« 真綿で首を絞めるように | トップページ | 横並び »

2016年7月 7日 (木)

高原に降る雨

眠気…というか、疲れが取れないなぁ。
寝ても寝ても眠いし疲れてる。


本当は朝から起きて色々やろうと思っていたのだが。







F1オーストリアGP予選!!

ウィリアムズ応援団。
帽子。

オレンジのTシャツはフェルスタッペン応援団ですね。
サッカーのオランダ代表とかこの色ですね。


曇っているな…フリー走行時は突然の大雨とかもあったよね。
そして気温が高いらしい。


Q1
早速ウェーレインがアタック。
少し、山の向こう側に黒い雲があるみたい。

最終コーナーの縁石外側が凄い細かい縁石群になってるっぽい。
ゴツゴツしてそうだなぁ。
あんまりハードに入るとサス壊れそうだなぁ…。

ジョージ・ルーカス来てる。

ハミルトン、2回目のアタックでトップタイム。
もうQ1突破は確実だろう。

おっと、ペレスが何やらフラフラしているぞ…。
右リアサスが破損か?

ロズベルグ、フリー走行3回目のクラッシュを乗り越えてアタックへ。
直って良かったねぇ。

ペレス、ガレージへ。
解説陣がパッと見た感じ、ロズベルグと同じような壊れ方だそうで。
ただ、サスが曲がったロズベルグと違って、ペレスのサスは割れてるそう。

ここでロズベルグがトップタイム!
復活したかな。
そして、ベッテルが2番手。

残りは2分!
エリクソン応援団だ…スウェーデン国旗が並んでいます。

ここで続々とタイムを出してきますね…グロージャンもタイム上げてきてる。
おぉ、ウェーレインが9番手タイム!
これは凄いぞ!!

…おーっと!!
クビアトが大きなクラッシュ!!
これは激しい!!

レッドブルカラーのタイヤバリアに激突して停止。

赤旗!


リプレイ。
縁石に乗り過ぎて、右リアのサスが破損した模様。
その破損で姿勢を乱して滑っていったようですね。

スピンしながらピットレーン入り口の壁にフロントノーズをかすらせていった…勿論、フロントノーズは粉々。
ここにまともに激突しなくて良かったな…。
クビアトもマシンの中で祈っていたようです。

ノーズがぶっ壊れたマシンは更に滑って行ってランオフエリアを進み、壁に当たって止まりました。
ランオフエリアを滑ってる時、何度かフロントが浮き上がりかけてたな…。
クビアトは無線で「皆ごめん」と言っているし、無事なようだ。


破損したマシンや散らばったデブリを回収する作業が続いています。
…ヤバい、中国GPで登場した地引き網車だwww
あれ、ちゃんとデブリ取れるのかなwww


回収されたデブリが集められてる、貴重な場面。


週末を通して話題になっている、悪名高いソーセージ型縁石による振動が左側のサスから右側のサスに伝わったのが破損の原因でしょうか?
右側は通常の縁石による振動も受けていたようだし、共鳴でもしてイレギュラーな負荷がかかったのかな?


レッドブルのモーターホームでくつろぐディートリッヒ・マテシッツ。
子牛がクラッシュしても親玉は慌てない。


残り1分44秒からリスタート!
ハース、ルノー、ザウバー、マノー、マクラーレンが並んでるね。
ヒュルケンベルグ、サインツJr.、ウェーレインも並んでいる…彼らはQ1突破できそうなタイムを持っているけど。。
え、トラフィックになりに行って合法的にタイムアップを阻止する?www
トラフィックメーカーwww
森脇さん良い単語思い付いたなwww

…おっと!
サインツJr.がバルサンを焚いて黄旗!
コース脇に止まった!!
サインツJr.は身を挺した、まさに捨て身のトラフィックメーカーに…。
それにしても、レッドブルのホームレースで子牛たるトロロッソが2台とも走れなくなるとは。

黄旗なので、今走っている人達はタイム更新はできませんな。
あ、サインツパパだ。

ふむ、ザウバー勢はスーパーソフトでのアタックだったのか。
ウルトラソフトが合わなかったのか?
それとも、タイヤなかったのか?

ペレスがモーターホームに戻ってきたので、ペレスも走れないようだな。
Q2開始前から既に2台も走れないマシンがいる…。

そして、トロロッソのクルーは忙しい夜を過ごしそうだ。


Q2
曇ってきたレッドブルリンク上空。

メルセデス勢が真っ先に並んでる。
雨の可能性が高まっているという話からですね。

スタートと共に出たのは5台。
他はまだ出ないのか…グロージャンに至っては中古タイヤで出ていったぞ??
雨降る言われてますけど、ギリギリまで引き伸ばす作戦のとこもいるのね。

ここでヒュルケンベルグに審議。
黄旗でスピードを落とさなかったからのようです。
Q1の赤旗後の話らしいな…。
これでペナルティ喰らったら勿体無いよなぁ。
折角Q1突破出来るタイムを保持して上位グリッド狙える可能性があったのに、グリッド降格ペナルティとか最速タイム抹消とかされたら勿体無い。


ライコネン無線。
むむ、8分後に雨の予報!


ロズベルグがアタック中。
前のハースに少し引っ掛かって2番手タイム。

おっと、ライコネン、ベッテルのフェラーリ勢がスーパーソフトでアタック開始!
ベッテル3番手、ライコネン6番手…このまま行けば、決勝はスーパーソフトでスタートできるぞ!
こうするのも、ウルトラソフトはロングランでの持ちが悪いからだそう。
すぐにピットに入らないと行けないとなると、中団から後方のグループに巻き込まれてタイヤを傷めかねないしね。

おー、グロージャン、姿勢を乱してコースオフ。
壁には当たりませんでした。

リチャルド、フェルスタッペンのレッドブル勢もスーパーソフトでアタック開始!
フェラーリ勢の動きを見て、でしょうね。
フェルスタッペンが4番手、リチャルドがそれを上回って4番手!
これでレッドブル勢もスーパーソフトでスタートになります。

おっと、黄旗!
解除されたか。

ライコネン無線、雨降ってきたらしい。
フィニッシュラインの前でスローダウン。

…あ、ウルトラソフトで決勝始めたくないからスローダウンする言い訳にしたのかw

あー、バトンがタイヤロックさせてコースオフ。
グラベルの石がコクピットに沢山入ってる…。

ここでロズベルグがスーパーソフトでコースへ!
映らなかったけど、ハミルトンもそうするのかな?

グロージャンオンボード。
おっと、雨降ってきた!

国際映像にも雨が映っています。

これは各車アタックできないな。
メルセデス勢もスーパーソフトでタイム出せませんでした。
まぁ、マシン的にウルトラソフトスタートでも問題無さそうだけどね。

ウェーレインは現在12番手。
これ以上のタイム向上は見込めないけど…このサーキットで12番手は凄いわ。

…あー、かなり雨降ってきたみたいだな。


ガレージでのアロンソのリプレイ。
なんか、おこかな?

何やらコーヒー的なものを飲んでるリチャルド。

セッション終了!

皆ガレージ内です。
メルセデス勢のスタートタイヤはフェラーリ勢やレッドブル勢と異なるウルトラソフト。
さて、フェラーリ勢やレッドブル勢が決勝で何処までメルセデス勢に迫れるか…?


…結構しっかり雨降ってるな。

再びジョージ・ルーカス。

アロンソ、中古タイヤで最初のアタックを行った為にしっかりとタイムを出せなかったようだ。
そりゃあ、おこだな。


…おっ、雨上がったみたい?
一部コースが乾きつつあるようだ。


マクラーレンガレージのヴァンドールン。


Q3
フェラーリ勢、メルセデス勢がコースへ。
まだ路面が濡れているんで、皆雨用のインターミディエイトタイヤ履いてますね。
おっ、マッサも出るぞ!

ベッテル無線。
2コーナー、3コーナーが結構濡れてるようだ。

…あ、日が出てきた。
移り変わりが早いなぁ。

まずはベッテル、ハミルトン、ライコネン、ロズベルグの順。
リチャルドが3番手!
マッサは7番手。
ボッタスが4番手。


だいぶ路面が乾いてるね。
各チーム、インターミディエイトからドライ用のウルトラソフトに替えるタイミングを計っている所でしょうか。

おっ、ライコネンがトップ!
ハミルトンがトップを塗り替えた!
更にロズベルグがトップタイムを更新!
バトンは3番手!
リチャルドがトップタイム!
おっと…マッサは最終コーナーで姿勢を乱した!
7番手止まり。
マッサが姿勢乱した所の川井ちゃん「おーぅ、ダメッ…」
フェルスタッペンが3番手。

残りは5分半。
インターミディエイトタイヤでの周回が続いています。
ベッテルが3番手に。
ライコネンが4番手。
ヒュルケンベルグがセクター2最速で来ている…トップタイム!
すぐにリチャルドがトップタイムを更新!

1コーナー前がまだ濡れているようだね…。

ボッタスは4番手。
ベッテルが3番手。
ライコネンが2番手。
ハミルトンがトップタイム!
ロズベルグは2番手。
リチャルドが2番手だ。
おぉ、バトンが2番手に!

残りは4分切った!
ヒュルケンベルグがウルトラソフトに交換!
マッサもウルトラソフトに替えた!
…おぉ、続々とウルトラソフトに替えにきていますね。

全車ドライタイヤ…ウルトラソフトでコースへ!

さぁ、残りは3分切った!
まずはヒュルケンベルグがアタック!
まだ2コーナーの立ち上がりで滑ってホイールスピンが多いようだ。

セクター2で黄旗!
ボッタスがコースオフしていたようだ…。
コースに復帰して黄旗解除。

まずはヒュルケンベルグ…トップタイム!

ベッテルオンボード。
おっと、少し滑ったか。

マッサがトップタイム!
ベッテルは2番手!
ライコネンがトップ!
ハミルトンがトップに!
再びヒュルケンベルグがトップ!
ロズベルグは2番手。
残り5秒で最後尾のバトンがアタックへ入った!
バトンはこれを狙っていたのか…?

チェッカー!
マッサは3番手。
フェルスタッペンは2番手。
ベッテルがトップタイム!
ライコネンは2番手。
リチャルドが3番手。
ハミルトンがトップタイムを更新!
ヒュルケンベルグは2番手!!
ロズベルグは2番手。
最後のバトンは5番手!

ポールポジションはハミルトン!
ロズベルグが2番手、ヒュルケンベルグが3番手だ。

ロズベルグ、ベッテルが5グリッド降格なので、ヒュルケンベルグはフロントローの2番手スタート。
バトンはセカンドローとなる4番手スタート。

嬉しそうなヒュルケンベルグ。
バトンは今季最高位の5番手である。


両端にニコ×2を従えたハミルトンの写真撮影。


ハミルトンのラストアタックのオンボード。
2コーナーがまだ結構濡れてたな。
セクター2で少しフラついたりしてたから、あの辺りも濡れてた?

ヒュルケンベルグ、初ポールを獲得した2010年ブラジルを思い出すコンディションにテンション上がってた。
だからか、3番手は少しがっかり。
バトンは大喜びだったけどね。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

ベッテル、ロズベルグがギアボックス交換により5グリッド降格ペナルティ。

スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
3番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー


パーマー、ハリアント、ナスルに黄旗無視による3グリッド降格ペナルティ。

クビアト、シャシーとギアボックスを交換し、ピットレーンスタートに。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
3番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

ピットレーンスタートは
ダニール・クビアト/トロロッソ

|

« 真綿で首を絞めるように | トップページ | 横並び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高原に降る雨:

« 真綿で首を絞めるように | トップページ | 横並び »