« 守護する者 | トップページ | 森に響くサウンド »

2016年9月15日 (木)

遅れに遅れ

おぉ、リオ・パラリンピック、アレッサンドロ・ザナルディが金メダル獲ったか!

イタリア人元F1ドライバーの彼はF1引退後、参戦していたCART(主にアメリカで行われていたフォーミュラレースシリーズ)のレース中の事故で両足切断。
それでも尚、CARTのマシン乗ったり(事故のあった周回から再開してファイナルラップまで走り切ったそうな)、F1マシンを試したり、WTCC(箱車によるツーリングカーシリーズ)に参戦したりとレースへの情熱は衰えなかったとか。
多分、WTCC参戦中からだと思うんだけど、その頃からハンドサイクルに平行して取り組んでいたみたいで、前回のロンドンパラリンピックにイタリア代表として出場。
ハンドサイクルタイムトライアルとハンドサイクルロードレースの2種目で金メダル、ハンドサイクルチームリレーで銀メダルを獲得してモタスポ界を湧かせていた…と思います。
カーレースの時に走ってたブランズ・ハッチサーキットで行われていたし、凄く気合い入ってただろうなぁ。

そして、今回。
ハンドサイクルタイムトライアルかな、金メダルを獲得して、メダルは4つ。


彼は今49歳。
まだまだレーサーとしての情熱は衰えていないみたいですね!








Happy_turn_yogurt
ハッピーターン ヨーグルト風味!!

貰いました、新潟限定らしいですw

亀田製菓さんは新潟の会社だしね。


ところで、青春…??


開けた瞬間に、酸味のある爽やかな香り。

…と書くと、柑橘類のように思われるだろう。
しかし、紛れもなく乳酸菌系の匂いだ。


味も匂いに違わず。
そうだね、ヨーグルトだね…。


これは普通にありだわ、うん。








F1ベルギーGP決勝!!

スパ・ウェザーで有名なスパ・フランコルシャンだけど、晴れております。
雨は降らないかなー。


フェルスタッペン効果で観客が凄い多い。
フェルスタッペン、ヒュルケンベルグは特に地元から近いようですけどね。
ヒュルケンベルグのファンもきっといる事でしょう…目立たないけど。


ベルギー人元F1ドライバーのジャッキー・イクス。
また、ル・マンで6回優勝した事もあるとか。
チャーリー・ホワイティングの前任のレースディレクターとお話し中。


…ん、エリクソンは未だガレージ内。
トラブルか?
リアを確認してる…?


インディアン風被り物の観客…オランダカラーだ。


エリクソン、ピットレーンスタートが決定。
冷却系のトラブルか…。

ウィンドウズのスタート音が聞こえたwww
川井ちゃんのパソとかかな…w


ベルギー国歌!
ブラスバンドかな?


…ん?
プロフェッサー・グリーン?
イギリス人ラッパーらしい。


最後尾スタートのアロンソは更にパワーユニットを交換して25グリッド降格ペナルティ。
合計60グリッドの降格ペナルティとなりました。
7基目のエンジンで10グリッド降格、7基目のターボチャージャーで5グリッド降格、7基目のMGU-Kで5グリッド降格、7基目のMGU-Hで5グリッド降格。


最終スターティンググリッド。
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはロマン・グロージャン/ルノー
12番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
13番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
14番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
15番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはエステバン・オコン/マノー
18番手からはエステバン・グティエレス/ハース
19番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
20番手は欠番。
21番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
22番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ピットレーンスタートは
マーカス・エリクソン/ザウバー


ロズベルグ、ライコネン、ベッテル、リチャルドの他、中団以降は最後方のアロンソとハミルトン以外皆ソフトタイヤスタート。
アロンソ、ハミルトンはミディアムタイヤスタート。
Q3進出勢のフェルスタッペン、ペレス、ヒュルケンベルグ、ボッタス、バトン、マッサがスーパーソフトスタート。


フォーメーションラップ。
バスストップシケインのとこにシューマッハとダン・ガーニーの名前が出てる。
ダン・ガーニーはアメリカ人の元F1ドライバーで、ウィングに装着する小さなウィング「ガーニー・フラップ」に名を残す人である。


シグナルが…ブラックアウト!
2列目のフェラーリ勢が良いスタート!
フロントローのフェルスタッペン、蹴り出しは微妙!
その後ろではペレスが良いスタート、リチャルドは少し鈍いですね。
マッサも中々良い感じだ!

ライコネン、フェルスタッペンをかわして2番手へ!
ベッテルも外側からフェルスタッペンをかわしたか?

1コーナー!
フェルスタッペン、ライコネンの内側から再度前を狙う!
おっと、ライコネンがちょっとロズベルグに詰まったか…大外からベッテル!
あーっと、フェラーリ同士が接触!!
パーツが飛んだ!
ベッテルはスピン!

前にメルセデス同士がクラッシュした時、フェラーリのアリヴァベーネ代表は「うちは同士討ちなんてしかないから」なんて言ってたけど…今、どんな気持ちか訊いてみたい。

セクター1で黄旗!

フェルスタッペンのフロントウィング翼端板が破損!
飛んだパーツがライコネンに当たってるな…。

そのライコネンはオー・ルージュ前で盛大に火花を散らし始めた!
フェルスタッペンもオー・ルージュをショートカットしています!

ライコネン、ダメだ!
ケメル・ストレートで後退してく。
…タイヤが切れた?

グロージャン、ケメル・ストレートエンドで止まれずにオーバーラン。

おっと、セクター2で黄旗!

…おぉう、リチャルドがオーバーランしとる。

ボッタス、グロージャンとバトルしています。
あ、クビアトにかわされた。


フロントウィング交換の為でしょうか、フェルスタッペンがピットイン。


2周目、まだちょっと混乱してますね。
ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、リチャルド、マッサ、グロージャン、ボッタス、サインツJr.、ペレス、パーマー、マグヌッセンがトップ10。
ヒュルケンベルグが2番手だ!
来たか…遂にヒュルケンベルグが来たか?!
マッサも4番手!
ルノー勢が入賞圏内にいます。
後方勢はアロンソが12番手、ハミルトンは15番手にまでポジションアップ。


フェルスタッペン、ノーズを交換。
タイヤはミディアムにしていますね。
…おっ、フェラーリとマクラーレンがピットに入ってきてるな。

おっと、サインツJr.、右リアがパンク!
まだケメル・ストレートだよ?
コースオフして戻った時にスピンまでしてる。
危うくハミルトンやクビアトに当たる所だった…。

ナスル、バトン、ライコネンがピットインしています。
ライコネンはフロントウィング交換。
…ん、フロアから火が出てる?
消火してノーズつけて…これは時間のかかるピットだ。

あらら…サインツJr.、リアウィングが壊れて縦向きになっちゃってる…。
これはもうダメだ…芝生の上にエスケープしてリタイア。
サインツJr.の無線、ピー。


3周目、バーチャルセーフティカー!

バトンはまだピット表示のまま。
マッサがソフトタイヤに替えて出てきた。

バトンはストップ表示。
リタイアか?
ライコネンは周回遅れ。

スタートリプレイ。
ライコネンがサンドイッチされてる。
ターンインしてきたベッテルがライコネンに接触、ライコネンはその反動でフェルスタッペンに接触した模様。
フェルスタッペン無線「ターンインしてきて当たった」。


4周目、既に3人かリタイア。
ウェーレイン、バトン、サインツJr.と…。

オコンは現在、11番手だ。
グロージャン、パーマーはオー・ルージュで縁石の外側を走行。
コース外走ってるもんで、トラック制限なんてガン無視w
怒られないのかしら…。


5周目、エリクソンがガレージに戻ってリタイア。
冷却系トラブルが直らなかったのでしょうか?

1周目のリプレイ。
ウェーレインがバトンに追突してたようです。
バトンがウェーレインのノーズに乗り上げてたよ…。

バトンは前のルノーに引っ掛かってて後退してたようで、そこにウェーレインが追突したようだ。
ウェーレインが手挙げてるけど、これは仕方ないんじゃ…。

どっちも動けるみたいだけど、これでリタイアしたようだ。


現在、アロンソ10番手、ハミルトン11番手。
アロンソが前ですね!


6周目…うわっ、何か大きいクラッシュ!!
マグヌッセンだ!!

…大丈夫、動けてる。


セーフティカー!!


マグヌッセン、自分で歩けてる。
ちょっと足を引き摺っているみたいだけど、まずは大丈夫か。

オー・ルージュ駆け上がった後のラディオンでリアが滑ってスピン、そのままのスピードでリアからタイヤバリアに突っ込んだ!
その勢いのまま反転、フロントがタイヤバリアに突き刺さった。
フロントが刺さった時に衝撃でヘッドレストが飛んでったな…。
ヘッドレストはコクピットにいるドライバーの首回りに設置されているマシンのパーツ。
ドライバーが自ら外せるので、着脱容易ではあるけど…普通のクラッシュで飛んだ所を見た事がないから、ちゃんと固定されているべきものではあるのだが。。

うわぁ、マシンは大破してるぅ…物凄い衝撃だろうなぁ。。
タイヤバリアが盛大に動いてるしね…。


サインツJr.のリプレイ。
何かボディランゲージ含めて説明してるw


現在のトップ10はロズベルグ、リチャルド、ヒュルケンベルグ、アロンソ、ハミルトン、マッサ、ペレス、クビアト、パーマー、グロージャン。

マクラーレンガレージ。
フォールクスワーゲンのモータースポーツディレクターだったヨースト・カピートだ。
そろそろマクラーレンに加入するんだったな。


9周目、セーフティカーが続いています。
周回遅れのライコネンが隊列の後ろにつく事を許可される。
これで周回遅れから脱する事ができますね。

ライコネン奥さんのミント・ビルタネン。

ここで赤旗!
タイヤバリアがすぐに直らないからみたいだ。


これでサインツJr.がようやくガレージへ戻れるようになったみたいだ。

フェルスタッペン、レッドブルピットウォールに直行。
スタート時のクラッシュの説明かな?

…ん、フェルスタッペンは当たってきたのはベッテルだと思ってるようだ。
チーム代表のクリスチャン・ホーナーやアドバイザーのヘルムート・マルコと会議しています。


ガードレールも修復が必要だったんですね。
タイヤバリアも直ったらしいので、10分後に再開。

…何かオレンジ色の何かがいるwww


…ん?
エリーゼの為に が流れてる?


再開まで5分くらいかな?
各ドライバーが再び準備に入ります。

サインツJr.はトロロッソのテクニカルディレクター、ジェームス・キーとお話。

ライコネンのマシンはさっき燃えた所を確認されてますね。
…って必殺のガムテープ補修www
ガムテープ万能説www
WECかよwww


20分くらい中断してたのかな。
セーフティカー先導で再開!
ロズベルグ、ペレス、フェルスタッペン、オコンがミディアムタイヤだ!
後はほぼソフトタイヤかな?

最後尾のライコネンは何処まで追い上げられるか?


11周目、セーフティカーが戻ってリスタート!
早速アロンソがヒュルケンベルグに仕掛けています!
抜けないけど、ケメル・ストレートで離されてないのが良いね。

ミディアム履いてても逃げられるロズベルグ。
ソフトタイヤを履いてるリチャルドを突き放せるんだな…。

ハミルトンがアロンソに迫る!
ここはアロンソが守っています。
ヒュルケンベルグを追いつつ速いハミルトンから守る、難しいですね。


12周目、ハミルトンがケメル・ストレートでアロンソをかわした。
流石に抑えられないか…。

ライコネンはフェルスタッペンを捉えています。
ライコネン、これで14番手。

フェルスタッペン対ライコネンのリプレイ。
おっと、ケメル・ストレレートエンドで軽く接触…?
ライコネンが飛び出したな…。
フェルスタッペンもちょっと膨らんでるけど。

ライコネン無線。
「奴は俺を押し出す事しか考えてないぞ!」

…とは叫んだものの、コースオフして前に出たので、順位は戻してやるライコネン。
ペナルティは避けたいですしね。


13周目、ライコネンはもう一度ケメル・ストレートで仕切り直し。
フェルスタッペン、抜かれる寸前でブロック!
おっと、これはあっぶねぇ。
ライコネンがアクセル緩めてなかったら当たってたかも…。

ライコネン無線
ピー
「こんなんバカらしい!」

ライコネン対フェルスタッペン、コメントも熱くなってそうですな。


14周目、ライコネンリプレイ。
オー・ルージュを駆け上がった後、ラディオンで少しオーバーラン!
挙動が…これはちょっと危なかったよ!


17周目、ベッテルが後方から追い上げています。
グロージャン、クビアトをかわして8番手走行中。

ボッタスもグロージャンをかわして10番手に上がってきたな。


18周目、ハミルトンがケメル・ストレートでヒュルケンベルグを捉えて3番手。
ストレートエンドでタイヤスモーク上げたけど、順位は失わなかった。
これでヒュルケンベルグ、表彰台圏内から脱落。
うーん、中々厳しいですね…初表彰台への道は厳しい。


19周目、13番手のライコネンがグロージャンを捉えた!
ケメル・ストレートエンドで前に…出られない。
グロージャンが切り返しで前を守っています…おっと、タイヤが当たってる。。

ライコネン無線。
ピー。

ケメル・ストレートでボッタスがクビアトをかわして9番手に上がっています。


20周目、ライコネンがグロージャンの前に出ました。
これで12番手です。


22周目、ハミルトンがピットイン!
む、少し時間かかったみたいだ。

ん?ソフトタイヤ?
9番手でコースへ。
…ハミルトンの後ろでライコネンがグティエレスをかわしてた。


ハミルトンのピットストップ、そのリプレイ。
リアジャッキが下がる前に発進しようとしたから、ジャッキ下ろせなかったんでしょうか?
後輪が空転してたから、あの状態でジャッキ落とすとジャッキがぶつかるとか何とか(うろ覚え


おっと…ナスルに5秒タイム加算ペナルティ。
飛び出しちゃいけない所でコースを飛び出して走行した為です。
所謂「トラック・リミテッド」を超過した部分を走ったと。


マッサがピットインしてた。
2.4秒か…ウィリアムズは安定しているね。


23周目、マッサがグロージャンをかわして10番手に。
フェルスタッペンも次いでグロージャンをかわしています。
フェルスタッペンへの歓声めっちゃ聞こえるwww


24周目、3人がピットイン。
ヒュルケンベルグとアロンソとベッテルである。
…おっと、ヒュルケンベルグはタイヤ交換時間が3.6秒と少しかかったようだ。

ヒュルケンベルグがピットロードへ戻りました。
その前にはアロンソ。
アロンソもピットを終えてピットロードへ。
おっと、通りがかったヒュルケンベルグと並んでピットレーン出口へ!
これは大丈夫か?!
…あっと、出口の曲がり角でタイヤ同士が接触。。
結局ヒュルケンベルグが前でコースに復帰。

ヒュルケンベルグは接触の影響で少し膨らんで白線踏んでるっぽいし、アロンソも出口の白線踏んでるっぽいし…。
これはペナルティとかあるのかな?


ボッタスがスピットイン、タイヤ交換時間は2.1秒だ!
これは早い!

グロージャン、ナスルもピットインしています。
グロージャンはタイヤ交換が3.2秒とちょっと時間かかっています。

ナスルは先程のペナルティを5秒ストップペナルティとして消化中。
その割にはピットロードに出るまで10.1秒かかってるけど…?
タイヤ交換そのものに5秒くらいかかったって事だよね。


ヒュルケンベルグ無線。
彼はアロンソと当たったから白線踏んだって言える状況みたいですね。
そういう理由があればペナルティは受けない筈…というアピールか。


26周目、ペレス対フェルスタッペン!
ケメル・ストレートエンドでタイヤ同士が接触した模様。
ペレスが吹っ飛ばされるようにしてエスケープしたな…。
まぁ、フェルスタッペンの前でコースに復帰したけど。
元から前にいたから良いんです、アドバンテージは得てないし。


ベッテルが1コーナー立ち上がりでフェルスタッペンを攻略。
…おっと、フェルスタッペンがケメル・ストレートで抜き返した!


27周目、ロズベルグがピットイン。
本来の戦略から言ったら入らなくて良いみたいだけど、ハミルトンに合わせて戦略変わったみたい。


ベッテル、ケメル・ストレートでフェルスタッペンを再度攻略。
フェルスタッペンの後ろにはボッタス。
追い付いてきていますね。


28周目、フェルスタッペン対ボッタス!
バスストップ・シケインでボッタスが前に!
…おっと、フェルスタッペンはピットインでしたか。


フランク御大。


おぉ、フェルスタッペンのタイヤ交換時間も2.1秒!
レッドブルもこのレース、かなり洗練されたタイヤ交換を行っていますね…!


アロンソ、マッサ、ペレスが5位争い展開中。


29周目、マッサがペレスにかわされた。
うーん、ダメだな…。

ケメル・ストレートエンドで並ばれて、コーナーの切り返しで、かなりインに切り込まれていた。
ここまでインに突っ込まれてると、防御は難しいな…。


31周目、フェルスタッペンが1コーナーでパーマーをかわした。
これで13番手。

マッサがアロンソから遅れてるな…。
後ろからベッテルが近付いてきています…。


33周目、ハミルトンがピットイン。
あれ、ミディアム…?
川井ちゃんも森脇さんも驚き。

ハミルトンがコースに復帰、ヒュルケンベルグの後ろだ。

ベッテルがケメル・ストレートでマッサをかわす。
…おっと、ケメル・ストレートエンドでベッテルがタイヤロック!
そのミスを利用してマッサが刺し返したぞ!

…でも、長くは持たなそうだなぁ。。


ハミルトン無線。
「このタイヤで良いの?」
ハミルトンもミディアムに変えた事を疑問に思っているようです。


…ベッテルがケメル・ストレートエンドでマッサとサイド・バイ・サイドになった際、タイヤロックしてマッサの前に出られなかったのは、オー・ルージュでコースを飛び出してたから?
順位を戻すにしてもタイヤロックさせて戻すのは後の事考えてもスマートじゃないから、あれは単なるミスか?
元々順位を戻すつもりだったけど、ミスっちゃったからそのまま譲った系?


34周目、ハミルトンがケメル・ストレートでヒュルケンベルグをかわして3番手に浮上。
ヒュルケンベルグも中々表彰台圏内に入れないな…ペレスは思い切ったタイヤ戦略とかで何度か表彰台に上がっているけど、この人は中々。
評価は高いのだがなぁ。


マッサはダメか…。
ケメル・ストレートで今度こそベッテルに先行を許した。
8番手に後退。
後ろにはチームメイトのボッタス、そしてライコネンがいます。


35周目、渋い表情のロブ・スメドレー。
ウィリアムズ勢のペースが上がらないからでしょうか?
周囲のマシン…アロンソ、フェラーリ勢とほぼ同じタイヤの履歴なのに差があるからかな。

尚、ボッタスは27歳の誕生日ですって。
おめ!

ベッテル、ケメル・ストレートでアロンソをかわして6番手に。
川井ちゃんに「これはしょうがない」って言われる。
マクラーレンが先頭を目指すにはまだまだ改良が必要そうですね。

ハミルトンが1分51秒台を出してリチャルドを追う!
一気に差が2秒くらい縮まってるの?
すげぇな…。


36周目、フェルスタッペンがケメル・ストレートでグティエレスをかわして11番手。

10秒以上前にいるライコネンを追うのは難しいっぽいかな?
それにしても、グティエレスは中々ポイント取れないな。。


38周目、7番手争い。
アロンソ、マッサ、ボッタス、ライコネンと続いています。
ウィリアムズ勢はアロンソをかわす余力がなさそうだなぁ…。
マッサが特に辛そうで、アロンソから1秒以上離れてしまってる。

マクラーレンガレージのヨースト・カピート。


41周目、あー…ダメか。
マッサのペースが上がらない…。
ボッタスに先行されて9番手にダウン。
さて、後ろから来てるライコネンからポジションを守れるか?


42周目、あー…。
ライコネンにもかわされた。

ズルズルと後退して10番手かぁ…。
パパマッサとフランク御大が見つめています。

抜かれた傍から既にライコネンとの差が1秒以上になってる…。
これは辛いな。


44周目、ファイナルラップ!
川井ちゃん「最終ラップで抜かれる程かっこわるいものはない」。

まだまだ各所で接近戦はあるものの、動きはなさそうですね。
マッサも後ろのフェルスタッペンとはだいぶ差があるので大丈夫でしょう。


ロズベルグ優勝!
ポール・トゥ・ウィン!
何気にベルギー初制覇である!

リチャルドは2位。
3戦連続表彰台を獲得しています。

ハミルトン、3位!
最後列からスタートして18台抜きである。

ヒュルケンベルグ、ペレスのフォースインディア勢が4位、5位!


コースが長いからフィニッシュ後、ピットレーン出口から折り返してピットロードへ戻ってくる。
独特ですね。
通常はコースを1周して、ピットレーン入口からピットロードへ戻ってくる。


喜ぶロズベルグを追うカメラマン達。
戻ってくるマシンに気を付けてね…。


さぁ、観客が雪崩れ込んできましたよっと。

控え室。
ニッコニコのリチャルド。


表彰台。
…何でロズベルグはブーイングされてるの?
リチャルド、表彰台でもニッコニコ!


フライングでまず飲むハミルトン。
フライングでぶっかけそうになって少し待つロズベルグ。


表彰台インタビュワーはゑ!!
やっぱりブーイングされるロズベルグ。
フェルスタッペンに言及してますね…観客への配慮でしょうか?
「でも、彼はまだ若いからチャンスあるよ!」

リチャルド、大笑い中www
で、出たー!!www
シューイだにえー!!www

つか、同郷の先輩に自分のシューズに酒を入れて薦めるとはwww
ゑ「これは飲めないかな…。」

と言いつつ…

飲むwww

大爆笑しまくるリチャルドwww
笑いが止まらないwww


ハミルトンへの歓声凄いな…。
こちらも観客に配慮してか、フェルスタッペンに言及しています。


リチャルドの帽子投げ。


川井ちゃんもあんまりやりたくないシューイwww
実況の竹下さん「新しいシューズでも…嫌かな。」
川井ちゃん「結構足、汗かいてると思うんですよ…それをね、先輩が上がってきた瞬間に、入れて差し出すってのは…流石ですね、えぇ。」


シックなアロハだな。
伝統的なサーキットだからか?


サインツJr.のリアウィングが縦になったやつ、スピンして戻る時に既になってたのね。
バーストしたタイヤで叩いちゃって壊れたっぽいな。


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
5位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
6位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9位はキミ・ライコネン/フェラーリ
10位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
12位はエステバン・グティエレス/ハース
13位はロマン・グロージャン/ハース
14位はダニール・クビアト/トロロッソ
15位はジョリオン・パーマー/ルノー
16位はエステバン・オコン/マノー
17位はフェリペ・ナスル/ザウバー

リタイアは…
ケビン・マグヌッセン/ルノー
マーカス・エリクソン/ザウバー
カルロス・サインツJr./トロロッソ
ジェンソン・バトン/マクラーレン
パスカル・ウェーレイン/マノー


ドライバーズランキング
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(232Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(223Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(151Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(128Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(124Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(115Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(62Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(58Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(45Pt)
10位:マッサ/ウィリアムズ(39Pt)
11位:アロンソ/マクラーレン(30Pt)
12位:グロージャン/ハース(28Pt)
13位:サインツJr./トロロッソ(28Pt)
14位:クビアト/トロロッソ(23Pt)
15位:バトン/マクラーレン(17Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
17位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
18位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:グティエレス/ハース(0Pt)
20位:パーマー/ルノー(0Pt)
21位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:オコン/マノー(0Pt)
24位:リオ・ハリアント/マノー(0Pt)

コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(455Pt)
2位:レッドブル(274Pt)
3位:フェラーリ(252Pt)
4位:フォースインディア(103Pt)
5位:ウィリアムズ(101Pt)
6位:マクラーレン(48Pt)
7位:トロロッソ(45Pt)
8位:ハース(28Pt)
9位:ルノー(6Pt)
10位:マノー(1Pt)
11位:ザウバー(0Pt)

フォースインディア、ウィリアムズを上回って4位に浮上。
マクラーレン、トロロッソを上回って6位に浮上。

|

« 守護する者 | トップページ | 森に響くサウンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅れに遅れ:

« 守護する者 | トップページ | 森に響くサウンド »