« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月29日 (水)

叩き落とせ!

ちょっと間が空いてしまいましたが…。


6_26_sky_tree
例のイベントが終わってすぐ、土曜の昼にスカイツリーまで行ってきました。


6_26_oyster6_26_oyster2
牡蛎食べにね!!


いやぁ、普段食べているものとは全然違ったよ…。
柔らかくてミルキィだった…美味しかった……。
ハマグリも美味しかった。


…なーんてやってたら、日曜の夕方くらいに体調悪くしまして。
人生3度目の救急車だな…。
1度目は小さい時に蕁麻疹か何か、2度目は数年前に急性胃腸炎で。

…はい、ウィルス性の胃腸炎みたいです。
牡蛎に当たったみたいですね…これは初ですわ。

同行した友人、1人は月曜に胃腸炎発症。
もう1人は分からん。

…多分、焼き牡蛎の焼き方がマズかったのかなぁ。。


という事で、3日程休んでいました。。
風呂入ったら思いの外疲れてビビってる。
明日大丈夫かな…。。

因みに、まだ胃腸止まってる感じ。


そんなこんなで、福井県勝山市で小学生が哺乳類の新種の化石見つけたとか書こうと思ってたけど、全然お流れになってしまいました、はい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

原因究明

やっとブログ書けた。
ここ数日、午後に帰ってくる生活だったから中々パソ自体開かなくてだな…。


沖縄戦終結71年目と北の国の弾道ミサイル発射。
2つのニュースが肩を並べる朝刊…。


そして、歴史が動いたな…。
EU離脱の意思を持っているイギリス国民が上回った。
実際に離脱ともなれば大きな…非常に大きな事ですぞ。。

後、日本円や英ポンド等が物凄い上がり下がりしてたみたいですね。
これは紅茶の国がもたらした世界的ショックだわ…。

オバマ大統領の広島訪問と並んで、社会科の教科書に載りそう。








Dsc_0761
ルータのアダプタ。
新しいのが来たので、交換。
それでもブツブツ通信が切れるから、もうルータ本体にもガタがきていたようですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

沖縄遺産

やんばるの森が国立公園に!
「やんばる国立公園」だ。

やっとっていうかなんていうか。

ともあれ、国立公園化した事により、世界自然遺産への推薦に一歩近付いた感じですね。
これでしっかり環境整備等がされれば、登録されるかも…。

ヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネ等の貴重な生物が生息しているし、是非、登録されて欲しいものだ。
勿論、登録されて終了ではないのだけれど…。


…そういや、「沖縄海岸国定公園」の一部を含むっぽい?







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


静岡県
石:赤岩(凝灰角礫岩)(富士火山宝永火口/御殿場市)
鉱物:自然テルル(河津鉱山/下田市)
化石:掛川層群大日層の貝化石群(掛川市、袋井市)


古富士火山を構成していた、火山礫と火山灰からなる地層の一部。
宝永山を形成していて、現在の富士山(新富士山)とは異なる噴火堆積物だとか。
1707年の宝永噴火の際に隆起して地表に露出したのではないかと考えられているようです。

鉱物
わぁ、テルルだ!!
河津鉱山から産出する元素鉱物です。
陶器状の石英の中に確認されるようで、小さな結晶が集まった形態なのだとか。
他にもテルルを含んでいる鉱物が出てくるようですね…。テルル石とか河津鉱等。
尚、河津鉱(カワヅライト)は1970年に初めて発見された、日本の新鉱物である。

化石
第四紀・更新世前期にあたる約200万年前の地層から見つかる貝化石。
浅海に堆積した砂層や泥層で構成された地層に海生生物の化石が色々と混ざってます。
モミジツキヒガイという、ホタテに似た絶滅種の貝等が見られるようですね。
日本を代表する暖流系化石群…暖流海域の生物相が確認できるという事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

伝統の1日

昨日の記事、ずっと下書き状態にしたまんまだったわ…www


ストロベリームーン…?







ル・マン24時間レースのゴールが日本時間22時。
F1ヨーロッパGPの決勝スタートも日本時間22時。
ダダ被りやん!!

…と思ってたら、ル・マンのスタートって日本時間22時だったよな、と。
F1ヨーロッパGP予選の開始時刻も日本時間22時だったよな…。


どっちもカバーしてるモタスポファンは大変ですね!!


さて、そのルマン24時間レースですが…。

トヨタが2台共良い感じでレースを進めていて、今年こそ優勝出来るかも…なんて思っていました。
去年は全然ダメだったけど、今年はどちらもトップ争いしていて凄い…と思っていました。

残り3時間の時点でもトヨタの6号車がトップ!
凄い、これまでトラブルらしいトラブルもなく、順調!

つか、かなり接戦だなw
もうすぐ24時間なのに28秒くらい後方にポルシェの2号車がいるんだぜ…。
トヨタの5号車も1周遅れくらいだったかな…。
凄いです、はい。
1周13kmくらいあるコースでこれは凄い…。
まぁ、ニュル24時間はもっと接戦で凄かったけどねw


…なんて思っていたら、トヨタ6号車に残り6分という所でまさかのトラブル発生!
ドライバーの中嶋一貴が悲痛な声で「ノーパワー!ノーパワー!」と叫んでいたという…。
そして、3分切った所でホームストレート上でストップ…。

あぁ…トヨタの初勝利が…。。
時間的に、後2周だったのに…。。

これにより、トップに立ったのはロマン・デュマ、ニール・ジャニ、マルク・リーブのポルシェ2号車。
結果として、ポルシェが2年連続で優勝という事になりました。

トヨタ6号車は完全に止まってしまった為、最終周回を走り切れずに失格という判定に…。

2位表彰台はステファン・サラザン、マイク・コンウェイ、小林可夢偉のトヨタ5号車。
3位表彰台はルーカス・ディ・グラッシ、ロイック・デュバル、オリバー・ジャービスのアウディ8号車でした。


非常に、非常に残念です…。
ル・マンの女神様はドSなのかな。


世界3大レースのひとつ、伝統のル・マンでトヨタの初優勝、しかも1-3フィニッシュという結果を出す直前まできていただけに…。
来年、ポルシェとアウディも更にマシンを発展させてくるだろうけど、またリベンジしてもらいたいですね!





ところで、鷺フォーミュラパロの「ドライバー・オブ・ザ・デー」はF1において、今シーズンから唐突に始まったファンアンケート。

決勝レースで、その日どのドライバーが一番輝いていたか(活躍していたか、目立っていたか)をアンケートするもの。
各グランプリの翌日にF1のサイトで投票する事ができる。


…というものがあったので、急遽導入してみました。

本当は皆さんにアンケート取ってもらえればこちらとしても面白いし、一番なんですが…母数が少ないから自分でやっちゃってます。


…感想とかの時に教えてもらえたら嬉しいけどね!







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


山梨県
石:玄武岩溶岩(富士火山青木ヶ原)
鉱物:日本式双晶水晶(乙女鉱山)
化石:富士川層群の後期中新世貝化石群(身延町小原島)


富士山の裾野に広がる青木ヶ原樹海、その地を成す溶岩大地。
西暦864年〜866年に渡る火山活動の痕跡。
長尾山・氷穴火口と石塚火口から北方に多くの溶岩が流れて誕生したようですね。
この噴火で「せの海」が埋まって西湖と精進湖に分断。本栖湖も一部が埋まったそうです。

鉱物
ハート型に接合した水晶。
県北部の奥秩父連峰に位置する水晶鉱山である増富鉱山、乙女鉱山等は有名らしいですな。
中新世に誕生した花崗岩地形っぽいな…。
この日本式水晶は乙女鉱山で最初に発見されたとか。日本で最初に、ですけどね。
山梨って水晶のイメージが…うん。

化石
身延町小原島付近の道路沿いや早川橋という橋付近の河床一帯を中心に分布する貝化石群。
約600万年前のものだそうで、二枚貝や巻貝等が見られるそうです。
泥岩、砂岩、礫岩が折り重なっている地層のようですけど、地層が傾斜してる所もあるんだって。
水平に堆積した後、圧縮や変形等の外的要因が加わってできたものだから、それが見られるのも面白いね。
身延山の近くかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

風の町

夜はそこそこ気温が落ちたけど、昼間は暑いな…。
中々寝苦しいわ。

…冬用布団ってのもあるけど。








F1ヨーロッパGP予選!!
初開催となる、アゼルバイジャンの首都バクーに作られたバクー・市街地サーキットが舞台だ!


まず、フリー走行3回目の終了時にクラッシュしたペレスがギアボックス交換を実施。
これにより、5グリッド降格ペナルティを受けています。


マノー帽…マノーファンでしょうか。


ガレージの裏には政府市庁舎…だったかな?
ちょっと古めかしい、立派な建物ですね。


Q1
トロロッソ勢を先頭に、メルセデス勢も早速コースイン!

フリー走行でハミルトンが13コーナーで滑りそうになった話。
つか、チャンドック来てるのかよwww


…これ、譲るのも大変だなぁ。
道幅広い所ならまだ良いけど…狭い所とか。
広い所でもエスケープゾーンがほぼないから辛いけどな。


残り12分。
グロージャンが15コーナーを曲がれずに直進。
ここはフリー走行から本当に飛び出す人達が多い。

ん、レッドブル勢強そうだな…。

グロージャン、今度は4コーナーで飛び出したようだ。
ブレーキがあまり良い状態じゃないっぽい?
一度ガレージに戻って調査ですかね。
…って、今度はハミルトンだ!!
やはり15コーナーで飛び出していました。


ハースのガレージ。
アメリカのストックカーレース、NASCARに参戦しているアメリカ人ドライバー、カート・ブッシュである。


残り8分切った。
ロズベルグが1分43秒685でトップに。


今度はセクター2で黄旗。
バトンが15コーナーで飛び出してましたね。


スペアシャシーのないルノー。
クラッシュしたら終わりなので、緊張感半端ないでしょうね…。
現在、Q1ノックアウトギリギリの15番手と16番手である。


残り3分切った!
バトン、ノックアウトゾーンの16番手。
からのハリアントが順位を上げてきたから17番手に後退。
…お、ナスルも上げてきたか。


ルノーガレージのジョナサン・パーマー。


残り1分!
ライコネン、ミスってランオフエリアに突っ込んでしまっている!
ここは…3コーナーかな?

グティエレスが10番手タイム!

バトン、めっちゃトラフィックにハマってるな…。
前に2、3台おるやん。。
しかも、丁度良くセクター2で黄旗が出てスピード落とさざるを得なくなってる。
こりゃあかんで…。


チェッカー!

バトンの無線。
ピー音である。


エリクソンのリプレイ。
あら、コンクリートの壁にタイヤを当ててた!
あそこは7コーナーと8コーナーの間、狭めの路地んとこですね。
リアタイヤが壁に当たった瞬間、炎が出てる!


ザウバー勢、ナスルがQ2進出を果たす。


おぉ…。
クビアト、9コーナーの壁にリアタイヤ当ててたようだ。
結構行ってない?
大丈夫なん。


近代的な建物もあるバクーの新市街地である。


Q2
かなりのマシンが初めからコースインですな。


残り9分40秒。
ヒュルケンベルグが16コーナーでタイヤをロック!
そしてスピン!

…縁石の上でスピンターンしてるw


ロズベルグが1分42秒520でトップに!
遂に42秒台に乗せてきたか…!


残り7分切った!
グロージャンがここで7番手に!

フェルスタッペンのアタック、3番手!

サインツJr.、15コーナーで飛び出していました。

クビアトが7番手に入った!


残りは3分。

ハミルトン、タイヤをロックさせてしまい、7コーナーでコースオフ!
ランオフエリアめっちゃ狭い所だけど、壁に突っ込まなくて良かったね。
でも、ハミルトンは現在10番手だ。
ノックアウトギリギリ…。


残り2分切った!
ロズベルグ以外全員コースに出てるな。

8コーナーでグティエレスが止まれず、飛び出した!
黄旗…丁度ハミルトンがアタック中だ!
あ、ハミルトンがセクター2に入ると同時に消えた。
今度はセクター1で黄旗だけど。

チェッカー!
グロージャン、9番手!!
マッサは8番手のまま。
ハミルトンが2番手に飛び込んだ!
良くあんなフラットスポット作ったタイヤでタイム出せるなw
リチャルドが4番手だ!
ヒュルケンベルグ、ピットへ戻ってノックアウト。
アロンソはタイム更新できず、ノックアウトだ。

リプレイ。
おっと、ライコネンが8コーナーで飛び出してた!

今度はボッタス。
9コーナーの壁ギリギリの所を通過!
ウォールの塗装がビラビラしちゃうくらいw
いや、あそこ多分グティエレスが削って行った所だから、未だに塗装がビラビラしてるだけだと思う。


Q3
結構最初からアタックに行くね…。
おぉ、ペレスがトップタイム!

ボッタスとフェルスタッペンがアタックへ。
おっと、1コーナーで絡みそうに…。
押し出された格好のフェルスタッペン、抗議の手を挙げる。
無線でピー音。


ハミルトン、またしても15コーナーで飛び出す!
ブレーキ関係でしょうか、中々上手く行かないようですね…。

マッサのアタック!
4番手!
マッサはタイヤ1セットだけしかないのかな?


残りは後3分!
…っと、ハミルトンがストップ!

その間にロズベルグが1分42秒758でトップタイム!


そして赤旗!


ハミルトンのオンボードリプレイ。
11コーナーで右フロント当てて壊しちゃったようだ…。
これは珍しい所でやっちゃったな。
ちょっと早めに方向転換し過ぎたのかなぁ。


ロズベルグのリプレイ。
15コーナー出口の壁に右フロントタイヤを擦って火花が出ています!


ハミルトンのクラッシュ、オンボードリプレイ再び。
陽の光が真正面にあったから瞬間的に見えにくくなっていたのだろうか?


マシン撤去中。
もうすぐ再開。
ピット出口にはリチャルドを先頭に、既に何台かが並んでいます。


ロズベルグ、もうアタックをやめるようだ。
まぁ、主要なライバルのハミルトンがいなくなったからね…。


ボッタスとベッテル、同じタイミングでピットレーンに出た!
危うく接触する所でしたね…。


さて、再開!
残りは2分ちょいだな。

激しいポジション争いが繰り広げられていますねw
ストレートでベッテルとフェルスタッペンがボッタスをかわして前に出ています。
時間がないから、少しでも前にいようとしてるんでしょうか。


ロズベルグとクラッシュしたハミルトン以外の全員がコースに出ていますね。
マッサもコースに出ている…最後尾かな?
ところで、残り時間1分切ったけど、まだセクター2辺りで準備しとるやん。
間に合うの?


リチャルド、アタック開始!
ボッタスが1コーナーでフェルスタッペンをかわそうという動きを見せています…。
インに入ったけど、これ、ちゃんとアタックできるの?

ボッタスがアタックに入る時のストレートスピードは366kmwww
フェルスタッペンのスリップストリーム使っているんだろうけど、速いwww

チェッカー!

…って、マッサ、アタック入れてねぇやんけ!


ボッタス無線。
ピー音。
フェルスタッペンとのポジション争いやっちゃってタイムが出せなくなったから、アタックをやめたようです。


さぁ、アタック勢が帰ってきましたね…。
リチャルドはタイム更新!
3番手!
ベッテルもタイム更新…4番手のままか。
…ん?
タイムが1分43秒966…って、リチャルドと同タイムだ!!
フェルスタッペンは9番手。
クビアトが7番手に飛び込んできた!!
ライコネンはアタックをやめてピットに入りました。


ペレス、渾身のガッツポーズ!
降格があるものの、物凄く喜んでいます!


体重測定…って、まっさん、髪マジでやべぇwww


カレンダー中2番目に長いサーキットで同タイムが出た…w
ロングストレートがあるセクター3、フェラーリよりレッドブルの方が速いのか。
意外。


写真撮影。
この所色々あったリチャルドもこの笑顔だ。


ベッテルの無線。
リチャルドと同タイムだと知らされて「ウソだろ?」


徹子の部屋!
「一番のチャレンジは誰?」
リチャルド、手を挙げる。
ロズベルグ「ダニエルが一番のライバルだね。」
ここで手を挙げるペレス。
ロズベルグ「後、セバスチャンとキミ……それと、彼(ペレス)かな(笑)」
ロズベルグ「ルイスも忘れちゃいけないね。」


ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
3番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
10番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはエステバン・グティエレス/ハース
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはリオ・ハリアント/マノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
21番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
22番手からはジョリオン・パーマー/ルノー


ペナルティはペレスだけです。


スターティンググリッド
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
5番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
6番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
10番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG

11番手からはロマン・グロージャン/ハース
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはエステバン・グティエレス/ハース
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはリオ・ハリアント/マノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
20番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
21番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
22番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

伝統と新風

暑い…梅雨だけど雨も大して降ってないし、もう夏ですかね。
今年の夏は早いなぁ。


さて、今週末はF1ヨーロッパGP、初開催となるアゼルバイジャン・バクーのバクー・市街地サーキットだけど…例のイベントだから予選と決勝はリアルタイムでは観れない。。
初開催でどんな塩梅なのか分からないから、フリー走行から観ています。








フォーミュラE
第8戦はドイツ、ベルリンeP!!

解説陣が片山右京と中野信治という布陣…w

アグリから参戦していたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタはDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に出場する為、今回は欠場。
代わって、ドイツ人ドライバーのレネ・ラストが初参戦となりました。
29歳のラストは耐久レースやGTで活躍しているドライバー。
スポーツカーレースであるポルシェ・スーパーカップで2010年〜2012年にかけて優勝、耐久レースである2012年のデイトナ24時間レースGT部門でも勝利。
今はアウディのお抱えドライバーとして、耐久レースのWECに参戦中。


予選結果。
ポールポジションはジャン=エリック・ベルニュ/DSヴァージン
2番手からはセバスチャン・ブエミ/ルノー e.ダムス
3番手からはダニエル・アプト/ABT シェフラー・アウディ
4番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
5番手からはニック・ハイドフェルド/マヒンドラ

6番手からはサム・バード/DSヴァージン
7番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
8番手からはニコラ・プロスト/ルノー e.ダムス
9番手からはオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
10番手からはルーカス・ディ・グラッシ/ABT シェフラー・アウディ
11番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
12番手からはジェローム・ダンブロシオ/ドラゴン
13番手からはシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
14番手からはマイク・コンウェイ/ヴェンチュリー
15番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
16番手からはロビン・フラインス/アンドレッティ
17番手からはレネ・ラスト/アグリ
18番手からはマー・チンホワ/アグリ


ブルーノとハイドフェルドのマヒンドラ勢、ヴェンチュリーのサラザンとドラゴンのダンブロジオの4台にタイヤ内圧の問題が発覚。
予選タイム抹消されてしまいました。


ポールポジションはジャン=エリック・ベルニュ/DSヴァージン
2番手からはセバスチャン・ブエミ/ルノー e.ダムス
3番手からはダニエル・アプト/ABT シェフラー・アウディ
4番手からはサム・バード/DSヴァージン
5番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR

6番手からはニコラ・プロスト/ルノー e.ダムス
7番手からはオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
8番手からはルーカス・ディ・グラッシ/ABT シェフラー・アウディ
9番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
10番手からはシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
11番手からはマイク・コンウェイ/ヴェンチュリー
12番手からはロビン・フラインス/アンドレッティ
13番手からはレネ・ラスト/アグリ
14番手からはマー・チンホワ/アグリ
15番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
16番手からはニック・ハイドフェルド/マヒンドラ
17番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
18番手からはジェローム・ダンブロシオ/ドラゴン


シグナルが…ブラックアウト!!

おっ、ブエミが良いスタート!
頭ひとつ抜けている!


1コーナーめっちゃタイトなヘアピンやな…。
ブエミとベルニュがサイド・バイ・サイドで曲がって行く!
おっと、軽く接触!

ブエミが先頭!
その後方ではピケJr.にターベイが追突!
ピケJr.のでしょうか、カウルらしきパーツが落ちた!

黄旗!
…あ、終わった。


2周目、ホームストレートでベルニュがブエミのインに入った!
抜き返す!ベルニュがトップ!

ブルーノがピットイン。
フロントウィングのカウルが両方とも壊れてるな…。

ラストかな、リアウィングが片方脱落してる。
ブルーノと接触したらしい?


ディ・グラッシが6番手まで上がってる。

スタートリプレイ。
ディ・グラッシのオンボード。
1コーナーで少しプロストと当たってフロントウィングのカウルがズレてるんだな。
プロストとピケJr.が当たって、ピケJr.が後退したからターベイと当たったみたいだねぇ。


6周目、ラストに黒旗。
リアウィング危ないって怒られてます。


…おっ、ブエミがヘアピンでベルニュのインをこじ開けた!
ブエミ、再びトップに!


7周目、ホームストレートでアプトがベルニュに仕掛けた!
アウト側…ベルニュも抜かせない!

アプトの後ろからはバードもきているぞ!
バードのフロントウィングカウルが少しガタガタしてるな…。

アプト、また狙っていくも、ベルニュのブロックに阻まれる。


バード、めっちゃカウルがガタガタしてるけど、後退してきたアプトにアタック!
結構元気ですね…w

つか、ブエミが逃げてるな。


ピケJr.にも黒旗。
何かあったのか。

ターベイのフロントウィングカウルも片方ないな…。
タイトなヘアピン3つもあるし、接触多いんだろうね。

ここでピケJr.がピット入ったようだ。


ブエミ対ベルニュのリプレイ、本当に凄いな…。
ブエミが多少無理矢理にでもインに入り込んでいる…。

フラインスがデュバルをかわしたシーンのリプレイ。
フラインス、ヘアピン飛び込みでリアがロック!
めっちゃ体勢崩してるのに立て直してかわしていった…これもすげぇな。

確かに業ではある…w


11周目、アプトがホームストレートでベルニュを捉えた!
アプト、2番手に浮上!
ベルニュはあんまりペースが上がっていないのでしょうか。

ターベイがピットイン。
フロントウィングを交換してコースに復帰、15番手。
16番手にいるチームメイト共々後方に下がってしまいましたか。
折角久々の上位グリッドだったのにねぇ。


12周目、アプトがファステスト!
プッシュしてブエミを追っているんですかね!

ここでバードがピットイン。
フロントウィング交換。
14番手で復帰。これでチャンピオンシップ争いに関わってくるのが難しくなったか。


21数周目、カウルが落ちてる。
ベルニュのものっぽい。
何があった?

…ふむ、シケインのボラードに引っかけて壊してしまったのか。


22周目、残り電力少ないのにターベイがファステストwww

そして、ベルニュに黒旗!
フロントウィング壊してるし、ピットに入れと。


23周目、ハイドフェルドがシルベストロをかわして7番手に!
ステルス・ニックがきてるな!
マヒンドラ勢は予選良かっただけに、惜しい。


24周目、プロストのアタックを凌ぎ続けているベルニュ。
…あっと!
さっきカウル落としたシケインでミス!!
縁石に乗り上げてボラードでもう片方のカウルも壊してしまった!!
膨らんで、壁にも接触!

これでプロストが前に!
ベルニュは壁に当たったのがフロントタイヤ辺りのように見えたけど、サスが壊れたりはしていないようで、まだ走れるようだ。
フロントウィングのカウルは全くなくなったけど…。


25周目、ピットインタイムですよ!
ブエミ、アプトと続々ピットインする中、電力を抑えていたディ・グラッシはもう1周!
デュバル、コンウェイ、サラザンももう1周してますね。

結局ベルニュはこのタイミングまでステイしたようだ。


26周目、1周ピットインを遅らせたディ・グラッシがコースへ戻る。
順位は同じで、特にアドバンテージはなかったけど…。

2人仲良くピットから出ていくヴェンチュリー勢。

ピットインを終えて…
ブエミ、アプト、プロスト、ディ・グラッシ、ベルニュ、フラインス、ハイドフェルド、デュバル、シルベストロ、コンウェイ
のトップ10。
以下、
サラザン、ダンブロシオ、チンホワ、バード、ターベイ、ブルーノ、ピケJr.、ラスト。


27周目、バードがチンホワをかわした。
後方でのバトルだ。

…ん、黄旗。
ブルーノか、どうした?

そうか、ベルニュの落とし物がある辺りでハーフスピンしてたのか。


これにより、フルコースで黄旗!
路面清掃だぁ!


29周目、フルコースイエロー解除。
ネクストEV TCR勢が完全にバックマーカーになっている…。


親子で戦うプロストVS親子で戦うアプト。
プロストが前だ。


35周目、ハイドフェルドがファンブーストを使用!
…あ、フラインスをかわせない。

そういや、今回、誰がファンブースト持ってるんでしょうね?


36周目、最後尾のラストがファステスト!
アグリのマシンも頑張れば何とかなる。


ここでサラザンがファンブースト!
こちらは対シルベストロかな?
シケイン前で抜いたか…あっと!!
サラザン、シケインカット!
そのあおりを受けたシルベストロのパーツが少し飛んだぞ…。
フロントウィングのパーツだな。


38周目、ディ・グラッシがプロストに仕掛けた!
アウト側から行く!!
並んだ…サイド・バイ・サイド!

プロスト、ここは抜かせない!


39周目、ディ・グラッシが再びプロストに仕掛けた!
アウト…いや、フェイントだ!

インを突いた!
ちょっとタイヤをロック…かわした!
ディ・グラッシ、3番手!

アラン・プロストのこの表情。


43周目、ここでブルーノがファステスト!
マヒンドラなぁ…。


44周目、デュバルが止まってる!
曲がり切れなくて壁ドン。

黄旗!

かーらーのー

セーフティカー!


45周目、セーフティカードライバーの心拍数ワロタwww


パリに続いてベルリンもチケット完売しているそうで。
やっぱ、欧州の人ってモタスポ好きだなw


ディ・グラッシって審議入ってたのか。


46周目、セーフティカーが入ります!


47周目、リスタート!
チンホワが1コーナーで滑ってコースオフしとる…。

アプトとディ・グラッシの無線。
順位を入れ換える指示が入ったらしい。


48周目、ファイナルラップ!
ブエミ、優勝!!
アプトは結局最後まで順位を譲らなかったようだ。

シャンパンファイト見てても、別にチームメイト間でギクシャクはしてない模様。


ファステストラップポイントはブルーノでした!


優勝はセバスチャン・ブエミ/ルノー e.ダムス
2位はダニエル・アプト/ABT シェフラー・アウディ
3位はルーカス・ディ・グラッシ/ABT シェフラー・アウディ
4位はニコラ・プロスト/ルノー e.ダムス
5位はジャン=エリック・ベルニュ/DSヴァージン
6位はロビン・フラインス/アンドレッティ
7位はニック・ハイドフェルド/マヒンドラ
8位はマイク・コンウェイ/ヴェンチュリー
9位はシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
10位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー

ここまでがポイント獲得。

11位はサム・バード/DSヴァージン
12位はオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
13位はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
14位はマー・チンホワ/アグリ
15位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
16位はジェローム・ダンブロシオ/ドラゴン

周回数が足りず、完走扱いにならず
レネ・ラスト/アグリ

リタイアは
ロイック・デュバル/ドラゴン


ドライバーランキング
1位:ルーカス・ディ・グラッシ/ABT シェフラー・アウディ(141Pt)
2位:セバスチャン・ブエミ/ルノー e.ダムス(140Pt)
3位:サム・バード/DSヴァージン(82Pt)
4位:ジェローム・ダンブロシオ/ドラゴン(64Pt)
5位:ニコラ・プロスト/ルノー e.ダムス(62Pt)
6位:ステファン・サラザン/ヴェンチュリー(59Pt)
7位:ダニエル・アプト/ABT シェフラー・アウディ(50Pt)
8位:ロイック・デュバル/ドラゴン(48Pt)
9位:ニック・ハイドフェルド/マヒンドラ(47Pt)
10位:ロビン・フラインス/アンドレッティ(45Pt)
11位:ジャン=エリック・ベルニュ/DSヴァージン(37Pt)
12位:ブルーノ・セナ/マヒンドラ(26Pt)
13位:アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アグリ(20Pt)
14位:オリバー・ターベイ/ネクストEV TCR(10Pt)
15位:マイク・コンウェイ/ヴェンチュリー(5Pt)
16位:ネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR(4Pt)
17位:ナタナエル・ベルトン/アグリ(4Pt)
18位:シモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ(4Pt)
19位:ジャック・ヴィルヌーブ/ヴェンチュリー(0Pt)
20位:オリバー・ローランド/マヒンドラ(0Pt)
21位:サルバドール・デュラン/アグリ(0Pt)
22位:マー・チンホワ/アグリ(0Pt)
23位:レネ・ラスト/アグリ(0Pt)


チームランキング
1位:ルノー e.ダムス(202Pt)
2位:ABT シェフラー・アウディ(191Pt)
3位:DSヴァージン(119Pt)
4位:ドラゴン(112Pt)
5位:マヒンドラ(73Pt)
6位:ヴェンチュリー(64Pt)
7位:アンドレッティ(49Pt)
8位:アグリ(24Pt)
9位:ネクストEV TCR(14Pt)


第9戦のロシア・モスクワePがキャンセルされた為、残すは2日連続で行われるイギリス・ロンドンePのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

熱帯の波

Country_maam_brazil_coffee
カントリーマアム ブラジルコーヒー!!


もうすぐリオ五輪だからか、中南米系の料理や食材をテーマにしたお菓子とかが多いですよね。
ブラジルだけでなく、アルゼンチンとかメキシコとか…。






函館で震度6弱なんて聞いたから、吃驚したんだけど…。
そうか、震源は内浦湾か。
しかも、震度6弱は1地点だけだったんだね。

しかも、内浦湾つっても、場所的にほぼ太平洋だし…。


逆断層型…。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


長野県
石:黒曜石(和田峠)
鉱物:ざくろ石(和田峠)
化石:ナウマンゾウ(野尻湖)


出ました、和田峠の黒曜石!
縄文時代には日本有数の産出地だったそうですよ。
和田峠の黒曜石は更新世に出来た和田峠火山岩類に属するんだって。
岩脈、溶岩の一部、火砕流堆積物の岩片として見られるとか。
和田峠はQMAでもスロット形式や順番当て形式等で登場します。

…長野の「県の石」シリーズはどれも「そうですよね」ってもので安心するわw

鉱物
和田峠のもう一つの名物(?)、ざくろ石!
ガーネット!!
これも和田峠火山岩類に属していて、火道流紋岩の空孔にできる。
和田峠のざくろ石は面が良く発達していて、マンガンに富むのが特徴だとか。
どうでも良いけど、日本地質学会の説明が「ざくろ石は,赤くてきれいな鉱物である.」って…w

化石
ナウマンさんの名前がついた長鼻類の哺乳類化石。
ナウマンゾウは日本を代表する古生物。
第四紀・更新世中期から後期にあたる約35万年前〜3万年前に生きていました。
野尻湖と言えばナウマンゾウだけど、ヤベオオツノジカ等の氷河期に生きていた大型動物の化石も結構出てきているみたい。
野尻湖はQMAでも四択形式とかスロット形式とか色々と出てくるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

都の諸島

Izu_curry
この前食べたムロアジのカレー(手前)とメダイのカレー(奥)。確か。
後、チキンの一味焼(横)。









F1カナダGP決勝!!

サインツJr.はギアボックス交換により、5グリッド降格ペナルティ。
おそらく、予選でのクラッシュの影響。

マグヌッセンは結局グリッドからスタートするようです。
雨降ってたらピットレーンからスタートするって言ってたみたいで、一応ドライタイヤでのスタートになるから、グリッド上に留まるみたいですね。


改めて、スターティンググリッド
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはエステバン・グティエレス/ハース
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
16番手からはジョリオン・パーマー/ルノー

17番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
18番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー


予選に引き続き、曇天のカナダ。
またしても、雨粒が落ちてきてるようだ。


去年は少し大人しいカナダGPwww


少し雨がポツポツって感じか。


ジャン・アレジ。
誕生日に唯一となる優勝を挙げたのがここでした。

ヘアピンで皆タイヤロックさせたりコースオフしたりしてるな…。
気温低そうだし、そのせい?
雨もあるだろうか。


マイケル・ダグラスだ。


スタート前に雨が降ってくるという情報。
風もあって、雨粒が色々な所についてる状況。


昨日に続いて、サー・ジャッキー・スチュワート。
77歳の誕生日なのか!
一緒にいるのはペネロペ・クルスらしい。
旦那さんのハビエル・バルデムと一緒に、夫婦で来てるようだ。


2コーナーのスタンドにアメリカ国旗持った人。
めっちゃたなびいてたから、風強いっぽい。

…白塗り集団だwww
メルセデスファンらしいな!
日本も似たようなもんだから人の事言えないけど、怪しいwww


目立とうとする白塗りwww


今回からF1のスポンサーになったハイネケン。
トラックサイドとかに緑色の広告が…目立つね!


カナダのお客さんはカメラに映ると大はしゃぎ。


国歌、生歌である。
オーカナダ。

国歌中に戦闘機が飛来。
あのV字ウイングはF/A-18 ホーネット?
片方の機体から黄色い煙が…www
スモークかな。
カメラの位置もあったかもしれないけど、屁みたいじゃないかwww


フォーメーションラップ!

ペレス、マグヌッセンがソフトタイヤスタート。
バトン、ハリアントがスーパーソフトタイヤスタート。
後は皆ウルトラソフトタイヤスタートだ。


フォーメーションラップ終えて戻ってきたら、スタッフと機材がまだ撤収しきれてない!
ハミルトンがグリッドにつく頃にはギリギリ撤収完了。


シグナルが…ブラックアウト!
おぉ、ベッテルが良いスタート!!
あっという間にメルセデス勢をかわしてトップに!!


1コーナー、2コーナー!
ハミルトンとロズベルグが接触!!
ロズベルグがコースオフ!
どちらにもダメージはなさそうだけど、ロズベルグはエスケープしたから、10番手にまで落ちている!
これは痛い…。


2周目、アロンソ対ヒュルケンベルグ対ロズベルグ!
ヒュルケンベルグがホームストレートでアロンソをかわして8番手に上がっています。


3周目、ロズベルグもアロンソをかわして9番手に上がりました。
流石にメルセデスパワーユニット相手では…。

でも、ロズベルグはやや大人しい感じだな。
ペースが上がっていない??


スタート直後のフェラーリガレージ。
ベッテルの好スタートを見て吠えるアリヴァベーネ。
熱いねぇ!

メルセデス勢はスタート悪かったみたいだね。
2コーナーでハミルトンとロズベルグのタイヤ同士が接触して、ロズベルグが弾き出されたようだ。

オープニングラップでマグヌッセンとナスルが接触していたのか。
接触した直後、ナスルがマグヌッセンの目の前でスピン。
ちょっと、これは怖い。


8周目、ロズベルグが最終コーナーでミスってシケインカット。
ヒュルケンベルグ対ロズベルグのニコニコ対決中である。


10周目、グロージャンがグティエレスをかわしています。
…ん?
一瞬グティエレスのDRSが開いた??
トラブルでもあったか?


順位を入れ替えろって言われたフェルスタッペンとリチャルドのバトル。
フェルスタッペンは譲る気がないみたいですねぇ。


11周目、あー、止まっちゃったバトン!
後部からちらちらと火が…!!

エンジンブロー?


バーチャルセーフティカー!!


12周目、ベッテルがピットイン!
続いて、ライコネンもピットインしてフェラーリはダブルピットストップだ。
どっちもスーパーソフトに替えて、ベッテルは4番手、ライコネンは14番手で復帰。


14周目、ここでサインツJr.がピットイン。
ソフトタイヤか…これで走り切るつもりか?


フェラーリ勢のペースが良いみたい。
ライコネンがクビアトをかわしましたね。
…ん?
ライコネン、そのジェスチャーは?
捨てバイザーでもしたのか?

リチャルド対ベッテルの元チームメイト対決!
リチャルドが絶妙なブロックを見せて順位を守っています。

…まぁ、次の周にはかわされるんだけどね。
ヘアピン前でリチャルドをかわしたのライコネン。
ヘアピンの前にDRS感知ポイントがあるから、すぐに続くストレート2本でDRSを使う事ができますね。
これで前を走るフェルスタッペンに近付く事ができるから、次の周にはアタックできるかな。

そして、フェルスタッペンも簡単にベッテルにかわされて行きました。
ホント、フェラーリのペースが良いな。


ここでアロンソがピットイン。
タイヤ交換時間、8.3秒…リプレイもこないんだけど、何かあったか?


19周目、パーマーがガレージに戻ってリタイア。
ルノーは厳しい週末を送っていますね…。


21周目、フェルスタッペンがピットイン。
ソフトタイヤに交換ですね。


22周目、ライコネンがリチャルドの前に出ていますね。
レッドブル、悩ましい所だろうか。

ここでロズベルグがピットイン!
タイヤ交換時間は2.3秒!
これは早い!


23周目、マッサがピットイン!
タイヤ交換時間は2.8秒、ちょっとかかっちゃったな…。

ハミルトン、ヘアピンでタイヤロックさせて少しコースオフ。
まだタイヤ交換していないので、ベッテルより前にいます、はい。


24周目、ボッタスがピットイン!
タイヤ交換は2.2秒、これは早いぞ!
コースに復帰。
2コーナーでリチャルドと並んだけど、ここはリチャルドが前。


25周目、ここでハミルトンがピットイン!
こちらもタイヤ交換は2.3秒…早いな。


26周目、なんか、ゴミがコース上に…。
風が強いし…。


30周目、ライコネン無線。
エンジニア「もう少し落ち着いて行こう」
ライコネン「後ろに2台いるのに落ち着いてられっか!!」

そして、ベッテルの無線を聞き逃す川井ちゃん。


31周目、ペレスがピットイン!
中古のスーパーソフトでコースへ。
残り40周…うーん、これ、そのまま行けるのか??


ライコネン、リチャルド、ボッタスの隊列にロズベルグが追い付いてきた。
4位から7位までが揃い踏み!


34周目、ライコネンがピットインだ。
タイヤ交換は3.1秒、ちょっと時間かかっていますね…そして、ソフトタイヤに交換。
ヒュルケンベルグの前、8番手で復帰ですか。


37周目、マイケル・ダグラスが映る。

ここでマッサがピットイン?
えっ、リタイア…。。
残念…。。


ベッテルがピットイン!
タイヤ交換時間は2.4秒。
ソフトタイヤでハミルトンを追撃する態勢に入ります。

…あ、ボッタスがリチャルドをかわしてた。
リチャルドのすぐ後ろにはロズベルグがいます。

リプレイ。
リチャルドは最終コーナーでシケインカットしたからボッタスに前に出られたようだ。


39周目、リチャルド対ロズベルグ。
元気のないロズベルグもリチャルドを捉え…おっと、ここでリチャルドがピットイン。

あっ、右フロントが少し遅れた!
外すのもつけるのも少し手間取ってる…。


43周目、ベッテルがグロージャンを周回遅れに。
ベッテルにDRS使ってもらって、自分はシケインカットして前を譲るグロージャン。
…と端から見たらBチーム的な振舞いをするグロージャン良いね、とか思うけど、ベッテル的には「早くどけ」みたいなアレかな。

ロズベルグはヘアピンの立ち上がりが鈍いようですね…。
中々ボッタスにストレートで近付けないでいるようです。

ロズベルグ無線。
さっきから警告マーク出てるらしい…マシンにトラブルを抱えているのだろうか。


47周目、フェルスタッペンがピットイン!
中古のウルトラソフトでコースに復帰。
…レッドブル勢はソフトタイヤが合わないのかな?


ん、ペレスもピットインだ。
中古のスーパーソフトはもたなかったのか?


グロージャンもピットイン。
…え?
フロントウィングが何だって?


全体的にソフトタイヤの持ちがあまり良くないのだろうか?
そんな事ないか。


52周目、3番手争いしていたロズベルグがピットイン!
右リアがスローパンクチャーだと…これは痛い!
7番手で復帰。
ヘアピン立ち上がりが鈍かったりしていたし、ここから何処までリカバーできるでしょうか。


ライコネンとリチャルドが5番手争いを展開。
一時期元気がなくなったように見えるリチャルドだけど、結構速さが戻ってきた感じ?


55周目、ロズベルグが最終コーナー前でリチャルドをかわした!
上向いてきていたっぽいリチャルドをかわしたロズベルグ。
ちょっと元気になってきたかね?

グティエレスがストレートでウェービングしています。
フロントタイヤに全然熱が入ってないんだろうね…。


ハミルトンを追っていたベッテルが最終コーナーでシケインカット!
あー、やっちゃった…。
折角ハミルトンとの差が4秒という所まで来ていたのに、痛恨のミス!


一方、ロズベルグはライコネンに追い付いたようですね。
狙っています…が、この周はかわせない。


58周目、ロズベルグがライコネンをパス!
5番手に復帰!
やはり最終コーナー前で仕掛けましたか。
速さがだいぶ戻ってきているみたいですね。


ハミルトンとベッテルの差は5.9秒。
ベッテルは焦っているのか、少しとっちらかっている印象。

ロズベルグが後ろからファステストを連発して追いかけています!
なんだ、元気じゃんw


62周目、ベッテルがまたしても最終コーナーをシケインカット。
これでハミルトンとの差は6秒くらいになってしまったか。
これは無理だな…。


ロズベルグは4番手のフェルスタッペンに追い付いてきています。
もう1つ順位を上げられるか?


フランク・ウィリアムズが映りました。
ボッタスは今3番手、表彰台圏内です。
全然映らないけどね…。


64周目、ロズベルグがフェルスタッペンに仕掛けた!
おぉ、フェルスタッペンがイン側を抑えて順位を守る!
だいぶタイトな守りだな…ロズベルグがクラッシュしそう。
まぁ、ロズベルグもギリギリの所を攻めているのだろうけれど。


65周目、アロンソ無線。
ロストパワー…だと?
ポイント無理だし、レースやめちゃいたいのかね。

アロンソはレース後インタビューで「タイヤ替えてアタックしたかった」と言っていたけど。


フェルスタッペン対ロズベルグはまだ継続中。
今度は2つ目のDRSゾーンがあるホームストレートで仕掛ける事ができていませんね。
フェルスタッペンが上手くやったんでしょうか。
あんまり見てなかったけど、ロズベルグのリアウィングが閉じたまんまだったような…。
つまり、DRSが使えなくて仕掛けられないとか。
システム的なものか、機械的なものか分からないけど。


66周目、ロズベルグが最終コーナーでタイヤロック!
フェルスタッペンとの差が開いてしまっています。


ライコネン無線。
ハリアントをかわす辺りでピー音がw


68周目、ロズベルグはやっぱりDRSのトラブルか!
明らかにリアウィング開いてないしな…ここにきて、か。


そして、また久々に映るボッタス。


70周目、ファイナルラップ!
ロズベルグのDRS開いた!
フェルスタッペンをアウト側から…抜いた!
あーっと!!
ロズベルグのリアが滑った!!
スピン!!
痛恨のミス!!


ハミルトン、モナコに続いて、トップチェッカー!
ポール・トゥ・ウィン!

ベッテルは2位!

ボッタス、やっと今季初となる3位表彰台を獲得!
やっぱりカナダでした。

マッサはパワーユニットトラブルでリタイアだったか…。
水に関連するシステム問題(冷却水とか??)でパワーユニットがオーバーヒートしていたようだ。


ハミルトン、無線で「蝶のように舞い、蜂のように刺す」。
モハメド・アリですね。


再び白塗りが映るwww


ハミルトン、モハメド・アリを追悼してか、ボクシングスタイルのパフォーマンス。

ボッタス、最後はスタッフに押されて戻ってきました。
燃料ギリギリだったか…。


表彰台前の控え室。
ハミルトンとベッテルが話してる。
1コーナーのメルセデス同士の接触は追い風でドがつく程のアンダーステアが出ちゃって、接触したらしい。


表彰台!
イギリス国歌とドイツ国歌のいつもの組み合わせ。


今年も泡立て器型トロフィだな…w


えっ、なに?
ボッタス、シャンパン落としたの?!
キャッチはしてくれたらしいけど、危ないよ!www


表彰台インタビュワーはマイケル・ダグラスでした!

ベッテルのこの歓声。


メルセデスガレージにシャンパン運ばれてる…かな?


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はマックス・フェルスタッペン/レッドブル
5位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
6位はキミ・ライコネン/フェラーリ
7位はダニエル・リチャルド/レッドブル
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
10位はセルジオ・ペレス/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12位はダニール・クビアト/トロロッソ
13位はエステバン・グティエレス/ハース
14位はロマン・グロージャン/ハース
15位はマーカス・エリクソン/ザウバー
16位はケビン・マグヌッセン/ルノー

17位はパスカル・ウェーレイン/マノー
18位はフェリペ・ナスル/ザウバー
19位はリオ・ハリアント/マノー

リタイアは…
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
ジョリオン・パーマー/ルノー
ジェンソン・バトン/マクラーレン


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(116Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(107Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(78Pt)
4位:リチャルド/レッドブル(72Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(69Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(50Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(44Pt)
8位:マッサ/ウィリアムズ(37Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(24Pt)
10位:クビアト/トロロッソ(22Pt)
11位:グロージャン/ハース(22Pt)
12位:アロンソ/マクラーレン(18Pt)
13位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(18Pt)
14位:サインツJr./トロロッソ(18Pt)
15位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
16位:バトン/マクラーレン(5Pt)
17位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
18位:グティエレス/ハース(0Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:ウェーレイン/マノー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(223Pt)
2位:フェラーリ(147Pt)
3位:レッドブル(130Pt)
4位:ウィリアムズ(81Pt)
5位:フォースインディア(42Pt)
6位:トロロッソ(32Pt)
7位:マクラーレン(24Pt)
8位:ハース(22Pt)
9位:ルノー(6Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:マノー(0Pt)


カナダもそうだったけど、アゼルバイジャン、オーストリア、イギリスと高速サーキットが続く。
ウィリアムズ…マッサに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

カナダ・ウェザー

健康診断つって結構ざっくりしてるよね。
腹囲、68cmくらい。
ちょっと増したな…w

体重も56kgくらいに増えてた。
増えてた。

…1kgくらいだけど。






そういや、最近ルータの接続が良く切れるなぁと。
元々接続切れるメーカーのだし、アダプタ抜き差しして再起動すれば直るんだけど。

なんか、アダプタが熱いんだよなぁ。


…なんて思ってたら、コンセント差す部分の周囲がひび割れていたり、割れて穴が開いていたりしてました。
きっと、良く接続が切れるのにも関係しているのだろう。


ネットで勝って数ヶ月。
やっぱ中古品だしな…。

それにしても、別のアダプタを入手しないと危ないな……。










F1カナダGP予選!!


めっちゃ鳥飛んでる。
カモメっぽい??


ゲルハルト・ベルガーだ。


マグヌッセン、フリー走行3回目終盤のクラッシュで予選出走不可。
シャシー交換が必要らしい。
マグヌッセンは今回から新しいシャシー使ってたみたいだけど、もう壊しちゃったか…。


曇天のカナダ、かなり気温低そうだ。


Q1
メルセデス勢、フェラーリ勢が早速コースイン。
少し雨粒が…強くなる事を懸念して、ですかね?

ハミルトン、ベッテル、ロズベルグと連なっています。そこから少し離れてライコネン。
お互いに差が詰まっててアタックし辛そう。


リプレイ。
…ん?
ハリアントのパーツが吹っ飛んだみたいだ。
サイドポッドについてるウィングかな?


ロズベルグは結局フェラーリ勢を先に行かせて、距離を置いたようですな。
まずはそのロズベルグがトップタイム。
ベッテル、ハミルトン、ライコネンの順で続いています。


…ほう、フォースインディアはスーパーソフト使ってるのか。


…おっ、ボッタスが2番手だ。
アロンソ、6番手。


ここでリプレイ。
パーマーがコース脇の土を踏んで姿勢を乱す。
さっきマグヌッセンがクラッシュした所らしく、きっとその時に土が飛び散ってたんだろう。

…おっと、ハリアントが最終コーナーでタイヤロック。
シケインカットしていました。

フェルスタッペン無線。
5コーナー、6コーナー辺りで雨が落ちてきてるらしい。
雨のセッション来るか?

そのフェルスタッペン、最終コーナーでタイヤロックしてシケインカット。
皆さん、最終コーナーが中々厳しそうですね。


グティエレスが13番手!
ここで残り7分切った!

パーマー、アタックラップの各セクターを自己ベストでまとめて順位を上げるものの、18番手止まり。
まだノックアウト圏内だ。

ここでグロージャンが15番手に入った!
これでクビアトがノックアウト圏内に落ちたぞ。


パーマーのオンボードリプレイ。
…結構水滴ついてるな。

あっ、最終コーナーで壁に擦ってる。
最終コーナーは多くのチャンピオンもクラッシュしている事で有名な「ウォール・オブ・チャンピオンズ」である。
サーキット名になっているジル・ヴィルヌーブをはじめ、ミハエル・シューマッハ、ナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、ジェンソン・バトン、セバスチャン・ベッテルと言った錚々たる顔ぶれがクラッシュしています。


おっ、クビアトが11番手に上がった!
チームメイトのサインツJr.は9番手!
トロロッソ勢がタイムを上げて順位を上げてきました。
パーマーはタイムを上げるも、17番手。
まだノックアウト圏内だ。


おっと、セクター1で黄旗!

…ん?
ハリアントがよろよろと走ってる…挙動がパンクしてるっぽいな?
あ、右リアパンクしてる。

4コーナーでリアを壁に当ててスピンしていたようだ。
これが黄旗の原因だったか。


残り1分切った!
ウェーレインはガレージに戻ったから、ノックアウト。
割と良い位置にいたのだが…。

ハリアントはガレージまで戻れず、コース脇でストップしてノックアウト。
これ、黄旗辺り出そうじゃね?

パーマーもガレージに戻ったから、ノックアウトだな。

…あれ、黄旗出ない。

ふむ、ナスルもガレージに戻ってノックアウトだ。
残るエリクソンはタイム更新できなさそうなので、これでQ1終了だ。

最後の最後にセクター3で黄旗。
ハリアントが止まってるからだが…エリクソンが通ったくらいだw


うっかりノックアウトしてしまう上位チーム…ウッ…。。


ほう、ヒュルケンベルグはスーパーソフトのみでQ1突破か!
Q1通過者でウルトラソフト使ってないのは彼だけか?


Q2
バトンのパワーユニットは5レース目。
結構くたびれてる筈…。

新しいパワーユニットはオイル漏れか何かあってバルサン焚いちゃったから、古いのに替えてるみたい。


マクラーレンのリザーブドライバー、ストフェル・ヴァンドールン。
今週はスーパーフォーミュラないし、カナダに来ていますね。
忙しいなぁ。


ヒュルケンベルグがアタック開始。
…おっと、タイヤに熱が入っていないのかな?
アタックやめてウェービングしています。
彼が履いているのは、ウルトラソフトか。
一番柔らかくて、熱が入りやすくて、作動しやすいタイヤでもこの状況。
本当に、気温も路面温度も低いんだなぁ。


…トロロッソ勢は大丈夫そうだけどね。
1発目でアタックしてるし。


…あーっと、やっちゃった!!
サインツJr.、ホームストレートでウォールにマシンをずりずり!
何とかタイムは記録したけど、サス壊してるし無理でしょ。

セクター3で黄旗!

そして、赤旗!


リプレイ。
最終コーナーのシケインでミスってリアが壁に接触したようだ。
その反動でフロントも壁に当たってそのままずりずりと。
いやぁ、「ウォール・オブ・チャンピオンズ」の餌食になってしまいましたか。


この時点でウィリアムズ、マクラーレンの4台がまだコースに出ていませんね。
他のチームは一度コースに出てしまってる。
新品タイヤを新品のままで取っておけてるのはアドバンテージだな。


アロンソのヘルメット。
登頂部に先日のカタルーニャGPフリー走行2回目中に亡くなったスペイン人Moto2ライダー、ルイス・サロンのイニシャルとゼッケンが入れられている。
確認はできなかったけど、サインツJr.のヘルメットにも入っているようだ。
スペイン人レーサー達はファミリー意識が強い…らしい。


片付けが済んだみたいですね。
11分52秒から再開…さぁ、早速ウィリアムズ勢がコースに入った!

まずはマッサがトップタイム。
マッサ弟もガッツポーズ。

ハミルトンがアタック中。
ハミルトン、ロズベルグのメルセデス勢がそれぞれ1分13秒台に入れて、ワン・ツーになりました。
歴代のポールタイム見てても結構速いタイムみたい…?


…ジャン・アレジが見てますね。


ハミルトン、ロズベルグ、リチャルド、ライコネンの順に変わっています。
おっ、フェルスタッペンが4番手!
ボッタスがセカンドアタックでしょうか。
4番手に入ってきた!!

現在、バトンは9番手、アロンソは10番手。
2台揃ってQ3に進めたら凄いね…。
ここでペレスが9番手に入り、アロンソが11番手に下がりました。
ヒュルケンベルグも8番手に上げてきた!
これでバトンも11番手に後退、ダブルノックアウトになりそうです。

グロージャンはタイムを更新できず。
ちょっと苦しんでいるでしょうか?
ベッテルはタイムを上げるも、7番手だ。
ちょっと順位的には後ろだな…。

残り時間は間もなく4分。


ここでリプレイ。
ヘアピンでグティエレスとペレスのメキシカン同士が並んでいました。
グティエレスはイン側、ペレスはアウト側。
ちょっとペレスが蓋されている感じですね。
別に何かのリアクションはしてないし、無線も来なかったけど。


グティエレス、タイムを更新するも14番手。
ハース勢はQ3に進出するだけの力がなさそうですね…。


残り1分半切った!
マッサはもう大丈夫だろう…。

とか思ってたけど、もう1回出るのか…。
新品タイヤの残り数が心配ですが。。

まずはグロージャン。
やっぱり、タイムを更新できていないですね…。

ペレスは9番手!
フォースインディアとしては、ここで落ちる訳には行かない…のかも。

マクラーレン勢がアタック中!
バトンもアロンソも10番手より速いタイムを出しています!
ヘアピンで少しタイヤスモークを上げるバトン…ちょっとヘアピン立ち上がりが鈍いか??
その後ろのアロンソもそれに連動して少し遅くなった感じ?


チェッカー!

まずはバトン!
…あら、11番手でノックアウト!
失った要因はヘアピンですかね…。

その後ろのアロンソは9番手タイム!

クビアトはタイムを更新できず!
この時点でアロンソのQ3進出が確定!

結局マッサはアタックしてたのね。
タイム上げたけど、8番手なのは変わらないようです。
アタックする前に戻ってればまだタイヤセーブできたんだけど…。

ヒュルケンベルグが9番手に飛び込んできた!
これでペレスが11番手に落ちてノックアウト!


アロンソはスペイン、モナコ、カナダと3戦連続でQ3進出!

アロンソの無線。
Q3行けたよって言われて笑うアロンソw


フェラーリガレージにいるジャン=エリック・ベルニュ。


パドック・クラブかな?
談笑しているサー・ジャッキー・スチュワートだ。
かなり高齢な筈だけど、元気に活動してるよねぇ。


Q3
捨てバイザーが舞ってた。
リチャルドが先頭でコースへ。

1コーナーくらいから最終コーナー方面を映すカメラ。
…あれ、ハミルトンが急にカメラから消えたwww

と思ったら、最終コーナーで曲がりきれずにエスケープしていました。
まだアタック前ですけど…w
まぁ、もう1周するんだろうけど。


マッサとライコネンがまだガレージに。
やっぱりマッサは新品ウルトラソフトが1セットしかないんか。


ハミルトンのファーストアタックは1分12秒812でトップ!
ロズベルグ、ベッテルと続きます。

おぉ、フェルスタッペンがベッテルを上回って3番手に!
ここで初優勝を挙げているリチャルドも上回っていますね。
すげぇ若者だ…。


ベッテルのリプレイ。
最終コーナーでリアが壁ギリギリを通過!
無線で「ウォールオブチャンピオンズに擦った!」
そういや、「擦る」って「ブラシ」って言うんだったな。


残り5分、マッサとライコネンが最後のアタックを開始。

マッサはボッタスの後ろとなる7番手タイム…。
あー、セクター2でタイヤをロックさせちゃったのか…。。
うーん、残念。。

ライコネン、4コーナーで壁ギリギリを通過?
若干当たってる?

ライコネンは6番手!

残り1分半。
そろそろ2アタック勢もラストアタックに入りますよ。

ハミルトン、タイムを更に削ってきてる!
ベッテルも1分12秒台に入れてきた!
でも、3番手!

ハミルトンはタイム更新できず。
もう時間ないけど、もう1回アタックするのかな?

おぉ、リチャルドがフェルスタッペンを上回る4番手に上がった!!

ここでチェッカー!
フェルスタッペンはタイム更新できず、5番手。

ロズベルグはアタックを諦めてピットに戻ってるな…。

リプレイ。
ロズベルグ、ラストアタックの1コーナーでタイヤをロックさせてタイムを失う。
いやぁ、これは残念だな…。

ベッテル無線。
3番グリッドを獲得したけど、ピー音がwww

リチャルドのラストアタックのリプレイ。
最終コーナーの壁にリアが当たってた!
ヘルメットの動きとかから明らかに当たってるのが分かるけど、リアタイヤ周辺にダメージなかったみたいだね。
これでチームメイトを上回ったんだし。


ポールを獲得したハミルトン、自分のマシンのフロアを何か気にしてる。
何かそういうやり取りあったみたいだな。

ハミルトンのマシンをめっちゃ見てるベッテル。
フォースインディアのマシンも見てたみたいだ。

カナダでは予選後、マシンを露天駐車させるそうで、メディア関係者もじっくりマシンを見られるんだとか。


写真撮影。
何やら話すハミルトンとロズベルグ。
両端のロズベルグとベッテルが手を挙げてるな。


リプレイ。
アタックを終えて既にVサインを出していたハミルトンであった。


徹子の部屋。
何やらそわそわしてるハミルトン。

ロズベルグ、ラストアタックのミスについて「見られたくなかったんだけど、テレビで出ちゃったんだね。」

ベッテル、何気に嬉しそう。
でも、放送禁止用語出したからな…www


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
14番手からはエステバン・グティエレス/ハース
15番手からはロマン・グロージャン/ハース
16番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
20番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
21番手からはリオ・ハリアント/マノー
おそらく22番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー


クビアトとエリクソンは前戦モナコGPでの接触により、それぞれ3グリッド降格ペナルティ。
マグヌッセンはギアボックス交換により、5グリッド降格ペナルティ。彼はピットレーンスタート??


スターティンググリッド
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
6番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
7番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはエステバン・グティエレス/ハース
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
16番手からはダニール・クビアト/トロロッソ

17番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
18番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
19番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
22番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

常温保存

日本の世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の範囲が拡大するらしいですなぁ。
詳細は7月にでも…。









コンビニでまた変なものを見つけた…w

Potechi_milk
ポテトチップス 牛乳味!!
Ca入り。


ホルスタインカラー…。


コイケヤさんはどうしたんでしょうねw
…いや、まぁ、みかん味とかもも味とかバナナ味とかもありましたがw


Ca
牛乳味のポテチって、クリーミィなんですかね…。


確かに、常温保存はできるな…w
しかし、それって…どうなんだw


Milk
「乳又は乳製品を主要原料とする食品」
…はい。

ドロマイト(炭酸カルシウムマグネシウム含有物)が「Ca入り」という所か?


別段不味くもなく、ただ少しクリーミィなポテチだなぁ…という感想くらいでしたね。
もっと牛乳感を前面に押し出しても良かったと思うよ。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!

さぁ、次は中部・甲信越地方だ。


新潟県
石:ひすい輝石岩(糸魚川市青海、小滝等)
鉱物:自然金(佐渡金山遺跡)
化石:石炭紀-ペルム紀海生動物化石群(糸魚川市青海、小滝等)


ジェダイトですね!
糸魚川周辺と言えば…と言った感じか。
起源は古生代のカンブリア紀で、プレート沈み込み帯深部の熱水が生成に関わっているそうだ。
縄文時代中期から始まった世界最古の翡翠文化に寄与した石である。
それにしても、カンブリア紀とはスケールが違うわw

鉱物
新第三紀の火山活動によって形成された金銀鉱脈が多い佐渡島。
まぁ、佐渡島つったら金やな。
西三川って所では砂や泥と一緒に海底に堆積している砂金が見られるとか。

化石
古生代の石炭紀からペルム紀にかけての海生動物化石達。
これらの時代にあった超大洋パンサラッサの環境が見て取れるんだけど、保存状態がかなり良いようですね…貴重だな、うん。
青海石灰岩という所から発見されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

雨と太陽

西川の兄貴、コミケ参戦するん?w







梅雨に突入だけど、晴れ。
やっぱり蒸し蒸しはしてるけどね、雨よりはまだ良いか。










続きから、久々に鷺フォーミュラパロ。

続きを読む "雨と太陽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

記録は破られるもの

おぉ、世界最長の鉄道トンネル、ゴッタルド・トンネルが開通したのか!
…と書こうとしてて忘れてたw


何かって言うと、スイスの鉄道トンネルなんだよね。
こいつが開通した事により、青函トンネルを上回って世界最長の鉄道トンネルになった訳です。
その全長は57km。青函トンネルの全長は53.9kmだ。
ゴッタルド山塊を貫くこのトンネル、1996年から建設してたらしい…。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


神奈川県
石:トーナル岩(丹沢山地)
鉱物:湯河原沸石(足柄下郡湯河原町不動滝)
化石:丹沢層群のサンゴ化石群(丹沢山地)


丹沢山地が源流の酒匂川や酒匂川が流れ込む相模湾西部で見られる石。
無色や白の岩に黒い斑模様が入った深成岩体なのだそう。無色や白は石英、斜長石等で、黒は角閃石だとか。
新第三紀の鮮新世にあたる500万年から400万年前に誕生したらしく、丹沢山地が本州に衝突してからできたと考えられているようだ。
酒匂川…どっかの軽巡かな?

鉱物
1952年に見つかった単斜晶系の新鉱物。英語表記だと普通にユガワラライトか。
結晶は無色透明で、形は変形した六角形で薄い板状なのだとか。
箱根火山の一部である凝灰岩に熱水が入り込んだ事によってできるようで、濁沸石等と一緒に産出するみたい。
湯河原町の指定天然記念物。

化石
丹沢山地の中新統・丹沢層群から見つかるサンゴ化石群。
新第三紀、中新世にあたる1500万年前くらいに火山島周辺で発達していたサンゴ礁のものだとか。
造礁サンゴ類、底生有孔虫類、オウムガイ類、石灰藻類等の化石で構成されているようで。
南洋からフィリピン海プレートによって日本列島まで移動した事を示す生物化石も多いようで、プレートテクトニクスとかの良い例になってそうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

テンポ良く

チェーン店の牛タン屋、最寄り駅の駅ビル内にあるわw
何回か行ったことあるけど、ホント、柔らかいんだよなぁ。


つか、ストラ君って声高いんだな…w








例の小説!
久々やね…w

・開幕安らかに眠るへたれ
・あのデバイス欲しいw
・流石、空の人凄い情報集積能力
・くちばしでウィンドウを動かすカラーひよこ
・地雷を踏んで行くスタイルのへたれ
・SON☆KAI
・お小遣いカット及びハイパーもやし生活
・珍しく撫でてるw
・裏の状況が表に反映されていない不思議
・顔www
・流石に見かねる姐
・近年稀に見るデレ
・他の箇所も変化なし
・島内で変化があったのは、管理塔のみ
・お水は甘くなりません
・邪神に対する熱いネガキャン
・塔と結界の関係とか紐解かれていく感
・せ、せくはらだーーー!!!!
・姐さん、その表現どうなのwww
・特徴は間違ってはないんだけど…w
・内容の変態っぷりwww
・空の人、その発言もどうなのw
・魔道士に通報されかける姐www
・って、黄色いカナリア…お前もかwww
・これが某SSに繋がって…あいや、何でもない
・頑張れ影のへたれ
・さて、この状態が今後どのような影響を及ぼして行くかな…?
・新たに注がれたのがただの水でがっかりw
・結界によって姿を現せなかった?
・出てこられなかったのを逆手に取ったRPGや英雄譚の流れの演出だったのかなぁ
・出てこられなくても余裕そうだったし
・その辺りの事情は「待ってた」みたいな科白からも読み解けたのかなって
・トンネル状の結界って実は結界に穴開けただけ…
・神殿だけは結界を張れていないから魔女は姿を現せた
・塔は結界のコントロールタワーでもあった
・結界の中で動ける者だったから塔で攻撃できて、壊せた
・塔が壊れて結界が無効化した事で砲台街灯も使えるようになってしまったという理屈
・それまでの裏側での変化は結界によって表側に顕現しないようになっている
・だから宿の壁が壊れたりはしてなかった
・だけど、結界が効力を失った後に発生した街灯砲台による攻撃痕は表側に現れているのでは?
・今の所そういった描写は思い浮かばないな…あったっけ?
・神殿周辺のバトルによる影響も今の所語られていない
・気温下がったとか何ちゃらとかある筈…?
・最後にあった鉱物攻撃なんかの影響も見当たらないね…その辺も何か理由があった筈
・それが解き明かされれば、砲台攻撃痕とか神殿周辺のバトルの影響とかが表に出ていないのも納得できよう
・でも、あくまで砲台使えるようになって、手下も放てるようになったと言ってるだけで、表に影響が出るようになったとは言ってないんだよなぁ
・何層かある結界のうちの1つが無効化されただけなのか?
・それなら、一連の戦いで全く表に影響が出てないのも分かる
・強大な魔力を持つ魔女は本当に「どうしようもなくて」皆をまとめて引っ張り込んだのか?
・恣意的に引っ張り込んだのでは?
・この疑問、また後で答えが出てくるだろう
・「彼女の姿」はイルカの仕込みだったのかなー?
・ここもまた後で語られそう
・真名、言えちゃった
・炎の新魔女を見る目が意味深過ぎるwww
・魔法自体を乗っ取るという概念
・封印魔法を乗っ取ったのはイルカの真名を得て殺す為
・イルカに成り代わるというゴールを目指す為の道筋を描くだけでなく、邪魔が入った上で成し遂げられるように調整するというのは凄く難しい事だよね…凄い!
・真の力を取り戻すには、幾つものロックを解除する必要がある
・イルカの力は分散されているから、それを集めるフェーズに入っている
・力の継承者を守る必要があるという事だな
・これはパーティを力を守護する幾つもの守備隊と魔女を討伐する本隊に分けて行動する…とかになるのかな?
・ここで鉱物攻撃に聖域結界が効かなかった理由が明らかに
・聖域は無力になったが、どうやら、酒のお姉ちゃんが守りたい者は守れそうではある
・真名知られちゃってるから大切なものは迂闊には渡せない
・×スパイ ○スパイ予備軍
・一人称「僕」だった
・さらっと言ってるけど、彼氏に真名知られてるってさりげにアレ
・契約の事は秘密でした
・おっと、訪問者
・取り敢えず、うちのメンツのフラグは今の所見当たらないかな
・…とか思ってたらそっちにフラグきたwww
・まさかの内部から…w
・でも、それって一番危ない立場だよねw
・意識が浮上しつつあるの、魔女には速攻バレそう
・まぁ、バレても暫くは泳がされてそうだけど
・何だかんだで異世界を楽しんでいた…w
・人助けしたら目付けられました
・消耗していてロクに抵抗出来なかったパターン
・消耗してなくてもロクに抵抗できない気がする
・下僕組も町に繰り出しているようです
・精神世界での繋がりも今後更に描写されるのかなー
・囚われた下僕達も繋がってたのかな。今はどうなんだろう
・女子中学生と神様に「観光地で何を言っているんだろう」と思われてそうなメイドさん
・キャー///太っ腹!!///
・何とも厳禁で現金な本音…w
・神が良く死ぬ世界ですね!(人んちの事は言えない
・氷の神がお冷を啜る
・レ○プ目組も普通に飲食するんだなぁ
・最初の攻略目標は神殿だー!!
・下僕組の初手は決まったけど、鷺組の初手はどうするのかな…?
・ラッキースケベもお待ちしております((

・つか、とある病気って東方パロかwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

どんよりコート・ダ・ジュール

原子番号113番の元素、ニホニウム!!
元素記号「Nh」!!

また新たな1ページが刻まれた…。


で、どんな元素かな。
ホウ素やアルミニウム、タリウムと同じ13族…土類金属か。

どんなものに含まれたりするのかは分からんな。









F1モナコGP決勝!!

Q1で白煙を上げたナスルがエンジンダクトとパネルの交換、サスペンションのセットアップ変更を実施。
これによってピットレーンスタートになりました。

スターティンググリッド。
ポールポジションはダニエル・リチャルド/レッドブル
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
9番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
10番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

11番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
12番手からはエステバン・グティエレス/ハース
13番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
14番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
15番手からはロマン・グロージャン/ハース
16番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー

17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
19番手からはリオ・ハリアント/マノー
20番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
ピットレーンからはマックス・フェルスタッペン/レッドブル
ピットレーンからはフェリペ・ナスル/ザウバー


さて、モナコは雨がポツポツ降ってきています…!!

いや、結構水煙凄いな…。
…おっと、グロージャンがロウズ・ヘアピンで滑った。
まだレースは始まってないよ!
結構あの辺りが滑るのかしら。。


…おっと、本格的に降り始めたか?
カメラでも雨粒が見える。


グリッド上のエリック・ブーリエ。
笑顔を見せてるし、結構リラックスしてるな。


…おっ、あれはフラビオ・ブリアトーレか?
整形してるから分かりにくいんだよなぁ…。


ロイヤルボックス。
マッサとサインツJr.が握手した後に会話してる。
バトンもアロンソと話しながら笑顔。
和やかな雰囲気だね!

モナコ国王・アルベール2世と王妃・シャルレーヌ登場。
モナコ国歌!


終わった後、バトンとマグヌッセンが談笑してた。


さて、レースはセーフティカー先導でスタートするとの宣言が出ました。

グリッド・ボーイじゃなくてグリッド・ガールに戻ってるな…w


全車ウェットタイヤでスタートだ。
タイヤが暖まらない、低い温度&路面温度である…。
しかも、元々滑りやすいうえに雨で更に滑りやすい。


セーフティカー先導でフォーメーションラップ(?)スタート!


…右京さん誕生日なんwww
セーフティカーを運転するベルント・マイランダーも誕生日だとか。
彼も右京さんと同じ誕生日なのを知っているらしい。


クビアト、無線で早速のピー音www
状況についての話だったらしいが…周りのドライバーに対して文句言ってた?www


さぁ、1周目…ローリングスタートである。

あ、ミラボーコーナーの手前、木の葉がめっちゃ落ちてる。


1周目、クビアトがピットに。
ステアリングを替えていますね…操縦系のトラブルでしょうか。


…ん?
クビアト、まだダメなのか?
ピットに止まったままです。


3周目、ようやくクビアトがコースに復帰。
既に周回遅れです。

クビアトの無線、やっぱダメそう…。


4周目、クビアトがスローダウン。
セーフティカー先導の隊列にもついていけてない。

クビアト、再びピットへ。
…ん?
ピットをスルーした?
コースに復帰。
直ったんでしょうか。


5周目、クビアトのマシンは元に戻ったみたいだ。
隊列に追い付こうとスピード上げています。


6周目、クビアトは相変わらず、隊列に追い付こうと飛ばしています。
そのタイムはインターミディエイトタイヤで走れるくらいのもののようです。

マグヌッセンやハミルトンが無線でもうレース始めようぜコールしてるw


7周目、クビアトが隊列に追い付いた!
…依然として周回遅れだけど。

おっ、この周でセーフティカーが戻る!


8周目、改めて…スタート!!

マグヌッセン、早速ピットイン!
ウェットタイヤからインターミディエイトタイヤに替えた!

…おおっと、早くもセクター1で黄旗!

そして、ハミルトンがロウズ・ヘアピンで少し滑ってる!


…あっ、パーマーがクラッシュしてる!
あれは1コーナーのサン・デ・ボーテか?

セクター1の黄旗はこれですね…。


んで、セクター3ても黄旗出てます。


あーホームストレートにパーマーのものかな、パーツが散らばってる。


そして、黄旗がバーチャルセーフティカーに移行!


パーマーのマシンが撤去されます。
フロント部分が大破してる…結構な速度で突っ込んだか?

パーマーのクラッシュリプレイ。
ホームストレートにある横断歩道辺りで姿勢を崩してウォールに接触したようだ。
かなり旧に方向転換してウォールに向かってるな…。

横断歩道の白帯部分って滑るみたいで、そこでホイールスピンを起こして一気に滑ったみたい。


9周目、インターミディエイトタイヤに替えているドライバーがちらほら。
バトン、ナスル、クビアト辺りが替えてきてますね。

川井ちゃん「バトンのこういう時の勘良いんですよね!」
雨絡みに強くて「雨のバトン」とも言われてますしねw


10周目、バーチャルセーフティカー終了。
ロズベルグ対ハミルトンの2番手争い…ハミルトンがガンガン攻めてるな。
ロズベルグのペースがあんまり上がらないのか、ハミルトンが速いのか…。

おっ、ここでバトンがファステスト。


…あっ、セクター2で黄旗!
おっと、グロージャンがロウズ・ヘアピン辺りでストップ!

…って、ライコネンも近くで止まってた!
つか、ライコネンはフロントウィングが脱落してるし!!

フロントウィングがマシンの下に入り込みかけてるから、マシンのフロント部分がガタガタ浮いてるwww
フロントウィングが脱落したまま、無理矢理押して進んでるwww

ヌーベルシケインまで進んだ後、エスケープしてリタイアのようです。
ライコネン、勿体無いなぁ…。

ほう、ライコネンはロウズ・ヘアピンで曲がり切れなくてウォールに接触したようだ。
すぐ後ろにいたマッサが追突する寸前で止まった…危ない。。

んで、マッサは一旦グロージャンにかわされたけど、イン側にいたから再びグロージャンの前に出たのな。
で、マッサの前にいるライコネン(フロントウィング引き摺ってる)もグロージャンのイン側にいるな。
そのままグロージャンをかわして行こうとしてるのかな?

…あ、止まり切れなくてグロージャンを蓋したw
ライコネン、グロージャン、ストップ。
マッサはちょっと止まったライコネンをつついたような…www

グロージャン無線。
「あいつは何やってんだ!」
そしてピー音www

マッサのオンボードリプレイ、中々カオスな感じでしたね…。
マッサ自身もロウズ・ヘアピンで曲がり切れずに膨らんでいたような感じだったけど。


13周目、ライコネンのクラッシュはレース後審議に。

トップのリチャルドと2番手ロズベルグの差が8秒に開いてる。
ロズベルグ、どうした…。


14周目、セクター2で黄旗だ。

リプレイ出ました。
ナスルがライコネンの落とし物を踏んずけていったみたいですね…。
あれはパンクの危険がある。

サインツJr.対ペレス。
どちらもプールサイドシケイン辺りでマシンをフラフラさせてるな…。


ウェットタイヤとインターミディエイトタイヤのラップタイム差はほぼイーブンくらいらしい。
もうすぐインターミディエイトの時間ですかね。


16周目、ボッタスがピットイン!
…ん、ちょっと作業遅いな。

ハミルトンがロズベルグの前に出て、2番手に。
ペースの上がらないロズベルグが前を譲ったようだね。


…ん?
マッサとベッテルが抜きつ抜かれつ?

…あぁ、ベッテルはマッサに仕掛けたけど、止まれなくてヌーベルシケインをカットしてたのか。
それで順位戻したのね。


18周目、マッサが若干ヌーベルシケインカットしてるなぁ。
やっぱり、あの辺りはかなりタイトみたいですね…。

その後ろにベッテル、ヒュルケンベルグ、アロンソが数珠繋がりで続く。


後方では、フェルスタッペンがお追い上げモードみたいです。
ナスルをかわして15番手に上がってきてますね。

ん、バトンがウェーレインをかわして11番手。
マクラーレンはダブル入賞なるか?

そして、12番手のウェーレインを先頭にボッタス、フェルスタッペン、マグヌッセン、ナスルが数珠繋がりになっている。
バトンはその集団の中にいた訳か。
これでペースを上げられそうかね。


…おぉ、フェルスタッペンはサン・デ・ボーテでマグヌッセンのインを突いて14番手に上がっていたのか!
あそこはヌーベルシケインと同じく最大のオーバーテイクポイントのひとつだけど、ヌーベルシケイン同様にミスやクラッシュをしやすい場所でもある。
これは、やるな…!


20周目、ボッタスがウェーレインへのオーバーテイクを試みています。

…あっと、姿勢を崩してヌーベルシケインを少しカットしてしまいました。
前には立ったけど、シケインカットで前に出てしまったから、順位を戻さないとペナルティだ。
…って、あら、シケイン通過後にフェルスタッペンがウェーレインの前に出てる。
あらら、これはボッタスにとってはアンラッキーだ。
ボッタスはウェーレインを前に行かせる為にフェルスタッペンも先に行かせないといけない。
結果的に元々の位置より1つ順位を落とす事になる。


さて、ボッタスはフェルスタッペンとウェーレインを前に行かせましたね。
その後ろから隙を伺っていたマグヌッセンはしっかりとブロックしています。
フェルスタッペンには出し抜かれたけど、彼には出し抜かれたくないだろうからね。


…おっと、セクター1で黄旗!

ここでマッサがピットイン!
タイヤ交換時間は2.7秒…はやっ。
濡れた路面でもこのタイヤ交換の正確性。
ウィリアムズは本当にピットストップを改善してきていますね。
昨年までウィークポイントの一つだっただけに、本当に凄い。

これで後はマシンがダウンフォースを得られて、低速のセクションも速くなってくれれば…。


そして、黄旗解除。

…と、思ったら、今度はセクター3で黄旗!


あぁああ…クビアトとマグヌッセンがラスカスで揃って駐車しとる。。
ラスカスは駐車場じゃありません!

マグヌッセンがクビアトのインを突こうとしてたんですかね。
マグヌッセンがバックして復帰。

クビアトもバック…あれ?
何かちゃんと下がらないな。
カクンカクンしてる。

左フロント辺りにダメージがあるのかな?


リプレイ。
マグヌッセンとクビアトは既にプールサイドシケインで接触してたのか。
その後、クビアトが態勢崩して突っ込んでた…。

マグヌッセンの無線、ピー音出ました!


ラスカス駐車場www
ラスカスは駐車場じゃありません!


22周目、何やら上位の方が混雑しています。
ロズベルグ、ベッテル、ヒュルケンベルグの隊列にピットから出てきたペレスとサインツJr.が合流。
ロズベルグ、ペレス、ベッテル、ヒュルケンベルグ、サインツJr.という隊列なりました。


ペレスが何気にベッテルの前だ。
サインツJr.も良い位置にいるな。


フェルスタッペンがさっきからファステスト出して追い上げてますね…。
濡れたモナコでも非常に元気が良いです。
まぁ、レッドブルはダウンフォースマシンだし。


22周目、クビアトとマグヌッセンのラスカス駐車場事件は審議に。
…まぁ、クビアトだけが対象みたいだけど。


おっ、太陽が出てきた。
だいぶ路面も乾きつつあるな。

この時点ではリチャルド、ハミルトンのトップ2、そしてウェーレインがまだウェットタイヤで走行しています。
おっ、リチャルドがピットに入った!
インターミディエイトタイヤか。
この後雨が降らなければ、ドライタイヤへの交換が待っていますね。


24周目、ここでDRSが使えるようになった!

雨は止んでるみたいだし、海の方が青空見えてるっぽい。
日射しも出てきてるな。


フェルスタッペンがバトンに仕掛けた…上手く行ったようだ。
これでフェルスタッペンが10番手、いよいよポイント圏内に入ってきました。
このモナコでピットレーンからスタートしてポイント圏内に入ってきた、いやぁ…勢いがありますね!


26周目、セクター2の乾き早いね。
ミラボーやロウズ・ヘアピン辺りが既に乾いてるな。


27周目、フェルスタッペンがグティエレスの後ろにぴったりくっついています。
本当にペースが速いな…。
これはグティエレスもかわしそうですね。
まぁ、マシンに差があるし…。


おっと、リチャルドもハミルトンに引っ付いてる。
このトップ争いは熱いぞ…。
ハミルトンはスタートから履いてるウェットタイヤ、リチャルドは途中で替えたインターミディエイト。
タイヤの性能はもう路面が乾き始めてる頃だし、リチャルドが上か。
タイヤの履歴で見てもリチャルドの方がフレッシュだから断然ペースが良い筈です。


ラスカスでエリクソンがボッタスに軽く接触してる。
あれはちょっと辛い感じですかね。
取り敢えず、ダメージなさそうで良かったな。


29周目、ロズベルグがようやくセクター1でファステスト。
路面が乾いてきて少しペースが改善したんでしょうか。

…あ、グティエレスがファステストラップ出した。
フェルスタッペンに追われているグティエレス。
簡単には抜かさせないという事ですかね!


30周目、おっと危ない!
フェルスタッペンがトンネル内で姿勢を崩しかけた!
これは怖い!!
トンネル内でクラッシュしたら、ピンボール状態になる…と川井ちゃん。
過去にトンネル内でピンボールやっちゃった事があるマッサ…w


31周目、エリクソンがドライタイヤ…ウルトラソフトに替えた!!
そろそろドライタイヤも視野か…。

…もう空は青空ですね。


ペレス、バトン、マグヌッセンと続々とビットに入って行きます!
ペレス、バトンはソフトタイヤで最後まで確実に走り切ろうという事ですかね。
マグヌッセンはどのタイヤにしたんだろ。


32周目、まだまだ続々とピットイン。
ボッタス、グロージャン、そしてハミルトンがピットインしてきました!
ハミルトンはウルトラソフト!
良くスタートから履いてるウェットタイヤで持ち堪えたなぁ。

後続のロズベルグ、ベッテルもピットイン…皆ドライタイヤに替えて行ってます!
…ん、ロズベルグのタイヤ交換、左フロントが遅れてる!
ペース不足のうえにこのタイヤ交換時間3.3秒は痛いな…。
あ、しかも、中古のウルトラソフトなんか。

ボッタスがこのレースの最速タイヤ交換時間2.43秒を記録したのはこの時かな?
多分4、5戦くらい連続でウィリアムズが最速タイヤ交換時間記録してるんだよなぁ。
それだけじゃなくて、上位がほぼウィリアムズだし。


…おっと、ヒュルケンベルグがピットレーン出口で滑ってる。
ライン越えてるな…。


33周目、ここでリチャルドがピットイン!

…ん?

タイヤが用意されてないよ!!
やっちゃった!!

慌てて出てきたスーパーソフトはタイヤウォーマーもつけっぱなし!
しかも、右リアが遅い…!

リチャルドのタイヤ交換時間、13.6秒。


ハミルトンが最終コーナーに差し掛かったぞ!
やっと発進したリチャルド。
トップで戻れるか…?


さぁ、リチャルドがコースに復帰!
その横をハミルトンが駆け抜ける!

1コーナーをほぼ同タイミングで曲がって行った…。
当然、通常のコースを走っているハミルトンの方が加速が良い…ハミルトン、僅かな差でトップに!!
リチャルド、痛恨のタイヤ交換遅延で2番手…!!


そしてアロンソがピットインしたようだ。


怒りの川井ちゃん!


あれ、アロンソも地味にタイヤ交換に5.2秒かかってる…。


…おっ、ペレスがファステスト。
今、3番手かな?
表彰台が視野ですね!


ハミルトンのリプレイ。
少しタイヤロックさせたり、プールサイドシケインを少しカットしてたり。
かなり急ぎ足だったみたいだ。


セクター2で黄旗!

あっと、ミラボーでマグヌッセンが止まってるー!!
壁に刺さってます。

…あっ、フロントウィング落ちてたわ。
落ちたフロントウィングを迅速に片付けるマーシャル。
流石ですね!


34周目、トップ争い!
ヌーベルシケインでリチャルドがハミルトンに仕掛けています…!
いや、でも、あれは厳しいな。
ライン以外の所はまだ濡れてるから、得意のブレーキング勝負に持ち込むにはまだリスクが高いよなぁ。


おっと、セクター1で黄旗!

…あっ、フェルスタッペンがストップ!!
毎日壁に当たってるフェルスタッペン…。

バーチャルセーフティカー!!


36周目、マグヌッセンがガレージに戻っていました。
ふむ、リタイアか。
ルノーは店じまいですね。

アロンソ、現在密かに5番手。
今季の最高位ですね…。


37周目、…ん?
何、現地解説の川井ちゃんの元にゲストが?
英語?
ミカ?

川井ちゃん「右京さーん。」

右京さん「はいはいー。」

そして紹介されたのは…


えっ、ミカ・ハッキネン?!
マジかよ、ビッグゲストだwww
2度のワールドチャンピオンが来るとはwww


37周目、ハッキネンが喋ってるのに横で「おぉう!」とか言っちゃう川井ちゃんwww
リチャルドが姿勢を崩してたからとは言え…。

ちゃんと聞いてた?川井ちゃん?


ハミルトンがヌーベルシケインを少しカットしてる…。
おっ、リチャルドが並ぶか?
…あっと、壁ギリギリだ。
危うくハミルトンと壁に挟まりかけたリチャルド、抗議の手を挙げる。

リチャルドの無線、ピー音入りましたぁ!


リプレイで見るとリチャルドのリアがめっちゃ流れてるのな。
危うく壁に当たる所だったな…。。


ハッキネンを侍らせる川井ちゃん。

ハッキネン「レースは抜けなければ怒るだけだよ。」
フライング・フィンの名言www
右京さんも同意しております。


ハッキネンにレースは決まったようなもんだと言われるレッドブルのミス。


あれ、ハッキネン、もう退席しちゃったのか…残念。。


ほう、予選後に訪ねてきてたのかwww
明日も来るわ、バイバイってwww
そしてホントにきた、と。

土曜にGP2終わってさっさと帰った亜久里さんwww
何故来なかったwww

ヨス・ザ・ボスきたら大変だわwww
息子の事で話が長くなりそうwww

川井ちゃん、通訳係したくないからゲスト呼ぶの拒否る。


43周目、何気に10番手なマッサ。
ポイント獲得できるかなー?


ペレス、3番手を維持。
その後ろをベッテルが追いかけています。
…あ、ボッタスを周回遅れにしそう。


…ん?
ウェーレイン、バーチャルセーフティカーの時に速度オーバー?


アロンソまだまだ5番手!
ロズベルグ、ヒュルケンベルグを引き連れていますね。


45周目、リチャルドとハミルトンのヌーベルシケインの件は審議はお咎めなしに。


46周目、ウェーレインに10秒加算ペナルティ。
バーチャルセーフティカー中の速度違反の件。


サインツJr.がヌーベルシケインの縁石でフロントウィング翼端板をぽろり。
お、落とし物だぁ!!


47周目、ウェーレインにブルーフラッグ無視で審議。


ん、セクター2で黄旗!


ペレスがセクター1、セクター2で全体ベスト!
ベッテルから逃げているな…。


49周目、右京さんwww
次のゲストにポール・ヘンベリーをご所望www
話しすぎるからダメと却下www


ナスル無線。
続いて、エリクソン無線。
エリクソンの方が速いから順位を入れ換えるって話ですね。
前に出してみて、エリクソンが遅かったら戻すという事でナスルに話が入っています。


ペレス、ファステスト!
ソフトタイヤで調子が良いようだ。


50周目、あーっと!!
ラスカスでナスルとエリクソンが接触!!
かやくぶちまけた…黄旗!!

やっちゃいけない、チームメイト同士の接触。
フェラーリ、メルセデスに続いて3組目だ。

川井ちゃん「お金ないんだからぁ、フロントウィング壊しちゃ勿体ないでしょ。」
一応、2台共動けるみたいです。
この同士討ちでナスルがピットイン。

バーチャルセーフティカー!

マーシャルがかやくのお掃除中。


ナスル無線。
「何でマーカスはあれやったんだよ!」
川井ちゃんwww殴り合いの喧嘩した方が良いってwww


51周目、ボッタスがピットイン!
ウルトラソフトへ交換。
最速タイヤ交換ってどっちだ。


ナスルはストレートで譲る事になっていたようだけど、エリクソンが間違えたのか、待ち切れなかったのか、仕掛けてしまったようだな。
まぁ、ドライバーは隙間があれば仕掛けるものだけど。


バーチャルセーフティカー終わり!


ナスル無線。
ん、車の中で煙が…?


エリクソンもピットに入っていた模様。
出てきましたね。


52周目、ナスルがピットへ。
マシンから微かに煙が出てるな。
左側からだろうか…。
でも、ヒットしたのって右側だったよな??


ハミルトン対リチャルド!
2台が周回遅れのハリアントをかわした後、ヌーベルシケインへのブレーキングでリチャルドが仕掛けていった!!
川井ちゃん「イクッ!イクッ!」

おぉ、ここはハミルトンが抑えきった!
ハミルトンはトンネルの入り口でラインを外してハリアントをかわしていたからか、トンネル内のスピードの伸びが悪くてリチャルドの接近を許したみたいだ。

…ん、ラスカスでリチャルドが少しロック。
攻めていますね。


54周目、ナスルとエリクソンの接触は審議。
結局、ナスルはリタイア。


ハミルトンがペース上げてるな。
リチャルドを引き離してきています。


55周目、エリクソンがピットに。
エンジンを止めてリタイアですね。
ザウバー、店じまいです。


5番手争いは相変わらずアロンソ、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ。
そこにサインツJr.が追い付いてきています。


58周目、ラスカス駐車場に駐車するグティエレス。
壁には当たってないよ!
ミハエルの真似かな?
元祖(?)ラスカス駐車と言えばシューマッハ。

ミハエルのラスカス駐車はわざとじゃない、と右京さんの弁。


…ん?
ロズベルグとアロンソの順位が変わった…と思ったら戻った?
成程、ロズベルグがヌーベルシケインで飛び込んだけど、シケインカットしたから順位を戻したのか。

おっ、5番手争いにバトンが近付いてきたな…。
凄い連なってるよ。


61周目、バトン無線。
…また雨降るん?
予想は残り8周辺り。


63周目、…ん?
グロージャンの左フロントサスに何か引っ掛かってるのか?


リプレイで見るとむちゃくちゃ汚れてるのが分かるリチャルドのマシン。


ベッテルがファステストでペレスを追う!
3番手争いも接戦になるか…?
今の所だと少し差があるけど。


65周目、ベッテルが左フロントロックさせて膨らんだ!
危ない、壁には当たらなかった!
フェルスタッペンがクラッシュした所と同じ場所でしたね…。


ハミルトンとリチャルドの差は2.5秒に広がっています。
勝負はついたか?


67周目、フラビオ・ブリアトーレの話。
川井ちゃんも一瞬気付かなかった整形後フラビオ・ブリアトーレ。
面影はあるけど、劇的に変わってるからなぁ。


68周目、ハミルトンが何か踏んだ?
捨てバイザーですかね?

…ん、1コーナーのサン・デボーテ付近で上から黒っぽい落下物が…。
ビニールシート?


ベッテル無線。
気を付けろって、あの落下物の事かな?


ここでバーチャルセーフティカー!
あの落下物回収の為か。


…いつの間にかマッサも周回遅れになってた。


バーチャルセーフティカー終わり!


リプレイでマーシャルが灰色のビニールシート回収。
オートバイのカバーか何かでしょうか?


71周目、アロンソ無線。
雨来た?雨来た?


72周目、ここでハミルトンがファステスト!
リチャルドとの差が3.1秒くらいになってきた。


オンボードでも国際映像でも少し雨粒らしき水滴が見え始めてます。
どれくらい降るのでしょうか。


73周目、ハミルトンがバトンを周回遅れに。
9番手まで周回遅れだよ…。

ミラボー、ロウズ・ヘアピン辺りのカメラに水滴付いてるな。
セクター2から降り始めてきているようですね。

ハミルトンとリチャルドの差は3.3秒に広がった。
リチャルドの左フロント、筋がくっきりと浮かんでいて、とても劣化してきているようだ。
これはもうハミルトンのペースについていけないか。


ペレスとベッテルの差は1秒にまで縮まっています。
3番手になるのはどちらでしょうか?


ライコネン、フロントウィングが壊れたまま走ったから怒られる。
審査委員会に呼び出し食らってるようだ。

そして、ちょいちょい映るフェルスタッペン。


意外ともっちゃうウルトラソフト。
40周以上走れてますね…。
もっと、こう、高グリップで劣化が激しいのかと思ってたけど…。
いや、カナダはまた分からないけど、少なくとも、モナコではまだまだ固いタイヤみたいだ。


77周目、サインツJr.無線。
雨の話。
つっても、劇的に降らなければ、もう影響ないでしょ。


ハミルトンのオンボードにも水滴が沢山ついてきています。
やっぱり、ミラボーやロウズ・ヘアピンのセクター2辺りで多いね。


ハミルトンとリチャルドとの差はもう5秒以上に。
クラッシュでもしなければもうひっくり返りませんね。


78周目、ファイナルラップ!
サン・デボーテとかセクター1辺りにも雨が来てるみたいだ。

ハミルトンの前にロズベルグとヒュルケンベルグが。
ロズベルグ、殆ど周回遅れじゃん。


ハミルトン、今季初優勝!
実に去年のアメリカ以来の優勝は自身のカーナンバーに並ぶ通算44勝目。
そのメモリアルを伝統のモナコで達成しました!!

ポールスタートのリチャルド、まさかのピットミスで悔しい悔しい2位。

ペレスが今季初の表彰台となる3位!
メキシコ人としては初めてモナコの表彰台に立ちました!

アロンソ、最後にヌーベルシケインをカットしてたw
優勝者を讚えて、一斉に船の汽笛が!


アロンソ、今季最高位の5位でチェッカー!


リチャルド無線。
非常に落胆した声音です。

チェッカー直前にヒュルケンベルグがロズベルグをかわしてた!
ヒュルケンベルグが6位、ロズベルグは7位!
ニコニコ同士で順位入れ換え。


マッサ、なんとか10位!
ボッタスがポイント圏外の11位フィニッシュなので、今季毎戦ポイント獲得している唯一のドライバーになってしまいました。
これで両ドライバーが毎戦ポイント獲得しているチームがなくなった。


がっくりと肩を落としているリチャルド。
ハミルトンは大喜びだ!

ハミルトン、めっちゃラフな格好をしてるお兄ちゃんと握手。
レース後半もちらっと映りましたが…カナダのポップミュージシャン、ジャスティン・ビーバーだそうです。
ハミルトンのお友達みたい。

ハミルトン、さっきもチームクルーに抱き付きに行っていたが、再びチームクルーに抱き付きに行く。
更にまたジャスティン・ビーバーと立ち話。


普段はニコニコしているリチャルドも流石に落胆しきった表情。
スペインGPに続き、またしても優勝が指の間から滑り落ちて行った。


モナコ国王、アルベール2世からサーキットの形をしたトロフィを受け取るハミルトン。
嬉しすぎて上に放り投げてるwww
アルベール2世もおぉっといった表情w

モナコ王妃・シャルレーヌ王妃からトロフィを受け取るリチャルド。
でも、表情はやっぱり冴えない。

3位のペレスにトロフィ渡してる人は…Louis Ducruet?
ルイ・デュクリュエという人のようですね。
母が公女…公室の方みたいですな。
公位継承順位10位の方。

チェココールに笑顔で応えるペレス。


デジタルじゃない国旗、やっぱりこうじゃないとねw
イギリス国歌。
そして、F1公式テーマソング…いつもの国歌。


喜びのハミルトンとペレス。
マジ凹み中のリチャルド。

集合写真の時だけは少し笑顔になるリチャルド。
流石、プロだ。


シャンパンファイト!
まず飲ませるハミルトンwww
ジャスティン・ビーバーに飲ませてるwww

リチャルドは早めにシャンパンファイトを終えています。


表彰台インタビュワーはマーティン・ブランドルおじさんか。
リチャルドをめちゃめちゃ気遣ってるハミルトン。

リチャルド、ホントに辛そう。
レースについては話したくないと言いつつ、質問されて答えざるを得ない状況に。
ピットに入る指示があったから入ったらタイヤが用意されてない!
これは絶望だわ…。

ペレス、でかいメキシコ国旗を肩からかけてる。
ポーズがメキシカンマフィアみたいだw


リチャルドとペレスが話してる。
元気付けてるのかな?


ハミルトンが流れを取り戻したのはピアスを外したから…?!
あのピアスは力を抑える拘束具だったのか…!!www


エリクソンはナスルとの接触により、次戦カナダGPで3グリッド降格ペナルティを課されました。
また、クビアトもマグヌッセンとの接触により、カナダGPで3グリッド降格ペナルティ。


結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
4位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
5位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
7位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はジェンソン・バトン/マクラーレン
10位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12位はエステバン・グティエレス/ハース
13位はパスカル・ウェーレイン/マノー
14位はロマン・グロージャン/ハース
15位はリオ・ハリアント/マノー

リタイアは…
マーカス・エリクソン/ザウバー
フェリペ・ナスル/ザウバー
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ケビン・マグヌッセン/ルノー
ダニール・クビアト/トロロッソ
キミ・ライコネン/フェラーリ
ジョリオン・パーマー/ルノー


ボッタスはグティエレスとの接触で10秒加算ペナルティを受け、グティエレスと順位が入れ替わりました。
ウェーレインもバーチャルセーフティカー中の違反による10秒加算ペナルティがある為、グロージャンと順位が入れ替わっています。


最終結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
4位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
5位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
7位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はジェンソン・バトン/マクラーレン
10位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はエステバン・グティエレス/ハース
12位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
13位はロマン・グロージャン/ハース
14位はパスカル・ウェーレイン/マノー
15位はリオ・ハリアント/マノー

リタイアは…
マーカス・エリクソン/ザウバー
フェリペ・ナスル/ザウバー
マックス・フェルスタッペン/レッドブル
ケビン・マグヌッセン/ルノー
ダニール・クビアト/トロロッソ
キミ・ライコネン/フェラーリ
ジョリオン・パーマー/ルノー


ドライバーズランキング
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(106Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(82Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(66Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(61Pt)
5位:ベッテル/フェラーリ(60Pt)
6位:フェルスタッペン/レッドブル(38Pt)
7位:マッサ/ウィリアムズ(37Pt)
8位:ボッタス/ウィリアムズ(29Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(23Pt)
10位:クビアト/トロロッソ(22Pt)
11位:グロージャン/ハース(22Pt)
12位:アロンソ/マクラーレン(18Pt)
13位:サインツJr./トロロッソ(16Pt)
14位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(14Pt)
15位:マグヌッセン/ルノー(6Pt)
16位:バトン/マクラーレン(5Pt)
17位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
18位:グティエレス/ハース(0Pt)
19位:パーマー/ルノー(0Pt)
20位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
21位:ウェーレイン/マノー(0Pt)
22位:ナスル/ザウバー(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(188Pt)
2位:フェラーリ(121Pt)
3位:レッドブル(112Pt)
4位:ウィリアムズ(66Pt)
5位:フォースインディア(37Pt)
6位:トロロッソ(30Pt)
7位:マクラーレン(24Pt)
8位:ハース(22Pt)
9位:ルノー(6Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:マノー(0Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトシト空を切り開く

ここ数日、帰ってきてすぐ寝ちゃったり、体調崩したりしてましたが……日曜に関東地方も梅雨入り。
もうこの季節ですか。
蒸し蒸しジメジメベタベタするのももうすぐですか。


16red_bull_air_race_216red_bull_air_race2_2
そんな中、行ってきました、レッドブル・エアレース!!

去年は土曜日の予選だけだったけど、今年は決勝。
中々2日間は行けないねぇ。


良い所は、近いから結構気軽に行けちゃう所だね。


朝に雨が降ったみたいだけど、昼頃はこの通り。
去年の予選日も似たようなものだったな…。
まぁ、開催時期柄しょうがないんだけど。


16red_bull_air_race3_2
レーストラックはこんな感じで…まだ風が強くて波が高いです。


来るのがギリギリだったので、着いた頃に丁度決勝の第1回戦「ラウンド・オブ・14」が始まった所でした。


16red_bull_air_race416red_bull_air_race5
丁度来たので。
国際映像のカメラが映ってますが…。


改めて、めちゃめちゃ高度低いですよね。
そこを最高時速370kmで飛ぶんだから、凄い。


…あれ、去年とコース変わった??
と思ったら、ホントに変わってた。


そして、早速パイロン(コースに立ってるでかいコーンみたいなやつ)にヒットして切り裂いちゃった所を見る事に。
リプレイで見ると、風で機体が流された感じに見えた。


16red_bull_air_race7
14名いるマスタークラスの中でただ一人の日本人選手、室屋義秀選手のフライト。
まぁ、14名しかいない中に入るってのがまず凄いですが。


16red_bull_air_race8
室屋選手の「バーティカルターン」と呼ばれる宙返りの場面。
通称「幕張ターン」だとか。

もう一つ、水平ターンがあるけど、そっちは通称「千葉ターン」。


16red_bull_air_race9
今年のリストバンドとレッドブル シュガーフリー。


16red_bull_air_race10
「幕張ターン」前ゲートとQVCマリンスタジアム(右)、スカイツリー(左)。


室屋選手、アタック時にスモークが出なくて1秒加算ペナルティを喰らったけれど、無事に(?)「ラウンド・オブ・14」を通過。
まぁ、対戦相手のピート・マクロード選手に違反があったからなのだけれど…。
それにしても、1秒ペナなくてもそこそこ良いタイムでしたよ、えぇ。


次は15時からかー。
ちょっと会場内を歩いてみるかね。


16red_bull_air_race11
千葉には「千産千消」というスローガン(?)があってだな。

ホンビノス貝、いつかの新聞に書いてあったな…肉厚で結構歯応えがあります。
うん、美味しいよ!


16red_bull_air_race12_2
昨年、ポルシェか何かが走ってたエリアがパブリック・ビューイングになってました。
地域の人にももっと理解してもらおうというものですな。


16red_bull_air_race13
トリュフバーガー(


お祭り価格な訳だけど、高級食材が入ってると易く感じるマジック。


16red_bull_air_race14
おっ、チーバ君さんや!!
チーッス!!


さぁ、2回戦目「ラウンド・オブ・8」が開始だ!!

16red_bull_air_race15
この頃から日差しが出てきたりなんだりする。
帽子被ってくれば良かったな…。。

レッドブルキャップでも良いけど、割とレッドブル・レーシングのチームウェア着てる人多いから、フェラーリ時代のマッサキャップ辺り…(


室屋選手写真集(
16red_bull_air_race16


16red_bull_air_race17
「幕張ターン」の所。


16red_bull_air_race18


確か、全部室屋選手の機体だった筈…(暗くて鮮明じゃないので…。。


室屋選手、このラウンドでは現在ポイントランキング1位のマティアス・ドルダラー選手との対戦。
先攻の室屋選手が1分4秒台の良いタイム。
ドルダラー選手は途中まで室屋選手を上回るタイムだったけど、途中で違反があって室屋選手が第3回戦「ファイナル4」に進出!


今回、最大重力10Gを越えてはいけないという「オーバーG」の違反を取られてアタックを抹消される選手が本当に多かった。
「ラウンド・オブ・14」のマクロード選手もそうだし、ドルダラー選手もそう。

2つのターンがタイトな事もあると思うけど、きっと風が強いのもその要因だったのだろう。


そして、優勝が決まる最終ステージ「ファイナル4」。
4人が1回ずつアタックを行い、そのタイム順で順位が決まります。


16red_bull_air_race1916red_bull_air_race20
室屋選手は2番目のアタック。

ここでまずは1分4秒台を出して後続の2人にプレッシャーをかけておきたい所。


おぉ…!!
室屋選手、渾身のフライトで1分4秒台に乗せた…!!
これで、まずは表彰台が確定。
後は場所ですね…。


3人目、第1セクター速いな…。
マイナス表示だ。

国際映像にはトップタイムを出している選手のゴーストプレーンが出てくるんだよね。
それがかなりドキドキする。
第2セクター後半は室屋選手がかなり良いようだ。
第3セクターでギャップが0.0秒フラット…www
差がないなんて、早々あるもんじゃねーだろw

おぉ、逃げ切った…室屋選手、2位以内確定!!


さぁ、最後の4人目。
今大会で最速タイムを出している、マルティン・ソンカ選手だ。

あー、ドキドキだね!
やっぱり第1セクターは速いな…。
第2セクターの後半はやっぱり室屋選手のライン取りが良いようだ。
プラス表示…そのまま行け…!!

第3セクターで盛り返してきた!!
マイナス表示か…。
後は最後の「幕張ターン」とパイロン1本のみ…。

現物よりスクリーンを見てしまうワレワレ。


…あ、プラス表示だ!!

室屋選手のタイムがソンカ選手のタイムを上回った…!!


室屋選手、優勝!!


最後の2人の所なんて、ドキドキしたね…久々に緊張したわ。
室屋選手が優勝した時なんて、ツイートする手が震えてたもんね…。


しかし、流石に最終ステージ。
全員が違反を犯さず飛んで行きましたね。
ここまで来たら違反する訳には行かないよなぁ…。
緊張感とプレッシャーがある中で、凄い事だ。


16red_bull_air_race2116red_bull_air_race22
室屋選手、25年にも渡るキャリアで初優勝を母国で決めました!!


去年はコースレコードを記録、今年は優勝…さて、来年はどうなるのかな!!


16red_bull_air_race23
…スクリーンに一瞬映って気付いたんだけど、富士山がうっすらと見えてました。
まるで祝うように…とか思うけど、風が強かったからですかね。


16red_bull_air_race24
レース後のトラック。


16red_bull_air_race25
もう1回富士山方面。


16red_bull_air_race26
スカイツリー方面。
「天使の梯子」も見えてますね。


歩数(ポケウォーカー調べ):11542歩







尚、この後同僚と飲みに行きました(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

大荒れ湾内

そうか……男子バレー、五輪行けなかったか…。
男子は中々行けないなぁ…。
うーん。


そういや、今日はエアレースの予選日だったけど…強風と高波で中止に。
決勝はやるのね、一騎打ちの組み合わせも決まってるし…。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


東京都
石:無人(むにん)岩(小笠原諸島父島等)
鉱物:単斜エンスタタイト(小笠原諸島父島等)
化石:トウキョウホタテ(東京層)


無人(むにん)は小笠原の古名から。
父島列島や聟島列島にあって、約4800万年前(古第三紀、始新世中期頃)のものなのだとか。
火山岩の一種で、マグネシウムの含有量が非常に多いタイプの安山岩なのだとか。
これは通常の安山岩に含まれる斜長石がなく、代わりに単斜エンスタタイトが含まれているからだとか。
もう、それだけで特殊だなぁw

鉱物
輝石の一種。
エンスタタイトと何が違うのかというと、結晶系の違いみたいですね。
単斜晶形のエンスタタイトだから単斜エンスタタイト…あ、まんまやw
隕石に良く含まれている成分らしく、日本では小笠原諸島でしか産出しないんだとか。
…無人岩に含まれている鉱物が「東京都の鉱物」かw

化石
1906年に東京都北区王子にある東京層から発見された二枚貝の化石。
ホタテ言うてるし、確かに似ているけど、ホタテとは別種で、既に絶滅している種類らしい。
台湾等の鮮新世から更新世の地層でも見つかっているようですね。
新第三紀、第四紀頃にいたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

高級を庶民へ

眠い眠い眠い眠い眠い眠い。。








何か、コンビニのポテチ売り場が高級なのと変なので賑わってた…w


Poteto_caviar
幻のあの味、再び!
ポテトチップス キャビア味


めっちゃおフランス風なパッケージ。
「熟成されたキャビアの味わい」…って、キャビアって熟成されるようなもんだったっけ。。


Dajyare_caviar
何処からどう突っ込もうか…w


謎の強調w、何故その発想になるのか…w、ダジャレw


どうした、山芳さん…www


Caviar
そして、キャビアのキの字もなかった…w

辛うじてパッと見て分かるのがエビって…w


取り敢えず、キャビアってチョウザメの卵の塩漬けなんで、塩味ではありますねw
後、すっごいエビみたいな味しましたw
そりゃあ、エビペーストパウダー入ってるし…www


何だこれ何だこれwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

大空の覇者

夕方から寝てた…。











1464909419407.jpg
今年も行くよ、レッドブルエアレース!

直前に買ったから、ちょっとお高い方のエリアだよ。

去年は例のイベントがあったから土曜の予選だけ。
そして、今年は例のイベントが早めにキャンセルされたから土曜行けなくて日曜の決勝だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

コロッと騙される

久々に鮎の塩焼き食べたなぁ。







Miracle_fruit
ミラクルフルーツ!!


んで、今回用意したのが、レモン(国産)
Kokusan_lemon
広島…ではなく、愛媛県産である。


さて、このミラクルフルーツ。
種を舌の上で1分くらい転がすと良いらしい。

…ちょっと皺々しちゃってるけど、大丈夫やろw


まず、皮を剥がないとダメやんね。
そういうの、苦手やわぁ。


……(もごもご


つか、ミラクルフルーツ自体にはほぼ味がないのね。
ちょっとした渋味がある程度か。


さて、レモンも食べやすいように切ったし。
Iza_lemon
いざ…。


んんんん。


割と酸っぱいな…思った程甘くない。
でも、確かにその兆候はある。
っていうか、酸っぱさが軽減されてる。

これはやり方がマズかったのか、新鮮じゃなかったからか…w


あ、そうそう。
右側だったかな…舌の端の方は甘味が強くなった。
確か、場所によって強く感じる味覚が違った筈…甘味はどの辺だったか。


…それにしても、舌が騙されてるだけだから、普通に胃には酸味のダイレクトアタックが来てるなw


さて、4等分したレモンの3等分目。
…あ、もう効果薄れてきたのかな。。
酸っぱさが増してきた。


効果は体質や状況等にもよるけど、30分〜2時間時間は続くそうです。


…どう考えても30分も経ってないんですがw

さて、このように酸っぱいものが甘く感じるのは「ミラクリン」という特殊な糖タンパク質の効果だそうで。
味覚修飾物質とも言われているようですね。

ミラクリンが舌の味を感じる器官「味蕾」の甘味受容体と結合、苦味や酸味のある食べ物を甘く感じさせるのだという。
具体的には、酸味を持つ食べ物を食べると、水素イオンがミラクリンと結合して構造を変化させ、甘味受容体を活性化させる事によって甘く感じるようになる…との事。

尚、たんぱく質だから、100℃以上に加熱したり、酸性や塩基性に偏ると弱くなるとか。
また、カルシウムイオンやマグネシウムイオンも作用を阻害してくる天敵みたいです。

…あれ、レモンとかって酸性じゃなかったけ。
あの程度は大丈夫なのか?


という事で、何とも中途半端な状態ですが…何となく実感は出来たから良いかw







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


千葉県
石:房州石(凝灰岩質砂岩・細礫岩)(鋸山/富津市・鋸南町)
鉱物:千葉石(南房総市)
化石:木下貝層の貝化石群(印西市木下等の下総台地)


観光地・鋸山にある石切り場で採れる石。
江戸時代末から明治時代にかけて東京や横浜等の首都圏で石材として使用されていたらしい。
黒色スコリア(火山噴出物の一種)や玄武岩片と白色軽石による縞模様が形成されているようですな。

鉱物
チバアイト、2011年に発見されたシリカ鉱物の一種である新鉱物だとか。
シリカクラスレート(包摂化合物)、クラスラシルとも呼ばれるみたいです。
ケイ素と酸素がカゴ状の結晶構造を作っているようで、その中にメタンやエタン、プロパンといった炭化水素分子が1分子ずつ含まれているらしい。
「燃える氷」と言われるメタンハイドレートのII型と構造が一緒だとか。
房総半島南部にある中新世前期の地層、保田層群の凝灰質砂岩の中にある石英質脈から発見されたみたい。

化石
「木下」で「きおろし」。俺は「木下街道」として知ってる地名ですね…。
まぁ、俺が住んでいる所でもある、下総全域に広がっている貝化石層がそれ、かな?
12万〜13万年前にあたる第四紀の更新世後期はまだ関東平野が海…古東京湾でした。
そこに堆積したものがこの貝化石層。
バカガイ、アサリの仲間等100種類以上の貝類や海胆類の密集化石が見つかるんだって。
国指定の天然記念物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »