« 霧の彼方 | トップページ | 引き続き »

2017年4月20日 (木)

春と砂

2017_yozakura
夜桜…。

雨降っちゃったし、風強い日もあったけれど…以外と長持ちしましたね、今年の桜。


そして、最近は20℃近くにもなるという暑さ…。
暑い。。






twitterでフォローしているF1ライターのつぶやき。
Alo_indy
突然の記者会見…。


何だろう、と思っていたら、確かに重大発表でした。


フェルナンド・アロンソ、F1モナコGPを欠場して、同日行われるアメリカのフォーミュラシリーズ、インディシリーズ伝統の一戦、インディ500に出場。
というものでした。
アロンソはこれで世界三大レースのうちの2つを体験する事となりますね。
後はWECのル・マン24時間レースか。

インディ500には、インディの名門チーム、アンドレッティから参戦するとの事。
このチーム、今季から佐藤琢磨が所属しているので、まさかの共演です…!
これは凄いな…。

現在のインディシリーズにはエンジン及びエアロパーツのサプライヤーとして、ホンダとシボレーが参戦しています。
アロンソはF1において、マクラーレン・ホンダとして参戦しているので、ホンダ繋がりで今回の参戦話が持ち上がったのでしょう。

確かに重大な発表だけど、色々な意味を持っていそうですね。
話題作りとしてはかなり良いネタなんじゃないでしょうか。

マクラーレンは今年、2戦連続でダブルリタイアしてコンストラクターズランキングで最下位。
マシンの戦闘能力自体も高くなく、例えモナコと言えど、現状好結果は期待出来ない状態。
アロンソはもとより、チームメイトでほぼルーキーのヴァンドールンでさえ悲観的なコメントを残す程なので、かなりフラストレーションも溜まっている状況。
アロンソは今年でマクラーレンとの契約が切れるので、来年以降もチームに留まってもらう為の「プレゼント」及び「息抜き」としての意味合いがありそうです。
また、F1ではパワーユニットの性能が低いと散々叩かれているホンダも、インディはまた別の話。
ホンダユーザーのチームが優勝する可能性は十分にあるので、そうなればホンダとしても万万歳だろう。
それに、アンドレッティのマシンもそこそこ強そうではある(この前のロングビーチでは参戦してた4台全車がトラブルでリタイアしたけど…)ので、もしアロンソが優勝したら、ホンダ及びアロンソにとっては非常に良いお土産になる。

インディにとっても現役F1ドライバー、それも最高のドライバーの一人とされる人物が参戦となれば、宣伝効果は高いだろう。
アメリカでもF1が行われているので、アロンソ程のドライバーとなれば、認知度は物凄く高いだろうしね。

マクラーレン側としては…うーん、どうなんだろ。
間違いなくメリットはある筈だが…。
チームへの批判をかわす格好の材料…隠れ蓑にでもなるのかな?
どうだろう。


アロンソの代役はバトン。
数日間を開けてからの発表でした。
アロンソ、インディ500参戦のニュースで持ち切りになってバトンに焦点が当たらなくなってしまうのを避ける為、発表タイミングをズラしたとの事。
バトンは代役の話が来た時に快諾したそう。




F1バーレーンGP予選!!


解説はハミーさんだ!


なんか曇ってる?


ちみっこ勢…可愛いw


まっさん登頂部ヤバい。


バーニー・エクレストンとフラビオ・ブリアトーレ。
来てんだね…w


ちみっこのハイタッチ可愛い。


F1運営の首脳陣となったロス・ブラウン。
ん、ベンチでゲルハルト・ベルガーが誰かと話してた。


Q1
ストロール母と姉?妹?か?

今回から戻ってきたザウバーのウェーレイン!
冬にあったROCでのクラッシュで頸椎骨折してたとかで…。
復帰第1戦目、最初のアタックはチームメイトのエリクソンを上回ってきました。
やるな…。

…あ、グロージャン、1コーナーでタイヤロックさせて少し膨らんだ。

ボッタスがスーパーソフトではなくて、ソフトタイヤでアタック中。
…あ、フェラーリもか。
ボッタスが1分31秒041でトップタイムだ。

ハミルトン、タイヤロックさせて少し膨らむ。
10コーナーか…。
あそこは曲がりながらブレーキングするから、タイヤロックさせやすくて難しいコーナーなんだよな。

マッサ、スーパーソフトで2番手。
悪くはないかな。
リチャルドが3番手、フェルスタッペンがトップタイム。
ハミルトンがソフトタイヤでトップタイム!
フェラーリはライコネンは6番手、ベッテルは3番手だ!

…フェラーリガレージのジャン・アレジ。

ストロール、勢い余って少し膨らむ。
縁石乗って、かなり不安定な動きしてたな…。
ストロールのマシンはどうもドラッグを少なくしているのか、ストレートスピードが伸びる伸びる。
その分、コーナーでは挙動が不安定になりやすい…と思う。

マクラーレンはヴァンドールンが11番手、アロンソは12番手。
ヴァンドールンがアロンソを上回ってきたか。
さて、Q2進出なるか?

ルノーガレージのアラン・プロスト。

残り5分切った!
グロージャンがここで8番手に飛び込んできた!

いよいよ残りは2分!
7番手のライコネン以下が全員コース上に出ています。
スピードトラップでマクラーレンは18、19番手。
ほぼ最下位ですよ。
パワー出ないんだなぁ…。

ライコネン、アタック中。
…あれ、リアから何かパーツ飛んだよ?
そして、前にはペレス。
若干気になるか…でも、3番手タイム。

チェッカー!
パーマーが7番手だ!
アロンソは11番手。
クビアトが8番手に。
オコンは11番手。
ヴァンドールンが16番手…ギリギリ!!
エリクソンは17番手でノックダウン。
ここで黄旗!
サインツJr.がコース脇でストップしている!
ウェーレインが13番手に飛び込んで、ヴァンドールンがノックアウト。
ストロールは12番手。
ペレスが18番手でノックダウン…黄旗の影響か?

サインツJr.の無線。
「ノーパワー!」+ピー。
サインツJr.の家族が映っています。
セクター1全体ベストだったのか…残念だなぁ。。
まぁ、これで母国の先輩がQ2に進出できた訳だけど。

ライコネンの何かが飛んだ時のリプレイ。
リアから何か飛んでたよな…あぁ、モンキーシートが吹っ飛んだっぽい。

辺りが一気に暗くなったな…。
夜の闇に浮かぶバーレーン・インターナショナル・サーキット。

サインツJr.のリプレイ。
最後のストレートを走っている最中、最後の方でパワーがなくなった感じだ。
無線はピットウォールからかな?
初っぱなピーだったけどw


Q2
ベルガーはレッドブルのガレージに。

すぐには皆出てこない…出る事に慎重になっているのでしょうか。
Q1の路面の改善凄かったもんねぇ…おっ、ボッタスが出た。

ボッタス、そんな状況でも1分29秒555を記録!
これで十分でしょ。
…と思ったら、ハミルトンが1分29秒535でトップタイム更新!
メルセデス、これでもまだ本気出していないんじゃ…?
レッドブル勢は1分30秒台か、まだギャップは大きいなぁ。
フェラーリ勢も1分29秒台に入れてきてるけど、3番手と4番手だ。

残り5分。
アロンソとストロールはガレージで作業中。
出られるか?
一方、メルセデス勢は早くもマシンを降りてQ3に向けて準備。
…あー、アロンソはマシン降りたか。。
ここで予選終了ですか…おっ、ストロールが出た!

スピードトラップ、マクラーレン最下位だわ。
2016年パワーユニットのザウバーにも負けているし、こりゃいよいよやべぇぞ…。

残り2分切って、8番手のクビアト以下がコースへ。
まずはストロールが10番手を記録。
Q3進出なるか?
グロージャンが8番手。
パーマーが9番手に飛び込んできた!!
チェッカー!!
オコンは13番手。
クビアトが10番手だ!
ウェーレインは13番手。
ヒュルケンベルグが5番手!これは速い!

クビアトのリプレイ。
最終コーナーでオーバーラン!
これがなければもう少しタイム出たっぽい。

ルノーは2台揃ってQ3進出!
パーマーにとっては初ですな。

Q3に進んだグロージャンの無線。
ハピバ。(前倒し)

アロンソはパワーユニットトラブルが発生していたようだ…。


Q3
ジョリオン・パーマーの父、元F1ドライバーのジョナサン・パーマーが息子を見守る。
むっ、レッドブル勢が真っ先に出たな。

そして注目のメルセデス。
ボッタスが1分28秒844!
それを上回ったハミルトン、1分28秒792!
去年のポールタイムを上回ったぞ!

1回目のアタックを終えて、メルセデス、フェラーリ、レッドブル、マッサの順。
グロージャンとルノー勢は1アタックの為、まだアタックなし。

残り6分。
ここでグロージャンが出た!

ライコネン、アンダーステアで文句。
マシンがガッチリ決まるとめっちゃ速いんだけどなぁ、この人…。

残り4分。
ここでルノー勢もコースへ。

残り3分。
そろそろ2アタック勢のラストアタックだな。

グロージャンが8番手タイムを記録。
ヒュルケンベルグが7番手に入った!
パーマーは10番手。

チェッカー!
ボッタス、1分28秒769でトップタイム更新!
リチャルドは4番手。
ハミルトンは…タイム更新ならず、2番手た!
マッサは8番手…ヒュルケンベルグを上回れなかったか。。
ライコネンは5番手。
ベッテルはタイム更新ならず、3番手。

ボッタス、初ポール獲得!
エンジニアの無線、最初にピーwww

ベテランみたいな喜び方だな、ボッタス。

まっさん髪ヤバいwww

ハミルトン、笑顔でボッタスを祝福。
写真撮影時、今日の主役だと言わんばかりにボッタスを指差す。

徹子の部屋。
ベッテル、余裕そうな表情。

ボッタス、やっぱりクールである。

ハミルトンも表情的には悪くない。
接戦で楽しいのかな?

ベッテル、表情明るいな…。
ファーストラン良さげだったけど、タイムシート見たらメルセデスの2人が上にいてがっかりしたって、明るい表情で言うんだぜ。


ポールポジションはバルテリ・ボッタス/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはロマン・グロージャン/ハース
10番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはランス・ストロール/ウィリアムズ
13番手からはパスカル・ウェーレイン/ザウバー
14番手からはエステバン・オコン/フォースインディア
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

16番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
17番手からはストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン
18番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはケビン・マグヌッセン/ハース

|

« 霧の彼方 | トップページ | 引き続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春と砂:

« 霧の彼方 | トップページ | 引き続き »