« 中世墓碑ステチュツィの残る墓所群 | トップページ | アンテケラのドルメン遺跡 »

2016年7月27日 (水)

ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―

2016年に登録された、フランス、ドイツ、ベルギー、スイス、アルゼンチン、インド、日本に跨がる世界文化遺産です。
20世紀の近代建築運動に多大な影響を及ぼした近代建築の巨匠、建築家ル・コルビュジエの作品群。
その中でも傑作とされる住宅、工場、宗教建築、美術館等をまとめたものがこの案件。
1回目の申請では「情報照会」、2回目の申請では「登録延期」となっており、インドの資産を加えて臨んだ3回目の申請で登録されました。
2回目の申請の際は構成資産のうち3件しか「顕著な普遍的価値」を認められていなかったので、大きな進歩をしたという事ですね。
ホスト国のフランスを筆頭に欧州が中心ですが、世界7ヶ国の国々の共同推薦で、アジアや南米といったヨーロッパ以外の地域も含まれている事が特徴。
これにより、初となる大陸を越えた世界遺産という非常にキャッチーなものとなった。

以下、構成資産。

フランス
ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸(パリにある、銀行家ラウル・ラ・ロッシュとコルビュジエの実兄にあたる音楽家アルベール・ジャンヌレの邸宅)

ペサックの集合住宅(ボルドー近郊のペサックにある、工場労働者向けの集合住宅。シテ・フリュジェとかフリュジェ近代街区等とも呼ばれる)

サヴォワ邸(パリ近郊のポワシーにある、行政官サヴォワ夫妻の別邸。コルビュジエの重視する五原則が集約された傑作として高い評価を持つ。尚、雨に弱く、雨漏りがあったらしい)

ナンジェセール・エ・コリ通りのアパート(パリ近郊のブローニュ=ビヤンクールにある、ブローニュの森に近い集合住宅。コルビュジエがアトリエと住居を構えた)

ユニテ・ダビタシオン(マルセイユにある、第二次大戦後の復興期に建てられた集合住宅。生活に必要な各種施設も整えられていたらしく、2009年時点ではホテル、スーパー、幼稚園、屋上プール、スポーツジム等がある)

サン・ディエ工場(アルザス=ロレーヌ地方にある工場。第二次大戦後の都市復興計画によって再建された、メリヤス等の織物工場。)

ロンシャンの礼拝堂(オート=ソーヌ県ロンシャンにある礼拝堂。正式名は「ノートルダム=デュ=オー礼拝堂」。後期の最高傑作と目される事もある)

カップ・マルタンの小屋(ロクブリュヌ=カップ=マルタンにある、地中海に臨む休暇小屋<カバノン>。コルビュジエの妻に贈ったもので、彼自身もしばしば立ち寄っていたようだ)

ラ・トゥーレットの修道院(ローヌ県エヴーにある修道院。正式名は「サント=マリー=ド=ラ=トゥーレット修道院」。ドミニコ会という修道会の神学生の為に建てられた。意図的に斜面に建設され、空間設計に工夫が凝らされているとか)

フィルミニのレクリエーション・センター(ロワール県フィルミニにある文化・居住施設群。スタジアムや「文化と青少年の家」、ユニテ・ダビタシオン、サン・ピエール教会等複数の施設を一体化させた計画都市的なもの。コルビュジエが亡くなる前に完成せず、長い間未完成だった。2004年工事再開、2006年竣工)


ドイツ
ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅(バーデン=ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルトにある、住宅展に出展された住居)


ベルギー
ギエット邸(フランデレン地域、アントウェルペン州の州都アントウェルペンにある、画家ルネ・ギエットの邸宅)


スイス
レマン湖畔の小さな家(長さ20m、幅3mの文字通り「小さな家」。コンパクトな室内で快適に過ごせるように家具配置等も配慮された作り。来客時にベッドを隠せる間仕切りもある。横長の窓からは陽の光が入り、レマン湖やアルプス山脈が望める。が、コンクリートの父とも言われる建築家オーギュスト・ペレとの間に「窓論争」が起こる原因ともなった。後、竣工の数年後に漆喰がひび割れた為、金属製の波板で覆う等の補修を行ったらしい)

イムーブル・クラルテ(ジュネーブにある集合住宅。コルビュジエが最初に手掛けたアパートで、可動する仕切り壁、ビルトイン家具、スチール・フレームの採用等の特色を持つ。また、赤いブラインドは「ブリーズ・ソレイユ」の元のひとつとなったそうだ)


アルゼンチン
クルチェット邸(ブエノスアイレス州の州都ラ・プラタにある、外科医ペドロ・ドミンゴ・クルチェットの邸宅)


インド
チャンディーガル(パンジャーブ州の州都、チャンディーガル。以前の州都ラホールから遷った際にインド高官の依頼で都市計画したもの。碁盤の目状の区画に商業地区、行政地区等を配置した。特徴的なのがアーチ状の空隙を持つ屋根とブリーズ・ソレイユ<日除け格子>を持つ高等裁判所、独特の形状の庇を持つ議事堂。制約が反対が多くて実現出来なかった要素が多く、コルビュジエ本人もその出来栄えに不満があったようだ)


日本
国立西洋美術館(東京都台東区上野にある美術館。日本に残る唯一の、そして東アジア唯一のコルビュジエ建築。フランスから返還される「松方コレクション」の受け入れ先として建設。「無限成長美術館構想」の体現や独特な照明配置、1階部分が柱だけの設計等、特徴的な思想が詰まっている。尚、コルビュジエは基本設計までで、実施設計は彼の弟子を含む日本人建築家3名が行った)


尚、ル・コルビュジエの故郷であるスイスのラ・ショー=ド=フォンは世界遺産である。








さて、そろそろ忙しくなるぞ…。








某小説!
・抱えられる程小さくなった…火葬文化なのね
・意味深科白
・父の言葉??
・母の弱音とは
・明るいうちから夜這いだー!!!!
・子犬ーずの寝てる姿prprhshs!!
・ひよこの寝てる姿mgmg
・少しずつ失われた過去に向かっているのが何か良い
・愚直なまでの行動力かぁ
・知らないうちに元気を分けてるへたれ
・セ●ム(物理)
・サイバー妖精兄姉の兄姉愛
・メイドとマーダーの特殊性
・レイプ目組がどのステップまで進んでいるのかは気になるな
・黒組も特殊
・不死の体
・あ、着替える事できないんだw
・情報収集
・エラったw
・パネルがまさかのネコ化w
・招集
・招集号令はパネル使わないでテレパシー
・めっちゃじゃれてるwww
・小猫を撫でる小猫
・剣幕(かわいい)
・いるだけで集られる弟さんw
・大きなうさたんを抱きしめてるの可愛いw
・おい、とっしーwww
・どこぞの妹さんは見習うと良いんじゃないかなwww
・†魔女の黒衣を纏いし白猫の少女†
・黒なのか白なのか
・容赦ないツッコミのジャブ
・弟さん虐め
・†反逆†
・†聖戦†
・今度は直球ドストレートな感想がw
・ヘタレンジャーに加入しませんか?
・突然の少年
・黒い人
・ゲムヲさんかな?
・特に暑苦しそうな弟さん
・流れるような連係プレー
・マジックミラー結界
・期間限定、秘密の能力
・弟さんが何やらかっこいい
・本体は可愛いけどw
・気丈な小猫
・説明する事に定評のあるうちの子
・引っ張られる弟さん…w
・いけ好かない4人www
・小猫によるハイパー説明タイム
・めちゃめちゃ解明してるなwww
・この黒組はまだまだ影響下にあるという事
・下手したらスパイのようになってしまうという危うさ
・疑念を既に確かめてる小猫マジ有能
・ハイパーぬこまみれタイムw
・無意識には覗けない
・覗けと命令された僕がいたらヤバいやつや
・このネットワークは小猫が監視しています<◎><◎>
・見られてるかも
・いやんw
・バーサーカーお姉ちゃん最強説
・物理で殴り殺しw
・ハイパーぬこタイムwww
・これは酷いwww
・はしゃいじゃダメw
・弟さん頑張れ
・弟さんにも同情されるへたれ
・危険だよwww
・ニンジャ!!
・煽っちゃダメwww
・暴走は止まらない
・スルーされて不貞腐れる弟さんw
・†孤独な闇†
・†黄昏に消える儚き†
・ちいさなおててでよしよししてるうさたん可愛い!!
・テレパシーもシャットアウトできるんだ…w
・完全に弟さん向けの言葉選び…
・†運命に選ばれし黒衣の堕天使†
・言葉選びと演説が上手い小猫
・弟さんがその気になったー!!
・大事な事なので2回言いました
・めっちゃ念押しw
・沙姉さん完全に苦労人ポジションだわーw
・心でディーフェンスディーフェンス
・†選ばれし黒衣の堕天使†
・†運命の使徒†
・†我が同胞よ†
・弟さんと妹さんがハイタッチw
・熱中症の心配
・屋内でも熱中症には注意(
・敵も味方も邪魔と言い切るこの度胸w
・確かに、青んちは今もぬけの殻だが…w
・ヘアピンで青んちの鍵一発オープンwww
・それあかんやつやwww
・バレなきゃ犯罪にはならないwwwこれは酷いwww
・あの時大人しく戯れてたじゃないですかーw
・ヘアピンで鍵が開く事確認して何するつもりだったのか…w
・ところで、この無謀な作戦、勝算あるのかな?
・何かしらの返り討ちに遭う予想しかできないのだがw
・お風呂ーーーーー!!
・くっそwww
・リア充爆発www
・魔法言語の早見表カモンーーーーーーーー!!
・このやり取り気になるけど全然読めそうなセクションがないw
・一番最初の一番最初の文字が読めないから分からんw
・セ●ムの中の人
・空気の読めるセ●ム
・そういや、魂見れるならきっとうちの人の一部の中に眠っているものも見えてるんだろうなぁ
・物語の魔女の疑問点
・炎が物語の魔女と接触した理由の一つと関わっている事かは分からんな…
・心配ばかりしているとハゲる
・黄色が髪を揃えてた
・髪の長いの「も」…言い方次第
・くっそくっそwww
・リア充めwww
・…と思ったらめっちゃシリアスだった
・テレパシー繋がってたら結界関係ないか
・彼氏には危害を加えない言うたな?
・真名言えばさっさと連れ戻せるけど、それをしないのは何か意味があるんだろうな
・なんだろー
・胡散臭い世界平和
・イルカちゃんをちょいちょいdisっていくスタイル
・おっと、脅迫
・結局彼氏は大丈夫そう
・その代わり、水色が危険だな?
・現時点で守る者はいない
・あ、間接的に危なかった
・真名さえ知っていれば誰でも命令できるから、僕に命令させる事もできる訳だな
・黄色が魔女の元に行けば水色も守られる…?
・さて、黄色はどうするか
・動き始めた黄色と水色、そして黒組
・勝手に動いてる炎と良い、どういった結末を呼び込むんでしょうねー

|

« 中世墓碑ステチュツィの残る墓所群 | トップページ | アンテケラのドルメン遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―:

« 中世墓碑ステチュツィの残る墓所群 | トップページ | アンテケラのドルメン遺跡 »