« 風の町 | トップページ | 沖縄遺産 »

2016年6月20日 (月)

伝統の1日

昨日の記事、ずっと下書き状態にしたまんまだったわ…www


ストロベリームーン…?







ル・マン24時間レースのゴールが日本時間22時。
F1ヨーロッパGPの決勝スタートも日本時間22時。
ダダ被りやん!!

…と思ってたら、ル・マンのスタートって日本時間22時だったよな、と。
F1ヨーロッパGP予選の開始時刻も日本時間22時だったよな…。


どっちもカバーしてるモタスポファンは大変ですね!!


さて、そのルマン24時間レースですが…。

トヨタが2台共良い感じでレースを進めていて、今年こそ優勝出来るかも…なんて思っていました。
去年は全然ダメだったけど、今年はどちらもトップ争いしていて凄い…と思っていました。

残り3時間の時点でもトヨタの6号車がトップ!
凄い、これまでトラブルらしいトラブルもなく、順調!

つか、かなり接戦だなw
もうすぐ24時間なのに28秒くらい後方にポルシェの2号車がいるんだぜ…。
トヨタの5号車も1周遅れくらいだったかな…。
凄いです、はい。
1周13kmくらいあるコースでこれは凄い…。
まぁ、ニュル24時間はもっと接戦で凄かったけどねw


…なんて思っていたら、トヨタ6号車に残り6分という所でまさかのトラブル発生!
ドライバーの中嶋一貴が悲痛な声で「ノーパワー!ノーパワー!」と叫んでいたという…。
そして、3分切った所でホームストレート上でストップ…。

あぁ…トヨタの初勝利が…。。
時間的に、後2周だったのに…。。

これにより、トップに立ったのはロマン・デュマ、ニール・ジャニ、マルク・リーブのポルシェ2号車。
結果として、ポルシェが2年連続で優勝という事になりました。

トヨタ6号車は完全に止まってしまった為、最終周回を走り切れずに失格という判定に…。

2位表彰台はステファン・サラザン、マイク・コンウェイ、小林可夢偉のトヨタ5号車。
3位表彰台はルーカス・ディ・グラッシ、ロイック・デュバル、オリバー・ジャービスのアウディ8号車でした。


非常に、非常に残念です…。
ル・マンの女神様はドSなのかな。


世界3大レースのひとつ、伝統のル・マンでトヨタの初優勝、しかも1-3フィニッシュという結果を出す直前まできていただけに…。
来年、ポルシェとアウディも更にマシンを発展させてくるだろうけど、またリベンジしてもらいたいですね!





ところで、鷺フォーミュラパロの「ドライバー・オブ・ザ・デー」はF1において、今シーズンから唐突に始まったファンアンケート。

決勝レースで、その日どのドライバーが一番輝いていたか(活躍していたか、目立っていたか)をアンケートするもの。
各グランプリの翌日にF1のサイトで投票する事ができる。


…というものがあったので、急遽導入してみました。

本当は皆さんにアンケート取ってもらえればこちらとしても面白いし、一番なんですが…母数が少ないから自分でやっちゃってます。


…感想とかの時に教えてもらえたら嬉しいけどね!







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


山梨県
石:玄武岩溶岩(富士火山青木ヶ原)
鉱物:日本式双晶水晶(乙女鉱山)
化石:富士川層群の後期中新世貝化石群(身延町小原島)


富士山の裾野に広がる青木ヶ原樹海、その地を成す溶岩大地。
西暦864年〜866年に渡る火山活動の痕跡。
長尾山・氷穴火口と石塚火口から北方に多くの溶岩が流れて誕生したようですね。
この噴火で「せの海」が埋まって西湖と精進湖に分断。本栖湖も一部が埋まったそうです。

鉱物
ハート型に接合した水晶。
県北部の奥秩父連峰に位置する水晶鉱山である増富鉱山、乙女鉱山等は有名らしいですな。
中新世に誕生した花崗岩地形っぽいな…。
この日本式水晶は乙女鉱山で最初に発見されたとか。日本で最初に、ですけどね。
山梨って水晶のイメージが…うん。

化石
身延町小原島付近の道路沿いや早川橋という橋付近の河床一帯を中心に分布する貝化石群。
約600万年前のものだそうで、二枚貝や巻貝等が見られるそうです。
泥岩、砂岩、礫岩が折り重なっている地層のようですけど、地層が傾斜してる所もあるんだって。
水平に堆積した後、圧縮や変形等の外的要因が加わってできたものだから、それが見られるのも面白いね。
身延山の近くかな…?

|

« 風の町 | トップページ | 沖縄遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統の1日:

« 風の町 | トップページ | 沖縄遺産 »