« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月24日 (土)

来たら最後

久々の来客なう。

旅行の話とか聞けて楽しかったなぁ〜。
後、昔の絵見せてダメージ受けてるの見るの超楽しいwww








長崎旅行記2日目、1月28日。


時刻はほぼ17時となり、日が傾いてきています。
そんな中、閉館間際のセイルタワーを出ると、こんな横断幕が目に入りました。


Nag182_3
祝「日本遺産」決定! 佐世保鎮守府
横須賀・呉・佐世保・舞鶴/日本近代化の躍動を体感できるまち

おぉ、四大鎮守府が遺産になったんだな!!

…よく、太平洋戦争で跳梁跋扈した艦艇の根拠地を日本遺産に認定させられたなぁ。
反対あっただろうに。

まぁ、でも、歴史は歴史だし、あった事は変えられない。
それに、そういった艦艇の母港となったからこそ街の発展があったとも言えるだろうし…。


もっと色々回れる所なんだけれども、あんまり時間ないので、そろそろ夕飯に向かう事にするよ。
鎮守府の建物とかもあるんだけどねぇ…。
そういや、慰霊碑とか墓地って全然お参りしに行ってないしなぁ。


…夕飯に行ってみたいお店は17時半からの開店。
バスで戻ると、早くなっちゃうだろうから、セイルタワーから歩いて行きます。


おぉ、意外と歩いて行けるな…w
目的のお店は佐世保バーガー食べて、歩いて佐世保駅に戻った時に通った商店街にあります。

…で、えーと、何処だ?
地図アプリに表示されているマーカーの周辺をぐーるぐる。

…あぁ、あの路地か!!


っていう事で、ありました…!!
「れすとらん門」さん。

ここは佐世保市の名物、レモンステーキを食べられるお店なのです!!

お店の人「御予約取られてますか?」
俺「ないっす。」
お店の人「本日は満席でして……」

あっ……


っていう事で、お店の画像を撮り忘れたし、夕飯どうしようかな。


うーん、ここまで来たらレモンステーキを食べて帰りたい…!!


佐世保駅の方面に向かってほっつき歩いていると……


おっ、ステーキ出してる店あった…!!


「御予約はされておりますでしょうか?」
「予約してないんですけど…」
「少々お待ちください」

少しの待ち時間があった後、OKという事で…夕飯にありつけました!!


飛び入りで入ったのは「アサクラ塩浜店」さん。
内装には英字の新聞等が飾られていて、お洒落な感じに。


カウンター席に着席して、暫くすると、隣に屈強なガイジンサンとその奥さんと思われる方が。
海軍関係者でしょうか。


そうこうするうちに、出てきましたよ!


Nag183_3
コンポタ!
あぁ〜、マイルド!
1日の疲れが癒されるなぁ〜。


Nag184_3
サラダ!
バナナとリンゴ入ってる!


Nag185_3
メインディッシュのレモンステーキ!

肉めっちゃ柔らかい!!
レモンと言っても、酸っぱさはあんまりなくて、柑橘類の爽やかさが残っているといった感じ。
うめぇ〜www


Nag186_3
デザートのプリンとコーヒー。

プリンはマンゴーソースだったかな。
ミルクプリン。


あぁ、美味しかった!


店を出ると、日が暮れ始めていて、辺りはすっかり暗くなり始めていました。
徒歩で佐世保駅まで戻って、電車でまた2時間かけて長崎駅へ。


Nag187_2
長崎駅構内のランタン。
電気点いていたんで、撮ってみましたw
馬が多い。


ホテルに着いたのは21時くらいだったかな?
いやぁ、結構長旅だったから、疲れたわw


Nag165_2
んで、結局1日中持ち歩いていた、くらさきの「鯨カツ」をホテルに帰ってから食べるのでした。

おぉ、うめぇな…!
これは良い…定期的に食べたいw

3日目にお土産買った時はなかったんで、2日目に買っといて良かったと思いましたw






続きからコメント返信!!

続きを読む "来たら最後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いを馳せる

偶然休みで実況出来る、嫁誘って観ようと思ってたバトルシップの地上波放送が、先のイージス艦とコンテナ船の衝突事故でお流れになってしまって、残念…。
楽しみにしてたんだけどなぁ…。
確かに、あの映画、イージス艦沈みますけど…。





お船。


17_6_22_8h
おっ…?


また大和型来たぞ…さぁ、どっちだ?











17_6_23_musashi
おぉ、武蔵だ!!
大和来て以来の8時間建造だったけど、その1発目で来た!!

…あっ、レベル上げは順番待ちで(




んで、定期メンテ入って新たな改二改装実装!
長門や鈴谷・熊野はレベル足りなくて無理(ついでに改装設計図足りない)だったけど、今回はどうか。


17_6_23_yura
軽巡 由良。

おっ、行けるやん。
告知あってから80まで上げて慢心してたけど、行けたわwww
まぁ、同型の鬼怒、阿武隈がレベル75で改二改装可能だったから、行けるだろうと思ってました。


17_6_23_yura2
ガチャピン(大鷹改)の改二改装用の設計図は由良さんが頂いて行きました。


17_6_23_yura_kai


17_6_23_yura_kai2
由良改二!


おぉ…色々積めるwww
瑞雲とか水戦とか飛ばせるのか、搭載機数は少ないけど、航空戦できるじゃんw
大発系で輸送に対地攻撃に、甲標的で開幕雷撃、対潜セット持たせて先制対潜…色々できるな!
増設スロット作って8cm高角砲ぶち込んだら、昼弾着や夜戦連撃しながら1スロ自由に使えるな…。

すげぇな…これは装備のバリエーションが色々考えられる。


…しかし、まぁ、長良型の4番艦以降は個性的な改二になったものだなぁ。








長崎旅行記2日目、1月28日。


佐世保港を離れ、次の目的地へ。

…あれ、駅前にスーツ集団いるなぁ。
皆大きな紙袋持ってるし、女性はドレス姿とかだ…結婚式だったのかな?


Nag178_2
ここで初めて撮る、佐世保駅!

佐世保駅の西側の出入り口です。
中を通って、東側にあるバスロータリーを目指します。
「戻る」と言った方が良いですが…w

そして、バスに乗って、次の目的地へ!


…あれ、バス停何処(どれ)だwww
案内板とかと違うんだけどwww

何でここで迷ってんだろ…www


…結局、現地の人っぽいおばあちゃんに声かけて、乗り場を教えてもらいました。
おばあちゃん、ありがとう!


佐世保市営バス、西肥バスに乗って、佐世保市を北上。
途中で曲がって、佐世保川に架かる橋渡ったりして、そこで下車だ。

バス停「元町・市立総 合病院前」からすぐの所に次の目的地が見えています。


Nag179_3
Nag180_3
海上自衛隊 佐世保史料館!!
愛称はセイルタワー。
屋上のやつが船の帆(セイル)に見える所から、付きました。

…が、バスの運転手さんに「セイルタワー」って言ってもあまりピンと来ていない辺り、あんまり浸透してないのかもねw


残念ながら、内部は撮影NG。
記録用としても、色々撮り回りたかったのだけれど、仕方ない。

Nag181_3
エントランスのここだけは撮影OKだったので、帰りに撮った。


入館は無料。
受付で署名し、入館証を身に付けます。
建物は7階建てで、エレベーターで7階に上がって、下って行くというルート。
7階は展望所と映像ホール。6階から階毎に海軍開設創成期〜太平洋戦争までの項目別の展示がされています。
3階と2階は現在の海上自衛隊関連。

各階共にルート案内が若干分かりにくかったけれども、1フロアの大きさはそこまで大きくないんで、見て回るのは楽かと。


まずは、エレベーターで7階へ。
初めに訪れる事になるのが、展望所。
佐世保港を一望出来ます!
米軍基地の揚陸艦と思しきあの艦艇は良く見れませんでしたけどね…。
壁には昔の佐世保の様子が描かれていたり、周辺地理が掛かっていたり。

でも、針尾瀬戸がある針尾島の針尾送信所は見えたっけな…。
3本のコンクリート製電波塔、針尾無線塔は自立式の電波塔としては高さ・古さ日本一で、国の重文に指定されているそうです。
真珠湾攻撃開始日時を知らせる暗号「ニイタカヤマノボレ」で有名な電波塔ですが、実際は別の場所(千葉県船橋市と愛知県の旧依佐美村)から出されたらしいんで、詳細は不明。
瀬戸内海にいた長門が打電して広島県の呉通信隊が送信したものを受信、中国大陸や南太平洋向けに再発信したとかって説もあるらしい。
良く分からん。


…それにしても、ここ。
めっちゃ暑い!!
空調!!空調仕事して!!

折角眺め良いのに、ちょっと暑過ぎんよぉ〜。。


…という事で、続いて音声が漏れ聞こえていた映像ホールへ。
ここでは海上自衛隊の特集映像(6、7パターンくらいある)が大スクリーンで放映されていました。
ここでイスに座って、観賞しながら小休止。

海上自衛官と言っても、様々な役職がある訳で…どれもこれも、ハードな仕事。
それを日々こなしているのはまさしく鉄人ですね!
最もすげぇと思ったのが、ヘリでの対潜哨戒だったかなぁ。
複数の事柄を同時に気にしてこなす、しかも異変も見逃さない。
達人技ですわ。


それから、6階へ。
ここから、海上自衛隊/旧日本海軍の歴史を現代へ向けて、遡って行きます。
まずは海軍創設期。
長崎海軍伝習所や佐世保鎮守府開設等の資料が展示されています。
鎮守府の候補地に選定されていた場所を示すパネルとかもあって、「あぁ、ここも候補地だったのか」何て興味深かったです。

次に、5階。
ここは日清・日露の両戦争について。
戦闘に至る経緯から戦闘詳報、この時代の艦艇の模型、調度品等が展示されていました。
日露戦争については横須賀の記念艦 三笠でも見ていたけど、改めてチェック。
事前に複数の事柄が重なったとは言え、ほぼ完勝と言える大戦果!
…まぁ、これで図に乗ったとも言えるのですが…。。

この辺りから見て回る速度が恐ろしく遅くなりました…w


次に、4階。
ここは太平洋戦争のパートです。
あの大きな戦争を1階で纏められるのかと思っていましたが……。

纏められてましたw
ただ、範囲的に日清日露とは規模が違う戦争だった為か、展示されている年表の内容もあっさりとしてました。
まぁ、出来事が多い故に、年表自体かなりびっしりなんですが…「1943年7月12日 コロンバンガラ島沖海戦」みたいなで出来事だけだったのはちょっと寂しかったかな。
流石に大和の沈没は書いてましたけど。後、武蔵もだったかな?
まぁ…パネルでの説明とかもあったけれど、場所にも制約はあるしなぁ…。
その代わり、ミッドウェーや珊瑚海等の主要な海戦を説明する装置がありました。
対応するボタン押すと、映像付きでガイド音声が流れるの。
いやぁ、鳥肌立ちますね…。

勿論、各艦の調度品とかあったし、空母艦載機の模型もあったりしました。
後、少なかったけど、艦艇の模型。
何があったかは忘れたけど、大和はあったかな。後、確か空母が…赤城だったかな?
そういや、雲龍関連の展示物あったな。
何だっけ、何か、紙に書いてあったような…設計図とかじゃなくて。。

そうだね、長崎生まれの艦艇の特集とかあっても良かったかなぁ…なんて。
三菱重工長崎造船所資料館でも個々の艦艇に関する特集とか説明とかはなかったし…。
そもそも、三菱重工と佐世保鎮守府の2ヶ所で建造してっからなぁ。
もっとこう…地方色出してても良かったのではw

まぁ、大和ミュージアムも呉生まれの艦艇の紹介は写真パネルの展示くらいだったけどねw
後は遺留品とか調度品とかそういうのはあったけど、呉生まれだけじゃなかったし。


そうそう、5階くらいから聞こえてたんだけど、何やらツアーっぽいのやってたらしく。
ガイドのお爺さんが4階の模型の前で色々と説明しているのを目にしました。


3階に降りると、海上自衛隊。
所属艦船の紹介や歴史を主にしたパートです。
…流石に「かが」の事は書いてなかったですねw
進水したものの、この時はまだ艤装中で就役してなかったですし。

護衛艦は基本的に見分けが付かなくてですねぇ、色々並んでるのを見比べるのは楽しかったなぁw
上階では調度品とかが置かれていたスペースには海上自衛官の制服等が展示されてました!
旧海軍の時も思ってたけど、腕章とかそういうのは資料用に記録しておきたいよねぇ…。
後、歴代の海上自衛隊佐世保地方総監の紹介とか。
4階かもっと上の階か忘れちゃったけど、佐世保鎮守府の歴代司令長官も紹介されてたから、それと同じ。
こちらは東郷平八郎や米内光政、南雲忠一といった有名人も名を連ねていました。


この辺りから閉館時間の17時に近くなってきた関係で、ちょっと巻き状態だったけど…。


それにしても、太平洋戦争の喪失感から、一気に海上自衛隊の創設・艦艇紹介とかまで行くと気持ちの切り替えが…www

2階は海上自衛隊の活動紹介や装備の紹介。
活動紹介の所では南極観測船の事や災害派遣、海外派遣等の事が書かれていました。
また、装備に関しては各種防衛用装備のミサイル部分の模型等が。
中々見る機会ないし、面白かったw

後は、佐世保湾に入港してみよう!(操艦出来る)なシミュレータとか、海軍/海上自衛隊クイズとかそういった楽しめるものも。
クイズはやったw
シミュレータは触った瞬間静電気来て心が折れた…((
後、時間なかったのもある。

そして、1階。
何気に企画展示・特別展示がボリューミィで時間が…www
売店も少し見て、丁度17時になろうかと言う所で退館しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

海防

梅雨に入った途端暑くなったり、涼しくなってみたり不安定だなぁ。
カントーは週末までは晴れか曇りっぽいけど、週末からは梅雨らしくなりそうだなぁ。

湿度が………w


後、今日風強かったの辛かった。。








長崎旅行記2日目、1月28日。

日米艦艇を堪能した「させぼシーサイドパーク」からJR佐世保駅方面に歩いていきます。


佐世保駅のすぐ傍に港があるんだな、流石は海軍の街ですね……ん?
港に何か泊まっています。
何か武装している感じの船ですね…。

行ってみましょうか。


…という事で。

Nag175_2
海上保安庁のあまみ型巡視船1番船、PM95「あまみ」!

2001年12月に東シナ海で発生した、不審船追跡事件「九州南西海域工作船事件」で不審船とやりあった巡視船の1隻ですって!


Nag176_2
前部甲板に設置されているこれはJM61 20mm多銃身機銃、ですかね。
製品名はバルカンみたいですけど、所謂ガトリング砲でございます。

目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)を備えたタイプで、赤外線捜索監視装置と連動しているようです。
それまでは手動式だったらしい…。


Nag177_3
後部。

ウェルドックにという格納場所に5.5m級高速警備救難艇を搭載。
傾斜が付いている部分に乗せられていますね…スリップウェイという部分っぽいです。
こうする事によって、航行中でも搭載艇を揚げられるようですよ。


この搭載艇かどうかは分からないけど、先の事件で波による損傷を受けたらしい…。


さて、次の目的に向けて、出発だ!!






続きからコメント返信!!

続きを読む "海防"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

フレンチ・ブルー

ル・マン24時間耐久レースが終わりました。
これで今年の世界三大レースは全て終了ですね…いやぁ、ル・マン、色々あったなぁ。


昨日の明け方、寝るまでの時点でLMP1はステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組のトヨタ7号車がトップ。
以下、ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディのポルシェ1号車、セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴のトヨタ8号車、ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資のトヨタ9号車の順でした。
アール・バンバー/ティモ・ベルンハルト/ブレンドン・ハートレーのポルシェ2号車はマシントラブルでガレージにて修理中だったかと思います。

んで、起きたのが午後だったんですが…気になって調べてみたら、様相が全然変わってて。
ポルシェの1号車がトップ、総合2番手にはLMP2クラスのジャッキー・チェンDCレーシングの38号車。後方にポルシェ2号車とトヨタ8号車。
トヨタの7号車、9号車がリタイアしているというね…。


ポルシェ2号車は1時間くらいの修復で復帰していたみたいですね。
多分、20番手俺が見た時点では総合10番手くらいでした。

ナイトセッションに入ったくらいの時にトヨタ8号車がフロントのハイブリッドモーター関係のトラブルでガレージイン。
結局2時間くらい修理に時間を要したみたいで、見た時には総合23番手とかそこら辺。
なんで、復帰した時にはもっと…39番手とかそれくらいまでポジションを落としていたみたい。

小林可夢偉の駆るトヨタ7号車はトップをひた走っていたナイトセッション中に突然のスローダウン。
ピットまで戻れず、コース上でストップしてリタイア。
原因はクラッチのトラブルだったそう。
開始から10時間くらいだったみたい…。
非常に良い流れで来ていたのに、こうなるとは…残念です。。

更に、その直後、2番手を走っていたトヨタ9号車が他車と接触!
左リアタイヤがパンクして、そのままピットに戻ろうと走行していたら、リアから炎が…。
最後はモーターのバッテリーだけでピットに戻ろうとしていたらしいけど、ストップしてリタイア。

トラブルによるガレージインで後退したポルシェ2号車とトヨタ8号車は必死に追い上げているけど、ちょっと厳しそうだね…。
2号車は早いうちのトラブルだったし、修復時間も1時間くらいだったけど、8号車はなぁ…。
ペースはポルシェより速いけど、ちょっと…致命的だったかな。

開始から18時間くらい経過してから、中継をまた観始めました。
LMP1クラスはまぁ、トヨタが後方にいる1台だけだったし、ポルシェの独走だったからアレとして、2番手がLMP2クラスってのが凄かったから、注目。
他のクラスでは、GTE Proクラスは面白そうだった。
参戦メーカー…アストンマーティン、ポルシェ、コルベット、フェラーリ、フォードが1台ずつ同一周回に残っていて、大混戦!
GTE Amクラスは上位をフェラーリが占めるという展開。
トップを走る84号車は元F1ドライバー、ウィル・スティーブンスが助っ人参加しているみたい。


…なーんつって観てたら、20時間経過した所で、アンドレ・ロッテラーに替わったばかりのポルシェ1号車がスローダウン!!
ここまでトラブルなしでトップを走行していたが、まさかのトラブルである……。。
後4時間なのに…。。

油圧低下のトラブルが発生して、バッテリーだけのノロノロ走行でピットを目指していたけれど、遂にストップ。
リタイアとなってしまいました。

この時点で、トップはLMP2クラスのジャッキー・チェン38号車。
ポルシェ2号車は総合5番手を走行。
えーと、3周差くらいかな…?

LMP2車両より1周あたり約10秒くらい速くて、そうこうしているうちに既に総合3番手まで順位を上げてきているけど、このままジャッキー・チェン38号車が逃げ切ってまさかのLMP2車両が総合優勝とかいう事もあり得る。
なにそれ、面白そう…w
因みに、総合2番手のLMP2車両、レベリオン13号車には元F1ドライバーでフォーミュラE初代チャンピオンでもあるネルソン・ピケJr.が名を連ねています。

まぁ、結局残り1時間、スタートから23時間でポルシェ2号車がジャッキー・チェン38号車をかわして総合トップを取り戻したんだけどね。フィニッシュ時には1周遅れにしてたし。
LMP1クラスの面目は保った…。
それとは対称的に、トヨタ8号車は修理がよっぽど効いたんだな…。
9番手に浮上してからは前とのギャップが大きかったせいもあって、全然順位が上げられませんでした。
ペースは相変わらず速いのだが…。

終盤の注目はGTE Proクラスのコルベット63号車とアストンマーティン97号車の接近戦でした!
コルベット63号車には元F1ドライバーで、息子のケビンがハースからF1に参戦中のヤン・マグヌッセンが参加しています。
ケビンが20代だったから、結構歳行ってるかな〜とか思ってたけど、まだ40代なんですね!
そっか、F1参戦してた時は20代だったな。
それにしても、まだまだ行けそうw

残り40分くらいでコルベット63号車、アストンマーティン97号車が共に最後のピットイン。
両車共、給油を済まして、タイヤは交換せずにコースへ。
コルベットはドライバー交代してたな。
ここでコルベット63号車がアストンマーティン97号車の鼻先を掠めて前で復帰。
その後はアストンがコルベットを激しくプッシュ!
一時テール・トゥ・ノーズになる程の接近戦で非常に熱いバトルでした!
その後、少し距離が離れて、決着着いたかな?と思ったら、ファイナルラップのホームストレート。
最終コーナーで少し膨らんだコルベット63号車をアストン97号車がオーバーテイク!
コルベット63号車は前の周でも曲がれずにコーナーカットしてダートを走る等、タイヤの摩耗が酷かったみたいです。
だからか、抜かれた直後の1コーナーかな…そこももう曲がれずにコーナーカット。
これで勝負ありました。
結局、コルベットはフォード67号車の先行も許したようで、クラス3番手に。
でも、最後、ホームストレートに戻ってきた時の満身創痍な状態、あれは恰好良かった…。
左フロントが損傷していて、ヘッドライトも脱落した状態。左フロントタイヤは完全にパンクして動かない。
それでも1周走ってきて(LMP1車両でさえ1周3分15秒前後かかるコースだからな…)、ホームストレートまで帰ってきた。
チェッカーを受けた後、ピットレーン出口に寄せてストップする姿に「良く頑張った」って言いたいくらいでした。


…という事で、ポルシェ2号車が総合優勝・クラス別優勝を果たし、ディフェンディングチャンピオンは今年も強かった。
総合2位はLMP2クラスのジャッキー・チェン38号車!
これは共同オーナーのジャッキー・チェンさんも大喜びでしょう!
3位もLMP2クラスのレベリオン13号車。
LMP2車両が2位3位と、珍しい光景に。

因みに、ジャッキーチェンのもう1台、37号車も総合4位だったから、クラス別表彰式の1位3位に登壇する事になって、濃い事になりましたw

LMP1クラスの表彰台はポルシェ2号車と生き残ったトヨタ8号車(クラス2位)だけだったから、3位の段が空いてて、これまた珍しい光景でした。

そういや、総合順位の表彰式とクラス別の表彰式やるから、ポルシェが2回登壇して、F1で良く聞くドイツ国歌が2回も流れた…w







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!

忘れた頃にやる企画…w


京都府
石:鳴滝砥石(前期三畳紀珪質粘土岩)(京都市右京区)
鉱物:桜石(亀岡市ひえ田野町柿花、湯ノ花温泉付近)
化石:綴喜層群(つづきそうぐん)の中新世貝化石群(綴喜郡宇治田原町)


刃物を研磨する砥石として、鎌倉時代から採掘されていた岩石みたいですね。
丹波帯(ジュラ紀付加帯)にある三畳紀前期の珪質粘土岩とか、その上に堆積している三畳紀中期のチャートと粘土岩の互層とかが弱い変成作用を受けて、更に風化して軟質化したもの…とちょっと説明面倒くさい由来が。
鳴滝砥石と呼ばれているけど、合砥(あわせと)なんて呼び名もあるようですな。

鉱物
出ました、桜石!
丹波帯の三畳紀〜ジュラ紀に堆積した泥質岩が由来のようです。まず、白亜紀の花崗閃緑岩体が接触して変成作用を受けて、菫青石と高温型菫青石であるインド石で構成された六角柱状結晶が多数発生。この結晶が外側を残して雲母に変質すると桜石に!
酸化鉄で桃色になるもの何かは本当に「桜」石ですね。
桜天満宮境内の桜石は国の天然記念物らしい。

化石
宇治田原町近辺の盆地内に広がる中新世中期の地層、綴喜層群(つづきそうぐん)から見つかる貝化石群。
暖かい浅い海を好む貝や冷たい海を好む貝等、多様な貝が含まれているらしい。
多量に採集されてしまった為、現在は京都府によって保護されているとか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

伝統のトリ

静岡県・伊豆半島の石廊崎沖で、アメリカ海軍のイージス艦と日本郵船がチャーターしているフィリピン船籍のコンテナ船が衝突したと大きなニュースになっていますね。

衝突した事自体、知ったのは仕事中だったんですが…仕事に関係ありそうな感じで吃驚してます。
週明け辺りちょっと怖いわ…。。


さて、今回、衝突したイージス艦はアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦12番艦 DDG-62「フィッツジェラルド」。
横須賀を母港とする第7艦隊に所属する艦で、某半島情勢絡みでも良く出動しているようです。

今回、コンテナ船がフィッツジェラルドの右舷に刺さったみたいで、フィッツジェラルドの右舷はかなり壊れていました。
浸水もしているようで、自力航行不可だとか…。
現在、曳航船に曳航してもらって、横須賀へ戻る所だとか。

対して、コンテナ船は船首に損傷を負ったものの、自力航行可能。
もう既に目的地である大井埠頭に着いたっぽいけど、多分コンテナ船側が突っ込んでるから、きっとコンテナ船側が悪そう。
まぁ、画像見たらコンテナ船はコンテナを満載していたし、かなり重そうですね…。
大きさも違うし、イージス艦側のダメージが大きいのも分かるかも。
行方不明の人も全員イージス艦側の人だし。

それにしても、同じ方向向いて平行に航行していた、同航形態だったっぽいけど…何で接触しちゃったんだろうか。






そして、今日はル・マン24時間耐久レースの決勝日!
F1モナコGP、インディ500と共に世界三大レースに数えられる、由緒あるレース!
F1なんかと同じ、FIAが管轄しているシリーズ、WEC(世界耐久選手権)の第3戦として行われています。
WECは複数のカテゴリーが混走しますが、最上位カテゴリーのLMP1-Hクラスはトヨタが3台、ポルシェが2台出走!
他にプライベーターチームが走ってたりしますが、この2チームがやっぱりビッグな所。
去年はトヨタがトップを走っていた中、残り3分でトラブルが発生してストップ。
ポルシェの逆転劇となりました。

今年はどうだろうね…。
先日の予選では小林可夢偉の駆るトヨタ8号車が圧巻のアタックでコースレコードを更新してポールポジションを獲得。
中嶋一貴のトヨタ7号車も2番手に入ってトヨタがフロントローを独占していました。
2号車のタイムがポールから2、3秒くらい離されていたから、可夢偉のアタックがどんだけだった事か…。
セカンドローにはポルシェの1号車、2号車が並んで、5番手からトヨタ9号車。


そして、4時間経過後の状況だと、トヨタのワンツーは変わらないものの、7号車がトップで、8号車が2番手みたいですね。
8号車は何かトラブルがあったかな…?

対するポルシェは2号車がガレージで修理作業中。
コース上は1号車だけとなっています。

実質、3台のトヨタVS1台のポルシェだけだから、かなりトヨタ有利ですね。
…でも、まだ始まって4時間。
これ書いてる時は6時間経過しているから、まだ18時間はある。

去年みたいにチェッカーまでどうなるか分からないとかもあるんで、どうなるか。


…折角F1と被ってなかったんだから、一昨年みたいにヒュルケンベルグ参戦すれば良かったのになぁw





Kn_arca
アーケード。







F1カナダGP決勝!!
開催50周年、カナダGPです。

うわぁ、風強い!
埃凄い…ゴミも結構飛んできているし、風で浮いてるし。
中継にはまだ映らないけど、2コーナーと3コーナーの間は木葉も凄いようだ。

ウィリアムズのリアウイングとリアタイヤが付いた帽子を被るファン。
似たような事する人、世界にも結構おるなぁ。

…おっ、コース脇のウォール沿いにウッドチャック。
ハミルトンが通過していきました。


あー、確かに…落葉すげぇなぁ。。


サー・パトリック・スチュワート。
イギリスの俳優だとか…新スタートレックとか、X-MENシリーズとか。
最近日本でも公開されてるっぽいLOGAN/ローガンにも出ているんですね。


ストロール無線。
ブレーキ中に変な振動があるとの事。
母国なのにちょっと心配な話だな…。


…あ、街中にパブリック・ビューイング的なモニターあるんだ。


ウェーレインはピットレーンスタート。
予選でのクラッシュでカナダ仕様のリアウイングを破損してしまい、代えがないから旧仕様のリアウイングへ交換しているそうです。
その為、規定違反でピットレーンスタートに。
同じリアウィングなら作業時間によっては大丈夫だったかな…?
まぁ、カナダ仕様って後使えそうなとこはモンツァくらいだろうし…レッドブルリンクはどうだか知らんけど、そりゃあストック作らないよなぁ。


過去のカナダGPのチケットをつけた帽子被ってる観客が…w
すげぇ…けど、風強いから飛ばされてなくしたりしないでね。。

ヒュルケンベルグとNBAプレイヤー。
背の高さが…全然違うw

リチャルドの寄り目。

先日発生した、ロンドンブリッジでのテロ事件への黙祷。
そして、カナダ国歌…はアカペラ!
母国だけど画面に映らないストロール。

上空には戦闘機。
あれはF/A-18ホーネット??
カナダだからCF-18 ホーネットかも…?


マグヌッセンとピットレーンスタートのウェーレインのみがスーパーソフトスタート。
後はウルトラソフトです。

フォーメーションラップ!
おっと、クビアトが動けない。

これはピットレーンスタートかな。。
…あ、動けた。

さて、次の課題は元の位置に戻れるか?だ。
ホームストレートか最終コーナーの手前だったかにあるセーフティカーラインまでに元の位置に戻っていれば大丈夫。
そうじゃなければピットレーンスタートだ。

…それにしても、羽虫すげぇ。

ホームストレートに戻ってきたアロンソのオンボード。
前にトロロッソがいる…どうやら、クビアトは元のポジションに戻れたらしい。


シグナルが…ブラックアウト!!
フェルスタッペン、良いスタート!
アウト側から仕掛けた…!
フェルスタッペンがボッタス、ベッテルを抜いて2番手に浮上!

1コーナー、2コーナーは混乱なし。


あーっと…!!
サインツJr.がウォールに突っ込んでいる!
3コーナー、4コーナーんとこか…。

あっ…。。
マッサも止まってる…!
うわぁ…なんてことだ…。。

セーフティカー!

リプレイ。
…うわぁ!!
後ろから飛んできた!!
マッサは明らかに貰い事故!
グロージャンも挙動が乱しながらコーナー曲がってました。
飛んできたサインツJr.と何か関係があるのでしょうか?

サインツJr.のオンボード。
いきなり挙動が乱れて壁に激突、スピンしながら滑って行って、コーナーを曲がっていたマッサに激突…。
勢い衰えず、そのまま壁に突っ込んでいます…。
左リアが潰れているので、何かしら接触あったらしい??

グロージャンがピットイン。
フロントウイングかな、ダメージがあるようですね…。

川井ちゃん「グロージャンが怪しいですね。」

マッサのオンボードリプレイ。
3コーナーを曲がっていたら、突然の衝撃。
マッサからしたら、「?!」って感じだ…。。


3周目、サー・パトリック・スチュワートはメルセデスのガレージ。


4周目、リスタート!
…あれ、先頭近くで何かパーツがふっ飛んだ!
てな訳で、セクター3で黄旗!

ハミルトン対フェルスタッペン、そしてボッタス。

あー、さっきふっ飛んだのはベッテルのフロントウィングのパーツか。
右側のフラップが丸ごとふっ飛んだらしい…。

おっと、ライコネンが芝生踏んで挙動乱した!
その間にペレスが前に出て、6番手に上がりました。


5周目、ベッテルがピットインしてフロントウィングを交換。
タイヤもスーパーソフトに替えています。

スタートのリプレイ、ベッテルのオンボード。
あっ、前に出たフェルスタッペンが踏んで行ってるな…。
1コーナーに入る時には既に踏まれてフロントウィングの翼端板がなくなってましたね。
これが原因か…。
それにしても、良く大丈夫だったな、フェルスタッペンのリアタイヤ。

3コーナーでのクラッシュのリプレイ。
グロージャンのオンボード。
サインツJr.が左側から寄ってきて、当たってしまったらしい。
これはグロージャン悪くないな…。
もう既にコースの端っこだったし、回避できない感じ。
そして、グロージャン無線。
おこ!

アロンソのオンボードリプレイ。
3コーナーへアプローチした瞬間、吹っ飛んできたサインツJr.が目の前を横切る。
さっき、アロンソが無線で「あいつらは何やってんだ? もっと落ち着こうぜ。」
と言っていたのはこれを目の前で見たからか。

3周目にサインツJr.とマッサのクラッシュが審議になっていて、9周目にはレース後審議となりました。
尚、レース後に呼ばれたのはサインツJr.とグロージャン。
その結果、サインツJr.は次戦に3グリッド降格ペナルティを受ける事となりました。

9周目、クビアトが審議入り。
もしかして、フォーメーションラップの時にポジション戻せてなかったとか?

ベッテルの無線。
どうやら、またフロントウィングのパーツ落ちたらしい…?
ダウンフォースが減ったって。


11周目、あっと…。。
2番手を走行していたフェルスタッペンがスローダウン!
そして、すぐにストップしてしまいました!!

バーチャルセーフティカー!

これでハミルトン、ボッタスのメルセデスコンビがワンツー。
以下、リチャルド、ペレス、ライコネン、オコン、クビアト、アロンソ、ヴァンドールン、マグヌッセンと続くトップ10。
ベッテルはほぼ最後尾から追い上げる事に。

フェルスタッペンのリプレイ。
2コーナー立ち上がりで全然加速しない!
その瞬間、悔しそうに頭を抱えるフェルスタッペン。

マグヌッセンの無線。
…え?
フェラーリキャップが落ちてる?
国際映像に映って欲しかったなぁ…。


14周目、バーチャルセーフティカー終わり。
早速、ヴァンドールン、マグヌッセン、ストロールの9番手をかけたバトルが勃発!
まず、マグヌッセンがヴァンドールンをかわして9番手に浮上。

クビアトにドライブスルーペナルティ!
結局、セーフティカーラインまでに戻れてなかったみたいですね…。
16周目にペナルティを消化して、ヴァンドールンの前…11番手で復帰しました。
ところが、39周目に更に10秒加算ペナルティが追加されてしまいました。
ドライブスルーペナルティだけじゃ足りなかったんでしょうか?


15周目、3台による9番手争いにヒュルケンベルグも加わってきた!
ストロールがヴァンドールンをかわしてポイント圏内となる10番手に浮上。
ヒュルケンベルグもヴァンドールンをかわして11番手に浮上しています。
やっぱり、パワー不足のPUじゃこのサーキットは辛いのか…マクラーレン。。

17周目にはマグヌッセン、ストロールの9番手争いに!
その後ろから、ヒュルケンベルグも漁夫の利を狙っている!

そして、ベッテルがヴァンドールンをかわして12番手に浮上してきました。

ライコネンがタイヤ交換。
タイヤ交換時間2.6秒は中々良いですね。

ここでマグヌッセンに審議!
バーチャルセーフティカー中にオーバーテイクした?

結局、26周目に5秒加算ペナルティが課されました。
バーチャルセーフティカー中に抜いちゃったので間違いないね…。
リプレイ。
あー、ヴァンドールンを抜いてしまっていましたか。
丸窓で電光掲示板出てるけど、バーチャルセーフティカー表示になってるね…これはダメですわ。


19周目、リチャルドもピットイン!
先に入ったライコネンのアンダーカットを阻止する為ですね。
タイヤ交換時間は2.7秒、かなりライコネンの時と近いですね…!

ベッテルはヒュルケンベルグをかわして10番手に上がっていました。
ポイント圏内に復帰ね。
21周目にはストロールをかわして9番手、22周目にはマグヌッセンもかわして8番手にまで巻き返しています。


21周目、アロンソは現在6番手。
ペレスにかわされはしたけど、まだポイント圏内を走行中。
もしかして、もしかするかも…?


22周目、ライコネンがアロンソをかわして6番手に浮上。
…って書くと、熱いな!
トップドライバー同士が戦っているように見えるからw

ストロール、コーナーの挙動随分怪しいな…。
これでマグヌッセンについていくの大変そう。


24周目、リチャルドがペレスをかわして4番手に浮上。
表彰台狙えるかも?

26周目、ストロールを激しくプッシュするヒュルケンベルグ。
その後ろにはクビアトが迫っています。
…おっ、ヒュルケンベルグがストロールをかわして10番手に。
ストロールは再びポイント圏外に押し出されてしまっています。

ここでストロールがピットイン。
タイヤ交換時間は2.1秒!
これは早い!!

タイヤ交換早いウィリアムズが帰ってきたって感じだな!
つか、タイヤ幅広がったのに、昨年とほぼ同じくらいのタイムとは…。。


29周目、ヒュルケンベルグがマグヌッセンをかわして9番手に!

ベッテルがアロンソをかわして7番手に浮上。
のリプレイ。
…と書くと熱いな!www

まだピットインしてないオコンのペースが良いみたいですね…。
セーフティカーやバーチャルセーフティカーを利用してピットに入ったら、ペレスの前で戻れそうなくらい。

マグヌッセン対クビアトだ!
おぉ…サイド・バイ・サイド!

ホームストレートで抜いた!
クビアト、10番手!
そして、ガールフレンドのピケ娘。


33周目、ここでオコンがピットイン!
6番手でコース復帰。
これはライコネンとベッテルの間、ペレスよりも後ろです。

クビアト無線。
ピー。
ピー。
マグヌッセンにおこのようですね…。


39周目、ストロールがパーマーをかわして14番手に。


41周目、それにしてもゴミが多いなぁ。
相変わらず風は強いみたいだし。


42周目、ライコネンがピットイン!
2回目ですか…おぅ、ウルトラソフトだ!

ストロールがグロージャンをかわして13番手。


43周目、ヒュルケンベルグがアロンソをかわして8番手。
ここでアロンソがピットイン。
11番手で復帰しています。

…かなりスタートタイヤのウルトラソフトで引っ張ったなぁ。
ヴァンドールンはピットインせずにまだ引っ張っているみたいだけど。


45周目、ヴァンドールン対ストロールのバトル。
そして、ガレージ内で見守っていたけど、外が気になるマッサ。

ストロールがヴァンドールンをかわして12番手に。
…それにしても、ストロールはさっきからヘアピンで右フロントをタイヤロックさせてるのが気になるなぁ。
タイヤ大丈夫なのかな…。


47周目、今度はアロンソ対ストロール。
ストロールはまたタイヤロックさせてる…。

それでも、アロンソをかわしてストロールが11番手に浮上。
そして、前のマグヌッセンがピットインした為、ストロールは10番手。
ポイント圏内に戻ってきました。

リチャルド、ペレス、オコン、ベッテルが3番手争いしてます。


50周目、ベッテルが2回目のピットイン。
…スーパーソフトで走り切る予定もあったんだろうけど、何だかんだでダメでしたか。

つか、やっぱここではピンクインディアはえぇなぁ…。


54周目、オコン5番手。
目の前には表彰台ってニンジンが…w
4番手のペレスとオコンを順位入れ換えしたら、オコンに初表彰台ワンチャン?
3番手のリチャルドは何やらフォースインディアを突き放せるペースがなさそうなので、もしかしたら…といった感じ。

クビアト無線!
クビアト「変なバイブレーションが…」
ピットウォール「BOXBOXBOX!」

これを受けてピットイン。
10秒ペナルティ消化してから、タイヤ交換。
タイヤを替えて様子見といった所ですか。

…しかし、右リアが入らない!
スーパーソフトじゃなくて、ソフトタイヤで試してみる…。
かなり長いピットストップになっています。

この間にストロールが9番手、アロンソが10番手に上がっています。

結局、58周目にクビアトはガレージへ入ってリタイアしました。
クビアト無線。
ピー。

ハミルトンのリプレイ。
ストロールを周回遅れに。
…ん?
サムアップ?
母国で良さげなレースを戦っているストロールへの応援でしょうか?

ところで、ピンクインディアはペレスが嫌がって順位入れ換えできてないようですね…。
ペレスは表彰台に上がれば表彰台登壇数最多のメキシコ人に。
メキシコの英雄、ロドリゲス兄弟の兄、ペドロ・ロドリゲスの記録を抜く記録となります。


61周目、ベッテルがライコネンの前に出ていますね…。
リプレイ。
ライコネンが最終コーナーでコースオフしてました。
無線で「どうしたら良いんだ!!」
と言っています。
うーん、どうやら、チームオーダーじゃなさそうね。
コースオフした後からライコネンのペースががくっと落ちています…。

どうやら…おそらく、ブレーキトラブル。
リアブレーキの温度が高いらしいです。
ライコネン、完全におこですね…。


64周目、3番手争いはまだまだ続いています。
リチャルド、ペレス、オコン、ベッテル。
ペレスのペースが上がらないので、リチャルドが少しずつ逃げているような感じに。


66周目、ピンクインディアはチームメイトも名字呼びなんだな…。
さぁ、オコンがペレスに仕掛けた!
チームがどかせないなら、自力で抜くしかない…とストレートで前を窺う!
だけれども、ペレスがラインを変えてブロックに入った!
それでもサイド・バイ・サイドだ…!
ペレス、4番手を死守!
さぁ、続いて、2つ目のDRSゾーンがあるホームストレートだ!
おぉっと!!
今度はベッテルがフォースインディア2台のインから仕掛けて行ったぞ!!
オコンはアウトへ振って抗戦の構え!
1コーナーです…ベッテルが完全にオコンより前に出ている!
ベッテル、5番手に浮上!
ペレスには上手く防御された為、2台抜きはならず!
そしてオコンは1コーナーを曲がれなくてコースオフ!
芝刈りしてコースに復帰しています。

…あ、ベッテルもコースオフしてたわ。
3コーナーと4コーナーの所ですかね。
ポジションはキープしています。


68周目、黄旗!
アロンソだ…
10番手を走っていたアロンソがストップ…エンジンだ!
あかん!
それはあかん…!
F1でもインディでもエンジンが壊れて…。
これはやっちゃいけないやつだ…。。

そして、マクラーレンの今シーズン初ポイントはまた遠退いた…。
いつになったらポイント取れるんだろうね?


69周目、ベッテルがサクッとペレスをかわして4番手に。
リチャルドを捕らえられるか?

アロンソ、グランドスタンドの客席を通るwww
もみくちゃやんwww
そして、グローブをファンにプレゼント!
実はこの時、サインにも応じていたんだとか。


70周目、ファイナルラップ!
ハミルトンが余裕のポール・トゥ・ウィンを達成!
カナダ6勝目!
ファステストラップも記録して、グランドスラムだ!


「公園の散歩」と言われる程の余裕なレース展開だったようですwww


ペレス対オコン、最後まで争うも、ペレスが前!
これはゴタゴタしそうだぞ…。

ストロール、9位入賞!
F1初ポイントは母国で獲得!

ユニオンジャックを振って喜びを爆発させるハミルトン。

オコン無線。
「こんなのフェアじゃないよ!」
非常に怒っています…。


表彰台控え室、壁に横長モニター。
最近モニターついてる事多いけど、これも新オーナーの意向?

「しんどいレースだった」とリチャルド。
ずっと追っかけ回されていたからなぁ…。


表彰台。
折角投げたユニオンジャックが表彰台前のロープに引っ掛かったwww

国歌、いつもの&いつもの。

トロフィがサトウカエデの形になってる!!

シャンパンファイト!
まず飲むボッタス。
リチャルドはアレ、やらないのね…w


表彰台インタビュワーはサー・パトリック・スチュワート。
そして、表彰台に座り込むボッタスとリチャルド。

ハミルトン様www
素晴らしい川沿いの散歩www

リチャルド大人気!
「聞こえてるような感じ」…って、まさか…www
やるんかい!www

シューイきたー!!!www
サー・パトリック・スチュワート「ブラボー!!」

おいwww
「いかがですか?」って薦めるなwww
サーに何させとんじゃwww


サー・パトリック、飲みっぷり良いなwww
躊躇いなくいったよwww

ハミルトン「彼の足、素敵でしょ?」
おいwww


川井ちゃんは断固として靴からは飲まないと言っていますね…www


川井ちゃんは新緑のカナダらしい緑アロハでした。


ルノーに抜かれた時に40km差、と言われるホンダエンジン…。
そして頻繁に壊れる…。。


EDの最後、シューイするサー・パトリック・スチュワートとリチャルドかよwww


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
3位はダニエル・リチャルド/レッドブル
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
6位はエステバン・オコン/フォースインディア
7位はキミ・ライコネン/フェラーリ
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
9位はランス・ストロール/ウィリアムズ
10位はロマン・グロージャン/ハース

11位はジョリオン・パーマー/ルノー
12位はケビン・マグヌッセン/ハース
13位はマーカス・エリクソン/ザウバー
14位はストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
15位はパスカル・ウェーレイン/ザウバー
16位完走扱いはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

リタイアは…
ダニール・クビアト/トロロッソ
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
カルロス・サインツJr./トロロッソ


ドライバーズランキング
1位:ベッテル/フェラーリ(141Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(129Pt)
3位:ボッタス/メルセデスAMG(93Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(73Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(67Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(45Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(44Pt)
8位:オコン/フォースインディア(27Pt)
9位:サインツJr./トロロッソ(25Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(20Pt)
11位:ヒュルケンベルグ/ルノー(18Pt)
12位:グロージャン/ハース(10Pt)
13位:マグヌッセン/ハース(5Pt)
14位:ウェーレイン/ザウバー(4Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
16位:ストロール/ウィリアムズ(2Pt)
17位:パーマー/ルノー(0Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
19位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
20位:アントニオ・ジョヴィナッツィ/ザウバー(0Pt)
21位:ヴァンドールン/マクラーレン(0Pt)
22位:ジェンソン・バトン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(222Pt)
2位:フェラーリ(214Pt)
3位:レッドブル(112Pt)
4位:フォースインディア(71Pt)
5位:トロロッソ(29Pt)
6位:ウィリアムズ(22Pt)
7位:ルノー(18Pt)
8位:ハース(15Pt)
9位:ザウバー(4Pt)
10位:マクラーレン(0Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

2つの伝説

おぉ…いつの間にか伝説のお菓子が復活していた…!!


Gekikara2017
激辛徹底研究! 激辛マニア!!
ハバネロ&アカハチ 激辛Wブレンド味


しかも、何かパワーアップしておるwww


Gekikara_power_up
ハバネロを越えるという辛さのアカハチが参加しているようですね!!


Habanero_akahachi
流石にアカハチは少なめ。
そして、今回もしっかりと下味付いていそうです。


Gekikara_snack
匂い嗅ぐだけでちょっと咽せそうwww







F1カナダGP予選!!

ボッタスの嫁さん、エミリア嬢がきてる。

母国のストロールは特別ヘルメットかな?

Q1
まずはトロロッソ勢、次いでマグヌッセンがコースへ。
ストロールも出ました。

各チームとも、ウルトラソフトタイヤを使用。
スーパーソフトで通過できるの、メルセデスとフェラーリくらいでは?
フェラーリは2台共スーパーソフトです。

おぉ、ホームストレートで埃が…。
まだまだ路面綺麗になるでしょうか。

メルセデスはウルトラソフトでアタックしてますね…。
ここまではスーパーソフトのベッテルがトップタイム。
ウルトラソフトのボッタスがトップタイムを更新しています。

あっと…。
マグヌッセンがタイヤロックしてシケインカット!
ここはブレーキに厳しいサーキットだけど、ハースは大丈夫だろうか?

残り8分半。
ここでオコンが5番手。
ペレスがそれを上回って、5番手。
フォースインディア勢がレッドブル勢に割って入った格好に。
今週、結構良いのかも。

ヴァンドールン、左リアを少しだけウォールに擦る!
かなりギリギリを攻めているようです。

ライコネン無線。
ピー。
リアをウォールに擦っていました。

残り4分。
マッサ、タイヤロック。
それでも5番手タイムだ。

ストロールはノックアウトギリギリの位置。
アタックしたけれど、タイム更新ならず。
直後にヴァンドールンが15番手に入り、ストロールがノックアウト圏内に叩き落とされました。

残り1分。
あーっと…ここで黄旗!

1コーナーと2コーナーの間にある壁ん所でウェーレインがストップしている…!
リアウイングないから、壁に当たってるな…これ。

リプレイ。
1コーナーの進入で右リアを芝生に落としてますね…。
そのままの状態でブレーキしたから滑ってスピンしたようだ。
そして、滑って行って壁に激突。

結局、そのままチェッカー。
母国のストロールはここでノックアウト。
タイムを出した後に順位を下げたヴァンドールンもノックアウトになりました。

アロンソのリプレイ。
最終コーナー、ウォール・オブ・チャンピオンズに右リアを擦る!
やっぱり、あそこは攻めれば攻めるだけ壁に近付くな…。

ブレーキに苦労しているらしいレッドブル勢。
リチャルドのブレーキディスクはツルツルになってるらしく、サンドペーパーで荒くするようです。


Q2
メルセデスが早速コースへ。
ここからは早め早めに動いてきますね。

マイケル・ダグラスだ。
経営陣とお話中。

マッサは1周ウォームアップラップ入れたようです。
タイヤにはあまり優しくないマシンだしなぁ…。

残り10分半。
サインツJr.がスピンしてストップしています。
芝生に乗ってスピン、Q1のウェーレインと同じ感じですね…。
こちらは壁に当たらなかったからリスタートできていますが。

リプレイ。
ベッテル滑ってる。

「トラフィックが悪夢のよう」
だったかな?
そんな無線も。

パーマー、1コーナーでタイヤロック。
コーナーをカットしていきました。
今回は1コーナーも結構厄介そうですねぇ。

残り6分。
アロンソ「Q1の時よりパワー落ちてるんだけど。」

残り4分。
北米チームであるハースが映っています。
マグヌッセンは既にノックアウト。
残ったグロージャンは今、14番手。
タイム更新・Q3進出圏内に入れるか?

パーマーは15番手。
チェッカー!
ヒュルケンベルグ、10番手!
あっと…クビアトがここでスローダウン!!
どうやら、壁にタイヤを当ててパンクしたらしい…勿体無い。。
アロンソは12番手でした。
クビアトがノックアウトして残念そうな表情のクビアトのガールフレンド、ピケ娘。
それにしても、ピケ娘はふとした表情がネルソン・ピケJr.に似ているよなぁ。
まぁ、兄妹だし。

エンジニアと長い事手を繋いでるアロンソ。
ん、笑顔…?


Q3
ハミルトン、まずは1発目のアタック。
1分11秒791…いきなり11秒台出してきたぞ!!
すげぇ…。

残り7分。
マッサは6番手。
レッドブル勢と戦えるかが微妙な所。

残り5分。
ベッテル、アタック中。
おっ…セクター1でタイムを削ってきた!
続くセクター2は自己ベスト…だけど、トップのハミルトンからは遅れてる!

セクター3全体ベストでタイムは1分11秒795!
あー、惜しい!!
1000分の4秒届かず!

残り3分。
ハミルトンがラストアタックしにコースに出たぞ!

残り1分半、ベッテルもコースに出た!
かなりギリギリのアレですね!

ハミルトン、ラストアタック!
うおぉ、削った!
更にタイムを削って、1分11秒459!
これは速い…!!
ボッタスはハミルトンに匹敵できない、3番手!
チェッカー!!
ライコネンはボッタスを上回れず、4番手。
フェルスタッペンは5番手。
マッサは7番手。
やはりレッドブル勢と戦えないか…。
オコンは9番手。
リチャルドは6番手。
ペレスは8番手。
ベッテルは2番手でした。


コースレコードを叩き出したハミルトン、65回目のポールポジション!
ポール数であのアイルトン・セナに並んだ!
因みに、モントリオールでのポールは6回目、これはミハエル・シューマッハに並んでいます!
いやぁ…どんどん記録を樹立していくな。。

歴代ポール数獲得数が多いドライバー表にジム・クラークが乗っている…w
いまだに乗っているのが凄いな。
33回だって。


2コーナーで井戸端会議インタビューw
ハミルトン「セクシーラップ!」

…ん?
グレナダの国旗??


ベッテル「ターン1の所に鳥がいたりしましたけど。」
去年はカモメのカップルがいたもんなw

インタビュワー「イエローフラッグがありましたよ、そこ!」
マジか、俺も見そびれたw


ポール数でセナに並んだハミルトンへ、セナの家族から実際に使用されていたヘルメットが…!!
まさか、プレゼントされるとは…これにはハミルトンも声がでない!!

ちょwww
芝生に置くなwww

ケース開けた。
キスした。

…あ、ケースは置いてくのかw

ピットに戻る前に記念撮影。
キャメル・ロータス・ホンダ時代のヘルメット…本物ですよ!!
すげぇ!!

グラスタのファンにヘルメット御披露目しに行く。


3人で記念撮影の時も貰ったヘルメット持っています。
ニコニコっつーか、もうニヤニヤしてんなwww
未だに信じられんって感じ。

あ、すっげぇ嬉しそうwww


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3番手からはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

16番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
17番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
18番手からはケビン・マグヌッセン/ハース
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー






続きからコメント返信!!

続きを読む "2つの伝説"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

小6

今日、6月9日はブログペットを設置した日です。

即ち、ブログペット「まみ」の誕生日である。


ブログを開設した丁度1ヶ月後の導入、これは分かりやすい記念日だ。
12周年。

いやぁ、設定年齢より2歳も年を取りましたな。
これからも、元気で健やかに育って行って欲しいなぁ…。







お船、イベントも終わったし、大型艦建造(レアガチャみたいなもん)回してみよう!


17_6_8_8h
…お?


17_6_8_yamato
初・大和!!

大喰らいの決戦兵器きたぁ…!!
うちの懐事情で運用出来るかしら??








長崎旅行記2日目、1月28日。


いやぁ、良い物食べた…!!

何だか、歩いて行けそうだったので、長崎駅まで歩いて向かう事に。
途中に商店街はあるわ、如何にも外国の方が行きそうなパブ街があるわでそれっぽかったなぁ…。
パブ街は広小路みたいになってて、道がかなり広かったけどね。
解放感のあるパブ街だったなぁ。


…おっ、佐世保駅に戻ってきましたよ。

駅前にショッピング施設がありますね…。
そこを突っ切ると、何やら公園が。


Nag167_2Nag168_2
おぉ…錨オブジェが。

やべっ、読めないwww
「つばめ」は読めるが…。


この公園、海に面しています。
先程の錨のオブジェの後ろ、川を挟んだ対岸はアメリカ軍基地です。
Nag171_2
この対岸はアメリカ。


まぁ、呉も横須賀も軍港に面した公園ありますし、そんな感じですかね。
アメリカ軍と同居しているという点では、横須賀と最も似た感じなのかと思います。
呉の公園は港の形状なのか、少々規模小さいような気はしますがね。


Nag170_2
この公園、「させぼシーサイドパーク」から見た佐世保湾。
横須賀や呉に比べて少し波があるかもしれん。


「させぼシーサイドパーク」を端っこまで行くと、今度は自衛隊の方が見えます。
おっ…見えますね。


Nag169_2Nag174_2
護衛艦、DD-117 すずつき!
2016年7月から護衛艦「いなづま」と共にソマリア沖のアデン湾で海賊対処行動をしていて、2017年1月12日に戻ってきたばっかりだとか!
今は点検とかしてるのかもしれませんね。

…後ろのは何だろう。
艦番号が末尾の7しか見えない。。

DD-157 さわぎり
だろうか…?


さて、思った程艦が停泊していませんね…。
うーん。

そう思い、「させぼシーサイドパーク」の高台から眺めてみたりしましたが……。


…ん?


Nag172_2
…。

……何かいるwww

識別出来るものがなく、イージス艦なのか何なのか全く分かりませんでしたwww
でも、建物越しに見えるから、イージス艦よりでかいやつだよな。きっと。
であれば、佐世保に配備されているという強襲揚陸艦「LHD-6 ボノム・リシャール」とかだろうか…?
画像検索してみるに、ボノム・リシャールとは若干構造物の形状違うように見えるけど…強襲揚陸艦っぽくはあるな。
だとしたら、ボノム・リシャールだろうか。


Nag173_2
こっちは多分アメリカ軍のイージス艦。
艦首の番号が見えないから何なのか分からん…www


ひとしきり楽しんだんで、次の所に行きましょうかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

敢えての青外し

Tokyo_to_chou
そんな訳で、今日はミネラルショーに行ってきました!!
久々だな…。。


一緒にやってた、福井の恐竜展。
福井県は日本における恐竜化石の宝庫ですからねぇ。

Fukuiraptor_kitadaniensis
まずは、フクイラプトル・キタダニエンシス!
福井を代表する恐竜ですね…ティラノサウルスなんかと同じ、肉食恐竜。


Fukuivenator_paradoxus
フクイベナトル・パラドクサス。

「フクイベナートル」が正式なのかもしれないけど、あんまりしっくり来ないんで、俺は「フクイベナトル」呼びで。
俊敏な動きが出来ていたであろう、小型恐竜。
デイノニクスやヴェロキラプトルとかその辺の仲間。


Fukuititan_nipponensis
フクイティタン・ニッポネンシス。

ブラキオサウルス等の竜脚類、所謂「カミナリ竜」の仲間。
その中でも、特に巨大な体躯を持っていたというティタノサウルスという種類の仲間。
その割には、かなり小型だったみたいですね。
島嶼部における矮小化…とはまた違うのかなぁ。
まぁ、あの時代って日本なかっただろうし…。


Trex_touch
後、ティラノの大腿骨の化石を触る事ができまして。
いやぁ…。
良いね、ロマンだね……アメリカ・モンタナ州産のティラノサウルス・レックスね。


で、今回、見て回って自然金とかアズライト+マラカイトとか多かったなぁ。
沙漠の薔薇はあんまり見なかった。

卵型で中に決結晶がびっしりのアズライトとか良かったなぁ…。
ケース付きとかじゃないと今の所置いとけないから、見送ってしまった…。
収納場所全然用意してなくてだなぁ。。

で、戦利品をケータイで撮ってみたのだが…
やっぱ、ルーペとか虫眼鏡とかないとダメだね、撮れないwww


MalachiteMalachite2
オーストラリア・クイーンズランド州産、柱状マラカイト。
孔雀石。

球状とか良く見るんだけど、柱状ってあんまり見ないな?
という事で。
傷っぽいのもあんまりなくて良い感じです。


DioptaseDioptase2
Dioptase3
ナミビア産、ダイオプテーゼ。
翠銅鉱。

結構色濃くて結晶も大きめ。
良い。

この2つは20%オフだったから…。
ディスカウントでも良いやつゴロゴロしてるからヤバい。


CrocoiteCrocoite2
オーストラリア・タスマニア州産 クロコアイト。
紅鉛鉱。

オレンジ色がかった赤色が綺麗。
色も濃かったし〜。


AtacamiteAtacamite2
Atacamite3Atacamite4
Atacamite5
ペルー産、アタカマイト。
アタカマ石。

方解石、カルサイトの上に。
やっぱ、普通に撮ったんじゃ、ツンツンしてるのが分かりにくく…。。
これも結構色が濃い。

アタカマ石は「最も降水量の少ない地域=乾燥した地域」とも言われる、チリ北部のアタカマ砂漠で最初に見つかった鉱物です。


この2つは特にディスカウントされていたからとかではないんですが…。
まぁ、割とリーズナブルだったし!


…今回、緑が多いなw
ケースありで縛って買っていたけど、割と色味がダブるんだよね…w
まだ持ってきてないけど、実家にあるのは大体セレナイトとかの青系とかマラカイトとかの緑系なんだよなぁ。
それと、砂漠の薔薇とかの茶色系。








長崎旅行記2日目、1月28日。


しまった……。。

宿の枕が柔らか過ぎたのか、少し頭痛が……。。
これはマズいぞ。。

幸い、飯は喰えそうなので、朝食を摂った後に常備薬である頭痛薬を飲む。
これで何とかなるかね…。


2日続けて良い天気。
これは海を見に行くには良い陽気かな。

まずは、路面電車で長崎駅まで向かいます。
そこからはJR大村線直通長崎本線に乗って、北上。


…の前に。


Nag164_2
お土産屋で購入、ながさき鯨カツ弁当!!

その名の通り、鯨肉のカツが入った弁当です。
旅行直前にこの弁当の事をツイートしていたフォロワーがいたので、気になりまして…w


数量限定というので、あるかなぁ…と思っていましたが、あって良かったですw

それでは…いざ、出発!!


…あっ、途中までしかICカード使えない!!
個人的には佐世保駅が使えないのは仕方ないとして、ハウステンボス駅で使えないのは吃驚しました。
観光地なのに…。


ホームに行くと、タイミングが悪かったのか、40分くらいしないと電車が来ない。
ケータイもモバイルバッテリーあるとは言え、あんまり使い過ぎたくはないし、どうすっかなー。

ところで、2種類くらい電車止まってますね…。


Nag162_2
これ、知ってるー!!
確か、これのおもちゃ持ってたぞ。

長崎走ってる車両だったんだね!!

787系車両。
「つばめ」、かな?
「かもめ」とか「リレーつばめ」とかあるみたいだけど…取り敢えず、「ありあけ」ではないな。


Nag163_2
こちらは885系。
こっちは「かもめ」っぽい。


Nag166_2
…来た!!
と思ったら、違ったw


本当に電車到着。
確か、2両か3両の編成だったかな。
ここから約2時間の旅です。


電車で弁当食えるかな、景色見ながら……


なんて思ってたけど、そんな事なかったね!!


関東で良く見てる、フツーの座席だったよ…www
しかも、総武線快速みたいに向かい合わせの席がないの!!

これは弁当食えませんね…。。


さて、電車はJR諌早駅へ。
干拓のイザコザで有名になった諌早湾のある諌早市の駅です。

が、駅は町の中心部にあるんで、諌早湾はおろか、有明海すら見えないよw


電車はこの駅から有明海沿いに進んで佐賀県・福岡県に向かう長崎本線と、大村湾沿いに進んで佐世保へ向かう大村線に分かれます。

大村湾に面する大村市は長崎空港もある都市。
…ここまで来るのに50分くらいだったかな。

この辺りの内陸部にある標高1076mの経ヶ岳は佐賀県の最高峰。
因みに、長崎の最高峰は雲仙岳の平成新山で、標高1483m。
その名の通り、1990年〜1995年(平成2年〜平成7年)の火山活動で誕生した山です。

約1時間半でハウステンボス駅へ到着。
あぁ、もう駅のすぐ目の前にハウステンボスあるんだね。
歩道もあるみたいだし。

…で、スルー。


針尾島まで来ているし、もうすぐだね…。


そして、約2時間かけて佐世保駅に到着!!

来たぞ、佐世保!!


…で、そのまま松浦鉄道西九州線へ。
佐世保中央駅へ移動です。

1駅なんですけどね…。


着いた!!
…佐世保中央駅から出たとこの路地が細くて分かりにくいwww

佐世保駅ではなく、佐世保中央駅で下車したのは、佐世保市が誇るグルメを狙っての事です。


それがこれ!


Nag179_1
佐世保バーガー!!


今回は佐世保中央駅近くの「BigMan 京町本店」に行きました。
佐世保バーガーのお店でも有名な方のようですね…老舗のようで、店内に色紙が沢山あったし。


佐世保中央に到着した時点で、昼前くらいだったんですが…やっぱり、結構並んでましたね。
ここは最初に注文して、整理券を貰って待機するというスタイル。
注文してから30〜40分くらいだったかな?呼ばれたので、店内へ。
それから10分くらいかな…出てきたのがあのバーガーでした!

えーと、確か…注文はベーコンチーズバーガーだったかな?
桜の原木でスモークした自家製べーコンにチェダーチーズが入り、勿論10数種類のスパイスが加わっているというパティも挟まっています!
マヨネーズはリンゴ入りだったんだね…。

それと、フレンチフライ。


いやぁ、先にポテトつまんでたんだけど、美味かったね…。
そして、メインのバーガーです。

この時には既に活動できるくらいまでには頭痛も収まってきていたんですが、まだちょっと痛くて…。
その状況でハンバーガーとか喰えるのかと心配になったんだ。


…でも、そんな心配不要でした。


何あれ、ボリューム結構あるように見えて、全然ぺろりと行けちゃった!
ベーコンとパティだし、結構油っこいかなぁ…と思っていたけれど、全然あっさり行ける!!
パティ含めて柔らかいのもその要因の一つかも。

思えば、同じ軍港都市の横須賀ネイビーバーガーとは全然方向性違いますね。


これは追加注文とかしたいアレでしたわぁ…www

いやぁ、黒豚バーガーも美味しそうだったんだけどね…w
サイドメニューの「ボンチーズ」とか「ボンチョコ」も気になってたんだけどね…。
事前の注文では頭痛が不安だったから、ちょっと保守的に…。
後、横須賀ネイビーバーガーの印象もあったから、慎重だったんだ。

因みに、「ボンチーズ」はもちもち生地にチーズinしてる揚げものらしい。
「ボンチョコ」は生地がチョコ生地との事。






続きからコメント返信!!

続きを読む "敢えての青外し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

栄冠再び

昨日見に行ったレッドブルエアレース。
今日、決勝が行われました。

そして、唯一参戦している日本人パイロット、室屋さんが優勝したそうで!
かなり運も絡んでて、ギリギリだったみたいですが…。

室屋さんは前戦、第2戦サンディエゴで優勝。
2連勝となりました。
キャリア通算3勝目、昨年に引き続き、母国で連覇を達成!

いやぁ、めでたいなぁ〜!!

おめでとうございます、室屋さん!!








長崎旅行記、1月27日。


少しだけ長崎ランタンフェスティバルを見たし、さて、帰ろうか。


…そういや、地図アプリ見てたら気になるのあったよな。。
寄ってみよう。


…という事で、


Nag156
地図アプリで見た、スポットマーク「出島」。

…ただのビルですけどねw
多分、出島への門とか関所とかそういうのがあった場所??
何も碑とかなかったけど…何だろう。。


本当はこれの3本奥の通りから見えるのが教科書でも有名な扇型の「出島」。
当時の建物を再現してあるので、より出島だと分かります。

近くを歩いたり、路面電車で横を通過したりはしてたけど、写真は撮っておらず…。
うーん、これはリベンジ案件かな。。


Nag157Nag158
Nag159
夜の長崎港。

ジャイアント・カンチレバークレーン、稲佐山もライトアップです。
ちょっと遠かったんで、ズームしたんですが…荒いですね。。
ブレてるし…。

…てな訳で、宿へ。
今回の宿、直前に広くニュースとなったのですが…。


Nag160
はい。


Nag161
マジで書いてあった…。。


という感じで、1日目終り。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

交わる過去と現在

17rar36
レッドブルエアレースに行ってきました!!(画像は終わった後の)

日本における第1回大会は土曜日の予選のみ、去年の第2回大会は日曜日の決勝のみ(そして、室屋さんがキャリア初優勝!)。
第3回大会の今年は土曜日の予選のみの参加です。

中々2日間行けませんね…w


そういや、今年は入場の時にリストバンド貰わなかったなぁ。


17rar1
トヨタの高級車ブランド、レクサスのブース。
室屋さん応援中。

車体に書き込まれているメッセージ、良く見たらシールの上に書かれていました。


17rar2
国内の箱車レース、スーパーGTのブース。
こちらも展示車両はレクサスでした。今季参戦車両のLC500でしょうか。


17rar4
17rar3
自衛隊ブースの高機動車。
トヨタ製。
試乗体験とかしてましたね…。

後、制服着て記念撮影とか。


17rar5
国産黒毛和牛メンチ(確か)。

美味しかった〜。
他にも、牛タンローストビーフ丼とかダブルチーズソースのロングポテトとか食べてました。


17rar6
今日はこの通り、快晴!!

過去2年は雨が降りそうな曇り空だった事を考えると、絶好のレース日和でしたね。
…風があるにも関わらず、暑かったけど。

後、逆光で機体が殆ど見えなかったけどw


17rar7
千葉市消防航空隊の消防ヘリ「おおとり」。

…ぼやけちゃってます。。

上空から水撒いてました!

この後、海難救助デモンストレーションやりました。
恰好良かったなぁ〜。


17rar8
タイヤブランド、ファルケンのブースにて。
室屋さんをスポンサードしているので、室屋さんの機体はファルケンカラーになっています。


17rar9
練習フライト中。
えーと、誰の機体だったかな…。

っていうか、パイロンカットのその瞬間が撮れているような…ナイスタイミングだったかw


過去2回もそうでしたが、今回もカメラの性能というか…ケータイだから仕方ないような気がしますが、かなり微妙です。
ズームすると画像荒くなっちゃうしね…。


17rar10
練習フライト中のフランス人パイロット、ニコラス・イワノフ。
非常に印象的なオレンジの機体カラーである。

…黒もあるから、マクラーレン・ホンダカラーだw


17rar1117rar12
17rar1317rar14
練習フライト中の室屋さん。

ファルケンカラーが非常に目立つのだけれど、フランソワ・ルボットもグリーン系カラーを一部使用している機体なので、見間違えた事も…。


17rar1517rar16
17rar1717rar18
世界初の旅客機/輸送機、DC-3。
アメリカのダグラス・エアクラフト社製の双発プロペラ機である。
運用開始は1936年からかぁ…81年前だね。

スイスの時計メーカー、ブライトリングの支援でワールドツアーやっているらしいです。
化石機体なんで、1時間飛ぶのにメンテナンスが100時間程かかるそうな…。

…1枚目とかもはや何なのか良くわからねぇなwww


17rar1917rar20
17rar2117rar22
17rar2317rar24
夕方16時から開始された、予選での室屋さん。
2枚目と5枚目は割とハッキリと「ファルケン」の文字が見えるかも。

6枚目はバーティカルターンの時を撮りたくて…。
予選開始前から雲が出てきたり引っ込んだりだったけれど、この時、丁度雲がいた時。
何だか幻想的になりました。


室屋さん、練習フライト2回目からやる気十分。
2回のアタックが出来る予選ではどちらもノーペナルティで完了、完了時点で2番手、予選を終えて4番手という位置。
予選で良い流れを作って、決勝に繋げたい所なので、まずまずでしょうかね。
本人は割と満足そうでしたので、決勝にも期待が持てるかも。

まずは、リーグ戦…初戦をノーペナルティで確実にモノにして欲しい所。

予選のトップはカナダ人パイロットのピート・マクロード。
予選はランキング下位のパイロットから飛ぶんだけど、彼は14人中9番目にフライト。
キャリア的にも中堅所のパイロットだと思うんだけど、今回はかなり速かったなぁ。
ターンもコンパクトでクイックだったしね。

2番手は現ワールドチャンピオンのドイツ人、マティアス・ドルダラー。
3番手は今季ランキングトップのチェコ人、マルティン・ソンカ。
勿論、高い実力を持つパイロットが来ているんで、室屋さん、全然油断できないです。

っていうか、今回のコース結構テクニカルっぽくて、セーフティゾーンからはみ出しちゃったり、ターンの時に10G越えちゃったりして失格になったり、パイロンヒットとかパイロンより上を飛んじゃったりとかしてペナルティ貰うという場面が散見されたので…。


そして、予選終了後、割とすぐに飛来しました。


17rar2517rar26
17rar2717rar28
17rar29
零戦22型!

復元機体のようですね。
えーと、パプアニューギニアで破損放置されていたものが回収されたんだっけ。
アメリカにいたけど、戦闘機作ってたロシアの工場の協力の元、飛ぶようにしたんだったか。
当時の仕様や性能を限りなく再現したとかで。


DC-3と同じく、低空を大きく旋回。
DC-3と比べて、旋回回数少なかったけれどね…。
73、74年くらい前の機体ではあるが…まぁ、うん、一度破損してたんだし、かなりナイーブ何だろうなぁ。

いやぁ、でも、良かったわぁ。
夕暮れ時というロケーションも良かったし、最後、スカイツリーに向かって飛び去っていく所とか…。
泣きそうだったね。

音はやや低音のくぐもった感じ。
エンジンも復元だろうけど、これが零戦なんだなぁって。


17rar30
零戦が去った後。

夕日が綺麗だ…。


17rar31
対戦車ヘリ、AH-64D アパッチ・ロングボウ。

開場直後にデモンストレーションしていた機体がお帰りになりました。
ちらっとでも見れて良かったなぁ〜。

その前には中型多用途ヘリ、UH-1J ヒューイも帰ってましたが、カメラが間に合わず…。


17rar3217rar33
改めて、夕焼け海岸。


17rar3417rar35
終わったなぁ〜。

…と思ってたら、モーターパラグライダー来たよw
この人もレッドブル・アスリート。


海面スレスレの旋回すげぇwww
そういや、パルクールのパフォーマンスとかもあったようですね。
後、モトクロスとか。


17rar37
宵に浮かぶテクノガーデン。

またピント合ってないけど…w
こういう風景大好きだ。






続きからコメント返信!!

続きを読む "交わる過去と現在"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

敢えて

いやぁ、更新頻度も下がったし、長崎旅行記がだいぶ長引いています。
まだ1日目だよ…www








長崎旅行記、1月27日。


Nag152Nag153
さぁ、到着しましたね…。

良く分からないけど、「湊公園」という所です。
ここは「長崎ランタンフェスティバル」の会場の一つ、「長崎新地中華街会場」になっています。
ちょっと、中国文化あんまり詳しくないから、何で動物ランタンがそのチョイスなのかとか良く分からんですなぁ〜。
でも、結構賑わってますね!!

この日はまだ27日なので、「前夜祭」が行われていました。


Nag154
露店で買った、茂木ビワゼリー。

長崎県の特産品、枇杷。
長崎県にかつてあった「茂木町」(もぎまち)が発祥のようなので、「茂木枇杷」。
因みに、栃木県にあるのは茂木町(もてぎまち)。


Nag155
うわぁい、枇杷だ!!
枇杷がっつり入ってる!!

さっぱりしつつもほんのり甘いデザートでした。
美味しかった。
茂木枇杷うめぇなぁ。


流石に、中華街を歩いたり、眼鏡橋まで行ったりする時間はなかったかなぁ…。
中華街の中にはいかなかったけれど、何気に横浜・神戸・長崎の日本3大中華街を制覇した事にはなるんだな…w
やったぜwww







ネギタレ艦隊2017年5月末版です。
前回は17年4月末でしたね…。

正規空母
赤城改 Lv.82→Lv.85
加賀改 Lv.82→Lv.85
飛龍改二 Lv.82→Lv.84
蒼龍改二 Lv.82→Lv.83
雲龍改 Lv.76→Lv.77
葛城改 Lv.77
瑞鶴改 Lv.76
天城改 Lv.75→Lv.76
Saratoga改(サラトガ) Lv.76
翔鶴改 Lv.76
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.76
Apuila改(アクィラ) Lv.76

軽空母
龍驤改二 Lv.79→Lv.80
隼鷹改→隼鷹改二 Lv.78→Lv.80
飛鷹改 Lv.78→Lv.80
鳳翔改 Lv.80
千歳航改二 Lv.79
千代田航改二 Lv.79
祥鳳改 Lv.79
瑞鳳改 Lv.78
龍鳳改 Lv.75
春日丸→大鷹 Lv.1→Lv.35(NEW)

水上機母艦
秋津洲改 Lv.76→Lv.77
瑞穂改 Lv.76
千歳甲 Lv.75
千代田甲 Lv.75
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.75

航空戦艦
伊勢改 Lv.81
日向改 Lv.80
扶桑改→扶桑改二 Lv.79→Lv.80
山城改→山城改二 Lv.79→Lv.80

戦艦
金剛改二 Lv.84
榛名改二 Lv.82→Lv.83
陸奥改 Lv.80→Lv.82
霧島改二 Lv.81→Lv.82
Italia(イタリア) Lv.80→Lv.82
比叡改二 Lv.81
Iowa改(アイオワ) Lv.77→Lv.80
長門改 Lv.77→Lv.79
Warspite改(ウォースパイト) Lv.76→Lv.79
Гангут(ガングート) Lv.1→Lv.41(NEW)

航空巡洋艦
最上改 Lv.81→Lv.82
三隈改 Lv.81→Lv.82
鈴谷改 Lv.82
熊野改 Lv.82
利根改二 Lv.78
筑摩改二 Lv.78

重巡洋艦
Zara due(ザラ) Lv.88
Pola改(ポーラ) Lv.88
摩耶改二 Lv.81→Lv.82
那智改二 Lv.76→Lv.79
鳥海改二 Lv.79
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.77
羽黒改二 Lv.75→Lv.76
衣笠改二 Lv.75
足柄改二 Lv.75
古鷹改二 Lv.75
加古改二 Lv.75
青葉改 Lv.75
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
北上改二 Lv.81→Lv.84
木曾改二 Lv.80→Lv.83
大井改二 Lv.80→Lv.81

軽巡洋艦
大淀改 Lv.84
夕張改 Lv.82→Lv.83
阿武隈改二 Lv.77→Lv.81
鬼怒改二 Lv.79→Lv.80
由良改 Lv.73→Lv.79
五十鈴改二 Lv.77→Lv.78
神通改二 Lv.76→Lv.77
天龍改 Lv.76→Lv.77
川内改二 Lv.75
那珂改二 Lv.75
龍田改 Lv.75
球磨改 Lv.75
多摩改 Lv.75
長良改 Lv.75
名取改 Lv.75
阿賀野改 Lv.75
能代改 Lv.75
矢矧改 Lv.75

練習巡洋艦
香取改 Lv.99
鹿島改 Lv.99

駆逐艦
Верный(ヴェールヌイ) Lv.83→Lv.86
秋月改 Lv.82→Lv.86
初月改 Lv.79→Lv.80
江風改二 Lv.79
睦月改二 Lv.76→Lv.78
雷改 Lv.77→Lv.78
電改 Lv.77→Lv.78
時雨改二 Lv.76→Lv.77
叢雲改二 Lv.76
荒潮改二 Lv.76
雪風改 Lv.75→Lv.76
五月雨改 Lv.75→Lv.76
夕立改二 Lv.75
如月改二 Lv.73→Lv.75
暁改二 Lv.75
朝潮改二 Lv.75
島風改 Lv.75
白露改 Lv.75
村雨改 Lv.75
天津風改 Lv.75
春雨改 Lv.75
山雲改 Lv.75
Libeccio改(リベッチオ) Lv.75
風雲改 Lv.75
海風改 Lv.75
萩風改 Lv.75
山風改 Lv.75
文月改 Lv.70→Lv.71
長月改 Lv.70→Lv.71
菊月改 Lv.70→Lv.71
弥生改 Lv.69→Lv.71
綾波改→綾波改二 Lv.60→Lv.70
吹雪改→吹雪改二 Lv.66→Lv.70
望月改 Lv.69→Lv.70
皐月改 Lv.66→Lv.67
三日月改 Lv.64→Lv.66
潮改→潮改二 Lv.58→Lv.61
神風改 Lv.60
涼風改 Lv.55→Lv.59
卯月改 Lv.52→Lv.54
夕雲改 Lv.50
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.49→Lv.50
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.49→Lv.50
谷風改 Lv.50
浦風改 Lv.50
磯風改 Lv.50
時津風改 Lv.50
清霜改 Lv.50
朝雲改 Lv.50
野分改 Lv.50
朝霜改 Lv.50
嵐改 Lv.50
沖波改 Lv.50
松風 Lv.46→Lv.49
霞改 Lv.47
長波改 Lv.45→Lv.47
浜風改 Lv.45→Lv.47
水無月改 Lv.44→Lv.47
陽炎改 Lv.45
黒潮改 Lv.45
初春改 Lv.45
子日改 Lv.45
若葉改 Lv.45
舞風改 Lv.45
初風改 Lv.45
秋雲改 Lv.45
巻雲改 Lv.45
敷波改 Lv.42
不知火改 Lv.41
初雪改 Lv.40
曙改 Lv.40
初霜改 Lv.40
満潮改 Lv.40
朧→朧改 Lv.15→Lv.20
漣→漣改 Lv.8→Lv.20

潜水空母
伊19改 Lv.78
伊58改 Lv.77
伊8改 Lv.77
伊26改 Lv.76
伊13改 Lv.75→Lv.76
伊401改 Lv.76
伊14改 Lv.75

潜水艦
伊168改 Lv.78
呂500 Lv.77
まるゆ改 Lv.76

その他
補給艦 速吸改 Lv.75
補給艦 神威(かもい) Lv.1→Lv.34(NEW)
潜水母艦 大鯨 Lv.52→Lv.57
工作艦 明石改 Lv.75
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.75
海防艦 択捉 Lv.1→Lv.19(NEW)
海防艦 国後 Lv.1→Lv.17(NEW)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »