« 彼の地 | トップページ | 遅い区切り »

2017年3月21日 (火)

涙の雨

今日も非常に暖かかった。
明日は寒いのか…体調管理、気を付けないとなぁ。


後、この季節は花粉なのか風邪なのか分かりにくいですよね。
俺はいよいよ花粉デビューかなぁ…。
それっぽいような症状があるような、ないような…。








長崎旅行記、1月27日。


さて、そろそろ行きましょうかね…。
眼鏡橋を発って、長崎駅へ戻ります。


Nag86
Nag87
路面電車コレクション。

結構最新鋭っぽいやつと、レトロなやつ。


長崎駅に戻ろうとしたら、長崎港方面から迂回しないといけない事が判明。
な、なんと…!!

…でも、時間あるから大丈夫〜w

長崎駅までは10分15分くらいの所要時間でした。
少し多めに時間見てて良かったぁ〜。


Nag88
今までちゃんと撮る機会がなかった、JR長崎駅。
まだ予約の時間まで余裕があるので、お土産コーナーの下見をしたりとかしてました。







F1ブラジルGP決勝!

フルウエットである。
再舗装されて水溜まりは少なくなったけど、それでも水捌けは良くない。


レコノサンスラップ。

…あーっと!!
グロージャン、クラッシュ!!
7番手スタートだったのに…。

坂を上がってきた辺り、13コーナー辺りか。
急にパワーが上がって、リアが滑ったような感じか…?

観客の持つカードに
「OBRIGADO
MASSA」
マッサ、13回目の母国GP。
これで母国ラストランである。


グロージャンがクラッシュした場所、ルノーもフラついていたみたいですね…。


サインツJr.はガレージの中。
何かトラブルか?
サイドポッド外してたな?


マッサは特別レーシングスーツですね。
ブラジル国旗カラーのラインが入ってる。


ミカ・サロだ。
今回の、ドライバー・スチュワードである。


サインツJr.、コースへ。
ピットレーンクローズの直前、ギリギリでした。


インタビュー中のマッサ。
フェラーリのアリバベーネ代表がやってきてます。
13番グリッドスタートはブラジルにおけるワーストグリッドらしい…。


ブラジル国歌!
微妙に間に合ってないライコネン。
そうそう、ナスルも母国グランプリである。
この人も2017年の予定決まってないよなぁ…。


巨大なレッドブル応援旗。


ピレリのカレンダーの有名なモデルさん。
…だそうです。


マッサ、特別ヘルメット!
キラキラ輝いてる!


雨が強くなってきている為、スタート時間が10分遅れます。
女装してる観客…www


巨大なフェラーリの応援旗。


ハミルトン、若干ナーバスか?
表情があまり良くないように見えるようだ。


マクラーレンは参戦800戦目のようですね。
大きな成果が期待出来ないのが悲しい所。

うーん、雨、結構降ってるなぁ。


スタートはセーフティカースタートと告知されました。
レース・ディレクターのチャーリー・ホワイティングはスタンディングスタートさせたかったみたいですけど、状況が悪いので…。


スタート!
セーフティカーランでもウォータースクリーンが凄い…。
前が見えない。

フェラーリガレージにいるスラッシュ。
…ロンドン生まれ・ロス育ちのギタリストだとか。


フェルスタッペン、色々なラインを走ってる?
多くはレーシングラインを走っている中、彼は色々なラインを試している…?

レッドブルガレージ、ピットボックスの水を掻き出してる。


4周目、リチャルドの無線。
レースできるよって話。

ザウバーのガレージ、ピットボックスを送風機で乾かす。
ホントはやっちゃいけないらしいんだけどね。
手で持ったまま明らかに「乾かしてますよ」ってポーズはいけないみたい。
送風機稼働させたまま置いとくのはグレーっぽいですね。

フェルスタッペンもタイヤの温度冷えちゃうから、レースしたいっぽい?


5周目、マグヌッセン無線。
彼もレースできると考えているようです。


マッサの父、ルイス・アントニオ。
お母様も来てる?


フェルスタッペン無線。
「レースできると思うよ。」


ガレージは尚も水掃き中。


ハミルトン無線。
バイザーの隙間から水が入ってくるらしい。
折角のセナリスペクト特別ヘルメットなのにねぇ…。


画面を見つめるハースのクルー、食事中。
国際映像に映って、はにかむ。


7周目、この周でセーフティカーが戻ります!


8周目、レーススタート!
早速アロンソがペレスをかわして8番手に!
フェルスタッペン、1コーナーでライコネンをかわして3番手に浮上!
フェルスタッペンは狙っていましたか…。

マグヌッセン、ピットイン!
インターミディエイトタイヤに換えてきたぞ?!


9周目、セクター3で黄旗!
バトン、ピットイン!
こちらもインターミディエイトだ!

インターミディエイトに履き換えたマグヌッセン、中々良いタイムが出ているようだ。


10周目、続々とピットへ!
アロンソ、ボッタス、マッサがピットイン!
ウィリアムズはダブルピットインになっています。

クビアト、パーマー、エリクソンも入って、続々とインターミディエイトに交換して行きます。


11周目、あっと…ベッテルがスピン!
今回の鬼門となっている辺り、12コーナーかな?

ベッテル、復帰。
ピットインしてインターミディエイトに換えてるぞ…。
あっ!!
左リアが締まらなくて時間かかってる!
結局、19番手で復帰。

ナスルが9番手になっています。
ザウバーとして、2016年度初のポイント獲得なるか?


13周目、マッサとグティエレスに審議?
マッサがレーススタート時にセーフティカーラインの前でグティエレスを抜いた?
セーフティカー明けはそのラインを越えてから前走車をかわさなければなりません。

あっと!
エリクソン、フロントウィングがない!
スロー走行…ピットレーン入り口でストップ!

セーフティカー!

フロントウィングが路面に落っこちてる…。

フェルスタッペン、ピットイン!
インターミディエイトタイヤへ!
ここでピットレーンクローズ!

リチャルドも入ってきて、インターミディエイトに換えています!


ハミルトン無線。
「あの辺はインターミディエイトじゃまだ早い。」

リプレイ。
フェルスタッペンがピットレーンクローズになる直前にピットレーンへ入っているのが見えます。
では、その後に入ったリチャルドは?
ピットレーンクローズ後か??


エリクソンのリプレイ。
コース脇のホワイトラインに乗ったから滑ったようだ…。


おっと、ペレスもハーフスピンしています。
あの辺りはマジで危ないなぁ…。


お掃除中。
手で拾う。
ブラシか何かあった方が良いのでは…。


17周目、ピットレーン開きました。


18周目、パーマーがピットイン。

リチャルドに審議。
ピットレーンクローズ時にピットインした為。

クビアト、パンクしているようだ!


19周目、セーフティカーが入ります!
どうやら、クビアトはタイヤ交換したようですね。


20周目、リスタート…ってちょ!!
ライコネンがスピン!!
壁に…クラッシュだー!!
落ちたフロントウィングが滑る!!

フロントウィングがヒュルケンベルグに当たってる!!
粉々!!

セーフティカー!!

ライコネン、ピットレーン側の壁に刺さってストップ。
何とかかわす後続。


赤旗!!

21周目で中断。

ベッテル無線。
ベッテル「この状態で走らせるなんて、狂気の沙汰だ!」
ピットウォール「ウエットタイヤか?」
ベッテル「それより、赤旗だ!
危うくクラッシュしたキミに当たる所だったんだぞ!」


各車がピットレーンに戻ってきました。


ハミルトン、マノーのガレージからパドックに戻った?


現在ワンツーのポジションにいるメルセデスはピットレーン出口側で停車。
メルセデスのガレージはピットレーン入口側なんで、クルーの移動距離が…www
ドライバーもだけどw

ヒュルケンベルグのフロントウィングにライコネンのフロントウィングのパーツが刺さってるー!

FIAの人と一緒に歩くフォースインディアのエンジニアとメルセデスのエンジニア。

レッドブルチーム代表、クリスチャン・ホーナーとレッドブルのアドバイザー、ヘルムート・マルコの会話に混ざるフェルスタッペン。


メルセデスのマシンの横に量り…?
何か違反的な何かがあったのか?


ハミルトンはいつものヘルメットに変更したようです。


談笑するサインツJr.とペレス。
言語はポルトガル語だろうか。


ライコネンのクラッシュ、何度もスピンしながらウォールにヒットしてるんだなぁ…。
ヒュルケンベルグのリプレイで無線「目の前ででっかい事故起きた!」
オコンもパーツ踏んでたみたい?


ヒュルケンベルグとロズベルグのニコニココンビ再び。
ヘルメット屋さんのサービス受けてるようだ。
水が入ってくる問題の為か?
そして、バナナを食ってるロズベルグ。


清掃車登場。


ハミルトンはスマホ見てるのでしょうか?

フェルスタッペンのオンボードリプレイ。
ライコネンと同じとこで挙動を乱しかけた!
ウエットのライコネンとは違って、インターミディエイトだったから尚更怖い!


あ…。。
マッサにペナルティ…。。
5秒加算です。

そして、リチャルドにも5秒加算ペナルティ。
ピットレーンクローズの時にピットレーンに入ったからです。


マッサは延べ棒みたいな形の食べ物を食べている。


メルセデスのマシンの横の量り。
何か棒状のものが乗ってるよ?


セーフティカーがコースコンディションを確認し始めた。


リチャルドのオンボードリプレイ。
コース脇のランプが赤の時にピットレーンへ。
ランプを視認してからピットレーンに入るまで2秒くらいしかないから…エンジニアも言うの、間に合わないよなぁ。
まぁ、仕方ないと言えば仕方ないんだろうけど。。


メルセデスのマシンの周囲が気になる。
どうやら、問題はなさそうだが…?


ニコニココンビ。


セーフティカーが戻ってきましたね。


アロンソ、リラックス中か?


これまでのリプレイ。
グリッドガールに上着を着せてあげるハミルトン。
優しいな…。

約9分半後に再開される事が告知されました。


これまでのリプレイ続き。
ヒュルケンベルグ、ノーズ交換シーン。

アリソン・セルッティとブルーノ・シュミット。
どちらもブラジル人ビーチバレー選手だそうです。
レッドブルキャップ被ってますね。


さぁ、後6分後です。

レースコントロールが入ります…ウエットタイヤてスタートしなければなりません。

ハミルトン、いつものヘルメットに。
残念だね…。


セーフティカー先導でスタート!
セーフティカーは1ラップ以上するようだ。

フェルスタッペン、ここでも違うライン走ってるな…。


大雨が来て、50分くらい続くとか何とかって情報が。


23周目、ヒュルケンベルグがピットイン。
…ん?
何だ?
タイヤの種類は同じ…暖まってるタイヤに変えた?


25周目、パーマーがガレージにいます。
右フロント見てますね…?

リプレイ。
パーマーがクビアトに接触!
クビアト無線、ピー。
パーマー「クビアトにぶつかっちゃった…。」


26周目、ハミルトン無線。
「レースできるよー!」

パーマーはリタイア。
チームのガレージなのか、ホスピタリティなのか…テーブルについて観戦し始めました。


28周目、ここで赤旗!
これには観客も大ブーイング!!www

ナスル無線「ストレートでさえ運転しにくい。」
ハミルトン無線。
ピットウォール「赤旗だ。」
ハミルトン「走れるよ?」
フェルスタッペンもレースできると思っているようだ。

ボッタス無線「何で赤旗なの?」
ピットウォール「この雨だからだと思うよ。」

ハミルトン無線「あまり雨降ってないよ?」


観客からの大ブーイングwww
再びピットレーンに戻ってきました。


ハースのガレージで雨宿り中のハミルトン。

現在、ザウバーはナスルが6番手。
マノーはオコンが8番手、ウェーレインが9番手だ。


グティエレスと小松さん。


ヒュルケンベルグはスローパンクチャーだったのか…。


しっかり腕時計を映すマッサプロ。


マグヌッセンに暖かい飲み物が差し入れられてる。


足を蹴飛ばしていくロズベルグwww


赤旗なのは、相反するコメントがドライバーから出てるから?


ロズベルグ、また何か食ってるのw

バナナストップwww
対する観客はビールストップだwww


自分のガレージにヘッドホン取りに行ったハミルトン。


バトン、レッドブルのスタッフと談笑。


さて、10分後に再開とアナウンスされています。


Linda MORSELLI…リンダ・モルセッリ、かな?
うーん、ランジェリーモデルだろうか?


再びウエットタイヤでスタートするように通達がありました。


セーフティカー先導で三度スタート!
レーススタートからもうすぐ2時間ですね…。

再び、セーフティカーは1周以上するとアナウンス。
視界はだいぶ悪くなっています…。


31周目、セーフティカーが入るよ!
フェルスタッペン「レースできる準備はできてるけど、コースコンディションは前より悪いね。」


32周目、リスタート!
フェルスタッペンここでも前のロズベルグを狙う!
3コーナーでロズベルグが少しフラついた!
フェルスタッペン、ロズベルグをアウト側からかわして2番手に!

ここでマッサがピットイン!
ペナルティも消化かな?
インターミディエイトにしています。


33周目、リチャルドがサインツJr.をかわして5番手に浮上。
アロンソがウェーレインをかわして9番手に上がっています。


34周目、ベッテルがウェーレインをかわして10番手に戻ってきています。

12番手争いが加熱中。
ボッタス、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、バトンと続いてます。


35周目、バトンがピットイン!
インターミディエイトだ!

フェルスタッペン、ファステストを出してトップのハミルトンを追う!


36周目、ボッタスがウェーレインをかわし11番手!
その後ろではヒュルケンベルグがマグヌッセンをかわして13番手に。

更に、ヒュルケンベルグはウェーレインをかわして12番手に上がってきました。
アロンソはオコンをかわして8番手に上がっています。

激しいです!!


37周目、ベッテルがオコンをかわして9番手にまで戻ってきました!
ウェーレイン、マグヌッセン、グティエレスが13番手争いしています。


38周目、マグヌッセンがウェーレインをかわして13番手に上がりました!

タイム的にはウエットとインターミディエイト、どちらも変わらないくらいらしい。


39周目、危ない!!
フェルスタッペン、13コーナー辺りで挙動を乱した!!
何とか態勢立て直し…あっと、また乱した!!
でも、立て直した!
ロズベルグからポジションも守っています…これは凄いです。。

…あ、ボッタスもインターミディエイトにしてるんだね。


41周目、リチャルドがピットイン!
インターミディエイトにチェンジ、5秒ペナルティも消化しています。

インターミディエイトのマッサがロズベルグより速いペースのようだ。

ペレス無線。
えっ…大雨が5分後に?

グティエレスがウェーレインをかわした。
1番手かな?


42周目、ベッテルが一瞬挙動を乱した!
あぶねぇ…。

リチャルドがセクター1全体ベスト。
中々良さげですね、インターミディエイト。

アロンソ対ベッテル!
ベッテルがインに飛び込んで前に!
アロンソがアウト側から並んで、サイド・バイ・サイド!
…あっと、ベッテル、コーナーギリギリだな…アロンソが接触を避けようとしてコースオフしています。

アロンソ無線「フェラーリが俺の事押し出した!」


44周目、フェルスタッペンがピットイン!
インターミディエイトにしてきましたねぇ。

ヒュルケンベルグ対オコン。
オコンがアウト側から並んで…あっと、コースオフ。
オコンも押し出されたって無線で訴えています。


45周目、ベッテルがナスルをかわして5番手に。
ナスルは踏ん張れるか?


46周目、バトンがピットイン!
ウエットタイヤへ!
バトンはインターミディエイトじゃあ最終コーナー運転できないって理由で交換しました。

ロズベルグのリプレイ。
あっと、ハーフスピン!!
あぶねぇ…!!

ヒュルケンベルグ対リチャルドの9番手争いが起こっています。


47周目、アロンソもふらっとしてる…。
ウエットタイヤでもふらふらするんだよなぁ、あそこ。
インターミディエイトは尚更気を付けないと。。


48周目、グティエレス無線。
ん、何かがおかしい?


セクター1と3黄旗!!

ウィリアムズ?!

マッサだ…!!

何という事だ…。。
最後の母国GP、クラッシュリタイア…。。
残念だ…。

マシンから降りるマッサを温かく迎えるファン。


セーフティカー。


…そういや、マッサのレーシングスーツ、いつものに戻ってるね。


最初のブラジルGPと同じように、最後のブラジルGPもリタイア…。
マッサも悔しそうな表情。
ブラジル国旗を掲げながら、ピットレーンまで戻っていくマッサ。

マッサのクラッシュ時の無線…。
何か、静かだった。


観客の歓声が暖かい…。

拍手で迎えるウィリアムズガレージ。

マーシャルも涙。

そして、マッサも涙。
歓声が暖かい。

迎えにいく妻子。
ウィリアムズスタッフに出迎えられました。

あぁ、メルセデスのクルーがピットレーンまで出てきて拍手を…。

奥さんに迎えられてハグ。

フェラーリのクルーも出てきて拍手!
出迎えてくれている…マッサの弟さんも来たよ。

奥の方だから見えないけど、ザウバーもきっと…。
在籍したチームだしね。。


53周目、リチャルドがウエットタイヤへ。
やっぱりインターミディエイトじゃマズいという事ですか。


54周目、ロズベルグ無線「コース上はもっと水が多いよ。」

フェルスタッペン無線。
「最終セクターはボートに乗ってるみたいだ。」


54周目、フェルスタッペンがピットイン。
ウエットタイヤへ。


55周目、セーフティカー戻ります!


56周目、リスタート!
ウォータースクリーン凄い…。

13コーナー辺りでアロンソがスピン!!
これは厳しい…!


ここで録画切れ。

…が、次の番組撮っといて良かったぁ。


58周目、祈るザウバーガレージ。
ポイント獲得なるか?

フェルスタッペンがボッタスをかわして11番手に浮上。
ボッタスはインターミディエイトで苦しんでいるようです…。


59周目、ヒュルケンベルグがナスルにアタック!
何とか懸命にポジションキープするナスル。

クビアト、リチャルド、フェルスタッペンのバトル。
フェルスタッペンがリチャルドの前に出ました。


60周目、あっ!!
ヒュルケンベルグがフェルスタッペンと同じ事を!
ヒュルケンベルグ、ナスルをかわして6番手に浮上。

そして、フェルスタッペンがクビアトをかわした。
追い縋るクビアトを振り切って9番手に上がっています。


61周目、オコンもフェルスタッペンライン通ってる。


62周目、フェルスタッペンがオコンをかわす。
リチャルドがクビアトをかわして10番手に。

グティエレス、ガレージに戻ってきてリタイアです。
グローブを投げ付けて悔しそう…。

フェルスタッペンはナスルもかわして7番手に浮上しています。


63周目、リチャルドがオコンをかわして9番手に浮上。
ナスルはリチャルドに追われる事となりました。


64周目、リチャルドがナスルをかわして8番手に。
ナスルの後ろは再びオコンになりましたね。

グティエレスのリプレイ。
ハースチーム代表のギュンター・シュタイナーと口論か?!

サインツJr.は現在4番手!
健闘しています…が、後ろにはベッテルが。

フェルスタッペン、ヒュルケンベルグをかわして6番手に浮上。
インテルラゴスを得意とする彼を簡単に抜いて行きました…。


66周目、ベッテル対フェルスタッペン再び!
3コーナーからのバックストレートでフェルスタッペンが並ぶも、ベッテルが順位を守っています!

さぁ、今度は…曰く付きの坂道前でベッテルのインに飛び込んできた!
フェルスタッペンに押し出されて、ベッテルが少しコースオフ…。
これでフェルスタッペンが4番手に浮上。
ベッテルは5番手に。

抑えてるな、ベッテルの無線。
バッドボーイつってるけど。


68周目、現在3番手のペレス。
後ろからはフェルスタッペンが全体ベストを出しながら迫る!

雨なのに自由自在のライン取りだなぁ、フェルスタッペン。
空力マシンのなせる技…かな。
本人のドライビングスキルもあるんだろうけど。

フェルスタッペンがペレスを捉えたか…。
アウト側から並んだ!
ペレスも負けていない!
サイド・バイ・サイド…何だよ、めっちゃクリーンなバトルしてるやん!
フェルスタッペンがペレスの前に出て3番手!

ベッテルがサインツJr.をかわして5番手に上がっています。


71周目、ファイナルラップ!
サインツJr.、ヒュルケンベルグ、リチャルドの6番手争いだ!

アロンソがオコンをかわして10番手に!
ポイント圏内に上がってきました…!!
そして、ナスルは現在9番手だ!


ハミルトン、ブラジルGP初優勝!
24ヶ国目の優勝となり、これは歴代トップの数字です。

ロズベルグが2番手、フェルスタッペンが3番手でチェッカー。

ナスルが9番手でチェッカー!
今シーズン初ポイント獲得!!
ザウバーはコンストラクターズランキングでマノーを抜いた!

後、レッドブルのコンストラクターズランキング2位が決まったようですね。


44回目のブラジルGPでカーナンバー44のハミルトン初優勝かぁ。


ドライバー・オブ・ザ・デーはフェルスタッペン。
後半の追い抜きが凄かったですねぇ。


フェルスタッペンがハミルトンとロズベルグにスピンの時の話してる。


フェルスタッペンの父、ヨス・フェルスタッペン。
ヨス・ザ・ボス。

雨でも表彰台に観客が走り寄っていく、いつもの光景。


そして、いつもの。


オーレー・オレ・オレ・オレ・セーナー セーナー


雨でもサンバのリズム、ブラジルのシャンパンファイト!

表彰台インタビュワーはマーティン・ブランドルおじさん。
レース時間は3時間以上かぁ。

ロズベルグ「フェルスタッペンが壁に向かって90℃の時はビックリした。」

フェルスタッペン「4人共ロックアップ」
マジかよwww
フェルスタッペンラインについて質問されると「前が見えなかったから。」
いやいや、それ、狙ってましたよね…?

ハミルトン、フェルスタッペンのハーフスピンをモニタで見てた?www
余裕ですなwww
まぁ、クルージングしてたしなw

おじさん「大変でしたね?」
ハミルトン「全然楽勝だったよ!」

暇をもて余してマイクで遊ぶロズベルグ。


セナ旗だ。


川井ちゃん、熱帯雨林っぽいアロハ。
因みに、解説陣的に言うと、放送開始から4時間経過。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はダニエル・リチャルド/レッドブル
9位はフェリペ・ナスル/ザウバー
10位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12位はエステバン・オコン/ルノー
13位はダニール・クビアト/トロロッソ
14位はケビン・マグヌッセン/ルノー
15位はパスカル・ウェーレイン/マノー
16位はジェンソン・バトン/マクラーレン

リタイアは…
エステバン・グティエレス/ハース
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
ジョリオン・パーマー/ルノー
キミ・ライコネン/フェラーリ
マーカス・エリクソン/ザウバー
ロマン・グロージャン/ハース


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(367Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(355Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(246Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(197Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(197Pt)
6位:ライコネン/フェラーリ(178Pt)
7位:ペレス/フォースインディア(97Pt)
8位:ボッタス/ウィリアムズ(85Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(66Pt)
10位:アロンソ/マクラーレン(53Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(51Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(46Pt)
13位:グロージャン/ハース(29Pt)
14位:クビアト/トロロッソ(25Pt)
15位:バトン/マクラーレン(21Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(7Pt)
17位:ナスル/ザウバー(2Pt)
18位:パーマー/ルノー(1Pt)
19位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
20位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
21位:グティエレス/ハース(0Pt)
22位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
23位:オコン/マノー(0Pt)
24位:リオ・ハリアント/マノー(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(722Pt)
2位:レッドブル(446Pt)
3位:フェラーリ(375Pt)
4位:フォースインディア(163Pt)
5位:ウィリアムズ(136Pt)
6位:マクラーレン(75Pt)
7位:トロロッソ(63Pt)
8位:ハース(29Pt)
9位:ルノー(8Pt)
10位:ザウバー(2Pt)
11位:マノー(1Pt)







アブダビGP予選!!

解説はハミーさんだ。

リラックスモードのウィリアムズ副代表、クレア・ウィリアムズ。

ハミルトンのお母さん?
一方のケケ・ロズベルグはモナコ滞在中。
息子、ニコに余計なプレッシャーをかけないようにとの事。


結構風強いらしい。
そして、例年に比べると涼しめみたいですね。


Q1
グティエレス、グロージャン、マグヌッセン、トロロッソ勢がまずはコースへ。

バトンはワールドチャンピオンを獲得した時のデザインのヘルメットだ。

ジャッキー・スチュワートが映ってる。


残り14分半。
ここでハミルトンが出た!

グロージャン無線。
金曜と同じトラブル、と訴えています。
右リアブレーキがおかしいらしい?
左コーナーのみで起こる現象のようです。
片側に引っ張られる感覚があるらしい?


ハミルトン、トップ!
ロズベルグに1秒差付けています。
まぁ、ハミルトンは勝たなければならないんですけれどね。


ライコネンのリプレイ。
3コーナー辺りかな、ちょっと膨らんだ!
それでもセクター1全体ベスト!

ボッタス、スーパーソフトで6番手!
マッサもスーパーソフトで8番手タイム。


残り7分半。
ベッテルが2番手に。


残り7分。
フェルスタッペンが3番手だ。

ライコネン、再びセクター1全体ベスト!


残り5分半。
ライコネン、ここで2番手!

フェラーリガレージのシャルル・ルクレール。
GP3の最終戦、アブダビでチャンピオンを獲得したばかり!


ベッテルが何気にベスト更新。
順位の3番手は変わらず。


残り2分半。
ナスルが16番手に飛び込んできましたよ?

ニック・マソン、フェラーリコレクターだそうです。
アブダビは色々な人が来てますね。


グロージャンが10番手、グティエレスも12番手に。
マッサ、ウルトラソフトでコースへ向かいました。
バトンも出ています。


チェッカー!

まずはバトンが9番手!
エリクソンは21番手でノックアウト。
グティエレスも18番手でノックアウト。
オコンは17番手、惜しい。
パーマーは15番手でQ1突破!
ウェーレインが16番手に滑り込んで、Q1突破だ!
クビアトは17番手で惜しくもノックアウト。
サインツJr.も21番手。
最後にマッサがやってきて、9番手でした。

トロロッソ、ダブルノックアウト。
ウェーレインが5回目のQ2進出を果たしました!

リプレイ。
あっ、マッサ…ロックアップしちゃってた…。

エリクソン、セクター3でロックアップして少し膨らんでしまっていた。


Q2
Q1とは違い、ハミルトンが真っ先に出た!
ロズベルグ、ライコネンも続いて行きます。

ライコネン、セクター1全体ベスト!
ロズベルグがセクター2全体ベスト!

ロズベルグ、2番手!
ハミルトンに届かず!
ライコネンが3番手、ベッテルが4番手。

ロズベルグのリプレイ、セクター3で少し膨らんでいました…。
おっと、ここでレッドブルがスーパーソフトを使ってきた!

リチャルドは5番手。
フェルスタッペン、ベッテルを上回り4番手に!

マッサ。
あー、マシンが暴れてるぅ。。
8番手。
ラストランはどうだろうか…。

ヒュルケンベルグが7番手、ペレスが8番手。
フォースインディア勢がウィリアムズ勢を上回っているようです…。

マッサファミリー。


残り4分半。
ウィリアムズで2017年から走るランス・ストロール。


残り3分40秒。
ボッタスがコースへ。
アロンソも出た。

更に、グロージャン、バトン、グティエレスも出ています。

そして、フェルスタッペンがコースへ。
…?
タイム的には十分な筈だが…しかも、ウルトラソフト履いてる。
タイム出し直し?
いや、それじゃあスーパーソフトで走った意味ないし…つか、タイム的には十分だし。
ウルトラソフトを少し使って、Q3で良いパフォーマンス出せるようにしてたのでしょうか?

リチャルド、マッサが出た。
リチャルドもウルトラソフト?

バトンファミリー。


残り1分半。
ボッタス、アタックへ。
アロンソもアタックしてる?

リチャルドはアタックやめる予定だけど、今の所プッシュしているみたいです。

チェッカー!

ボッタスは10番手。
アロンソが10番手に。
バトンは12番手でノックアウト。
グロージャンは13番手。
グティエレスがグロージャンを上回って13番手。

フェルスタッペンはピットインしました。

マッサが9番手に飛び込んだ!
パーマーは15番手。
ウェーレインは16番手だ。

ボッタス、そして引退のバトンがノックアウト。

2017年からマクラーレンに乗るストフェル・ヴァンドールン。

バトンのポジティブなコメント。
新しいタイヤでスタート出来るしね…。
11番手スタートのボッタスにも注目ですね。

グティエレスとグロージャン。
チームクルーに挨拶して回るウェーレイン。

観客席。
マッサへのメッセージが。


Q3
ハミルトン、先に出た!

固唾をのんで見守るメルセデスガレージ。
ハミルトン、アタック開始!

ロズベルグ、セクター1でハミルトンを上回った!
それをライコネンが上回る!
セクター2はハミルトンが速い!

ハミルトン、タイムを出した!
1分39秒013!
ロズベルグは…1分39秒359!
2番手!
ライコネンは3番手!
リチャルドは4番手、ベッテルが5番手、ヒュルケンベルグが6番手、ペレスが7番手と続きます。

ん、フェルスタッペンがベッテルを上回って5番手に!

ベッテルはタイヤロックしてましたか…。


アロンソが9番手タイムを出しています。


残り4分切って…
ハミルトンがラストアタックへ!


残り2分35秒。
ベッテルもラストアタックの為にコースへ向かいました。
前が空くとこを狙ったか?


残り1分45秒。
ハミルトン、ラストアタック開始!
セクター1、削ってきた!

でも、ロズベルグが更に削ってきて、セクター1全体ベストだ!
ハミルトンはセクター2で全体ベスト!
ロズベルグ、セクター2はハミルトンから僅かに遅れている!
けれど、まだ総合的なタイムでは上回っている!

ハミルトン、1分38秒755!

チェッカー!!

ロズベルグが来た!!
1分39秒058…2番手!!
ライコネンが3番手!
リチャルドが3番手に飛び込んできた!
マッサは9番手。
ペレスは8番手。
アロンソが9番手に。
ベッテルは5番手だ、
フェルスタッペンは上手く行かなかったのか、ピットへ向かいました。

最後にヒュルケンベルグ。
7番手。

ハミルトンがポールを獲得!
メルセデス、シーズン20回目のポールポジションとなりました。

マッサプロ、ちゃんと腕時計見せる。
ライコネンは予選順位でベッテルに勝ち越した。
チームとしてはあまり良い感じではないけど、ドライバー間の関係は良好そうだ。

握手しなかったハミルトンとロズベルグ。
ピリピリムードですかね…。

ハミルトンのラストアタック、オンボードリプレイ。
タイム出した後、よしって喜んでいるようだ。

ハミルトンにとっては61回目のポールとなりました。

徹子の部屋。
ハミルトンのインタビュー中にカメラに入り込んでくるリチャルドwww

ロズベルグ、記者席に向かって挨拶しながら微笑む。

ハミルトン「リチャルドに頑張って欲しい。」
まぁ、そうでしょうね…。
ハミルトンは優勝が絶対条件。
後はロズベルグが表彰台を逃せば逆転で4度目のワールドチャンピオンになれます。

ロズベルグはハミルトンが優勝しても、表彰台に登りさえすればワールドチャンピオン。
ハミルトンが優勝しなかった場合は更にチャンスが広がります。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはエステバン・グティエレス/ハース
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
16番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー

17番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
18番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
19番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
20番手からはエステバン・オコン/ルノー
21番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
22番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー






続きからコメント返信!!



蒼蟲さん:ハンバーグがついてるだけでボリューミィに見える不思議!!
そうそう、この前、改装前と比べてお胸が盛られていたイタリア重巡の妹さんですよ…四女です。
彼女は史実エピソードからか、一部でアル中ならぬアル重と呼ばれる程のヘビーな呑ん兵衛キャラでして…ワインが付くようになってたのは、イタリアだし呑ん兵衛キャラだしって所からでしょうね。
尚、うちの嫁は小食です、はい。
なので、ネイビーバーガー食べられるか心配ではあったんですが…ネームドハンバーガーではない、普通のハンバーガーで、通常より小さいサイズを頼んでました。
そうは言っても、結構大きいんですが…食べられましたね。


休んでいる間も周りをキョロキョロしてました。
抜け目がないという事でしょうかねぇ。
はい、海上自衛隊の護衛艦とアメリカ海軍のイージス艦が停泊しています…これが横須賀基地です。
1年前(ロナルド・レーガンの内覧会あった時)は観艦式やってたのもあって、更に多くの海自護衛艦がいました。
なので、今回は結構静かな感じでしたね。
まだ旅行記がそこまで到達してないですが…佐世保も似たような感じでした。
呉は潜水艦基地が近くにあったくらいだったから、水上艦の姿はなかったっけなぁ。


横須賀ネイビーバーガーのあの店のウリは「トランプバーガー」、「オバマバーガー」、「ジョージ・ワシントンバーガー」、「ロナルド・レーガンバーガー」、「第7艦隊バーガー」でしたw
前2つは言わずもがな、大統領名。
その後ろ2つは大統領名ではありますが、元ネタとしては原子力空母名の方が正確かと。
「ジョージ・ワシントン」は横須賀を母港としていましたし、「ロナルド・レーガン」は言わずもがな。
どうやら、現在のアメリカの艦船名は人名由来である事が多いようですね。「ジョージ・ワシントン」、「ロナルド・レーガン」が属する艦型のネームシップ、「ニミッツ」も海軍軍人、チェスター・ニミッツ海軍元帥(第二次大戦中の太平洋艦隊司令長官/太平洋戦域最高司令官)の名前からですし。
いやぁ、それにしても「ロナルド・レーガン」、最強クラスの空母の名に恥じない食べ応えでしたね…。
これより大きいと思われるのは、「第7艦隊バーガー」だけでしょうか。
かなり高さのあるバーガーです。
4〜5人前とか書かれてましたけど、パーティ構成によっては6人くらいいないと厳しいのではw


コメント、ありがとうございました〜!!

|

« 彼の地 | トップページ | 遅い区切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙の雨:

« 彼の地 | トップページ | 遅い区切り »