« 紅き波 | トップページ | 左江花山の岩絵の文化的景観 »

2016年9月20日 (火)

積み○○

どうも、今年のシルバーウィークは休みがまとまってないから実感が湧かないなぁ。

…そして俺は朝から晩まで働いて、濡れて帰ってきましたよっと。
台風、夜中のうちに過ぎてくれるとありがたいのだが。


やる事もやりたい事も山積。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


奈良県
石:玄武岩質枕状溶岩(玉置山山頂、吉野群川上村深山の吉野川河床、川上村下多古、十津川村折立等)
鉱物:ザクロ石(二上山)
化石:馬見丘陵産アケボノゾウ・シカマシフゾウ(馬見丘陵/北葛城郡広陵町〜河合町)


海底火山の活動で噴出した溶岩が元になっているのが枕状溶岩で、玄武岩質のものが多いらしい。
見た目はチューブ状。断面は楕円や円形らしく、放射状の割れ目ができるとか。
奈良県のものは1億年以上前の三畳紀後期〜白亜紀前期に形成されたもののようで、プレートによって運ばれてきたらしい。

鉱物
御存知、ガーネット!
二上山(にじょうざん)のガーネットは有名らしい。知ってた?
大きさは1mmくらいらしいけど、濃紅色で鉄分の多いものが採れるんだって。
火山岩が風化してザクロ石だけが堆積している川底や沖積層もあるらしい。
川砂等から採掘したザクロ石は「金剛砂」と呼ばれ、研磨剤になっているみたいですね。

化石
開墾や宅地開発の際に見つかった、更新世前期の哺乳類化石。
今まで見つかっているのは、アケボノゾウの臼歯1点、種類不明の長鼻類の牙が4点、シカマシフゾウの角が1点。
アケボノゾウは肩までの高さが2m足らずしかない小型のゾウ類。大陸にいた祖先が渡来した後、島嶼化した日本列島で小型になった固有種だと考えられているそうです。
MOTHERシリーズの敵キャラにしても良さそうな語感のシカマシフゾウはシフゾウというシカの仲間の一種。シフゾウは「頭は馬に似ているが馬じゃない、蹄は牛に似ているが牛じゃない、体はロバに似ているがロバじゃない、角は鹿に似ているが鹿じゃない」という所から名付けられているという若干哲学的な哺乳類。鹿間博士が発見した為、この名が付きました。アケボノゾウと違って、シカ類として矮小化したりはしてなかったみたいですね。






続きからコメント返信!!



千里眼さん:名前の前半部のせいで新手のアヤシイスパムコメントかと思ったw


ハバネロは本当に主力商品感ありますねぇ〜。
まぁ、前はジョロキアとかともコラボってたし、意外と住み分け…できてるのかも。
何気に親和性高いのかもしれませんねw


ふむ、貴方にしては珍しく遅めの観賞ですね…。
忙しかったんでしょうか。
正直、俺も最初は不安でした。あんまり情報なかったし。
でも、最初から滾りましたね…それからも、随所に散らばる初代の香り。
そこに監督の(エヴァも)エッセンスが加わっていて独自感があった。
唐突な突撃隊()の登場とかも初代っぽかったなぁ…とw
会議のシーンは隣で見てた嫁とか周りの観客とか…2回目に観に行った時は親の反応がちょっと気になりました。人によっては長いと感じそうですからね…。
まぁ、嫁と親に関しては全然大丈夫でしたがw
俺自身は「あれ、これ…エヴァの曲じゃね?」とかなってましたがw
蒲田くんは最初、俺も親も対戦怪獣かな?って思いましたw
蒲田くんの立ち上がろうとして立ち上がれなかったのぐうかわw
品川くんの危なっかしい歩き方も、見返り品川くんも可愛いですw
あれはオキシジェンデストロイヤー欲しいですよね…w
尾頭さん、ネットで大人気ですよねw
カヨコの中の人的にはめっちゃ上手くなったんだと思うけど、役的には…というのもあるのか。全然着にもしてなかったけど。。
取り敢えず、ピエール瀧さんと國村隼さんは軍属系が良く似合う(ローレライ感
あれは良かった…。


…あ、デストロイアとスーパーメカゴジラが欲しいとか思いましたw


コメント、ありがとうございました〜!!



蒼蟲さん:えぇ、広島はポケセン含めて何処もかしこもお祭りみたいですねw
ツイッターにはソフトバンクショップでもお祝いがあったとか…。


えぇ、今度はハーブとのコラボですね!
しかも、これは中々良い…。
あぁいうのって、やっぱり徐々に伝播して行くものなんですかねぇ…?
全国で一斉発売とかじゃないのか。


正直、もっと早く観てると思ってましたw
多くの映画と同じように公開が金曜だったんですが、翌日と翌々日の土日が勝負だ…みたいな事を監督が言ってたようで、大ヒットはその期待に答えられたんじゃないでしょうか。
ラストのシーン的に、続編を意識した終わり方でしたけど(見方によってはこれで終わりって見方もできるかな…。)、このまま行くと細かいのがワラワラ…なんていうVSデストロイアみたいな事になりそうだと思ったりw


コメント、ありがとうございました〜!!

|

« 紅き波 | トップページ | 左江花山の岩絵の文化的景観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積み○○:

« 紅き波 | トップページ | 左江花山の岩絵の文化的景観 »