« 常温保存 | トップページ | 都の諸島 »

2016年6月15日 (水)

カナダ・ウェザー

健康診断つって結構ざっくりしてるよね。
腹囲、68cmくらい。
ちょっと増したな…w

体重も56kgくらいに増えてた。
増えてた。

…1kgくらいだけど。






そういや、最近ルータの接続が良く切れるなぁと。
元々接続切れるメーカーのだし、アダプタ抜き差しして再起動すれば直るんだけど。

なんか、アダプタが熱いんだよなぁ。


…なんて思ってたら、コンセント差す部分の周囲がひび割れていたり、割れて穴が開いていたりしてました。
きっと、良く接続が切れるのにも関係しているのだろう。


ネットで勝って数ヶ月。
やっぱ中古品だしな…。

それにしても、別のアダプタを入手しないと危ないな……。










F1カナダGP予選!!


めっちゃ鳥飛んでる。
カモメっぽい??


ゲルハルト・ベルガーだ。


マグヌッセン、フリー走行3回目終盤のクラッシュで予選出走不可。
シャシー交換が必要らしい。
マグヌッセンは今回から新しいシャシー使ってたみたいだけど、もう壊しちゃったか…。


曇天のカナダ、かなり気温低そうだ。


Q1
メルセデス勢、フェラーリ勢が早速コースイン。
少し雨粒が…強くなる事を懸念して、ですかね?

ハミルトン、ベッテル、ロズベルグと連なっています。そこから少し離れてライコネン。
お互いに差が詰まっててアタックし辛そう。


リプレイ。
…ん?
ハリアントのパーツが吹っ飛んだみたいだ。
サイドポッドについてるウィングかな?


ロズベルグは結局フェラーリ勢を先に行かせて、距離を置いたようですな。
まずはそのロズベルグがトップタイム。
ベッテル、ハミルトン、ライコネンの順で続いています。


…ほう、フォースインディアはスーパーソフト使ってるのか。


…おっ、ボッタスが2番手だ。
アロンソ、6番手。


ここでリプレイ。
パーマーがコース脇の土を踏んで姿勢を乱す。
さっきマグヌッセンがクラッシュした所らしく、きっとその時に土が飛び散ってたんだろう。

…おっと、ハリアントが最終コーナーでタイヤロック。
シケインカットしていました。

フェルスタッペン無線。
5コーナー、6コーナー辺りで雨が落ちてきてるらしい。
雨のセッション来るか?

そのフェルスタッペン、最終コーナーでタイヤロックしてシケインカット。
皆さん、最終コーナーが中々厳しそうですね。


グティエレスが13番手!
ここで残り7分切った!

パーマー、アタックラップの各セクターを自己ベストでまとめて順位を上げるものの、18番手止まり。
まだノックアウト圏内だ。

ここでグロージャンが15番手に入った!
これでクビアトがノックアウト圏内に落ちたぞ。


パーマーのオンボードリプレイ。
…結構水滴ついてるな。

あっ、最終コーナーで壁に擦ってる。
最終コーナーは多くのチャンピオンもクラッシュしている事で有名な「ウォール・オブ・チャンピオンズ」である。
サーキット名になっているジル・ヴィルヌーブをはじめ、ミハエル・シューマッハ、ナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、ジェンソン・バトン、セバスチャン・ベッテルと言った錚々たる顔ぶれがクラッシュしています。


おっ、クビアトが11番手に上がった!
チームメイトのサインツJr.は9番手!
トロロッソ勢がタイムを上げて順位を上げてきました。
パーマーはタイムを上げるも、17番手。
まだノックアウト圏内だ。


おっと、セクター1で黄旗!

…ん?
ハリアントがよろよろと走ってる…挙動がパンクしてるっぽいな?
あ、右リアパンクしてる。

4コーナーでリアを壁に当ててスピンしていたようだ。
これが黄旗の原因だったか。


残り1分切った!
ウェーレインはガレージに戻ったから、ノックアウト。
割と良い位置にいたのだが…。

ハリアントはガレージまで戻れず、コース脇でストップしてノックアウト。
これ、黄旗辺り出そうじゃね?

パーマーもガレージに戻ったから、ノックアウトだな。

…あれ、黄旗出ない。

ふむ、ナスルもガレージに戻ってノックアウトだ。
残るエリクソンはタイム更新できなさそうなので、これでQ1終了だ。

最後の最後にセクター3で黄旗。
ハリアントが止まってるからだが…エリクソンが通ったくらいだw


うっかりノックアウトしてしまう上位チーム…ウッ…。。


ほう、ヒュルケンベルグはスーパーソフトのみでQ1突破か!
Q1通過者でウルトラソフト使ってないのは彼だけか?


Q2
バトンのパワーユニットは5レース目。
結構くたびれてる筈…。

新しいパワーユニットはオイル漏れか何かあってバルサン焚いちゃったから、古いのに替えてるみたい。


マクラーレンのリザーブドライバー、ストフェル・ヴァンドールン。
今週はスーパーフォーミュラないし、カナダに来ていますね。
忙しいなぁ。


ヒュルケンベルグがアタック開始。
…おっと、タイヤに熱が入っていないのかな?
アタックやめてウェービングしています。
彼が履いているのは、ウルトラソフトか。
一番柔らかくて、熱が入りやすくて、作動しやすいタイヤでもこの状況。
本当に、気温も路面温度も低いんだなぁ。


…トロロッソ勢は大丈夫そうだけどね。
1発目でアタックしてるし。


…あーっと、やっちゃった!!
サインツJr.、ホームストレートでウォールにマシンをずりずり!
何とかタイムは記録したけど、サス壊してるし無理でしょ。

セクター3で黄旗!

そして、赤旗!


リプレイ。
最終コーナーのシケインでミスってリアが壁に接触したようだ。
その反動でフロントも壁に当たってそのままずりずりと。
いやぁ、「ウォール・オブ・チャンピオンズ」の餌食になってしまいましたか。


この時点でウィリアムズ、マクラーレンの4台がまだコースに出ていませんね。
他のチームは一度コースに出てしまってる。
新品タイヤを新品のままで取っておけてるのはアドバンテージだな。


アロンソのヘルメット。
登頂部に先日のカタルーニャGPフリー走行2回目中に亡くなったスペイン人Moto2ライダー、ルイス・サロンのイニシャルとゼッケンが入れられている。
確認はできなかったけど、サインツJr.のヘルメットにも入っているようだ。
スペイン人レーサー達はファミリー意識が強い…らしい。


片付けが済んだみたいですね。
11分52秒から再開…さぁ、早速ウィリアムズ勢がコースに入った!

まずはマッサがトップタイム。
マッサ弟もガッツポーズ。

ハミルトンがアタック中。
ハミルトン、ロズベルグのメルセデス勢がそれぞれ1分13秒台に入れて、ワン・ツーになりました。
歴代のポールタイム見てても結構速いタイムみたい…?


…ジャン・アレジが見てますね。


ハミルトン、ロズベルグ、リチャルド、ライコネンの順に変わっています。
おっ、フェルスタッペンが4番手!
ボッタスがセカンドアタックでしょうか。
4番手に入ってきた!!

現在、バトンは9番手、アロンソは10番手。
2台揃ってQ3に進めたら凄いね…。
ここでペレスが9番手に入り、アロンソが11番手に下がりました。
ヒュルケンベルグも8番手に上げてきた!
これでバトンも11番手に後退、ダブルノックアウトになりそうです。

グロージャンはタイムを更新できず。
ちょっと苦しんでいるでしょうか?
ベッテルはタイムを上げるも、7番手だ。
ちょっと順位的には後ろだな…。

残り時間は間もなく4分。


ここでリプレイ。
ヘアピンでグティエレスとペレスのメキシカン同士が並んでいました。
グティエレスはイン側、ペレスはアウト側。
ちょっとペレスが蓋されている感じですね。
別に何かのリアクションはしてないし、無線も来なかったけど。


グティエレス、タイムを更新するも14番手。
ハース勢はQ3に進出するだけの力がなさそうですね…。


残り1分半切った!
マッサはもう大丈夫だろう…。

とか思ってたけど、もう1回出るのか…。
新品タイヤの残り数が心配ですが。。

まずはグロージャン。
やっぱり、タイムを更新できていないですね…。

ペレスは9番手!
フォースインディアとしては、ここで落ちる訳には行かない…のかも。

マクラーレン勢がアタック中!
バトンもアロンソも10番手より速いタイムを出しています!
ヘアピンで少しタイヤスモークを上げるバトン…ちょっとヘアピン立ち上がりが鈍いか??
その後ろのアロンソもそれに連動して少し遅くなった感じ?


チェッカー!

まずはバトン!
…あら、11番手でノックアウト!
失った要因はヘアピンですかね…。

その後ろのアロンソは9番手タイム!

クビアトはタイムを更新できず!
この時点でアロンソのQ3進出が確定!

結局マッサはアタックしてたのね。
タイム上げたけど、8番手なのは変わらないようです。
アタックする前に戻ってればまだタイヤセーブできたんだけど…。

ヒュルケンベルグが9番手に飛び込んできた!
これでペレスが11番手に落ちてノックアウト!


アロンソはスペイン、モナコ、カナダと3戦連続でQ3進出!

アロンソの無線。
Q3行けたよって言われて笑うアロンソw


フェラーリガレージにいるジャン=エリック・ベルニュ。


パドック・クラブかな?
談笑しているサー・ジャッキー・スチュワートだ。
かなり高齢な筈だけど、元気に活動してるよねぇ。


Q3
捨てバイザーが舞ってた。
リチャルドが先頭でコースへ。

1コーナーくらいから最終コーナー方面を映すカメラ。
…あれ、ハミルトンが急にカメラから消えたwww

と思ったら、最終コーナーで曲がりきれずにエスケープしていました。
まだアタック前ですけど…w
まぁ、もう1周するんだろうけど。


マッサとライコネンがまだガレージに。
やっぱりマッサは新品ウルトラソフトが1セットしかないんか。


ハミルトンのファーストアタックは1分12秒812でトップ!
ロズベルグ、ベッテルと続きます。

おぉ、フェルスタッペンがベッテルを上回って3番手に!
ここで初優勝を挙げているリチャルドも上回っていますね。
すげぇ若者だ…。


ベッテルのリプレイ。
最終コーナーでリアが壁ギリギリを通過!
無線で「ウォールオブチャンピオンズに擦った!」
そういや、「擦る」って「ブラシ」って言うんだったな。


残り5分、マッサとライコネンが最後のアタックを開始。

マッサはボッタスの後ろとなる7番手タイム…。
あー、セクター2でタイヤをロックさせちゃったのか…。。
うーん、残念。。

ライコネン、4コーナーで壁ギリギリを通過?
若干当たってる?

ライコネンは6番手!

残り1分半。
そろそろ2アタック勢もラストアタックに入りますよ。

ハミルトン、タイムを更に削ってきてる!
ベッテルも1分12秒台に入れてきた!
でも、3番手!

ハミルトンはタイム更新できず。
もう時間ないけど、もう1回アタックするのかな?

おぉ、リチャルドがフェルスタッペンを上回る4番手に上がった!!

ここでチェッカー!
フェルスタッペンはタイム更新できず、5番手。

ロズベルグはアタックを諦めてピットに戻ってるな…。

リプレイ。
ロズベルグ、ラストアタックの1コーナーでタイヤをロックさせてタイムを失う。
いやぁ、これは残念だな…。

ベッテル無線。
3番グリッドを獲得したけど、ピー音がwww

リチャルドのラストアタックのリプレイ。
最終コーナーの壁にリアが当たってた!
ヘルメットの動きとかから明らかに当たってるのが分かるけど、リアタイヤ周辺にダメージなかったみたいだね。
これでチームメイトを上回ったんだし。


ポールを獲得したハミルトン、自分のマシンのフロアを何か気にしてる。
何かそういうやり取りあったみたいだな。

ハミルトンのマシンをめっちゃ見てるベッテル。
フォースインディアのマシンも見てたみたいだ。

カナダでは予選後、マシンを露天駐車させるそうで、メディア関係者もじっくりマシンを見られるんだとか。


写真撮影。
何やら話すハミルトンとロズベルグ。
両端のロズベルグとベッテルが手を挙げてるな。


リプレイ。
アタックを終えて既にVサインを出していたハミルトンであった。


徹子の部屋。
何やらそわそわしてるハミルトン。

ロズベルグ、ラストアタックのミスについて「見られたくなかったんだけど、テレビで出ちゃったんだね。」

ベッテル、何気に嬉しそう。
でも、放送禁止用語出したからな…www


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはロマン・グロージャン/ハース
16番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
21番手からはリオ・ハリアント/マノー
おそらく22番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー


クビアトとエリクソンは前戦モナコGPでの接触により、それぞれ3グリッド降格ペナルティ。
マグヌッセンはギアボックス交換により、5グリッド降格ペナルティ。彼はピットレーンスタート??


スターティンググリッド
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはエステバン・グティエレス/ハース
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはダニール・クビアト/トロロッソ

17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

|

« 常温保存 | トップページ | 都の諸島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダ・ウェザー:

« 常温保存 | トップページ | 都の諸島 »