« やかましさ再び | トップページ | 上から来るぞ! »

2016年5月19日 (木)

熱を帯びる

フランスが申請している「ル・コルビュジエの建築作品」がイコモスによって今年の世界文化遺産に指定される見通しとなったようですね。
この案件はフランス、ドイツ、アルゼンチン、スイス、ベルギー、インド、日本の7ヶ国にある資産から成ります。
フランス10件、他の6ヶ国は各1件ずつ。

日本では東京都台東区上野の「国立西洋美術館」。
戦後に実業家の松方幸次郎の所有する「松方コレクション」を所蔵する為に建てられたという美術館。
モネの「睡蓮」とかロダンの「考える人」、「地獄の門」といった有名な絵画や彫刻等も収められています。


今年も日本から世界遺産が誕生するのですね…!







女子バレーオリンピック最終予選を久々に観てました。
数年前から力を付けてきていたタイ、いやぁ…更に強くなっていたなぁ。

フルセットの激闘…5セット目終盤の連続ポイントは大きかったね。
7連続ポイントだっけか…もう覚えていないくらい。

そして、チャレンジシステムの影響もあるけど、ブツブツと良く途切れる試合だった。
「流れ」が非常に大事なスポーツなので、難しい試合だった事でしょう。
5セット目終盤なんかは良く集中できていたな。

そして、タイの監督が中盤とかから割ときな臭い雰囲気だったけど…5セット目終盤でまさか2度もレッドカード出されるとは。
やりにくかっただろうなぁ…この試合。


昨日韓国に負けていたので、より重要な試合でした。
いやぁ、何とか勝てて良かったね。

韓国が上位にいる以上、全8チーム中4位以内をキープしないと五輪出場はできない。
この後はドミニカ国、オランダ、イタリアと強豪との連戦。
大事な試合が続きます。







「都道府県の石」47都道府県、見てみよう!


秋田県
石:硬質泥岩(男鹿市船川港女川等の女川層)
鉱物:黒鉱(北鹿地域)
化石:ナウマンヤマモモ(特定の地域なし)


別名「形質頁岩」。
中新世中期後半〜後期にかけて日本海改定に堆積した泥岩だとか。「青森県の化石」と同時期くらいのものですかね。
ケイ素由来のシリカを多量に含んでいて、板状で割れやすいとか。
古代には石器の材料にされていたり、石油の根源岩として認知されていたり。
…そういや、頁岩って言うんだからシェールガス、採れますかね。由利本荘市では採れてたけどな。

鉱物
北鹿は秋田県北部の地域。
「くろこう」は学術用語なので、世界的に認知されている日本語ですか。
中期中新世…やっぱその頃が多いなぁ。
方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱、重晶石がらなるそうです。銅、鉛、亜鉛、金、銀、他多数のレアメタルが含まれている…これは採りますわw

化石
常緑・落葉混合の植物群「台島型植物群」の代表格であるヤマモモ科の植物。
前期中新世後期の地層に多いとか。やっぱその辺なのか。
ナウマンって言うんだから、ナウマンさんが発見したものなんでしょうね。

|

« やかましさ再び | トップページ | 上から来るぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱を帯びる:

« やかましさ再び | トップページ | 上から来るぞ! »