« 湖北の神農架 | トップページ | 空からの落とし物 »

2016年11月 4日 (金)

芸人もパワーアップ

16_11_4onioko_kaini16_11_4kinu_kaini
おにおこちゃん改二。







某小説!
・御使い様
・神子姫就任の儀式?
・継承だった
・歴代の先代はかなり無理するまでその役を務めていたのかな?
・ん、継承の儀をすると先代は必ず亡くなる?
・御使い様(通称)
・名前がないなら付けてしまえば良いじゃない!
・おい、候補www
・物語になってるんだ…w
・そしてしれっと出てくるうちのサボテン
・異国風www
・おっぱいをもいでくる伝説上の生き物www
・この時からお世話が得意だったんだなーと
・凄く聡明だ
・not意地悪
・封印の舞、美しい情景…
・そういうギミックで人々に封印の舞が行われた事が知られるのね
・人格持つと色々大変ね…







F1日本GP決勝!!

曇っています、鈴鹿。


フェラーリサムライは今年も鈴鹿ですねぇ。


日の丸フェイスペイント。

一貴によるフェラーリデモンストレーション。
フェラーリスタッフが内側(濡れてる所)走ってくれって頼んできたらしいw

ヴァンドールンのマクラーレン仕事話。


マッサ、ボッタス、パーマー、エリクソンはミディアムタイヤスタート。
マグヌッセン、バトン、ナスルはハードタイヤスタート。
その他はソフトタイヤスタートだ。

メルセデス応援団だ。


おぉ、そうか、塩原ポエム!
シグナルが…ブラックアウト!!
ハミルトン、出遅れた!!
ロズベルグが好スタート!!

1コーナー、2コーナー!
おぉ、ペレスが3番手だぞ…?
ハミルトンは8番手だ!

ボッタス13番手、マッサ14番手に落ちてるな…。


3周目、ベッテルがペレスをかわして3番手!


アロンソがマッサに仕掛けたけど、1コーナーで膨らんだ。
…のリプレイ。


6周目、ライコネンがヒュルケンベルグをかわして6番手!

ハミルトン無線。
「ごめんなさい。」


ハミルトンが西ストレートでヒュルケンベルグに仕掛けた!
並んだ!!
130R…!
行けない!


7周目、ハミルトンがヒュルケンベルグをホームストレートでかわして7番手。


8周目、ライコネンがデグナーで少しコースオフ。
芝刈り。


10周目、メキシコ国旗。


11周目、フェルスタッペンとリチャルドが相次いでピットイン!
ダブルピットストップだ。
フェルスタッペン、タイヤ交換2.1秒だ。


13周目、相次いでピットイン!
ロズベルグ、ベッテル、ペレス、ライコネン。
フェラーリはダブルピットストップですね。

リチャルドリプレイ。
スプーンで少しコースオフ!
一度抜いたパーマーにかわされています。


14周目、ハミルトンがピットイン!
コースへ!
その後ろでライコネンがペレスに仕掛けている!
その横にルノーもいる。
パーマーかな?

ライコネン、8番手!
ハミルトンがその前に合流!


15周目、ハミルトンが西ストレートでリチャルドをかわした!
7番手。

ハミルトンはホームストレートでマッサをかわして6番手。
マッサとボッタスは今回も1ストップか?

リチャルドがマッサの前に、6番手。


16周目、ハミルトンが西ストレートでボッタスをかわして5番手。

ホームストレートでライコネンがマッサをかわして7番手。


17周目、リチャルドがホームストレートでボッタスをかわして5番手。
その後ろでペレスがマッサをかわして8番手。


18周目、ライコネンがホームストレートでボッタスをかわして6番手。

マッサはヒュルケンベルグにかわされて10番手。

ボッタス対ペレスの7番手争い。


19周目、ペレスがボッタスの前に出た。


20周目、クビアト無線。
沢山のピー。
ピーの多さに匙を投げる川井ちゃん。

無線、グティエレスがシケインですスピン!
前のトロロッソはサインツJr.か?
危うく当たりそうに…少しパーツ飛んでるね。


21周目、ヒュルケンベルグがシケインでボッタスをかわす。
8番手。

ホナ足はロブ・スメドレーさんか?
ボッタスは9番手、マッサは10番手。


24周目、川井ちゃんのマイク遠くない?
無線との切り替え間違えた?


映ってる事にビックリして手を振った後、顔をパタパタ仰ぐ女性。


25周目、マッサがピットイン!
タイヤ交換は2.1秒だ!
勿論、ハードタイヤ。


26周目、パーマーとマグヌッセンがダブルピットストップ!

ナスルのタイヤロックのリプレイ。
かなり盛大だな。
アロンソが西ストレートでナスルをかわしたリプレイ。


27周目、ボッタスピットイン!
タイヤ交換、4.5秒かかってる…。
右リアが外れなかったのか。。
勿論ハードタイヤだ。

アロンソ対サインツJr.!
先輩強いな、サインツJr.がかわせずに1コーナーでコースオフ。

29周目、ライコネンがファステスト。

サインツJr.、マッサ、ボッタスが続く。
ホームストレートでマッサがサインツJr.の前に!
2コーナーかな?
サインツJr.がタイヤロックさせて膨らんだ。この隙にボッタスが前に!


30周目、ペレスがピットイン!
ミディアムタイヤ!
タイヤ交換時間は2.2秒!

ベッテル無線。
周回遅れのウェーレインにイライラ。
ピー入った。
オンボード映像では手を挙げて抗議している所も。


31周目、グロージャン無線。
タイヤ交換、5.2秒…。

リプレイ…作業終わっても発進しない??


33周目、リチャルドがピットイン!
遅い!
右フロント!
5.1秒かかってしまった!


34周目、観客が靴持ってるwww
シューイwww


35周目、ベッテル4番手。
前はハミルトン…8年連続表彰台なるか?


36周目、ハミルトンがファステストだ!
ハードタイヤだけどね…。


37周目、ベッテルファステスト!
ストレートで全然ハミルトンに追い付かないな。
DRSゾーン入ってたのにねぇ。


38周目、ベッテル無線。
「ハミルトンがストレートで俺を引き離していく…。」
ピットウォール「落ち着け、まだレースは終わってない。」


39周目、リチャルド無線。
ピットウォール「ハミルトンとベッテルがライコネンの前で激しいバトルやってるよ。
面白くなるかもよ?」


41周目、フェルスタッペン無線。
バックマーカーがブルーフラッグを無視していると文句言ってる。


ベッテルもブルーフラッグつってる。
怒ってジェスチャー。


42周目、フェルスタッペン無線。
「ブルーフラッグの話聞いてねぇだろ!」


43周目、ベッテル無線。
「ブルーフラッグ、カモンブルーフラッグ!」
ブルーフラッグ無線多すぎるwww

ハミルトンはトップのロズベルグに対しても猛烈な勢いで差を縮めている!


ジュール・ビアンキTシャツだ。


46周目、いよいよハミルトンがフェルスタッペンに接近!
ハミルトンは1秒以内に入って、DRSが使えるぞ!


ライコネン無線。
「いい加減どけよ!」
ライコネン流のブルーフラッグの言い方。


48周目、フェルスタッペンがヘアピンで少しタイヤロック!
まだハミルトンの前だ!


パーマーリプレイ。
ヘアピンでタイヤロックさせながら膨らみ、フェルスタッペンとハミルトンに道を譲る。
抜かれる方も大変だ。


50周目。
サインツJr.無線。
ピー。

フェルスタッペン、スタートは緊張するけど、レース自体は緊張しないらしい。
まだ19歳。


52周目、ベッテルのペースががくっと落ちた!
フェルスタッペン、しっかりハミルトンを抑えている!
その差は0.6秒!

西ストレート、近い!
0.3秒!
130R…ハミルトン、動いた!
フェルスタッペン、ブロック!
ハミルトン、シケイン曲がれずエスケープゾーンにコースオフ!

ハミルトン無線。
「フェルスタッペンが動いた。」

フェルスタッペン、動くフリして逆に動いた…フェイントかな?


53周目、ファイナルラップ!
ロズベルグ、優勝!!
初優勝かな!

若さマックス・フェルスタッペン2位!

ハミルトン、3位!


客席でもチェッカーがwww


22台全車完走。


メルセデス、コンストラクターズチャンピオンシップで優勝!


ロズベルグへの大きな声援、日本だよなぁ。
恒例のニコパンチ。


表彰台控え室。
ロズベルグ、非常に充実した表情だな!

…あ、ファン、表彰台前に集まれるのか!


ハミルトンは通算100回目の表彰台!


いつもの。


ハミルトン、控え目なシャンパンファイト。


表彰台インタビュワー…誰www


ロズベルグ「アリガトウ。」

インタビュワー「リチャルドがいないから、靴からシャンパン飲まなくて良いですね!」
ロズベルグ「もう二度とあれはやりたくないな!」

フェルスタッペンにはシューイの事訊かなかったのね。

観客のスロー映像www


ロズベルグは飛行機内でカラオケやるのかよ!www


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はダニエル・リチャルド/レッドブル
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はロマン・グロージャン/ハース
12位はジョリオン・パーマー/ルノー
13位はダニール・クビアト/トロロッソ
14位はケビン・マグヌッセン/ルノー
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
18位はジェンソン・バトン/マクラーレン
19位はフェリペ・ナスル/ザウバー
20位はエステバン・グティエレス/ハース
21位はエステバン・オコン/マノー
22位はパスカル・ウェーレイン/マノー


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(313Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(280Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(212Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(170Pt)
5位:フェルスタッペン/レッドブル(165Pt)
6位:ベッテル/フェラーリ(165Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(81Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(80Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(54Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(43Pt)
11位:アロンソ/マクラーレン(42Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(30Pt)
13位:グロージャン/ハース(28Pt)
14位:クビアト/トロロッソ(25Pt)
15位:バトン/マクラーレン(19Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(7Pt)
17位:パーマー/ルノー(1Pt)
18位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
19位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
20位:グティエレス/ハース(0Pt)
21位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:リオ・ハリアント/マノー(0Pt)
24位:オコン/マノー(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(593Pt)
2位:レッドブル(385Pt)
3位:フェラーリ(335Pt)
4位:フォースインディア(134Pt)
5位:ウィリアムズ(124Pt)
6位:マクラーレン(62Pt)
7位:トロロッソ(47Pt)
8位:ハース(28Pt)
9位:ルノー(8Pt)
10位:マノー(1Pt)
11位:ザウバー(0Pt)

|

« 湖北の神農架 | トップページ | 空からの落とし物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸人もパワーアップ:

« 湖北の神農架 | トップページ | 空からの落とし物 »