« 伝統、そして伝説へ | トップページ | お裾分け »

2016年9月 3日 (土)

人による

誰だぁ、「男は荷物を持たない」とか言ったやつぁ!!!!

荷物多くて入らんがな!
そんなんだから鞄なしとか小さな鞄とかって文化が根付くんや!

荷物持ちは辛いよ…。。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


福井県
石:笏谷石(しゃくだにいし)(火山礫凝灰岩)(足羽山)
鉱物:自形自然砒(旧赤谷鉱山/福井市赤谷町)
化石:フクイラプトル・キタダニエンシス(勝山市北谷)


読み方は「しゃくだにいし」。
福井市中心部にある足羽山(あすわやま)で採れる、塊状になったデイサイト質の火山礫凝灰岩。
水底にあったり、一部が陸上に流れ出したりした火砕流堆積物が元だと考えられているそうで、中新世が形成時期みたいです。糸生層の最上部にあたるとか。
加工しやすい、青色が美しいといった特徴があり、福井城の石垣に使われているそうです。

鉱物
赤谷鉱山で採れる、変質した面谷流紋岩類(濃飛流紋岩類)の中にでき、大きいものは直径2cmになるようです。
この鉱山産の自然砒はその姿から「こんぺいとう石」とも呼ばれているとか。
表面は酸化して亜砒酸ができる為、色が灰白色や暗灰色になって光沢もなくなるらしいけど、内部は錫白金属光沢になっているとか。

化石
恐竜の化石が多く見つかっている福井県を代表する化石はフクイラプトルになりましたか。
アロサウルス上科に属すると考えられる肉食恐竜で、日本で最初に全身骨格が復元された肉食恐竜でもある。
また、日本で最初に有効な学名がつけられた恐竜である点でも、メモリアルですね。
全長は4.2mと推定されていて、比較的小型。成体じゃないのかもしれないけど、島嶼における矮小化が起こっていた可能性もありますかね。
白亜紀前期にあたる手取群北谷層から見つかりました。

|

« 伝統、そして伝説へ | トップページ | お裾分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人による:

« 伝統、そして伝説へ | トップページ | お裾分け »