« 新たな門出(追記あり) | トップページ | 秋も熱帯 »

2016年10月15日 (土)

厳戒闊歩

久々になってしまいましたね…。
まだメインのパソ(古いMac)をセットしていないうえに、色々とやる事もあったり、仕事もあったりでパソから遠のいている状況が続いています。
通勤退勤時間が今までの1.5倍以上に増えたから、余計趣味の時間がなくなりつつある。

…まぁ、生活スタイルが劇的に変わるだろうとは思っていたけど、それ自体はあんまり変わってなかったりするんだよなぁ。。








土曜のフリー走行ではミズオオトカゲも闊歩、F1シンガポールGP決勝!!


レコノサンスラップー。
グロージャン無線。
おや、ブレーキに不安?


お客さん満員!
シンガポール国歌って聞き覚えないな…。
「シンガポール」が「しまむら」に聞こえるw


グロージャン、国歌が終わってもガレージ内。
これはスタートできるか…?

ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
7番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

11番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはエステバン・グティエレス/ハース
14番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
15番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
20番手からはロマン・グロージャン/ハース
21番手からはエステバン・オコン/マノー
22番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

ベッテルはパワーユニットの複数の構成要素を新しいものに変えてきてるようだ。
25グリッド降格ペナルティ。
まぁ、最後尾スタートからだからアレだけど。

グロージャン、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。


リチャルド、フェルスタッペン、ナスル、パーマーがスーパーソフトでスタート。
ベッテルはソフトタイヤでスタートですね。


シンガポールフライヤーのロレックス時計。

…あら、グロージャンはマシンから降りて決勝不参加が決定。


シグナルが…ブラックアウト!

あーっと!!
ホームストレートでヒュルケンベルグがスピン!!
そして壁にクラッシュ!!

早速のセーフティカー!!
シンガポールは9回目の開催だが、毎年セーフティカーが出ています。
その導入率100%が更新されました。

ヒュルケンベルグ無線「トロロッソにサンドイッチされた。」

サインツJr.のスタートリプレイ。
右側から上がってきたヒュルケンベルグのリアタイヤとサインツJr.のフロントタイヤが接触。
ヒュルケンベルグはフェルスタッペンの鼻先を掠めながらスピン。
という場面が映っています。

フェルスタッペンがスタート遅れたから、後ろのサインツJr.とヒュルケンベルグが右側からかわそうとしたみたいですね。
ヒュルケンベルグはスタートが良くて、サインツJr.の右側に出た所、右側からクビアトが左側に寄ってきたので、場所がなくなってサインツJr.と接触。
…そんな感じでしょうか。


あっと…ボッタス、左リアタイヤがパンクしている!


全車ピットイン!!

ボッタス、タイヤ交換。
発進したけど、ベッテルと並んでる…危ない!

ボッタスリプレイ。
うぉぉ、ベッテルと並走中に危うくフォースインディア辺りのピットクルーにタイヤが当たりそうだった!


バトン、フロントウィング右側がなかったみたいだ。
フロントノーズ替えたので、20番手まで後退。


3周目、リスタート!
早速ハミルトンがリチャルドにアタック!

全車ピットイン…と思いきや、ホームストレートにデブリが落ちてる可能性あるから、ピットレーン通っただけって人も結構いたようだ。


リプレイ。
あっと、ホームストレートにマーシャルが…!!
危ない!!
パーツを拾ってた人みたいだけど、間一髪でしたね…。


サインツJr.、サイドポッドのパーツが取れかけてる。


6周目、サインツJr.に警告が…。


7周目、オコンがセーフティカー抜いたって審議に。


8周目、サインツJr.がピットイン。
時間かかるんじゃないかと思われたけど、パーツ結構楽に取れてるなw
タイヤも交換、中古のスーパーソフか。

ボッタスにアンセーフリリースの審議。
続いて、ヒュルケンベルグとサインツJr.の接触はお咎めなし。


…ん?
ロズベルグ、ブレーキが厳しいか?


ボッタスのアンセーフリリースはお咎めなしに。


9周目、ロズベルグのブレーキが赤い!
シリアスな顔のトト。


10周目、ハミルトンもブレーキヤバい。
ロズベルグのブレーキもハミルトンのブレーキも赤いね。


11周目、グロージャンが視聴者やってます。
隣のエンジニアが笑顔で手を降る。


12周目、オコンに5秒加算ペナルティ。
セーフティカーを抜いたやつ。


13周目、シンガポールフライヤーのロレックス時計。
良く映るね。


14周目、ジャン・アレジ。
フェルスタッペン、ピットイン。
出てきた時に危うくオコンと当たりそうに。


15周目、リチャルドとハミルトンが同一周回でピットイン!
ハミルトン「抜ける作戦くれよ!」


16周目、パパスタッペン。


17周目、ロズベルグがピットイン!
タイヤ交換は4.3秒、少し時間かかったか。

ロズベルグのピットインリプレイ。
あー、右フロント少し遅かったみたいね。


18周目、ライコネンがピットイン!
奥さんのミントゥ・ライコネンも見てる。

…おぉ、マグヌッセン、タイヤ交換時間が2.3秒。
ナスルは3.8秒かかってるな…。


アロンソ、クビアト、フェルスタッペンの8番手争い!
フェルスタッペンがクビアトに仕掛けている!
インを突いて並びかけた!
クビアト、粘る!
コーナーを凌いだ!!
今度はフェルスタッペン、アウト側から狙っていく!
ここもクビアトが抑えた!


19周目、フェルスタッペンがDRSゾーンでクビアトに仕掛けた!!
クビアト、譲らない!!
フェルスタッペンがちょっと押し出されて縁石越えてる!

ちょっと離れたと思ったけど、まだ仕掛けてます!
フェルスタッペン、縁石ミスって少し挙動が乱れた!
それはやっちゃあかんよ…。

そんな2人の後ろからマッサ!


20周目、フェルスタッペンが三度目の仕掛け!
DRSゾーンでは36kmという圧倒的な速度差がついています!!
アウト側からクビアトに並びかけていった!!
それでもクビアトは譲らない!!

これは熱い良いバトルだ!


22周目、三度に渡るフェルスタッペンからの挑戦を跳ね除けたクビアトがガンガン攻めた走りしてるねw
気合い入ってるなぁ~。

このバトル、パパスタッペンは気が気じゃないかも…?


…ん?
マッサが何か落とした?!
モンキーシートか?


23周目、マッサのモンキーシートなさそう?

セクター3で黄旗。
マッサの落とし物を回収したのかな?


まだレースは半分にも満たない24周。
でも、マーブルが結構出てるな…。


25周目、ハミルトン無線「何か別のストラテジーないの?」
メルセデスガレージの奥にペトロナスのお偉いさん来てる。

ベッテルのピットインリプレイ。
ピットレーン入り口のイン側の白線を越えてる。
ペナルティはなさそう…?


26周目、ペレスがピットイン。
タイヤ交換時間が2.2秒、これは早い。


27周目、フェラーリガレージのジャン=エリック・ベルニュ。
さぁ、ハミルトンにライコネンが近付いているようですよ。


ベッテルがサインツJr.とグティエレスのバトルに割り込んだ!
2台を立て続けにオーバーテイク!


29周目、ここでフェルスタッペンがピットイン!
クビアトはフェルスタッペンから順位を守り切った!
意地の守備…という所か。


画面を見つめるグロージャン。


マッサ、ピットイン。
タイヤ交換は3.4秒…どうした?


マッサのリプレイ。
あぁ、右リア遅れたのか…。

へぇ、ウィリアムズにはウィングのデブリを除去する専用の人いるのか。
モコモコがついた手袋でウィングを払うのだそうだ。
川井ちゃんはジャッキ降ろされた瞬間手を引っ込めないと持ってかれるから、怖くてやりたくないらしい。


31周目、ボッタスのリプレイ。
ブレーキダストが…。


32周目、グティエレス対ペレス対フェルスタッペンの9番手争い!
ペレス、前を抜けと言われてる時にフェルスタッペンに刺された。


33周目、ライコネンが来た!!
ハミルトンをかわして3番手に!!

ハミルトンはその前にタイヤロックして膨らんでたのか。
ライコネンとの差が2秒くらいあったらしいけど、これで一気に差が縮まって、このオーバーテイクに繋がったみたい。

ハミルトンのオンボードリプレイ。
ライコネンのリアタイヤとハミルトンのフロントタイヤが軽く接触してたwww
一瞬火花見えたからね。

そしてライコネンはピットイン。

…ん?
ボッタス、どうした?
さっきピットインしたと思ったら…。


ボッタスのリプレイ。
シートベルト弄ってるな…。
外れた?!
非常に珍しいトラブルだな?


35周目、ハミルトンがピットイン!
タイヤ交換時間は2.2秒。
なれど、ライコネンの後ろだ!!
ライコネン、3番手を維持!!


F1を買収するリバティ・メディアのお偉いさんがニキ・ラウダと一緒にいる。
バーニーが同伴していない状態で全チームの代表と話をしたらしい。
もう迅速に事が進んでいるんだなぁ…と。


37周目、マッサがグティエレスをかわして11番手に。

ボッタス、ガレージに戻ってリタイアか。
ブレーキトラブル?


38周目、ボッタスがホスピタリティスペースへ。
ケツ汚れてるな…。


39周目、ハミルトン無線「プランBに変更する。」。
それに伴い、ライコネンに近付けというピットウォールからの指示が飛んでいます。


42周目、シンガポールフライヤーのロレックス時計。
マジで良く出る。

リオ・フェルディナンド、予選の時からいるな。
話をしているのは、ウィリアムズのスタッフかな?


44周目、マッサがピットイン!
タイヤ交換は3.5秒か…ちょっと上手く行ってない感じだな。


45周目、バトンがガレージに戻ってリタイア。
バトンのピットクルー、フロアを見てる?


46周目、ハミルトンがピットイン!
スーパーソフトに交換、タイヤ交換時間は2. 2秒!
安定の早さ。

ライコネンに無線、「プッシュプッシュプッシュ!」
ライコネン「ピット入るのか?」
ピットウォール「後で教えるよ。」


47周目、ここでライコネンがピットイン!!
ウルトラソフト!!

…おっと、ここでハミルトンが前に!
ハミルトンはアンダーカット成功、ハミルトンが3番手に浮上!!
川井ちゃん「フェラーリ決断遅すぎ!」
フェラーリ、やっちゃったかぁ…。
ライコネン婦人も心なしか、渋い表情ですな…。
メルセデスガレージは歓声が。


49周目、ロズベルグがピットに入…らない!

クビアト対フェルスタッペン再び。
クビアトのタイヤが古いので、ここはバトルする事無く終了。
そして、クビアトがピットイン。

ロズベルグは結局ピットインしない作戦なんですね。


ペレスとフェルスタッペンのバトルがギリギリwww
良いバトルだw


リチャルドが優勝したら、蒸し暑い中を2時間近く走った汗まみれのシューズでシューイをやる事に。
これはヤバいwww
川井ちゃん「ちょっと見てみたい。」
「シャンパン冷えてなければもっと面白い。」
ゲスかwww


53周目、シンガポールフライヤーのロレックス時計。
そういや、今回はスタートでセーフティカー出たけど、このまま行ったら既定の2時間以内に収まりそうだ。


55周目、アロンソにフェルスタッペンが仕掛けた!
フェルスタッペン、コースの汚れてる側からアロンソをオーバーテイク!
6番手!
しかし、アロンソもフェルスタッペンがゴミを拾ってるのを知っているから、すぐにプレッシャーをかけ始めています。
…でも、抜けないかぁ。
まぁ、実質、トップ3のすぐ後ろでフィニッシュを目指していたみたいだし、そういう観点から言ったら、7番手ってその公約通りの順位なんだよなぁ。

グティエレスとバトル中のマッサ、周回遅れに。


56周目、マッサがホームストレートでウェービング。
先頭車両を先に行かせた時にタイヤの温度が下がった?


59周目、ピリピリしてるレッドブルガレージ。
対照的に、メルセデスガレージではトトに笑みも。


60周目、ニキ・ラウダのジェスチャー?
ギャップ縮まったよ的な?

ロズベルグ無線。
スローパンクチャー抱えてるバックマーカーがいるとかどうとか。
前はマグヌッセンだけだけど、そうは見えないなぁ。


61周目、ファイナルラップ!
ロズベルグとリチャルドの差はこの時点で2秒だ。

リチャルド、素晴らしい追い上げ!
マグヌッセンの後ろをついて走るロズベルグに1秒差まで迫ったが、ここまでのようだ。


ロズベルグ、シンガポール初優勝!!
200戦目をポール・トゥ・ウィンで飾りました!!

花火!
盛大な花火!!


ベッテル、最後列から見事なリカバリーで5位入賞!


ぶちぶち言いそうなライコネンってwww

ロズベルグがピットレーンに帰ってきました!
目に涙が浮かんでいるか…?
ハミルトンが祝福しにきた!
花火を背景に立つロズベルグがコラみたいになってるwww


ロズベルグ、ハミルトンを抜いてドライバーズランキングトップに返り咲きました!


リプレイ。
チェッカー後かな、バイザーを上げたロズベルグの姿。


ロズベルグ、表彰台控え室。
何だか、ほっとしてる感じだ。


表彰台!
ロズベルグ、レーシングスーツのチャックを下げた状態で登場。
見えてますけどw
あ、上げてから出てきた。


い つ も の 。


ハミルトン、早めにシャンパンファイトを終えている?


表彰台インタビュワーはマーティン・ブランドル。

ロズベルグとリチャルドの差は0.4秒だったか。
結局ロズベルグは最後までブレーキのケアしてたのね。


リチャルド、オーストラリアが近いからか、ファンが沢山!


ロズベルグ、インタビュー終わりに再び涙が…。


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
7位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はダニール・クビアト/トロロッソ
10位はケビン・マグヌッセン/ルノー

ここまでがポイント獲得。

11位はエステバン・グティエレス/ハース
12位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13位はフェリペ・ナスル/ザウバー
14位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
15位はジョリオン・パーマー/ルノー
16位はパスカル・ウェーレイン/マノー
17位はマーカス・エリクソン/ザウバー
18位はエステバン・オコン/マノー

リタイアは…
ジェンソン・バトン/マクラーレン
バルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
ニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
ロマン・グロージャン/ルノー


ドライバーズランキング
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(273Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(265Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(179Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(153Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(148Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(129Pt)
7位ボッタス/ウィリアムズ(70Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(66Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(46Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(41Pt)
11位:アロンソ/マクラーレン(36Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(30Pt)
13位:グロージャン/ルノー(28Pt)
14位:クビアト/トロロッソ(25Pt)
15位:バトン/マクラーレン(17Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(7Pt)
17位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
18位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:グティエレス/ハース(0Pt)
20位:パーマー/ルノー(0Pt)
21位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:リオ・ハリアント/マノー(0Pt)
24位:オコン/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(538Pt)
2位:レッドブル(316Pt)
3位:フェラーリ(301Pt)
4位:フォースインディア(112Pt)
5位:ウィリアムズ(111Pt)
6位:マクラーレン(54Pt)
7位:トロロッソ(47Pt)
8位:ハース(28Pt)
9位:ルノー(7Pt)
10位:マノー(1Pt)
11位:ザウバー(0Pt)

フォースインディアがウィリアムズを再逆転。

|

« 新たな門出(追記あり) | トップページ | 秋も熱帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳戒闊歩:

« 新たな門出(追記あり) | トップページ | 秋も熱帯 »