« 古き良き高原 | トップページ | 炎の歴史的都市 »

2016年7月10日 (日)

ブリティッシュ・ウェザー

書いた!

と思ってたら下書きのままだった…。







そういや、前から不思議と選挙の投票日と例のイベント期間が被るんだよね。
何でだろうね。








F1イギリスGP!!
50回目の開催となる、聖地シルバーストン!


ベッテル、ギアボックス交換で5グリッド降格。
2戦連続でギアボックス壊れた…。

そしてフリー走行3回目の終盤にクラッシュしたエリクソンは検査に赴いた病院から戻ってきてない為、予選に参加できず。
マシンの準備は出来たっぽい?
どちらにしろ、ギアボックスも交換しているから最後尾スタートかピットレーンスタートかって所だろうけれど。


Q1
まず、ウェーレインとハリアントがコースへ。
そして、ロズベルグがソフトタイヤでコースに向かいました。
相変わらず、メルセデス勢は早め早めに動いてくるな。
曇っているからなのかなぁ。
降水確率は20%らしいけど。

ほう、ヒュルケンベルグがハードタイヤでコースに…。
システムチェックとかでしょうか。

ウェーレイン、アタック中。
コーナーでリアが大きく滑った…縁石の手前からちょっと体制崩していましたね。

フォースインディア勢はハードタイヤを「慣らした」だけ。
フリー走行3回目では手持ちのミディアムタイヤ2セットを「慣らして」いるようですし。
決勝が楽しみだな。

フォースインディア勢がソフトタイヤでアタック開始。
11番手と12番手…あんまり伸びてこないな。
あ、ビジェイ・マリヤ。
最近見ないと思ったら、イギリスから出られなかったんですね。
国際映像の表記は「Dr. ビジェイ・マリヤ」

マグヌッセン、タイム取り消し。
コーナーで縁石に4輪乗せちゃって、コースから出たという判定になりました。

ここではそういった形式の「コースオフ」が厳しく見られるコーナーが幾つかあるとアナウンスされていますからね、それでしょう。
…あ、パーマーも取り消されてたか。


おぉ、グティエレスが10番手に!
グロージャンがその後で12番手タイムだったから、上回ってきていますね!


1回目のアタックを終えたバトン、何やらガレージ内でリアの方を弄っている。


…あ、気付いたら残り10秒だ。
ナスルは現在21番手だが、既にガレージに引っ込んでいる。
これはQ1敗退ですかね。

チェッカー!
マグヌッセンが15番手、ちょっとギリギリ!
前戦でQ2に進出したウェーレインは19番手でノックアウト。
おっと、ハリアントが19番手…ウェーレインを上回ったぞ!
クビアトが15番手…これでバトンがQ1ノックアウトに!


息子ジョリオン・パーマーからの父ジョナサン・パーマー。


Q1敗退したものの、バトンへの歓声が凄い!

…あれ、一旦ガレージを離れたバトンが走って戻ってくる!
バトン、出走の用意。
誰かのタイムが抹消か?

慌ただしいバトンのガレージ。
審議対象はマグヌッセンのようですね…。
そんなこんなで、17台のマシンがQ2の準備をする事に。


Q2
まだ結論出てないのに始まっちゃったよwww
バトンとマグヌッセンは走って良いのかどうなのかが分からんよなwww

ハミルトンがコースへ。
国際映像からでも分かるくらい声援が凄い!


残り12分切った。
結局バトンは走れなかったみたいです。
骨折り損のくたびれ儲け。


ハミルトン、トップタイムとなる1分29秒243を記録!
何、コースレコード更新だと…。

もうすぐ残り7分半。
フェルスタッペンがアタック中。
あ、4輪出たな…。

セクター3で黄旗!
ライコネンが最終コーナーでスピンしてました。


残り時間は5分。
バトンはリアウィングのトラブルを修復してて2回目のアタックができなかったらしい。


ジャン・アレジ。
ウィリアムズのモーターホームへ入って行きましたね。


ライコネン、2度目のアタック。
…おっと、タイヤロックさせてコースオフ!
もう一度アタックしなければなりませんね…。
時間的には大丈夫だけど、タイヤにフラットスポット作ってしまったよね。
行けるのか?


ルノーガレージのカルメン・ホルダ。
まぁ、マスコットガールみたいなもんだよな。


残り1分半。
ライコネンが3度目のアタックへ。

チェッカー!
ベッテルは4番手!
ライコネンが6番手に入った!
グティエレスは13番手でノックアウト。
ペレスが9番手に!
ヒュルケンベルグ、タイム更新ならず。
だけど、現在は8番手だ。
マグヌッセン、最初で最後のアタックは16番手でした。
彼は中古のソフトタイヤしか持ってなかったとか何とか。
そのすぐ後ろでチェッカーを受けたクビアトはタイム更新できずに14番手。
アロンソが8番手に入った!
グロージャンはタイム更新できず12番手だ。
マッサはタイム更新するも12番手…ここでノックアウトか。。厳しいな。。
サインツJr.が8番手に入った!

ライコネンのリプレイ。
4輪がコースを外れて縁石の上に。
まぁ、皆飛び出すとこだし、レーススチュワードから外れちゃいけませんよって言われてないとこだし良いんじゃない?


ノックアウトしてしまったマッサ、ピットレーンを歩く。
カメラ目線ではないけど、手に持ってるドリンクに書かれたスポンサー名はしっかりカメラに映す。
これぞスポンサー見せのプロ!

クビアト無線。
前のクルマ(マグヌッセン)が邪魔やってやつ。
ピー音入ったな…。
クピーーアト。


Q3
ロズベルグが早速コースへ。

もはや専門用語的な略語の話。
スーパーGTなんかはそういうのが多いの?


ロズベルグより1000分の5秒速いハミルトン。
まずはハミルトンがトップタイムとなりました。

フェルスタッペンが3番手、リチャルドは4番手、ライコネンが5番手、ベッテルは6番手。
おぉう、ベッテルはセクター3でリアがすベッテル!
フェラーリはレッドブルの後塵を拝しましたか…厳しい週末になりそうですね。

…ん、ハミルトンの最速タイムが取り消しに!
9コーナー、コプスで4輪が縁石に乗ってましたか…ここは厳しく見るよってアナウンスされていたコーナーだ。
これはアウトですわ。

残りは3分40秒!
ハミルトンがラストアタックへ!
各車が続々とコースへ向かって行きますね。


マンセル、ドライバースチュワードやりながらツイッターを更新。
そんな余裕あるのかwww

そういや、日本人ドライバーはドライバースチュワードにお呼ばれしてないなぁ。


ハミルトンのラストアタック!
セクター1は0.01秒速い!
今までオンボードカメラだったのに、ちょうど9コーナーに入る手前で別のカメラに切り替わったwww
しかも丁度コーナーが見えないカメラワークw
コプスの所見たかったのにwww

そして、この歓声である。
セクター2は0.066秒遅いね。
勝負のセクター3。


ハミルトン、タイム更新!
1分29秒287でトップタイム!

この歓声。

アロンソ、残り5秒の所でタイムを更新、8番手!
これでアタックは終わりかな?

チェッカー!
ロズベルグはセクター1、セクター2共に渋いようだ。
ボッタスはタイム更新ならず、7番手。
ベッテルも更新できずに6番手。
ペナルティもあるので、厳しい結果ですね。
フェルスタッペンもタイムを更新できずに3番手のまま。
ライコネンはタイムを更新するが、変わらず5番手だ。
ロズベルグはタイム更新できずに2番手に終わりました。
皆セクター2が遅いらしい。
ヒュルケンベルグはタイムを更新して、9番手!
リチャルドはタイム更新できずに4番手。
サインツJr.がタイムを更新して9番手!
アロンソはタイムを更新したけど、それより速かった最速ラップが抹消されてるな。
10番手だ。

Q2のタイムより1000分の44秒遅かったらしいカーNo.44のハミルトン。
狙ってたら凄いw


母国の観衆の前で喜びを全身で表すハミルトン。


フェルスタッペン、初めて予選でリチャルドを上回る。
…あれ、フェルスタッペンの最速ラップも抹消されてたのか。
それでも問題はなかったみたいだけど。

アロンソは最速ラップ取り消しがなければ8番手でしたね。


写真撮影。
ハミルトンへのこの歓声。


ハミルトンのラストアタック、オンボード。
コプスの進入でめっちゃ慎重になってるのが分かるw
最終コーナーもちょっとステアの修正入れてるんだけどなぁ…速いよなぁ。


徹子の部屋。
手でテーブルを拭くロズベルグ。

どうにも気になるのか、またテーブルを手で拭くロズベルグ。

おぉ、そうか。
フェルスタッペンは初徹子の部屋だったか。

ハミルトン、何か下の方でゴソゴソしてるwww


シルバーストンのキャンピング場すげぇキャンピングカー止まってるな!
イギリスらしい景色。
グラハム ヒル…。


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
21番手からはフェリぺ・ナスル/ザウバー
おそらく22番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー


今の所、ペナルティはベッテルの5グリッド降格のみです。
そして、エリクソンはお医者さんから決勝の出走許可を得られたようです。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
12番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
13番手からはロマン・グロージャン/ハース
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
21番手からはフェリぺ・ナスル/ザウバー
22番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

|

« 古き良き高原 | トップページ | 炎の歴史的都市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリティッシュ・ウェザー:

« 古き良き高原 | トップページ | 炎の歴史的都市 »