« 炭酸ミスト | トップページ | 高原に降る雨 »

2016年7月 4日 (月)

真綿で首を絞めるように

ひっさびさに同期と飲んだ!
いやぁ、胃腸の調子が戻りつつある段階にまで回復して良かったわぁ。









某小説!
・おじさん登場でなんか張り詰めた場
・引っ掛かる言い方
・分かる人には分かる関係
・寝言wwwとどめwww
・メディファン(CV:グリリバ)
・魔法医
・突然切り込んでくるへたれ
・変な所で鋭いからねー
・だが、空気は読めない
・がっかりだよ!
・意図的なのか、素なのか、良く口を滑らせるおじさんだw
・第3極臭
・イメージし易いようにしてくれる空のお兄さんマジ有能
・古城のデータが出てこんじょう
・GooCleCor
・由緒正しい結界
・セキュリティのしっかりした物件、だなんて意外と一般的なコメント感覚あるんだな、魔女…
・結界のあるなしみたいな物件の条件があるのも魔法が存在する世界ならでは
・空のお兄さん怒り(嘘)のカットインwww
・おっさんにも引かれてるw
・診療所はサクっと検索可能
・流石サイバー妖精、仕事がはやーい!
・アプリを使いこなすおっs…ナイスミドルはかっこいいよね
・もしかして、自作アプリですか??
・魔女の魔力だけじゃなく、他の魔力も感知してるから、普通に市販されてるんかな
・市販品で魔女の魔力感知してたらすげーと思うけど…
・弟さん、一言だけでも十分な存在感…厨二ってすげー!!
・結界をものともしない魔力感知装置
・魔女の魔力が消えたっていうのと、魔女殺し、話が一致してそう
・ここは更に深く掘り下げられそうな所ですね
・誰が殺すように仕向けたのかとか…
・青いカナリアは誰かの導きで城に入り、黄色いカナリアと出会った
・どうやって入ったのかも謎の1つですかね
・おとんはよく気付いていたな
・記憶が想い出せないように細工されてる感じ
・取り返しの付かない事
・ん、仮死状態になって、今も治療中?
・今回は良く切り込むへたれ
・魂だけやってきた
・契約内容はまだ言えない
・鋭い魔道士
・タダで治療してもらってるw
・皆忘れてた弱点の話
・見てる方も忘れてると思うw
・テレパシーは契約内容に含まれておりません
・むしろ、契約にオプションつけたのかよw
・「魔女」と呼ばれる存在の弱点は聖なる炎
・魔女が成り代わった星神は炎と大地を司ってるから、もう効かなそう
・めっちゃ症状軽くなってるのすげー!
・魔女を丸ごと宝石化して無力化しようとしてたのか
・星神の力を借りるとは言え、すっげぇ大胆ですっげぇ無謀な方法に思えるな
・郵便屋さん
・封印を内側から破ろうとする力が強まっている
・封印魔法はまだ有効なのか?
・青が神殿へ…僕組も神殿へ向かうよね
・なかった事にされてるから逆に行動しやすそう
・姐さん倒れたー!!
・通常の戦闘なら朝飯前だが、流石にイレギュラーな状況下での戦闘が続いたら倒れるわな
・しかも、夜通しで、流血もしてたしな
・休息が必要なのは明白ですね
・ケンカを煽る炎www
・医者として本当に優れた洞察力を持っているなぁ
・症例www
・頭はめっちゃ冴えてるへたれ
・何か忘れてるへたれ
・自らの魔力を分け与えるとなると、疲れそうだね…
・術者が制限されている回復魔法を使える青いカナリアは…
・いや、使用をいつ認められたんだろ
・子供の頃だろうな
・図書館で調べ物
・道路のお兄さん、あんだけドンパチやっといて元気だなwww
・火の玉ーズは裏世界であれば魔力を消費してもすぐに補充できる
・故に現在は元気そのもの
・火の玉が大きい魔術所を捲るというシュールな光景
・表情豊かな(推測)火の玉
・図書館って蔵書多いから毎日通い詰めないとパッと目的のもの見つけられないよね
・世界が違えば理も違う
・道路のお兄さん、ホント元気だな…w
・ミステリー番組観てるみたいになってるwww
・そういう中にヒントが入ってたりして
・あ、ダメだ、いつの間にか近所のにゃんこの話になってるw
・扉の横の蔦状の苗のような何かってw
・黄色いカナリアが苦笑い
・きっとアレやコレやに使われてたものに違いない
・若いねぇ、炎w
・火の玉は盗み見ようが何しようが分からないような…www
・へたイエローがへたれてない
・凄くシリアスでかっこいいシーンだ
・だが、同時にかなりきな臭いシーンでもある
・この姉弟本当に良い姉弟だなー
・危ういバランスで成り立ってるのに何故かアットホームに感じる関係
・道路のお兄さんがたまに見せる、お兄さんな所
・影を利用して諜報できたら本当に凄いぞ!
・見せ場になるか?
・雷は意外と淡泊な事言ってるw
・突然のモチ
・ちっちゃな手を振って自己主張するモチちゃんマジ天使
・頬だか脇腹だか分からない
・こねられて不機嫌そうwww
・敬礼www
・これはモチちゃん大活躍フラグw
・最強生物はダテじゃない!
・非常食(そもそもそんな持久戦するのかw)や囮は分かるが、賄賂ってwww
・物語の魔女
・魔女になると人間の時より欲求に忠実になる(オイシイ…
・突然の炎
・「確かめたい」の標的ですか
・会議中からかなり物語の魔女を気にしていたからな
・不穏な動きの兆候はこの辺りからあったね
・物語の魔女に嫌われる炎w
・まぁ、昨今の炎はイルカちゃんと仲良かったのでね
・指先で顎を持ち上げられるような
・叩いたwww
・物理が火の玉に効く辺り、流石は違う世界線、流石は魔女
・炎の炎で掌まで焼けたか…
・つまり、異界の神の炎であっても、聖なる炎には変わりない、と
・そしてもう一つの事実をさりげなく披露している…
・自分的には、非常に重要なシーンである
・元通りにしたのは物語の魔女の能力かな?
・それとも、別の要因?
・ここも重要だな…
・恋人の椅子の空きがいっぱいあるのは問題だなw
・お断りされてるwww
・脅してるwww
・おぉ、腕の一振りで炎の欠片を吹き飛ばした
・すっげぇ追い詰めてる感
・この辺りの炎の声音は素の声…聞く者を恐れさせるような重低音だな
・そしていつもの調子に戻るのであった
・好意、神、友情、目的…
・めっちゃ信じられてないの笑うwww
・最後の囁きはまた重低音かな
・まぁ、炎が何を考えているかは他の方に勘繰ってもらいましょうかね!
・俺自身はもう一度会議内容を精査しないとならないようだが…
・おじさんの現在の目的も当初とは違うっぽいから、こっちも注目ですかね

|

« 炭酸ミスト | トップページ | 高原に降る雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真綿で首を絞めるように:

« 炭酸ミスト | トップページ | 高原に降る雨 »