霊岩) Lv.65 いじっぱり/ものをよくちらかす

シロデスナ♂/なかたじま(中田島) Lv.65 おっとり/まけずぎらい

マケンカニ♂→ケケンカニ♂/パナイ Lv.65 さみしがり/とてもきちょうめん

サンドパン(アローラの姿)♂/アイガー Lv.66 おとなしい/イタズラがすき

ルガルガン(真昼の姿)♂/プンゲリ(豊渓里) Lv.65 いじっぱり/イタズラがすき

グソクムシャ♀/バージェス Lv.65 ようき/ものおとにびんかん

ジャラランガ♂/りゅうがさき(龍ケ崎) Lv.65 しんちょう/あばれることがすき

オニシズクモ♂/みどろ(深泥) Lv.65 なまいき/ちょっぴりみえっぱり

エンニュート♀/パホイホイ Lv.66 やんちゃ/イタズラがすき

ダダリン/てってい(鉄底) Lv.65 いじっぱり/ねばりづよい

メテノ(あかいろのコア)/チチュルブ Lv.65 ひかえめ/かけっこがすき

ナマコブシ♀/マルキョク Lv.65 なまいき/あばれることがすき

ドヒドイデ♀/コロール Lv.65 ゆうかん/ちからがじまん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

銀石

Due_italianDue_italian_lemon_ramen
Due Italianのレモンらぁ麺!!

いやぁ、これ、吉祥寺の店舗に行った時にはなかったんだよねぇ…。
カップ麺だけど、吃驚したわw

結構酸っぱいです、美味い。





2017_kncl_summer
某コンビニのお船コラボ、また買っちゃいましたw

クリアファイル。
綾波型駆逐艦1番艦綾波、綾波型駆逐艦2番艦敷波、マエストラーレ級駆逐艦3番艦リベッチオ、神威型補給艦神威。

アクリルチャーム。
古鷹型重巡1番艦古鷹、リベッチオ、夕雲型駆逐艦16番艦朝霜、同11番艦藤波。

ミニタペはザラ級重巡3番艦ポーラ。








F1イギリスGP決勝!!

解説はハミーさん。

めっちゃ曇ってる!
左側の赤いのは曲芸飛行チームか何かのスモークの残りですな。
決勝は雨の予報…。

チーム的にはフォースインディア、ウィリアムズ、マクラーレンの母国GP。
本拠地的に見たら、フェラーリ、ザウバー、トロロッソを除く7チームがイギリス国内に拠点を構えています。
しかも、ここ、シルバーストンに近い場所に。
最も近いのは、フォースインディア。サーキットから目と鼻の先である。
ドライバー的にはハミルトン、パーマーの母国だ。

コースを跨ぐ橋、その壁の所がスクリーンになっているみたいだね。
ジョニー・ウォーカーの広告が動いてる。


レコノサンスラップからハミルトンは大人気!
イギリスGPにおいて、3年連続ポールを獲得しています。
イギリスGPのポール数ではジム・クラークに並んで歴代トップタイ。


スローリプレイ。
赤い機体色の曲芸飛行チームですかね?
スモーク出していました。


サー・ジャッキー・スチュワートがグリッドに。
伝統のイギリスだけに、色々なビッグネームが来ているようだ。


更に曲芸飛行チームのスローリプレイ。


軍用ヘリっぽいのきた。


バトンが母国だからか、凄く元気だ!
アメリカ人俳優のオーウェン・ウィルソンも来ています。


軍用ヘリが着陸した…。


ロス・ブラウンが話してるあの人は誰?


軍用ヘリからトロフィが…!
軍人さんかな?
彼らによるトロフィリレー。


アメリカ人俳優のウディ・ハレルソン。
写真撮ってますね。


風強め。
観客席でウェーブが行われていますw


ユニオンジャックにハミルトンの名前が書かれてる応援旗。


ドライバー紹介。
ハミルトンがコールされた時の歓声よ。

そして、国歌!
歌手の方かな?
独唱!
そしてトロフィ到着!

上空をスモーク炊きながら曲芸飛行チームが過ぎていった。


CM。
ハミルトンが出てるBOSEのCMとカーズ3ですね。


おっ、ボッタスファンだ。

ハミルトン弟とロス・ブラウンがスタートラインに。
俳優勢が集まって談笑中。
この2人、仲が良いらしい。

フェルスタッペンファン。
フェルスタッペンファンのライオン。


ボッタスはQ2の最速タイムをソフトタイヤで記録したから、ソフトタイヤスタート。
トップ10以降だと、マッサ、ストロール、マグヌッセン、ウェーレイン、エリクソンがソフトタイヤスタート。
後はスーパーソフトスタート。

フォーメーションラップ。
俳優勢のカメラ…ビデオ?が止まらんなwww

パーマー無線。
ブレーキ・バイ・ワイヤのトラブルだ…。


ウィリアムズ40周年記念。
CGじゃないんだな、芝生の上に実体としてあるわ。


あっと、パーマーがスローダウン…。
油圧トラブルみたいです。

そして、コース脇の芝生の上でストップだ。
母国なんだけどなぁ、ツイてないなぁ、パーマー…。

メルセデスガレージではロズベルグがトトと並んで画面を見ている。

管制塔にオーウェン・ウィルソンが…写真撮ってる。
パーマーがコース上で止まっているので、エクストラフォーメーションラップ。

メルセデスガレージのビリー・モンガー。
2020年にはル・マン出たいって?
将来が楽しみだな!

ベッテルから煙が…。
フェルスタッペン無線。
「セバスチャンのリアブレーキから火が出てるよ。」
でも、スタート。

シグナルが…ブラックアウト!!
ライコネン、そこそこスタート良いな…。
ベッテルの蹴り出しは少し悪い…フェルスタッペンが来ているぞ!
1コーナーはハミルトンが前だ。

オコンが5番手に浮上。
ベッテル対フェルスタッペン!
フェルスタッペン、3番手…いや、ベッテルが守ってる!
再びフェルスタッペンが仕掛けて、ベッテルの前に!

ん、マゴッツかベケッツ辺りで煙が…。

マッサが10番手に上がってる!

あーっと!!
サインツJr.、ストップ!
クラッシュか?

サインツJr.無線。
「ダニーは良い仕事やってくれたよね。」

リプレイ。
成程、クビアトがサインツJr.に接触してたようです。
接触の後、2台揃ってスピン。
トロロッソ同士、同士討ちですね…これはやっちゃ行けない。

サインツJr.のオンボードリプレイ。
スピンした時にフロントウイングを傍を通ったマシンのリアに当ててるみたいだ。
サインツJr.のフロントウイングのパーツが飛んでる。

クビアトのオンボードリプレイ。
ベケッツかな、その辺りでコースオフしかけてますね。
戻ってきた時に接触したようだ。

うーん、コースに戻ろうとするのは仕方のない事なのだけれど…。
マゴッツ入る前から、クビアトがミスってて、その隙を突いたサインツJr.が抜きかけていた…といった感じかな。


セーフティカー!


トロロッソ同士の接触は審議に。
9周目にはクビアトにドライブスルーペナルティが課せられています。

リチャルドのオンボードリプレイ。
前方の事故を良く見てたね。
スピード調節しながら、スピンしたトロロッソ2台の間を抜けて行っていました。

クビアトは自力走行してピットインしたものの、最後尾に。
前戦のオーストリアみたいだな…。

サインツJr.のスローリプレイ。
スピンした時に接触したのはマグヌッセンみたいですね。


4周目、リスタート。


5周目、リチャルドのオンボードリプレイ。
8コーナー辺りでコースオフして順位をがっつり下げています。
んーと、マグヌッセンに押し出された?


6周目、リチャルドの無線。
ピー。
さっきのですかね。

ザウバー同士のバトルだ!
エリクソンの無線。
「俺は開けたのに、彼はスペース開けてくれなかった!」
ここも激しくやり合ってそうだな。


14周目、フェルスタッペン対ベッテル再び!
ハンガーストレートで4番手のベッテルが仕掛けた!
一旦アウトに振ってからインを突いた!
サイド・バイ・サイド!
あー、フェルスタッペンをちょっと押し出してるwww
それでもフェルスタッペンはまだ前をキープ!
そのままシケインへ…おっと、今度はフェルスタッペンがブレーキ遅らせてベッテルを押し出した!
さっきの仕返しか?
フェルスタッペン、3番手を守る!
リプレイでは押し出したフェルスタッペンに対して手を挙げて抗議するベッテルの姿が。


17周目、7コーナー辺りに雨が?


19周目、ベッテルがピットイン。
ソフトタイヤに交換。
結局抜けなかった、フェルスタッペンへのアンダーカット狙いですね!

マッサがリチャルドにかわされて11番手に。
まぁ、仕方ないか…。


20周目、今度はフェルスタッペンがピットイン!
ベッテルへのカウンターだ!
あっと、左リアが遅れた。
タイヤ交換時間が3.4秒…さぁ、どうか?
ベッテル、余裕でフェルスタッペンの前に!
アンダーカット成功!

トップのボッタスはハンマータイム?


23周目、ソフトタイヤスタートのストロールがピットイン。
スーパーソフトタイヤです。
タイヤ交換時間は4.2秒、少しかかっちゃったな。


25周目、ヒュルケンベルグがピットイン。
タイヤ交換時間、5秒かかってる…何があった?

ハミルトンもピットイン。
タイヤ交換時間は2.3秒、順当ですねぇ。


26周目、マッサがピットイン。
うーん、タイム出てこない。。
どれくらいだったんだ…?
さっきまで引っ掛かっていたヴァンドールンより前に行けるか?

メルセデスガレージのジョージ・ラッセル。
メルセデスのテストドライバーである19歳のイギリス人。


27周目、ヴァンドールンがピットイン。
タイヤ交換時間は3.7秒…何が起こってるの??
マッサがヴァンドールンを逆転した!


28周目、クビアト無線。
えっ、サスペンション破損?


29周目、クビアトがピットイン。
これはあかんかな…あれ?
タイヤ交換してまたコースへ?
タイヤ替えて様子見でしょうか?

オコンとペレスのチームメイト対決。
最近、こういうのが多いですね…。
それを静かに見守るチーム代表、ビジェイ・マリヤ。


マッサはフォースインディア勢の後ろ。
まだ追い付いてはない。
かーらーのー、ウィリアムズ40周年!
かーらーのー、サー・フランク・ウィリアムズ!


33周目、ボッタスピットイン。
タイヤ交換時間は2.1秒!
これは早い!

アロンソ、無線でノーパワー。
いつもの。
いつもの事になってしまったからか、淡々と訳す川井ちゃんwww
燃料圧のトラブルだったらしい。


リチャルドもピットイン!
こちらもタイヤ交換時間は2.1秒だ!
でも、フォースインディア勢の後ろ、10番手だ。


34周目、アロンソがガレージへ。
リタイアです。

フェルスタッペン無線。
ウェーレインに対して、「どけ!」


35周目、リチャルド対ペレス。
だけど、あっさりとペレスを攻略していますね…。
ハンガーストレートではオコンも攻略。
メルセデスPUのフォースインディアをあっさり抜くとは…。

ボッタス、3番手ベッテルに対して1.1秒速いぞ!
彼とのギャップは3秒くらいかな?
終盤、追い付くか?


39周目、カーズガレージ。
静かですね。

ストロール対マグヌッセン。
ストロール、マグヌッセンに抜かれた時に寄せちゃったね。
危なかった。
危うく接触する所だった。


43周目、ボッタスが3番手ベッテルに仕掛けた!
サイド・バイ・サイド…!
ベッテル、守ってる!
あっと、ベッテルが盛大なタイヤロック!


44周目、ボッタスがベッテルの前に!
3番手に浮上!
この大歓声である。
…まぁ、トラックでのアクション自体が好きなんだろうけど!

ボッタスの無線。
ピットウォール「良い仕事だ!」
ボッタス「集中させて。」

…更に前を狙うつもりかな?


リプレイ。
グロージャン対エリクソン。
エリクソンをかわした時にリアが滑った…?
グロージャンは無線でおこなので、リアが接触してるっぽい。


47周目、ライコネン無線。
ピー。
コクピット内で赤いランプが点いてるとか?


49周目、ライコネンの左フロントタイヤが破損!!
何てこった…!!
残り2周だぞ?!
そんなライコネンを尻目に、ボッタスが2番手に浮上!
これでメルセデスのワンツーだ!

ライコネンはタイヤの表面が剥がれてるっぽいな…。
空気は抜けてなさそう。
あぁ、スピード出したら、剥がれたタイヤでフロントウイングとかフロアとか壊しちゃうよ…。
何とかピットに。


50周目、フェルスタッペンもピットイン?
ライコネンのタイヤが壊れたのを見て、念の為という訳らしい。

これでライコネンが4番手、フェルスタッペンは5番手になりました。
あれっ、3番手のベッテルがコースオフしてる…。
あっ!!
左フロントタイヤがパンクしてるぞ!
ライコネン、フェルスタッペンがベッテルをかわして行きました。
ベッテル、一気に5番手に。
ライコネンが3番手、フェルスタッペンは4番手だ。

ベッテル、ピットインしてタイヤ交換。
あぁ、7番手にまで順位を下げてしまっています…。


51周目、ファイナルラップ!
ハミルトンはペースを大きく落としているようですね…。
フェラーリ勢の相次ぐタイヤトラブルを見て、安全に行こうとしているのでしょう。

ボッタス、2位表彰台、ライコネンが3位表彰台!
ダブルフィンランド人w
4位にフェルスタッペン!
3戦連続リタイアから脱した!

ハミルトン、5回目のグランドスラムを達成する完璧な勝利でした。
イギリスGP優勝回数でジム・クラーク、アラン・プロストに並んでいます!


ライコネン無線。
タイヤが壊れて順位落とした事に対して、ピットウォールは何て言って良いか分からないようだ…。

ハミルトン、観客への挨拶回り!
ドーナツターンは自重してますね。
ユニオンジャックが揺れています。

戻ってきました!
ビリー・モンガーともハグ!

表彰台控え室。
ライコネンとベッテルのタイヤ破損の話。
原因はデブリではなかったけどね…。

リチャルドがドライバー・オブ・ザ・デイ!
最後尾から5位だからね。


表彰台!
ハミルトン、大歓声!
ロズベルグを彷彿とさせる、陽気なステップだなwww
いつもの。
声援すげーなwww

チームへのトロフィ授与はサー・ジャッキー・スチュワートだ!


シャンパンファイト!
まず飲むスオミ勢。
飲むタイミングも飲む方向も同じだwww
大して仲良くないのに、このシンクロ率であるw

あれ、シャンパンに小型カメラ?!
でも国際映像では披露してくれないのねw

表彰台インタビュワーは…2人?
俳優のオーウェン・ウィルソンと…そして、バトンwww
ウィルソンはカーズの声優もやっているそうで…何の役かな?
…何、ライトニング・マックィーンって主役じゃないかwww


ハミルトンとハグするバトン。
バトンはボッタスとライコネン、ダブルスオミのインタビューを担当。

ハミルトン、自撮りしてますw

ライコネン、話長いwww
バトン(キミ、話長いな…)

バトンはイギリスGPの表彰台、初登壇らしい。
ワールドチャンピオンにはなってるけど、母国で表彰台にすら立てなかったのも寂しいものだよね…。

バトン、声どうしたwww
ガラガラしてるよwww

表彰台前が凄い!!
観客で埋め尽くされている…w

そういや、ロズベルグ何処行った?www
スタートの時はトトの横にいたのにwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
8位はエステバン・オコン/フォースインディア
9位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
10位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
12位はケビン・マグヌッセン/ハース
13位はロマン・グロージャン/ハース
14位はマーカス・エリクソン/ザウバー
15位はダニール・クビアト/トロロッソ
16位はランス・ストロール/ウィリアムズ
17位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー

リタイアは…

フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
カルロス・サインツJr./トロロッソ
ジョリオン・パーマー/ルノー


ドライバーズランキング
1位:ベッテル/フェラーリ(177Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(176Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(154Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(117Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(98Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(57Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(52Pt)
8位:オコン/フォースインディア(43Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(29Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ルノー(26Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(23Pt)
12位:ストロール/ウィリアムズ(18Pt)
13位:グロージャン/ハース(18Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
16位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
17位:アロンソ/マクラーレン(2Pt)
18位:パーマー/ルノー(0Pt)
19位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
20位:ヴァンドールン/マクラーレン(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(330Pt)
2位:フェラーリ(275Pt)
3位:レッドブル(174Pt)
4位:フォースインディア(95Pt)
5位:ウィリアムズ(41Pt)
6位:トロロッソ(33Pt)
7位:ハース(29Pt)
8位:ルノー(26Pt)
9位:ザウバー(5Pt)
10位:マクラーレン(2Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "銀石"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

深淵のその先へ

まだ8月前だというのに、連日暑いですね…。
あっ、ここ最近はそんなもんか。。


そんな中、暑さでとろけている嫁を連れて上野へ行ってきました!!


2017_0
国立科学博物館の特別展、「深海2017」!!


いやぁ、やっぱ良いよね、深海は!

という事で、午前中に来たんだけど…開館前から行列出来てたのねw
着いた時点で、90分待ちです。
画像は帰りに撮ったから、若干短くなってました。
待機列が木陰になるようにルート組んでくれてはいたけど、所々で当たる日差しは流石に暑い。

敷地内に入ってからは、ミスト吹きだし口があったりもしたけど、あんまり効果薄かったような…?
気のせいかな?

そして、案内板の通り、90分くらい並んで入館。

いやぁ、初っぱなから人が多いねwww
音声ガイダンスはまた今度来れたら借りようかな…しょこたんだしw


一番最初は「深海とは」。
200mより深い所が深海だけれど、深度によってその呼び方は幾つかに分かれています。
また、光がどの程度まで届くかによっても呼び方があるみたいですね。
深淵とか。

その先は、いきなり深海魚コーナー。
映像と説明パネルと標本が展示されています。
もう人がいっぱいw
皆ゆっくり観てるから、流れがほぼないwww

取り敢えず、こいつは観れました。

2017_1
デメニギス!

ニギス目デメニギス科の魚。
2004年に生きている姿が撮影されてからというもの、頭が透明な魚として有名になりましたね。
可愛いですw
標本なんで、だいぶ良く分からん状態になっていますがねw

北太平洋の水深400〜800mに棲んでいるようです。
寒い地域の浅めの深海に棲んでいる、と言う事ですかね。
全長は15cm程という事で、実はそんなにでかくはない。標本もでかくはない。

映像では大きな腹びれ(腹…だよな?)が特徴的でした。
姿勢を保つのに使われているのでしょうか…?

こいつの捕食シーンはCGで表現されていましたが…透明な頭は視野が広くて、捕食にも逃げるにも良さそうですね。


2017_2
続いて、近付けたのはホウライエソ!
…若干ブレていますが。。

ワニトカゲギス目ホウライエソ科の魚。
大西洋、太平洋、インド洋の水深500〜2500mと広範囲に棲息しています。
エソの名前を冠していますが、ヒメ目のエソとは近縁関係はないらしい。
全長は30cmくらいみたいです。定規と同じ!(

とにかく、鋭い牙とぴかぴか光るのが特徴的。
…まぁ、深海では光る奴の方が多いんでしょうけれど。
これも確実に捕食する為の進化ですね。


ここから、深度別に標本展示。
このセクションがまた全然動かない動かないw
外側からスルッと潜り込んだ方が早いくらいでしたw


2017_3_
アカギンザメ(左)とムラサキヌタウナギ(右)。

アカギンザメ可愛い。
ギンザメ目ギンザメ科の軟骨魚類で、北西太平洋の水深450〜1000mくらいに棲息。
尻尾長いね。
背鰭の前に大きなトゲがあるらしい。
全長は50cm〜60cmくらいかな?

ムラサキヌタウナギはヌタウナギ目ヌタウナギ科の動物。
北西太平洋の水深200〜1000mくらいに棲息。
魚ではないけど、無顎類として一応魚の仲間に分類されている、生きた化石の一種。
その名の通り、皮膚からヌルヌルする粘液を出すが、それは防御行為。
死んだ大型魚や海生哺乳類等にかぶりついて体内に侵入し、もぐもぐする。生きた軟体動物とかも食べるらしい。
全長はこちらも50cm〜60cmくらいかな、結構でかい。
こんなのに食い破られるのは嫌だよねw


2017_4
オオウミユリ。

棘皮動物門ウミユリ綱ゴカクウミユリ科の動物。
御存知、リリーラ、ユレイドルの元ネタ、ウミユリの仲間!
ヒトデやウニの仲間である動物です。

西太平洋の水深300〜700mに棲息。
ウミユリの仲間は約2億5000万年前のバージェス動物群にも見られるので、間違いなく生きた化石。
「オオ」だけあって、結構存在感あります。
50cmくらいはあるかなぁ?


2017_5_
イガグリガニとオオエンコウガニ。

イガグリガニはイバラガニ科の甲殻類。タラバガニの親戚らしいので、こいつはヤドカリの仲間だ。
房総半島〜九州西岸の水深150〜300mに棲息。
甲羅の大きさは大体16cmくらい、割と小さめかな?
そういや、美味いらしいな。

オオエンコウガニはワタリガニ上科オオエンコウガニ科の甲殻類。
東京湾湾口〜土佐湾の水深120〜1000mに棲息。
確かに、ワタリガニの面影があるような…。
こいつ、某アイドルの番組で水揚げされた時に「10年に1度」と紹介された珍しいカニである。
そして、食われた。
美味いようなので、食べてみたいですね!!


2017_6_
ユウレイイカとホウズキイカ。

ユウレイイカはツツイカ目ユウレイイカ科のイカ。
生息域読めないんだけど…w
取り敢えず、太平洋か。
日本にも棲んでるみたい。水深は400〜800m。

茶色になっているけど、生きている時は透明で透き通っているようで…光るイカです。
そこそこ大きいね…触腕含めると1m以上あるね。


ホウズキイカはスルメイカ下目サメハダホウズキイカ科のイカ。
世界中の深海に棲息している、「何処にでもいるやつ」という所か。
棲息水深は深くもなく、浅くもなくといった所か?
こいつも透明な体らしい。

この仲間にダイオウホウズキイカがいます。


深海性イカだから、アンモニア臭とか凄そう。。
沼津港水族館のブログでユウレイイカ喰ってみたってあったけど、結局誰も飲み下せなかったらしいしw
まず、食感がダメだった模様w


2017_7_
ウルトラブンブク、ハゲナマコ。

ウルトラブンブクはヘンゲブンブク科のウニの仲間。
名前が強そう。
由来は「文福茶釜」ですね。
西太平洋の水深560〜1615mに棲息。
ウニとしては、結構でかいですよ。


ハゲナマコはカンテンナマコ科のナマコの仲間。
北太平洋の水深500〜2100mに棲息。
生きている時はふさふさの触手っぽいの生やしてるのに、名前がかわいそうな事に…。
ナマコの仲間だし、そんなに大きくないですね。


2017_81
オナシグソクムシ属の1種。

オナシグソクムシ科の節足動物。
下北半島沖の水深2900mに棲息していたようです。
皆大好き、グソクムシの一種ですが、まだ学名も和名も付いてないな…。
結構積極的に泳ぐタイプのグソクムシっぽい…?


2017_9_
コンゴウアナゴとホラアナゴ。

どちらもウナギ目ホラアナゴ科の魚です。

どちらも大西洋、インド洋、太平洋に棲息。
コンゴウアナゴの太平洋のは暖かい所にいるのかな…?

コンゴウアナゴが水深140〜2620m、ホラアナゴが290m〜2400mと同じ仲間だけに、生活域は被ってますね。
海底に棲息しています。コンゴウアナゴは良く死骸を食べに来るよね。
ホラアナゴは魚とか甲殻類とかを食べているようだ。
ホラアナゴが死骸食べないなら、コンゴウアナゴがちょっとだけスリムなのは分かる気がする。
揃いも揃って、全長1mくらいありそうだ。

ホラアナゴは結構美味しいらしいな…。
コンゴウアナゴは腐肉食だし、どうだろうか…。


2017_10
オオイトヒキイワシ。

ヒメ目チョウチンハダカ科の魚。
インド洋、太平洋とかの水深690〜4720mくらいに棲んでいるらしい。
「オオ」だけあって、イトヒキイワシより大きいです。
結構でかいかも…40cmくらい?

こいつの特徴は腹びれ、尾びれの下の部分がめっちゃ長い事。
これで海底に佇むのである。
胸びれも長いな。


2017_11_
エボシナマコ、センジュナマコ。
ナマコの仲間。

エボシナマコはエボシナマコ科。
全世界の水深2200〜6400mに棲息。
何が何だかよく分からないけど、尻尾みたいになんか突起があるみたい。
その突起物が烏帽子みたいだから、この名前。
でかく見えるけど、20cmくらいなんだって。


センジュナマコはクマナマコ科。
全世界の水深5000〜7000mという深い場所にいます。
あのクマナマコの仲間。
可愛い。
足が沢山あるし、角が4本くらいあるし。
可愛い。
隣のエボシナマコが相対的にでかく見えるのは、この子が5cm〜10cmくらいしかないからかも。
可愛い。
こいつの海洋堂製のペットボトルキャップフィギュア持ってたな。
可愛い。
尚、名前は千手観音から来ているそう。


2017_12
そして登場、クマナマコ。

クマナマコ科のネームシップモデルですね!!(
可愛い。
オホーツク海や日本海溝〜アリューシャン海溝の水深6200m〜8100mに棲息。
可愛い。
深海性のナマコ類は水分が多い体をしていて、深い海でも暮らせるんで、魚があんまりいないような場所でも普通に生きてたりしますね。
可愛い。
あんよを開いているの可愛い。


2017_13
ダイダラボッチ。

アリセラ科の節足動物。
何だか大層な名前が付いているな…w
アリセラってなんだw

太平洋と大西洋の水深4850〜8000mに棲息。
そういや、熱水噴出孔とか見てても、節足動物も深い海で普通に暮らしたりしていますよね。


後、写真撮影禁止だったんだけど、巨大なイワシの仲間とかいたよ…w
カツオとかそれくらいでかいの!


2017_14
2017_16
ミツクリザメ、ゴブリンシャーク!!

2017_152017_17
こっちは標本。
小さめの個体ですかね。
大きさは2m〜3mくらいになるらしいので…。

ネズミザメ目ミツクリザメ科のサメです。
珍しい深海サメで、東京海底谷とか相模湾、駿河湾に棲息している事が知られているけれど、極地以外の世界中に分布しているようですね。
水深は30m〜1300m。
30mまで上がってくるのか…。

昭和ガメラに登場した敵怪獣、ジグラのモデルとしても有名。
生きた化石とも言われ、その姿が凄く神秘的。顎がびょ〜んって伸びるのも面白いですね!
俺の好きな魚の1種です!


2017_18
2017_19
ラブカ!

カグラザメ目ラブカ科のサメ。
生きた化石の1種!
大西洋や太平洋の水深500m〜1000mくらいに棲息するという。
全長は最大2mくらいにまでなるらしい。

シン・ゴジラの第2形態、通称「蒲田のアイツ」のモデルにもなった、可愛い子である。
はい、好きですよ、ラブカ!


2017_20
コンゴウアナゴの密集標本。
暗くてよく分からん…。


2017_212017_22
カグラザメ。
歯だけ。

カクラザメ目カグラザメ科に属し、全長5mにもなる深海ザメ。
世界中に分布しているらしく、水深は90〜2000mくらいに棲息しているとか。
軟体動物や魚、海生哺乳類、他のサメと様々な動物を餌とする。
深海サメ然とした緑色の目を持っているけど、サメらしい堂々とした体形のサメですね。


2017_24_2017_23
ユメザメ。

出ました、ユメザメ。
深海漁なんかやると、良く出てくる奴。
ツノザメ目オンデンザメ科…オンデンザメの仲間なのかw
全長1.5mくらいかな、小型だよね。
大西洋、太平洋、インド洋の水深100〜1500mに棲息。

背鰭の前にトゲがあるけど…画像じゃ分からないですねw
表面がザラザラしてて、まさしく鮫肌って感じでした。
ちょっと可愛いよね、この子。


2017_26_2017_25
ムラサキギンザメ。

ギンザメ目ギンザメ科の軟骨魚類。
日本やハワイ沖の水深1150〜1951mに棲息しているとの事。
ユメザメとは異なる体表。
まぁ、ザラザラはしていそうだったけどねw


2017_27
ダイオウホウズキイカのパネル!

…でも、ブレてて見えないw

サメハダホウズキイカ科の深海性巨大イカ。
南極海周辺の水深500〜2000mくらいに棲息しており、ダイオウイカ以上に詳細不明のイカである。
捕獲例が少なく、捕獲出来たのも未成熟の個体だったりして成体の大きさも良く分かっていない。
ダイオウイカをも凌ぐ大きさを持っているかもしれないとされている。
また、ダイオウイカより胴体が太い、触腕が体に比して短いという事が分かっている。

2017_28
ダイオウホウズキイカの腕。

見えにくいけど、先端の方に特徴である鉤爪が見える。
この鉤爪は回転式で、1度引っかけたら中々外れない。
獲物を捕らえる時や防御する時に使用されるとの事。

2017_29
カラストンビ。
でかい。
横に比較用のカラストンビあったけど、入れ忘れたw

2017_30
ダイオウホウズキイカの腕の鉤爪。

めっちゃぼやけてる…。

多分、先端のとか、幼体のとかじゃないかなぁ。
5cmくらいのがある筈だし。

2017_31
幼体だー!!

体長は12m〜14m、触腕含めて最大20mになるのではと言われています。


2017_32
巨大サメ類の大きさ比較。

やっぱ良いよね、ジンベエザメさん!
最大20mか…。
ウバザメさんとかメガマウスさんとかニシオンデンザメさんとかもいる。


2017_34_2017_35
2017_33
そこで、オンデンザメ!!

ツノザメ目オンデンザメ科のサメ。
北太平洋の温帯〜亜寒帯、北極海の北太平洋寄り辺りに棲息しているようです。
北極海と太平洋を繋ぐベーリング海とかにいるんかね。
水深は2000mより上、との事。

最大7mくらいだから、この子はまだ小さい方ですかね。
何でも食べるオンデンザメの仲間、そのネームシップモデル。
これより更にでかくなるというニシオンデンザメの体内からトナカイが見つかったという話もあるし、口元にあったものは本当に何でも食べるって感じかも。
因みに、ニシオンデンザメは泳ぐのがめっちゃ遅いらしく、寿命も推定400歳とかなり長いとの事。

2017_36
尾。
まぁ、速く泳ぐ感じではなさそうだよね、見るからに。

2017_37
正面から。

目玉展示、その名に恥じない人気振りでしたw


2017_382017_39
ダイオウイカの模型。
これ、最大全長くらいのだろうか?


2017_40_
ダイオウグソクムシ!

深海の掃除屋、皆大好きダイオウグソクムシ!
等脚目スナホリムシ科の節足動物。
南米の方の水深310〜2140mくらいに棲息。
世界最大の等脚類で、体長は20〜40cm、50cm近くにもなるとか。
最大15cmくらいになる日本最大の等脚類、オオグソクムシと比べてもこの巨大さである!
これだけ大きいと、複眼をはじめ、色々見える。
素揚げにすると美味しいとかいう話も…。

グソクムシャの元ネタですね!


2017_43_
2017_412017_42
ダイオウイカ!

目玉展示の一つ、ダイオウイカ!
ツツイカ目ダイオウイカ科の深海性巨大イカ。
極地の海を除く世界中の海に棲息し、水深200〜1000mに住まう。
見事にダイオウホウズキイカとは棲み分けされていますね。

世界最大級、世界最長の無脊椎動物。
触腕めっちゃ長い!
そして、深海性イカの御多分に漏れず、アンモニア臭。
不味い。
浮力が大きいので、水の中での体重を軽く出来ているようで、エネルギー節約に貢献しているのだとか。
釣られたら一気に体力消耗して死ぬ奴だな…。


胴体が重いんで、逆さ展示かな?
特徴的な吸盤の形状は…良く分かりませんね。。
鋸のような歯のついた吸盤なんだけど…。


2017_44_2017_45_
2017_46
ウロコフネタマガイ、スケーリーフット!!

ベルトスピラ科の巻き貝。
インド洋の水深2500〜2600m付近に棲息。

熱水噴出孔周辺にいるとても珍しい種類で、体を覆っている鱗状の組織は硫化鉄でコーティング!
だから全体的に真っ黒。
尚、硫化鉄コーティングがない奴は白い模様。

因みに、硫化鉄コーティングだからか、殻や鱗が錆びる。
錆びるとストレスがかかるようだ。


2017_47
…という事で、熱水噴出孔ジオラマ。

下の方にスケーリーフットの姿も。

嫁は「ここまで密集すると気持ち悪い」と言ってました。


2017_48
マリアナスネイルフィッシュ。

カサゴ目クサウオ科の魚。
西部太平洋の水深6890〜8000mに棲息しているらしい。
世界最深部のあるマリアナ海溝・チャレンジャー海淵の水深7000mから見つかった個体。
生物の深度限界を調べていた時のものみたいだ。

その風貌から、「白いおたまじゃくし」とか言われているな…w
それにしても、結構大きいな。
多分、全長30cmくらいありそうだぞ…。
結構ヒレも大きいみたいです。


段々東日本大震災の事、科学、化学、物理、地学等の方面へ。


日本海辺りかな。
2017_49
ズワイガニ。

ケセンガニ科。
北太平洋、グリーンランド等の水深20〜1200mに棲息。
水深が幅広いな…。


2017_50
名前だけで気になった、タナカゲンゲ。

スズキ目ゲンゲ科の魚。
北西太平洋の水深120〜870mに棲息。
体長90cm〜1m、刺し身や鍋物で食べられる、美味しい魚との事。


2017_51
センジュナマコ。

可愛い。


日本産ですね。


可愛い。


_(:3 」∠)_ ←こんな感じある。


可愛い。


2017_512
デメニギス、再び。
こちらは三陸沖で捕獲された個体。
日本でも獲れるのかー!!

と思っていたら、日本には岩手県以北の沖合にいるんですってw
まぁ、北太平洋だな…うん。


2017_52
キャラウシナマコ。

クマナマコ科のナマコ。
可愛い。
全世界の水深2600〜8700mに棲息。
可愛い。

クマナマコの仲間特有の深度…。
可愛い。


2017_53
東日本大震災後に「しんかい6500」によって撮影された亀裂。
おそらく、震災で発生したもの…。


2017_546500
2017_556500
しんかい6500。

しょこたんも乗った、有人潜水調査船。
三菱重工神戸造船所製だそうで。


2017_566500
しんかい6500のマニュピレーター周り。
回収物を入れる篭の他、ライトとかカメラとかも色々付いている。


2017_576500
しんかい6500のコクピット周り。
意外と覗き穴小さく見えるよね。


2017_58_2017_59_
地球深部探査船「ちきゅう」。

船首にヘリポートあったり、真ん中にボーリングの巨大櫓があったり。
船尾と真ん中にボーリング用のパイプとかを置いておくラックも。

推進装置の「アジマススラスター」は360°どの方向にも向けるとか。


2017_60
「ちきゅう」の掘削深度は約7000mの海底。
更にそこから1000m程度海底を掘れるそうだ。

富士山2個分!


2017_61_
ドリルピット。

掘削する時に先端に付けるものですね。


2017_62_
コアビット。

真ん中に岩盤が入って行く訳ですね。

ビットの付け替えとかするのかなぁ、そこら辺詳しく見てなかったわ。


2017_632017_64
海底広域研究船「かいめい」搭載の採集機器「パワーグラブ」で採集された、でかいチムニー。
場所は小笠原諸島海域のベヨネース海丘。

真ん中が閉じてて、「デッドチムニー」と言っているので、もう煙吐かなくなったものですね。

…パネルがぼやけている。。


移動中、記念撮影スポットが。
…ん?

おぉ、しょこたんがいたwww
去年に続き、生しょこたん2回目w

取材中だったので、通り過ぎただけですが…一番近かったな、あれw
ホント、近くにいても「何やらお姉さんがいるな…」くらいで気付かないわwww


2017_656500_
「しんかい6500」のコクピット内部。
実際はもっと狭いらしいです。

改装によって機材を上半球に収めた事により、居住性が上がったとの事。

2017_66
お守りあるね…。
艦船でも艦内神社とかあるしなぁ。

2017_676500
「しんかい6500」の模型。

改装したら、「しんかい6500改」だねw


企画展「相模湾」がやってました。

2017_68
相模湾産ケガニ。

クリガニ科の食べると美味しいカニ。
ケガニっていうと、北海道というイメージ。
実際は日本海沿岸、茨城県以北〜アラスカ沿岸までの太平洋北西部と縁海に棲息。
水深は30〜200mとの事。

…でも、実際は相模湾にはいないなw
親潮の影響で流れ着いたらしい。


それから、嫁の休憩中に常設展もちろっと。
確か、零戦あったよなぁ〜と思って。


2017_70212017_71212
零戦21型!

2017_7221
パプアニューギニアのラバウル北西、ニューブリテン島沖の海底で発見された機体。
改造されて複座機になっているようです。

2017_7321_
主翼。

2017_6921_
尾翼。

見切れちゃってるけど、下に着艦用フックがあります。
零戦は空母に搭載する艦載機ですんで、この装備が備えられています。
陸上の滑走路よりも短い飛行甲板に降りないといけないからね。


2017_74
撮って良いのか分からんかったけど、撮っちゃった「ネ式エンジン」。
第二次大戦末期に登場した、日本のターボジェットエンジン。
帝国海軍の特殊攻撃機「橘花」に搭載される予定でした。

「ネ式」の「ネ」って何の略か分からんけど、もしかして、噴流式発動機(ジェットエンジン)研究をしていた種子島大佐の「ネ」?
元にしたエンジンはBMW003、ダイムラー・クライスラーだからネっぽくはないし…?


2017_75
国産ペンシルロケット。

ロイドやジェフが思い浮かぶ。


2017_76_
世界文化遺産、「ル・コルビュジェの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つ、国立西洋美術館。

カントーに住むワレワレには、最も手軽に見られる世界遺産の一つかもしれん。
もう一つは富士山な。


2017_77r
「深海」のお土産コーナーにあった海洋堂製フィギュアのガチャポンをやってみた結果。

RダイオウグソクムシとRダイオウイカ×2。

SRクロカムリクラゲとSRアゴスケホシエソとSRデメニギスは当たりませんでしたー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

夏はやっぱり

Melon_pudding_a_la_mode
メロンのプリン・ア・ラ・モード。


17_poke
という事で、今年もポケモン映画観てきました!!


17_poke_gosyoku
あっ、誤植…w

以下、感想につき反転。

今年は要素がかなり盛り沢山!
無印時代の出会い・旅立ちからホウオウ、キャタピー、進化、バイバイバタフリー、そしてヒトカゲのエピソード。
それに幻のポケモンであるマーシャドー、旅の仲間はシンオウ勢、ライバルポジにアローラ勢と兎に角事前情報だけでもかなり内容濃そうだと思いました。
更に、ジムバトルも入ってて、収まるの?!とw


…収まりましたねw


ポケモン達と仲良くなって行く過程とかのテンポはそれなりに早めでしたけれど。
個人的には、冒頭でカメックスさんが大活躍したので、もうそれで大満足ですw
ポケモンリーグ決勝戦でのバトルだったけど、この時のトレーナーはミュウツーの逆襲の時のトレーナーに似てたな。
寝坊、ピカチュウとの出会い、旅立ち、オニスズメとここまでやっといて、やっとオープニングテーマという豪華さw
特にオニスズメの大群なんて、オリジナルより羽数多くて、本気出してる感w
川に逃げ込んだ時のギャラドスとかはオリジナルですねw
ここでカスミが出てきて、オニスズメの所でチャリがおじゃんに…とかってのも考えていたりはしましたw
そういや、最初のロープで引っ張って行くシーン、ゴム手無かったのはちょっと寂しかったw
ロープ外してたシーン、オリジナルにあったっけ?
あっちは最初、サトシも意固地になってたからなぁ…w
つか、今回のサトシは良くずっこけたりしてたなぁw
あそこまでgdgdやってて、それでテンポ良く最初からオニスズメまで終わらせたのは凄い。
もう御三家残ってないの件はオリジナルみたいにボール開けてから分かるんじゃなくて、博士から直接言われちゃって分かるって感じで色々変更点がある。
そして今回、全く絡まなかったシゲルは後ろ姿だけ映りましたw
1番に来てゼニガメ貰ってった模様w
因みに、キャタピーゲットはOP中に終わりました。

ジムバトルはエリカさん!
いやぁ、綺麗なジムだったなぁ…。
あれ、サトシ、女装してないじゃんw
レインボーバッヂ受け取った所で3つ目。
…明らかにニビかハナダかクチバのどっかは寄ってねぇなwww

森のポケセン、あれは何処だろうねぇ。
ピカチュウの似顔絵芸も見せつつ、いきなりのエンテイw
エンテイ知ってるのねw
そして旅の仲間との出会い。
ポッチャマのハイドロポンプ喰らって怒ったイワークの頭の上から飛び降りて通せんぼしたサトシさんは流石でしたね…w


雨降ってきたから雨宿りって時にヒトカゲエピソードに。
捨てたやつがライバルポジのクロスという事になっています。
真夜中のルガルガンがボディーガードみたいな感じ。
ヒトカゲ連れて雨宿り、エンテイがポケモン達連れて雨宿りに来てて、そこからの言い伝えタイム。
エンテイ知ってるけど、ホウオウ知らなかったの…。
ここでマーシャドー初顔見せ。
基本ストーカーだからか、影が薄い…www
まぁ、ストーカーはまだいたんですけどね…w


…あ、プリンちゃんだw
ヒトカゲもリザードに進化。このヒトカゲは進化しても凄く純情ですねwww
カビゴンとのバトルで既にアイアンテール使っている…w
10まんボルト、アイアンテール、でんこうせっかは見せていて、4つめの技はとうとう使わなかったなぁ。
何使ってたんだろ。
クロスのガオガエンとリザードとの勝負。
戦い方がヒールだなぁ、ガオガエン。
これで負けて、サトシのからにこもる。
ここでマーシャドーさんがようやく仕事しましたね…w
サトシが普通の学校に行っているの、新鮮だった…w
キクコ先生…?!
ゴースト使いが理科教えてるw
夢とは言え、ポケモンのいない世界を見る事になるとはねぇ。


母親の髪型がシロナさんっぽいwww
手持ちはエンペルトみたいだけど。
旅のメンバーのうち、1人にしか見られていないスイクンさん。
何しに来たのって感じだがw
レントラーが親代わりかぁ…。
しかも、その親代わりを雪山で遭難した時に亡くすと。
直接的な表現ってあんまりなかったような気がするけど、今回はストレートにきたね…。
命あるものだからね…。
それにしても、レントラーのあの眠るような表情ったら…。


カイロスにキャタピーぶつけるとか…とか思ってたら、トランセルに進化。
…あのオコリザルは怒ってたんですかねw
どう見ても胴上げですがwww
そしてトランセルからバタフリーに進化。
色違いバタフリーをオニドリルから助ける件があって、そのまま冒険続ける。


そして、バイバイバタフリーだ!!
オリジナルの抑える所をしっかり抑えて行くのである。
…ピジョット?
うーん、知らない子ですね。。
そして直後に別れの余韻になんか浸らせねぇぜと言わんばかりにライコウさん登場。
まぁ、一瞬でしたね…。
雷光の如し。
何だよ、三犬で一番働いたの、エンテイさんじゃんw


目的地到着、しれっと現れるじいさん。
途中に出てきた言い伝えの著者ですが…その帽子、レッドのと似たデザインだな?
そして、岩陰のストーキングしてるやつ。


目的地前でストーキングしてた筈のクロスが先回りして待ち構えてたり。
ここでマーシャドーがようやくしっかりとその姿を現しました。
ホント、影薄いなぁ…w
バトルはガオガエンとリザードの因縁の対決。
サトシの指示も1回目とは比べ物にならないくらい洗練されているな…!
そして、リザードン進化へ。
さ、最初から言う事聞いている…!!
ガオガエンを倒して、いざホウオウ呼び出しへ…!!
あ、やると思ってましたw
にじいろのはね横取り。
明らかに禍々しい光がwww
マーシャドー「カム着火インフェルノォォォォオオウ!!!!!」
怒っちゃったマーシャドーさんがクロスのルガルガンと周りの野生のポケモンを操って攻撃仕掛けてくるとかいう困った事態に。
攻撃からクロスを身を挺して守るリザードンなんかは、前の主人を忘れた訳じゃないって所が良いですね。
クロスが捨て身でルガルガンを正気に戻す所とか恰好良いし、その後の助太刀も凄い良い。ライバルがいざという時は心強い仲間にっての、良いよね。
そして、サトシはマーシャドーからにじいろのはねを取り戻す為にバトル。
マーシャドー「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム!!!!!」と言わんばかりに色変わって、Z技っぽいのやってきたりしてるw
最後だけ大暴れしてるw
ピカチュウが…喋った…!!
パンフには中の人の大谷さんが「禁断の場所に踏み込む感じ」でドキドキしたって書いてあったw
あれは衝撃的だった…w
その後はオニスズメの時を彷彿とさせる場面。
ここでピカチュウが再度サトシを庇おうとして出来なかったのが逆に良いね…マーシャドーとのバトルの激しさも分かるし。
ピカチュウをモンスターボールに戻そうとする所も、今度は有無を言わさず戻している所が違う。
そしてサトシさん死亡。
2回目かな?3回目だったかな?
ピカチュウさん、悲しみの電撃。操られてたポケモンが正気に戻ったり。
今回、アーボックが凄い頑張ってたなぁ。リザードンに巻き付いてたし。
マタドガスはほぼ何もしてなかったけどw
ただっ広い所をひたすら走るのも、夢で見てた場面を彷彿とさせる所で良かったなぁ。
そして華麗に復活!!
復活して消滅してたにじいろのはねも復活。
あれ、復活するんだ…w
それを見届けて、マーシャドーは影に潜って行きましたとさ。
結局、彼はにじいろのはねの持ち主がちゃんとした道に戻ってくれば良い訳なんだろうけど…あれはやりすぎだったのではw
結局、こうなった元凶のクロスはこの混乱の最中に心を入れ替えた感じだったし、他のメンツは特にいつも通りだったような…w
復活はにじいろのはねの効果かな、虹色の光から復活したし…。寧ろ、にじいろのはねの持ち主は死んでも復活するから一回やっちゃったとかの可能性も…?!
それとも、サトシさんがスーパーマサラ人だからですかね…w


取り敢えず、マーシャドーの件は終わったんで、ホウオウ呼び出し。
そして、バトル!!
サトシの「バトルしようぜ!!」に頷いたように見えたのが凄い、何か心が通じているというか…w
先制の10まんボルトをものともしないホウオウ。流石、高とくぼう。
後、せいなるほのおが凄く美しかったです。
あの世界の準伝、伝ポケ、幻は本当に凄い力を持っているよなぁ…w
バトル終えてポケセンに。
ピカチュウがまだ動ける程度で済んでたのが凄いよなw
んで、旅の仲間との別れ。
クロスが凄いまともなライバルになってた。
で、サトシはいつまでひとりなんだろうね…?w


R団はピカチュウ狙ってるそぶりはなかったけど、安定のストーキング。
良く飛ばされたし、最後は落ちたよなw
オコリザルに胴上げされた時の星なんて、勢いがありすぎたのか、星になった瞬間衝撃波が起こってたしなw


EDに歴代旅のメンバーが…!!
タケシで吹いてしまったw
ケン…ジ……あぁ、いたねぇw
アイリスは凄い態勢で振り向いてるなw
シトロン、何故最後にメガネを光らせてしまったし…w
セレナはロングヘア版でしたね。
アーシア島とかアラモスタウンとかがチラッと映ったりしたのも良かったですね。
そういや、アラモスタウンの時空の塔が奏でるオラシオン、今回のED曲の原曲だね。
しょこたんのポケモン映画初出演作品だね…10年前ですね。。
そんなしょこたん、今年はジョーイさん。レベル30過ぎてるし、もうジョーイさんより年上らしいなwww
後、20年前から出演している山ちゃんはマーシャドー役。1作目はミュウだったから、原点回帰みたいなキャスティングになりましたねw
…毎年出てくる、いつもの親子とかイーブイ連れの親子とかがいるかを確認するの忘れてた。

所で、ここ近年、来年の告知するのは良いんだけど、何もヒントらしいものがないんで、一体どんな内容になるのか分からんのだけれど、どうなんですかね?w
観終わった後、嫁が「小さい子がアローラのサトシは作画が…」っていうのを聞いたらしいんだけど、順当に行けば、来年はウルトラサンムーンも出ている事だし、アローラの話になるんだと思うんだけれども。
ルナアーラ、ソルガレオ、ネクロズマとか(多分守り神シリーズはなさそうだな…)、UBとか…。
そうなった場合の作画は…どうなるのだろう…w
まぁ、今のは監督が湯山さんじゃないっぽいしよなぁ…。








F1イギリスGP予選!!

モータースポーツの聖地、シルバーストン!
第1回F1GP開催地…!

前戦に続き、メルセデス陣営はギアボックス交換ですか…。
今回はボッタスが5グリッド降格ペナルティです。


あっ、霧雨だ…。
ブリティッシュ・ウェザーですかw

直前のFP3終盤に雨が降ってたようで。
午後は晴れる予報だったらしいが…。


ハミルトン仕様の黄色いメルセデスキャップ被っている少年がいる。

ディズニー・ピクサーの「カーズ3」とのコラボ。
2台のクルマがガレージに入ってます。
ライトニング・マックィーンとジャクソン・ストームだって。
…マックィーンのボンネットの上でノーパソ広げて作業中の人がw

カーズ2ではハミルトンが声優にチャレンジ。キャラ名も「ハミルトン」。
更に、ドイツ語版ではベッテルが、スペイン語版ではアロンソが声優になっていたそうな。


Q1
フェルスタッペン、インターミディエイトで待機中。
後ろにはリチャルドも並ぶ。

続々とコースへ。
ウェーレイン、オコン、ハミルトンはドライタイヤのスーパーソフト。
ヒュルケンベルグ、ヴァンドールンは雨用タイヤのインターミディエイト。

フェルスタッペン無線「いや、インターだね。」

ウィリアムズはスーパーソフトでコースに出ています。

んー、ベッテルもインターミディエイトが良いって言ってるね。
ドライタイヤで出ていたフォースインディア勢は一旦ピットイン、インターミディエイトへ履き替えていますね。

ここからは全車インターミディエイトでのアタックへ。
ライコネン、アタック終盤で挙動を乱しています…。
ハミルトンも少し飛び出してるね。
少し濡れ方が酷い所もあるみたい?

サインツJr.もインターミディエイトで走っているけど…DRS使ってる!

残り11分。
セクター2で黄旗!

あっと…リチャルドがコース脇でストップ!

赤旗!

リチャルドのオンボードリプレイ。
パワーユニットがいきなり落ちた。。
全然回転上がらないな…。


雨雲レーダー、ピットレーン辺りはかかってなかったみたい。
つまり、降っている所と降っていない所があるようで。

中断から3分くらいで再開に。
まだタイムを出していないザウバー勢が待機中。

残りは10分切っています。
レッドブルクルーがガレージで会議中?
14番手ライコネン、15番手アロンソとQ1ノックアウトギリギリですね。

アロンソがタイムを出して5番手に。
エリクソンはギリギリの15番手タイムだ。

残り6分切って、ここでハミルトンがトップ。
ボッタスは2番手。

ペレスがタイム更新、2番手に浮上。
オコンも4番手とフォースインディアはやっぱり好調。
確か、大型アップデート投入してきてたな?

残りは4分40秒くらい。
ここでエリクソンが11番手に上げてきています。
グロージャン4番手、マグヌッセン8番手とハース勢も前戦に続いて良い兆候。

残り3分切って、ベッテル、ライコネンが相次いでタイムを更新。
そんなフェルスタッペンがトップタイム!

残り2分。
ここまでインターミディエイトで走行していたアロンソがピットイン!
ドライタイヤのスーパーソフトへ交換!
これは…時間内にタイムアタック入れるのか?!

オコンもスーパーソフトで走ってますね。

さぁ、残り1分切った。
マッサが7番手に浮上。

ストロールは11番手だ。
ヒュルケンベルグが3番手!
最下位に落ちているアロンソ、アタックに入った!
間髪入れずにチェッカー!
エリクソンは15番手。
パーマーが9番手に入った!
ライコネンは7番手。
ヴァンドールンが7番手だ。
オコン、スーパーソフトで5番手タイム!
ベッテルは6番手。
マッサは11番手。
クビアトが11番手。
続々とチェッカーを受けています。

最下位のアロンソ、ラストアタック!
結構良さそうに飛ばしている!

渾身のアタックは…アロンソ、トップタイム!


マシントラブルでストップしたリチャルドは最下位になってしまいました。

マクラーレンガレージの様子。
まぁ、まだQ1ですからね。
順位表の写真は撮られてるっぽいけどw

オコンのリプレイ。
左リアから出火してます。

ハミルトン弟。

メルセデスガレージにはハミルトンのゲスト。
ビリー・モンガーだ。
イギリスF4でのクラッシュで両足を失った、18歳の若きレーサーである。
もう復帰し始めてるようですけどね…凄い!


ヘルムート・マルコ。
スタッフと会話中。
リチャルドの件でしょうか?


ウィリアムズ40周年!


Q2
皆ドライタイヤ、スーパーソフトだね。
ペナルティがあるボッタスはソフトタイヤ…スタートをソフトで始めるようですよ。

残り11分。
アロンソがライコネン、ベッテルに続く3番手だ。
ここでハミルトンがトップタイム。
ヒュルケンベルグがトップタイムを更新。

ボッタスは3番手!

サインツJr.はまだガレージ内。
何かトラブルがあったようだ。

マッサ、まだサインツJr.を除いた最下位の14番手。
まさか…またペース上がらないの?
オーストリアの予選も低温のコンディションだったっけ…。。

残り8分20秒。
ここでソフトタイヤのボッタスがトップに!

残り7分20秒。
今度はハミルトンがトップ!
ヒュルケンベルグは4番手タイムだ。

ヴァンドールンが7番手、アロンソは9番手とマクラーレンは2台揃ってトップ10圏内だ。

オコンが7番手に。

リプレイ。
ベッテル、おこですねぇ。
抜いて行く時に手を挙げて抗議。
アタック中にどいてくれなかったペレスに対するもの。
審議にはなっていないけど、スチュワードに記録されました。
残り3分の時点でお咎めなしになったみたいですけど。

エディ・ジョーンズ?
日本でラグビーのコーチやってたりしたんだって?
フォースインディアのゲストみたいですね。

サインツJr.、やっとコースへ。
マッサ、タイム更新もまだ14番手。

残り3分。
グロージャンが9番手。
Q3進出も見えていますね。

残り2分切った。
サインツJr.が11番手タイムに。
マッサはこれで最下位の15番手…。

残り1分切って、ライコネンがトップタイム!
それをベッテルが塗り替えた!

チェッカー!
ヴァンドールンが7番手!
オコンが6番手に来た。
グロージャンも7番手だ。
これでヴァンドールンは9番手にまでポジションを下げています。
パーマーは10番手。
ヒュルケンベルグは4番手。
ハミルトンはトップ!
ペレスが8番手。
ボッタスは2番手。
フェルスタッペンはミスったのか、ガレージに戻った。Q3には進出できるけどね。
サインツJr.は13番手、アロンソが13番手、マッサは15番手。

立て続けに入ってきたけど、アロンソとマッサは結局ノックダウンですか…。
一方のヴァンドールンはQ3進出!
低温のコンディションに苦戦するウィリアムズ…。
マッサのラストアタックはトラフィックにもやられちゃったね。
アロンソもだけど。
アロンソは…まぁ、30グリッド降格なんだけどね。。

そして、11番手だったパーマー。
チームメイトがQ3に進む中、中々Q3進出が出来ていません。
決勝もまだノーポイントだしな。

ガレージのカルロス・サインツ。
ラリーチャンピオン経験者であるおとんですね。

明らかに落胆しているマッサ。

フェルスタッペンファンのライオンの中の人がwww


Q3
フェルスタッペンファン席。
イギリスでも勢いあるなぁ…w

まずはファーストアタック。
ハミルトンがセクター1、2全体ベストで来ている!
タイムは1分27秒231!
2番手のボッタスとはコンマ3秒差!

残り7分50秒。
ここでライコネンが3番手に。
ベッテルは2番手に入り、メルセデス勢に割って入った!

残り6分40秒。
フェルスタッペンは5番手。
やや2チームに離されている感があります。

ボッタス、2回目のアタック。
あー、ミスったのかな、ピットインした。

グロージャンのオンボードリプレイ。
無線で「奴等は良いペース持ってないのか!」と怒っています。
アタック前のハミルトンに引っかかってますね…。

ルノーのガレージにはルネ・アルヌー。
先日の「F1 LIVE London」にも登場した、元F1ドライバーです。
当時実況だった古舘さんからは「妖怪通せんぼじじい」なんてあだ名が付けられてました。

残りは間もなく2分!
オコン、ヴァンドールンがラストアタックの為に出てきた!

残り2分20秒、ハミルトンがコースへ!
フェラーリは引っ張ってるみたい。
フェルスタッペンも結構引っ張ってるよね…フェラーリ2台とフェルスタッペンがギリギリでラストアタック入るくらいかな?

ハミルトンとグロージャンに審議。
さっきのやつだ。

ボッタスのラストアタック!
…あっと、気合い入りすぎたか、盛大なタイヤスモーク!
セクター1かね。

オコンは7番手。
ここでチェッカー!
ヴァンドールンはグロージャンを上回って9番手!
ペレスが6番手。

ハミルトン速い!
セクター1、2と全体ベストだ!!

グロージャンは10番手。
ボッタスは2番手。
ハミルトン、1分26秒600でトップタイム更新!
ヒュルケンベルグは6番手。
ライコネンが2番手!
フェルスタッペンは5番手。
ベッテルは3番手!

ハミルトン、全体ベストを綺麗に並べて通算67回目のポール!
ミハエル・シューマッハが持つ歴代ポール数に後1回で並びます!

ベッテル無線。
…ベッテルだったかな?
ピー×2。

グリッド上でトップ3のインタビュー。
今回はDC先生とバトンがインタビュワー!
イギリス人まみれの豪華なインタビューだw

バトンはホンダのダウンベスト着たまんまw
初っぱな抱き合うバトンとハミルトンの元チームメイト同士。

ヘルメット脱ぎながらインタビューは進行www
初めて予選をライブで見てたけど、フィニッシュラインを通過する時の声援が凄かったねってバトン。
母国だけあって、ハミルトンへの応援、いつも凄いからねぇ。
…ハミルトンとバトンがドライバー話をし始めたwww
完全にフラットな会話じゃんwww

ライコネンとベッテルにも大声援!
ここのファンは分け隔てない…という話も聞く。
流石にタイトル争いしていた時のロズベルグにはブーイングだった気がしたけど。
ライコネン、インタビュー終わったらサクッと撤退。

ベッテルもハミルトンと同じ事言ってるwww
バトンもハミルトンと同じ質問してたし、もしかして、今年のマシンでシルバーストン走りたいのでは?www

インタビューをDC先生に誉められてるバトンwww

…ん?
バトンの後ろにハミルトン弟?
ハミルトンが連れてきてたのかw

ポールラップのオンボードカメラリプレイをスピードメーター付きで見たい川井ちゃん。
その事でFIAに文句言いに行ったのかwww
FIA「あんただけじゃないから」
まぁ、需要はあるよなぁwww

ベッテルがルノーのマシン見てる。

写真撮影。

ハミルトン、ポールラップのオンボードリプレイ。
スピードメーターついてないけどw
セクター1は少し修正とか入ってたけど、その後は安定してるなぁ…。
シルバーストンの名所も通過速度速そう!
旧1コーナーのコプスは7速のフルスピードっぽいな…。
んで、マゴッツ・ベケッツ・チャペルの連続コーナー。
マゴッツ・ベケッツ辺りまでは8速で抜けてる!!


クビアト、準備運動に二重飛びしてたのね。

結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
12番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
15番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

16番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
17番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
18番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル


ボッタスがギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
アロンソがパワーユニットの交換で合計30グリッド降格ペナルティ。8基目のターボチャージャー使用で10グリッド、8基目のMGU-H使用、6基目のエンジン、6基目のMGU-K、5基目のエナジーストア使用でそれぞれ5グリッドずつ降格。
リチャルドもギアボックス交換でペナルティ受けてたけど、実質影響なかったね。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
6番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
9番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
10番手からはロマン・グロージャン/ハース

11番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
12番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
15番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ

16番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
17番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
20番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

こうなる筈。






続きからコメント返信!!

続きを読む "夏はやっぱり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

高原の黒い煙

週明け、ちょっとだけ体調崩したみたいで、少し体の調子が良くありません。
去年だか一昨年だかの6月後半だっけ、カキ喰ってノロった時もコミケまでに体力つけられるか心配だったりしましたけど、今年も微妙そうな感じ。
…まぁ、その前に、3日間きっちり休めるかが問題ですけど。

毎回微妙なんだよなぁ…。




それにしても、早めに寝るつもりが、ロンドンでやってるF1ファンイベントをほぼ見てしまった…w
今週末、イギリスGPです。








F1オーストリアGP決勝!!

プレッツェル少年。


ミカ・サロ。


黒い煙(雨雲)

フェラーリ会長、セルジオ・マルキオンネ。


観客が赤と白のフラッグを持っている。遠くから見ると、オーストリア国旗になるよ!
…フェルスタッペンファン多いなぁw

元F1の総帥、バーニー・エクレストン。
決定権のない会長に退いているけど、最近毎回出てきてるし、何か暗躍してそうwww


南アフリカからのファンはハミルトンのポップ持っていますね。
…シャツはフェラーリ?

レッドブルのヘルムート・マルコ。
オーストリアの伝統衣装ですね。

フェラーリの名前が斜面に現れてる…シール?
レッドブルの雨雲監視スポッター?が座っています。

フェリックス・バウムガルトナー?
スカイダイバーだそうですなぁ。
レッドブルアスリートですかね?

レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーも伝統衣装。

フェルスタッペンファンのスタンドにいるライオン。

フェラーリキャップ被ってるジャン・アレジ。


オーストリア国歌!
声楽隊!
ヘリがオーストリア国旗引っ提げて飛んでる!


エリクソン無線。
今の所、雨雲はレーダーにはないらしい。

マッサの息子さん、フェリピーニョ君。
暇そうだ…www
可愛い。


高低差はスパに次ぐ2番目なのか。


ウェーレインはパワーユニット交換により、ピットレーンスタート。

スターティンググリッド
ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
17番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

ピットレーンスタート
パスカル・ウェーレイン/ザウバー


路面温度48℃、週末で一番暑くなっています。

パーマーとマッサがソフトタイヤスタート!
ハミルトンの他にスーパーソフトスタートなのは…ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ストロール、ウェーレイン。
結構いますねぇ。
分かれてるなぁ。


セルジオ・マルキオンネ再び。


シグナルが…ブラックアウト!!
あっと…フェルスタッペンがスタートミスった!
加速鈍い!

1コーナー!
接触!接触!!
後方で接触!!
フェルスタッペンがスピンして止まってる!
アロンソも巻き込まれてる?

3コーナーでは大きな混乱はなし。
ライコネンが少し膨らんでます。

リチャルド対グロージャン!
そして、マッサは早くも10番手。

フェルスタッペンのオンボード。
コースを走ってはいるけど、エンジンの回転が上がってないな?
回転数上げたいけど、上がらない感じ。
これはダメでしょうね…。

アロンソがピットイン。
フェルスタッペン無線。
ストップですね。
リタイア。

クビアトもピットインしています。


その後にスタートのリプレイが出てきました。
…あー、アロンソがクビアトに追突されて回ってる。
その時にフェルスタッペンにも当たったか。

レース後にツイッターで見たけど、この時、アロンソが無線で「ここでボーリングするなよ!」
と言っていたとか…そりゃ怒ってるんだろうけどさ、言葉選びがすげぇ良いwww

EDでクビアトのオンボードリプレイ出てたけど、1コーナーで両輪がタイヤロックしてたな…。
…これ、間接的にフェルスタッペン撃沈してるから、親御さんかは怒られるやつでは…?

そのクビアトは6周目に審議に。
10周目にはドライブスルーペナルティを課されました。


3周目、ベッテルの無線。
ボッタスがジャンプスタートしたって言ってます。
5周目にFIAによって記録されるものの、そのすぐ後にスタート時のデータが出てきて、大丈夫そうな事が示されています。
26周目にお咎めなしとの表示がありました。

ライコネン、グロージャンかわして4番手に。
あんまり調子良くなさそうだけど、流石にハースはかわせるか。


6周目、ペレスをかわしてハミルトンが6番手に。
8周目にはグロージャンもかわして5番手に。
サインツJr.の無線。
何かのトラブルでしょうか?


8周目、ボッタスが快調に飛ばしてるなぁ。
2番手ベッテルとの差をぐんぐん開いて行っています。


12周目、フェルスタッペンがピットウォールへ。
ホーナーと話してる。


16周目、ハミルトンのスーパースロー映像。
右リア酷いなぁ…ブリスターできてる。


ん、このままの路面温度だと、まさかのソフトタイヤ大活躍回かな?
この後、スーパーソフトやウルトラソフトのマシンがソフトに替えるとしたら、ソフトタイヤスタートのマッサはそこから利益を得られるかもしれないな…。

さて、マッサは何処でスーパーソフトかウルトラソルトに替えるか…。
路面温度が落ちてくれば、ウルトラソフトで無双できるか?
でも、落ちてきたら他車もスーパーかウルトラに替えてきそうだなぁ…。


26周目、ボッタスの右リアにブリスター。
でも、まだファステスト出せている。
スーパーは勿論、ウルトラも結構持つみたい?

ハミルトンを抑え続けるライコネン。
前のリチャルドからは離されつつあるみたいだけどね。
28周目にはハミルトンが自己ベストを更新。
でも、まだライコネンをかわせず。


ストロールとマグヌッセンの10番手争いは長引いてるな…。


30周目、マグヌッセンのマシンから一瞬白煙が…!
…あっと、スローダウン。
無線で「パワーステアリングを失った」
ハイドロ系のトラブルのようですね、ガレージへ戻って、リタイアです。


32周目、ハミルトンがピットイン!
ウルトラソフト!
ここで博打に出たか!
ライコネンをアンダーカットしようとしているようですね。

リチャルド、ベッテルとピットインしていくけど、皆スーパーソフトなんだなぁ。
ソフトはやっぱり、今週末履いてない未知のタイヤだし、敬遠しているのかも。
皆スーパーソフトだと、マッサの作戦はあんまり効果なくなりそうだね。


36周目、ペレスがピットイン。
スーパーソフトですね。
ストロールもスーパーソフトに履き替えました。


37周目、グロージャンがピットイン。
こちらはウルトラソフト!
ハミルトンもそうだけど、ウルトラソフトは持つかどうかギリギリの所。

ライコネン無線。
ピー。

周回遅れのヴァンドールンにおこ。
右京さん「訳すに訳せない」
これぞライコネンという感じの無線だなw
39周目にはヴァンドールンに青旗無視で審議が入りました。
45周目にドライブスルーペナルティ。


41周目、ここでボッタスがピットイン!
結構引っ張ったから、ほぼタイヤのゴムがなくなっちゃってるみたいです。
スーパーソフトに交換!
…あ、でも、右フロントが少し遅いな。
タイヤ交換時間、3秒台だ。


43周目、オコンがピットに入った!
これでマッサは6番手。
この後、ピットに入って、それからですね…。


45周目、サインツJr.の無線。
ピットイン指示が入って、リタイアですね。

リプレイ。
ライコネンのどろん。


48周目、ここでマッサがピットイン!
タイヤ交換時間は2.3秒、良いね良いね!
DHLのピットストップアワードではチームメイトのストロールに次ぐ2位のタイムでした。

さて、タイヤは…どっちだ?
ウルトラソフトだ!!
9番手でコースへ。
前にいるのはオコン。
さて、ポジション奪えるか?


49周目、画面を見つめるマルキオンネ。

マッサの無線。
ピットウォール「ウルトラソフトは最後まで持つから、オコンとハードに戦えるよ。」
との事。
さて、行けるか…?


54周目、マッサがオコンを射程圏内に捕らえてきた!
DRS使えるぞ!
抜くのは大変だけどな…。

ベッテルの無線。
…え?
終盤に雨?

んー、トップのボッタスが来ちゃった。
前に行かせて、仕切り直し。

ライコネン、周回遅れ抜こうとしてコースオフ。
1コーナーのイン側、マーブルめっちゃ多いな…。
あれ、怒らないの?


今度はベッテルが追い付いてきちゃったか…。
マッサ、中々オコンに仕掛けられないなぁ。。


ライコネン、やっぱ怒ってたwww
「ブレーキングゾーンの真ん中来るんじゃねぇ!
おかげでマーブルの上走っちゃっただろ!」
との事w


64周目、今度はリチャルドとハミルトンが追い付いてきた。
DRSゾーンには入るんだけど、中々仕掛けられないマッサであった…。

まぁ、フォースインディアも同じメルセデスエンジンだからなぁ。
ストレートはとんとんくらいなんだよなぁ。
後はセクター2の高速コーナー区間。
乱気流の影響あるから、ここで安定しないようで、結果仕掛ける所まで行かないようだ。

ハミルトン、毎周ファステストを出してリチャルドを追う。
3番手争いが熱いです。


68周目、トップのボッタスと2番手のベッテルの差が1秒1になってました。
こっちのバトルも熱くなってきたな…!

リチャルドとハミルトンのバトルも相変わらず僅差。
あっと、リチャルドがコーナー立ち上がり少しミスってる…。
でも、まだ距離はあるな。


70周目、ハミルトンがリチャルドにアウトから仕掛けた!
リチャルド、ポジションをキープ!
レッドブルがホームサーキットでこの輝き!


71周目、ファイナルラップ!
ボッタス、トップを守っている!
かなり近いけど、ベッテルは仕掛けて行けないようだ!

リチャルドも守っている!
ハミルトンも先程のような決定的な場面を見出せていない!


ボッタス、優勝!
キャリア2勝目は初めてのポール・トゥ・ウィン!
2位にチャンピオンシップ首位のベッテル!
そして、大歓声に迎えられて3位はリチャルド!

マッサ9位、ストロール10位とウィリアムズはダブルポイント獲得!
どちらも予選ポジションから8つ順位を上げてのフィニッシュです。


ボッタスの無線。
クールであるw
ボッタスにしたら凄く喜んでいるらしいんだけどw

リチャルドの無線www
大喜びwww
野獣www

アナ「勝者どっちでしたっけ?」

かーらーのー
「これは…やりそうですね。」
例のあれの話www
もう犠牲者の話してるよwww

ヘルムート・マルコ。
オーストリアの伝統衣装。

ボッタスの喜び方はいつも通り、クール。
これでもF1で2勝目なんだぜ…w
もう何回も勝ってるかのような落ち着き方w

階段を二段飛ばしで駆け上がるベッテル。


色んなファンが満足したレースwww


表彰台控室のモニターにツイートが表示されてるwww
ボッタスのジャンプスタート疑惑の話題w


表彰台。
フィンランド国歌
かーらーのー
いつもの。

でも、いつもの×いつものじゃないから何だか新鮮w

ベッテルへの歓声も大きいな…w
まぁ、元レッドブルだし…。
リチャルドは言わずもがな。

シャンパンファイト!
まず飲む1位と2位。
真っ先にかけに行ったリチャルドが浮いて見えるwww
何だこれwww

表彰台インタビュワーはマーティン・ブランドルおじさん。

ボッタス「最後はロシアみたいなデジャブでした。」
ギリギリパーフェクトなスタートについては「生涯で一番かもしれませんね。」

表彰台に座るリチャルド。
ニコニコw
つか、これから起こる事を考えると、悪魔の微笑みとしか…w

ベッテル、ファンに0.5秒差で2位チェッカーだった事を謝る。
そして、話が長いので()ボッタスもリチャルドの横に座ってるwww
そして2人して飲むwww

そしてリチャルド、大歓声!
5戦連続の表彰台、凄いですねぇ。
チームメイトのフェルスタッペンはここ7戦で5回目のリタイアでしたけれど…。
それにしても、最後は危なかったねぇ~。
4コーナーだったかな、並ばれたもんねぇ。

ブランドルおじさん、まさかのシューイ催促おじさん化www
おじさん飲むのwww
「チャリティー目的なら」とか言いつつ、やりたかったんちゃう?www

やっぱりそそくさと逃げるボッタスwww
一緒に逃げるベッテルwww

おい、おじさんの背後で準備してるぞwww

ボッタス、リチャルド先輩からのシューイを断固拒否www
飛び散るシャンパン!
仕草が嫌がる子供みたいだったwww
何だこのじゃれあいwww
可愛いwww

そしておじさんはチャリティー目的で飲んだー!!www
リチャルドに靴を渡されるおじさんwww

勿論、自分でも飲む。


川井ちゃん「分かるような気がします」
ボッタスはシューイしたらお腹壊す可能性あり?
機内食にも手を付けてなかったとの事。
まぁ、確かに1週間後にイギリスだから、ここで腹壊したら大変だもんなぁ。


レッドブルっぽい色のアロハだなw
柄はアメリカンだけどw


ED。
軽くホナ足。
久々だねw
リチャルド対ハミルトンの3番手争いしてた時でしょうねw
因みに、ホーナーもオーストリアの伝統衣装。
レッドブルはもうここではそれがデフォルトだなw


優勝はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3位はダニエル・リチャルド/レッドブル
4位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はロマン・グロージャン/ハース
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はエステバン・オコン/フォースインディア
9位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10位はランス・ストロール/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得

11位はジョリオン・パーマー/ルノー
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はダニール・クビアト/トロロッソ

リタイアは…

カルロス・サインツJr./トロロッソ
ケビン・マグヌッセン/ハース
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
マックス・フェルスタッペン/レッドブル


ドライバーズランキング
1位:ベッテル/フェラーリ(171Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(151Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(136Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(107Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(83Pt)
6位:ペレス/フォースインディア(50Pt)
7位:フェルスタッペン/レッドブル(45Pt)
8位:オコン/フォースインディア(39Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(29Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(22Pt)
11位:ストロール/ウィリアムズ(18Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/ルノー(18Pt)
13位:グロージャン/ハース(18Pt)
14位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
15位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
16位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
17位:アロンソ/マクラーレン(2Pt)
18位:パーマー/ルノー(0Pt)
19位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
20位:ヴァンドールン/マクラーレン(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)

コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(287Pt)
2位:フェラーリ(254Pt)
3位:レッドブル(152Pt)
4位:フォースインディア(89Pt)
5位:ウィリアムズ(40Pt)
6位:トロロッソ(33Pt)
7位:ハース(29Pt)
8位:ルノー(18Pt)
9位:ザウバー(5Pt)
10位:マクラーレン(2Pt)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

もはや避暑したい

暑い……まだ7月前半だというのに、この暑さ。。
おかげで、蝉が鳴き始めている。。
この時期がやってきたか…。。
心臓に悪いこの時期が。。

そんな中、今年も世界遺産の審議が行われています。
もうすぐ終わるけど…日本の推薦案件、「宗像・沖ノ島」が登録されたようですね!
いやぁ、イコモスからは構成資産減らせと言われていたけど、推薦資産全て含まれた状態での完全登録。
やったね!







F1オーストリアGP予選!!

レッドブルの母国GP、そしてホームサーキットとなるレッドブル・リンク!


ハミルトン、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
ポイントランキングのライバルであるベッテルに上回られているこの状況で5グリッド降格は痛いかもなぁ。

…ん?
マップで帽子作ってる人いる?
カナダでは過去のチケットで帽子作ってる人いましたが…w


いやぁ、それにしても、シュピールベルクの高原地帯はいつ見ても風光明媚。
綺麗な場所だねぇ〜。
見てるだけで清々しい気持ちになるよ。

…クレーン車に吊られるアクティビティかと思ったら、バンジージャンプだったw


レッドブルファンもフェラーリファンもフェルスタッペンファンも。
フィンランド国旗振るファンもいるぞ!


…おぉ、何やら、ピンクい席がwww
フォースインディアのスポンサー、BWTの席か…w
BWT応援席www
そういや、あの企業、オーストリア企業だったなwww


そして、フェルスタッペンファン席の大きさよ…www
一面オレンジだわwww


Q1
まずはザウバーがコースへ。

フェラーリはスーパーソフトでアタックしているようですね。
ベッテルはハース勢の後ろ、3番手タイム。
ライコネンは2番手に入ってきました。

グロージャン、コースオフ。
グラベルを越えて、エスケープロードへ。
グラベルに捕まらなくて良かったな。

残り12分。
ベッテルがトップタイム。
スーパーソフトです。

残り10分。
ここまで良い感じだったマグヌッセンがスロー走行に。
んー、右フロントが浮いてる。
縁石で右リアかなぁ、サスペンションが壊れたっぽい。
これは…。。
Q2は進出できても、走れなさそうだなぁ。。

…あ、ボッタスもスーパーソフトでアタックしていましたか。

残り8分。
アロンソは9番手、ヴァンドールンは13番手。
ウィリアムズ勢が物凄い勢いで苦しんでる…。
タイム更新はするけれど、全然遅い。。

残り4分半。
ここでグロージャンが6番手に。
ハースが好調ですね…マグヌッセンも、サス壊さなければなぁ。。

残り2分。
サインツJr.が3番手!
トロロッソも来ているか…?

ライコネンがウルトラソフトに履き替えて2番手タイム。
次々とタイム更新中…。

ヴァンドールンはギリギリの15番手。
ウェーレインは20番手でした。
エリクソンは18番手。
ここでチェッカー!
アロンソは13番手でQ2進出。
ストロールは18番手。
マッサも17番手でウィリアムズはまさかの2台揃ってQ1敗退。。
ヒュルケンベルグはタイム更新ならず、14番手。
パーマーもタイム更新ならず、16番手でQ1敗退。

パーマーはそろそろ何とかしないとマジでシート危ういぞ…。
シーズン中の解雇やリザーブドライバーへの降格も視野に入ってそう。。

グロージャンの無線。
ストロールにブロックされたって怒ってます。

パーマーとライコネンに予選後審議。
アタックをブロックしたってやつかな?

アロンソの無線。
「ノーパワー。」
いつものやつですかね…エンジンチェックしてって言ってます。
まぁ、確かにリプレイで一瞬白煙上がってる所は映ってるけれど…。


Q2
ハミルトンが真っ先に出てきた。
彼はここでスーパーソフトを投入!

ハミルトン、1分4秒800。
スーパーソフトでのアタックなのに、1分5秒を切ってきた!
すげぇ!
…エンジンのパワー上げたからかな?

ボッタスが1分4秒640でトップタイム!
ベッテルも1分4秒823で4秒台に突入だ!

残り9分。
おぉ、フェルスタッペンも4秒台に入れてきたぞ!
1分4秒948。

ガレージで作業中のマグヌッセン。
やっぱり、出られなさそう?

ここまで、4人が1分4秒台を出しています。
はえぇ…。。

残り6分切った!
ヒュルケンベルグのアタックは11番手タイム。

残り3分。
3番手のベッテル、ウルトラソフトでコースに!

そろそろラストアタックですね!

2番手のハミルトンもコースへ。
…ん?
スーパーソフト?

おっと、グロージャンが最終コーナーでミスった。

ベッテル、タイム更新、2番手!

残り1分。
ボッタスもアタックに出ています!

オコンがギリギリの10番手。
ペレスは8番手。
チェッカー!
ヴァンドールン、12番手でノックアウト!
アロンソも11番手でQ3進出ならず。
サインツJr.もタイム更新できていませんね…。
クビアトは14番手。
リチャルドが6番手だ。
ヒュルケンベルグは11番手で惜しくもQ3進出を逃しています。

ハミルトンがスーパーソフトでスタートする事が決定しましたね!

ハースガレージのアントニオ・ジョヴィナッツィ


Q3
フェルスタッペン、リチャルドと出待ちしています。

まずはハミルトンがトップタイム。
それを塗り替えてボッタスが1分4秒251を記録。

ベッテルは2番手。
ボッタスとの差は僅か100分の4秒…!

ライコネンは4番手。
以下、リチャルド、フェルスタッペンの順。
ポール争いに絡めない3人ですね…。

残り7分切って、リチャルドがタイム更新するも、5番手は変わらず。
ペレスは8番手だ。

残り4分半。
フェルスタッペン、6番手。
オンボードリプレイ。
1コーナーでインに深く入りすぎて縁石にぶつかってますね…。
その後で、ダメだ…と言わんばかりに首を横に振っています。

アタックしていたリチャルド、一度アクセルを緩めて、仕切り直し。
残りは間もなく1分。

ハミルトン、ラストアタック!
…あらー、とっ散らかってる。
大きなステア修正はするわ、コーナーでミスするわ。
これはダメだね。
そしてセクター2で黄旗。
グロージャンがストップしていました…。
直前に調子悪い見たいな無線あったしな。。

フェルスタッペンのラストアタックもとっ散らかってました。
Q1のグロージャンと同じ所ですかね、コースオフしています。
グラベルを通り越して、エスケープロードへ。

オンボードリプレイ。
あらー、ベッテルもミスってた。

とっ散らかってる人多いし、コース上で止まっちゃう人いるしで釈然としないラストアタックになりましたな。

…という事で、ボッタスがキャリア2度目のポール獲得!
無線はシンプルですねぇ…w
ピットウォール「P1!」
ボッタス「Yes!」


アゼルバイジャンで一悶着あったハミルトンとベッテル。
その後、ベッテルは謝罪ものしてノーカンに。
ここではしっかり握手もしていました。

ホームストレートでインタビュー。
あぁ、あのインタビュワーって元GP2チャンピオンのダビデ・バルセッキなのかw
妙にハイテンションだよなぁあ…w

オーストリアではハミルトンも人気である。
チャンピオン争いしているベッテルとハミルトンのインタビュー。

バルセッキ「皆、握手して」

でも、しないw
肩を竦めて立ち去るハミルトン、ベッテルも普通に戻って行きました。


ところで、海外メディアではバルセッキ勇敢だなとか言われていたらしいw
まぁ、当然、彼らより年下ですし、キャリア的にも、F1まで上がってきてない人ですので…w

今回も徹子の部屋はなしか…。


ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
17番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー


ハミルトンのギアボックス交換による5グリッド降格ペナルティを反映すると、こうなります。


スターティンググリッド。
ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはロマン・グロージャン/ハース
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
9番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
12番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
14番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
15番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
17番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
18番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー






続きからコメント返信!!

続きを読む "もはや避暑したい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

あんみつもぐもぐ

もう夜が明けている…。






Monster_rossi
Monster_rossi64Monster_vr
モンスターロッシ。

二輪のMotoシリーズ最高峰・MotoGPのレジェンドライダー、ゼッケン64 バレンティーノ・ロッシ仕様のモンスターエナジー!
今でも活躍する彼がスポンサードされているモンスターとコラボしたようです!

オレンジ味で今までのモンスターシリーズで一番飲みやすいかも…!


※タイトルや上の方の呟きとは一切、何ら関係ありません







F1アゼルバイジャンGP決勝!!

解説は次生さんだ。


マリア・ケリー??
5回のドイツアワードを獲得した歌手、だそうで…。


イルハム・アリエフ アゼルバイジャン大統領。
マッサのガレージ前で夫人を交えてフラビオ・ブリアトーレと話中。

インスタレーションラップ中のハミルトン。
3コーナーでオーバーランしてました。
セットアップの感覚を、グリップの限界を見ているんでしょうか?

チェイス・ケアリーとロス・ブラウンのF1経営陣。

マライア・キャリーの写真撮影。
車に乗ってる所を撮影されています…あぁ、乗っているのはセーフティカーですか。

ランス・ストロール父、ローレンス・ストロール。
前戦カナダに引き続き、国際映像に映る。
実際はほぼ全てのレースに帯同してそうだけれどね。


アゼルバイジャン国歌!!
歌手のドレスすげぇ!!
アゼルバイジャン国旗カラーである…。

しかも、ギミック付きwww
後ろの裾を伸ばすとアゼルバイジャン国旗(長い)に!!


グロージャン、エリクソン、ヴァンドールンはソフトタイヤでのスタート。
後は皆スーパーソフトだな。
やっぱ、グリップ欲しいのでしょう。


フォーメーションラップ。
アロンソの発進が少し遅れた。
問題なく元のポジションには戻っているけれど。

ボッタスが少し斜めにグリッドに止まっている。
これはトップを狙っているな…。


シグナルが…ブラックアウト!
スタートはクリーンですね…。

1コーナー!
あっと、後方が詰まってる!
クビアトがオーバーラン!
戻ってきた所はサインツJr.の横だ…あぁ!!
サインツJr.が戻ってきたクビアトに反応した途端にスピンした!
後ろのザウバーとか良く接触を避けれたな…。

2コーナーで接触!!
ライコネンとボッタスだ!
パーツが飛んでるぞ!

ボッタス、盛大な火花を上げてスピードダウン!
ライコネンもポジションを落としている!

…あれ、フェルスタッペンのパーツが飛んだ?
後ろのライコネンに当たって舞い飛ぶ。

ボッタス、ピットイン。
フロントウイング交換、ソフトタイヤへ。
そして、周回遅れに。

フェルスタッペンの無線。
フェルスタッペン「ダメージがあるみたい。」
ピットウォール「ラジエーターに挟まったデブリが外れたんじゃない?」

ライコネンとボッタスの接触は「記録」されるとの事。
…審議保留?
7周目に審議入りしました。

ザウバー勢とマクラーレン勢のバトル!
ホームストレート、1コーナーでヴァンドールンがウェーレインの前に!
更に、アロンソが2コーナーと3コーナーの間のストレートでウェーレインをかわす。
エリクソン、ヴァンドールン、アロンソ、ウェーレインのオーダーに。

スタートリプレイ。
ライコネン無線。
ピー
「同じ奴に当てられるなんて考えられない!」


6周目、悠々とトップを走るハミルトン。
ベッテル、ペレスが続いています。

ヴァンドールンがピットインしたな。
後はスーパーソフトで走り切る感じかな。
18番手でコースに復帰。


7周目、リチャルドがピットイン。
発進が若干遅かったけど、フロントウイングをチェックしてた…?
あー、デブリ挟まってたか?
15番手で復帰。


8周目、パーマーがスローダウン!
ゆっくりとピットレーンに戻ってきました。
…リアからうっすらと煙が出てる?
10周目にガレージでリタイアとなりました。


9周目、アロンソがエリクソンをかわして12番手に浮上!
マクラーレンはザウバーとは戦えるらしい。


10周目、ホームストレートでスリーワイド!
リチャルド、サインツJr.、エリクソンのバトルである。

…あっと、クビアトがストップ!
旧市街地エリア…12コーナーの先かな?


11周目、ペレス対フェルスタッペン!
抜かせないペレス。

…ん?
フェルスタッペン、スローダウン。
無線「エンジンに問題がある!」
一応ホームストレートは過ぎたが…一瞬煙が出てるわ。
更に無線。
ピー。


12周目、ここでセーフティカー!
クビアトのストップによるものですかね。
そのクビアトはマシンを降りて、リタイアだ。

上位勢が続々とピットイン。

フェルスタッペンもピットイン。
…ん、ステアリング交換してるな。
ピットインした瞬間に諦めた感じのリアクションしてる。
バイザーを上げてベルトを外してるしね…。

結局、ガレージに入ってリタイアとなりました。


13周目、ハミルトン無線。
「セーフティカーが遅くてタイヤに熱が入れられない!」

ライコネンのリプレイ。
左のフロントウイングのフラップが外れて落ちかかってる。
これは危ないのでは…。

クビアトのマシン撤去中。

皆大きくウェービングしていますね。
タイヤへの熱入れが問題になっているのでしょう。


15周目、ストロールのリプレイ。
ピットイン時に急ブレーキしていました。

ライコネン無線。
ピー。
スタート直後のボッタスとの接触の件か?

ボッタス、同一周回に復帰。
隊列の後方に追い付くまでは好きにタイヤも暖められるぞ!

ボッタスのリプレイ。
デブリが吹っ飛んでる。
パーツを踏んだのか、ボッタスのマシンから飛んだのか…。


17周目、リスタート!
早速、ペレスがベッテルに仕掛ける!
その後ろではライコネン、マッサ、オコンがスリーワイド!
…ん?
ライコネンから何か飛んだ。
その後のリプレイでは、ライコネンの右後部からバージボードっぽいのが飛んでったのが確認できる。

トップ10はハミルトン、ベッテル、ペレス、マッサ、オコン、ライコネン、ストロール、ヒュルケンベルグ、リチャルドマグヌッセンの順。

おっと、ここで再びセーフティカー!
デブリが多いからですかね。

パーツを拾うマーシャル!
勇敢なマーシャルへの歓声!

ホームストレートにデブリが散乱しているので、セーフティカー先導で隊列はピットレーンを通過。
っていうか、マジで至る所にデブリがあるな…。


19周目、ハミルトン無線。
「セーフティカー、もっとスピード上げてよ。」
タイヤが暖まらないみたいです。

ベッテルのオンボードリプレイ。
…あっ!
ベッテルがハミルトンに少し追突した!
コーナー後に加速したベッテルが小突いたって感じかな?
ベッテル、この接触を受けて両手で抗議!

…ん?
ベッテル、ハミルトンに並びかけた?
カメラが衝撃て揺れた…もう1回当たった?
ベッテルは抗議の手を挙げてるぞ?
何だ…?
15コーナーでの出来事である。


20周目、リスタート!
…ん?
何かパーツ飛んだぞ?

ベッテルにマッサとフォースインディア勢が仕掛けていく!
1コーナー、マッサがインを突いた!
ベッテル、譲らない!
ベッテル2番手、マッサ3番手!

更に、ペレスのオンボード!
マッサに仕掛けて行っている!
2コーナー!
…あっと、フォースインディア同士が接触!!
アウト側から来たオコンがペレスと接触したぞ!!
タイヤ同士が当たって、その後オコンの右リアタイヤがペレスに引っかかった感じか。
この接触でペレスのパーツが飛ぶ!
しかも、接触の反動でウォールにも接触!

フォースインディアは2台揃ってみるみる順位を下げていく!
結局、最後尾まで下がってしまっている。

…あれ、ライコネンどうした?
ずるずると後退してる。

あっ、右リアタイヤ外れかかってる!


またまたセーフティカー!
トップはハミルトン。以下ベッテル、マッサ、ストロール、リチャルド、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、アロンソ、サインツJr.、グロージャンのトップ10。
最後尾は15番手ライコネン、16番手ペレス、17番手オコンとなっています。

ペレスのオンボードリプレイ。
オコンとの2度目の接触の時、フロントウイングがっつり壊れてるわ。
抗議の手を挙げてる。
ペレスの無線。
「エステバンは何やってるんだ?
見たかい、エステバンがやった事。」
オコンの無線。
「ダメージ!ダメージ!
右リア、右リア、パンク!パンク!」

ライコネン無線。
ピー。
タイヤの残骸でマシン壊れそう。

21周目、ダメージを受けた勢がピットイン!
ペレス、オコン、ライコネンの順で戻ってきました。
…ライコネンの右フロアないやん。
リアウイングも右側支柱ないし…。
まぁ、ガレージインだよね、これ。

ペレスもダメらしいな…。
ライコネンはフォースインディア勢の直後にいたから、フォースインディア勢の接触で散らはったデブリを拾ったか?

ペレス、ライコネンがリアタイヤ。


22周目、アロンソ無線。
赤旗のススメ。

…あ、赤旗だ。

まだ半分も行ってないのにこの濃さ。
川井ちゃんが疲れてるwww


各車、ピットレーンに戻ってきました。
ベッテルはフロントウイング右側翼端板が少し壊れてる。
ハミルトンはリアを気にしてる。

ハミルトンとベッテルのリプレイ。
接触してベッテルのフロントウイング壊れているのが見えます。
2回目の接触はベッテルが当てに行ってる…?
ベッテル無線。
ピー。
「ブレーキテストしやがった!何やってんだ!」

ハミルトンのオンボードリプレイ。
ベッテルに横から当てられて、抗議の手を挙げるハミルトン。

解説陣も「あれはやっちゃ行けないよねぇ」モード。
綺麗にタイヤとタイヤをぶつけに行ってるwww


んっ、ウィリアムズにワンツーの可能性…?!


ペレスのオンボードリプレイからハミルトンとベッテルのアレ。
川井ちゃん「子供の喧嘩じゃないんだからさぁ~。」

ハミルトンのリア、やっぱり少し壊れてたみたいです。
修復中…。

ハミルトンとベッテルの接触は審議に。

リチャルド、国際映像にニヤリ。


何あのゴルフカートみたいなデブリ拾いマシンw
長閑な光景…www


エリクソン、笑顔が見られます。

ハミルトンのオンボードリプレイ。
無線「セーフティカーは危ない、バーチャルセーフティカーで良いよ。」

マシン内で待機中のマッサ。

ハミルトンのマシン、アルミテープ?補修。
ここでもテープ補修が見られるとは…w

ベッテルはフロントウイングを交換。

ハミルトンのオンボードリプレイ。
あー、ハミルトンはブレーキ踏んでないな。
加速してないだけだ。
そこに加速したベッテルが追突したという事ですかね。


…ん?
ペレス、復帰?


ハミルトンとベッテルの接触時のオンボードリプレイをデュアル画面で同時に。

フォースインディアガレージの人。
ブラック・アイド・ピーズってテロップ出てる。
アメリカのヒップホップグループの人みたい。
手でハートマーク作ってる。

フォースインディアクルーがマシン押してる。
ペレスのマシンを先頭まで持ってってるようだ。

ライコネンのマシン、ガレージで作業中。

…おっ、出てきたぞ!
フロアが直ってる…www
川井ちゃん「すごーい!」

ペレス、ライコネン、共に復活!!


フェラーリクルーもライコネンのマシンを急いで先頭まで移動中。
ライコネン無線「おい、ステアリングホイール何処だ?
寄越せ寄越せ!」
うわぁ、ギリギリwww

ペレス、ライコネン、共に1周走って隊列の後ろを目指す。
WECみたいな修復劇だなwww

大体25分後くらいに再開!
セーフティカー先導。


23周目、マッサ無線。
…え?!
マシンに問題?!
大丈夫そう?


24周目、リスタート!
あー、マッサのストレートスピード、上がってないな。。
ストロールがマッサの前に。
そして、リチャルドがウィリアムズ2台をかわして3番手に浮上。
ヒュルケンベルグもマッサに並びかけて来た。


25周目、マッサのマシン良くない感じだな…。
ちょっと、ストレートでガタガタ揺れ過ぎでは…?
うーん、やっぱりストレートスピード伸びてないし。。
ヒュルケンベルグ、マグヌッセンに並ばれてスリーワイド。
マグヌッセンが5番手、ヒュルケンベルグが6番手に上がっています。
マッサは7番手にまで下がってしまってる。

リプレイ。
ヒュルケンベルグのリアが1コーナーで流れてました。
タイヤ暖まってないのかな?

マッサのマシンは加速が鈍いみたい…アロンソにかわされて8番手に後退。
マッサ無線。
リアダンパーに問題があるらしい…。
それでマシンが縦にガタガタしてるようです。

あー、7コーナーでヒュルケンベルグがスローダウンしてる!
右フロント曲がってたか?
8コーナーでコースオフしてストップ。
リタイアだ。


26周目、ボッタスは10番手にまで挽回。
ヴァンドールンがその後ろの11番手。

オコンがグロージャンに仕掛けていってる、8番手に上がった!

マッサはピットイン。
ガレージに入ってリタイア。
うーん、良い位置にいたのにな…残念だ。。


ヒュルケンベルグのオンボードリプレイ。
7コーナーのイン側にタイヤを当ててましたか…。
無線。
ピー。
ピーピー。
曲がらないと思って早めにステア切ったら曲がっちゃったってやつ?


27周目、ライコネンとペレスに審議。
修復作業の事かな?
ファーストレーン以外で作業したからだそうで。


リタイアしたマッサ、ピットウォールに向かう際に観客に挨拶。

トップはハミルトン。以下ベッテル、リチャルド、ストロール、マグヌッセン、アロンソ、サインツJr.、オコン、ボッタス、グロージャンのトップ10。


29周目、ハミルトンのオンボード。
衝撃吸収材、ヘッドレストの後部が浮いてる!

次生さん「ヘッドレストが登場した当初は飛んでたよ。」

ハミルトンに無線でヘッドレスト直せって指示飛んでます。
ホームストレート走行中に片手でヘッドレストを抑えるハミルトン…www
ストレートとは言え、時速300kmオーバーで片手運転www


30周目、再びハミルトンへの無線。
ピットウォール「また浮いてるから、頭でコンコンってやってみて。」
…いや、無理だろwww
そもそも、衝撃吸収用の軟質素材だからコンコンしても入らないと思うぞwww

メルセデスのガレージ。
おニューのヘッドレストが用意済みであります。

ハミルトンへの無線。
ピットウォール「取り敢えず、そのまま行ってみよう。」
ハミルトン「外れたらどうすんの」
ピットウォール「ちょっと見てみるよ。」


31周目、ボッタスは8番手にまで挽回中。
オコンがサインツJr.をかわして7番手に浮上しています。

結局ピットインさせられるハミルトン。
トトのスローモーションリプレイやめいwww
しかも、モーション的に机叩いてるとこやんwww


32周目、ベッテルに10秒ストップペナルティ!

トップのハミルトン、ピットイン。
9.3秒でヘッドレスト交換完了。
9番手で復帰しています。

ベッテル無線。
ピットウォール「10秒ストップしなければならないよ。」
ベッテル「いつ危険なドライビングした?」


33周目、ベッテルが飛ばしている。
セクター1、2とファステストを叩き出して、ハミルトンの前に出ようとしてるようだ。


34周目、ベッテルがピットインしてペナルティ消化。
7番手で復帰…あれ、ハミルトンの前やん。
ピットイン前のプッシュが功を奏したという事か。

トップはリチャルド。以下ストロール、マグヌッセン、オコン、アロンソ、ボッタス、ベッテル、ハミルトン、サインツJr.、グロージャンのトップ10。
ストロールが2番手、マグヌッセンが3番手である。

15番手のライコネンにドライブスルーペナルティ。
FIAの許可なしにファーストレーン以外で作業したからとの事。
翌周にはペレスにもドライブスルーペナルティが課されました。


34周目、ハミルトン「ベッテルのペナルティは十分じゃないよ。」


35周目、ボッタスがアロンソをかわして5番手。
ペレスとライコネンがペナルティ消化。


36周目、ワールドチャンピオンが固まっています…!
まずはアロンソにベッテルが仕掛ける!
1コーナーはアロンソが守った!
…っと、少し膨らんだ。

今度はアロンソ対ベッテル対ハミルトンに!
2コーナーでベッテルが前に!
ハミルトンもアロンソの前に出た。

あーあ、これでアロンソが競争的なマシンに乗ってたら面白かったのになぁw


37周目、グロージャンがピットイン。
タイヤ交換に6.3秒かかってる…?

アロンソ無線。
「残念だなぁ、勝てる可能性があったのに。」
それはパワーユニットが強ければ、という意味ですかね…?

マグヌッセン対オコン対ボッタス!
オコンが3番手、ボッタス、マグヌッセンの順に代わりました。
この後はオコン対ボッタスかな。

リプレイ。
エリクソン対ウェーレイン。
あー、接触しちゃってるよ…。
ザウバーも同士討ちですか。。


38周目、グロージャンがスローダウン。
ブレーキの問題があったか?


39周目、息子の姿を見守るパパストロール。
ストロールは2番手を走行中!


40周目、ボッタスがオコンをかわして3番手!
表彰台圏内に戻ってきました!
さぁ、ストロールは2番手を守れるか?


41周目、ペレス無線。
…何?シート壊れてる?

そして、ガレージに入ってリタイア。
シートが壊れて動いちゃうらしい。

また珍しいトラブルですね…。


42周目、ベッテルがオコンをかわして4番手へ。
ハミルトンもオコンに近付いてる。

マシンを降りたペレス。
これで完走記録が途絶えました。


43周目、ハミルトンがオコンをかわして5番手に。

川井ちゃん「今日のシューイは臭そうですねぇ。」


44周目、ストロールにピットウォールからプッシュ指示。
ペースは悪くないんだけど、後ろから1秒くらい速いペースでボッタスが来てますからね…。
まぁ、新人に更にペース上げろってのは中々厳しいと思うけど。。
現時点では、8秒差。


45周目、12番手のヴァンドールン。
前のエリクソンとは2秒差。
その前に10番手のウェーレインがいます。


46周目、アロンソの無線。
いつもの「ノーパワー。」
バッテリーもないとか。
完走できるか…?


47周目、ピットウォールのマッサもストロールを見守る。

ハミルトンの無線。
「誰も争ってないんだったら、ボッタスのペースを下げてベッテルをブロックしてよ」
そんな要請無理ですwww

第一、ボッタスはストロールと戦ってるからね…?!


48周目、ストロールとボッタスの差は3.8秒。

ライコネン、ここでピットイン。
ガレージに入ってリタイアしまいた。
ペレス、ライコネン共に2度もリタイアするとは…。

ベッテルのリプレイ。
1コーナーで姿勢を崩して危うくウォールに接触する所でした。
危ない危ない。

アロンソのペースは元に戻ったり、また落ちたり。
安定してないなぁ…。


50周目、高い所から双眼鏡で観戦中の少年。
…スポッターかな?

ストロールとボッタスの差は1.7秒にまで縮まって来ています…!!


51周目、ファイナルラップ!
ウィリアムズガレージ、ストロールへの応援に熱が入る!
ボッタスは1.2秒後方だ!
逃げ切れるかは微妙な所…!!
セクター2辺りに入ると、2番手ストロール、3番手ボッタス、4番手ベッテル、5番手ハミルトンがそれぞれ1秒差くらいのギャップで続く展開に。
これは2番手争いが熱くなってきたぞ…!!

リチャルド、優勝!
チーム、自身共に今季初優勝!

ボッタス、ストロールに近付いている…!!
ホームストレートでボッタスがストロールに仕掛けた!!
チェッカー!
ボッタス、チェッカー直前で2位奪取!
ストロールは0.1秒差の3位!


まず飲むパパストロール。

喜びのウィリアムズガレージ!
3位でも嬉しそう!


ストロール無線。
「やられちゃった…。」
ボッタスとストロールのスピード差は35kmあったようです。

マッサとパパストロールが表彰台に向かうwww

リチャルド無線。
笑った後にピーwww
笑いが止まらない優勝www

リチャルドが戻ってきた。
マシンに乗ったまま国際映像に笑顔で手を振る。
めっちゃ嬉しそうwww
カメラ揺らすなwww

ハミルトン、アロンソがストロールを祝福!
ステアリングはまらないストロールwww
あっ、はまった。
大喜び!
スタッフに諭されてもクルーと喜びを分かち合っている。

表彰台控え室。

ボッタス、リチャルドと固い握手をするストロール。
笑顔だ!
リチャルド「皆、楽しんでくれた?」
川井ちゃん「イエス!」

リチャルドとストロールがめっちゃ賑やかwww
ボッタスはクール。

んで、シューイとかいう不穏な単語が…www


インタビュワー、ペヤング先生かよwww
リチャルド勝った時に担当してる事多いなwww
今回は飲むか、拒否るか、靴投げるか…?

パパストロールも表彰台前でスタンバイオーケー!
マッサ何処だwww

表彰台!
嬉しそうなストロール、ボッタスも笑顔!
そしてビッグスマイルはリチャルド!

オーストラリア国歌からのオーストリア国歌!
いつものじゃない!

ロブも嬉しそうだな!
パパストロールウルッときてるじゃん!

シャンパンファイト!
早速ストロールにかけるリチャルド!
まず飲むボッタス。その後はストロール狙いですねw

ストロール、飲めますwww


小穴アナ「さて……これは…」


写真撮影。

表彰台インタビュワー、DC先生登場!
いえ、この顔ぶれは予想してなかったですね…www

リチャルドのキャップ、フェルスタッペンのかよwww
DC先生「どっちでも良いでしょ?」
良くねぇわwww

おい、リチャルドwww
後頭部にピレリキャップ引っかけておくなwww


ボッタスのインタビュー中、座り込んでるストロール。
隣に座って井戸端会議始めるリチャルドwww

DC先生「キミが全部責任負っちゃったのかな?」
今回、コメントがキレッキレだな…湯切り絶好調!


パパストロールの横でパディ・ロウもニッコリ。
ドライバー・オブ・ザ・デイは勿論ストロール!
彼はルーキーとしては最年少で表彰台に上がったそうです。
全体で見ても、フェルスタッペンに次ぐ歴代2番目の若さでの登壇。

ストロールのインタビュー。
先生「お父様、涙ぐんでますよ!おっきい方だけど!」
リチャルドとの会話はモタスポ大好き談義だったようだw


リチャルドに戻って、徐にリチャルドの靴紐をほどき始める先生www
リチャルド「飲みたいの?」
先生「いやいや、どうぞ!
話続けて!」
「ポディウムのお仲間にあげたら?」

ブーツを脱ぐリチャルド…

リチャルド(ストロールに)「飲めるんだっけ?
何歳だっけ?」
リチャルド先輩のスーパー年齢確認タイム!


そして飲み物の準備だー!!!!


DC先生「ウィナーのお酒を断る事はできないですよね?」
DC先生、マジ畜生だなwww
今回、キレッキレじゃねーか!www

「まだ年齢がちょっと行ってないんだけど…。」

そして、しれっと距離を取るボッタスwww


ストロール、シューイの洗礼を受ける。
おあっ、一気にいったぁ!!
若いって良いなぁ〜!!
あっ、くっそ不味そうな顔www


DC先生「バルテリは?
埃も入ってるけど、大丈夫?」
あっ!!
ボッタス、自分の酒を持って逃げたwww

DC先生「逃げる前に一言!」

シャンパン入りブーツを掲げるリチャルドにめっちゃ警戒するボッタスwww
あっ、自分で飲む用ねwww


小穴アナ「まず、シューイの感想から。」
川井ちゃん「シューイの感想ですか?!」

そんな川井ちゃんは黒アロハでしたw


川井ちゃん「いにゃいのに」


次生さん「ドライバーって、結構自分の言い分を主張をしたがる人種なんで…」


アロンソが9位でマクラーレン、今季初ポイント獲得!
いやぁ、ようやくですか…。
この先、ポイント取れるレースは多くないのかもしれないが…。


ED。
フェラーリガレージにシャルル・ルクレールいたのね。
久々にホナ足が映っています…w

パパストロールとハグするマッサ。


優勝はダニエル・リチャルド/レッドブル
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はランス・ストロール/ウィリアムズ
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はエステバン・オコン/フォースインディア
7位はケビン・マグヌッセン/ハース
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー

ここまでがポイント獲得。

11位はマーカス・エリクソン/ザウバー
12位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
13位はロマン・グロージャン/ハース
14位完走扱いはキミ・ライコネン/フェラーリ

リタイアは…。
セルジオ・ペレス/フォースインディア
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ダニール・クビアト/トロロッソ
ジョリオン・パーマー/ルノー


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/フェラーリ(153Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(139Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(111Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(92Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(73Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(45Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(44Pt)
8位:オコン/フォースインディア(35Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(29Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(20Pt)
11位:ヒュルケンベルグ/ルノー(18Pt)
12位:ストロール/ウィリアムズ(17Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(11Pt)
14位:グロージャン/ハース(10Pt)
15位:ウェーレイン/ザウバー(5Pt)
16位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
17位:アロンソ/マクラーレン(2Pt)
18位:パーマー/ルノー(0Pt)
19位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
20位:ヴァンドールン/マクラーレン(0Pt)
21位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
22位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(250Pt)
2位:フェラーリ(226Pt)
3位:レッドブル(137Pt)
4位:フォースインディア(79Pt)
5位:ウィリアムズ(37Pt)
6位:トロロッソ(33Pt)
7位:ハース(21Pt)
8位:ルノー(18Pt)
9位:ザウバー(5Pt)
10位:マクラーレン(2Pt)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

エキゾチックな風

ぐぬぬ、時差ボケが……。。

最近、急に時差ボケがすぐに戻らなくなってきたなぁ…。







F1アゼルバイジャンGP予選!!

昨年はヨーロッパGPの名で行われた、バクー・市街地サーキットでの2年目の開催である。

解説はハミーさんか!

週末前にザウバーのチーム代表、モニシャ・カルテンボーン女史が辞任。
チームの将来について、新しいオーナーと意見の相違があったからだと言われているらしい。
後任は現時点では未発表。

マクラーレンはアロンソ、ヴァンドールン共にグリッド降格ペナルティを受けています。
アロンソは40グリッド降格、ヴァンドールンは35グリッド降格のペナルティ。

アロンソは週末の前に6基目のターボチャージャー使用で10グリッド、6基目のMGU-H使用で5グリッドの合計15グリッド降格。
更に、予選前に7基目のターボチャージャー使用で10グリッド、7基目のMGU-H使用で5グリッド、 5基目のエンジン使用で5グリッド、5基目のMGU-K使用で5グリッドの合計25グリッド降格が追加。

ヴァンドールンは週末の前に6基目のターボチャージャー使用で10グリッド、6基目のMGU-H使用で5グリッドの合計15グリッド降格。
更に、予選前に7基目のターボチャージャー使用で10グリッド、7基目のMGU-H使用で5グリッド、ギアボックス交換で5グリッドの合計20グリッド降格が追加。

2台揃って最後尾からのスタートになると思われました。
しかし、予選前のFP3でパーマーのマシンが出火。
その為、予選には参加できずに決勝を最後尾からスタートする事に。


Q1
開始早々からコースに入るマシンが多い。
タイヤが持つので、何周も周回しながら適宜アタックしていくようだ。
それに、特にミドルセクターなんかは道幅が狭くて渋滞しやすいしね。


「GPSスポッター」を導入したハース。
「スポッター」は北米モータースポーツのインディやNASCAR等で活躍する役割の事。
本来は高い所からオーバルコース全体を観察してドライバーに情報を伝える役ですが、ハースはそれを応用。
GPSデータからトラフィック情報等をドライバーに伝える役としました。
ここ数戦、特にマグヌッセンは予選の時にトラフィックに捕まってちゃんとアタックできない事が多かったから編み出されました。
何とも、アメリカチームらしい対応の仕方ですね!

マッサの無線。
ピー。
トラフィック多いって話。

ヒュルケンベルグのリプレイ。
コーナーで体勢を乱しています。
危ない危ない…。

サインツJr.、コーナーでストップ。
リプレイこないかなぁ…。

…おっ、リプレイきた。
2コーナーでタイヤロックして曲がれず、停止。
直角コーナーでの飛び出しが多いコースです。
コーナーの前はストレートだったりするしね。

残り10分の所で、トップはライコネン。
中々調子良いな。
2番手3番手にフォースインディア勢が続く。
おっと、フェルスタッペンがトップ。
次いでハミルトンがトップタイムに。
マッサは4番手。

ライコネン無線。
ピットウォール「後ろのオコンに注意しろよ。」
ライコネン「じゃあ、どのくらい後ろにいるんだよ!
どれくらいか言ってよ!」
実際は結構離れてるっぽいけど。

残り6分。
フェルスタッペンが2番手。
金曜のフリー走行2回ともこの人がトップだったから、調子良さげ。
トップのハミルトン、タイム更新。

マグヌッセンのリプレイ。
2コーナーでタイヤロックさせてオーバーラン。

アロンソのリプレイ。
アタック中、コーナーでレッドブルに並んだ。
無線。
叫んでるwww
ピー。

グロージャンのリプレイ。
リアが滑ってウォールギリギリ。
滑っちゃうと、どうしてもこういう場面が多くなりがちですね。。

残り2分半。
マグヌッセンがタイムを更新して15番手。
ノックアウトゾーンは脱したけど、ギリギリ。
ストロールがタイムを更新して12番手。
グロージャンが15番手。

マッサのリプレイ。
ウォールギリギリ!

マッサ、8コーナーでオーバーラン。
バックします。

ヴァンドールンは18番手。
ここでチェッカー!

エリクソンは18番手。
15番手のアロンソはピットへ。
マグヌッセンが14番手!
クビアトが5番手!
サインツJr.は11番手。
ストロールが12番手。

アロンソのリプレイ。
セクター3でコースオフしてしまって、タイム更新できなくなってしまったようだ。
それまで、良い感じだったけれど…。

グロージャンのリプレイ、オーバーランしていました。
マッサのリプレイ、8コーナーでオーバーラン。

ヴァンドールンのリプレイ。
ラストアタックはグロージャンに引っ掛かってタイムロス。


Q2
ウェーレインが真っ先にコースへ。

ペレスのオンボードリプレイ。
ウォームアップ中…前のヒュルケンベルグを抜いた時にジェスチャー。
えーと、抜かせてくれてありがとう?

マッサのオンボード。
アタック中だけど…おぉ、怖い!
旧市街エリアで挙動乱れた!

残り9分切った時点で、ハミルトン、ボッタス、ライコネンの順。
それにペレスが続く。

フェルスタッペンのリプレイ。
2コーナーかな?
リアがウォールギリギリだった!

残り7分半。
マッサは7番手。

マッサのリプレイ。
リアがウォールに接触して火花が!
ホイールが当たったようだ。
ピットウォールのロブ・スメドレーが映る。

ハミルトンがアタック中。
セクター1、セクター2全体ベスト!
そしてタイム更新、1分41秒275!
ホームストレートの最高速度は340.4km…フリー走行より4km上げてきた!!

トロロッソ…サインツJr.かな?のリプレイ。
コーナリングした時、コース上に落ちてたペットボトルを撥ね飛ばしてた。

残り間もなく3分。
フェルスタッペンが1分41秒台に入れて2番手に。
相変わらず、良さそうです。
チームメイトのリチャルドは5番手。
フェルスタッペンのホームストレートでの最高速度は約338km。
ハミルトンとは2km差くらいですね。

残り2分。
別枠カメラだ!
ヒュルケンベルグがマシンを降りていました。
ここでノックアウトのようです。

クビアトは11番手。
まだノックアウトゾーンを抜け出せず。

おっ…ベッテルも1分41秒台に入れてきたな。

チェッカー!
サインツJr.はタイム更新できず、12番手。
クビアトも11番手でオコンが10番手を守っています。
ボッタスが2番手。
ストロールは7番手。

マグヌッセンのリプレイ。
1コーナーで盛大なタイヤスモーク!
そしてコースオフ。

サインツJr.のリプレイ。
8コーナーでリアが流れて危うくウォールに接触しそうに!

ストロール、中国GP以来のQ3進となりました。

ライコネンのリプレイ。
ウォールギリギリ…!

トロロッソクルーのリプレイ。
何で壁から半分だけ顔出してる所のスローリプレイ流したwww


そういや、ハミルトンの元彼女、ニコール・シャージンガーがF1週末のイベントの一環として、ここでコンサートやってるんだよね。
ハミルトンがバックステージパスを貰ってるのかどうかを気にする川井ちゃん。


Q3
リチャルド、メルセデス勢が真っ先にコースへ。

まずはボッタスがトップタイム。
ハミルトンはコーナーでコースオフして2番手タイム。

残り5分切った!
ベッテルのリプレイ。
コーナーで止まれなくてオーバーランしています。

ハミルトンの無線が忙しい。
少しバイブレーションが起こってるらしいが、そのまま続けるようだ。

残り間もなく3分半。
あっと…リチャルド、ストップ!

赤旗!

リチャルドの無線。
ピー。

リチャルドのリプレイ。
6コーナーでリアが流れてウォールに接触!

ペレスのリプレイ。
ウォールにタイヤが当たってる。

ライコネンのリプレイ。
2コーナーかな、オーバーランだ。

シューイをおごる #とは

フェルスタッペン、ピットレーン出口で出待ち。

10分くらい経ったかな、再開!

そして残り30秒切った!
ボッタスとハミルトンの戦いかな?

チェッカー!
ボッタス、1分41秒027でトップタイム!
ハミルトンは……なんと、1分40秒593!
文句なしのトップタイム!

満足げな表情のトト。

マッサは8番手。
フェラーリ勢はライコネンが3番手、ベッテルが4番手。

ハミルトン、66回目のポールポジション!
セナのポール数を越えて、歴代単独2位になりました。
トップの記録を持つシューマッハのポール数までは後2つ。
今シーズン中に更新しそうですね。


ガレージ前でインタビュー。
ハミルトン「最終コーナーはお願い、行って!と思ってたよ!」


写真撮影。
3番手のライコネン、何だか久々だねぇ。

ハミルトンのポールラップ、オンボードリプレイ。
タイムが出た時に思わずガッツポーズしていました。

ニキ・ラウダのスローリプレイ。
ワオ!つってるw

徹子の部屋の放送はなしか。

オコンとストロールは予選最高位だったようです。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
9番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
13番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
15番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー

16番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17番手からはロマン・グロージャン/ハース
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
20番手からはジョリオン・パーマー/ルノー


サインツJr.はカナダのクラッシュで3グリッド降格、そしてヴァンドールン、アロンソはパワーユニット交換によるペナルティがあります。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
7番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
8番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
9番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
14番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

16番手からはロマン・グロージャン/ハース
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
19番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
20番手からはジョリオン・パーマー/ルノー







ネギタレ艦隊2017年6月末版です。
前回は17年5月末でしたね…。

正規空母
赤城改 Lv.85
加賀改 Lv.85
飛龍改二 Lv.84
蒼龍改二 Lv.83
雲龍改 Lv.77
葛城改 Lv.77
瑞鶴改 Lv.76
天城改 Lv.76
Saratoga改(サラトガ) Lv.76
翔鶴改 Lv.76
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.76
Apuila改(アクィラ) Lv.76

軽空母
龍驤改二 Lv.80
隼鷹改二 Lv.80
飛鷹改 Lv.80
鳳翔改 Lv.80
千歳航改二 Lv.79
千代田航改二 Lv.79
祥鳳改 Lv.79
瑞鳳改 Lv.78
大鷹→大鷹改 Lv.35→Lv.77
龍鳳改 Lv.75

水上機母艦
秋津洲改 Lv.77
瑞穂改 Lv.76
千歳甲 Lv.75
千代田甲 Lv.75
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.75

航空戦艦
伊勢改 Lv.81
日向改 Lv.80
扶桑改二 Lv.80
山城改二 Lv.80

戦艦
金剛改二 Lv.84
榛名改二 Lv.83
陸奥改 Lv.82
霧島改二 Lv.82
Italia(イタリア) Lv.82
比叡改二 Lv.81
Iowa改(アイオワ) Lv.80
長門改 Lv.79
Warspite改(ウォースパイト) Lv.79
Гангут(ガングート)→Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ)→Гангут два (ガングート) Lv.41→Lv.75
大和→大和改 Lv.1→Lv.67(NEW)
武蔵 Lv.1→Lv.27(NEW)

航空巡洋艦
最上改 Lv.82
三隈改 Lv.82
鈴谷改 Lv.82
熊野改 Lv.82
利根改二 Lv.78
筑摩改二 Lv.78

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.88
Pola改(ポーラ) Lv.88
摩耶改二 Lv.82
那智改二 Lv.79
鳥海改二 Lv.79
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.77
羽黒改二 Lv.76
衣笠改二 Lv.75
足柄改二 Lv.75
古鷹改二 Lv.75
加古改二 Lv.75
青葉改 Lv.75
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
北上改二 Lv.84
木曾改二 Lv.83
大井改二 Lv.81

軽巡洋艦
五十鈴改二 Lv.78→Lv.84
大淀改 Lv.84
夕張改 Lv.83
阿武隈改二 Lv.81
鬼怒改二 Lv.80
由良改→由良改二 Lv.79→Lv.80
神通改二 Lv.77
天龍改 Lv.77
龍田改 Lv.75→Lv.77
川内改二 Lv.75
那珂改二 Lv.75
球磨改 Lv.75
多摩改 Lv.75
長良改 Lv.75
名取改 Lv.75
阿賀野改 Lv.75
能代改 Lv.75
矢矧改 Lv.75

練習巡洋艦
香取改 Lv.99
鹿島改 Lv.99

駆逐艦
Верный(ヴェールヌイ) Lv.86
秋月改 Lv.86
睦月改二 Lv.78→Lv.80
初月改 Lv.80
江風改二 Lv.79
雷改 Lv.78
電改 Lv.78
時雨改二 Lv.77
叢雲改二 Lv.76
如月改二 Lv.75→Lv.76
荒潮改二 Lv.76
雪風改 Lv.76
五月雨改 Lv.76
春雨改 Lv.75→Lv.76
夕立改二 Lv.75
潮改二 Lv.61→Lv.75
吹雪改二 Lv.70→Lv.75
暁改二 Lv.75
朝潮改二 Lv.75
島風改 Lv.75
白露改 Lv.75
村雨改 Lv.75
涼風改 Lv.59→Lv.75
天津風改 Lv.75
山雲改 Lv.75
Libeccio改(リベッチオ) Lv.75
風雲改 Lv.75
海風改 Lv.75
萩風改 Lv.75
山風改 Lv.75
綾波改二 Lv.70→Lv.74
文月改 Lv.71→Lv.73
長月改 Lv.71→Lv.72
菊月改 Lv.71→Lv.72
望月改 Lv.70→Lv.72
弥生改 Lv.71→Lv.72
皐月改 Lv.67→Lv.69
三日月改 Lv.66→Lv.68
神風改 Lv.60
卯月改 Lv.54→Lv.57
秋雲改 Lv.45→Lv.50
夕雲改 Lv.50
巻雲改 Lv.45→Lv.50
長波改 Lv.47→Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.50
浜風改 Lv.47→Lv.50
谷風改 Lv.50
浦風改 Lv.50
磯風改 Lv.50
時津風改 Lv.50
清霜改 Lv.50
朝雲改 Lv.50
野分改 Lv.50
朝霜改 Lv.50
嵐改 Lv.50
沖波改 Lv.50
水無月改 Lv.47→Lv.50
松風→松風改 Lv.49→Lv.50
初風改 Lv.45→Lv.49
霞改 Lv.47
陽炎改 Lv.45
黒潮改 Lv.45
初春改 Lv.45
子日改 Lv.45
若葉改 Lv.45
舞風改 Lv.45
敷波改 Lv.42
不知火改 Lv.41
初雪改 Lv.40
曙改 Lv.40
初霜改 Lv.40
満潮改 Lv.40
朧改 Lv.20
漣改 Lv.20

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.76
伊401改 Lv.76
伊14改 Lv.75

潜水艦
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.76

その他
補給艦 速吸改 Lv.75
補給艦 神威(かもい)→水上機母艦 神威改(かもい)→補給艦 神威改母(かもい) Lv.34→Lv.68
潜水母艦 大鯨 Lv.57→Lv.65
工作艦 明石改 Lv.75
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.75
海防艦 国後 Lv.17→Lv.37
海防艦 択捉 Lv.19→Lv.37






続きからコメント返信!!

続きを読む "エキゾチックな風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »