« 秋と熱帯 | トップページ | 芸人もパワーアップ »

2016年11月 4日 (金)

湖北の神農架

2016年に登録された、中国の世界自然遺産です。
中国中部・湖北省の西部に位置する神農架林区にある森林地帯が世界遺産に登録されています。
大巴山脈と武当山の間に位置する標高1500m以上の山地に位置しているようで、その地形は氷河期の影響が少ない、独特のものなんだとか。
この森林地帯はモミ属の原生林をはじめ、落葉広葉樹林、常緑広葉樹林、常緑針葉樹林、針広混交林等様々なタイプの森林で構成されています。
対象区域は「神農架/巴東」と「老君山」の2つの地区に分かれており、その豊かな生物多様性が評価されて登録されました。数多くの固有種や絶滅危惧種が生息している事から、国が直轄している地域でもあるようです。
因みに、区名の「神農架」とは医療と農業の神、神農大帝が訪れた事に由来するとか。


これで2016年に登録されたアジアの世界遺産シリーズ終わり。







ここ数日はちょっと立て込んでいて。
幾らこういう日取りだからって、こうも大わらわになるものなのか…。
うーん、こういうのがなぁ…。


そして、キーボードの調子は相変わらずである。










衝撃的な(?)記事をアップする前日にあった、F1日本GP予選!!
そう、記事当日は決勝当日でもあるんだよ!


マクラーレンヘルメットだ。


鈴鹿は曇りである。


ライコネンファンとマッサファン。

Felipe Thank youのボードを持ったファン。
ロールフープヘルメットだ。

ルノークルーwww
お辞儀w
スタンドに向かって応援してねって事かwww
とり飯さん効果…?


ロールフープヘルメット多すぎだろwww


Q1
マノーの2台、サインツJr.が早速コースへ。
ロズベルグ、ハミルトンも早くも出てきた。

サインツJr.はハードタイヤ。

ロズベルグ、アタック中。
デグナー2つ目で少し膨らんでタイヤに芝がついてますね。


残り9分。
フェルスタッペン、リチャルドが3番手と4番手だ。


残り8分。
ヒュルケンベルグ、ソフトタイヤで3番手!
フォースインディアの日本人スタッフが映る。
日本GPだから、日本人スタッフをクローズアップされる事も多い。

ライコネンがソフトタイヤでトップだ!

チェッカー!
アロンソは11番手!
バトンは18番手、ここでノックアウトだ。
グロージャンは6番手!
エリクソンがギリギリ16番手に飛び込んできた!
パーマーは12番手!
グティエレスが9番手だ!
サインツJr.は12番手!
マッサが9番手!
ボッタスが5番手!
マグヌッセンは18番手でノックアウト。
ウェーレインは22番手でした。

アロンソ、ギリギリQ1突破!
バトン、ホンダの母国で惜しくも敗退!


ルノーウェアのちみっこ2人可愛いwww

ちっちゃい子が手振ってるwww

メルセデスガレージにロズベルグへの応援イラストが飾られてる。
メルセデス勢はミディアムタイヤでQ1突破しております。

マグヌッセン、リプレイ。
シケインでミスってた。
これが原因かな?


Q2
ここでもハミルトン、ロズベルグは早めにコースへ。

特に目立ったアクションもないなぁ。
そのまま、ラストアタックの時間へ。

マッサが10番手、ギリギリだ…。。
アロンソ、タイムを更新するも14番手!
ヒュルケンベルグが7番手!
グロージャンが7番手!
おっと…サインツJr.がスプーンでスピン!
一瞬黄旗。
グティエレスが7番手に飛び込んできた!

最後にペレスが10番手に!

残念ながらウィリアムズ勢がここでノックアウト。
ハース、2台揃ってのQ3進出!
チームとして初の快挙だ!

ボッタスリプレイ。
ちょっとだけ姿勢か乱れていた…。


リプレイ。
マッサファンがブラジル国旗にメッセージを書いている。
…のスロー映像。
からのマッサのスローリプレイ。


どうやら、天気は持ちそうだね。


ハミルトンへの手作り応援イラスト。

外人さんはリチャルドファンかな?

ハースヘルメット被ってるファン。
…小松さんファン?

グランドスタンドには小松さんへの応援横断幕すらあるとか!
キャー小松サーン!!
略してキャコマ。


Q3
リチャルドがコースへ!

フェルスタッペンがリチャルドを上回った!
ライコネンがレッドブル勢を上回った!

ロズベルグ、トップタイム!
それを上回って、ハミルトンがトップだ!!
ベッテルは4番手!

フェルスタッペン無線。
…何、ギアシフトにトラブルか?


ガレージのライコネン、紙資料確認中。


フェラーリスーツのちびっこ!
のスロー。
かーらーのー、ベッテルのスローリプレイへ。


残り3分20秒、続々とラストアタックへ繰り出していったぞ!
ハミルトン、目の前にいたライコネンとの間隔を空けている。

ベッテルはギリギリまで待って、コースへ。
コースに出るタイミングはベッテル自身が決めてたらしい。

ライコネンのラストアタック!
セクター1、削ってきた!
前のフェルスタッペンは更に削ってるが…。

チェッカー!

フェルスタッペン、3番手!
ライコネンが2番手に進出!
ヒュルケンベルグは7番手。
ペレスがチームメイトを上回って7番手に!
ロズベルグがトップタイム!
ハミルトン、最終コーナーちょっとフラついた?!
ロズベルグに及ばない、2番手だ!!
グロージャン8は番手。
グティエレスは10番手。
ベッテルは4番手でした。


ロズベルグ、鈴鹿初ポール獲得!!

ジョニー・ハーバートからロズベルグに無線でインタビューwww

グロージャンはハースにおける予選最高位を獲得!


ベッテルリプレイ。
スプーンの立ち上がりが若干膨らんだ…これでも尚4番手か。


国際映像、ロズベルグのリプレイ。
…あれ、アタック後だか、アタック前だかのスロー走行が出てきたぞ?
間違いに厳しい森脇さん。


徹子の部屋。
ハミルトンはあんまり表情が晴れやかではないね。

「グレートラップ」も、いつも通りの感じのライコネン。
…口に何か入ったかな?

ハミルトン、足元に何があるんだ…www


ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはロマン・グロージャン/ハース
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはエステバン・グティエレス/ハース

11番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
21番手からはエステバン・オコン/マノー
22番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー


ベッテルは前戦での接触で3グリッド降格ペナルティ。
ウェーレインはギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
バトンはパワーユニットを交換して、35グリッド降格ペナルティ。
6つのパワーユニット構成要素を全て6基目に変えています。10グリッド降格+5グリッド降格×5。
また、ライコネンもギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティを受けています。


スターティンググリッド。
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはロマン・グロージャン/ハース
8番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはエステバン・グティエレス/ハース

11番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
20番手からはエステバン・オコン/マノー
21番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
22番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン

|

« 秋と熱帯 | トップページ | 芸人もパワーアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖北の神農架:

« 秋と熱帯 | トップページ | 芸人もパワーアップ »