« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

果ての光

気付いたら、月跨ぎで8日連続出勤になってた。
前半は特に時間帯もばらばらなので、体調管理しっかりせねば…(と言いつつこの時間)







お船の冬イベント。
3海域目、最終作戦。

17_winter_e3_yusou_clear
17_winter_e3_hikarisakusen_saiun_cl
まずは潜水艦による輸送作戦成功。

艦上索敵機「彩雲」をバラして島に持って行くっていう内容でした。
史実だと潜水艦で行われたものだったので、潜水艦を使うとやりやすい(ボス突破出来るとは言っていない)のでした。




さて、いよいよここからが本番。


17_winter_ritouseiki
まず会いに行ったのは離島基地、離島棲鬼。

ゴスロリちっく。
…何気にお会いするのは初か??

この人を倒してボスの弱体化ギミックを解除しておきました。




そして、ボス。
道中短くて済んだけど、航空攻撃が辛いな…。


17_winter_shinkaihutagoseiki
ボス、深海泊地 深海双子棲姫。

潜水艦っぽいなりしてるけど、水上艦というね…。
でも、対潜水艦装備であるソナーや爆雷を装備してるとこの人達へのダメージが増すらしい。。

まぁ、モチーフは明らかに突破報酬艦とここでドロップする艦の2艦な訳ですが。
後、その2艦の中破絵を並べると丁度このポーズになるらしい。


潜水艦っぽいけど航空機飛ばしてくる(ここはまだ良いとして)、夜戦で連撃仕掛けてくる、と完全に水上艦だわ。。


後、ゲージ削りの段階では全然倒せてません、はい。
最後に1回だけ倒せました。

そして、またギミックを解除しに離島棲鬼さんに2回程お会い。




17_winter_shinkaihutagoseiki_kai
そんなこんなで迎えた、深海泊地 深海双子棲姫-壊。


…えっ、そうなるの??

いや、双子だからそういうのもありだけどさ、何かめっちゃ罪悪感あるよ、これ。


まぁ、やるからには倒すんですけどね。。


17_winter_e3_last_dance
きゃー!!
北上様かっこいいー!!

17_winter_e3_last
最後は雪風。


17_winter_e3_hikarisakusen_clear
17_winter_e3_hikarisakusen_clear2
「光」作戦、完遂!!


17_winter_i13
おぉ、戦闘終了後ドロップはボスのモチーフになった1艦、潜水空母 伊13!!
落ちてきたねぇ〜。


17_winter_saiun_east_carolineku
クリア報酬、艦上偵察機 彩雲(東カロリン空)。
偵察機 彩雲のネームド機です!


17_winter_i14
クリア報酬、 潜水空母 伊14!!
ボスのモチーフの片割れ。


…どうでも良いけど、2艦共最初から潜水空母なのよね。


17_winter_hikari_sakusen_risult2
17_winter_hikari_sakusen2
そんなこんなで、今回も何とかクリアできました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

大正浪漫






お船のゲームの冬イベ。

17_winter_e2_clear

17_winter_e2_ogasawarasyotou_syouka

17_winter_hikari_sakusen_risult1
やっと2海域目をクリア。

いやぁ…時間かかったなぁ。。
道中もキツくて、ボスに到達しても勝てるかどうかが分からない輸送連合艦隊。
道中の戦闘回数が多くて、中大破要因が何個もあってキツかった機動部隊。
…機動部隊はボスまで行っちゃえば勝利は固いんだけどね。。
ある程度物資を運びながら、対空処理考えながらだから、バランス取るのが大変でした。


17_winter_e2_sensuikantousaidentan_
報酬、潜水艦搭載電探&水防式望遠鏡。

遂に登場、潜水艦用電探。
しかし、装備するとなると…魚雷1本降ろさないとだから、夜戦で魚雷カットインできなくなるなぁ。
色々な能力が上がるみたいですし、魚雷カットインしないような状況での採用はできるかな。


17_winter_e2_matsukaze
報酬、神風型駆逐艦4番艦、松風。

これで何気にボクっこ艦隊組めるようになりました。


17_winter_hikari_sakusen1
次が最終海域。

…今まで最高難易度「甲」でやってたけど、流石に難易度下げます。。








長崎旅行記、1月27日。


軍艦島クルーズは帰り道です。

…あ、あれ??
帰路は行きと違って飛沫が飛んでこないから穏やかだな…w
日差しもあって、良いクルーズになってるよwww

行きは辛い、帰りはヨイヨイ〜♪


Nag73
行きの時は首を一生懸命後ろに回して見てた建造中客船。


Nag74_1
女神大橋を潜れば長崎港です。


Nag75
三菱重工長崎造船所の対岸。
全然見えないんだけど、右奥に世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ「小菅修船場跡(こすげしゅうせんばあと)」があります。
明治元年に完成した船の修理場で、船架と呼ばれる船を載せる台の形からソロバンドックという通称で呼ばれています。
まぁ、その船架はもうないのですが…。

満潮のうちに船を停泊させ、干潮を待つ。干潮になったら、一気に陸地に引き揚げて修理を行う…という、自然を利用した施設です。
陸地部分に日本最古のレンガ造りの建物があり、その中にある巨大な歯車を蒸気機関で回して船を引き揚げていたそうです。
引き揚げの方式は近代的ですね!!
勿論、蒸気機関を用いた修船場としては日本最古。
当時の姿をほぼ留めていないし、場所も辺鄙な場所っぽいですが…日本の近代化を後押しした立役者の1つなのです。


Nag76
海保の巡視船。
えーと、何て名前だったかな。。

PL05だから…あぁ、そうだ!
えりも型巡視船4番船でじまだ!
旧名はかた、らしい。
えりもも前はおじかって名前だったらしいし。
…配置替えすると名前も変わるっぽいね。


そして、長崎港へ帰投。
素晴らしい船旅をありがとうございました…!!


…あw
黒いダウン着てったんだけど、早速海水による塩の斑模様が…。。
これは長崎から戻ったら、クリーニング出さないとなぁ。


さて、予定では12時半頃に帰投する予定でしたが…上陸時間が短縮された事により、11時半に帰投。
この後、予約入れている見学場所があるんだけど、その時間が13時過ぎなので少し時間があります。
うーん、飯喰っても良いんだけど……。
その後の予定が結構キツめなので、前倒ししてちょっと観光しちゃいましょうか!!






続きからコメント返信!!

続きを読む "大正浪漫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

捨てる所がない

Ankimo_sirako_nabe
同期とあん肝+白子の鍋喰ってきました!!

他にもしめサバ、餃子、鯨の炒め物、カキフライ、モツ煮等を食べたんだけれども、美味しかったです!!

その後、半熟卵のミラノ風ドリアを食べて、最後は同僚を呼びつけてとんかつ屋へ。
ヒレカツ、エビフライ、カキフライの定食食べましたw








長崎旅行記、1月27日。

軍艦島クルーズ、いよいよそのハイライトの時を迎えようとしています…。


Nag58
上陸、軍艦島!!

真ん中から右側にかけて見えている橋脚みたいなのは石炭を運ぶベルトコンベアの名残。

まず、当時の人々が使っていたトンネルを少しだけ…ホントに少しだけ通り、整備された広場へ。
そこで説明を受けます。

Nag66Nag67
その広場にある説明看板。
…と、ここで情報が。

後10分で船に戻らなければならなくなりました。
波が更に高くなってきている為、最悪船に乗れなくなる可能性があるとの事。

本来なら、ガイドを受けながら整備された通路を移動、3つある広場それぞれで説明があります。
一番奥の、3つ目の広場で説明を受けた後、自由行動タイムになり、そこで写真も撮れるようになります。

でも、今回はそんな事できないので、2つ目の広場はスルー。
3つ目の広場への道中も写真を撮って良い事に。

そして、3つ目の広場へ。
ここは艦主方面であります。


Nag59
3つ目の広場から島の中央方面。

右端に見えているのは下請けの住宅。
本来、その後ろに倉庫があったらしいですが、跡形もなくなって見晴らしが良いです。
正面に見えているのが、建築学界が注目している日本最古の鉄筋コンクリート造り、30号棟。
その横の曲がっているのが防波堤も兼ねていた31号棟。
宿泊所・職員社宅だった25号棟が間にちらっと見えています。

ところで、採炭した際に出る大量のボタ。
普通だと、積み重ねてボタ山にしますが…ここは洋上。
ボタの処理は海に投棄だったようです。
最初は桟橋方面に投棄してたけど、段々埋め立てられて来て、船が付けられなくなるという事で、島の反対側…居住地側に捨てる事となったそうで。
で、仕事場は桟橋方面だ。
どうやってボタを島の反対側に運んだか…それは大胆なものでした。

岩山にトンネルを掘り、ベルトコンベアを通したそうです。
そして、反対側の住宅…31号棟とかその辺の2階と3階の間部分にベルトコンベアを通して貫通させました。
そうして、反対側に投棄できるようになったそうな…。

確かに…理に叶っているけれど、大胆過ぎだと思いましたw
しかも、ベルトコンベアは24時間稼働。
音が五月蝿かったのでは…w
あっ、炭坑自体が24時間稼働だったから別に気にならないか。
でも、変な感じはあったりしたのかなぁ。

生活の中に24時間稼働のベルトコンベア。
…まぁ、慣れるものなんでしょうけれど。


Nag60
後ろを向けば、プール跡。
ごろごろ転がっているのは、波で壊された堤防の残骸です。
当時は人がいたので、堤防の修復が追い付いていたそうな。
でも、今は人がいないし、そう何度も上陸できるような所じゃないので、修復が追い付かないんだとか…。

尚、画像は誤って消してしまい、奇跡的にその残骸が残っていたので、スクショ撮ったやつである。
だから、細部なんてまるっきし見えない。
ホントは底にプールっぽい白線あるんだけれどね…。


ここからは、船に戻りながら景色を楽しんで行きます。

Nag61
30号棟と…第二坑捲って所でしょうか??


Nag62
総合事務所の壁、赤レンガですね。
この中には炭鉱で働く方の為の大きな共同浴場があったのだとか。

この周辺には会社事務所とか会議室とかがあったようですが…面影がありませんね。。
向こう側に見える、工事中みたいな感じのは第二竪坑坑口桟橋跡。


Nag63
最初の広場近くで、艦尾方向を撮影。
手前に見えるのは、ブロアー機室?
向こう側に校舎が見えます。


Nag64
最初の広場で。
何の建物だろう、取り敢えず、採炭関連の建物のようです。
向こう側は第二竪坑坑口桟橋跡。


Nag65
最初の広場近くから岩山の方を見る。
左の方にあるのは、貯水槽でしょうか…?
それとも、職員クラブハウス?
右側は幹部職員社宅かな?


Nag68
ブロアー機室?の内部。


Nag69
トンネル〜。
うちらが入ってきたやつ。
ここを左側に行くと桟橋。
右側は通行止めになっていますが、当時の人達が住居スペースに行く時に使った所。
後ろに見えているのは、15tクレーンの基部とかでしょうか?


Nag70
最後に。
貯炭場だったっぽい所に何課赤茶けたもんが立ってるな…あれは何だろうか。
アームか何かの基部か?


桟橋に到着すると、確かに降りた時よりも波が高くなっている…。
島の堤防に打ち付ける波の音と勢いがさっきより強い。
成程、これ以上波が強くなったら確かに乗船は無理だな…。

ツアーのガイドさんがギリギリのラインを少し越えたコンディションだけど、来てくださった皆さんの為に、何とか上陸しましたって言ってたけど…すぐに状況変わるし、本当にギリギリの所だったんだな。。
これ、少し状況悪ければ上陸できずに帰還だったな…。

説明時間入れて15分経つか経たないかくらいだったけれど、とても貴重な体験ができました。
感謝ですねぇ〜。


Nag71Nag72
短い間だったけど、ありがとう、軍艦島…端島!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

海路を行く

刻一刻と環境が変わる。
まーた態勢変わるから、全然安定性がなくてやりにくいなぁ…。







また騒がしい季節がやって参りました。
お船の冬イベントです。
今回は比較的小規模…備蓄資材の少ない当鎮守府でも資材気にしないで行けるかもー?w


17_winter_e1_hikari_sakusen_zyunbi_
まずは最初の海域突破。

呉から舞鶴に行くやつや。
資材輸送作戦マップでありながら、潜水艦と水上艦と艦載機の相手しないといけないので、編成に悩みますわぁ…。


17_winter_zuiun631kuu
突破報酬。
多用途な水上爆撃機、瑞雲。その第631航空隊所属機。


17_winter_sensuikuubo_kiritansu
家具だー。













1月27日。

さぁ、いよいよ軍艦島に向けて出発ですよ!!
再びブラックダイヤモンド号に乗り込みます…

Nag45
波止場の珊瑚!!


さぁ、見えてきました…!!
まぁ、高島港入口から肉眼で見えちゃうんですけどね。


Nag46
端島!!

右側のは中ノ島。
ここに端島の住民の火葬場があったそうです。
そして、この中ノ島でも採炭されていたそうで。

…それにしても、波がwww
飛沫めっちゃ来るわwww
船の揺れが凄いwww


Nag47

Nag48
軍艦島全景。
前の時間帯の上陸クルーズ船がいます。


Nag49

Nag50
艦尾方向。
波が堤防に打ち付けているのが見えます…右側が外海方向。

残念ながら、外海方向の波が高くてここでUターン。
島をぐるっと一周する事はできませんでした。


Nag51

Nag52
いよいよ、接岸です。


Nag53

Nag54

Nag55

Nag56

Nag57


ん〜、接岸はしたものの、波があって中々安定しませんね…。
5分くらいかな、降りれるようになるまで時間かかりました。


いよいよ軍艦島の地に降り立ちます…ちょっと緊張しますね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

試練サポーター

Pokecen_sapporo
ポケセンでサオリのカイリキー貰ってきたw

ついでに、マラサダ食べようと思ったけど、お店がなくなっていた…。。
サン・ムーンが出た今、ポケセン行ってマラサダ食べてって絶好のルートになったと思うのに、残念。。








長崎旅行記、1月27日。

軍艦島こと端島に上陸するべく、長崎港を出発。
波飛沫を受けながら海を進む!!


Nag31_1
中継地点、高島に到着。
実はここにも世界遺産の構成資産があります。
…今回は行かないけど。

で、高島石炭資料館なるものがありまして、そこで端島の説明があります。
そして、資料館では石炭産業について学べるのです。


Nag32
Nag33Nag34
Nag35_2
資料館前に在りし日の端島の模型。
屋根はあるけど、雨防げないだろうなぁ…。

この模型を使って説明が入ります。
1枚目は艦尾方向のロケーション。
向かって左側が主に仕事場…石炭の坑道関連、右側は生活空間です。
一番手前の水色の建物は病院。
病院の右側に通路で繋がれているちっちゃい建物がありますが、そこは隔離病棟。
病院の奥のコの字型っぽくなっているのは端島で最も大きいマンション、65号棟。
上にちょこんと乗っているのは保育園です。
コの字の狭間には児童公園があったようです。
65号棟の左横にあるのは学校。
下の方の階が小学校で、上の方の階が中学校だったそうで…校庭完備。
校舎には給食を運ぶ為のエレベーターがあったらしいです。
このエレベーター、島で唯一だそうな。
裏側には体育館もあったようです。
校庭の病院寄りの所にはテニスコートもありますね!

また、ちょっと見辛いですが…中央の岩場の上には神社があります。
実は、中央の岩場こそが本来の端島。
埋め立ててこんな異様になりました。
石炭を採掘した時のいらない岩石で埋め立てている為、土がありません。
そこで、マンションの屋上に土をばらまいて、水田とかを作るという……屋上緑化の先駆けみたいな事もしていたようです。
2枚目の画像奥…神社の左横のマンションの屋上にぽつぽつ黒っぽいのがあるんですが、それです。

後、左側にギリシャ神殿みたいな柱の建物…青い屋根の……がありますが、そこは映画館。
九州初(長崎初だったかも)の映画館だったっぽいです。
その後ろには公民館。
後、屋上緑化マンションの左側にあるマンションの地下にはパチンコ屋があったそうな。
地下スペースも結構活用されているみたいで、共同浴場もあったそうな。

映画館の後ろのマンションや、映画館の前にある「く」の字型マンションなんかは防波堤の役割も持っていたそうです。
因みに、「く」の字型マンションの1階には郵便局や理髪店何かもあったそうな。
「く」の字型マンションの後ろには寺院もあったみたいです。
更にその後ろには役場、更に更にその後ろには派出所も。

中央の岩場の上に一際高く聳え立つ高いマンションは幹部用の社宅。
他の社宅にはついていない、室内風呂がついていたとか。
また、岩場のてっぺんに設置されているのが貯水槽なんだとか。
貯水槽と幹部用社宅がほぼ同じ高さになってるな…。

端島周辺は大体波が高いそうですが、生活スペースなんかは外海に面する為、一層厳しそうですね。
島を囲む堤防は12m程の高さがあるそうですが、それすら乗り越えられたり、壊されたりしていたようです。
手前にあるプール何かも海水入ってきて大変だっただろうなぁ……と思ったら、元から海水使ってました。
まぁ、あの大きさを水道水で満たすのは、離島じゃあちょっとね…。

尚、このプールは2代目だそうで。
初代は学校の前にあったらしいですが、台風で大破したから移設したとの事。

因みに、中央の岩場の麓に、真ん中に穴のある四角い建物、30号棟がありますが…日本で最も古い鉄筋コンクリート造りの高層アパートらしいです。
建築学会注目の的です。

中央の岩場よりも高い巻き揚げ櫓…そそり立つ姿は壮観だったろうなぁ。
お墓も完備していましたが、火葬場はなかったそうです。


3枚目には貯炭場、そこからベルトコンベアーが伸びていて、船に積み込みしている場面が見えていますね。
その奥に船が泊まっている桟橋がありますが、ここは今も生きている所。
上陸する際はこの桟橋を利用しているようです。


さて、高島石炭資料館へ。
…岩崎彌太郎だ。

この資料館は高島で行われていた採炭の歴史や当時使われていた道具、資料等が展示されています。
江戸時代には既に採炭されていたという記録が残っているそうですが、本格的に採炭が始まったのは明治時代に入ってから。
佐賀藩とグラバー商会によるものだったようです。
その後、三菱の創始者である岩崎彌太郎が買い取ったそうな。
だから、岩崎家の事とかあるし、外には岩崎彌太郎の銅像が立っているのです。

さてさて。
この高島も端島と同じく炭鉱の島でしたので、「高島炭坑」として世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産となっています。
関連史跡は3つの竪坑・坑口跡、防波堤、グラバー商会の創始者・グラバーの別邸だそうです。


Nag36Nag37
日本初の鉄製汽船、夕顔丸の模型。
三菱長崎造船所製で、被弾はしたものの、太平洋戦争も生き延びて長く活躍していたとか。


Nag38
炭坑の分布図(QMA的な意味で)。

石炭の分類とかもあるんですねぇ。

Nag39
採炭中に出てきた化石。
貝類です。


Nag40
端島コーナーもあります。
まだ建物が建つ前なのに、煙突とか岩の形でもう戦艦っぽい。


Nag41Nag42
高島炭坑の坑道模型と地下模型。
こんな深くまで掘り進んでいた事に驚きだし、坑道自体も広範囲に渡って広がっていて…毛細血管みたい。
良くこんな掘り進めたなぁ…。


そんなに見学時間がなかったので、この辺で外へ。


Nag43
岩崎彌太郎の像。


Nag44
高島案内看板。


さて、いよいよ端島へ向けて…出発の時が近付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

アンティグアの造船所と関連考古遺跡群

2016年に登録された北中米の世界遺産シリーズ!!

2016年に登録された、アンティグア・バーブーダの世界文化遺産です。
3つあるアンティグア・バーブーダの主要な島のうちの1つ、アンティグア島にあり、同国初の世界遺産です。
17世紀から19世紀にかけて建てられた海軍造船所や砦等を持つイギリスの海事施設群で、ジョージ王朝様式との事…。
様式というと、建物の建築様式なのか、時代の事なのか…まぁ、前者でしょうが。
カリブ海全域を植民地化する為の前線基地として築かれ、アンティグア島のその位置からしても、カリブ海全域に睨みを利かせるには絶好の場所だったようです。
更に、周囲の高い山は天然の要塞であるうえに、ハリケーンから造船所を守る役割もあったようです。
そして、この施設群が立つ入り江は狭い上に水深が深い。
航空攻撃だの潜水艦だのが無い時代、これはとても攻めにくい地形ですね。

海軍造船所は現存する最古の造船所と言われているようです。また、完成当時の姿がそのまま残っているとか。これは貴重ですね…。
造船所内にはオフィスや商店、周囲にはホテルや住居、当時から営業を続けているパン屋等もあり、今も使われている建物も多いとか。

欧州の文化が熱帯地方に適応しているという「変化」を今に伝えている事や、海軍力を背景にした植民地化であるとか、技術や思想であるといったものの伝播が伝えられている所が評価されたようですね。








KawaKawa2
先日行って来た、川崎大師。

Tendon
天丼!!







長崎旅行記、1月27日。

外海に出ました!!

波大丈夫そうかな…なーんて思ってたら、とんでもない!
ばっしゃばっしゃ跳ねてくる!
船も横に傾斜したり、前のめりになったり。
端から見ている分にはそれ程でもないかな…なんて思っていたけれど、結構揺れるものね。


Nag27
カトリック神ノ島教会。
隠れキリシタンの土地、神ノ島。
今は九州本土と繋がっているけれど、昔は本当に離島だったらしい。

左側の白い棒みたいなのはマリア像なんだって。
遠くだから小さく見えるけど、30mくらいある立像らしい。


Nag28
三菱重工長崎造船所 香焼工場のクレーン群。
ゴライアスクレーンというらしい。
こいつらは1200tを持ち上げるぞ!
国内最大…だとか何とか。


Nag29
その裏側に見えたのは、建造中の巨大な客船。
だいぶ出来てきているように見えるな…大型客船事業から撤退すると発表した三菱重工。
その最後の客船…という事らしい。

これはおそらく…ドイツのクルーズ会社、アイーダ・クルーズ向けの客船、アイーダ・プリマの2番船、アイーダ・ペルラかな?
船首近くにアイーダ・プリマにもある、目の模様らしきものが映っているからね…。


Nag30
聖ミカエル天主堂。

香焼から橋で繋がっている沖ノ島にある教会。
馬込教会等色々な名前を持つ、有形文化財。


他にも、石炭採ってたら地盤沈下して単なる岩場になってしまった島とか紹介されました。
潜水艦が浮上潜航している時みたいな形って言ってたけど…気付けず。


船はいよいよ軍艦島に近付いてきましたよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

長老

長崎旅行記、1月27日。
さぁ、軍艦島上陸クルーズに出発です!!

北側に見えるのは稲佐山かね…その向こう側、何やら怪しい雲が。。
午後から雨が降る可能性あるっつってたもんなぁ。

さて、長崎港を進むと…


Nag13Nag14
さぁ、大きくなってきましたよ。


Nag16
世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつ、ジャイアント・カンチレバークレーン!!

長崎滞在中に書いたブログで説明しているので、割愛しますが…いやぁ、これはでかいです!
その高さは約62m…初代ゴジラより12m程大きいです!
アーム部分の長さは約75m、150tくらいまでのものを持ち上げられるとか!


Nag15
そして、こちらが三菱重工長崎造船所の本社、だったかな。
白亜の建物が眩しいです。


Nag17
さて、何やら艦が泊まっていますね…。

三菱重工は歴史的に軍艦も作ってきた企業。
今も海上自衛隊に納入する護衛艦を建造しています。

長崎においては、これらの護衛艦の母港は海上自衛隊の司令部が置かれている佐世保。
だけど、整備とかそういうので長崎港を訪れる事もあるのだとか。


Nag18
DDG-178 あたご型護衛艦2番艦あしがら。
2006年進水、2008年就役。
この名前としては、妙高型重巡洋艦3番艦足柄に続いて2代目。
「DDG」は「ミサイル護衛艦(Guided missile weapon Destroyer)」の事だとか。


Nag19
左側手前がDDG-176 こんごう型護衛艦4番艦ちょうかい。
1996年進水、1998年就役。
この名前は3代目で、先代は高雄型重巡洋艦3番艦鳥海。先々代は摩耶型砲艦2番艦鳥海。
海自のミサイル護衛艦で唯一、三菱重工製じゃない護衛艦だそうです。

その奥にいるのがDD-119 あさひ型護衛艦1番艦あさひ。
敷島型戦艦2番艦朝日、DE-262 あさひ型護衛艦1番艦あさひに続いて3代目のようです。
「DD」は「汎用護衛艦(Destroyer)」って意味らしいです。

中央奥にいるのはDD-109 むらさめ型護衛艦9番艦ありあけ。
春雨型駆逐艦5番艦有明、初春型駆逐艦5番艦有明、DD-183 ありあけ型護衛艦1番艦ありあけに続いて4代目。


Nag20
ドック入り。
…えーと、この子はどなただったかな。。

それにしても、空がヤバいw


Nag21Nag22
Nag23
大和型戦艦2番艦武蔵が建造されていたドック。

…何か建造してんなぁ?
なんだろ、あれ、艦橋かな…?
護衛艦??


尚、世界遺産の構成資産になっている「第三船渠」は撮り忘れたのか、撮ったけどどれがそれか分からなくなったかどっちかの模様。
今も現役だからな…。。
取り敢えず、重巡羽黒がこのドックで建造されたとかで。


Nag24
何だったっけなー。。
何かの研究船。
海底研究だったかな…。
その分野においてはこれ1隻しかおらず、日本周辺海域の広い範囲を1隻でカバーしているのだとか。
まぁ、この船に限らず、研究船の類いは皆そうなんでしょうけれどね。

…あー、メモっておけば良かったな。。


Nag25_1Nag26
女神大橋をくぐって……さぁ、そろそろ外洋に出ますよ!








ポケモン月。

・岩肌に昇降機
・…何か降りてきたwww
・礼を言う為に待ってたグラジオさん
・しかし、礼のポーズであるw
・おっさん…?
・グラジオさんZリング貰ったん
・顔www
・肩書きが「ポケモントレーナー」に変わってる
・クロバット、シルヴァディ、ルカリオ…
・なつき進化ーズが皆懐いてる辺り、相当色々と頑張ってたんだろうなぁ…
・負けた時のモーションは一緒w
・グラジオさん笑ったー!!www
・リーリエちゃんから預かったというピーピーマックス
・ハウも鍛えてるらしい
・友達ではないけど、悪くない関係
・コオリZ
・グレイシアの岩
・キアイリキッ!
・ポケセンには人が少しいるな…
・恋の駆け引きも教えてくれるスターミー
・グランブルマウンテン、試運転
・水の沸騰温度の事言ってるよー!!
・わざおもいだしだー!!!!
・ククイ博士がこれまでの島巡りチャンピオンとか全ての試練をこなした人に声をかけてたのね
・数年後にはラナキラマウンテンの洞窟がチャンピオンロードとかになってるのかなぁ


メンバー
アシレーヌ♀/モントレー Lv.61 ひかえめ/からだがじょうぶ

デカグース♂/やんばる(山原) Lv.57 さみしがり/ひるねをよくする

ベトベトン(アローラの姿)♀/デトロイト Lv.55 やんちゃ/ちからがじまん

ドデカバシ♀/しらかみ(白神) Lv.55 ようき/ちからがじまん

クワガノン♂/フローレス Lv.55 うっかりや/イタズラがすき

マシェード♀/セパン Lv.58 なまいき/おっちょこちょい

ルナアーラ/がっさん(月山) Lv.65 ひかえめ/ひるねをよくする

バンバドロ♂/いわみざわ(岩見沢) Lv.55 ゆうかん/からだがじょうぶ

ルガルガン(真夜中の姿)♂/ヨンアム(霊岩) Lv.55 いじっぱり/ものをよくちらかす

マケンカニ♂→ケケンカニ♂/パナイ Lv.56 さみしがり/とてもきちょうめん
ニックネームの由来はフィリピン中部・ビサヤ諸島にある島、パナイ島から。同島最大の都市はイロイロ市。島の北方にはシブヤン海が広がる。第二次大戦中には、この島の近くで日本の軽巡・鬼怒と駆逐艦・浦波がアメリカ軍艦載機の攻撃で撃沈されている。まぁ、フィリピンもヤシガニいるだろうし…とか思ってたら、まさかの北の幸化www

シロデスナ♂/なかたじま(中田島) Lv.55 おっとり/まけずぎらい

サンドパン(アローラの姿)♂/アイガー Lv.55 おとなしい/イタズラがすき

グソクムシャ♀/バージェス Lv.55 ようき/ものおとにびんかん

ルガルガン(真昼の姿)♂/プンゲリ(豊渓里) Lv.55 いじっぱり/イタズラがすき

ジャラランガ♂/りゅうがさき(龍ケ崎) Lv.55 しんちょう/あばれることがすき

オニシズクモ♂/みどろ(深泥) Lv.55 なまいき/ちょっぴりみえっぱり

エンニュート♀/パホイホイ Lv.55 やんちゃ/イタズラがすき

ダダリン/てってい(鉄底) Lv.55 いじっぱり/ねばりづよい

メテノ(あかいろのコア)/チチュルブ Lv.55 ひかえめ/かけっこがすき

ドヒドイデ♀/コロール Lv.55 ゆうかん/ちからがじまん

ナマコブシ♀/マルキョク Lv.55 なまいき/あばれることがすき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

黒い金剛石

1月27日。

宿泊した宿が山側だったので、オーシャンビューは望めませんでしたw

朝、曇りがちな空。
でも、たまーに青空も垣間見える…ちょっと微妙な空です。
午後は雨という予報も…。


Nag10Nag11
そんな中、船に乗りますよ!!
「ブラックダイヤモンド号」!

受付ではそんなに人がいなかったけれど…観光バスおるなぁ。
何々…「おみたま会」?
茨城県小美玉市から来ているのでしょうか…?

まぁ、それくらいですね。
人が少なくて快適だな…じゃあ、2階席で風を感じようか(


Nag12_2
いざ、出港!!

目指すは沖合に浮かぶ島…端島!!
つまり、世界遺産になっている軍艦島です。
この船、その島に上陸しようっていうクルーズを企画している会社の船なのです!!

軍艦島は炭鉱の島。
当時、石炭は宝石と同等かそれ以上の価値があった…筈。
だから、黒いダイヤと呼ばれていました。
だから、船の名前はブラックダイヤモンド。


でも、その前に世界遺産がありますよっと。








ポケモン月。

・リーリエちゃんがお母さんみたいだ
・ボールからもすぐ出たがったりしないかな?
・無邪気に甘えてケガさせないでよwww
・勝手に別世界に行くのもダメですよ
・やっぱり、別れは悲しいもの…
・嫁がせるみたいな感じ?
・クチナシさん、いつの間に
・祭壇に来たことあるんだ…
・顔はいつも通りなのに、テンション上がってるwww
・博士の頼み?
・最後の試練、大大試練。
・島キング、島クイーンの4人に勝ち抜く
・今年からちょいと変わる
・ポケモンリーグ完成!
・つう訳で姉ちゃん
・クチナシさんについていきます!
・旅は道連れ
・ラナキラマウンテンへ!

メンバー
アシレーヌ♀/モントレー Lv.60 ひかえめ/からだがじょうぶ

デカグース♂/やんばる(山原) Lv.55 さみしがり/ひるねをよくする

ベトベトン(アローラの姿)♀/デトロイト Lv.55 やんちゃ/ちからがじまん

ドデカバシ♀/しらかみ(白神) Lv.55 ようき/ちからがじまん

クワガノン♂/フローレス Lv.55 うっかりや/イタズラがすき

マシェード♀/セパン Lv.57 なまいき/おっちょこちょい

ルナアーラ/がっさん(月山) Lv.55 ひかえめ/ひるねをよくする
ニックネームの由来は山形県中部にある標高1984mの山、月山(がっさん)から。磐梯朝日国立公園に含まれる火山。湯殿山、羽黒山と共に出羽三山の1つに数えられ、その全てが修験道の霊場で山岳信仰の対象とされている。

バンバドロ♂/いわみざわ(岩見沢) Lv.55 ゆうかん/からだがじょうぶ

ルガルガン(真夜中の姿)♂/ヨンアム(霊岩) Lv.55 いじっぱり/ものをよくちらかす

シロデスナ♂/なかたじま(中田島) Lv.55 おっとり/まけずぎらい

サンドパン(アローラの姿)♂/アイガー Lv.55 おとなしい/イタズラがすき

グソクムシャ♀/バージェス Lv.55 ようき/ものおとにびんかん

ルガルガン(真昼の姿)♂/プンゲリ(豊渓里) Lv.55 いじっぱり/イタズラがすき

ジャラランガ♂/りゅうがさき(龍ケ崎) Lv.55 しんちょう/あばれることがすき

オニシズクモ♂/みどろ(深泥) Lv.55 なまいき/ちょっぴりみえっぱり

エンニュート♀/パホイホイ Lv.55 やんちゃ/イタズラがすき

ダダリン/てってい(鉄底) Lv.55 いじっぱり/ねばりづよい

メテノ(あかいろのコア)/チチュルブ Lv.55 ひかえめ/かけっこがすき

ドヒドイデ♀/コロール Lv.55 ゆうかん/ちからがじまん

ナマコブシ♀/マルキョク Lv.55 なまいき/あばれることがすき

マケンカニ♂/パナイ Lv.55 さみしがり/とてもきちょうめん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ナン・マトール : ミクロネシア東部の中心的祭祀場

2016年に登録されたオセアニアの世界遺産シリーズ!!

2016年に登録された、ミクロネシア連邦の世界文化遺産です。
同国初の世界遺産ですが、同時に危機遺産にもなっています。
ミクロネシア連邦の首都・パリキールを擁するポンペイ島沿岸にある石造遺跡で、13世紀〜16世紀にかけて建築されました。
サンゴ礁の上に人工島が99個築かれ、そこに宮殿・寺院・墓・住居等が建てられています。更に、その周囲は城壁で囲われていました。
シヤーウテール王朝が儀式を行ううえで使っていた施設らしく、建築資材は主に玄武岩。ポンペイ島の火山活動によって生成されたもので、五角形や六角形に割れやすいから加工はしやすいけど、固いという性質が重宝されたと思われる。
最大25tもの石材を毎年2000tは使っていたらしく、運搬手段はおろか、採石場すら謎の状態なのだとか。島内のあちこちから持ってきたとかっていう説もあるようだが、どうやって運んだのだろうか。
これらの遺跡は首長制社会の発展や社会・宗教の結び付き等を伝えているとされている事から、この事も評価されたポイントなのでしょう。
因みに、「ナン・マトール」は建物と建物の間…「空間」の意。
ポンペイ島の「ポンペイ」はポンペイ語で「石積みの上に」という意味なんだとか。
この世界遺産を言い表したような言葉だな…。

尚、危機遺産については物件の状況が悪化しているからですね。
砂の堆積等によって水路が塞がれたり、マングローブ林によって遺跡が侵食されたりしている事から、危機遺産入りしたようです。

これで2016年に登録されたオセアニアの世界遺産シリーズ終わり。






やりたい事は多い、やらなきゃいけない事は近い。
まだまだ、時間かかりそうです。







ネギタレ艦隊2017年1月末版です。
前回は16年12月末でしたね…。

正規空母
加賀改 Lv.82
飛龍改二 Lv.81
蒼龍改二 Lv.81
赤城改 Lv.81
葛城改 Lv.77
瑞鶴改 Lv.75→Lv.76
翔鶴改 Lv.75→Lv.76
雲龍改 Lv.75
天城改 Lv.68→Lv.75
Saratoga改(サラトガ) Lv.56→Lv.75
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.75
Apuila改(アクィラ) Lv.75

軽空母
龍驤改二 Lv.79
鳳翔改 Lv.78→Lv.79
瑞鳳改 Lv.78
千歳航改二 Lv.77→Lv.78
祥鳳改 Lv.78
千代田航改二 Lv.77
飛鷹改 Lv.77
隼鷹改 Lv.77
大鯨→龍鳳 Lv.1→Lv.30(NEW)

水上機母艦
秋津洲改 Lv.76
瑞穂改 Lv.76
千歳甲 Lv.74
千代田甲 Lv.74
Commandant Teste改(コマンダン・テスト) Lv.49→Lv.74

航空戦艦
伊勢改 Lv.80
日向改 Lv.79
扶桑改 Lv.77→Lv.79
山城改 Lv.76→Lv.78

戦艦
金剛改二 Lv.82→Lv.83
榛名改二 Lv.81
比叡改二 Lv.80
霧島改二 Lv.80
陸奥改 Lv.78→Lv.79
Italia(イタリア) Lv.79
Iowa改(アイオワ) Lv.76
長門改 Lv.61→Lv.75
Warspite改(ウォースパイト) Lv.75

航空巡洋艦
最上改 Lv.80
三隈改 Lv.80
鈴谷改 Lv.80
熊野改 Lv.79
利根改二 Lv.76→Lv.77
筑摩改二 Lv.76→Lv.77

重巡洋艦
Zara改(ザラ) Lv.75→Lv.80
Pola改(ポーラ) Lv.75→Lv.80
鳥海改二 Lv.79
摩耶改二 Lv.79
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.76→Lv.77
那智改二 Lv.76
衣笠改二 Lv.75
足柄改二 Lv.75
羽黒改二 Lv.75
古鷹改二 Lv.75
加古改二 Lv.75
青葉改 Lv.69→Lv.70
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
大井改二 Lv.80
北上改二 Lv.79→Lv.80
木曾改二 Lv.79

軽巡洋艦
大淀改 Lv.84
夕張改 Lv.82
阿武隈改二 Lv.77
鬼怒改二 Lv.77
五十鈴改二 Lv.75
川内改二 Lv.70→Lv.75
神通改二 Lv.75
那珂改二 Lv.70→Lv.75
天龍改 Lv.74→Lv.75
矢矧改 Lv.72→Lv.75
龍田改 Lv.70→Lv.71
球磨改 Lv.70
多摩改 Lv.70
長良改 Lv.70
名取改 Lv.70
阿賀野改 Lv.70
能代改 Lv.68→Lv.70
由良改 Lv.45

練習巡洋艦
香取改 Lv.99
鹿島改 Lv.99

駆逐艦
Верный(ヴェールヌイ) Lv.81→Lv.82
秋月改 Lv.80
江風改二 Lv.78
初月改 Lv.77
雷改 Lv.76
電改 Lv.76
夕立改二 Lv.75
時雨改二 Lv.75
叢雲改二 Lv.75
暁改二 Lv.72→Lv.75
雪風改 Lv.75
島風改 Lv.72→Lv.75
白露改 Lv.70→Lv.75
睦月改二 Lv.69→Lv.71
朝潮改二 Lv.70→Lv.71
天津風改 Lv.70→Lv.71
如月改二 Lv.68→Lv.70
村雨改 Lv.70
春雨改 Lv.70
山雲改 Lv.70
Libeccio改(リベッチオ) Lv.70
風雲改 Lv.70
海風改 Lv.70
萩風改 Lv.70
山風改 Lv.62→Lv.70
荒潮改→荒潮改二 Lv.45→Lv.68
長月改 Lv.64→Lv.66
菊月改 Lv.64→Lv.66
文月改 Lv.64→Lv.65
望月改 Lv.64→Lv.65
弥生改 Lv.64→Lv.65
皐月改 Lv.59→Lv.61
神風改 Lv.59
三日月改 Lv.58→Lv.59
吹雪改 Lv.53
野分改 Lv.40→Lv.50
朝霜改 Lv.45→Lv.50
沖波改 Lv.40→Lv.50
嵐改 Lv.49
霞改 Lv.47
朝雲改 Lv.45→Lv.46
綾波改 Lv.45
陽炎改 Lv.45
黒潮改 Lv.45
潮改 Lv.45
初春改 Lv.45
子日改 Lv.45
若葉改 Lv.45
五月雨改 Lv.45
涼風改 Lv.45
舞風改 Lv.45
初風改 Lv.45
秋雲改 Lv.45
夕雲改 Lv.30→Lv.45
巻雲改 Lv.45
長波改 Lv.45
卯月改 Lv.41→Lv.45
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.45
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.45
浜風改 Lv.45
谷風改 Lv.44→Lv.45
浦風改 Lv.43→Lv.45
磯風改 Lv.45
時津風改 Lv.40→Lv.45
清霜改 Lv.45
初雪改 Lv.40
不知火改 Lv.38→Lv.40
曙改 Lv.40
初霜改 Lv.40
満潮改 Lv.40
水無月改 Lv.31→Lv.34

潜水空母
伊19改 Lv.76
伊26改 Lv.75
伊58改 Lv.75
伊401改 Lv.75
伊8改 Lv.74

潜水艦
呂500 Lv.75
伊168改 Lv.75
まるゆ改 Lv.75

その他
補給艦 速吸改 Lv.75
工作艦 明石改 Lv.75
揚陸艦 あきつ丸改 Lv.75
潜水母艦 大鯨 Lv.1→Lv.23(NEW)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »