« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月30日 (土)

怪獣王再び











Shin_gojira
シン・ゴジラ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニの考古遺跡

2016年に登録された、トルコの世界文化遺産です。
アニはトルコの北東部、アルメニアとの国境近くに位置。かつてはシルクロードの要衝であり、10世紀頃のアルメニア王国の首都でもありました。
アルメニア王国は世界で初めてキリスト教を国教とした国らしいけど、キリスト教の大国であるビザンツ帝国やイスラム教の大国であるアッバース朝、セルジューク朝等に支配されたとか。
その為、2つの宗教の影響を受けた複雑な文化を持っていたんだって。
イコモスは他との比較研究が不足している為、「登録延期」を勧告していたが、その後登録される事となったそうだ。


これで2016年に登録されたヨーロッパの世界遺産シリーズは終わり。








今日は非常に貴重な体験をした!!
中々できないで…。

結構興奮してました、はいw


メイクなんて初めて!
なんか、役者さんみたいな感じだったなぁ。
番傘…大和だな、うん。






帰ってギャレス版ゴジラ観てました。
もう1回観直したりするとまた面白いね。
雀路羅市。

日本では絶対に航空機や戦闘機は落ちないけど、アメリカではバンバン撃墜されたり墜落したりする。

ゴジラがハワイに上陸した際の津波とかカットされてるな…。








F1ハンガリーGP予選!!
ハンガリーは雨!!
結構降ってるよね…。

セーフティーカーがコースをチェック中。
雷も鳴ってるらしい。

エンジニアも笑顔なレッドブルガレージ。
雨雲がピンポイントでハンガロリンク上空にいるらしい。

上空から雨の範囲が分かる…!

あー、どしゃ降りwww
予選が10分延期になりました。
縁石の所に川ができてるし。

セーフティーカーが再びコースをチェック。
水飛沫凄いぞ。
画面を見るハミルトンの微笑んでる表情は…すげぇな的な苦笑いか?


更に10分延期。

ピットレーンに水溜まりが!


セーフティーカーチェック中。
舗装した路面の水捌けはかなり良いらしい。

さぁ、スタート時間確定!
20分遅延されましたね。

風割と強いんだとか。
雨は止んだか?

マッサ、ヒュルケンベルグ、ボッタスとピットレーンに並んできました。
ルノー勢やマクラーレン、メルセデスも並んでるようですね。


Q1開始!
早速ペレスの無線。
5分後にまた雨が降る可能性…?

マッサ、アタックへ…っと、アタック前の最終コーナーで少し滑った!

マッサ無線。
ヘヴィレイン…だと?!
最初の2、3周が大事だって言われてます。


ベッテル無線。
強い雨だと報告。
マジか、来てるのか…。


…おぉ、凄い雨!
国際映像ではホームストレートが見えないくらいのどしゃ降りだ!
当然、オンボード映像でも前が見えない状態!

残り13分8秒、赤旗中断!

リプレイだったかな?
クビアトが少し膨らんだ所をハミルトンがインからパスしようとする。
雨の中のサイド・バイ・サイド!
怖いwww怖いwww


雨の中ウォータースライダーをやる人達が映る。


…おっ、セーフティーカーがコースチェックに入った!

国際映像のカメラを拭いてあげるトロロッソクルー。
現地時間14時40分からリスタート。

フェルスタッペンを先頭に、ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン…と並び始めています。


リスタート!

ベッテル無線。
ピー音。
もはや恒例…w


あら、セクター2で黄旗!

なんと…エリクソンがウォールにクラッシュ!!


残り9分00秒で赤旗!!


レッドブル勢がタイムを出して順位を上げていた所だったけどね…。
うーん、風が強いみたい。


エリクソンのリプレイ。
横滑りしてそのままウォールに突っ込んでしまったようだ。


おっ、日も出てきていますね。
中断の間にピットレーンの水捌けを行うピットクルー。
ピットインしてきた時に滑ったりしないように。


14時55分、3度目のリスタート!
再びピットレーンに並びます。
ナスルが先頭でコースイン。


レッドブル勢とライコネンがここで浅溝のインターミディエイトタイヤを使用!
ちょっとしたギャンブルかな。
リスタート時にピットレーンに並んでいた人達はウェットタイヤ、ガレージで様子見だった人達はインターミディエイトタイヤという分かれ方みたいです。

ハミルトン、セクター2でコースオフ!
黄旗!

ん、また黄旗!

…あっと、クラッシュだ!

あー、マッサが…!!
これはやっちまったな…。。

マッサはインターミディエイトでコースに出ていましたが…滑ってしまったのかな。


赤旗!
残り5分20秒。

路面上にフロントウィングのパーツが…。


マッサのリプレイ。
路面のホワイトラインを触って滑ったみたいだ…。
ノーズをウォールに擦ったまま滑って行っていった…濡れた芝生は全然止まらないみたいですね。


…あ、マッサの髪がヤバい。


ハンガロリンクは完全に日差しが出ました。
これはインターミディエイトの範囲内でしょうか。


マッサ弟の腕のミステリーサークルは何だ?www


セーフティーカーで戻ってくるマッサ。


15時7分に再開する事がアナウンスされました。
アロンソ、ナスル、ハミルトン、ベッテルが並び始めます。
もう皆インターミディエイトですね。
マッサは15番手だから、Q2進出は絶望的だな…。


4度目のリスタート!
…ん、マグヌッセンはウェットタイヤ?

残り3分30秒、ハミルトンがアタックへ!

マグヌッセンがここでピットイン。
どうした?

マグヌッセン、コースへ戻ったようだ。
インターミディエイトに替えたのかな?


ハミルトンがトップ!
ベッテルはアロンソの後ろ、3番手!

残り1分39秒、セクター2で黄旗!

グティエレスが5番手に。
サインツJr.が4番手に。
ライコネンは5番手。
グロージャンが4番手に飛び込んだ!


…おっと、ハリアントがコースオフしてストップしてる!!
セクター2の黄旗はこれか…。

バトンが9番手。
クビアトは7番手。
ロズベルグがトップ!


残り1分18秒で赤旗!!
そしてQ1終了!

パーマーの無線。
ピー音×2。


ウェーレインはライコネン並のタイムで走っていたが、僚友のストップに泣かされる。


15時19分にQ2スタートする事がアナウンスされています。


Q2
ベッテルがインターミディエイトを履いてピットレーンへ。
先頭です。
後ろにはボッタス。
次いでサインツJr.、ライコネンが出てきました。
そして、クビアト、グロージャン、ロズベルグ、ナスル、ハミルトンも出てきています。

ロズベルグ、最終コーナーの縁石で滑りつつもトップタイム。
ハミルトンがトップを塗り替える!
更にリチャルドが塗り替えた!

ベッテルのリプレイ。
縁石の水溜まりでちょっと滑っています。
最終コーナーの縁石でも滑ってめっちゃ水飛沫が飛んでいます。

残り9分。
アロンソ、タイムを更新するが、まだ11番手。
ガレージでヴァンドールンが見てる。

間もなく残り8分。
ベッテル、ボッタスがピットイン!
いよいよドライタイヤへ履き変えます。
リチャルドも入ってきたか。
ボッタスはスーパーソフト、リチャルドは良く見えない…ソフトかな?

その間に、居残り組のフェルスタッペンが2番手に。


ボッタスのオンボード。
まだ各所で滑るのか、ステア修正が多いな…。
マシン自体のダウンフォースが足りてないのもあるんだろうけど。

ベッテルがここでコースへ。
ボッタスと同じタイミングで入ってたけど、少し待ってたんだね。
路面が少しでも改善してからという事だったのでしょう。

さぁ、ここから激しくなりますよ…
まずはボッタスがトップタイム!
それを塗り替えたのはアロンソ!
おっと、ペレスがトップタイムに!
ドライタイヤ勢がタイムを更新しています!
ライコネンは7番手。
ベッテルがトップタイム!
サインツJr.は4番手だ。
おぉ、グロージャンが2番手!
ここでアロンソがトップタイム!

残りは2分10秒!

ロズベルグは3番手だ。
ヒュルケンベルグが7番手。
バトンは5番手タイム!
フェルスタッペンが3番手。
ライコネンは4番手。

リチャルドのリプレイ。
1コーナーで少し膨らんでますね…。

クビアトが6番手。

ここでチェッカー!
まずはライコネンがトップ!
どんどん路面が良くなっているので、後続が有利ですね…。
サインツJr.がトップタイム!
ベッテルがトップタイム!
グティエレスは5番手。
おぉ、アロンソがトップタイム!
ナスルは9番手。
グロージャンは4番手。
ハミルトンは…おっと、4番手だ!
ボッタスが3番手に!
ヒュルケンベルグが3番手!
ロズベルグがトップタイム更新!
クビアトは10番手。
ペレスは惜しくも11番手、ここでノックアウトだ。
フェルスタッペンがトップタイムだ!
リチャルドは3番手!
ハミルトン、ギリギリ10番手でQ2通過!
ペレスが伸びなかったのが幸いしたようだ。
一方で、ライコネンがここで敗退。
マクラーレンはマクラーレン・ホンダ復活後初となる2台揃ってのQ3進出!

グロージャン無線。
ピー音。

ハミルトンのオンボードリプレイ。
1コーナーで少し膨らんでしまっている。
これでタイムが伸びなかったのだろう。


グロージャンがガレージに戻ってきています。
カメラに向かって肩を竦める仕草。


Q3
ロズベルグが真っ先にコースへ。
勿論、もうドライタイヤです。
その中で一番柔らかいスーパーソフトである。
そして、ここからはDRSも使用可能。

国際映像もGPSデータでアロンソとバトンを載せる辺り、期待してそうな感じ。

まずはハミルトンがトップ。
リチャルドがDRS開きながら最終コーナーの縁石に乗ったら、水飛沫上げながらすっごい滑った。

ロズベルグ、2回目のアタックはタイム更新するも2番手止まり。

ベッテルも最終コーナーの縁石で挙動乱したな。
5番手です。

残り5分。
リチャルドが3番手、フェルスタッペンが4番手とレッドブル勢がベッテルを上回っています。

ベッテルのリプレイ。
最終コーナーで滑るも、マシンが安定してからDRS開いているのが見える。

フェルスタッペン無線。
…ん?
ギアボックストラブル?

残り2分!
おぉ、ここでサインツJr.が6番手に上がった!

残り2分切って各車ラストアタックへと向かいます。
ハミルトンの10秒くらい後ろにロズベルグがいますね。
しんがりはフェルスタッペン。

…あ、セクター3で皆間隔調整しとる…www

チェッカー!
フェルスタッペン、間に合わず!
間隔調整の煽りを受けたようだ。

ハミルトン、速い!

おっと、セクター2で黄旗!
ハミルトンは現場に差しかかって減速。
…あらら、アロンソがスピンしていた!
各車減速してアタックを止めています。
…おや、ロズベルグはプッシュしてるぞ?

ロズベルグ、タイムを更新してトップタイム!
ポールポジション獲得!
ボッタスもタイムを更新したみたいだ。
10番手は変わらないけど。


メルセデスクルーの背中に塩が…www

フェルスタッペンのリプレイ。
前のボッタスがスピード落としてきたから減速したって所。
これによってラストアタックに入れなかったようですね。


恒例のニコパンチ。


ロズベルグのリプレイ。
黄旗の区間でそんなスピード落としてないような感じも…?
解説陣はあかん言うてます。
これは彼のアタックラップを最初から見たいですね。


録画はここで終了。
まぁ、1時間遅れて2時間かかったからね…。
徹子の部屋とか観られなかったわ。


4時間後くらいにラストアタックの件でロズベルグが呼び出し。
審議の結果、不問とされました。
勿論、ハミルトンは不服ですが。
ベッテルも良い例ではないと否定的になっています。


ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
4番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
7番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
8番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
15番手からはエステバン・グティエレス/ハース
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
19番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
21番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
22番手からはリオ・ハリアント/マノー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

アンテケラのドルメン遺跡

2016年に登録された、スペインの世界文化遺産です。
ドルメンとは支石墓(しせきぼ)の事。巨石によるお墓である。
その形態は基礎となる支石を埋葬地を囲うように並べた上に巨大な天井石を載せるというもの。
「アンテケラ」はおそらくアンダルシア州の都市マラガの北方に位置する町アンテケラ(アンテケーラ)だと思う。ネバダ山脈の西端辺りですかね。
この世界遺産はメンガとビエラと呼ばれるドルメン、それにエル・ロメラルという地下墳墓、エル・トルサル等2件の非人工記念物で構成。
メンガを構成する巨石の総重量は835tだとか!
かつての巨石葬礼文化を伝えるとして評価されたようです。






Jaga_choco_nano_saltlemon_2
じゃがチョコ nano
塩レモン味!!


じゃがチョコnanoの新しい味。
まるで地中海的な爽やかなパッケージが夏っぽくて良いですよね!

すっきり仕立てとの事ですが、どうでしょうか。


Saltlemon
ベースはホワイトチョコでしょうか。
塩レモン味だからか、若干黄色みがかっているような…。


うん、ちょっと柑橘系の酸味。
確かにすっきりしていて爽やかだ。

これは冷やすと…ちょっと凍らせると良さそう。


ちょっと酸味のあるチョコスナックって感じかな。
じゃがいもの味が割とおいてけぼりになっていたような…。
いや、実際していたけど、印象が薄かっただけかもだけど。

なんていうか、わざわざじゃがチョコでやらなくても…という気はする。
塩レモン味チョコはありだと思うよ、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―

2016年に登録された、フランス、ドイツ、ベルギー、スイス、アルゼンチン、インド、日本に跨がる世界文化遺産です。
20世紀の近代建築運動に多大な影響を及ぼした近代建築の巨匠、建築家ル・コルビュジエの作品群。
その中でも傑作とされる住宅、工場、宗教建築、美術館等をまとめたものがこの案件。
1回目の申請では「情報照会」、2回目の申請では「登録延期」となっており、インドの資産を加えて臨んだ3回目の申請で登録されました。
2回目の申請の際は構成資産のうち3件しか「顕著な普遍的価値」を認められていなかったので、大きな進歩をしたという事ですね。
ホスト国のフランスを筆頭に欧州が中心ですが、世界7ヶ国の国々の共同推薦で、アジアや南米といったヨーロッパ以外の地域も含まれている事が特徴。
これにより、初となる大陸を越えた世界遺産という非常にキャッチーなものとなった。

以下、構成資産。

フランス
ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸(パリにある、銀行家ラウル・ラ・ロッシュとコルビュジエの実兄にあたる音楽家アルベール・ジャンヌレの邸宅)

ペサックの集合住宅(ボルドー近郊のペサックにある、工場労働者向けの集合住宅。シテ・フリュジェとかフリュジェ近代街区等とも呼ばれる)

サヴォワ邸(パリ近郊のポワシーにある、行政官サヴォワ夫妻の別邸。コルビュジエの重視する五原則が集約された傑作として高い評価を持つ。尚、雨に弱く、雨漏りがあったらしい)

ナンジェセール・エ・コリ通りのアパート(パリ近郊のブローニュ=ビヤンクールにある、ブローニュの森に近い集合住宅。コルビュジエがアトリエと住居を構えた)

ユニテ・ダビタシオン(マルセイユにある、第二次大戦後の復興期に建てられた集合住宅。生活に必要な各種施設も整えられていたらしく、2009年時点ではホテル、スーパー、幼稚園、屋上プール、スポーツジム等がある)

サン・ディエ工場(アルザス=ロレーヌ地方にある工場。第二次大戦後の都市復興計画によって再建された、メリヤス等の織物工場。)

ロンシャンの礼拝堂(オート=ソーヌ県ロンシャンにある礼拝堂。正式名は「ノートルダム=デュ=オー礼拝堂」。後期の最高傑作と目される事もある)

カップ・マルタンの小屋(ロクブリュヌ=カップ=マルタンにある、地中海に臨む休暇小屋<カバノン>。コルビュジエの妻に贈ったもので、彼自身もしばしば立ち寄っていたようだ)

ラ・トゥーレットの修道院(ローヌ県エヴーにある修道院。正式名は「サント=マリー=ド=ラ=トゥーレット修道院」。ドミニコ会という修道会の神学生の為に建てられた。意図的に斜面に建設され、空間設計に工夫が凝らされているとか)

フィルミニのレクリエーション・センター(ロワール県フィルミニにある文化・居住施設群。スタジアムや「文化と青少年の家」、ユニテ・ダビタシオン、サン・ピエール教会等複数の施設を一体化させた計画都市的なもの。コルビュジエが亡くなる前に完成せず、長い間未完成だった。2004年工事再開、2006年竣工)


ドイツ
ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅(バーデン=ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルトにある、住宅展に出展された住居)


ベルギー
ギエット邸(フランデレン地域、アントウェルペン州の州都アントウェルペンにある、画家ルネ・ギエットの邸宅)


スイス
レマン湖畔の小さな家(長さ20m、幅3mの文字通り「小さな家」。コンパクトな室内で快適に過ごせるように家具配置等も配慮された作り。来客時にベッドを隠せる間仕切りもある。横長の窓からは陽の光が入り、レマン湖やアルプス山脈が望める。が、コンクリートの父とも言われる建築家オーギュスト・ペレとの間に「窓論争」が起こる原因ともなった。後、竣工の数年後に漆喰がひび割れた為、金属製の波板で覆う等の補修を行ったらしい)

イムーブル・クラルテ(ジュネーブにある集合住宅。コルビュジエが最初に手掛けたアパートで、可動する仕切り壁、ビルトイン家具、スチール・フレームの採用等の特色を持つ。また、赤いブラインドは「ブリーズ・ソレイユ」の元のひとつとなったそうだ)


アルゼンチン
クルチェット邸(ブエノスアイレス州の州都ラ・プラタにある、外科医ペドロ・ドミンゴ・クルチェットの邸宅)


インド
チャンディーガル(パンジャーブ州の州都、チャンディーガル。以前の州都ラホールから遷った際にインド高官の依頼で都市計画したもの。碁盤の目状の区画に商業地区、行政地区等を配置した。特徴的なのがアーチ状の空隙を持つ屋根とブリーズ・ソレイユ<日除け格子>を持つ高等裁判所、独特の形状の庇を持つ議事堂。制約が反対が多くて実現出来なかった要素が多く、コルビュジエ本人もその出来栄えに不満があったようだ)


日本
国立西洋美術館(東京都台東区上野にある美術館。日本に残る唯一の、そして東アジア唯一のコルビュジエ建築。フランスから返還される「松方コレクション」の受け入れ先として建設。「無限成長美術館構想」の体現や独特な照明配置、1階部分が柱だけの設計等、特徴的な思想が詰まっている。尚、コルビュジエは基本設計までで、実施設計は彼の弟子を含む日本人建築家3名が行った)


尚、ル・コルビュジエの故郷であるスイスのラ・ショー=ド=フォンは世界遺産である。








さて、そろそろ忙しくなるぞ…。








某小説!
・抱えられる程小さくなった…火葬文化なのね
・意味深科白
・父の言葉??
・母の弱音とは
・明るいうちから夜這いだー!!!!
・子犬ーずの寝てる姿prprhshs!!
・ひよこの寝てる姿mgmg
・少しずつ失われた過去に向かっているのが何か良い
・愚直なまでの行動力かぁ
・知らないうちに元気を分けてるへたれ
・セ●ム(物理)
・サイバー妖精兄姉の兄姉愛
・メイドとマーダーの特殊性
・レイプ目組がどのステップまで進んでいるのかは気になるな
・黒組も特殊
・不死の体
・あ、着替える事できないんだw
・情報収集
・エラったw
・パネルがまさかのネコ化w
・招集
・招集号令はパネル使わないでテレパシー
・めっちゃじゃれてるwww
・小猫を撫でる小猫
・剣幕(かわいい)
・いるだけで集られる弟さんw
・大きなうさたんを抱きしめてるの可愛いw
・おい、とっしーwww
・どこぞの妹さんは見習うと良いんじゃないかなwww
・†魔女の黒衣を纏いし白猫の少女†
・黒なのか白なのか
・容赦ないツッコミのジャブ
・弟さん虐め
・†反逆†
・†聖戦†
・今度は直球ドストレートな感想がw
・ヘタレンジャーに加入しませんか?
・突然の少年
・黒い人
・ゲムヲさんかな?
・特に暑苦しそうな弟さん
・流れるような連係プレー
・マジックミラー結界
・期間限定、秘密の能力
・弟さんが何やらかっこいい
・本体は可愛いけどw
・気丈な小猫
・説明する事に定評のあるうちの子
・引っ張られる弟さん…w
・いけ好かない4人www
・小猫によるハイパー説明タイム
・めちゃめちゃ解明してるなwww
・この黒組はまだまだ影響下にあるという事
・下手したらスパイのようになってしまうという危うさ
・疑念を既に確かめてる小猫マジ有能
・ハイパーぬこまみれタイムw
・無意識には覗けない
・覗けと命令された僕がいたらヤバいやつや
・このネットワークは小猫が監視しています<◎><◎>
・見られてるかも
・いやんw
・バーサーカーお姉ちゃん最強説
・物理で殴り殺しw
・ハイパーぬこタイムwww
・これは酷いwww
・はしゃいじゃダメw
・弟さん頑張れ
・弟さんにも同情されるへたれ
・危険だよwww
・ニンジャ!!
・煽っちゃダメwww
・暴走は止まらない
・スルーされて不貞腐れる弟さんw
・†孤独な闇†
・†黄昏に消える儚き†
・ちいさなおててでよしよししてるうさたん可愛い!!
・テレパシーもシャットアウトできるんだ…w
・完全に弟さん向けの言葉選び…
・†運命に選ばれし黒衣の堕天使†
・言葉選びと演説が上手い小猫
・弟さんがその気になったー!!
・大事な事なので2回言いました
・めっちゃ念押しw
・沙姉さん完全に苦労人ポジションだわーw
・心でディーフェンスディーフェンス
・†選ばれし黒衣の堕天使†
・†運命の使徒†
・†我が同胞よ†
・弟さんと妹さんがハイタッチw
・熱中症の心配
・屋内でも熱中症には注意(
・敵も味方も邪魔と言い切るこの度胸w
・確かに、青んちは今もぬけの殻だが…w
・ヘアピンで青んちの鍵一発オープンwww
・それあかんやつやwww
・バレなきゃ犯罪にはならないwwwこれは酷いwww
・あの時大人しく戯れてたじゃないですかーw
・ヘアピンで鍵が開く事確認して何するつもりだったのか…w
・ところで、この無謀な作戦、勝算あるのかな?
・何かしらの返り討ちに遭う予想しかできないのだがw
・お風呂ーーーーー!!
・くっそwww
・リア充爆発www
・魔法言語の早見表カモンーーーーーーーー!!
・このやり取り気になるけど全然読めそうなセクションがないw
・一番最初の一番最初の文字が読めないから分からんw
・セ●ムの中の人
・空気の読めるセ●ム
・そういや、魂見れるならきっとうちの人の一部の中に眠っているものも見えてるんだろうなぁ
・物語の魔女の疑問点
・炎が物語の魔女と接触した理由の一つと関わっている事かは分からんな…
・心配ばかりしているとハゲる
・黄色が髪を揃えてた
・髪の長いの「も」…言い方次第
・くっそくっそwww
・リア充めwww
・…と思ったらめっちゃシリアスだった
・テレパシー繋がってたら結界関係ないか
・彼氏には危害を加えない言うたな?
・真名言えばさっさと連れ戻せるけど、それをしないのは何か意味があるんだろうな
・なんだろー
・胡散臭い世界平和
・イルカちゃんをちょいちょいdisっていくスタイル
・おっと、脅迫
・結局彼氏は大丈夫そう
・その代わり、水色が危険だな?
・現時点で守る者はいない
・あ、間接的に危なかった
・真名さえ知っていれば誰でも命令できるから、僕に命令させる事もできる訳だな
・黄色が魔女の元に行けば水色も守られる…?
・さて、黄色はどうするか
・動き始めた黄色と水色、そして黒組
・勝手に動いてる炎と良い、どういった結末を呼び込むんでしょうねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

中世墓碑ステチュツィの残る墓所群

2016年に登録された、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナに跨がる世界文化遺産です。
「ステチュツィ」とはこの辺りに散在する中世の巨大な墓碑の事。その意味は「立っている物」。
その特徴は様々なモチーフの装飾が施されている事。
渦巻き状の物、連続したアーチ状のもの、ブドウの葉や実、太陽、三日月等の他、シカや伝統的な民族舞踊、狩猟、おそらく忠誠を誓っているであろう人等が掘り込まれている。
ボスニア王国やボスニア教会に関連する文化圏で使われていたらしいが、描かれている模様の意味する所は未だ謎らしい。
現在までにボスニア・ヘルツェゴビナでは約6万、他の3国では1万が発見されている。
今回、これらのうちボスニア・ヘルツェゴビナで22件、クロアチアで2件、モンテネグロとセルビアがそれぞれ3件ずつの計30件が世界遺産に推薦されたようです。
イコモスはまだ登録基準を満たしていないとの見解で登録延期を勧告したが、後に逆転登録される事となったようです。






Cheese_mazesoba
この前食べた、チーズまぜそば。


昨日はちょっと歩き回ったら、ポケウォーカー調べで1万歩くらいだった。
でも、1日1万歩って言うよね…無理だよね……。


うん、結構トレーナーが多いね。
歩きスマホ云々言われるけど、そんな気になる程じゃない。
まぁ、元々やる人はやるしね。








アニポケ観てました。


役者っぽい人対アランだ。
役者っぽい人はドテッコツ、ペリッパー、バッフロン、グランブル、ドサイドンを持っているのか。
進化してないドテッコツ…。

…あ、負けてから修行した言うた。
ガブリアスと一緒に滝行してるw
何か可愛いなw
こちらはアニメシリーズで対戦していたからか、一応繋がりがあるようになりましたね。
そういや、パキラはアランと対戦したけど、全くその事を口にしていませんね…。
あくまでキャスターとしてその場にいるからでしょうか。
だとしたら、しっかり役目の切り替えができて、私情等を持ち込まないプロフェッショナルさを持っているという事ですね。

…アランはまだメタグロスとリザードンしか見せてないとかいうw
メタグロスやリザードンでさえ強いのに、他にも未知数が4体いるというのは非常に不気味なものですね。

さて、ガブリアスを出して早速メガカブリアスに。

りゅーうせーいぐーん!
1HIT。

メガカブリアス対メガリザードンX再び

ドラゴンダイブとドラゴンクローの相打ち。
投げ飛ばされてかえんほうしゃ食らってるけど、流石に倒れはしないか。

ドラゴンクロー対決でメガカブリアス終了。
まぁ、態勢も悪かったもんな、あれ。
また負けましたね。
負けた後の描写も見たかったな…。
もっとも、5体失ってる時点でもうあかんのだが。
アランはメタグロスが倒れてたくらいだったしね。


サトシはショータとの変幻自在バトル。
ケッキングのドヤ顔www
実況がドヤ顔言うたぞwww

登場がめちゃめちゃ気合い入ってたのに、散々攻撃させられた挙げ句、カウンター喰らって1撃でやられるルチャブル…。

ファイアローでケッキングを倒しますか。
後、はがねのつばさ使用時点で既に目にも留まらぬ速さのファイアロー。
ブレイブバードで決めた。

ブロスターに倒されましたが。
変幻自在アクアジェットで空中戦もこなすブロスターw
れいとうビームで凍った翼をニトロチャージで溶かしつつ攻撃、サトシらしいけど、それをアクアジェットで迎え撃たれてという格好。
翼が凍った分、空気抵抗や左右のバランスが崩れてスピードが乗り切らなかったのが威力減の原因だろうか。

エレキボールとりゅうのはどうの撃ち合い。
ピカチュウ先輩のアイアンテールをハサミで挟んだらそのまま感電して負けフラグだと思いきや、エレキボールだけじゃ倒れなかった…。
まぁ、間髪入れずに10まんボルトを喰らって倒されましたが。

さて、ピカチュウ先輩とギルガルドですか。
森フィールドの木々をしんぴのつるぎで切り倒しまくるギルガルドw
さっきは木々によってブロスターが撹乱されてましたからね。

という事で、次回へ続く。
いよいよサトシゲッコウガとメガジュカインのバトルがあるようです。






続きからコメント返信!!

続きを読む "中世墓碑ステチュツィの残る墓所群"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

ピリッポイの考古遺跡

2016年に登録された、ギリシャの世界文化遺産です。
ピリッポイはエーゲ海北の北側、ギリシャ東部の東マケドニア地方に位置。フィリピとかピリピという言い方もあるようです。
エグナティア街道というローマ時代の街道沿いにある、交通の要所だった古代都市の遺跡。
都市遺跡と古戦場跡が世界遺産の範囲で、古代ローマ遺跡の面と初期キリスト教建築の面から評価されたようです。
古戦場とは紀元前2年にこの都市の近郊であった「フィリピの戦い」を差すと思われる。
パウロの宣教によって欧州で最初にキリスト教会が設立された都市である事から、初期キリスト教建築の面でも評価されたのだと思う。








この前やってて、再放送を録画したブラタモリの横須賀回を観てました。

横須賀港や浦賀港は主に地理的な面で良港だったのですね。
成程、確かに東京海底谷がすぐ目の前に広がっているよな…。
大型船舶はここを通りたいよね、うん。

いやぁ、ドック良いなぁ…ロナルド・レーガン良いなぁ…。。


また横須賀行きたいなぁ…。
ロナルド・レーガンが来日した際に行ったけど、それっきりだからな。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


岐阜県
石:チャート(木曽川河畔/各務原市鵜沼、加茂郡坂祝町 飛水峡/加茂郡七宗町 金華山/岐阜市)
鉱物:ヘデン輝石(神岡鉱山/飛騨市神岡町)
化石:ペルム紀化石群(赤坂金生山/大垣市)


放散虫というプランクトンの化石で構成された堆積岩の一種がチャート。層状になっている事が多いとか。
岐阜県では木曽川や長良川沿いの美濃帯に中生代の三畳紀やジュラ紀前期由来の層状チャートが分布しているとか。
チャートは風化や浸食が起こりにくいようで、山稜や淵を作る事が多いとかで、岐阜県で言うと金華山がチャートで出来た山だとか。
放散虫化石の保存状態が良好なようで、美濃帯の起源を解き明かす等、日本列島の発達を調べる上で大きな貢献をしたそうだ。

鉱物
和名だと灰鉄輝石、英名はヘデンバージャイト。
神岡鉱山で産出する代表的な鉱物がヘデン輝石なのだとか。
珪酸塩鉱物の1つで、スカルンや火成岩に産出するそうだ。
神岡鉱山は飛騨片麻岩に含まれる結晶質の石灰岩に熱水が接して形成されたスカルン鉱床を持つのだとか。
神岡鉱山自体は2001年に閉山したけれど、一時期は東洋一の鉱山として栄えていたそうだ。

化石
大垣市北部にある赤坂町の金生山で産出する生物化石群。
金生山は古生代のペルム紀中期から後期にできた石灰岩でできていて、色々な化石が採れるのだとか。
代表的なのがフズリナという有孔虫の化石。
他にも、巻貝、二枚貝、ウミユリ、サンゴ等の化石が見られるとか。貝類は大型のものが多いという特徴もあるらしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

ゴーハム洞窟群

2016年に登録された世界遺産シリーズ、まずはヨーロッパの世界遺産です。


2016年に登録された、イギリスの世界文化遺産です。
ジブラルタル海峡を臨むイベリア半島の南端、イギリスの海外領土であるジブラルタルにあるゴーハム洞窟等が指定されました。
これらの洞窟ではネアンデルタール人の生活痕等が発見されており、彼らの文化的な伝統等を知る貴重な場所である事が評価されたようです。








遂にポケモンGOの日本での配信が始まりましたか!

俺のスマホはOSのバージョンが古いからか、DLできませんでした。はい。
それにしても凄いですね…出勤中は2人と1組くらいかな…明確にやってるのが分かったし、職場では4人やってました。
出勤早々に生息ポケモンの報告上がってきたw
ついったーのTLもコラや啓発等を含めポケモンGO関連でもちきりみたいな感じだし…。


形態は別として、連日各メディアに取り上げられていたからか、知名度抜群だなw
ゲーム名くらいは完全に浸透してらぁ…w


後は飽きやすい日本人がどれくらいハマってられるかだな…w






続きから鷺フォーミュラパロ、そしてコメント返信!!

続きを読む "ゴーハム洞窟群"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

伝統の節目

本当は昨日更新しようとしたんだけど、寝てしまったので…。




Nattou_katsu
映画の帰りに食べた、納豆とんかつ。

ソースではなく、醤油をかけて頂きます。
これが意外と合うんだわ。







F1イギリスGP決勝!!


エリクソンはフリー走行3回目終盤のクラッシュによってマシンのシャシーを交換。
その為、ピットレーンスタートに。


改めて、スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
21番手からはフェリぺ・ナスル/ザウバー

ピットレーンからはマーカス・エリクソン/ザウバー


さて、50回目のイギリスGPは…いやぁ、曇ってるー。
黒い雲…。


…メルセデスガレージの兄ちゃん、誰?


戦闘機は飛んでます。
海外は良く軍用機が飛ぶね。

おっと、ピットロード出口のカメラに雨粒?
うわぁ、黒雲の下は雨が!

グリッド上も雨が降り始めた!


フランク・ブルーノ。
イギリスのプロボクサーらしい。
バーニーと握手してにこやかに会話。


バーニーと話すナイジェル・マンセル。


雨が凄く降ってきた!


あれ、マンセルがいるところは雨降ってない。
トレードマークのヒゲ剃ってスッキリしたっぽい??
なんか物足りない。

うわぁ、場所によっては横殴りの所もあるよ…観客大変だな。。

そして、セーフティカーが映る。
ナンバープレートの代わりにセーフティカーの文字。

傘を差さないと言われるイギリスの観客の中にも傘を差す姿がちらほら。
イギリス人じゃないかもだけど。
レインコートすら使わない猛者もいるしね。

うわぁ、グリッド上もさっきより酷い…しっかり降ってきちゃってます。

おっと、サーキットの向こう側は晴れ間が…。

霧がかってて、グリッド上の視界が悪いwww
レッドブル陣営がテント設置し始めたwww

サーキット上空に黒い雲。
周りは晴れ間が見えるな。

ジャン・トッド、バーニー・エクレストンとお偉いさん方と何やら談笑中のマッサ。


本当に激しい通り雨だな…スコールかよ。


イギリス国歌(生歌)。
またいつものとは違うよな、うん。

まだ雨が降っているであろう中を戦闘機が飛んで行って、スモークも出している。

イギリス人ソプラノ歌手、ローラ・ライトさんの独唱。

コース上は日が差してる所も出てきました。
あれは旧最終コーナーかな。

メルセデスのゲスト、アントニー・ジョシュア。
イギリスのプロボクサーらしい。


珍しくピレリが各タイヤの推奨最長周回数を発表。
前回のベッテルの件からか…?
あれはデブリによるとは言っていたが…。

…グリッド上も雨は止んだようだ。


スタートはセーフティカースタートとの発表。


伝統を感じさせるグリッドガールの衣装だなぁ。

ガレージでスマホを弄るマウリツィオ・アリバベーネ フェラーリ・チーム代表。

…おぉ、グリッド上も日が差してきた。
これで路面が乾きやすくなるぞ!
でも、全車ウェットタイヤでスタートするようですけど。

ハミルトンにクローズアップ。
路面の荒さがすっごい分かる。


セーフティカー先導でスタート!
ハミルトンがスタートした時、リアウィングに溜まってた水が一気に地面に落ちたw

まだまだ水煙が凄い!!
ストレートで何も見えないwww

ハミルトン無線。
セーフティカーのペースが遅いからタイヤの温度が上がりにくい、と文句。
右京さん「セーフティカーの人も一生懸命速く走ってるんですけどね。」

Jurgen Hubbert…ユルゲン・フベルト?
って良く映るけど……ダイムラー・クライスラー代表取締役?
ダイムラーグループの偉い人なのね。


2周目、水煙があまり上がらない所も出てきているね。
でも、まだハイドロプレーニングを起こしてる部分もあるようで。


3周目、ハミルトン無線。
もうすぐインターミディエイトタイヤの範囲内だとか。


Emma Bunton…エマ・バントン?
イギリスの歌手で女優らしい…あ、スパイス・ガールズか。


風が強いし、乾いてくるのが早いサーキットのようですね。


ハミルトン無線。
セーフティカー遅すぎてタイヤの熱入れが難しい!
…と、セーフティカーに対して度々めっちゃプレッシャーかけるハミルトン。


ウィリアムズガレージのフランク・ブルーノ。
ウィリアムズクルーがしきりにカメラの方に向かせようとするが、カメラには興味なさげw


4周目、エリクソン無線。
インターミディエイトを使用するコンディションに近い、と報告。
ピットウォール「他のチームもそう思ってるらしいよ。」

もう水煙も上がらない場所があるしねぇ…。
特にセクター3の乾きは早いな…。


ハミルトン無線。
「行けるよ、チャーリー。」


5周目、ヒュルケンベルグ無線。
早くもドライタイヤがいつ使えるか訊いてる。

このラップでセーフティカーが戻ります!


リプレイ。
ハミルトンが危うくセーフティカーを抜きそうに。
もし抜いちゃったらペナルティやな。


6周目、レーススタート!

フェラーリ…ライコネンを先頭に続々とピットイン!
先頭のメルセデス勢とレッドブル勢は留まって様子見だ。

…おわっ、こわっ!
ピットロードを進むヒュルケンベルグの目の前で交換を終えたクビアトが合流!
危ないよ、危ない!
ピットロードは大混雑ですね…。

トップ4の後ろはペレス、マッサ。
こちらはすぐに入らなかった勢かな?

フェルスタッペンがロズベルグにアタックしてる!
レッドブルはやっぱこういう状況だと元気だね。
フェルスタッペンは雨を歓迎していたようだし。


6周目、リチャルドがピットイン!
マッサもピットインだ。
マッサのタイヤ交換時間、2.5秒…まずまずか。


コースに戻った後、リチャルドがライコネンをかわしています。
でも、ライコネンもリチャルドのインから逆襲を狙っていますね…。
ここはリチャルドが前を守っています。

…おっと、ウェーレインがコースオフしてグラベル上でストップしてる!
ダメですね、抜け出せない。
リタイアか。

黄旗からバーチャルセーフティカーへ。


ウェーレインへの拍手が暖かいなぁ…。
ハイドロプレーニング起こしてコースオフしたらしい。


8周目、ハミルトンがピットイン!
その後ろのロズベルグ、フェルスタッペンもピットインだ!
ロズベルグはわざとハミルトンとの間隔を開けたようだ。
前にはハミルトンがいたからね、引っ掛からずにスムーズにタイヤ交換する為でしょうか。
フェルスタッペンからアタック仕掛けられていて、そんな余裕あるんだな…。

フェルスタッペンのタイヤ交換時間、5.3秒??
…おぉ、ペレスのタイヤ交換時間が2.2秒だ!
これは早かったな。


バーチャルセーフティカー終わり!


あれ、グティエレスだけウェットタイヤだ…どうなる?
しかも、最後尾近いな…。


フェルスタッペンのタイヤ交換リプレイ。
右フロントが時間かかったみたいだね。


ウェーレインリタイア時のリプレイ。
あー、ブレーキングで滑ったのか…。
盛大にズサーって滑って行ったな。

ヒュルケンベルグ対アロンソの10番手争い。
前のボッタスも巻き込まれかけてるな…滑りながらのバトルだ。
つか、マクラーレンめっちゃ滑ってるやん。

…あ、グティエレスもインターミディエイトに替わってた。
最後尾ですけどね。

ボッタスも滑ったす!
すかさずヒュルケンベルグがボッタスに仕掛けた!
かわしたか…いや、ボッタスがアウト側で粘って順位を守っている!

エリクソン無線。
何、マシントラブルか?


11周目、再びボッタスが滑ったす!
今度はスピンした!
これで13番手に後退してしまいました…まだマシンがフラフラしてる。

エリクソン、ピットで止まって点検中。


12周目、おや…エリクソンがコースに戻ったか?

マッサ対ヒュルケンベルグ。
明らかにヒュルケンベルグのペースが良いな…。


13周目、カメラに映って手を振るウィリアムズのピットクルー。

エリクソン、再びピットイン。
再入院。


ヒュルケンベルグがマッサに仕掛けて行く…おぉう、姿勢乱した!
危ない危ない。
危うく当たる所だった。

マッサとボッタスが粘っていて後続を抜かせません。
ウィリアムズ・レーシングスクール。
水先案内人。
水先案内人って言うとちょっとかっこいいな…。


14周目、ライコネンがオーバーラン。
そして若干の迷子ネン。
えーと、1コーナーですかね?


15周目、8番手争い。
マッサの後ろにはヒュルケンベルグ、アロンソ、ベッテル、クビアトと連なっています。

…あ、ヒュルケンベルグが少しオーバーラン。
その隙を突こうとアロンソが仕掛けていった!
でも、抜けませんね。


16周目、ロズベルグ対フェルスタッペン!
その差は0.7秒差。

ぬ、ここでベッテルがピットイン!
ドライタイヤ、ミディアムタイヤに替えてきた!
まだ濡れている場所は結構あるだろうに…ギャンブラーだな。。

フェルスタッペンがマゴッツ・ベケッツ・チャペルの高速コーナー区間でロズベルグに仕掛けた!!
これは抜けるか…アウト側から並んだ!!
フェルスタッペン、2番手!
レッドブルクルー大喜び!
高速コーナー区間で、しかも路面濡れててアウト側から仕掛けられるとは。
恐ろしいな…。

ロズベルグがすぐにハンガーストレートで逆襲を狙っている。
でも、ここでは抜けない。

ロズベルグはマゴッツで姿勢乱したのが響いたようだな…。
いやぁ、凄い。。


17周目、ライコネンがピットイン!
ミディアムタイヤだ!
マッサ、クビアト、ボッタス、グロージャン、パーマー…フォースインディアもピットインしてきてるな。
続々とドライタイヤにしてきてます。

あれ、パーマーがピットボックスに押し戻されてる。
…あ、右リアにタイヤが装着されてない!


18周目、ハミルトンがピットイン!
ロズベルグ、リチャルド、ペレス、サインツJr.も入ってきています。

フェルスタッペンはコースに留まって、飛ばし中。
かなり速いな…。


おっと、ベッテルがすベッテル!
12番手に後退した。

リプレイ。
水溜まりでタイヤが濡れてくるくるしている。


19周目、フェルスタッペンがピットイン!
ミディアムタイヤである。
フェルスタッペンは2番手をキープしたままコースに。

パーマーに審議。
さっき3輪だったからね…。


19周目、ん…グロージャンがコース脇でストップ!
黄旗。

クビアトがファステスト。
ナスルがそれを更新しました。
ザウバーもファステスト出せるのか…。

おぉっと、サインツJr.がコーナーでハーフスピン!
今度はハンガーストレートかな、クビアトが膨らんでコースオフだ。


20周目、マッサ対アロンソの9番手争い。

そして、パーマーに10秒ストップペナルティ!


…あっ、もうDRS使えるのか。
アロンソがDRS使って外側からマッサに並んでいく!
アロンソ、ちょっと芝生にタイヤ落としてるよ?!
流石にこれは難しいよね!

そして順位表記がさっきから荒ぶってる。


21周目、フェルスタッペンがファステスト!
…タイヤ表記がインターミディエイトになっとるで。

パーマーがピットイン!
ペナルティ消化かな?

アロンソのオンボードリプレイ。
濡れた芝生にタイヤ落としててもアクセル踏み続ける…www


川井ちゃん「あっ、ピレリの推奨気にしないでください」
まさかの公式無視www


22周目、ハンガーストレートでリチャルドがペレスをかわして4番手に。

ハミルトンがファステスト!
迫りくるフェルスタッペンへの対応かな?

…おぉっと、そのフェルスタッペンがオーバーラン!
若干迷子ッペン。


23周目、今度はロズベルグがフェルスタッペンに近付いてきている!
ロズベルグ、逆襲なるか?

…おっと、ライコネンもさっきと同じとこでオーバーラン。
若干迷子ネンに。


24周目、ロズベルグがファステスト連発してフェルスタッペンに迫る。

おおっと、アロンソが滑った!!
軽くフロントウィングが壁に当たった…。
グラベルにハマらずに戻れたけど、13番手に後退。

そして、後ろからボッタス。
抜かれてアロンソは14番手…おっと、ボッタスが若干コースオフしてアロンソが再び13番手に戻った。

ボッタスを抜こうとするナスルの動きが何かすげぇwww
ナスル、アウト側からボッタスに仕掛けた!
ボッタス、順位を守る!
どっちも滑ってる…www


25周目、サインツJr.がスピンしてたみたい。

先程のアロンソのリプレイ。
濡れてる所にタイヤ乗せちゃってくるくる回って滑っていった…。

サインツJr.のリプレイ。
縁石で滑って一旦持ち堪えたけど、くるくるした。

ナスルが遂にボッタスをかわしたか。
14番手に浮上。


26周目、セクター1で黄旗。
ハリアントがストップしていました。

おっ、結構滑って行っちゃったんだね…。
グラベル越えて壁の近くまで滑ってるよ。
皆1コーナーで滑る事が多いね。
まだ濡れてるか何かで難しいんだったかな?


27周目、9番手のマッサの後ろにクビアトとベッテルが連なっています。


28周目、おっと…ハミルトンがコースオフしていた。
その後ろではロズベルグがフェルスタッペンに0.5秒差にまで迫ってきている。

ハミルトンのリプレイ。
1コーナーで姿勢乱してオーバーラン、若干迷子トンだった。
…あ、その後ろでフェルスタッペンも同じ事してたwww
追随しなくて良いよwww


29周目、ベッテルがハンガーストレートでクビアトに仕掛けた!
サイド・バイ・サイド!
かわした、10番手。

今日のハードル:マッサ

オーバーテイクのリプレイ。
すげぇ、ベッテルとクビアト、リアタイヤが当たりそうで当たってない!


30周目、ハンガーストレートで周回遅れのグティエレスを抜きあぐねて手を挙げるフェルスタッペン。
半ば強引に抜いてったぞ…結構マシンの挙動的にギリギリだったかな?


31周目、フェルスタッペン無線。
さっさとブルーフラッグ出せよ。
との事。


33周目、ペレスが1コーナーでハーフスピンしながら滑った!


35周目、ロズベルグ無線。
フェルスタッペンがブロックライン変えすぎだ!
と文句言ってます。

ロズベルグがハンガーストレートで仕掛けた!
…ん、フェルスタッペンが抑えている!
中々抜けないシルバーストンである。


36周目、川井ちゃん「イクッ!イクッ!!」
アウト側か、ロズベルグは中々フェルスタッペンを抜けないなぁ。

フェルスタッペン無線。
「リアタイヤが劣化してきた!」


38周目、マッサ対ベッテル!
ベッテルがイン側から並んだ…あっと、ベッテルが曲がり切れない!
コースオフ……マッサも行く手を塞がれて一緒にコースオフ。

マッサ無線。
「押し出された!」
尚、ベッテルが前に出たようだ…。


ロズベルグ、フェルスタッペンに仕掛けた!
アウト側…これは完全に抜いた、2番手に復帰!


39周目、マッサとベッテルの件が審議。

…ん、ここでマッサがピットイン!
ソフトタイヤで順位を上げる作戦か!

あら、左タイヤが外れなくて少し時間かかった。。


40周目、2番手のロズベルグがファステスト!
トップを走るハミルトンを追う態勢ですかね。

…おっと、パーマーがピットに。
これはリタイアする感じ?

…あ、ガレージにしまわれる。
F1昇格後初の母国GPは奮わない結果になってしまいました。


マッサがセクター2全体ベスト!
さぁ、バンバン順位を上げて行けるかな?


アロンソがピットイン。
ミディアムタイヤに替えています。


ハミルトンとロズベルグのファステスト出し合いが行われています。
ロズベルグにしたら、中々追い付けないという事だな…。


…おっと、ベッテルが1コーナーで少しコースオフ。
若干迷子ッテル。

そしてベッテルに5秒加算ペナルティ。
先程のオーバーランですね。

ベッテルは現在10番手。
その後ろにいるバトンは5秒以内にいるので、このままギャップを維持できればバトンがポイント獲得できる。


42周目、ボッタス対アロンソ。
サイド・バイ・サイドのバトルからアロンソが前に。
13番手だ。


43周目、久々にビジェイ・マリヤが映った。

そしてリタイアしたパーマー。


…ベッテルとバトンの差は4秒くらいか。
まだペナルティ範囲内。


44周目、ペレス対ライコネンの5番手争いだ。
長い事続きがちになるバトル。
うーん、抜きにくいねぇ。


45周目、サー・ジャッキー・スチュワートだ。

ライコネンがコプスでペレスに接近!
ミラーをガン見しながらコーナーを曲がるペレス!

…まだかわせないねぇ。


47周目、ロズベルグ無線。
ここでギアボックストラブル発生!!
後ろのフェルスタッペンとの差は1.9秒、逃げ切れるか?

ロズベルグ無線。
ピットウォール「7速ギア使わないでくれ。」
ロズベルグ「それ、どういう意味?」
ピットウォール「7速をスルーして8速に入れてね。」

…って、使ってるやん!www
スルーしてないやんwww
コーナーでもバリバリ7速使ってるしwww

ロズベルグのリプレイ。
最終コーナーで7速に固定されちゃってた。
これからさっきのギアボックストラブル無線話に繋がるのかな?


…おっと、ライコネンがペレスをかわした!
これで5番手だ!


48周目、ロズベルグとフェルスタッペンの差は1.7秒。
1.3秒にまで縮まってきています。


唐突に映るスパイス・ガールズ。
しれっとジェリ・ハリウェルの表記がジェリ・ホーナーに変わっていますね。
まぁ、クリスチャン・ホーナーと結婚していますからね…。
川井ちゃん「興味ない。」


50周目、フェルスタッペン無線。
ロズベルグの無線がドライバーをアシストする内容だったからルール違反だって話。


ロズベルグ、普通に7速使ってるwww
…何、モード変えたから使えるようになったの?


今時のギアボックスの話に。


…おっ、マッサがバトンを捉えたようだ。
でも、まだ11番手…。。


ロズベルグの無線に対して、レース後審議。
マジかよ、もやもやするやつだ。


52周目、ファイナルラップ!
ハミルトンへの歓声が凄いね!


…ん、マグヌッセンがピットに入ってる。
リタイアですか。


ハミルトンにファン、総立ち!


ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
イギリスGP3年連続優勝!

2番手にロズベルグ、3番手にフェルスタッペン。
だけど、ロズベルグには審議付きだ。


ランオフエリアを走りながら観客に手を振って回るハミルトン。
フェルスタッペンも手を降りながらピットへ向かう。


ロズベルグ、パーソナルアシスタントから審議中だよって言われてるっぽい。


ハミルトン、大喜び!
ガードレールを乗り越えて観客に挨拶!

これはチャンピオンシップ争いに勢いがつくよなぁ。
ロズベルグとしたら、次のハンガリーが大事になりそうだね。
ここで良い流れを作って母国のドイツに挑みたい所でしょう。


表彰台控え室。
ハミルトンとロズベルグは言葉を交わしてない。

そういや、パパハミルトン映ってないな…来てないのかな?


ファンがホームストレートに雪崩れ込む!


表彰台。
ロズベルグに対してめっちゃブーイング。
まぁ、ハミルトンのライバルだから仕方ないね…。
ハミルトンへのこの歓声!


そして、イギリス国歌。


ハミルトンのトロフィ投げ!
チームへのトロフィと2位以降のトロフィがめっちゃ鋭そうなんだけどwww

トロフィ授与でもロズベルグにはブーイング。


シャンパンファイト。
流石にまず飲まないハミルトン。
ちょっと紳士な所を見せてるロズベルグ。


表彰台インタビュワーはゑじゃねーかwww
今まで全然存在感なかったぞwww

ロズベルグへはやっぱりブーイング。
全力でフォローするゑ。
ちゃんとインタビュー中は聴くファン達。

そういや、フェルスタッペンへの歓声も凄いよね。


通訳「4連鎖」


これでロズベルグとハミルトンとの差は4ポイント差。
ロズベルグがペナルティ喰らったら更に縮まるか。
3位に降格したら1ポイント差になるな。


何気にインタビューが上手いゑ。


ハミルトン、ファンの元に駆け寄って胴上げしてもらう。
…ハミルトンケツ汗すげぇ。

ん、お辞儀??


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10位はダニール・クビアト/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12位はジェンソン・バトン/マクラーレン
13位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
15位はフェリペ・ナスル/ザウバー
16位はエステバン・グティエレス/ハース
17位完走扱いはケビン・マグヌッセン/ルノー

リタイアは…
ジョリオン・パーマー/ルノー
リオ・ハリアント/マノー
ロマン・グロージャン/ハース
マーカス・エリクソン/ザウバー
パスカル・ウェーレイン/マノー


4時間後、ロズベルグに10秒加算ペナルティ。
ロズベルグはこれで2位から3位に後退。
これにより、ハミルトンとの差は1ポイント差にまで縮まってきました。


最終結果
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10位はダニール・クビアト/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12位はジェンソン・バトン/マクラーレン
13位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
15位はフェリペ・ナスル/ザウバー
16位はエステバン・グティエレス/ハース
17位完走扱いはケビン・マグヌッセン/ルノー

リタイアは…
ジョリオン・パーマー/ルノー
リオ・ハリアント/マノー
ロマン・グロージャン/ハース
マーカス・エリクソン/ザウバー
パスカル・ウェーレイン/マノー


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(168Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(167Pt)
3位:ライコネン/フェラーリ(106Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(100Pt)
5位:ベッテル/フェラーリ(98Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(90Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(54Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(47Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(38Pt)
10位:グロージャン/ハース(28Pt)
11位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(26Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(26Pt)
13位:クビアト/トロロッソ(23Pt)
14位:アロンソ/マクラーレン(18Pt)
15位:バトン/マクラーレン(13Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
17位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
18位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:グティエレス/ハース(0Pt)
20位:パーマー/ルノー(0Pt)
21位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(335Pt)
2位:フェラーリ(204Pt)
3位:レッドブル(198Pt)
4位:ウィリアムズ(92Pt)
5位:フォースインディア(73Pt)
6位:トロロッソ(41Pt)
7位:マクラーレン(32Pt)
8位:ハース(28Pt)
9位:ルノー(6Pt)
10位:マノー(1Pt)
11位:ザウバー(0Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "伝統の節目"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

機械仕掛けの熱き魂

パソコンとか電気とか点けっ放しだったし、爪切りの途中で横になって寝てた…。。








この前の土曜、例のイベント明けでポケモン映画を観に行ってきました!
公開初日に、です。
去年もそうだったかな…。


・おぉ…なんと、舞台挨拶回だった!
・抽選とかはないんだね
・少し物々しい雰囲気
・きたー!!
・こんなに沢山の有名人に会えるとは…!
・いつも通りクールな湯山監督
・松本梨香さん、普段からサトシ声
・観客から似てるとか言われてるwww
・本物です!
・山ちゃんから茶化される松本梨香さん
・先程、念願のゲッコウガにベロドンしてもらったと嬉しそうに語るしょこたん
・しょこたんのトークがヒートアップ
・あばれる君のこの謎の間
・これでも1児のパパです
・司会のテレ東アナ、あばれる君に対して「もう思い残す事はありませんか?」
・ひでぇwww
・そしてその一言への返しをスルーするあばれる君www
・大丈夫だよ、ロバートも2回は出れたから
・まさかのあばれる君と松本梨香さんのショートコント
・もうサトシのオニゴーリの声優あばれる君で良いんじゃね?
・台本:山ちゃん
・山ちゃんおはスタ卒業してたん…
・19連続出演中の山ちゃん、監督に来年も出たいアピール
・予定してた掛け声と練習の掛け声が違うぞ、松本梨香さんwww
・ごり押し
・監督においっ!って突っ込んじゃう松本梨香さんwww


取り敢えず、追記から。

続きを読む "機械仕掛けの熱き魂"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

炎の歴史的都市

世界遺産委員会、今年はトルコのイスタンブールで行われていたようで、クーデター未遂によって会期が3日間短縮されるといった影響が出ました。
一応、審議は全て終わったみたい…?

そして、フランスが6ヶ国と共同推薦した「ル・コルビュジエの建築作品」が登録決定!
日本の物件として、東京都台東区上野にある国立西洋美術館が含まれており、日本の世界遺産も増えました!
大々的なニュースにはなってない感じだけどね。


…と言った所で、お茶を濁しておこう(




あっ、いつも感想ありがとうございます!
何だかんだ言って、やっぱり感想貰うと嬉しいですね。

皆も感想言えば良いと思うよ!!!!


お姉様2人はきっとテンション上がってたのと、エリが最初にピーって言ったから、触発されたんだと思うよ!!(







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


石川県
石:珪藻土(珪藻泥岩)(能登半島)
鉱物:霰石(能登半島恋路)
化石:大桑層の前期更新世化石群(金沢市大桑町)


新第三紀・中新世に堆積した珪藻土。
珪藻土とは、微小な珪藻化石を含んでいる珪藻質泥岩の事。
珪藻が大量に繁茂する環境とは、陸源物質…栄養素ですかね、これが欠乏していた環境を示すみたいです。日本海が閉じた状態で、循環が悪くて酸素欠乏状態になったりした時のもんみたい。
珪藻土、七輪等の原料になっているらしいですね。

鉱物
さぁ、有名な霰石…アラゴナイトですよ!
玄武岩の気泡中に晶出したものだそうで、恋路産の霰石は薄紅色…と。
良いね、綺麗だね!
緑色のセラドン石という雲母の一種と共に産出するらしい。

化石
「大桑」と書いて「おんま」と読む。
第四紀・更新世前期にあたる170万年〜800万年前の地層。
日本海の浅海で形成され、寒流系の環境に住んでいた貝の密集層や暖流系の環境に住んでいた貝の散在層が約4万年周期で交互に重なっているそうだ。
第四紀の氷期・間氷期サイクルが垣間見れる証拠ですね。
…そうか、貝化石群4連打か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

ブリティッシュ・ウェザー

書いた!

と思ってたら下書きのままだった…。







そういや、前から不思議と選挙の投票日と例のイベント期間が被るんだよね。
何でだろうね。








F1イギリスGP!!
50回目の開催となる、聖地シルバーストン!


ベッテル、ギアボックス交換で5グリッド降格。
2戦連続でギアボックス壊れた…。

そしてフリー走行3回目の終盤にクラッシュしたエリクソンは検査に赴いた病院から戻ってきてない為、予選に参加できず。
マシンの準備は出来たっぽい?
どちらにしろ、ギアボックスも交換しているから最後尾スタートかピットレーンスタートかって所だろうけれど。


Q1
まず、ウェーレインとハリアントがコースへ。
そして、ロズベルグがソフトタイヤでコースに向かいました。
相変わらず、メルセデス勢は早め早めに動いてくるな。
曇っているからなのかなぁ。
降水確率は20%らしいけど。

ほう、ヒュルケンベルグがハードタイヤでコースに…。
システムチェックとかでしょうか。

ウェーレイン、アタック中。
コーナーでリアが大きく滑った…縁石の手前からちょっと体制崩していましたね。

フォースインディア勢はハードタイヤを「慣らした」だけ。
フリー走行3回目では手持ちのミディアムタイヤ2セットを「慣らして」いるようですし。
決勝が楽しみだな。

フォースインディア勢がソフトタイヤでアタック開始。
11番手と12番手…あんまり伸びてこないな。
あ、ビジェイ・マリヤ。
最近見ないと思ったら、イギリスから出られなかったんですね。
国際映像の表記は「Dr. ビジェイ・マリヤ」

マグヌッセン、タイム取り消し。
コーナーで縁石に4輪乗せちゃって、コースから出たという判定になりました。

ここではそういった形式の「コースオフ」が厳しく見られるコーナーが幾つかあるとアナウンスされていますからね、それでしょう。
…あ、パーマーも取り消されてたか。


おぉ、グティエレスが10番手に!
グロージャンがその後で12番手タイムだったから、上回ってきていますね!


1回目のアタックを終えたバトン、何やらガレージ内でリアの方を弄っている。


…あ、気付いたら残り10秒だ。
ナスルは現在21番手だが、既にガレージに引っ込んでいる。
これはQ1敗退ですかね。

チェッカー!
マグヌッセンが15番手、ちょっとギリギリ!
前戦でQ2に進出したウェーレインは19番手でノックアウト。
おっと、ハリアントが19番手…ウェーレインを上回ったぞ!
クビアトが15番手…これでバトンがQ1ノックアウトに!


息子ジョリオン・パーマーからの父ジョナサン・パーマー。


Q1敗退したものの、バトンへの歓声が凄い!

…あれ、一旦ガレージを離れたバトンが走って戻ってくる!
バトン、出走の用意。
誰かのタイムが抹消か?

慌ただしいバトンのガレージ。
審議対象はマグヌッセンのようですね…。
そんなこんなで、17台のマシンがQ2の準備をする事に。


Q2
まだ結論出てないのに始まっちゃったよwww
バトンとマグヌッセンは走って良いのかどうなのかが分からんよなwww

ハミルトンがコースへ。
国際映像からでも分かるくらい声援が凄い!


残り12分切った。
結局バトンは走れなかったみたいです。
骨折り損のくたびれ儲け。


ハミルトン、トップタイムとなる1分29秒243を記録!
何、コースレコード更新だと…。

もうすぐ残り7分半。
フェルスタッペンがアタック中。
あ、4輪出たな…。

セクター3で黄旗!
ライコネンが最終コーナーでスピンしてました。


残り時間は5分。
バトンはリアウィングのトラブルを修復してて2回目のアタックができなかったらしい。


ジャン・アレジ。
ウィリアムズのモーターホームへ入って行きましたね。


ライコネン、2度目のアタック。
…おっと、タイヤロックさせてコースオフ!
もう一度アタックしなければなりませんね…。
時間的には大丈夫だけど、タイヤにフラットスポット作ってしまったよね。
行けるのか?


ルノーガレージのカルメン・ホルダ。
まぁ、マスコットガールみたいなもんだよな。


残り1分半。
ライコネンが3度目のアタックへ。

チェッカー!
ベッテルは4番手!
ライコネンが6番手に入った!
グティエレスは13番手でノックアウト。
ペレスが9番手に!
ヒュルケンベルグ、タイム更新ならず。
だけど、現在は8番手だ。
マグヌッセン、最初で最後のアタックは16番手でした。
彼は中古のソフトタイヤしか持ってなかったとか何とか。
そのすぐ後ろでチェッカーを受けたクビアトはタイム更新できずに14番手。
アロンソが8番手に入った!
グロージャンはタイム更新できず12番手だ。
マッサはタイム更新するも12番手…ここでノックアウトか。。厳しいな。。
サインツJr.が8番手に入った!

ライコネンのリプレイ。
4輪がコースを外れて縁石の上に。
まぁ、皆飛び出すとこだし、レーススチュワードから外れちゃいけませんよって言われてないとこだし良いんじゃない?


ノックアウトしてしまったマッサ、ピットレーンを歩く。
カメラ目線ではないけど、手に持ってるドリンクに書かれたスポンサー名はしっかりカメラに映す。
これぞスポンサー見せのプロ!

クビアト無線。
前のクルマ(マグヌッセン)が邪魔やってやつ。
ピー音入ったな…。
クピーーアト。


Q3
ロズベルグが早速コースへ。

もはや専門用語的な略語の話。
スーパーGTなんかはそういうのが多いの?


ロズベルグより1000分の5秒速いハミルトン。
まずはハミルトンがトップタイムとなりました。

フェルスタッペンが3番手、リチャルドは4番手、ライコネンが5番手、ベッテルは6番手。
おぉう、ベッテルはセクター3でリアがすベッテル!
フェラーリはレッドブルの後塵を拝しましたか…厳しい週末になりそうですね。

…ん、ハミルトンの最速タイムが取り消しに!
9コーナー、コプスで4輪が縁石に乗ってましたか…ここは厳しく見るよってアナウンスされていたコーナーだ。
これはアウトですわ。

残りは3分40秒!
ハミルトンがラストアタックへ!
各車が続々とコースへ向かって行きますね。


マンセル、ドライバースチュワードやりながらツイッターを更新。
そんな余裕あるのかwww

そういや、日本人ドライバーはドライバースチュワードにお呼ばれしてないなぁ。


ハミルトンのラストアタック!
セクター1は0.01秒速い!
今までオンボードカメラだったのに、ちょうど9コーナーに入る手前で別のカメラに切り替わったwww
しかも丁度コーナーが見えないカメラワークw
コプスの所見たかったのにwww

そして、この歓声である。
セクター2は0.066秒遅いね。
勝負のセクター3。


ハミルトン、タイム更新!
1分29秒287でトップタイム!

この歓声。

アロンソ、残り5秒の所でタイムを更新、8番手!
これでアタックは終わりかな?

チェッカー!
ロズベルグはセクター1、セクター2共に渋いようだ。
ボッタスはタイム更新ならず、7番手。
ベッテルも更新できずに6番手。
ペナルティもあるので、厳しい結果ですね。
フェルスタッペンもタイムを更新できずに3番手のまま。
ライコネンはタイムを更新するが、変わらず5番手だ。
ロズベルグはタイム更新できずに2番手に終わりました。
皆セクター2が遅いらしい。
ヒュルケンベルグはタイムを更新して、9番手!
リチャルドはタイム更新できずに4番手。
サインツJr.がタイムを更新して9番手!
アロンソはタイムを更新したけど、それより速かった最速ラップが抹消されてるな。
10番手だ。

Q2のタイムより1000分の44秒遅かったらしいカーNo.44のハミルトン。
狙ってたら凄いw


母国の観衆の前で喜びを全身で表すハミルトン。


フェルスタッペン、初めて予選でリチャルドを上回る。
…あれ、フェルスタッペンの最速ラップも抹消されてたのか。
それでも問題はなかったみたいだけど。

アロンソは最速ラップ取り消しがなければ8番手でしたね。


写真撮影。
ハミルトンへのこの歓声。


ハミルトンのラストアタック、オンボード。
コプスの進入でめっちゃ慎重になってるのが分かるw
最終コーナーもちょっとステアの修正入れてるんだけどなぁ…速いよなぁ。


徹子の部屋。
手でテーブルを拭くロズベルグ。

どうにも気になるのか、またテーブルを手で拭くロズベルグ。

おぉ、そうか。
フェルスタッペンは初徹子の部屋だったか。

ハミルトン、何か下の方でゴソゴソしてるwww


シルバーストンのキャンピング場すげぇキャンピングカー止まってるな!
イギリスらしい景色。
グラハム ヒル…。


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
21番手からはフェリぺ・ナスル/ザウバー
おそらく22番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー


今の所、ペナルティはベッテルの5グリッド降格のみです。
そして、エリクソンはお医者さんから決勝の出走許可を得られたようです。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
21番手からはフェリぺ・ナスル/ザウバー
22番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

古き良き高原

時間、欲しいねぇ。


さて、アニポケがいよいよカロスリーグに。

…パキラさん忙しいよなwww
四天王にキャスターにフレア団に。

トロバとティエルノはあっさりと行った所。
まぁ、ティエルノは見せ場あったけど。

トロバは折角のアランとのメガリザードン対決だったけど、レベルの違いか、あっさり…。
まぁ、アランの強さを際立たせる事にはなったけどねぇ。

珍しくかっこいいサトシ。

そして、今までのメガシンカシリーズで登場したメガアブソル使いのエリトレ♀とメガガブリアス使いの歌舞伎役者っぽい人もリーグ出てたんだな。
名前…初めて知ったかも。

エリトレ♀はあっさりサトシに負けたけど、映画でサトシが1度負けている相手なんで、雪辱を果たしたようには見える。
しかも、あの時と同じメガアブソル対ルチャブル。
フィールドも映画を彷彿とさせるような町フィールド。
まぁ、映画自体外伝的な扱いだし、お互いに何も言及してなかったけど。

準決勝はサトシ対ショウタのライバル兼師弟対決。
BWのライバル、シューティとは違い、DPtのライバル、シンジとのバトル的な激しいものになるかなーと予想。
ショウタはメガストーン持ちジュカイン、ギルガルド、ペロリームしか見せてないんだよなぁ。
クノエジム戦でタツベイ出してたから、ボーマンダはいるっしょ。


もう一つの対戦カードがアランと役者みたいな人。
これ、ラストだけ映るパターンだけど、何気に楽しみ。
役者みたいな人はメガシンカシリーズで1度アランにボコられてる人だから、何言うか楽しみですねwww
それにしても、アランって6体いるのかね。
大誤算からもらったらしいメタングがいたから、メタグロスは出してきそうだけど。


で、全然気にしてなかったけど、サトシの手持ち5体だったか。
そして、ヌメルゴン呼び寄せて6体に。
メレシー回はその伏線でしたか。

それにしても、おそろしくタイプが偏ってるパーティやなwww
ピカチュウ、ゲッコウガ、ファイアロー、ルチャブル、オンバーン、ヌメルゴン。


オーキド博士預りの事に言及する辺り、メガシンカがバンバン出てきてる現状で、改めて忘れてないぞアピールと「この地方で会った仲間で勝ち進めたい」拘りの確認が行われていますね。
拘りに関してはいつもの事だけど、そういう意味ではシンオウリーグ時の文字通りの総力戦は特殊だったんだなぁって。







続きから2夜続けて鷺フォーミュラパロ!

続きを読む "古き良き高原"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古きと新しき

七夕とかガン無視してた…。
空も見上げなかったなぁ……と言っても、ベッドタウン故に天の川は見えなかったでしょうけど。
火星と木星くらいなら見えるで。

それと、梅雨何処行った。







続きから久々に鷺フォーミュラパロ!!

今年から始まった、新しい所です。
まぁ、時間取れなかったりぶっ倒れたりしてたから御無沙汰になったんですがねw
…いや、これを入れたい所に無理矢理ぶち込む為に遅らせたとも言う。(物は言い様)

続きを読む "古きと新しき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

横並び

Jaga_choco_nano_black
じゃがチョコ nano BLACK!!


ブルボンが発売しているじゃがいも×チョコのお菓子!
たまに新作出てたりするよね、このカテゴリも。


えーと、nanoでBLACKらしいですよ。
パッケージはすっごい大人っぽい高級感すら感じられるデザインですね。
やっぱり、BLACKだし、ビターチョコなのかな?


Nano
ところで、nanoなのは持ち運びしやすいからでしょうかね。


Black_jagachoco
見た目的にはBLACKさはそんなに感じませんね…。
普通にじゃがチョコ。


しかし、味は良いぞ…歴代のじゃがいも×チョコ系の中でも理想に近い!

まず、食べるとチョコの甘みが広がります。

そう、BLACKだけど、しっかり甘いんですね。
ポテトペレットの次に砂糖が来るくらいだし。

で、その後からBLACKっぽい苦味。
そしてポテトのしょっぱい感じが来て、最後にポテトの味が来る!


この時間差でそれぞれの要素の味がちゃんと伝わってくる感じ!
これこそがじゃがいも×チョコ系に求めるものだ…!!

うん、これは良いね!!


袋入りで食べきりサイズだから持ち運ぶにも良いしね。
まぁ、チョコスナックの中でもチョコが融解しやすい部類のものだから、すぐ溶けるのが難点だけど…w








F1オーストリアGP決勝!!

マッサは予選中に負ったダメージにより、フロントウィングを古いものに交換。
その為、ピットレーンスタートに。
10番グリッドは欠番になりました。

スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
3番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

ピットレーンスタートは
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
ダニール・クビアト/トロロッソ


んー、また曇ってる。
ドライバーパレードの時には雨がぽつぽつきていたとも。

久々に足元が映るレッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナー。
オーストリアの伝統衣装、レーダーホーゼン姿ですね。
レッドブルドライバーのレーシングスーツもレーダーホーゼン風なので、お揃いですわ。


あ、オーストリア人元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーだ。
メルセデスの非常勤会長を務めるニキ・ラウダもオーストリア人ですね。

バトンの後ろにDC先生…w


グティエレスと話す小松さん。
小松さん、久々に映ったな…。

レッドブルヘリ。
…ん??
ディートリッヒ・マテシッツ?
ヘルムート・マルコ?


オーストリア国歌。
ちょっと前のF1公式ソングですね。

国旗がヘリに吊り下げられてるwww
そして、国旗がヘリに連れられてたなびく。


レッドブルのモータースポーツアドバイザー、ヘルムート・マルコ。
こちらもレーダーホーゼン姿だった。


メルセデスの最高経営責任者、パディ・ロウ。
レッドブルのマシンを偵察。

ドイツ国旗にニコの文字をあしらったものを持ってる子供が。
…で、どっちのニコの事?


ウィリアムズ応援団はボッタスのキャップだった。


景色がヨーロッパしてるシュピールベルク。
…と、森脇さん。


ライコネン、リチャルド、フェルスタッペン、ベッテル、グティエレス、グロージャン、アロンソ、サインツJr.、マグヌッセン、エリクソン、パーマーがスーパーソフトスタート。
マッサもスーパーソフトかな?
ハリアント、ナスルはソフトタイヤスタート。
後はウルトラソフトだ。

マッサはスーパーソフトの新品か!
クビアトはウルトラソフトの新品だ!


ジョージ・ルーカス。


フォーメーションラップを終えてグリッドに並びました…ん?
ウェーレインがバックしてるw
空いてるマッサのグリッドに間違えてついてしまっていたようです。
ウェーレインの目の前がマッサだったからね。


シグナルが…ブラックアウト!!
バトンが良いスタート!
ヒュルケンベルグ、ウェーレインはスタート遅れた!

1コーナー!
ハミルトントップ、バトンは2番手に浮上!
ヒュルケンベルグは5番手にまで落ちている!


1周目、ウェーレインは12番手を守っていましたか。


3周目、クビアトがランオフエリアでストップ!
リタイアだ。
全くついてない週末だったな。


6周目、ロズベルグがヒュルケンベルグをかわして4番手に。
その直後にフェルスタッペンもヒュルケンベルグをかわして5番手に上がりました。
ちょっと、ヒュルケンベルグはペースが上がらないか?


7周目、マッサがグティエレスをかわして18番手に。
ベッテルがヒュルケンベルグをかわした!
ライコネンがバトンをかわして2番手に浮上してきました。
まぁ、バトンは苦しいでしょうね…。

リチャルドもヒュルケンベルグをかわしていったな…。
ヒュルケンベルグが苦しんでいそうですね。


8周目、ロズベルグがバトンをかわして3番手に。
うん、仕方ない。
バトンのすぐ後にはフェルスタッペン。
虎視眈々と前を狙っています。

そして、2コーナーでフェルスタッペンがバトンの前に出ました。
バトンはズルズルと後退。
今は5番手だ。

ヒュルケンベルグ、ピットイン!
スーパーソフトに交換しました。
さぁ、これでペースが上がるか?
アロンソもピットイン、こちらはソフトタイヤに交換しています。


10周目、バトンもピットイン!
さぁ、ここからどう順位を挽回して行くのでしょうか。


11周目、ここでロズベルグがピットイン。
ソフトタイヤでコースに復帰。


12周目、マッサはグティエレスとポジション争い中。
かわされたか…。
あれ、ナスルにもかわされた…マッサ、ここでピットインだ。
タイヤ交換時間は2.2秒…早いなぁ。

ウェーレイン無線。
雨!?


14周目、ウェーレインがピットイン。
雨言うてた割にはウルトラソフト履いてるけど…。

サインツJr.対ペレス!
おっと…危ない。
サインツJr.が寄ってきてペレスの鼻先に当たりそうに!
ペレス、おこ?
そしてすぐに仕掛け直して、ペレスがサインツJr.をかわして行きました。
あ、コーナーでサインツJr.がクロスライン取ってる。
おぉ、イン側から追い縋ってきてるな…ここはペレスが前を抑え切った!


16周目、フェルスタッペンがピットイン。
おっと、ロズベルグが前だ!
ロズベルグはフェルスタッペンに対するアンダーカットに成功したらしい。

2コーナー辺りで雨が降ってるね…。
セクター3辺りもそうか?
カメラに雨粒付いているような…。


18周目、バトンは現在10番手。
ナスル、グティエレス、バトン、ヒュルケンベルグ、ボッタスによる8番手争いの最中にいます。
…ふむ、グティエレスがかなり順位落としたな。
バトン、ヒュルケンベルグにかわされて11番手に下がっています。


19周目、ボッタスがグティエレスをかわして11番手に。
後1つでポイント圏内です。

うーん、マッサは20番手か…。


21周目、アロンソがグティエレスをかわして12番手に
中団争いが激しいな…w

ナスルは8番手。
ザウバーに今季初となるポイントをプレゼントできるか?


先程からウェーレインがガタガタ言ってるwww


バトンがナスルをかわして8番手に浮上。
ナスルの後ろにはヒュルケンベルグ、だったかな?


22周目、ハミルトンがピットイン!
おっと、左リアが少し遅れたようだ…。
これでロズベルグが前に!

まぁ、ロズベルグはもう1回ピットインするのに対し、ハミルトンはもうピットに入らないかもしれませんが。


23周目、ライコネンがピットイン!
リチャルドの後ろでコースへ復帰しています。

マグヌッセン対ウェーレイン!
ウェーレイン、マグヌッセンに仕掛ける!
うーん、抜きそうなんだが…ブロックを受けて抜きあぐねていますね。

ウェーレイン無線。
「マグヌッセンが5回もラインを変えた!」
レーススチュワードに意見が吸い上げられる事でしょう。


25周目、フォースインディア勢は今の所12番手と13番手。
フロントロースタートのヒュルケンベルグはかなり順位を下げているね。


26周目、マグヌッセンに審議。
先程のウェーレインとのバトル中にラインを数度変えた件ですね。


27周目、うわっ…!!
トップを走っていたベッテルがホームストレートでクラッシュ!!
右リアタイヤがバーストしてスピン、そのまま壁に激突。
その反動で弾き飛ばされてコースを横切り、ストップ!

黄旗!

からのセーフティカー!


グロージャンがピットイン。
バトン、アロンソもピットインして、マクラーレンはダブルストップにしましたね。


ベッテル無線「タイヤが破裂した!」
ベッテル、29歳の誕生日に迎えたレースをリタイアで終えました。

壁に当たって跳ね返った後、危うくウェーレインと接触しそうになっていました。
ベッテルのマシンがコースを横切った直後にウェーレインが通過していった感じ。
まぁ、ウェーレインは1コーナーが近かったからか、既に減速はしていたようだが…。


ロズベルグのオンボード。
前にいるベッテルがクラッシュした際の無線。
「デブリの上通ったから圧力チェックして!」
タイヤ圧とか吸気口とかの状態確認でしょうか。


29周目、ベッテルが足早にモーターホームへ戻って行きました。


30周目、ん…セーフティカーがピットレーンから出てきた。
取り敢えず、良く分からないな。
ロズベルグの後ろにウェーレインがいるから、周回遅れの最後尾か?


ロズベルグのマシンにタイヤの残骸が絡まってるようですね。
これは空力に影響が…。


ロズベルグ、ハミルトン、フェルスタッペン、リチャルド、ライコネン、ボッタス、ナスル、バトン、グロージャン、マグヌッセンというトップ10。


31周目、ヒュルケンベルグとグロージャンにピットレーンのスピード違反で審議。


32周目、リスタート!
ペレスがホームストレートだったかな、バトンとパーマーをかわしています。

マグヌッセンに5秒加算ペナルティ!
ウェーレインとのバトルでラインを複数回変えた件のやつですね。


33周目、マッサはペレスの前に出て10番手だ。
グロージャン、マッサ、ペレス、アロンソによる9番手争いが展開中。

サインツJr.がタイヤをロックさせながらもパーマーの前に出た!
これで15番手…いやぁ、結構際どいな。
マシンをパーマーに寄せてたもんね。


35周目、サインツJr.がマグヌッセンをかわして14番手に。
直ぐ様グティエレスがマグヌッセンをかわして15番手に上げています。
割とこういう場面多いな…。


36周目、ヒュルケンベルグとグロージャンに5秒加算ペナルティ!
ピットレーンの速度超過による。


38周目、3台による7番手争い。
ナスル、バトン、グロージャンが激しくバトルしています。
バトンはナスルをかわせそうでかわせないな…。
ここでバトンの無線。
「マキシマムパワー」でナスルを追撃するようです。


39周目、バトンがナスルをかわして7番手に浮上!
ザウバーをかわすのも少し手間取りますか。

ん、2コーナー辺りでポツポツ雨が…。


ベッテルのタイヤバーストはデブリによるもの、とタイヤメーカーのピレリは発表したようですね。


マッサ対ペレス。
2回くらい並ばれてるけど、コーナーでインを取ってるからかわさせない。
それにしても、マッサはブレーキダストが多い…。


ベッテルのタイヤバーストの原因に対するピレリの発表に懐疑的な解説陣。
まず、まだ良く見れてないであろうこの短時間に何でデブリって分かったのか疑問だと。
更に、そのデブリが何処から来たのかと言うのも疑問のようです。
タイヤにダメージを与えるようなデブリが散らばるような事あったっけ、との事。


42周目、グロージャンがナスルを捕らえて8番手に!
そして、ナスル対マッサのフェリペ対決だ。

相変わらずカーボンダストが凄いマッサ。
国際映像もマッサのフロントタイヤにクローズアップ。


44周目、マッサがナスルをかわして9番手に浮上。
すぐに後ろにいたペレスもナスルをかわして10番手に上がった!
そしてナスルはピットイン。

ロズベルグ、タイヤをロックさせて少しオーバーラン。
ハミルトンとの差が縮まっています。

ヒュルケンベルグ対サインツJr.。
サインツJr.がインを突いてかわしたけど、結構近い…っていうか、サインツJr.がヒュルケンベルグの方に寄ってたよね。
中々にアグレッシブ。


46周目、ロズベルグのフロントブレーキが真っ赤。
ハミルトンのは角度が少し違うから分かりにくいけど、大丈夫そうか?

後、もう雨は降ってなさそうだね。
コロコロ変わるなぁ。


47周目、ロズベルグもマッサ同様にカーボンダストが結構多いようだ。
そしてベッテルのタイヤの残骸がまだ絡まっているし、サイドポンツーンのパーツが破損してビラビラしてる。
結構ボロボロだな…。
トップを走ってるけど。

ボッタス対バトンの6番手争いが展開中。
バトンのタイヤより20周は長く走っているボッタスのタイヤ。
まだ行けると言わんばかりにバトンの前に留まっていますね。


50周目、11番手…というより、12番手争いが激しい。
11番手はサインツJr.。
その後ろにアロンソ、ヒュルケンベルグ、マグヌッセンが続いています。


51周目、ヒュルケンベルグはバイブレーションが出ているらしい。
何、たまにレーサーが発症する、レースやめたい病?

…あ、ピットインした。
まずは5秒ストップペナルティを消化して、それから中古のウルトラソフトに交換。
これでバイブレーションが収まれば最後まで行くのでしょうか。
ウルトラソフトだからもう1回入らないとダメかねー。


52周目、ここでボッタスがピットイン!
タイヤ交換は2.8秒か…普通だな。
12番手で復帰。
ここから再度ポイント圏内を狙います。

これでボッタスとバトルしていたバトンは6番手に上がりましたね。
抜かせなかったんだなぁ…。


53周目、4番手のリチャルドにライコネンが迫ってきた!
でも、まだかわせない。


55周目、ここでハミルトンがピットイン!
ソフトタイヤだ…タイヤ交換時間は3.5秒。
左フロントが少し遅れたようですね…。
リチャルドとライコネンの前で復帰。

…ところで、2番手走ってるハミルトンは入る必要あったの?
ロズベルグはキツそうだったけどさ。

おっと、ハミルトンが2コーナーでタイヤをロックさせて少しオーバーラン!
一気にハミルトンとリチャルド・ライコネンの距離が縮まった!


56周目、今度はロズベルグがピットイン!
こちらはスーパーソフトだ!
タイヤ交換時間2.3秒、ハミルトンの前でコースに復帰!

トップはフェルスタッペンに変わっています。
既に41周走ったタイヤで走行を続けているので、そのまま行くつもりか。
このフェルスタッペンを確実にかわす為に2台とも入れたのかなぁ。


57周目、ハミルトン無線。
ピットウォール「ニコはスーパーソフトを履いてるよ。」
ハミルトン「なんであっちは柔らかい方のタイヤなの?!」
ピットウォール「こっちの方が良い選択だよ。」
…はい、文句でした。

ハミルトンは完全にフェルスタッペンを無視して対ロズベルグの事しか考えてない感じですね。


58周目、いよいよライコネンがリチャルドに仕掛けた!
並んだ…ライコネン、前に!
粘るリチャルドをしっかりと抑えた!
ライコネン、4番手に浮上!

さて、ロズベルグとハミルトンの差は0. 8秒!
前方にはフェルスタッペンがいます。


60周目、フロントロースタートだったヒュルケンベルグが周回遅れに。
17番手とかその辺だもんなぁ。
決勝は全然流れが悪かったね…。


フェルスタッペン、少しリアが滑っている。
タイヤ的にかなりギリギリのようだ…この状態で何処まで行けるのだろうか。


61周目、遂にメルセデス勢がフェルスタッペンに近付いた!
まずはロズベルグが仕掛けて行く!
サイド・バイ・サイド…2コーナーはフェルスタッペンが前を死守!
だが、すぐにロズベルグが並び直していきます。
ロズベルグ、トップを奪取!

さぁ、間髪入れずに、今度はハミルトンがフェルスタッペンを狙っているぞ!


63周目、フェルスタッペンは一瞬ブロックラインを取ってハミルトンから順位を守っている。
タイヤが厳しそうなこの状況下でもしっかりと粘りのブロックを見せています。

…ん?
ライコネンがブルーフラッグを要求してる無線?


おっ、ハミルトンが一気にフェルスタッペンを抜き去った!
ハミルトン、2番手!
これでハミルトンは前のロズベルグとのバトルに集中できますね。

…一瞬、パーマーも巻き込んでスリーワイドだったのねw


そういや、マクラーレン勢はバトン5番手、アロンソ10番手とダブル入賞圏内。
で、マッサは14番手、うーん…。。


64周目、5番手のバトンをリチャルドが追っています。
バトンは順位を守れるでしょうか?
リチャルドは新品のウルトラソフト履いてるっぽいんだよなぁ。


65周目、マッサがガレージに戻ってリタイア。
どうやら、ブレーキの温度が上がり過ぎてしまったようだ。
中盤辺りからカーボンダスト凄かったしな…。
過去2年結構良い感じのレースしてたから期待してたんだけど…次のイギリス・シルバーストンに期待だな。

ん、10番手だったアロンソが今は13番手まで順位を下げている。
トラブルでしょうか?


66周目、リチャルドがバトンをかわした。
これで5番手に浮上。

アロンソがピットイン。
マシンを降りてリタイアですか…。
やっぱりマシントラブル?

そして、ヒュルケンベルグもガレージに戻ってリタイア。
バイブレーション関係でしょうか。


67周目、フェルスタッペン対ライコネンの表彰台争い!
ペースがほぼ同じなので、中々近付けないライコネン。
まぁ、ライコネンの方が少しだけ速いらしいが。

おっと、フェルスタッペンがリアをフラつかせた。
今のタイヤで51周も走ってるのか…チェッカーまで持つのか?
それとも、ライコネンがかわしていくか?


68周目、ロズベルグ対ハミルトンのバトルも白熱中!
両者の差はいよいよ1秒以内!
この対決は周回遅れの集団に突入していっています。
どちらも3台くらいをかわしていかないといけないから、かなりトリッキーですね。
上手くやらないと刺されたり離されたりしてしまう。


70周目、ロズベルグもハミルトンも共に集団をクリア。
でも、差は0.6秒に広がっています。


71周目、ファイナルラップ!
おっと、セクター2で黄旗!

さぁ、ロズベルグ対ハミルトンは1コーナーを曲がった時点でその差が0.3秒に!
近付きましたね…おっと、ハミルトンがロズベルグのスリップに入った!!
並んだ…サイド・バイ・サイド…!!
そのまま2コーナーへ!!
ロズベルグがイン側、ハミルトンがアウト側…おっと、ハミルトンの方が速い!
ハミルトンが頭一つ抜けている状態で2コーナー!
…あっと、軽く接触!!
接触の音が聞こえた!

ハミルトンが押し出される形でコースオフ!
ロズベルグが前を守った!!
…あー!!
ロズベルグのフロントウィングが壊れている!
あっと、これはダメだ…物凄い火花を散らせている!
あっ、ロズベルグのフロントウィングが粉々に!
ハミルトンがコースに戻ってきた…けど、火花を散らせたロズベルグがハミルトンの鼻先を通過!
ロズベルグがまだ前…しかし、ハミルトンは無傷なようだ!
ペースの落ちたロズベルグをかわしてハミルトンがトップ!!

おっと、オンボードに3コーナーのランオフエリアでクラッシュしてるペレスが映ったw
これが黄旗の原因か。

ロズベルグ、2番手。
おっと、フェルスタッペンとライコネンが手負いのロズベルグをかわしていった!
ロズベルグ、4番手に後退!

ハミルトン、逆転のポール・トゥ・ウィン!
オーストリア初優勝!
フェルスタッペン2位、ライコネン3位!
ウィング引き摺ったままのロズベルグが4位でチェッカーを受けました。

ハミルトン無線。
「僕はアウト側にいて、十分スペース残していた。
クラッシュは僕の責任じゃない。」

ペレスのクラッシュ、オンボード。
右フロントがロックしてそのまま直進してますね。
そして壁に激突…ファイナルラップでやっちまったか、勿体無い…。


チームの母国でチーム初となる表彰台を獲得したフェルスタッペン!
喜んでいます!

バトンは6位で今季最高位フィニッシュ!

そして、何気にウェーレインが10位入賞!
自身初のポイント獲得、チームもジュール・ビアンキが2014年のモナコで獲得して以来のポイントゲットとなりました。


控室。
電話音www
フェルスタッペンがハミルトンに何があったか訊いてるようですね。


表彰台待ち。
…おっ、パパスタッペンのヨス・ザ・ボスだ。
後ろ姿だけど、嬉しそうだね。

ライコネンの奥さんも満足そう。

やっぱり上機嫌だったヨス・ザ・ボス。


表彰台!
ハミルトンへのブーイング凄いわ。
まぁ、ドイツ語圏だから、ロズベルグに勝って欲しかっただろうしな…。


そして、い つ も の。
ドイツ国歌中にキャップをくるくる回すハミルトン。


…ん、レッドブルリンクを象ったトロフィ、木製?
何だか軽そう。


シャンパンファイト!
まず飲むハミルトンとライコネン。
まずかけるフェルスタッペン。


地元の伝統衣装を象ったレーダーホーゼン風スーツで表彰台に上れたのは良いね!


表彰台インタビュワーが知らない人だ。
スペインテレビ局のコメンテーターだって。


ハミルトン、声援とブーイングが混ざってる。
ブーイングはノイズですwww
ハミルトン「僕の問題じゃないから…。」

ちょwww
コメンテーターの人www
フェルスタッペンが返答する前に背中向けたwww

地味に話が長いライコネン。
フェラーリの二人は話好きだよねwww

ハミルトンに戻ると、更にブーイング。
やっぱり接触について訊かれています。


ロズベルグにハミルトンとの接触の件で審議。
確かに、あの2コーナーはロズベルグがブレーキ遅らせて奥に突っ込み過ぎてた気がする。


赤アロハ、川井ちゃん。
川井ちゃん、ライコネンについて「途中ブルーフラッグでガーガー騒いでましたけど。」


ロズベルグのマシン、フロントノーズと壊れたサイドポンツーンを外された状態で置かれている。
カメラがまじまじと映しているな…。


リプレイ。
ウェーレイン、スタート前に渾身のバックギア。
ペナルティを喰らう前に自分のグリッドに帰ってこれて良かったなw


ハイライト。
ヒュルケンベルグのピットイン時、左フロントが遅かった事があったのね。

マッサ、マグヌッセン、ウェーレインによるスリーワイド。
スリーワイドでコーナーを曲がる…。

スローリプレイでジョージ・ルーカス。

アロンソ、マシンを降りた後に頭を振る。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はジェンソン・バトン/マクラーレン
7位はロマン・グロージャン/ハース
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
10位はパスカル・ウェーレイン/マノー

ここまでがポイント獲得。

11位はエステバン・グティエレス/ハース
12位はジョリオン・パーマー/ルノー
13位はフェリペ・ナスル/ザウバー
14位はケビン・マグヌッセン/ルノー
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はリオ・ハリアント/マノー

17位完走扱いはセルジオ・ペレス/フォースインディア
18位完走扱いはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
19位完走扱いはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
20位完走扱いはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

リタイアは…
セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
ダニール・クビアト/トロロッソ


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(153Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(142Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(96Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(96Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(88Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(72Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(54Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(39Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(38Pt)
10位:グロージャン/ハース(28Pt)
11位:クビアト/トロロッソ(22Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(22Pt)
13位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(20Pt)
14位:アロンソ/マクラーレン(18Pt)
15位:バトン/マクラーレン(13Pt)
16位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
17位:ウェーレイン/マノー(1Pt)
18位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
19位:グティエレス/ハース(0Pt)
20位:パーマー/ルノー(0Pt)
21位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(295Pt)
2位:フェラーリ(192Pt)
3位:レッドブル(168Pt)
4位:ウィリアムズ(92Pt)
5位:フォースインディア(59Pt)
6位:トロロッソ(36Pt)
7位:マクラーレン(32Pt)
8位:ハース(28Pt)
9位:ルノー(6Pt)
10位:マノー(1Pt)
11位:ザウバー(0Pt)


早いもので、翌週にはもうイギリスGP。
つまり、明日から開始な訳ですよ。
FEのイギリスeP2連戦まだ観てねぇよー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

高原に降る雨

眠気…というか、疲れが取れないなぁ。
寝ても寝ても眠いし疲れてる。


本当は朝から起きて色々やろうと思っていたのだが。







F1オーストリアGP予選!!

ウィリアムズ応援団。
帽子。

オレンジのTシャツはフェルスタッペン応援団ですね。
サッカーのオランダ代表とかこの色ですね。


曇っているな…フリー走行時は突然の大雨とかもあったよね。
そして気温が高いらしい。


Q1
早速ウェーレインがアタック。
少し、山の向こう側に黒い雲があるみたい。

最終コーナーの縁石外側が凄い細かい縁石群になってるっぽい。
ゴツゴツしてそうだなぁ。
あんまりハードに入るとサス壊れそうだなぁ…。

ジョージ・ルーカス来てる。

ハミルトン、2回目のアタックでトップタイム。
もうQ1突破は確実だろう。

おっと、ペレスが何やらフラフラしているぞ…。
右リアサスが破損か?

ロズベルグ、フリー走行3回目のクラッシュを乗り越えてアタックへ。
直って良かったねぇ。

ペレス、ガレージへ。
解説陣がパッと見た感じ、ロズベルグと同じような壊れ方だそうで。
ただ、サスが曲がったロズベルグと違って、ペレスのサスは割れてるそう。

ここでロズベルグがトップタイム!
復活したかな。
そして、ベッテルが2番手。

残りは2分!
エリクソン応援団だ…スウェーデン国旗が並んでいます。

ここで続々とタイムを出してきますね…グロージャンもタイム上げてきてる。
おぉ、ウェーレインが9番手タイム!
これは凄いぞ!!

…おーっと!!
クビアトが大きなクラッシュ!!
これは激しい!!

レッドブルカラーのタイヤバリアに激突して停止。

赤旗!


リプレイ。
縁石に乗り過ぎて、右リアのサスが破損した模様。
その破損で姿勢を乱して滑っていったようですね。

スピンしながらピットレーン入り口の壁にフロントノーズをかすらせていった…勿論、フロントノーズは粉々。
ここにまともに激突しなくて良かったな…。
クビアトもマシンの中で祈っていたようです。

ノーズがぶっ壊れたマシンは更に滑って行ってランオフエリアを進み、壁に当たって止まりました。
ランオフエリアを滑ってる時、何度かフロントが浮き上がりかけてたな…。
クビアトは無線で「皆ごめん」と言っているし、無事なようだ。


破損したマシンや散らばったデブリを回収する作業が続いています。
…ヤバい、中国GPで登場した地引き網車だwww
あれ、ちゃんとデブリ取れるのかなwww


回収されたデブリが集められてる、貴重な場面。


週末を通して話題になっている、悪名高いソーセージ型縁石による振動が左側のサスから右側のサスに伝わったのが破損の原因でしょうか?
右側は通常の縁石による振動も受けていたようだし、共鳴でもしてイレギュラーな負荷がかかったのかな?


レッドブルのモーターホームでくつろぐディートリッヒ・マテシッツ。
子牛がクラッシュしても親玉は慌てない。


残り1分44秒からリスタート!
ハース、ルノー、ザウバー、マノー、マクラーレンが並んでるね。
ヒュルケンベルグ、サインツJr.、ウェーレインも並んでいる…彼らはQ1突破できそうなタイムを持っているけど。。
え、トラフィックになりに行って合法的にタイムアップを阻止する?www
トラフィックメーカーwww
森脇さん良い単語思い付いたなwww

…おっと!
サインツJr.がバルサンを焚いて黄旗!
コース脇に止まった!!
サインツJr.は身を挺した、まさに捨て身のトラフィックメーカーに…。
それにしても、レッドブルのホームレースで子牛たるトロロッソが2台とも走れなくなるとは。

黄旗なので、今走っている人達はタイム更新はできませんな。
あ、サインツパパだ。

ふむ、ザウバー勢はスーパーソフトでのアタックだったのか。
ウルトラソフトが合わなかったのか?
それとも、タイヤなかったのか?

ペレスがモーターホームに戻ってきたので、ペレスも走れないようだな。
Q2開始前から既に2台も走れないマシンがいる…。

そして、トロロッソのクルーは忙しい夜を過ごしそうだ。


Q2
曇ってきたレッドブルリンク上空。

メルセデス勢が真っ先に並んでる。
雨の可能性が高まっているという話からですね。

スタートと共に出たのは5台。
他はまだ出ないのか…グロージャンに至っては中古タイヤで出ていったぞ??
雨降る言われてますけど、ギリギリまで引き伸ばす作戦のとこもいるのね。

ここでヒュルケンベルグに審議。
黄旗でスピードを落とさなかったからのようです。
Q1の赤旗後の話らしいな…。
これでペナルティ喰らったら勿体無いよなぁ。
折角Q1突破出来るタイムを保持して上位グリッド狙える可能性があったのに、グリッド降格ペナルティとか最速タイム抹消とかされたら勿体無い。


ライコネン無線。
むむ、8分後に雨の予報!


ロズベルグがアタック中。
前のハースに少し引っ掛かって2番手タイム。

おっと、ライコネン、ベッテルのフェラーリ勢がスーパーソフトでアタック開始!
ベッテル3番手、ライコネン6番手…このまま行けば、決勝はスーパーソフトでスタートできるぞ!
こうするのも、ウルトラソフトはロングランでの持ちが悪いからだそう。
すぐにピットに入らないと行けないとなると、中団から後方のグループに巻き込まれてタイヤを傷めかねないしね。

おー、グロージャン、姿勢を乱してコースオフ。
壁には当たりませんでした。

リチャルド、フェルスタッペンのレッドブル勢もスーパーソフトでアタック開始!
フェラーリ勢の動きを見て、でしょうね。
フェルスタッペンが4番手、リチャルドがそれを上回って4番手!
これでレッドブル勢もスーパーソフトでスタートになります。

おっと、黄旗!
解除されたか。

ライコネン無線、雨降ってきたらしい。
フィニッシュラインの前でスローダウン。

…あ、ウルトラソフトで決勝始めたくないからスローダウンする言い訳にしたのかw

あー、バトンがタイヤロックさせてコースオフ。
グラベルの石がコクピットに沢山入ってる…。

ここでロズベルグがスーパーソフトでコースへ!
映らなかったけど、ハミルトンもそうするのかな?

グロージャンオンボード。
おっと、雨降ってきた!

国際映像にも雨が映っています。

これは各車アタックできないな。
メルセデス勢もスーパーソフトでタイム出せませんでした。
まぁ、マシン的にウルトラソフトスタートでも問題無さそうだけどね。

ウェーレインは現在12番手。
これ以上のタイム向上は見込めないけど…このサーキットで12番手は凄いわ。

…あー、かなり雨降ってきたみたいだな。


ガレージでのアロンソのリプレイ。
なんか、おこかな?

何やらコーヒー的なものを飲んでるリチャルド。

セッション終了!

皆ガレージ内です。
メルセデス勢のスタートタイヤはフェラーリ勢やレッドブル勢と異なるウルトラソフト。
さて、フェラーリ勢やレッドブル勢が決勝で何処までメルセデス勢に迫れるか…?


…結構しっかり雨降ってるな。

再びジョージ・ルーカス。

アロンソ、中古タイヤで最初のアタックを行った為にしっかりとタイムを出せなかったようだ。
そりゃあ、おこだな。


…おっ、雨上がったみたい?
一部コースが乾きつつあるようだ。


マクラーレンガレージのヴァンドールン。


Q3
フェラーリ勢、メルセデス勢がコースへ。
まだ路面が濡れているんで、皆雨用のインターミディエイトタイヤ履いてますね。
おっ、マッサも出るぞ!

ベッテル無線。
2コーナー、3コーナーが結構濡れてるようだ。

…あ、日が出てきた。
移り変わりが早いなぁ。

まずはベッテル、ハミルトン、ライコネン、ロズベルグの順。
リチャルドが3番手!
マッサは7番手。
ボッタスが4番手。


だいぶ路面が乾いてるね。
各チーム、インターミディエイトからドライ用のウルトラソフトに替えるタイミングを計っている所でしょうか。

おっ、ライコネンがトップ!
ハミルトンがトップを塗り替えた!
更にロズベルグがトップタイムを更新!
バトンは3番手!
リチャルドがトップタイム!
おっと…マッサは最終コーナーで姿勢を乱した!
7番手止まり。
マッサが姿勢乱した所の川井ちゃん「おーぅ、ダメッ…」
フェルスタッペンが3番手。

残りは5分半。
インターミディエイトタイヤでの周回が続いています。
ベッテルが3番手に。
ライコネンが4番手。
ヒュルケンベルグがセクター2最速で来ている…トップタイム!
すぐにリチャルドがトップタイムを更新!

1コーナー前がまだ濡れているようだね…。

ボッタスは4番手。
ベッテルが3番手。
ライコネンが2番手。
ハミルトンがトップタイム!
ロズベルグは2番手。
リチャルドが2番手だ。
おぉ、バトンが2番手に!

残りは4分切った!
ヒュルケンベルグがウルトラソフトに交換!
マッサもウルトラソフトに替えた!
…おぉ、続々とウルトラソフトに替えにきていますね。

全車ドライタイヤ…ウルトラソフトでコースへ!

さぁ、残りは3分切った!
まずはヒュルケンベルグがアタック!
まだ2コーナーの立ち上がりで滑ってホイールスピンが多いようだ。

セクター2で黄旗!
ボッタスがコースオフしていたようだ…。
コースに復帰して黄旗解除。

まずはヒュルケンベルグ…トップタイム!

ベッテルオンボード。
おっと、少し滑ったか。

マッサがトップタイム!
ベッテルは2番手!
ライコネンがトップ!
ハミルトンがトップに!
再びヒュルケンベルグがトップ!
ロズベルグは2番手。
残り5秒で最後尾のバトンがアタックへ入った!
バトンはこれを狙っていたのか…?

チェッカー!
マッサは3番手。
フェルスタッペンは2番手。
ベッテルがトップタイム!
ライコネンは2番手。
リチャルドが3番手。
ハミルトンがトップタイムを更新!
ヒュルケンベルグは2番手!!
ロズベルグは2番手。
最後のバトンは5番手!

ポールポジションはハミルトン!
ロズベルグが2番手、ヒュルケンベルグが3番手だ。

ロズベルグ、ベッテルが5グリッド降格なので、ヒュルケンベルグはフロントローの2番手スタート。
バトンはセカンドローとなる4番手スタート。

嬉しそうなヒュルケンベルグ。
バトンは今季最高位の5番手である。


両端にニコ×2を従えたハミルトンの写真撮影。


ハミルトンのラストアタックのオンボード。
2コーナーがまだ結構濡れてたな。
セクター2で少しフラついたりしてたから、あの辺りも濡れてた?

ヒュルケンベルグ、初ポールを獲得した2010年ブラジルを思い出すコンディションにテンション上がってた。
だからか、3番手は少しがっかり。
バトンは大喜びだったけどね。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

ベッテル、ロズベルグがギアボックス交換により5グリッド降格ペナルティ。

スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
3番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー


パーマー、ハリアント、ナスルに黄旗無視による3グリッド降格ペナルティ。

クビアト、シャシーとギアボックスを交換し、ピットレーンスタートに。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
3番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはエステバン・グティエレス/ハース
12番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
19番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

ピットレーンスタートは
ダニール・クビアト/トロロッソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

真綿で首を絞めるように

ひっさびさに同期と飲んだ!
いやぁ、胃腸の調子が戻りつつある段階にまで回復して良かったわぁ。









某小説!
・おじさん登場でなんか張り詰めた場
・引っ掛かる言い方
・分かる人には分かる関係
・寝言wwwとどめwww
・メディファン(CV:グリリバ)
・魔法医
・突然切り込んでくるへたれ
・変な所で鋭いからねー
・だが、空気は読めない
・がっかりだよ!
・意図的なのか、素なのか、良く口を滑らせるおじさんだw
・第3極臭
・イメージし易いようにしてくれる空のお兄さんマジ有能
・古城のデータが出てこんじょう
・GooCleCor
・由緒正しい結界
・セキュリティのしっかりした物件、だなんて意外と一般的なコメント感覚あるんだな、魔女…
・結界のあるなしみたいな物件の条件があるのも魔法が存在する世界ならでは
・空のお兄さん怒り(嘘)のカットインwww
・おっさんにも引かれてるw
・診療所はサクっと検索可能
・流石サイバー妖精、仕事がはやーい!
・アプリを使いこなすおっs…ナイスミドルはかっこいいよね
・もしかして、自作アプリですか??
・魔女の魔力だけじゃなく、他の魔力も感知してるから、普通に市販されてるんかな
・市販品で魔女の魔力感知してたらすげーと思うけど…
・弟さん、一言だけでも十分な存在感…厨二ってすげー!!
・結界をものともしない魔力感知装置
・魔女の魔力が消えたっていうのと、魔女殺し、話が一致してそう
・ここは更に深く掘り下げられそうな所ですね
・誰が殺すように仕向けたのかとか…
・青いカナリアは誰かの導きで城に入り、黄色いカナリアと出会った
・どうやって入ったのかも謎の1つですかね
・おとんはよく気付いていたな
・記憶が想い出せないように細工されてる感じ
・取り返しの付かない事
・ん、仮死状態になって、今も治療中?
・今回は良く切り込むへたれ
・魂だけやってきた
・契約内容はまだ言えない
・鋭い魔道士
・タダで治療してもらってるw
・皆忘れてた弱点の話
・見てる方も忘れてると思うw
・テレパシーは契約内容に含まれておりません
・むしろ、契約にオプションつけたのかよw
・「魔女」と呼ばれる存在の弱点は聖なる炎
・魔女が成り代わった星神は炎と大地を司ってるから、もう効かなそう
・めっちゃ症状軽くなってるのすげー!
・魔女を丸ごと宝石化して無力化しようとしてたのか
・星神の力を借りるとは言え、すっげぇ大胆ですっげぇ無謀な方法に思えるな
・郵便屋さん
・封印を内側から破ろうとする力が強まっている
・封印魔法はまだ有効なのか?
・青が神殿へ…僕組も神殿へ向かうよね
・なかった事にされてるから逆に行動しやすそう
・姐さん倒れたー!!
・通常の戦闘なら朝飯前だが、流石にイレギュラーな状況下での戦闘が続いたら倒れるわな
・しかも、夜通しで、流血もしてたしな
・休息が必要なのは明白ですね
・ケンカを煽る炎www
・医者として本当に優れた洞察力を持っているなぁ
・症例www
・頭はめっちゃ冴えてるへたれ
・何か忘れてるへたれ
・自らの魔力を分け与えるとなると、疲れそうだね…
・術者が制限されている回復魔法を使える青いカナリアは…
・いや、使用をいつ認められたんだろ
・子供の頃だろうな
・図書館で調べ物
・道路のお兄さん、あんだけドンパチやっといて元気だなwww
・火の玉ーズは裏世界であれば魔力を消費してもすぐに補充できる
・故に現在は元気そのもの
・火の玉が大きい魔術所を捲るというシュールな光景
・表情豊かな(推測)火の玉
・図書館って蔵書多いから毎日通い詰めないとパッと目的のもの見つけられないよね
・世界が違えば理も違う
・道路のお兄さん、ホント元気だな…w
・ミステリー番組観てるみたいになってるwww
・そういう中にヒントが入ってたりして
・あ、ダメだ、いつの間にか近所のにゃんこの話になってるw
・扉の横の蔦状の苗のような何かってw
・黄色いカナリアが苦笑い
・きっとアレやコレやに使われてたものに違いない
・若いねぇ、炎w
・火の玉は盗み見ようが何しようが分からないような…www
・へたイエローがへたれてない
・凄くシリアスでかっこいいシーンだ
・だが、同時にかなりきな臭いシーンでもある
・この姉弟本当に良い姉弟だなー
・危ういバランスで成り立ってるのに何故かアットホームに感じる関係
・道路のお兄さんがたまに見せる、お兄さんな所
・影を利用して諜報できたら本当に凄いぞ!
・見せ場になるか?
・雷は意外と淡泊な事言ってるw
・突然のモチ
・ちっちゃな手を振って自己主張するモチちゃんマジ天使
・頬だか脇腹だか分からない
・こねられて不機嫌そうwww
・敬礼www
・これはモチちゃん大活躍フラグw
・最強生物はダテじゃない!
・非常食(そもそもそんな持久戦するのかw)や囮は分かるが、賄賂ってwww
・物語の魔女
・魔女になると人間の時より欲求に忠実になる(オイシイ…
・突然の炎
・「確かめたい」の標的ですか
・会議中からかなり物語の魔女を気にしていたからな
・不穏な動きの兆候はこの辺りからあったね
・物語の魔女に嫌われる炎w
・まぁ、昨今の炎はイルカちゃんと仲良かったのでね
・指先で顎を持ち上げられるような
・叩いたwww
・物理が火の玉に効く辺り、流石は違う世界線、流石は魔女
・炎の炎で掌まで焼けたか…
・つまり、異界の神の炎であっても、聖なる炎には変わりない、と
・そしてもう一つの事実をさりげなく披露している…
・自分的には、非常に重要なシーンである
・元通りにしたのは物語の魔女の能力かな?
・それとも、別の要因?
・ここも重要だな…
・恋人の椅子の空きがいっぱいあるのは問題だなw
・お断りされてるwww
・脅してるwww
・おぉ、腕の一振りで炎の欠片を吹き飛ばした
・すっげぇ追い詰めてる感
・この辺りの炎の声音は素の声…聞く者を恐れさせるような重低音だな
・そしていつもの調子に戻るのであった
・好意、神、友情、目的…
・めっちゃ信じられてないの笑うwww
・最後の囁きはまた重低音かな
・まぁ、炎が何を考えているかは他の方に勘繰ってもらいましょうかね!
・俺自身はもう一度会議内容を精査しないとならないようだが…
・おじさんの現在の目的も当初とは違うっぽいから、こっちも注目ですかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

炭酸ミスト

嫁がまた綺麗になったな、うん。


かつて「タダで美味い飯が食えて最高だな!!」とか言ってたゲスな輩を知っているが…
いや、今回に関しては払ってるよwww

結局、半日一杯かかったな。
その代わり、かなり内容は濃かった…まだまだ見えてない所や考えないといけない箇所もあるけれど。
いや、此れ程までに濃くなるとは思わなかったけど、事前に色々と大枠を決められたり、色々と教えてもらえたのは良かった。


後、胃腸の調子が徐々に戻りつつあったのも良かったね。
ちゃんと食べられた。
まだ量は入らないけど、今日はそれで十分だった。






さて、明日も少しで休めるな…。


F1オーストリアGPの予選、録画撮り忘れたけど、明日の決勝前に放送あるからそっちを撮っておこう…。
フォーミュラE共々、今度の休みまとめて観よう…。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


富山県
石:オニックスマーブル(トラバーチン)(宇奈月町下立)
鉱物:十字石(宇奈月町内山)
化石:八尾層群の中新世貝化石群(富山市八尾町)


約1600万年前の火山性噴出物の上に生まれた炭酸塩岩の事。
「オニックスマーブル」は石材としての名前みたいですね。「トラバーチン」は温泉や鉱泉、地下水から生じた石灰質化学沈殿岩の事らしい。
国会議事堂に使われてる石材のひとつみたいですなぁ。後、黒部宇奈月温泉駅にも使われてる。
あれ、埋蔵量極僅かって…w
産地ではほぼ痕跡程度になっているとも…w

鉱物
おぉ、十字石、スタウロライト!
飛騨変成帯東縁部に位置する宇奈月変成岩類から産出するとか。これ、約2.5億年前前後にあった南・北中国大陸の衝突で生成したものだとか。
著しい風化で生じる酸化アルミニウムを豊富に含む泥岩が大陸衝突帯深部の温度圧力の影響で変成されてできる鉱物…らしい。
日本に大きな結晶の十字石が少ない理由は、風化が起きやすい地層が乏しくて、変成岩類も少ないから…との事。

化石
貝化石群3連打。
貝だけじゃなく、マングローブを形成する植物の花粉化石も見つかっているとか。
ここの地層は日本海が形成された前後の中新世前期〜中期頃に堆積したもののようです。
富山県を横断して東西に分布している地層のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

ダブルビート

日取りが悪かったんだけど、復帰初日からハードでした…。

目覚めた時に謎のめっちゃ発汗。
割とフラフラ。
でも、確かに疲れは足に来るけど、いつもの調子悪い時みたいにすぐに足に来たりはしなかった。
かなり良く分からない状態。

後、脂汗も結構かいたなぁ…。
夜になったら落ち着いてきてたけど。
なんだったんだろう。


それにしても、久々に外歩いたけど…疲れるもんだね。
上り階段が辛いな…。
何気ない日常生活してるつもりが、実は結構体力使ってるんだなぁと。







ネギタレ艦隊2016年6月末版です。
前回は16年5月末でしたね…。

正規空母
飛龍改二 Lv.77→Lv.78
蒼龍改二 Lv.75→Lv.78
加賀改 Lv.77
赤城改 Lv.76
瑞鶴改 Lv.73→Lv.75
葛城改 Lv.75
翔鶴改 Lv.73→Lv.75
Graf Zeppelin改(グラーフ・ツェッペリン) Lv.75


軽空母
瑞鳳改 Lv.76
千歳航改二 Lv.76
千代田航改二 Lv.76
祥鳳改 Lv.76
飛鷹改 Lv.76
隼鷹改 Lv.75→Lv.76
龍驤改→龍驤改二 Lv.74→Lv.75
鳳翔改 Lv.75

水上機母艦
秋津洲改 Lv.75
瑞穂改 Lv.71→Lv.72
千歳甲 Lv.69→Lv.71
千代田甲 Lv.69→Lv.70

航空戦艦
伊勢改 Lv.78
日向改 Lv.78
扶桑改 Lv.76
山城改 Lv.75→Lv.76

戦艦
金剛改二 Lv.78
Italia(イタリア) Lv.75→Lv.78
霧島改二 Lv.77
比叡改二 Lv.76
榛名改 Lv.76
陸奥改 Lv.75
Iowa→Iowa改(アイオワ) Lv.15→Lv.64

航空巡洋艦
最上改 Lv.78
三隈改 Lv.77→Lv.78
鈴谷改 Lv.76
熊野改 Lv.76
利根改二 Lv.76
筑摩改二 Lv.74

重巡洋艦
摩耶改二 Lv.77
那智改二 Lv.76
Prinz Eugen改(プリンツ・オイゲン) Lv.75
鳥海改二 Lv.75
Zara改(ザラ) Lv.75
足柄改二 Lv.71
衣笠改二 Lv.70
羽黒改二 Lv.70
古鷹改二 Lv.69
加古改二 Lv.68
青葉改 Lv.60
Pola→Pola改(ポーラ) Lv.3→Lv.53
妙高改 Lv.43
高雄改 Lv.40
愛宕改 Lv.40

重雷装巡洋艦
大井改二 Lv.79
木曾改二 Lv.78
北上改二 Lv.77

軽巡洋艦
大淀改 Lv.82→Lv.83
夕張改 Lv.79
五十鈴改二 Lv.68→Lv.69
龍田改 Lv.67→Lv.68
神通改二 Lv.67
天龍改 Lv.67
川内改二 Lv.66
那珂改二 Lv.65
球磨改 Lv.65
多摩改 Lv.65
長良改 Lv.65
名取改 Lv.65
鬼怒改 Lv.65
阿武隈改 Lv.65
能代改 Lv.65
阿賀野改 Lv.36→Lv.41
矢矧改 Lv.35→Lv.39
由良改 Lv.38

練習巡洋艦
香取改 Lv.98
鹿島改 Lv.96→Lv.98

駆逐艦
秋月改 Lv.76→Lv.77
江風改二 Lv.76
雷改 Lv.75
電改 Lv.75
初月改 Lv.74
Верный(ヴェールヌイ) Lv.71→Lv.73
叢雲改二 Lv.73
夕立改二 Lv.71
時雨改二 Lv.71
暁改二 Lv.71
雪風改 Lv.71
島風改 Lv.70
白露改 Lv.68
村雨改 Lv.65→Lv.66
春雨改 Lv.65
天津風改 Lv.63
睦月改 Lv.57→Lv.58
弥生改 Lv.57→Lv.58
如月改 Lv.56→Lv.57
文月改 Lv.56→Lv.57
望月改 Lv.56→Lv.57
山雲改 Lv.56→Lv.57
朝潮改 Lv.38→Lv.56
長月改 Lv.54→Lv.56
菊月改 Lv.55→Lv.56
神風→神風改 Lv.8→Lv.52
海風改 Lv.50
三日月改 Lv.47→Lv.49
嵐改 Lv.49
萩風改 Lv.49
皐月改 Lv.47→Lv.48
Libeccio改(リベッチオ) Lv.48
霞改 Lv.47
風雲改 Lv.47
磯風改 Lv.45
清霜改 Lv.45
吹雪改 Lv.44
五月雨改 Lv.44
朝霜 Lv.28→Lv.41
綾波改 Lv.40
陽炎改 Lv.38→Lv.40
黒潮改 Lv.38→Lv.40
潮改 Lv.38→Lv.40
初春改 Lv.38→Lv.40
初霜改 Lv.40
涼風改 Lv.40
舞風改 Lv.39→Lv.40
巻雲改 Lv.40
長波改 Lv.36→Lv.40
時津風改 Lv.33→Lv.40
野分改 Lv.40
沖波改 Lv.37→Lv.40
曙改 Lv.39
子日改 Lv.38→Lv.39
満潮改 Lv.39
初雪改 Lv.38
不知火改 Lv.38
若葉改 Lv.38
荒潮改 Lv.38
初風改 Lv.38
秋雲改 Lv.38
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.38
Z3改<マックス・シュルツ> Lv.38
浜風改 Lv.38
谷風改 Lv.38
浦風改 Lv.38
卯月 Lv.18→Lv.22

工作艦
明石改 Lv.75

揚陸艦
あきつ丸改 Lv.53→Lv.64

補給艦
速吸改 Lv.72→Lv.75

潜水空母
伊19改 Lv.72→Lv.73
伊58改 Lv.71→Lv.72
伊8改 Lv.70→Lv.72
伊401→伊401改 Lv.1→Lv.54

潜水艦
呂500 Lv.70→Lv.72
伊168改 Lv.70→Lv.72
まるゆ改 Lv.69→Lv.71







F1ヨーロッパGP決勝!!


フォースインディアガレージ。
Enrique Iglesias…エンリケ・イグレシアス。
スペイン人のラテン・ポップ歌手だそうです。


フェラーリガレージでバーニー接待中。
偉い人だろうか…見るからにそうっぽい。

イルハム・アリエフ アゼルバイジャン大統領でしたw
セルジオ・マルキオンネ フェラーリ会長とお話していますね。
っていうか、マルキオンネさん、彼はやっぱりシャツかなんかで来てるのねw
公式な場であってもスーツを着ないというラフなスタイルの人。


ハミルトン、傘差してる!!
日傘かな?

アゼルバイジャン国歌!
初めて聞くかも~。
おぉ、コーラスだ!

グリッドガールが如何にも東欧って感じだね。


あれ、バトンのレーシングスーツにシャンドンのロゴがない…??
控室とかにはシャンドンのロゴあるんだけどなぁ…。
マシンにもあるし。


クビアト応援団の前に出てくるフェラーリファン。


サインツJr.、ギアボックス交換で5グリッド降格。
マグヌッセンはマシンのセッティングを変えたので、ピットレーンスタート。

グリッド紹介、ちゃんとカメラワークが右側のピットレーンに向かってる。
普段はグリッドに対して左側がピットレーンになるけど、左回りサーキットだからピットレーンは右側になるんだよね。
アブダビは例外な。


スターティンググリッド。
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
6番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
10番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
16番手からはリオ・ハリアント/マノー

17番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
18番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
19番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
21番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

ピットレーンからはケビン・マグヌッセン/ルノー


タイヤ戦略はソチでの初開催時と同じ、1ストップ…つまり、タイヤ交換1回のみの予想。
路面滑らかだしね。

ヒュルケンベルグ、ウェーレイン、エリクソンがソフトタイヤでスタート。
他は皆スーパーソフトだ。


シグナルが…ブラックアウト!!
塩原ポエム久々だな…www


直角の1コーナー!
ロズベルグ、トップを維持!

まっさんがタイヤロックさせて少し膨らんでる。。
順位落としてるよ…。。
その後ろで、パーマーも膨らんでコースオフ。

ん、アロンソ、ナスル辺りも少し膨らんでたかな?


イン側でヒュルケンベルグとグティエレスかな、少し接触してるね。
ヒュルケンベルグがその影響でスピンしかけてグロージャン辺りに軽く接触した?


早くもペレスの順位上がってる。
5番手まで上げてきている。


2周目、セクター1で黄旗がチラチラしてるな。
なんだ?

結局良く分からず。


3周目、ホームストレートでクビアト対ボッタス。
近付くのは簡単だけど、ブロックライン取られてかわせず。

…おっ、バックストレートでクビアトをかわしたか。


スタートリプレイ。
イン側での接触に注目。
ハリアントのフロントウィング翼端板だろうか、飛んでるようですね。

グティエレスのオンボード。
1コーナーでヒュルケンベルグとの接触により、フロントウィング翼端板が飛んでた。

アロンソのオンボード。
スタートは良かったが、1コーナー立ち上がりでフェルスタッペンに阻まれて後退しています。


4周目、ベッテルが1コーナーでリアをフラつかせてます。
怖い怖いw

グロージャンがクビアトをかわして10番手に。
ハースは何処まで行けるでしょうか。

ハミルトンがクビアトをかわして9番手になったリプレイ。
クビアトは立て続けにかわされたようですね。


5周目、ボッタスがフェルスタッペンをかわして7番手に。
しかし、直後のDRSゾーンでフェルスタッペンが逆襲!
後ろからハミルトンもきているぞ!
ほぼスリーワイドで1コーナーに突入www
フェルスタッペンが頭一つ抜き出ていますね…

おっと、フェルスタッペン、少し膨らんで加速が鈍い!
ボッタスが7番手だ!
ハミルトンが2コーナーでフェルスタッペンかわして8番手に!
更に、グロージャンもフェルスタッペンに仕掛けています!
あれ、グロージャンはDRS使えてないのな。
フェルスタッペンは何とかグロージャンの挑戦を退けたようだ。


ベッテルのオンボード。
ノーズに青いビニールついてるで。
それでも、リチャルドをかわして2番手に浮上!

…まだサスにビニール引っ掛かってるwww


6周目、フェルスタッペンとアロンソがピットイン!
フェルスタッペンのタイヤ交換は2.4秒、アロンソのは2.7秒でした。
レッドブル勢結構早いよね。


7周目、ここでリチャルドがピットイン!

ビニールを蹴飛ばすライコネン。
ベッテルのビニール、取れたようで…w

リチャルドのタイヤ交換時間は出ないな…。
おっ、バトンもピットイン。

ライコネン無線。
ビニールに文句言ってピー音出すライコネンさんwww


…おっと?
クビアトがガレージへ戻りました。
トラブルでしょうか。
リタイアですね…。


8周目、マッサピットイン!
タイヤ交換時間出ないけど、相変わらず早かったよ?

この時かな、このレースの最速タイヤ交換時間1.92秒を記録したのは。
遂に2秒切ってくるとは…凄いな!


10周目、リチャルドが速いかな?
ホームストレートでウェーレイン、バックストレートでグロージャンをパスして行きました。
それにしても、3コーナーでブレーキングした時のホイールから、カーボンダスト凄い出てるな…。

…あ、木の枝が落ちてる。


11周目、ホームストレートでハミルトンがボッタスをかわして4番手。
お互いに330km以上出てるんだよなぁ…。
それにしても、ハミルトンはもう4番手ですか。
早いなぁ。


一時的にライコネンをかわし返すウェーレイン。
ロングストレートだからかね…。


12周目、マッサがウェーレインをかわして9番手に。
何か、あんまりペース良くないな。。

川井ちゃん、ル・マンの話はやめるんだ!


クビアトはサスペンショントラブルでリタイアしたようだ。


ライコネンに審議。
ピットインする際に入り口の白線を踏んでしまったようだ。


13周目、リチャルドがヒュルケンベルグをかわして6番手に。
相変わらず、リチャルドのペース良いなぁ。


14周目、ライコネンに5秒加算ペナルティ。
あー、勿体無い…。


15周目、フェルスタッペンがウェーレインをかわして10番手に。

ハミルトン、タイヤからバイブレーションを感じていると無線。
トラブル発生ですかねぇ。


16周目、そのハミルトンがピットイン。

ライコネンがヒュルケンベルグをかわして6番手に。
…あ、1コーナーで少し膨らんだな。


17周目、ペレスがピットイン!
セクター2でファステストだったようで…ペース良いのかな?
タイヤ交換時間は3.0秒、少し時間かかったな。


19周目、ライコネンの無線。
川井ちゃん「聞こえなくなっちゃった。」

ナスルが2コーナー立ち上がりで壁にリアタイヤを接触させてファイヤ!
コンクリートウォールだからか、摩擦で火が出るのね…w


20周目、マッサがペレスにかわされました。
ペレス、速い。

マッサはバックストレートでハミルトンにもかわされたか…。
まぁ、それは仕方ないか。
現在8番手だ。


21周目、ベッテルがピットイン。
チームからの指示はだいぶ前だったよな…。。
タイヤの状態が良かったので、結構引っ張ったみたいです。

おや、フェルスタッペンがピットイン。
2回目だな…ソフトタイヤが合わないのかな?
ミディアムタイヤにチェンジだ。
って、左リアが遅れてる!
交換時間は5.0秒。
さぁ、ここからどう巻き返してくるか。


22周目、ここでロズベルグがピットイン!
タイヤ交換時間2.5秒は流石。
トップでコースに戻っています。
ここまでかなり良い流れですね。

リチャルド、ホームストレートでペレスとハミルトンに立て続けにかわされる。
6番手に後退。

レッドブル勢はダウンフォース削り過ぎてタイヤの機能を引き出せてない?


ウェーレイン無線。
「8コーナーを気を付けろ」、かな?
4輪カットしないように…つまり、イン攻めすぎて縁石の内側を通らないように、という事で。


23周目、リチャルドがピットインしてた。
タイヤが機能しないからですね。


24周目、ヒュルケンベルグがバトンをかわして10番手に。
アロンソは9番手みたいですね。
8番手争いがサインツJr.、アロンソ、ヒュルケンベルグ、バトン、ナスル、リチャルド、グロージャンによって行われてる。
…あ、バックストレートでリチャルドがナスルをかわした。
彼はこれで12番手だ。


25周目、リチャルドがバトンかわしたかな?
10番手にまで上げてきています。


26周目、ヒュルケンベルグがサインツJr.をかわして8番手に。
ホームストレートもバックストレートも本当にオーバーテイクが多いなぁ。


…マッサは現在6番手か。


ハミルトン無線。
ん?
何かトラブルか?
回生が切れてる…回生エネルギーが使えない状況?


27周目、リチャルドがサインツJr.をかわして9番手に。
その後方ではアロンソがグティエレスをかわしていましたね。


28周目、2番手ライコネンと3番手ベッテルがポジション入れ換え。
割とクリーンな部分で前を譲ったようだ。


29周目、ライコネン無線。
あれ、ピー音はエンジニアサイド??
何かやり取りしてますね。


マッサ、ピットイン!
タイヤ交換時間は2.3秒。

マッサは2ストップみたいですね。
タイヤの持ちそんなに良くない場面が多いな。。


ベッテルがめっちゃ飛ばしてロズベルグを追う。
スーパーソフトでは苦労してたみたいだけど、ソフトでは順調ね。


30周目、バトンが順位を上げています。
先程はピットアウト直後のサインツJr.をかわし、今はパーマーをかわした。


31周目、サインツJr.もパーマーを攻略していきました。
ルノーはまだまだ辛いですね。


ハミルトン無線。
今抱えてるトラブルはまだ解決できないようだ。
エンジニアは無線制限によって明確な指示が出せないようで…苛立つハミルトン。

市街地コースでステアリングのスイッチに気を取られ続けるのは辛いもんだ。


ウェーレイン対エリクソン。
5コーナー、6コーナー辺りかな?
ウェーレインがインに寄せすぎてエリクソンは縁石の内側を通らざるを得ませんでした。


32周目、ペレスのリアが少し滑って9コーナーのウォールに当たりそうになっています。
その手前の8コーナーで縁石に乗りすぎてたからかな…。


サインツJr.がランオフエリアで止まっている…。
1コーナーか。
サスペンショントラブルらしい。
クビアトもそうだったし、2台揃って同じトラブルですね。


3番手ライコネンに4番手ペレスが迫りつつある。


ここで再びハミルトン無線。
原因特定したいのに、質問してもエンジニアは応えられない。
ハミルトンからしたらもどかしいですね。


35周目、更にハミルトン無線。
ハミルトン「教えてくれても良いじゃん!」
エンジニア「ダメ。」
OKなセッティングになっても、それが合ってるかどうか分からない。
エンジニアはそれが合ってるかどうかも教えられない。
無線制限厳しすぎだろ…とちょっと思ってしまうね。


38周目、何周にも渡ってアロンソとバトンがバトル中。
12番手争いだ。


39周目、バトンがアロンソをかわして12番手に。
引っ張りあったら良いと川井ちゃん。
確かに、モンツァなんかではフェラーリが予選でやってますよね。


ライコネン無線。
開幕ピー音、更にピー音www
ピー音が多いフェラーリの2人www


ナスルがアロンソをかわして13番手。
ザウバーもかわせるくらい…と思いきや、アロンソのペースが落ちてきてるっぽい?


41周目、セクター1で黄旗!
1コーナーでウェーレインが止まっています。
ウォールの向こう側に退避してリタイア。

ブレーキがブロークン、らしいのでブレーキディスクか割れたか?


42周目、アロンソ対グロージャン。
2コーナーと3コーナーの間でグロージャンを再度かわしたけど、DRS持ってるグロージャンには敵わないですね…。

直後にロズベルグがアロンソを周回遅れにしていった。


43周目、ハミルトンがセクター1でファステストか。
スピードが戻ってきた?

アロンソ無線。
ギアボックスにトラブルを抱えていたのか…。
ダウンシフトできないようです。
それであの内容は凄い。

アロンソ、ガレージに戻ってリタイアです。


44周目、ハミルトン無線。
やっと問題解決したようだ。
ピー音w


45周目、マッサ対フェルスタッペン。
あっさりとホームストレートエンドでかわされましたね。
マッサは10番手です。


ライコネン無線。
何やら、おこですねwww
ハミルトンと同じように、ハンドリングに異変があるらしい。
エンジニアに答えを求めるも、「それは言えないよ。」。
ライコネン「イエスかノーくらい言えるだろ!」
エンジニア「いや、できないよ。」

無線制限の影響、結構出てるんだなぁ。


おっ、ナスルがマグヌッセンをかわした。
良いね、オーバーテイクが多いね!


47周目、右京さんがル・マンの話。
もう終わってますよ。
ル・マンへの準備の話か。
特殊な準備のように思える。


ヒュルケンベルグとリチャルドの7番手争いが熱い。


48周目、リチャルドがホームストレートでヒュルケンベルグをパス!
しかし、リチャルドは1コーナーでタイヤをロックさせた!
2つ目のDRSゾーンまで持ち堪えて、DRSで逃げる。
これで7番手!


ライコネンとペレスの3番手争いも熱い!


ロズベルグ、ファステスト。
グランドスラム達成なるか?

ロズベルグはカスピ海とか黒海沿岸のサーキット得意なんですね、と川井ちゃん。
適当な事www
右京さん、風水的にこっち側に運があるんですね、とか言い始める。
川井ちゃん「面白い事言いますね、右京さん。」


50周目、ヒュルケンベルグ対フェルスタッペン。
ホームストレートでフェルスタッペンが8番手に!


51周目、ファイナルラップ!
ペレスがライコネンの1秒以内に入って、ホームストレートのDRSゾーンへ!
最終周でライコネンをかわして3番手に浮上!
ライコネンには5秒加算ペナルティがあるけど、ペレスは敢えてリスクを冒してオーバーテイクしたという事ですね。
…いやぁ、取り敢えず、やっちゃうんだね。

2コーナー立ち上がってからの捨てバイザーの捨て方がかっこいいと川井ちゃんwww


ロズベルグ、ポール・トゥ・ウィン!!
バクーでの初ポール、そして初優勝を記録しました!

ロズベルグはポールポジション、全周回トップ、ファステストラップ、優勝のグランドスラム達成かな?


そして、後半全然映らなかったけど、ベッテルが2位表彰台!
3位はモナコ以来今季2度目となるペレス!
4位にライコネン、5位にハミルトンだ。


ペレス無線。
「また表彰台だー!!
昨日ごめんねー!!」


コースサイドでアゼルバイジャン国旗が踊る。


ロズベルグもベッテルもペレスもチームクルーの元に飛び込む!
ペレスのこの喜びよう。


表彰台控え室までの階段が美女階段になってる。


控え室にある画面のタイム表を見ているベッテルの後ろから脇腹にアタックを仕掛けるペレス。


ロズベルグ、レーシングスーツから出てるケーブルか何かを抜こうとした際に先端のプラグみたいなのが右目を直撃。
痛そう…。
めっちゃ気にしてるwww


表彰台。
ロズベルグ、恒例の変なジャンプ。
そして、い つ も の。


アゼルバイジャン大統領からトロフィを受け取るロズベルグ。
あの形…バクーのどっかのタワーの形か?

写真撮影タイム。

そして、シャンパンファイト!
まず飲むベッテル。


表彰台インタビュワーはEJかよwww
テンションたけぇなwww

ロズベルグもテンション上がってるwww

紹介されてインタビューに入るギリギリまでペレスと話してたベッテル。


リプレイ。
ロズベルグ、優勝してマシンから降りる時にカメラに向かってジャンピングパンチwww


ウェーレイン、ストップして手を挙げていました。
イライラしてたんでしょうね。


ウィリアムズは8戦連続で最速タイヤ交換時間記録を持っている事に。
レッドブル-リチャルドの2.12秒も相当速いんだけどね。


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7位はダニエル・リチャルド/レッドブル
8位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
9位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はジェンソン・バトン/マクラーレン
12位はフェリペ・ナスル/ザウバー
13位はロマン・グロージャン/ハース
14位はケビン・マグヌッセン/ルノー
15位はジョリオン・パーマー/ルノー
16位はエステバン・グティエレス/ハース
17位はマーカス・エリクソン/ザウバー
18位はリオ・ハリアント/マノー

リタイアは…
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
パスカル・ウェーレイン/マノー
カルロス・サインツJr./トロロッソ
ダニール・クビアト/トロロッソ


ドライバーズランキング
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(141Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(117Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(96Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(82Pt)
5位:リチャルド/レッドブル(78Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(54Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(52Pt)
8位:ペレス/フォースインディア(39Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(38Pt)
10位:クビアト/トロロッソ(22Pt)
11位:グロージャン/ハース(22Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(20Pt)
13位:アロンソ/マクラーレン(18Pt)
14位:サインツJr./トロロッソ(18Pt)
15位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
16位:バトン/マクラーレン(5Pt)
17位:ストフェル・ヴァンドーン/マクラーレン(1Pt)
18位:グティエレス/ハース(0Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:ウェーレイン/マノー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(258Pt)
2位:フェラーリ(178Pt)
3位:レッドブル(140Pt)
4位:ウィリアムズ(90Pt)
5位:フォースインディア(59Pt)
6位:トロロッソ(32Pt)
7位:マクラーレン(24Pt)
8位:ハース(22Pt)
9位:ルノー(0Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:マノー(0Pt)






続きからコメント返信!!

続きを読む "ダブルビート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »